5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

クッキー☆総合スレ219

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 17:22:32.69 ID:oq3Kqaxn0
前スレ
クッキー☆総合スレ218
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1404563147/
クッキー☆綜合スレ218
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1404615911/

初代クッキー☆まとめ
http://www44.atwiki.jp/kanihazuna/

クッキー☆☆まとめ
http://www4.atwiki.jp/hazunacookie2/

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 17:26:56.70 ID:oq3Kqaxn0
誤爆
クッキー☆総合スレ218
× http://anago.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1404563147/
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1404618511/

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 17:52:57.73 ID:XqtXPw170
おーい、
いったい
いつになったら
逮捕
されるん
だよ。



お前らの
ような
ゴミの
通報なんて、



社会から
どんだけ
相手に
されて
いないか
よく
わかった
だろう。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 17:57:14.44 ID:LUcKLEbx0
楽しそうだねー

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 18:07:36.20 ID:iya4AxJT0
20スレすら荒らしを継続できなかったとか情けなくないの?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 18:17:57.50 ID:14ujP+AY0
でもな、分からんでもないねんスレ荒らすSRTNの気持ち 今回は許したる
でもMKに自分のグロマン画像送ったことちゃんとMKに謝れよな〜

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 18:38:46.55 ID:qhmfgwTB0
UDKの卒アルらしい

http://www.xmist.net/webcontents/pict/graphic.png

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 18:55:30.52 ID:rdvLLJpf0
>>7
大松「フシアナトラップたぞ」

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:02:40.95 ID:oq3Kqaxn0
>>7の解説見つけたゾ
http://www.xmist.net/webcontents/pict/
実際には記録してないみたいです
まあIP記録されて困るのは会社とかから書き込んでるクソバカ兄貴くらいでしょうね

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:04:51.58 ID:iya4AxJT0
http://www.yukicocp.com/
未来あるYKKTNセミプロ声優の所信表明
ゴミ溜めクッキー☆声優(笑)も聞いとけよ〜

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:10:55.65 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:11:16.20 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:11:31.85 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:11:51.04 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:12:18.55 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:12:51.83 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:13:29.47 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:13:50.54 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:14:05.65 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:14:19.00 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:14:32.37 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:14:53.19 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:15:06.61 ID:nODwqS8pi
やっと来たか、おそ過ぎるグズが

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:15:07.20 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:15:28.63 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:16:02.53 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:16:29.47 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:17:40.61 ID:LUcKLEbx0
>>10
あれ〜おかしいね〜、YMNが居ないね〜

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:18:01.82 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:18:32.68 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:19:02.11 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:19:14.90 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:21:01.94 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:21:37.94 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:22:03.64 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:22:17.56 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:22:33.86 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:22:58.00 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:23:10.62 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:23:31.96 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:24:11.60 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:24:24.23 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:24:37.71 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:25:27.70 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:25:42.76 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:26:16.91 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:26:44.52 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:27:09.18 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:27:25.25 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:28:03.28 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:28:18.16 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:28:33.34 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:29:11.30 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:30:44.21 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:31:23.99 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:33:04.79 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:33:19.36 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:33:32.86 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:33:58.56 ID:NEM4c6os0
お前今日の朝荒らすのサボっただろ
お客さんから苦情が来たぞ

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:34:10.45 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:34:25.30 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:34:38.52 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:34:59.89 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:35:27.92 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:35:58.14 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:39:45.05 ID:QY0t6CQc0
咲穂すきだよ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:40:59.10 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:42:54.21 ID:NEM4c6os0
がんばれ♥ がんばれ♥(伊東ライフ)

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:43:06.59 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:43:25.34 ID:NEM4c6os0
マ゚ッ!

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:43:49.38 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:43:54.81 ID:Ts+qfAuk0
クッキー☆綜合スレ218
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/streaming/1404615911/

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:44:28.20 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:45:27.67 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:45:50.97 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:46:06.55 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:46:20.02 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:47:30.17 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:47:47.92 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:48:04.33 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:48:23.23 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:48:50.05 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:49:00.29 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:49:08.21 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:49:15.35 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:49:29.70 ID:0ow1nKNd0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:49:30.04 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:49:54.92 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:50:09.77 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:50:25.75 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:50:39.97 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:51:00.52 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:51:35.29 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:52:00.72 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:52:34.83 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:53:08.92 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:53:33.45 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:53:52.80 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:54:07.55 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:54:21.67 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:54:35.50 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:54:58.59 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:55:15.99 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:55:35.15 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:55:59.12 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:56:10.62 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:56:14.18 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:56:31.99 ID:hf7AT2Y30
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:56:36.32 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:57:08.23 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:57:24.83 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:57:45.53 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:58:08.82 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:58:42.73 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:59:05.02 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:59:32.42 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 19:59:45.21 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:00:12.73 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:00:53.95 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:01:30.64 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:01:53.62 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:01:53.79 ID:/gjOqiRy0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:02:16.22 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:02:39.42 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:03:04.22 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:02:54.17 ID:/gjOqiRy0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:03:21.41 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:03:42.43 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:03:32.30 ID:/gjOqiRy0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:04:05.52 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:04:18.02 ID:/gjOqiRy0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:04:56.43 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:05:49.84 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:06:07.22 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:06:24.00 ID:LUcKLEbx0
300スレまであと何日くらいかしらアッ?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:15:54.86 ID:5sH4zB9oi
計算上このペースで行くと今月中には行きますねぇ!

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:17:39.49 ID:14ujP+AY0
頑張ってクレヨン・・・

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:26:16.61 ID:gwEpkGhC0
一夫多妻制にならねーかなぁ〜
さななな姉貴の晩ご飯食べて、まりなと一緒に皿洗いしたあとVVAN姉貴とお風呂入って、皆で一緒に寝たい・・・寝たくない?

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:26:58.24 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:27:18.03 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:27:42.13 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:28:24.72 ID:Z0R72+nC0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:35:09.60 ID:8+/+aFP70
さみしい人生だなぁ・・・(呆れ)

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:39:41.35 ID:oq3Kqaxn0
そろそろ容量限界ゾ

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:41:13.29 ID:14ujP+AY0
220〜225くらいまでまとめて立てたほうが良くないっすか?
ちまちま埋めてくれよな〜

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:49:08.04 ID:B7vq0ZZ50
KNN姉貴、TIS姉貴、MZ姉貴が受けた苦しみの万分の一でも味わうがよい。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:51:03.11 ID:oq3Kqaxn0
万分の一も満たないんだよなぁ・・・

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 20:58:18.32 ID:/8wd3mnVi
残悔積歩拳でもしよっか、じゃあ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 21:01:03.98 ID:v85XsWMT0
荒らしのダメージ(ウザイ度)が1だとすると
ホモガキの売名や自分語り、日記書き込みが1145141919だから
ホモにダメージ与えたかったら自分語り日記書いてどうぞ

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 21:44:18.38 ID:uCbV98yl0
無慈悲なSRTNすき
SRTNアンチくさい、東方板に帰って

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 22:15:22.90 ID:ys51/jXC0
>>145
あ〜いいっすね〜
分散してさらに過疎化が進みますねぇ!
早くしてくださいよ・・・

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 22:19:39.88 ID:M0njiYjo0
クッキースレが荒らしに対してこんなに無力とは思いませんでした

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 22:24:19.33 ID:zvGcX+NJ0
淫夢厨は攻め入る時はクッソ強いけど、防御はカスだからね。しょうがないね

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 22:34:00.95 ID:F46tSP/S0
ぼくは二指真空派がすきです(半ギレ)

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 22:36:07.80 ID:oq3Kqaxn0
攻撃は最大の防御なんだよなぁ・・・
ま、荒らしなんてどうでもいいけど!

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 22:49:16.72 ID:EulLYxzw0
このスレ荒らしたところで投稿者がいなくならない限りはどうしようもないんですけどねえ
最近投稿者に矛先が向き始めたせいかしらッァ

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 23:05:20.60 ID:URV/WRYy0
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23950490

なんだこのクオリティ!(驚愕)

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 23:23:21.64 ID:F46tSP/S0
迫真すぎてカテゴリが絞り切れませんね・・・

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 23:25:11.41 ID:ys51/jXC0
東方でやればいいのに

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 23:29:54.24 ID:LUcKLEbx0
オワコンの東方よりクッキー☆に擦り寄った方が再生数稼げるからね、しょうがないね

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 23:34:46.91 ID:SnFXQ2u50
たぶん普通にクッキー☆要素いれなくても伸びるんじゃないですかね・・・?

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2014/07/07(月) 23:38:56.81 ID:S4KRPtDr0
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。
低価格でナイスなヘッドホン。その最終回答はアルバナで決まりだ。
一般ユーザーは音の良し悪しを測るためのオーオタみたいな
うんちくは知らないから、良い悪いでしか説明が出来ないし、
実際はそれで十分だ。ヘッドホンは音楽を楽しむための道具なのだから。
アルバナは万人が良いと納得するだけの実力を持っている。
あとは壊れるまで存分に楽しめば良い。
しかしオーオタは重箱の隅をつつき、ああでもないと悩み続ける。
こういう連中は音楽を楽しむという観点からは程遠い。一般人には理解不能な
音の違いを比べるだけで、それだけなのだ。
アルバナはオーディオの歴史に名を残したよね。
かつてこんなに高性能でかつ低価格なヘッドホンは存在しなかった。
いつか製造終了になるだろうが、アルバナの名前は永久に語り継がれるだろう。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
アルバナを大絶賛し、それでいてアルバナの愛好家がアルバナ2を推さないのは
なぜか?それは、アルバナが十二分に完成されたヘッドホンであり、
あえて2を推す意味が無いからである。
アルバナの音で十分幸せになれる。それでアルバナ2はその2倍3倍の価格で、
アルバナを凌駕するクオリティーを持つのかと言えば、それはない。
ほんの僅かな違いは見いだせたとしても、それで何倍も出すのは無意味だと思う。
アルバナは低価格というよりも、ヘッドホンの集大成、ある種の到達点である。
この上はあることは確かだが、一生かけて理想の音を探し求める不幸を味わうだろう。
オーディオは音楽を楽しむものである。かすかな音の違いに苦悶して何が楽しいのか。
1万円以下なら最強。入門機としては最適。
クリエイティブメディアのアルバナには数々の賛辞が送られている。
しかし、実はアルバナはある種の到達点、最高峰ではないかとさえ思うのだ。
アルバナより良いものは数あれど、ヘッドホン1つに3万も5万も出すのは
いかがなものか。
アルバナ。これ1つだけで十分だ。ほかには何もいらない。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)