5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【ROM焼き】Polaroid Pigu root 1 [転載禁止]©2ch.net

265 :117:2015/03/01(日) 16:48:13.38 ID:ahWBE0/a
↑続き

C)検証する
以上でUSBドライバの導入作業は完了である
ここでは、USBドライバが上手く当たっているかどうか、SPFTのReadback(ROM吸い出し)を使って検証する
Readbackを使うのは端末の予期せぬ故障を避けるためであり、間違っても現段階でDownload(ROM焼き)
を実行してはいけない

(1)piguの電源OffとUSBケーブルが抜いてあることを確認する
(2)適当なフォルダに SP_Flash_Tool_v5.1452.00.000.rar をダウンロードし解凍する
(3)SPFT を起動するとDownloadタブの画面が出る
(4)このタブでは、 Scatter-loading File 設定において、予め準備していたtestフォルダ下のScatterファイルを選択する。
   Download-Agentの項は、起動したSPFTと同じディレクトリ内のファイルで自動設定のまま。
(5)次にReadbackタブに移り、テスト用の設定を行うため、Addボタンを押し1行追加する
(6)ここでは開始アドレス、長さ、ファイル名の設定に次の値を使う
   開始アドレス:0x0(デフォルト値)
   長さ:0x400000(Scatterファイルのphysical_start_addr値から適当に選ぶ)
   ファイル名:ROM_0(デフォルト値)
(7)
(8)追加した行のfile欄をダブルクリックすると保存場所を聞いてくるので、フォルダにtestを選択、
  ファイル名は省略して保存ボタンを押す
(9)すると続いて開始アドレスと長さを聞いてくるので開始アドレスは0x0、長さは0x400000を入力しOKボタンで閉じる
(10)設定が終ったらReadbackボタンを押す
(11)USBケーブルをXPマシンに接続する
(12)画面下部に赤色のプログレスバーが一瞬出て、次に紺色のプログレスバーがゆっくり進行する。
(13)100%になりOKマークが出ればSPFTを終了しUSBケーブルを抜く
(14)以上でUSBドライバーの検証は終了である

【参考サイト】
FleaPhone CP-D02用のClockwork Mod RecoveryとGoogle Play
http://blog.osakana.net/archives/4108

【利用に際しての注意点】
・本内容の不備や操作ミス等により、予期せずに機器が故障してしまう危険性があります。
・本内容の利用は、あくまでも自己責任で行い、結果の悪用等は絶対に行わないで下さい。

125 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)