5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【物理】時空が「量子もつれ」から生じる仕組みを解明 東大★2 ©2ch.net

1 :野良ハムスター ★@転載は禁止 ©2ch.net:2015/06/05(金) 16:08:09.07 ID:???
東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構の大栗博司主任研究員は27日、
米カリフォルニア工科大学と共同で、一般相対性理論から導き出される重力の基礎となる時空が、
「量子もつれ」から生まれる仕組みを具体的な計算によって明らかにしたと発表した。
物理学者と数学者の連携で得られた成果。
一般相対性理論と量子力学の理論を統一する“究極の統一理論”構築への貢献が期待される。

大栗主任研究員らは、量子効果から時空が生じる仕組みの鍵は、量子もつれであることを見いだした。
特に、エネルギー密度のような時空の中の局所データが、量子もつれを用いて計算できることを示した。

量子もつれは、異なる場所にある粒子のスピンなどの量子状態が独立に記述できないという現象で、
アインシュタインは「奇怪な遠隔作用」と呼んだ。今回、この量子もつれが重力現象の基礎となる
時空を生成することを初めて示した。米物理学会誌フィジカル・レビュー・レターズの注目論文に選ばれた。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720150528eaab.html

プレスリリース:
量子もつれが時空を形成する仕組みを解明〜重力を含む究極の統一理論への新しい視点〜
http://www.ipmu.jp/ja/node/2175

【図1】ホログラフィー原理の模式図: 一般相対性理論では、ある時空に含まれる情報は、
その内部ではなく表面に蓄えられるとする原理。この原理を用いると、重力の量子化という難問を、
空間の表面に住んでいる、重力を含まない別の理論としてより簡単に定式化することができる。
(credit: 大栗博司)
http://www.ipmu.jp/sites/default/files/images/holography-02_0.img_assist_custom-301x206.png

【図2】量子もつれと一般相対性理論の間の対応関係: 赤い点は一般相対性理論の時空における
局所データを表す。本研究では青い半球で表される量子もつれによってこれを計算する方程式を導いた。
(credit: Jennifer Lin et al.)
http://www.ipmu.jp/sites/default/files/images/tomography.img_assist_custom-301x180.png

論文:Tomography from Entanglement
http://arxiv.org/pdf/1412.1879v1.pdf

前スレ
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1432799422/

2 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:10:05.65 ID:hyc/8a2c
武豊スレ

3 :(^▽^;)\(◎o◎)/\(^o^)/@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:11:37.48 ID:xZ2LjF9V
ありえんのよ

よーするにな

ばーーーーか おおくり

4 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:13:06.30 ID:4iMYbBam
前から知ってた。

5 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:14:39.62 ID:GxIVy5cT
誰か3行でお願い

6 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:15:44.39 ID:TGjFGzHP
こういうのを理解してる人達は
あたまが縺れてないんだろうなあ
というのはわかる

7 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:19:17.84 ID:OmE4uXzK
感じる事しか出来ないな。さっぱりだお。

8 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:22:47.04 ID:Izd244cu
なるほど、サッパリ分からん

9 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:25:29.32 ID:IF2lid5B
なるほど、やっぱりそういう事か

10 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:25:54.05 ID:gOzD0T8K
想像すらできない俺ってアホ

11 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:30:08.29 ID:Vl9kTl8y
テレビ画面に出てる内容はテレビの内部の情報じゃ無いって事?

12 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:33:34.37 ID:JaV0lSbR
>>5




13 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:35:38.72 ID:PgDpS6R/
ホログラフィック原理は胡散臭い
計算上の辻褄が合うとすれば多分なにかの罠だ
ゴミ屋敷のような俺の部屋、とっ散らかった机の上
これらも全て時空の境界面に蓄えられた情報から生成されるのか?
そんなわけないだろう

14 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:36:23.56 ID:UPqtM0+U
オレがお前でお前がオレでってことだな。俺には分かる

15 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:36:25.14 ID:Xx2JY2U3
で、近接作用と遠隔作用の関係はどうなってるの?

相対論は遠隔作用を否定してるでしょ。そこんとこどうなってんの?

16 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:36:44.40 ID:Izd244cu
そんなことよりプラズマ宇宙論について話し合おうぜ

17 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:43:49.46 ID:M2HbHese
親子のもつれ、近隣のもつれ、夫婦仲のもつれ、量子のもつれ、
みんな、根は一緒だって事でしょ。

18 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:46:11.09 ID:3Whozkwj
大栗博司さんの著書「大栗先生の超弦理論入門」など。

論文は、
http://arxiv.org/abs/1412.1879
の右のPDFをクリックすれば読めます。
英語ですが。
10ページくらいなので、どうぞ。

これ、翻訳してくれ。

19 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:46:37.18 ID:UH8MbaH4
ついでに夫婦間のもつれも計算によって明らかにしろや

20 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:46:53.93 ID:xgBPTUPz
宇宙ってさえぎるものがないし
地球は自転しているうえ太陽の周りを公転しているから
どこら辺の宇宙を観測しているのかわからなくなると思うんだけど
そこら辺どうやって対処してるの?
公転しない星を基準にしてるのかな

21 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:47:30.77 ID:rs+8Hujr
>>5
物資は力の塊である
力は時空の歪から生じるらしい
時空の歪の存在の一つの証拠が量子の乱れである

22 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:48:12.95 ID:3Whozkwj
あ、>>1優秀。論文貼ってあった。
ごめん。

とりあえず、「大栗先生の超弦理論入門」を買ったので、
今日、密林から届くはずなので、それ読んで答えるお。

23 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:50:56.58 ID:OVhvcW27
俺もそれ疑問に思うことあるわ
宇宙の絶対位置とか仮定しているのか、太陽基準か、取り敢えず地球基準か
ググれやって感じだろうけど

24 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:50:58.21 ID:8CzwiQ8C
式即是空

25 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:53:35.38 ID:+JMDLHiy
ちん毛のちぢれがどこから生じてるのかも解明してくれ

26 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:55:10.72 ID:5/U7doOq
.

      んで タイムマシンでも発明されるのか

.

27 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:55:44.20 ID:S4xPyUU/
ラブホ前で痴情のもつれの修羅場を目撃したわ

28 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:55:56.80 ID:Xx2JY2U3
ニュートン力学の遠隔作用と斉一時間の不思議を相対論で払拭できたのに、
量子力学のEPR問題で再び大疑問に至ってしまった。

大栗先生の論文では、そこんとこどうなってんでしょう? すごく興味あり。

29 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 16:59:42.94 ID:bx4S6gXw
論文って10ページしかないのかよ
ボツwww

30 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:00:23.87 ID:3Whozkwj
6月1日に出た大栗博司の「数学の言葉で世界を見たら」は在庫切れになってる売れ切れベストセラーとなったお。

でも、どの本にも、今回の方程式については書いてないようなので、
おれの感覚では「大栗先生の超弦理論入門」がいいと思うお。
けっこう売れてて、ここ一日でアマゾンランキング13000位から5000位まで来たお。

31 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:02:26.23 ID:XRWMrh3O
         _人人人人人人人人人人人人人人人_
        >   そうなんだ、すごいね!      <
       ´ ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
            __、、=--、、         __
           /    ・ ゙!       /・   `ヽ
           | ・   __,ノ       (_    ・ |
           ヽ、 (三,、,         _)    /
            /ー-=-i'’       (____,,,.ノ
            |__,,/          |__ゝ
             〉  )          (  )

32 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:07:28.37 ID:3Whozkwj
           ,〜、
  n彡 ⌒ ミ  ノ_ζ
 (ヨ(`・ω・´) 彡
   Y. . つ  知ってた
  |   (
.   レω、」

33 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:13:09.31 ID:sjX1vW83
いずれ、、、

34 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:20:01.86 ID:r/7NTudq
そうじゃないかと思ってた

35 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:20:23.09 ID:3Whozkwj
ちょうど、密林から「大栗先生の超弦理論入門」が届いたお。
今から読んでいくお。280ページくらい。

36 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:21:51.34 ID:dLuLkGRB
>>13

>ホログラフィック原理は胡散臭い

胡散臭いんだけど、つい最近できた理論でもないし、現実の現象も
いくつか予言して、その通りになってるからなあ。

37 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:22:06.06 ID:E4tW72X0
>大栗博司主任研究員 オオクリ?



大きなクリ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あほらし書き込まんw

38 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:22:48.14 ID:YPVb/hSh
こんなのわかるの旧帝理系の博士レベルだけやろ(´・ω・`)

知ったかぶってレスする奴には本当要注意やで(´・ω・`)

39 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:23:19.25 ID:dLuLkGRB
>>35

読んだけど難しいよ。
あんなもの「簡単に説明しろ」って無理だわ。w
でも9章は面白かったな。

40 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:24:01.66 ID:YPVb/hSh
LHCの実験で超対称性がダメだとわかったら超弦理論もあぼーんでメシウマだな(´・ω・`)

41 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:24:53.43 ID:PLCopewo
>>1
ウーン。時空の誕生ねえ。

しかし「時空」には、決定的な現象があるからな。それは時間軸にそって光速Cで動くってことだ。
その解明まで、道のりは長そうだな。

42 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:25:00.78 ID:Q0Z1iIpg
いや、しかし、まぁ、これはつまり、そのー、そもそもが悩ましい問題であって
今後の展開によっては、これまでの山積だった問題点を更に詳しく精査し・・
おっと電話だ・・

43 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:25:50.82 ID:WJJXlVyy
>>20
実のところ、全天を把握などしてないないっし、全くできていない
ほんとに狭い範囲を観測できてるだけ
未だに超新星やらブラックホールが次々発見させれるのはそのせい

44 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:40:37.49 ID:6I2bnLjq
計算資源がこの国には全く足りていない。現時点では京速スパコンがせめてあと一台は欲しい。

45 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:54:24.54 ID:ZDJFtIu7
弱測定は状態の測定でどの状態を測定するかを選ぶことが出来るんだよね

46 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:54:33.06 ID:dLuLkGRB
人間は酒を飲めば人格変わるし、全身麻酔を打てば夢すら見ずに
「時間が完全に飛んだ」経験をする。
つまり意識が肉体の支配下にあるのは間違いない。
だから物質(肉体)より超越した意識(霊魂とか)が存在するとは
どうしても思えない。
意識こそ肉体の副次的なものだ。

47 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 17:59:33.76 ID:Xx2JY2U3
>>46
肉体や物質は人間の脳が感覚を通じてかたち作った幻想/錯覚に過ぎない。
その幻想はとても整合性があり、現実感もあるが、でも幻想である。

意識こそが究極的な現実であり、確かなものだ。

48 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:04:08.59 ID:dLuLkGRB
>>47

肉体が精神に与える影響は甚大で即効性があるが、逆はそれほどでもない。
肉体が主役で精神は副次的なものとしか思えない。

49 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:10:23.42 ID:Xx2JY2U3
>>48
今の科学の見解に従っても、"肉体"って"精神"が感覚を通じて形成したイメージ。
だから主役は精神。でもその主役の居所は、現在の科学では説明できない。

現在の唯物的な科学では、精神が入る余地は元々無いので、無理に精神を導入するのは
自己矛盾。精神の居所も説明できる新しい科学が必要。

50 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:10:28.11 ID:dLuLkGRB
この宇宙に存在するのが「意味(情報)」と「意識」だけで
「意識」が「意味(情報)」を翻訳してこの宇宙を形作ってると
解釈すると、「意識」=霊魂の存在を認めなきゃいけなくなる。
それどころか、霊魂を超えて、これじゃまるで「神」そのものである。

それは幾らなんでも人間に対する過大評価でしょ、となると、
「意味(情報)」を翻訳してるのは人間意識以外の「何者か」であり
その「何者か」が作り出した映像を我々人間は見せられてることになる。
だがそうなると「観測問題」が解けない。

はい、さっぱり分かりません。w

51 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:13:25.42 ID:dLuLkGRB
>>49

>今の科学の見解に従っても、"肉体"って"精神"が感覚を通じて形成したイメージ。

誰が言ってるのよそんなこと。苦笑
現代の科学は霊魂の存在など認めてないぞ。
グーグルだって脳のニューロンを徹底的にシミュレートすれば
コンピューターにも意識が産まれると信じてる。

52 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:17:09.11 ID:T4egf9oa
ヤバイ!コンピューターが意識を持ってしまったw

53 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:18:53.67 ID:ymhEkvmx
まさかパートスレになるとは
まあこのまま発展すれば、今後50年か100年ぐらいは物理学の主流になりそうな理論だし
これからの注目度は高そうだ

54 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:19:14.74 ID:Xx2JY2U3
>>51
だって意識ってのは脳の活動であって、この世界を見てるのは脳の活動でしょ。
「脳の活動=精神」とすれば、世界の一部である肉体も精神が作ったイメージでしょ。

そもそも「意識」ってのは、この4次元の世界(超ひも理論だっだら11次元?)の
どこに存在してるわけ? 現代の科学はそれを説明しなきゃいかんでしょ。

「霊魂」は脳の活動の議論とは別なこと。

55 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:23:34.45 ID:C+1DO7oE
意識だ霊魂だオカルト話してんじゃねーぞ(´・ω・`)ここは適当なことを喋るオカルト板じゃねー!!!!
しかも肉体までイメージとか、ぶっとばすぞ(´・ω・`)科学的事象だボケ 物質場だボケ

>>41
時間軸にとって光速で動くってなんだよ
あ?まさか宇宙の膨張を変な風に解釈してんじゃねーだろうな

56 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:25:21.22 ID:aGOytdH6
つまり新たな時空を作れば俺の嫁もできるって事?

57 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:25:56.48 ID:C+1DO7oE
意識どうこう語りたかったら量子脳理論で語れ(´・ω・`)

58 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:30:37.70 ID:3Whozkwj
「大栗先生の超弦理論入門」128ページまで読んだけど。

とりあえず、空間が九次元である理由はちょっと無理があると思った。
物理的な理由ではなく、数学的な理由からそれが決まっている。
これは、超弦理論をこれからやるには、数学哲学みたいなものをもう一度検討しないとダメだと思う。

空間が九次元になる理由は、

2−(D−1)/4

Dは次元。これを満たす自然数Dが9でなければありえないため、
空間は九次元であるとしている。
そんで、この式を導くために、オイラーの公式、1+2+3+……∞=−1/12
であるからというのが根拠になっている。

これは、数式が当てはまるから九次元だと主張しているのであって、
我々が使っている数学体系が物理体系と関連するものだという証拠がなければ、
空間が九次元だとはいえない。

59 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:31:00.70 ID:Xx2JY2U3
>>55
量子力学解釈の主流と言われるコペンハーゲン派ですら、意識を問題にしてるじゃん。

現在の科学が基本としている唯物的な世界の見方は、精神を排除して始めて可能。
なのに、一旦そういう世界を作っておきながら、後から無理やり精神の居場所を
探そうとするから無理が生じる。

「意識」にも、きちんとした存在場所を与える科学が必要。

60 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:31:57.28 ID:f7GetH4O
科学的思考というのは難しいな
他人の理屈に合わせる分野だから、最先端まで行かないと創造性が発揮できない
面白けりゃ何言ってもいい文学とは相容れまい

61 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:33:57.72 ID:Xx2JY2U3
>>58
質問です。
アインシュタインの相対論では時間と空間は等価ですが、大栗先生の議論では、
空間だけが問題になっているのですか?

62 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:38:14.61 ID:ymhEkvmx
「情報」や「観測」は議論の対象だけど
「意識」を持ち出すのはトンデモ理論だよ
機械で測ろうが人の目で見ようが、観測は観測だ
観測結果が人間の脳内でどう処理されるのかは物理学の範疇ではない

63 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:39:45.18 ID:VeFD+RSh
>>62
機械で測ってもそれを人間が見ないと「観測」にならないだろうが。
最終的に観測するのは人間の意識だ。

64 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:41:22.25 ID:xgBPTUPz
>>43
サンクスレス
その狭い空間でいいんで3D地図化してほすい
宇宙の伊能忠敬現れないかな

65 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:45:16.92 ID:Xx2JY2U3
>>62
「情報」は無価値の世界では生じない。価値を生むのは人間の精神(意識)。
「観測」は人間がするもの。

>機械で測ろうが

機械で測ってるのは誰ですか?

物理学は「すべての世界の全て」を理解する野心があってこそ価値がある。
どこかを見逃せば「蟻の一穴」、解明した既存の知見も脅かす。

66 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:46:43.84 ID:3Whozkwj
「大栗先生の超弦理論入門」159ページまで来た。

ここで「九次元空間のひもの中で三十二次元の回転対称性があれば、究極の統一理論ができる」
と出てくる。

ここで、お手上げだ。回転対称性の次元というものをぼくはまったく理解できないのだ。
なんだ、それは。

67 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:47:52.22 ID:dLuLkGRB
>>61

空間が幻想なら、相対性理論じゃ時間も空間も一体なので、
時間も幻想のはずだと書いてあるよ。

そもそも量子力学じゃ時間は単なるパラメーターだらかなあ。
伸び縮みする相対論と相性最悪なのは当たり前。

68 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:49:01.02 ID:3Whozkwj
>>61
158ページでは、まだ空間しか扱っていないね。
空間+時間の一次元という考えのまま、最後まで行くようだ。

そして、最後に時間について驚くべきどんでん返しがあると序章にある。

69 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:49:12.56 ID:dLuLkGRB
>>66

そう、あの本は途中から全くお手上げになる。w
で、9章からまた面白くなる。

70 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:50:01.91 ID:SO6FDuEJ
1+2+3+……∞=−1/12
これをすぐ直感的に理解できる人はすごい数学才能があるよな
凡人には理不尽にしか思えないもの
絶対音感というものがあるように
数学にも数学的直観力という
生まれつきのものがあるんだろう

71 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:51:11.07 ID:1IjweRSz
え?

72 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:51:24.51 ID:Xx2JY2U3
>>67
確かに、量子力学も超ひも理論も、時空については背景とするのみで相対論を
満たしていないように見えます。

カントじゃないけど、時空というのは認識形式だとするなら幻想というのも
一理あるけど、相対論はそれを克服したと思ったんだけど・・・。

73 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:53:17.61 ID:dLuLkGRB
そもそも相対性理論じゃ観測者によって現実が違うんだから、
現在も未来も過去も、宇宙の何処かに確固として存在すると
考えたほうが自然。存在するのは現在だけで、過去は全て消え去り、
未来は単なる可能性ってのは、古いイメージ。
相対性理論の時点で、それは間違いであることを示唆してる。

74 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 18:54:10.92 ID:Xx2JY2U3
>>68
>最後に時間について驚くべきどんでん返しがあると序章にある

メッチャ興奮しますね。こりゃ自分で読まなきゃ。

75 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:00:54.17 ID:Ywt4TL6I
伸びてると思ったらキチガイが数人住み着いているだけでしたか
科学+ってこんなスレばっかり

76 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:08:10.00 ID:qkbEwFDw
東アジアが「ヘイトもつれ」から生じる仕組みを解明

ヘイトもつれは、異なる場所にある嫌韓廚と反日ネチズンが独立に存在できない
という現象で、 「奇怪な遠隔作用」と呼ばれていた。今回、このヘイトもつれが
国際世論の基礎となる東アジアの時空をも生成することを初めて示した。

77 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:17:49.64 ID:3Whozkwj
「大栗先生の超弦理論入門」220ページまで来た。

次に九章「空間は幻想である」があり、その次に十章「時間は幻想か」で終わる。

読む前にいうと、とりあえず、ひも理論の最初の根拠である「クォークは点ではなく幅がある」というのは支持してもいいと思う。

78 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:17:57.48 ID:Xx2JY2U3
>>73
それは相対論の局所作用性を肯定したときに成立することだと思う。
量子力学の遠隔作用性を考慮したときに同じことが言えるのか?

79 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:22:40.92 ID:+qPdy3NU
http://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B00HCB89QW/
じわじわと売れてるのかぁ
ということは、挫折して中古売りする人も増えそうだな

近場に図書館はないが、大手古書チェーン店舗は複数あるから
KindleでDL買いしなくても、古本ゲットできそうだなw

80 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:30:53.81 ID:bOxbLoAA
>>63
だから人間にとって辻褄が合うモデルって事でしょ?

81 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:34:20.26 ID:bOxbLoAA
結局、物理学もinner spaceを掘り下げてるだけだったというw
違うの?

82 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:40:16.55 ID:3Whozkwj
「大栗先生の超弦理論入門」252ページ。
第九章が終わった。

とりあえず、さっぱりわからないが、超弦理論のいちばんすごい人は、
マダルセナという人らしい。次はウィッテンなのかな?
ウィッテンの人間原理がまったく今までぴんとこなかったけど、
ウィッテンは、超弦理論がこの宇宙を記述できるのは人間原理を当てはめざるをえないといってるようだ。

で、今回の量子のもつれの方程式の論文がなくても、大栗博司は論文引用数3000を超える一流研究者のようだけど、
マダルセナが8544件らしい。

で、マダルセナの論文が何をいってるかというと「ブラックホールの内部は表面からだけでわかる」という論文で、
これらの超弦理論の計算された値は、粘性について重イオン衝突実験でけっこう当たってるらしい。

そんじゃ、第十章読みます。でも、この本からは、空間が幻想だという内容はさっぱりわかりません。
つまり、ブラックホールの表面から内部がわかるなら、逆に我々の宇宙はブラックホールの表面から全部記述できるだろうということでしょうね、おそらく。
それをもって、空間は平面であるといってるんだと思います。

>>79 3000位まで来たね。昨日は13000位だった。

83 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:41:43.86 ID:PopDFopu
>>79
俺は挫折するの目に見えてるから、大栗先生著のより一般向け「重力は何か」をぼちぼち読んでます

84 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:45:29.03 ID:Xx2JY2U3
>>82
ホログラフィク理論だったら、空間も時間も幻想だってのは受け入れられる。
でも、じゃあその幻想の実体は?と言えば何も解らないけど。

人間原理っていろいろいあるけど、いわゆるランドスケープ宇宙の話じゃないの?

85 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:49:13.75 ID:PgDpS6R/
>>63
意識は関係ないだろ
量子の振る舞いに影響を及ぼすのは観測という行為だ

二重スリットの実験で電子がどちらのスリットを通過したか観測すると干渉縞が消えるけど
これは観測機器のセッティングによる電子の経路への影響をゼロにすることが原理的にできないから
たとえ実験中に研究者が失神して意識を失っても観測機器が正常に動作していれば結果は変わらない

86 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:50:39.75 ID:3Whozkwj
「大栗先生の超弦理論入門」読了。

この本では、時間が幻想だというオチはなかった。
期待している人にはネタバレで申しわけないが、この2013年8月の時点の本ではまだ時間が幻想だという具体的内容は何もない。
ただ、疑問を投げかけるだけで終わっている。

しかし、理解しようと思えば小学生でもわかるであろう超弦理論入門としては非常に良い本だと思う。

87 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:51:43.04 ID:3i7iURHb
でこれが本当なら統一理論の扉が開いたも同然なんだがマジなの?
電気から重力を作れるようになるから
反重力も出来そう
すごい

88 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 19:58:09.26 ID:bOxbLoAA
>>85
観測によって見えるものは本来の姿では無いという事だね。

89 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:00:39.07 ID:HF9u4npU
>>61
結局はそうなんだろうね
ただそのもつれを時間ととらえただけかも知れんね
時空とよんでるってことは
それはもつれ合っているだけで経続しているんだろう
その継続の一部分をとらえて時空といっているのではにのだろうか

90 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:17:09.40 ID:rs+8Hujr
今から100年まえ
アインシュタインが
物質の質量は力と光によって出来てるとことを解明した
そして
光とは何かを解明しようとしたのが特殊相対性理論
 夜の星空みてみい
 10万光年とか100億光年とか、聞いたことあるだろ。
おまえらが見ているのは100億年前の星、10億年前の星の姿など
過去の姿だ。それが今、同じ時間におまいらの目に映っている
それが、時間とは相対的なものだ。という意味だ。
 瞬間的に地球から1億光年先にワープができたとする
そこから地球をみると一億光年前の地球の姿が見える
それが「過去にいける」という意味だ。ほんとは過去にいってるわけじゃない。
 これを座標軸にする(x、y、z、時間) 4次元だな。
これで空間と時間軸とのグラフができる。 そして時間空間と空間の極座標とで
示すことができる。そして極座標にベクトルを加えることにより移動空間内での
座標を示すことができる。ベクトルを定めル基準点をいかようにも動かすことも可能だ
 計算はコンピュータでやらせる。 コンピュータグラフィックソフトで静止画面一つ作るのも
平気で1日かかるよな。データコンバータだけでも、宇宙空間だとどんだけかかるか
わからんwww まあ いまのコンピュータで計算できる範囲で計算すると
 って話だ。 その結果 宇宙論=量子論になって 今回の論文結果もでてきたってことだ。

 これからコンピュータの性能しだいだ。それによって宇宙論が発展していく

91 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:18:57.22 ID:dLuLkGRB
>>82

重力を含む三次元空間の現象が、重力を含まない二次元で説明可能で、
こういう変換が色々な次元でできるから、
じゃあ空間や重力って一体何なの?
存在価値ないよね?
ってことだと思う。

92 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:22:56.13 ID:n7xg9yYf
マルダセナとウィッテンが双璧

93 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:24:26.04 ID:rs+8Hujr
  宇宙空間が閉じた平面か開いた平面にあるのか、という議論を聞いたことがあるか?

閉じた空間つうのは、丸い球体、そう地球を想像してみい、地球上は
ぐるぐるまわって元通りで世界一周いっちょうあがりだよな。
開いた空間つうのは、 テーブルの上みたいなもんだ、テーブル飛び越えて
もどってこない。 小さいテーブルなら、飛び出すのがわかる、
出かいテーブルだったらどうなる? もし、テーブルが地球表面に位置してたらどうなる?
 開いた空間と閉じた空間ってのは意外と実感できない。

それを評価するための理論が超ひも理論

94 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:24:31.21 ID:3Whozkwj
いや、そうじゃなくてね、

とりあえず、量子テレポートとかによって、量子力学では光速を超えることは証明されている。
で、一般相対性理論と量子力学の両方を内包する理論が今までなかったけど、

今回の>>1の論文で大栗(おおぐり)博司さんが両方を内包する方程式をあみ出したんだな。

ちなみに、「大栗先生の超弦理論入門」に書いてあった空間の定義だけど、
数学者に空間とは何かを聞くと、「何かの集合である」と答えられてはぐらかされると。
で、「どんな集合なんですか」と聞くと、「近さと遠さのある集合である」と答えられるんだ。

ぼくはトンデモ屋だから、重力方程式を自分で作ろうとしたけど、
その時には、空間の座標を決めるということがどういうことなのかわからなくなって挫折した。

95 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:25:49.24 ID:JzNt1Vod
実在は、時空の外にあるんだよ。
ホログラフィック原理も超弦理論も、過渡的なものにすぎない。
時空の外、つまり認識の範囲外のの世界は、観測による収束前の世界だ。
それは、弱測定が手がかりを与えてくれる。
未来は過去を変えることがある。
究極理論は、それを説明出来ないといけない。

96 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:28:47.51 ID:JzNt1Vod
弱測定を知らんと、なにも分かりゃしない。
収束前の世界は、認識の範囲外の世界。つまり、時空の外だ。

97 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:30:50.14 ID:3Whozkwj
このスレを読んでいる人なら有名だろうけど、

XY座標の幾何ってのはデカルトが考えだしたもので、
ケプラーはそれを知らなかった。
ニュートンはデカルトのXY座標を知っていたから、ニュートン力学を作ることができた。

XY座標にZ座標をつけ加えたのが誰なのかわからないけど。わかる人教えてくれ。

で、誰か>>1の英語の論文は読んだのかい?
意味わかった人いる?

98 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:31:18.95 ID:Xx2JY2U3
>>94
>量子力学では光速を超えることは証明されている

これは曖昧。情報伝達は量子力学でも光速を超えない。

99 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:31:24.33 ID:WeLKVwsU
量子もつれというか、質量とエネルギーと時間と運動量と空間とエントロピーが全部相互変換可能な形態のちがいでしかないのだろう。
 

100 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:31:44.82 ID:rs+8Hujr
>>96
ま〜そういうことだな。

今世紀中に、そこまでいくのだろうか?
俺には、わからん。
ロシアの例の数学者は、わからんことがわかったから
賞金もらうの拒否したんじゃなかろうか

101 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:32:19.24 ID:HF9u4npU
>>88
干渉縞をみているかスリットを通過するところを見ているか、どちらか?

102 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:34:35.51 ID:HF9u4npU
>>90
そこに過去と未来が同時存在しているように感じる

103 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:36:28.45 ID:LXcimzCw
量子もつれは、「非局所性」がポイント

超ひも理論では、「ひも」の両端の間で情報が「無限大の速度」、すなわち「非局所的」に伝わることをアド・ホックに仮定した理論
こうした「異常な」性質を前提とするから、量子もつれの非局所性を説明できる
ようするに、問題をすり替えただけ

104 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:40:14.96 ID:c61nsIXo
>>98
ペアが消滅した時間測ればわかるだろw

105 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:47:24.77 ID:JrI+f3AH
この世は、永遠のインフレーションによって多元宇宙が引き起こされる

106 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:48:40.52 ID:3Whozkwj
読み終わったのでもう一回。

           ,〜、
  n彡 ⌒ ミ  ノ_ζ
 (ヨ(`・ω・´) 彡
   Y. . つ  知ってた
  |   (
.   レω、」

107 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:50:43.89 ID:erw5cR+F
非局所性は問題だと思うのではなく受け入れるしかないのではないのか
宇宙に文句言っても仕方ない

108 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:53:26.50 ID:TfXz141q
答えがおかしく思えるときはたいてい問いがおかしいのさ

109 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:53:50.83 ID:MXDtjEB0
ここで、量子もつれについて見ておこう
有名なEPRパラドックスの波動関数が↓


Ψ=(|↑A>|↓B>+|↓A>|↑B>)/sqrt(2)


|↑A>|↓B>が粒子Aのスピン↑、粒子Bのスピン↓
|↓A>|↑B>が粒子Aのスピン↓、粒子Bのスピン↓
波動関数Ψの中で上のどちらかの情報が手にはいるといってる
この中に光速度なんてパラメータも速度のパラメータも入ってないんだよ
よって、量子もつれの情報伝達速度は求められない

110 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:55:23.80 ID:3Whozkwj
>>109
観測結果からはどうなるのかな?

111 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:58:24.89 ID:c61nsIXo
>>105
そうなのかもね。
光学的に見えてくるものは光の速度で137億年前ってだけであって、
量子的な話でやると今現在それが同時に存在しててもいいもんなw

112 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:59:01.50 ID:MXDtjEB0
>>110
ただ単に |↑A>|↓B> か |↓A>|↑B> が分かるというだけ
ようはこの二つの状態が重なりあっていたけど
観測で波動関数が収束したという
量子力学特有の波動関数の収束問題

大袈裟に超光速というが速度なんてパラメータは入ってない
波動関数がらどうやって速度を定義するのかも不明

113 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 20:59:46.52 ID:JzNt1Vod
弱測定では、量子は過去を遡ることがあるとされている。

114 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:03:09.76 ID:JzNt1Vod
量子もつれは、時空にとらわれないから、時間なんて関係ない。
時空の範囲外の事象に時空の論理を当てはめるな。
時空の外に、時間と空間のない世界がある。

115 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:05:18.92 ID:HF9u4npU
遡るのではなく遡って推測しているのではないのか

116 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:06:41.05 ID:JzNt1Vod
相対論は、時空の内部の論理だ。
量子の世界には、相対論は成り立たない。
量子もつれが生み出す時空の外を考えないと、なにも分かりゃしない。

117 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:07:06.42 ID:MXDtjEB0
量子もつれのイメージは情報が複数同時に存在してるけど
人間にはこの中の一つの情報しか手に入りませんよといった感じ

118 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:07:57.26 ID:JzNt1Vod
観測し確定したはずの過去が書き換わる。
弱測定を調べてくれ。

119 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:08:13.96 ID:HF9u4npU
でも、時空が生じる仕組みを解明したんだろ
量子もつれが時空を包含しているわけでなく、もつれの外の別の場所に時空が発生するということか

120 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:09:07.17 ID:GPM7xD8s
よくわからない
りぃうしよー

121 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:09:14.58 ID:s6zzHoiv
時空が「量子もつれ」から生じる仕組みを解明 [転載禁止]©2ch.net
http://wc2014.2ch.net/test/read.cgi/sci/1433346142/l50

122 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:10:27.53 ID:eZU7xMK7
研究内容より
★2まで続いてることの方が
不可思議だわ

123 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:12:45.59 ID:sK89Y7e8
アスペの実験で有名なアラン・アスペはトムソン・ロイター引用栄誉賞に選ばれてるから、そのうち共同でノーベル賞取ってもおかしくないね
ホーキングと共に順番待ちか
最近の理論物理系は80才近くまで生きないと難しいのが難点

124 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:14:01.69 ID:MXDtjEB0
アインシュタインが量子論を否定したのは非局所のように見えるから
非局所というのは簡単にいうと物理現象が距離と時間の変数によらないということ
例えば光速を越えても有限の速度(距離と時間の変数)を持つならば局所性は満たされている
ここを誤解してる人が多い

125 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:16:47.70 ID:JzNt1Vod
要するに、宇宙が巨大なブラックホールなら、他のブラックホールと同じく、すべては表面に書いてあるはずという話だろ。
内部は、あるようにみえて空っぽと。
でも、2次元的時空を前提にしてる。
そこがまだ本物じゃない。
時空の外に立て、という話だよ。
実在は、時空の外にある。弱測定でその世界の手がかりが得られる。

126 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:18:49.97 ID:sK89Y7e8
光速超えると単体の古典力学に戻っちゃうよ
せっかくマクスウェルの方程式の光速とつじつま合わせたのに

127 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:19:42.48 ID:JzNt1Vod
>>124
空間も時間も幻という話しをしてるのに、非局所もヘッタクレもないだろ。
距離なんてものは、実は存在してないって話なんだから。

128 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:19:46.71 ID:MXDtjEB0
もっと簡単な例があったわ
ニュートン力学は速度の上限はないけど局所性の理論
粒子が瞬間移動するなんた普通ありえんだろ
一方の量子もつれは>>109で挙げたようによく分からないもの

129 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:22:03.29 ID:JzNt1Vod
なんで空間があると思うのよ。
距離なんてホントはないんだから、瞬時に伝わるよね、百億光年離れてようが。

130 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:24:22.18 ID:JzNt1Vod
量子もつれは、空間のない世界の話なんだよ?
百億光年離れていても、距離は幻なんだから、どこに行く必要があるんだ?
どこにも行く必要はない。

131 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:26:15.08 ID:HF9u4npU
同一地点と言うこと?状態の継続ということだろうか・・・

132 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:29:54.94 ID:3Whozkwj
で、ブラックホールの内部ってわかったんですか?

133 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:30:46.13 ID:JzNt1Vod
実在は、どこでもない場所のいつでもない時間にある。
しかし、時空の範囲、つまり認識の範囲内にあると、
どこかの場所のいつかの時間に割り振られる。
時空の内と外を考えないといけない。
時空の内では百億光年の距離、
時空の外では幻で距離は存在しない。

134 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:33:30.10 ID:RF5tgqeY
>>86
この宇宙に未解明の真理があっても、それを知らずに死んだらそんな真理に意味があるだろうか。

135 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:34:07.45 ID:EAmIQtr0
前にも書いたけど、相対性理論と量子力学は物理学界では確定した理論なのであって
相対性理論でノーベル賞を受賞した人はいなくても アインシュタインの死後、その
理論は測定で実証されたんだよね?また、量子力学でノーベル賞を受賞した人はいるよね?
となると、相対性理論と量子力学と間を疑義の余地無いほどの精度で定式化できたら、十分、
ノーベル賞を受賞しても全くおかしくないと思うのだが、どうなの。 でも、そんなことになったら
超弦論を否定してる物理学者や数学者の立場がなくなるなw

136 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:36:40.90 ID:XgYMY4+3
俺、大栗さんの本大好きだな。
読みやすくて分かりやすいしホント感謝してる。
ノーベル賞とって欲しいね。

137 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:37:26.47 ID:JzNt1Vod
ブラックホールの内部は幻。
実在は表面にあり、内部のことは、表面の情報から作られた影のようなもの。
宇宙の内部も同じ。
しかし、それも2次元的時空を前提にしていて、本当の解じゃないだろう。
超弦理論もホログラフィック原理も、本物の究極理論じゃない。
本当の究極理論は、空間も時間もない世界をすべての基盤にするはずだ。

138 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:40:28.72 ID:Sgr09mQs
まぁ簡単に言えば、Akiraのようだってことだ

139 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:40:30.87 ID:rRCGbC0J
量子重力理論が定式化されて実証されたら当然ノーベル賞だよ。
でもこの手の理論はどういう実験で実証出来るかを考えるのも相当難しい。

140 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:41:52.06 ID:VeFD+RSh
結局グラヴィトンはないって事でいいの?

141 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:42:49.73 ID:JzNt1Vod
わかってないなあ。
相対論は、時空の世界の論理。
いま問題にしてるのは、
時空を生み出す、時空の外の世界の論理。
時空の中は相対論で導かれるし、
時空の外は、相対論は適用出来ない。
時間のない世界に、時間の論理をどう適用するのか。
適用できるわけがない。

142 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:43:22.74 ID:MXDtjEB0
距離と時間を含まない対象から
距離と時間を作り出せれば一番いい
量子もつれなんてのはまさに最適

143 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:48:29.44 ID:3Whozkwj
>>140
「大栗先生の超弦理論入門」では、素粒子は十七個であり、グラヴィトンについてはひとことも言及がないね。

144 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:51:41.56 ID:PgDpS6R/
宇宙の本体が時空の境界の平面にあるなら俺のPCまわりに散乱してるゴミの山も
本体はその時空の境界面とやらにあるんだろう?
なんでそんなところに俺の部屋のゴミの山があるんだ?wおかしいだろう
直感的に信用できないんだよホログラフィック理論は

AdS/CFT対応、これは複雑すぎて計算するのが難しい高次元の現象が
より低次元の平面上の情報として簡単に計算できるという理論だ
計算できるってだけで本体が平面の側にあるとは言えないと思うんだが?

145 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:52:56.98 ID:FiGVQ6Fe
時間の矢は逆転しても成立しないといけない
だからブラックホールに入った情報が消失することは許されない
(仮に消失するとしたら、時間を逆に考えたときに無から情報が生まれてしまうので)
そもそも、物質がブラックホールに落ちる場面は外部から観測できない
ブラックホールに落ちるのは無情報の質量だけで
もとの量子を構成していた超弦はブラックホールの表面にへばりついている
ホーキング輻射を観測すれば一度ブラックホールに落ちた物質でも状態を再現できるはずで
この時、三次元と二次元が可換であるというホログラフィックが成り立っている

という理解で合ってる?

146 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:55:41.02 ID:sK89Y7e8
>>122
片岡愛之助と熊切あさ美、藤原紀香のもつれ話と量子のもつれ話が
マジで2NNの見出しに一緒に並んでる2ちゃんねるの不可思議

147 :記憶喪失した男@転載は禁止:2015/06/05(金) 21:57:02.54 ID:3Whozkwj
>>145
「大栗先生の超弦理論入門」では少なくてもちがうね。
マルダセナの理論によれば、ブラックホールの表面から表面へ線が発生することになってる。
この線だけで内部を記述できるとしている。

が、それが本当かどうかはわからないな。

148 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 22:00:30.62 ID:HF9u4npU
空間も時間もない世界とは
それはわれわれのいるところから無限に次元があるがその次元は全て継がっているということだろう
われわれは自分の次元にしかいられないが
繋がっているから平面のように感じられるが次元はちがうということなのかもしれない
時間のない世界に時間を適用するから説明ができない

149 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 22:01:30.91 ID:HF9u4npU
>>144
そう思う

150 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 22:12:38.17 ID:vZG+3QPU
もつれは俺の足でも起きてるが

151 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 22:46:43.84 ID:LgY2Pxtf
>>144
やっぱりホログラフィックって命名が盛大な誤解を生んでると思うので
今からでも名前変えた方がいいんじゃないかと思う

152 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 22:49:44.29 ID:PyGsWjac
2015/6/5(金) 23:00〜23:55
宇宙白熱教室 第1回▽入門編(1)宇宙のスケールを体感する〜空間・時間・物質

153 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 22:52:34.24 ID:PyGsWjac
一般向けの超弦理論講座

川合 光
(京都大学 理物理学第二教室教授)
「超ひも理論:究極の自然法則が みつかった?!」
https://www.youtube.com/watch?v=ytnxjo4j2nI

154 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 22:53:54.67 ID:kDXMKwKR
重力や時間というのは、
この空間に、どうしてXY方向の平面に加えて「高さ」があるのか?
と、同じくらい、研究しても答えが出ないものなのじゃないかと思う。

時間が4次元なら、重力は5次元。そう捉えて何か、不都合があるのだろうか?

155 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 22:56:56.47 ID:KfrpFv0S
次元はある軸を中心に動かした点が元にいた場所に戻るのに必要な軸の数と考えれば良い


☆ l



  l ☆

に移動するには軸は一つあればいい


__l__
  l ☆




☆_l__
  l

に戻るには軸が二つ必要

156 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:07:57.94 ID:w/09BJTS
量子の世界では時空は存在しなくても、お前らのいる世界では、お前らの認識通りの時空が劇然とあるからな
時空を超越しようなどとは思うなよ、捕まるぞw

157 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:12:24.92 ID:JzNt1Vod
そんなことのまえに、
未来が過去を書き換えるというのは、どういうことなのか。
そもそも、我々は時空を完全に間違って捉えているのだ、ということに気づくべきなんだ。
時空の外に実在がある。
究極理論は、時間もなければ空間もない世界を基盤にしないといけない。
ビッグバンはいつ起きた?
138億年前? ホントか?
ビッグバンは時間のない世界で起きた。
過去も現在も未来も同時に存在する世界で起きたのだ。
であれば、138年前は実在の世界では、現在とも未来とも同時存在なのだ。
現在の意識とビッグバンは同時存在だ。
量子効果は意識が引き起こしているとして、現在の意識が同時存在の138億年前のビッグバンの原因であっても、なにもおかしくない。
同時存在なんだから。

158 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:15:33.98 ID:w/09BJTS
>>157
時空外に実在があってもお前の人生は1ミリも変わらない、今まで通りに過ぎていく。

159 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:18:50.69 ID:28NEBTm6
コーヒーカップの前に手をかざすとカップが歪んで見えるのは前々から知っていた。

160 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:21:28.87 ID:HF9u4npU
>>157
それは書き換えてはいない

161 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:24:24.96 ID:qScFCG1P
床屋の世間話=2chスレでは無限時間後でも真理に到達しないな

162 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:25:04.02 ID:kDXMKwKR
>>155

それは因果関係が逆で、

移動できる方向(次元)があるから、そっちに移動できる。
ってことじゃないの?

3次元では、時間と重力は、1方向しか動けない。
上位の次元の人間なら、時間と重力に逆らって移動も可能なはずだ。

たとえば、平面上に住んでる生物がある。
3次元生物が平面を上下させたら?
平面上に住んでる生物は、急に重力変動が起きたと思うだろう。
その重力変動は、重力そのものに起因するのか、3次元生物が平面を上下させたのか、区別できまい。

同じように5次元6次元のなんらかの作用で重力変動が起きたとしたら、
その原因は人間には全く理解できないだろう。

163 :狸の金玉@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:29:52.43 ID:cWwKl1pS
 ※145
 ブラックホールに落下する場合、事象の地平線を超えたら時間が逆転すると考えるのは変では
ないか? 超巨大なブラックホールに宇宙船で入った場合、事象の地平線を越えるとブラックホールの
外からは見えなくなるが、宇宙船の中は通常の時間が経過している。 落下ですから当然無重力、更に
落ち込んで潮汐力で引き裂かれるまで安泰。 事象の地平線からブラックホールの中を推し量るのは
ナンセンス、落下速度が光速度を超えている訳では無い、何故なら空間と一緒に落下しているから。

 船と一緒に滝壺に落ちる場合と一緒で水の速度と船の速度は一緒。 エントロピーもかき回されて
均一、情報もかき回されて0になる、だからグラフィック理論は幻想。

 話は変わるが天動説と、地動説を考えて見よう。 天体の運行にはどちらで計算しても天体の運行は
正しい、最先端の宇宙論はどうも天動説の様な気がする。 ブラックホールは重力によって限りなく
収縮する現象、するとどんどん圧縮されて温度が上がり、ビッグバンの逆になる。 すると温度が上がるに
つれて枝分かれしていた力はどんどん統一され最後には一つになり、かぎりなく0になる。 すると重力も
消滅するはず、何故重力は消滅しない?

 理論が間違っている可能性があるのではないか?

164 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:31:01.81 ID:u8VgFYlz
>>1

      ィ";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙t,
     彡;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
     イ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r''ソ~ヾ:;;;;;;゙i,
     t;;;;;;;リ~`゙ヾ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ    i,;;;;;;!
     ゙i,;;;;t    ヾ-‐''"~´_,,.ィ"゙  ヾ;;f^!   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ト.;;;;;》  =ニー-彡ニ''"~´,,...,,.  レ')l. < おまえは何を言っているんだ
     t゙ヾ;l   __,, .. ,,_   ,.テ:ro=r''"゙ !.f'l.   \____________
      ヽ.ヽ ー=rtσフ= ;  ('"^'=''′  リノ
    ,,.. -‐ゝ.>、 `゙゙゙゙´ ,'  ヽ   . : :! /
 ~´ : : : : : `ヽ:.    ,rf :. . :.: j 、 . : : ト、.、
 : : : : : : : : : : ヽ、  /. .゙ー:、_,.r'゙: :ヽ. : :/ ヽ\、
  :f: r: : : : : : : : !丶  r-、=一=''チ^  ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、  ゙ ''' ''¨´  /   ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\

165 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:34:00.62 ID:ZbnSo3fn
まだもつれとるんか

166 :藤崎詩織@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:43:58.74 ID:iGMP6IbM
          __ノ)-'´ ̄ ̄`ー- 、_
        , '´  _. -‐'''"二ニニ=-`ヽ、
      /   /:::::; -‐''"        `ーノ
     /   /:::::/           \
     /    /::::::/          | | |  |
     |   |:::::/ /     |  | | | |  |
      |   |::/ / / |  | ||  | | ,ハ .| ,ハ|
      |   |/ / / /| ,ハノ| /|ノレ,ニ|ル' 
     |   |  | / / レ',二、レ′ ,ィイ|゙/   私は只の物理ヲタなんかとは付き合わないわ。
.     |   \ ∠イ  ,イイ|    ,`-' |      頭が良くて物理が出来てかっこいい人。それが必要条件よ。
     |     l^,人|  ` `-'     ゝ  |        さらに Phys. Rev. Lett. に論文書けば十分条件にもなるわよ。
      |      ` -'\       ー'  人          一番嫌いなのは論文数を増やすためにくだらない論文を書いて
    |        /(l     __/  ヽ、           良い論文の出版を遅らせるお馬鹿な人。
     |       (:::::`‐-、__  |::::`、     ヒニニヽ、         あなたの論文が Phys. Rev. Lett. に acceptされる確率は?
    |      / `‐-、::::::::::`‐-、::::\   /,ニニ、\            それとも最近は Nat. Phys. の方が上かしら?
   |      |::::::::::::::::::|` -、:::::::,ヘ ̄|'、  ヒニ二、 \
.   |      /::::::::::::::::::|::::::::\/:::O`、::\   | '、   \
   |      /:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::'、::::\ノ  ヽ、  |
  |      |:::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::'、',::::'、  /:\__/‐、
  |      |/:::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::O::| '、::| く::::::::::::: ̄|
   |     /_..-'´ ̄`ー-、:::::::::::::::::::::::::::::::::::|/:/`‐'::\;;;;;;;_|
   |    |/::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::|::/::::|::::/:::::::::::/
    |   /:::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::O::|::|::::::|:::::::::::::::/

167 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:44:16.57 ID:c61nsIXo
>>165
おまw
ほどけそうやったのにもつれてくるんじゃないよw

168 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:46:52.45 ID:OX/AR5/o
量子のもつ、は美味しいのか、気持ちいいのか、残念なのか

ただそれだけだ

169 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:49:17.97 ID:kDXMKwKR
強い力、弱い力、電磁気力、に重力加えて説明しようとしてるけど、
なぜ時間は存在するかの説明を省略してるのだろう?

素粒子の世界には時間の矢が存在しない。
もし、素粒子の世界に時間の影響を考えなくてもいいなら、
それはつまり、素粒子の世界に重力の影響も考慮しなくてもいいというわけで、
大統一理論に統合する必要も無いし無意味なのではないだろうか?

170 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:57:05.66 ID:hfgr7Jbm
時東あみがなんだって?

171 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/05(金) 23:59:00.10 ID:XgYMY4+3
>>169
時間と重力は対だからじゃね?

172 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 00:03:43.87 ID:2oP9iEIu
>>38
所詮匿名掲示板なんだから指摘されてもなんら恥ずかしくないミスして学ぶなんて普通

173 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 00:05:04.27 ID:3H8Yo6/U
弱測定は、観測による収束前の世界を教えてくれる。
それは、認識の出来ない世界の事象だ。
時空の外の世界といっていい。
そこでは、量子は時間を遡り、過去を書き換える場合のあることが分かっている。そこで問題。
究極理論は、基盤を時空の内において、それを説明できるのか?
時空の外に基盤を持たない限り、それは説明不可能じゃないだろうか。
超弦理論もホログラフィック原理も、2次元的時空を基盤とする。
そのような中途半端なものが、究極理論たりえるだろうか?

174 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 00:06:52.19 ID:BlyPqP9w
>>171
時間と重力は対って何のことなの?

単独で存在できないってこと?
そんなことないよね?

175 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 00:22:02.83 ID:5L2vzbgt
なるほどわからん

176 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 00:36:41.54 ID:SDwDHxpY
大栗先生は一般向けに親しみ易くコンビニ立ち寄ったときの経験をからめた数学の本を書いてるのに、

何でお前らはそれより難しい言葉を並べて全く中身の無い話をするんだ???

それこそ現代科学の大きな謎だよ

177 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 00:49:12.90 ID:rjxx/0gi
>東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構

この時点でもう訳分からん

178 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 01:34:31.27 ID:okgLdS95
>>169
時間が一方向にしか流れないのは時間次元にも重力が働いて引っ張られてると考えればいいんじゃない?

179 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 01:48:39.74 ID:M54S4AgD
超弦理論は数式がやたら難解らしいけど
数式は決まりごとの組み合わせにしかすぎないんだから
遺伝的アルゴリズムとかの応用みたいなかんじで
数式もコンピューターで勝手に試行錯誤させりゃいいじゃん

180 :ゆとり以下@転載は禁止:2015/06/06(土) 01:49:56.51 ID:IZu1R3f7
何をもってして時間が一方向にしか流れていないと確認できるの?

181 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 03:50:06.82 ID:MxNDAUo8
時間と空間は
量子のもつれという心霊現象から説明できる

182 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 03:58:42.37 ID:BlyPqP9w
我々は、時間が進むようにしか観測できない。

時間の坂道を転げ落ちるしかできない。

重力は空間を歪ませるというが、もし、重力が平面に見える世界の人から見たら、
地球は太陽に向かって一直線に長い時間をかけて落ちているように見える。

183 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 04:12:34.50 ID:m5Y84p9f
時間は距離という概念がないと定義できず
距離は時間という概念がないと定義できない
互いに相補的な関係
これは、同じものを別視点から見ているだけではないのか?
この同じものに時空という名をあたえよう

184 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 06:27:25.19 ID:X4avAigH
ますますわからん

185 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 07:13:55.67 ID:ukrMLbs+
アキレスと亀。
アキレスが亀に追いつくためには常にその中間地点を通過しないと
追いつけないというあれ。
量子は極小扱う分野だから、解像度が問題なんじゃね。
解像度上げると一つとおもてたものが複数だったりするけど0には到達できないみたいな。

186 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 07:52:25.73 ID:P8miiZWq
このスレ 気持ち悪いぐらいに 大栗先生の 「超弦理論」買おうとか
いう連中いるが、 ひょっとして ブルーバックスやら 日経サイエンスやら
の 雑誌関連の "さくら" が紛れ込んでいる?

すでに 2chの科学版で さくらが常駐していることが周知の事実
だったらすまん。 知らなかったのは俺だけ?

 

187 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 07:53:08.35 ID:PhgjH0zJ
時間は人間が便宜的に作り出したただの概念だろ。タイムマシンで過去に戻れないのは、過去と言う存在そのものが無いからだろ?
数学と同じで変化を認識するために人間が作り出した物差し。それが時間だろ

188 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 07:57:32.57 ID:BCy6H2Pi
「変化」という言葉がすでに
時間の概念を前提としてることに気づけよ

189 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 08:04:13.77 ID:M54S4AgD
大栗博司もブルーバックスも日経サイエンスも
素粒子に興味がある人間には常識だろ。
素粒子について書かれたものが少ないからすぐに存在に気付く。

190 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 08:32:49.66 ID:/7N0xeBs
俺達の体を構成する素粒子なんか振動してるヒモ
音は空気の振動
ホログラムとか言われても別に驚かない

191 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 08:34:03.86 ID:/7N0xeBs
素粒子の移動により状態変化が起きるそれが時間

192 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 08:36:02.87 ID:/7N0xeBs
俺達だって自分の意思があると思い込んでるけど
実際は遺伝子に自分の複製子どんどん増やすように操られてるだけだし

193 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 08:47:26.14 ID:BCy6H2Pi
時間がなけりゃ移動も変化もないってのにw
それらの言葉(概念)を使わず時間というものを説明しない限り
何も言ってないのと同じだ

194 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 08:55:05.91 ID:/7N0xeBs
時間はものさしであって・・・まあ馬鹿に何行っても・・・

195 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 09:00:16.35 ID:ukrMLbs+
そうだよな。変化を説明するのに時間は便利ってことだから前提は変化だろ。

196 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 09:19:27.54 ID:ukrMLbs+
相対論が極大方向の説明で量子が極小方向の説明。
どちらも宇宙の説明なのに矛盾が生じる。
その矛盾をどうやって解決したもんかという理解であってる?

197 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 09:27:51.17 ID:WPb49Yle
無限小の理解については

ゼノンのパラドクスが言うように、無限小には、限界があるとすると
理解できると思っている。

これは点電荷による、無限大の問題も解消できると思っている。

198 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 09:28:24.35 ID:TSlmfv0N
>>186
尼リンクを貼った者だけど、ステマじゃないよ、証拠はないがw
でなけりゃ図書館や古本の話をしたりしない。自分が大手古書
チェーン店で買っても、大栗氏にも版元にも一銭も行かないからね。
論文に名を連ねてる本人が書いた一般啓蒙書だから話題にしやすいだけだと思う

日経サイエンスのほうは、Scientific American と提携してる関係で
購読対象者が大学理系程度以上を想定してるので、高校理系がターゲットの
国内誌ニュートンより内容が詳細になってるのは皆同意すると思う
米国版からの翻訳記事が時々読みづらいことがあるけど。
読む人の興味の程度によるので、どっちが良いかは一概には言えない

個人的な愚痴だが、ニュートンは類似内容の特集の繰返しが多くて
数年続けて読むと飽きてくるんだよなぁ。イラストは綺麗だけど。
近所の中古価格はだいたい、ニュートン\108 日経サイエンス\300の印象

199 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 09:34:16.46 ID:BCy6H2Pi
>>194
じゃあ聞くけど変化ってなに?

200 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 09:39:11.18 ID:8xqJPCy/
おまいらはエッチな女の子と

人生もつれたいよな?

201 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 09:40:26.63 ID:dLMvWicl
電荷とか磁気に反発力があるから、重力にも反重力があってもいいような
気もするが・・観測されたことはないよね、やっぱり無いのかな?
量子もつれ的にはどうなのよ?

202 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 09:42:00.46 ID:BCy6H2Pi
>>200
いちもついれたい

203 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:04:58.44 ID:Av6Y651z
つまり、すべては難しいということですね

204 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:10:03.15 ID:GYCeJOJR
>>186
どこにサクラの要素があるのか、言ってみろ
まさか商業雑誌の名前を出したらサクラとか短絡的に捉えてるとか?

205 :Einsteinの遠隔相互作用の提唱は、本当だろうか________@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:25:27.37 ID:Rkw0YA5i
.

Einsteinの遠隔相互作用の提唱は、本当だろうか

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1427266157/093-096
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1427266157/105-111

.

206 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:29:43.66 ID:MOm40E1W
計算でシミュレーションしただけなのに何騒いでんだか
馬鹿ばっか

207 :Einsteinの遠隔相互作用提唱 ← 誤解を与える歪曲表現__@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:35:01.47 ID:Rkw0YA5i
.

http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1427266157/

【量子力学】東大、アインシュタインが提唱した「光子の非局所性」を厳密に検証、となっていますから
誰しもが、アインシュタインは「光子の非局所性」を提唱して、物理的に理論構成したと、思ってしまいます。

これはアインシュタインの1927年頃の言動とされていますが、これが事実なら以後の、
1935年にアインシュタイン達は、粒子遠隔相関の問題提起であるEPR提言を発表した、という経緯の中で、
「光子の非局所性」を翻して、「光子の局所性」を主張する根拠を “ 新たに発見する必要 “ があります。

投稿者も、「光子の非局所性」をアインシュタインが提唱した、という記述には非常におおきな違和感を
覚えました。 何故なら、アインシュタインが非局所的な作用を信じていたら、EPR提言は無かった可能性
が大きいからです。

つまりこれは、量子の非局所性を厳密に検証した、東大院工学系/ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構の
説明が、” 誤解を与える表現 “ であるからと思われます。
説明文をよく読むと、アインシュタインは提唱後も「光子の非局所性」を疑い続けていた、との記述がありますが、
この研究チームが何故このような、曖昧な ” 誤解を与える表現 “ にしたのかは不明です。

アインシュタインは死去するまで「光子の局所性」を主張していたし、相対性理論にも「物質の非局所性」を
出現させる部分はありません。 1927年頃のアインシュタインが指摘した「光子の非局所性」も、
量子力学への反論材料として、量子力学が正しければ「光子の非局所性」が必要になるぞ、との指摘です。

.

208 :局所実在性だけでは、宇宙は立ち行かないのではないか__@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:39:04.54 ID:Rkw0YA5i
.

>局所実在性が成り立たない = つまり非局所性って理解でいいの?

局所実在性とその否定というのは、ミクロ域の特徴は確率出現というのがその本質ですから、ようするに、
ミクロ域の存在様態は、一個の粒子でも ” 多くの状態可能性 “ を認めなければならない、というものです。

このミクロ域の ” 多くの状態可能性 “ は非決定論であり、観測される迄はその状態は一意に決定されない
と考えます。 それは、ミクロ域の一個の粒子の挙動を観測する直前までは、
本質的に、粒子は “ 複合する現象可能性を同時に付帯していた “ 、ということです。

しかしこれはマクロ的な常識には合いませんから、ミクロ域の一個の粒子の挙動も、観測以前でも
既に決まっているとして、それは量子力学が不完全であるからであり、その原因として
我々が未だ知らない隠れた物理係数があるのだと、多くの物理学者は考えていました。

隠れた変数理論 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%A0%E3%82%8C%E3%81%9F%E5%A4%89%E6%95%B0%E7%90%86%E8%AB%96
ベルの不等式 http://homepage2.nifty.com/eman/quantum/bell.html

しかしミクロ域では、その決定論的運動性は否定されました。 これは投稿者個人の考えですが、
ミクロ域においても、マクロ世界と同じように決定論的運動性であるとすると、
ある時点での状態の多様性は、それ以降その多様性が増幅したり、進化発展的な変化を生起したりする動因が、

決定論的運動性では見出せず、結果として宇宙の様態は平衡一様化するように思われます。
つまり局所的決定性であると多様的律動が生じることは無いが、ミクロ域が非局所場であるなら、
その非局所場で生じる多様的律動が、生物のようにマクロ域の局所場で生起する可能性もあります。

.

209 :1982年に仏のアラン・アスペがベル不等式の破れを検証__@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:42:44.23 ID:Rkw0YA5i
.

1982年に仏のアラン・アスペによってベル不等式の破れが検証された。 正確には、この時の検証実験では、
スピン方向の測定ではなく光の偏向が使用された。 それは光量子の入射角度の選択などが出来るので、
粒子のスピン方向の測定よりは格段に実験に向いていたからだろう。

ベル不等式といっても改良版が多く出たようだが、その中でもCHSH不等式というのをよく目にする。
その中で、隠れた変数を伴った粒子の実在性を前提にした場合の、検証予想値の範囲が示されている。
それが、 -2 ≦ S ≦ 2、だが、この説明は

CHSH不等式 → http://homepage2.nifty.com/eman/quantum/chsh.html.
これも参考になる。 ↓ 量子力学の観測問題とベルの不等式 (検証予想値の導出理由が分かりやすい )
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1427266157/201

この、隠れた変数を伴った粒子の実在性を前提にした場合というのは、ようするに観測する粒子の
スピン方向とかは、検証する以前にその粒子などに、確定した運動特性として付帯しているとするもので、
その上限値が 2だが、 実際に検証すると 2√2の値が出てくる。

これによって検証より前に、粒子のスピン方向などは前もって確定した運動特性を持っていないという事になり、
微細領域では確率1/2の出現率であれば、観測した時点でそのどちらかが出現するが、観測前はその両方の
実現可能性を併せ持ったままの様相となる。 http://bussei-kenkyu.jp/pdf/03/1/9999-031209.pdf ← 6ページ目

.

210 :ベル不等式の破れを検証後も、粒子の実在性研究は続く__@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:46:49.56 ID:Rkw0YA5i
.

1982年に仏のアラン・アスペはベル不等式の破れを検証したが、その後も微細粒子の実在性研究は続く。
微細粒子の実在性とは、このような検証実験での観測よりも前に、微細粒子といえども運動特性は確定したもの
として付帯している、という事だが、 そのような実在性信奉は何故かといえば、

近代物理学は欧州を中心として、コペルニクス・ガリレオ・ニュートン・ガウス・リーマン・アインシュタイン達
によって、数学をその土台として理論的体系として完成された。 それは他から独立して占有域を持つ物質片が、
確定した運動特性をもって近接伝播して行く運動体系だから、それは確率的ではなく決定した運動とされる。

このような科学史の側面があるから、欧州や米国の量子力学研究は意外に保守的であり、古典的概念を残したまま
の量子論研究も続いている。 日本の場合はその猿真似だが、唯物論は政治イデオロギーに取り込まれて、
日本学術会議のように、政治イデオロギーを守るために唯物論概念を押し通す、日本の学者もいる。

ベル不等式の破れが検証された後も欧米では、微細粒子の運動特性は初めから実在するとの提案が幾つか出された。 
* ド・ブロイの先導波を改良したボームの軌跡解釈、微細粒子を運ぶ先導波は強い非局所性を持つ。
* 実験環境の設定など、その時の状況に依存して変化する様相解釈というのがある。
* 状態の収束は、多数の微細粒子群の中の一部の粒子群の自然収束で、意識の関与を必要としないGRW理論
* 未来が、現在の出来事の原因になるという逆因果としての時間量子化解釈あるいは交流解釈
* 世界は確率によってそのつど分岐するという多世界解釈

1967年には、粒子の運動特性の実在性を仮定すると量子力学に矛盾が生じるとする、コッヘン・スペッカー
によるNO-GO定理が出された。 それによると、粒子の運動特性が非局所である場合は除外されるとの事。

また、自由意志定理というものがある。 http://bussei-kenkyu.jp/pdf/03/1/9999-031209.pdf ← 最後のページ
THE FREE WILL THEOREM ( 自由意志定理 ). John Conway & Simon Kochen
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&u=http://crackingthenutshell.com/do-electrons-have-free-will-conway-kochen-free-will-theorem-loophole/&prev=search

.

211 :生命作用を含まぬ物理理論は、全ての事象を説明できない@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:50:36.07 ID:Rkw0YA5i
.

時空が「量子もつれ」から生じる可能性について、その核心部分は “ 非局所性 “ であり、投稿者も、
生物の自律的自由度発現や人間の自由意志成立は、マクロ生物学やマクロ理論では解明不可能との
立場から、ミクロ領域の複合する実体可能性や、汎一体性でもあるような非局所性を想定する。

.      *** 唯物論では、宇宙の全体的安定律動が説明できない ***

仮にそれが事実なら、人間の自由意志や生物一般の内的自律性は生物系だけに限らず、マクロ系に
独立存在する無機物質単体の全てにも、内在する物理作用として表出するのではないだろうか。
それが、ニュートンが発見した万有引力であり、重力作用である。

ミクロ領域では非局所的な遠隔連関があるのなら、それはミクロ領域全域に潜在する汎一体的作用と
考えられる可能性もあり、そのような広域相互連関が存在するのなら、
当然ながら、ミクロ領域を内在するマクロ系の無機物質単体の全てにも、その連関が表出する。

.      *** マクロ系での重力遠隔作用は何がそれを伝播するのか ***

つまりは、宇宙規模の全体でも秩序律動が生じて安定へと移行するが、マクロ的唯物決定性だけでは律動は
生じないということだ。 この宇宙空間の様態について最近ダークマターが議論されているが、

マクロな宇宙空間が “ 唯物的局在域 “ であるなら、その局在域以外は “ 無介在場 “ でなければ、
局在域という概念は成立しないと思うが、最近の学説ではその真空域に何かが充満しているとする説が出ている。
これは以前から投稿者が指摘している、微細領域での “ 連続的汎関係性 “ に類似しているようにも思える。

.      *** ブラックホールの末端は、マクロ場でなければならないのか ***

マクロな真空域に、観測されない未知物質が充満するのなら、それこそマクロ系でも “ 汎関係性 “ が表出する。
さらに、マクロ場での重力陥入であるブラックホールの末端は、マクロ場でなければならないのか。
マクロ場での重力遠隔作用は何がそれを伝播するのか。 唯物論的宇宙論はこの疑問に、全く答えられない。
投稿 ( eig35153 )

.

212 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:52:33.81 ID:gqKQGjvM
お前ら、ほんとに馬鹿だな。
時間がないってのは、すべての時間が同時に存在してるってこと。
可能性のすべてが、そのままそこにある。
そのうちの一つを選択すると、現在になる。
時空の外には時間がないから、過去も未来もすべて同時に存在している。
だから、弱測定で明らかとなった未来が過去を書き換える場合がこれで説明できる。
138億年前と現在は、時空の内では同時存在ではないが、時空の外では同時存在だ。

213 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:53:02.47 ID:ldgHUw71
今日のNGID:Rkw0YA5i

214 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 10:55:00.31 ID:gqKQGjvM
時空の外とは、認識の範囲外の世界のことだ。
弱測定で垣間見える、観測による収束前の世界がそれにあたる。

215 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 11:05:52.72 ID:gqKQGjvM
もっと言えば、空間における干渉は分かるよな?
シマシマのやつ。
干渉が起きるのは、場所だけなのか? て話。
時間も干渉してるだろって。
過去と未来は干渉する。
それは、同時存在だから可能となるはずだ。
もちろん、時空において、過去と未来は同時存在じゃない。
どこで過去と未来は同時存在なんだ?
実在の世界は過去と未来が同時存在のはずだ。
時空はそうではない。
時空の範囲外がそれだ。

216 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 11:09:02.28 ID:dLMvWicl
とにかく時間も空間も重力も存在してるのは確かだ
知りたいのは反重力の可能性だ
どうなのよ?

217 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 11:12:01.24 ID:2gttaOLb
数学的整合性皆無の、オカルト妄想作文だらけ

218 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 11:15:41.30 ID:gqKQGjvM
なら、お前が未来が過去を変えるカラクリの種あかしをしてみろ。

219 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 11:16:09.63 ID:RG4HNm6l
もつれには確率が必要だと思うが、確率には時間が必要。
時間がもつれから生じるのであれば、始めのもつれはどうやって出来たのだろう?
単に、それを観測した時点でもつれが確定して時間が展開(過去にも未来にも)しただけじゃないだろうか?
今の現在の世界の観測者とは誰なんだろうね?

220 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 11:24:15.21 ID:gqKQGjvM
波動関数なんて、
実在の世界を時空内から除く窓みたいなもんだろ。
波動関数の向こうの実在は、属性の束のようなものと予想する。

221 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 11:30:41.51 ID:JssenxuM
>>186
こんな過疎板でステマとかwそれもこのスレだけでw
ニュー速にも同じ記事でスレ立ってたが本の宣伝はなかった
ステマなら人数も勢い多かったあっちでもやるだろw

222 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 11:31:21.07 ID:/1evEi82
A マクロサイズ空間の物理学
ニュートンは西洋哲学の帰結としての絶対時空を前提に物質に働く万有引力という 
考え方で重力理論を完成<ーステップ0★

アインシュタインはデカルトやニュートンの絶対時空を否定 <−ステップ1★
相対時空という考え方を導入して
物質とエネルギーの等価性を含む相対性理論を完成

B ミクロサイズ空間の物理学
物質のミクロサイズでのエネルギーの連続性が否定される
量子の位置と運動量の不確定性という考え方を導入して
シュレーディンガーやハイゼンベルク等によって
量子理論が完成 さらに、量子もつれという量子情報システムが
あることが実証される


AとBを(マクロとミクロ)を網羅する超弦論を足がかりに
その延長上の研究で日本人の大栗と米国人学者グループが
古典物理学(相対性理論)の時空を否定<−ステップ2★
旧来的な意味での空間も時間は存在しない。あるのは多次元(11次元)多様体の境界(表面)に
ある量子情報(ホログラフィック)の相互作用(量子もつれ)だけで、数学的に厳密な定式でそこから
旧来理論(相対性理論)の時空を復元できることが証明された のでは?

宇宙は量子情報を処理するコンピューター?
となると 局所逐次処理型コンピューターの数学的モデルであるチューリングマシン
を超えた、非局所処理型コンピューターの数学的モデルが必要ではないか。

つまり時空に関しては、単純にそれ以前の時空の存在が否定されてきたというより、時空の概念が
その意味を変容させてきたという歴史だと思う。
以上のことを考えて、立ち止まって、日常的な風景をみると、その色彩に満ちた立体的な風景が、実は多様体
の境界にある量子情報の点滅の結果なんだなという風に、私には見えてくる。
相対論や量子論が自然の見方や感じ方をを変えてきたように

そして、そう感じている意識とは、並列的に作動してる量子コンピューター間において量子情報の
写像処理が行われているということではないだろうか。それが、いわゆる’観測問題’の根底にあるのでは?

それでは、さらに、未来の、次のステップ3★は何をもたらすのか

223 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 12:14:04.09 ID:m82qmNtN
一般相対性理論とか量子力学とか、常識を超越している理論は
さっぱりわからん

突き詰めて言えば、時空って何? 宇宙って何?
ここはどこ?、わたしは誰? てことになる

224 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 12:18:13.79 ID:m82qmNtN
光が粒子だとか波だとか
重力波が存在するとか
ブラックホールとホワイトホール?

225 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 12:20:21.27 ID:m82qmNtN
もしかして反重力を生み出す方程式が出来たのか

226 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 12:25:11.83 ID:9WccDbRZ
心霊現象があると仮定すると幽霊を説明できる

227 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 12:39:08.71 ID:fWH3JEsV
>>223
>>1 がさっぱりわかっていないから余裕

228 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 12:40:37.30 ID:0H1IMazm
結局のところ、

なぜに、この世は「ある」んだ?

229 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 12:47:30.43 ID:dLMvWicl
反重力についての言及はないのだな・・・やはり、なかったのか・・・無念だ

230 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 12:51:07.80 ID:cRmkmOEZ
すべてを2次元平面の情報に還元できたとしても、それは不完全だ。
つまり、その2次元情報は1次元の情報だけに還元可能だから。
それどころか、0次元しか必要じゃない。
実在は属性の束のようなもの。
そしてそれは、弱測定のもたらす、認識の範囲外の世界の情報に合致する。

231 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 12:56:33.19 ID:rv1rnOZi
Aという実体とBという実体があって
両者がぶつかるときにCという現象が観測される。


まあ、普通はそんな風に考える。
でも実際はCという(絶えず変化し続ける)現象があるだけで
AもBも実体ではない。というか他から離れて単独で存在できる実体などない。

と、ここまでは哲学で導き出せる。

232 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 13:03:33.47 ID:m82qmNtN
反重力が実現されたら余裕でノーベル賞もんだな

233 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 13:20:22.68 ID:LCJQNcv7
>>223
大地は平面ではないとか、地球は太陽のまわりを回ってるという理論だって
その世界観を受け入れていない者にとっては想像もつかない謎理論だよ
ようは慣れの問題

234 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 13:48:21.49 ID:GYCeJOJR
>>217
オカルト決め付けてるのは単に理解できないから決め付けてるだけだな

235 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 13:50:15.52 ID:GYCeJOJR
>>223
今って、一般相対性理論や量子力学が常識の時代だが。常識からズレたことを言われても困る

236 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 14:34:45.41 ID:QQj5Wy8u
>>64
既知の宇宙のマップを作ろうと、メジャー持って徒歩で出かけたけど、市内を出る前に挫折したわ。
やっぱ伊能忠敬はスゲーよ。

237 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 14:37:53.04 ID:N3mvh49A
超ひも理論とは違うの?

238 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 14:40:38.24 ID:ukrMLbs+
「なぜに」というのが解釈次第でいろいろにとらえられるので困るんじゃね。
まああるもんはあるとしかいいようがない。
デカルトだって我思う,故に我ありっていってるべ。
我があるってことは「この世」はあるってことだろ。
色即是空 空即是色は空即是色 色即是空だとたぶんなりたたない。
「ある」があるこらこそ「ない」もあるにちがいない。
では「ない」から「ある」は導きだせないんじゃなかろうか。

239 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 14:47:59.57 ID:smc0hgF8
最近は靴ひも結んでないな
靴ひも理論によれば、面倒くさがるとカカトが潰れて靴がダメになるはず

240 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 15:05:23.26 ID:LmcafnYR
真空のエネルギーの中にゆがみが生じて電子が飛び出してくるんだ

241 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 15:15:12.64 ID:LmcafnYR
そのうち超空間の中にたくさんの宇宙が浮かんでいるみたいになって
どこまで突き詰めてもきりがないみたいになっちゃうな

242 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 17:19:32.85 ID:CQPmhyF+
>>228
>>238
なぜある問題はウィキペのまとめが結構良い
http://ja.wikipedia.org/wiki/なぜ何もないのではなく、何かがあるのか

243 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 17:37:14.47 ID:m82qmNtN
UFOの推進システムは証明されたのか?

244 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 17:43:06.40 ID:m82qmNtN
ハッブル宇宙望遠鏡の画像を見ていると
沢山の銀河系の姿が映っている

その沢山の銀河系を統合する宇宙が存在するとなると
時々頭がおかしくなるときがある

245 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 18:31:35.74 ID:3LJSCJDt
結局、トラファマドール星人が正しかったってこと?

246 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 18:36:55.55 ID:BCy6H2Pi
>>242
これはいいね
包括的で一貫しててなおかつ読み易い
ごく一部に別人が入れた蛇足っぽい部分もあるけどw

俺としてはノージック、テグマーク、永井均あたりを支持したい
あと人間原理

247 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 20:30:37.14 ID:RnpHE889
>>179
禿同
測定結果に合う数式を発見するプログラムでスパコンで計算する
もちろん一番単純な数式

248 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 20:38:54.45 ID:nKOS/f9T
>>65
その価値があるとかないとか、どうやって決まるわけ?
猿だと価値あるの?蟻だとあるの?ミトコンドリア?RNAワールドではないの?

たまたま岩が削れて2重スリットができて、たまたま天然の電子銃がそこに照射される場合、そこには人の意志はないから、波の干渉は起きないって、あなたはいうわけ?

言ってる意味わかるかな?なんでこんなオカルトがわき得るのか、不思議だ。

249 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 20:41:43.06 ID:RnpHE889
>>215
じゃあ時間干渉の起きる2重スリット考えろよ

250 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 20:46:44.38 ID:T4ct4YTh
>>249
だから、未来が過去を変えるケースがそれだろ。
すでに事例があるわけだから。

251 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 20:57:25.27 ID:tN+Owons
どうしたら時空の外にたてるんだろう

同時存在ってのは真空なのかもしれん

252 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 20:58:25.64 ID:+5kpMOTd
時空の外の手がかりは、弱測定だよ。

253 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 21:01:19.91 ID:+5kpMOTd
弱測定 アハラノフ
でググってくれ。

254 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 21:06:39.84 ID:+5kpMOTd
弱測定 過去 未来
でググるのもいいかも。

255 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 21:15:46.64 ID:QFbU91oT
結局どれだけ偉大な発見でも、すでに現実にあることなのだから
あんまり驚いたってしょうないかもね。

256 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 21:16:15.90 ID:pm1g/A3z
オツム良い奴は、もっと軍事関係に行けよ。

中国軍のハッカー集団が、日本はもちろんアメリカの
政府機関にサイバー攻撃を盛んにかけてるらしい。

奴らに対抗して逆に攻撃できる手法を研究して
くれないか? 最高頭脳は国家機密に関わる
仕事にその身を捧げる義務がある。

「もてる男はつらい」と云う勲章さ。
頼むね、天才君たち。

257 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 21:17:14.68 ID:+5kpMOTd
弱測定が見せるのは、観測による収束前の世界だ。
認識は、現在という時間を見る。
しかし、弱測定が垣間見せる実在の世界は、過去、現在、未来が同時に存在している。時間のない世界だ。

258 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 21:24:11.72 ID:2+gbl7Yi
中村

259 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 21:27:08.99 ID:cv6uiC8Q
最近鏡台の先生と付き合いがあるが、教授でも灯台とは雰囲気がまるっきり違う。
灯台でははしっこの教授でも偉そうな雰囲気のオーラを放ってる。
灯台もノーベル賞で鏡台にそうとう水を空けられたので、ここいらで
一丁、というすけべ根性が、カブリなんたらに見える。
ソースを読むと、これも唯物論(全体主義的とアメリカで申してるほう)
の線から出てないように読めるが。

260 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 21:41:35.32 ID:tN+Owons
同時に存在はしてるだろうがその状態を一度に認識できないんじゃないだろうか
気がつかない・・ないということになる・・
繋がっているものの部分を認識している

261 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 21:41:50.08 ID:GYCeJOJR
>>256
そんな方法はとっくに分かっている
身に着けてるやつも多数いる
だが、国家が保護してくれないので、燻ってるのが現状だ

262 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 21:42:52.40 ID:tN+Owons
だから時空というのは認識している部分のことじゃないか

263 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 22:38:22.81 ID:ArYUpel2
弱測定について軽く調べてみたんだが、何がそんなにすごいのかよくわからなかった
「未確定な現在の状態は、すでに確定している過去の状態と、いずれ確定するであろう未来の状態から逆算できる」
という、日常的なことを言ってるだけのような

普通の観測方法のように状態を確定しなくても、未確定のまま値を推測できるのは技術的進歩なんだろうけど
時間や因果律についての認識を大きく変えるものではないように思う

264 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 22:49:41.73 ID:tjPsnVMP
君は、どうやって収束させずに観測するのか?
その方法を教えてくれ。
量子が過去を遡るなんてのは、収束させずに観測するから、分かってきたことだ。
収束させて観測したのでは、実在の世界が、なにも分からないじゃないか。

265 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 22:57:17.32 ID:cv6uiC8Q
だから、身の回りの常識をそのまま持ってくると、認識するものがあまねく
万物の根源というオカルトになるだけ。それは哲学かもしれないが
自然科学としては自殺。
この辺は100年から指摘されてるとか読んだことがある。

266 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 22:59:05.46 ID:tjPsnVMP
未来が過去に影響を与える。
それは、未来と過去が同時に存在して、はじめて可能なことだ。
時間は幻だ。
138億年前と現在とは、実在の世界では同時に存在している。
100億年後の出来事は、138億年前を変えうる。
空間も同じだ。
100億光年の距離は幻だ。
そんな距離は、実在の世界では存在していない。

267 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 23:02:45.41 ID:tjPsnVMP
>>265
確定した過去が変わるという話をしているのだ。
君は事態が理解できてない。

268 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 23:15:28.43 ID:tjPsnVMP
超弦理論もホログラフィック原理も、所詮過渡的なものだ。
それは、2次元的時空を前提にしている。
しかし、2次元は1次元に還元出来るし、重ね合わせを考えれば、0次元にできてしまう。
2次元から3次元的時空を生じさせたのを、時空の生成とは言えない。
そうではなくて、無から時空を誕生させるのでなくては。
時間のない世界を想定して、はじめて未来が過去を変えうると理解出来るし、空間がないと考えてはじめて、量子もつれが瞬時に伝わるのを直感的に理解できる。
実在の世界には、時間も空間もない。実在はおそらく、属性の束のようなものだ。

269 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 23:19:21.58 ID:ArYUpel2
263だけど
仮に、無作為に決まった現在に対して未来が影響を与えていたらすげえって思うよ
でも弱測定では、偶然狙った最終結果になったデータだけ抽出して途中経過を推測してるんだから
そんなもん偏りが出て当然じゃね?

「観測=収束」という固定概念を破ったことはすごいと思うけど
これをもって未来が過去を決めてるとか言い出すのはおかしい
俺の理解が足りてないだけかね

270 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 23:24:24.54 ID:cv6uiC8Q
1の人はそういうことは言っていない。
熱力学が空気分子の運動として理解できる
がわれわれの感じる熱が幻で無いように、
空気分子運動が真の実在かどうかは、科学ではなく、哲学。
私は自然現象測定機器開発関係者だが、最近は、パソコンの
シミュレーションが唯一正しい世界、間違ってるのはお前だ
とか食って掛かる変なやつが増えて使い物にならない。
困った現象。

271 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 23:31:56.36 ID:cv6uiC8Q
270だが、268に対して言ってる。自分の世界だけで論じれば、完璧に見えるのは
当たり前。科学でも工学でもなく、宗教。

272 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 23:33:21.37 ID:tjPsnVMP
君の理解が足りてない。
前スレですでに、確定した光の経路を後で変える事例が挙げられていたはずだ。
時空の範囲内に捉えてられたものが、確定された出来事となり、ゆるぎない過去となるはずなのだが、
そうではなくて、時空の範囲外の実在の世界では、過去はあらゆる可能性のまま保持されていて、
認識の範囲がかわると、それに応じて確定した過去の内容が変わる。
それではじめて、弱測定の垣間見せる実在の世界が理解できる。

273 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 23:36:55.45 ID:tjPsnVMP
相対性理論は、時空の世界では成り立つ。
しかし、実在の世界は時空の範囲外だ。そこには空間も時間もない。
空間と時間の方程式は、空間も時間もない世界では無力だ。

274 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 23:38:12.43 ID:tN+Owons
真空に距離と時間はあるのだろうか

275 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 23:38:33.11 ID:cv6uiC8Q
完璧さんですね、最近ほんとよくいる。

276 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/06(土) 23:55:18.46 ID:tjPsnVMP
実在の世界では、過去も現在も未来も同時に存在する、時間のない世界だ。
認識が現在を選び取ったとき、時間が生じる。
実在の世界では、時間はないが、過去はあらゆる可能性を持ったまま保持されている。
認識が、時空である未来を選んだとき、それと矛盾する過去は、実在の世界で保持されていた可能性としての過去の中から選び直される。
しかし、実在の世界は過去も未来もすべての可能性をもともと保持しているので、時空で世界で過去が選び直されようとなにも変わりはしない。

277 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 00:05:24.27 ID:eJqIjJsf
時空を超越して情報が伝達されるシステムがなければ、
生命の誕生とか進化とか、絶対説明できないと思うけどな。

そう考えると、人間はなぜ産まれてくるかといえば、
「失敗するため」とはっきり断言できる。
億の失敗があって始めて生物は一の成功が成し遂げられる。

その為には生物の間で時空を超える情報伝達システムが絶対に必要。
失敗が個人の経験だけで留まっていたのでは、何時まで経っても進化できない。
全ての個が時空を超えて繋がってることが必須。

全てを偶然だの無限個の宇宙だので進化を説明する現代物理はナンセンス。

278 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 00:11:54.02 ID:eJqIjJsf
殆どの人間は、「自分が産まれてきた意味」や「天命」を求めていて
自分がダメ人間なのは、自分の努力が足りなかったからだ、
神が自分に与えた使命を達成できなかったと
自分を責めてるだろうが、それは間違い。

全ての人間は「失敗するため」に産まれてきた。
だからどんなダメ人間だろうが、たとえ犯罪史に残るほどの凶悪犯だろうが、
その人生には、「強烈な失敗をした」という意味がある。
その意味は時空を超えて次世代に引き継がれ、反面教師として生き残る。
無駄な人生などはない。

279 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 00:29:11.99 ID:knVvlZiB
ナンセンスと言いたくなる気持ちはわかるがすでに現実の世界でそのナンセンスが実用されようとしているよね
だからすごいんだ幻ではない実在なんだろう
我々は今より上の次元を体験できないそこへ行けないんだ

280 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 00:32:46.27 ID:hcOSD/y6
言葉遊び観念遊び
SFとなにもかわらんI

281 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 00:47:03.26 ID:JnUnrB/f
自分に「悪役」を割り当てられていたと・・気づいたら、死にたい。
どうも犯罪者役を割り当てられていたようなら、死ねばいい。そして、誰かに悪役を渡す。

悪役が必要なんでしょ・・、それなら君が悪役やりなさい。

282 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 01:38:52.82 ID:qSR4EwIx
>>278
そもそも人間そのものに意味なんかねーよ

283 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 01:46:06.69 ID:FJBlxqyO
なんでわざわざ科学板にそんなことを言いにくるのか
俺たちが産まれたのはたまたま産まれるのにいい条件環境が揃ったから
それだけだよ

284 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 01:48:18.57 ID:NtXKmoId
粒子として観測すればその由来は粒子としての過去で、波動として観測すればその過去は波動であるという、当たり前の気がするが、、、
一見現在の観測が過去を決めたかに見えるが、そうではないとか
観測時に見ているある要素だけを見たら、その過去はその要素だけに依存する部分を見れば、別の要素で見た場合と違っているだけで、本来の実態はそれらを全てを包含している、、、つまり重なり合ってるってやつ???

285 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 02:01:26.17 ID:PKTKs53D
そうそう、たまにもつれるんだよね

286 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 03:18:03.67 ID:PVWQFOG/
>>47
胡蝶の夢やね。

287 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 03:24:09.24 ID:GtjMuSan
弱測定は単なる測定のテクニックのひとつに過ぎないだろ。
観測によって量子状態が変わるという本質は何も変わらん
過去は確定されたひとつの状態しかないと考えるのが間違い
現在が決まればそれに応じて過去の、どの状態が
選択されるが決まる。何の不思議も感じない

まぁ、過去とか未来とか日常的な時間観念を直接、量子世界に
持ち込むのが不適切なんだけどね

288 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 03:35:54.40 ID:zBF0itKm
弱測定は統計学のアイデアでしょ
アハラノフの宇宙ての適用は一般的に受け入れられていない

289 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 05:25:10.00 ID:1WDAeNpa
それで説明出来るなら、誰も悩みはしない。真実は違う。
量子は未来を知っている。

未来と過去は実在の世界では、同時存在だから。

290 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 05:44:47.98 ID:8o5cISLw
初心者の質問だけど量子のエンタングルメントって、自然界ではどうやって起きてるの?人工的には偏光を変えたりするでしょ。自然ではどういうタイミングで、どういう範囲でどういう相互作用で起きるのか、全然想像できないんだよね。

291 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 06:02:51.30 ID:3fjd06Od
幸福実現党の釈量子に迫られる夢を見た。

292 :狸の金玉@転載は禁止:2015/06/07(日) 07:20:22.52 ID:mgs8iCXQ
 バベルの塔の話に階層が高くなると話が通じなくなると云うのが有ったな。
この科学スレも概念を共有化して話をしないとバベルの塔の住人の様に話が通じなくなる。

 空間にしても相対論のリーマン幾何学や、ミンコフスキー空間の様に方位や距離が有る
空間や位相幾何学の空間の様に方位や距離が存在しない空間も有る。 次元もベクトルで
指し示す次元やフラクタル次元の様に意味の異なる概念が有る。 ベクトルも回転
ベクトルが有るし、数学に至っては多様性が多すぎて混乱の極みだ。

 だから背景を説明し自分の持っている世界観がどうなのかを説明しないと言葉の意味が
伝わらないと思う。 私は科学マニアだからもっともっと議論が白熱し一般人が参加
出来る様に噛み砕いた説明が併設されていると良いと思う。 世界観が他の人に伝わる
様な説明が有ると哲学系の人が違和感無く参加できると思う。

293 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 07:43:38.82 ID:qGx3Y7PH
時空は根源的なものなのか?
時空が幻なら、時空の範囲外では、時空の方程式たる相対論は適用する方法すらない。
観測による収束前の世界を垣間見せる弱測定は、実在の世界を教えてくれる。
未来は過去を変えうる。
なぜか?
実在の世界では、未来と過去は同時に存在しているからだ。
そうでなければ、お互いに影響を与え合うことは出来ない。
つまり、実在の世界とは時空の範囲外の世界なのだ。

294 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 07:55:11.58 ID:bXUknXCZ
>>290
おまいさんの嘘やカルマが偏光板

295 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 07:56:43.97 ID:bXUknXCZ
>>294
偏光がなくなり神意識となれば見たい現実ばかり!

296 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 07:58:26.97 ID:bXUknXCZ
>>295
偏光がなくなれば真実(過去現在未来=初めと終わりの一致)ばかりを映し出す神意識かな?

297 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:02:22.07 ID:w/LP/17z
宗教家は布教したければ、宗教板に行け。実在の世界など科学では議論しない。

298 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:04:15.51 ID:EBjMx1TM
未来は変えられる、あるいは選択できる
ということをまったく当然のこととしているようだが
まずそのメカニズムについて考えるべきじゃないかね
それは物理的にかなり不思議なことだからだ

脳内で起きているすべてのことも
物理的に見れば過去に起きたことの帰結でしかないわけだから
いったいどの時点でどのようにして我々はそこに介入するのか

言っておくが量子効果を持ち出しても本質は変わらない
確率による結果を「意思で」変えられるならそれは凄いことだ

逆に言うと未来が変えられるなら
同じように過去だって変えられて
まったくおかしくないのかもしれない

299 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:22:51.32 ID:bXUknXCZ
>>297
宗教家じゃない。分けて考えられないから、宗教用語を引用したまで。

《特報》「人間によって観測」されるまでは「この世の現実は存在しない」ことを、
オーストラリアの量子学研究チームが実験で確認
http://korewasugoi.com/189753

300 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:27:57.01 ID:5ivKZT8j
量子もつれったって一つや二つの量子じゃないだろ
空間中に量子になるゆらぎが渦巻いていると

301 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:28:47.68 ID:rmn6NSTM
量子もつれが時空を形成している?なら、膨大に広がる空間や、各地点での時間をそれぞれ形成している量子もつれが、膨大にあってこの世の基盤になってるっていうイメージでいいのかな?
例えば、すべての量子のもつれをほどくことは、理論上できるのかな?そしたら時空はどうなるの?

302 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:38:38.25 ID:IxVCbbrL
>>270
このことは、実は重要な問題を含んでいると思うのです。

まず正しいとか間違っていると言う事は実は証明できないんです。
(ゲーテルの不完全性定理から)

これは、最終的には全てそれを観測している人の心の中にしか存在できず

熱を空気分子の運動と理解している人もいれば

熱をそれを幻ではないく現実と認識している人も、どちらも間違ってはいないことになると

303 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:41:54.34 ID:bXUknXCZ
高エネルギーの中で量子もつれがおきそうだから、
インフレーションで量子もつれが発生してるんじゃないの?
インフレーションに次元を割り当てれば場所は関係なくなるから
過去未来現在は関係なくなる、インフレーションは実はいつでも起きているってことになるから
ビッグバーンもおまいらさんも何もかもいつも量子もつれ!
意識を持っているからインフレーションに対するフィードバックもあるかもな!
するとインフレーションの前もあるわけだ。量子もつれが次元を作っている可能性!
永遠無限に存在、進化するという普遍性に帰結だ。

304 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:44:12.81 ID:rmn6NSTM
>>299
そこの怪しいサイトで引いてる論文のタイトルには、人間がどうこうは全く含まれていない。実験の内容も、結局、計測機器で行なってるんだから、人間の認識のまえに、現象は確定している話でしょ。観測は影響することは確かだが、それ以上のことは何も行っていない。

305 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:51:14.87 ID:YnGKYk39
>>1
しかしこういうことを何千年も前に哲学的に紐解いていた仏教って大したもんだね。

306 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:54:32.68 ID:rmn6NSTM
重力が強いところでは、空間が歪んで、時間のすすみもかわるなら、それに対応した量子もつれの変化が、根底では起きているのか?時空の形成には関わっているが、変化には関わっていない?
質量が集まってくるだけで、量子もつれの状態が変わるのか?

307 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 08:55:11.13 ID:mWy7G5UB
>>299
ソースはまとめブログって辺り、頭の悪さ全開で困る。

308 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 09:03:45.04 ID:bXUknXCZ
>>305
そそ、科学とは現象を紐解く事が発見になることも多々あるからね。
宗教の面白いところは人の意識や言動に対すしての現象を説いているところ。
現象または可能性を示唆しているかもしれないアイデアを捨て去るのは勿体無い。
ただし宗教や神としての教祖への盲信は危険だ。
そんなもの騙そうと思えばできるわけで真実の探求はやはり自身の知っている現象
や体験からだね。
自身の体験している現象にこの理論を適用して行ければ、それぞれの可能性や発明が
起きるかもね。夢がありすぎ^^

309 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 09:11:27.76 ID:bXUknXCZ
>>307
Nature Physics.って胡散臭い?
http://www.nature.com/nphys/journal/vaop/ncurrent/full/nphys3343.html

310 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 09:11:54.13 ID:fbgnPh2L
>>306
分かってないなあ。
実在の世界では、あらゆる可能性が最初から保持され、その可能性の中のどれかを時空内で選択されて現実となる。
だから、実在の世界はなにも変わる必要がないし、変わったら時間があることになり、時空の範囲内になってしまう。

311 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 09:22:09.30 ID:IxVCbbrL
この量子もつれの理論から
この世界はある意味幻影の様なモノだけど
人が認識したその瞬間だけ現実化するような点がある。

312 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 09:25:39.75 ID:IxVCbbrL
この現実化する点を観ると
世界認識は主観的というか、客観はありない
全てはその人の心の中にしかないという事になってしまう。
これは人間原理という物理学の理論から出てくるんだけど

313 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 09:46:14.48 ID:knVvlZiB
これって論文に対する世界の反応はどうなっているんだろう

314 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 09:47:26.12 ID:rmn6NSTM
>>310
わかってないから、ぜひ教えて欲しいんだけどさ。
量子もつれは、現にこの時空内で観測される現象で、それはこの時空内の操作で、変更できるでしょ。それでも、時空と量子もつれは相互に作用するものではないの?

315 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:02:16.58 ID:w/LP/17z
>>299 あなたのような意見がかつて物理学で主流で、結果的にナチス台頭をはさんで、停滞
をもたらした。間隙を突くように日本の学者が世界のトップに躍り出たわけだ。
なのであなたは迷惑。

316 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:03:04.51 ID:bXUknXCZ
>>314
そういや、もつれいていない光子(光源)は何なんだ?って話もあるよな。

317 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:03:54.94 ID:hU9ss+Df
だから、時空内に現れた時点で、認識が選択した後の結果にしか過ぎないでしょ。
時空の外の実在は、選択肢のすべてを可能性して保持している。
認識になにを選ばれようが、それは時空の範囲内の話で、時空の外の実在の世界は変わる必要がないし、変わったら時間が存在していることになり、それは時空の範囲内のことになってしまう。

318 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:15:23.61 ID:bXUknXCZ
>>315
それはナチスが人間のマクロ性を科学のミクロをと同様に扱ったからじゃないのか?
科学で解明できているのはいまのところ量子一粒二粒の観測機器を用いた原理までだ。
それが宗教的な譬えについてマクロの原理の解明にまで適用できなければそこに科学や政治の入る余地はないよw
そもそもどうやって科学的実験で無限を実証するのよw
そういう意味でマクロ性の解明を科学実験でできると思い込みナチスが倫理的なものを間違えたってな話で良いかな?

319 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:15:49.35 ID:hU9ss+Df
時空の範囲外の世界には、当然ながら、時間も空間もない。
過去も現在も未来も、あらゆる可能性のままそこにあり、すべては同時存在だ。
そこから認識が現在を選び取る。
認識が選択するとき、時空内に存在が現れる。
真の実在は、時空内からは直接知ることは出来ない。
弱測定により、かろうじてその手がかりが得られる。

320 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:25:14.94 ID:bXUknXCZ
>>318 そもそもどうやって科学的実験で無限を実証するのよw
こう考えれば良い。私の真実があなたの真実にはならないということだよ。
それが無限の可能性ってこと。
人で何かを実験したいなら自分で実験するしかないな!って事だよ(笑
宗教で求める道や道徳、倫理とははそのようなものだろう?

321 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:31:41.64 ID:m6v+Nb0e
いずれにせよ、実証不可能なんだから

喧嘩したって結論はでない

322 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:37:57.97 ID:rmn6NSTM
>>319
ずっと繰り返しあなたが言っている、実存は外にある、弱測定、ていうのはまあいいとして、じゃあ、量子もつれという現象は、その時空にあるものなのか、あなたが言う実存にあるものを示しているのか、どっちなの?

量子もつれをしてるペアで情報が光速をこえて?伝わるのは、時空とは違うレイヤーだからってのは、なんかわかる気はするけど、そうしたら、量子もつれは時空とは違う、実存にあるということ?

様々な量子もつれの可能性の一つが、選ばれているということ?なんかそれはおかしい気がするけど。

323 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:43:31.30 ID:bXUknXCZ
>>320 宗教で求める道や道徳、倫理とははそのようなものだろう?
宗教に紐付けるならば譬えを暗記したりグルを盲信するだけの宗教ならやめなさいと、
この理論が示唆してるのよ。そこから自身の真実を求めなさ〜いって!
その点で今の宗教の在り方から正しい方へと導くか洗脳状態を認識し目を開けると思うな。
・・・何の話やw自分で考えろ!!

324 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:47:25.09 ID:bXUknXCZ
>>323 自分で考えろ!!
まさにこれ。自身に対する認識の薄弱さが限定的世界観(神仏や科学)を生み出しナチスを生むのよ。
おわかり?

325 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 10:52:14.64 ID:hU9ss+Df
変化したら、それは時間があることになる。
時空の外に時間はない。
変化することはない。
ビッグバンは、時空の内では138億年前のことだが、時空の外ではいつでもない時だ。
138億年前の出来事と100億年後の出来事は、実在の世界では同時に存在している。
100億年後の観測が138 億年前の出来事の原因かもしれない。
そしてそれを、実在の世界の量子は永遠の昔から知っている。
量子は、永遠の過去から永遠の未来までのすべての可能性の履歴を保持している。
認識は、そこから一つを選択する。それが時空に現れ、現在となる。

326 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 11:20:46.71 ID:hU9ss+Df
アハラノフはいう。すべては宇宙の終末の姿から導き出されていると。
しかし、宇宙の終末の姿が一つであるというのは、俺には根拠薄弱であるように思える。
宇宙の終末もまた無数の可能性として保持されているのではないか。
未来も過去も、無数の可能性として保持されているのなら、なぜ宇宙の終末だけそうではないと考えるのか。
言えることは、過去も未来も無数の可能性として保持されていて、その一つを選択したとき、時空の内にそれが現在の出来事として現れるということだ。

327 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 11:45:43.91 ID:jdHJGlAV
何でお前らって知ったかぶりするの?

328 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 11:53:29.20 ID:baTYZchd
自問自答で延々と独りごと呟いてうるさい。
昔フレッドフォイルという天文学者が
時空間が極小時間のスライスの集合だとか
意識が時間をでっち上げるとか言ってたな
つでに読んでみ。
早川文庫ででてたな
まあエスエフ。科学ではない

329 :藤崎詩織@転載は禁止:2015/06/07(日) 12:04:25.97 ID:fcsgLChd
これな。「10月1日では遅すぎる」

あのシュールレアリズムな表紙が好きだったのだが、SF作品としては並かな。
フォイルの思考実験と見れば一考に値すると思う。

http://www.amazon.co.jp/10%E6%9C%881%E6%97%A5%E3%81%A7%E3%81%AF%E9%81%85%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%8B-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E6%96%87%E5%BA%AB-SF-194-%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%AB/dp/4150101949

330 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 12:21:50.57 ID:3jOENdLd
量子’もつれ’という訳語に疑問がある。もつれるというと、何だか乱れるという感じがするからね
むしろ、量子’連動’とか言ったほうがいいのではないか。

脳には、もしかしたらふたつの違う情報処理のやり方が備わっているのかも
言語的な処理とか、演繹的な論理処理とかは逐次処理だとしても
例えば、目をあけた瞬間に物が見えて、理解できる。そんな情報処理を順番にやってたら、とても間に合わないのではないか。
つまり、量子連動(もつれ)による情報処理システムのようなものが効いてるのかもしれない。

シュリニヴァーサ・ラマヌジャンが数学を解く脳の働きも、第二の方式が補助的にでも働いていた可能性があるね。

331 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 12:29:21.01 ID:4jcybLWQ
>>313
http://aps.altmetric.com/details/4082451

332 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 12:30:35.92 ID:4jcybLWQ
あとはここのコメント
http://phys.org/news/2015-05-spacetime-built-quantum-entanglement.html

333 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:02:02.66 ID:JGfonY90
>>302
不完全性定理はある公理の正しさは同じ公理から証明できないと言ってるだけで
何でもかんでも無制限に決定できないなんて言ってない

334 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:03:16.35 ID:3jOENdLd
偶然にも、俺は昨夜、実は宇宙が自己を認識するために知的生命体を生み出したとのではと、
自転車でふらふらと帰宅する途中に考えながら帰ってきた。

>《特報》「人間によって観測」されるまでは「この世の現実は存在しない」ことを、
>オーストラリアの量子学研究チームが実験で確認

その後、上の書き込みを見てわが意を得て、一寸うれしかったよ
例えると、人間の考えた成果は、鵜飼の操る鵜が捕獲した魚(認識)のようなもので、それは鵜飼(宇宙)のものになる。
そして宇宙に存在する全ての知的生命体の全ての知的認識は総体として、全て’量子連動’によって宇宙が
思考するのに貢献させられる。人間はその一部を下請けしてる鵜のようなものです。
’量子連動’は、距離に関係ない。瞬時に全て伝わる

335 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:06:23.65 ID:hU9ss+Df
宇宙の始まりに関する説はいくつもある。しかし、そのどれもがおかしい。
時空の始まりの前に、時間がある。最悪の説では、空間さえある。
時空の始まりの前に、時間や空間があるのでは、なんの始まりの話をしているのか?
時間の始まりの前には、時間はない。
変化は出来ないんだ。
そこにあったとき、すべて可能性としてすでに持っている。
それではじめて、時間がなくても、すべてが可能になる。
しかし、時間はないんだから、自身は変化できない。
時空はどこかよそにできる。
これではじめて、変化しない時間のない世界から、時間のある変化する世界が可能になる。
時間のない世界は、どこまでいっても変化できない。
それが、時間のないすべての可能性を持つ世界と、時間のある現在だけの世界の関係だ。

336 :香具師A@お大事に@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:09:56.87 ID:MLFHhYwZ
量子テレパシー 光の速さを超えるスピードで情報が移動する
次元を超えて量子が繋がっていると考えれば 理解できます
つまり 異次元が確実に存在するということ それ以外
説明がつきません

337 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:10:23.64 ID:EBjMx1TM
世界の起源に関するポエムを書きたい奴は
既出だがwikiのまとめくらい読んでからにしろよ
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%81%AA%E3%81%9C%E4%BD%95%E3%82%82%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%80%81%E4%BD%95%E3%81%8B%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B

338 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:18:36.21 ID:olDa5DS7
これって実験とかはできるかもしれないけど
ヒッグス粒子とおなじで、現在の宇宙ではもはや関係なくなってんだろ

339 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:30:11.37 ID:hU9ss+Df
お前、分かってないな。

時間のない世界は、永遠に変化出来ない。
それ自身は、時空にはなれないって話。

いま、認識出来ない時空の向こうの世界の話をしていた。
弱測定がそれを要請するからだ。

時間のない実在の世界は、自身が変化できないから、自分では時空になれない。
時空の向こうに認識出来ない実在の世界があるのは、そのためだ。

340 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:36:25.96 ID:o8oTkrU5
人間が認識してる世界は実在する世界の断面で、
時間とは、ある次元の断面を順番に捉えるから時間の流れがあるように見える。

341 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:43:29.31 ID:hU9ss+Df
>>340
そうそう。俺もそう思う。

342 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:47:25.30 ID:z8DqdRvf
波動の活性によって空間の広がりと変化(時間)が始まった
それ以前は変化の無い静寂で時空を認識出来なかったが
時空を内在していた
電磁波の究極は波長が限りなく0に近いもので0と紙一重の存在
エネルギーは無限に近い
つまり無と膨大なエネルギーは等価であり、見え方の違いだけなのだ

343 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 13:56:34.53 ID:JGfonY90
電磁波のエネルギーは波長で決まるわけじゃないんだが

344 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 14:24:55.14 ID:w/LP/17z
テレビの受け売りだが
時間のある瞬間と次の瞬間を測定できたそうだ。
プランク時間と言うのだそうだが、
工学から見ると、量子もある大きさ以下は振る舞いを知りえないことになる。
ナイキストの定理と言うのだが
これって量子力学そのものだな、と思った。
ひょっとして量子力学はこの先無効だな。
それにある瞬間とある瞬間の間は、意識もなにも関係ないので
われわれがどうあがこうと、全く無関係。
神様でも関与しないはずだが。

345 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 14:55:40.17 ID:J8v+t7uF
空間の量子化 ≒ 時間の量子化
で、それを量子もつれの方程式によって無矛盾な形で
定式化できるということが大栗先生の成果かもしれないよ

346 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 15:28:27.79 ID:OZ1sBdk0
ポエマーと哲学家と宗教家のスレになってきたな

最初は物理と数学のトピックだった気がするんだが、まあいいや
どうせ2ちゃんねるだし

347 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 15:51:29.56 ID:bKu/pQS+
今あるとされている宇宙の量子は最初は全てもつれていなかった。
^^^^^
○か×どっちだと思いますか?

348 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 15:57:22.43 ID:LLQ7ohkz
>>324
人間は多かれ少なかれ薄弱さを抱えていることを忘れた議論だな
おまえだってそうだろ?強がりいってみてもな
つまり、世間では通用しない議論でしかない

349 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 16:33:11.90 ID:J8v+t7uF
>>337
一応読んでみた。
>神学者の友人たちは、何度も何度も、この点に立ち返った。
>なぜ何も無いのではなく、何かが在るのか、これに理由が必要である
<存在とは何か>
<なぜ何もないのではなく、何かがあるのか>

私:何かがなければ、<なぜ何もないのではなく、何かがあるのか>という問い自体が存立し得ないと思うけどな

アラン・グースの解答は
>宇宙の創造が量子過程で記述できれば、永遠に続く「無」(nothing)はありえないからだ。
>しかし、それでも一つの深い謎が残る。何が物理法則を決定したのか。
みたいなことらしいね。(西洋人は物理学者でもこういう哲学的なこと言うから格好いい。伝統かな(^_^> 
日本人なら東洋哲学的なこと言って欲しいところだけど、あまり評判よくないらしい(^_^>)

それでは<何が物理法則を決定したのか>

私: わからん 解答の絶対的不可能性? 知の限界 知ることではなくて感じること?
   あえて言えば、<何が物理法則を決定したのか>という問いそのものを存在せしめているものの存在とか
   なんちゃって(適当に(^_^>)

350 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 16:42:50.73 ID:bKu/pQS+
>>70
−∞……(−3)+(−2)+(−1)+0+1+2+3+……∞=
でなにか書こうと思ったがうまく書けなかった。

351 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 16:52:14.90 ID:5ivKZT8j
実際に反応が起こっている宇宙の外で、何の反応も起こっていない情報のかたまりのような世界があるのか
その世界の一部がほどけてきたところがこの宇宙だとすると、どうして変動もしていない実在が存在できるのか

352 :利根川進ちゃんは、自由意志は錯覚であり幻想だと説く__@転載は禁止:2015/06/07(日) 16:54:11.44 ID:wPMC17AV
.

利根川進ちゃんは、人間の自由意志は錯覚であり幻想だと説く

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/71411.html

.

353 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 16:56:13.85 ID:IxVCbbrL
>>349
観ているものは誰ということ

354 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 16:56:41.37 ID:EBjMx1TM
>>349
「正しいこと」だけは常に正しい
たとえ世界が存在しなくても、だ
正しいと言うと普通は正義や道徳の概念も含まれてくるが
ここでの正しさとはもちろん数学的、論理的な意味での正しさ
矛盾がないことと言い換えてもいい

たとえ宇宙の物理法則がまるっきり違っていたとしても
数学の正しさだけは変わりようがない
三平方の定理は人類がいなくても成立するし
どんな宇宙にも素数は無限にある

つまり矛盾なく整合性の取れた「理論」は
それ自体なんの支えもなく存在すると言える
誰に発見されずともだ
この世の全てを説明できる万物理論があるのなら(もちろんあるだろう)
それは理由なく存在し、この世を存在せしめることになる
正しいもの、矛盾なく整合性の取れたものは理由なく存在するからだ
逆に言うとあらゆる「理論」がそれぞれの世界を含むことになるが
その中で生命や意識を含む宇宙を保持できるほどの複雑さと豊かさを備えたものだけが
我々のいる宇宙を生み、宇宙はなぜ存在するのかと悩む能力を持つ知的存在をも生み出すことになる
その一つがたまたま我々の宇宙

そういうノージックらの考え方が俺には一番しっくり来る

355 :唯物思想は、人間の自由意志は幻想だから隷属せよと説く@転載は禁止:2015/06/07(日) 16:58:06.43 ID:wPMC17AV
.

.   *** 唯物思想は、人間の自由意志は幻想だから唯物独裁に隷属せよと説く ***

利根川進ちゃんを始め物質科学を信奉する者達は、人間の自由意志や主体成立は人間の脳の状況認識下での
錯覚であり、人間の自由意志や主体性は存在すら無く幻想だとしている。
その主たる理由は、この世界全般は唯物性で構成されており、そのため物質運動の伝播連鎖は連綿と続き、

人間個体の行動決定は、それ以前の外界から受ける “ 被影響によって “ 決定されるのであり、
人間個体内の意志によって行動決定が成されるならば、物質運動としての因果性はその時点で断絶する。
さらに錯覚だの幻想だのとするもう一つの理由は、物質科学は人間の自由意志や主体成立を全く説明できない。

.    *** 自由意志が幻想であれば、犯罪者を裁くことは全く出来ない ***

自由意志は幻想であるとの唯物論者の主張を受け入れるなら、全ての犯罪者を裁くことは出来ない。
何故なら、その犯罪衝動や犯罪行為は外界からの “ 被影響によって “ 決定された事であり、犯罪者は
たまたま運悪くその状況環境下に置かれたために、必然的に犯罪行為が行われたことになる。

投稿者は唯物論を否定するが、上記の劣悪環境下での社会影響までは否定しない。 しかし唯物論者はこの
“ 物質性のみ “ を自然の主因とするが、仮に人間の自由意志や主体性が幻想であれば、
犯罪者の犯罪責任を、全てその個人に押し付けるという不条理を、人間社会が行っていることになる。

.    *** 唯物論者は、幻想である自由意志や主体が機能しない人間を想定したか ***

しかし人間の進化の途上で何故このような錯覚や幻想が、人間の行動規範を決定する上での重要な要因として、
生き残ったのだろうか。 さらに人間の行動決定での主体意志も幻想なら、
人間の意識は “ 単なる傍観者 “ であるのに、何故、必要もない反省や後悔の感情までも付帯して来るのか。 

さらに自由意志や主体性が幻想ならそれは機械ロボットそのものだが、機械ロボットは自由な想像連想を持つ
ことは可能なのか。  もし人間や生物の自律性や主体性が幻想であれば、
唯物論者は、幻想である筈の自由意志や主体成立が機能しない人間を、考えたことがあるだろうか。

.

356 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 17:07:39.45 ID:bKu/pQS+
「情報のかたまり」が「ブラックホール」だとしても今ある宇宙しか見えないんじゃねw。

あると仮定しても無限という概念が邪魔をする。

作文終わり。

357 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 17:11:44.85 ID:IxVCbbrL
>>352
この問題については、マックスプランク研究所のヘインズ博士の実験があります
この実験は、被験者にレバーを自由に押させるテストを行い
その時脳はどのような活動するか、MRIで調べる実験でした
被験者自分の意思でレバーを押したと言う
7秒前から10秒前にあらかじめ脳内に変化が見られ、レバーを押すのを予測できるという事です。

このテストでは、ボタンを左手と右手のどちらで押すかに関する判断なのですが
この結果は、 人間の意志はどれほど自由なのか? 意識的な選択とは幻想では無いのではないか?
と言う推測をもたらすのです。

博士は、人間の決定は、脳活動によって強力に準備されている。
意識が働き始める時点までに、大半の処理がすでになされていると述べています。

このことは、私には私というモノは実は幻想、錯覚では無いかと言う事を思い出させるのです。
わたしはいるように見えるのですが、じつはいないのではないかと
そして想いを作り出しているのは、実は身体ではないかと思えるのですが

これを追求していくと、どうしても
ただ、観ると言う事が残ってしまう様に思えます。

358 :ココ電球 _/ o-ν ◆tIS/.aX84. @転載は禁止:2015/06/07(日) 17:12:02.72 ID:Enk9U71V
>>337
そのリンク先 ポエムじゃん

359 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 17:19:50.21 ID:fbgnPh2L
さまざまな時空の創造の話があるが、実に根本のところがおかしい。
時間のない世界は、変化出来ないから、時間のない世界なのだ。
それなのに、世の創造論は時空の生成前は無論のこと、それ以降も変化・運動するのが当たり前なんだ。
変化出来ない世界だから、時間のない世界といってるんだっての。
時間のない世界は、無尽蔵の可能性だけを持っている。
時空は、その世界とは別にあるんだ。なぜなら、そこには時間があるからだ。
時間のある世界には、しかし現在の出来事しか存在しない。
過去も未来もあらゆる可能性を保持している時間のない世界、つまり実在の世界のことだが、その実在の世界と時空はその点が決定的に違う。
時間のない世界の無尽蔵の可能性の中から一つだけ選択されると、それは時空の現在の出来事となる。

360 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 17:21:44.05 ID:olDa5DS7
アスペほいほいになってる

361 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 17:25:41.15 ID:bKu/pQS+
>>360 何らかの病識は常にあるからまだましだと思っている。

362 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 17:41:48.49 ID:bKu/pQS+
ワレワレハリョウシデス。アナタタチハカンゼンニホウイサレテイマス。

363 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 17:42:37.45 ID:NBax0efW
量子力学自体、時空を前提としているのに、本末転倒の話だな。

364 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 17:50:14.78 ID:fbgnPh2L
観測による収束前の世界は、時空の範囲外だ。

365 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 17:56:24.96 ID:fbgnPh2L
確定した過去すら、変わりうる。

366 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 17:59:32.98 ID:fbgnPh2L
時空では、真の実在が捉えきれない。
真の実在は、無尽蔵の可能性の集合体だ。
そこから一つを選択したときだけ、時空にあらわれる。

367 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 18:08:33.82 ID:bKu/pQS+
現在の次も現在とかいうところがあるとして周りのどこか別の所にもにも別の現在の次は
現在みたいなところがあってこの二つはお互いどう違うのかな?みたいな話?

368 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 18:26:14.41 ID:w/LP/17z
+のネトウヨ、ネトサポ、量子スレの勘違いオカルトは2ちゃんの定番だな。
読み流すと、フォイル説以上の事は言ってないな。
また唯数論(数学がこの世の実態)とか唯理論・論(万物の理論自体が実態)
は、実験設備が全部が軍からみで、国家保安機関の照明が無いと触れもしない
くさったアメリカの学者の遊びだな。
このへんの事情は物理学者主人公の推理ドラマでよく出てくる。
FBIとか国土保安省の人物証明が無いと、数式いじってるしか仕事無いからな。
哀れ。

369 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 18:28:23.25 ID:b1Yajuw3
テレビの受け売りレベルで何か意味のあることが言えてるつもりの奴も
かなりどうしようもないと思うけどな

370 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 18:33:44.83 ID:sXsDf3C3
>>395
別に根本はおかしくないと思うけど
量子理論て観測で事象が変化決定するんでしょ?
だとすると観測する力である認識する何かが生まれる因子はもともとからあったってだけ。
観測しないと宇宙がなりたたないという考えは一応その因子の証明にはなる。
で、何かが観測したときに時空間が形成され、原子もろもろが動き始めて初めて宇宙が出来る。
多分だけど時空間とか観測して認識する何かのさらに基底にあるものは、
時空がないから、はじまったとか生まれたとかはそもそもないんじゃね?
まあ量子理論が本当ならばという前提の話だけども。

371 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 18:39:45.55 ID:bKu/pQS+
>>370 >>395 三回飛ぶと何か起きるのかとワクワクしたよ。

372 :精神の始発は、無意識的準備段階を含む可能性__________@転載は禁止:2015/06/07(日) 18:49:27.74 ID:wPMC17AV
.
>>357

.       *** 被験者の精神状態が測定結果を左右する可能性 ***

こんにちは、人間の行動決定が自由意志なのか、あるいは人間の意志決定より前の脳の物質的起因によるか否かの
実験は、リベットの実験も有名ですがこの測定方法での問題点としては、
実験に際しては、被験者は任意の選択によって特段の利益を得るという事は無く、あるいは何らかの緊張状況にも

無いというのが一般的ですから、被験者はかなりリラックスした状況下での被試験だろうと思われます。
そのような状況下では、被験者は自己の意志を抑えて成り行きに任せる、あるいは “ 実験環境内の雰囲気 “ に
順応してしまう、という可能性もあります。

また、このような実験の問題点として、その行動意志が生じた瞬間を被験者が口頭で知らせる、としていますが、
被験者が口頭で知らせた瞬間が、被験者が行動意志を決意した瞬間と即決する訳には行きません。
何故なら脳神経系は複雑であり、それ以上に人間の意志決定は物質過程であると証明されていません。

.      *** 人間の精神的始発は、機械計測に掛からぬ未知の要因を含む可能性 ***

ですから、人間の自由意志による決定であっても、その無意識的準備段階として脳が活動を開始する可能性は
充分にあります。 この点については、脳活動をMRIで計測するという精密計測を行いますが、
人間の自由意志による計測は、被験者の口頭による告知で決定するという対比では、様々な反論が生じます。

つまり、単純な神経系の励起であるMRI計測と、複雑な脳活動である精神の始発とが、物質的同一視座から考え
られているように思われます。 さらには精神の始発は、機械計測に掛からない要素が存在するかも知れません。
それは、そのような様々な未知の要素が “ 加算総和 “ されて、精神の始発となるかも知れないからです。

さらに、白熱した議論での即答応酬などのように、相手の論点を理解しその応答として言明を組み立てて即答で発話する
場合や、ピンポンのような俊敏さを必要とするスポーツでの瞬時の判断などは、このような実験からは説明できない
ように思われます。

.

373 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 19:03:07.42 ID:w/LP/17z
>>357 あんたは、どういう立ち位置かわかりやすいから良い。読みたい人しか読まないからな。
嫌なのは物理学の振りしてSF、ポエムを延々と書くやつ。
青少年に悪影響多大だな。

374 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 19:05:02.23 ID:w/LP/17z
373だが、立場がわかりやすいのは372さんです。間違えたすまん。

375 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 19:47:29.36 ID:JGfonY90
ID真っ赤にしてる奴は言いたいことを数式で提示してくれよ

376 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 20:07:26.73 ID:1KDURspW
人間の意識が宿る物質の根源的性質として量子論的不確定性による無限の揺らぎがあるのなら
物質を離れたところに自由意識の本体がないのだとしても、その脳機能に生じる揺らぎが引き起こす
変容を自由意志といっていけない理由がわからない。その揺らぎが蓄積してニューロンのパターンを
形成し、それが次の脳機能に生じる揺らぎの基盤になるわけで、そのような過程を経て犯罪者になるのなら
社会的合理的判断でその主体の責任の量を計り、裁くのに何の不思議もないと思うんだが。

377 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 20:13:16.90 ID:yoiO61cf
犯罪者になる前に、あるいはそう扱われる前に死ねばいいと思うよ。
これは、自己救済だと思う。やばくなったら、その場所から逃げる。自殺は悪くない。
そして・・・犯罪者役が必要だというなら、その役を必要とする誰かにやらせればいい。

たとえば正義の味方指向の連中とか、悪い奴をやっつけることで自分の正しさを確認する連中。
そういう人が犯罪者役を担当すればいい。

378 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 20:22:49.17 ID:CKChfUFJ
>>330
>量子連動

コヒーレント光子c光源をa地点とb地点に分割したら同じ距離では同じ波動信号を得る

379 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 20:25:52.86 ID:CKChfUFJ
a地点の距離に波長の1/2の距離を加えたb地点では逆相が得られる

380 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 22:32:43.74 ID:H4S51VS8
中村

381 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 23:14:41.58 ID:Rfer3PLl
赤い点と関連する量子とは可逆で計算できるのかな
量子の方を変えたら赤い点はどうなるのだろう

382 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 23:15:22.97 ID:mVCeKuSl
観測によって過去が変わるというのがよく分からない
観測方法によって光の経路なりが変わったとしても、特定の観測によって過去は一意に決まるんだろ?
光ファイバーで多くの信号が流れていて、特定の信号を取り出すことと何が違うんだ?
電子スリット実験でサイコロを振られたとしても、信号として認知できるのがある程度のある程度の数が揃わないと脳が認知できないとすれば、サイコロを振られたことと同じだし
電子一個の動きなんか認知の範囲外だよね?

383 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 23:39:15.73 ID:knVvlZiB
式はできた、なんらかの形で確かめることができたら本当にノーベル賞×3ぐらいだろうと思う
アインシュタインにもできなかったんだから

384 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 23:41:24.25 ID:knVvlZiB
ノーベル賞どころでなくて大金字塔になり、そこからまたすごい発展するだろう

385 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 23:43:06.62 ID:2scWO23H
>>382
過去は変りませんのでわかる必要ないです

386 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 23:53:05.96 ID:fbgnPh2L
確定した過去も変わりうる。
実例は一つあれば、理論的に十分だろ。量子は過去を遡る、なんてのは、すでに弱測定のキャッチフレーズにまでなってるってのに。

387 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 23:55:49.29 ID:fbgnPh2L
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASGG2000S_Q2A120C1000000/

過去が変わる

388 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/07(日) 23:57:57.35 ID:fbgnPh2L
新聞の記事だから見つけやすかっただけで、
弱測定では過去が変わる話に満ちている。

389 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 00:02:18.42 ID:Jauvsx/7
ノーベル賞は確実だろうが、
しかし、それでも超弦理論もホログラフィック原理も中途半端な過渡的理論にすぎない。
究極理論ではありえない。

390 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 00:12:59.02 ID:2V/k5JqU
ゆとり教育で微分方程式や行列が高校教育から除外されたのだが、
脱ゆとりになっても復活は一切無かった。

これって、日本の基礎科学には致命的じゃないか?
今思えば、高校の数学教育は非常に重要だった。対象人数が大きいからな。

大学の初期過程で教員が真剣に教えるはずも無い。もともと入学前にマスターすべき事項だから。
ゆとりの学生も、脱ゆとりの学生も、大栗先生レベルの業績を上げられる人間は当分出てきそうに無い。

少数の天才を優遇することも重要だが、多数の秀才も同時に育てないと、日本の未来は無い。

391 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 00:27:25.62 ID:1lH8t8dT
はっきりしてることはこの手の謎を突破するのは数多の秀才じゃなく、一部の天才だけどな

392 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 00:27:45.38 ID:vgHaboM9
>>390
それマジなのか? 大問題だっての
日本は計算能力に教育が偏りすぎてるのもあるけど
基礎的な概念は大学院で教えるものも含めてしっかり教えた方がいい

393 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 00:28:11.11 ID:ikD5ZX/s
5次元と9次元と10次元ので違いは何?

394 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 00:39:40.97 ID:vgHaboM9
次元とは直交している情報の数のこと

395 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 00:44:17.84 ID:vgHaboM9
つまり、量子の世界の一部は可逆だってことだろ
そして どこからか非可逆になる

396 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 00:47:36.13 ID:2V/k5JqU
>>391
その一部の天才は、多くの秀才という母集団があって始めて出現確率が有意となる。
極端な話、天才が北朝鮮に生まれたとしても、良い仕事ができるはず無いだろ?

>>392
マジだよ。信じ難いことだが。
文科省は極めて大きな間違いを犯している。

397 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 01:34:27.70 ID:aOqf7el9
可逆ではないなー
確定ではないが確定になるだけ

398 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 01:44:35.57 ID:Jauvsx/7
人間が確認しなくても、観測は収束するんじゃなかったのかえ? 笑
この分じゃ、意識が確認しとらんビッグバンも、なかったことと取り消しくいかねんなwww

399 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 01:49:04.46 ID:Jauvsx/7
観測による収束、確定には、意識による認識が必要なんだとよ www

400 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 02:25:29.97 ID:vEk+flI5
哲学・ポエム板と化した科学ニュース板

401 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 02:51:00.15 ID:KEiOfr5i
素 → 有 → 知 → 理 → 素.

402 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 02:52:29.39 ID:kx75GUco
柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺

五月雨を 集めて早し 最上川

松島や ああ松島や 松島や

旅に病んで 夢は枯野を 駆け巡る

403 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 02:58:47.03 ID:6cyvM+VK
曽野綾子
「二次方程式を解かなくても生きてこられた」
「二次方程式などは社会へ出て何の役にも立たないので、
このようなものは追放すべきだ」
三浦朱門
「出来ん者は出来んままで結構、100人中2〜3人は
いるはずのエリートを伸ばす。
それ以外は実直な精神だけ持っていてくれればいい」
「魚屋の息子が官僚になるようなことがあれば本人にも国民にとっても不幸になる」

などという人たちが今でも教育行政に力を持ってるくらいなので
裾野を広げなきゃ山は高くならないなんて
考えちゃいません

404 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 03:13:08.51 ID:vgHaboM9
>>397
確定したかどうか確認してるのか?

405 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 04:16:34.86 ID:1tZ7ye7y
地球から1光年離れたところで観測をしたら、1光年前に地球を通過した素粒子なり電子なり光なりの地球通貨時点での挙動が変わるのか?

406 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 05:37:05.40 ID:LVEbav5+
で、この量子とやらでどんな発明品が生まれるんだ?

407 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 06:21:35.11 ID:XKpsPNZp
この考え方というのは、どんな行動をしていていても
すべて書き込まれていると言う事になる。
全部お見通しってこと、天網恢々疎にして漏らさずの喩え

また、今の観測がその周り時間と空間を超えて影響を
与えていると言う事は、今の自分の行動(観測)が決定的になってくる

良いことをすれば、回りまわって自分に戻ってくると言う事を教えてくれる
逆もまたしかり

観測者が、この世界を決めていくと言う事は、自分が何者であったかという
問いの答えになりそうであり

また、他者もじつは同じものであると言うことを知る事になる

観測するものは、生きとし生けるもの全てであろうから、それも同じものであると知る事になる

こういう事が導出されるなら、人々の世界観が決定的に変わってくるだろう
心(観測する)が決定的に重要になってくる

408 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 06:26:32.21 ID:XRZ1BS2A
違うんじゃない?静的に決まってるんじゃなくて変更可能なんだよ。
変更が素粒子レベルで全ての時間軸に適用されるって事でしょ。
人間はその内の一瞬しか知覚できないからわからんわけ。

409 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 06:43:08.13 ID:BFD4W/nB
量子もつれが時空を作ってるのなら光源になれば、
過去未来現在は同居じゃないのか?
実験では光源aを量子b,cとするのだから…
分割した時点で時空ができている?
もとよりもつれている量子は何を示唆しているのか…?

410 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 06:54:59.88 ID:ZAgpUuks
色即是空 空即是色

411 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 07:20:13.58 ID:x0gG+tai
群盲: 俺ら
何か: 象

412 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 07:28:50.83 ID:BFD4W/nB
>>411 群盲: 俺ら
そやなw

>>410 色即是空 空即是色
量子を認識できる高性能な体で体得するのが理解も早そうだわ。
全部揃ってるってことやもんなぁ。。

413 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 07:48:50.03 ID:XKpsPNZp
まったく色即是空、空即是色が
こんな所に現れているなんて

色=物質だから
まさに量子もつれはまさに空、あるかないかぼんやりしているもの

その空たるものが、物質の根源とは

おそらく両者は同時に無いといけないもので
どちらが根源でもないんだろうとおもう
相互依存性というか、お互いに寄りかかっているような状態

414 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 08:13:02.05 ID:BFD4W/nB
>>406
おまいさんが発明品

415 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 08:23:57.17 ID:izkySk5o
>>406
気が早いなぁ
量子力学の基本の一つの光電子現象をアインシュタインが発見してから
約50年後→太陽電池が作れるようになる
約100年後→安くなってそこらで大量に使われる
その他の量子力学的性質利用したデバイスとして
半導体中でのトンネル現象を江崎レオナ氏が発見して
約50年後トンネル現象を利用したフラッシュメモリが
普通に使えるようになった
「量子力学なんて学者のお遊び」などというのは
土人か三浦綾子

416 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 08:28:15.91 ID:MxEqN55U
どうも時間というものが怪しい

417 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 09:30:16.10 ID:9aG9kLVU
>>415
ありがとうございます
すると、あと50年後には反重力が実用化されるんでしょうね!w

418 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 09:45:47.77 ID:ch0hazBE
>>396
>文科省は極めて大きな間違いを犯している。

おめでたい奴だなあ

ゆとり教育で学生の質は低下、大学教員への任期制導入で優秀な奴は民間に逃げ出し、
今度は大学教育の英語化推進してるわけだが、これだけ着々と日本の研究開発能力を破
壊してる文科省が、間違いでやってると思ってるのか?

419 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 09:51:51.81 ID:uQ2Djmn7
>>417
そうです。>>417に働いてる重力は、おそらく50年以内には
>>417 にとって反重力という形で実用化される可能性が高いです。



>>417の死によって、反重力という重力のない世界に行けますよ。
楽しみですね。

420 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 09:53:49.75 ID:2ulAbtu9
>>2
でんこちゃんと浮気がバレたのか?

421 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 10:25:59.81 ID:JPrqrGSN
人間原理と量子論と宇宙論についての現在の概観は

宇宙はどうして始まったか
光文社新書 松原隆彦著

がありますよ

422 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 10:49:49.53 ID:GOnB/Nr4
佐野量子以外の量子を見た事がない

423 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 10:53:51.09 ID:AC4s5tbk
八木さおりが好きだった

424 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 11:00:59.04 ID:GZFFRGCO
一度確定した過去は変わらないよね
過去において未確定の状態があれば、観測したときに過去も含めて確定するし
その場合量子は「自分が未来にどう観測されるか知っていた」かのようにふるまう
それを「未来が過去を決める」と表現する人もいるってだけで
量子自体には未来も過去もなく、向きのないひとつの経路を選択している

425 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 11:01:00.83 ID:XRZ1BS2A
>>416
どうも時空連続体という考え方がおかしいんだな。
実際は「現在」が変化してるだけであって、未来に行けば未来人がいるわけじゃないんだ。
だからタイムパラドックスも起きない。

426 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 11:07:30.18 ID:5gSao3D4
あぁあぁ、量子のもつれね。
漁師が長期間漁に出ている間に美人妻が友達のおっさんに
ヤラレて性奴隷になってた上に娘も親子丼で食われてた時の構造に近いやつね。

427 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 11:19:36.83 ID:Oeszlnin
>>424
つどつどに現在で世界は生成されてるのかな。
現在から見た未来は生成されてないのかな。

428 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 11:23:15.37 ID:Jauvsx/7
>>424
だから、なにをもって確定と言ってるのよ。
意識が認識するまでは変更可能なのは、確認された。
しかし、誰が確認すると確定なんだ?
確認した奴が死んだら、未確定にもどるのか?
意識による認識ってなによ。
どっかの馬の骨が確認しても、その馬の骨がわからん。
確定ってなによ。確定なんて幻だときづけ。
本当は、認識が時空外の無尽蔵の可能性のなかからなにかを選択すると、時空内に現在の事象として現れる。
時空外を見る覗き穴の範囲はいろいろ変わる、ということだ。
覗いた先は、過去も未来も同居している時間のない世界だ。

429 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 11:29:06.79 ID:Jauvsx/7
時空外には永遠の未来もすでにある。
過去と未来のすべての可能性が可能性のままにある。
しかし、時間はないから変化出来ない。
時間は時空内だけにある。しかし、時間があるとは、現在しかないことだ。
認識できない実在の世界の過去から未来の無尽蔵の可能性の中から、一つだけ選択すると、それは時空の現在の事象となって出現する。

430 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 11:52:06.67 ID:9aG9kLVU
ポエムスレだな〜w

431 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 11:57:26.45 ID:Jauvsx/7
弱測定が、時空の外の世界を教えてくれる。
時間のない世界だ。

432 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 12:08:06.96 ID:Oeszlnin
データーにしろなんにしろ区切りが必要かな。
過去¥現在¥未来

433 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 12:15:12.00 ID:g50mr4wZ
近年の科学ν板で珍しく次スレでも盛況だな
まぁ、元々面白ネタ部分ではあったが。

434 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 12:16:24.73 ID:xKN2iIOZ
量子テレポーテーション 別経路通信が手品のタネ明かしです
http://misatopology.com/2012/10/14/quantum_transportation/
実際のところ、通信自体が超光速になるわけではありません。
量子テレポーテーションでは、送られた情報の解読のために、
別経路の従来の(光などの)通信による「鍵」が必要になるからです。

435 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 12:19:11.07 ID:xKN2iIOZ
月と地球間の量子テレポーテーションを説明するなら
超膜理論の11時限目を考察するべきと思われる
https://youtu.be/7y_BlA3ZTeQ?t=26m27s

436 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 12:20:26.04 ID:xKN2iIOZ
11次元の膜宇宙
https://youtu.be/wHmRJot6ReA?list=PLycIU3W5QbLpMRxSqqgCbiG8FPOgHt7kV

437 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 12:23:48.27 ID:xKN2iIOZ
LEGO Great Ball Contraption (GBC) Layout 2012. 9
http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/sUtS52lqL5w&RDQ4gTV4r0zRs http://www.youtube.com/watch?&v=sUtS52lqL5w&list=RDQ4gTV4r0zRs&hd=1 http://i1.ytimg.com/vi/sUtS52lqL5w/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV

438 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 12:39:57.19 ID:azdItouW
[推理]じけんが「痴情のもつれ」から生じた仕組みを解明

439 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 12:40:13.14 ID:xKN2iIOZ
► Flying Car - Pal-V One
http://aurorawave.atspace.tv/?sop:v/CajAq6ndJYE&RDCajAq6ndJYE http://www.youtube.com/watch?&v=CajAq6ndJYE&list=RDCajAq6ndJYE&hd=1 http://i1.ytimg.com/vi/CajAq6ndJYE/mqdefault.jpg #AuroraWaveTV

440 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 13:15:17.73 ID:1tZ7ye7y
観測すると経路が決まって、でも誰かが観測して決まってしまった経路は確定してしまい誰にも変えられないってことでいいじゃん。
で、観測する→経路が決まる→時間が発生する

441 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 13:25:18.28 ID:pFFXEOC8
最初のケースとして、ふたつの量子波(例えば光子同士とか)が交わると干渉縞が現れるということを考える
次に、観測者が量子を観測するというケースを考える
量子を観察する時、実は観察者(装置)が対象となる量子を感知(観測)する
その方法は、自己の発する波を対象となる量子の波と干渉させるという過程が
必ず必要なんじゃないかな。 その結果、粒子として観測される。
つまり、ふたつの波を干渉させてるという意味では同じですよね?

このふたつの 「干渉縞」 と 「粒子として観測される」 というのは、実は同じ原理とは言えませんか?

442 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 13:25:46.03 ID:sfYC1AWS
量子もつれの2つの粒子のかたほうの状態を決定すると
粒子間の距離に関係なくもう一方の状態が瞬時に決定する

通常の物体間に働く相互作用(電磁気力や重力、原子核内の弱い力、強い力)は
光子や重力子といった素粒子の交換として説明されるので
光速を超えて相互作用が伝わることはない

しかし量子もつれの相互作用は光速を超えて伝わる
宇宙の端と端くらい離れた距離でも瞬間的に伝わる
これは素粒子の交換による相互作用ではないし
物理的空間にも制約されないまったく別の原理が働いているとしか思えない
物理的空間に制約されないということは
恐らく物理的時間にも制約されない可能性が高い

443 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 13:43:06.55 ID:Jauvsx/7
時空の外には、文字通り時間も空間もない。
相対論は、空間と時間の方程式だから、時空の外では適用しようもない。
観測による収束前の世界は、時空の範囲外だ。
弱測定によって、その世界を覗き見ることができる。
そこでは、相対論は適用されない。時間も空間もないんだから当たり前だ。
量子もつれは、時空の範囲外の事象を基盤とする。

444 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 13:59:45.88 ID:xKN2iIOZ
>>441
たぶん異なる

粒子という考え方は、波動の1サイクルを1粒子という考え方かな?

1サイクルには、0ゼロエネルギーと+プラスエネルギーと-マイナスエネルギーと順次変化する

445 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 14:02:39.98 ID:xKN2iIOZ
1/2サイクルなら、+プラスエネルギーと-マイナスエネルギー
+プラススピンや-マイナススピンと表現されるかもしれない

446 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 14:05:49.60 ID:xKN2iIOZ
実はアインシュタインが正しかった?
https://youtu.be/D237ochmEF4

量子テレポーテーション 別経路通信が手品のタネ明かしです
http://misatopology.com/2012/10/14/quantum_transportation/
実際のところ、通信自体が超光速になるわけではありません。
量子テレポーテーションでは、送られた情報の解読のために、
別経路の従来の(光などの)通信による「鍵」が必要になるからです。

447 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 14:08:28.79 ID:JPrqrGSN
量子もつれに、どうも何か穴があるというか、おかしい事が起こっている。
こう言う場合、そこには何か重大な理論が隠れている。

448 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 14:08:33.28 ID:xKN2iIOZ
通信による「鍵」が必要

これこそ、位相変換という手品のトリックかと思われる?

449 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 14:09:30.41 ID:xKN2iIOZ
量子テレポーテーション 別経路通信が手品のタネ明かしです
http://misatopology.com/2012/10/14/quantum_transportation/
実際のところ、通信自体が超光速になるわけではありません。
量子テレポーテーションでは、送られた情報の解読のために、
別経路の従来の(光などの)通信による「鍵」が必要になるからです。

450 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 14:11:21.34 ID:xKN2iIOZ
もし月と地球間の量子テレポーテーションを説明するなら
超膜理論の11時限目を考察するべきと思われる
https://youtu.be/7y_BlA3ZTeQ?t=26m27s

451 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 14:18:23.46 ID:xKN2iIOZ
1個の光子サイズ≒(光の波長÷2) としてはどうか?

452 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 14:20:21.28 ID:xKN2iIOZ
1個の光子サイズ≒(光の波長÷2)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/30/Light-wave.png

453 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 14:30:11.12 ID:Rvw5DNcp
botかな?

454 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 14:38:51.46 ID:IlaxDB5h
これでSFでしかなかった縮退炉の実現が近づいた
1.まず加速器でマイクロブラックホールを作る
2.ホーキング放射でエネルギーを放出しながら
  マイクロブラックホールが蒸発
3.蒸発前にマイクロブラックホールに粒子を吸収させる
これで質量をエネルギーに変換できる

455 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 15:09:31.77 ID:S5F2ckV4
>>428の考えに近いけどちょっと違うな

人間がおもう分だけ、並行世界が発生するっていう考えもある実際
重ね合わせられた宇宙の、ひとつの確定が実験結果で、べつの結果が出てる宇宙とその瞬間
無限に分岐してると考えたほうが、わかりやすい気がする

情報の 鍵 は分化した ひとつの宇宙 にしたがって
どうやっても光速以上では伝達しない法則にとわられることとも矛盾しない

456 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 15:33:32.20 ID:Jauvsx/7
量子もつれは、瞬時に伝わる。
それは、時空を経ていないからだ、と考えれば直感でたちまち理解できる。
それに、時空の範囲外の世界は弱測定で知ることが出来る。
時空の範囲外の世界は、物理学で知ることが出来ると考えられる。

457 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 16:09:38.90 ID:iO9QLFyB
犬の認識で、確定出来るだろうか?
猫の認識では? 蟻ならどうか?

458 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 16:31:36.25 ID:S5F2ckV4
おもしろいなそれ

459 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 16:47:24.85 ID:04rFSD7g
人間ですら道具を何も使わなければ、無理じゃね?

そこで、その道具を少し工夫して、結果次第で犬の頭を叩くか叩かないかの
合図を送ってあげれば犬も何かを認識するはず。自分から離れて座っている
もう一匹の犬が頭を叩かれたときは、自分はその衝撃を免れるとか予測できる
ようになり、法則性を認識するだろうw

460 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 16:49:22.67 ID:BFD4W/nB
>>455
それそれ!
実験で生じた量子もつれの光子の移動に関しては光の速度を超えられないからね。
時空の中では光が最高速度、且つ、光自体は時間はないようなもの。
光の速度の乗り物とかいうタイムワープ的発想をすると時間の勉強には良いけど
中の人の時間は相対的になるからこの問題ではややこしくなるね。
光の速度で量子もつれが広がってる感じで発想すると矛盾が解決していくかも?ね。

461 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 16:49:39.56 ID:xh7bcQFo
>>454
実現出来ても以下の問題が。
・エネルギー収支の面でプラスに出来るか?
・熱で蒸気タービン廻す以上の効率的なエネルギー回収が可能か?
実際、核融合ですら、蒸気タービン以前でのエネルギー収支をプラスに出来ずにかなりのマイナスなのを抜け出せてないのに、その先の縮退炉でプラスにするのに何百年かかる事やら…

462 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 16:58:40.14 ID:BFD4W/nB
>>460
光自体を観測者とすれば光は過去現在未来を見ているのか?って話になるね。
光自体が観測者なら今の瞬間か無しかないことになるかもしれない。
時空に存在しながら(時空を作りながら)今=無=別の次元と繋がっている
とすれば情報が瞬間に伝わる事に矛盾が生じないし量子もつれ状態の光子(光)
が時空を作り出しているという想像ができるから、この理論に矛盾しない。

この理論を理解するにあたって言ってることにおかしな点があれば指摘してちょw

463 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 17:06:35.93 ID:pZUiTSzd
例えば、この宇宙空間には、水素原子1個しか存在しないとしよう。
この場合、量子の数は、1なのか?
2(電子1個と、陽子1個がそれぞれ量子となる。)なのか?
4(電子1個と、陽子を構成するクオーク3個がそれぞれ量子となる。)なのか?
そして、ホログラムの情報量は、ビット数で表すと、
1ビット?
2ビット?
4ビット?
nビット?

こんな考え方は間違っているような気もするが、どこが間違っているのか判らない。

464 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 17:08:43.59 ID:BFD4W/nB
>>462
想像を発展させると、量子もつれ状態の光(子)の連続性…
おそらくそれが循環していることにより時空が存在しているってことになるね。

言い換えると、光(子)の情報の循環によって空間があたかも存在している
=時空(重力やらなにやら全部含んだ意味で)はフォログラムであるとなるわけだな。

465 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 17:34:27.43 ID:SdPE0nHC
局所性(時空軸で定まる位置の存在→相対論)と非局所性(非時空的な関係性の存在→量子情報理論)
が双対的(循環的)に関わりあっているのが宇宙だろうね

↓時空の秩序が支配する世界(10次元)

    +1次元(別次元への回廊)

 別の次元(フォログラム次元)=量子情報の秩序が支配する世界↑

466 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 17:53:34.22 ID:SdPE0nHC
しかし、次元が背景独立な世界と、そうでない(背景としての時空が存在しない)世界が
どうやってシンクロするのかという疑問は残る。フォログラムと言ってる以上、大栗先生の
研究チームがそれを明らかにしたんだろうか。

467 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 17:56:59.30 ID:3fvNcjc2
量子力学の教科書も読んだことがない奴らのポエムスレと化してるな

468 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 17:57:52.47 ID:3fvNcjc2
>>465
holo- をフォロと読むような阿呆はお前だけだ。

469 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:01:54.86 ID:xKN2iIOZ
>>463
制御できる単位数が量子数になる
もし電子しか制御できないなら1個

470 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:04:37.81 ID:xKN2iIOZ
これを見ると3つの状態がわかるが
ゼロクロス地点では実は
変化するエネルギーが最大になるハズ
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/30/Light-wave.png

471 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:05:23.41 ID:xKN2iIOZ
実はアインシュタインが正しかった?
https://youtu.be/D237ochmEF4
量子テレポーテーション 別経路通信が手品のタネ明かしです
http://misatopology.com/2012/10/14/quantum_transportation/
実際のところ、通信自体が超光速になるわけではありません。
量子テレポーテーションでは、送られた情報の解読のために、
別経路の従来の(光などの)通信による「鍵」が必要になるからです。

472 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:05:27.53 ID:SdPE0nHC
>>468
読んだのではなくコピペしただけですよーw

473 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:05:57.73 ID:xKN2iIOZ
通信による「鍵」が必要

これこそ、位相変換という手品のトリックかと思われる?

474 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:06:28.96 ID:xKN2iIOZ
もし月と地球間の量子テレポーテーションを説明するなら
超膜理論の11時限目を考察するべきと思われる
https://youtu.be/7y_BlA3ZTeQ?t=26m27s

475 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:08:21.20 ID:xKN2iIOZ
これを見ると3つの状態がわかるが
ゼロクロス地点では実は
変化するエネルギーが最大になるハズ
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/30/Light-wave.png

476 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:12:19.07 ID:xKN2iIOZ
1個の光子サイズ≒(光の波長÷2)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/30/Light-wave.png

477 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:13:41.87 ID:xKN2iIOZ
実はアインシュタインが正しかった?
https://youtu.be/D237ochmEF4
量子テレポーテーション 別経路通信が手品のタネ明かしです
http://misatopology.com/2012/10/14/quantum_transportation/
実際のところ、通信自体が超光速になるわけではありません。
量子テレポーテーションでは、送られた情報の解読のために、
別経路の従来の(光などの)通信による「鍵」が必要になるからです。

478 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:14:18.58 ID:xKN2iIOZ
通信による「鍵」が必要

これこそ、位相変換という手品のトリックかと思われる?

479 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:17:19.79 ID:iO9QLFyB
超弦理論もホログラフィック原理も、過渡的な理論にすぎない。
それは、量子もつれはなぜ瞬時に伝わるのかも説明出来はしない。
それらは、究極的には2次元的時空を前提としている。
量子もつれが瞬時に伝わるのも、量子が過去に遡るのも、時空の範囲外の事象だからだ。
観測による収束前の世界は、時空の範囲外の世界を垣間見せる。
実在の世界には時間も空間もない。

480 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:34:47.36 ID:BFD4W/nB
立体フォログラム = 1 + 1 = 3(量子もつれ)x 3(必須要素数) = 9
2次元平面を3次元立体の投影且つ循環で表すなのらば9つの情報でよいね。
平面投影するのだから9次元というよりこの時空的には9要素?
投影されたフォログラムも含めると10要素?
10要素目を3次元投影のベースとすれば、
要素一つ一つは次元と言っても一つ上の次元から現れている?し動きがあるから、
それぞれにも動き(物性等)に関する要素が幾つかあるかもね。
なんと足し算。オイラーは3次元のマクロ性を公式に表したのかもね。
魔法陣でよいくらい。

481 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:39:29.02 ID:BFD4W/nB
>>480 立体フォログラム
あ・・・ホログラムねw

482 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:44:31.87 ID:iO9QLFyB
そもそも、ホログラフィック原理での量子もつれは、理論的には平面においての光速を超えないだろ?

483 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 18:55:34.94 ID:4LNqWqP8
宇宙の外の空間ではないんだな
宇宙の外は狭い部分に畳み込まれていると

484 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:08:25.70 ID:L5jkmqtl
ただいまご覧になっているのは6匹の猿による実験の再現です

無限の猿定理(むげんのさるていり、英語: infinite monkey theorem)はランダムに文字列を作り続ければどんな文字列もいつかはできあがるという定理である。
比喩的に「猿がタイプライターの鍵盤をいつまでもランダムに叩きつづければ、ウィリアム・シェイクスピアの作品を打ち出す」などと表現されるため、この名がある。


2003年、プリマス大学(英語版)メディア研 (MediaLab) 芸術コースの講師と学生たちが、
(中略)実際の猿がイングランドのデヴォン州ペイントン動物園(英語版)にある6匹のクロザルの檻の中に、コンピュータのキーボードを一月の間放置し、結果を無線接続でウェブサイトに配信した。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%84%A1%E9%99%90%E3%81%AE%E7%8C%BF%E5%AE%9A%E7%90%86#/media/%D5%A1%A4%EB:Monkey-typing.jpg

485 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:14:55.15 ID:iO9QLFyB
時空は、宇宙といいかえてもいいとは思うが、時空の外とは違うだろ。
時間のない世界は、変わることができない世界だから、自分では時空になれないんだよ。
時間のない世界から時間のある世界が生まれるためには、ワンクッション必要なんだ。
時間のない世界は、無尽蔵の可能性だけを提供する。過去から未来のすべての可能性を保持している。その中には、時空の誕生の可能性も含むだろう。でも、時間がないから変化できない。
時空はそれとは別に、時間のない世界が提供する可能性の場の中から生じる。時空には時間がある。しかしそれは、現在しかないということでもある。
これによって、時間のない世界が実は時間のある世界でしたという論理的詐欺をすることなく、時間のない世界から時間のある世界が誕生する。
時間のない世界は時空であってはならない。それは、論理的詐欺になる。

486 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:17:27.89 ID:dmP7F/8Q
子供ニュースで解説して欲しい

487 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:26:40.00 ID:8SC5V4qT
世の創造論って、みんな根本的におかしい。
最初に時間はまだないとかいっておいてから、へっチャラでアレコレ変化出来る。
時間がないなら、変化しちゃダメだよ。

488 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:33:01.54 ID:xKN2iIOZ
量子の制御とコンピュータ
https://youtu.be/zm5MSWobTJE?t=14m30s

489 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:35:12.52 ID:xKN2iIOZ
量子の制御とコンピュータ
https://youtu.be/zm5MSWobTJE?t=14m08s

490 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:43:36.49 ID:J57OdgRL
量子力学でいう「観測」て具体的に何を指すの
A現象→B観測機器→C結果を人間が目視等で確認、というプロセスがあるわけだが、Bの無人機器の測定段階でもう観測なの?
とすると例えば観測機器が電子をぶつけて測定してるとして、それは機器がない野良電子がぶつかった場合とどう区別するの?
まさか自然が電子の由来を吟味して、「これは人間が設置した観測機械から出た電子だから、観測。これは野良電子だから観測じゃない」
とか判断してくれるの?

491 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:46:58.08 ID:m5+kl1Hu
>>484
>無限の猿定理

猿にタイプライターを打ち続けさせているよりも
人間を除外した野に、猿を放した方が効率いいだろう
そのうち勝手に進化してウィリアム・シェイクスピアの作品より優れた作品を生み出せるようになる
そうなれば、作品のひとつに過ぎないシェイクスピアの作品に拘ることもない
それに必要な時間は、高々一千万年もあれば十分かもね
シェイクスピアの作品がどうしても欲しいなら、ディスプレイを見ながら一千万年かけて進化した猿が
タイプライターを打てばたちまち完成するだろうw

それによって、宇宙には隠された量子情報処理システムが存在することが証明されることになる。

492 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:48:43.03 ID:xKN2iIOZ
>>491
何億年かかるの?

493 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:51:19.39 ID:2TbdDiIH
議論を決着させるためには、「プランク・スケール以下(内側)を支配する基礎理論」を知ることが必要

しかし、これは、不確定性原理によって殆ど実証不可能

だから、仮定、仮説、想像、妄想、幻想、宗教、超常現象、心霊現象、オカルトの域を超えることができない

494 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:52:07.40 ID:e8ACuyQh
>>467
うん、つまらない

495 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 19:55:30.45 ID:MxEqN55U
猫が観測するのと人間が観測するのは違うのかな?
あと石ころや量子から見た、我々が時間と呼ぶあれはどういうものとして処理されるんだろう
頭の中不思議がいっぱいだぜ

496 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:01:09.06 ID:O7VToTc9
過去が確定することはない。
未確定の過去しかない。
それで矛盾は消える。

497 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:11:04.03 ID:86UvsmVW
安心した。ナーンダだれもわかってないじゃん、理系も文系も

498 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:16:14.02 ID:A6UC4Hlp
ここは猫や猿と一緒に議論したい方の専用スレです

新興宗教、哲学、オカルトの方は大歓迎

数学と物理に詳しい方はご遠慮下さい

499 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:17:40.56 ID:KKf/yJm0
>>497
わかる連中による、ここががわからんという討論は
前スレ500くらいまでだった。

500 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:19:20.29 ID:ypugf1eO
そういえば、人間も、受動意識仮説といって、
人間が「こう動こう」と意識する前に、
脳は既にその為の信号を出してるって事実があるな。

これもまるで未来が過去を支配してるように見える。
一種の時間を越えたフィードバック。
だがフィードバック性能としては最高のものだ。

こういうフィードバックがなければ、生命も誕生しないし
進化もなかったのではないか。

地球がこれほど人間にとって都合がよく出来てるのも、
人間の意識が地球の過去を書き換えたからかも。

501 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:23:05.29 ID:KKf/yJm0
>>500
科学ν板なんだから、もう少しまともなことを言ってくれ。

502 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:25:45.32 ID:ypugf1eO
世界5分前仮説ってのがあるが、それの変形バージョンとして
自分の過去を含めて宇宙そのものが5分毎にガラっと書き変わったとしても、それを自覚することは決してできない。
自分自身も、記憶も、環境も、5分毎に全て書きかわって
しまうから、以前過ごした時間の証拠は何一つのこらない。

503 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:27:44.89 ID:86UvsmVW
右旋回した。ここまでスレ読んで、トマス(アクィナス)再読し始めた俺って、アフォ?

504 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:37:13.58 ID:ypugf1eO
>>501
生命の誕生も進化も、なんでも偶然で片付ける現代科学の
ほうが余程不自然。時空を越えたフィードバックシステムが
なければ、生命は決して誕生しない。

未来も不確定なら過去も不確定で、人間が選択する未来によって
過去は常に書き変わる。つまり少なくとも素粒子レベルでは、
タイムマシンにのってやり直すことができる。

505 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:40:53.05 ID:Dug1P9Eb
大発見だから盛り上がってるかと思ったら、オカルト談義で盛り上がってしまったのは残念

2ちゃんねるだから仕方ない

506 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:42:04.55 ID:c1OhvS9v
観測しないと状態が確定しないならビッグバン宇宙論崩壊じゃん

どうやってここまで宇宙が進化したのか

507 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:44:47.97 ID:S5F2ckV4
動物のそれはべつに光速こえてないだろ

508 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:45:04.67 ID:BFD4W/nB
>>505
面白いのでずっと見てるけどオカルトがレスを引っ張ってくれてるんだよ。
時々参考になりそうな真面目な談義や人生哲学の発見がございます。

509 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:45:14.34 ID:ANZtI5St
意識が動くのであれば、その原因の信号が、さらに必要でしょう。

ひとりで動くとか、「無から有」は、因果律に反します。
因果律を無視すると、
追跡が、できなくなり、そこに沈没して、寿命を全うするだけになります。

原因の原因が、無限に続いて発散していいでは、ありませんか、どこにも
無理が、できなくなって、自然です。

510 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:49:35.26 ID:XRZ1BS2A
>>504
変化し続ける現在があるだけで、過去も未来も無い。
時間という次元は実在しない。だからタイムトラベルもパラドックスもあり得ない。
これまでの時間という概念は変化の速さのこと。

511 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 20:54:49.01 ID:0KLiweyp
まともな哲学屋が居るのかよ()

512 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 21:10:39.71 ID:rR+W46gK
これは凄いな。
もう少しで人の思考が解明される日も近いだろう。
概念の枠を超えた思考がまとまれば、人の思考を解き明かすことができる。
将来、ネットの世界で人が思考のみ生きている?ことができるかもしれないな

513 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 21:19:01.19 ID:FrIVnn8y
例えば、「マクスウェル方程式にガリレイ変換はダメだけどローレンツ変換だとスゲぇ」と言っても面白くないが、
「時間が伸び縮みする」と言うと面白く聞こえるから、キャッチーに盛り上がるのもアリかもね

結局は >>1 のリンク先が一番分かり易く「要約済み」だから、多くの人に興味を持たれるのは良いことだ、と考えよう

514 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 21:20:17.87 ID:m5+kl1Hu
>>509
ニュートン的因果決定論は量子論によって否定されたんじゃないの?
隠れた変数は存在しない。 確率の連鎖ってことで
よくわからないけどね。

515 :狸の金玉@転載は禁止:2015/06/08(月) 21:26:58.87 ID:kKbLl2EX
一般相対性理論と量子力学の理論を統一する“究極の統一理論”構築への貢献が期待される。

大栗主任研究員らは・・・

 究極の理論ならば計算で簡単な分子ぐらいは構築出来る筈ですね。 最後の難関が
重力だから、重力を含まなければ問題ない筈です。

 メタンハイドレート分子等はどうでしょうか? 立て横高さ10分子ずつ、1000分子程度は計算出来るでしょう。

2次元ホログラム空間で3次元の射影が計算で出来る事を示して頂きたいです。

516 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/08(月) 23:09:17.58 ID:NNu6+EAw
低次元トポロジー

517 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 00:07:16.82 ID:pGNn0rgZ
>>455
多世界解釈はパラレルワールドがいくらでも現れるなんてまったく言ってない

518 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 00:42:43.88 ID:iGMgyKUF
量子もつれで重力を記述できるってことは、超弦理論は必要なかったってこと?

519 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 01:15:59.44 ID:8XykF/BI
脳内を説明してみました

で?

520 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 01:24:13.86 ID:9zM1CKZD
Hey, boy! Youのbrainの中はflower field だ

521 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 01:40:30.93 ID:TCXHjvdy
最近の宇宙論は厨二病臭いんだよな。

522 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 03:22:16.76 ID:TbwgxOKN
>>517
言ってる人もいる
CS見ろ

523 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 04:23:12.14 ID:iV3UXjan
>>522
言ってる人がどれだけいようが多世界解釈にそんな定義はない
さらに言えばいわゆる解釈問題は解決されてるわけではないので
多元世界があることを自明とするのは物理学ではない
その足がかりになるかもしれないのが今回のこの論文なんだろ

524 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 05:04:52.56 ID:TbwgxOKN
そもそも誰も何も確定してないのだから定義もなにもない

525 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 05:25:35.34 ID:h12dpC3P
多世界解釈が正しいと思う人は珍しいだろうが、多世界については 522 の方が正しいだろ。多世界解釈が誤りとしても。
多元世界も否定したら、マルチバースも否定かいwww
宇宙のパラメータはなぜこの値なのかの回答としての考えなんだよ?
523 は物理学を否定してる???

526 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 05:30:47.13 ID:h12dpC3P
要するに、多世界解釈についても、マルチバースにしても、可能性というだけで十分なんじゃないの? ていうのが、最大の疑問なわけよ。
なぜ分岐のすべてが現実にあると考えるのか。その根拠が分からない。
しかし、確かに可能性としては存在していないと、マズイんだ。

527 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 05:31:32.20 ID:kfX9EtWm
ボイジャーとか土星や冥王星探査機に管制センターともつれ合った量子を積んでおけば
リアルタイムで通信できるんじゃないの? 

528 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 06:43:03.40 ID:KJjZqTHH
過去の世界が形を変えたものが現在だとしても、
過去の世界を作っていた情報はどこかに仕舞われているのだろう
>>527
量子通信で暗号キーを使わなければ無限のスピードがそのまま生かせるかもしれない

529 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 06:59:59.68 ID:ke91ofux
宇宙論的パラレエルワールドは、ミチオ・カク(賀来)さんによると、宇宙が
量子論サイズの時普通に起こっていたとか、説明していた。
量子論的サイズではない現在も起こっているとは、素人的には思えないが。
超弦理論のパラレルワールドは、たしか分裂しないと説明していた様に記憶している。
多元宇宙論はこれまた、量子力学の故坂田昌二名大名誉教授が御本で説いていた。
階層論的宇宙ですね。一度カールセイガンが仏教的だとか言って紹介したが
実は、¥由来と言うのは。。。

530 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 08:13:57.66 ID:LI3trBBG
>>518
M理論や超弦理論とどう折り合いつけるのか、この理論は全く別の理論なのか、包括してるのか、よくわからんね

531 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 09:02:53.19 ID:PbxlRUTH
ここはオカルトと言うよりポエムスレだよw

532 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 09:27:01.16 ID:8I0osCHs
【文理】ポエムが「文字もつれ」から生じる仕組みを解明 当スレ★2 ©2ch.net

533 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 09:37:57.36 ID:VPo7TPUL
時間が無いとか空間は幻想とか現実逃避してないで早く仕事しろ〜

534 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 09:43:21.60 ID:nhyBouO0
hahaha…
思春期に鏡見て気付いてたよ、これは量子のもつれだって。

535 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 09:55:17.65 ID:HBbxN+Ps
過去は変えられるが、過去が確定するのいつか。
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASGG2000S_Q2A120C1000000/
光子の運命はいつ決まるのか。名古屋大学の谷村省吾教授は、光子が観測器に飛び込んだ時ではなく、それよりずっと後、「人間がいるマクロな世界で結果が確認された時」だと見ている。それまでは光子の過去は変更可能だという。

このスレでの反論は、では、人ではなく猿の認識ならどうなのか?
犬では、猫では、ゴキブリの認識ではだめなのか?
根本的に間違ってないか?

過去は確定していない。あらゆる過去は未確定である。
確定した過去などというのは、幻にすぎない。

536 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 10:00:01.04 ID:HBbxN+Ps
過去をやり直す
https://www.nikkei-science.net/modules/flash/index.php?id=201401_044

転送する光子と,送信者の量子もつれ光子を「ベル測定」と呼ばれる方法で一緒に測定する。
すると量子もつれ光子が転送する光子の物理量を取りこみ,過去を遡る。
やがて光子の発生段階に至ると,同じ物理量を持った量子もつれ光子のもう一方が発生し,過去をやり直して,現在の受信者に到達する。

537 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 10:05:08.69 ID:HBbxN+Ps
つまり、相対論ではもうまるきり説明できない。
なぜなのか?
時空の外の事象を基盤にした出来事だからだ。
時間と空間のない世界に、時間と空間の方程式は適用しようもない。

538 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 10:49:05.27 ID:iuaX9yTk
.
 作られているのは過去だけで、未来が作られることはない。だからこその
 ミンコフスキー空間だよ。-(ct)^2、毛糸玉から何ができるかは予測できない
 編まれたニットこそが現実だね。

539 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 10:50:02.73 ID:zJQ/TZlQ
時空連続体とか面白いアイディアだったんだがな。20世紀で終わりだ。

540 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 10:50:39.83 ID:7enIOX90
未来で過去が変わるなら、タイムトラベルは可能ってこと。
つまり相対性理論には抜け穴があるってこと。
これをはっきり言う人が少ないのはどうしてかな?

541 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 10:58:04.67 ID:KJjZqTHH
テープやCDには信号が収められている。それを再生すると画面が出る。
まるっきりなにもないところからは宇宙は花開くことはないので
物質が潰れて純粋なエネルギーになったところに何かの情報が込められているのだろう

542 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 10:59:47.18 ID:htt8h1Cb
ほとんどの書き込み人は、光子1個?しか存在しない宇宙ならその過去を変えられる、という事を忘れている。
人一人しかいない宇宙でも、そのホログラム上の情報量はとてつもなくでかくなり、記録することも観測もできない。観測できないからには、過去を変えることもできない。

人体を構成する元素の総数の10倍の要素と、すべての元素間の関係を表現する要素数と、再構成しても問題のない要素毎のビット数が必要なことぐらい判るだろうに。
リングやトロンや量子通信機みたいなことにはならないんだ。

543 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 11:02:26.50 ID:HBbxN+Ps
時空の外の時間のない世界には、
過去と未来のあらゆる可能性の組み合わせが存在している。
認識は、その可能性の一つを選択する。
すると、それが時空の現在の事象として現れる。
過去が確定することはない。すべての過去は未確定だ。
過去は後から変えられるが、時空から時空外を垣間見る覗き窓の範囲によって制限される。

544 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 11:03:35.36 ID:fedqvqa/
すごい勢いでポエムが綴られていく

545 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 11:09:01.01 ID:BJzAQEod
ピュアオーディオ板からポエムを書きにやってきますた

546 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 11:22:05.96 ID:y2uzZRxi
>>544

ポエムのニットなんだよ。>>538 が既に言っているだろw
すでに決定事項だったのだから文句言うな!
いや、>>544の文句も決まってたんだわ!
これは文句ではなく喜ぶところじゃまいか?

547 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 11:22:47.81 ID:iqXz6tzu
ヨッタスケールの衝撃 次々次世代スーパーコンピュータが壮大な新世界の扉を開く

将来、人類のテクノロジーに急激な変化点が訪れる。ヨッタスケールのスーパーコンピューティングが劇的な社会変化をもたらす。

エネルギーはフリー(水道水レベル)に。
高いレベルで衣食住がフリーに。不労の社会が訪れる。


こうした未来が訪れる前に色々考えよう。考えておかないと『その時』が訪れたときに適応できない。

548 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 11:24:41.98 ID:KwL8UmKI
>エネルギー密度のような時空の中の局所データが、量子もつれを用いて計算できる
私見ですが
1プランク時間サイクルでの、量子状態の情報変化の回数と時空のエネルギー密度は
比例するということだろう

549 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 11:56:04.06 ID:y2uzZRxi
>>543
過去を書き換える要素ってなんなのけ?

550 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 12:03:05.94 ID:HBbxN+Ps
>>549
未来での選択としか考えようがないんじゃないかなあ。

551 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 12:07:34.26 ID:y2uzZRxi
>>550
未来での選択で変化が起きたことをどうやって確認すれば良い?

552 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 12:08:30.89 ID:8I0osCHs
>エネルギー密度のような時空の中の局所データが、量子もつれを用いて計算できる
くりこみで前後から潰した固まりを、上下左右に発散しないように超越させる(くりこみ2.0をする)
ってイメージがするんだが

553 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 12:16:35.54 ID:y2uzZRxi
>>551
シンクロニシティがある状態の時に起きる事を認識できたのだけど、
これが過去現在未来の変化の謎に関する基準になるのじゃないかなーって思ってるんだよね。
シンクロニシティは過去との一致なのか?未来として選択(過去の変化)をしたのか?
ではそれを認識していない時(現在)は何なのか?

554 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 12:25:44.02 ID:HBbxN+Ps
光子一個レベルなら遅延選択実験とかだろうが、マクロレベルの話を聞いてるんだよねえ、たぷん。
しかし、一足飛びに考察するのは無理があるんじゃない?
意識と量子効果にどういう関係があるのか。
認識が確認すれば、過去は確定という人もいる。名古屋大学の谷村省吾さんとか。
それに対して、このスレでの反論は、猿の認識では確定するのかと。ゴキブリの認識では確定するのかと。
だから、過去の確定なんて幻だというのがこちらの見解。
そこらあたりの確認からなんじゃないだろうか。

555 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 12:41:38.96 ID:HBbxN+Ps
俺が思うに、すべて重大な勘違いをしてると思うんだよ。
時空は、ある時間、つまり現在のことだけど、もっている。場所もある場所を持っている。
時空は、そういうあり方しかできない。
しかし、弱測定が垣間見せる収束前の世界、つまり時空の範囲外の世界は、
時間は過去から未来のあらゆる時間を持っている。でも、変化出来ないから、それは時間のない世界だ。
場所も同じ。あらゆる場所を持つというのは、場所のない世界。ゼロ次元の世界。
意識は、時空の外の世界の覗き窓なんだよな。ある瞬間、ある特定の場所を切り取ってくる。
だから、確定はない。実体は時空の内にないから、確定のしようがない。
時空の外の世界のありさまは、弱測定が教えてくれる。

556 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 12:51:33.40 ID:y2uzZRxi
>>554
単に観測したら過去が確定というなら、深い山奥にある洞窟は、
今まで誰にも観測されたことがないはずなのに、
何故何万年も前から変化(鍾乳石の成長や物質の変化の跡があったり)
しながら存在しているのか?という疑問があるけどね。

だれも観測してなかったのに誰がそれを計算してたの?って話もある。

557 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 12:53:47.72 ID:oif94s0b
見える見えない、測れる測れない・・は、存在、不在、の証拠には、なれない。
量子論が、因果律を捨てるなら、その先に余命は、無いでしょう。

「相対性」と「因果律」のテストを受けている。

558 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 12:59:27.75 ID:qN8CJ8UO
何で意識の話になるの?

559 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 13:03:14.98 ID:y2uzZRxi
>>558
わからない人は、意識と何の関係があるのか、時が来るまでわからないだろう。

意識の疑問から、量子の振る舞いに対する疑問をこれだけ出せるんだよぉ。
それは新たな展開につながるんだよ。
興味あるなら頑張って「意識」から磨きな^^
ないものを求めたって数字にもならんよ。

560 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 13:11:32.17 ID:l0Mp7WV6
意識が時空の外の世界とかはポエムでしょう。おもしろいけど。
それと「観測」という言葉を曖昧に使いすぎ。別に人間は神様じゃないんだから人間が知ってるかどうかで現象に差異が生まれるなんて人間中心主義もいいとこ。

561 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 13:15:25.34 ID:oif94s0b
測定速度が、光速を越えないからといって、
被写体が、その位置に、はたして有るのかどうか・・

観測者の方が加速して、質量との相対速度を得ても、
その止まっている質量は、増大していく測定になる・・

562 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 13:22:15.78 ID:HBbxN+Ps
量子力学をくつがえす弱測定

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXBZO62862680Q3A121C1000000/

だが量子力学が語るミクロな世界では、同じものを同じように測定しても、毎回違う値が出てくる。

 例えば同じ光源から同じ方法で発射した光子は、毎回異なる場所に行き着く。位置や運動量などの値は測定によって飛躍的に生じ、もともと物体に備わっているものではないとされる。

 ところが最近、測定結果から遡って過去の値がどうだったかを推定することは可能だ、との新しい考えが徐々に広がってきた。

563 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 13:38:10.54 ID:zCZZK+OK
ホログライフィというより回転のぞき絵みたいなもんかもしれん。

564 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 13:50:05.78 ID:KwL8UmKI
物理エネルギーも時空も、精神エネルギーも意識空間も、ホログラム的情報世界で起きてる
現象の反映に過ぎず、そういう意味では幻影なのです。

そして、その境界で一種のキメラのような「量子現象」というものが現れる。
そう考えると、「量子もつれ」という、物理的エネルギーや時空の秩序に反するような情報相関が
現れる理由も自然に理解できる。

まさに、マトリックスの映画のようなものと思って差し支えない。

ユングのいう「集合的無意識」も、そのようなシステムの下で、物理的時空を超え
人間の意識が相互作用してると考えれば、自然に理解できる。

565 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 14:42:02.13 ID:r5f0eiBn
未来少年A君とB君はお茶の水博士から袋を一つずつ貰いました
一方には赤い玉、もう一方には白い玉が入っています
A君とB君はスタートレックに乗って真逆の方向に旅に出ます
そして100億光年離れた場所に行き、相手の球の色を当てなければいけません

A君は袋をこっそり見ました
白でした
A君は「B君は赤持ってる!」

というのと何が違うのか?

566 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 14:45:25.56 ID:ES//tUqZ
自由意志が死んだ日

567 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 15:11:28.49 ID:vf7ciBc0
>>565
玉じゃなくて、回転するコインのイメージ

量子もつれコインを回転させておく
片方が回転を止めたときに裏側が出たとき、もう片方も裏が出ている
超かんたんにいうとこういう感じであってるのかな???

これなら情報が過去に戻って最初から裏だった過去になるといかいうアホなこと考えなくてもいい

568 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 15:22:59.65 ID:6Xh4b5Rh
粒子Aと粒子Bがぶつかれば、その瞬間においてはAとBが互いに観測しあった状態になる
その後、粒子Bと粒子Cがぶつかれば、やはり一瞬だけBC間で観測状態ができる
一度観測されれば状態が収束し、そこからまた状態が発散する

例えば人間の脳細胞を作っているすべての粒子が、まったく同時に互いを観測することは不可能だろうけど
おおむねは「つい最近観測しあった粒子」のつながりで脳は構成されている
だから確定した系として一個の意識が活動できる

量子レベルの反応に比べると、脳はとてつもなく大きくて、とてつもなく動作が遅い
そうでなければ動作できないシステムなんだから当然の要請だろう
先に意識があってそれが確率を収束させている、というのは誤り
確率が十分収束できるようなスケールじゃないと意識は活動できない、という制限があるんだと思う

569 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 15:35:02.96 ID:IRkZczJ8
量子は未来を知っている
http://www.nikkei-science.com/201401_052.html

だが実は「個々の粒子は,未来において自身にどのような測定がなされるかをすでに知っている」。そしてそれに合わせて,自らの量子状態を準備している。
私はそれを今知ることはできないが,未来においてある特定の測定をした時にのみ,遡って見いだすことができる

570 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 15:40:04.90 ID:Ajvf47Ej
>>567
>片方が回転を止めたときに裏側が出たとき、もう片方も裏が出ている
量子の場合は、その量子状態に、つまりその玉の回転に影響を与えずに
測定することは出来ないんじゃないの?

571 :利根川進ちゃんは、自由意志は幻想と説き賞金は独り占め@転載は禁止:2015/06/09(火) 15:42:38.14 ID:IlcrKgVq
.

.   *** 利根川進ちゃんは、自由意志は幻想と説くがノーベル賞賞金は独り占め ***

免疫遺伝学の分野で世界に先駆ける発見をしてノーベル賞を受賞した利根川進ちゃんですが、最近は
あの理研で、脳科学の記憶関連の分野に進出して、この分野での新発見に意欲を燃やしておられます。
その脳研究の中で利根川進ちゃんは、人間の自由意志は錯覚であり幻想であると明確に述べられています。

そうすると利根川進ちゃんが、世界に先駆ける発見をしてノーベル賞を受賞したこの業績は、
人間の自由意志は幻想である場合でも、利根川進ちゃんの特段の才覚や特段の努力だけで、この発見を
したことになるのでしょうか。 つまり、人間の精神内界を否定しても個人的業績になるのか。

.   *** 利根川進ちゃんは、この矛盾を分かった上でノーベル賞賞金は独り占め ***

言葉を変えれば、人間の自由意志は幻想である場合でも、世界に貢献した発明発見はやはりその個人に、
与えられるべきでしょうか。 人間の自由意志は幻想であり、なおかつ人間の自律主体も幻想である場合、
それはまさしく自動ロボットと同じであり、その自動ロボットの大集団が社会を構成する場合に、

一体の自動ロボットが、ロボット社会に特別な貢献をしたからと言って、その一体の自動ロボットだけを
賞賛する事があるでしょうか。 自動ロボットには自由意志は想定されませんから、
自動ロボットには、外界からの因果的影響を遮断するような自発行動は無い筈ですが、

ある一体の自動ロボットが今までにない新規概念の発見をした場合に、その自動ロボットはその発見を、
周囲環境から独立していても成したと考えられるでしょうか。 ← ( 特にここは重要な部分 )

自律主体や自由意志を持たない自動ロボットが新規概念による発見をしたのであれば、それは当然ながら
関与する周囲環境とは分離不可分であり、外界からの連綿と続く被影響の総和であって、
その被影響の総和によって “ 全く偶発的に “、その新規発見は成されたと考えるべきでしょう。

.

572 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 15:42:53.28 ID:IRkZczJ8
>>570
弱測定なら出来る。

573 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 15:43:04.34 ID:CQT1ySpj
団地妻・量子
時空のもつれ

574 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 16:12:28.29 ID:PbxlRUTH
もうポエムっうか、キチガイスレだなw

575 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 16:23:29.50 ID:eixhb/QQ
A。自由は錯覚であり幻想である
B。意思は錯覚であり幻想である
C。自由意志は錯覚であり幻想である
全部正しい?

錯覚であり幻想である私(利根川進さん)の自由意志は、それが錯覚であり幻想であると主張する。
ということですか?

人間が自己プログラミングする自立したコンピュターと見なせるのなら、いい仕事したコンピュター
は賞賛されてもいい?

はたして、自己プログラミングは錯覚であり幻想?
 

576 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 17:40:48.63 ID:4LANVQLW
このスレは意識高い系に乗っ取られました

577 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 21:08:53.69 ID:0o5WgV1C
韓国人はうんこ大好き

http://book.harikonotora.net/r/147/all

578 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 21:21:02.42 ID:4O4rz5iq
http://mmgeispo.blog.fc2.com/blog-entry-2484.html
↑これのトップ画像だけど、あの指をこっちに向けられると
「言い知れぬ 恐怖心 みたいなもの」を
感じてしまうのはなんでだろう? 私だけ?

原爆の子像style → http://imgur.com/cXoFrb1.jpg
はまやねん語録 → http://imgur.com/Udmo4zg.jpg

そりゃあ
原爆ピカドンを言いたいがためにわざわざ変換やカモフラ入れて、
(三大珍味)トリュフ スパイダー ローリングサンダーと表現し、
例の最初のポーズも真グルのほうはそのまんま斜め向くよりも、
ゴマカシにもなり かつ あの指=銃口をこっちに向けて内心ぷぎゃあああできる
現在のスタイルを選択したんじゃないのー
仮に斜め向きの小像のポーズを100%シンクロさせたら、
今頃テレビ出れないどころか、君らがネトウヨと呼んでからかってる
沢山のお友だちがイベントなりで殺しにくるだろwww そゆこと(☆∀☆)


だから みんなも!

勇気を出してさ!!

日之丸街宣女子に続けー!!!


http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001/e/f371f380a3391a025a4f9ff77dd1dae7
http://dream-theater.org/temp.files/temp.html
http://ff2ch.syoboi.jp/?q=8.6

579 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 21:22:04.76 ID:/hEZcPzp
アインシュタインが局所性にこだわったのは
宇宙が決定される範囲を、せいぜい光速で届く範囲に限定したかったんだと思う
光速で届かない範囲のことはまだ決定されていないから、宇宙全体では自由意志が存在しうる

だからハッブルが立証するまで宇宙の拡大は認めていなかったし
局所性を否定しうるコペンハーゲン解釈に対抗して、量子もつれなんていう概念を編み出した

今回、その量子もつれこそが時空の構成要素だと提唱されたことで
アインシュタインの「頭が良すぎてやらかした」伝説がまたひとつ増えたことを、本人が聞いたらどう思うんだろ

580 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 21:22:06.65 ID:OD40A8Ad
世界五分前仮説は有り得る
量子は未来から過去へ遡る
次の瞬間から、量子は未来から過去へとは遡らない
そういう改変も有り得る

581 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 22:07:31.32 ID:OWEW1ccD
光より速いものはないなんてのは
式も根拠もない、ひらめきだったわけで
思うだけなら数式とかいらんな

582 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 22:10:36.08 ID:1GSBZFb3
無知は物理を語るな

583 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 22:25:29.75 ID:P2vSR0dt
もはや、誰も大栗さんが発見したことを話していないという。意識とか全く関係ない。まあ、日本人なんてこんなもんだよね。

584 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 22:35:23.11 ID:TCXHjvdy
うるせえ、最新の物理学、宇宙論は実学ではないということだ。
パッパ、マッマのお金で遊んでいけて大層幸せな人生だな。

585 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 22:38:50.64 ID:QAjbmJ+S
幸せなら良い事だ

586 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 22:40:14.20 ID:axKlOpNF
>>583

何も重要なことは発見していないよ

「量子の非局所性」と「ひもの非局所性」をかけて、適当なパラメーター値を選べば、「当然に」時空を計算できる
この「適当なパラメーター値群」の一つを見つけたかも、という程度の話

しかし、この話の全ては、「ひもの非局所性」という観測不可能なアド・ホックな仮定にかかっている
ようするに、観測不可能なアド・ホックな仮定を「信じるか?信じないか?」という信仰の話

587 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 23:12:10.97 ID:7enIOX90
未来も過去も全て決まってると考えれば、あらゆる不自然にも説明がつく。
別に未来が過去を書き換えたわけじゃない。
最初からそういう筋書きを神に見せられてるだけ。

唯一の問題は、それじゃ人生何も面白くないってこと。
でもイスラム教はこういう考えだけどな。

588 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 23:23:23.70 ID:HBbxN+Ps
なんで過去も未来も決まってる、などという話になるのか。
なにも決まってはいない。
時空の外には、過去と未来のすべての可能性が保持されていると考えられる。
そこから選択されたものが、時空に現在の事象として現れる。
これは、早い話が、なにも決まっていないという意味にほかならない。
アハラノフは未来の終末は決まっていて、その途中のプロセスは選択出来るという考えのようだ。
が、終末だけは一つに定まっているという根拠は薄弱としかいいようがない。
宇宙の終末もまた、途中と同じく無限の可能性のままと考えるべきだろう。
要するに、なに一つ決まっちゃいないどころか、過去すら決まっていない、を通り越して、過去を確定する方法すら存在しない可能性が高い。

589 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 23:31:43.33 ID:L5YpbbLb
引きこもると前後左右、過去現在未来も分からなくなるのか、辛そうだ。

590 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 23:32:00.67 ID:HBbxN+Ps
みんな大栗さんのこと話してるということすら、分からんかね。
宇宙は空っぽだって話。
そして、ノーベル賞級ではあるが、なんでそのレベルで止まるかねと。
時空の外は、目の前にもあるじゃんか。そこまで踏み込めよと。

591 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 23:34:35.10 ID:HBbxN+Ps
認識が過去を確定するというのなら、アリンコの認識に確定してもらいましょう。
過去はホントに確定できるのか?

592 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 23:38:33.76 ID:HBbxN+Ps
時間には現在しかない。
過去は記憶にあるだけだ。

593 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 23:40:28.20 ID:HBbxN+Ps
5分前なんて存在してない。
時間には現在しかない。

594 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 23:46:11.57 ID:Oj7cVvB8
引きこもりが壊れだしたなwああ元々壊れてたからこその引きこもりだよなw
時空の裂け目にでも落ち込んで帰ってくるなよ、実社会では養いきれんぞキティの引きこもりなんて。

595 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 23:49:18.91 ID:QAjbmJ+S
芸術的ですらないゴミポエム

596 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/09(火) 23:49:57.20 ID:HBbxN+Ps
5分前があるというのなら、戻ってみせてくれよ。
どこにあるんだ?
過去なんぞない。記憶にあるだけだ。

597 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 01:29:10.77 ID:ss68WKiF
中教審はノーベル賞撲滅を旗印にするようだな。

中高での学業での競争無くして、ノーベル賞など一件も生まれない。
大栗先生だって、激しい競争があったからこそ頭角を現して結果を出すことができた。
ノーベル賞学者は全員そうだ。

どうやら日本の将来を破壊したいようだ。

598 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 02:20:29.33 ID:cuqAUMbh
ノーベル賞級って騒いでるの日本だけじゃないのかね?さらに言えば2ちゃんだけ。
実際のサイエンスコミュニティではどうなのよ?

599 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 02:23:54.42 ID:YwUI9qoP
>>598
ノーベル賞とか言ってる奴ら、ただの冗談だろ。
本気で言ってるような馬鹿はいない……多分ね。

600 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 02:24:52.81 ID:YZ3d2gIg
ナッシュが死の直前に「興味深い方程式」と言ったのはこれの事なんだろ?

601 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 02:39:32.00 ID:YZ3d2gIg
>>596
時間軸は人間が作り出した概念だからな。実体はない。
計算上の概念に対して実体をイメージしちゃうんだな。

602 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 02:52:44.01 ID:Vg6/kcNx
くだらないこと延々と書いてないで

オーディオケーブルで湿っぽい音がみずみずしく変わる話題にしようぜ
風水グッズの効きめの話とか、哲学の話でもいいぜ!

603 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 04:41:49.38 ID:So3JSGEC
なんで日本だと哲学ってオカルトと混ざっちゃうんだろうね
元々物理の双子の兄弟なのに

604 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 06:25:38.05 ID:9TMwI/q2
>>586
それが重要かどうかは知らないけど、少なくともこのスレがここにあるのは彼の仕事があったからで。
パラメータ値を発見できたのはなんでなんだろう?そもそも、探そうとひも理論系の人はしてこなかったのか?

605 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 06:25:51.73 ID:JNp30Cck
その量子もつれから生じた時空に人間が入り込んだらどんなことになってまうの? ドラゴンボールで例えてくれ

606 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 07:41:14.88 ID:zAQBRuL9
今がその状態だよ

607 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 07:55:27.34 ID:zAQBRuL9
この中で過去が変わるという概念が理解できないのだが、説明求む

608 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 08:33:03.22 ID:Wk3tWw1P
過去も現在も未来も可能性として存在してるだけ
現在を観測すると現在の可能性の中から一つの状態が選択される。
その選択された状態に応じて過去も未来も定まる。
ただし、その選択の定める状態は観測したその瞬間のことであって
未来が現在となったとき再び観測し直すと、過去現在未来の状態は
前、観測したときの状態と異なる状態として上書きされることになる。
と、俺は考えてる。 間違っているなら説明求む。

609 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 09:28:27.97 ID:qoOH06Q6
ポエム書くのもいいけど
理論が真理の探究のためでなく計算の道具だということを理解しないと
ポエマー同士にしか響かないと思うぞ

610 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 09:35:41.57 ID:KGCwi43d
やったね >>609 みたいな人を待っていた
それでは式で説明 どうぞ

611 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 09:36:32.08 ID:3QU1+y1J
それでも、未来は過去を変える。

http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASGG2000S_Q2A120C1000000/

光子の運命はいつ決まるのか。名古屋大学の谷村省吾教授は、光子が観測器に飛び込んだ時ではなく、それよりずっと後、「人間がいるマクロな世界で結果が確認された時」だと見ている。それまでは光子の過去は変更可能だという。

612 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 09:50:48.69 ID:uR+F6PnQ
>>579

アインシュタインが「ありえない」と撤回したり
批判したことが現実になってるんだから、
やっぱり天才だわ。洞察力が図抜けてる。

613 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 10:01:14.34 ID:3QU1+y1J
コペンハーゲン解釈が間違ってるんだよ。
観測による収束、そして過去が確定。

が、過去が変わるケースがあることが判明。いま、ここ。

観測による選択。時空内で選択内容が暫定的に確定する。
しかし、時空外にはなんの影響も与えていない。

時空外には時間も空間もない。
時空外には、あらゆる時間とあらゆる場所の可能性が定まらない状態にある。
量子もつれが光速を越え瞬時に伝わるのは、時空を経由しないから。

選択がやり直されることがある。その時、時空内の過去が変わることがある。

時空外の世界のありさまは、弱測定で手がかりが得られる。

614 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 10:05:02.52 ID:cUGs2aNR
>>609
おまいさん究極の計算機が人間って事に気づいてないのだなw
今のこの瞬間にも量子もつれから情報を得て喋ってるんだ!

自身の体験と真理が合致するほどそれが統一性になっていき、
正しい理論、計算が導かれるって因果関係があるって事よw
計算しない人はレスを読んで体験を知にする突き合わせしてるんだ。

多々ある真理かもしれない?を
こうやって論じて自身の無知と経験を一致させているのだぁぁぁぁぁ。
だから計算ばかりじゃなくても面白いんだ。

無知にもなれた計算機No.Xより。

615 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 10:13:13.02 ID:faCJSB1q
少なくとも現実世界では過去は変わらないから、はよハロワ行け

616 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 10:14:33.71 ID:WCJIalPT
>>357>>611のタイムラグって似てない?

617 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 10:16:14.74 ID:qoOH06Q6
>>610
http://arxiv.org/pdf/1412.1879v1.pdf

618 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 10:56:46.83 ID:cUGs2aNR
>>611
観測される前なら過去が変えられるっていうけど、
人が見ているものが脳に届くまではタイムラグがあるようだから、
その前に過去(現実)は決定しているのか?していないのか?

朝起きてみたら全く違う世界になっていることもありえるってこと?!
ところで夢って、何かを観測してる事になるのか?

619 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:00:50.77 ID:RaA7a5tx
>>618
過去は観測済みなんだから変えられないでしょ

620 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:04:13.25 ID:3QU1+y1J
>>619
だから、観測ずみの過去が変わりうるのをどう説明するのかって話なんだろうが。
観測ずみたから変わらないなら、だれもなにも考える必要がない。

621 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:05:35.68 ID:cUGs2aNR
>>619
見てるものが既に観測結果であるならば、
それは過去なのだから動かせば過去が変わったのと同様!

人が過去というとき記憶の中や記録から起こした想像に
よる過去を言ってるように思う。

622 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:15:56.72 ID:RaA7a5tx
>>620
ないね
観測したらもう変わらない
そういうケースすら存在しない

623 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:21:04.93 ID:cUGs2aNR
>>621
過去現在未来が重なった今しかないと言う結論がしっくり来るんだけど、
人間的にはそう思えないのは観測結果を人が認識するまでのタイムラグ
が過去未来を作り出しているように思えてきたな。
未来は過去のモノをどう動かすか?等の想像だろうね。

確かに観測前を触れれば、>>611のような事が可能かもね。

624 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:22:41.37 ID:3QU1+y1J
お前が弱測定を知ったら、自分という存在を消したくなるだろう。
大丈夫、それは可能だ。お前はもともと存在していなかった。
弱測定までいかなくても、遅延選択すらお前にゃ理解不能だろうよ。
コペンハーゲン解釈は根本的に誤りだ。
収束はしない。選択があるだけだ。よって、選び直される場合がある。

625 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:30:06.50 ID:3QU1+y1J
>>623
タイムラグなんぞ関係ない。
138億年前のことすら変わりうるという話に、タイムラグなんて無意味以外のなにものでもない。
ホィーラーの遅延選択実験だって、もとの話は、壮大な光年単位の天文観測による実験の話で、脳内のタイムラグどころの話じゃない。

626 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:36:13.33 ID:cUGs2aNR
>>625
ちなみに、量子一個の過去を変えると何がどのように起きるの?
人には変化した事がわかるのかしら?

627 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:36:38.21 ID:aYEfq3CD
現在から過去に戻るというのは、
現在からすれば未来にしか起こらないことじゃね。
そう考えれば過去も未来と同じくらい確率の問題じゃないかな。
それとたぶんすべては完全なんだな、
これを分割すると不完全になるので出現するわけだ。
過去現在未来と分けない限り、それをなんというのって話かも。
時間と返ってくるかもしれないがw
世界をどこまで分割できるか。いまのとこ光の速さまでなのかな。
神は細部に宿るじゃね。

628 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:38:30.74 ID:3QU1+y1J
過去は確定することはない。
コペンハーゲン解釈も多世界解釈も、根本的に誤りだ。
確定は幻である。
すべての過去は未確定だ。

観測によって収束する。それは間違い。

観測によって選択される。しかし、時空の外の実在の世界は選択の影響はまったく受けない。
過去が確定することはない。
すべての過去は未確定だ。

629 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:48:34.74 ID:3QU1+y1J
>>626
当然に、マクロの世界で過去は変えうる、という話に直結するだろ。

630 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:53:31.55 ID:cUGs2aNR
>>629
その過去とは、おまえさんにとって、何が過去になるわけ?

631 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:57:19.47 ID:3QU1+y1J
人にとっての意味なんて関係ない。
この世界の仕組みがそうだってだけだ。
お前の都合で、この世界が出来てるわけじゃない。

632 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:58:16.37 ID:cUGs2aNR
>>631
なるる!そう来ると思った^^おk
認識あってるよ^^

633 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 11:59:28.14 ID:45BABqDH
>>617
その論文のどこに過去が変わるという式、あるいは解説があるのかわからない。
それは、量子情報理論における’数学的な意味での距離’を含まない相対エントロピ-を
ホログラフィックにマッピングすることにより、相対論的エネルギー密度(時空の幾何学と重力のダイナミクスの時間成分)
が導き出されるという論文? 

高柳 匡
http://quattro.phys.sci.kobe-u.ac.jp/dmrg/Kyoto2011/Proc/Takayanagi.pdf
http://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~ppp.ws/PPP2014/slides/Takayanagi.pdf

むしろ、こっちの方が図解とかあって面白いかも。

634 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 12:05:28.97 ID:aYEfq3CD
この世あの世を使ってよければ、
あの世で談合済みの何かがこの世にあらわれてるだけじゃね。

635 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 12:07:40.53 ID:3QU1+y1J
無尽蔵の可能性の中から選択される。
自由意志で選択できるのか、それともサイコロが振られてるだけなのか。

でもね、時空の外は意志で選択出来るかもしれない。けれど、時空の内は相対論の世界だ。
そこは決定論の世界。神がサイコロを振ることができない世界だ。

時空の外は、自由意志による選択か神がサイコロ振ることが可能な世界。
時空の内は、相対論的決定論の世界。

どうも、すべてが二重構造っぽい。

636 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 12:22:09.59 ID:+SScqMCa
>>629
ある特定の個人の過去を変えうる、なんてことにはならない。
そうするためには、無限大に限りなく近い数の量子対を作り、片方の組の量子の状態?を変える必要があるが、そんなことは今の技術ではできない。

仮に、遺伝子1個の過去をかえようとすると、30億塩基対を量子化し、対にして保持し、片方の組の量子の状態?を変えなければならない。この場合の量子の総数はいくらになるか?
計算できる人はいるのか?
そもそも計算できるのか?
過去を変えうると信じている人は、計算して教えてくれ。

今できるのは、光学閉鎖系に光子1個だけ存在してる場合の処理だけだろう?
実験者の目の前の光学系で光子の過去が変わっても、実験者の過去とは全く関係がないんだ。

637 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 12:41:03.88 ID:aYEfq3CD
>>636
>そもそも計算できるのか?
計算の必要はないんじゃないのかな。
すべての可能性は事実としてすでに存在してるという前提に立てば、計算済みなんじゃね。
すべては過去。現在も未来も含めて。

638 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 12:41:29.53 ID:3QU1+y1J
>>636
無用な心配だ。
もしこの世界の仕組みがそうであるなら、それは出来るということだ。
なにしろ、それを実際にやっている手本が目の前にあるわけだから。

639 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 12:47:14.57 ID:cUGs2aNR
>>638
簡単だよ!おまえさんの理屈で言えば死ねば良いだけ!
生きたままやりたい理由って何?

640 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 12:50:37.40 ID:cUGs2aNR
死んで生きる! by キャプテンハーロック

641 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 12:53:34.82 ID:aYEfq3CD
命を捨てて俺は生きるだよ。

642 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 12:54:30.03 ID:cUGs2aNR
>>641
うっそんw( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー!

643 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 13:09:21.16 ID:+SScqMCa
この世界の仕組みは、この世界を表現できるだけの量子対の状態を保持できるようには、なっていない。
仮に、この世界の量子状態を2次元ホログラムで保持しいじっている存在がいたとしても、保持し、いじる技術が必要だが、最低でもホログラム上のビット数は必要なことぐらい判るだろう?

そのビット数も判らないのに、どうやっていじるんだ?

644 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 13:14:56.66 ID:qoOH06Q6
>>633
過去が変わる話などしていないしそういうスレタイでもないだろう

645 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 13:18:32.10 ID:3QU1+y1J
無限の可能性というのは、
方程式とパラメータだけでいいのではないか?
あるいは、
方程式置き場とパラメータ置き場だけでいいのかもしれない。

目の前にエクセルがあるとする。
カラムが空白だと、無尽蔵の可能性を記載してあることになる。
なにか数値を入れる。
それは、無尽蔵の可能性の中からなにか一つを選択したことだ。

あらゆる可能性を保持している、というのは、カラムの内容を空白にしておくことと似たようなものだ。
なにかを選択したとき、一気にさまざまなことを記録しておく必要がでてくる。

646 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 13:28:30.09 ID:3QU1+y1J
過去を保持しているものはなにか?
それは記憶だろう。
観測し選択しているものはなにか?
それは認識だろう。

どちらも、意識に属するものだ。

647 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 13:34:33.23 ID:cUFAzmnz
無限の可能性というけど数学でいう∞にも2種類あるみたいだね
数学のわかる人 説明ヨロ

648 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 13:42:59.97 ID:aYEfq3CD
>>645
そのカラムが最初から空白じゃなくて、
文章的に表現するなら「完璧」に埋まってる。
可能性というのはその完璧なスプレッドシートから
何かが選ばれるでもいいんじゃないの。

カラムに入ってデータという点で過去も現在も未来もなく同価値なのじゃないかな。
まあそのカラムの縦と横は何かとは思う。

649 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 14:03:12.97 ID:3QU1+y1J
>>648
永遠の変わることのない世界が最初にあって、
そこから派生的に時空が、つまり時間と空間が生まれる。

でも最初の、永遠の変わることのない世界は、そのまま変わることなくすべての源泉としてそこにある。

そう考えないと、永遠の変わることない世界は、実は変わる世界でした、時間のある世界でしたという論理的詐欺に陥る。

これが可能であるためには、最初の変わることのない世界は、すべての無尽蔵の可能性を最初に持ってないといけない。
時空はそこから可能性の一つを選択する。

すべての可能性を保持しているというのは、エクセルのカラムを空白にしておくようなものと思うけどなあ。
方程式置き場とパラメータ置き場。

650 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 14:16:03.81 ID:cUGs2aNR
>>649
別に時間のようなものがあってもいいのじゃないのぉ?って思ってきたよ!
例えば思考?思った瞬間に変化があるなら時間があるとは言わないかもしれない。
その場合、空はあるが時はないようなもの。
空は思えばすべてがある状態。思わなければない状態。
おお!なんか、悟りの境地の人の話みたいになってきたぞ(笑

651 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 14:23:11.24 ID:cUGs2aNR
>>650 悟りの境地の人の話みたいになってきたぞ
個人的な話なw

652 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 14:34:39.42 ID:3QU1+y1J
時間も空間も、最初にあってはいけないんだよ。
なぜなら、時空はどうやって誕生したのか、という話をしてるんだから。

653 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 14:40:55.23 ID:PcCgM4R8
時空太閤秀吉!?

654 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 14:57:19.20 ID:QMFLroNS
時空を越えられるのは愛だけ

655 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 16:24:50.67 ID:TNgIbuwk
オッス、おら時空!

656 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 19:10:56.00 ID:IxWngz9u
間違いだと否定するなら数式で証明しろよ

657 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 19:24:00.23 ID:M6xn6DSm
量子は過去を遡るという事態を前にして、これはいかなることかとみなが悩んでいるときに、
時空の誕生前に単純素朴に過去から未来へ進む時間が初めからありましたって、
そのレベルでなにをどう説明しようというんだ?

658 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 19:27:49.57 ID:XZWqsUvv
言葉のもつれ

659 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 19:52:00.94 ID:M6xn6DSm
時間があるのは、時空の内部だけだ。
距離かあるのも、時空の内部だけだ。
それは絶対条件だ。

660 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 19:56:11.33 ID:M6xn6DSm
あらゆるものは、時空の外からもたらされる。
時空の外には、時間も空間もない。

661 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 19:59:17.91 ID:M6xn6DSm
あらゆる可能性を持つのに、時間もなければ空間もない。
永遠に変化しない。
それが時空の外の世界だ。

662 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 20:16:27.50 ID:34cyefEb
量子もつれは、時空を経由しないので、光速の制限を越えて瞬時に伝わる。
ゼロ次元だからそもそも距離など存在していない。

663 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 20:19:30.52 ID:34cyefEb
観測による収束、確定は幻である。
時空外の世界から、認識による選択があるだけだ。
過去を確定する手段はない。

664 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 20:30:54.94 ID:34cyefEb
時間が意味を持つのは、意識にとってだけである。
時間が客観的存在かは疑問である。
時間がある世界は、意識が創り出した世界である。
それは時空、つまり宇宙である。

665 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 20:33:08.47 ID:34cyefEb
時空の範囲外の世界のありさまは、弱測定が手がかりを与えてくれる。
あらゆる可能性を持つ、空間も時間もない世界である。

666 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 21:53:33.32 ID:Z5EkKOfk
舌がもつれて何しゃべってんのか分からなくなることはある

667 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 22:02:13.79 ID:wJcIsz/s
物質の波動性は進行方向に対し垂直な面にしか存在しない
進行方向には質量に起因する縦波があるがこれは古典的な振る舞いをする
離れたエンタングルド対は進行方向は異なる古典的状態だが
垂直面の状態は対が無限に離れても同じ状態

668 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 22:54:39.56 ID:PgT2ekY8
宇宙の最初だけは、ものすごく小さかったから量子的効果で って話だろ
今は関係ない

669 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 23:27:17.84 ID:zSS4xDf5
今でも量子的ホログラム面が時空と絡み合ってるという理論なんだが
時空の情報は完全な形でホログラム面のもつれあった多量子情報から復元出来る

670 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 23:46:33.96 ID:zd2uNCN8
もし量子がもつれていなかったら
この世界はどうなっていたの?

671 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 23:48:18.02 ID:VMUYJLbh
無い

672 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/10(水) 23:54:03.65 ID:F7qlX/4L
♂と♀がもつれ合ってなければ、おそらく何も
生まれなかったのでは

673 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 00:03:02.75 ID:nBgFY2T4
>>70
1+2+3+……∞=−1/12

1+2+3+…+11=66は11の倍数みたいに
1+2+3+…は何かの倍数になっているんだけど
−1/12は∞の倍数か∞/2の倍数なのか?

674 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 00:11:19.34 ID:ClftDEuG
収束半径を無視するな

675 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 01:36:09.29 ID:lAePyLjL
ところで、遅延選択実験の結果は信頼できるものなのかい?

676 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 04:33:14.12 ID:jzINz68N
ここからド・ブロイ波の正体がわかったりすんのかな?

677 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 06:55:10.06 ID:rCKgNi/T
>>675
遅延選択実験なんてものを不思議がるのは、単純に古典描像に囚われてるアホだけだからね。

678 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 14:45:03.17 ID:AnH4ILOD
栗林先生が湯川准教授を越えた

まで読んだ。

679 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 16:01:39.82 ID:uJ73yMeh
宇宙ホログラムは二殻構造をしているんだろう。それで、暗黒エネルギーが説明可能
二殻目の方が情報量が多い。それがアインシュタインの重力方程式に現れる、
宇宙定数Λ(ラムダ)に対応してる。
これで
暗黒物質と物質は相互作用しない 
暗黒物質+暗黒真空エネルギー >>> 物質+真空エネルギー
上の二つが説明できる
おれって天才

680 :@転載は禁止:2015/06/11(木) 16:02:18.68 ID:CMa+X0gX
>>677
その実験のニュースを「特報」と銘打っていたのが、Indeepてブログだった。
自分が加齢で死を意識せざるを得なくなり、来世が在ると信じないと
精神がもたなくなるんだろうな

681 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 17:13:03.15 ID:wFHWFXxA
みんな自分が天才って思ってるんだろ

682 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 21:32:32.03 ID:W/s25DQZ
実はアインシュタインが正しかった?
https://youtu.be/D237ochmEF4
量子テレポーテーション 別経路通信が手品のタネ明かしです
http://misatopology.com/2012/10/14/quantum_transportation/
実際のところ、通信自体が超光速になるわけではありません。
量子テレポーテーションでは、送られた情報の解読のために、
別経路の従来の(光などの)通信による「鍵」が必要になるからです。

通信による「鍵」が必要
これこそ、位相変換という手品のトリックかと思われる?

683 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 22:31:18.44 ID:YdbejEA3
やっぱもつれるといろんなこと起こるよなぁ

684 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 22:38:34.57 ID:ClftDEuG
麺のもつれ

685 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/11(木) 22:40:37.54 ID:6ZhoNGD4
もつれって結び目理論とは関係してるの?
3次元にだけ結び目があってその応用が今何も無いというのは不思議だよ

686 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 04:33:30.60 ID:MDhgjr1R
4次元時空では光速度という不変量が時空の枠組みを決め
高次元時空ではトポロジカルな不変量がその役割を果たして
いるのかもしれない

687 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 07:53:28.89 ID:1qrlRIQD
今でこそ哲学やオカルトは2ちゃんで駄スレを流す程度の力しかなく、実社会では相手にされないからいいものの、
かつて完全に哲学と科学が分離していない頃には、ボルツマンとマッハの論争のように声の大きいドグマ・主張に科学がやられる時代もあった
旧ソ連の共産党もまた哲学思想に沿った科学解釈を押し付けて生物学を始めとする科学を潰そうとしていた

今では、仮に人類の知恵が宇宙と物質の真理に遥か及ばないが為に誤りがあるとしても、科学的な見方についてはこの現代において格段に進歩したと思う

688 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 08:03:10.79 ID:F8G46/MO
1/12が空間ですか?

689 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 08:10:21.98 ID:0Y2aK+/5
http://womancafe.jp/nocate/5-7-5unsei/


今月と来月の『運勢』が分かるらしいよ

690 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 08:47:34.70 ID:eckINveB
地球と月の裏側でも一致するといわれても確認の方法がないよな?

691 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 16:38:37.46 ID:WIJSB1I8
密度行列を使って量子系の大域的な時間発展を論じる手法は
結構前からあった。今回はAds/CFTなどを使っているのかしらんが
本質的な理解には遠いものだと思うな。
大栗さんの得意な位相不変量やモジュライって、最終的には
その数学的構造が何処から来るのかを明らかにしないと駄目なのよね

692 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 16:52:47.01 ID:dgu5+uUS
>>673
それは実数の定義では正しくない
複素数を扱えるように拡張したゼータ関数で初めて正当化される

693 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 18:17:40.56 ID:+pTlYTsY
4次元で足し算したらその結果は三次元ではどんな数式になるの?

こういうところから間違っている気がしないか?

694 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 18:20:55.01 ID:+pTlYTsY
4次元の1+1は何?そもそも1って何?2ってどんな感じ?
そのイメージを定義するか作り出せれば理解が早まりそうよね。

695 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 18:28:23.21 ID:+pTlYTsY
>>687
意識を混ぜるとオカルトに思えて腹が立つ用だけど、
もともともはフォン・ノイマンが提唱したんだよね。
意識と心と量子。その結果でここまできている。
振る舞いを意識で語る=オカルトとするのはアホ。

696 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 18:37:56.46 ID:DVH6gEq1
もしも量子重力がこんな感じの延長で本当に上手くいくなら、
実にクダラナイ形で解決して幕を閉じそうな感じがする。

697 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 18:40:25.28 ID:DVH6gEq1
>>692
>それは実数の定義では正しくない
>複素数を扱えるように拡張したゼータ関数で初めて正当化される

俺は保型形式とか知らんけど
単に要する等号の意味が変わっただけって感じなのかねー

698 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 19:25:38.64 ID:WIJSB1I8
保型形式なんて高級な数学は多少は共形場と関連性が見えてきただけで
量子論にはまだ殆ど関係していない
ゼータ関数による正規化はあくまでも複素解析の基本を使っているだけだ

699 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 19:32:00.21 ID:OHx2jtNd
数論は孤立した問題が多すぎ

700 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 19:37:46.92 ID:DVH6gEq1
>>698
そういう意味で言ってるんじゃなくて
1+2+3+……∞=−1/12
こういう等式って何なのか知らんけど等号の意味が普通の等号と
違うだけなんじゃね?という指摘
それに保型形式って別に高級数学じゃなくて、重要ではあるが古典的な対象でしょ

701 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 19:39:55.12 ID:DVH6gEq1
>>699
>数論は孤立した問題が多すぎ

逆だろ。数論ほど有機的にあらゆる概念が深遠なレベルで
縦に積み上がる分野はないと思う。

あなたは単に、数論の散発的な話しか知らないだけでは。

702 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 19:44:09.94 ID:DVH6gEq1
量子重力は数論とこそ結びつくべきと思ってるけど、
物理がこれ以上の革命を起こさず内部修正だけで、
こういう現状の流れ「だけ」で仮に量子重力が解決したら
量子重力しょーもなって事だと思う。宇宙がしょーもなかはまだ分からんけど。

703 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 19:51:14.83 ID:WIJSB1I8
>>700
等式が特別というより、解釈の舞台を広げると意味が通る。等式は等式
保型形式の全体像の議論はとてつもない高級な世界だよ
今まとまってる古典の部分はそのごく一部
フェルマー予想すらそうなんだから

704 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 19:56:25.39 ID:DVH6gEq1
>>703
>等式が特別というより、解釈の舞台を広げると意味が通る。等式は等式

俺の指摘の沿った説明をしてくれてないけど
要するに等号の意味が違うだけでしょ?

>保型形式の全体像の議論はとてつもない高級な世界だよ

高級というか重要だけど古典じゃん。
高級という意味が何を指すかという話だけど
俺のイメージする高級とは、
導来圏やらスキーム論的議論やら1960年代以降に爆発的に成長した
高度に抽象的な大道具の事。

705 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 20:04:42.08 ID:DVH6gEq1
>>196
>相対論が極大方向の説明で量子が極小方向の説明。
>どちらも宇宙の説明なのに矛盾が生じる。
>その矛盾をどうやって解決したもんかという理解であってる?

俺は物理詳しくないけどだいたいは合ってる。
でも宇宙の始まりやブラックホールやら高密度状態では
そのあなたの言う極小方向にも重力の理解が必要になってくる。
だからこそ統合の必然性があるという言い方も出来る。

706 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 20:19:11.23 ID:ZDUMXsuT
ちんぷんかんぷんな奴は日経新聞掲載中の「私の履歴書」読んでおけ

707 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 21:23:56.81 ID:K31Z2zFg
>>90
馬鹿すぎて逆に面白かったわww

708 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 21:28:12.17 ID:E5hjVXGC
スキームってのは畢竟多様体だし
導来圏は差分の系列だろ
どこが高級なんだか
もうちょっと新しいこと言って下さいよお嬢さん

709 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 22:25:40.53 ID:zRGz4Efl
宇宙自体も進化してるからな

710 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 22:59:21.37 ID:DVH6gEq1
>>708
>スキームってのは畢竟多様体だし

それが極限まで構造化され代数化されたからこそ
21世紀数学の見本たり得るんでしょ

>導来圏は差分の系列だろ

それが高度な圏化の象徴でかつ空間の非可換化の実体と
期待されるからこそ21世紀数学の特徴たり得るんでしょ

711 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 23:10:35.67 ID:DVH6gEq1
>>1
なんで物理の論文て
1ページを縦に2つに割って書く人多いの?
気分の問題だけどショボさを感じる

712 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 23:19:32.73 ID:WIJSB1I8
>>704
いやそうじゃないのよ。説明は>>703を念頭に「解析接続」を独学
してもらったほうがいい。大雑把には複素関数の世界では収束の
「意味」が変わるわけ。繰り返すが等式は等式なの。

あと、導来圏やスキームといっても、これまでのそれらの理論では
まだ保型形式は捉えきれないのね。だから研究対象としては十分高級なわけ。

713 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 23:37:19.70 ID:DVH6gEq1
>>712
等式は等式でも意味が違うんじゃねーの?
↑この指摘に一向に答えないならレスしてくれる意味は無い。
単なるいい加減な冷やかしですかね。

解析接続ってのはぶっちゃければ2つの正則関数が
ある点の十分近傍に制限して同一ならそれを含む領域まで
同一である、ってだけでしょ。
解析接続はあの不思議な「等式」の証明に用いられているというだけであって
1+2+3+……∞=−1/12
の等号の意味はなんだという答えにはなってない。

>あと、導来圏やスキームといっても、これまでのそれらの理論では
>まだ保型形式は捉えきれないのね。だから研究対象としては十分高級なわけ。

今の数論の大きな潮流はガロア表現と保型形式を表現論的に
関係づける事。そのまだ見ぬ思想は非可換類体論と呼ばれる。
それを関係づける際に非常に高度な数論幾何(スキーム論など)が必要になる。

714 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 23:37:59.99 ID:LFVau4wN
いろいろ書いてるけど、この論文を読んでずべて理解して書いてるのかね。

715 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 23:42:27.04 ID:OHx2jtNd
一体何の話だ

716 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 23:45:03.35 ID:DVH6gEq1
>>714
一行も理解してない
>>715
非可換類体論の話。これはまんざら無関係じゃないと言われてる。
幾何学的類体論は明確に物理と関係ある事が知られているが
こちらの方は数学として非常にしょーもない。

717 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 23:46:32.59 ID:dgu5+uUS
1+2+3+……∞=−1/12

これはζ(-1)を実数の範囲で無理矢理解釈しただけで
この表式は完全に正しいとは言えないと思う

718 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 23:51:03.51 ID:DVH6gEq1
>>717
>実数の範囲で無理矢理解釈しただけで

意味は分からんがイメージがすごく伝わる。
あなたの説明が今までので一番優れてる

719 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/12(金) 23:57:19.96 ID:OaPpLd5b
どんなに凄い神様だって結局は量子のふるまいでしかないって事ですね?

720 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 00:04:28.83 ID:mCA1xmNa
>>719
>どんなに凄い神様だって結局は量子のふるまいでしかないって事ですね?

俺はアインシュタインの「神はサイコロを振らない」に一票。
確かに超弦理論は掘れば掘るほど実に驚異的な結果が自然に出てくるが
それでもアインシュタインは「神はサイコロを振らない」と言い続けるだろう。
もし今生きていたら。

721 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 00:24:22.21 ID:Dpm73sEf
−1=exp(i(2n−1)π)(n∈N)

複素表示だと−1はこのように表示される
超弦理論だとこんな感じに複素数に変形して解析接続してるみたいだけど(大栗先生の本から)
それが本当に正しいのかは疑問に思うな

722 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 00:25:42.86 ID:OhpqO80y
前スレの140、数学の話し(結び目とかもちょい出てくる

140 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/05/29(金) 00:17:35.65 ID:3e8w0HPL
数学セミナーという雑誌で、ウィッテン氏と大栗氏他の日本研究者との対談が載っていて、
そこには、量子エンタングルメント(Quantum entanglement)が、時空が、どのようにより
基本的な概念から立ち現れるかを理解するのに重要なヒントを与えると言っている
https://twitter.com/candidusflumen/status/593718904255479809

エドワード・ウィッテン博士に聞く
http://www.ipmu.jp/webfm_send/1084

723 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 00:30:05.19 ID:OKRUX5f7
オイラー指標なら知っている

724 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 00:35:07.80 ID:Gj01wtuU
なるほど
よくわからん

725 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 00:42:44.88 ID:Dpm73sEf
>>58で説明してる人がいるが、次元をもとめるときには

1、級数をゼータ関数に変換
2、ゼータ関数を解析接続

この作業を行ってるわけで
1の手順は数学的に正しいのか?

726 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 00:51:49.67 ID:mCA1xmNa
>>58
>これは、数式が当てはまるから九次元だと主張しているのであって、
>我々が使っている数学体系が物理体系と関連するものだという証拠がなければ、
>空間が九次元だとはいえない。

というかまだ「全てに無矛盾」な理論が一つもないのだから
とりあえずそれを一つでも作ることが目標でしょ。
それはそれ自体がとてつもなく困難な事だから。

727 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 08:09:50.65 ID:L9Rlo3af
いつの日かノーベル賞もらった人が2chから大いなるインスピレーションを得たという日がくるんかのw

728 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 11:43:29.17 ID:okeSEUKf
妙法蓮華経如来寿量品第十六にすべて書いてます。

729 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 12:35:16.52 ID:KL0uVE83
結局、誰もわからないのね!安心したは

730 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 12:45:18.32 ID:g6AFlL3r
この宇宙には情報しか存在せず、時間も空間も物質も
意味の複雑怪奇な絡み合いが生んだ錯覚って説は
もう何十年も前から訴えられてるよな。

731 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 12:48:01.90 ID:g6AFlL3r
人類社会にユートピアが現れるか、それとも共食いで
絶滅するか、今後20年の科学の発展、とりわけ
コンピューターの発展で決まるだろう。

732 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 14:40:44.52 ID:17Ops6wD
アホがしたり顔で当てずっぽう

733 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 15:10:57.42 ID:apZnJUv/
たまたま人間の脳が物事の順序を重視し、
その逐次的な時系列を因果的に処理するように進化した。
だから「時間」という錯覚が生まれた。だとしたら時間は、
世界を解釈するための便宜上の手段にすぎないのかもしれない。

734 :ミクロ領域の複合する実現可能性は、自由意志選択の根源@転載は禁止:2015/06/13(土) 15:16:44.46 ID:aPtYb7dx
.

” 利根川進ちゃんは、自由意志は幻想と説くがノーベル賞賞金は独り占め “ は、科学的には
非常に重要な疑問であり、もし人間の自由意志や主体成立が錯覚であり幻想であれば、
何故そのような幻想が、人間の行動規範を決定する上での重要な要因として生き残ったのだろうか。

但し、物質科学が人間の自由意志を幻想とする主たる理由は、物質科学では恐らく永遠に、人間の自由意志や
主体成立などを解明できる端緒さえ発見できないからであり、このため物質科学は幻想との結論で幕引きにする。

.   *** 利根川進ちゃんは、自由意志は幻想と説くがノーベル賞賞金は独り占め ***

さらに、免疫遺伝学の分野で世界に先駆ける発見をしてノーベル賞を受賞した利根川進ちゃんは、
その脳研究の中で、人間の自由意志は錯覚であり幻想であると明確に述べておられます。 しかし驚くべき事に、
利根川進ちゃんはそのように言明しておきながら、
“ この業績は全くの個人的な手柄だ “ と言わんばかりに、ノーベル賞賞金は独り占めされています。

人間の自由意志や主体成立が幻想だとの結論を貫くのであれば、ノーベル賞受賞に対してもその結論に相応した
態度をとるのが科学者としての信念だと思うのですが、どうでしょうか。

.   *** 物質科学は、観測問題を解決できぬので実在的代価案を繰り出すしかない ***

人間の自由意志や主体成立が幻想か否かに関係する事項でもある、量子力学の観測問題について主流の
コペンハーゲン学派は、暫定案として意識の関与を認めています。 しかしヨーロッパ発祥の物質科学は
その歴史もあって、実在的 ( 観測以前に状態は決定済み ) との代価案を繰り出すしかない。

しかし、人間の自由意志や主体成立が、ミクロ領域の複合する実現可能性との連動によって起因して、
そこからミクロ領域とマクロ域との相互混在として発展して、マクロ域において一つの現実として収束するなら、

つまり、ミクロ域の複合する実現可能性を観測するマクロ域の人間について、” その意志としての観測行為が “
その場合からの新たな主体成立の起因となり、同時にミクロ領域の複合する実現可能性を収束させる。
結論として、人間の自由意志による選択行為は新たな主体成立の起因となり、その主体は確たる存在として収束する。

.

735 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 16:09:26.97 ID:yDNFsd75
電波ちゃん

736 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 18:58:59.09 ID:OKRUX5f7
>>717
カシミール効果で正当化されるらしいな
調和級数ですら発散するのに

737 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 19:02:41.06 ID:GDAimC+2
>>728
法華経は偽経。仏陀の思想とは関係がない。どちらかというと龍樹の思想

738 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 19:04:48.00 ID:GDAimC+2
>>731
それは違う。人類の元ではユートピアは現れない。エゴを決して克服できないからだ
人類が次の段階へ進化してからでないと無理
今の人類は欠陥品であることを自覚しよう

739 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 20:32:40.29 ID:L1/xXtNm
エゴ、私というものは、いないんだけど

740 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/13(土) 23:18:23.45 ID:iFyr9oWY
まだやってたんだwwwwwwwwwwwwwwww

741 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 01:21:11.93 ID:f6RJYyM4
どうせ剥いても剥いてもキリのない話しなんだろ? 神様を信じられる人は幸せだ。

742 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 01:28:22.25 ID:PX+dYIai
>>521
確かにそうだな。
日本ではトンデモ扱いされてるプラズマ宇宙論の方が余程論理的で実証的だというのがね。

743 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 01:30:26.70 ID:PX+dYIai
>>527
可能性はあるが、果たして光速を超えた情報伝達をどのように観測するのかと言う問題が。
もつれた量子のつながりのような物を、どう担保していくのか不透明では。

744 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 01:41:46.65 ID:PX+dYIai
>>730
吉本隆明の共同幻想論かよ。

745 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 01:49:04.88 ID:nkgFmfNf
これは2006年に
弓月城太郎が書いた
「神秘体験」というSF作品に
出てくる精神波量子脳理論と
非常によく似たアイデアだと思った。

746 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 01:51:28.38 ID:Vgd7suAy
お前らバカだろ、マジで(尊敬の意)

747 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 02:14:13.24 ID:e5KRKbe5
とりあえず成恵の世界でも読んで落ち着け

748 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 08:57:53.85 ID:4w9Xqtvw
時間軸という幻想をどう超えるか・・だな。時間は幻想だといっても、
>>682がしつこく書いているように、幻想を保つための機構もあるわけで、

この幻想は簡単には壊れない。そう簡単に壊れたら、みんな時間の外に行ってしまうので。

749 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 09:36:01.73 ID:i9GUZEIB
>>717
1−1+1−1・・・=0.5とすると導き出される矛盾
本来これはnによって1か0か変化する
これを1と0の重ね合わせと解釈するのがコペンハーゲン解釈
nの関数として1と0で振動すると考えるのが確率過程量子化と言われるもの

コペンハーゲン解釈では確率0.5が採用されるからどこかで物理量1が観測されると同時に別のどこかで0が生じなければならないことになる
それが量子もつれ
とはいえそこには物理量が実在もしくは実数という仮定が暗に入っている
仮に物理量が複素数であれば量子もつれという概念はなくなり実部と虚部がもつれあった解が導かれる

750 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 10:03:37.85 ID:8tZAQJ8H
正しさランキング

100点 真実・完璧理論

-----実験・観測限界の壁-----

99.99点 特殊相対論
99点 一般相対論 量子論
90点 ビッグバン理論

-----理論予想から裏が取れる壁-----

89点 インフレーション仮説

-----定説の壁-----

50点 超弦理論、M理論、ホログラフィック原理
(99+点を狙える可能性をちょっぴり秘めている)

30点 プラズマ宇宙論、準定常宇宙論

-----科学と擬似科学の壁-----

1点 入門書を読んで独自理論発表

751 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 11:20:02.93 ID:TRzHhrxe
量子もつれは宇宙の創造原理かも。

752 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 11:28:36.14 ID:TRzHhrxe
質問

もしも宇宙の膨張現場の量子と意識の中の量子が量子もつれ状態になったら
意識内部で宇宙の膨張現象がリアルに再現されるのだろうか。

753 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 11:40:34.91 ID:/PRUL1ML
意識の量子って何?
意味がわからん

754 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 11:40:47.63 ID:Fz2BcDxY
>>751
0=1-1

755 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 11:47:09.47 ID:Fz2BcDxY
>>750
>-----科学と擬似科学の壁-----

そんなもの存在しないよ
数学的に正しければより正しいという公理であるのかね?
あるいは定理が証明されたのかい?

756 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 11:53:01.45 ID:/PRUL1ML
実験的な裏づけもなく数学的整合性もない
科学用語を散りばめただけの思いつきは疑似科学だろ

757 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 12:05:27.96 ID:YAvd2nLf
公理系から証明されたら定理になる
だから数学的には正しい
物理的に正しいかはその次の段階

758 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 12:34:57.43 ID:C2ZOLPEM
代数は形式的に整備されているが
幾何は直観に頼る部分が多い

759 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 12:36:46.91 ID:TRzHhrxe
脳の意識の中に量子は存在しないの?

760 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 12:44:25.07 ID:Kw8BJNYr
「思いつき」は真性科学でも非科学でもその核心
それは物理的世界に属する意識で起きる現象だけど、それが数学世界の数学的定理を
導き出す過程でも必須なのは何故?

761 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 13:20:39.94 ID:8tZAQJ8H
>>755
正統科学、異端の科学、疑似科学
http://www.edu.kobe-u.ac.jp/fsci-astro/members/matsuda/psudo/pseudo-science.html

762 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 13:41:49.98 ID:YAvd2nLf
公理を定めると定理が導ける
その公理が導く結果はその公理の中では正しい
だから超弦理論も数学的には正しい
実際に超弦理論から発展した数学も存在して
数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞を受賞した研究者もいる

763 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 13:57:39.37 ID:Kw8BJNYr
自分なりの答えは、対象の最適な組み合わせを直感することが必須だからだろう。

直感 = 脳の意識の中で働いてる量子情報を総合的に処理し解を得る過程

一見、法則性もなく乱雑に並べられてるだけに見えるコマが 
異なる次元からみると一列に並んで見えたらエクスタシー(恍惚感=報酬系神経を刺激する快感ホルモンの放出)
を感じるだろう? これが「思いつき」の本質だろう
本来快感(蓄積された有効パターン認識の発動 人類共通快感の存在?(無意識下の共通パターン) 「例」 16ビート音楽とか )
適応快感(有効なパターン認識の組み換え=科学的発見とか)

人間の感じる快感音のパターン
1、16ビートリズム
2.低周波衝撃音
3.超高周波音
4.非定常性持続音

将来的に、超弦理論の紐の振動というあたりでその関連性が見つかるかもしれないぜw

764 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 14:21:33.39 ID:TBLjvMC5
日本の量子力学はトンネル効果など電子機器の応用に秀でてるが
肝心のシュレディンガーの猫は軽視する風潮が強いらしい

765 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 15:07:10.65 ID:TRzHhrxe
宗教の神秘体験は量子もつれによって、

精神世界と結びつくことで起きるのではないか。

766 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 15:22:10.09 ID:M3DftTwh
>>749
高次レベルで統一されてるんだから、
高次視点の整数がどんなものかを定義できないと、
どんな数式立てても、≠か、誤差だらけだろうね。

767 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 15:50:49.65 ID:M3DftTwh
>>765
曼荼羅は時空の折りたたみを表しているものかもですね。
個人の内なる曼荼羅様のものを実際に見ることができれば、
根源的な接点を見た事になるのではないでしょうか。

ホログラムとしてこの世に展開される瞬間の幾何学データ
とも言えるかもしれませんね。
それは動いている様に見える事だと思います。

意識で顕在化するという現象があるならば、自身の内にお
いても可能なはずですから、見える「もの」にかんして、
量子の理論との矛盾もありません。

768 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 17:24:12.88 ID:BRFGrv/B
量子のような単純なものは、時を越えて昔のものも今のものもまったく同じものかもしれないが
問題は、人間のような一時的にしか続かない物体の中に閉じ込められている意識がどんなものかということ

769 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 18:05:29.73 ID:BuYFSqgf
>>768
意識は閉じ込められてはいない
外部に流出している
閉じ込められてるというのは幻想

770 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/14(日) 20:11:35.78 ID:iQwZdEEH
水晶の結晶構造は原子配列が右らせんと左らせんのものがある。
ところが光はその原子配列の電子と相互作用して右と左を判別する反応を示すらしい。
対称性って不思議。 子どものころ遊園地にあった鏡の部屋、閉じられたせまい空間なのに
無限の空間に広がって見えた。宇宙も似たようなものかも

771 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 09:42:36.53 ID:zyg0+mlU
(;´Д`)?

772 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 11:09:55.41 ID:rMLFzCjv
>>769
意識が閉じ込められていないというのは
どうしてわかるのですか?

773 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 11:44:58.45 ID:rMLFzCjv
>>749
虚数の問題、虚数は何かを表していると言う事は
前から不思議だった。

何か隠されている物を表している様に見えるから
その一端が解明出来るのかも知れない

774 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 12:46:52.73 ID:2eO6lb5L
なるほど結局、誰もよくわからないからノーベル賞級なのかw
すげーな量子

775 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 12:52:58.52 ID:iUWW9Lwk
>意識は閉じ込められてはいない
外部に流出している

同感です。日常意識では脳に局在化していると感じますが、
音楽を聴いているときは、、身体の外まで拡大していると思います。
意識は振動するエネルギー場です。
この論文は面白いです。

http://home.hiroshima-u.ac.jp/tadasi/ronbun-14.pdf

776 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 13:07:50.31 ID:RMd9Anks
この世の根源が、2種類の粒子の組み合わせで成り立っているあたりや、時空間が離れた場所にある量子のもつれによって表現されている事などを聞く度に
俺たちってどう考えてもどっかの仮想マシン上の存在だよな?って思っちゃうのはある意味自然な感情だよね

777 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 13:09:09.83 ID:RMd9Anks
量子の情報が遠隔地に距離の概念を無視して瞬時に伝わる事を「光の速度を超える」を同一概念として捉えている人は
「移動」という要素を意図的に排除しているのだろうか?

778 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 13:26:53.53 ID:Ae+5IlPm
ディラック:数学的にエレガントで美しい式を自然が採用しないはずがない

言ったもん勝ちのおれ:リーマン予想を自然が採用しないはずがない

779 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 13:51:18.07 ID:t9ly2IDW
そもそも、
時空の出来る前に、空間やら時間やらがあるもんだと、考えることの出来る連中の頭の中身はどうなっているのか?
そちらの方がよほど不思議だ。

780 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 14:31:55.24 ID:iUWW9Lwk
量子もつれの原因がこの世界にないということは、高次元世界の存在を
考える必要があるということではないか。やはりこの世界は高次元のイデア界の
反映なのか。

781 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 14:43:24.12 ID:4wQFC3Mf
>>780
逆だよ
高次元の情報を、復元可能な形で低次元に写し取れるというのがホログラフィック理論
イデア界が存在するとしたら、それは無限に長い一次元のテープに書かれたプログラムみたいなもので
我々が認識している高次元とは、本来は一次元のイデアを立体的に組み立てただけなのかもしれない

782 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 15:03:01.19 ID:rMLFzCjv
>>775
広島大学の論文らしいけど、だれ?
証明の方法が見つからないから
オカルトとしか見えないけど

783 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 16:18:55.89 ID:8Ho7bY3G
人間の肉体感覚あっての意識だから
肉体から離れられるとしたらどんな感覚になってしまうか見当がつかない

784 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 16:30:06.66 ID:fzrFx/7a
>>782
ggってみたけど基本神学者やで
宇宙論や量子力学と絡んだ論文も出してるけど数式はどこにも出てこない
物理学とは完全に無縁
50年くらい前に流行った超心理学の類を未だに引きずってる人だな

785 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 16:51:55.18 ID:iUWW9Lwk
こんなのもあった。
自分にとっては新しい世界観だ。

http://home.hiroshima-u.ac.jp/tadasi/ronbun-8.pdf


現代科学によれば宇宙の究極的な姿はエネルギー場の波動パターンである。
素粒子はすべて振動するパターンから成立している。
宇宙の全てのものはエネルギー場の波動パターンが相互に作用しあい、
階層的な共振パターンから作られた織物である。
人間もこの相互作用し合った織物の中に包まれているのみではなく、我々自身も織物そのものである。
人間の身体は、エネルギー場の多数の波動パターンが共振した所に具体化した波動体に他ならない。
エネルギー場の振動数の違いによって、万物の多様性と変化が生じる。

786 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 16:59:53.25 ID:fzrFx/7a
「エネルギー場」ってのがまずオカルト用語なんだよなあ

787 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 17:08:03.49 ID:Hx3hLGFH
もういい加減に流行らない哲学とかオカルトとかやめようよ

物理学も数学もCERNやNASAの観測や発見と結び付いていて、科学に力がある事は分かっている
しかし量子力学や相対論の奇妙な現象や概念があるから、そこに哲学やオカルトが絡んできておかしくなる

芸術や文学のような感性の価値とも違う、オカルト宗教哲学はどうでもいい

788 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 17:10:51.43 ID:iUWW9Lwk
これはオカルトか?


平成25年度. 「高エネルギー場を利用した廃棄物の. 処理と有用物質への転換システムに関. する調査研究」. 報告書.
平成26年3月. 東京工業大学 大学院理工学研究科化学工学専攻. 関口 秀俊.

789 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 17:16:28.81 ID:Hx3hLGFH
>>750
ここは1点ばっかりじゃん
超弦理論の点数は辛口だな

790 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 17:31:14.43 ID:K9CEeqhT
点数付ける奴って何様だよ
レフェリーでもそんなことしないぞ

791 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 17:36:37.71 ID:2UidPmlu
レフェリーストップされそうなものばかり

792 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 19:34:01.56 ID:+d6vgFuG
あとは自分の頭で考えろ。 考える力があればの話ですけどね・・

793 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 19:42:49.94 ID:0U/mfo2N
アラン・ソーカル的な怪文書は芸術ですらないゴミ文書

現代芸術かな

794 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 19:46:10.21 ID:Ae+5IlPm
>>745
http://8012.teacup.com/whatconscious/bbs/91

精神波量子脳理論
まじで、詳しくつっこんだ説明ききたい

795 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 19:48:19.71 ID:Tq7lJONf
>>785
この論文だけど、考え方としてはおもしろいけど
ここから何か引っ張り出す実験とか、方法とか
予言とかが無いとこれ以上は無理だな

しかし、観測とか観ると言う事は、どうも不思議なものだ

今しか現実が無いというのは、よくわかる部分がある。

796 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 21:17:46.34 ID:HG3r5ALi
>>750
>50点 超弦理論、M理論、ホログラフィック原理
>(99+点を狙える可能性をちょっぴり秘めている)

超弦は10点くらいならやってもいいけど、ホログラフィック原理は0点じゃん

3次元の電場の境界値問題が解けるから3次元電場は本質的に2次元だ、といってるに等しい
のがホログラフィック原理であって、単なる計算技巧を新しい物理だと言い張ってるわけ

797 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 21:28:32.48 ID:CZUXEZGV
ホログラフィック解釈というべきなのか?
多世界解釈みたいな立ち位置?

798 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 22:03:17.87 ID:+d6vgFuG
今のところ、相対性理論と量子理論両方にウィングが広がっている理論は超弦理論しか存在しない
それだけで50点評価でいいよ。他に何があるっていうの? ホログラフィック理論はそれを越える可能性がある

799 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 22:41:55.85 ID:HG3r5ALi
>>797
0点

>>798
0点

800 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 22:43:33.16 ID:+d6vgFuG
つまり、双対的に評価すると(伸びしろ可能性)
ホログラフィック理論 90点
超弦理論 50点
量子力学  10点
相対性理論 1点

801 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 22:46:04.43 ID:T5CF32Nu
>>786
788に答えてね

802 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 23:23:41.88 ID:qbZ00ECD
時空が量子もつれから生まれる幻に過ぎないなら、見かけ何億光年離れてても
本当はすぐそばにある可能性が高いってことか
この宇宙が小さな実験室の中にあるかコンピュータシミュレーションの可能性が高まったんだな

803 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/15(月) 23:40:32.49 ID:R+t0Z/pS
痴情のもつれ

804 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 00:45:52.94 ID:DP88H8Zv
>>801
まさかまじめにそれ言ってるとは思えないけど万一まじめに言ってるとして言うと>>788の論文は
電磁気学や量子力学で一般化された場じゃなくて工学的に限定した状態を
高エネルギー場と表現してるだけのもの
そのオカルト論文で言う「エネルギー場」はどうひっくり返してもそれと同じ意味ではないし
「エネルギー場」で検索するとオカルト話がほとんどでわずかに出てくる学術論文はほぼ工学系
理論物理学では使われてないことが自分でもわかってるはず
energy fieldでも事情は同じ

805 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 01:11:07.16 ID:XMJjWwtI
>>804
オカルト用語とは限らないことを認めたわけだね
今後はうっかりした書き方をしないように
うっかりしたから、いらん突っ込みをされたんだぜ?

806 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 04:00:35.03 ID:AZ8aTJFP
>>804
エネルギー場 = 魂のようなもの、と捉えられるのが嫌だったんじゃないか

807 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 05:19:35.96 ID:AZ8aTJFP
すべてのエネルギーは物質に依らなければ出てこないというのが唯物主義者の考えで
しかしその物質も量子力学ではエネルギーとの境目があいまいになってきている

808 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 05:32:47.78 ID:AZCIOsMX
ポテンシャルエネルギーのこと?
無限遠まで積分するやつ

809 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 07:42:20.51 ID:u3YW37KH
まえ弱測定について色々言っていた人がいたので
いまそれについて調べているけど

非常におもしろい 過去も未来も今も同時にあることが類推される

810 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 10:59:00.79 ID:8EBofH8E
時空で隔てられたマクロな宇宙(物質界)と、
距離や時間の隔たりのないミクロな宇宙(意識界)が、
重なり合うように共存し相互作用しているのがこの世界かも。

811 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 12:42:41.09 ID:HaQ7d8U/
(^◇^) あははは

812 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 13:13:15.57 ID:8EBofH8E
この物理学者が言ってることは本当なのか。

http://piitrip.com/info/wp-content/uploads/2014/10/a5986d8b16ec510b001a27e1b4515b762.pdf

813 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 13:30:27.65 ID:0jmGgD5x
>>812
本当もなにも、お前が自分の意思で自分の手足を動かすのは、お前の意思がPhysical Realityへ影響してるってことな

814 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 13:41:04.92 ID:6x9TVC9+
蜃気楼みたいなもんなんかな。

815 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 13:47:34.48 ID:/DIGV+Pt
お前らいい加減に現実を受け入れろ 

816 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 14:29:22.52 ID:6RkX7ht6
>>812
人間の超能力が証明されたんじゃないの。

817 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 15:03:55.91 ID:zT8wB4Pl
>>812
人の意識が物理現象に影響を与えているという事は
以前NHKスペシャルで放映していた。
50%の確率しかでない、装置をつかって実験をしていた
多くの人の意識がなにか統一されてくると、その確率が
片方に偏ってしまうことが、観測されている。
そういうことは、通常はありえないほどのまれなことが起こっているという
話だった。

818 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 15:31:49.93 ID:La6QFIIc
>>817
こういうNHKスペシャルがどうとかまで妄想し始めるんだから、狂人怖いわ。

819 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 15:59:36.59 ID:wKbBfhtg
へー

820 :@転載は禁止:2015/06/16(火) 16:15:04.57 ID:sBt0djaO
「私」は「司令塔」でなく「観察者」、AI構築の仮説
進化する人工知能(番外編)
村上憲郎のグローバル羅針盤(9)
http://google.co.jp/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fwww.nikkei.com%2Farticle%2FDGXBZO35846920U1A021C1000000%2F

自我ってなんなんだろう・・・
21世紀は哲学から何からひっくり返りそう・・・

821 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 16:29:54.85 ID:zT8wB4Pl
>>820
この話の中にある、自分というのは幻想という結論に同感で
身体が先で、心が後になっている。
これは仏教で言うところの、色受想行識の流れに相当している
通常言われる、心の正体は身体(色)
でもそれだけでは無く、観る、観察者が存在している
身体を観ていくと、心が消えて行く
ただ観るものだけが現れてくるとおもう。
観ているものは誰?

立ち返って、観察する、認識すると言うことはなんなんだ?

822 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 18:14:12.15 ID:BTHBg8ii
ホログラフィック原理は、ブラックホールの研究より生まれた。
時空、つまり宇宙がホログラフィック原理で語れるということは、宇宙自体がブラックホールという意味だろう。
相対論は時空の範囲内が適用領域だ。
相対論が破れるのは、特異点。
つまり、量子論的実体は相対論の側から見るとそこに存在している。
しかし、時空の外はゼロ次元だろう。ということは、
特異点に時空のすべての実体があるはずだ。
ブラックホール一つ一つがそれぞれ時空を持つのではないか?

823 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 19:31:26.43 ID:XMJjWwtI
このウィリアム・ティラー博士みたに人間の意識をけんきゅうしている学者が増えているというのに
このスレでは、オカルトの一言で決め付けて思考停止する無能ばっかりだよな

824 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 20:20:22.41 ID:LWYHgv3W
>>822
入門書を読んで独自理論発表?

825 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 20:28:55.33 ID:DvrM9Hsp
ホログラフィック原理が語るのはブラックホールについてだとは、常識の話だぞ。
時空、つまり宇宙がホログラフィック原理で語れたのなら、宇宙自体がブラックホールだろうなんてのは、当然すぎる話なんだが。
それとも、自分の頭ではかんがえることのできない人か?

826 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/16(火) 23:58:25.67 ID:UMSP71m1
ホログラフィー原理は便利な計算手法だが、量子重力の全体が量子情報だけで
すんなり解明できると思っている理論物理学者は殆どいない
意識に関しては統計力学が未完成過ぎて、物理学から語るにはまだ
当分先になるだろうな
ストリング理論がただのすり替えだと悲観している物理学者は意外なほど多い
でも最近は量子論を深く理解するための試みも出てきてるからな

827 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 00:27:12.04 ID:hgTH38Eq
時空、相対論の世界。決定論の世界でもある。

時空外。量子もつれの世界。量子論をインターフェイスとしその向こう側にある。
空間のないゼロ次元であり、過去と未来が同時存在する時間のない世界。

時空の中にある百億光年の距離は、時空外を経由するとき、空間が存在しないため、ゼロとなる。

ビッグバンは138億年ほど前だが、時空外では時間がないため、100億年後のことが原因であってもおかしくない。
時空外の因果律では、原因と結果に先後はない。永遠の過去と永遠の未来は同時存在なので、はるかな未来の出来事の結果は過去にあるかもしれない。

時空と時空外は想定外の絡み合い方をしている可能性が高い。
百億光年の距離をへだてて量子効果が働きうる。距離は幻だから。

828 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 01:06:48.07 ID:TF80CWdE
そんなことより意識と心と宇宙と哲学とUFOについて語ろうぜ

829 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 01:29:23.18 ID:fGzrpV3F
>>817
サイエンスゼロじゃなくて?

830 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 01:36:29.40 ID:gxfWB5om
運気を上げるパワーストーンと時空について哲学を論じよう
求む、哲学者!

831 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 02:47:38.87 ID:yXO6GS8Z
この論文はすげーな ISPで京大のイメージが高かったけど
一気に東大が挽回って感じだな

相対性理論と量子もつれを結びつけるって発想がすごい
ひも理論とか、統一理論って、ひまな数学者の時間つぶしって感じだし
役に立たないし、無理だと思ってたけど
物理が面白くなるよな

これを実証できると、ノーベル賞かもな

832 :817@転載は禁止:2015/06/17(水) 04:10:12.95 ID:YnWnjqLl
>>829
サイエンスゼロだった。訂正

833 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 04:23:46.82 ID:gyr0QA7f
>>831
期待は大きい

相対性理論だって時空の伸び縮みの立証など発表当時は不可能に近かったが、水星の近日点移動で理論予測と現実が一致して証拠が見つかり、今ではGPSの精度補正など当たり前のように実用工学として使われている
一方逆に原子の存在に関しては、当時の実験技術では立証できず空理空論だとして蔑まれ、自ら生涯を断つまで追い込まれたボルツマンの例もある


超弦理論と時空に関して、今回の発表で恐らくとても重要なピースが埋まったはず
既に量子もつれの実験は数多く行われ明らかに量子効果に非局所性が存在する結果が出ている
超弦理論で少なくともこれまで何ら矛盾は見出されていない
量子もつれと時空の関係は今回の論文で明らかになった


あと、欲しいのは超弦理論から固有に結果の予言ができる実験のアイデアだ
相対性理論での水星の近日点移動観測や重力レンズやマイケルソンモーレーの実験、あれの超弦理論バージョンの実験だ
これは自然の真実に近付く理論を発見するというよりも、何か人為的なテクニックで上手く立証するために巧妙なアイデアを発明するということで、自由に幾つでも考えて良い。
ここは人間ならではのオリジナル創作性の見せどころだ

(古典力学や相対論や量子力学は、ニュートンやアインシュタインやハイゼンベルクらが人類では最初に「発見」したものであり彼らが勝手に「発明」したものではない
発明者は「自然」であり、その内容と唯一性は自然が決めている。そこを人間が創作すると新興臭教や哲学になってしまう
一方で実験方法は、人為的なテクニックを駆使し人間の立場で自由に何を幾つでも創作していい)

834 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 06:45:28.70 ID:YnWnjqLl
>>833
このことから重要な予言というか、予想が出てくるはずだ

という点に同感

相対論と量子力学が統合された世界は、とんでもない世界が現れるはずだから

835 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 07:12:09.60 ID:LkAeQES2
極微の世界に別の次元が開かれているとでもいうのか
と言っても生身のままではそれを感じることもできない

836 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 07:20:45.98 ID:ys4+JtFW
むむむ、まるでわからん

837 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 07:32:33.83 ID:YnWnjqLl
実は言ってる自分もわからない
この謎解けるキーが出てきたから
本物か、偽物か

838 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 09:09:05.60 ID:HpO4/Lh+
時空が存在する前に、どうして空間と時間があると考えるのか?
時空がないというのは、空間と時間がないということだ。
それなのに、時空の外の時空の存在しない世界に空間と時間の存在を想定している者がなんと多いことか。
100億光年の距離も幻であるなら、量子もつれが光速を越え瞬時に伝わるのは当たり前と気付けないなら、どんな真理にも気づけないだろう。

839 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 09:26:31.11 ID:5j4Y8fvj
真理に気付く前に現実に気付けよ はよ職安行け

840 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 10:04:04.42 ID:gEUC0Pxz
>>839
ありがとう、気付きました!

841 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 10:35:03.41 ID:lB48jxgk
>>831
大栗は京大出身

842 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 10:47:03.14 ID:HpO4/Lh+
時空の外は目の前にある。
観測による収束前の世界だ。
時空は、ある特定の場所、ある特定の時間にしか存在できない。
波動関数のその向こうは、どこでもない場所、いつでもない時間の世界だ。
目の前にあるそこが、時空の外だ。

843 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 10:53:06.97 ID:HpO4/Lh+
一方、相対論が間違いなく破れている場所がある。
ブラックホールの特異点だ。
そこもまた、時空の外だ。
目の前の時空の外とブラックホールの特異点は同じ場所だ。
時空の外はゼロ次元だから。
どこでもない場所、いつでもない時間は、時空の内で100億光年離れていようと同じ場所だ。
100億光年の距離は幻。
だから量子もつれは瞬時に伝わる。

844 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 11:03:55.11 ID:HpO4/Lh+
時空の外には時間のない。
永遠の過去から永遠の未来まで、同時に存在している。

単なる過去、単なる未来ではなく、過去のあらゆる可能性、未来のあらゆる可能性が可能性のまま保持されている。
その中の一つが選択されたとき、時空に特定の場所、特定の時間の事象として現れる。

観測による収束、確定は幻。選択があるのみ、過去を確定する方法はおそらく存在していない。
138億年前のビッグバンにいまから100億年後、おそらく影響を与えうる。

時空と時空外はおそらくそのような関係である。お分かりだろうか?

845 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 11:17:47.31 ID:HpO4/Lh+
名古屋大学の谷村省吾氏はいう。
観測するまで確定しないと。
確定するか疑問ではあるが、一歩譲ってそうだと仮にしてみよう。

その現象の観測を10年後にすることとする。
その場合、その事象は10年後まで確定しない。
さて、そうだとして、その場合の因果律はどういうことになるか考えてみよ。

まして、過去の確定そのものが疑われているのだ。
チンパンジーの認識では確定するのか?
猫の認識では確定するのか?
ゴキブリではダメというなら、それはなせだ?

究極理論はそれに答えないといけない。
時空の外は時間も空間もないと考えることで、その答えがえられる。

846 :利根川進ちゃんは、想像心像の物質的生成を説明できるか@転載は禁止:2015/06/17(水) 11:30:44.87 ID:JK0ZFyOv
.

.       *** 自由意志が幻想であれば、犯罪者を裁くことは出来るのか ***

自由意志が幻想であれば犯罪者を裁くことは出来ない。 素朴な感覚としては、人間には自由意志という自然的な
ものが存在していると思えるからこそ、裁判でその責任の度合いが議論されて刑罰が判決される。 しかし、
全ての自然現象は唯物的決定性であるのなら、凶悪犯罪者の行為も他の選択をとり得ない必然であったことになる。

この、犯罪者の行為を裁けるのかという議論は、ヨーロッパの哲学界では長い歴史があり主要議題でもある。
さらにヨーロッパの主要な哲学人も自由意志は幻想とする人が多く、利根川進ちゃんだけが幻想と言っている訳
ではない。 それならば何故依然として裁判で刑罰が科せられるのか。

それは凶悪犯罪者の実行行為も、その時に他の行為も選択できたのに、あえて凶悪行為を選択したからだという
ことが理由になる。  しかし利根川進ちゃんやその他の人が言うように自由意志が幻想であれば、
凶悪犯罪者の実行時にはその行為のみが全てであり、その他の行為は選択肢として存在しなかったことになる。

.       *** 唯物的決定性は、その他の行為を想像心像として表出できるのか ***

このことは人間の責任認定での重要なポイントであり、なおかつ自由意志が幻想か否かの重要な着目点でもある。
しかし投稿者はこの問題は、極めて簡単な論点によって決着するように思える。  それは、
全ての自然現象は唯物的決定性であるなら、脳の作用機能として、その他の行為が想像心像として表出されるのか。

この想像イメージは、今迄の経験体験の記憶が、想像心像として表出したのだと唯物論者は言うかも知れない。
しかしそもそも脳の物質的作用が、想像イメージを生成するもっともな説明を未だ見た事も聞いたこともない。
利根川進ちゃんは自由意志は幻想だと説くのであれば、その想像イメージが
夢知覚ほどの明晰さを持たなくても、何らかの “ 想像的存在性 “ を持つことの説明をしなければならない。

.

847 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 12:36:49.45 ID:LkAeQES2
>>818
こいつのように、よっぽど人知を超えたものがあっては困るヴァカが存在する。

848 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 13:03:16.18 ID:QNkXdwsk
>>838から>>845って何回も同じこと言ってるけど、何かの証拠があるの?
たとえば時空の外を観測する具体的な方法(量子が重なったままの状態の観測)とか。それができたら今回発表された理論を使ってタイムトラベルや量子じゃないテレポーテーションができるからまず無理だろうけど

849 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 13:24:45.33 ID:HpO4/Lh+
時空の外の観測は、
すでに何度も述べたように弱測定による。
弱測定 過去 未来 などで検索してみよ。
そうすれば、空間のことよりも、時間こそが大問題だと分かるだろう。

なせ、未来が過去に影響を与えるのか。
究極理論に求められているのは、なによりもその答えだ。

850 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 13:27:08.38 ID:HpO4/Lh+
弱測定 過去 未来
https://www.google.co.jp/search?redir_esc=&client=ms-android-kddi-jp&hl=ja-JP&oe=utf-8&safe=images&q=%E5%BC%B1%E6%B8%AC%E5%AE%9A+%E9%81%8E%E5%8E%BB+%E6%9C%AA%E6%9D%A5&source=android-browser-type&qsubts=1434515181852

851 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 13:29:38.56 ID:HpO4/Lh+
弱測定は、収束させずに観測できる。
量子力学を根底からくつがえす。

852 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 13:33:56.02 ID:HpO4/Lh+
どうも弱測定のことをなにも知らない者が多いようだ。
弱測定は、量子力学を根本から揺さぶり、時間と因果律にトドメをさした。
時間はすでにひっくり返った。
それを知らなきゃ、時空の話なんぞできん。

853 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 13:35:47.78 ID:HpO4/Lh+
もはや、タイムマシンどころの騒ぎではない。
それ以上の事態の手がかりを得たということ。

854 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 13:37:37.33 ID:HpO4/Lh+
因果律は逆立ちする。
それを説明できなきゃ、究極理論ではない。

855 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 13:44:20.55 ID:HpO4/Lh+
時空の外では、因果律の原因と結果に先後はない。
時間がないんだから。
138億年前の出来事の原因は、いまから100億年後にあるかもしれない。
時空外では、原因と結果は常に同時存在だ。先後を問うのは無意味だ。数百億年離れていても問題ない。

856 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 13:49:45.88 ID:HpO4/Lh+
我々は、138 億年前のビッグバンを操作できるはずた。

857 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 13:57:29.96 ID:p6enB4nm
オカルトポエマーの巣窟になっててワロタ

858 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 14:18:18.11 ID:wmRlx/Iz
>>855
弱測定で因果律ないって言うけど、
この世からのフィードバックはありえないのかな?

859 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 14:38:36.70 ID:HpO4/Lh+
因果律はあるだろ。
時間がない、つまり過去と未来が同時存在だから、原因と結果の先後は無意味ってだけで。

原因と結果は常に同時。100億年前と100億年後は時空外では同時存在。

860 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 15:01:41.53 ID:qVdprjFV
またUFOと地底人文明と霊感通信の話題に戻ってる…

861 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 15:03:55.74 ID:wmRlx/Iz
>>859
なるほど!

862 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 15:09:46.61 ID:RRb3D8ki
>>847
使い古されたオカルトネタを真に受けるとか笑えるぞ。

863 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 15:47:58.67 ID:6WnQ+P2r
オカルト板に来たかと錯覚したわw
何で変なの涌いてんのよ

864 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 16:10:30.56 ID:J2tEyppj
弱測定でも100%の予測はできないのに、すなわち、原理的に不確定性がなくなるわけではないのに
何故、完全な因果律が成立し、宇宙サイズのマクロな時空で、過去・現在・未来が確定した次元が存在すると
考えるのか理解できない。ある時点で1%でも不確定性があれば、それが積み上がればどれだけ
不確定さが増すのかという疑問です。

ただ、観測を量子レベルに焦点を合わすと、過去・現在・未来は、紐のように繋がって同時に存在して
完全な因果律で振動してると考えてもおかしくない。

865 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 16:31:22.85 ID:RSodsO6V
弱測定は収束前を知れると言ってるだろう。
不確定性原理は、通俗的レベルでは打ち破られた。
いまは、内容が小沢の不等式というのに差し替えられた。
観測自体が量子に影響を与え誤差が生じる云々レベルの不確定性原理はもう死んだ。
量子自身の揺らぎだけが不確定性原理として生きているだけだ。

866 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 16:37:54.65 ID:RSodsO6V
時空の外はゼロ次元なんだから、どこでも同じなのは当たり前だ。
目の前の収束前の世界は、ブラックホールの特異点と同じ場所だし、300 億光年先とも同じ場所だ。
同じことばかりいわせるな。

いいか。
究極理論は、未来が過去に影響を与える事態を説明できないといけない。
それができない理論など求められていない。

867 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 16:42:59.18 ID:21jbRYxq
自分の身の周りや、この地球上には、量子状態にある粒子は殆ど存在しない。
だから、時空とみなしても有効数字16桁位でも問題は生じないし、過去数十億年までは正確に測定できる技術も存在できる。
この宇宙も146億光年の距離まで殆ど問題なく測定できている。

たとえ、この宇宙が量子もつれから生じたとしても、人間が測定できる空間内のほとんどの粒子は、もはや量子もつれ状態ではない。

量子もつれがそうでなくなるのが、インフレーションなのではないか?
ブラックホールの特異点で、またもとの量子もつれ状態に戻っているのではないか?

868 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 16:45:27.55 ID:RSodsO6V
逆に聞こう。
収束前の世界が時空の範囲内と君が考える理由はなんだ?
そこは、時空の外だ。
相対論が破綻してる場所だ。
ブラックホールの特異点と同じ場所だ。
100億年先でも量子もつれが瞬時に伝わる事態を、君はどう説明するんだ?
100億光年の距離を量子もつれが瞬時に伝わる理由を説明してみろよ。
その100億光年の距離が幻だからに決まってるだろうが。

869 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 16:52:58.40 ID:RSodsO6V
なんで140億光年の距離が測定できたら、なんだとかどうだとか、そんなことどうでも関係ねえだろって。
すぐ目の前の収束前の世界は、時空の外だろっての。
時空には、ある特定の場所、ある特定の時間をしめる事象しか存在できない。
収束前は、ある特定の時間も場所も占めていない。
時空の内であるはずがない。
そして、その目の前の時空の外は、300億光年先の時空の外と同じ場所だ。

870 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 16:58:28.93 ID:RSodsO6V
いいか。
時空の外には空間も時間もないんだからな。
目の前のテーブルの上の時空の外は、300億光年先の時空の外と同じ場所というのは、
空間がないからだぞ。

分かる???

871 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:02:07.38 ID:RSodsO6V
時空の外にも空間と時間はある、という訳の分からない理屈から
俺が逃れることが出来るのはいつの日か。

872 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:09:30.37 ID:RSodsO6V
ていうか、波動関数の向こう側が時空の外な。こう言えば
分かるかな。
君の周りの半径50センチの範囲も、無数の時空の外の世界に満ちてるの、分かるよね???
それが、300億光年先の時空の外と同じ場所。
違ったら、時空の外に空間があることになる。

873 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:19:18.17 ID:RRb3D8ki
凄い勢いで電波が発狂してる

874 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:25:01.15 ID:RSodsO6V
俺には、時空の外にも空間と時間はある
と考えることができる理屈が分からん。。。

すぐ目の前の波動関数の向こう側は、時空の外だからな。
もう疲れた。頭の固い者は、たぶん空間と時間から逃れることはできないだろう。
頭が無理だわwww

875 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:27:24.04 ID:RSodsO6V
とにかくな、
未来が過去に影響を与える、
それを説明できない理論に用はないんだ。
究極理論は、それが説明できなければ。そうでなければ意味がない。

876 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:31:43.78 ID:J2tEyppj
であるから>>1
は、「時空」自体がホログラム物理の立場からすると幻想ということだろう
とすると、時空(幻想)とホログラム物理の実体現象(量子もつれ)を比較すること自体が無理だ。
これはコンピュータが2値[0.1]を処理するメモリ素子上で仮想時空を創出してるのと同じといってるようなもの。
不確定性ということでいえば、そのコンピュータに割り込み処理がたびたび発生したら動作の流れが
不確定さを含むのも当然だろう。ただ、その最も短い1サイクルに着目すると論理的(完全な因果律にしたがって)
に作動してるのではないかという考え方が出てくる。

877 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:33:18.72 ID:p6enB4nm
>>1がニュースになったのも方程式を構築するためなんだよな
相対論と量子論を統一して *計算可能にする* ことが目的

時空の外云々の話が正しいとして、それを数式に繋げていけないなら
大して意味は無い

説明するために理論を構築するわけじゃなく
構築された理論の説明として「解釈」が提示される
逆なんだよ

878 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:35:15.34 ID:21jbRYxq
>>868
>100億年先でも量子もつれが瞬時に伝わる
実験で証明されていない。閉鎖光学系で数十mか数キロメーターの範囲では測定されているのでは?
100億年先でも量子もつれが瞬時に伝わるのは真実だろうが、確かめる術がない。>100億光年の距離が幻
たとえ、1mの距離が幻であろうと、私の感覚は、5桁の確度で1mで、幻にはならない。

879 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:39:00.07 ID:21jbRYxq
>>868
修正します。

”100億年先でも量子もつれが瞬時に伝わる”
実験で証明されていない。閉鎖光学系で数十mか数キロメーターの範囲では測定されているのでは?
100億年先でも量子もつれが瞬時に伝わるのは真実だろうが、確かめる術がない。

”100億光年の距離が幻”
たとえ、1mの距離が幻であろうと、私の感覚は、5桁の確度で1mで、幻にはならない。

880 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:46:52.79 ID:RSodsO6V
大栗氏の説はヒントにすぎず、
それ以上のものでもなんでもないだろ。
究極理論に一歩近づいたというだけ。たとえノーベル賞に値いするとしてもだ。
いま、時間と因果律がひっくり返ろうとしている。
みなの関心はそちらにある。
それが説明できなければ。

ただ、時空を経由していないという究極理論への手掛かりを示しただけでも、ノーベル賞に値いする。

881 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 17:48:21.68 ID:RSodsO6V
>>879
君は、いまなにが問題とされているのかすら、理解していない。

882 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 18:01:58.37 ID:wYNOTGv+
重力や時空を制御するには量子をもつれさせればいいということだな
簡単なはなしだな

883 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 18:28:40.71 ID:Kg8Vlizf
頭の固い連中は、時間と空間が確固とした存在だと疑わない。
しかし、大栗氏は、時空は幻だと示したのだ。
時間も空間も存在している方がむしろ奇妙で、本当は存在していないと示したのだ。
そこのところを、よくよく考えやがれ!

目の前のテーブルの上の波動関数の向こうにある時空の外は、300億光年先の時空の外と同じ場所なのだ。
時空の外には空間なんてないんだから。分かったか!!!

884 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 18:41:50.40 ID:lQ6LihsP
えーと「時空の外」をNGワードにすればよいのかな?
他で困ることなんて無いよね?

885 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 18:42:39.10 ID:wmRlx/Iz
>>867 ブラックホールの特異点で、またもとの量子もつれ状態に戻っているのではないか?
ブラックホールでそうなるのか何だか知らんがそれが起きてたら、
それが、スーパーストリングじゃないのか?

886 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 18:43:54.89 ID:gYdNqEj/
どうせ殆ど誰も読まないから数理物理学者として一言言わしてもらうと
構造的に過去や未来が繋がっていること自体は当たり前。
それでも明白に対称性が無く情報が区別できるから現在的感覚が成り立つわけで
時間的な情報の区別が何故成立するのかは未だに全く解決されてない難問。
これはイリヤ・プリゴジンが特に問題にしてきたこと。

887 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 18:45:00.95 ID:wmRlx/Iz
>>884
愛智的に困りますw

888 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 18:52:15.49 ID:gYdNqEj/
詳しい人は、古典ハミルトニアンの量子化と幾何学とはそもそも何か、
が未解決だと理解してよい。量子とは何かより、そもそも適切な量子化が
何を意味するのかで未だにつまづいているのだな
ストリング理論は数学的にはよくできているが、変数が不自然に複雑過ぎる。
役立つとは思うが明らかに決定打にはならん。ループ理論もな

889 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 18:57:38.36 ID:GShYS0lr
>>888
変数が不自然に複雑になるのは相対論量子論のような
(原理的に観測不可能な領域で)適用限界のある理論とその派生・拡張だからでは?

890 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 19:08:49.19 ID:gYdNqEj/
>>889
形而上学になってしまうから理由付けは難しいけども
むしろ一般性が高いとそこはすっきりするはずなんだよね。
ストリング理論の人は自然の複雑さが我々の好みに合うとは限らないなんていう。
しかし批判的な立場から見ると、基本的なところで何かを見落としている
と感じる。いわゆる双対性にしても本当は導出すべきもののはずでね。
単純化できるはずだ、と思うわけですよ。発散に関しては魅力的な原理だが…

891 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 19:29:11.70 ID:QWneaBXe
時空の中で生起する現象(例えば富士山)が、時空の外でも存在するという素朴な信憑が理解できない。
「時空の外では過去と現在の富士山が同時に存在する」と記述した時点で「同時」やら「存在」やら時空を前提にした概念を持ち込んでる。

892 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 19:50:02.06 ID:H6Rimpkk
量子もつれってどんなものなの。全く分からない分野だけど、アメリカで
テレポーテーションをした人がいて、実験は成功していると聞いた事がある。

893 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 20:26:00.98 ID:h7b4reAf
テレポーテションといっても粒子がテレポートしたわけじゃなくて
実際は粒子の情報をコピーして離れた場所にある粒子に移すというだけで
完全なテレポーテーションではないよ
量子もつれについてはいろいろな解釈があるけどいまだに分かっていない
これは量子そのものがいまだに分かっていないことが原因だと思われる
ミレニアム問題で有名なヤン=ミルズ方程式と質量ギャップ問題があるように量子論については数学的な取り扱いが結構難しい

894 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 20:38:24.06 ID:9AeZPEeq
量子もつれの状態のAとBがあってAを観測するとBを観測しなくてもBを観測したのと同様に確定するってことなのかな。量子もつれじゃない状態というのがあるのかな。

895 :利根川進ちゃんは、自由意志は幻想だが想像心像はどうか@転載は禁止:2015/06/17(水) 20:45:10.24 ID:xKmK3xRb
.

.     *** 利根川進ちゃんは、自由意志は幻想と説くが想像心像はどう説明するのか ***

利根川進ちゃんは自由意志は幻想と説くが、想像イメージや夢知覚の成立機序はどう説明するのか。
まさかそれも幻想だとは言わないだろう。 唯物論者も想像イメージや夢知覚は当然経験している筈だ。
それでは脳研究をしている唯物論者は、特にこの想像イメージの成立機序はどのように説明しているのか。

この点で前回の投稿 >>846での、この部分は修正すべきだと考えた。 ↓
>全ての自然現象は唯物的決定性なら、脳の作用機能として、その他の行為が想像心像として表出されるのか。
>この想像イメージは、今迄の経験体験の記憶が、想像心像として表出したのだと唯物論者は言うかも知れない。

.     *** 唯物的な一意への決定過程の途上で、別の行動可能性が表出するだろうか ***

唯物論者も想像イメージや夢知覚は当然経験している筈だ。 だがしかし唯物論的決定性に基づいた、
一意の収束点へと集約される行動決定過程の途上で、果たして、その収束点とは異なる別の行動可能性が、
唯物論的世界でも想像イメージとして表出されるだろうか。

つまり要約すれば、唯物論的決定性の世界では自由意志は幻想とするが、それと共に想像イメージは生起しない
筈である。 凶悪犯罪者の実行時を例とすると、その実行直前に、それとは異なる行動可能性が意識上に表出する
のであれば、それはその表出によって自由意志が励起することになり、ここに大きな矛盾が起きる。

.     *** 決定論的物質科学で、想像イメージの生成存在を説明できるのか ***

結論としては、唯物論者が自由意志は幻想と説くのであれば、人間には想像イメージは生起しないとの結論になる。
さらには、人間の自由意志による行為の選択では、” 別の行為もとり得た可能性を議論できる程の “、この
想像イメージの生成と存在様相については、
単なる人間思考の出力ではなく、自然が人間思考に何らかの関与をした上での “ 提示 “ ではないかと思われる。

.

896 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 20:47:22.10 ID:h7b4reAf
>>894
非局所の解釈だとそうなる
遠く離れた場所の情報が手に取るように分かるという感じ
でも、その解釈だと物理学が宇宙のどの場所でも同じように成り立つという
クラスター分解性が保たれなくなる

897 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 20:57:36.88 ID:HpO4/Lh+
>>891
分かってないなあ。
時空内は、すべて時空外の情報に基づいて作られている。
時空内の富士山は、時空外のデータにより組み立てられている。

ホログラフィック原理では、すべての情報は境界面にあるとされている。
しかし、本当は厳密にはホログラフィック原理の解は正しくなくて、ゼロ次元の一点にあるだろうと思うけれどもね。

外界との境界面に内部のすべての情報があるというのは、ブラックホールの研究から導かれたものだ。暫定の解としては正しいと思う。
つまり、いずれにしても時空内は時空外によって組み立てられている。

898 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 21:00:54.02 ID:HpO4/Lh+
>>896
そんなもん、成り立たなくてよい。
相対論も「時空内でしか成り立たない」とハッキリしたというのに。

899 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 21:04:06.42 ID:QaxSNlhA
両者が量子もつれの状態である、という情報が得られた時点からしか解釈できないから、
情報の伝達速度はやっぱり光速を超えられないという理解は、足りてない?

900 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 21:13:25.05 ID:h7b4reAf
非局所解釈は物理学の観点からは考えにくい
クラスター分解性の破れは観測されていないから
他には未来の情報が過去に伝わるという解釈もあるけど、これも考えにくい
量子もつれで一般的に受け入れられている解釈は量子は特別な確率論を採用してるというもの
ベルの不等式は通常の確率論を元に導出されたけど
これを量子論的確率論に置き換えればベルの不等式を破ることができ
なおかつ実験も完全に再現できる
だから光速はもともと越えていないというのが正しいと思われる
むしろもつれは量子の性質そのものとするのがいい

901 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 21:23:49.48 ID:h7b4reAf
ついでに言うとここでよく話題にあがる弱測定は負の確率を採用している
こんな感じに確率論を拡張すれば問題はない
ちなみに量子論は行列形式の確率

902 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 21:28:46.13 ID:xCl4dR5C
>>859
もう低学歴プンプンだな
やれやれ
NG決定

903 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:01:46.06 ID:HpO4/Lh+
>>901
なにが問題ないんだよ。
未来が過去を変えてる。
それでそのまま矛盾なく解釈できるんだから、事実の捻じ曲げは不要だ。

君の遅延選択実験の解釈を教えろ。

君はむりやり常識に合うように解釈を捻じ曲げているだけだ。
そのような屁理屈は、止めるべきだ。

そもそも、収束による確定など幻だ。
過去を完全に確定する方法はない。
おそらく、我々はビッグバンをも操作しうるだろう。

904 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:09:22.59 ID:HpO4/Lh+
そもそも、
量子もつれが時空を生み出しうると分かったわけだ。
量子もつれが時空を経由する必要がないのは自明だ。
量子もつれは時空の外にある。
時空の外に空間はない。
したがって、時空内の100 億光年の距離も、量子もつれにとってはまったく存在していない。
距離はゼロである。光速の制限なんぞ関係ない。どこにも移動する必要はないんだから。
常識でわかる当たり前の話だ。

905 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:16:23.29 ID:HpO4/Lh+
時空の外は、目の前のテーブルの上にも存在している。
自分の周りは、時空の外だらけだ。
波動関数の向こう側が、もう時空の外なんだ。
時空は、ある特定の場所、ある特定の時間にしか存在できない。
しかし、時空の外はとこでもない場所、いつでもない時間だ。
波動関数が向こうがその場所だ。
そしてそこは、はるか数十億光年のブラックホールの特異点と同じ位置だ。
そういう仕組みなんだ。
ブラックホールの特異点もまた、時空の外だ。
時空の外に空間はない。
そこは同じ場所だ。

906 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:19:12.52 ID:HpO4/Lh+
量子効果は非局所的なものだ。
そしてそれは、普通の常識で簡単に理解できる。
古い常識に沿うような事実の捻じ曲げは害悪だ。

907 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:25:03.08 ID:NrUX69D3
お後がよろしいようで

908 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:28:27.94 ID:HpO4/Lh+
だいたいにおいて、負の確率を拡張するというのが、噴飯ものだ。
負の確率を想定してないのに、それが出てきたから重大問題なのであって、それを自分の脳ミソのサイズに合わせて辻褄合うように変えて見ましたなどというのは、
想定外の事態のなんの説明にもなっとらん。
論理の八百長をするのが物理学なのか?
小細工は必要ない。そのままで説明つくんだから、余計な小細工は不要だ。

909 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:46:59.24 ID:m7RMIoek
うわあ!
精神病まるだしの連投!!!
見えてないけどな
わははは

910 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:50:01.22 ID:HpO4/Lh+
だいたいそいつの投稿、よく読んでみろ。

しかし、それも考えにくい。

それが論拠だぞ。脱力するわ。

911 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:52:17.35 ID:m7RMIoek
おまえ、高卒だろ?ん?

912 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:53:06.07 ID:HpO4/Lh+
しかし、それも考えにくい。
以上。

913 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:55:41.54 ID:m7RMIoek
あははは
低学歴の精神病らしく宣言的形而上学モドキを科学と同格のごとく語ってるな

おまえ、馬鹿にされてきたろ?リアルでは
やれやら

914 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:55:57.15 ID:HpO4/Lh+
つまり、それも考えにくいから、
負の確率まで拡張して、つじつま合うようにしてみましたってだけだ。
つじつま合うように変えてるんだから、おのれのつじつまに合うのは当たり前だ。
八百長はやめろ。

915 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 22:56:45.52 ID:HpO4/Lh+
遅延選択実験の解釈はどうした?
待ってるんだが?

916 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 23:04:01.55 ID:HpO4/Lh+
しかし、それも考えにくい。

なにが考えにくいんだ?

なにも難しいことはない。
時空を経てないから、時空の制限なんて関係ない。

それも考えにくいって、なにが考えにくいんだよ。

917 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 23:19:30.56 ID:fZW397Zh
これは神学論争か禅問答か?

誰でも参加できて、誰にも分からず、決して決着しない

918 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 23:20:40.18 ID:h7b4reAf
おまえのはオカルト的解釈
物理的解釈にはほど遠い
そもそも遅延選択実験で未来が過去に干渉すると結論付けるのはない

919 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 23:28:48.69 ID:2bIjGaWg
ノイズを避けつつまだ読んでいる人もいることは言っておこう

920 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 23:42:17.90 ID:HpO4/Lh+
お前の小さな脳みそに入りきらないものは、すべてオカルト扱いなんだろう。
しかし、量子効果の非局所性は明らかだ。
また、時間と因果律の倒立状態も明らかだが、真正面からの回答も用意されている。
小細工は無用だ。

時空の外には時間も空間もない。
目の前の波動関数の向こう側は、もう時空の外だ。
そこには空間はないのだから、数十億光年先のブラックホールの特異点と同じ場所だ。

時空の外は時間がないのだから、過去と未来は同時存在だ。
しかも、すべてのあらゆる可能性が可能性のまま保持されている。
しかし、時間はないので変化できない。

時空の外と内は、量子力学を覗き窓とする。
収束から確定は幻だ。
過去は確定することはない。
選択だけが行われている。
時空の外は不変だから、変えることは出来ない。
あらゆる可能性を可能性のまま保持する。それが、永遠の無である場の性質だ。

921 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 23:53:06.50 ID:mneRutFC
般若心経

922 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/17(水) 23:57:49.48 ID:HpO4/Lh+
テキトーなつじつま合わせは必要ない。
量子効果はなぜ非局所性を持つのか、真正面から考えろや。

負の確率なんて想定してないのに、負の確率がでてきちゃうからこそ問題なんだろ。
そうだからこそ、収束前は属性の束のようなものかなとこちらは考えるわけだ。

それを、自分の脳ミソのサイズに合わせて、つじつま合うように定義の勝手な拡張してたら、学問じゃないだろうが。

923 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 00:25:02.63 ID:cYKGXR2/
大栗博司がお送りしました

924 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 03:47:52.46 ID:Eo2GE5pT
無能精神病君は学校時代の偏差値思い出してみ
自分が馬鹿だと思い出せるだろうに
そもそも、高卒じゃないの?

925 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 05:16:35.32 ID:s9k4sDtc
しかも、連日一日中張り付いてるから無職みたいだね

926 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 05:38:31.79 ID:dsOPttYj
ようするに肉体を持ったままあの世には行けないということです

927 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 06:17:47.47 ID:zU28ThuP
>>926
ばかか
あの世があるという前提での物語だ
おまえも精神病だなぁ

928 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 06:21:52.00 ID:zU28ThuP
日常的感覚を超越するような科学仮説や哲学的概念の話になると、もう、わさわさ精神病が集まってくるもんだ。
このスレなんか絶好の精神病引き寄せパンダだな

929 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 07:39:36.05 ID:Mifp++XS
自分の意見は宇宙は階層的関数構造をしているということです。

"分割できない最小単位"という、根拠が不確かな素朴な概念にあまり意味はなく
"どのように階層化できるか"という概念の方が重要なのです。
また、ホログラム宇宙論からいえば、ホログラム宇宙の情報の流れの中でエントロピー生成速度の最小原理
がはたらき散逸構造としの物質と情報が絡み合った生命現象が発生した考えられる。
意識とは、上位の情報システムが下位の情報システムを射影像として観察している状態だろう。

また、ドイッチュは量子コンピューターがチューリング・マシンの上位互換であると証明した。

グーグルが量子コンピューターに熱心なのは、万能量子チューリング・マシンが実用化されたら
ロブ・グローバーのデータ検索アルゴリズムを使えば、でたらめに放り込んだ大量のデータの中から
目的の情報を瞬時に取り出せるようになるからです。

>【工学/流体力学】水滴の流体力学を応用して論理回路を作成する試み スタンフォード大学

このように、電子デバイスを使わずともコンピューターは出来る。
宇宙に存在する物質のすべての集合が量子コンピューターのように働いてないとは誰も
証明してない。

930 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 09:56:28.70 ID:gXIEny5j
馬鹿のポエムで埋め尽くされた糞スレ

931 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 10:50:07.76 ID:9xZKVFIn
糞スレに無理に書き込まんでもええんやで?

932 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 12:12:02.60 ID:Mv7qMjLM
Dブレーンという概念は理論物理の業界内ではどんな立ち位置なんでしょう?

933 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 12:15:19.04 ID:dsOPttYj
>>927
そんな前提を語るおまえが精神病( ・ヘ・ )

934 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 12:33:48.92 ID:zU28ThuP
>>933
わはははは
目を疑った

おまえ、単に精神病ということでなく

すごいバカ

なんだな
偏差値55くらいだったか?

935 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 13:09:02.74 ID:xz7LmCuw
基地外わはは君だ

936 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 13:37:59.43 ID:zU28ThuP
>>935
まあ、凡人から見ればよくて変人、普通に基地外に感じるだろうな

君は常識ある大衆社会を生き抜いてくれ

937 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 13:38:37.97 ID:zU28ThuP
>>935
あ、ところで
君、偏差値いくつだった?
答えてね

938 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 13:57:38.19 ID:cXY1kJVq
そっちの方でも専門家でもなんでもないが、
オブジェクト指向のクラスとインスタンスの関係ににてるのかな。
名前という変数を持つクラスからジョンという名前をもつインスタンス作るみたいな感じ?
観測というのがコンストラクタにあたるんかな。

939 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 14:00:36.86 ID:fMERvCmr
俺の足のもつれも解明してほしい

940 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 14:05:30.80 ID:XsfcQaa3
>>930
だからどうした?それでいいのだ

941 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 14:26:47.02 ID:zU28ThuP
>>938
まるで違う

942 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 15:38:06.04 ID:ofFTGHTN
>>938
そう、俺もその喩えを思っていた。
永遠の過去から未来にいたる変わることのないデータの保持とは、
スタティックなデータの保持と同じだ。
時空に現れるとき、イニシャライズされ、インスタンスとして出現する。
この世を作っているのは、やっぱりコンピュータかなあ。

943 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 16:36:42.04 ID:zU28ThuP
>>942
精神科いけよ

944 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 17:09:30.36 ID:A1pXB6ii
お前らアホやなぁ 人間の理解がホログラフィック的でしかないんだろ

945 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 17:58:22.17 ID:dE2lUSwT
運命とか必然みたいなモノってどうなんだろ

946 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 18:25:39.85 ID:fkeFdCFM
>>945
「運命」とは人間が出会った出来事に対する主観的な解釈を単語にまとめただけの事だよ
「神」もまた同じ
人間が絶滅しても「運命」や「神」という概念がこの世に存在し続けたら、それは「在る」ものだし
人間が居ない世の中では維持出来ない概念ならそれは「無い」ものだという事さ
人間が豆腐に触ったとして、犬もその豆腐に触れる事はできる
人間が「あれは雷様が鳴らしているのだ」と幾ら主張しても、犬はその雷様を想像する事はできない
まぁそういう事だね

947 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 18:42:17.83 ID:Eo2GE5pT
>>946
おまえも精神科いけカス

948 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 19:25:04.61 ID:niRE8sJj
「やっぱ量子現象ってランダムなんじゃね」
「じゃあランダムシードはどっから持ってくるんだ。ただの疑似乱数だろうが」
「でもほら、タスクを複製したときにどっちが親なのかは、状態取得するまでわかんないじゃん」
「仮に状態取得したときに親子が決まるとしたら、決定したことをどう相手に通知するんだ」
「グローバル変数に状態を保存してるんじゃないかな」
「神様がそんな汚いプログラム書くわけないだろ!」

949 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 19:41:55.92 ID:ieqc/X3T
しかし銀河ヒッチハイク・ガイドにて神様もこのようなメッセージを被造物達に遺しておられる
"We apologize for the inconvenience."

950 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 19:55:30.13 ID:zhdU3FK+
銀河ヒッチハイク・ガイドには、知性が宇宙の真理に肉薄したら、宇宙はそれを察知してさらにわけのわからんものに変化してしまうとも書いてある。

951 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 20:25:15.36 ID:WGumdPQm
精神病だ、オカルトだって叫んでもなあ


観測、実証不可能なんだから、どっちも同じようなもんだ

952 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 20:35:25.95 ID:FZlH8bAS
いいや、観測は可能。
量子効果の非局所性が間違いなく真実であると確認されれば、
訳の分からない理屈でしがみついている連中は口が聞けなくなる。

光速度不変の原理と並び、
量子効果の非局所性の原理は物理学の2大原理となるだろう。

目の前の波動関数の向こう側である時空の外は、
数十億光年先のブラックホールの特異点とまったく同じ場所である。
時空の外には空間はないから。

すでに量子効果の非局所性は確認されているという人も多いだろう。
まあ、そうなんだけどねwww

953 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 21:40:55.67 ID:8sELJLPc
ガウディがいったそうな。
人間は何も創造しない。ただ、発見するだけである。
サイコロ振るのは人間だろ。

954 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 22:03:04.74 ID:JSv441bf
1.物質(量子)⇒質量があるので情報伝達速度は光の速度を超える事ができない。

2.物質の情報⇒質量が無いので、伝達は一瞬。

1と2が影響し合ってる事を証明した。

955 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 22:12:12.45 ID:93n3KO1e
>>954
おい。光子は質量ないんだが、
一瞬で、とはいかない理由を教えてくれ。www

956 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/18(木) 22:26:03.45 ID:JSv441bf
光子=光の速度は相対性理論を成す定義みたいなもの。
(論理的実証ではなくて、物理実験で実証済)

もし、光子が真空中で変動する事を証明できたら、相対性理論を超越できる。

957 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 07:20:22.53 ID:pFlTHCgr
タラレバかよ
オカ板から出て来んな

958 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 09:07:14.35 ID:8JJv+0XJ
>>956
なにを指摘されてるのか分かってないようだな。
光速度の制限を受けるのは、質量のあるなしとは関係ない。
質量がなくても光速は超えられない。
だから、量子効果の非局所性に発狂し、事実を否定する奴が絶えないのだ。
いわく、しかしそれもまた考えにくいwww

結局のところ、量子効果の非局所性は、光速度不変の原理と並ぶ物理学の2大原理となるだろう。

959 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 09:12:35.20 ID:lf7yi9oG
結局のところ、人間は可視光線しか見えないのと似たようなもので、
人間の直感的理解は人間の生活スケールには適用できても、
量子レベルでは因果関係とか確率とかが人間の法則と違ってくるってことだろ。
そこではまずは数学的に理解する必要があるのだけれど、
数学をすっ飛ばして文学的に語るとオカルトにしかならない。

960 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 09:23:28.83 ID:ssZ5aGer
結局、この問題は時空とはなにかにかかっている。

時空とは無論、空間と時間のことだが、そこでは、ある特定の場所、ある特定の時間という形でしか存在できない。
しかし、すぐ目の前の波動関数の向こう側は、どこでもない場所、いつでもない時間という形でしか存在できない。
つまり時空の外なのだ。
その時空の外に空間はあるだろうか?

空間がないのなら、数十億光年先のブラックホールの特異点、そこも時空の外だが、
その両者の間に距離は存在しない。空間がないんだから。

961 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 09:48:26.63 ID:fvdo1/qX
>>886
物理初心者なのでよかったら教えてください
アインシュタインの重力の説明でマットの上に重いボールが沈みこんでいる図が使われていますが、このマットって現在の時空(4次元)では認識されないもので5次元という理解であってますか?

962 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 10:51:50.45 ID:S4EuQ0Cp
>>961
実際、観測されてるわけだが。だとしたら、答えはわかるよね?

963 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 11:21:43.89 ID:A69ALKLh
多田 将(高エネルギー加速器研究機構・准教授) 宇宙のことなら何でも聞いてください!
https://www.youtube.com/watch?v=WySMMO3Ss1Y

964 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 12:16:51.53 ID:t0pgiPBW
時間と空間は異なる物理量なので揃える必要がある
そのために光速度を導入し「速度×時間」とする
すると「速度×時間+3次元空間」の4次元空間となる
この4次元空間を「ミンコフスキー空間」と呼ぶ
このミンコフスキー空間の物理が特殊相対性理論

曲がることが可能な四次元空間を導入し
空間が曲がっていないときにミンコフスキー空間になるようにする
この空間は「擬リーマン空間」と呼ばれ
この擬リーマン空間の物理が一般相対性理論

だから相対論は数学的に矛盾のない体系であり
入門書に見られる「3次元空間が曲がってる図」は厳密には間違い

965 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 12:59:54.35 ID:xAkGqpD6
>>961
地球を思い浮かべてみると分かりやすいかも
地球の表面(地表)は二次元平面で
昔は地表は延々に続いてると考えられていた
この延々に続く地表は平坦な平面と言われる
でも、実際の地表は球体の表面で閉じていて(一周できる)、平坦ではない
球の表面みたいのは曲がった平面といわれて
それを知覚するにはひとつ次元の高い三次元の世界が必要になる
マットの説明はマットを地表と見なしたもので
マットを眺められる三次元の観測者がマットの曲がりを知覚できる
相対論の曲がった空間は三次元空間が曲がったもので
それを知覚するには四次元の世界が必要になる

966 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 13:14:31.26 ID:QJX5P/SJ
>>965
> それを知覚するにはひとつ次元の高い三次元の世界が必要になる

必要ねーよ。ガウスが必要ないって証明して、んでそのことに驚いたから「驚異の定理」なんて名付けた訳だな。

967 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 13:16:24.77 ID:xAkGqpD6
知覚は見て分かるということだぞ
数学の知識無かったらわかんねえだろ

968 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 13:19:40.45 ID:QJX5P/SJ
そのくらい分からんなら、もう何も分からないだろw

969 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 13:49:33.87 ID:4CdvVtko
弱測定の結果分かったのは、存在が実在ではなく、
文字通り数学としての意味しかないって
正直意味が分からんよな。
一番納得いく説明が、我々の宇宙は
異性人のコンピューターのシミュレーションに過ぎないって結論。ww

970 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 14:05:40.01 ID:UfmHk3IZ
>>969
その異星人はどうやって出来てるんだ?(笑

971 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 14:08:27.71 ID:p965qPYL
>>969
違う、人間がそのような知覚と理解しか出来ないってことだ

972 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 14:19:32.07 ID:DteseYX7
半分ポエマーか。ポエマーしか使わない、しかも頻繁に使うワードを誰か探してくれ。
あぼーん

973 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 14:27:05.39 ID:LCwEWAOl
>>969
おまえ、マジで精神病だろ?

974 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 14:37:42.74 ID:gx0JjUV9
MITでもオカルトが流行っているけど
ここが震源地か

975 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 14:48:33.05 ID:S4EuQ0Cp
オカルトの一言で切って捨てるやつは、今後はバカ扱いになる
今後は、オカルトにまで踏み込んでいかないと真実は見いだせない時代だ
未踏の地を開拓する勇気がある者が科学的立場をわきまえた者といえるだろう
オカルト決め付け厨は、時代に取り残されて落伍者になるのみ

976 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 16:09:15.42 ID:fvdo1/qX
>>964 >>965すごくわかりやすい説明でありがとうございます!
次元の問題じゃなくて空間のとらえ方の違いなんですね。
実はもともと超弦理論の10次元とかM理論の11次元とかって計算上都合がよい数だかららしいけど具体的には何?
って疑問があって入門書レベルじゃ詳しく書いてなかったから。
今回の発見で量子もつれが時空(4次元)から生じるのならば、もつれは高次元(1次元)の曲がった空間によって伝わるんじゃないかと思って、これで5次元以上の存在が証明されたと勘違いしてました・・・

977 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 16:32:23.82 ID:ssZ5aGer
>>976
重大な勘違いをしているようだけと、

時空から量子もつれが生じるのではなく、あべこべで、
量子もつれから時空が生じるのな。

だから、
我々の周辺、半径1メートル以内
に無数にある波動関数の向こうの時空の外と、
はるか数十億光年先のブラックホールの特異点の間に距離はない、
その数十億光年の距離は幻にすぎないという話で。

だいたい、超弦理論がどれほどの真理を含んでいるかなど、まだ全然わからん。

ただ、時空を経由する必要はないというヒントを大栗氏が偶然にもくれた。
それで、弱測定で悩みまくっていた全然関係ない連中の視界が、そのヒントで突如として開けたという話で。

978 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 16:52:28.52 ID:G2nITUM7
(見かけ上)何十億光年離れた星に住む知的生命体に
観察されているだけでなく何らかの働きかけも受けている
可能性が現実化してきたな

979 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 17:25:28.25 ID:fvdo1/qX
>>977
すいません、書き間違いしてました。ご指摘の通りですが、量子のもつれが瞬時に伝わるのは、4次元時空を包括する空間(次元)が存在していて、その空間が曲がっているからだと思ってました

980 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 18:03:36.07 ID:ssZ5aGer
>>979
超弦理論は判断つきかねるよね。

弱測定で悩んでいた立場からいえば、
デジタルデータからコンピュータ的仕組みにより時空が生成されているという立場の方が、
超弦理論よりもっと真実に近いのでは? という感じがするが。

量子効果の非局所性は、実証可能だから、その限りにおいて事態ははっきりすると思うけど、
今後は、超弦を否定しデジタルデータ、コンピュータ的シミュレーション派 対 超弦 ホログラフィック原理派の戦いになるかもね。

超弦もいいけど、弱測定も調べてみて。
焦点は、空間よりも時間だと思うはずだよ。

981 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 20:43:02.69 ID:BrUF4SQY
pv=nrt
でpはパーキング

982 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 22:28:05.01 ID:ssZ5aGer
たぶん、超弦理論 ホログラフィック原理の方は、空間の謎は解決できても、
弱測定が要求する時間と因果律の謎には無力じゃないかと思うけどね。
時間の謎の方こそ、重大問題だから。それは、弱測定の方から考えないと、解けないと思うけどなあ。

983 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 22:35:58.53 ID:QJX5P/SJ
弱測定を聖杯か何かのように祭り上げてる変人がいるな。

984 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 22:57:53.56 ID:ssZ5aGer
時空の外の手がかりを与えてくれるものは、それしかない。
弱測定の提示する謎に答えられないものは、究極理論ではない。
超弦ではおそらく解くことはできない。
超弦は時間の問題には無力だ。

985 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 23:07:17.54 ID:A69ALKLh
スレの主旨へ強測定せず、弱測定君がスレを弱測定し続けたら
本来されたであろう議論がなされなかった(過去が変わった)

986 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 23:09:42.45 ID:ssZ5aGer
弱測定は、時空の外では、過去と未来が同時存在であることを要求する。
それも、過去のあらゆる可能性、未来のあらゆる可能性を保持しながら、
それが単なる可能性のままに留まっており、しかも未来の影響で過去の選択がやり直される場合があることを示す云々。
といったことに、超弦はどんな答えを用意出来るのか?
超弦は、いま切実に求められている究極理論の要件を満たしているのか?
あまりに無力じゃなかろうか?
まるきり別なものを考えた方がマシじゃないだろうか。

987 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 23:13:48.46 ID:S4EuQ0Cp
>>986
要件を満たさないとしても、超弦理論すべてを切り捨てるのはバカだろ

988 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 23:26:25.50 ID:ssZ5aGer
宇宙はもっとずっとシンプルなはずだ。
だいたいハッキリしてきたことは、二つの大原理があるということ。

量子効果の非局所性と光速度不変の原理。
前者が、
時空と絡み合う永遠の無である場の原理、これが過去から未来のすべての可能性の源泉、
そして後者が、
相対論の世界である時空の原理だ。

時空と絡み合う無の場は、時間も因果律も時空の論理は通用しない。
こうした枠組みが必要であるように思える。
超弦は論理の枠組みからして、間違ってるように思える。

989 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 23:33:53.15 ID:Lba1hMza
★3おねがいします

990 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 23:39:48.54 ID:GN9ljeOs
石橋 将(いしばし まさし、1985年8月2日 - )は、日本の実業家。株式会社プリンセス_(ミスコンテスト) の代表取締役社長。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E6%A9%8B%E5%B0%86

991 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 23:41:33.26 ID:ssZ5aGer
そもそも、実在がヒモというのも真実に反する。
弱測定が教える時空の外、波動関数の向こう側ということだが、
そこにあると思える実在は、点じゃないならヒモだろ、などというステバチのものとは全然違う。
ときに存在確率マイナス1などという存在は、属性の束のようなもの、
性質がいったんバラバラになり、その数値に基づき構成されなおされるとしか思えない。
ヒモであれ膜であれ、弱測定からうかがわれる事実とは、まるで違う。
我々はいまや、時空の向こうの実在の手がかりを持っているんだよ?
それは、超弦理論の前提とはまったく違っている。

992 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 23:52:45.77 ID:OAuUsvyf
物理みたいな科学やる場合、強い頑固な思い込みや決めつけ、それ以外にないみたいな考えは最も自重するべきなんじゃないか?
量子の世界なんてまだわからないことがどのくらいあるのかさえ分からないし信じられないみたいなことばかりだし
こういう分野こそいろんな視点から柔軟で普通あり得ないような考えや発想が絶対必要だとおもう
こだわりも大事だけど科学を進化させるのはありえない発想とか考え方なのはいつもそう

993 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/19(金) 23:58:09.08 ID:Nki6YL0g
基礎が無ければただのファッションだ

994 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/20(土) 00:56:57.78 ID:4XTcj5Iz
>>992
今から25年程前、中学生の頃に形而上学的な考えしてたら、
今になって当たり前になってきたって世界だよ。
先生に話したら何か馬鹿にされた記憶のようなものがあるな。
その後は自分で学んで自分で考えるようになったよ(笑

995 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/20(土) 01:23:35.21 ID:Mwt2LtE+
>>994
お前、バカが進行している

996 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/20(土) 01:25:33.78 ID:Mwt2LtE+
>>994
↓病気
形而上学的な考えしてたら、
今になって当たり前になってきた
↓無教養
形而上学的な考えしてたら、
今になって当たり前になってきた
↓科学スレじゃなくて精神病スレいけ
形而上学的な考えしてたら、
今になって当たり前になってきた

997 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/20(土) 01:34:23.82 ID:4XTcj5Iz
>>996
形而上=宗教って思ってる口だろw
そうじゃないんだよなぁ・・・まぁ、どうでもいいけど。
子供ながらに学校で教えられる形而下的な物理学の矛盾が生じてしまっててね。
確か雑誌のNewtonが出た頃だったかな。
大人になってからは形而下的な物理学や数学は電子工学や開発には役に立ったね。
でも、この先のモノとしては、それだけではもう古いよ。

998 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/20(土) 04:54:21.33 ID:9/7HciWV
いま弱測定の本を買って読んでいる
正直わからんが
おもしろい

999 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/20(土) 05:06:31.69 ID:eVFafoAd
>>997
馬鹿のレス不要
形而上学=宗教だぁ?
おまえ、どこまで、馬鹿なんだ
自分で考えたことに誤りはないというドアホな前提に立っていることにさえ気づけんようだな
以後、レス不要 俺は低偏差値の馬鹿はきらいだからな

りゆう、お前のように、言えないことをさも言えるように「宣言仕切る」からだ。

1000 :名無しのひみつ@転載は禁止:2015/06/20(土) 06:49:27.12 ID:odFfBDYo
次スレよろ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

317 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)