5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【昆虫】 アメリカでミツバチの減少率が低下 [ナショジオ]

1 :TwilightSparkle ★@転載禁止:2014/05/22(木) 18:38:23.29 ID:???
 米農務省の新しい報告によると、広範囲での大寒波にもかかわらず、米国で2013〜14年の冬に消失したミツバチの数は過
去7年間の平均年間消失率を大幅に下回った。

 ただし、同省が養蜂家に対して行った調査では、全米の飼育コロニーの4分の1近い23.2%が、2013年10月から2014年4月の
間に消失している。

 これは2007年からの平均消失率である29.6%、また2012〜13年冬の30.5%よりは低いが、養蜂家にとって採算が取れる最
低ラインの18.9%は明らかに超えているという。

「今年の調査結果は例年よりはよいが、なぜこの冬の減少率が低かったのかがわからないので、あまり慰めにならない。原因
が解明されるまでは安心できない」と、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の遺伝子生物学研究所(Institute for Genomic
Biology)所長で昆虫学が専門のジーン・ロビンソン(Gene Robinson)氏は話す。

 ハーバード公衆衛生大学院は5月9日、ミツバチの成虫が原因不明に失踪する蜂群崩壊症候群に、農作物の栽培に使われ
るネオニコチノイド系農薬が関係していることを示す有力な証拠が見つかったと発表した。

 今回の調査チームを率いたメリーランド大学准教授で養蜂家団体「ビー・インフォームド・パートナーシップ(Bee Informed
Partnership)」のディレクター、デニス・ファン・エンゲルスドープ(Dennis van Engelsdorp)氏は、「我が国で果物やナッツを生産
するためには、健康なミツバチが必要だ」と述べる。

 同氏はナショナル ジオグラフィックの取材に対し、国内の食糧生産を守るためにはコロニー数を安定させる必要があると話
す。ミツバチは、リンゴ、アーモンド、クルミ、豆類を含め、米国民の食べる食品の約3分の1の原料となる植物を受粉する。

※記事の一部を引用しました。全文及び参考画像等は下記リンク先で御覧ください。
ナショジオ May 20, 2014 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20140520002

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)