5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【地質】ケニアに70年分の巨大地下水源見つかる 水事情一変の可能性も

1 :ベガスφ ★:2013/09/12(木) 08:36:11.56 ID:???
"ケニアに70年分の巨大地下水源 水事情一変の可能性も"

国連教育科学文化機関(ユネスコ)は11日、深刻な干ばつに度々見舞われてきた
ケニア北部トゥルカナ地方で巨大な地下水源が見つかったと発表した。
英メディアによると、ケニア全体の消費量の70年分に当たる水が蓄えられているとされ、
同国の水事情が一変する可能性もありそうだ。

地下水源は衛星やレーダーを使った調査で見つかった。この調査事業には日本政府も資金協力している。
水資源の実際の活用に向けて、今後さらなる研究が進められる見通しだ。

http://img.47news.jp/PN/201309/PN2013091201000658.-.-.CI0003.jpg
2013/09/12 08:01
http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091201000642.html

2 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:39:46.83 ID:tRhmmQrV
よし!!
日本が手を貸そうか!

3 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:41:16.78 ID:Snc0DpXk
無計画に使って、あっさり干上がらせそう

4 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:41:21.24 ID:50L+u/ZN
蓄えられている?
水を抜いたらどうなる?

5 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:43:38.32 ID:S9utSkyq
水は資源すなぁ

6 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:44:13.52 ID:7IQ8Y2Db
ご利用は計画的に

7 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:45:18.95 ID:dSSNdaaw
水があれば人口増えるから70年と言っても
多分半分の期間でなくなると思うよ。

8 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:46:45.19 ID:CDmD2wUz
水は大事に使え!そして、水を汚すな!!

9 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:47:57.31 ID:oH++A1eN
トゥルカナ湖
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%8A%E6%B9%96
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2883441/9076408

繋がってそうだけど大丈夫?

10 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:49:30.61 ID:JDIeUM0k
補給元のない水源なんて使い始めたらあっという間になくなるだろ

11 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:50:10.71 ID:Rfi6vWMY
シナ人に土地を買わry

12 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:50:18.27 ID:LCo6Fcn1
チョッパリ、話があるニダ(AA略

13 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:52:13.29 ID:RGjeY1bp
どこかの湖も農業利用して一気に枯渇したとか言ってたな

無計画利用ですぐに干上がる

14 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:53:02.23 ID:oSwUv8XN
ポンプ作ってる企業か
あと電気もいるから原発メーカーの株も上がるかな

15 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:54:50.86 ID:aFemwOJE
ケニア70年分とか言っても大したことなさそう・・・

16 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:59:02.58 ID:MYrL3Dwj
日本のように水が循環する環境じゃないんでしょ?
70年分と言ってもそれを見越して商売始めたらあっという間に無くなりそう

17 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 08:59:56.54 ID:ySyH/2QW
アメリカも地下水くみ上げすぎて枯渇してたなw

18 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:11:12.93 ID:zV2Eg11Z
水を得ようと民族間の内紛が起きるんじゃないか?

19 : 忍法帖【Lv=3,xxxP】(1+0:8) :2013/09/12(木) 09:14:26.07 ID:mpCsxjpu
ふーん

20 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:14:39.40 ID:xqvjm/go
水資源て雨が降る限り無限に存在するもんだ
という感覚は日本ローカルなのかな?

21 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:17:06.21 ID:jBi+GZEX
これが第三次大戦のはじまりであった

22 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:17:14.10 ID:IPhxfBqT
流入量を把握して、その以下だけ使えば減らないよね

>>17
オガララ帯水層かな?水位が下がってる話は一時期報道されてたけど、最近は見なくなったね
今はどうなってんだろ

23 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:17:15.91 ID:g8+B6K7n
>>2
すでに貸してる。

24 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:31:09.64 ID:8BefUdOq
投資マニア

25 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:33:00.17 ID:KxMiXtLe
水戦争が始まるって言ってたけど、まだですか?

26 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:34:08.25 ID:4SVEiDBY
でそれはどんなけ深く掘らなあかんねんw?

27 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:37:44.30 ID:/p5Upc54
それは吉報アル

28 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:45:36.67 ID:OnPzvifx
それわたしの土地アル

29 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:47:29.61 ID:LfRu4881
あの辺りはサハラとは違って湖ができる程度の雨量があるんだよ。
水資源が足りないというよりも灌漑施設が不足している。

30 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:48:20.35 ID:Ric/0pCp
ヴィクトリア湖下部の地底湖だろ。
吸い上げれば湖が枯れ、戦争になる。

31 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 09:51:23.97 ID:LfRu4881
>>30
記事にケニア北部と書いてあるから、南部にあるヴィクトリア湖には関係ない。

32 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:04:06.31 ID:JOWXRgiN
チャイナがUPを始めますた

33 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:06:25.35 ID:vm8m3b7R
水が地表に留まらずにガンガンしみ込んじゃうんかね

34 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:06:32.04 ID:WRNjX2wt
70年後は巨大なクレーターが出現

35 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:06:58.43 ID:qdrxYQw6
汲み上げて使ったら国が陥没してなくなりました・・・

36 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:08:40.71 ID:EJ0jjNE6
頼むから現地の人に最大限権利与えるようにしろよ
またお得意の水場抑えて奴隷みたいにするのはやめろ。ほんとに
恥だ

37 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:09:05.14 ID:JlPOR2JJ
その昔、大阪では地下水の汲み上げが度を過ぎて、地盤沈下を起こしました。

38 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:12:29.46 ID:htJg0o8R
大急ぎでケニアに永楽通宝を撒きに行くアル

39 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:20:56.05 ID:/fgxjtGD
ヒャッハーって感じか。んでもとの水源は何?
それがわかれば計画的利用可能だろ
まあ腐った政権で全ておじゃんになる可能性もあるが

40 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:24:24.72 ID:texU6avm
>>23
じゃあ韓国も貸すニダ!

41 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:27:36.29 ID:WAK51vD4
アラル海の二の舞だけは避けなよ

42 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:36:30.03 ID:qxx950B8
あいつらバカだから何も考えずに一気に使い切るよ。

43 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:39:48.19 ID:cri6cAuj
よっしゃ茹でるぞ!

44 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:39:51.74 ID:nAKjb5t4
水飢饉がおきてても人口の爆発の止まらない大陸

45 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:53:25.62 ID:xZfHq14o
水が枯れる寸前には水を争ってヒャッハーな世界に?

46 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 10:58:14.48 ID:aIzrBZNp
70年分って言っても用途によるだろ
農業用水と飲料水だけでも全然違う

47 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:09:01.32 ID:5eyIYUHe
塩分とか入ってないだろうね
人口増えた頃にやばいことになる将来しか見えないが

48 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:14:26.49 ID:KhR/KktP
アフリカに穀倉地帯が出来る?

49 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:16:20.87 ID:qryn7nqx
水質がどうか気になるけど、
日本のろ過装置の出番かもね、手助けも出来るし、ビジネスチャンスだ!

50 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:16:32.93 ID:4XYIXtX+
東京は地下水の揚水規制で、
水位が上がりすぎだそうです。
もったいないので有効利用したいです。

51 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:27:52.86 ID:/SjDv1AA
この水で大規模な植林をして緑を育て
ジャングルを作れば気候も変わって雨が降るようになるんじゃないの
そうすればずっと水に不自由しなくて良くなると思うけど

52 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:29:29.43 ID:qryn7nqx
日本からケニアに移住して開拓するかw

53 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:31:33.00 ID:zK8AmGzC
金の採掘の為に既に水銀汚染されてるなんてことのないように祈る

54 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:35:11.35 ID:w58G502z
蛇口を取り外して売ってしまうことのほうが心配

55 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:42:34.61 ID:texU6avm
>>50
両極端なんだよな。
高度経済成長で地盤沈下するまで地下水取りまくり、
それに対応して規制したはいいが、
その規制に融通性が無い為に、
今度は地下水位上昇で東京駅など、
建物が浮く害が出始めている。
予めもっとフレキシブルに法律、条例作ればいいのに。

56 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:46:17.71 ID:75jG+YRS
>>1
上総掘り指導部隊をたくさん送り込めば喜んでもらえるな。

57 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 11:47:17.77 ID:TA26ctnF
>>55
いかに官僚や政治家が科学リテラシーのないバカかってことを示す好例だな

58 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:00:14.29 ID:70yX5WiX
太古にはここも水があったんだと思うが、そういう砂漠地帯の水ってどこへ行ったんだろう

59 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:01:22.43 ID:bTYxt8Sx
ウリの精子も40年間分溜まっていますニダ。

60 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:12:04.88 ID:lw7Isn7v
土人クオリティで持って30年だな
与えてはいけないものを与えてしまった

61 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:12:05.59 ID:C/yjDRcW
>>51
太陽の角度が圧倒的要因っぽいから望み薄。

62 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:17:21.22 ID:IOlcGK8x
あっという間に汚染or枯渇だろうな…

63 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:30:10.59 ID:hkI0AoSj
古来より豊富な資源を持ちながら白人に侵略され現在まで後進国の立場に甘んじて来たアフリカ諸国だが…
この水資源の発見が彼等の春を招くことは無いのだろうな。

分割統治の負の遺産と彼等の貧弱なモラルを考えれば、小競り合いや不毛な開発で浪費するのが関の山だろう。

64 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:30:17.27 ID:RSS8FjAa
人口が増加した70年後悲惨だな

65 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:32:48.99 ID:TA26ctnF
教育が不十分だとせっかくの資源も有効活用できん

66 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:38:53.77 ID:hkI0AoSj
>>50フレキシブルな法律は解釈と運用を非常に難解にし、コストを上昇させるだろうな。
また、全ての問題を予測して法を作れるほど優秀な人間は少ないのでは?

あえて何が悪いと言うのならば、一度決めた法律を変更するのに以上に時間のかかることではないか?

67 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:52:19.83 ID:7GsqiQhd
つまり日本のUDONがケニア進出

68 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:54:51.81 ID:m0BjjQGE
ソヴィエトの自然改造計画みたいに駄目になるだろ。

69 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:57:21.87 ID:blwl2Oyv
地下水なんて大量にくんでたら他所で陥没するくらい
日本の中学生くらいになれば分かるんだが、ケニアって低学歴なのか?

70 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:57:56.81 ID:7R6HGBjW
>>9
読んだ?
トゥルカナ湖には3本の河川が注いでいるが、湖からの河川は無し、揮発蒸発のみ
だってよ

71 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 12:59:55.86 ID:cFZLmFdn
70年分って------有限なのか?

どこからか流れ込む(増水する)ことが無いのか?
閉じ込められた水なの?   
だとするとそんなもの飲めるのか?

72 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 13:11:33.85 ID:6u6G3HGs
>>69
日本でも地下水汲みすぎで地盤沈下が頻発したんだが、
日本人は小学生以下か?w

73 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 13:17:57.39 ID:blwl2Oyv
>>72
そうだよ。
だから今地方でも井戸はうめられくみ上げさせなくなってるでしょ。
昔の日本人は馬鹿ばかりだったんだよ。

74 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 13:20:59.14 ID:ZYB4//Nx
絶対に失敗するよな
アフリカって何時もそんなじゃん

75 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 13:25:47.44 ID:CPxD1T5b
みずはちぎゅうのいのぢです。

76 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 13:28:57.23 ID:xwiH9Qac
力のある奴が囲い込みます
仲間内で適当に使います
オワリ

77 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 13:30:37.07 ID:BqSjDI2c
まあすんなりと上手くいくとは思えん
暫くはもめごとの種にしかならんだろな

78 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 13:45:05.40 ID:qdrxYQw6
中国の大規模な製水工場が出来たりしてね
出荷先はもちろん中国専用

79 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 13:55:19.06 ID:5cMlovhs
欧米「アフリカを支援したい」

数年後

なぜか水源が枯れる

80 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 13:56:49.85 ID:0o1CNyEh
ウォーターバロンに全て奪われるんじゃね?
ケニアは昔から親米だが、そうなるとベクテルあたりに全て牛耳られることになるだろう。
ケニアも新自由主義と自由貿易のせいで、おっとりした農業国から殺伐とした社会になっていると聞く。
自由貿易による自国農業の崩壊と、離農者が失業者としてナイロビのスラムに集まって
治安は悪化の一途だとか。

81 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 13:57:26.43 ID:75OCx0+t
ケニアのおいしい水

82 : 忍法帖【Lv=5,xxxP】(1+0:8) :2013/09/12(木) 14:20:49.45 ID:gPvPiMMx
>>1
中国が進出していくわ

83 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 14:23:58.14 ID:AHPSKEYk
フランス・アメリカあたりの水屋が買い占めするぞおおおおおお

>>20
日本は世界有数の水輸入国だよ。

84 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 14:27:06.75 ID:tINTyn4J
>>16
そこだよな。おなじ「水源」って言っても全然違ってくる。

85 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 14:57:01.02 ID:BvTlyBU/
どうせ内戦で自滅だろう?ほって置けってば

86 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 14:57:20.52 ID:BTil6vLv
ヒャッハー!水だ!

87 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 15:07:27.18 ID:texU6avm
>>69
どうせその陥没する他所も砂漠か草原か、家があっても泥で作ったような家しか無いだろ。
地盤沈下なんて無くとも、雨が降ると土壁の中に塗り込められてた肺魚が這い出して倒壊するような家。

88 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 15:11:36.38 ID:5rKuAf65
日本は水資源が豊富な国っていわれがちだけど、飲料水となると難しいんだよな
全国の蛇口を一斉に全開にひねればたった一日で枯渇するっていうからな

89 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 15:11:44.96 ID:SFDbL2pO
日本は水輸入国だよとかどや顔で言うやつ。

あれは牛肉とかを輸入すると牛を出荷するまでに必要な水の量を含んだりしてる統計。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/09/12(木) 15:22:15.44 ID:L2+zgL/b
>>55
>両極端なんだよな。
>高度経済成長で地盤沈下するまで地下水取りまくり、

水位が回復するのに25年掛かったと言うことでしょう
年間取水量を当時の1/25以下にすれば、バランスするのかな

91 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) :2013/09/12(木) 15:22:57.33 ID:v/zagT0l
>>83

水資源利用物輸入量最大国、じゃね?

92 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 15:38:18.90 ID:HnNRDjR6
地下水汲み上げのデメリットとして、地盤の沈下などがあげられるが、地盤改良技術があるのか??

93 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 15:42:36.89 ID:KFVySK7W
調子に乗って組み上げてたらひでぇ目に合うぞ
アフリカが経済発展できないのは一次産業である農業の生産能力が上がらないせいだそうで
それは地力がないからなんだそうだ

94 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 15:45:37.77 ID:dGIsbgra
水ってのは、雨から作られていく。
雨は、基本的には海から来る雲から降ってくる。
つまり、海から近くないと雨は降らない。

アフリカの大陸は、海に代わるような湖や川が無い限り、
干ばつの危険性が高い。

できるならば、運河を掘って、雲を作って、雨を降らせるように
していくべきだろう。

世界最大の土木事業になるはずだ。

95 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 15:50:37.15 ID:wIVzs6gP
中国が国をあげて開発に乗り出しそう
そんで案の定、土壌汚染させてこの水も使えなくなるっていうオチ

96 :エラ通信:2013/09/12(木) 16:05:09.05 ID:Qo4bfNw0
アメリカじゃ地下水の使いすぎで、地下空洞ができて、
ときどき底が抜けた湖が消失している。

97 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 16:07:35.40 ID:PEI5pDqm
大地溝帯だから全部つながってる(富士五胡と同じ様に・・・?)
供給源は雨水だろうが、塩害が無ければいいが

98 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 16:11:36.71 ID:fbZqgFQL
ケニアより福一の汚染水を先に何とかしろよ

99 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 16:13:42.96 ID:IPhxfBqT
>>92
こういう地下水源は空洞みたいなところに水が貯まってるので
水を抜いても地盤沈下の恐れは少ないんだと思う

100 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 16:22:03.86 ID:03oJ0trX
アメリカのようにじゃんじゃん使うと後でしっぺ返しが。

101 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 16:29:32.58 ID:06CTgCg3
支那が共同開発持ちかけてくるぞ

102 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 16:43:56.87 ID:ZP2Wc5XF
>>40


    _, ,_  パーン
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´ >

103 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 16:47:58.71 ID:njAaUmk1
汲み尽くしてから




(;´Д`)ノθ゙゙ヴイィィィン

104 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 16:54:15.57 ID:UPuOjRuE
自然の生態系に思わぬ影響が出たりしそうで嫌だな

人を減らす方法を考えて欲しい

105 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 16:58:58.49 ID:urrT+B+Z
>ケニア北部トゥルカナ地方
めっちゃデカイ湖あるじゃん
案外、地盤沈下の危険性って少ないのかもしれない

106 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 17:02:34.07 ID:jwqbrAy0
また何千万年って時間をかけて貯められた地下水って感じなんだろう?使いきったら終わりじゃねーか。

107 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 17:08:21.07 ID:kuwOi+QK
それつかいはじめたら深刻な被害が生態系に出るよ。


人間が使うより自然のサイクルにゆだねたほうが効率的に運用されている。

そんなこともわからないのか?


文化祭の法則を知らないなら教えてやろう。
人間が手を加えるほど
 -コストが上がり
 -味が濃くなり
 -有害物質が増え
 -効率が下がり

何もかもやらないほうがよかったとの結果になる。
そしてそのことに気が付くまでさらに20年かかる。

つまりケニアがもうまじで詰んだ死ぬしかない、
って状況に今からそうだな40年くらいでいたることが確定する。

108 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 17:24:13.00 ID:hZqiSHPc
みのが水道メーターをry

109 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 17:33:24.40 ID:Rc60htXb
地下水使い切ったらでっかい空洞ができたりするのかな。
陥没したりするんだろうか

110 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 17:36:18.97 ID:iQkaKs0k
人が樹木の利用を我慢し、森林保持しきれないから
なにをやっても無駄でしょ

111 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 17:43:39.89 ID:kotkCHy1
>>105
デラウェア州と同程度の面積の地下水脈らしい

デラウェア州 6452 km²
トゥルカナ湖 6405 km²

112 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 17:46:16.35 ID:kotkCHy1
高知県 7105.01 km²
島根県 6707.57 km²
栃木県 6408.28 km²
群馬県 6363.16 km²
大分県 6339.33 km²
山口県 6112.22 km²
茨城県 6095.69 km²

113 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 17:47:26.23 ID:kotkCHy1
>>110
もともと砂漠地帯なのと
森林は水の蒸発を促す作用があるので
疎林草原のほうが利用可能な淡水は増えますよ

114 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 17:49:01.89 ID:gqsXPrSH
>>110
一応言っておくと紙や割り箸の木は大体植林を繰り返す木の畑のような所からのもので
自然破壊とは違うんだけどな
森林伐採で問題なのは焼畑農業
むしろ樹木を利用しない事柄でもある

115 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 17:58:39.73 ID:otGEMxf9
戦が始まる!

116 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 18:05:04.92 ID:o42yYfJu
地球で一番重要な資源は淡水

世界で最もでかい淡水製造装置は台風

117 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 18:11:04.19 ID:N4iJOHgG
綺麗に循環させて樹木を育てるべし。樹木は雲をよべるからな。

118 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 18:12:42.22 ID:kotkCHy1
>>117
樹木は雲を呼べるって、地上の淡水を蒸発させてるだけで
一部が雨となって戻ってくるだけで淡水だけ見た収支は圧倒的マイナスっすよ

119 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 18:18:42.65 ID:wsGVYs9z
そしてキリマンジャロ陥没

120 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 18:51:27.52 ID:SeEwtA2s
>>98
民主党がやってた団子サッカーだなお前(笑)
福島!復興!と壊れたCDプレイヤーのように、アホの一つ覚えのように吠えてろよ

121 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 18:55:02.05 ID:sNGKtPrk
どういう使い方をして70年分と言ってるんだろ

122 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 19:05:27.00 ID:4LGTyBYl
どうせ、10数年くらいで遣い切る民度かとw

123 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 19:36:14.65 ID:kotkCHy1
>>121
ケニア全土の現在の水道の使用量の70年分

124 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 19:49:45.41 ID:cgYzBYh0
見つかってよかったね
使い過ぎと地盤沈下や水争いに気をつけて

125 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 19:57:22.76 ID:c5E1WNfK
地下資源を当てにして工場誘致しまくって数年で枯渇って未来しか見えない

126 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 19:59:22.11 ID:4um5NGol
>>99
いや、どんな水源だって流れ込む元と、わき出す先があるでしょ。
まあ地下の湖のようなもんだよ。
派手に使えば、必ず水が湧きでなくなる場所があるはず。
そのへんの調査をまじめにやらんとひどい事になる。

127 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 20:23:45.23 ID:4O2OAVNS
取り合いして戦争になるのが目に見えてる。

128 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 20:42:51.24 ID:t3UfSSxY
土人なんかほっとけ

129 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 20:47:02.81 ID:co8W41Sq
くみ上げるのに、電力が要ります。シクシクシク・・・・・

130 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 20:47:55.87 ID:8H7Z+BQq
今まで使っていた分の70年分だとしてら、もし、使いすぎたら70年は到底持たないだろう。。

131 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 20:48:19.97 ID:xmqiuWIc
アメリカの二の舞
そもそも乾燥地帯に人間がいることがまちがい

132 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 20:50:45.93 ID:9bT9x14a
>>1そして将来農業用水が問題化している今のアメリカの二の舞になるんですね。ええわかります

133 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 21:13:22.39 ID:V2gxEVti
アホだな
地下水源は汲み上げれば上げる程地盤沈下が起こりやすくなるし
水が潤っていた周辺地域まで枯渇する危険がある
何より一旦枯れた水源は決して戻る事は無い

134 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 21:23:00.48 ID:3W0iSdPJ
70年分ってどうやって計算できるの
まぁ取り合い戦争と地盤沈下が予想できる
何も事情は変わらない

135 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 21:36:37.36 ID:VZ+sucbA
うどんゆでさせようぜ

136 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 21:45:59.89 ID:L387p8bo
水だ有れば砂漠は案外肥沃だから穀倉地帯となる。
白人がここに注目し、ケニアの自立が危うくなるに、1ジンバブエ。

137 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 21:46:59.94 ID:XtwiTMBV
内戦が始まる

138 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 21:56:36.03 ID:TneFAhhR
地下の水を抜けば、それに見合う地表のどこかの水が地下に入る
つまりどこかが砂漠化して、ラッキーケースでプラマイゼロ
ふつうは、塩害が広がるだけ

そんな簡単なことも分からないの?

139 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 22:08:04.39 ID:6C/FFLZS
1L for 70年

140 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 22:12:56.61 ID:LwBi3Tm3
70年分て結構微妙な感じ

141 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 22:14:19.14 ID:NgSnm9Z/
>>7
無くなる頃には増えすぎた人工を支えきれず地獄がやってくるな

142 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 22:15:39.98 ID:EJ0jjNE6
>>138
地下に潜って溜められるはずの雨水をダムで堰き止めてるのはどう思うの?

143 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 22:28:57.84 ID:ImLO1bnw
なんで貯まり水なんだよ? 水源が雨水だろ? 
70年分って琵琶湖の何倍だよ?
汲み上げれば高く付くし減圧崩壊のコントロールが可能か?
貯まるには理由があるだろ?

144 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 22:30:37.93 ID:DhvXhtPH
>>94
面白い話だが
運河を造って
の時点で淡水の供給という課題
はクリアしてないか?
運河に淡水が流れているなら、
淡水の供給を雨に期待する必要性が薄れる

しかし、ひとつ追究できるなら、
雨の供給地が海であるならば、
その雨が海に降り注いでしまうのは、
人類の利益から言えば全くの「無駄」であると言うことだ

海から発生する雨は、願わくば地上に降り注いでほしい

それを人為的に操作する方法はないのかなあ

145 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 22:31:37.59 ID:nGd17SJ2
>>135
先に書かれてしまった

146 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 22:31:53.97 ID:EJ0jjNE6
>>143
コントロールするのは余裕
だからみんな狙ってる
触らないという選択肢は絶対無い

147 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 22:45:23.59 ID:kotkCHy1
>>142
貯水ダムは単に時間的コントロールでその場で消えてるわけではないですけど
発電ダムの場合は落差の確保が主眼

というか時間的な均等化が目的というアイデアを持っている人が
このスレにほとんどいないというのが驚き

148 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 22:50:22.77 ID:QJB+1MCc
>>13
カザフスタンのアラル海だな。
ソビエト時代の大規模灌漑と上流の運河建設で干上がってしまった。

今回は地下水を発見しているので、汲み上げるとほぼ確実に地盤沈下を起こす。
沙漠なら構わないかもしれないが周辺のオアシスは枯れてしまう事だろうね。

149 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 23:12:02.83 ID:uEILNQeY
あれこれ計画立てたってムダだ
価値あるものなら、弾丸ベルトたすき掛けしたゴリラ軍人が利権争って
メチャにするまでよ

150 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 23:16:58.07 ID:3NpO86xQ
使いきっちゃったら、気候変動しちゃうレベル。

151 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 23:47:27.68 ID:5cMlovhs
アフリカが発展したら困る人達がいる
だからこそアフリカは発展より戦争ばっか

152 :名無しのひみつ:2013/09/12(木) 23:48:41.53 ID:ykibNKHE
口うつしにメルヘンください♪
ホントのこと教えてください♪

153 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 00:10:28.13 ID:ib1jSiqr
ヒャッハーwwwwwwwwwwww

水だ水だwwwwwwwwwwwwwwwww

154 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 00:30:13.02 ID:ik8HPEaL
5桁か6桁かそれ以上の年月かけて地層の隙間に溜まった水だろ
汲んだらそれっきりだな

155 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 02:05:52.79 ID:VkpzBnqm
*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

156 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 02:42:32.95 ID:3c//mIjk
まさかの塩味

157 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 03:36:20.95 ID:E/ByCzHY
都合の悪い奴がテロりそう

158 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 05:06:37.14 ID:WuGscsXf
たったの70年分

159 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 08:06:27.56 ID:/6LRPRtt
汲み上げて農業とか始めたら消費量は今の10倍じゃすまないのでは

160 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 08:23:04.95 ID:PSsX89J8
ケニアが世界の食物庫になるのか

161 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 09:25:28.44 ID:M1nH17Lo
>>4
アトランティスになります

162 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 09:26:46.42 ID:M1nH17Lo
>>37
汲み上げ止めても地盤沈下が止まらないのはなぜだろう〜♪

163 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 12:21:38.36 ID:KKMqMzme
この記事には出ていないが、地下水源の水は毎年の雨から補充される部分があって
それ以内にしておけば永遠に使えるという。

その量は外電の記事によってまちまちで困るが、たとえばガーディアンの記事
http://www.theguardian.com/global-development/2013/sep/11/kenya-water-discovery-drought-relief
これらの地下水源は周囲の2万1000平方キロの平野や丘陵から補充されている。
研究では1年に12億立法メートルが補給されることが示されているが、これは
国中の需要を満たして余りある。

一方テレグラフの記事
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/africaandindianocean/kenya/10302421/Kenya-finds-70-year-supply-of-water-in-desert-region.html
これによると、水は1000フィート(300m)の深さにあるため、汲み上げる設備を
作るのも一苦労とのこと。

ただ別の新聞記事では、大量の水は深い場所にあるが、もっと浅いところにも水はある
という。写真で水を出しているのはその浅い場所だと思うが、浅いところの量などは
どの記事に出ていたか忘れた。

164 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 13:33:42.02 ID:y4vL8LG/
とりあえずシナに土地買われないように気をつけとけ

165 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 13:44:02.00 ID:MhnFHCCz
盛大に地盤沈下

166 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 14:25:50.17 ID:qSwMuUA9
地下水源があ


あったぁ〜

167 :名刺は切らしておりまして:2013/09/13(金) 14:59:16.46 ID:iNNbjEsH
70年分ってどうやって計算したんだ?どこかの景品みたいにミネラルウウォーター
365本×70じゃたいしたことないぞ。

168 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 15:36:07.60 ID:1L+zZkvJ
70年後は巨大なクレーターが出現

30年後に・・・あら不思議、湖ができたりして。

169 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 15:42:29.99 ID:dSOmbHjy
日本の技術で下水をきれいにして再び飲めるようにして恩を売りましょう!

170 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 15:46:22.91 ID:/x2dQEC5
>>169
それをするための金がないんだよ

171 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 15:54:32.50 ID:ChHc14iZ
>>169
そもそも下水がどれほど出るんだか

172 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 16:11:00.35 ID:/x2dQEC5
>>171
人口が増えて川とか湖の水の汚染が問題になっているよ

しかし経済成長していないから上下水道などのインフラ整備する金がない

173 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 19:23:27.82 ID:+oopwA5I
水事情が改善されたら人口も増えるだろうし70年ももたないだろうな

174 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 19:59:27.62 ID:d8WsdIlL
うどん県にも巨大地下水源があるのは秘密な

175 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 20:29:25.56 ID:olZRSo+r
>>15
元々一年分が少なそうだよな

176 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 20:48:15.32 ID:2gKRLu7L
だね、もっと肥溜め"の概念や樹木=保水などなど
営みの基礎意識から改革しないと

177 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 20:51:23.29 ID:lUa5OmGk
この地域にパイプ引いいたら警備料金がバカにならないのかな

178 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 21:13:28.33 ID:ei/RkujM
70年かぁ。微妙だな。
高度成長して70年後なんとかするとかはちょっと難しいかもしれないね。

179 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 22:03:47.69 ID:4tuZiQHd
>>88
飲料水で沸かした風呂に入ったり、洗濯したりしているのに飲料水の確保が難しいとな?
つーかウンコ流す水ですら飲料水だろ

180 :名無しのひみつ:2013/09/13(金) 22:13:54.20 ID:5wnG/KU6
>>179
俺の住んでいる利根川下流の飲料水も浄水した利根川上流のウンコ水だよ

181 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 00:08:27.92 ID:BNdSdRUS
トゥルカナ地方って、地図見たらばかでかい湖あるじゃんかさ。
勝手な予想だと、地下水脈を流れてこの湖に流れ込んでそう。
地質の問題かなんかで、水は地下水源を溜め込んでるんだろうなあ。
まあ、いろいろ配慮して採算合う様に、好きにやってくれとしか、いいようがないなあ。

182 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 07:24:56.97 ID:3XPqqPBJ
>>179
そうなんだよな
飲める水でトイレ流すのが一番の衝撃って
アフリカからの留学生が言ってた

183 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 11:57:07.31 ID:BNdSdRUS
>>182
水道2系統作る方が、よっぽど金かかるって教えて上げてくれ。
日本でも工場地帯とか一部あるみたいだけどな。

184 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 11:58:35.12 ID:eOrh1whk
ヒント 日本近海のメタンハイドレート

じゃないの?

185 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 12:03:42.24 ID:0myh2QQM
>>183
同時施工なら大差ないんじゃね?
費用の大半は地面掘る金でパイプ分は少ないでしょ

186 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 12:11:43.41 ID:IiK29mBM
>>94>>144

昔、妄想した事があるんだよなあ

宇宙からレーザー砲!でサハラ砂漠に幅10kmの運河(最深部は海面下300mくらい深いもの)
を100kmおきに碁盤の目のように掘りまくってやれば
そこからの蒸発でサハラ砂漠がだいぶ緑化できるんじゃないかな?とかねw

但し、島状になった砂漠から、どんどん砂が海水運河に落ちてくるねw

将来アフリカは大地溝帯にそって、割れて海水が入ってくるのではないかと言われている
こうなるとナイル川まで無くなりそうだが、東アフリカは今の倍から3倍の年間雨量になり
東南アジアと同じような熱帯林の広がる土地になるだろうとの事

現時点では、ソマリアなどは赤道直下ですら年間雨量500mmしか雨が降らないのだ
しかも沖合は暖流が流れているというのにねえ
(スラウェシ島の湾奥にも赤道直下で類似環境があるが)

187 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 12:16:26.76 ID:0i5vwfls
水が不足気味の今の需要で70年分ってことは、これを当てにして需要が
2倍に増えたら35年分に減るわけで、そんなに期待できるほどの量と
いえるのか?

188 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 12:38:29.04 ID:2y8bgGFD
緊急用なんて言葉も無さそうだし・・・あればあるだけ使っちゃいそうだし(毎日シャワーが出来るようになりました!とか)
なかったことにして今までどおりにしてた方がいいよ
その水が貯まるまでに何億年かかったか分かんないだろ

189 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 14:05:01.51 ID:Azo4D9Df
>>187 >>188
>>163にあるが、毎年この地下水源に補給される量以内を使っていれば持続可能。

190 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 14:10:02.41 ID:WZE0mn5m
教育を受けてないから有れば有るだけ使いそう
教育もしっかりした上で使ってほしい

191 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 14:34:54.03 ID:dE/7jsGB
オーストラリアみたいに塩が浮いてきて不毛の大地になるとかありそう

192 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 14:39:13.57 ID:IiK29mBM
>>189どの位供給されるのかなあ?

ここでは点滴潅漑、それもコンピュータ制御で根の根毛にだけダイレクトに
水を与えるような方法で、少しでも水の無駄遣いは避けたいね

だが、人間が衛生的に暮らせる水は確保したい

193 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 17:13:31.20 ID:MZm4SfAb
その水を汲み出して、安定して分配するのが難しいんだが…。

194 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 17:36:58.57 ID:0HJYGT4V
遠方からタンクローリーで運ぶとか、他の国で言うところのダムを作るとか、
そういう巨額な費用がかかることと比較するような事業だし、
実際に日本が金出していることからもわかるように、
水関係は人道支援として先進国から金引っ張りやすいし、
ケニアにとっては損は一切ないと思うよ
新たな利権争いは起こるかもしれないが

195 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 17:45:28.20 ID:Azo4D9Df
水がない地域は人口が集中できないので、遊牧や粗放な農耕生活をしながら
広大な地域に分散して人々が暮らしていると思う。
そういうところに水源が見つかっても、深部からポンプで汲み上げた水を
水道管で遠方まで送るのには莫大な金がかかる。

いくつかのポンプ場ができれば、自然とその周辺に人々が集住するように
なるかもしれない。
そうなるまでにも10年単位の時間がかかるだろうが、それまでは浅い部分にある
水を汲み上げて、できるだけ多くの人に少しずつでも水が行き渡るようにする。

196 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 17:52:08.48 ID:6k+44PkR
善意の井戸掘りでヒ素中毒の先例に学べ
地下水農業の破綻は米国で現在進行中

乾燥地を灌漑しても塩害を広げるだけ
地下水を汲めば周辺地表の水がまた失われ砂漠化がさらに進む

悪い方向にしかならん

197 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 17:53:21.82 ID:wlZQXpVZ
手遅れになるまで進行すれば嫌でも止めるだろう
それでいいではないか

198 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 18:33:00.22 ID:JPupxN6c
>>100
アメの穀倉地帯にあるオガララ帯水層も枯れはじめてるからな・・・

199 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 18:42:58.33 ID:hLGS5iw2
中国「まずは所有権の棚上げアル♪」

200 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 19:01:12.90 ID:8tX1+tqK
>>197
まあそうだよな
余計なお世話
っていうか、明らかに自分らが欲しいから難癖つけてるだけ

201 :名無しのひみつ:2013/09/14(土) 20:08:32.07 ID:qMWdAL/f
>>162
被圧地下水が抜けた空洞は簡単には埋まらんよね

202 :名無しのひみつ:2013/09/15(日) 00:06:25.32 ID:9IsRbMlX
土人が計画的に使うとは思えない

203 :名無しのひみつ:2013/09/15(日) 00:17:12.55 ID:sDP/EYl9
アラル海もあっという間に干上がったからねぇ
ほそぼそと、家庭用井戸ポンプで汲み上げがよろしかろう

204 :名無しのひみつ:2013/09/15(日) 09:26:28.91 ID:fYdB6LP9
アラル海は水が流入する川そのものから多すぎる水を取水して周辺の農地に回したからだな
あとはアラル海が干上がる一方と

205 :名無しのひみつ:2013/09/15(日) 09:48:49.78 ID:Ua80os6V
塩、砒素、重金属に注意だな。
そんな有限の水源より、雨季の地域から水を融通できる巨大な水路網を少しずつ整備したほうがいいかも。

206 :名無しのひみつ:2013/09/15(日) 10:12:11.64 ID:yFmh3Pm6
汚染された水が集まるだけだろ

207 :名無しのひみつ:2013/09/15(日) 10:13:27.46 ID:2tZRmBHf
アメリカ中部の穀倉地帯みたいに大規模な灌漑農業ができるのか

208 :名無しのひみつ:2013/09/15(日) 10:15:16.30 ID:yFmh3Pm6
CIAが動いて内戦がはじまるな

209 :名無しのひみつ:2013/09/15(日) 14:58:28.11 ID:dH6LhLd1
なくなったらおしまいだからねぇ・・・

210 :名無しのひみつ:2013/09/15(日) 23:00:44.06 ID:jmXP+LEh
派手な地盤沈下が見てみたい

211 :名無しのひみつ:2013/09/16(月) 23:48:17.11 ID:LL0O5OOK
また、戦争の火種をまきやがって

メリケンがまた戦争焚き付け一儲けするつもり

212 :名無しのひみつ:2013/09/17(火) 21:39:20.48 ID:P/9fdWxl
70万年分なら大ニュースだが・・・
チョット少ない

213 :名無しのひみつ:2013/09/17(火) 21:45:54.00 ID:ucMR9xpU
空気から簡単に水を精製できる科学技術を作ったが早そう

214 :名無しのひみつ:2013/09/17(火) 22:46:58.17 ID:4m+3U9Eb
つ 除湿機

215 :じょじょ:2013/09/18(水) 14:49:42.40 ID:GLsm7TlC
世界第4位だった湖アラル海は僅か20年で消えたし

216 :名無しのひみつ:2013/09/18(水) 20:57:32.41 ID:7BZqH1OI
>>215今はアラル海は2つに分裂し、南の大アラル海はあと20年で干上がる

一方、北にあってシルダリア川の水が僅かに流入を続けている小アラル海は
小アラル海の岸に堤防が作られ表面積を一定にされたため、
今後干上がる事は、余程の気候変動でもない限りありえないという

昔はアムダリア川、シルダリア川の水量が十分だったからあの面積だったんだ
アムダリア川、シルダリア川がカラクーム運河に水を取られるようになったため、
アラル海に水が流れ込まなくなってしまい、どんどん蒸発した

それで、湖の表面積に蒸発量が比例するなら、予めコンパクトな湖を作れば良いじゃん!という考えで
小アラル海の岸に堤防を作る工事が行われ、小アラル海に関しては縮小がほぼ止まったとされている

が、面積はこんなもんだw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%AB%E6%B5%B7

小アラル海の面積は2865km^2で、大アラル海が全て干上がるとしたら
1960年に67499m^2あったアラル海全体の、4%だって事だなw

それとも、オビ川の水を引っ張ってくる???

217 :名無しのひみつ:2013/09/18(水) 23:17:45.18 ID:P2THhJBM
これがどれだけの年月かけて集まったかによるだろなぁ

218 :名無しのひみつ:2013/09/19(木) 01:14:39.83 ID:L/+DxXr0
>>217
>これがどれだけの年月かけて集まったかによるだろなぁ
農業に使わなければ持つのにね。使ったら10年かな。

219 :名無しのひみつ:2013/09/19(木) 07:26:15.34 ID:KVIoa/2d
農地だけじゃなくて、人工森林とかつくって環境維持みたいには出来んのかね?

220 :名無しのひみつ:2013/09/19(木) 07:50:24.63 ID:6wQYk2xS
シナがアップを始めました

221 :名無しのひみつ:2013/09/19(木) 11:31:17.65 ID:cmZrzis4
>>211
アメリカは自国で天然ガスが発掘できるようになってから
中東やアフリカに興味無くしてるよもう

今アフリカ資源を狙ってるならシナだろう
皮肉にも欧州が支配していた時代は内戦や貧困が酷かったが
各国独立して、シナが精力的に開発しはじめた近年は急速に発展しはじめてる

222 :名無しのひみつ:2013/09/19(木) 16:24:24.79 ID:+29OhjhX
まあ実際微妙なところだよね。
これが7万年分ならおめでとうだけど、現在の消費量基準で70年分だと、
農業や産業に使えばそれこそ20年ももたないだろう。
かといって使わないと勿体ない量ではあるが・・・。

223 :名無しのひみつ:2013/09/20(金) 13:11:14.76 ID:x1LLEl6F
>>71
地球の水は地球に留められた水。

はい、次々!

224 :ぱぱ携帯:2013/09/20(金) 13:12:35.50 ID:x1LLEl6F
>>96
エラっち、こっちに出没?w

225 :名無しのひみつ:2013/09/23(月) 21:58:30.48 ID:aU74oOli
そういえば、京都にも琵琶湖の水量に匹敵する
地下水(地下湖)があるって、TVでやっていたが、
本当かねぇ
まあ、豆腐造りの盛んなところは地下水が豊富
京都は、数千軒の豆腐屋がある

226 :名無しのひみつ:2013/09/26(木) 20:24:36.13 ID:RFsoEIr6
どうせ地下の重金属類がたっぷり溶け込んでいることだろう。たとえばヒ素とか。

227 :名無しのひみつ:2013/09/26(木) 22:26:24.38 ID:yWzyicx1
小麦の大量生産で枯渇するのに10年とか(´・ω・`)

228 :名無しのひみつ:2013/09/26(木) 22:30:52.25 ID:HVDy3uc5
とりあえず10年は安泰なんだからいいじゃん・・・

229 :名無しのひみつ:2013/09/26(木) 22:48:34.11 ID:P+QvGBBA
旱魃したっていいじゃないか
別の土地に映ればいい。アフリカ人はそうやって生きてきただろう

230 :名無しのひみつ:2013/09/27(金) 12:31:57.93 ID:cGXC3MxH
>>229
>別の土地に映ればいい。アフリカ人はそうやって生きてきただろう
逆。干魃になったりして逃げ出したのが、アフリカ人以外。

231 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 07:19:25.10 ID:iuGCwK8g
>>1
地球が悲鳴をあげてるぜ!

インディオ!

232 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 08:12:07.43 ID:xWEyph+i
70年後に塩の浮いた砂漠が広がりそう

233 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 08:14:02.81 ID:7F9aNPi5
今日のデューン/砂の惑星スレはここか・・・

234 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 08:26:19.85 ID:98GGB3af
※噴出しているのはスプライトです

235 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 09:29:24.44 ID:tBFZA/Di
その水飲んだらゾンビにならないの?

236 :名無しのひみつ:2013/09/29(日) 09:30:02.24 ID:HTITNBPY
>>94
>できるならば、運河を掘って、雲を作って、雨を降らせるように
>していくべきだろう。

壮大で夢がある構想だな、大賛成だよ。

それに加えてだな、海から運河やパイプラインで
内陸の砂漠の乾燥地帯にまで、海水を汲み上げて巨大な海水の湖を作る。
海水が漏水しないように、湖の下にはゴムやビニールを
敷いておいた方が良いだろうな。

そうやって砂漠の乾燥地帯に海水を貯めておくと
昼間は蒸発して風に流されて、夜になるまで流れていって、そこで雨になる。
風はあちこちに吹くだろうから、湖の周りは自然に緑化する。
海水が凝縮して、塩やレアメタルも採取できるかも知れない。

237 :名無しのひみつ:2013/09/30(月) 01:21:04.26 ID:LIhe2VdE
地下の資源に頼ると,ボコボコ穴があくよな

238 :名無しのひみつ:2013/10/03(木) 13:21:08.20 ID:0SfZZAi9
うどん県の巨大地下水脈には誰も触れず

239 :名無しのひみつ:2013/10/04(金) 16:37:35.78 ID:PYqyYA+R
うどんの茹で汁だぜそれ

240 :名無しのひみつ:2013/10/04(金) 19:44:29.77 ID:Pn0YiHxy
>>123
日本だったら数ヶ月分だろうね

241 :名無しのひみつ:2013/10/04(金) 20:01:39.92 ID:tYtceza1
>>236
1) アフリカの地形を知ろう
2) 海沿いのモーリタニアやエリトリアが砂漠なのはなぜか、答えよ

242 :名無しのひみつ:2013/10/05(土) 20:58:36.94 ID:PJv71Xjy
でも何だかんだ言いつつサハラ沿岸部ってまだギリギリで農業可能なんだよな
内陸よりマシって程度だけどw

243 :名無しのひみつ:2013/10/05(土) 21:44:56.81 ID:hBTtBWT+
パンゲアの頃に比べればだいぶマシだよ
あの頃はほんとひどかった

244 :名無しのひみつ:2013/10/26(土) 02:24:57.88 ID:9NUzjVVT
きみたちのどれだけが少年ケニヤのことを知っているだろうか。
いつのときからかケニヤがケニアになったが。

245 :名無しのひみつ:2013/10/26(土) 03:05:41.43 ID:9TQy73GR
あれだろ蛇に乗って脱出した地底湖が見つかったんだよな?

246 :名無しのひみつ:2013/10/26(土) 05:14:10.74 ID:vNjL9mzq
>>222
>これが7万年分ならおめでとうだけど、現在の消費量基準で70年分だと、
>農業や産業に使えばそれこそ20年ももたないだろう。

今から70年後の科学技術の進展など、誰が想像つけれるんだ?
その頃には海水を真水にしたり
自動で携帯ポットで空気中の水を再利用出来てるよ。

247 :名無しのひみつ:2013/10/26(土) 05:44:37.12 ID:/tuT3zQ8
>>246
20年後から70年後までの間どうすればいいんだよ。

248 :名無しのひみつ:2013/10/26(土) 13:57:48.27 ID:pQT3g6hO
>>246
海水を真水にするってのはモウやってる
でもカネがかかり過ぎて金のある国の飲料水にしか使えない
技術が多少進歩した所で農業や工業にはムリ

249 :名無しのひみつ:2013/10/26(土) 18:41:16.78 ID:9NUzjVVT
日射量が多いところなら太陽光エネルギー(たとえば太陽電池など)を
利用するのに適している。後は例えば発電したエネルギーを蓄積に便利な
ように水素とかCOとかメチルアルコールとか炭化水素に変えるとかが重要。
超伝導ワイヤで需要のある地域に送電するということも考えられるが、
それには常温超伝導の成功を待つのが妥当かも(できない公算高い)。

47 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)