5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【古生物】サーベルタイガー、アゴの力は弱かった

1 :1/2@白夜φ ★:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:???
サーベルタイガー、アゴの力は弱かった
Christine Dell'Amore
for National Geographic News
July 4, 2013

古代の肉食獣の中でも、上あごから伸びる長い犬歯が特徴的なサーベルタイガー(剣歯虎=けんしこ)は特に有名だ。
3族に分類されるサーベルタイガーは、専門家のみならず多くの人々の興味を誘ってきた。
特に獲物の倒し方については、ことさら高い関心が集まるようだが最近、バイオメカニクスに基づく新たなコンピューターモデルを駆使した研究結果が発表された。

研究グループのメンバーであるアメリカ、オハイオ大学の古生物学者ローレンス・ウィットマー氏は、長い牙による獲物の捕獲方法や外敵への攻撃方法が、
生物進化の過程でどのように発達してきたのかを解明するきっかけになるのではと期待している。今回は最新の成果について解説してもらった。

◆サーベルタイガーにはいろいろな種類がいたようですが?

はい。スミロドンなどがよく知られていますが、そのほかにもさまざまな種が存在しました。
ティラコスミルス(Thylacosmilus atrox)と呼ぶ肉食獣も似ていますが、ネコ科のサーベルタイガーとは全く異なる種で、むしろ有袋類に近かったと考えられています。

◆サーベルのような牙を持った動物はいろいろいたんですね。生息年代は?

ティラコスミルスは、およそ700万年前に現在のアルゼンチン一帯に生息していました。
一方、ネコ科のスミロドンは、ティラコスミルスより500万年後に現在の北アメリカ一帯に進出します。

サーベルタイガーのような動物はもはや存在しませんが、生物進化の歴史の中で眺めるとこれはむしろ特殊な状況です。
捕獲や攻撃手段として長い牙を持つ動物はこれまで、哺乳類の進化史の中で繰り返し出現しました。
いわゆる“反復進化”と呼ぶ現象です。この先500万年後、1000万年後、あるいは1500万年後に再び出現する可能性は十分にあります。
>>2以降に続く)
_____________

▽記事引用元 National Geographic July 4, 2013配信記事
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130704002&expand

サーベル状の牙が特徴的な古生物、スミロドン(Smiloson fatalis)の全身骨格。
アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルスのラ・ブレア・タールピット(天然アスファルトの池)で発見された化石から復元された。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_images/69027_0_600x450.jpg

▽関連
PLOS ONE
Comparative Biomechanical Modeling of Metatherian and Placental Saber-Tooths: A Different Kind of Bite for an Extreme Pouched Predator
http://www.plosone.org/article/info:doi/10.1371/journal.pone.0066888

2 :2/2@白夜φ ★:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:???
>>1の続き)
◆バイオメカニクスモデルを使った研究手法とは?

まず頭蓋骨の化石をCTスキャン撮影し、その情報をコンピューターに取り込んで骨格モデルを作成します。
次に橋や建物の構造シミュレーション用ソフトウェアなどで、骨格が応力や歪みに対しどのように応答するのかを解析します。
結果を画像に出力する際に応力の大きさによって色分けすれば、骨格の強弱がひと目で判別できるわけです。

◆解析の結果わかったことは?

スミロドンとティラコスミルスはどちらも、サーベル状の牙で獲物を仕留めるにも関わらず、あごの力はそれほど強くないことがわかりました。
われわれが注目したのは、頭を押し下げる役割を持つ首から頭部にかけての筋肉です。
分析の結果、獲物を捕らえる際にスミロドンやティラコスミルスは、体に噛みつくのではなく、首の筋肉を使って牙を突き立てたという結論に至りました。

また彼らは足がそれほど速くなく、待ち伏せして獲物に襲いかかっていたと考えられます。
前肢にも強力な筋肉を備えていたようですが、それはむしろ牙を突き刺す際、獲物の体を押さえつけるための武器となりました。

また体の構造から判断すると、ネコ科のスミロドンよりも有袋類の仲間であるティラコスミルスの方が、この捕獲方法に向いていたこともわかりました。

◆意外な事実とは?

スミロドンとティラコスミルスについて今回、両者の違いが明らかになろうとしています。
有袋類の仲間は生物進化のより早い段階で分岐しているため、原始的な動物と誤解されがちです。
しかし、獲物の捕獲方法などいくつかの点から見て、古いティラコスミルスの方がスミロドンよりも進化した動物だと言えます。

◆古生物の習性を探る目的は?

これまで地球上に出現したさまざまな生物の実態解明が使命であるわれわれ古生物学者にとって、それが本来行うべき研究活動であることは言うまでもありません。
ただ、より広い視点に立てば、過去に存在した生物のさまざまな特質と、生物進化との相互関係を理解する上で有効な手段だと言えます。

また工学的な技術を応用した今回の手法は、絶滅生物の研究手段としては画期的なものです。
過去の生物を知る手立てが新たに確立されたという点でも重要な成果です。

今回の研究結果は、米オンライン科学誌「PLOS ONE」に6月26日付けで掲載されている。

-*-*-*- 引用ここまで -*-*-*-

3 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:zfqbsRlD
嘘だーッ!        >>1-2
   ∧∧.∩      ∩_ ・∵’、
  (    )/ ⊂/"´ ノ )
 ⊂   ノ   /   /vV
  (   ノ    し'`∪
   (ノ

4 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:+yyft5tW
hideとkyo

5 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:cqLi/vnz
上顎のキバが邪魔で、ヘビみたいに下あご外して獲物を飲み込んでいた可能性は?

6 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:ofNQhtbk
さだまさしに似ている

7 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:Lq5f9qWJ
血吸ってたんじゃねーの

8 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:XYX2swU/
>前肢にも強力な筋肉を備えていたようですが、それはむしろ牙を突き刺す際、獲物の体を押さえつけるための武器となりました。

押さえつけるというよりも、前肢と首で獲物を抱え込んでたんじゃないかなあ
上から押さえつけるばっかりじゃ牙を刺そうにも体が浮いて綺麗に刺せないのでは

普通の動物の下あごってそういう役目だろ
下あごが役に立たないのなら、その代わりをする別のものがいるだろ
それが前肢だったんじゃないの?

9 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:oOzclJ6c
確かにアゴが弱そうだ
http://img2.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/e9/3a/tk_for_auc/folder/162100/img_162100_19110744_3?1300422823

10 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:ZOHb36XR
鍬タイガー

11 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:JJBRCnYS
>>8
相手でかすぎて、噛んでも有効打にならないから
突き刺す方向になったと

でも牙は食事には使えないから獲物食ってるところとか滑稽なおかん
飛び出した前歯でチビチビ齧るのみ・・・

12 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:0SGZknp6
サーベルタイガーはスミロドンとティラコスミルスのように遠い系統でも
収斂進化で現れてるので、これから再び進化で現れるかもしれない。
大型齧歯類とかが進化しそう。

13 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:mxUFRBQK
胃酸が強かったのかね?

14 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:ZgQQYFTG
ティラコスミルスの下顎に垂れてる骨って1本?それとも2本ある?

15 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:ZCCD/IYQ
見た限り攻撃に有効とは思えないしなぁ
普通に狼とかの方が圧倒的に早く噛みつけるし
噛み付いてぶんぶん振り回すなら犬歯で十分

ただ、あそこまで大きくなるまで進化したってのはほんと面白いな

16 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:lOuVacjj
おいおい、サーベルタイガーをdisると実吉御大が黙ってないぞw

17 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:smiknUd1
  r 素人◆GD..x272ヽ
  (   _ ノノノノノノヾ )
  | ノ    \   / 、
  (6     "" r._.ュ'"ヽ
  |    ∵) ∠二ゝ( | ブッブッヒ ブッヒ ブッヒ マタレスノツカナイコセイブツスレカ!
  人       `ー '  |
/  \.        ノ
     \_`ー一'/ \

18 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:aDGSGJra
サーベルタイガーは巨体過ぎて狩りに不向き。
顎も弱かったとすると死肉喰いか
ちなみに手が未発達で体全体のバランスが悪いTレックスも同じというのが有力

19 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:BzuzKI8Z
でも噛まれたら、お痛いのでしょ?

20 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:N+GfCMPo
あの牙の向きで刺さるの?
顎が120度は開かないと難しそう

21 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:FMrem+RB
メスへのアピール用だろうね牙は

22 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:eLxOM3PZ
内川とどっちが強いんだ?

23 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:TDngvPVp
さーたい「歯が乾燥して黄色くなっちゃたよorz」

24 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:m5iPeC4A
ここまでギャートルズなし

25 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:9GEACtbW
ザ・見かけ倒し

26 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:tVcpd7xu
前にも言ったけど
やっぱあれは刺す為の牙じゃないんだろうね。
http://blog-imgs-32.fc2.com/m/h/f/mhf100/mhf_20090216_043550_250.jpg
あれを刺す為って解釈は、ファンタジーの大剣みたいに
「大きいほど剣は切れ味がいいはず」って理論と同じ。
実際は切るにも刺すにも(刃やトゲが)大きくなる程しづらくなる。

http://shogai-kando.com/ism6ikkaku/img/highlight01.jpg
イッカクもゾウも長い牙をもつけど、
普通あれで他の動物を刺したりはしない。
刺したら抜けなくなるしね。
http://kntr.kaone.net/img/data/20091203.gif
http://blog-imgs-56.fc2.com/a/r/t/artistyamakyo/201206261126168fa.jpg
刀剣に比べて、槍も変な形してる場合多いけど
これも刺さりきらない様にストッパーを兼ねてるんだろう
いざという時、深く刺して抜けなくなったら命取りになる。

思うに、サーベルタイガーの牙は鈍器だと思う。
刺すんでなく叩く道具。
頭蓋骨を叩いて一瞬で失神させられるとか、
あるいは堅い甲羅を割る事ができるアイテム。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kou-ka/b/kyouryu/sumirodon.jpg
http://i53.photobucket.com/albums/g62/TigerQuoll/dinosaur/660px-Thylacosmilus_Atrox.jpg
http://thealchemyworks.com/images/Thylacosmilus.jpg?osCsid=94cqn1bkulhggqkd29f6r9dqj4
後ろ足も長くないし比較的、鈍足だったろう。
他の捕食者が諦める防御力の高い獲物を
強引に食う戦略で、ニッチを確保してたんじゃないかと思う。

27 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:gdJwQ535
これ前から言われてたよな
牙を突き刺して殺すから噛む力は必要ないって

28 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:KTJANVS/
牙を突き立てろ

29 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:qRavRDHS
「『伏せっ』て言われたから反射的に伏せたら前足ケガしちゃったよorz」

30 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:IbhKAXfr
サーベルタイガーってカエサルのガリア戦記に記述あるんだろ
2000年ちょっと前まで生きてたんだよ

31 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:bsfSpk4G
誰かがこっそりとカリカリを与えていたに違いない!

32 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:033sZwdJ
セイウチ的な牙の使い方でいいのかな?

33 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:9gLvzujT
牙が大きくなったのは「狩りをするため」じゃなくて「メスに好まれたから」ですよね?

34 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:bv5NJjFx
南北米大陸のスミロドンとか、その前の旧大陸のマカイドトゥスとか、

数百万年も繁栄していたんだから、あの形状はそれなりに使えるものだったんだろうな


つい最近まで、ユーラシア大陸・南北米大陸の広範囲にゾウがいたことも考慮した方がいいんだろう

35 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:NE5N6BRP
巨根なのに早漏…みたいな?

36 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:pLdy8+0g
>>35


… … …

37 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:+GP3Yn1o
>>26
>>あれを刺す為って解釈は、ファンタジーの大剣みたいに「大きいほど剣は切れ味がいいはず」って理論と同じ。実際は切るにも刺すにも(刃やトゲが)大きくなる程しづらくなる。

中華包丁と出刃包丁の使い方の違い位はわかるよね?

38 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:hrSvQDl3
ギャートルズのやつかw

39 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:pg1DwEIt
もしかしてメスへのディスプレー用じゃね

40 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:qRavRDHS
>>29
ほかの四足獸みたいに腹ばいとかなれないから
ちょっと休憩とか寝るときに大変だよね

41 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:zy43N9co
進化ってのは基本的に自己の弱い部分を補うために行われるからな.
いつか釘植→多生歯のみならず水棲型人間とか現れてもおかしくない.

42 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:TXcO2o1k
>>41
もうホモ•アクエリアスの話は結構です

43 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:Pt+peDKz
武器じゃなくてかっこいいから生えてるだけだよ

44 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:bsfSpk4G
雑魚キャラのモヒカン頭みたいなもんか。

45 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:YbimmLKo
>>26
>思うに、サーベルタイガーの牙は鈍器だと思う。
>刺すんでなく叩く道具。
なるほど面白いですね
失敗して鼻をぶつけたら涙が出そうw

イノシシみたいに穴を掘っていた形跡とかは無いんですかね?ウサギやキツネの巣穴を崩すとか

46 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:3ZCmSmfe
>>41

その理論でいくと、モテないキモオタが進化すると、媚薬を分泌する触手が生えてくるはずだな。

47 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:3ZCmSmfe
>>40
> ちょっと休憩とか寝るときに大変だよね

いやいや、あの牙は樹の幹の分かれてるところや枝からぶら下がって
敵に襲われる心配なしに昼寝するためのものなんだよ。

48 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:eEs843xw
デカイ方がモテる的な感じで大きくなってったんだろうな
非合理的なパーツはだいたい求愛行動絡み

49 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:31jBK2MI
プロアイルルス「最近の(ネコ科の)若者は顎の力が弱々しくて情けない・・」

50 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:cqLi/vnz
キバを熊手のように使って、波打ち際で貝やカニを掘り起こして食べる大人しい生き物だったんだよ。
だから、奥歯が肉食獣のそれよりも貝殻を割るのに適した形をしている。

51 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:cqLi/vnz
>>26
ぶっちゃけ、サーベルタイガーって陸に上がったセイウチだろ。

52 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:0xbi7cgK
サーベルタイガー
http://www.youtube.com/watch?v=wp5VPlFcmHc

53 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:8OtT0CNm
>>18
ティラノは顎の力強いだろ
どっちやねん

54 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:rk24AfBE
事実はさておき、顎の力弱いと死肉食いとかむしろ逆だから
硬い骨もかみ砕けるようになることも多いから

55 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:QFenrNDS
グールドを懐かしく思い出した

56 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:cqLi/vnz
噛力ランキング

不動のダントツ1位 ワニ
2位 ジャッカル(大型のハイエナ類)
3位 中型のハイエナ類

犬科怖えぇ ぬこカワユス

57 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:yY6cErrd
>>56
ジャッカルはハイエナ科じゃないよ。

スカベンジャーだとあの犬歯は邪魔でしかない。
前から言われている通り、獲物を待ち伏せして首筋に一撃する為だろう。

58 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:wyLg97fJ
牙を岩みたいな硬いとこにぶつけて脳震盪を起こしたところを
食われて絶滅したんだと思ってる

59 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:cqLi/vnz
>>57
ネコ科ならネコパンチ一択だろ

60 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:mkEaXAn8
サーベルタイガーといえば、「インドの狂虎(実は紳士)」こと、タイガー・ジェット(ジート)・シン。

コブラクローは「絶対真似しちゃだめな技」の一つ。
http://www.youtube.com/watch?v=Ad46HF-D9v0

61 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:B7KlxF15
スミロドンといえば、どうしても仮面ライダーV3のキバ一族の怪人を
連想してしまう。

62 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:c+/3PM0i
>>58
どんどん伸びた牙がしなり、心臓に突き刺さって絶滅したと
稲中の前野さんが言ってた

63 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:5/zxtGBZ
セイウチの生態から推測しろ

64 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:DnedNTPl
アゴ勇も弱かった、、、

65 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:9270cowO
飛鳥情報によると地球内天体アルザルにて、今も元気にやっているそうです。

66 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:77vlBxqR
>>63
あの牙は流氷に上陸するために使ったのか

67 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:N7aX7PF5
>>56がアホすぎて・・・

68 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:qQLYMCPr
進化して牙が大きくなったんじゃなくて
必要ないのに牙が大きくなっていっちゃった系じゃないのかな

69 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:pesGNe/8
口は空けずに押さえ込んで上から突き立てたと思う
柔道の寝技の時に下顎も押さえ込みに使うみたいに

70 :名無しのひみつ:2013/07/05(金) NY:AN:NY.AN ID:VFL9VTP2
前肢で抑えて、巨大な前歯を突き刺すとか本当にあるんだろうか?

セイウチを思い出すが、クマの急所に牙が刺されば一発だから
クマは襲わないという割りに、刺されて死んだクマの話を聞いたことがない。

どうせ見掛け倒しで、オス同士のナワバリ争いで使うとか
メスにセックスアピールするとか、しょうもない用途だったんじゃないか?
実用的に使っても、せいぜい穴掘りに使うだけ。
つーか陸上じゃ、食うのに邪魔で使いにくいでしょうよ。

71 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:CyZPfRRZ
これを思い出したのは俺だけか
http://www.youtube.com/watch?v=-8XSGqO7vwk

72 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:ScBSfw4G
そういやティラノサウルスの歯の跡がある化石とかは時々きくけど
サーベルタイガーの歯の跡とかはあんまりきかないな。
時代的にはずっと最近なんだからもっとあっても良さそうなもんだが

73 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:oP77gl7s
■デイノテリウム■
ttp://biggame.iza-yoi.net/Pleistocene/Deinotherium/Deinotherium.html

74 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:wEFyUYZc
しゃべるタイガー

75 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:RduTmA1Z
>>46
モテないんだから進化出来ないだろ...

76 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:l/Isv8WY
俺のチン子みたいなもんか

77 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:+1AYA4PE
>>70
番組名は忘れたが後肢に一撃もらったホッキョクグマが一週間ほどで衰弱死した映像があった
自然界じゃちょっとした怪我で死ぬから多分本物の画だと思う

78 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:QVgr0oFH!
まあ、チンコと一緒だな
俺も進化出来るならそういう方向へ進化する予定

79 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:de4e31UX
顎開いてもあれじゃ噛めないもんなあ
猫が穴掘ったとも思えないし、
ライオンのタテガミ程度の飾りか、
毛繕いに使ったとか、
なんかの実を割りやすかったとか、
そんなんかねえ

80 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:TOx7tacD
スミロドン「いやあ、この牙はっきり言ってメシ食う時邪魔でしょうがないんすけど、これあるといろいろハッタリ効くんすよ。世の中見た目っすよ見た目。」

81 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:MRdZqO7n
俺わかっちゃった。これはゾウを捕食する為の進化なんだ
きっとゾウの背中に突き刺して、ブラーンってぶら下がりながら、腹回りの肉をムシャムシャ食べていたんだと思う

82 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:HnkdSHbL
反復進化で何度も出てきてるのに全滅してるってことは
そっちの方向に進化しちゃダメだってことでいいのかな

83 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:vYS5Wata
巨大化と一緒だろう
いわゆる極端な特殊化はダメとはいわないが、絶滅しやすい
いずれにしても3回やってるなら、またいずれ出るだろうね、何百万年、何千万年さきか知らんが
ウンピョウだかユキヒョウが比較的長いんだっけか?

84 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:ifjFSSsW
これはあまり足の速くない自分より5〜10倍程度の体重の獲物を倒すのに向いているのかなあ?

サーベルタイガーは体重250kgくらいだっけ

サーベルタイガーでも、マンモスやマストドンの2t未満の個体くらいまでしか
常食には出来なかっただろう、なんて言われているね
3tオーバーだと無理だとさ

あるいはオーロックス(ヨーロッパにおけるウシの原種)を襲っていたという
これも1tくらいあった
ウシなんて今のライオンやトラでも獲物に出来るだろと思うだろうが、常食に出来るか?というと
若い個体のライオンやトラは大型ウシを狙って逆襲され深手を負う事も多く、常食には出来ない

85 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:Evv8YIjV
イッカクとかいう実用性ゼロの牙があるやつもいるんだし
スミロドンの牙くらいどうってことないべ

86 :増健:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:FirsshI2
剣歯虎は牙が発達しすぎて滅びたと聞いたことがあるがホンマか?

87 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:OdgUEo6y
顎最強は猪木説

88 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:9i3jBRhy
あの特徴的な牙が折れない程度の事しか出来ないってのは
折れちゃうような事をやっちゃうのは自滅に繋がるばかりってのは
予想は付くわな

89 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:fkb7ZDk0
>>20の者だけど
この顎の開きで大体120度
http://www.kaseki7.com/items_fossil/re/002a.html
刺せそうにないよね
牙もブスッと刺さる感じがしない
下顎との関係から言って小さな物しか噛み付けない

90 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:1WCdRfTP
>>77
牙を突き刺したんじゃなくて、突進による骨折が死因じゃね?
さすがのホッキョクグマでも、自動車が突っ込んできたら命がない。

>>89
先端が自分の方に湾曲してるってのが厳しいよな。
普通に噛み付くよりリーチが短いとか罰ゲームにしかなってない。

相手に突進して牙側面をぶつけるのが目的か、セックスシンボル
と考えるのが妥当だろう。

91 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:DQaKRMqQ
>>89
CGは90年代風のショボさだな

92 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:RAaQTRJK
>>85
イッカクの牙は知覚過敏をレーダーにまで発達させてるかもしれん。
中にぶっ太い神経が先端まで通ってる。

93 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:RAaQTRJK
上唇と歯茎の間にプリッツ差し込んで食事するとサーベルタイガー気分w

94 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:dkMbrobs
実は草食獣

95 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:JDbGesBy
こう言う推測だけの証明できない研究って意味あるの?
進化論もだけど

96 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:MqueW/Re
>>26
俺はただの飾りだと思ってるかなあ

繁殖期に自慢するための角みたいなもん

97 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:ifjFSSsW
この牙で牛の皮を噛み切れるか?という実験はディスカバリーチャンネルで放送していた
結果としては成功
頚動脈を噛み破るのに適している

一方ライオンの牙は、特に雌ライオンだと子供のアフリカゾウの皮すら殆ど噛み敗れなかった、と放送していた
そのうちに母ゾウが戻ってきて追い払われ、子ゾウは母ゾウと普通に歩いて去ってしまった
________________________________________________

だがライオンが大干ばつの時に20頭がかりで、若いアフリカゾウで弱そうなのを襲って全身に噛み付いて
出血多量で殺したという映像もあるんだよね
集団で引っ張りながら全力で噛み付くと皮を破れるって事か?
一部のチョウの幼虫が、集団で葉に噛み付くと葉表面の張力が増すから破りやすい、って話があったなw

まあサーベルタイガーは1匹で、皮を破るのに適していたって事かな
牙が長いと、皮の伸び縮みがあってもそれ以上深く刺さるから傷を与えられると

98 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:vYS5Wata
俺は現物とか、確たる証拠、証明がないと何とも言えないなあ
飾りの可能性もあるが、自然界では現物を知らないとよもや、ということがあるし、
表面的な既成概念にとらわれた科学的論拠や計算結果とか、殆ど意味無いからなあ。
ああいうのに従うと恐竜なんて無駄に重くてでかすぎるし、翼竜は空を飛んじゃいけないし、
バシリスクが水面を走るなんて、事実を知らなければキチガイの戯言になるわけで

99 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:CQ+94+sy
口を開いて噛み付くのではなく、口を閉じた状態で頭ごと叩きつけるように突き刺したんじゃないか

100 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:fkb7ZDk0
大体ポピュラーな動物だったようだから、
噛み付いた化石が見つかってほしい
とにかくこの牙と下顎の間に入るサイズのモノにしか噛み付けないのは確実→>>89
牙が刺さり初めるの直角よりやや浅い角度としても、あまり大きいモノには噛み付けない
ウンピョウは大きな犬歯で知られているが、このサイズなら十分噛み付ける
http://blogs.neko.jp/nekorin/wp-content/uploads/2011/02/201102121347361.jpg

101 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:Fw1YL2sm
http://livedoor.blogimg.jp/hanagenuki/imgs/0/3/036ae25d.jpg
カバの頭骨↑を見た後だと、
スミロドンの頭骨は凶々しさが物足りないw

102 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:fkb7ZDk0
牙がじゃまで噛み付けず苦戦するスミロドン
http://www.youtube.com/watch?v=805r-NqeAj4

103 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:WZMIBcng
ヒント
セイウチ
カバ
サイの角

104 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:ifjFSSsW
>>103
セイウチは牙で海底を掘って、オオノガイとかミルガイとかを掘り出し
これを奥歯で噛み砕いて食べる
♂同士でメスを奪うための闘争や、ホッキョクグマを追い払うのにも使う

カバの牙は縄張り闘争用

サイの角も一応縄張り争いで使う

105 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:dm+UV+T4
両の前足で自分の鼻を上から押さえて
えいって刺してた

106 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:FGXk63G4
牙から毒がでる

107 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:ur9f3dW3
これ見よがしに牙を見せつけ敵の注意と警戒を引きつけつつ
本命の猫パンチで仕留めるトリッキースタイル

108 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:4GxepO2B
ペルム紀、古生代の覇者である原始的哺乳類のゴルゴノプスはやはり20センチのキバを持つ
サーベルタイガーだった。この系列はPT境界の大量絶滅で消滅して恐竜の時代になった
恐竜の前にサーベルタイガーがいたのは奇妙な感じがするが、哺乳類が
ゴルゴノプスの近縁なので、スミロドンは単なる3億年前の先祖帰りととらえることもできる

PT境界の大量絶滅というのがくせ者で、史上かつてない損害を地球生物に与え、ここで
遺伝子の多様性は殆どうしなわれた


ゴルゴノプスのキバは装甲の厚い爬虫類を刺し殺すためのものだという理由がちゃんとあった
剣歯虎スミロドンがあまりに有名なので繁栄したようにもおもわれがちだが、実際は繁栄した時期も短く、
それにくらべればゴルゴノプス系統はペルム紀の覇者であり数千万年も繁栄、化石も大量に出土してる

300万年前に発生してもう絶滅した剣歯虎スミロドンが弱い生き物だとすれば
有名人の孫が顔はそっくりだがてんでアホ、みたいな現象かもしれない

109 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:6LfgNS16
動脈に達するだけで勝ててたのでは
んで寒くなって獲物の皮膚厚くなって滅びたとか

110 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:9JcEp6/y
http://www.kaseki7.com/img_items/fossil/re/002a_01.jpg

http://blog-imgs-17.fc2.com/c/a/n/canvasshoes/cs_0031.jpg
http://blog.honeyee.com/ykajiwara/upload/_A231359.png
http://blog-imgs-19.fc2.com/s/a/r/saridive/P3300005.jpg

ふと、何かに似てると思ったら缶きりだった。
甲羅の隙間なんかに刃をうまくひっかけて
ペリッと引っぺがすような道具にならないかな?

111 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:VdEawa3+
大型草食獣が寝てる時に忍び寄って、麻酔成分の入った唾液で麻痺させながら牙をうち込んで、血を舐めてたんだろ。

112 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:WZMIBcng
シロアリの巣を壊して長い舌でペロペロなめてたとか

113 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:ifjFSSsW
>>110
獲物の口に下あごの歯を引っ掛けて
上顎の牙を頚動脈に突き刺すとかか?

114 :名無しのひみつ:2013/07/06(土) NY:AN:NY.AN ID:Sw3jOrXP
>>110
下顎の筋肉が弱いんじゃ下顎を使った梃子は無理じゃないかな
上顎と首の筋肉を硬直させれば釘抜きのように使えないことはないかもしれない

115 :素人 ◆GD..x272/. :2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:cPU3ZuVA
出遅れた。

116 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:TGiFngxi
それはいいから、見解は?

117 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:ZDtgu3D3
>>96
合理的な用途が思いつかないし、それが妥当な推測だと思う

118 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:p+u0TC5d
デリヘルタイガー

119 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:TGiFngxi
合理的な用途が思いつかなければ妥当という物ではないけどね

120 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:i9miiuCO
>>113
めんどくさ過ぎるだろう。
毎回戦闘で使える戦術なら良いが、あまりにも
特殊な状況過ぎる。

121 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:hN2+Kw2S
下顎は牙の間に納まってたんじゃないか?
そうじゃないと口を閉じれないから喉が渇くよな

122 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:Z/2SHYDq
>>119
消去法でその可能性、って感じかなあ
多くの動物である話だし

123 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:LvZfMayG
サーベルタイガー「このキバ? 不便だよー。
寝床も土や草盛ってアゴ乗せ枕を作らないとクビ座らないし。

水場でも前脚が浸かるくらい深いとこに行かないと水も飲めないから
泥に脚とられて溺れたり、ワニに引きこまれる奴もクソ多い。

狩りに便利だろうって?
とんでもない。
俺らネコ族の狩りは、獲物に気づかれずに忍び寄り、飛びかかったら一瞬に仕留めるのがマナー。
頭下げて接近してるときは、ムダに長いキバが地面や草にひっかかって気づかれやすいし、
喰うのが目的の獲物をキバで威嚇する意味なんてないからな。

上から飛び降りざまキバ突き立てたら必殺?
ねえよw

まあ、大きめの獲物を樹や岩の上で待ち伏せして飛びかかることもあるよ。
しかし、顔は必ず獲物に向けてないと狙いが外れたり、かわされて逃げられる。
顔が獲物の方を向いてるのに、下向きのキバを突き刺せるわけないだろ?
飛びついて体重のせた一撃に使うのは、鋭い爪の前脚だ。

狩りでキバが役立つのは、獲物を仕留めた後、体に引っ掛けて
仲間や家族のとこに引きずっていくときくらいだな。

じゃあ、要らないだろうって?
う〜ん。
ぶっちゃけ、これがデカイほどメスにモテる。
まあ、それだけっちゃそれだけなんだが、こればかりはしょうがねえよ。」

124 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:T3krqBeI
キバがセックスアピールに使えるだけのものとすると、雌のサーベルタイガーはキバが小さいはずだけど、見つかってるんだろうか?

125 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:fOTapn+C
キバが長くて不便といってももっとながいキバを持つものもいくらでも生存してる
ゾウカバはもちろん、イノシシやビーバーのキバも剣みたいだ

ナイフが10センチから20センチになった所でそれほど不便にはならない

126 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:i9miiuCO
牙の方向も重要だ。

相手の方向を向いていれば武器が主目的
の可能性が高い。
相手に向いていなくても下顎に付いていれば
突き上げたり、下を向けば相手を指向する。

127 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:TGiFngxi
で、牙があり得ない方向にむいていたデイノテリウムはどうするんだ?
しかもこやつの場合、かなりの大型種でそれなりに成功していて
かつ他の象とはまったく異なる向きだった、というのがさらに問題を難しくしている
象がこいつしかいなければ、こういう事もあるだろうってんで片付けられたが、
そうはできないからな。

128 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:+bBKN6fV
昔読んだ本だとサーベルタイガーの牙は突き刺すのではなく切り付ける様に使うのではないかと書かれてたな。それはそれで使いづらそうだが。

129 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:zZV3+5NB
それでもあの姿で増え、生きてきたんだろ?

どうせ致命的な間違いがあるんだろうな。基本となっているデータに。

130 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:Pom7AyKr
>>127
単体で考えずに捕食肉食獣とセットで考えてみるとそうでもないし
地面を掘り起こすのにも便利っぽいぞ

131 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:0Bnsqav/
http://www.youtube.com/watch?v=S6ZvCmY-YQA#t=60
http://nature-sr.com/Image/145_20121120153031_2.jpg
http://www.dent.okayama-u.ac.jp/syouni/OKAZAKI/omosiro/kutibasi/kuti2.bmp
キツツキの舌は長い
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kou-ka/b/kyouryu/sumirodon.jpg
http://i53.photobucket.com/albums/g62/TigerQuoll/dinosaur/660px-Thylacosmilus_Atrox.jpg
http://www.oucom.ohiou.edu/dbms-witmer/collections/images/thylacosmilus_DSC_0579.JPG
思うにサーベルタイガーの舌も相当、長かったんじゃないかって気がする
牙が邪魔だから、エモノの肉や体液を左右の牙の隙間から
ピチャピチャと舌ですするのは必須だと思う。

http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/c2/53/karnak_s/folder/155133/img_155133_544440_0
http://1kuchi.way-nifty.com/photos/uncategorized/2013/03/11/0003.jpg
ネコは水を舌ですくって飲むけど舌で
サーベルタイガーも下(水たまり等)にある水を飲むだろうから
牙の分、舌が長くないといけないだろう。

それに牙に泥や血がついたらそれを洗うのにも
舌を使うと思うんで、そのためにも相当に長くないといけないと思う。

だからもし原物が生きてたとしたら、
舌を出すと、それがやたら長くてかなり面白い顔してたかも。
なにやらゾウの鼻(そこまでは長くないとしても)が舌になったような印象に見えて。

132 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:TGiFngxi
>単体で考えずに捕食肉食獣とセットで考えてみるとそうでもないし
どこがそうなのかわからんが、他の象でこんなのいないから
なぜ普通に上向きではダメなのか


>地面を掘り起こすのにも便利っぽいぞ

それはwikiとかだと否定的だね、いずれにしてもそういった
はっきりしないが、多分こうではないか的な説明ではちょっと。
そういう説明しかできないのが時々いる事が問題なんであって。

133 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:LvZfMayG
>>131
寝ている猫の舌を引っ張ると予想外に長いベロが出てきた。
http://ameblo.jp/blog-ed/entry-11162705641.html

家ぬこでコレだから、サーベルタイガーの舌なら5、60cm延びたかもしれないな。

134 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:Pom7AyKr
>>132
振り下ろすと下から襲ってくる相手にちょうど良い位置になるぜー

135 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:qp0TUdG1
>>83
ウンピョウの犬歯凄いな
未来の犬歯虎候補だろこれ

一番下の写真
ttp://www.noichizoo.or.jp/unpyo.htm

136 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:0Bnsqav/
>>133
そうやってみると猫の時点でも相当、長いんだなぁ…

137 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:iALnMlPZ
>>127
崖を削って、アフリカのミネラル不足の大地から
少しでもミネラルのある土を掘り出すには最適

樹皮を削るのにも適している

138 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:iALnMlPZ
>>135
体格に対する牙の長さではウンピョウが一番サーベルタイガー類に類似するというが、

サーベルタイガー類は大きな獲物を捕らえるのは確実だったようで
スミロドンなどは手足が太くて短く尾も短い、つまりあまり走らなかったらしい

その観点でいえば、一番体型が近く、獲物の殺し方も近いのはジャガーだという人もいる
ジャガーは決して原始的なネコ科動物ではないのだが、
普通のネコ科は首を噛んで神経を切ったり頚動脈を噛み切ったり首の気管を噛み潰して窒息させるのが普通だが
ジャガーは面倒くさい時は獲物の頭の骨を丸ごと噛み砕くとか、獲物の首を前肢で何度もネコパンチして
へし折る、など、前者はイタチ、後者はクマに良く見られる獲物の殺し方をする

ウンピョウは、飛び回る鳥を確実に噛み殺すために牙が長くなったという説もある

139 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:i9miiuCO
>>137
土を削ってたんだろうな。

下に回り込んだ敵を攻撃するってのは特殊用途過ぎる。
現存してる象は、下向きの牙がなくても
下に回り込んだ敵に苦戦しないからなあ。
他に下唇?が超出っ歯な象も穴掘ってたらしいし。

140 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:2TDVHIN2
「俺の名前はサーベルタ・・・(舌噛んだ・・・)」

141 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:QU9FhmRH
牙を突き立ててもそのまま抜けず、しばらくぶら下がったまま相手が死ぬのを待ってた。

142 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:GiCga/Au
倒すのに檻の中でも30分はかかりそうだわ

143 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:iALnMlPZ
>>136アメベロドンか

144 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:i9miiuCO
>>141
相手の動脈に刺さらない限り、効果なさそうだが。

猫科の連中は喉元に喰らい付いて、血流止めたり
呼吸を妨げて、仕留めてるっぽいが。

145 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:iALnMlPZ
アフリカでウガンダのエルゴン山に、ミネラルの豊富な崖がある
これはゾウや他の動物に目を付けられ、色んな動物がその崖の土をどんどん掘っていき
最後は巨大な洞窟になっている

そして動物写真家やテレビクルーがしばしばここで映像を撮影していた

だが、エルゴン山に行った日本人で、行った直後に劇症の出血熱で亡くなった人もいるから要注意!

またこの山にはオーベルチュールオオツノハナムグリという珍しい昆虫がいて
これはかつて標本が170万円もした!
今では5000〜10000円で買えるw

とにかく、エルゴン山は土にミネラルが豊富で、それをゾウが牙で掘っている
そのためこの地域のゾウの牙は常に磨り減っていて短いのだという

デイノテリウムもそんな使い方じゃないかなあ?というわけだ

146 :名無しのひみつ:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:mN2asHo3
サーベルタイガーは草食動物

147 :名無しのひみつ:2013/07/08(月) NY:AN:NY.AN ID:Ae2bfV8q
定期的にこういう話題出るね

148 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:qXadRN17
ハダカデバネズミと同じように土の中に生息していた可能性は?

149 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:AK5O/GtU
>>148
餌が考えにくい

150 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:AK5O/GtU
>>1にもあるが
ネコ目スミロドンと有袋類のティラコスミルスという
全く別系統の巨大犬歯動物が同時期に出現しているのでそこだな

151 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:JsNqUmyG
ティラコスは同時期とは言えないような。敵のいない南米で長生きして
地続きになったら後から出てきた新参者にあっさり滅ぼされた感

まあ、この2種だけなら偶然ということもできたかもしれんが、さらにマカイロというスミロドンの
先輩格がいたからね。特定の条件下であれば、この手の生物が有利に働く要素があったんだろうな

152 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:3fA/IHLl
こんな牙、相当な力で獲物に肉体を突かないと、どう考えても獲物に突き刺さらないと思う。

153 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:tHVMgMoM
立派な牙が口ガードになって獲物食べ辛かわいそう(';ω;`)

154 :素人 ◆GD..x272/. :2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:sxgW/bwG
*ティタノスクス等のディノケファルス類(単弓類)
*イノストランケビア等のゴルゴノプス類(単弓類)
*ティロケファルス類(単弓類)
*キノグナトゥス等のキノドン類(単弓類)
*ティラコスミルス(有袋類)
*スミロドン等のネコ科(哺乳類)

犬歯の異常発達した牙を持つ肉食性動物は、
単弓類系統ではよく見られた進化だよ。
ティロケファルス類に至っては二対(4本)の牙だった。

155 :素人 ◆GD..x272/. :2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:sxgW/bwG
×ティロケファルス
○テロケファルス

です。
どっちでも良い気がするが、
ネット検索では後者が圧倒的に多かった。

156 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:+cg7ZKo/
>>152
ネコ科の大型種の場合、本当に重要なのは犬歯より奥にある裂肉歯だからな。
これが無いと餌食えなくてマジに餓死するしかない。

157 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:05QFAprH
この先進化する動物なんてあらわれるのかね
どんどん種は減少してるんだろ

158 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:Mi+/tIlK
>>157人間が作り出す変な化学物質を分解できるような酵素を持った生物が
どんどん現れて来てますよ

159 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:sRxY2mZL
>>90
遅レスですまん
その映像は、ホッキョクグマの出現によって、海岸で休んでいたセイウチの群れが我先にと海へ逃げ出していくシーンで始まる
ホッキョクグマに近い場所にいた群れは、先頭の渋滞のせいで海に逃げられず、手近にいた子どものセイウチが狙われた
その子どもに圧し掛かって噛み付いているところに、すぐとなりに居た母セイウチが追い払うように首を振り、
逃げの体制に入ったホッキョクグマの後肢に牙が刺さった
ホッキョクグマは酔っ払いのように尻餅をついたあと、足を引きながら群れから距離を取っていた
海岸線には逃げ遅れたがパニックの収まった群れと、いくらかの死んだ子セイウチと、右往左往するホッキョクグマがいた
その後は血がしたたる傷口を舐めつづけるシーンとうずくまって動かなくなるシーンで終わる

160 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:Mi+/tIlK
肉食動物に尖った長い得物(獲物じゃないよw)を持たせたら
やっぱりちゃんと使いこなすんだなあ

草食動物は角があっても角先を相手の急所あるいは動きを止めるところに刺そうという
知恵が働かないのかな

161 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:JsNqUmyG
だって、捕らえる事が目的でなく自分が安全であればいいわけだからね。
追い払えれば十分。それ以上、例えば殺すとかは、人間的な発想ではやった方がいいかもしれんが
それが自然選択的に追い払うだけよりも大差あるとは思えないし、リスクもあるしな。

162 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:Rui0PFkL
爪も同じ
巨大なカギ爪イコール最強肉食動物とは限らないし

163 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:Mi+/tIlK
逆に相手の急所を超音波で把握して確実に攻撃してくるのがバンドウイルカらしい

バンドウイルカは妊娠した女性が水族館に来ると興味深そうにその人のところに集まってくるという
へぇ〜この生き物って妊娠するとこの位置になるのかって感じ

だが、

・イルカの小型種を見つけると鼻先で水上に放り投げ、腹から着水してダメージを確実に与える
しかも面白がって殺すだけ!
・ホウジロザメの襲撃を数匹で撃退する事もあるが、この時も腹を執拗に攻撃して内臓を痛めつけて追い払うという
超音波でホウジロザメの体を見て、何じゃこの肋骨無しの口と歯だけのふにゃふにゃボディーはと
ナメて掛かって来るらしい

164 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:Mi+/tIlK
ぼんやりしてた

ホオジロザメ だったorz

165 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:ZUG+ACc6
北斗神拳は陰の暗殺拳で経絡秘孔を付き、南斗は陽の拳で表からつき入れ全て破壊
なんてはなしもあるが
猫科は忍び寄り頚椎を砕くことで、いわば急所をつく北斗神拳ばりの暗殺拳といえる

パンチですべてを砕くクマや、噛み砕くイタチは南斗政権
しかし猫科ももとをただせば、そのような技巧を最初から持っていたわけでなく
もともと、すべての肉食動物は細かな技巧派もたぬ南斗聖拳だったといえる

北斗神拳の一部からも力任せにガンガン破壊なんてやつもでてくるわけで
暗殺教団ネコ科にねこぱんち、ネコキックで骨を折るとか、長いキバでガンガン切り裂く
などという乱暴物が出てきてもおかしくない

166 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:3VLYs65E
>>164
ホホジロ

167 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:DUj8vcnP
サーベルタイガーってゾイドで存在を知った奴は多いはず

168 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:1cVM55+0
象の牙は何の役に立っているんだろ?

169 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:H1t/G3d0
>>168
判子屋の為

170 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:lpJgKFla
昔は麻雀パイとかもあった

171 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:lpJgKFla
今更ながら、Wikiでサーベルタイガーの項目見たが、どうも狭義のサーベルタイガーで記載されてるっぽいな
サーベルタイガーって特定の属や科をさすんじゃなくて長い犬歯(犬歯である必要もないかも)を持った
ネコ科の生き物に似た生物の総称、だと思うのだが。広義では哺乳類である必要すらないかもしれん。

172 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:oNjoRrmw
>>162
http://stat001.ameba.jp/user_images/d7/de/10014069151_s.gif
http://www.geocities.jp/kunishiokcay/herizino1.jpg
この手の爪も武器とかじゃなく、
ぜんぜん別の用途がありそうな気がする。

大きい爪って、要はそれだけ刺さりにくい訳だからね。
(万一、刺さったら抜けにくいと言うデメリットまである)

ネコの爪は細いからこそ刺さりやすい。
http://odango.tea-nifty.com/photos/uncategorized/2010/12/06/101205_2303.jpg

もし本当に刺したり斬ったりする性能をあげたいなら、
刃物の太さはそのままで、本体の質量を大きくする方向に
進化した方が効果的なはず(多分)。

173 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:x3mf1nr/
失望した

174 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:C3nD4/a9
なんか巨根が草漏&フニャチンみたいな残念感だな

175 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:C3nD4/a9
なんだよ、草漏って

176 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:9oUCFpYA
興奮し過ぎて挿入前に草の上に射精する童貞動物を想像したw

177 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:NOq5Uvgi
>>1-2
ふざくんな
じゃあお前闘ってみろよ

178 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:0E2XzvUp
見ただけで、相手がビビって腰を抜かすから、使わなくて良い。

179 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:RnLTnvpl
いや、適度に丈夫で分厚くしなやかな皮や布に穴を開けるには
短いものより長いものの方が良い
物体に与える変形が大きい、つまり物体の一点に高い張力を与えられて
破りやすくなる、と考える事も出来る

♀ライオンがゾウの赤ちゃんの喉の頚動脈のある部分をまるで噛み切れない、というのを
ディスカバリーチャンネルで包装しているのを見て、そう考えたわけだが

          牙
皮皮皮皮皮皮牙皮皮皮皮皮皮
          皮


皮皮皮皮  牙  皮皮皮皮皮皮
      皮 牙 皮
        皮牙皮
          皮

脊椎動物の皮は、より下の組織と緩やかに接続している部分と、
強く接続している部分があるという
強く接続している部分に囲まれた中で、
タイコの皮のようなものが張ってあって、それを押し破るのに
必要な張力を与えるには、少しだけ尖った長い棒と少しだけ尖った短い棒、どっちが便利か?
と考えているのだが

180 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:61j/IlGH
>>178
ところが見かけ倒しなのがバレて
ボコボコにされて絶滅した
て所かw

181 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:RnLTnvpl
それでよく数百万年も誤魔化せたなあw

182 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:lpJgKFla
ウンピョウはあのサイズで下手なトラより牙長いんだっけ?
故に現代のサーベルタイガーと呼ぶ人もいる
それは大げさとしても、現生のウンピョウがもうちょっとのばし、閉じた状態でも外見から
分かるレベルにまでなれば、サーベルタイガーの系譜を受け継ぐ事ができよう。

その時にでも、牙を有効に使っていればこんな悪口は言われないはずだ。
ウンピョウ君には是非とも次世代サーベルタイガーとして頑張って貰わないとw

183 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:zBWqNrJz
>>182
&ジャッキー・チェン&サモ・ハン・キンポー『スパルタンX』

184 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:5hdnF0TU
いや、サーベルタイガーの噛む力はすごいよ
噛まれたオレが言うんだから間違いない

185 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:N3i+Py7M
象の牙みたいに対して役に立っていなかったのでは?

186 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:CtgbzZE+
>>184
お前が噛まれて生きてるって事はやっぱり弱いって事だな

187 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:lpJgKFla
184はそれで片足がないとか言えよw
サーベルタイガーの名誉のために

188 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:HyiqttlC
このスレ1001までsage埋めてください!お願いします!
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/break/1323723496/l50

189 :名無しのひみつ:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:ON1UEhT+
>>184
ニムラブス乙

190 :名無しのひみつ:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:Ca1oYsQW
タイガーって言われるけど、トラの仲間なの?

191 :名無しのひみつ:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:fix+WDGa
>>142
手こずるな

192 :名無しのひみつ:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:ReNAAWA2
どうせまた二転三転するんだろ。金の無駄。

193 :名無しのひみつ:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:fbSM5ps8
いやそれいったら古生物研究自体無駄になっちまうからさ

194 :名無しのひみつ:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:VGJZnw5K
>>190
初代タイガーマスク
ブラックタイガー
サーベルタイガー(正体はタイガー・ジェッ(ry)

195 :名無しのひみつ:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:XEf7+3Cb
タイガーと言われるが想像図に縞模様がない件

196 :名無しのひみつ:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:SMSaWTB3
サーベルタイガーの牙は肉食獣だからまだ判るが、キョンやイノシシに牙がある方が謎だ。

197 :名無しのひみつ:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:r5jzFKKw
草食動物は完全に♂同士の縄張り争い用だな

そして牙伸ばし遺伝子がY染色体にある、あるいはX染色体1個の時だけ発現、とかのシステムなら♂だけに発達するが、
体染色体にその情報があると、♀も牙があるという状態になる

198 :名無しのひみつ:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:ZNAVU6cE
そりゃまぁ、顎の筋力より開度重視だろ

199 :名無しのひみつ:2013/07/12(金) NY:AN:NY.AN ID:WjzjD6cp
サーベル状の牙で獲物の首の動脈を切ってたんでしょ

200 :名無しのひみつ:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:G/dEO2gY
>>199ディスカバリーチャンネルでそれを放送していた

201 :名無しのひみつ:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:Mg9eby3t
サーベルタイガーは草食動物

202 :名無しのひみつ:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:G/dEO2gY
あの歯じゃ草や木の葉なんて食べられないよ

ドリアンとか表面が硬く中がトロトロの大きな果物でも食ってた設定にする?

203 :名無しのひみつ:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:IJRAcC8e
マジレスするなとw

204 :名無しのひみつ:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:5i7iDstK
実は病気でめちゃくちゃ困ってた

205 :名無しのひみつ:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:/spncFDs
ライオンのたてがみと一緒だとなぜ気付かない?

206 :名無しのひみつ:2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:NcLHtAUH
ライオンのたてがみはサーベルタイガーの牙をガードするために進化したのかな?

207 :名無しのひみつ:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:Zk8v/kRV
顔を大きく見せる為じゃね
キンタローとか不気味で恐いじゃん

208 :名無しのひみつ:2013/07/14(日) NY:AN:NY.AN ID:QyLK240D
牙が武器になる動物では頭骨の大きさが口の開く大きさ、噛む力にある程度関わってくるからなあ

209 :名無しのひみつ:2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:gWmDz9lb
象の牙、セイウチの牙、ともに大して役に立っているとは思えない。

210 :名無しのひみつ:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:GDE42gMK
そういえば、哺乳類の先祖でサーベルタイガーのように長い牙をもってるのに、
草食という一見肉食動物だが、実は草食という変わったのがいたとか

211 :名無しのひみつ:2013/07/28(日) NY:AN:NY.AN ID:kO5+h0xk
ディキノドン類かな?まあ牙以外の歯の形状が肉食じゃないというか無いんだが。

212 :名無しのひみつ:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:vxMUF1uz
古代の世界 - 新発見、牙のような剣歯の古代草食動物
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20110325001

記憶元に検索したらあった、多分これだと思う

213 :名無しのひみつ:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:t9/AjiQn
>>210
カバとか歯が尖ってて立派だったと思うけど雑食だっけかな

214 :名無しのひみつ:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:3uEc9Yuf
クワガタのオスだって立派な大顎を持ちながら主食は樹液だから。

215 :名無しのひみつ:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:1m7xDz+Z
同種間の争いに使う

だがクワガタの♀は、特にオオクワガタの♀は死に掛けた昆虫に大顎で傷をつけて
体液を舐めて栄養を取る事が往々にしてある

216 :名無しのひみつ:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:ym3qfCmO
牙よりもイッカクみたいな角の方が武器になりそうだけどなぁ。
折れやすいとか?
まぁ単純に邪魔くさいってのもあるのかもしれんけど

217 :名無しのひみつ:2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:cd1UUmwa
イッカクの角の様に見えるあれは門歯、つまり前歯が変化したもんだから折れたら終わり。あまり硬くもないらしい
イッカクの牙は雄だけにあって雌には無いので、無くても生きるには影響ないとも言われる。
あれは武器ではなく鹿の角みたいな雄同士のアピールに使われるとも言われてるが正確なとこはまだよく判らんらしい。

218 :名無しのひみつ:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:FfGk3rDv
雄だけに牙がある種は、明らかにダーウィンの性淘汰で説明しやすいでしょう?

ただしウォレスのいうように、性淘汰も所詮は自然淘汰に反せないわけで、
自然淘汰に有利な性淘汰でないと説明できない気もするね。

イッカクは雄同士で争うのであの牙が体に深く刺さった傷をもつ雄が発見されたりする。
それで死亡する雄も結構いるんじゃないかな? そこから細菌が入ったりして。
それは子孫繁栄上、不利な要素にならないのだろうか?

219 :名無しのひみつ:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:9LAOxAsw
そもそもオスだけなの?
それに記事でも言ってるが、サーベルタイガーって様々な系統にいたんだろ?
そのどれもがそうなの?

220 :名無しのひみつ:2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:k/fLbTcY
象もセイウチも雄雌両性が牙を持つけれども、雄のほうがいくらか長いから微妙か。

221 :名無しのひみつ:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:ChQ5lRVp
>>168
メスの取り合いのため

鹿の類でも不便なくらい巨大な角を持ってたりする
サーベルタイガーもその線はあるよ

222 :名無しのひみつ:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:sI1HtAs2
メスも長かったら間違いだね
つかあれを使って狩りをしてたんならメスも長くないとおかしいだろ

223 :名無しのひみつ:2013/08/07(水) NY:AN:NY.AN ID:GUNSzlQ9
>>222
そうとも限らんだろう。
役割分担することで、機能に違いが出る場合もあるし。

224 :名無しのひみつ:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:jAbFy20i
つか単独狩りしてたんだろ?
それに、化石がそうなら、いくら理屈こねても結論は出てるわけで

225 :名無しのひみつ:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:kNiuPtQj
ちんこみたいなもんだろ

大きさで勝負

226 :名無しのひみつ:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:3xD49Efs
噛む力が弱いってことは内臓と肉しか食えないんだな
なんか効率悪そう

227 :名無しのひみつ:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:tbkZELs0
雄がちんこの大きさで優劣を決する動物だったら、ちんこがもっと見せやすい所にあって色や形も派手になった種がいてもおかしくないな。

228 :名無しのひみつ:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:cyN9PgMM
ノリアキスレ

229 :名無しのひみつ:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:NbgKptxh
>>227
急所なんだから隠さなきゃまずいだろう
おっぱいはアソコより大事じゃないしアピールしたもん勝ちだね

230 :名無しのひみつ:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:Tf13uXUT
直立歩行をはじめた人類のメスは生殖機能をアピールするため尻の代用として
常時乳房を膨らませている。
さらに進化すると、不自由なくらいの巨乳だらけになるかも

231 :名無しのひみつ:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:3xD49Efs
噛み合わせ最悪なのに噛む力あっても意味なくね?
あんなの突き刺す以外ないだろ

232 :名無しのひみつ:2013/08/08(木) NY:AN:NY.AN ID:tbkZELs0
>>226
ネコ科動物が食事の時に主に使うのは牙ではなくその奥にある裂肉歯。
これは上下の歯がハサミの様に噛み合わさり肉を切り取る歯なので顎の力より噛み合わせの方が重要。
骨をかみ砕くとかしないなら問題にはならんだろう。ライオンやトラだって獲物は柔らかい内臓から食べるし。

233 :名無しのひみつ:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:3k6kWezR
スミロドンとチラコスミルスの比較面白いねぇ

234 :名無しのひみつ:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:WpT39lVr
修練進化が複数怒ってる事を考えると、やっぱ、狩りにも役立ってると考える方が自然だろうなあ

235 :名無しのひみつ:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:AYJDwDef
遺伝的な変異として生じやすい変異ってだけかもしれないよ。
適応性は古典的ダーウィン主義者が信じるほど重要じゃない場合も考えうる。

236 :名無しのひみつ:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:hB74baT+
草食動物にツノが生えてるってのは良くあるが
別に狩りには使ってないぞ。

237 :名無しのひみつ:2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:b25FruB0
いやそもそも草食動物は狩りなんかしませんので

238 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:M3qpeBNz
>>236が言いたかったのは、草食動物はそもそも狩りはしないので、
草食動物には角の生えているものが多くいるが、そのこと自体が
狩りに使っていない証拠だということだろう。

239 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:8jGxJjN2
牙は通常、狩りに使いますし、サーベルタイガーは肉食動物です。
全然関係ない物をもってきて、さも関係有るように話されても

240 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:M3qpeBNz
しかしその先入観に疑問符がついているわけで。

241 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:8jGxJjN2
まあ何れにしても草食動物は参考にならんし、角と牙は関係有りませんので
最低でも、肉食動物の角とか、草食動物の牙程度は関連性もたないとまったく意味はない。
それですらも、もしかしたら程度ですけどね。

242 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:MeY3AX+O
角のある肉食動物なんていたっけ?

243 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:JllnpGPe
牛、鹿、羊、ヤギ、サイ、キリン・・・

全て草食動物です。ありがとうございました。

244 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:XTYRjpYm
いないからなお言ってるわけだが、アホかなw
まったく関係の無いものを持ってきてメチャクチャ言ってる事がなお証明されてるだけ

245 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:90JksIVt
>>242
強いて言うなら獣脚類の涙骨突起かな
頭から突っ込むから目の保護のために発達してた
角っぽく見えるのはアロサウルス、ゴルゴサウルス、カルノタウルスぐらい
勿論攻撃用じゃない

246 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:FPa5qdyY
牙だからと言って、攻撃用とは限らない。
草食動物にも多数いる。
ウサギだってそうなるのもいる。

247 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:XTYRjpYm
草食動物は本来、攻撃なんかする必要ないの。
追っ払えば十分なの。草食でそうだから肉食も、なんてのは、
無理のある詭弁で説得力皆無なんだよ。
せいぜいが可能性としてはゼロじゃないって程度なのに、それが真実であるかのように言うなっての

248 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:FFA+rllw
肉食動物の牙で狩に使用されないものというと・・・・イッカクとか?

セイウチの牙は餌を掘り起こすのにも使うけど
オス同士が争うのに使ったり、上陸時にピッケル代わりにしたりもするな

249 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:LzVumkE8
長い牙はネット上のおまえらみたいなもんか

250 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:uVGYrzpt
カバみたいに骨格から予想もできないような生態だったのかもしれない

251 :名無しのひみつ:2013/08/10(土) NY:AN:NY.AN ID:FPa5qdyY
想像付かない生態か。
崖を登るのに使ったとか?

252 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:nra6i0aY
イッカクみたいに長さで仲間同士が勝負してたんだろ

253 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:qTfKmiIZ
>>241
そうかねえ。アフリカ象にも口から長くはみ出した牙があるが、肉食動物ってわけではない。
この事実からして牙というのが狩りに結び付けられる必然性がないことだけは分かるよ。

セイウチはあの牙を狩りに使っているだろうか。「牙=狩り」という先入観を一度棄てた方がいい。

254 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:+0xYs2B7
>>253
> この事実からして牙というのが狩りに結び付けられる必然性がないことだけは分かるよ。
いや、それは草食だから当たり前。もともと狩りは絶対にないんだからw私は狩りをしない動物は
牙は絶対に発展しない、とは言ってませんよ?
草食動物など、関連性の薄い話を持ってきて、だからサーベルタイガーも間違いなく
そうであったとか、無茶苦茶も良いところでね。そういう鳥がこうだから翼竜も絶対にこうだ、
みたいな話に乗る気はない。実際には、鳥が出来てもコウモリに出来ない事はあり、逆もまたしかりでね。

> セイウチはあの牙を狩りに使っているだろうか。「牙=狩り」という先入観を一度棄てた方がいい。
なんの先入観ですかね?
私は、まったく意味がない、関係ない事を持ってきて、さもそれが真理であるかのように言うのを
メチャクチャと言ってるんであって、結果まであなたのように断定的に判断してるわけじゃありませんが?
可能性が高いとは思えないって程度。何れにしても全然関係のない事で断定されても困る。

255 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:qTfKmiIZ
ライオンのような狩りの必要性をもたない草食動物ですら長い牙が発達する自然選択がされる。
狩りの必要性と牙をイコールで結び付けなきゃならない必然性が自然界にない。

256 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:+0xYs2B7
>>255
> ライオンのような狩りの必要性をもたない草食動物ですら長い牙が発達する自然選択がされる。
> 狩りの必要性と牙をイコールで結び付けなきゃならない必然性が自然界にない。

何が言いたいのか意味不明。それで別にいいし、否定した覚えなど無いが。
まさかそのまったく関係のない、事実上意味のない話でサーベルタイガーも絶対にそうである、
意味はなかった、と言い張るつもりですかね?勘弁してくれw

257 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:qTfKmiIZ
ライオンのような狩りをする動物は狩りをするから、口から突き出た大きい牙があったほうが
自然選択上有利なはずだとする根拠は意外と希薄なのかもしれない。

258 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:eRA9fRJb
肉食動物と思われるから、牙は狩り用と断定するのは早計。

スミロドンについては犬歯が大きすぎるように見える。
あれで噛もうとしてもアゴの可動範囲では幾らも噛めないし
口を閉じて突き立てると、今度は下あごが邪魔であまり刺さらない。

このスレの指摘だと下記が挙げられてたが、どれもナルホドと思わせる。
・穴を掘る
・岩塩を削る
・体当たり用
・セックスアピール

気になるのは、大型肉食獣を狩っていたら、食う時エライ大変だなということ。
前歯でチマチマ食ってたんだろうか?

259 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:lENHYCGH
>>258
スミロドンではないが……
いわゆる剣歯虎とはやや遠縁だが、長い犬歯を持つユースミルスというのがいる。
頭に穴があいてるニムラブスの化石が発見されてるんだが、その穴はユースミルスの牙の大きとほぼ一致しているそうだ。
ニムラブスはユースミルスと近縁だが、やや小柄の肉食獣。ある程度行動範囲は被っていたのかも知れん。
少なくとも、縄張り争いにはこの牙を使ってたんじゃなかろうか。

260 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:aHa5cLoC
ところで、誰も答えないが、サーベルタイガーのメスって牙短いの?
あまりそれ聞かないんだが、短くなければ、性選択とか言うのはかなり疑問になる

261 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:xHwGiwf+
戦闘力じゃなくてクジャクとかオナガドリの尻尾みたいなもんだと思ってたから
『皇国の守護者』でサーベルタイガーが戦闘に用いられてるのには違和感があったな

262 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:aHa5cLoC
メスの話は誰もしないのな。

>>261
だって一般的には、あれで大型獣を倒してたって説明が多いし当たり前じゃね

263 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:dHA3rOAm
サーベルタイガー嫌い
小さい頃、ちっちゃい馬とか鼻が短いゾウが好きで図鑑をよく見てたけど
「おまえらガキは俺のことが好きだろ」みたいにでかい顔してたのが気に入らなかった
ティラノサウルスとかも嫌いだ
あんなのよりへんてこな両生類のことが知りたかった

264 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:aHa5cLoC
俺は古生物はみんな好きだが。

まあ言いたい事は分からんでも無いが、いちいちここに来てそれを言うなと
カエルやそういった変わった古生物のスレで思う存分話せばよいだろ、ここでグチを叩く
暇があったら、それでもっと発言して頑張ったらいいのに。それはこのスレをのばしてるだけ。

265 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:lENHYCGH
幾つか資料見ても、雌雄の差について触れてるのは無いなぁ……
多少小さい程度だったのかもね。

>>263
確かにw
あのての分かりやすい特徴は、あざとく感じられなくもない。

266 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:v7KWsP0q
のび太が両手で口を持ってたが、まんざらでもないな

267 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:t9AjsZp1
♀は牙が短いが故に別属として扱われてる・・・なんてことはないよね?

268 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:aHa5cLoC
メスも同じ長さなら、ちゃんと日常的に役立てていた可能性が高いって事だね

269 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:SYtSOyqF
イッカクやバビルサの突出した牙、トナカイ以外のシカの角は、
雄にだけ生えて雌には生えないので、明らかになんらかの性選択だと分かる。

でも、トナカイの角は、雄の角の方が雌より大きく立派であるものの、
雄雌両性にあるので、性選択以外の役にも立っていると考えたほうが自然。

雄ほど発達する必要はないにしても、ある程度は必要だから雄雌両方にあるのでは?
その点では、セイウチやアフリカゾウの突き出た牙も同じことが言えそう。

とはいえ、ダーウィンが晩年に唱えた性淘汰説は万能な理論であり、
たとえその形質に性差がなくても、その形質の進化を説明しようと思えばできちゃう仮説。
そのせいで反証も難しい。

例えば、雌が体の大きい雄を好んで交尾し、かつ、その遺伝子が性染色体以外にあれば、
そのペアからつくられた子は雄雌共に大きい体になることが予想される。
このように性選択はあらゆる形質を説明できる万能性をもっている。

270 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:eRA9fRJb
>>259
ウンピョウ並の長さなら十分武器として使えるが
それ以上は食い付くのは大変そうに見える。
仮に食いついても致命傷にはならないかも。

合理的な姿がイマイチ想像出来ないんだよなぁ…

271 :名無しのひみつ:2013/08/11(日) NY:AN:NY.AN ID:BP63GaOt
>>265
あざとさではむしろ両生類のディプロカウルスの方がはるかに嫌い。

272 :名無しのひみつ:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:eIQiuRJR
野生動物にもゲイは居るそうだが
ひょっとすると歯をゆっくりと優しく肛門に入れて
楽しんでいたのではないだろうか

273 :名無しのひみつ:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:koxv7XS9
原生動物でサーベルタイガーに似てるのはセイウチやトドなんかだよね

274 :名無しのひみつ:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:cAReolFJ
ウンピョウでしょ
それは似ても似つかない。クモもタコも足が8本だから似ているというようなもん

275 :名無しのひみつ:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:Irs8ld7j
あれだけ牙が長いとかえって噛み付きにくそう。
顎をおもいっきり開いても牙が長くて噛むスペースがあまり確保できない。
顎が外れるほど口が開いたのかな。

276 :名無しのひみつ:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:cAReolFJ
最大120度くらい開けたらしいよ普通のネコ科は90度も無理らしいが
まあかむと言うより、牙で切り裂いて出血死させる戦略らしいから、
牙さえ当てられればあとは貧弱な力でも良かったんだろう

277 :名無しのひみつ:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:frQe/gez
切り裂くって、そんなに鋭利には見えんし、使ってるうちに
丸くなるんじゃね?

本当に切り裂きたいなら、サメのようなオルファカッター式でないと。

278 :名無しのひみつ:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:cAReolFJ
いやそれを言ったら通常のトラやヒョウだって犬歯は使い物にならないって言ってるようなもんだが
あと一応、種類によっては伸び続けるのもいたはず。ティラコスだったかな。

279 :名無しのひみつ:2013/08/12(月) NY:AN:NY.AN ID:KWRwIzeD
最強のもぐらハンターだったのかもしれん

280 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:r6QP4J4j
>>278
虎や豹の牙は小さい分だけ細いだろうから突き刺しやすいんじゃないかな?

281 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:mdnqfaQ5
それならサーベルタイガーも問題ないね
なんというのか凄く適当な感覚でしゃべってないかと
使ってるうちにダメになるとか何じゃそりゃ、って感
それなら切歯とか犬歯とかそういうの全部ダメじゃん
あまりに素人感覚で決めつけて考えすぎだろ

282 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:joTa6sN8
横槍すまんが>>277の言わんとしてるのは

●現生ネコ科と違い犬歯をナイフのように使ってるならより切れ味が求められるはず。
●だから現生ネコ科よりも牙の磨耗は深刻な問題になるはず。
●また牙が大きいということはより強い力で打ち込んでいたはずであり磨耗速度も早くなるはず。

って感じじゃないのかな?

283 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:mdnqfaQ5
だからそれ全然具体性がないし、データや根拠に基づく物でもないし、素人感覚なんだが
1行目だけをとっても明確な根拠はないし、適当感覚だよね。
要はこの目で見ない限り信じない、って素人的に言ってるのとかわらんでしょ
で、実際には説明としてはそうやって狩っていただろう、という記述はごまんとあるわけでそれは
完全無視なわけでさ。

284 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:r6QP4J4j
>>281
> それならサーベルタイガーも問題ないね

なんで?
虎やライオンの犬歯は細くて鋭い。
これなら相対的に軽い力で動物の皮膚に食い込むと思う。
http://porco-rosso1965.blog.so-net.ne.jp/2009-12-10
http://blogs.yahoo.co.jp/goranmaru/archive/2010/9/4
http://photo.sankei.jp.msn.com/highlight/data/2013/05/17/05lion/

一方、スミロドンの犬歯は太いぶんだけ鋭さがない。
これでは動物の皮膚に穴を開けるのにかなりの力がいるはず。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:Smilodon01.jpg
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4d/Smilodon_californicus_-_Slice_and_stab.jpg

285 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:mdnqfaQ5
>>284
太い分だけ鋭さがないってのは意味が分からんね。
根本まで突き刺すのはそれは難しいかもしれんが、さきっぽ
2センチぐらい突き刺すだけなら一緒だろ

それに、別に穴を開けると言うよりは切り裂くだけだし
後半は殆ど意味無いね。

286 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:vX3PaFet
ゾウのキバ、カバのキバ、クワガタムシの顎

こいつら草食なんだよな

287 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:eVgKLB8/
>>286ゴミムシの一部でかなり大顎の長いのがいるね

288 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:eVgKLB8/
このスレはむしろ物理あるいは加工に関する工学的な考察のほうが重要なのかもな

包丁で刺身を切るとき、刺身にどんな力が加わり、それに伴うどんな変形が起こっているか?
という研究がある

自分がどっかの番組で見た限りだと、
ゾウの赤ちゃんを♀ライオンが3匹で襲ったが皮を噛み切れなかった例では、
メスライオンは折角ご自慢の鋭い牙で首に噛み付いたのに、
皮が柔らかく伸びちゃって全然手ごたえなし、なんだよなあ

全体として柔らかく、表面には手掛かりの無い物体Aに鋭い物体Bをちょっと押し当てて引っ張っても、
その物体に変形の限界に達するほどの強い張力を掛けなれないから、
切り裂く事も突き刺すこともできない

じゃあ、どうやったら突き破れるか?

変形を、大きくすればいいんだよな?

じゃあどんな牙を使ったら、皮の表面の変形を大きく出来るのか?

289 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:OxwPVGrC
資料を見ると、剣歯虎や偽剣歯虎の犬歯には二つのタイプがあったらしい。
一つはスミロドンみたいに、長く根元が太いタイプ。
もう一つはホモテリウムみたいに、やや短めの薄いナイフ状の犬歯を持つタイプ。
前者は深く突き刺して動脈を狙い、後者は肉を切り裂く使い方をしていたらしい。
ちなみに後者のホモテリウムの巣と思しき洞穴からは、ゾウの幼獣の骨が大量に出てきたそうな。

290 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:JJXixb8c
>>3
なんというか
GJ(笑

291 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:joTa6sN8
>>289
上の流れを見るとスミロドン型とホモテリウム型を
ごっちゃにして議論してるような感じになっちゃってるな。

>>284のはスミロドンの画像だけど>>285の言う「穴を開けると言うよりは切り裂く」は
ホモテリウムがやっていたと言われる戦法なわけだ。

292 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:X6xa6x/x
正直、それが正しいという保障もないんだが、仮にそうだとしても、
この場合、どっちでも大差ないんだが。

口で事細かに説明するのが大変だからそうなってるだけで、要は切り裂くってのは、
俺的には、牙を使って血管を傷つけて失血死させるという意味でしかない。
あと、この話はもともと、牙を狩りに使ってない、という話の反証として言ったつもりなんで
極論言えば、細かい差などどうでも良い。

293 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:joTa6sN8
>>292
>>285で「穴を開けるというより・・・」ってわざわざ言ってるじゃまいか。
穴を開けるのも血管を傷つけることに変わりは無いんだからどっちでも良いなら訂正の必要はあるまいに。

そもそも>>277の「そんなに鋭利には見えんし」とは「切り裂く」行為を踏まえて言ってるわけで
(これはスミドロンのイメージで言ってるものと思われる)
そこをどうでも良いと言ってしまっては議論の前提が崩れてしまうよ。

294 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:X6xa6x/x
>>293
> >>285で「穴を開けるというより・・・」ってわざわざ言ってるじゃまいか。
それはレス元が使ってたから言っただけなんで。

> 穴を開けるのも血管を傷つけることに変わりは無いんだからどっちでも良いなら訂正の必要はあるまいに。
レスをつけなければそうしたろう。

> そもそも>>277の「そんなに鋭利には見えんし」とは「切り裂く」行為を踏まえて言ってるわけで
営利じゃないってのは言った人の主観でしょ
で、あんまり、この話で引っ張りたくないし、無意味差を感じるんだが、続けるの?

> そこをどうでも良いと言ってしまっては議論の前提が崩れてしまうよ。
俺の論の主旨は本来、はサーベルタイガーが牙を使って狩りをしたかどうかであって、
その先の血管の傷つけ方まで細かく論ずる気はあまり無いんだが。
そもそも、こういうの凄く曖昧だしね、切り裂くとか穴あけとか野生動物の狩りで厳密に区別
出来るとは思えないし、狩りの件より立証は難しいしね。無意味さを感じるんで。

295 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:lvKJTUGs
>>285
> 太い分だけ鋭さがないってのは意味が分からんね。

はーて、分からないかねえ?
分かりやすく喩えれば、針で皮膚を刺すのと釘で皮膚を刺すのとの違い。
針は比較的軽い力で皮膚に刺さるが、
釘はかなりの力を加えないと皮膚に刺さらない。

大きくて太いことは犬歯の機能としてそれだけ優れていたことを意味しない。
実際にはライオンや虎の犬歯よりも機能的にダメダメで劣っていたとすら考えられる。

296 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:X6xa6x/x
>>295
> はーて、分からないかねえ?
わからんな
> 分かりやすく喩えれば、針で皮膚を刺すのと釘で皮膚を刺すのとの違い。
それは、サーベルタイガーの牙の先っぽ2センチと、トラの牙の先っぽの太さが違えばそうでしょうが。
実際には長さが違うだけで殆ど変わらないならそうはならないね。

297 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:joTa6sN8
>>294
議論をしている者同士の認識にズレがあると議論自体が見てて歯がゆいものになってしまうので・・・
一連の議論の発端は>>276が「切り裂いて出血死させるから貧弱な力でもよかった」と言ったことのようだから
「強い力が必要ないほど牙が鋭利なのかどうか」はかなり重要な論点になる。

これはあなたの言う「牙を使って狩りをしたかどうか」にも関わる話。
つまり牙が鋭利でナイフのように使えたならそのように狩りをしていた可能性が高まるし
そうでないならどのように牙を使ったのかを再考する必要がある。

例えばホモテリウムは牙をナイフのように使ったがスミロドンはそうではなかったとも考えられる。
そういう意味でこの両者を一絡げにしちゃまずいよ。

298 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:lvKJTUGs
あれだけ巨大化した犬歯は、獲物の皮膚を引き裂くような機能面で優れていたというよりは、
その面ではむしろ不利であって、せいぜい敵を威嚇する面で優れていた程度じゃないだろうか。

299 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:X6xa6x/x
>>297
> 「強い力が必要ないほど牙が鋭利なのかどうか」はかなり重要な論点になる。
これ、具体例とデータがないとすごい机上の空論にもならんから無意味に感じるわけだが。
276で納得しない人は絶対に納得しないと思う。

300 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:joTa6sN8
>>299
それを言うとサーベルタイガーが牙で狩りをしたかどうかの議論自体が無意味になってしまうんだけども。

301 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:eVgKLB8/
いや、適度に丈夫で分厚くしなやかな皮や布に穴を開けるには
短いものより長いものの方が良い
物体に与える変形が大きい、つまり物体の一点に高い張力を与えられて
破りやすくなる、と考える事も出来る

♀ライオンがゾウの赤ちゃんの喉の頚動脈のある部分をまるで噛み切れない、というのを
ディスカバリーチャンネルで包装しているのを見て、そう考えたわけだが

          牙
皮皮皮皮皮皮牙皮皮皮皮皮皮
          皮


皮皮皮皮  牙  皮皮皮皮皮皮
      皮 牙 皮
        皮牙皮
          皮

脊椎動物の皮は、より下の組織と緩やかに接続している部分と、
強く接続している部分があるという
強く接続している部分に囲まれた中で、
タイコの皮のようなものが張ってあって、それを押し破るのに
必要な張力を与えるには、少しだけ尖った長い棒と少しだけ尖った短い棒、どっちが便利か?
と考えているのだが

302 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:eVgKLB8/
ここらで、ネトウヨサヨ議論も込みにするため煽っちゃおうかなあ?wwwwww

あのさ、日本ってものすごく真面目に包丁研いでさ、刃物の鋭さを生かして
それでチマチマチマチマと大きな物体を削るように切って行けば
いつかは全部切り離せる!って
まるで何もかもノコギリで切る時みたいなモデルでしか、物体の切り方を一般社会で説明しないじゃん?

そうじゃなくて、

もっと長くて強くて、ちょっと尖ってる程度のもので獲物の皮を貫くためには
どんな使い方がよいか?って考えられないかなあ?

7〜10cmの牙で噛んでも、皮がぐにゃーって伸びちゃって全然噛み切れない!

でも、20〜30cmの牙で引っ掛けて引っ張ってやったら、皮が他の歯に届く前に
張力の限界に達して破れる

そういうモデルを考えないと!

一寸法師的なちっちゃな道具だけじゃ、全部を切り離そうとしても最後は届かないんだよ
大きなもの、分厚いものを切ったり穴を開けようとするなら、
大きな器具を使わないと駄目な場合もあるんだって!

303 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:X6xa6x/x
>>300
> それを言うとサーベルタイガーが牙で狩りをしたかどうかの議論自体が無意味になってしまうんだけども。

まったくなりません。意味不明に勝手に決めないでください

304 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:BfQvwaGT
なかなか勉強になるね。
工学的思考をしない人間とのコミュニケーションってのは
全然噛み合わないものなのか。
普通は計算や実験をする前に、工学的思考でもって当たりを付けるんだが。
(計算屋はいきなり計算して、計算を結果に合わせるけど)

例えば、獣脚類の歯を見た時に、断面形状が流線型で
側面にギザギザが付いていたら、これは切り裂く為の歯だろうと当たりが付いて
それを元に、拘束条件を当て嵌めることで、計算が可能になる。

スミロドンで考えるなら、切り裂くのか突くのかどう使ったかがイメージ出来ないと
話が始まらないが、深く突き刺すことで頚動脈を傷つけるというのであれば
その力を受け止める金床は何かという疑問を、まず解消する必要がある。

305 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:eVgKLB8/
>その力を受け止める金床は何かという疑問を

まったく関係ない話からちょっと始めるか

ビートたけしが19年前に顔を骨折したときに、顔を手術した訳だが
ほとんど手術跡が顔に見当たらなくなってしまった
一部麻痺が残ったとかは、その当時はあったようだが

で、なぜ手術跡が目立たないかというと、
人間の皮膚には、下の結合組織や筋組織と強く接続する膜があったり無かったりするわけだが
(鳥の骨付きの腿肉なんかを見てると分かることがある)
この部分を傷つけないようにしたら、傷跡が残りにくいんだ、とか言ってたらしいね
どこまで本当か知らんが
________________________________________

何で手術の話なんだよ?と思うかも知れんが、これからが本題

それで、だ

表皮と真皮を合わせた部分の下に筋組織があってそれに薄い膜で繋がっているとしたら、
その膜で囲まれた部分、というのが当然出来るよね?
まあポリゴンになってるかも知れん

その中央に、短い牙を押し当てた場合と
長い牙を押し当てた場合

どっちが、突き破れるまで皮を押し続けられるか?というわけだ

306 :名無しのひみつ:2013/08/13(火) NY:AN:NY.AN ID:joTa6sN8
>>303
あなたは「強い力が必要ないほど牙が鋭利なのかどうか」について

>具体例とデータがないとすごい机上の空論にもならんから無意味

と言ったけど、これはそのまま
「サーベルタイガーが牙で狩りをしたかどうか」にも当てはまるでしょ。
>>297に書いた通りだけどね。

もしそうでないと言われるならどこが違うのか解説キボン。

307 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:wbFedqIl
>>306
> >具体例とデータがないとすごい机上の空論にもならんから無意味
> 「サーベルタイガーが牙で狩りをしたかどうか」にも当てはまるでしょ。
関係ないね。
あまりに示すデータの細かさの次元が違いすぎるし、
狩りをしてるかどうかはそれのみで判断してるわけじゃない。

牙を使って狩りってのは別に細かいデータが無くても、物理的に可能であればある程度言えるが、
突き刺したとか切り裂いたってのは、詳細すぎ、細かすぎて話にならないね。
だいたいデータを出さずに力が強ければ切れたとか切れないとか言ってもまったく意味をなさない訳だが。
はっきり言えば、お前さんが何を求めてるのか理解できないね。
あと、狩りをしてるというのは別に牙だけでなく、歯形であるとか、すみかに動物の化石が
いっぱいあった、とかでも類推できるから、牙のみに拘る必要はない。

308 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:vUJAmQdG
カッコイイから許す

初めて買ったゾイドだよ

309 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:1C1McFRG
>>307
>お前さんが何を求めてるのか理解できないね

とりあえず俺が腑に落ちないのは
>>276が「切り裂くように使うから貧弱な力でも良かった」と言ったのに対し
>>277が「貧弱な力でも切れるほど鋭利だったのか?(鋭利な状態を保てたのか)」と疑問を呈しており
この時点で「牙は切り裂くためのナイフになるものだったか否か」の議論が行われていて、
>>285でも「穴を開けるというより切り裂くだけ」と飽くまで「切り裂く」方式を意識した論調だったのに
>>292で突然それらを「細かい差」などと言い出して論調が変わっていること。

ぶっちゃけて言うと>>289が指摘した「スミロドンとホモテリウムの差」について
それまで考えを至らせていなかったのだろうと勘ぐっている。(そうでなければ失礼)

>牙のみに拘る必要はない

これはスレの流れを無視しすぎというもの。
ここでは「サーベルタイガーの牙は狩りに使えたのか否か」が中心的な話題であって
「サーベルタイガーが狩りをしたか否か」ではない。

310 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:ESCVJKPs
やはり草食動物か

311 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:f8NxS7XZ
>>310草も食えない歯だぞ

312 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:wbFedqIl
>>309
> とりあえず俺が腑に落ちないのは
> >>276が「切り裂くように使うから貧弱な力でも良かった」と言ったのに対し
そもそも276は前のレスが開口角度を言ってたから、それの回答として言ったんであって、
後半部分は本来言う必要はなく、ついでで言っただけなんだがね。

> >>277が「貧弱な力でも切れるほど鋭利だったのか?(鋭利な状態を保てたのか)」と疑問を呈しており
つかさ、馬鹿馬鹿しいが一応聞くけど、そもそも貧弱ってどの程度を想定してるわけ、あんたは?
具体的に言って貰いたい。あと、鋭利さってのも具体性まったくないよね?それも具体的に。
それらが分からないと何の意味もない。話しようがない。それを話すというなら、どうやって結論づけるのか
説明して貰いたい。


>
> >牙のみに拘る必要はない
>
> これはスレの流れを無視しすぎというもの。
まったくそうは思わないし、そうだとしても知った事ではありませんがw
だいたい276はあなたの思ってるような意図で話したわけでもないし、
そういう風に勝手に勘違いしたような、話ばかりされてもね。

313 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:eM0hyhIC
サーベルタイガーといってもホモテリウム属の牙はまだ小さいほうだしな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ファイル:Machairodus_giganteus.JPG
にしても太いか。それに鋭利にも見えない。
人がこの牙を使って肉を切り刻もうとしても使いにくくてしょうがないだろう。

314 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:f8NxS7XZ
包丁ではないんだよな

せいぜい、バール

315 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:eM0hyhIC
雄のジャコウジカの牙
http://en.wikipedia.org/wiki/File:Porte_musc_Profil_2.jpg
http://ferrebeekeeper.wordpress.com/2012/02/22/musk-deer/

316 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:f8NxS7XZ
http://www.geocities.jp/tusu6/honekyon.htm
キョンの頭骨

オスの牙はメスより大きい

317 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:st/HEJNf
>>313
エストックみたいな物かねぇ。
こいつを体重乗せて打ち込んで、厚い皮膚を貫く、と。
多分、下顎の犬歯は滑り止めなんだろう。

318 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:1C1McFRG
>>312
ついでで言ったにしろ、現にその後は牙の鋭さについて議論が交わされてるわけであって
あなたがどういう意図で言ったのかは周りの知ったことじゃないよ。

>そもそも貧弱ってどの程度を想定してるわけ、あんたは?

「貧弱」という言葉はあなたが持ち出したのだからむしろこちらが聞きたい。
まあ>>276から感じる印象で言うなら少なくとも現生の大型ネコよりだいぶ劣る力、というところ。
であれば牙の鋭利さも少なくとも現生ネコ科より上である必要があることになる。

>まったくそうは思わないし、そうだとしても知った事ではありませんがw

このスレでサーベルタイガーが牙を使わずにどう狩りをしたのか
議論されてる箇所があったら示してほしいな。


詰まるところ俺が言いたいのは
スミロドン型とホモテリウム型をごっちゃにしないほうがいいだろう、ということなんだけどね。
「牙で切り裂く狩り」はホモテリウムがしていたとされるもので(ホモテリウムの牙が薄く刃状になっていることから)
牙の形状が異なるスミロドンが同じような狩りをしていたかは疑問がある。

319 :名無しのひみつ:2013/08/14(水) NY:AN:NY.AN ID:8GX/71ek
>>318
> ついでで言ったにしろ、現にその後は牙の鋭さについて議論が交わされてるわけであって
ついではついでだよ。
それに無意味と知りつつ、相手してるんだから、そこまで言われる筋合いはない。

> あなたがどういう意図で言ったのかは周りの知ったことじゃないよ。
さあ、それはどうかな、普通はどうでもいい、無意味と思ってる人に話を続けたりはしないね。

> >そもそも貧弱ってどの程度を想定してるわけ、あんたは?
> 「貧弱」という言葉はあなたが持ち出したのだからむしろこちらが聞きたい。
分からんねwと言ったらどうする?別にそう言っても良いんだぜ?
それで穴がどうとか、議論できるような、そんな話じゃないからね。もちろん具体性もない。
同格のトラやヒョウに比べて若干下回ったとしても、それが出来た可能性が高いってだけだしな。


> >まったくそうは思わないし、そうだとしても知った事ではありませんがw
>
> このスレでサーベルタイガーが牙を使わずにどう狩りをしたのか
> 議論されてる箇所があったら示してほしいな。
恐らく、君はまたも大きな勘違いをしてるが、それは億として、それはいっぱいあるだろw
というか、少しはスレよんだらw 草食動物の角と同列にして、単なる飾りでしかない
みたいな意見だってあるわけだが。


> 詰まるところ俺が言いたいのは
まあ、とりあえずどうでもいいです。俺が言いたいのは別な人に言った方が良かったのにね、と言う事かな。
続けても、無意味で不毛な話と不快な気分になるだけだと思うが、それでも続けたいなら勝手に。

320 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:m6Y+4A2n
スミロドン
http://www.kaseki7.com/s/items.cgi?junle=re&id=002
スミロドンのは、頭骨が幅37p高33pからいって牙と下顎の間隔は約15p
噛めるのはそれ以下のサイズのもの
これは絶対だろう
ウンピョウ
http://blogs.neko.jp/nekorin/wp-content/uploads/2011/02/201102121347361.jpg
サーベルタイガーに似てるというウンピョウだが、現生のネコ科の中では大きい犬歯だが、スミロドンと比べたら全然短く、これなら余裕で噛むことができる

321 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:m6Y+4A2n
スミロドンの巨大すぎる牙は
ウンピョウよりもジャコウジカやセイウチと似てる

322 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:tnOA6+C6
                i}~::‘: .,
                ‘.:::: ,,_..::‘: .,
               ‘. ::‘. ヽ::::‘: .,        ..ィf
                 ヽ:::‘. } , :.,,__‘: .,,ノ{,,. ィf
                   }::::,,>''"     '"     . :
                .  ´  ,,...         . . : : :
                  "    .."     __..,, ,,._  : : : :
              ’     ¨ イf.ィ狐〕ノ  ~¨{''  `~ ''* ,,
            ..ィ''   “   ~¨¨´..ィ´
.           ,, "__   .: ''"~ '::   ;;..ノ ノ“' .,
         从k{f$iッ "    “':.,    ヾ“' .,
          { ヾジ´    ___   ‘':.,    “' .,
         `f''fト,.. __,.ィf{レ'⌒ハ           “' .,
           ‘f % `~¨^~‘f{  {    i} “?:.、%:._
.            ‘f j!;.、  ,,‘fi  ‘   ,j!l   ¨'' `¨   __
              ‘f  ハ.   ‘f  ‘ ..イノハ   }    ,.、ミ
             ‘f  j从ト ‘f  ‘从:} i}  ;;    ヾヽ
             ‘f {   ''} ‘f ‘.     :; ,ノ‰.._\
                ‘f{   ノレ!‘f ‘.     ,i}  %
              ‘k.   ハト‘fk..__   ‘ ,  》''
                   .′ i! ヽ{ト..      ヾ
                 /:i}    从iリ ,
                 /        レK
                     ′        },,ィfi
                 ,;          "  从ト.、

323 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:+VQbfEBa
セイウチの牙は有効に使われているね

彼らは、海底を掘ってオオノガイなどを掘り出すために牙を使っている

また大きな岩を乗り越えるときに、牙をうまく引っ掛けて登る

更にホッキョクグマに接近されると牙で反撃してホッキョクグマを殺す

324 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:vYggYASP
>>320
> これは絶対だろう

どういう意味で絶対かわからんが、別にそれが大型野生を狩ってないと言う事には
全くならないって知ってるよね。別にやろうと思えばネズミだって象にかみつけますから。

それに、やろうとしてるのはかみつき攻撃ではなく、動脈狙いの出血死ですから
サーベルは引っかけるようにするだけで良いんですから、さらにハードル低いんで

325 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:+VQbfEBa
何でスイカを皮ごと食べるのは無理なの?
→口の大きさより大きいからだ

でも、スイカサイズの果物の表面が熟れたモモみたいに柔らかければ、
出っ歯の人なら歯を突き刺して汁を吸うことが出来るねw

326 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:EK3mixdn
>>324
牙を打ち込んで仕留めてしまえば、後はどうにでもなるよな。

327 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:EK3mixdn
>>320
15cmも隙間があれば、肉を食うのにもそれ程苦労はしない気がする。

328 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:ywbEO+ZD
セイウチが本当にホッキョクグマの皮膚に牙を突き刺して殺せる能力があるのか疑問だけれども、
雄同士の喧嘩を見ていると、口をつぐんだまま上から勢いよく振り下ろす感じで牙を武器にしているね。

サーベルタイガーも顎の力を借りずに首の力で獲物に牙を突き立てていたということなのだろうか。

329 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:TmpRAZt+
牙というと、なぜか噛みつくことしか頭にない奴が多すぎだな。

>>328
おそらくそうだと思う
セイウチの牙は当たりさえすれば威力あるよ
ただ、セイウチのは潮干狩りや杖代わり、同種間での闘争に使うのが主目的なので
動く相手に正確に強く当てるには大きすぎる代物だし
折れることも多々ある

セイウチ方式を狩猟用に積極運用するなら
サーベルタイガーレベルのサイズが相手に当てやすいし、折れにくいと思う

330 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:+VQbfEBa
そして相手の頚動脈に引っ掛ける、か

331 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:EK3mixdn
>>328
下顎に関しては、牙を打ち込んだ後、力を逃さない様に当ててるだけかもね。
比較的柔らかい組織を狙う訳だから、下から下顎で肉を押さえてやった方が都合がいい。

332 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:9K6lwW75
獣弓類の起源は古生代ペルム紀前期、盤竜類から進化したといわれている
さいしょはイヌ程度の大きさの、草食獣だったようだ

哺乳類の大きな特徴として異歯性があげられる
つまりそれぞれ異なった歯を、牙を持つということだが
初期ペルム紀で大成功したも、双牙類、そのものずばりは、ディキノドン類である。
このグループの外観上の特徴は、口吻部から突き出た二本の巨大な牙(ディキノドンの名の由来)
進化するにつれて2本キバ以外をもたなくなったという出っ歯の変わり者だ

こいつは小型のビーバーに良く似ており川べりに穴をほって暮らしていた
ビーバーの「悪魔のコルク抜き」とそっくりの巣穴を深く掘った
ゴンドワナ大陸で発見される化石の半分が双牙類というのだから恐れ入る
ディキノドンの成功の理由はビーバーのような小型進化で穴をほって暮らすことで外敵をシャットアウト
安全な繁殖が期待でき、頭数を確保できたことだ
史上類のない成功を収めた旧地下人類な訳だ
繁栄の絶頂にあった獣弓類であったが、ペルム紀末(P-T境界)の大量絶滅の際に、
90パーセントの生物は死滅したが、地下に暮らす哺乳類は
地上の炎上や高温をしのぎきることができ、さらに低酸素や餌の不足もあり、
外敵が9割くたばったあとで、ゆうゆう地上に復活

先祖がどのような目的で使ったのであれ遺伝の上で2本キバという特徴をもつ以上、
子や孫も牙を持ってしまう

333 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:m6Y+4A2n
>>324
ネズミが象を噛んでもなんにもならないのは分かるよね
15pって人間の顔の幅程度だ
それで大型動物のどこかの大動脈に刺せるの

>>328
巨大な雄のセイウチもシロクマに襲われたら逃げるしかない
牙はなんのやくにも立たない

334 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:+VQbfEBa
>>333頚動脈

>巨大な雄のセイウチもシロクマに襲われたら逃げるしかない

逆襲してる場面も多いぞ

335 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:+VQbfEBa
上野動物園園長だった故中川志郎氏は著書「珍獣図鑑」で
セイウチは水中でホッキョクグマを牙で突き殺した例が観察されている、と書いている

ただしセイウチの群れがホッキョクグマを見るとパニックになって逃げ始め、
それでお互いに押し潰されたものをホッキョクグマが食べるのも事実

だがその時に、ホッキョクグマが逃げ遅れのセイウチに噛み付いたが
噛み付かれたままどんどん引きずっていってしまい全く牙の効果無しであった
もっと牙が長かったらどうなったかな?

336 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:m6Y+4A2n
>>334
人間の首じゃあるまいし
大型動物の頸動脈は無理でしょ

セイウチはパニクって逃げるだけ
シロクマに対して牙は無力

337 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:KdRA3kX4
>>334
YoutubeでCGでは見たけど、あくまでCGだったんで本当にそういう場面があるのかどうか。

338 :名無しのひみつ:2013/08/15(木) NY:AN:NY.AN ID:wePYZEQJ
>>336
セイウチの牙は体重乗せてクリーンヒットすれば相当な破壊力があるだろう。
ただそれでシロクマと格闘するよりは逃げたほうが助かる確率が高いから逃げるだけで。

スミロドンの場合も単独で自分より圧倒的に大きな獲物を襲うことはあまりしなかったろう。
「動脈を狙える」サイズの相手を選んだと考えればいいかと。

339 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:nUcw5c69
>>333
> ネズミが象を噛んでもなんにもならないのは分かるよね

ネズミがゾウを噛んでも何にもならないのは大きさも力も小さいからですが、
サーベルタイガーでそれをやって同じ結果になるわけじゃありませんが

> 15pって人間の顔の幅程度だ
> それで大型動物のどこかの大動脈に刺せるの
させますけど?どうして刺せないという意味不明の話になる?
ネズミだって長さと力があれば可能ですが?

340 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:nUcw5c69
>>336
> 人間の首じゃあるまいし
人間の頸でできれば十分ですがw

> 大型動物の頸動脈は無理でしょ
別に頸動脈だけじゃありませんが
それに、大型動物でも2センチも切れれば十分な所はありますんで

341 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:mlnyrT7J
>>333
何も、中心線に沿って牙を突き立てる必要も無いだろ……
牙が皮膚を貫いて、太い血管を破れば良いわけだしさ。

342 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:5IB69gP/
>>340
> それに、大型動物でも2センチも切れれば十分な所はありますんで

サーベルタイガーは、あの牙をマンモスの金玉袋に突き立ててたのか・・・
むごい・・・

343 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:vbx2E0Fk
血管に詳しい獣医でも暗殺拳法伝承者でもないから詳しくはないが、
哺乳類は、例えば関節部分など動脈まで薄い箇所がいくつかある

344 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:mlnyrT7J
>>342
マジレスすると、ゾウの精巣は体内にある。

345 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:6t95sH2m
>>90
>先端が自分の方に湾曲してるってのが厳しいよな。
>普通に噛み付くよりリーチが短いとか罰ゲームにしかなってない。

いや、逆
曲がり方が反対だとせっかく突き刺しても相手に簡単に逃げられる

346 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:SfDtIjFJ
ナイフを逆手に持つのがプロの殺し屋

ってどっかで聞いたなあ

347 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:g4gq1T7O
サーベルタイガーの犬歯って石器やナイフのように鋭利ってほどでもないから微妙だなあ。

348 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:mJNg5iBQ
ある研究ではスミロドンは最大で1900kgの動物を狩れたとも言われているけどどうなんだろうな。
現代で言えばインドサイ相当。

ただ構造的に殺せるというのと現実に相手の反撃をかいくぐって仕留めるのとでは違うだろうし。

349 :名無しのひみつ:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:YrbrTS4K
『皇国の守護者』の千早も実は戦闘には向かなかったんだろうな

350 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:js9p3TTs
>>1
なるほど、昔はオーバーな表現だと思っていたが
このシーンは事実だったんだな
ttp://dl1.getuploader.com/g/Cashmere/1003/20130817_010005.jpg

351 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:eJeZiA3E
猛獣は群れの中の弱そうな、のろまそうな奴を選んで襲うから、
のび太が襲われるのは当前で、僕ばっかりは勘違い発言

352 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:xSwEEDX4
この顎の開きで大体120度
http://www.kaseki7.com/items_fossil/re/002a.html
刺せそうにないよね
牙もブスッと刺さる感じがしない
下顎との関係から言って小さな物しか噛み付けない

353 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:PaZzIxIV
>>352
小さな物しか、と言っても、向こうまで貫通させる必要無いんだぜ。
太い血管に当たりさえすればいい訳だから。

354 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:HPcdAmEt
血管切るのにあれだけ巨大化する必要があったとも思えない。

カルシウムなどを使うので、自然淘汰上、一定の必要性を満たしたところで
余計な進化は止まるんじゃないかな。

355 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:eJeZiA3E
巨大化つうてもトラやライオンに比べれば特に大きいわけでもなく、
しかもそれらに比べて、巨獣率はさらに高かったんじゃね。
サイクラスとかライオンでもまず襲わないだろ

356 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:PaZzIxIV
>>301氏が書いてるが、伸びやすく厚い皮膚を貫く必要が有ったんじゃないかと。
スミロドンみたいに長大な牙で無理矢理貫くか、ホモテリウムみたいにより鋭い牙で引き裂くか、といった所か。

357 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:0VNndm1B
動物の世界でも 見せかけは重要ってことかい?

358 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:VR/lbO20
http://www.bbc.co.uk/nature/life/Velociraptor#p00cjj8l
これのスミロドンバージョン作って検証すればいい

359 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:WxH62GGx
待てって
それじゃイノシシのキバを想像してみ?
あんなの何の役にもたってないだろ?

360 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:TAyJ8bjh
こいつには特化した獲物がいたのかもな
たとえば特定のカタツムリを食べるヘビは下顎が巻き貝の巻き方に対応した形になってる
アリクイの口や爪もシロアリに特化してるし


長い牙に対応した草食動物がいたのかも

361 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:PaZzIxIV
>>360
スミロドンはともかく、ホモテリウムはゾウを獲物にしていたらしい。
http://biggame.iza-yoi.net/bigcat/homotherium.html

>>359
イノシシの牙で大腿動脈切られて失血死する事もあるぞ……
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%82%B7

362 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:aC6i53PD
野生動物の歯は一見なまくらっぽく見えても実は表面に微細なノコギリ状のギザギザが入ってたりすることもあるので侮れない

363 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:La14laUe
>>359
イノシシの牙は上あごと下あごの牙が噛み合う事で研がれていてかなり鋭い。
しかも奴らは使い方を心得ていて、体当たりかます時下から牙を突き上げる様にぶつかってくるんだぜ。
日本では野生のイノシシはクマに匹敵する危険な獣。

364 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:3kDNHSUh
イノシシは基本、捕食動物じゃないし、例によって牙は性差あるから
まあ例としては不適当だと思うけどね。

365 :名無しのひみつ:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:DN/ID0Et
>>360
当時の北米ではティタノティロプス
南米ではマクラウケニアなど首の長い草食獣がいたけど
スミロドンはこういう長い首に噛み付いてたのかもな

366 :名無しのひみつ:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:VkqVMRNm
猪の場合は時速40キロくらいで猛突進してきてその勢いで牙が人間の弱い皮膚に当たったら
人間は重症を負うかもしれないね。おそらく日本人は熊に殺されるよりも猪により多く殺されている。

367 :名無しのひみつ:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:dkLiICET
バビルサも独特のキバを持ってるな

368 :名無しのひみつ:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:SKVB8Hmk
>>366
日本の山で人間の命を奪った数なら

猟友会>イノシシ>クマ

369 :名無しのひみつ:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:jeT4M/WN
>>363,366
猪は、凸凹が険しいけもの道でもモトクロスバイク並みの速度で突進して、
体当たりの瞬間、頭を振るようにして両方の牙を突き上げてくる。

ヤブからいきなり脇にドス構えた巨漢の鉄砲玉二人に同時に突きかかられるようなもので
見えていても殆ど避けようがない。

内股を裂かれたら、親指の根元ほどの太さがある大腿動脈が切られ
出血の勢いと血管の太さで止血もできずに、わずか2〜4分で失血死する。

かろうじて逃げようとして反射的に体を反転させ、
尻や大腿部の外側を刺され、運良く失血死せず破傷風にも感染せず助かったとしても、
尻の場合は、脚の支配神経である坐骨神経が切られ、腰から下のマヒで車椅子、
大腿部の場合は、股関節破壊や大腿骨骨折を伴う重症から歩行困難と、
単純にバイク等に撥ねられたよりも酷い後遺症に苦しむ。

370 :名無しのひみつ:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:JWLfAP+K
>>368
とは言っても
(猟友会がいないときのイノシシ・クマの被害)>(猟友会の事故+狩りで抑制したイノシシ・熊の被害)
だろうけどなあ。

371 :名無しのひみつ:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:hCPhLFZu
銃をもった人間に果敢に突進していくニホンイノシシの姿に、ラストサムライの魂を見た!

372 :名無しのひみつ:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:DNF3k5cx
>>369
野生に学ぶところは多いな

373 :名無しのひみつ:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:x0wADATL
むかしから山中で子供が消える神隠しといわれる現象の殆どは
じつはイノシシや野ブタによる殺害と言われる
何故なら人間を豚に食わせると骨も砕いて食ってしまい
それこそウンコしか残らないからだ

イノシシが半月刀のような円形のキバを持っていることは
日本語版ウィキペディアからドイツ語版にリンクを踏むと図解及び写真がある

まあドイツでは野生のイノブタを狩るのが習慣だから、そのおそろしさも熟知してる
フランス貴族の趣味がイノシシの刺殺

374 :名無しのひみつ:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:KOVZrpp4
>>353
>小さな物しか、と言っても、向こうまで貫通させる必要無いんだぜ。
>太い血管に当たりさえすればいい訳だから

いやだから、そこが疑問なんだよ
大きな牙をもってるが小さなものしか噛めないって変じゃないか
あるいは大きな牙をもってるがゆえに小さなものしか噛めないといってもいい
イノシシの牙なら前を向いているから突進して刺せるけど
スミロドンのは自分の方に大きく湾曲してるから噛まないと刺せない
スミロドンくらい牙が長いと顎は180度くらい開かないと大型の獲物に刺せないんじゃないのかな
スミロドンは極端すぎるんだよね
大きなものを噛める顎と頸動脈を絶つにのに十分なそこそこの大きさの牙というのが合理的じゃないのかと

375 :名無しのひみつ:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:bCBwXSat
まあウシの頚動脈を備中鍬でどうやって切るか?って話だな

376 :名無しのひみつ:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:eCvNrzrJ
上の方にあったが、スミロドンの場合、牙と下顎の間隔は約15cm。
ヒトくらいのサイズなら、楽勝。
大型の哺乳類でも、喉元なら十分行けるだろ。

377 :名無しのひみつ:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:y1R2xnsG
樹上から獲物の背中に飛び降りてグサってのはどう? 無理があるか。

378 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:MkkCgNvZ
このまえ上野の科学博物館でサーベルタイガーの化石みてきたけど
確かにあれ見ると>>374とかの言うこともわからんでもない気がするな。
あれも顎を120°くらいに開いた状態で展示してあったけど
同じ部屋に陳列してある大型獣に噛み付くのに果たしてあれが合理的な形なのか悩むところ。

379 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:qpniemhx
地球内部の亜空間にはまだサーベルタイガーがいるんだよ

アメリカ軍のバード少将が言ってた

380 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:O4PEbm2C
冬山登山が趣味だったんだよ

381 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:rmtrQoLt
>>378
ゾウ→ホモテリウム型
中型〜やや大型→スミロドン型
とかかもね。

382 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:q3qLzGfE
まあ個人の素人が博物館で骨を見て適当な妄想を抱くのと、複数の古生物学者が様々な資料や分析、
そしてその経験と知識をもとに考えた物とでは次元がまったく違うんですけどね。

383 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:oFv9FIzS
あの長い牙で獲物を仕留めるというより、仕留めた後の食事に使ったって事はないかな?

384 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:MkkCgNvZ
>>382
「複数の古生物学者が様々な資料や分析、そしてその経験と知識をもとに考えた」説の中には
スカベンジャー説だってあるじゃん。Wikiには血を啜ってた説なんてのまで載ってる。

別にそういう説を支持するつもりもないけど「学者が言ってるから〜」で終わらせるのもどうなの?
せめてどういう「資料や分析」に基づいたどういう説があるのかを説明してくれないと話になんないしょ。

385 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:ORRkhOYq
学者は骨から想像するだけだから。

一万年後の学者はおそらくライオンの化石骨格を見てこんな牙では、せいぜい家猫ほどのものかと想像し
ブタの短剣のような牙をみてこれこそ肉食獣の王だと結論付けるだろう

「ブタなんかおとなしい家畜じゃん」というが
サーベルタイガーもおとなしい性格で、当時の猛者たちには
こそこそ隠れるブタ程度のものだったかもしれず

386 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:q3qLzGfE
>>384
> スカベンジャー説だってあるじゃん。Wikiには血を啜ってた説なんてのまで載ってる。
2つ
別にそれを否定した覚えないと言う事と、もっとも主流の説がそれらでなければ余り意味がない。
一人でも言ってれば良い、ということなら複数とか言う必要性はない。

>>384
> スカベンジャー説だってあるじゃん。Wikiには血を啜ってた説なんてのまで載ってる。
2つほど言えば。
別にそれらを否定した覚えないと言う事と、もっとも主流の説がそうでなければ余り意味がない。
一人でも言ってればよい、ということなら、複数とか多数とか言う必要性はない。主流でなければ、
別に素人思いつき説だって、場合によっては一人や二人は言ってる事もあるだろうしな。

387 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:q3qLzGfE
なんか間違って同じような文2回書いちまったな。どっちか片方は無視してくれ

388 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:Pgd1Elbb
>>385
カバが、すごい肉食獣とかね
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/71/Hippo_skull_dark.jpg

389 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:MkkCgNvZ
>>386
どの説が主流でもいいんだけど、あんたはどういう説がどういう理由で正しいと思ってるわけ?
「この説が主流です」と言うだけならチラ裏乙でしょと言ってるんだけど。

390 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:q3qLzGfE
>>389
> どの説が主流でもいいんだけど、あんたはどういう説がどういう理由で正しいと思ってるわけ?
別に牙を用いて急所攻撃とか出血死狙いとか、ウィキにも何にでも書いてあるんじゃないのw
むしろ、それを書かずに他のことしか書いてない本があったら教えてほしいぐらいだがw
スカベンジャーだの、単なるかっこつけだのというのは殆どの場合、上記を書いておいて、
こういう説もあるってのばっかでしょ


> 「この説が主流です」と言うだけならチラ裏乙でしょと言ってるんだけど。
2チャンなんてもともとチラシの裏ですがw いったい俺に何を期待してるのか知らんが、
俺は当たり前の、厨房でもいえる常識を言ってるだけ、それに見当はずれのレスをして
噛み付くとかそれ以下なんだが

391 :名無しのひみつ:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:MkkCgNvZ
>>390
>>382みたいな露骨に偉そうなレスくれるもんだから
それなりの裏づけがあるんじゃないかと思ったんだけど、見当はずれなら仕方ない。

あんたも学術的な反論ができないなら学者がどうのともっともらしいこと言わんでくれな。

392 :名無しのひみつ:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:JAYoh8kZ
>>391
> >>382みたいな露骨に偉そうなレスくれるもんだから
偉そうも何も、何の根拠も知識もなく、誰かが言ってるわけでもなく、そしてまともに調べてもいないのに
適当に骨を見ただけで、さもそれが真実であるかのように偉そうな事を言う人がいたからね。
それに、あれは子供でも、何も知らなくても言える、当然の事なんで偉くも何ともない。

> それなりの裏づけがあるんじゃないかと思ったんだけど、見当はずれなら仕方ない。
裏付けが無いってのが見不明なんだが、少なくとも、博物館で適当な感想や思いつきを述べるよりあるよ?
そんな事は誰でも知っている、或いは言える事ってだけでね。

> あんたも学術的な反論ができないなら学者がどうのともっともらしいこと言わんでくれな。
学術的な反論って何?デタラメ感想を見過ごせってこと?それは勘弁w

393 :名無しのひみつ:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:zyibPKL9
もーめんどい。
博物館で見た感想くらいでガタガタ言うなっての。
具体的な反証もってないなら、大人しくふーんって見てればいいじゃん。
ここはチラシの裏なんだろ?
好きに落書きさせてやれよ、、、。

394 :名無しのひみつ:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:JAYoh8kZ
>>393
> もーめんどい。
いや、面倒ならやめれば?なんで当たり前の話に文句言うわけ?


> 博物館で見た感想くらいでガタガタ言うなっての。
それならこちらの話にガタガタいわんで欲しいね、俺は大したことは言ってないし、
当然の事しか言ってない。おまけに誰かさんと違って、確かな事しか言ってない。

> 具体的な反証もってないなら、大人しくふーんって見てればいいじゃん。
具体的な反証はすでにあげてますし、ある意味最初から言ってますが?
そんなにデタラメ妄想という事実を指摘されたのが気に入らないのか?
それならもう少し根拠やまともな研究をしたものを言え。
自分はデタラメはいくらでも言って良いが、それを指摘しただけで切れるとか
頭がおかしいにもほどがある。根拠無しの妄想を自認してるならほっておけばいいだけ。

> ここはチラシの裏なんだろ?
それで?
おかしな発言をさも正しいように言ったら、それを指摘するのはどこで有ろうが
当たり前、それに文句を言うなら君がおかしいわけでね。まさかどんなメチャクチャ言っても
何も言われないのが当たり前、と思ってるの?

> 好きに落書きさせてやれよ、、、。
それは俺も同じ。
それに、何度も言うが、そもそも大したことは言ってないね。

395 :名無しのひみつ:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:cbGIlMwU
>>394
>>393は第三者なので誤解なきよう。

俺は>>378で「>>374の言うこともわからなくもない」「牙の形が本当に合理的なのか悩む」としか言ってないわけだが
これのどこが「デタラメ妄想」なのかと。 ただの個人的感想に過ぎんしあんたに同意を求めてるわけでもないよ。
それに対して明らかに挑発的なレスをしておいて再反論をもらったからと「噛み付く」だの「文句を言う」だのと
それこそ「見当はずれ」というもんだろう。

一応言っておくけど俺はサーベルタイガーが捕食者だったという説を否定する気は毛頭ない。
単に「学者が言ってんだから黙れ」的な態度に疑問を感じただけだ。
学者を支持するのは大いに結構だけど、学者の説を他人の感想を否定する材料に使うのなら
せめてどういう「資料や分析」に基づいた説なのかくらい説明するのが筋だろう。

あと喧嘩売るつもりはないけど・・・・・・もう少し冷静になってはもらえまいか。
罵り合いは見苦しいでしょ。

396 :名無しのひみつ:2013/08/21(水) NY:AN:NY.AN ID:LqBfFkau
>>395
> >>393は第三者なので誤解なきよう。
まあ余り信じませんが、とりあえずそう言う事にするとしても、
面倒というなら君が横やりを入れなければとっくに終わってる。
それに、いつまで続けるつもりなんですかね、第三者なのに随分と固執するね。

> 俺は>>378で「>>374の言うこともわからなくもない」「牙の形が本当に合理的なのか悩む」としか言ってないわけだが
> これのどこが「デタラメ妄想」なのかと。 ただの個人的感想に過ぎんしあんたに同意を求めてるわけでもないよ。
ド素人が、通説を否定し、博物館で骨を適当に眺めて、思いついたの話をそう言ってるだけですがね。
それを素人の適当な妄想ではないというなら、もう少し、まともに分析研究してから言って貰いたいものだが。
それと別に俺もあんたに同意を求めてなんかいませんので。

> それに対して明らかに挑発的なレスをしておいて再反論をもらったからと「噛み付く」だの「文句を言う」だのと
挑発的かどうかはそっちの勝手、通説を無視してさもそれが正しいかのように言い過ぎてるから、
当たり前の指摘をしたまで、本来はこういう無意味な馬鹿反論を言われるようなもんじゃないし。

>あと喧嘩売るつもりはないけど・・・・・・もう少し冷静になってはもらえまいか。
何度も言うが、君が無意味で馬鹿な反論レスをしなければ良いだけだと思うが。
俺は正論しか言ってないしな。どうこう言われるような事でも何でもない。

397 :名無しのひみつ:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:cIqD4BkU
俺、393なんだけどさ。
普通に第三者だよ。
やりとりはどーでもいいけど、一応、伝えとく。

398 :名無しのひみつ:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:ReUxUlh+
>>396
第三者論争は水掛け論になるからもういいや。

>ド素人が、通説を否定し、博物館で骨を適当に眺めて、思いついたの話をそう言ってるだけですがね。

だから「>>374の言うこともわからなくもない」「牙の形が本当に合理的なのか悩む」と言うことのどこが通説を否定してるのかと。
俺が書いたのは感想であって主張じゃないよ。
それを唐突に「素人の適当な妄想」などと貶されたら普通の神経なら不快感を感じるというもの。
あんたがそうでないというならそれはそれで構わんけど。

あと俺は別に反論するなという気は全くなくむしろウェルカムです。
だからあんたが俺の感想を否定する材料にした「様々な資料や分析」の内容を聞いてるわけだが、まあ無理強いはしない。

399 :名無しのひみつ:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:cSBNBfCT
>>398
> 俺が書いたのは感想であって主張じゃないよ。
いや、どっちでも同じ事というか、結局それで>>382の発言は何ら変わらないんだが。

> それを唐突に「素人の適当な妄想」などと貶されたら普通の神経なら不快感を感じるというもの。
事実だから仕方ない。どのみち言ってる事は当然の話で
大したことではないし、反応する方がおかしいわけでね。

400 :名無しのひみつ:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:ReUxUlh+
>>399
>いや、どっちでも同じ事というか、結局それで>>382の発言は何ら変わらないんだが。

あんたの中では感想=妄想だって言ってるんか?
俺の中では感想≠妄想なんで>>382は「当然の話」じゃないな。

いずれにしても自分のレスに否定的な意見を述べたレスに対して
詳しい論拠を求めるという反応は至極自然なものだと思ってるので。
少なくとも人のレスを否定しておいて、詳しい説明をしないという姿勢のほうが非常識。
あんたがそうは思わないと言うならそれは勝手だけど。

401 :名無しのひみつ:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:cSBNBfCT
>>400
> >>399
> あんたの中では感想=妄想だって言ってるんか?

別にそうはいってないが、面倒くさいし無意味な話なんで、そうしたいならどうとでも。
それで>>382の発言内容が変わる訳じゃない。感想だろうが妄想だろうが、
それであの発言が変わるように見えるというなら、あんたの日本語能力に疑問がわくね。

> いずれにしても自分のレスに否定的な意見を述べたレスに対して
別に間違った事は言ってないし、実際に通説をガン無視した
かなり適当な妄想である事は明らかなわけで、俺は事実と正論をいったまで。
それにアホみたいな無意味なレスをつけてるのが君ね。

402 :名無しのひみつ:2013/08/22(木) NY:AN:NY.AN ID:97Qsdp90
>>346
プロの殺し屋はナイフを逆手に持ったりせず、
腕を振り上げるのと同時に袖からナイフ出して頚動脈切るって
マスターキートンで言ってた

403 :名無しのひみつ:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:kum+ccV/
>>401
>感想だろうが妄想だろうが、
>それであの発言が変わるように見えるというなら、あんたの日本語能力に疑問がわくね。

>>382には「妄想」と明記してあるんだけども・・・・
「感想=妄想とは言わない」としつつ「感想でも妄想でも>>382の内容は変わらない」と言うなら
日本語能力がおかしいのはむしろあんたのほうだぞ。

>別に間違った事は言ってないし、実際に通説をガン無視した
>かなり適当な妄想である事は明らかなわけで、俺は事実と正論をいったまで。

「感想」と「説」をごっちゃにしてるからそうなるんだよ。
たとえば俺が「サーベルタイガーが腐肉ばかり食べてるのに腹を壊さなかったのは
細菌が活動できないほど体温が低かったからだと思う」などと言ったら
「通説を無視した妄想」と言われても仕方のないところだから>>382は「事実と正論」と呼んでもいいだろう。

だが実際には「>>374の言うこともわからなくない気がする」「合理的なのか悩むところ」と言った。
これは通説を踏まえてるからこそ「悩む」わけで、もし牙を狩りに使用してなかったと考えるならそもそも悩まない。

悩むことすら許さないというならそれは通説に盲従して思考停止しろと言うようなもので
そういう姿勢に疑問を感じたから俺は「無意味なレス」をしてる。
最初から「資料や分析」の詳細を説明してもらえたらしなくてすむレスなんだけど。

404 :名無しのひみつ:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:+PHxCteW
> >>382には「妄想」と明記してあるんだけども・・・・
あくまで日本語の事細かな説明を求めますかねw
個人の根拠希薄な勝手な独りよがりの感想を妄想と言ってるんだ。
よしんば、あんたの妄想の定義がそれとは異なっていても知った事ではないし、変えるつもりもないと
言う事だ。仮に定義が違っていたとしても、普通の日本人であれば、そのぐらいは言わないでも分かるからね。

> 「感想」と「説」をごっちゃにしてるからそうなるんだよ。
してないし、俺の言ってる事は何一つ間違っちゃいないんでね。ごっちゃにしてるのはあんただろ。
俺は当然の事をいったまで。事実と正論しか言ってない。
最初の発言に何一つまともなレスをかえさず、それ以外の事で下らない意味のないレスを
こうやって続けてるのが証拠だからね。どうせこの後も382を無視して、そういう無意味な話ばかりするのだろw


> 悩むことすら許さないというならそれは通説に盲従して思考停止しろと言うようなもので
いや、どうぞご勝手に?
他もそうだが、なんでも自由に言えばよい。俺も自由に根拠のある正しい事を言うだけだから。
今後もド素人の妄想だね、と思ったら、事実と正確な根拠に従い、そういうさ。
そして君はそうやって論点ずらしや論理のすり替えを続ければ良いw

405 :名無しのひみつ:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:Z7dd2AuQ
キバの間の部分の下あごが丈夫そうだから
少し上を向いて突進して牙と下あごを叩きつけてたんだと思う
そして、押し倒した獲物を前足で押さえつけて牙を突き立ててたんじゃないかな

406 :名無しのひみつ:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:Z7dd2AuQ
もしかすると、肉は牙や前足の爪で引き裂いてから
前足にでもひっかけて口元まで運んでいたかもしれないね
少なくとも、獲物は浮かせないと食えなかったと思うし

407 :名無しのひみつ:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:wW97DwYC
>>406
食べたい部位を上に向ければ、浮かす必要もないんじゃね?
食べる時は、上顎犬歯を最後まで突き通す→
上下切歯と下顎犬歯でしっかり咥えて引き裂く→
裂肉歯で切り刻んで飲み込む
で、良い気もする。

408 :名無しのひみつ:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:eDy6Ek4X
>>404
俺から見ればあんたのほうが逃げてるのだけども・・・・・
まあどっちが逃げてるだの正しいだのも水掛け論にしかならんわな。

俺が一番確認したかったのはあんたが「資料や分析」の中身をおさえた上で
>>382を書いたのかどうかだったんだけどそれはなんとなくわかりました。ありがとう。

409 :名無しのひみつ:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:fIKdGqbM
>>408
> 俺から見ればあんたのほうが逃げてるのだけども・・・・・
笑えるねえ、それじゃ別に>>382の最初に戻っても構わないんだけど?そうしようか?
これから逃げるなら逃げてるのは君ね。今の状態は、

>まあ個人の素人が博物館で骨を見て適当な妄想を抱くのと、複数の古生物学者が様々な資料や分析、
>そしてその経験と知識をもとに考えた物とでは次元がまったく違うんですけどね。

と単なる当たり前の事を言ったのを、正論だからそれには答えず、逃げて
どうでもいい話のすり替えで続けてるだけだからね。

410 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:7DdNBJeH
象の祖先みたいに牙で土掘って草の根っこを食う為の物だったりしてな
草食動物であるカバがあれだけでかい牙持ってるんだから、サーベルタイガーもひょっとしたら草食だったりして

411 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:UTSGNztK
他の歯に草を食べた後が無い

412 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:zk9xY76r
骨や歯の形じゃ食事なんて分かんねえよな
ねこまんま、というように猫だってご飯ほか炭水化物も食べる

ゴリラは体格たくましく歯だけ見ればドラキュラでもびびるような
すごい太い牙を上下に4本もっていてヒト科では最強の肉食獣に見えるが、完全草食
チンパンのほうが日常的にサル狩って食ってる

最強肉食獣そのものの形態をしてるパンダは草食で、体は全く非適応
草食に進化過程というし、そういう種は滅びやすい
サーベルタイガーも滅んじゃった

413 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:qjfZ1W1W
カバの祖先はライオンも食っていたほどの猛獣だったのかも。

414 :素人 ◆GD...pPO7U :2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:phRN5MDG
肉食(概ね)と草食(概ね)を理解していない時点で×。

>最強肉食獣そのものの形態をしてるパンダは草食で

クマは雑食で、当然、ライオンとかよりは草食向け。

415 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:qjfZ1W1W
人はライオンやワニよりもカバに殺されまくっている。

416 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:diCXQwtK
ほんまかいな
それはその気になればカバでも人は殺せるだろうが嘘くさいんだが

417 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:t2NS2CtQ
帝都のサーベルタイガーと言えば

418 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:zk9xY76r
クジラとカバは遺伝的に近縁で、クジラの祖先が陸上動物だったというころは肉食の
大型獣だったそうなので、カバの先祖がライオンみたいな猛獣というのは間違いじゃない

これらの仲間で草食に進化したのがウシで、現在最も成功してる草食獣
肉食系はほろんで、残ったのがカバやクジラ

419 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:UTSGNztK
犬歯だけでなく、臼歯の形状で判断しよう

420 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:qjfZ1W1W
カバは一噛みでワニを真っ二つにすることがあるって話があるけど本当かな。

421 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:CUphijk/
>>418
マメジカの牙とかイノシシの牙と食性なんかから考えると鯨偶蹄類の祖先は犬歯の発達した雑食動物で
反芻類の分化直前までそんな姿だったんだろうな。

>>419
ネコ科は基本的に草食をあきらめちゃった臼歯だからね。

422 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:UTSGNztK
ラクダも牙だけは大きいからなあw

423 :名無しのひみつ:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:M4PvRTyw
刺すのが目的なら前に向かって反ってた方がよかったよなぁ
ゾウや猪は前に向かってるよね

424 :名無しのひみつ:2013/09/02(月) 20:49:01.02 ID:85XgI7yV
>>402
漫画を信じちゃいけない
http://www.youtube.com/w402atch?v=mfKFojnpnlA

425 :名無しのひみつ:2013/09/02(月) 20:53:02.06 ID:85XgI7yV
http://www.youtube.com/watch?v=mfKFojnpnlA

135 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)