5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【気象】地球温暖化で21世紀末にはアジアやアフリカを中心に洪水増 20世紀末に比べ被害の恐れ14倍/東京大など

1 :白夜φ ★:2013/06/12(水) 10:27:29.91 ID:???
温暖化でアジア、アフリカ洪水増 21世紀末、被害の恐れ14倍


地球温暖化が進むと21世紀末にはアジアやアフリカを中心に、陸上の42%で洪水になる回数が増えるとの予測を、
平林由希子・東大准教授(河川工学)らのチームがまとめ9日、英科学誌に発表した。

大洪水被害に遭う恐れのある人は、20世紀末に比べて最大14倍になるという。
チームは「流域の人口が増えれば、洪水の被害を受ける人はさらに多くなる。洪水が増える前に、適切な対策を取ってほしい」としている。

世界の研究機関が開発した11の気候予測プログラムと、河川から水がどのぐらいあふれるかを予測するプログラムを組み合わせ、
2100年までの洪水の頻度を地球規模で調べた。

2013/06/10 02:00 【共同通信】
___________

▽記事引用元 47NEWS 2013/06/10 02:00配信記事
http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013060901001918.html
▽関連
東京工業大学
研究最前線「地球温暖化による世界の洪水リスクの見通し」 2013.06.10
http://www.titech.ac.jp/topics/news/detail_4196.html?id=topics
http://www.titech.ac.jp/file/pr20130610_kanae.pdf
東京大学 大学院工学系研究科付属総合研究機構平林研究室
「地球温暖化による世界の洪水リスク」
http://hydroinfo.t.u-tokyo.ac.jp/Press20130609/index.html

2 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 10:34:42.75 ID:gHcHUqcW
なお作物はよく育つ模様です

3 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 10:38:08.01 ID:rRbgS2uY
温暖化はデマとか言ってた奴、今どうしてんの?

4 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 10:38:19.39 ID:kd+iWHDL
洪水を繰り返すことで土地が肥沃になる面とかあるんじゃないの?知らんけど

5 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 10:42:35.83 ID:JruZIzh5
>>3
フツーに活動してるでしょ。
温暖化シミュレーションに1960年のデータを入れて、
計算値と実際の2010年を比較しろって言ってるし。

6 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 10:42:45.14 ID:LcdY4maW
ノストラ科学

7 :「サイエンティフィック・リテラシー」とはいかなるものか:2013/06/12(水) 10:45:59.03 ID:EhpWd6r6
サイエンティフィック・リテラシー 科学技術リスクを考える

遺伝子組換え、原子力発電、クローン技術、環境ホルモン、情報化技術……等々、
現代社会では、「科学(技術)」が日常生活を取り巻いており、
一昔前のように、科学は科学者だけが理解していればそれでいいという時代ではなくなった。

もはや、誰もが「科学」とは無関係ではいられなくなった。
そこでクローズアップされてきたキーワードが「サイエンティフィック・リテラシー」である。

この言葉には、
1科学にまつわる知識・教養の総体
2いかに科学情報を入手し、集めた情報からいかに物事の本質を見ぬくか

という2つの定義があり、東大教養では4~5年前から、その重要性を認識し、
本腰をいれて講義で取り上げるようになった。

本書では、文系・理系を問わず、科学技術とともに暮らすこれからの時代に、
我々に求められる「サイエンティフィック・リテラシー」とはいかなるものかを、
具体的に科学技術の身近な事例を豊富に取り上げて解説する、この分野初の入門書。
東大教養人気講義の活字化。

廣野/喜幸
東京大学大学院総合文化研究科准教授。1960年東京生まれ。東京大学大学院理学系研究科修了。
科学史・科学論、進化生態学専攻。理学博士
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
http://www.amazon.co.jp/dp/product-description/4621086456

8 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 11:13:46.25 ID:qG2NUPqG
やったね^^

水不足が解決するのね

9 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 11:26:01.91 ID:0P5B0xRy
御用学者の巣窟・東大(笑)

10 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 11:27:55.21 ID:6vpenRJn
レンジの範囲内。

11 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 11:34:29.78 ID:SWcL1oY2
もう増えてる

12 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 11:36:59.54 ID:Uf7bWh9R
寒冷化で餓死・凍死するよりはマシだよね

13 : 忍法帖【Lv=23,xxxPT】(1+0:8) :2013/06/12(水) 12:25:37.26 ID:VTWs9A0i
.
 温暖化理論が正しいかどうか、どっちでもいいが、
 何年かの海水温の上昇は、測定結果を見ていれば分かること。

 それに対応することは、最低限必要だろ。

 将来のことは分からんが、今起こっていることには対応しないとね。

14 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 14:11:27.70 ID:R0YGhK8k
因果関係が判んないけど、兎も角炭酸ガスを減らして、
温暖化を防ごうなんて考えるより、

温暖化のせいらしいけど、気候が変わりつつあるから、
防災とか治水とかの対策をしようって、考えた方が、
よっぽど実際的で、安上がりじゃね?

15 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 14:42:08.88 ID:uUMfb0FG
>>14
原因をはっきりしたいと対策も不十分になる。海面が50センチ上昇したから対策工事したらさらに1メートル上がりましたじゃダメすぎる。

16 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 14:48:03.12 ID:Jlskq83r
ダムでもつくってやら
自民党が大好きだろ

17 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 15:12:46.70 ID:g9flE/xA
たかだか一世紀ごときで 地球が変わるかって〜の

18 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 15:22:56.23 ID:8rL8oNIL
>>1
露学者「氷河期はもう来年から始まる」
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_10/104214525/

地球温暖化なぞ頭から否定してるロシアでは、既に警戒準備が始まってます。
昨冬はかつてない大寒波が全世界を襲っており(日本では恣意的に報道されていません)、
日本政府は温暖化詐欺に腐心するばかりではなく、国民へ生活安全をもたらすため「実測的な科学的事実」も広報すべきです。

19 :名刺は切らしておりまして:2013/06/12(水) 15:41:43.98 ID:SlRAgjQb
もう死んでるから関係ない。

20 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 16:27:48.75 ID:JlT+UPxB
>>18
小氷期だろ
太陽活動に前兆が見られるから来てもおかしくないとは聞くけど
それ温暖化とは別の仕組みなんじゃないの

21 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 21:12:33.82 ID:MKQQ95G7
>「流域の人口が増えれば・・・
温暖化や気象の影響ではなくて、流域の人口が14倍に増えると予想されただけでないの?

22 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 22:11:18.54 ID:oHBVXuGd
>>15
軌道上に透過率可変なサングラス衛星を大量に打ち上げたらどうだろう? いやまじで。 100年ぐらいかけても。

23 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 23:13:38.52 ID:Mz1F93s/
この論文は「地球温暖化」を「所与の前提条件」としてその結果を論じているだけで、「地球温暖化」それ自体を論じているわけじゃないだろうに。

別に「地球寒冷化」を「所与の前提条件」としても構わないわけで、良いとか悪いとか、そんなこと全く関係ない。

24 :名無しのひみつ:2013/06/12(水) 23:58:27.98 ID:+AScqRbs
>>23
うん、寒冷化か温暖化になるのかどっちが正しいのかは別として、
寒冷化に備えるという研究も大いにしていいはず。
研究員たちはその気持ちもあるんだろうが、上から圧力がかかってできないのかも知れんね。

東大じゃ小宮山宏総長時代は、温暖化研究に関しては学問の自由がなかったから。

25 :名無しのひみつ:2013/06/13(木) 02:38:29.25 ID:nejl3a9l
水不足が解決ってもう>8に

26 :名無しのひみつ:2013/06/13(木) 11:44:17.10 ID:Ky1+YngV
>温暖化研究に関しては学問の自由がなかった

温室効果ガス人為的排出地球温暖化マターは、まるごと捏造でっちあげ案件だからな。

27 :名無しのひみつ:2013/06/13(木) 14:05:47.14 ID:uiOgWpCD
海面上昇をとるか
洪水過多をとるか
という感じだろうか?

28 :名無しのひみつ:2013/06/13(木) 15:02:24.39 ID:Efa3WGtf
地球は丸いし、回転してるから
アジア、アフリカ以外にも洪水は増えるだろうねぇ

29 :名無しのひみつ:2013/06/13(木) 21:11:47.62 ID:VnfuJJnk
なんで今は逆に気温が低下してんでしょうね〜。
予測してました?(笑)

30 :名無しのひみつ:2013/06/14(金) 07:11:52.51 ID:WZfcz5Ci
>>3
あいつら結局のところ「小耳に挟んだ裏情報」を
右から左に流して遊びたいだけだから

ツイッターで「何か」をRTしてるんじゃないか?

31 :名無しのひみつ:2013/06/14(金) 07:34:20.39 ID:7Wk1KOGl
>>15
原因は地球のサイクルだよ?
そもそも、恐竜がいた時代は産業がないのに気温が高く、当然、海面も高かった。
これを無理矢理、人間のせいにしようとするから
二酸化炭素がーとか苦しい言い訳しかできない。

人間ごときが地球様をコントロールできるなんておこがましい。

32 :名無しのひみつ:2013/06/14(金) 11:09:22.63 ID:x6vKoVcH
毎年夏になると温暖化と騒いでるな
夏になれば暑くなるのは当然だろ

33 :名無しのひみつ:2013/06/15(土) 02:54:48.18 ID:ZdRlJ82u
どうでもいいけど結構いい女だな

34 :名無しのひみつ:2013/06/15(土) 03:19:30.78 ID:XGbtmOLM
利権まみれの業者がひねり出した
90年も先の「ただの予想」を真に受けて
ドヤ顔で温暖化懐疑派を見下した>>3は今どうしてんの?

35 :名無しのひみつ:2013/06/15(土) 05:35:29.40 ID:gOlQfX+L
国交省からの依頼です
何でも良いから有名どころに載ればお金はもらえます
無論この訳わからん論文から災害防止の為と宣い予算が組まれます
めでたしめでたし

36 :名無しのひみつ:2013/06/15(土) 05:36:30.36 ID:14GKbLHc
>>3
デマだよ

37 :名無しのひみつ:2013/06/15(土) 05:40:06.42 ID:14GKbLHc
>>3

18 1 名前: 名無しのひみつ Mail: 投稿日: 2013/06/12(水) 15:22:56.23 ID: 8rL8oNIL
>>1
露学者「氷河期はもう来年から始まる」
http://japanese.ruvr.ru/2013_02_10/104214525/

地球温暖化なぞ頭から否定してるロシアでは、既に警戒準備が始まってます。
昨冬はかつてない大寒波が全世界を襲っており(日本では恣意的に報道されていません)、
日本政府は温暖化詐欺に腐心するばかりではなく、国民へ生活安全をもたらすため「実測的な科学的事実」も広報すべきです。

38 :名無しのひみつ:2013/06/15(土) 13:50:38.30 ID:1/mkWsbM
熱帯では雨期と乾期がはっきりわかれるから日本も温暖化がすすめば雨が降りすぎたり全然降らなくなったりするんだろうな。

39 :名無しのひみつ:2013/06/15(土) 13:54:26.59 ID:xssIEJoi
>>38
それはない。日本には偏西風がふいてるから雲が出来やすい。日本のような場所で
長期間乾期が毎年起きるとなると相当地球が凄いことになってそうだ。

40 :名無しのひみつ:2013/06/15(土) 15:24:56.54 ID:M5Gj/hkw
洪水はあんまり水不足を解消してくれないんだよな。
ちびちび降ってくれないと山に水が溜まらない。

41 :名無しのひみつ:2013/06/15(土) 23:14:30.95 ID:bOU2Tl0u
うどん県民連れてけよ

42 :名無しのひみつ:2013/06/16(日) 02:37:08.01 ID:I/16LIo9
>>14
CO2を削減する費用対効果は?
http://o.b5z.net/i/u/10152887/f/Is_CO2_mitigation_cost-effectove_Single_Page_Lord_Monckton_Foundation_Briefing_20130411.pdf
仮にIPCCの言うとおりに温暖化したとしても、起きたこと対して対応したほうが
50倍安上がりだ。IPCCベースでも適応策のほうが圧倒的に有利。緩和策はほとんど無視できる。

43 :名無しのひみつ:2013/06/16(日) 04:06:40.32 ID:QL6ieHBV
日本はほぼ海面下に沈む

44 :名無しのひみつ:2013/06/16(日) 06:56:03.55 ID:KgtIyu3K
地球温暖化詐欺は金になるから、地球温暖化で、まだ引っ張るだろう

45 :名無しのひみつ:2013/06/16(日) 13:00:58.92 ID:fKP8LVKA
地震予知研究とおなじさ。

46 :名無しのひみつ:2013/06/16(日) 14:24:27.48 ID:RvF164g1
正確に言えば
因果関係ははっきりしないけど
ここ数十年は異常気象どころか気候大変動の前触れでは無いのか、ということだな。

それを温暖化と見るか寒冷化と見るか、太陽主犯説なのかCO2説なのかはともかく、
(大切なことではあるけど、ある意味どうでもいいかな、このあたりは)
地球規模での気候の大変化が起こりつつあることだけは確かか…

そこに甘い蜜を求めていろいろと群がるのは別にしても、大変そうだなぁ

47 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 05:39:09.28 ID:DDGHxPh+
想定外、と言った方が超安上がりだろ。

48 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 08:53:40.64 ID:iJTF9M94
>>46
元から安定した気候なんぞない
インカや古代エジプト ナイル流域 メソポタミアやイラクの古代文明等
人間の僅かな歴史の間ですら気候が変動しててそこに栄えた文明、帝国を滅ぼしてるわけで
おかしなことでもなんでもないし人間の活動でおきたわけでもない

古代史勉強すればそういうのも当たり前なんだが
人為的温暖化を騒ぐ阿呆はそんなことを勉強する気もなくマスコミは伝える気が無い
なんでなん?

49 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 09:48:49.47 ID:LVpJv/Jf
地球温暖化は大気の熱量を増やして分子が自由度・ランダム度を高め、
そのぶん予測不可能な気象現象を増大させる。

50 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 10:11:41.39 ID:9o1oLq6L
>>49
熱量は目立って増えてないが1990年代末以降の1年の中での変動が大きくなってる。
たとえば北極や南極の極冠の面積は、年最小面積が年々小さくなっている。よく温暖化の根拠とされる部分。
ところが冬の年最大面積の方は年々大きくなっている。反対に、ここだけ切り取ると寒冷化してるように見える。

51 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 10:29:08.24 ID:iJTF9M94
>>50

古代エジプトを滅ぼした大旱魃と砂漠化は多くて10年 もしかすると3年くらいで起きた可能性もあるらしい
今まで肥沃な大地だったのが突然旱魃と砂漠化が始まって
人々は移住する間もなく人間同士が食い合う地獄になったという記述があるらしいが

この世界はここのところなんとか安定してただけで
そんなことは起きる可能性のあることだって
なぜ学ばないのかな 記録が物語ってるのに

最近のは凄いんだって!と言われても、うん 昔からあったみたいだし、としか返し用がない

52 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 10:33:17.49 ID:iJTF9M94
>>50
あと北極のことについて北極振動について説明してるマスコミを見たことが無い。

北極海航路があったことはどうしたらいいんだろうか?
グリーンランドは?

元々北極は振幅幅がありそうで 安定してきたら氷河期だと思うよ

53 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 11:13:55.04 ID:9o1oLq6L
>>51,52
古代エジプトまでいかなくても、2世紀後半の短い気候大変動があるよ。
大気中のメタンガス濃度が3割も増えたせいで大干ばつが起きて、
もっとも繁栄してた頃の古代ローマ帝国が衰退を始め、漢帝国に至っては滅びて三国時代に突入してる。
そのメタンガスもほんの数年で元のレベルに戻ったらしいけど。

北極海航路は小氷期の真っただ中、ロシア海軍が航行に成功してベーリング海峡を発見したんだよね。
他にも1959年にはアメリカの潜水艦が洋上航行で北極点に到達してるとか。
ホント、北極の氷は昔から変動の幅が大きすぎる。

54 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 12:45:47.96 ID:n+p3VRWc
2世紀後半については、181年にニュージーランドのタウポ火山が巨大噴火を起こしたのも、

影響したかもな

55 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 12:55:57.29 ID:iDr/j2yc
でも世界中で氷河は後退および速度の増加を示してるよね?
これについて温寒の差が開いているだけだという説明は
出来ないんじゃないかな?

ちなみに自分は、温暖化してるけど所謂温暖化ガスの影響は
小さいんじゃないか派です。

56 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 19:12:57.93 ID:iJTF9M94
>>55
今は間氷期なので減っていて問題無いと思います。
加えて気候変動して一時期の降雪量が減っていた影響が出ている可能性もあるのでは?

57 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 19:30:44.59 ID:Pj++sjy1
温室効果ガス(笑)

その人為的排出を制御すれば地球温暖化をコントロールできる、と思いこめるのはカルトの信者だけだな。

58 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 20:49:57.97 ID:7ckNpZCK
>>1
慰安婦の被害証言と同じく、増長著しい壮大なホラ吹き大会になってきたなwwww

二酸化炭素は、空気中に0.03%しか含まれていない希少気体です。
100分率の帯グラフにすると、髪の毛一本にもなりません。
http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0030/part4/chap01/com1_2_1.html (政府系のサイトw)

人類が排出する6.5ギガトンのCO2は温暖化に無関係、
海は10000ギガトンものCO2を毎年出しています。

59 :名無しのひみつ:2013/06/17(月) 20:53:03.07 ID:7ckNpZCK
>>3
>>5
おまえら温暖化スレでは決まってペアで湧いてくるなw
通産省の木っ端役人か?w

60 :名無しのひみつ:2013/07/04(木) NY:AN:NY.AN ID:xVXBygqX
10年で37万人が異常気象により死亡、国連が温暖化に警鐘
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE96306T20130704

61 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:K395pacF
車は皆浮けるようにならないと…

62 :名無しのひみつ:2013/07/07(日) NY:AN:NY.AN ID:zJdume2f
>>61
ボンドカーだな

63 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:3fA/IHLl
世界は陰謀だらけです。陰謀論というだけでトンデモ扱いする奴らこそがトンデモだと早く気が付くべきです。

64 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:tVNMocwn
温室効果ガス 削減目標検討も不透明
7月9日 4時15分

全国の5つの原発の運転再開に向け、安全審査の申請が行われたことを受けて、環境省などは
温室効果ガスの新たな削減目標を、今後、本格的に検討することにしています。
しかし、運転再開の具体的な見通しが立っていないなか、削減目標を示すことに慎重な意見も
政府内にあり、数値を示せるかどうか不透明な情勢です。

温室効果ガスを巡っては、2020年までに1990年に比べて25%削減するとした目標
にしていましたが、原発事故などを受けて政府は見直すことを決め、ことし11月に開かれ
る地球温暖化対策の国連の会議までに新たな計画を取りまとめるとしています。
こうしたなか、原発の新たな規制基準が8日に施行され、全国の5つの原発の運転再開に向
け、安全審査の申請が行われたことを受けて、環境省などは温室効果ガスの新たな削減目標
を今後、本格的に検討し、ことし9月にも素案を示したいとしています。
この中では、2020年時点の原発の運転状況について幅を持たせて想定し、削減率を計算
して盛り込む方針です。
しかし、原発の運転再開には自治体の同意も必要で、具体的な見通しが立っていないなか、
ことしの国連の会議までに削減目標を示すことに慎重な意見も政府内にあり、数値を示せる
かどうか不透明な情勢です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130709/k10015905521000.html
 

65 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:1cVM55+0
大学の学者や研究所の多く、科学機関の多くが、ほとんど買収されています。御用学者の巣なのです。
疑ってかかるべきなのです。

66 :名無しのひみつ:2013/07/09(火) NY:AN:NY.AN ID:tVNMocwn
>>65
御用にならなかったら、公的研究費まわってこんじゃろ。

67 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:8VWOr7A1
問題は「科学的な疑い方を知らない」ことだよ。
放射脳の人達とか見てるとそう思う。

勝手に権威を妄信しておいて、
何かあったら今度は全否定を妄信する。だからバカにされる

68 :名無しのひみつ:2013/07/10(水) NY:AN:NY.AN ID:N3i+Py7M
>>67
> 勝手に権威を妄信しておいて、

反原発派がいつ権威を妄信していた時期があったの?
デマもいいかげんにしなさい。

69 :名無しのひみつ:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:sN2B6egF
放射脳の大半は2011年以降のにわか
反原発を長くやってる年季の入った玄人を指す言葉じゃない

70 :名無しのひみつ:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:RR/d5fXD
温室効果ガス 炭酸飲料をすべて製造販売禁止しる

71 :名無しのひみつ:2013/07/11(木) NY:AN:NY.AN ID:mBRu8DxX
寒冷に移行したら地域ごとにどうなるのか

72 :名無しのひみつ:2013/07/18(木) NY:AN:NY.AN ID:AVKTptl/
>>66
そんなことはないだろ。
そりゃ、重点領域じゃなければでかい金は回ってこないと思うが。

73 :名無しのひみつ:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:KEuQHDLG
>>3>>14
温暖化?信じてるの、まさかでしょ。
>>8
水不足は深刻化します。麻生が米国で日本の水を民営化すると発言しました。
言っている意味がわかるでしょうか。貧乏人は泥水を飲んでおけという時代がもうそこまできています。
>>48
人工削減が目的の気象操作。あんたはものを知らん阿呆だよ。イルミナティ、新世界秩序、タルムードを勉強せよ。
だいたいあんたはマスコミの正体さえも知らない。
>>63>>65の言うとうり。みんなは知らないだけ。知らない=無知。ロスチャイルドを深く知れば世界で起きたこと、起きていることが明瞭に理解できるようになる。

74 :名無しのひみつ:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:JUHcJdyt
だれかの所為にすれば気持ちがラクになるよな。

75 :名無しのひみつ:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:W/1k1OIb
地球寒冷化は世界の常識。温暖化なんて言っていたら世界中から笑いものになるよ。

76 :名無しのひみつ:2013/07/19(金) NY:AN:NY.AN ID:cCL9gJCA
放射脳印のエコグッズ。
その1:太陽灯を装備した夜でも発電できる太陽光パネル
その2:自動車に取り付ける風力発電機
その3:バケツで培養するだけで石油がどんどん・・・

77 :名無しのひみつ:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:0jugsKX0
二酸化炭素が主犯なのかは分からんけど社会の省エネ化は良いことだと思うから温暖化説は受け入れてもいいわ

78 :名無しのひみつ:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:Zx9ipMrA
>>77
温暖化の実行犯は水蒸気

79 :名無しのひみつ:2013/07/20(土) NY:AN:NY.AN ID:YjtFlP1I
雲(クラウド)をコントロールしなきゃあかんな。

80 :名無しのひみつ:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:9avt0TK6
>>77
省エネと温暖化対策が違う所は石炭の利用だよ。前者はもっといっぱい使おうという流れになり後者では使うなと言われる。

81 :名無しのひみつ:2013/07/23(火) NY:AN:NY.AN ID:rbiK6MlC
>>80
省エネと温暖化対策が同じ所は原子力の利用だよ。
前者は再生可能エネルギーを推進しろという流れになり後者では夢のエネルギー原子力利用が謳われる。

82 :名無しのひみつ:2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:oFtOtJ84
恐竜の時代も洪水多かったのかな

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)