5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ナノ】毒ヘビの黒い模様、超微細ナノ構造で光吸収 独研究

1 :白夜φ ★:2013/05/25(土) 23:47:24.93 ID:???
毒ヘビの黒い模様、超微細ナノ構造で光吸収 独研究
2013年05月21日 13:19 発信地:パリ/フランス

【5月21日 AFP】アフリカに生息する毒ヘビの表皮の模様の黒い部分にある光吸収率の高い「ナノ構造」を特定したという論文が
16日、英科学誌ネイチャー(Nature)系オンライン科学誌「サイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)」に発表された。
究極の光吸収物質を作成するための新たな着想が得られる可能性もあるという。

ウエストアフリカンガブーンバイパー(West African Gaboon Viper)というこのヘビは、アフリカ最大の毒ヘビの1種で擬態の名手
でもあり、表皮に幾何学模様がある。この模様の黒い斑点はビロードのような深みのある黒色で、光をほとんど反射しない。

この黒色部分は、光の反射率が非常に高い白色と茶色のうろこと織り交ぜになることで高いコントラストを生じ、
色とりどりの熱帯雨林の地表でこのヘビを見つけるのを困難にしている。

黒い斑点の極度な暗黒色の秘密を明らかにしようと試みたドイツ・ボン大学(University of Bonn)の科学者チームは、
うろこの表面が密集した木の葉状の微細な構造でできており、さらにこの微細構造の表面がナノメートル大の突起で
覆われていることを発見した。1ナノメートルは、10億分の1メートルに相当する。

科学者チームは論文の中で、この微細な構造の突起がわずかに異なる角度で出ているため、これによって入射光が散乱されて
閉じ込められることを理論化した。同チームは「この構造に基づいてビロード状の黒が生じる効果は、他の物質に移し替えることが
できる可能性もある」と記している。

光の吸収率が高く、反射率が低い人工物質の研究は、特殊な光学システムや太陽熱の捕捉などで利用できる可能性があるため、
科学技術分野で重視されている。

論文の共著者の1人で、同大学動物学研究所のマレーネ・シュピンナー(Marlene Spinner)氏は、
人工の「極黒」表面の中にはこのヘビの斑点より高い暗度を示すものがすでに存在するが、
ヘビのナノテクノロジーを導入することで光の吸収率をさらに高められる可能性があるとAFPに語った。(c)AFP
___________

▽記事引用元 AFPBBNews 2013年05月21日 13:19配信記事
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2945323/10777700

▽関連
Scientific Reports 3,Article number:1846doi:10.1038/srep01846Received 15 October 2012 Accepted 25 April 2013 Published 16 May 2013
Snake velvet black: Hierarchical micro- and nanostructure enhances dark colouration in Bitis rhinoceros
http://www.nature.com/srep/2013/130516/srep01846/full/srep01846.html

2 :名無しのひみつ:2013/05/25(土) 23:49:45.78 ID:SNIh0ac1
そうなのか

3 :名無しのひみつ:2013/05/25(土) 23:54:01.57 ID:DMGddI8A
>1ナノメートルは、10億分の1メートルに相当する。
ちょっと意外だな。人間の可視光の範囲は 360〜830 nm なのにね。

4 :名無しのひみつ:2013/05/25(土) 23:58:04.25 ID:DMGddI8A
ナノメートルという言葉を、何しろ使いたかったのではなかろうか。

5 :名無しのひみつ:2013/05/25(土) 23:58:29.91 ID:mrRbWhb0
アフリカに生息する毒蛇って、ブラックマンバのことか?
あいつは、世界で一番恐ろしい毒蛇で、免疫がないという。
噛まれたら100%死ぬ、アフリカではブラックマンバに噛まれて、年間200人以上が命を落としてる。

6 :名無しのひみつ:2013/05/25(土) 23:59:49.98 ID:i3Mfr7/R
戦闘機とかでも使えるの?

7 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 00:02:44.73 ID:G4+KCWFp
金魚が見える光の波長範囲は人間よりずっと広いそうだ。
なぜそうなのか。哺乳類は一時期、爬虫類から逃げて
夜行性生活を送っていたので、色に鈍感になったという説がある。

8 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 00:05:49.88 ID:eo007f3P
それにひきかえ、ショッカー戦闘員の皮膚はせっかく黒色なのに、変な
骨やサソリを刺青するもんだから、すぐにおやっさん達にバレてしまう。
おかしいぞ科学者諸君

9 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 00:09:46.97 ID:3ubRdGHE!
ユニクロの新素材(笑)

10 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 00:12:06.74 ID:9/N0f0Ry
>人工の「極黒」表面の中にはこのヘビの斑点より高い暗度を示すものがすでに存在するが

えっ?存在すんの?じゃあいらなくねこれ

11 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 00:19:22.47 ID:G4+KCWFp
>哺乳類は一時期、爬虫類から逃げて
>夜行性生活を送っていたので、色に鈍感になったという説がある。

そのくせ、太陽光と同じく、緑色付近の色に、特に敏感なんだよ。
まあ月光も似たようなものなんだろう。反射光だからね。

12 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 00:25:50.18 ID:T8d52FOZ
背面からの光は透過できたりするのかな?
それだったら、テレビやモニターの表面処理にうってつけかもしれんけど

13 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 00:35:36.55 ID:W4x7qpld
哺乳類、爬虫類、両生類、って、ほとんど同時期にゾロゾロ発生したみたい。
決して、両生類 → 爬虫類 → 哺乳類という順序があるわけではない。

14 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 00:36:26.74 ID:rwz0Ruz+
蝶やフンコロガシは、もっと多彩な色を表現している

15 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 00:43:36.86 ID:W4x7qpld
>>14
うんね。甲虫とか蝶の色って、色素ではなく、表面の微細構造のせいらしい。
哺乳類って実に地味な色をしている。その代わりというか代償行為なのか、
女は派手色の衣装を好んで着けたりする。

16 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 01:12:13.07 ID:4aMrZ1KN
じっさいステルスって電波を反射しなきゃいいだけのもの
それなら日本は完全にマスターしている。

17 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 02:12:52.06 ID:koNPjmRC
構造色でしたってことでしょー

18 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 02:20:14.88 ID:tNAJ2XzN
West African Gaboon Viperでググったらツチノコだった件

19 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 02:37:17.61 ID:CgE84m5k
おもしろいなぁ

20 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 02:47:22.62 ID:0FdldFmE
これを利用したら太陽光発電でより高い変換効率を実現できるってことか

21 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 03:01:09.72 ID:xu1Y0HP1
ステルスに使えそうやね

22 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 03:23:18.00 ID:olTlrCs8
モノリス

23 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 03:59:05.35 ID:N6dMvyX2
ステルスとはちと違うのではないだろうか
この構造では所詮レーダー波のエネルギーは構造内で熱になる
今のIRSはレーダー波による機体の温度上昇もセンスできる水準にあるからね

24 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 05:45:18.26 ID:PbUxCD9m
実はブラックホール

25 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 05:54:44.13 ID:4mkaHd4Z
スニーキングスーツのカモに使われるのですね

26 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2013/05/26(日) 06:03:59.24 ID:50vtNL5o
本人はロクな視力は無い。ご先祖が地中生活するうちに
マブタを失ってしまったそうな(目開きっぱなし)。
眠る時は大変

27 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 06:04:44.23 ID:fcRVqOlv
Z=女々椎茸

28 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 07:26:35.30 ID:O8STKtZz
モノリスってiPhoneのことだよな

29 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 08:04:38.60 ID:acSjiGzZ
⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンバイパー

30 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 09:51:57.79 ID:rvCEvbOy
社会というジャングルの中で誰にも見つけてもらえない俺のことも研究してくれ。

31 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 10:36:10.12 ID:Uce2T7iy
本当はガボンバイパー らしいw

ガブーンっていうと日本語の語感として
いかにもガブッと噛み付く感じだよね

ガブーンバイパーは最も牙の長い毒ヘビとして知られている
毒牙は5cmもあるという
普段は大人しいが物凄く太くて重いヘビだ
ツチノコ実写版と呼ぶ人もいる
噛まれると離さず毒を全力で注入してくる
その毒はタンパク質分解酵素をたっぷり含んだ出血毒であり
噛まれると全身の毛細血管がボロボロになり、肝不全、腎不全、脳出血、
それ以上に全身のあちこちから出血して死ぬ!とまで言われている
噛まれたら即、適切な治療をしないと1日以内にこれらの症状で死んでしまう
生還しても、噛まれた周辺の組織は酵素のため壊死してしまい
切断せざるを得なくなる事も少なくない

日本のマムシ、ハブ、あるいはガラガラヘビなどは熱を感知する器官が発達している
しかしガボンバイパーなどのクサリヘビ類は、毒牙が注射針のような管状になっている点ではこれらと共通している
(コブラなどは牙が完全に管状になっておらず少しだけ隙間というか溝がある)にもかかわらず
熱を感知する機関は発達していない

それゆえ、獲物を探す効率で劣るから、噛んだ獲物を絶対逃がさないような牙になってしまった
毒の種類も、もっとスマートな神経毒なら効きも早いわけだが

32 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 10:41:52.41 ID:Uce2T7iy
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/5f/Gaboon_Viper_%28rhinoceros%29_01.jpg?uselang=ja

太いねえw

http://www.terraristik-freaks.de/bilder/giftschlangen/nasicornis.jpg
近縁種のライノセラスアダーは赤や青の模様も入りもっと美しい

チョウなどで知られる光り輝かせる構造色もあるわけで
逆に吸収する側の構造も作れるわけだ>>1

33 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 11:47:58.45 ID:XyqgPSMK
>>32
このむちむちっとした感じがセクシー

34 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 12:06:10.58 ID:Uce2T7iy
http://www.youtube.com/watch?v=4WvnjCkLbvY
クサリヘビの仲間の毒は強烈だ

血液が一瞬にして凝固してしまう
血管が全部詰まって死ぬわけだ
心臓はそのまま動いているから毛細血管が破れてしまう

パフアダー
http://stat.ameba.jp/user_images/20110103/20/pandemonium0299/22/11/j/o0636048010960408986.jpg
これも太短いクサリヘビ

35 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 12:20:20.98 ID:Uce2T7iy
ツチノコは極度に太短い形にデフォルメされて描かれているが
一説ではアオジタトカゲが逃げ出したものを誤認した?ともいう

だが、そもそもマムシだって餌をたっぷり食べた繁殖期のメスなら太い
http://www.nara-edu.ac.jp/ECNE/kaerhebi/photo/mamusi/mam-1.jpg

沖縄の小型の毒ヘビであるヒメハブ http://yamoyo.sakura.ne.jp/hihab-1.html
これは動作も鈍く、毒も強いが量が少ないので害は少ないというがマムシ同様油断禁物

これはコブラに近い仲間でオーストラリア産のデスアダー
http://www.snake-planet.webege.com/images/Death%20Adder%201.jpg
生息域では人家近くにもいて、非常に危険!
ニューギニアにも近縁種がいて、WW2で日本兵がこれを捕まえて食べ「ツチノコを食べた」と証言しているという

これは無毒なアカニシキヘビ
http://i305.photobucket.com/albums/nn210/Rossi1986_photos/08maleblood003.jpg

ヤスリヘビ。無毒で水中性
http://4.bp.blogspot.com/-Tdt9-Bzyl1Y/TwnC5lsfN1I/AAAAAAAAACY/YAi6KaCNYBA/s1600/acrocordus1_big.jpg

アオジタトカゲ。足が短い
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Blue_tongue_lizard_%282154568394%29.jpg?uselang=ja

36 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(2+0:8) :2013/05/26(日) 12:56:19.33 ID:cS9FOtEu
さすがは進化だの突然変異だのでは決して得られぬ
インテリジェンスによるデザインの賜物だな

37 :名無しのひみつ:2013/05/26(日) 21:26:21.66 ID:owRq+5gY
これはなかなかすごいな。
言ってみれば、この蛇は「暗闇」の擬態をするために、
「光が入ると出てこれない微小の穴構造」を皮膚に作ったわけか。

38 :名無しのひみつ:2013/06/07(金) 23:15:02.65 ID:nkjLFgtz
>>37
暗闇の擬態かぁ、言葉にするとなかなか凄まじいものがあるね


しかしこれが偶然とはとても思えない

39 :名無しのひみつ:2013/06/08(土) 07:09:12.91 ID:mHimnHVy!
アルビノ変異で色素を持たない場合、表面構造だけでどこまで黒くなるだろうか?

40 :名無しのひみつ:2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:f9YmlOT0
ナノは甘え

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)