5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【宇宙開発】次世代H3ロケット開発へ…2020年度打ち上げ

1 : ◆3333333SUM @ガブラッチョφ ★:2013/05/17(金) 17:18:12.04 ID:???
国の宇宙政策を決める内閣府宇宙政策委員会の専門部会が17日に開かれ、
次世代の大型ロケット開発に来年度着手することで大筋一致した。


 開発体制を抜本的に見直し、これまで国の機関が行ってきた設計・開発を民間企業が行う。
2020年度の初号機打ち上げを目指しており、同部会は今月中にも最終決定する。

 大型ロケットの開発は、1996年に始まったH2Aロケットの開発以来、18年ぶりになる。
同部会は研究開発費は国が負担し、設計・開発から製造や打ち上げまでを民間が担う方針でほぼ一致した。

 次世代大型ロケットについてはすでに、宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)と
三菱重工業が「H3」(仮称)として、開発計画案をまとめている。液体燃料を使った
メーンエンジンや固体燃料の補助ロケットなど複数の部品を組み合わせることで
機体のサイズを変化させられるようにし、中型から大型までの多様な衛星の打ち上げに
対応させる構想だ。小型の固体燃料ロケットと部品を共通化したり、自動点検システムを
導入したりして、コストを抑える。

(ニュースソース)読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130517-OYT1T00681.htm

190 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:mWTtms0R
火星探査次世代ロケット、日米でエンジン開発検討
産経新聞2013.7.15

将来の有人火星探査を担う米航空宇宙局(NASA)の大型ロケットについて、日米がエンジンの
共同開発を検討していることが14日、分かった。日本の次期大型ロケット「H3」(仮称)のエンジンと
基本設計を共通化し、両国で次世代機のコスト削減につなげるのが狙い。実現すれば心臓部の
エンジンで米国が日本の技術を採用する初のケースとなり、宇宙開発の日米協力が加速しそうだ。

191 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:D9bH07aH
>>190
どうせ途中でブラックボックス仕込まれるから止めとけ。

192 :名無しのひみつ:2013/07/15(月) NY:AN:NY.AN ID:gHr4qYkR
>>190
今でもH-2A/Bの2段目タンクと、デルタの2段目タンクは共通。
お陰で、H-2B用の太胴2段目が開発出来ない足かせになってる。

SLSは1段目にSSMEの簡易版を持ってくるんだろうから、
当初から2段目用設計のLE-Xを外販するのは理にかなってる。

つか、引用するならURL貼れよ。捏造か妄想かと思っただろ。

火星探査次世代ロケット、日米でエンジン開発検討
http://sankei.jp.msn.com/science/news/130715/scn13071509060000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/images/news/130715/scn13071509060000-p1.jpg

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)