5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【宇宙】プログレスM-19M補給船、打ち上げに成功するも自動ドッキングシステム用のアンテナ展開せず

1 :科学ニュース+板記者募集中!@pureφ ★:2013/04/25(木) 00:37:51.58 ID:???
プログレスM-19M補給船、打ち上げに成功するもアンテナ展開せず

http://www.sorae.jp/newsimg13/0424progress-m-19m.jpg
Launch of Soyuz-U with Progress M-19M cargo ship Image credit: RKK Energiya

 ロシア連邦宇宙局(ロスコスモス)は24日、プログレスM-19M補給船を搭載したソユーズUロケットの打ち上げに
成功した。

 プログレスM-19Mを搭載したソユーズUは、バイコヌール現地時間4月24日16時12分(日本時間19時12分)、
カザフスタン共和国にあるバイコヌール宇宙基地のLC-1/5から離昇、約9分後に予定通りプログレスM-19Mを
分離した。

 その後、太陽電池パドルの展開は順調に行われたものの、クルス(コーズ)と呼ばれる自動ドッキングシステム
用のアンテナの、5基のうち1基が展開できていないことが判明、現在解決法が練られている。

 クルスは1980年代後期に開発されたシステムで、アンテナから電波を発射し、その反射波を測定して、対象との
距離や姿勢、また接近の度合いを測り、完全に自動での宇宙ステーションとのランデブー、ドッキングを可能としている。

 基本的には5基すべてが正常に動いていないと自動ランデブー・ドッキングは行えないので、もう1基のアンテナを
なんとかして開くか、あるいはもう一つ別に搭載されているTORUドッキングシステムを使うことになる。TORUは宇宙
ステーション側から宇宙飛行士が手動で宇宙船を操縦するというもので、これまでもクルスが不具合を起こしたとき
などに急遽使用されたことがある。

 国際宇宙ステーション(ISS)とのドッキングは、現時点ではモスクワ時間26日16時26分(日本時間21時26分)に
予定されている。

 プログレスM-19MにはISSへの補給物資として、水や食料、酸素、燃料など合計2,366kgが搭載されている。

 今回の打ち上げは、前回、前々回などと同様、打ち上げからISSへのドッキングまでを6時間で行う「特急便」に
なる予定だったが、先日の同じバイコヌール宇宙基地から打ち上げられたソユーズ2.1bとの兼ね合いから予定が
遅れ、以前と同じ2日間掛かる飛行に変更されている。

Sorae.jp April 24 - 2013
http://www.sorae.jp/030607/4867.html

■О запуске транспортного грузового корабля «Прогресс М-19М»
http://www.federalspace.ru/main.php?id=2&nid=20059

2 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 01:03:18.87 ID:YJn47Fnd
法則発動

3 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 01:05:27.00 ID:+fg16FAj
宇宙でご飯が食べられないとお腹が減って悲しくなっちゃうんだな〜

4 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 01:09:44.47 ID:P5DWDmzd
やっぱり、かの国の法則には逆らえんのだな・・・雨も露も・・・ご愁傷様。
それに比べ、どんどん距離をとっていく日本の復興のめざましさといったら
アベノミクスで笑いが止まらない。

5 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 02:08:28.54 ID:sNiSkTkA
すぐに法則とかを持ち出す馬鹿ウヨ共に失笑

6 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 02:20:03.38 ID:k0E2+tka
予備のアンテナをあと5本いれるべき

7 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 02:37:50.63 ID:SODHs71T
昔手動で動かして激突して酷いことになったよねw

8 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 03:15:56.55 ID:KDxZXGPX
久々の大きなポカ?

9 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 03:27:16.29 ID:Rq8iT0hq
次から予備アンテナを付けよう

10 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 04:23:21.13 ID:oshvpXNw
>>5 気にするなよ
でもなんで朝鮮と関わるとこうなるんだろうな

11 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 04:26:14.97 ID:2ZANeeDe
>>5
必死に噛みつく特定日本人を嘲笑

12 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 04:28:20.75 ID:g/akVnqX
>>2
日本にもそろそろ来るんじゃない?

13 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 04:58:25.22 ID:MD0a4bIp
ちょっとトラブル多くなって来たかなぁ・・

14 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 05:12:46.10 ID:wrVstjbT
アメリカはソ連に対抗して宇宙ステーションの計画をぶち上げたものの、自動ドッキングの技術ハードルが
めっちゃ高いことに気づいてソ連の技術に頼ることにしたんだよな。
生命維持や電力供給などもミールの技術をほとんどそのまま使ってる。

15 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 05:43:41.16 ID:2ZANeeDe
>>14
アメリカがソ連に頼ったのは、ソ連崩壊後の宇宙技術拡散を防ぐのが目的。
アメリカの思想では、そもそも自動ドッキング技術は必要としていない。

生命維持や電力供給は、建設当初こそロシアモジュールに依存したが、
現在はアメリカ側モジュールでISSの生命維持、管制を担当してる。

旧ソビエト式の「サリュート型」ステーションは、宇宙船として独立した
生命維持が可能な利点があり、橋頭保としては役に立つが船内空間に
ロスが多く、ISSのような巨大構造には向かない。

今現在、ロシア側の生命維持システムは稼働してない。

16 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 08:18:40.30 ID:iEr3DRFW
>>5
あれは実はサヨがウヨを貶めるためにわざと幼稚な書き込みやってるんだと思うよ

17 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 09:07:02.67 ID:cadHbm1j
これが単純な失敗と思う奴は、オレオレ詐欺に引っかかるな
おそロシアだぞ・・・陰謀の予感!!

18 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 10:29:36.75 ID:R4mFLm/O
>>12

つーかこの間まで発動してたかとw
今は白マテリア「靖国」発動したので大丈夫ww

19 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 10:31:01.08 ID:0muRILwW
>>4
アベノミクスは小泉バブルと同じだからまたすぐ消えるよ

20 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 10:51:25.86 ID:HykYXhIH
あの時は、日銀がすぐに利上げして、景気好転の芽を消しちゃったけど、今度はあと5年大丈夫でしょ。

21 :名無しのひみつ:2013/04/25(木) 17:14:27.57 ID:x5sA6A+9
>>5

    そう落ち込むなって
.       ∧__∧
      ( ´・ω・)∧∧l||l
       /⌒ ,つ⌒ヽ)  
       (___  (  __)  
"''"" "'゙''` '゙ ゙゚' ''' '' ''' ゚` ゙ ゚ ゙''`

22 :名無しのひみつ:2013/04/26(金) 14:49:05.46 ID:tx6mC1du
安定のロシアがああああああああ

どうしたんだ

23 :名無しのひみつ:2013/04/26(金) 15:27:25.67 ID:CogFNhTR
打ち上げ数が圧倒的に多いから、トラブルの絶対数も必然多くなる。

24 :名無しのひみつ:2013/04/26(金) 16:34:48.60 ID:4zaw1eTz
>基本的には5基すべてが正常に動いていないと自動ランデブー・ドッキングは行えない

3基うごけば可能なようにアップグレードすべきだね・・・

25 :名無しのひみつ:2013/04/26(金) 19:45:27.15 ID:OgPQldQL
で、どうなった?

26 :名無しのひみつ:2013/04/26(金) 19:50:15.65 ID:OgPQldQL
http://www.spaceflight101.com/progress-m-19m-mission-updates.html
まだうまくいってないんだな

27 :名無しのひみつ:2013/04/26(金) 21:31:38.14 ID:q/HYBWmC
>>22
宇宙政策委員会 第3回宇宙輸送システム部会 資料2-1
http://www8.cao.go.jp/space/comittee/yusou-dai3/siryou2-1.pdf
> 一定サイクルの新規開発がない場合の影響の例
> (中略)
> ・ロシアの例
>  -2012年8月までの約18ヶ月間で、ロシアは7回の打上げ失敗により、計10機の衛星等を喪失
>  -宇宙開発大国ロシアを支えてきた宇宙産業分野の技術力及び
>   人材ポテンシャル低下(中間層不足)による品質劣化が一因の見解
>  - 「現在のロシア宇宙産業の人材構成は、60歳以上か30歳以下となっており、中間層が欠落している」
>   (2011年12月23日RIA Novosti)

28 :名無しのひみつ:2013/04/28(日) 07:56:25.39 ID:CRPq/twQ
プログレスM-19M宇宙船は、発射の後に展開しなかったKURS操縦アンテナによって48時間のランデブーの後、
金曜日UTC 12:25 国際宇宙ステーションへ手動ドッキングしました。

29 :名無しのひみつ:2013/04/28(日) 07:56:49.81 ID:CRPq/twQ
http://www.spaceflight101.com/uploads/6/4/0/6/6406961/6281029_orig.jpg

30 :名無しのひみつ:2013/04/28(日) 07:57:37.84 ID:CRPq/twQ
Progress M-19M - Docking to ISS - April 26, 2013 .
http://www.youtube.com/watch?v=diZPUgUrVgU

31 :名無しのひみつ:2013/04/28(日) 08:00:00.98 ID:CRPq/twQ
結構ずれてて危なかったんじゃねこれw

32 :名無しのひみつ:2013/04/28(日) 08:01:16.02 ID:CRPq/twQ
最後はちゃんとあわせられたけど
こんなもんなのかね?

33 :名無しのひみつ:2013/04/28(日) 09:19:13.46 ID:lsWi1HVX
>>31-32
毎回こんなもんだよ。
ロシア式ドッキングはプローブ&ドローグ方式。
上下左右数10cm程度のズレは、力ずくで押し込む。

70年代から使われてる実にロシアらしい、大雑把で強引な方式だよ。

34 :名無しのひみつ:2013/04/28(日) 10:53:21.31 ID:CRPq/twQ
大幅ずれを前提にする設計はいいな

35 :名無しのひみつ:2013/04/28(日) 17:37:34.30 ID:kjJptk6t
これがHTV方式=キャプチャー・バーシング方式だと、
秒速5mm以下の完全相対静止精度が必要。
※実際には2mm以下を達成。

36 :名無しのひみつ:2013/04/30(火) 11:21:36.96 ID:JLJTZEKR
良くも悪くも日本らしい

37 :名無しのひみつ:2013/05/02(木) 15:58:09.32 ID:Mdgg116k
>>1
Kの法則

チョンと関わったばっかりに…
ロシアは衰退する

38 :名無しのひみつ:2013/05/02(木) 16:02:54.79 ID:Mdgg116k
>>19
小泉が戦後3番目の長期政権だった事、知らないのか?ゆとりチョンw

39 :名無しのひみつ:2013/05/03(金) 15:43:21.32 ID:tPowUPAt
>>38
とりあえず、マネタリズムで最悪だったのはマジだけどなw

40 :名無しのひみつ:2013/05/07(火) 11:25:19.00 ID:ZiDQtiF8
今後の国際宇宙ステーション補給・往還フライト予定

5月29日 午前5時31分 ソユーズ宇宙船 (35S)
6月6日 午前6時32分 欧州補給機 (ATV‐4)
6月中 シグナス実証1号機 (COTS Demo-1)
7月24日 プログレス補給船 (52P)
8月4日 こうのとり4号機 (HTV‐4)
9月25日 ソユーズ宇宙船 (36S)
11月7日 ソユーズ宇宙船 (37S)
11月11日 ドラゴン宇宙船 (SpaceX-CRS3)
11月21日 プログレス補給船 (53P)

41 :名無しのひみつ:2013/05/07(火) 16:41:05.87 ID:Pvnv8l7F
小泉は最後、日銀に刺されたんだよ。
安倍はちゃんと学習してるっぽいから大丈夫だと信じたい。

42 :名無しのひみつ:2013/05/13(月) 23:44:49.70 ID:o1Ht0Rjl
無茶なドッキングのツケがATVに影響か

プログレスM-19M、ドッキング時にISSに損傷を与えた可能性
http://www.sorae.jp/030603/4884.html
http://www.sorae.jp/newsimg13/0513progress-m-19m.jpg

NASAが宇宙専門紙SpaceNewsに語ったところによれば、欧州の無人補給船ATVがドッキングの際に使用する、レーザー反射鏡に接触した可能性があると見ており、宇宙船や、宇宙飛行士の船外活動によって状況を確認したいと考えているようだ。
この反射鏡はATVとISSとの相対距離と角度を測るためのもので、わずかでも損傷や表面の汚れがあったり、あるいは設置位置がずれたりしてはならない。

今月14日には現在ISSに滞在中の宇宙飛行士のうち3名がソユーズTMA-07Mで地球に帰還する予定になっていることから、ソユーズTMA-07MがISSから分離した後、カメラを使い、くだんの部分を撮影する案が浮上している。

一方でATVの4号機(愛称アルベルト・アインシュタイン)の打ち上げが6月6日に設定されており、同機はプログレスM-19Mと同じドッキング・ポートを使うことから、万が一レーザー反射鏡への損傷が見つかった場合は、打ち上げの延期も考えられる。

43 :名無しのひみつ:2013/05/15(水) 16:22:09.28 ID:Cy+exBu4
ダメかもわからんね

44 :名無しのひみつ:2013/05/24(金) 21:29:57.53 ID:/SxcxmjH
***********************************************
今後の国際宇宙ステーション補給・往還フライト予定
***********************************************

5月29日 午前5時31分 ソユーズ宇宙船 (35S)
6月6日 午前6時32分 欧州補給機 (ATV‐4)
6月中 シグナス実証1号機 (COTS Demo-1)
7月24日 プログレス補給船 (52P)
8月4日 こうのとり4号機 (HTV‐4)
9月25日 ソユーズ宇宙船 (36S)
11月7日 ソユーズ宇宙船 (37S)
11月11日 ドラゴン宇宙船 (SpaceX-CRS3)
11月21日 プログレス補給船 (53P)

***********************************************

45 :名無しのひみつ:2013/06/08(土) 05:27:00.74 ID:S48KlJdj
やはり破損していたATVドッキング設備

NASAとJAXA、プログレスによるISS損傷の可能性を認める
http://www.sorae.jp/030603/4914.html
http://www.sorae.jp/newsimg13/0607progress-m-19m.jpg

 NASAとJAXAは6日、それぞれが公開した欧州補給機ATVの4号機アルベルト・アインシュタインに関する記事の中で、今年の4月にロシアのプログレスM-19M補給船が、アンテナの一つが展開できないまま国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングを強行した際、
そのアンテナによってISSに取り付けられている部品を壊してしまった可能性があり、今月11日に予定されているプログレスM-19Mの分離時に、当該部分の撮影を予定していることを明かした。

 プログレスM-19Mが損傷させた可能性があるのは、ズヴェズダ・モジュールの後部ドッキングポートの外周部に取り付けられている3つのレーザー反射鏡のうちの1つで、ATVがISSへの接近時に使用される。
ATVがISSとドッキングできるのはこの部分だけで、損傷している場合はドッキングができないことも考えられる。

 またNASAによれば、先日打ち上げられたソユーズTMA-09Mに交換用のレーザー反射鏡が搭載されており、万が一レーザー反射鏡の損傷により、ATV-4がISSにドッキングできなかった場合は、6月24日に予定されている船外活動で交換することも検討されているという。

46 :名無しのひみつ:2013/06/08(土) 08:30:18.93 ID:Xy1shlrw
スレタイ、宇宙プロレスに見えた

47 :名無しのひみつ:2013/06/08(土) 09:36:05.68 ID:5RI1WmXH
>>46
ウルトラマンが得意そうw

48 :名無しのひみつ:2013/06/08(土) 09:55:36.40 ID:6xxStZaK
海の船だって、港に入ると水先案内人とタグボードで入港なのに、
なんで宇宙では自力で接岸するの?

飛行機だってタラップが飛行機に向かっていくし


救難潜水艦みたいなアクロバットはもうやめろ

49 :名無しのひみつ:2013/06/08(土) 20:34:34.89 ID:S48KlJdj
>>48
イミフ

何のために科学ニュース板に居るん?
知性って意味分かる?
生きてて楽しいの?

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)