5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【エネルギー】タイにてキャッサバの残りカスから代替燃料を製造する実証事業を開始/NEDO

1 :一般人φ ★:2012/12/19(水) 23:46:12.67 ID:???
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は12月17日、タイ王国において「キャッサバイモ」からデンプンを
抽出した後の残渣(タピオカ残渣)からバイオエタノールを製造する技術の実証事業に着手するとし、NEDOと
同国科学技術省国家イノベーション庁(NIA)が基本協定書(MOU)を取り交わしたことを発表した。

事業期間(予定)は、2012年度から2015年度で、施設規模は処理能力1000t/年(未乾燥キャッサバパルプとして)、
バイオエタノール生産規模は80kl/年、予算規模は約7億円(内NEDOの負担は約5億円)、委託先は
サッポロビールと磐田化学工業。

タイ王国では、近年の急速な経済発展により、エネルギー消費量は増加傾向にあるもののその大半を輸入に
依存しており、エネルギー供給不足への対策が喫緊の課題になっている。タイ国政府はエネルギーの安定供給の
ためにバイオエタノールの増産を目指す意向だ。

こうした背景の下、NEDOは世界最大のキャッサバデンプン(タピオカ)輸出国であるタイ王国において、
キャッサバイモからデンプンを抽出した後の残渣であるキャッサバパルプが未利用のまま大量廃棄されている
ことに着目した。

キャッサバパルプは、抽出されずに残ったデンプンと食物繊維が多く含まれる非食糧の農業残渣であり、
トウモロコシなどの可食原料を原料とする第1世代バイオ燃料のように食糧用途と燃料用途の競合が起きない点
が特徴だ。

一方、草本や木質類をバイオエタノールの原料とする第2世代バイオ燃料と比較して早期に実用化することが
可能であるため、1.5世代バイオ燃料と呼ばれている。

(本文>>2以降に続く)


キャッサバパルプからのバイオエタノール製造工程フロー
http://news.mynavi.jp/news/2012/12/18/198/images/001l.jpg

▽記事引用元 マイナビニュース(2012/12/18)
http://news.mynavi.jp/news/2012/12/18/198/index.html

▽新エネルギー・産業技術総合開発機構プレスリリース
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100163.html

2 :一般人φ ★:2012/12/19(水) 23:46:30.20 ID:???
>>1続き)

今回の実証事業では、同国最大のキャッサバデンプン製造工場から排出される「キャッサバパルプ」を対象に、
日本で技術開発された高温発酵酵母を適用し、80kl/年のバイオエタノール製造能力を持つパイロットプラント
によるバイオエタノール製造技術の有効性を明らかにする形だ。

同技術は、キャッサバパルプの高濃度かつ高粘性のデンプン残渣であるモロミから、高温発酵酵母を用いて
効率よくバイオエタノール製造を行うことを可能にする。同技術の有効活用によって、食糧と競合しない未利用
資源の有効利用を検証し、同国におけるバイオ燃料増産に貢献することを目指すとした。

なお、今回の実証の成果を用いて同国において排出されるキャッサバパルプの総量である年間190万トン
(2010年実績、風乾物)をバイオエタノールに変換した場合、年間約62万kl(1700kl/日)の製造が可能となる。

同国では、2022年のエネルギー使用量に占める代替燃料割合の目標を20.3%としており、この内バイオエタノール
製造目標として9000kl/日を掲げていることから、今回の技術が同国の代替エネルギー目標の達成に資するもの
と考えられる(2011年時の製造能力:1300kl/日)。

今回の事業は2016年2月まで実証試験によるデータの評価、検証を行う予定だ。また、今回のキャッサバパルプ
からのバイオエタノール製造技術実証事業終了後は、キャッサバパルプを排出する事業者に対して同素材を
原料とするバイオエタノール製造工場の建設・稼動を指導して1号機を立ち上げる計画である。

併せて、タイの同事業共同実施者と協力して、同高温発酵酵母によるエタノール製造技術の教育セミナーや
PR活動によるフォローアップが行われる予定だ。

これにより、キャッサバ主産地であるタイ東北部・東部地域を初めとして、タイ王国への本技術の普及を図り、
キャッサバデンプンの交易でタイと関係の深いカンボジア、ラオス、ベトナムなどのASEAN諸国への展開を
図るとしている。

(以上本文引用ここまで)

3 :名無しのひみつ:2012/12/19(水) 23:50:25.24 ID:jb8nLexI
キングゲイナー?

4 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:8) 亡霊:2012/12/19(水) 23:52:35.25 ID:AwNibR33
ヤッサバだ。

5 :名無しのひみつ:2012/12/19(水) 23:56:21.42 ID:e6YjJmOP
いいねいいねー
石油が要らなくなればみんな幸せになれるぞ

6 :名無しのひみつ:2012/12/19(水) 23:57:55.76 ID:QjGTDorB
実用化しようぜ

7 :名無しのひみつ:2012/12/19(水) 23:59:46.14 ID:cW3VrGvs
日本でもキャベツあたりからエタノールできないの?
甜菜やさとうきびだけじゃなくて。

8 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 00:02:00.65 ID:D4k3quTJ
>>7
糖に変わるもの、つまりでんぷん系ならなんでもOKだよ。

9 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 00:04:02.07 ID:YyvpIaR1
キャッサバってアホでも栽培できる
栽培マンみたいな食物で笑える。
土にちょんと刺すだけで増えるとかw

まあ毒があるややこしい食い物だがな。

10 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 00:05:02.93 ID:D4k3quTJ
>>9
でも連作障害がきつくなかったっけ?

11 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 00:05:42.85 ID:zxoyHmt4
>>9
ふ〜ん。栽培コストが激安なんだね。

12 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 00:13:08.46 ID:H3V5agG+
>>7
キャベツの外の葉っぱならいいけど食う部分はもったいないだろ。

13 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 00:16:17.55 ID:zxoyHmt4
>>12
たしかに。キャベツじゃ廃物利用になってないね。
ところでエタノールって使い道がたくさんあっていいよね。
焼酎にもなるし車も走るし燃料電池の燃料にもなる。

14 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 00:33:17.94 ID:na0kdYpn
「キャッサバパルプ」も良いが、どうやってセルロースをブドウ糖に分解するの?

15 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 00:35:20.72 ID:6q2KHlua
さくらんぼの種を食べるとな
お腹の中で芽が出てそのうち頭から木が生えてくるんだ
屋上緑化ならぬ頭上緑化だ
夏は木陰が出来るし涼しいぞ
土地が無くても毎年新鮮なさくらんぼが食べられるしな

16 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 01:05:58.18 ID:zxoyHmt4
>>14
製造フローによると発酵させて蒸留するようだから
焼酎の造り方に似てる。

17 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 09:22:52.22 ID:0NQWDMkQ
>>14
>>1
>キャッサバパルプは、抽出されずに残ったデンプンと食物繊維が多く含まれる非食糧の農業残渣であり、

デンプンを発酵させてるんだろ
製造過程でビール滓以上に発酵残渣が出ると予想
まあ、タイは農業国だから土壌改良剤に転用すればいいだけだが

18 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 10:45:12.51 ID:Jb4WMFNt
タイでキャッサバの工場近くにいた時
いつも酸っぱい匂いがしていました

19 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 12:53:23.72 ID:A9AMwor2
セルラーゼって特許が煩いから使用が限られているのかなあ?

キャッサバは痩せ地でも生え、どんどん芋が出来る
但し毒のある品種が多い

それで摩り下ろしてデンプンを取る
だが毒はシアン配糖体なので加熱すると気化して無害化するから
屋外でじっくり煮ると大丈夫、ともいう

ブラジルではキャッサバをそうやって無害化して食べている
デンプンを取った後の絞り汁で、ごく僅かにシアン配糖体が残っているものを発酵させると
多少ピリッとして美味しい、なんて使い方もする

またキャッサバを植えると土の養分を最後の最後まで吸い尽くすため、後は大量に肥料を与え、数年間は
有機肥料をあたえたりして土壌の構成を整え直さないとろくな作物が出来ない、ともいう

20 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 18:50:03.35 ID:h4XHevSm
豚も食べないぐらい不味いん?

21 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 19:17:11.77 ID:q4o/+nHx
うーん
これは日本になんか得あるのか(´・ω・`)?

22 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 19:29:28.74 ID:0NQWDMkQ
>>21
日本の独立行政法人による非化石燃料エネルギー開発を行えば
CO2排出量の搦め手からの削減につながる

23 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 19:56:57.26 ID:A9AMwor2
>>20キャッサバを貧栄養でデンプン収穫は望めない程度に育ててから
それをちょっと加工して毒抜きしてからブタに食わせて太らせた、という話はある

24 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 20:04:35.01 ID:q4o/+nHx
>>22
どこの国もやってないのに日本だけ削減しなくてもいんじゃね(´・ω・`)?
結局石油やガスの生産量次第なんだろうし

25 :名無しのひみつ:2012/12/20(木) 22:40:43.49 ID:x+4ZOJh4
日本に得になるような事は特にないんじゃね?
あっちことでやってる途上国援助の一つってだけで
強いて挙げればタイのエネルギー事情が安定すれば
投資先や輸出先として良くなるし
安いアルコールが出来るならそれを日本が買ってもいい

26 :名無しのひみつ:2012/12/21(金) 05:04:42.99 ID:ktwnFrcH
>>12
キャベツって作りすぎてよく大量に廃棄されてるじゃん

27 :名無しのひみつ:2012/12/21(金) 12:34:10.84 ID:TcNN663T
タピオカパン!

28 :名無しのひみつ:2012/12/21(金) 13:27:21.92 ID:8mir1NbC
>>26
そんときだけ稼動すると稼働率が…

29 :名無しのひみつ:2012/12/21(金) 13:57:07.24 ID:RMrGVs6x
>>28
乾燥工程あるんだから、タイミングずらせばいいじゃん

30 :名無しのひみつ:2012/12/21(金) 14:46:13.30 ID:ifk7Qp1T
> なお、今回の実証の成果を用いて同国において排出されるキャッサバパルプの総量である年間190万トン
> (2010年実績、風乾物)をバイオエタノールに変換した場合、年間約62万kl(1700kl/日)の製造が可能となる。

(´-`).。oO(量的には結構効率良いかな…)

31 :名無しのひみつ:2012/12/21(金) 16:38:41.20 ID:ReXB0uB/
燃料にしないで、普通にキャッサバ酒として飲んじゃったほうがいい。

32 :名無しのひみつ:2012/12/21(金) 17:47:18.51 ID:fWc7hwP+
キーマオ

33 :名無しのひみつ:2012/12/25(火) 13:56:09.05 ID:WjGCC7k9
残りカスだ
お前もこうなる

34 :名無しのひみつ:2012/12/25(火) 14:53:30.60 ID:dYP8W0+0
有効な使われ方じゃないか

35 :名無しのひみつ:2012/12/27(木) 09:16:22.82 ID:dW9BoNOg
竹とか雑草じゃダメなのか

36 :名無しのひみつ:2012/12/27(木) 13:48:36.24 ID:FhhfCpYI
>>35
そういう糖を含まない雑素材を使うのは次世代バイオ燃料
いまだ研究半ば

キャッサバはカスにも結構な量のデンプンを含んでいるので
それを一旦糖化してから発酵させてる

37 :名無しのひみつ:2012/12/28(金) 21:48:19.25 ID:n5iHF8du
タイではサトウキビも大量に生産されている
この搾りかすももちろんバイオエタノール生産に有用である

サトウキビにはショ糖のみが含まれているのではなく、果糖が相当量含まれている
しかし果糖は真空凍結乾燥でもすれば別だが、煮詰めるだけでは結晶化できない
そして空気中ではどんどん水を吸って流動体になってしまう。まあハチミツの主成分だから当然だw
またブドウ糖も含まれているが、これも結晶化およびその後の固体での保存が難しい

これらを煮詰めても、最後はカラメルとか糖蜜になってしまう
糖分をやや高温の状態にしておくと糖分がどんどんくっ付きあって、炭になる一歩手前では、黒鉛の周りに水酸基が多数生えたような
複雑な物質になる。これがカラメルだ
これは真っ黒だが非常に甘い

タイでは糖蜜を薄めて、肥料発酵用酵素や作物残渣などと混ぜて有機肥料を作ったりもしている
それはそれで有用だが、バイオエタノール生産だってやっぱり重要だ

またアブラヤシの幹も大量の糖分を含み、老いて実の数が減ったアブラヤシを切り倒した後
以前は燃やすだけだったが、現在ではバイオエタノール原料として注目を集めている

38 :名無しのひみつ:2012/12/28(金) 23:21:05.27 ID:lU+KyUZG
>>37
廃糖蜜ってずいぶん昔から工業用エタノールの原料じゃないか、
どっちかというと今研究で主流なのは残った繊維の方だし。

39 :名無しのひみつ:2012/12/29(土) 08:38:31.91 ID:8JA3eW4z
>>38
ラム酒も廃糖蜜が原料だな
ていうかラム酒と同じ原料製法の蒸留酒が
タイではウィスキーに使われてる

40 :名無しのひみつ:2012/12/29(土) 09:05:08.21 ID:egjBT5Iy
タイのサンソムだな

41 :名無しのひみつ:2013/02/17(日) 23:04:47.31 ID:R7WEyga+
キャッサバは甘え

42 :名無しのひみつ:2013/02/17(日) 23:29:29.76 ID:VGn3zcgT
廃糖蜜なら焼酎の甲類の原料つうかエタノール(エチルアルコール)の主原料

もう酒屋兼ガソリンスタンドにすればいいんだが
酒税法と揮発油税法が大喧嘩してる愚考

43 :名無しのひみつ:2013/02/17(日) 23:57:16.37 ID:nK4QWyn3
>>42
国税庁の同じ職員が時期だけ変えて同じ機器で検査してるくらい
実際の運用上はまとめやすい案件なんだがそれぞれの業界で利権があんのよね。

44 :名無しのひみつ:2013/02/18(月) 18:28:32.61 ID:5hWYEQJo
バイオ燃料にするなら腐らしてメタン使おうや、したら家畜や人間の排泄物や生ゴミからも燃料が共通製産できるぜ?

45 :名無しのひみつ:2013/02/18(月) 18:32:01.37 ID:qAcrpd58
また補助金詐欺か…

46 :名無しのひみつ:2013/02/18(月) 18:51:06.78 ID:6Wl5pvUw
いやー、正直食べ物をエネルギーにするのはあかん、と思うわ
どっちも欠かせないけど最終的には食料の方が重要だろう

ここに手を出してはいかん

47 :名無しのひみつ:2013/02/18(月) 18:51:49.17 ID:KpF+HyNe
余計な手間かけずに鶏のエサにでもしとけ

48 :名無しのひみつ:2013/02/18(月) 19:17:59.91 ID:LoZfaKfu
バイオディーゼルの出番だな

49 :名無しのひみつ:2013/02/18(月) 20:14:11.07 ID:5hWYEQJo
>>47
うろ覚えだけどキャッサバって、部位によっちゃ毒があるらしいぞ

50 :名無しのひみつ:2013/02/18(月) 22:34:00.40 ID:u1qNvqIy
>>49加熱すると毒が分解する

ただし密室で加熱すると、青酸ガスが溜まって死ぬことになる

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)