5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【古生物】奇妙な角の新種角竜、カナダで発見

1 :一般人φ ★:2012/11/12(月) 21:03:44.22 ID:???
 7800万年前カナダに生息していた、頭部に角のある新種の恐竜が見つかった。北アメリカで見つかった
角のある大型爬虫類としては、これまで知られた中で最古の種だ。
「トリケラトプスに似た大型恐竜の中では、確実に最古のものだ」と、今回の研究の主執筆者である生物学者
マイケル・ライアン(Michael Ryan)氏は話す。

 この新発見の草食恐竜は、クセノケラトプス・フォレモステンシス(Xenoceratops foremostensis)と
命名された。ラテン語で「フォアモストの奇妙な角を持つ顔」を意味する。フォアモストとは、1958年に
クセノケラトプスの化石が見つかっていたカナダの小さな町の名だ。

 知名度の高い類縁種で、1500万年後の恐竜時代末期に生きたトリケラトプスと同様に、クセノケラトプスは
目の上から長い槍のように突き出た角と、頭骨から後方へ広がる楯のような「フリル」を持っていた。
トリケラトプスと違うのは、そのフリルからも角が生えていたところだ。

◆どの角竜とも異なる

 この新発見の恐竜は、カナダ、アルバータ州で見つかった頭骨と角の化石断片によって知られる。
ライアン氏のチームは近年、7800年前の骨を発見したのをきっかけに、オタワにあるカナダ自然博物館が
所蔵する同時代の化石コレクションを調査した。

 そこでチームは、1958年に発掘され、長年しまい込まれたままになっていた化石を発見した。その化石は、
ライアン氏のチームが見つけた化石と同時代のもので、しかも同じ未確認の恐竜種の骨だとみられた。

「博物館でわれわれは(中略)フリルの大きな化石2片を見つけた。1つは角が生えていた。見た瞬間、
私はそれが他のどの角竜の骨とも異なることに気づいた」とライアン氏は言う。同氏はアメリカ、オハイオ州に
あるクリーブランド自然史博物館の古脊椎動物学部門を率いる。

 クセノケラトプスは体長約6メートル、体重2トン超と、角竜としては平均的な大きさだった。
現在のアフリカゾウと同じくらいのトリケラトプスはそれより1.5倍大きいが、8000万年前に生きていた
ケラトプス科の恐竜の中ではクセノケラトプスは最大級だった。

(本文>>2以降に続く)

▽画像 8000万年前、霜の降りないカナダに生息していたクセノケラトプス。
Illustration courtesy Julius Csotonyi

▽記事引用元 ナショナルジオグラフィックニュース(November 12, 2012)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20121112004&expand#title

▽Canadian Journal of Earth Sciences
「A new ceratopsid from the Foremost Formation (middle Campanian) of Alberta」
http://www.nrcresearchpress.com/doi/abs/10.1139/e2012-056

2 :一般人φ ★:2012/11/12(月) 21:04:02.11 ID:???
>>1続き)

 クセノケラトプスと同時代には、ティラノサウルス・レックスにつながる肉食竜や、カモのようなクチバシを
持つハドロサウルス、巨大なアルマジロに似た姿で大きな棍棒のような尾を持つアンキロサウルスなどが生きていた。

 白亜紀末期のアルバータ州は、現在の涼しい同州とはかなり様子が異なっていただろうとライアン氏は言う。
当時は亜熱帯だったこの地域には「おそらく雨季と乾季があり、雪や霜などは絶対に降らなかっただろう」。
現在、フォアモスト周辺の地域は平原(プレーリー)となっており、角竜の現代版ともいえるウシが生息しているという。

◆初期の角竜

 クセノケラトプスの派手なフリルは、角竜がその進化過程のごく初期から頭部に凝った装飾を施していた
ことを示しており、進化が進むにつれて飾りはますます精巧になっていったという。

「歴史的にわれわれが(角竜に関して)持っている知識は、約6500万〜7500万年前の時代に基づいている。
今回の研究成果は、進化の起源を数百万年早めた」とライアン氏は述べる。

 さらに、クセノケラトプスとトリケラトプスは属する亜科が異なるが(前者はセントロサウルス亜科、
後者はカスモサウルス亜科)、進化の初期において両者はそれほど異なる姿ではなかったとみられる。

「2つのグループは最終的には非常に異なる姿となり」、例えば、クセノケラトプスの系統は進化の過程で
トリケラトプスに似た目の上の長い角を持たなくなったが、「初期には両者の姿は非常に似ていたことが
明らかになりつつある」とライアン氏は述べている。

 今回の研究は11月8日付で「Canadian Journal of Earth Sciences」誌オンライン版に発表された。

(以上本文引用ここまで)

3 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 21:06:31.49 ID:QdQt1qcZ
3

4 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 21:10:01.85 ID:hCyHxMhn
ディアブロス亜種?

5 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 21:13:07.51 ID:NLq9i+yr
>>4
それ単に♀なだけだろ

6 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 21:14:22.40 ID:RmjchycE
いちばん肝心な、この画像を貼れよ。
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/bigphotos/images/new-dinosaur-xenoceratops_61032_big.jpg

7 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 21:18:19.21 ID:RmjchycE
「トリケラトプスより千五百万年間早いのか、すげえ!」
と驚けるくらい中生代の時代感覚がある人って居る?

8 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 21:24:40.26 ID:ewjkWeEu
>>7
すげえと思うかはわからんが
このスレ開く人はだいたい時間感覚はわかるんじゃないの

9 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 21:55:02.17 ID:e1XoOSO/
メカっぽくてかっこいいな

10 :(,,゚д゚)さん 頭スカスカ:2012/11/12(月) 21:57:58.14 ID:PnS6ZlJo
(´-`).。oO(奇妙でない角竜ねえ......)

11 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 22:05:43.41 ID:RRFfZQLR
長さ30cm以上の角を持つ角竜は全て北米産、だったかな

12 :素人 ◆GD..x272/. :2012/11/12(月) 22:22:17.84 ID:WWOjBLTc
またレスの付かない古生物スレの誕生か!

角竜の角は、主に鼻の上と目の上にあるが、原始的なセントロサウルス類
には鼻の上だけに角があるものが多く、進歩的なカスモサウルス類は目の
上の角が長いものが多い。
この事から、角竜の角の進化は「鼻の上→目の上」の順と考えられていた。

しかし、>>1をはじめ最近見つかった初期セントロサウルス類は、鼻の上に
角がなく、目の上に長い角が生えているものが多かった。
つまり、セントロサウルス類では、先に目の上の角が進化して、後にそれが
退化したのと同調して、新たに鼻の上に角が出てきたと思われている。

おそらく、角竜の角の進化は思っていたよりも複雑かもしれない。
カスモサウルス類にも進化初期はいろいろな角の傾向があったのかも。

13 :素人 ◆GD..x272/. :2012/11/12(月) 22:23:45.39 ID:WWOjBLTc
と、良く見たら>>1に書いてあった。

14 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 22:27:38.44 ID:ZljVrfPd
同じような角竜のイラスト見たことあるなぁ

15 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 22:28:56.27 ID:RRFfZQLR
ペンタケラトプスを思い出した

16 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 22:29:05.13 ID:bgHwuq6m
>>12
ズニケラトプスを見る限りケラトプス科の共通祖先の段階で目の上の角が発達してて、
分岐後にセントロサウルス類で退化、カスモサウルス類ともども鼻の上の角が平行進化ってことなんだろうか。

17 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 22:50:07.97 ID:JpiPO9EZ
か 角竜

18 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 22:53:09.55 ID:CNJzRw9p
UMAレター・フロム・カナダー

19 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 22:58:11.51 ID:79eQSVDn
角海老グループ?

20 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 23:03:22.84 ID:b9TH0UvS
恐竜将棋造るなら飛車角は角竜で決まり

21 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 23:21:34.96 ID:M6abXPxr
>>6にお礼言えよ>>1

22 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 23:30:54.89 ID:pAAEYZ+P
後々こいつもなんかの幼体でしたになるのかな

23 :一般人φ ★:2012/11/12(月) 23:33:49.18 ID:???
>>6
ありがとうございます。

24 :素人 ◆GD..x272/. :2012/11/12(月) 23:35:15.03 ID:WWOjBLTc
>>16
カスモサウルス属でも目の上の角が短い系統がいるのを考えると、
原始的なカスモサウルス類も一筋縄ではないと思われる。

あとこれで、モンタノケラトプスやバガケラトプスのような、鼻に角の
ある原始的な系統が、後の角竜と無関係なのも間違いないかも。

25 :名無しのひみつ:2012/11/12(月) 23:47:20.64 ID:bgHwuq6m
>>24
鼻の上の角は何度か平行進化してるんだろうね。

ちなみにこれ基盤的なセントロサウルス類に位置してるみたいだね
http://www.nrcresearchpress.com/na101/home/literatum/publisher/nrc/journals/content/cjes/2012/cjes.2012.4910/e2012-056/20121031/images/large/e2012-056f9.jpeg
後に鼻の角がこぶに変化しちゃった系統もあるしややこしい。

26 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 00:11:02.92 ID:nJJCXMRN
スティラコサウルス?

ほどフリルのトゲが発達してないか

27 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 00:22:18.67 ID:ojEQZVYx
>>12
とても素人質問で恐縮なのですが、目の上に角がある種と、鼻の上に角がある種が
それぞれ独立して発生し、後にその雑種が発生した、と考えるのは時系列的に合わないですか。

28 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 00:30:48.20 ID:hhRNt60f
矛と盾がいっしょなのかな?

29 :素人 ◆GD..x272/. :2012/11/13(火) 01:02:23.60 ID:4H4rWPC+
種間ならともかく属のレベルで分かれたら、雑種は難しい。
同属ですら、ウマとロバの雑種(ラバ)は繁殖能力が無いし。

30 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 01:02:37.55 ID:edlIjvIs
これは・・・俺のお父さんだ。

31 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 01:43:08.85 ID:ojEQZVYx
>>29
ありがとうございました。

32 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 02:26:03.50 ID:OJ7HoWgO
なんかこれ見たことあるよね?

33 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 03:23:15.15 ID:aeBN/YdY
ナゾ肉の正体は体重2トン超の爬虫類でファイナルアンサー?

34 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 04:03:13.06 ID:fDpgjNmK
閃光弾を合成込みで十数個もっていって目眩ましをしながら溜め斬りしてれば
誰でも倒せるんじゃないのか

35 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 04:14:04.57 ID:46da8cFc
フリルのまわりの角の形・・ねぇ
個体差がある場合もあるから、一体だけで新種と認定できるかどうか

36 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 04:19:28.36 ID:odkroL7w
>>30
おまえはR・田中一郎かw

37 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 09:53:49.10 ID:wFylwUAC
>>34
ドスファンゴと似たようなやり方でいいんでねーの。旋回性能悪そうだし。
角を折りたいならともかく、回りこんでケツから斬ってたらいいような。

38 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 11:21:51.53 ID:Jlk2x0ls
>>6
普通じゃん。

39 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 11:36:58.91 ID:9E5fflhe
モノ・・いや、ディアブロス劣等種?

40 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 20:15:41.28 ID:UlHjOcky
カバの頭骨を見たことがあると、>>6のような想像図を見るたびになんとも言えない悲しい気持ちになる
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/71/Hippo_skull_dark.jpg

41 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 20:36:56.78 ID:JqynhOOl
  ヘ⌒ヽフ
  (  ・ω・) 
  / ,   ヽ    
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄ ̄
  |\`、: i'、
  \ \`_',..-i
   \.!_,..-┘

42 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 20:41:00.98 ID:Ypswlii8
>>40角竜の角が全部肉ひだに覆われていたとでも?w

43 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 20:42:34.25 ID:Ypswlii8
パキリノサウルスの鼻の辺りに、実はケラチン質の角があったんじゃないかなあ?という説があるよね
あの切り株みたいな瘤がいかにもその付け根っぽいと
毎年生え変わってたんじゃないかなあ?とか

44 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 20:46:26.86 ID:IBYcSTqQ
↓そろそろいつもの「重力ガー」とか妄想全開の統一教会信者が来るかな

45 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 20:57:54.22 ID:Jlk2x0ls
トプスの兜って俺のパンチで貫けるんだろうか。

46 :名無しのひみつ:2012/11/13(火) 21:16:35.47 ID:10YCWgtb
漢方の材料になる

47 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 08:11:17.09 ID:1Zu0wJzs
>>42
答えは「わからない」だ

48 :素人 ◆GD..x272/. :2012/11/14(水) 08:17:21.68 ID:M8EC5iWJ
哺乳類は顔の筋肉が多いので、復元は難しいだろうな。
恐竜(というか爬虫類系)はもっとシンプルです。

49 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 09:29:34.80 ID:1Zu0wJzs
>>48
や、わからないじゃん。そもそも恐竜って爬虫類なん?

50 :素人 ◆GD..x272/. :2012/11/14(水) 09:48:18.49 ID:M8EC5iWJ
筋肉の付着点は調べれば分かるよ。

あと、恐竜は現在の分類でも爬虫類だよ。
(むしろ鳥類が爬虫類の一系統)

51 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 09:50:38.09 ID:iMYpz9HU
カッコいいなw

52 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 10:52:49.89 ID:s70qJEoY
でも結局骨に肉付けをコンピュータでしても表面の皮膚の形状や色まではわからないからなぁ
もしかしたら細かいイボが無数にあったりとか赤と緑や青や黄色みたいな派手な色だったなんて事も考えられるし。
今の想像図は現在の爬虫類の色をベースに考えてるだけだし、色変わるだけで印象が凄い変わる

53 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 11:03:52.03 ID:1Zu0wJzs
>>50
へー!
てことは、想像図には色彩以外ならある程度の信憑性があると思って眺めてもいいってこと?
まあおれが言いたいのは、凄く極端な話、例えばもしかしたら全ての恐竜の背中に
皮膚組織ででっかい風船がついてたかもしれないじゃん?てことなんだけどさ
実際そう思ってるわけじゃないが、この場合付着点がわかる筋肉組織じゃないからわからなくね?

54 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 11:38:24.83 ID:2drWjFIH
>>53
近縁の現生生物が居る場合だと類推できる
例えば完全に肉質の「とさか」でも骨にそれなりの付着点があるとか

ただ、「ドウクツライオンの謎」ってのがある
骨格的にも、(一部の検体から出た)DNA的にもトラより現生ライオンに近いので
たぶんタテガミを持っていたと類推されるんだけど
古代人の壁画で(たぶん)ドウクツライオンだと思われる生物は
タテガミが無く、ミョーに太ましい上に一部はシマが描かれてたりする
学者は「バーバリライオン以上に全身タテガミ状態(で太ましい)?」とか
「シベリアトラに似た姿?(シマが不鮮明で一部タテガミっぽいものが有る)」とか
毛の長さを確定できないでいる

55 :素人 ◆GD..x272/. :2012/11/14(水) 12:10:44.60 ID:M8EC5iWJ
極論言えば何でもできる。
少しでも可能性の高いものを取っていくのが科学のやり方。
間違いもあるかも知れないが、一番失敗の少ない方法。

56 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 14:12:52.22 ID:1Zu0wJzs
>>54
その話面白いなあ。何を信じれば良いのでしょう

>>55
まあ、そうなんだけどさ。。
おれの主張は、要は、想像図はあくまで想像図、ほんとはどうだったかなんてわからないよね、知りたいよね、
でも今のところ知ることはできないよね、あゝこの恋は私が生きている内には成就することが無いのだろう、てこと
単に嘆いてるだけよ

57 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 15:15:17.52 ID:HAEAH5IT
>>56


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/bird/1144754230/107
そうそうこのレスに似た学説もあるからな。たった百年前にいた西郷隆盛の顔すら解明出来てないんだよ。それより昔のことなんざ分かるわけがない。
最近は中国、ドイツで発見された始祖鳥に贋作疑惑が持ち上がり、進化論自体にに疑念を持つ科学者、教科書執筆者も現れている。
進化論は真実性に乏しく、道徳、愛国心、歴史認識の欠如を招くために各国で教育に使わない運動が行われているんだ。
詳しくは以下のレスを見ると良い。


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1352211689/78
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1352211689/83
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1352211689/85-89


真実は化学者の解釈によってコロコロ変わる恐竜像でわなく、聖書、竹内文書、古事記、ギリシャ神話、北欧神話、各地の民間伝承PTC。。。。これら古代人が目で見て書き記した当時の記録にある。

58 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 15:22:13.61 ID:HAEAH5IT
>>56

因みに化学者は秘密結社による利権と圧力により、主流、則ち流行にそぐわない、そして都合の悪い説は排除される傾向にある。
鳥類学者の世界的権威が、鳥と恐竜との共通性に疑問を持っていたのだが、恐竜考古学者とそれに洗脳された他の学者の圧力で孤立したのである。
世界的権威ですら、都合の悪い発言をする者は一人残らず、そうすべからく追放される、それが学会である。

59 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 15:41:12.72 ID:2bgWxkLJ
>>58
学会というのは森口ですら余裕で発表できるゆるゆるの世界なんだが
どうやって追放できるのかまったくわからない

60 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 15:50:03.68 ID:HAEAH5IT
>>59

簡単な事だ。森口は単に、{IPS細胞}なる医療界に於ける{ブームの波}に乗っていたからだよ。
{ブーム}に乗っていれば、例え、間違いを発言していようが、
そのような者すべからく許される。原発学(核融合も含まれる)、進化論と同じさ。。
これで化学も宗教も、どっちもどっちだと言うことがわかるだろ?

61 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 15:54:13.00 ID:DRpylCu7
>>59
会費未払いだったんだろうな。

62 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 15:56:26.15 ID:2bgWxkLJ
>>60
ああ……本物の学会に出ることをお勧めする。
相対性理論は間違っているだのなんだのという
いわゆるトンデモ研究には事欠かんよ。

63 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 15:58:48.30 ID:2drWjFIH
>>60
お前は岡村化石研究所の岡村長之助先生でさえ
古生物学会に属してた事知らないだろ

岡村先生がイグノーベル賞を受賞した時に
日本の古生物学会のふところの深さに、世界が大笑いしたもんだ

64 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 15:59:31.56 ID:2bgWxkLJ
Joachim Boldtに藤井善隆。
本当に何でも載る。
オープン系で査読者1人の雑誌ならどこでも載るだろ。もはや。

65 :名無しのひみつ:2012/11/14(水) 20:53:17.62 ID:BAnHF9eL
しかし毎回同じネタしかもって来ないね
他に無いの?

66 :名無しのひみつ:2012/11/24(土) 19:43:44.82 ID:nIOAkbEa
Diplocaulus Still Alive !! Paranormal Creature
http://www.youtube.com/watch?v=hGbJt1ys8VU

67 :名無しのひみつ:2012/12/12(水) 07:30:59.03 ID:Xalyu0wh
ウィーセーソーの社長じゃん

19 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)