5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【脳神経/進化】大脳新皮質は新しくなかった ニワトリも哺乳類と大脳新皮質形成の基礎一緒 国立遺伝研

1 :一般人φ ★:2012/03/24(土) 23:06:42.80 ID:???
 ヒトの高い知能を担う大脳新皮質を特徴付ける層状構造は進化史上、哺乳類の段階から出現したと考えられて
いるが、この層状構造をもたらす2種類の神経細胞が時間差で生み出される仕組みはニワトリにもあることが
分かった。国立遺伝学研究所の鈴木郁夫研究員や平田たつみ准教授らが24日までに実験で解明し、米科学誌
デベロップメンタル・セル電子版に発表した。
 哺乳類は約3億年前に鳥類・爬虫(はちゅう)類との共通祖先から分かれたと推定されており、この仕組みは
それより古い時代からあったと考えられるという。
 哺乳類の大脳新皮質は、脳神経細胞の層が積み重なって構成されており、神経幹細胞がまず下層、次に上層の
神経細胞を時間差で生み出す。一方、鳥類で大脳新皮質に相当する「外套(がいとう)」と呼ばれる部分は、
下層タイプの神経細胞の集団が内側、上層タイプの神経細胞の集団が外側に離れて分布しており、神経幹細胞が
別々の神経細胞を生み出すと考えられていた。
 しかし、ニワトリの胚の外套にある神経幹細胞を採取して試験管で培養すると、哺乳類と同様にまず下層、
次に上層タイプの神経細胞を生み出した。このため、外套の内側では下層タイプ、外側では上層タイプが
重点的に生み出されることが分かった。

▽記事引用元 時事通信(2012/03/24-15:38)
http://www.jiji.com/jc/zc?key=%d3%ae%c6%fd%ce%e0&k=201203/2012032400209

▽国立遺伝学研究所プレスリリース
http://www.nig.ac.jp/Research-Highlights/992/1029.html

▽Developmental Cell
「The temporal sequence of the mammalian neocortical neurogenetic program drives mediolateral pattern in the chick pallium」
https://www.cell.com/developmental-cell/abstract/S1534-5807(12)00038-X

2 :名無しのひみつ:2012/03/24(土) 23:14:17.51 ID:GdawTdq/
オレもそう思ってた。
とにかく、人間だけが特別という科学理論は全部間違いだから。

3 :名無しのひみつ:2012/03/24(土) 23:14:45.16 ID:3WAt+IuC
新しくなかったってどこに書いてある?

4 :名無しのひみつ:2012/03/24(土) 23:20:03.33 ID:g13hVi3o
>>3
プレスリリースのタイトルの「大脳新皮質は新しくない!」からじゃないか


5 :名無しのひみつ:2012/03/24(土) 23:21:45.54 ID:NpNO6Jlz
あくまで細胞の性質としては新しいものじゃないて話だけど、
爬虫類や魚ではどうなのかな
細胞単独では哺乳類のようになるんだから、鳥類の方が変わってるってことだね

6 :名無しのひみつ:2012/03/24(土) 23:42:30.72 ID:xHqqkquP
どうりでチキンと呼ばれる奴がいるわけだ。

7 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 00:12:38.61 ID:qu+WXQ/x
興味深いな
いろんな動物の脳を調べて欲しい

8 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 01:50:23.83 ID:xAjZf0p8
>>2
しかし、人間だけが体の大きさの割には
肥大化した脳を持っているのは事実。

つまるところ、
他の動物も脳を肥大化させる方向へと
品種改良を繰り返すと…

あっけなく知的生命体は出来上がる。

9 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 02:19:49.17 ID:62zbs8pf
>>8
いや、それは量の問題に過ぎない、質の問題ではない。

一片の新皮質があれば、既に知的生命は出来上がっている。後は量の問題。
つまり、ニワトリも知性を持っているし、多分、イワシも知性を持っている。

10 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 03:36:49.38 ID:VXWCwDne
>>1

11 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 04:08:06.13 ID:er49+Xk+
カラスとかもあるのかね

どっちかというと、恐竜が生き残っていれば人間のような文明を築く生物も
少なくても脳機能としては、あり得たという可能性がふえたことが面白い。


12 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 06:54:31.37 ID:reZKnnpt
というか恐竜が絶滅したのは知的恐竜による核戦争か細菌戦争のためなので
w
まあ絶対なくもないんじゃないのか
人類などほんのこの(数)百万年でどどっと進化しただけ
恐竜2億年の最後の百万年に一つ現れてあっという間に文明築いて大馬鹿やって全類消滅
文明の跡というのは奇麗に消えて残らない、ということのようだしな

13 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 07:15:39.29 ID:ejyEgAFo
※ただしヒトモドキは除く

14 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 11:49:17.33 ID:D/bvHBe0
鳥(と現生の爬虫類)と哺乳類は
両生類から陸上の古代爬虫類から進化して間もない頃から分岐したぞ
つまり大脳新皮質の誕生は予想以上に古い事になる

15 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 12:03:17.07 ID:lxawIszB
>>14
ニワトリどころか爬虫類全般に同じ機構があるということ?

16 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 12:04:04.96 ID:aQtsM1bv
>>1
あ、先に書かれてしまった。 カラスの知能は半端じゃないもんね。

17 :16:2012/03/25(日) 12:05:06.84 ID:aQtsM1bv
アンカーは >11 ね。

18 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 12:10:01.63 ID:er49+Xk+
1の記事内容だとそうとれるが。

それにしても前頭葉とか高等哺乳類だけの特別なものだと思っていたが
鳥にも同様の物があり得る可能性は出てきたわけだわな。
マジでカラスとか訓練すれば会話できるんじゃないかw

19 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 14:27:19.88 ID:7X1oh6rZ
人間と動物とがより近い存在であることが証明されれば
一方的な殺害
家畜
等の見直しを迫られ
ひいては人口抑制の根拠にもなり得るかもしれない

20 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 14:39:24.39 ID:njdk42VE
>>18
天才ヨウムのアレックス君ってのが昔いて、会話ができた
>>19
すでに魚は苦しむんだろうかって論争があって、結構微妙な問題になってる

21 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 14:40:26.33 ID:ZyNapML+
>>20
活造りを禁止する法案とかそういう問題になるわけですかね

22 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 16:08:37.91 ID:aQtsM1bv
考えるに、どの惑星でも頂点に立つ動物がいると、次のヒエラルキーの
生き物はどんなに可能性があっても知能が抑えられるんじゃないかと思う

23 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 16:31:38.96 ID:4qAMFX0d
>>22
そりゃ、脅威になる存在であれば、何であれ叩き潰されるからなぁ。

24 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 17:03:26.90 ID:7X1oh6rZ
>>21
そのように生命倫理に訴えて経済活動を規制する他ないと思う
これまでのような大量生産・消費・廃棄が将来的に不可能なことをみんなに納得させるには
科学的根拠で色々なアプローチが必要になると思う
そう考えるとある意味中世社会に戻っているとも言えそう
まあ僧侶が支配する世の中にさえならなければいいと思っている
でも
科学者=聖職者
という日も近いかもしれんなw

25 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 17:04:57.78 ID:7X1oh6rZ
>>20
それを捕鯨問題に転用されなきゃいいなw

26 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 17:07:23.20 ID:okecJ8W9
脳の構造が全然ちがうイルカが高い知能があるわけで、
そんな構造で知能が左右されるとかありえないから。

27 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 17:10:42.28 ID:ull034kO
>>25
そしたらウシにも適用してあげたいけどな。

28 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 17:29:10.18 ID:OVOk8oi2
やっぱりそうだったか

29 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 17:42:29.72 ID:sqgre4zA
>>2
同感
キリスト教の世界観がいろんな方面でいろんな形を取って色濃く出すぎ
進化論だって、キリスト教の呪縛の反動でしかないから眉唾だし
ニーチェがなぜ偉人扱いなのか、東洋人からしたら謎
そんなもん

30 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 17:42:38.86 ID:E929tTqu
>>19
近ければ殺しちゃ駄目とか
グリーン何とかと同じお馬鹿な発想

31 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 17:44:40.69 ID:Ih4WcPhw
結局のところ地球生物に纏わる現在の科学体系のほぼ全てが
進化論というオカルト宗教を核にして
実はロクな証拠もないのに仮説を重ねて構築されているものの
実はその多くが虚構でした ってオチになりそうだな


32 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 17:47:36.48 ID:ull034kO
回線のつなぎ直し覚えましたまで読んだ。

33 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 17:50:18.87 ID:sqgre4zA
>>30
だよなー
親愛なる者の肉をいただいて、自分の命を永らえてるんだからこそ、感謝しながら生きなきゃいかんのであって。。
キリスト教も儀式とか見てりゃ初期はそういう思想があったろうにな
風化した宗教ってのは怖いね

>>31
そもそもダーウィン自体がウォレスの論分パクったとかいう話しだし、多分ダーウィン自身が細部を理解してなかったんじゃないかと

34 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:12:51.15 ID:APDOam+j
考察の杜 教育
http://www.sun-inet.or.jp/usr/hiro7733/public_html/study/study_HAGYOU_LABEL.html
  勝てば官軍?
「進化論」は、犯罪を容認する。
いや、『それ』を「犯罪」とは呼ばない。
『淘汰』と呼ぶ。
進化論社会に、『犯罪』という言葉はない。(理論的に)
だから、犯罪者が増える。
彼が権力者であった場合に。
その行為は『世の常』と呼ばれる。
勝てば「官軍」になれる。
歴史書も、思い通りに書ける。
人が人を殺し、権力を得て「歴史」を書き換えても、「進化論の結論」はこうだ。
「勝った者が正義!」
「たとえ『だまし討ち』で負けても、それを『間抜け』と呼ぶ。」
「『悪人』と呼んでも構わない。」
「負けた者には、何の言い分もない。」
「彼は、『淘汰』に負けたからだ。」
ここで子供が質問する。


  「『ひきょう』ではないの?」

「『卑怯』?」

「『卑怯』もくそもない。」

「『ずるさ』も『強さ』のうちじゃないか!」

・・・

これが進化論における、『正しい教育態度』だ。



35 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:14:28.37 ID:APDOam+j

ご祭神の事跡_霊験日本第一 熊野神社 http://www.kumanojinjya.jp/goannai/story1.html
 戦後はサルが載るようになりました。ダーウィンの進化論とかでマルクス史観の根底を成しているもので、アメリカの学校では教えない方向に行っているというのに、日本の国では後生大事にサルをご先祖にするのでしょうか。残念でなりません。

自分の先祖が「猿」「爬虫類」「アメーバ」であるということほど自虐的歴史観はありません。
近年、微細な単細胞のアメーバであっても、研究が進めば進むほどに、精密で神秘的で【完全美】であることが
判明しています。
http://blog.m.livedoor.jp/cforum/article/50685392


唯物史観番外編 - 国際勝共連合
共産主義の人間観はダーウィンの 進化論に基づいています。
http://www.ifvoc.org/riron/riron_sikan11.html
(6 名無しのひみつ 2012/01/11(水) 00:03:54.79 ID:UQe/nG/Y
ルイセンコ主義であろうと、ダーウィン主義であろうと、同じ穴の狢です。唯物論で あることに変わりはありません。
ルイセンコ主義による他主義弾圧は左翼お得意の共食い内ゲバ、もしくは唯物論者同士の自作自演でしょう。)


36 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:15:08.45 ID:APDOam+j
NHKがダーウィンをプッシュする理由
http://takimigonamikita.blogspot.com/2011/01/nhk.html
さて、本題のNHKですが、
何故NHKは、番組名までも、ダーウィンにこだわるのか?
もう、勘の良いひとは分かると思います。
「共通祖先からだんだん分かれていった」。つまり、
地球上の生物は皆、共通祖先の子孫であり、お互いに兄弟姉妹の関係にある
ということ。
これにどういう意味があるかというと、
人類は皆、家族だ!
だから、仲良くしましょうね♪
ということ。
つまり、これは鳩山由紀夫(Loopy)の友愛思想と同一のものであり、
反戦
平等
人権
を謳うための道具として、ダーウィン説が使われているのです。
全く、国営なのに妙に中国寄りの論調であり、従軍慰安婦実在説を擁護するなどの捏造報道を流す、
NHKらしいと思います。
(注※ 従軍慰安婦は捏造です)
ダーウィン説をプッシュすることで、NHKの思想が透けて見えるのです。
反戦は、自衛隊の行動を憲法や法律で縛り、運用性を下げるため。
平等は、外国人に日本国民と同等な権利を与えることを正当化するため。
人権は、例え「特権」と言われるような権利でも正当化するため。
「人類は皆兄弟」。
これはNHKにとって、あまりに都合が良い説です。





37 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:20:14.46 ID:APDOam+j
人種差別の原因は進化論にありますか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1212109247


ベストアンサー
はい。その通り。各種の差別思想を比較検討した結果「人種間に遺伝的な優劣の差があるという差別理論」は1795年以前には存在しなかった。将に「進化論」が人種差別を理論的に正当化しユダヤ人虐殺に繋がった。


38 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:28:13.35 ID:APDOam+j
>>31
>>33
そうなんだよなー ぶっちゃけイルミナティなどの利権団体(実際のイルミナティではなくそう名乗っているだけの団体もあるからややこしい)、
そしてさらにそれらを支配する黒幕などは
昔から自らの教義と思惑に沿わない道徳教育などの心を育む教育と神道などのような宗教に異常なまでの敵意を燃やしていて
その教えと権威を破壊するために徹底的な執念燃やしているからな ついでに連中は「選ばれた民である自分たちだけで叡智を共有し、
それ以外の家畜にすぎない人間たちは無知なままにして操りやすくしよう」と昔から考えてきた
よって実験室で再現検証ができるようなごまかしの効かないもの以外は 表に真実を出させず、広めさせない
ちなみに唯物論系の学会
(医学界、進化生物学などの考古学会と生物学会、宇宙開発学会、天文学会、物理学会etc…)
も純粋な真の科学的根拠から学説が捕らえられているワケではなく スッポリ利権の支配下に入ってしまっていて、
連中にとって世間の流行りになりそうな都合のいい教義が持てはやされている (そうでない学説は隅に押しやられる)のが実際のところ
「宇宙開発」「進化論」「地動説」などについてもその黎明期にそれを唱えてきた、特に著名な面々の裏の顔を見ると
奇妙な事にいずれも特定の団体に所属していた事がわかるそしてそうした傾向は現在も続いている
要するに学説において何が主流になるかという事は 何が正しく、何が間違っているかという、真実に根拠を置いたものではなく
世間の流行になり”愚民”を洗脳させやすい、言わばズブズブ利権に塗れた「連中」の意向に沿ったものか否か、という事だ。
学会の主流と流行は科学教徒とその背後にある利権が作っているものだ。 このステマ洗脳に気づかない民衆と政府は永遠に真理に到達する事ができず
「連中」の意のままに流されてしまう。
流行、主流流行になっている学説だから正しい、他のものは間違っていると長いものに巻かれろ的な考えで民衆と学会と政府は付和雷同し、その権威を嵩に着るようになる。
そうした信者がどんどん増え、それ以外の説、ひいては真理となる説を冷遇し片っ端から魔女狩りを行うようになる。
中でも既存の説を根底から覆す可能性のある説については徹底的に排斥される。 かつて排斥されたガリレオやコペルニクスのように。



39 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:36:23.25 ID:6zK1lASY
大事なのは質だろう
大きさだけで言ったら、鯨が全生物の霊長にならないといけない

40 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:52:54.25 ID:Ih4WcPhw
そもそも進化論自体がキリスト教の対になる、ルシファー教団がバラまいたプロパガンダじゃん

元々中世は様々な迷妄に支配されていた暗黒時代で、
科学の光によってそれが終焉を迎えたわけなんだが
この「科学」なるものの根幹に宗教がある事に気付いてない輩が多い。

この「科学の光」を齎した面々の多くは、真実を暴露する事が
さも惡でもあるかのような当時の風潮にあって、
密かに研究を行ったり、地下に潜って情報を交換しあっていた
叡智結社に属する面々だった。(後のイルミナティの母体)

そうした組織は単一のものではなく各地ごとにバラバラであったが
これらの面々は表向きキリスト教徒でありながら、その反面
神に背き人類に知恵を与えた「光の運び手」ルシファーを崇拝していた。
これらの組織に属する面々が徐々に旧来の間違った知識などを覆して真実を露にしていった。

そこまでは良かったが、自分たちの勢力が拡大して社会的に広く認知されるや否や、
今度は猛烈なキリスト教叩きに走るようになった。
科学ムーブメントの隆盛は、同時に旧い時代を支配し続けてきた
キリスト教の批判と駆逐運動と言ってすらいい。

連中はキリスト教と神の権威を否定するためにありとあらゆる手法を用い、
様々なデマを流して信じさせた。

例えば、「中世の暗黒時代は悪しきキリスト教の迷妄による天動説が信じ込まれていた。
対して真実である地動説を唱えた天文学者コペルニクスは、キチガイと看做されて迫害を受けた」
という、今でも広く信じ込まれている話がある。
つまり「嘘を信じるキリスト教組織が真実を主張した科学者を迫害した」という構図だ。

41 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:54:00.43 ID:Ih4WcPhw
しかし実際には全く逆である。
そもそも聖書のどこにも「太陽が地球の周りを回っている」などという記述はない。
(逆に「義の太陽」である神の周囲を、宙に浮いた天使たちが賛美しながら周り続ける描写などはあるが)
つまり『天動説』はキリスト教由来のものでもなく、その教義でもない。

実のところ『天動説』というのは、2世紀のエジプトの天文学者プトレマイオス(英語ではトレミー)の
著書によって広まったれっきとした『科学』であり、『偏心円』や『周天円』という考えを導入し
高度な数学によって裏づけされた、当時の最先端理論なのだ。
それゆえ優れた知識を持つ者たちにも支持され、長く唱えられ続けてきた。

当時コペルニクスやガリレイの天動説が退けられたのは宗教的理由ではなく科学的論争の結果で、
頑迷な科学者たちがどうしても自説を曲げなかったからだ。

そもそも今日の天文学の基礎を築いたコペルニクスガリレイもケプラーもニュートンも、
全員が純然たるキリスト教原理主義者である。
彼らは自らの発見や理論がキリスト教に乖離したものではない事を著作に書いている。

つまり「迷妄を信じる科学者が、真実を主張したキリスト教徒を迫害した」という
全く逆の構図こそが事実なのだ。

こうしたデマを流すのみならず、連中は「進化論」という「兵器」を投入し
世界中で連携して「聖書」をその根底から徹底的に否定する挙に出た。
その結果が今の、宗教や信仰心が廃れてしまった唯物論的価値観の支配する世界だ。
連中の大々的なムーブメントが無ければ、科学がこれほど急進に発達して
人々がその恩恵を被る事は無かったろう。

しかし実のところ連中がこれだけ異様なまでにキリスト教を敵視して否定に出るのは、
それが現在の科学で裏づけられない「非科学的」な考えであるというだけの事ではない。
元々連中が属していた組織の母体が、教会を──というより神を敵視するルシファー教団であったからだ。

命の樹の主である神は、信仰心を持つ者に永遠の命を与えるとされ、太古から長らくそれが信じ込まれてきたが、
知恵の樹に絡みつく毒蛇であるルシファーは、人々に「知恵」を与え、魂の存在を否定して
人間とはただの肉(土)の塊であると教え、神への信仰を捨てさせて人々を「死すべきもの」とした。
全く同じ過程を辿ってルシファー教団はその教えである「唯物論」「進化論」を世界に広めた。

ちなみに古くから存在するこの秘密結社は未だに無くなる事はなく、名前を変えて世界中に支部を持っている。
様々な職業や階級に属する人々の社交場と化して隠然たる勢力を誇っている。

42 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:55:37.82 ID:sJNlFjmT
相変わらず進化論がらみのスレはキチガイが湧いてるね

43 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:56:09.68 ID:E929tTqu
いつまでやってんだ?

44 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 18:59:04.14 ID:APDOam+j
>>42
>>43
批判するんなら本当の意味で科学的ないや真理的な根拠示してからにして欲しいね
仮にもここは科学板なんだし
まあどうせおまえら科学教徒にとって都合良く改変された論拠しか出せんだろうがな
科学というものはすべからくそんなものだ

おまけに誰も言ってないのに気違いだのレッテル貼りしてどうたら言い出す始末…
要するに論破できないから科学教に縋るしか出来ない低学歴が豚の如くブーブーキーキー鳴いて逃げてるだけだろ?



45 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 19:00:47.87 ID:E929tTqu
>>44
基地外の常套文句乙

46 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 19:00:55.01 ID:sJNlFjmT
>>44
別に進化論なんてどうでもいいけどさ
要するに創造論支持者はオカルト板いけってこと
ここは科学板なんだから

47 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 19:02:05.83 ID:drjaY3E/
>>39
質とはなんぞやって話があるから評価するなら体と脳の大きさの比とかだろうね。

48 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 19:02:24.53 ID:APDOam+j
爬虫類人レプティリアンは人類を支配していた
http://www.youtube.com/watch?v=pNH5oQaJYtM&sns=em

49 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 19:09:24.92 ID:APDOam+j
>>45
また反論できないとレッテル貼って暴言(笑)きましたー


>>44
俺は神の創造が正しいとは一言もいっていないのだが
結局の所昔のことは解らないのが正しいのでは?
西郷のような歴史上の人物の顔だって歴史教科書に書かれてある肖像だの石像だので伝えられている顔と
実際の本人の顔とでは違うだろ?所詮科学も宗教による言い伝えも人が考えた妄想でしかないのだから
互いに利権とこうなったらいいなと言う思想のような色眼鏡を外し補完しあうべきなのではないか?

50 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 19:44:29.12 ID:njdk42VE
日本でこういう考えの人は、2chで暴れてるくらいだからまだ全然マシ
アメリカじゃ、共和党がこういう考えの人に乗っ取られる可能性が本気であるから恐ろしい
ブッシュもこういう考えにちょっと近かったしな

51 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 19:47:43.86 ID:5oPUYa3N
創造論の方が理にかなってそうなのがまた何とも… www

52 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 19:58:30.44 ID:E929tTqu
>>49
見ていないので判らない
何て言ったら何も判断は出来ない

見ているから間違いない
などというのもとんでもない

程度の理解はしてから生きた方が良いぞ

53 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 21:02:10.28 ID:42Kxjfi+
>>51
理にはかなってないんだよ都合のいいところだけ並べてるだけだから、
基本的になにか都合の悪そうなことが出るとそれについて考えるのは異端でおしまいだし。

デザイナーさんは誰が作ったのとか絶対無視だもんな。

54 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 21:53:04.32 ID:5oPUYa3N
>>53
>都合のいいところだけ並べてるだけだから、
基本的になにか都合の悪そうなことが出るとそれについて考えるのは異端でおしまいだし

それって創造論者に限った事かね?w


55 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 21:57:27.89 ID:ly+Dr794
>>54
宗教に関してはみんな同じだね。

反論を証拠にも続いて検証する科学と教義に従う宗教の最大の相違点じゃないか。

56 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 22:29:17.27 ID:zxplg2hY
そういう人達が、偶然では納得できない、と言って
泥沼にはまり込んでしまうのは、本能のせいなのではないかな

霊長類は脳が発達して、物事の相互関係を把握して
抜けたピースを予想する能力を獲得した。
なんでもすぐに、こんなの偶然だ、と切り捨てるよりも、
あれと関係があるかもしれない、と探った方が
生き抜く戦略を見つけるには有利だっただろう

本能っていうと、脈絡のない行き当たりばったりというイメージが
強いけど、霊長類の本能は違うんじゃないだろうか

理性でもって、それは偶然である、という判定ができない人は
”法則があるに違いないと考えてしまう本能”が強い人なんだよ

57 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 23:14:00.41 ID:8xMEK0tw
なんで>>1ぐらいちゃんと読まない奴ばかりなんだ
何しにこの板きてるんだ

58 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 23:30:12.53 ID:irvcbTx7
布教活動

59 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 23:33:36.85 ID:n5pezTM6
知ってた、とは言わないが、
よくあることだ。とは思う。

60 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 23:35:07.35 ID:APDOam+j
>>54
はげどー


>>53
>理にはかなってないんだよ都合のいいところだけ並べてるだけだから、
>基本的になにか都合の悪そうなことが出るとそれについて考えるのは異端でおしまいだし。
それあんたら科学教徒どもにそっくりそのままお返しするよ。

科学も宗教の一つだということにいい加減気付け
それも創価、一神教と同じくらい排他的で都合の悪いものを魔女狩りにかけるタチの悪い宗教だと言うことにな。
科学教徒らも一神教も科学教対一神教の宗教戦争をやっているにすぎない

61 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 23:42:40.33 ID:M0lzLJca
>>57
スレタイに進化とあったら取り敢えず脊髄反射的にコピペで進化論を否定するだけのヒトがまぎれてるから仕方ない。

62 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 23:45:47.55 ID:irvcbTx7
ま、確かに進化論を否定さえできれば中身はどうでも良いんだろうな

63 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 23:45:51.47 ID:APDOam+j
>>51
創造論も進化論もどっちもどっちなぐらい胡散臭いが
進化論は道徳と愛国心と法を守る意識と正義感と感情豊な精神の足を引っ張ることは確かだな
進化論は機械的でロマンがなく自虐史観と差別思想の基になる。同じ胡散臭い教えでも創造論のほうがロマンがあって情操教育に良いと思うな

64 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 23:47:02.67 ID:APDOam+j
自分の先祖が「猿」「爬虫類」「アメーバ」であるということほど自虐的歴史観はありません。
近年、微細な単細胞のアメーバであっても、研究が進めば進むほどに、精密で神秘的で【完全美】であることが
判明しています。
http://blog.m.livedoor.jp/cforum/article/50685392


65 :名無しのひみつ:2012/03/25(日) 23:50:14.77 ID:APDOam+j
>>61
まーた逆らう者に反論出来ないからコピペ扱いして人格否定か

66 :名無しのひみつ:2012/03/26(月) 00:36:51.56 ID:agodBVRV
ヒトラーは進化論信奉者だったろうな、もちろん愛国者で、それを思いっきり利用してたんだろうな
ああいう風に使えばいいのに、バカだなあw

67 :名無しのひみつ:2012/03/26(月) 01:59:40.54 ID:lxDuR2q2
という事は万が一にも
爬虫類が人間のような知能を持った可能性があるって事か
凄いな

68 :名無しのひみつ:2012/03/26(月) 03:15:41.38 ID:3whVmhEM
>>60
科学の成果をまるで宗教のように信じている人間は少なくないかもしれない。
とくに学者ではない普通の人にはね。しかし科学の発展を担っている
研究者はそうではない。

まともな科学者は他人の言うことを「信じない」、自分の主張は「疑ってくれ」が
基本。だからわざわざしち面倒くさい確認作業に没頭している。
ただし、全部自分ひとりで確認していたら時間がいくらあっても足りない。
しかたがないから妥協して、自分と共通の「信じない」やつらが過去に
確認したことは参考にして時間を節約する。
本当は全て自分で確認したいんだよ

宗教は信じたいこと、または信じたくないことが先にあって
それを認めさせるために論理を組み立てる。

69 :名無しのひみつ:2012/03/26(月) 03:45:15.05 ID:3whVmhEM
世の中には科学だけではなく 科学かどうか微妙な主張や
自称科学だが科学的ではないものもある。後二者のようなものを
槍玉に挙げて、科学全体にダメ出しする人がいるが、それはおかしい

70 :名無しのひみつ:2012/03/26(月) 07:46:14.15 ID:9EDvZNrK
めんどくさいから、進化を否定したい と思う人たちは、
まず、種の起源や、「種の起源を読む」を読んでからにしてちょ。
厚い本を読めるほどの知能がある人なら、「盲目の時計職人」。

十中八九、進化の概念について誤解していたと気づくから。

71 :名無しのひみつ:2012/03/26(月) 07:52:24.29 ID:9EDvZNrK
まあ、簡単に言うと、理科のお話をするには、
理科のお勉強をしましょうねって話だよ。

72 :名無しのひみつ:2012/03/26(月) 07:57:00.53 ID:9MmpdjLA

騙された奴は 科学者には向かないw

73 :名無しのひみつ:2012/03/26(月) 07:58:49.51 ID:9MmpdjLA
>>67
メダカみてると あいつら絶対感情あるし 個体識別してるし

なんかの実験だと数も数えられてた気がする

74 :名無しのひみつ:2012/03/26(月) 08:29:12.38 ID:wx/LRhjO
で、バカが偉そうに語ったところで
大脳新皮質の話ですらなくなったと。

75 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 03:16:58.16 ID:xZjd31HS
何の役に立つ?

76 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 05:34:07.15 ID:9GnHfGj0
>>75
はっきり言って何の役にも立たんよな。それどころか先に書いた方々のいう通り自虐史観の元になってかえって道徳的に有害なのにな。



77 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 08:49:45.76 ID:09GFSCZX
何故人間に鶏脳がいるのか判明するのか

胸熱


78 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 10:14:32.76 ID:ICSgEPCa
もうトリ頭なんて言えないな

79 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 11:18:10.51 ID:ThwSiPAN
実際、自虐史観云々いってる人間が1番自虐的だよね。
先祖が猿や単細胞でどこが悪い。自虐と差別をしてるのは誰だ?
生物でさえない石や木に神をみる人をディスってるのか。

80 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 11:20:47.49 ID:vTgRaK+L
そもそも自虐とかトンデモ電波発想すぎて笑うしかないからw

81 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 11:30:10.96 ID:YehMdT8V
進化論は誤ちだった。

82 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 12:10:39.89 ID:qBWXz1hF
>>81
FSMこそ真理

83 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 13:21:29.72 ID:9GnHfGj0
>>79
これを読めよ
八百万の神を重んずる神道だって社、家の神棚、仏壇、先祖の墓に猿という畜生を入れ奉り崇めることを善しとはせんぞ
ご祭神の事跡_霊験日本第一 熊野神社 http://www.kumanojinjya.jp/goannai/story1.html
 戦後はサルが載るようになりました。ダーウィンの進化論とかでマルクス史観の根底を成しているもので、アメリカの学校では教えない方向に行っているというのに、日本の国では後生大事にサルをご先祖にするのでしょうか。残念でなりません。

84 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 13:24:56.53 ID:9GnHfGj0
>>81
これに書かれてある通りアメーバーの時点で完璧に設計された完全美なんだよな。
考古学だの知らんが学会ではなぜいきなりアメーバーの時点でそこまで完璧かつ芸術的な設計がなされているのか説明が出来ていない
自分の先祖が「猿」「爬虫類」「アメーバ」であるということほど自虐的歴史観はありません。
近年、微細な単細胞のアメーバであっても、研究が進めば進むほどに、精密で神秘的で【完全美】であることが
判明しています。
http://blog.m.livedoor.jp/cforum/article/50685392


85 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 13:26:18.21 ID:KyB29Fy0



そんな頭のいいニワトリをフライドチキンにしていいんですか?とんでもない罪ですよ欧米の皆さん




86 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 13:30:13.47 ID:9GnHfGj0
>>77
>>88


批判するんなら科学的な論拠示してからにして欲しいね
仮にもここは科学板なんだし

おまけに誰も言ってないのに鳥頭だのトンデモだのとレッテル貼りしてどうたら言い出す始末…
要するに論破できないから科学教徒がブヒブヒ鳴きながら逃げてるだけだろ?



87 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 13:31:14.79 ID:9GnHfGj0
科学的な論拠ではなく真理的な論拠な

88 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 13:37:17.60 ID:vTgRaK+L
心理的な論拠

89 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 14:00:18.69 ID:p8EcT6ZU
証拠はないけど俺が正しいからコピペしてる…新皮質どころか脊髄反射かよ。

90 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 14:31:54.56 ID:vTgRaK+L
自虐だから認めないのは他はともかくこれで言うのはお菓子
まあそもそもが、こんなことで自虐とか意味不明というか非合理的というか
被害妄想精神あふれるというか
RPGみたいに竜の子孫とか虎の子孫なら電波な人には良かったんだろうなw

91 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 14:37:15.19 ID:8swMS1xv
>>90
いや熊の子なんじゃないか。

俺はサルでもワニでもヘビいいや。

92 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 14:56:52.75 ID:9GnHfGj0
>>89>>90
また反論できずに被害妄想()だの電波()だの脊髄反射()だのコピペ()だのとレッテル貼り四連発きまたー

>>90>>91
古事記と聖書の何処の個所に人間は熊か虎か竜かサルかワニかヘビだのの畜生の子孫だと書かれてあるんだ!?
沿う書かれてある箇所があるのならばその行を丸五と全文示して欲しいのだが

93 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 14:59:19.25 ID:9GnHfGj0
じゃあ喜久が>>90>>91 の仏壇、家の墓、神棚、氏神には熊か虎か竜かサルかワニかヘビだのの畜生が祭られているのか!? 違うだろう?


94 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 15:13:39.00 ID:8swMS1xv
>>93
うちの氏神様は若い頃の姿がなぜかヘビっぽい、その上
母方の祖先は記紀(特に日本書紀)にはワニor竜の子だったらしい方が出てくる。

95 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 15:24:32.28 ID:vTgRaK+L
>また反論できずに被害妄想()だの電波()だの脊髄反射()だのコピペ()だのとレッテル貼り四連発きまたー

自虐とか意味不明と言ってるだけだが
あんた誰よ?
つか、反論とか意味不明なんだが、脊髄反射過ぎるし、l被害妄想がすぎやしませんかねw


96 :名無しのひみつ:2012/03/27(火) 15:55:42.83 ID:l597Hhyj
進化論は
とりあえず論文パクリ野郎のダーウィンを葬ってからだな。
今で言ったら、ネイチャーの査読者が論文を登用したっていうような
とんでもないスキャンダルだぞw

そして犯罪者をプッシュするNHK

97 :名無しのひみつ:2012/03/28(水) 00:51:38.87 ID:D41UKlOL
>>96
> 今で言ったら、ネイチャーの査読者が論文を登用したっていうような
> とんでもないスキャンダルだぞw
ソースは?

98 :名無しのひみつ:2012/03/28(水) 06:17:31.71 ID:00ytBn0M
進化論の科学的な論拠ねえ。

すべての生物は、DNAを持ち、用いる遺伝暗号が共通している。
→あらゆる生物は、地球上でただ1度誕生した共通祖先から派生した子孫である。

化石中の放射性物質の測定と、地質の測定、DNAに刻印された分子時計、
それそれ違うやり方を用いて測定しても指し示す年代が一致する。
→若い地球説の否定。途方もない年月が実際にあるという肯定。

世界各地で行われている品種改良が、現実に累積淘汰の力を指し示す。
→メカニズムを知れば進化論もどうってことはない。

→進化論を否定する人は勉強不足による無知、
あるいは、イデオロギーにより目が曇っている。

99 :名無しのひみつ:2012/03/28(水) 06:25:47.51 ID:00ytBn0M
進化論なんて、所詮は法則。ただの物理現象。
そこに宗教とかイデオロギーを持ち込む人が居るからおかしくなるんだ。

100 :名無しのひみつ:2012/03/28(水) 07:51:51.83 ID:D41UKlOL
いや、進化論というのは科学史の話で、ある意味プトレマイオス、
アルキメデス、ガリレオ・ガリレイと同じ立ち位置にいるのが
ダーウィンだと思う。

ただ、論文の盗用に関してはまだ確定していないだろう。
これが決定的になれば、科学史が書き直されるかもしれない。

101 :名無しのひみつ:2012/03/28(水) 11:42:36.81 ID:LcfGZn9f
論文の盗用とか本当は進化論やその事実とはまったく関係ないけどね
個人的には、別にダーウィンその人はどうでもいいし

102 :名無しのひみつ:2012/03/29(木) 19:54:53.83 ID:QaLzYgO4
ダーウィンが進化論を考えたかどうかという問題と、
進化論は正しいかどうかという問題は別だね

103 :名無しのひみつ:2012/03/29(木) 20:09:43.73 ID:6DlJxxOB
>>102
進化論自体はその爺さんの時からあるしな、
自然選択説だってウォレスと共同発表してるわけでダーウィン叩きしたところで
進化論自体にはなんも関係ないね。

104 :名無しのひみつ:2012/03/29(木) 20:21:08.64 ID:a/V1Gqzm
何ごちゃごちゃ言ってんの。
〇〇論は正しい
ってのを証明出来るか否かが重要。
それだけでしょ。もっと大事な部分に一生懸命になれよ。

105 :名無しのひみつ:2012/03/30(金) 19:53:39.32 ID:7kQHROz8
あの世の法則がこの世に影を落としているのです。

106 :名無しのひみつ:2012/03/31(土) 15:03:55.65 ID:RSyTto3s
皆さん この世に偶然起こったことなどありません
すべて実体世界の前の暗在世界からの働きかけで反応が進んでいるのです
唯物頭の爺いにはわからないことです

107 :名無しのひみつ:2012/03/31(土) 15:37:13.25 ID:DLnOIOXP
鶏の脳みそを 猿の脳みそで育ててやれば きっと・・・

108 :名無しのひみつ:2012/03/31(土) 17:38:47.49 ID:x8gfyU9r
ウォレスは、とても有名な科学者でした。
当時は、進化論を生半可な形で発表したら袋だたきにされ、命があるかどうかもわからないのが目に見えていた時代なのです。
そんな危険をウォレスが犯すことは出来なかったでしょう。
ウォレスがダーウィンを支える形にはなっていますが、怖くて自分では発表なんか出来なかったということです。
ウォレスが卑怯だなんていうつもりはありません。
ウォレスの判断は正しく、進化論を認めさせることが出来たわけですからね。

109 :名無しのひみつ:2012/04/01(日) 11:55:30.57 ID:rISLz+7N
神の教えを説くスレはここですか

110 :名無しのひみつ:2012/04/01(日) 16:28:25.54 ID:ySJyBTfw
いいえ人の教えです

111 :名無しのひみつ:2012/04/01(日) 16:34:10.18 ID:L0zE5y0l
唯物頭の爺はわからない事は何でも偶然だ偶然だと言います。
神様がやったのだと言えないから偶然だというもっともらしい言葉でごまかしているのです。

神様がやったではごまかしですが、偶然だではもっとひどいごまかしなのです。

112 :名無しのひみつ:2012/04/01(日) 17:02:37.40 ID:ySJyBTfw
真の唯物的にはどっちも同じじゃね?
言葉を置き換えてるだけ

113 :名無しのひみつ:2012/04/03(火) 00:29:16.70 ID:NHFf9uy5
偶然といえば偶然だけど放射線などのランダムな書き換えよりもウイルスによるダイナミックな書き換えが主体
ってばっちゃがいってた

114 :名無しのひみつ:2012/04/03(火) 00:35:44.83 ID:znD5vyz3
>>113
放射線とかで1文字単位で変えるよりウイルス系でコピー量産の方が明らかに寄与は大きいだろうね。

115 :名無しのひみつ:2012/04/03(火) 21:24:28.12 ID:NCm2xrtt
アセンション Pro EMウィルス菌
http://pharao999.blog114.fc2.com/?no=137&ul=b1cde65f3a7bb99e&mode=m

類人猿の体細胞に寄生、共存していたミトコンドリアウィルス (ウィルスとは微生物の一種で遺伝子と単純なタンパク質で出来ているので、寄生するしか生きられない) がなんと序々に細胞に入り込んだのです。
 栄養素を強力なエネルギーに変換するワザを持つ、このウィルス菌を取り込んだのです。
 このとき人類が誕生したのであります。身体はエネルギーがみなぎり、酸素が脳細胞を活性化し、
優れた、知的能力を神、いやウイルスより授かったのであります。感動的、驚嘆すべき出来事であります。
 生物の画期的な進化というのは、このように細胞に有用微生物を取り込むことで起こるのが一般的であります(私の個人的考察)。
人体は約60兆個の細胞から成り立っていますが、そのすべての細胞の中の中心核に、30億個の遺伝情報から成る遺伝子が一つづつ入っています(世界中の人の遺伝子をすべて集めてもその大きさは、なんと米粒一個ほどです)
が、現在の人類では、その遺伝子情報の全てが有効に使われているわけではありません。
 遺伝子情報にはまだまだ未知の領域が多く、解明されていませんが、私はそこに超能力のワザが潜んでいると思います。
 そして眠れる能力に刺激を与えるモノの一つが有用微生物であると思われます。微生物が遺伝情報のスイッチをオンに導いてくれるというわけです。
 このように生物の進化にはすべてその生物の想念と微生物が関与しているのです。ダーウィンの進化論にはこのことは載っておりません。 

116 :名無しのひみつ:2012/04/03(火) 21:58:45.64 ID:NCm2xrtt
 人類はEMウィルス菌により土壇場で滅亡を免れることができました。EM菌より生まれた出来の悪い人類を、EM菌が自ら救済したというわけであります。この壮大な宇宙的ロマンと宇宙創造神の深遠偉大なる愛と仕組みに、涙がでてまいります。



117 :名無しのひみつ:2012/04/04(水) 00:58:03.03 ID:51MJaJn3
>>22
話は飛ぶんだが、

前にやってたNHKの番組で
南米大陸と北米大陸が接触したときに、
有袋類vs有胎盤類 の生存競争が始まって
前者が敗北してた。

その原因として、
有袋類側がその機能上、
脳を大きくできなかったことを主要因としていた。


この辺りまで書いて何を書きたかったか忘れた。



118 :名無しのひみつ:2012/04/04(水) 04:17:18.40 ID:hys1Z2OA
>>117
ただ、有袋類が脳を大きくできないといっても、
それは有胎盤類と比較して、やや劣るという範囲。

有胎盤類との競争に負けるのは有袋類の避けられない定め。
しかし、競争さえなかったら、
有袋類は知的生命体を生み出していた可能性はある。

なにしろ、人間が出生後の脳を更に大きくするために
わざわざ未熟児として赤ん坊を産んでいるくらいなのだから。

結論:コアラは品種改良を施せば知的生命体になる。

119 :名無しのひみつ:2012/04/08(日) 13:48:54.85 ID:fih0LOfI
>>118
そうするとやっぱりガバガバになるのは進化なんだな


120 :名無しのひみつ:2012/04/08(日) 18:53:14.90 ID:Ws+hKo/G
ちゃんと木の枝をつかめる手になっていれば
進化はできる

121 :名無しのひみつ:2012/04/14(土) 00:52:09.67 ID:agbOlZ3l
>>118
まてまて、ということは
人間は品種改良されたってことになるわけか!!


122 :名無しのひみつ:2012/04/15(日) 17:07:53.05 ID:zePxNRjo
>>181
意味不明。

>>121
違う。人間はたまたまそうなった。
しかし知的生命体へと改良することは
やろうと思えば比較的簡単にできるのではないかということだ。

自然界が知的生命体を生み出すかどうかは運次第だが、
品種改良は、運の影響をいくばくか減らせるので、
やろうと思いさえすればとんでもない方向に改良することは可能。

123 :名無しのひみつ:2012/04/15(日) 17:14:19.03 ID:zePxNRjo
今まで様々な品種改良や家畜化が行われてきたが、
何かの生物を対象に、
知性が高まるように改良しようとした例は未だ無いってことだよ。

124 :名無しのひみつ:2012/04/16(月) 14:20:03.51 ID:HOQt+qLE
コリーとか、とっくにあるやん

125 :名無しのひみつ:2012/04/17(火) 08:23:22.87 ID:TCYmn5aJ
知性なんぞ情報を効率よく収集・抽出・類似検索する仕組みに過ぎない

新しいものを産み出す能力は無い。そう見えるのは錯覚

126 :名無しのひみつ:2012/04/17(火) 08:32:21.43 ID:mBxCzsWS
それで、新しいものってなんだ?

127 :名無しのひみつ:2012/05/11(金) 11:07:33.94 ID:EUXjc6bx
>>118
コアラ人たちの使う会議室には椅子じゃなくて、棒が立ててある予感!

128 :名無しのひみつ:2012/05/21(月) 19:25:52.39 ID:4/Wv3xsx
人為淘汰で知性を有する動物を作ろうってのは可能なんだろうか?


129 :名無しのひみつ:2012/05/21(月) 22:30:42.72 ID:ENP/J4Ub
知性って、知能と違って文化の性格とかそっちの面の?
それならまず言語を覚えさせるために口回りの構造を選抜するのがいいだろうね
でも後は分からん

45 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)