5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【生化学】ショウジョウバエでは、TRPA1の温度感受性の調整によって感覚の識別が可能になっている

1 :pureφ ★:2012/01/07(土) 13:04:35.00 ID:???
Highlights: 生理:2種類のシグナルに1種類の検出器

http://www.natureasia.com/japan/nature/images/v481/n7379/high-6.jpg
Credit : Kyeongjin Kang and Paul Garrity

同じ分子検出器を活性化する2種類のシグナルを、動物がどのようにして識別
しているのかは、シグナル伝達の特異性における基本的問題の1つである。

TRPファミリーに属するイオンチャネルは、この現象の注目すべき実例で、例えば
TRPA1は、有害な化学物質と無害な温度上昇の両方に応答する。

P Garrityたちは、ショウジョウバエの化学感覚ニューロンが温度感受性の低い
TRPA1アイソフォームをつくることを明らかにしている。温度感受性があると、
有害な化学物質に対する忌避行動が制限される。

マラリア媒介蚊でも、TRPA1アイソフォームの多様性に同様なパターンが見られる
ことから、このような細胞種に応じたアイソフォームの違いが、宿主由来の熱感と
いう誘引因子と化学忌避物質との識別を助けているのかもしれない。

Nature ハイライト Nature 481, 7379 (Jan 2012)
http://www.natureasia.com/japan/nature/updates/index.php?i=86617

ショウジョウバエでは、TRPA1の温度感受性の調整によって感覚の識別が可能になっている
Modulation of TRPA1 thermal sensitivity enables sensory discrimination in Drosophila
Kyeongjin Kang, Vincent C. Panzano, Elaine C. Chang, Lina Ni, Alexandra M. Dainis,
Adam M. Jenkins, Kimberly Regna, Marc A. T. Muskavitch & Paul A. Garrity
Nature 481, 76–80 (05 January 2012) doi:10.1038/nature10715
http://www.nature.com/nature/journal/v481/n7379/full/nature10715.html

関連ニュース
【生化学】カプサイシンや熱、酸などに応答する分子TRPV1の浸透圧感受性は異なる刺激で相乗的に増強される 基礎生物学研
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1311171665/-100
【生化学】「しっとり肌」保つたんぱく質を発見 皮膚のバリア機能に関与する温度センサー「TRPV4」の働きを解明/生理学研究所 画像あり
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1274587936/-100

2 :名無しのひみつ:2012/01/07(土) 13:08:19.99 ID:6r+HgNzZ
あ、あぁー、なるほどねー…

3 :名無しのひみつ:2012/01/07(土) 13:19:58.19 ID:AAQY/Tqa
ショッカーにさらわれて、ハエの遺伝子注入されたら泣くわ

4 :名無しのひみつ:2012/01/07(土) 15:27:26.06 ID:vhrZvJf8
これどのくらい厳密なのかね
現実にメントールは冷感を、カプサイシンは温感を引き起こしてるわけだし

5 : 忍法帖【Lv=30,xxxPT】 :2012/02/12(日) 08:34:34.82 ID:FGNH9JtU


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)