5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【エジプト】ロシア機墜落、航空数社シナイ半島上空の飛行見合わせ[11/1] [転載禁止]©2ch.net

1 :アフィカス m9(^Д^)定職につけよ ★:2015/11/01(日) 20:26:55.60 ID:???
【AFP=時事】エジプトで乗員乗客224人が乗ったロシアの旅客機が墜落したことを受け、ドイツの
ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa)やアラブ首長国連邦(UAE)のエミレーツ航空(Emirates Airline)、
エールフランス(Air France)は10月31日、墜落原因が明らかになるまでシナイ半島(Sinai Peninsula)上空の飛行を見合わせる方針を明らかにした。

 墜落したのはロシアの航空会社コガリムアビア(Kogalymavia)の9268便(エアバス、Airbus、A321型機)で、
紅海(Red Sea)に面したエジプトのリゾート地シャルムエルシェイク(Sharm el-Sheikh)からロシアのサンクトペテルブルク(Saint Petersburg)に向かっていたが、
離陸から23分後に消息を絶った。エジプト当局は、シナイ半島アリシュ(El-Arish)の南方約100キロの地点で、6〜8キロ四方の範囲に機体の残骸と遺体が散乱していると述べた。

 米連邦航空局(FAA)は3月、同国の航空各社に対して、シナイ半島上空2万6000フィート以下の高度の飛行を回避するよう勧告していた。

 墜落をめぐっては、エジプトに展開するイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」系グループが同機を墜落させたとの犯行声明を出しているが、
エジプトのシャリフ・イスマイル(Sharif Ismail)首相は、同機が飛行していた高度で飛行機が墜落される可能性はないとの専門家の見解を示し、
犯行声明に疑問を呈した。ロシア運輸相も、「犯行声明が正確とは考えられない」と述べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-00000025-jij_afp-int

2 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 20:28:52.86 ID:s9K/C+Nn
らすプーチン

3 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 20:32:27.57 ID:LlJzBhHA
まあ民間機は
チャフもフレアも積んでないからなwww

4 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 20:33:20.17 ID:1UgcM+pt
どう考えても墜落じゃなくて撃墜だろ。

どんだけ血を吸えば気が済むんだか・・・

5 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 20:37:48.73 ID:zV8gCXV+
そりゃそうだな
まだ原因がわからないわけだし

6 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 20:39:25.10 ID:JyHs2y9J
え!また、あいつらかよ。
野放しすぎない?

7 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 20:42:35.70 ID:SLhkXZLT
シナイ半島上空は飛行シナイ

8 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 20:44:02.14 ID:Pl4msII5
アラーの神は偉大なり

9 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 21:07:14.67 ID:ONp/z6vj
俺がスティンガーで落とした 後悔はしてない

10 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 21:15:20.81 ID:rX0+asal
犯人探し これからも目が離せないなぁ

最新ミリタリー関連記事.
http://yamatotakeru999.jp/index.html

★ロシア機墜落 IS関与なら プーチン 怒りのシナイ半島か!?

★日米艦隊 南シナ海で合同演習 共同パトロール構想へ踏み出す
★XC-2 日本の最新鋭輸送機が雄姿を披露する

11 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 21:22:33.23 ID:QCZBgpoV
なるほど、避けてるかな
http://www.flightradar24.com/30.04,33.28/7

12 :七つの海の名無しさん:2015/11/01(日) 21:59:26.23 ID:5uGaTKQh
爆撃を認めった事だな

13 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 00:33:26.41 ID:Ivw9moSk
ロシアがイラン誤爆したが
イランが手打ちの数合わせしたんじゃ?

ロシアが謝罪の切腹数合わせしたかな

14 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 07:46:12.51 ID:z5LECzuI
墜落・・される?

15 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 17:39:22.18 ID:PQnGBYvi
上空を飛ばないというのは、撃墜されるかもしれないと思ってるからだね

そういう恐れがあるのだろう

16 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:16:14.57 ID:KGSJfBtw
★MH17便の撃墜には、撃墜名人イスラエルと米ネオコンが絶対に関与しているというのは、もはや世界常識

昨年、発生したマレーシアMH17便撃墜事件も、ウクライナを占領したイスラエルと米国ネオコンが黒幕で、
ナチス・クーデター・ウクライナ政府軍の『空対空ミサイル』の破片が複数発見され、撃墜と判明。
墜落時に、ウクライナ軍戦闘機がマレーシアMH17便の後方と真下を飛行していた目撃証言と管制官の証言
さらには、このウクライナ軍戦闘機は、2発の空対空ミサイルを搭載していたが、帰還時には無くなっていた。

★撃墜事件時に、墜落現場上空に居たアメリカのNASAの衛星写真が未だに公開されない理由www ↓

★『空対空ミサイル』の証拠が… 米国・ウクライナが散々言い張っている↓この話は何だ??
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

★『親露派の“地対空ミサイル Buk”で撃墜されたニダ、…本当ニダ!!Σ<`Д´# >』
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◆How the Malaysian Airlines MH17 Boeing Was Shot Down. Examination of the Wreckage 06 March 2015
『残骸の検証:マレーシア航空ボーイングMH17はどのように撃墜されたか』
http://www.globalresearch.ca/how-the-malaysian-airlines-mh17-boeing-was-shot-down-examination-of-the-wreckage/5435094

◆False Flags and Regime Change in Ukraine: Why We Still Don’t Know What Happened to Flight MH17 By Peter Vlemmix 15 March 2015
『自作自演作戦とウクライナの政権交代:我々がMH17便に何が起きたかについて
未だにわからない理由』
http://www.globalresearch.ca/false-flags-and-regime-change-in-ukraine-why-we-still-dont-know-what-happened-to-flight-mh17/5436699
https://www.youtube.com/watch?v=Y5kTf6EAMBA ←(YouTube ビデオ)

17 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:21:48.47 ID:KGSJfBtw
◆ロシア大統領報道官:エジプト航空機事故の原因、どの説も排除できない
http://jp.sputniknews.com/incidents/20151102/1111014.html

ロシア大統領府のペスコフ報道官は、エジプトにおける航空機事故の原因については、
どの説も排除できない、との見方を示した。

『現時点では、どの説も排除できない。捜査は始まったばかりだ。
どの線で捜査が行われるのかについては、現時点では何も言えない』と報道官。

『コガルィムアヴィア』社のA321機は土曜、シャルム・エル・シェイクからサンクト
ペテルブルクへ向かう途中、シナイ半島に墜落した。乗員7名、乗客217名全員が死亡した。

◆IAC:墜落エアバス321機は空中崩壊した
http://jp.sputniknews.com/incidents/20151101/1109322.html
◆ロシア機はなぜ墜ちた?現時点で分かっている事
http://jp.sputniknews.com/incidents/20151101/1108311.html

◆ロシア、エジプトの航空機事故で今日は喪に服す ←(この間に、米軍特殊部隊が“うちの奴ら”を救出)
http://jp.sputniknews.com/incidents/20151101/1107555.html

18 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:28:16.64 ID:KGSJfBtw
>>17の一番下の記事に追加した『うちの奴ら』についての世界中をにぎわしているBig News !!
もはや、大嘘を垂れ流すか、開き直るしかない米ペンタゴンの姿が滑稽すぎて腹筋崩壊中の俺www

◆Washington Accuses Putin. Russian Airstrikes are Targeting “Our Guys” in Syria : CIA Operatives, Military Advisers, Mercenaries, Special Forces, … Instead of ISIS Terrorists By Prof Michel Chossudovsky 26 October 2015
『ワシントンがプーチンを非難。ロシアは空爆で、シリアの“うちの奴ら”を標的にしている:
…ISISテロリストではなく CIA工作員、軍事顧問団、傭兵、特殊部隊員だ ‐ミシェル・チョスドフスキー教授』
http://www.globalresearch.ca/washington-accuses-putin-of-targeting-our-guys-including-cia-operatives-and-western-military-advisers-inside-syria-instead-of-isis-terrorists/5482475

欧米のメディアは、アメリカ政府当局者の話を引用し、ロシアの空爆が、実際にはISISテロリストを
標的にしているのではないと報じている。

ロシア軍は、シリア内の CIA率いる工作員を対象としている。

FOX Newsとのインタビューでアメリカの当局者によると:

★Official: Russia ‘deliberately targeting’ US-backed forces in Syria 14 October 2015
『当局者:ロシアはシリアにおいてアメリカ合衆国に後援される部隊を“意図的に標的にしている”』
http://www.foxnews.com/politics/2015/10/14/official-russia-deliberately-targeting-us-backed-forces-in-syria/

『プーチンは我々の部隊を意図的に標的にしている。
“うちの奴らは生き延びるために戦っている”のだ』

『モスクワは軍事作戦の一環として、シリアでアメリカ合衆国が後援する
CIAに訓練を施された150人の反政府勢力を、“意図的に標的にして”殺した』
とアメリカ政府当局者がFOX Newsに語った。

『ISISを殲滅するというロシアの使命は外見上のものであり、奴らの本当の使命は、
明らかにアメリカ合衆国の有用なスパイたちを殺すことだ』と述べた。(2015年10月14日)

19 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:29:47.67 ID:KGSJfBtw
★『穏健的な反政府勢力』って誰だよ??(゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \ /  \

◆Washington Accuses Putin. Russian Airstrikes are Targeting “Our Guys” in Syria : CIA Operatives, Military Advisers, Mercenaries, Special Forces, … Instead of ISIS Terrorists By Prof Michel Chossudovsky 26 October 2015‐A
『ワシントンがプーチンを非難。ロシアは空爆で、シリアの“うちの奴ら”を標的にしている:
…ISISテロリストではなく CIA工作員、軍事顧問団、傭兵、特殊部隊員だ ‐ミシェル・チョスドフスキー教授』
http://www.globalresearch.ca/washington-accuses-putin-of-targeting-our-guys-including-cia-operatives-and-western-military-advisers-inside-syria-instead-of-isis-terrorists/5482475

『自らが生き延びるために戦っている』、『うちの奴ら』とは、2011年3月以来、シリア・アラブ共和国の
地上で活動中の、西側の軍事同盟諸国によって訓練を施され、『穏健的な反政府勢力』に分類されている
『穏健的なテロリスト』を含む、計り知れない数の西側の軍事顧問と諜報員、傭兵(多くは、旧BlackWater
現Academi等の民間警備会社に雇われている)にすぎない。

これらの悲惨な足掻きをモスクワに向けて告発することで、オバマ政権は当初からよく知られていた
シリア国内にいるアル・カイダ傘下のテロリストを後援する西側の軍隊の存在を認めてたことになる:

これは、国際法(ニュルンベルク)に反する、主権国家に対する『宣戦布告無しの戦争行為』に相当
するものであるという事実を我々は忘れてはならない。

シリアでの暴動の当初から十分に文書化されているように、イスラエルのモサドと米CIA、英M16、SAS
(英国特殊空挺部隊)並びにフランスのParachutistes(第1海兵歩兵落下傘連隊)(訳注:通称パラ)
などの欧米の特殊部隊と秘密の諜報員の上層部によって暴動は織化されてきたのだ。

彼らの活動は訓練に限定されてはいない。トルコやカタールの特殊部隊同様、イスラム教国から何千人
もの傭兵を雇い入れると共に、彼らは地上でのテロリストの行動を日常的に監督し、関与している。

20 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:31:40.35 ID:KGSJfBtw
イスラエル米英、日本政府、『穏健的なテロリスト』とは、『優しく首をちょん切るテロリスト』のことか??

◆Washington Accuses Putin. Russian Airstrikes are Targeting “Our Guys” in Syria : CIA Operatives, Military Advisers, Mercenaries, Special Forces, … Instead of ISIS Terrorists By Prof Michel Chossudovsky 26 October 2015‐B
『ワシントンがプーチンを非難。ロシアは空爆で、シリアの“うちの奴ら”を標的にしている:
…ISISテロリストではなく CIA工作員、軍事顧問団、傭兵、特殊部隊員だ ‐ミシェル・チョスドフスキー教授』
http://www.globalresearch.ca/washington-accuses-putin-of-targeting-our-guys-including-cia-operatives-and-western-military-advisers-inside-syria-instead-of-isis-terrorists/5482475

『情勢不安と大量虐殺の問題がアラブ諸国で拡大しているが、英M16と米CIAは、この状況について、
既に“シリア2012年報告書”で評価している』と安全保障当局者が明らかにした。

特殊部隊は、シリアの反体制派の戦闘員たちとも話し合っている。政府が反乱勢力を援助することを
決定する場合、彼らには武器と通信機器一式が必要になる。

ISISとアル・ヌスラ戦線を含むアル・カイダ傘下の反乱勢力は暴動の当初から、西側の軍隊と諜報員
によって『潜入』されられている。

少なくとも2012年初頭の時点で、シリアには米CIAと英M16の工作員が潜入し、リビア型の侵略戦争を
目指して、『飛行禁止空域(テロリストの避難場所)』を設置しようとしていた。↓

★Syria will be bloodiest yet By Deborah Sherwood 01 January 2012
『シリアは間もなく、これまで以上の激戦地になる ‐デボラ・シャーウッド』
http://www.dailystar.co.uk/news/latest-news/227911/Syria-will-be-bloodiest-yet

“BRITAIN is gearing up for fighting in Syria that could be bigger and bloodier than the battle against Gaddafi.”

『英国はシリアでカダフィとの戦い以上のさらなる血まみれの戦いを準備している』

上記の記事で言及しているSBS (英国海兵隊特殊舟艇隊)工作員の多くは、イギリス王室海兵隊から
雇われている。(訳注:なぜこれほど大掛かりなのか? シオニストの悲願『大イスラエル』樹立のため)

21 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:33:40.16 ID:KGSJfBtw
イスラエルのモサド、米CIA、英M16工作員のシリアでの大パニックぶりが凄まじいwww
ロシア軍の本気の爆撃に、逃げ惑う害虫を救出するために米軍特殊部隊を『人柱』として行かせるんですとwww

◆Washington Accuses Putin. Russian Airstrikes are Targeting “Our Guys” in Syria : CIA Operatives, Military Advisers, Mercenaries, Special Forces, … Instead of ISIS Terrorists By Prof Michel Chossudovsky 26 October 2015‐C
『ワシントンがプーチンを非難。ロシアは空爆で、シリアの“うちの奴ら”を標的にしている:
…ISISテロリストではなく CIA工作員、軍事顧問団、傭兵、特殊部隊員だ ‐ミシェル・チョスドフスキー教授』
http://www.globalresearch.ca/washington-accuses-putin-of-targeting-our-guys-including-cia-operatives-and-western-military-advisers-inside-syria-instead-of-isis-terrorists/5482475

これらの外国の軍隊は、バッシャール・アサドの政府への諜報と物流に関与しているだけではなく、
テロ行為を命じて管理している。彼らはアメリカ、NATO、トルコ、イスラエル軍とモサドとの間で、
衛星携帯電話を介して連絡を取り合っている。↓

(英国防省が支給した携帯は、劣悪な環境下にも耐えられる耐衝撃、防塵、防水加工済なんですとww)

★Britain secretly equipping Syrian rebels with latest satellite phones to help topple Assad 05 August 2012
『英国が秘密裡にアサドの打倒を手助けするため、シリアの反体制派勢力に最新型の衛星携帯電話を
身に付けさせる』
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2183869/Britain-secretly-equipping-Syrian-rebels-latest-satellite-phones-help-topple-Assad.html

(以下略)

◆British SAS Special Forces “Dressed Up as ISIS Rebels” Fighting Assad in Syria By Stephen Lendman 04 August 2015
『英国の特殊部隊 SASの隊員が、反逆者IS(シオニスト国)に扮して、シリアでアサドと戦闘中
‐ステファン・レンドマン』
http://www.globalresearch.ca/british-sas-special-forces-dressed-up-as-isis-rebels-fighting-assad-in-syria/5466944

22 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:35:34.84 ID:KGSJfBtw
『領土・資源泥棒イスラエルの野望=『大イスラエル陰謀計画』を、プーチンに完全に潰されて狂乱しまくった
撃墜名人のイスラエルが、ロシア機A321をマレーシアMH17同様に、他のやり方で墜落させたに決まってる

◆Israel Discovers Enormous Oil Deposit in Occupied Golan Heights 07 October 2015
『イスラエルが占領中のシリアのゴラン高原で、巨大な原油鉱床を発見』
http://sputniknews.com/middleeast/20151007/1028142336/israel-golan-heights-oil-discovery.html

◆Genie Energy (NYSE:GNE) Eyes Mongolian Oil Shale
http://www.energyandcapital.com/articles/genie-energy-nysegne-eyes-mongolian-oil-shale/3314

イスラエル企業ジェニ・エナジーの戦略顧問にはリチャード・チェイニー、ジェームズ・ウールジー、
ウィリアム・リチャードソン、ジェイコブ・ロスチャイルド、メディア王ルパート・マードック、
ラリー・サマーズ、マイケル・ステインハート等が名を連ねている。

つまり、シオニスト企業に乗っ取られたアメリカ政府は、ジェニ・エナジーの
カネ儲けを支援させられているということだ。

◆シリア、イラクへ米特務隊が派遣か ←(『ヤラセのゴロツキ米軍』は必要無し!)
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151027/1083288.html

オバマ政権が米軍特殊部隊をシリアへ派遣するという、『大本営発表』を垂れ流す
日本ダマスゴミもイカサマ掲示板 2ちゃんねるも、実に救い難い洗脳バカ&コピペバカである。

ちなみに、シリアは主権国家であり、その国に軍隊を投入するのは侵略にほかならない。
それを平然と伝える日本馬鹿チョン・ダマスゴミは、日本が周辺諸国を侵略することにも
絶対に、反対しないに違いない。

23 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:42:42.69 ID:KGSJfBtw
◆『アルカイダ』 テロリストに対し、ロシアと欧米に対抗するため団結を呼びかける
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151102/1109720.html

ロシアで活動が禁止されているテロ組織「アルカイダ」の指導者アイマン・ザワヒリ容疑者が
イスラム教徒たちに、シリアとイラクにおけるロシア、並びに欧米からの所謂、『脅威』に
対抗するよう呼びかけた。

ザワヒリ容疑者は、インターネット上に公表された声明の中で、
『米国人(そんな気さらさらないくせに爆笑!)、ロシア人、イラン人、アラウィー派、
そして『ヒズホラ』は、我々に対する自分たちの戦争を連携して行っている。
したがって、我々は内輪の戦いを止めて、自分たちの活動を彼らに対して向けることは
できないだろうか?』と語った。

この声明がいつ録音されたのかは不明だが、ロシアについて言及されているということは、
ロシア航空宇宙軍が、シリアのアサド大統領の要請にしたがって、シリアで対テロ作戦を
開始した 9月30日以降であることを意味している。

◆ロシア機はなぜ墜ちた?現時点で分かっている事 ←(必見)
http://jp.sputniknews.com/incidents/20151101/1108311.html

24 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:51:18.63 ID:nuOIT9Cj
※ 『ハロウィン&amp;#127875;』と『X'mas』、『オリンピック』は、サタニストのお祭り

※ NAZI=『National Association of Zionist International(ナチ=世界シオニスト連盟)』の略

◆ロシア外務省、航空機事故で胸を痛めてくれたすべての人に感謝
http://jp.sputniknews.com/incidents/20151102/1109617.html

ロシア外務省のザハロワ報道官はエアバスA321の航空機事故の犠牲者を国を挙げて悼むと決めた日に
ハロウィーンを楽しんだロシア人を批判した。

『この日一日、自分自身になることを決めた時に、多くのロシア人がハロウィーンの仮面舞踏会を
楽しむなんて…』。報道官がFacebookに記した。

報道官はまた、悲劇について哀悼の意を表明した全ての人に感謝した。

『世界中で、ロシア大使館その他在外施設に花が持ち寄られている。
我々に宛てて、様々な国の言葉で手紙やメッセージが発信されている。ありがとう!』
と報道官は強調した。

25 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:54:06.01 ID:nuOIT9Cj
◆米国、ISと戦う反体制派の訓練のためにシリアに最大50人の軍人を派遣 ←(実は『うちの奴ら』の救出ww)
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151101/1107904.html

米国はシリアに最大50人の特殊部隊員を送り込み、『IS(ユダヤ国)』と戦う戦士を訓練する
軍事顧問役を務めさせる計画だ。訓練対象は米国の規定するところの、『穏健』反体制派www
すぐに次の疑問がわく。『穏健派』とは誰のことだ?

先日、米国防総省は『軍事訓練プログラム』を中止したばかりだ。中止の理由は、訓練の対象に
なり得るような反体制派戦闘員を十分数見つけることが困難だ、ということだった。
米大統領府は次のように述べている。

『彼らはシリアの反体制派戦闘員に対しある種の支援を送り、訓練、助言を行う』。
大統領府のアーネスト報道官が発表した。

国防総省のマイケル・マルフ元分析官によれば、これは米国が、自分が一体なにを最終目標に置いて
行動しているのか理解していないということの証左の一つである。
『むろん、彼らはシリア政府と行動を調整したりもしない』と同氏。

先週イラクで捕虜の解放の際に米国軍人が一人死亡した。

大統領府によれば、クルド人が主導する作戦中の事故だった。
米兵らは、『付近に』いただけだったという。多くの人が、それは詭弁だ、と見ている。

しかし、その課題のいかんによらず、米軍のイラク駐留とシリア駐留は別個の問題である。
何しろシリアへは、アサド政権の招きなしに米兵が派遣されているのだ。

『シリアに兵を送る、とは言うが、米国はその行動をシリア政府と調整してはいない。
米国は単に、自ら必要と考えるところのことを行う。アサド政府の許可も、国連の委任もなしにだ』
とマルフ氏。

いずれシリア軍との直接的な交戦が始まるかもしれない。シリアの地上および空中でISと戦う全ての
戦力が十分な調整のもとに行動していけるのかどうか、相互に衝突せずに済むかどうか、予断は許されない。

26 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 20:56:49.75 ID:nuOIT9Cj
〜中東の英雄:プーチンロシア軍情報〜

◆ロシア軍のシリア作戦:今月一番印象的なビデオ
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151031/1104084.html

9月、ロシア航空宇宙軍はシリア指導部の要請により、シリアを舞台に大規模な 『IS(ユダヤ国)』掃討戦を
開始した。

ロシア海軍のカスピ海艦隊もIS掃討戦に参加し、IS拠点に対し巡航ミサイル『カリブル』を複数打ち込んだ。
ロシア国防省の公式ビデオの外にも、クルド蜂起勢力が撮影し、SNS上で発表したビデオがある。
ロシアのミサイルがIS拠点をめがけて飛翔する様子が映っている。
https://www.youtube.com/watch?v=lgyvFldWv0c

ビデオにはまた、ロシア軍のラタキア基地の様子が映されている。
ロシア機の基地からの離陸およびそれに向けた準備の様子がこちらのビデオに映されている。
https://www.youtube.com/watch?v=wikc25LiaMY

国防省発表の初期のビデオには、Su-34が IS司令部やラッカの訓練キャンプを撃滅する様子が映されている。
https://www.youtube.com/watch?v=tsKOWoxqbVo

このビデオにはロシア軍がラタキアのIS拠点を攻撃する様子が映されている。
https://www.youtube.com/watch?v=ttJx00jpuik

ロシアのSu-24がハマを空爆し、防空壕・トンネル網の整備されたIS要塞を破壊した。
この作戦により、シリア軍は北部のIS拠点への大規模攻勢を可能にした。
https://www.youtube.com/watch?v=eOzr6yeLNPI

ロシア軍のシリア作戦における攻撃グループには戦闘機や爆撃機だけでなく、戦闘用ヘリも入っている。
https://www.youtube.com/watch?v=Myg68gzQQRA

27 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:04:29.03 ID:nuOIT9Cj
ロシアのEnglish プラウダ紙に、『アメリカの国防関係者曰く:うちの奴ら(>>18>>21参照)』に関する
元米国大統領財務顧問ポール・クレイグ・ロバーツ氏の記事があったので紹介する♪

◆Bring back Jimmy Carter ! By Paul Craig Roberts 27 October 2015
『ジミー・カーターを呼び戻せ! ‐元米国大統領財務顧問ポール・クレイグ・ロバーツ』
http://english.pravda.ru/opinion/columnists/27-10-2015/132427-jimmy_carter-0/

シリアで不意打ちを食らったアメリカ政府が自らの愚劣さを晒している。
シリアでのISISに対するロシアの戦闘を不当に描くことで、選出されたシリア政府を転覆させようと
試みる中、外部からシリアに入り込んだテロリストは、『うちの奴ら』だとワシントンが認めたのだ。

FOX “News”とのインタビューにおいて、アメリカ政府の高官は次のように言った:

『プーチンは我々の部隊を意図的に標的にしている。うちの奴らは生き延びるために戦っているのだ』

『うちの奴ら』とは、西側の軍事顧問、諜報員、民間警備企業から雇われた傭兵を含むものだと、
ミシェル・チョスドフスキー教授が報告した。

『ロシアの“ISIS”と戦いたいという要求に関しては完全に不誠実なものだ』と国防当局者がFOX “News”に
語った。オバマ政権によると、ロシアのISISに対する何百回もの空爆とミサイル攻撃の全てが、アメリカの
訓練を受けた‐連中のうち 5人‐のテロリストと、この連中の何百人もの西側の顧問らに向けられているという。

この国防総省の高官は、米国中央軍を率いるロイド・オースティンが最近、上院軍事委員会で、アメリカが
訓練した『穏健的なテロリスト』のうち、戦場に残っているのは4人か5人しかいないと述べたことを完全に
忘れている。オバマは、シリア政府を転覆させるため、『穏健的なテロリスト』を訓練する事にアメリカの
納税者の 5億ドルものお金を無駄にする計画を中止した。訓練兵はお金を持ち逃げしたのだ。

28 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:10:20.10 ID:nuOIT9Cj
◆Bring back Jimmy Carter ! By Paul Craig Roberts 27 October 2015‐A
『ジミー・カーターを呼び戻せ! ‐元米国大統領財務顧問ポール・クレイグ・ロバーツ』
http://english.pravda.ru/opinion/columnists/27-10-2015/132427-jimmy_carter-0/

FOX “News”で働く無能な連中でさえ、4人か5人の穏健的なテロリストに対し、ロシアが何百回もの
空爆と追加的に巡航ミサイル攻撃をしたなどと真剣に思い込んでいると想像するのは困難だ。
ただし、FOX “News”は、愚劣さと無知にかけては限度というものを知らない。

(何百万人もの愚かなアメリカ人が洗脳されるために毎日FOX “News”の前に座っている者がいると
思うと、やるせない気持ちになる)

それでも、これはアメリカ政府の高官が、騙しやすく買収されたFOX “News”で漏らした情報なのだ。

FOX “News”は、ワシントンの操り人形になることを承諾せず、選挙で選出された政府を転覆させる
ワシントンの違法な試みにISISを利用しているという真実については決して報じない。

分かりやすく言えば、ワシントンは完全に違法な戦争犯罪者として振る舞い、自分たちにとって役立つ
操り人形に置き換えるため、選出された政府転覆しようとしているということだ。

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ロシアは世界の領域において我が国の国益に影響を及ぼす
ワシントンによる戦争犯罪をこれ以上我慢するつもりはないと述べた。

ロシアはシリアの正当な政府からISISに対抗するための支援を要請されており、ロシアの空爆がISISを
壊滅させつつある。これが、ワシントンの戦犯どもを動揺させているのだ。

29 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:13:15.86 ID:LXubBhA8
28個書き込みがあるはずなのに10個くらいしか見えない

30 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:16:35.03 ID:nuOIT9Cj
◆Bring back Jimmy Carter ! By Paul Craig Roberts 27 October 2015‐B
『ジミー・カーターを呼び戻せ! ‐元米国大統領財務顧問ポール・クレイグ・ロバーツ』
http://english.pravda.ru/opinion/columnists/27-10-2015/132427-jimmy_carter-0/

アメリカの国防幹部は、シリアでのロシアの唯一の役割は、アメリカがアサドを打倒するのを手伝う
ことだ、とFOX “News”に語った。

マヌケなワシントンの当局者は、プーチンの話しを聞いていなかったのではないかと私は想像する。

切実に問い詰めるべき問題は、アメリカの出版物やTVメディア、あるいはNPR (National Public Radio)
から問われることは一切ない。その質問は以下の通りだ:

ロシアとロシアの行動、ロシアの意図に関する絶え間のないアメリカ政府の嘘の真意は何か? 
ワシントンの能無しどもが第三次世界大戦を始めようとしているのか?

明らかに、ヒラリーと全ての大統領候補者と共和党の能無しども全員は、両者共に第三次世界大戦を
始めることを決定している。次の選挙では、間抜けなアメリカ人が、第三次世界大戦の支持者に投票
するのを観察できるはずだ。

もはやアメリカ政府は国境外での信頼性を失墜しており、国内でもほんの僅かしか信頼されていない。
これは、最近の世論調査によって明らかにされたように、アメリカの62%の有権者が、共和党の最高
裁判所のお蔭でアメリカ政府をそっくり買収した半ダースの既得権益者にではなく、一般市民を代表
してくれる可能性をもつ第三の政党に期待していることが示されている。

バーニー・サンダースとドナルド・トランプの両者が本当に何をすべきか全く見当もつかないような
人物であるにも拘らず、これほど多くの有権者らが称賛する理由は、この2人が限られた少数の者に
奉仕する政治制度について、大騒ぎを巻き起こしている唯一の候補者だからだ。

31 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:19:55.81 ID:nuOIT9Cj
◆Bring back Jimmy Carter ! By Paul Craig Roberts 27 October 2015‐C
『ジミー・カーターを呼び戻せ! ‐元米国大統領財務顧問ポール・クレイグ・ロバーツ』
http://english.pravda.ru/opinion/columnists/27-10-2015/132427-jimmy_carter-0/

独裁者と公民権剥奪について言えば、アメリカの有権者は人類史上最も公民権を剥奪された人々だ。

伝えられるところによれば、アメリカは民主主義だとされているが、政府の行動において民主主義の
兆しは一向にない。アメリカ政府の振る舞いと決定に対して、アメリカの有権者は何の影響力もない
ことが、堅実で慎重な調査によって示されている。

アメリカ政府は、これまでの独裁政治以上のものではないにしろ、人々からは遥かにかけ離れている。
是が非でも、我々は我々自身を解放しなければならないのだ!

ジミー・カーター元大統領が最近言ったように、アメリカはもはや民主主義ではない。

アメリカは寡頭政治(訳注:オリガーキー:ユダヤ系新興財閥による“小数支配体制”のこと)だ。

これまでに、カーターが多くの正論を伝えてきたにも拘わらず、堕落しきったアメリカの支配者集団が
決して評価しようとしなかった多くのことと同様に、この場合もやはりカーターは正しい。

私は、ジミー・カーターを呼び戻せと言いたい。彼は道徳的で知的だ。
彼は、いかなる大統領候補の出馬者に比べて 100万倍も優れている。

齢(よわい)90歳で癌との戦いに破れつつあるものの、ジミー・カーターが最善の策だ。

32 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:23:11.15 ID:nuOIT9Cj
>>29… ID:LXubBhA8

大噓つきで、『現実完全逃避の洗脳バカ=スネ夫』君の『特性PC』なら無理もない。

冥途 in Israel & USA 脳内チップ埋め込み型洗脳ロボット・スネ夫は魂の抜け殻で、
『全世界ロボット化全体主義者アングロ・シオニスト』の単なる“労働資源”にすぎない。

★Death is nothing, but to live defeated and inglorious is to die daily.
『死ぬことは何でもない。だが、屈服され名誉を失ったまま生き長らえるのは、毎日死ぬようなものだ』

(゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \ /  \

33 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:29:43.79 ID:nuOIT9Cj
◆専門家:ISは難民の違法輸送で週に約5万ユーロ稼いでいる
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151102/1111428.html

ロシア空軍が、シリアでテロ組織『IS(ユダヤ国)』の拠点に対して空爆を続け、イランは初めて
シリアの和平交渉に参加しているが、通信社・スプートニクは、ISの資金源に関する問いに対する
答えを探し続けている。今回は、欧州の専門家たちの見解をご紹介する。

中東を専門とするジャーナリスト、ハフサ・カラ=ムスタファ氏は、次のような見解を表している。

『米国の作戦は、ISの活動性にも石油採掘にも一切影響を与えなかった。米国がISを攻撃し、殲滅し、
弱体化させねばならなかった時に逆に、ISは繁栄し、地域全体に広がってしまったのだ。
これに対して、ここ3週間のロシアの作戦の間にISの能力もその陣営も、テロ活動の資金調達手段も
大きく損なわれた様子を我々は眼にしている。この事から、ロシアはISを実際に攻撃したが、米国は
一年の大半を、わけの分からない事に費やしたのは明白だ』

…あはははははははははは!!

34 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:33:49.78 ID:nuOIT9Cj
◆専門家:ISは難民の違法輸送で週に約5万ユーロ稼いでいる‐A
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151102/1111428.html

テロ組織の資金調達に関する専門家で書籍『イスラム教のフェニックス:イスラム国と中東再分割』
の著書でもあるロレッタ・ナポレオーニ氏は、シリアにおけるロシアの作戦は、ISによる原油生産と
原油の闇取引を鈍化させるとの見方を示し、次のように語っている。

『実のところ、もちろん重要ではあるものの、原油はISの主な資金源ではない。最も重要な資金源は
800万人が暮らす ISの支配地域で行われている税金の取り立てだ。ISは、ビジネス、そしてもろちん
原油生産に対しても課税し、税金を取っている。
原油を管理したり、原油を密輸した者は皆、『政府』に賄賂を支払う。密輸はあらゆる商品で大きな
役割を果たしている。もちろん、難民の違法輸送も同じだ。ISは国境を超える全ての人に対して課税
した。越境のほとんどは、ISの支配地で難民の流れを組織している人々によって行われている。
これも莫大な収入で、1週間におよそ50万ユーロ(約6650万円)を稼ぎ出している』

ナポレオーニ氏によると、武装集団への武器の供与や支援も、深刻な状況をつくりだしている。
武器の多くが、様々な理由でISの手に渡っている。ナポレオーニ氏は、
『これは現金による支援よりも、はるかに深刻だ』と指摘している。

35 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:40:55.44 ID:nuOIT9Cj
絶対にあり得ない残虐で過半数に満たなかったトルコのエルドアン AKP党がなんと、『選挙で圧勝』www


◆Engineered Refugee Crisis to Justify “Safe Havens” in Syria By Tony Cartalucci 07 September 2015
『シリアの“安全な避難所”を正当化するため、巧妙に仕組まれた難民危機 ‐トニー・カタルッチ』
http://www.activistpost.com/2015/09/engineered-refugee-crisis-to-justify-safe-havens-in-syria.html

西側(欧米、日本)メディアは、ヨーロッパの玄関にどこからともなく突如現れた難民の流入を描き
出そうとしているが、その実態は、彼らは長年の間トルコ政府からふんだんに資金供給された広大な
難民キャンプに集っていた、ということだ。(訳注:記事内の画像を見てごらん)

画像‐@:トルコは自己の利益よりも、他の人々の利益を優先するというような利他主義ではなく、
アメリカ、NATOとEUと共に、難民たちを『地政学的な武器』として利用するため、自国(トルコ)の
キャンプに滞在するようにと、60億ドルもの資金(=税金)を注ぎ込んで、 200万人の難民を躍起に
なって招待してきた。

実際、トルコは胡散臭いほど躍起になって『門戸開放』政策で 200万人以上の難民を引き入れ、それ
以降、これらの巨大なキャンプを建造し、維持することに60億ドルを費やした。
彼らは、シリア北部に『安全な避難所』を設置することを正当化するための、長期戦略の一環として
行っている。本質的に、これはシリア国境内のシオニストの代行者であるテロリストがダマスカスに
対してさらに激しく攻撃し、最終的にバッシャール・アル・アサド大統領の政府を転覆し、シリアの
領土を占領するためのNATOの侵略行為だ。↓

(訳注:『NGO 団体』とは、シオニストの利益ために設立された偽善・詐欺団体のこと)

★Subverting Syria: How CIA Contra Gangs and NGO's Manufacture, Mislabel and Market Mass Murder(出版 2012年9月11日)
『シリアの破壊: CIA コントラ・ギャング(親米・反政府暴力集団)の大量殺戮を誤魔化し、NGO 団体に偽りのレッテルを貼り、市場に放出する手法』
http://www.amazon.com/Subverting-Syria-Contra-Manufacture-Mislabel/dp/1615775579?tag=permacultucom-20

36 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:43:57.14 ID:nuOIT9Cj
先月来日したエルドアンは、日米の不正選挙マシーン『GALILEO』君の力を借りたに違いないwww
野党とトルコ国民が、『政府は票の集計に立ち会わせなかった』として激怒している!

◆Engineered Refugee Crisis to Justify “Safe Havens” in Syria By Tony Cartalucci 07 September 2015‐A
『シリアの“安全な避難所”を正当化するため、巧妙に仕組まれた難民危機 ‐トニー・カタルッチ』
http://www.activistpost.com/2015/09/engineered-refugee-crisis-to-justify-safe-havens-in-syria.html

シリア北部に『安全な避難所』、あるいは『緩衝地帯』を開拓するというアメリカの計画は、本当の
危機が及ぶ前の2012年に遡る。アメリカによる『中東メモ #21』では『政権交代のため評価手法』が
具体的に述べられている。↓(強調は筆者によるもの)

(訳者補足:以下のトニー・カタルッチの2つの記事には、フォーチュン500にリストアップされた
企業から資金提供されるブルッキングス研究所中東メモ:『シリアを政権交代させ排除するための
評価手法』の文書が公開されている)

★US Brookings Wants to "Bleed" Syria to Death:"Middle East memo" calls for ending ceasefire and purposefully perpetuating violence  By Tony Cartalucci 28 May 2012
『米国ブルッキングス研究所は、シリアが死滅するほど“血を流す”ことを望んでいる:
“中東メモ”は、停戦を終わらせ、意図的に暴力を永続させるよう呼びかけている ‐トニー・カタルッチ』
http://landdestroyer.blogspot.jp/2012/05/us-brookings-wants-to-bleed-syria-to.html

★Turkey Preparing for Syria Occupation ? By Tony Cartalucci 25 September 2014
『トルコはシリアに軍事侵略するための準備をしているのか? ‐トニー・カタルッチ』
http://landdestroyer.blogspot.jp/2014/09/turkey-preparing-for-syria-occupation.html

37 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:47:26.09 ID:nuOIT9Cj
◆Engineered Refugee Crisis to Justify “Safe Havens” in Syria By Tony Cartalucci 07 September 2015‐B
『シリアの“安全な避難所”を正当化するため、巧妙に仕組まれた難民危機 ‐トニー・カタルッチ』
http://www.activistpost.com/2015/09/engineered-refugee-crisis-to-justify-safe-havens-in-syria.html

(訳注:この中東メモは、2002年にブルッキングス研究所の設立に1300万ドルを寄付し、同研究所内に
『サバン中東学研究センター』を設立したハイム・サバンの研究センターが関与している。
彼は1995年に、自社の Saban Entertainment をユダヤ系米国人のメディア王ルパート・マードックが
所有するNews Corporationと合併し、億万長者となったイスラエルと米国の二重国籍者だ↓)

★Schlepping to Moguldom By Andrew Ross Sorkin 05 September 20
『厄介(or, 間抜け)な実力者』
http://www.nytimes.com/2004/09/05/business/yourmoney/schlepping-to-moguldom.html

代替案は、最初にアナン(訳注:元国連事務局長)の指導の下で行われているような、いかに暴力を
終わらせ、人道的な空間を確保する方法に集中するための外交努力だ。
これは、限定された軍事力に裏打ちされた安全な避難所や人道回廊の創設につながる可能性がある。
もちろん、これはアサドが権力を温存する事を可能にするもので、シリアに対するアメリカの目的に
とっては不十分だ。その一方で、その開始点から国際的な委任を受けた広範で適切な連合が、さらに
強制的な措置を追加する可能性がある。(訳者補足↓)

★CSTO allowed to deploy “blue chapkas” in Syria under UN mandate 29 September 2012
『国連の指揮の下、CSTO(集団安全保障条約機構)がシリアに“青シャプカ(ロシア軍の意味)”を配備』
http://www.voltairenet.org/article176061.html

★Syria: Vladimir Putin contemplates sending CSTO peacekeeping force 03 June 2012
『シリア:CSTO平和維持軍を派遣しようと真剣に考慮中のウラジーミル・プーチン』
http://www.voltairenet.org/article174461.html

38 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:52:42.02 ID:co40xE8l
安倍自民党本部に、『自国の爆破テロまで引き起こしたエルドアンの AKP党が、なぜ圧勝できたのか?』と
日本国民はジャンジャン問い合わせるべきだww 『不正選挙マシーン:GALILEO』君の名前を忘れずに(^^♪

◆Engineered Refugee Crisis to Justify “Safe Havens” in Syria By Tony Cartalucci 07 September 2015‐C
『シリアの“安全な避難所”を正当化するため、巧妙に仕組まれた難民危機 ‐トニー・カタルッチ』
http://www.activistpost.com/2015/09/engineered-refugee-crisis-to-justify-safe-havens-in-syria.html

ブルッキングス研究所の『シリアの解体:連合国家のための地域ごとの戦略に向けて』と題する最近の
報告書では、この手の込んだ犯罪的陰謀について、以下のように詳細に説明している。↓(強調“”は筆者)

★Deconstructing Syria : Towards a regionalized strategy for a confederal country By: Michael E. O'Hanlon 23 June 2015
『シリアの解体:連合国家のための地域ごとの戦略に向けて ‐マイケル・オハンロン(ブルッキングス研究所上級研究員)』
http://www.brookings.edu/research/papers/2015/06/23-syria-strategy-ohanlon?cid=00900015020089101US0001-06241

この考え方は、彼らが有能だった場合、“穏健派の分子がシリア国内に信頼性の高い安全地帯を確立
することを援助することになっている。アメリカとサウジアラビア、トルコ、英国、ヨルダンと他の
アラブの軍隊が空からの援助だけではなく、最終的には地上特殊部隊も送り込み活動するだろう。

この提案は、シリアの広大な砂漠地帯が技術や巡回、シリアの地元の戦闘員が、手はずを整えるのを
外部の特殊部隊が手助けすることが可能で、他の方法を組み合わせることによって、敵軍が攻撃する
可能性の兆候を監視することができ、緩衝地帯の作り出すのを可能にするという、地形からの利益が
得られる。”

アサドが何らかの形で外部の特殊部隊が撤退せざるをえなくした場合でも、これらの地域に挑むほど
十分に愚かだったとしても、彼は引き続き起こる外部勢力の報復攻撃によって空軍力を失う可能性が
高く、ISILに対するアサド軍の優位性は奪われてしまうだろう。
したがって、彼はそのようなことはしないと思われる。

39 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 21:56:27.92 ID:co40xE8l
イスラエル主導の米国、英国、トルコ、サウジアラビア、カタール、日本政府による対シリア侵略戦争の本質

◆Engineered Refugee Crisis to Justify “Safe Havens” in Syria By Tony Cartalucci 07 September 2015‐D
『シリアの“安全な避難所”を正当化するため、巧妙に仕組まれた難民危機 ‐トニー・カタルッチ』
http://www.activistpost.com/2015/09/engineered-refugee-crisis-to-justify-safe-havens-in-syria.html

アメリカの政策立案者にとっては、残念ながら、より直接的にシリアに介入するこの計画は正当化の
しようがなく、明らかに、『体裁よく脚色された政権交代』の追求においては、大衆の支持は決して
得ることはできない。

※ 広告:銀行にお金を預けておくよりも、これらの情報を蓄えて置く方が望ましい。↓

★Watch This Now Or You’ll Hate Yourself Later
『直ぐにこれを見ないと、貴方は自己嫌悪に陥るだろう』
http://myfamilysurvival.net/?hop=activists

☆難民を移動させる

例え国民の支持が得られないとしても、それを解決することを期待して、西側は中東や北アフリカに
長年の戦争によって生み出された膨大な数の難民を、突然ヨーロッパに押し寄せるよう、彼らを解き
放ったのだ。欧米メディア自体は、これら難民の源がトルコであることをほのめかし、International
New York TimesやギリシャのKathimerini (カシメリニ)紙の報道では、『難民の流入はトルコの政策
転換と関連している』と題する記事で、次のように主張している:(強調は筆者によるもの)

★Refugee flow linked to Turkish policy shift 06 September 2015
『難民の流入はトルコの政策転換と関連している』
http://www.ekathimerini.com/201239/article/ekathimerini/news/refugee-flow-linked-to-turkish-policy-shift

40 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 22:01:11.87 ID:co40xE8l
◆Engineered Refugee Crisis to Justify “Safe Havens” in Syria By Tony Cartalucci 07 September 2015‐E
『シリアの“安全な避難所”を正当化するため、巧妙に仕組まれた難民危機 ‐トニー・カタルッチ』
http://www.activistpost.com/2015/09/engineered-refugee-crisis-to-justify-safe-havens-in-syria.html

外交筋によると、大半はシリアからギリシャへの移民と難民の流入の急激な増加は、1つにはトルコの
地政学的戦術の変化によるものだ。

これらの関係者は、東部のエーゲ海への移民の波を隣国トルコで行われる11月の抜き打ち解散総選挙に
備える政治的圧力と、シリアでのISIS(シオニスト国)を標的とした爆撃の際に、アメリカ側に加わる
というアンカラによる最近の決定に関連している。一部の関係者の分析では、隣国トルコからの流入が
発生している事実をトルコ当局が黙殺しているか、脱出を積極的に促していることを示している。

こうしたことは、恐怖や外国人嫌い、人種差別とイスラム嫌悪を徐々に強めようとする試みにおいて、
ヨーロッパ全域で自演テロ攻撃が起きるまでは、ここ何年もなかったことだ。↓

★9/11 Synthetic Terror : Made in USA By Webster Griffin Tarpley
『9.11テロは偽物:アメリカで作られた ‐ウェブスター・グリフィン・タープレイ』
http://www.amazon.com/11-Synthetic-Terror-Made-USA/dp/1615771115?tag=permacultucom-20

ケースによっては、欧米の諜報機関から、ほぼ10年もの間、追跡されているカモが、あらゆる攻撃に
例外なく関与している。彼らの多くは予測可能な暴力行為を実行するため、帰国する前に旅をして、
シリア、イラク、イエメンでのNATOの代理戦争に参加した。

画像‐A:ほとんどの移民がNATOに破壊されたリビアとNATO加盟国のトルコ経由で来るので、欧米の
『国際的』組織さえも、難民危機でのNATOの役割を隠すことは困難だと認識している。

41 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 22:05:35.24 ID:co40xE8l
>>1 『真実が敵の 2ちゃんねるの常套手段=コピペが―!』の発狂工作が世界中で腹筋崩壊されてるww
毎日、露・中・欧米・イランのメディアで自慢してやってんだぜ?
3か国語ペラペラの俺が直々に♪ >>29… ID:LXubBhA8 学歴コンプのスネ夫くんww

◆Engineered Refugee Crisis to Justify “Safe Havens” in Syria By Tony Cartalucci 07 September 2015‐F
『シリアの“安全な避難所”を正当化するため、巧妙に仕組まれた難民危機 ‐トニー・カタルッチ』
http://www.activistpost.com/2015/09/engineered-refugee-crisis-to-justify-safe-havens-in-syria.html

悪名高い『シャルリー・エブド』の虐殺のケースでは、フランスの治安機関は、長年に渡り連中を追跡
しており、一度は逮捕して短期間だが収監までしている。↓

★Paris Shooting Suspects Under French Radar for YEARS By Tony Cartalucci 10 January 2015
『長年に渡りフランスの監視下にいたパリの狙撃容疑者』
http://landdestroyer.blogspot.jp/2015/01/paris-shooting-suspects-under-french.html

この監視は、彼らが最終的に暴力行為を計画し、実行するのに必要だった最後の 6カ月までは続いて
いたが、この期間は含まれていない。フランスの治安機関は、なぜ名の知られたテロリストの監視を
止めた理由について尋ねられた時、彼らは資金不足を挙げた。

ヨーロッパ人は、国内で意図的に恐怖に陥らせられており、外国における戦争のための大衆の支持を
引き出すことを期待して、今やNATOは、トルコに意図的に集められ世話をされていた難民を、NATOが
設定したシリアの安全地帯へとなだれ込ませるか、さらなる軍事行動に対する大衆の支持を強要する
ため、ヨーロッパに殺到させ、大変動を勃発させようとしているように見える。

42 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 22:09:31.74 ID:co40xE8l
◆Engineered Refugee Crisis to Justify “Safe Havens” in Syria By Tony Cartalucci 07 September 2015‐G
『シリアの“安全な避難所”を正当化するため、巧妙に仕組まれた難民危機 ‐トニー・カタルッチ』
http://www.activistpost.com/2015/09/engineered-refugee-crisis-to-justify-safe-havens-in-syria.html

☆最大の秘密を明らかにする

Huffington Post 紙の記事、『この集団を“粉砕”するようにとジョージ・キャリー卿から命じられた
後、シリアのISIS爆撃への圧力に直面するキャメロン』は英国の政治討論を報道することで、最終的に
この突然の『危機』の背後にある真実を明らかにする内容を提供している。↓

(訳注:元カンタベリー大司教キャリー卿…この悪魔は、人道的援助は考慮していない)

★David Cameron Facing Pressure To Bomb Islamic State In Syria After Lord Carey Calls To Group To Be 'Crushed' 06 September 2015
『この集団を“粉砕”するようにとキャリー卿から命じられた後、シリアのISIS(シオニスト国)爆撃への
圧力に直面するキャメロン』
http://www.huffingtonpost.co.uk/2015/09/06/david-cameron-lord-carey-syria-isis_n_8094836.html

(訳者補足:キャリー卿という悪魔に恫喝された2日後、『死んだ豚の口』にチンコを挿入し興奮するキャメロンがww ↓)

★UK govt says ‘would not hesitate’ to carry out more anti-ISIS drone raids 08 September 2015
『対ISIS襲撃のために複数の無人機による爆撃を“躊躇せず”実行すると英国政府が宣言』
https://www.rt.com/uk/314716-british-drone-strikes-syria/

キャメロン:『英国は、最大 2万人の難民を受け入れることになっている( ー`дー´)キリッ !!』
BREAKING: UK to accept up to 20,000 Syrian refugees – Cameron
http://t.co/htLPiNnGfkpic.twitter.com/Boh407SAAs
— RT UK (@RTUKnews) September 7, 2015

◆カンタベリー大主教 ロンドンの宮殿に難民受け入れを約束 ←(悪魔が心にもない戯言を言ってる)
http://jp.sputniknews.com/europe/20150920/925202.html

43 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 22:14:09.78 ID:co40xE8l
◆Engineered Refugee Crisis to Justify “Safe Havens” in Syria By Tony Cartalucci 07 September 2015‐H
『シリアの“安全な避難所”を正当化するため、巧妙に仕組まれた難民危機 ‐トニー・カタルッチ』
http://www.activistpost.com/2015/09/engineered-refugee-crisis-to-justify-safe-havens-in-syria.html

☆最大の秘密を明らかにする

画像‐B:欧米のメディアは、さらにシリアを破壊することを正当化するため、難民危機を利用する
可能性について述べている記事には、何としてでもヨーロッパになだれ込もうと苦心し、自暴自棄に
陥る難民の写真が多く含まれた物を必ず載せている。

それには次のように書かれてある。

悪化の一途を辿る対立が、ヨーロッパの『Sanctuary (この場合“教会”)』に逃げ込もうとする自暴
自棄に陥った難民の数が増大する恐れがあったので、デイビッド・キャメロン首相は、シリアで英国
空軍による空爆を強化するようにという圧力の増大に直面している。

(訳注:欧米・日本の政治指導者だけではなく、キリスト教会の重鎮や団体等は、シリアやイラク、
アフガニスタン、リビアでのシオニストによる大量殺戮・虐待・古代遺跡の破壊と古代遺産の窃盗に
関しては、完全に無視している。既に、東方正教会以外の『バチカン・イエズス会主導キリスト教、
ユダヤ教、世界統一教会、エホバの証人=カルト詐欺』の化けの皮が完全に剥がれている)

元カンタベリー大主教=ジョージ・レナード・ケアリー(通称ジョージ・キャリー)卿は、シリアの
中核地域でIS(シオニスト国)を『粉砕』するために軍事的努力を要求した最新の高位の象徴的人物
となった。

“キャリー卿はまた、シリア内の血みどろの戦争において交戦中の各宗派(訳注:サラフィ・ワッハ
ーブ主義者)の攻撃から民間人が保護される『安全な飛び地』をシリア国内に創設することを支持し、
英国の軍事介入で後援することについても要求した”。(訳者補足↓)

★George Carey - 103rd Archbishop of Canterbury
『第103代カンタベリー大司教ジョージ・キャリー』
http://www.archbishopofcanterbury.org/pages/george-carey-103rd-archbishop-of-canterbury.html

(1935年、ロンドンのイーストエンド生まれ。18歳の時、英国空軍に入隊。イラク侵略戦争にも参加
したバリバリの『イスラム教嫌悪者』。1991年〜2002年までカンタベリー大司教を務め、1999年には
Daily Mail紙から、『英国史上最悪の大司教だった』と糾弾される。看護師の妻アイリーンとの間に
2人の息子と2人の娘がいる)

44 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 22:19:08.54 ID:co40xE8l
◆Engineered Refugee Crisis to Justify “Safe Havens” in Syria By Tony Cartalucci 07 September 2015‐I
『シリアの“安全な避難所”を正当化するため、巧妙に仕組まれた難民危機 ‐トニー・カタルッチ』
http://www.activistpost.com/2015/09/engineered-refugee-crisis-to-justify-safe-havens-in-syria.html

☆最大の秘密を明らかにする

Huffington Post’s report 紙の報道でも、次のように報じている。(強調“”は筆者によるもの)

『発信元』の財務相ジョージ・オズボーンが、難民危機に対処するためには、包括的な計画が必要で
あることを認めた後、彼の介入発言が出された。

土曜日、トルコでの G20蔵相会議で記者団に、“これはシリア大統領バッシャール・アル・アサドの
『凶悪な』政権、並びにIS(シオニスト国)の好戦的な聖戦主義テロリストに対処する事を意味する
ものだ”と彼は述べた。

結局のところ、『難民危機』は、まず最初は、『自由の戦士』を援助するために、その次には『WMD
(大量破壊兵器)』の使用を止めるために、しかも、つい最近では『ISIS(侵略部隊シオニスト国)』と
戦うことを理由にして、シリアに(訳注:違法に)介入しようとしている同一の特定利益集団による
さらなるもう1つの計略だったということだ。

これらの3つ全てがイラン、ロシア、さらには中国に対する広範な対決のための根源となっており、
シリアの政権交代を公然と追求する露骨な軍事侵略以外の何物でもなく(アングロ・シオニストは)、
正当化することに大失敗してしまったので、ヨーロッパ全土で人々の恐怖と激怒を誘発するために、
人間の駒として、『難民』を利用しているのだ。(翻訳終了)

★The unveiling of truth, and ensuing demand for justice, is the real “apocalyptic threat”
that will soon bring about the annihilation of the Zionist entity.
『真実の公開と正義を求められた直後に起こるのは、シオン主義者(シオニスト)
自身の消滅をもたらす、真の“黙示録的な脅威”だ』

パニックになって仲間割れ中とか(゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \ /  \

45 :七つの海の名無しさん:2015/11/02(月) 22:24:49.61 ID:co40xE8l
◆The Russian army asserts its superiority in conventional warfare By Thierry Meyssan 19 October 2015
『従来型の戦争における優位性を断言するロシア軍 ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article189043.html

シリアにおいては、モスクワは単に軍事介入しただけではなく、戦争の運命を覆し、ジハード主義系
集団の全体にパニックを拡散させた。しかも、彼らは現在携わっているロシア軍兵士だけの状況の中、
『本当の戦争』というものを世界に示した。

あらゆる人々が驚愕したのは、ロシア軍が大西洋同盟を、『視聴覚障害者』として解釈させてしまう
『Jamming System (通信妨害システム)』を備えている、という事実を証明したことだ。

遥かに上回る予算にも関わらず、まさしくアメリカ合衆国は自国の軍事支配力を失ってしまったのだ。

シリアでのロシアの軍事介入は、最初はジハード主義者に対するモスクワによる危険な賭けだと考え
られていたのだが、それは世界の戦略バランスを覆す軍事力の示威行動そのものへと変遷していった。↓

★Russian Military Uses Syria as Proving Ground, and West Takes Notice 14 October 2015
『ロシア軍はシリアを代用して証明し、西側(イスラエル、欧米、日本)に自覚させた』
http://www.nytimes.com/2015/10/15/world/middleeast/russian-military-uses-syria-as-proving-ground-and-west-takes-notice.html?_r=0

当初は、安全保障理事会の関連決議に反して、聖戦主義者たちを援助する国々により装備を施された
武装集団を孤立させ、その上で殲滅するという構想で操作されていたものの、今や彼らのその活動は
西側の当事者全員と、連中の同盟者を視聴覚障害者と化している。

ペンタゴン(米国防総省)がロシアのシステムの弱点を発見しようとしている間に、ペンタゴン内は
現実を無視するか最小限にする傾向のある者たちと、それどころか、何年もの長い時間をかけて回復
する前に、アメリカ合衆国は従来型の戦争の面で優勢を失ってしまうと考える者たちで分裂している。↓

★Top NATO general : Russians starting to build air defense bubble over Syria 29 September 2015
『NATO軍最高司令官:ロシアはシリアの防空手段を躍起になって強化し始めている』
https://www.washingtonpost.com/news/checkpoint/wp/2015/09/29/top-nato-general-russians-starting-to-build-air-defense-bubble-over-syria/

46 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 20:55:42.67 ID:gVY14lUD
>>1 この重要な記事も、日本国民の若者たちと共有することを拒否する嘘つき掲示板は潰れるべき!

◆The Russian army asserts its superiority in conventional warfare By Thierry Meyssan 19 October 2015‐A
『従来型の戦争における優位性を断言するロシア軍 ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article189043.html

★A Transatlantic Talk with General Philip Breedlove on NATO’s Next Steps : Warsaw and Beyond 29 September 2015
『ワルシャワ以降:NATOの次の手段と大西洋の両側の国々に関するフィリップ・ブリードラブ将軍との対話』
https://www.youtube.com/watch?v=IqUz3zCxPa8

我々は2008年に南オセチアでの戦争中に、ロシア軍の管理の下でグルジアの攻撃を撃退したものの、
彼らの軍事機器の嘆かわしい状態を世界に晒したことを覚えている。

そして僅か10日前には、元国防長官ロバート・ゲイツと、元国家安全保障担当補佐官コンドリーザ・
ライスは、ロシア軍を『二流』だと言っていた 。↓

★How America can counter Putin’s moves in Syria By Condoleezza Rice, Robert M. Gates 08 October 2015
『シリアにおけるプーチンの戦略に対抗するアメリカの手段』
http://www.voltairenet.org/article189028.html

したがって、ロシア連邦がいかに事の重大さを評価し、自国の防衛産業を再構築して設計し直し、既に
軍事兵器そのものまで追い越されているペンタゴンに自信過剰と取られることなく、まさに最先端技術
兵器を生産することができたのか? ロシアはシリアで自国の全ての新型兵器を使用したのか、あるいは
彼らはこの他にも思いも寄らないような予備の兵器を持っているのだろうか? ↓

★Russia's Quiet - European Council on Foreign Relations:Russia’s Quiet Military Revolution , And What It Means For Europe
『ロシアの内に秘めたもの‐欧州外交評議会:ロシアの内密な軍事革命と、欧州にとって軍事革命は何を意味するか』
http://www.ecfr.eu/page/-/Russias_Quiet_Military_Revolution.pdf

47 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 20:58:09.48 ID:gVY14lUD
何とも悲惨な米軍特殊部隊は、現在シリアで人柱となり『うちの奴ら(モサド、CIA、M16工作員)』を救出中www

◆The Russian army asserts its superiority in conventional warfare By Thierry Meyssan 19 October 2015‐B
『従来型の戦争における優位性を断言するロシア軍 ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article189043.html

ホワイトハウスがドミトリー・メドベージェフ首相とロシア軍参謀長の代表団による公式訪問を断った
ように、ワシントンの混乱状態は酷い。この決定は、ロシア軍の代表団が同様にトルコへの訪問の後に
成されたものだ。そこで何が起きているかについては、ペンタゴンには認知できないので、シリアでの
軍事行動を討論してもほとんど意味がない。

激怒した『タカ派の自由主義者』とネオコンは軍事予算案の再開を要求しており、アフガニスタンから
撤退を阻止することに成功した。(訳者補足:ネオコン、あぼ〜んww↓)

★オバマ大統領 ウクライナへの武器供与を予定した国防予算案に拒否権行使
http://jp.sputniknews.com/us/20151023/1065944.html

アメリカの軍事力が引き離されていることを目撃した大西洋主義の解説者は、現在最も奇怪なやり方で
ロシアの帝国主義の危険性とやらを非難している。↓(独シュピューゲル紙)

★Russisches Syrien-Abenteuer : Das Ende der alten Weltordnung 10 Okt 2015
『ロシアとシリアの冒険:時代遅れの世界秩序を終わらせる』
http://www.spiegel.de/politik/ausland/russland-und-syrien-das-rezept-gegen-putins-imperialismus-a-1057162.html

(訳者補足:↑のドイツ語版の記事は短い。ちなみに、英語版の記事は長文↓)

★Russia's Superpower Play : Putin Bets Big on Aggressive Syria Policy 13 October 2015
『超大国ロシアのお遊び:シリア政策で大きな賭けをする強引なプーチン』
http://www.spiegel.de/international/world/putin-continues-aggressive-foreign-policy-in-syria-a-1057379.html

48 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:00:58.48 ID:gVY14lUD
なお、世界中をウンザリさせた重要News !! 『うちの奴ら』については、>>18>>21に翻訳記事があります(^^♪

◆The Russian army asserts its superiority in conventional warfare By Thierry Meyssan 19 October 2015‐C
『従来型の戦争における優位性を断言するロシア軍 ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article189043.html

しかも、シリアの人々を救うために活動中のロシアが、我々と協力し合って取り組もうと提案し続けて
いる中で、アメリカ合衆国は他の国々に自国の経済システムを押し付けて、自国の軍隊の優位性を満喫
しながら、一部の国々を破壊しただけだ。

我々はロシアが攻撃する前の配備中に発表されたワシントンによる躊躇いがちな宣言は、公式の巧言で
愚劣な政治的脚色だと解釈するべきではないものの、‐ペンタゴンが地勢を理解していなかったことが
明らかにされた‐という事実には注目せざるを得ない。
ペンタゴンは、視聴覚障害者と化してたのだ。

☆全般的なジャミング・システム(電波妨害システム)

2014年4月12日、最先端の対空システムとミサイル防衛システムを搭載した米国イージス艦USSドナルド
・クックの黒海における出来事以来、ロシア軍が全てのレーダー、全ての制御回路、情報伝達といった
あらゆるシステムに電波妨害を生じさせる性質を持つ兵器を備えているという事を我々は知っている。↓

★What frightened the USS Donald Cook so much in the Black Sea ? 08 November 2014
『黒海で USSドナルド・クックをあれほど怯えさせたものとは何か?』
http://www.voltairenet.org/article185860.html

49 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:02:39.49 ID:gVY14lUD
◆The Russian army asserts its superiority in conventional warfare By Thierry Meyssan 19 October 2015‐D
『従来型の戦争における優位性を断言するロシア軍 ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article189043.html

タルトゥースにロシア海軍基地を置いて以来、ロシアはラタキア北部の『フメイミム空軍基地』内に
Jamming Center(電波妨害センター)を設置していた。その後に、突然 USSドナルド・クック事件が
発生したのだが、これはトルコ南部のNATO軍基地を含む、インジルリク空軍基地の周辺 300km内でも
発生しており、それは今でも続いていることだ。

その事件は歴史的規模の大砂嵐の中で発生したので、ペンタゴンは最初は測定機器の故障ではないか
と考えていたのだが、窮地に陥っていることを見出した。完全に。(訳者補足↓)

★大型の砂嵐でシリアは休戦、5千人の被災者に死者も(動画)
http://jp.sputniknews.com/incidents/20150909/873381.html

★ロシアの戦闘機スホイ24 米国のイージス艦『ドナルド・クック』の『鼻をあかす』
http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2014_04_20/271416946/

(黒海に侵入した時点で、イスラエル米英がウクライナを支配している構図がわかる↓)
★US destroyer Donald Cook enters Black Sea amid Ukraine tension 10 April 2014
『ウクライナが緊張を深める中、黒海に侵入する米国駆逐艦ドナルド・クック』
https://www.youtube.com/watch?v=32VJkmx6ZgI

(アメリカ様ご自慢wwのイージス・システムのプレゼンテーション・ビデオ↓)
★Aegis Ballistic Missile Defense - FTM 04-1
『FTM 04-1‐イージス弾道ミサイル防衛網』
https://www.youtube.com/watch?v=FL-HecSCjg0

(ロシア製電子妨害システム内蔵スホイ24によって完全にマヒさせられたD.クック↓)
★Ukraine Crisis : Rssian Su-24 buzzes US Destroyer USS Donald Cook 14 May 2014
『ウクライナ危機:ロシアのSu-24、米国駆逐艦USSドナルド・クックの周囲を飛び回る』
https://www.youtube.com/watch?v=1Wwo2Ygjjqw

(視聴回数 103万2500 Over !! の愉快な解説付き人気ビデオ↓)
★Версия США: про "Дональд Кук"
『アメリカ合衆国バージョン:ドナルド・クックに関して』
https://www.youtube.com/watch?v=daLBsmVpVBo

50 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:06:35.03 ID:PYNJkjyl
◆The Russian army asserts its superiority in conventional warfare By Thierry Meyssan 19 October 2015‐E
『従来型の戦争における優位性を断言するロシア軍 ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article189043.html

現代の通常戦争は、英語で『Command (指揮)』、『Control (統制)』、『Communications (通信)』、
『Computer』、そして『Intelligence (情報)』の、それぞれの頭文字をとった用語‐『C4i』として
知られるものに基づいている。衛星と航空機、無人偵察機、船舶、潜水艦、戦車、戦闘員自体などの
全てを監督し、これによって決定された指令を参謀長が伝達し、戦いをより効率的に指揮することが
可能になり、これらの全てが恒久的な通信システムによって相互に連結している。

現在この‐NATOの神経系‐であるシステム全体がシリアとトルコの一部で完全に窮地に陥っているのだ。

ルーマニアの専門家、ヴァレンティン・ヴァジレスクによると、ロシアはRichag-AVシステムと、USS
ドナルド・クックの上空を飛び回った時に使用された、敵機を作動不能に陥らせる SAP-518/SPS-171
電波妨害システムを備えた戦闘機とヘリ、及びいくつかの『Krasukha-4(訳注:衛星測位システムの
信号電波に対して妨害電波を仕掛けることが可能な多機能電波妨害システム)』が導入されている。
(訳者補足記事↓)

Richag-AVシステムや、その他の妨害システムに関する詳細記事↓

★Russian Military Unveils Revolutionary Electronic Warfare System 04 March 2015
『ロシア軍が革命的な電子戦システムを公開』
http://sputniknews.com/military/20150304/1019042643.html

SAP-518/SPS-171システムの最新News !! ティエリー・メイサンのことを絶賛している↓

★Syrian Saga : Russian Airstrikes 'Spread Panic Among Terrorists' 26 October 2015
『シリア人の英雄:“テロリストの間にパニックを拡大させた”ロシアの空爆』
http://sputniknews.com/politics/20151026/1029130796/russia-military-capabilities-surprise-pentagon.html

★Krasukha EW System:Krasukha-4
https://en.wikipedia.org/wiki/Krasukha_EW_System

51 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:11:55.79 ID:PYNJkjyl
◆The Russian army asserts its superiority in conventional warfare By Thierry Meyssan 19 October 2015‐F
『従来型の戦争における優位性を断言するロシア軍 ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article189043.html

この他にも、ロシア軍は地中海で、864 偵察艦(NATOコードネーム:ヴィシュニヤ型情報収集艦)を
使用している。↓(モルドバの地方紙の電子版で、ルーマニア語ゆえ翻訳不能ww)

★Cu ce arme ultrasecrete a c&icirc;stigat Putin suprematia &icirc;n razboiul radioelectronic din Siria ? 11 October 2015
http://www.ziaruldegarda.ro/cu-ce-arme-ultrasecrete-a-cistigat-putin-suprematia-in-razboiul-radioelectronic-din-siria/

ロシアは、‐アメリカの領域‐イスラエルの通信を妨害しないことに同意したようだ。
それは、シリア南部でロシアの妨害システムを展開しないことを意味する。(訳者補足↓)

★Russian Fighter Jets Intercept Israeli Fighters in Southern Syria By GPD 19 October 2015
『シリア南部でロシアのジェット戦闘機がイスラエル戦闘機を迎撃♪』
http://www.veteranstoday.com/2015/10/19/russian-fighter-jets-intercept-israeli-fighters-in-southern-syria/
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1445859622/l50 ←(このスレの>>23に翻訳記事あり)

ロシアの航空機は、しばしばトルコの領空を侵犯する特権を楽しんでいる。
彼らの目的は、トルコ空軍の反応時間を測ることによって当該地域での妨害能力の効率性を検証した
上で、トルコの聖戦主義者の軍事施設から目を離さないようにしていた。(訳者よりロシア軍最新情報↓)

◆Russian Warplanes Use Bunker Buster Bombs in Airstrikes in Syria 03 November 2015
『シリアでの空爆でロシア軍がバンカー・バスターを使用』
http://sputniknews.com/middleeast/20151103/1029523340/russia-bunker-buster-bombs.html

ISIS(ユダヤ国)の目標に、Su24戦闘機が『BETAB-500(地中貫通爆弾)』を2発使用、完全に破壊した♪
米国防当局の高官が言う、『うちの奴ら=(モサド、CIA、M16工作員)』を直撃してたらいいなあ…
大量殺戮魔の『うちの奴ら』は、世界の害虫だし!(>>18>>21>>27>>31に翻訳記事あり)

52 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:16:42.41 ID:PYNJkjyl
◆The Russian army asserts its superiority in conventional warfare By Thierry Meyssan 19 October 2015‐G
『従来型の戦争における優位性を断言するロシア軍 ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article189043.html

☆高性能巡航ミサイル

ロシアは、アメリカのRGM/UGM-109Eトマホークミサイルに相当するステルス26(あるいはLO技術)の
巡航ミサイル3M-14TカリブルNKのような、いくつかの新兵器を使用した。↓

★KALIBRating the foe : strategic implications of the Russian cruise missiles’ launch  By Vladimir Kozin (Russia) 14 october 2015
『敵に対するカリブルの評価:ロシアの戦略的巡航ミサイル発射の意味 ‐大統領補佐官ウラジーミル・コージン』
http://www.voltairenet.org/article189021.html
https://www.youtube.com/watch?v=iMasnaAf_H4 ←(攻撃映像:視聴回数612万7000)

この巡航ミサイルは、軍事的に不可欠ではない1500km離れた海域に位置するカスピ艦隊によって発射
されたもので、NATOがその性能を高く評価できるように、彼らは11の目標に命中させ破壊した。
これらの巡航ミサイルは、イランとイラクの領空を地形に合わせて 50m〜100mの間で変化する高度で
アメリカの無人偵察機から、僅か 4kmの所を飛んで行ったのだ。

これらのいずれもが、モデルに応じて 5%乃至10%の誤差が発生する余地のあるアメリカのミサイルと
比較して、彼らの誰もが途方に暮れた。↓(『大噓』をつくしか手段がないw)

★First on CNN : U.S. officials say Russian missiles heading for Syria landed in Iran 08 October 2015
『CNN のトップ記事:シリアに向けているロシアのミサイルがイランに着弾したとアメリカ政府当局が発表』
http://edition.cnn.com/2015/10/08/politics/russian-missiles-syria-landed-iran/

★Moscow rejects CNN's report on Russian missile landing in Iran 09 October 2015
『モスクワがイランに着弾したとされるロシアのミサイルに関する CNN の報道を否定』
http://www.irna.ir/en/News/81791375/

53 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:18:08.52 ID:PYNJkjyl
◆The Russian army asserts its superiority in conventional warfare By Thierry Meyssan 19 October 2015‐H
『従来型の戦争における優位性を断言するロシア軍 ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article189043.html

★Daily Press Briefing - October 8, 2015 - US Department of State:John Kirby
『報道関係者への定例説明会‐2015年10月08日‐米国務省:ジョン・カービー報道官』
http://www.state.gov/r/pa/prs/dpb/2015/10/248049.htm

★Пентагон не комментирует сообщения о якобы упавших в
Иране ракетах РФ 08октя́брь 2015
『米国務省はイランに墜落したとするロシアのミサイルの疑惑についてはコメントしない』
http://ria.ru/world/20151008/1299041800.html

CNN の報道は、ロシアがイランの発射場を保護する事を公式表明していたにもかかわらず、ロシアを
迂回して、‐ペンタゴンによって捏造された‐ものだ。それと同時に、この一斉射撃は、役立たずの
『対ミサイル防衛網』のために、ペンタゴンによって途方もない金額が無駄に費やされているという
事まで証明した。

これらのミサイルは、海上のいかなる場所に位置する潜水艦からでも発射されることが可能であり、
彼らが核弾頭を輸送できることも考慮すれば、発射装置に関する限り、懸案事項の完成をロシア側が
先延ばしにさせたのは明らかだ。

最後に、核対決した場合には、ロシア連邦はアメリカ合衆国によって破壊される。
そして‐その逆‐もまた、然りだ。 – ただし、通常戦争の場合にはロシアが勝利するだろう。

ロシア人とシリア人だけは、地上の状況を評価することができる。
ロシアとシリアだけが地形の全体像を持っているので、聖戦主義者を含め他の情報源によるあらゆる
軍事情報は根拠のないものにすぎない。モスクワとダマスカスは可能な限り、自らの有利な点から、
利益を得るつもりでいるので、自分たちの活動の秘密を維持している。

54 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:21:52.92 ID:PYNJkjyl
◆The Russian army asserts its superiority in conventional warfare By Thierry Meyssan 19 October 2015‐I
『従来型の戦争における優位性を断言するロシア軍 ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article189043.html

公式声明と特定の信頼のおける将校から、我々はアハラール・アル・シャームやアル・カイダ、ISIS
(シオニスト国)の何人かの指導者を含む、少なくとも5000人の聖戦主義者が殲滅されたことを結論
付けることができる。そして、少なくとも 1万人の傭兵がトルコとイラク、ヨルダンへと逃げ出した。

シリア・アラブ軍とヒズボラは、約束されていたイランの援軍を待つことなく、地域を奪還した。

爆撃作戦は、正教会のクリスマスまでには終了する必要がある。
答えられるべき問題は、ロシアがトルコ、イラクとヨルダンに避難した聖戦主義者を追跡して発見する
ことであり、その任務を終了することを許可するかどうか、ということだ。

これに失敗すると、例えシリアが救われたとしても、問題はまだ解決したというわけにはならない。
MBF (ムスリム同胞団)は、復讐を求めることが可能であり、アメリカ合衆国は他の標的に対して彼らを
再利用することが可能なのだ。(翻訳終了)

◆ロシア国防省:ロシア航空宇宙軍がシリアで破壊したという病院は存在していない ←(『証拠』を突き付けられ米国は終わり!)
http://jp.sputniknews.com/politics/20151103/1115281.html

◆米国は、ロシア航空宇宙軍がシリアで病院を空爆したとする証拠の提出を拒否している ←(息を吐くように嘘を吐く米政府)
http://jp.sputniknews.com/politics/20151103/1113453.html

◆トルコとイラクのビジネスマンらがISから直接石油を買っている―トルコ元議員 ←(エルドアン大統領の息子のBMZ社)
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151103/1113101.html

55 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:28:41.86 ID:PYNJkjyl
◆米国、ISと戦う反体制派の訓練のためにシリアに最大50人の軍人を派遣 ←(実は、>>18>>21の『うちの奴ら』の救出ww)
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151101/1107904.html

米国はシリアに最大50人の特殊部隊員を送り込み、『IS(ユダヤ国)』と戦う戦士を訓練する
軍事顧問役を務めさせる計画だ。訓練対象は米国の規定するところの、『穏健』反体制派www
すぐに次の疑問がわく。『穏健派』とは誰のことだ?

先日、米国防総省は『軍事訓練プログラム』を中止したばかりだ。中止の理由は、訓練の対象に
なり得るような反体制派戦闘員を十分数見つけることが困難だ、ということだった。
米大統領府は次のように述べている。

『彼らはシリアの反体制派戦闘員に対しある種の支援を送り、訓練、助言を行う』。
大統領府のアーネスト報道官が発表した。

国防総省のマイケル・マルフ元分析官によれば、これは米国が、自分が一体なにを最終目標に置いて
行動しているのか理解していないということの証左の一つである。
『むろん、彼らはシリア政府と行動を調整したりもしない』と同氏。

先週イラクで捕虜の解放の際に米国軍人が一人死亡した。

大統領府によれば、クルド人が主導する作戦中の事故だった。
米兵らは、『付近に』いただけだったという。多くの人が、それは詭弁だ、と見ている。

しかし、その課題のいかんによらず、米軍のイラク駐留とシリア駐留は別個の問題である。
何しろシリアへは、アサド政権の招きなしに米兵が派遣されているのだ。

『シリアに兵を送る、とは言うが、米国はその行動をシリア政府と調整してはいない。
米国は単に、自ら必要と考えるところのことを行う。アサド政府の許可も、国連の委任もなしにだ』
とマルフ氏。

いずれシリア軍との直接的な交戦が始まるかもしれない。シリアの地上および空中でISと戦う全ての
戦力が十分な調整のもとに行動していけるのかどうか、相互に衝突せずに済むかどうか、予断は許されない。

56 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:37:27.71 ID:R9JFBSnl
民間機撃墜のバチが当たったんだな

57 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:38:32.57 ID:PYNJkjyl
世界で最も恥ずべきイカサマ掲示板 2ちゃんねるのボットは
『トルコは親日』という完全思考停止した観点でしか表現できない。
人殺しのトルコに好かれて喜ぶバカは、イスラエルと米国ネオコン、安倍晋三自民党しかいない

◆CHP deputies : Gov’t rejects probe into Turkey’s role in Syrian chemical attack 21 October 2015
『CHP 議員:政府は、シリアにおける化学兵器攻撃でトルコの役割に関する徹底調査を拒否した』
http://www.todayszaman.com/national_chp-deputies-govt-rejects-probe-into-turkeys-role-in-syrian-chemical-attack_402180.html

トルコの野党CHP (共和人民党)の 2人の議員エレン・エルデムとアリ・シェケルが記者会見を開催し、
『2013年8月、シリアのグータにおけるサリン攻撃で、1300人以上ものシリア人が虐殺された事件には
与党エルドアン政権が密接に関与している』との声明を発表した。

エレン・エルデムは、“サリンが何人かの実業家を通じてトルコからシリアへと運ばれ、ISが使用した”
との告発を基にアダナの検察当局が調査し、直ちに13名の容疑者を拘束したものの、エルドアン政権の
強力な圧力で、間もなく釈放されたと述べた。

『トルコの国営機械・化学工業 MKE (Makina ve Kimya Endustrisi / Mechanical and Chemical Industry Corp.
:トルコ軍御用達の兵器産業)も、当事者として検察当局の調査ファイルに記載されている。
ここに起訴状と、サリンがトルコで調達してテロリストに引き渡されたことを示す通話記録がある』と
エルデム議員は訴状を振りながら述べた。

彼はまた、調査ファイルと証拠の全てがトルコの国境内で戦争犯罪を冒している事実が示されていると
強調した。

『この調査は、トルコの情報機関 MITが、明らかにサリンを調達するために必要な化学物質を密輸した
連中の行動を知っていたことを証明しているにも拘らず、何の困難にも直面していない。
これらの連中は、自らの違法行為のために収監されるべきなのだが、全員釈放されており、1人も収監
されていない。事件に関与した者は、自らの全ての責任を負わなければならない』とアリ・シェケルは述べた。

58 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:46:31.55 ID:eDNDJFRg
>>56…ID:R9JFBSnl

大&amp;#22099;つきで言うだけ寄生虫乞食朝鮮人のスネ夫くん、
『撃墜名人イスラエル』の犯行だと世界中で大評判ですが何か??

ロシア軍に、『うちの奴ら』を空爆されて、『大イスラエル陰謀計画』が完全に潰された
イスラエル・モサド、米ネオコンのコンビネーションには、世界中の誰にも真似できない残虐さ

凄くない?? イスラエルとアメリカは、戦争犯罪を冒しても、絶対に裁かれないのよ

なぜだか教えてくれないかね〜?? あはははははははははは!!

59 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:53:34.51 ID:eDNDJFRg
>>57 続き (>>54の記事も参照してみて)

ISIS(ユダヤ国)の資金源の1つは、イラクのモスルの油田を強奪して盗んだ石油の密売で、
これには公的資金を悪用し、銀行から不正融資を受けていることがスクープされたエルドアン
大統領の息子、『ビラル・エルドアン』が所有する BMZ社によってジェイハン・パイプラインで
運ばれ、米軍の護衛付きタンカーでイスラエルのベイルート港へと運ばれる。
その後、イスラエルで偽造書類を発行してもらってEUで売りさばいていることが派o寧している。

さらには、エルドアンの娘のスメイエ・エルドアンは、負傷したISISテロリストの治療と入院を
引き受ける病院の管理者だと、世界的に著名な地政学と石油の専門家ウィリアム・イングドールの記事↓

◆Erdogan’s Dirty Dangerous ISIS Games By F. William Engdahl 24 August 2015
『エルドアンの極めて危険なISISギャンブル(or, 闇商売、駆け引き) ‐ウィリアム・イングドール』
http://journal-neo.org/2015/08/24/erdogan-s-dirty-dangerous-isis-games/

また、世界的に有名なフランスの地政学専門家、調査ジャーナリストのティエリー・メイサンによると、
エルドアン大統領はイスラエルと共にシリアの略奪を組織し、シリア経済の中核アレッポの全ての工場を
解体して工作機械を盗み、考古学的価値の高い古代遺物の盗賊集団を組織し、エリゼ宮のブノワ・ピュガ
将軍の手助けを受けアンティオキアに国際市場を設置し、オークションに掛け密売しているだけではなく、
『大西洋同盟』による戦争を誘発することを目的とした『偽旗(自作自演)作戦』で、2013年のシリアの
ダマスカス、東グータでの化学兵器攻撃を計画した。

エルドアンが、トルコの伝統的な同盟国のシリアに対する攻撃(訳注:紛争以前までは、アサド大統領と
家族ぐるみの付き合いをしていた)を躊躇った際、元フランス首相アラン・ジュペがスンナ派のアフメト
・ダウトオール(現トルコ首相)と連携してエルドアンを口説き落とし、トルコの悲願だったEU加盟への
後押しをする見返りとして、2011年に『対シリア戦略』が密かに練られたが、その後まもなくフランスが
手を引いてしまったため、ISISを利用して、主に1人でシリアの大虐殺を引き継ぐこととなったと報じている↓

◆Clinton, Jupe, Erdoğan, Daesh and the PKK By Thierry Meyssan 03 August 2015
『クリントン、アラン・ジュペ(元フランス首相・外相)、エルドアン、ダーイシュ(ISIS)とPKK (クルド労働者党) ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article188337.html

60 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 21:57:58.41 ID:eDNDJFRg
>>56…ID:R9JFBSnl 病的な嘘つきのスネ夫くん、自らの悪事を敵になすり付ける
偽ユダヤとその家畜ロボット=在日白丁朝鮮糞バエの時代遅れな手口は、もう世界中で通用しない
なぜ、アメリカは、こんな凶悪犯罪をしても、国際裁判所で戦争犯罪者として裁かれない??

米軍によるアフガニスタン、サウジアラビア軍のイエメンでの『国境なき医師団』の
病院に対する無人機爆撃が問題視されているが、イカサマ掲示板 2ちゃんねるは全くスレにUPしない。
それが、この外道イスラエル支持派の掲示板を叩く理由だ。

アメリカのInternet News Site、『The Intercept』が、米軍の世界各地での爆撃に関する
アメリカ政府の公式声明の大虚を示す機密文書を公開した。↓

◆The Drone Papers(ドローン白書)
https://theintercept.com/drone-papers

『Interceptは、アフガニスタン、イエメンとソマリアで実行されている米軍の
暗殺プログラムの内の仕組みを詳細に記した機密文書のキャッシュを取得した。

内部告発者による供述文書は、オバマの前例のない無人機戦争の兆候を提示している』

英国の市民権を突然剥奪され、アメリカの無人機によって殺されたビラル・ベルジャウィ↓

◆The life and death of objective peckham By Ryan Gallagher 15 October 2015
『事実に基づくペッカムの生と死』
https://theintercept.com/drone-papers/the-life-and-death-of-objective-peckham/

◆The assassination complex By Jeremy Scahill 15 October 2015
『暗殺複合体』
https://theintercept.com/drone-papers/the-assassination-complex/

61 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:02:03.96 ID:eDNDJFRg
アメリカのInternet News Site、『The Intercept』が、米軍の世界各地での爆撃に関する
アメリカ政府の公式声明の虚八百を示す機密文書を公開した。↓

◆The Drone Papers(ドローン白書)
https://theintercept.com/drone-papers

◆The kill chain By Cora Currier 15 October 2015
『殺しの連鎖』
https://theintercept.com/drone-papers/the-kill-chain/
◆Find, Fix, Finish By Jeremy Scahill 15 October 2015
『探し出す、確定、片付ける』
https://theintercept.com/drone-papers/find-fix-finish/
◆Manhunting in the hindu kush By Ryan Devereaux 15 October 2015
『ヒンドゥークシ(パキスタン)山脈での人間狩り』
https://theintercept.com/drone-papers/manhunting-in-the-hindu-kush/
◆Firing blind By Cora Currier, Peter Maass(発砲に疑問を抱かない)
https://theintercept.com/drone-papers/firing-blind/
◆Target Africa By Nick Turse 15 October 2015(標的はアフリカ)
https://theintercept.com/drone-papers/target-africa/
◆The Alphabet of Assassination(暗殺の初歩)
https://theintercept.com/drone-papers-alphabet-of-assassination
◆Small Footprint Operations 2/13(取るに足りない足跡作戦 2/13)
https://theintercept.com/document/2015/10/15/small-footprint-operations-2-13/
◆Small Footprint Operations 5/13(取るに足りない足跡作戦 5/13)
https://theintercept.com/document/2015/10/15/small-footprint-operations-5-13/
◆Operation Haymaker(ノックアウトパンチ作戦、または、大打撃作戦)
https://theintercept.com/document/2015/10/15/operation-haymaker/
◆Geolocation Watchlist(監視対象の地理的位置情報)
https://theintercept.com/document/2015/10/15/geolocation-watchlist/

62 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:08:55.66 ID:eDNDJFRg
◆Study accuses psychologists group of complicity in CIA torture program 
『調査報告書により CIA拷問プログラムの共犯者として精神分析医集団を非難』
https://www.rt.com/usa/254677-apa-psychologists-cia-torture/

『American Psychiatric Association:APA (アメリカ精神医学会)と
アメリカ政府(ブッシュ政権)、諜報機関と共謀によるCIA 秘密収容所の
尋問強化プログラム』に加わっていた事実が判明した。
そしてここでも、民族浄化作戦で大量虐殺を指南する『RAND Corporation』

◆ALL THE PRESIDENT’S PSYCHOLOGISTS : - University Libraries
『全ての大統領は心理学者』
https://ucblibraries.colorado.edu/archives/collections/apapens/APAreport.pdf

The American Psychological Association’s Secret Complicity with the White House and US Intelligence Community in Support of the CIA’s
“Enhanced” Interrogation Program.

『American Psychiatric Association:APA (アメリカ精神医学会)とアメリカ政府(ブッシュ政権)、
諜報機関の共謀によるCIA 秘密収容所の尋問強化プログラム』

I. Executive Summary(政策立案概要)

A. Methodology and Key Findings(一般的な技法と主な調査結果)

This report analyzes emails from the accounts of deceased RAND Corporation researcher and apparent CIA
(Central Intelligence Agency) contractor Mr. Scott Gerwehr.1 Sixteen emails were selected for detailed analysis
from a larger collection of 638 emails that were obtained by Mr. James Risen, author of Pay Any Price
and a reporter for the New York Times.
The emails were provided to the authors for analysis with the approval of the original sources of the emails,
and with the agreement that only those selected as most relevant to the scope of the report would be released.
All 638 emails were reviewed by the authors.

No findings of this report were in any way contradicted by the emails not included.
The time frame of the emails analyzed in this report spans 2003 to 2006.
(See more on methods and sources of data in Appendix I.)
This report also includes publicly available information obtained from a variety of sources including
the American Psychological Association’s website, released government documents, and reports in the media.

Emails were selected for detailed analysis because they are evidence of the George W.
Bush Administration’s integral role in shaping American Psychological Association (APA) ethics policy
on psychologist participation in national security interrogations after September 11, 2001.
Other emails were chosen because they either conflict with or contradict past public statements made by APA officials,
as well as disclose new information related to this issue that the APA appears to have concealed.
(See Appendix II for all primary source emails cited in this report.)

63 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:18:45.97 ID:eDNDJFRg
乳幼児や思春期くらいの子供を持つ日本国民の皆さんは、

★『向精神薬』を簡単に処方する悪徳精神科医に十分注意して下さい。

処方された薬によって、本物の精神病を発症してしまいます。最悪のケースでは死亡。

★『ワクチン』は絶対に打たないこと。

★インフルエンザの特効薬とされている「タミフル」や「リレンザ」は、
向精神薬をベースにして製造された生物兵器です。

十分注意して、Netで徹底検索して欲しい。健康を守れるのは自分自身と親しかいないのです。

64 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:23:53.97 ID:BJUci5/L
空爆が普通の中東で、航空機が落ちると必死

65 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:27:53.89 ID:eDNDJFRg
>>56…ID:R9JFBSnl スネオとアメリカ・日本政府の全く根拠のない嘘には誰もがウンザリだ!

★飛行機墜落には、イスラエルとアメリカが絶対に関与していると、世界中で非難されている

昨年、発生したマレーシアMH17便撃墜事件も、ウクライナを占領したイスラエルと米国ネオコンが黒幕で、
ナチス・クーデター・ウクライナ政府軍の『空対空ミサイル』の破片が複数発見され、撃墜と判明。
墜落時に、ウクライナ軍戦闘機がマレーシアMH17便の後方と真下を飛行していた目撃証言と管制官の証言
さらには、このウクライナ軍戦闘機は、2発の空対空ミサイルを搭載していたが、帰還時には無くなっていた。

★撃墜事件時に、墜落現場上空に居たアメリカのNASAの衛星写真が未だに公開されない理由www ↓

★『空対空ミサイル』の証拠が… 米国・ウクライナが散々言い張っている↓この話は何だ??
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

★『親露派の“地対空ミサイル Buk”で撃墜されたニダ、…本当ニダ!!Σ<`Д´# >』
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

◆How the Malaysian Airlines MH17 Boeing Was Shot Down. Examination of the Wreckage 06 March 2015
『残骸の検証:マレーシア航空ボーイングMH17はどのように撃墜されたか』
http://www.globalresearch.ca/how-the-malaysian-airlines-mh17-boeing-was-shot-down-examination-of-the-wreckage/5435094

◆False Flags and Regime Change in Ukraine: Why We Still Don’t Know What Happened to Flight MH17 By Peter Vlemmix 15 March 2015
『自作自演作戦とウクライナの政権交代:我々がMH17便に何が起きたかについて
未だにわからない理由』
http://www.globalresearch.ca/false-flags-and-regime-change-in-ukraine-why-we-still-dont-know-what-happened-to-flight-mh17/5436699
https://www.youtube.com/watch?v=Y5kTf6EAMBA ←(YouTube ビデオ)

66 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:32:30.93 ID:eDNDJFRg
>>56…ID:R9JFBSnl なぜ、スネ夫とアメリカ政府が言い張り続ける撃墜犯のロシア大使館ではなく、
アメリカ大使館が、猛烈な抗議デモされているんだろうねぇ?? 
アメリカが世界中の押し付けた『民主主義(クーデター)をウクライナも輸出』されたからだろ?

◆2,500 Ukrainians Picket US Embassy in Kiev (Video) - Story Suppressed 
『キエフのアメリカ大使館を2500人のウクライナ人のデモ隊が取り囲む(ビデオ) 報道が規制される』
http://russia-insider.com/en/2500-demonstrators-target-us-embassy-kiev-story-suppressed/5311

★About Two Thousand Ukrainians Picketed the US Embassy in Kiev
https://www.youtube.com/watch?v=YURRAafIloo

4月1日、およそ2500人のウクライナ人がキエフのアメリカ大使館を取り囲んだ。
ウクライナ政府の閣僚に外国人の任命や、アメリカと欧州のウクライナ政府への介入に同意しない
人々が、『我々は家畜ではない!』というプラカードを掲げ、家畜の鳴き声を真似して応じた。

抗議行動の参加者は、ロバのように鳴いたり、メーメー鳴いたりしながら、抗議行動主催者が配布
したキャベツを食べた。彼らはEUのシンボルを付けた2mのニンジンも掲げていた。…(爆笑ww)
抗議デモの終わりに、キエフの反政府派の人々が、アメリカ大使館に『家畜の糞』を投げ付けた。

アメリカ大使館が糞まみれ…o(__)ノ彡_☆バンバン!! _(T▽T)ノ彡☆ばんばん!! 

抗議行動のビデオは、ウクライナのあらゆるサイトから削除され、ユーザーがブロックされたことは
注目に値するものだ。地元のジャーナリストは、この事件をほとんど報じなかった。

写真:『我々は家畜ではない!』

67 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:40:49.34 ID:Naig8+7i
『糞』でよかったじゃないか?? シリアのロシア大使館は、ISIS(ユダヤ国)から迫撃砲だぜ??
もの凄い『侮辱的な反発』に晒されたアメリカ大使館は、さぞかし『屈辱』だっただろうwww
米国大使ジェフリー・パイアットの顔面にも投げつけられなかったのが残念だったなー!

◆2,500 Ukrainians Picket US Embassy in Kiev (Video) - Story Suppressed 04 April 2015‐A
『キエフのアメリカ大使館を2500人のウクライナ人のデモ隊が取り囲む(ビデオ) 報道が規制される』
http://russia-insider.com/en/2500-demonstrators-target-us-embassy-kiev-story-suppressed/5311

drcollinsによる報告(Telegraphのユーザー・ブログ)

★Anti-US Protests Broke out in Kiev By drcollins1980 04 April 2015
『キエフで反米抗議行動が勃発』
http://my.telegraph.co.uk/antiusprotests/drcollins1980/1/protest/

4月1日、『我々は家畜ではない!』というスローガンの下、アメリカ大使館は2000人以上のウクラ
イナ人によって包囲された。 プラカードの『我々は家畜ではない!』という言葉は、ロシア語と
ウクライナ語、英語、ポーランド語の 4カ国の言語で書かれていた。人々は、有名なウクライナ人
作家の1人、パナス・ミールヌイの言葉『飼料箱がいっぱいになると、牛は鳴き喚くか?』を引用
した大きな横断幕も掲げていた。

午後12時から2時までの2時間、価格や料金の値上げによる賃金や生活水準の低下、言論や意見の自由を
禁止することによってウクライナ人を動物に変えた事に抗議する人々がモー、メーと鳴き声を上げた。
現在の政府によって逮捕されずに人々ができるのは、モーと鳴くことだけなのだ。
ところが、こうした安全作対策にも関わらず、多くの人々はアメリカ大使館を警備中の右翼の過激派と
警官から物理的な脅威を受けた。

68 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:41:55.87 ID:KJhJn4XR
撃墜かー
ISってどこの資本で動いてんの?
露も噛んでると思ってたが

69 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:44:56.18 ID:Naig8+7i
>>56…ID:R9JFBSnl おい、嘘つき野郎の 2ちゃんねるスネ夫、アメリカとイスラエルは凄いよなあ
世界中で戦争犯罪を冒しても、一切罰せられない。崇拝者として、その理由を答えてみろ!

◆2,500 Ukrainians Picket US Embassy in Kiev (Video) - Story Suppressed 04 April 2015‐B
『キエフのアメリカ大使館を2500人のウクライナ人のデモ隊が取り囲む(ビデオ) 報道が規制される』
http://russia-insider.com/en/2500-demonstrators-target-us-embassy-kiev-story-suppressed/5311

大使館の代表が包囲している人々の所に来て、彼らに何を望んでいるのか尋ねた。
その答えは、モーという鳴き声と雄弁なプラカードだった。

ピケの最後に、数人の活動家が獣にふんだんにある物、排泄物を大使館の表札に投げ付けた。
数人の警官が彼らを逮捕し、最寄りの警察のバスに押し込んでやると脅した。

ウクライナのプロパガンダ省が率いるウクライナのマスメディアは、こうした行動を無視して、この
抗議行動に関する情報を遮断した。この情報を配信しようとしたブロガーも、瞬時にはじかれた。
例えば、マクシム・ラヴレバやアナトリー・シャリージは、この話題について進んでインタビューに
応じてくれたが、アナトリーが記事を掲載した2分後にYouTubeアカウントは遮断された。

情報の強制的遮断と完全封鎖が行われたのは明らかだ。アメリカ大使館が、ウクライナでの主要権力
機関であるため、キエフのアメリカ大使館が他の政府ビル以上に、遥かに厳重に警備されているのは
明らかだ。

…ちなみに、ウクライナの財務大臣は、アメリカ人のナタリー・ジャレスコというハゲ鷹ファンドの婆
今度は何時、アメリカ様曰く、『幻のロシア軍』が侵攻して来るんでつか??
ドネツク・ルガンスクの『ノヴォロシア軍』にさえ、何度も何度も何度も、繰り返される惨敗で、
もはや、臆病者のくせに残虐な貧弱な米軍には、『正規のロシア軍』は必要ないのでは??

70 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:52:50.08 ID:Naig8+7i
イスラエルとアメリカ戦争屋ネオコンに侵略されると皆、精神異常者の官僚と政治家しかいなくなる
政府の閣僚まで外国人が据え付けられる。ウクライナのイスラエル人大統領・首相、米国人財務大臣
そして日本の朝鮮土人=安倍晋三のように…

◆Soros Looks to Co-Own Ukraine By Alex Freeman 01 April 2015
『ジョージ・ソロスはウクライナの共同所有者となることを期待している』
http://firedoglake.com/2015/04/01/soros-looks-to-co-own-ukraine/

ハンガリー生まれの『Economic Hitman (経済の暗殺者・刺客)』は、ウクライナの人々というよりも
むしろ自分と他の投資家たちの懐を助ける方に、より興味があるらしい。

オーストリア・ウィーン (TFC):紛争で破壊された国へのロシア参入に対する経済障壁を作り上げる
ため、億万長者のヘッジ・ファンド・マネージャー(偽ユダヤハゲ鷹投機家)のジョージ・ソロスは
ウクライナへの総計 500億ドルの投資パッケージのうち、10億ドルを投資することを提案した。↓

★Soros says ready to invest $1 billion in Ukraine if West helps 30 March 2015
『西側が援助するならば、ウクライナに10億ドルを投資する用意があるとソロスが言う』
http://www.reuters.com/article/2015/03/30/us-ukraine-crisis-soros-idUSKBN0MQ0FP20150330

オーストリアの新聞とのインタビューで、ソロスは『西側は投資家にとって魅力を増やすことにより
、ウクライナを助けることができる』と述べたハンガリー生まれの経済暗殺者は、ウクライナの人々
ではなく、自分と他の投資家の懐を助ける方に、より興味があるらしい。
こうした投機は、ウクライナでのいかなる真の民主的な活動をも損なう可能性がある。
彼の投資を達成するために、ECB (欧州中央銀行)の低金利を利用するソロスの計画は、英国ポンドを
破壊し、アルゼンチンなどに深刻な損害を与えた投機と著しい類似点を持ち始めた。↓

★How did George Soros "break the Bank of England" ? By Andrew Beattie
『ジョージ・ソロスがいかにしてイングランド銀行を破壊したか?‐アンドリュー・ビーティ』
http://www.investopedia.com/ask/answers/08/george-soros-bank-of-england.asp

71 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 22:58:05.09 ID:Naig8+7i
安倍晋三は、公務員の共済年金には手を付けずに、厚生年金と国民年金を
ヘッジファンドに注ぎ込み、『8兆円』溶かしたのに、何の責任も問われない。異常すぎる世界だ

◆Soros Looks to Co-Own Ukraine By Alex Freeman 01 April 2015‐A
『ジョージ・ソロスはウクライナの共同所有者となることを期待している』
http://firedoglake.com/2015/04/01/soros-looks-to-co-own-ukraine/

このビジネス・モデルは、西アフリカにおいて同様の投資プロジェクトに携わったソロスにとっては
目新しくも何でもない。彼はこう続けた。『例えば、農業やインフラ・プロジェクトでは、具体的な
投資アイデアがある。私は10億ドル投資する。これは利益を生み出すに違いない。これによって私の
財団は利益を得るだろう。…個人が関わるには強力な政治的リーダーシップが必要だ』。

ソロスは、ナイジェリアやカメルーン、ウガンダ、その他の国々で、自分の利益を保護するために、
政治的なつながりを利用している。ソロスの会社 Revenue Watch Internationalは、ウガンダの化石
燃料の開発にあたり、掘削規制に助力した。↓

★George Soros – Commander-in-Chief ? 17 October 2011
『ジョージ・ソロスは‐最高司令官‐か?』
http://godfatherpolitics.com/1550/george-soros-commander-in-chief/#5A4UHxKDU10cJAQE.99

ソロスの別の非政府組織Open Society Instituteは、最近セネガルとコンゴの大統領を貶め、その後
打倒する役割を果たしている。↓

★Pro-Democracy Activists Deemed Threat to State Security By Alex Freeman 18 March 2015
『国家の安全に対する脅威と見なされた民主主義活動家 ‐アレックス・フリーマン』
http://thefifthcolumnnews.com/2015/03/pro-democracy-activists-deemed-threat-to-security/

72 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 23:05:19.28 ID:Naig8+7i
◆Soros Looks to Co-Own Ukraine By Alex Freeman 01 April 2015‐B
『ジョージ・ソロスはウクライナの共同所有者となることを期待している』
http://firedoglake.com/2015/04/01/soros-looks-to-co-own-ukraine/

ソロスは、これらの国々の重要な石油と金、ダイヤモンドの採掘事業を運営している。
さらに、ソロスのもう1つのNGO団体 The International Crisis Groupは、こうした脆弱ながらも
天然資源が豊富な社会に、アメリカが軍事介入するよう、アメリカ政府に繰り返し助言している。↓

★The Central African Republic’s Hidden Conflict 12 December 2015
『中央アフリカ共和国の隠された紛争』
http://www.crisisgroup.org/en/regions/africa/central-africa/central-african-republic.aspx

執拗な投資家には、確実に利益が転がり込むだろう。Soros Fund Management, LLCは、ウクライナに
投資する事によって恩恵を受ける主要企業の中でも、かなりの割合で分け前が得られる所有権を保持
している。↓

★SOROS FUND MANAGEMENT LLC:Position Statistics 31 December 2014
『ソロス・ファンド・マネージメント LLC:統計順位』
http://www.nasdaq.com/quotes/institutional-portfolio/soros-fund-management-llc-35125?page=4

ソロスは、産業から農業用途にまで及ぶ多様な製品とサービスを持つ巨大化学企業Dow Chemicals(ダウ・
ケミカル)の500万株以上を所有している。農業分野でのもう1つの主な勝者はMonsanto (モンサント)だ。
ソロスは 2年前の内戦勃発以来、ほとんどのウクライナの政治的議論の一部となっている、このバイオ
テクノロジー企業の50万株を所有している。ウクライナは膨大な供給量の石油と天然ガスを有している。
天然ガス公共事業企業Energen (エネルゲン)は、ウクライナの化石燃料田の主要な開発業者となるかも
しれない。ソロスは、この企業の約200万株を所有している。100万株を所有しているPDC Energyもまた、
採掘利益のもう1つの有力候補だ。ソロスはCitigroupの株式も膨大な数を所有しているが、同社はウク
ライナへのあらゆる投資にとっての主要な金融仲介業者だ。

73 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 23:09:15.98 ID:Naig8+7i
◆Soros Looks to Co-Own Ukraine By Alex Freeman 01 April 2015‐C
『ジョージ・ソロスはウクライナの共同所有者となることを期待している』
http://firedoglake.com/2015/04/01/soros-looks-to-co-own-ukraine/

ソロスの投資戦略は、主要な国内及び国際的企業や投資信託の分散型の所有には限定されない。
重要な戦術は、アメリカ政府内の支持者への投資だ。2014年にソロスは、 OpenSecrets.orgのリストの
『トップの個人献金者』で11番目だった。↓

★Open Secrets.org:Top Individual Contributors: All Federal Contributions
https://www.opensecrets.org/overview/topindivs.php

彼のほぼ400万ドルのオープン型投資信託(彼が直接寄付を供給し、501c4『闇金』組織を経由しない
もの)の見返りは、それ以上にはならないまでも、4億ドルに達する可能性がある。
例えば、ワシントンのロビー活動企業The Carmen Group(カルメン)は、自分たちの顧客はロビー活動に
1ドル投資するごとに、100ドルの見返りを受けていると主張した。↓

★Clients' Rewards Keep K Street Lobbyists Thriving 14 February 2006
『顧客の多額の報酬を維持し続けるK ストリートのロビイスト』
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/02/13/AR2006021302239.html

(訳者補足:K ストリートとは、ワシントンD.C.のシンクタンクや、ロビーストのオフィス街にある
有名な通りの名称。ファイザー、ヒューレット・パッカード、アルトリア等の60社が特別な低税率を
適用させるために、米議会に160万ドルの工作資金を注ぎ込むことで、1000億ドル節約できたんですと。
★ 1%の強者総取りの株式社会アメリカ。その植民地である日本も全く同じ構造だ!
『消費税増税』などもってのほか! 輸出大企業が消費税から還付金を騙し取るための詐欺システムだ)

74 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 23:13:55.32 ID:Naig8+7i
◆Soros Looks to Co-Own Ukraine By Alex Freeman 01 April 2015‐D
『ジョージ・ソロスはウクライナの共同所有者となることを期待している』
http://firedoglake.com/2015/04/01/soros-looks-to-co-own-ukraine/

RepresentUs (選挙資金改革活動団体)は、政治献金やロビー活動の支出にとっては、同程度の莫大な
利益があると試算している。(サイト内の画像を参照)

ソロスは、自分が株式を保有しているいくつかの多様な企業を通じて、1000億ドルの利益を感知した
場合、彼はウクライナに必要だと考える 500億ドルの総投資の残りを提供させるためには、他の国や
個人投資家、あるいは IMFを売ることも気にしないだろう。

実際、これはダボス世界経済フォーラムの会合で、おそらく今年の主要な話題だったと思われる。
ただし、これらの銀行や大企業の大半はウクライナから利益を引き出し、他の西欧諸国に持ち出して
しまう。一方、例え金利がゼロに近いとしても、これらの企業は重要なローンでウクライナに負担を
かける。これらの手口が、ギリシャやアルゼンチンなどの国々を壊滅させたにもかかわらず、利益が
転がり込んでくる限り、投資は継続される。↓

★Soros ready to pour $1 bn into Ukraine 30 March 2015
『ウクライナに10億ドルを注ぎ込む準備ができているソロス』
http://news.yahoo.com/soros-ready-pour-1-bn-ukraine-092959379.html

『ウクライナはロシアの侵略からEUを守っているニダよ。これで、ウラジーミル・プーチンを
弱体化することができるニダ!!…<ヽ ` ∀´>ホルホル』と誇らしげな死にぞこないのジョージ・
ソロスと、聖戦テロリストの生みの親ブレジンスキーとネオコンは、相当プーチンロシアに
激しい憎悪と脅威を抱いており、『パラノイアから生じるパニック障害』まで発症している。

75 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 23:21:35.69 ID:Naig8+7i
イスラエル米英は、シリアだけではなく、ウクライナでも大失敗しているじゃんwww

◆米国 11月23日にウクライナ軍人の訓練開始 ←(で、『侵略者ロシア軍』とやらは、いったいどこに??)
http://jp.sputniknews.com/politics/20151103/1115864.html

米国は、ウクライナ軍人の訓練を11月23日に開始する。訓練には、米軍兵士およそ 300人が参加する。
通信社スプートニクに、米国防総省のミシェル・バルダンス報道官が伝えた。

報道官によると、米国は、ウクライナ国防省の軍人で編成されている大隊を最大で5大隊と、特殊部隊
1大隊を訓練する意向。

報道官は、『訓練に加えてトレーニングセンターの活動、職員、組織開発の面でもウクライナ国防省と
協力する』ことを明らかにした。

専門家たちは、米国が行っている外国の軍部隊の訓練は非常に非効率的であると繰り返し指摘している。
例えば、米軍はイラクでおよそ27万人の兵士を訓練したが、大都市を含むイラク北部の大部分が、テロ
組織『IS(ユダヤ国)』の約1000人の戦闘員によって制圧されてしまった。

@rubicon59 Obviously we just need to give the Iraqi army more $$ and problem solved
— Jacob Wolinsky (@JacobWolinsky) 4 октября 2015

またアフガニスタンでは、反政府勢力『タリバン』が、再び激しい攻撃を開始し、アフガン北部の
クンドゥズを制圧、アフガンの大部隊が、『タリバン』に対抗できないことが明らかとなった。

★ISISもタリバンも、アルカイダも、ネオナチも、ボコハラムも中身と雇い主は同じじゃんwww

76 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 23:35:29.46 ID:Naig8+7i
◆What They’re Not Telling You About Monsanto’s Role in Ukraine By Christina Sarich 12 January 2015
『彼らは貴方にウクライナでのモンサント社の役割がどの様なものかについて語っていない‐クリスティーナ・サリッチ』
http://www.commondreams.org/views/2015/01/12/what-theyre-not-telling-you-about-monsantos-role-ukraine

これはウクライナの農地の買収なのだろうか?

写真:ウクライナ紛争には、殆どのメディア・アウトレットによって見過ごされてきた多くの側面が
ある。西部のバイオ・テクノロジー企業の役割は、それらの一部に過ぎない。

世界銀行とIMF (国際通貨基金)は、最近バイオ・テクノロジー企業が、ウクライナ紛争の進展を援助
している。今、ウクライナで起きている有毒食物のゲームにモンサントやダウケミカル、バイエル、
及び他の大手企業の利益が深く結びついていることは間違いない。

モンサント社はウクライナに事務所を構えている。↓

★Monsanto Ukraine(ウクライナ・モンサント)
http://www.monsanto.com/whoweare/pages/ukraine.aspx
Address:101-A Volodymyrska St.Kyiv 01033 Ukraine
Tel:(+38044) 490 7575
Fax:(+38044) 490 0145

これは、隅々から『罪』を叫ばせるためのものではなく、政治的支配を獲得したい場所に基地を配置
する米軍の習慣と違いはない。この事務所の開設は、彼らのバイオ・テクノロジー企業の乗っ取りを
バックアップするために、IMF (国際通貨基金)と世界銀行からの融資を得て、世界中で最も嫌われる
企業の1社による土地の略奪の時期と一致していた。

以前には、ウクライナでは国の土地を民間企業が所有することを禁じていたが、同国でモンサントの
やり方を通すため、『ギリギリ間に合う』ように解除されたのだ。

77 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 23:37:15.46 ID:Naig8+7i
>>70>>74の極悪ハゲ鷹相場詐欺師ジョージ・ソロスの記事を参考にしてみると、アングロシオニストの
ウクライナ侵略が実によくわかる。この手口は、ギリシャやアルゼンチン等で繰り返されてきた典型的な
シオニストの収奪モデルだ。

◆What They’re Not Telling You About Monsanto’s Role in Ukraine By Christina Sarich 12 January 2015‐A
『彼らは貴方にウクライナでのモンサント社の役割がどの様なものかについて語っていない‐クリスティーナ・サリッチ』
http://www.commondreams.org/views/2015/01/12/what-theyre-not-telling-you-about-monsantos-role-ukraine

実際には、IMFのちょっとした政治工作によりウクライナに170億ドルの融資が与えられるわけだが、
それは、彼らがヨーロッパ全体で最も汚染されていない農地の一つを破壊し、バイオ・テクノロジー
農業と、モンサントの毒物作物や化学薬品の販売に開放する場合にのみ、というのが条件だ。

農機具ディーラーの Deereは、種子メーカーのDuPontやMonsantoと共に、全盛期を迎える事なる。

『ウクライナは、モンサントの土地の収奪とGMO (遺伝子組み換え作物)のために解放される』
彼らは『援助』を装い、ウクライナの広大な農業の富に対する主張が成されている。↓

『ウクライナ紛争に関与しているのは IMFと世界銀行か?』

ウクライナは、トウモロコシの輸出は世界第3位、小麦は第5位の輸出国である。
ウクライナには、ほぼ何でも栽培することが可能な深い肥沃な黒土があるので、バイオテクノロジー
企業は、大量のGM穀物を生産する能力を持つこの土地を乗っ取るために急遽やって来たのだ。

78 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 23:39:15.25 ID:Naig8+7i
◆What They’re Not Telling You About Monsanto’s Role in Ukraine By Christina Sarich 12 January 2015‐B
『彼らは貴方にウクライナでのモンサント社の役割がどの様なものかについて語っていない‐クリスティーナ・サリッチ』
http://www.commondreams.org/views/2015/01/12/what-theyre-not-telling-you-about-monsantos-role-ukraine

Ecologist紙で報じられたように、オークランド研究所によると、

『ウクライナは農業での遺伝子組み換え生物(GMO=遺伝子組み換え作物)の使用を許可していないのに
対し、“EUとの合意の農業に関する第 404条”には一般的には見過ごされている条項が含まれている。
そこには、とりわけ両当事者はバイオ・テクノロジーの利用の拡張するよう協働する事、とあるのだ。

この規定が、アグリビジネス業界の期待に合致しているのは間違いない。
投資銀行パイパー・ジェイフレーの調査ディレクター、マイケル・コックスも認めたように、
“東ヨーロッパとウクライナは、種子企業のMonsanto 社やDuPont社、農機具大手のDeere社にとって、
最も有望な成長市場の1つだ』

ウクライナはヨーロッパの穀倉地帯だが、現在バイオ戦争の真っ最中で夥しい量の除草剤散布や土壌の
枯渇、完全に生態系の全面的破壊によってアメリカの多くの農地がそうなってしまったように荒れ地に
なってしまうのだ。

アメリカ政府機関の目的は(他の戦略の中にはロシアもSWIFTと呼ばれる決済システムを拒否し、BRICS
との新たに独自の代替システムを構築しているので、大失敗つつある神秘主義の銀行システムへのテコ
入れもある)、バイオ・テクノロジー企業の利益のためにウクライナの乗っ取りを援助することだ。
これは、バイオ・テクノロジー企業が望んだハワイ諸島やアフリカの土地の乗っ取りに似ている。↓

★Are Monsanto and Biotech Using Hawaiian Island as Petri Dish ? By Elizabeth Renter 03 May 2014
『モンサントとバイオ・テクノロジー企業は、ハワイ諸島を培養皿として使っているのか?』
http://naturalsociety.com/monsanto-using-hawaiian-island-petri-dish/

ウクライナ紛争には、一般市民には暴かれていない多くの側面があるが、諺にもあるように、バイオ・
テクノロジー企業が有名なコーン・パイで賭けをしているのは間違いない。

79 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 23:44:38.44 ID:Naig8+7i
>>68… ID:KJhJn4XR

何の根拠もなく、ISIS(ユダヤ国)が、ロシアも一枚かんでいると思うなどと
いくら必死に書き込んでも、今更誰も信じないよ。スネ夫くん

ロシアは、何の役にも立たないどころか、災いしか呼び込まないアメリカとは違って、
今や中東の英雄だ。アメリカは中東にいくら『莫大な税金』を注ぎ込んで殴打されるのかねぇ??

そして、なぜ、戦争犯罪を冒しても罰せられないのか答えられずに、嘘と願望妄想だけは
延々と、全自動投稿ボット・システムに組み込むんだねぇ

世界中の嘲笑の的だよ 2ちゃんねる(゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \ /  \

80 :七つの海の名無しさん:2015/11/03(火) 23:54:23.56 ID:Naig8+7i
◆英国議会 シリアでの作戦に反対する
http://jp.sputniknews.com/us/20151103/1116358.html

英国議会国際問題委員会は、シリアで『IS(ユダヤ国)』に対する軍事作戦を実施する権限を
英国政府に付与することに反対している。これに関する委員会の報告書が3日に発表された。
リア・ノーヴォスチ通信が伝えた。

英国は、イラクにおける有志連合の作戦に参加している。有志連合はISの拠点に対して定期的に
空爆を行っているが、英国議会は2013年、シリアで同様の作戦を行う権限の付与について採決を
行い、反対多数で否決された。

先に、英国の首相ならびに国防相は、シリア領内で対IS作戦を実施する許可を議会に求める意向
であると発表した。一方で、先にキャメロン首相は権限がないにも拘わらず、英国政府が8月、
無人機を使って作戦を実施し、IS戦闘員を殺害したことを認めた。

報告書では、次のように指摘されている‐

『我々はIS対策、ならびにシリアの内戦停止を目指す統一された国際的戦略ができるまでは、
英国の軍事作戦を拡大するべきではないと考えている。しかし、まだこのような長期的計画はない』
長期計画では、国連安全保障理事会のしかるべき決議を得る必要性に注目が払われる見込み。

先に、ロシアのアレクサンドル・ヤコヴェンコ駐英国大使は英国に対し、
IS(ユダヤ国)に対する空爆に参加するための合法的な方法を見つけるよう提案した。
その合法的な方法とは、国連の委任を用いることを意味している。

ヤコヴェンコ大使は、『これは、英国がどのようにしてシリアにおける空爆で自分たちのシェアを
得ることができるかということだ』と述べ、ロシアは協力を望んでいると指摘し、

★『ロシアは、自分の利益を考えている国(イスラエル、米、英)とは程遠い』と強調した。

81 :七つの海の名無しさん:2015/11/04(水) 00:13:51.98 ID:XtN/b/t6
◆エアバス 321墜落、遺体鑑定から爆発の疑い
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1446377215/l50

82 :七つの海の名無しさん:2015/11/04(水) 00:15:15.63 ID:XtN/b/t6
イスラエルのイラン占領という実に気の狂った陰謀は、完全に終了しましたwwwww

◆『ロスオボロンエクスポルト』:ロシアとイランはS300の契約作業を順調に進めている
http://jp.sputniknews.com/politics/20151103/1116920.html

ロシアの国営兵器輸出企業「ロスオボロンエクスポルト」のアナトリー・イサイキン社長は、
テレビ局「ロシア24」の番組で、地対空ミサイルシステム『S300』の供給に関するイランとの
契約締結に関する作業は順調に進んでいると発表した。

イサイキン社長は、『我々は、この契約に関する作業を順調に進めている。私は締結に向けて
障害は一切生じないと思っている』と述べた。リア・ノーヴォスチ通信が伝えた。

イラン・プレス紙のエマド・アブシェナス編集長は、通信社スプートニクのインタビューで、
新契約の交渉状況について、次のように語った

『イランによるロシア製の地対空ミサイルシステム『S300』の購入は、2007年に締結された
契約条件に基づいて行われている。しかしロシアには今、さらに近代化された地対空ミサイル
システム(中国に配備される最新型のS400)があり、イランはその所有を望んでいる。
そのため、契約には供給の特質に関する変更が加えられた。

双方は、イランがS300の他に、ロシアの他の地対空ミサイルシステムも購入することで合意した。
これらはイランのMD(ミサイル防衛)システムの基盤になるばずだ。
契約の微妙なニュアンスについての交渉プロセスは事実上終了し、技術的な実行段階に入った。
私は、1−2か月後にも納入が始まるのではないかと思っている』

83 :七つの海の名無しさん:2015/11/06(金) 16:12:19.03 ID:pz3/gePT
つまりロシアはアメリカからの情報戦に敗北し、テロリストからも裏切られたって事か
神様も残酷だね

84 :七つの海の名無しさん:2015/11/06(金) 22:18:31.34 ID:i0uux92S
>>83… ID:pz3/gePT

『情報戦』と呼んでいるのはアメリカであって、ロシアではない。
ロシアは欧米とそのコピペバカ日本ダマスゴミとは違い、『真実』を報道しているにすぎない。

情報戦に完全敗北しているとすれば、息を吐くように噓をつき続けるアメリカにほかならない。

イスラエルとアメリカに雇われた侵略の道具=テロリストを殲滅しているロシアが、
テロリストに裏切られるとか、脳みそに蛆がわいているとしか思えない。

自らの悪事を敵になすり付けるシオニスト偽ユダヤの得意技を真似しても、
もはや誰もイスラエルやアメリカ、日本政府など信用しないという現実を自覚できない
自分自身の悲惨さを披露する自虐趣味があるのか??

スネ夫のような現実完全逃避したバカの言う事には誰も興味を持たない。
神様?? そんな奴がいるのか?? 洗脳バカの典型的なコメントだ。

お前の『犯罪行為=ロシア悪魔化工作』で、いったいいくら小金が稼げる??
『生ける屍スネ夫』?? …超〜悲惨…生きる価値ないよ、おまえ…

85 :七つの海の名無しさん:2015/11/07(土) 10:11:17.51 ID:KFpT019v
>>16

もしそうだとしたら、ロシアはどうしてそれを言わないのだろう。
2ちゃんですらわかることが、わからないほどロシアはボンクラなのか?

86 :七つの海の名無しさん:2015/11/11(水) 21:19:12.67 ID:K2GDqMXQ
>>85…ID:KFpT019v

ロシアはウクライナ軍が撃墜して以来、ずっと言い続けていますが何か??

欧米、日本ダマスゴミを総動員してデマ宣伝し、必死で逃げ回るイスラエルと
アメリカ、傀儡ウクライナ政府が世界の嘲笑ものなんですが何か??

★NASAって何?? 本当は実態が何んじゃないの??
都合の悪い物は目に入らない、奇妙な組織だと世界中で笑われているんですが何か??

スネ夫には何も理解できない。2ちゃんねるで分かってるだなんて
調子の良いことを言うな! 現実完全逃避の洗脳バカチョン!!

87 :七つの海の名無しさん:2015/11/16(月) 17:45:48.70 ID:BktX8K5q
https://www.youtube.com/watch?v=DxnhNUjcCGE

日本人は馬鹿なのでこれすら理解できない
これを理解でいれば日本は安全だ

88 :七つの海の名無しさん:2015/11/21(土) 05:09:00.19 ID:bvNcYY6b
>>87
嘘吐き朝鮮糞バエの洗脳バカ・スネ夫に釣られる日本人はいない。
周囲から完全無視されてるだろお前。超ーキモい!!

89 :正理会:2015/11/25(水) 13:42:23.94 ID:wyAYS3wk
宗教・歴史・思想・政治経済・自衛国防・超常現象・在日朝鮮人問題まで

あらゆる情報の宝庫!!中杉弘のブログは毎日更新しています!!

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi

115 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)