5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

【アメリカ】米アフガン撤退見直し 「行き詰まり」示すか[10/16] [転載禁止]©2ch.net

1 :虎跳 ★:2015/10/16(金) 14:40:02.10 ID:???
米アフガン撤退見直し 「行き詰まり」示すか

アメリカのオバマ大統領は、アフガニスタンの治安情勢が不安定だとして来年末までにアメリカ軍を撤退させる今の計画を見直し、再来年以降も駐留を続ける方針を発表しました。
任期中にアフガニスタンでの戦闘を終結させるという公約を断念したことになり、対テロ戦略の行き詰まりを示したという受け止めが広がっています。
オバマ大統領は15日、アフガニスタンに駐留するアメリカ軍の戦略の見直しを発表し、来年末までにアメリカ軍の部隊を撤退させる今の計画を見直し、当面は現在の9800人の態勢を維持したうえで、再来年以降も5500人を駐留させる方針を明らかにしました。
その理由についてオバマ大統領は、アフガニスタンでは反政府武装勢力・タリバンの攻勢や過激派組織IS=イスラミックステートの台頭などで、治安情勢が極めて不安定ななか、現地の治安維持を担うアフガニスタン軍の能力がまだ十分ではないことを指摘しました。
オバマ大統領は「アフガニスタンを再びテロリストの安全な避難場所にさせるようなことは許さない」と述べ、テロの脅威に対処するためにはアメリカ軍の駐留が引き続き必要だと強調しました。
今回の計画の見直しは、オバマ大統領にとって同時多発テロ事件以降続いてきたアフガニスタンとイラクの2つの戦争の完全終結という公約を断念したことになり、対テロ戦略の行き詰まりを示したという受け止めが広がっています。

専門家「背景に弱腰批判への懸念か」

アメリカのシンクタンク、アメリカン・エンタープライズ研究所のトーマス・ドネリー研究員は、撤退計画の見直しの背景に、治安の改善が見られないアフガニスタン情勢に加え、
オバマ政権の外交姿勢が弱腰だと受け取られかねないことへの懸念があったのではないかと分析しています。
ドネリー研究員は今回の決断の背景について、「シリアでロシアの介入を許したことで弱腰という印象がついたことが関係しているのではないか。
シリアやイラク、イランの問題を受けて、オバマ大統領が弱腰になっていると見られ、国内的なプレッシャーにさらされたことがあると思う」と分析しました。
そのうえで、今回の見直しがアメリカのアフガニスタンへの長期にわたる関与を示しているとは思わないとしたうえで、「アフガニスタンは今回の決定を喜ぶ一方、アメリカ軍の完全な撤退も恐れているだろう。
オバマ大統領の関与がいかに限定的かも分かっており、依然、神経質になっているのではないか」と指摘しました。
また当面、現在の駐留規模を維持するとしたことに関しては、「アフガニスタン軍は国全体に部隊を配備し維持する能力をもっておらず、真剣に支援するのであれば倍の規模が必要だった。
アフガニスタン軍は多くの能力をアメリカ軍の支援に頼っており、決定的な効果をもたらすには少なすぎる」と述べて、今回の見直しによっても十分な効果は期待できないのではないかという見方を示しました。

NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151016/k10010272151000.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151016/K10010272151_1510161226_1510161241_01_03.jpg

2 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 14:56:56.34 ID:brH1skO+
第二のベトナム…泥沼から抜け出せなくなるぞ
まあ次の政権に対して、濁して飛び立つ小浜の屁…
勝ち負けの勝負でも、イデオロギーでもない…
アフガン人の気持ちだけなので(破産するぞ?メリケン)
ソ連が破産して、ロシアになったじゃないの?大丈夫?
日本は協力できないぞ(大義が911のテロ掃討なのでな)
よろしくね(無心して来るな!勝手に始めて、終わらせられないのは…)

3 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 14:59:58.52 ID:sUe+uruR
クロンボは甘い。

宗教戦争は100年単位だろww

4 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 15:12:22.70 ID:y+caw0Iq
>>3 ク論簿じゃない

ユダヤ「今度は黒人で行くか」→オバマ政権誕生


ユダヤ「今度は女で行くか」→ヒラリー政権誕生?
ユダヤ「今度は映画俳優で行くか」→レーガン政権誕生
ユダヤ「今度はB級弁護士で行くか」→クリントン政権誕生
ユダヤ「意外にCIA長官を使ってみようかな」→パパブッシュ政権誕生

5 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 16:06:17.23 ID:ECfiVKQV
多分他にもUFOの存在が確認されたんだろうな
回収するまで撤退は無いだろう

6 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 17:28:56.15 ID:jdsbZCRV
最初からこいつは脳内お花畑だろ?

7 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 17:30:24.59 ID:jdsbZCRV
>>4
ブッシュJrはスルー(黒歴史)ですか?w

8 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 18:17:15.42 ID:ECfiVKQV
もともとアフガン進駐はUFO回収目的だからな
唯で行く分けないだろあんな糞田舎の馬鹿ども守る為に

9 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 18:27:45.72 ID:5HqmdYeI
基地外活動禁止じゃなくて撤退させろ韓国軍を
多分すべてがうまく回るようになる

10 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 19:29:22.24 ID:UdO4HwMJ
タリバンに戻ったらこの14年間はなんだったのってなるしなぁ

11 :dd:2015/10/16(金) 20:55:04.17 ID:C47cOrev
誤爆が、致命的でしたね。

あの病院周辺まで、タリバンを侵攻させたまま撤退というわけには

いきませんから。

12 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:03:24.29 ID:V6rpMVYn
◆米軍は2016年以降もアフガニスタンに駐留し続ける ←(全世界の嫌われ者の疫病神)
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151015/1036512.html

少なくとも2017年まで、アフガニスタンには米軍が駐留し続ける。
米大統領府の情報としてBBCが伝えた。

今、アフガニスタンには米兵が9800人いる。2016年末までに全員引き上げられる予定だったが、
2017年に、5500人を駐留させる計画が採択されたという。
米国家安全保障会議によれば、『数ヶ月にわたり総合的に見直した結果』の方針転換である。
『ただし、米国のアフガニスタン・ミッションが終結したという事実には何ら変わりはない。
我々は今後も、たった2つの目的のみを追求する。『テロとの戦い(笑)』と人員育成、アフガ
ニスタン兵の訓練と、指導のみだ』。(無人爆撃機でアラブ人を大量虐殺することもだろ!)

フォックスニュースも、米政府高官の発言として、今回の決定はアフガニスタン政府を支援し
タリバンと戦わせ、この14年間におよぶ戦果を確実なものとするために必要なものである、と
伝えている。(嘘つきFOX News)

オバマ大統領は再三にわたり、アフガニスタンから全ての米兵を撤退させると宣言し、それを
任期中の最大の課題の一つに挙げている。

数十年前から財政破綻しているアメリカには、カネがないんだよ、兵士に支払う金が。

13 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:08:33.41 ID:V6rpMVYn
◆APがすっぱ抜き、『国境なき医師団』は誤爆にあらず、米軍はあらかじめ熟知
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151016/1040492.html

アフガニスタンのクンドゥズで「国境なき医師団」の病院が米軍に攻撃される数日前、特殊作戦に
あたっていた米国人アナリストらは、病院施設についての情報を収集していた。AP通信が報じた。

AP通信の報道によれば、アナリストらは病因に関する資料も、病院が記載された地図も入手していた。
諜報部からの情報では、この病院は国際テロ組織「タリバン」の司令部によって管理センターとして
使われており、武器が保管されている可能性があるとされていた。

専門家らは攻撃を正当化し、司令部にテロリストらは殲滅されたと報告している点は特筆に値する。

米国防総省の公式的な代表者らはこの情報を否定している。

これまでの発表では、タリバンは地元民を死亡させないためクンドゥズから後退していたとされている。

14 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:14:37.16 ID:V6rpMVYn
◆アフガンで米無人機の攻撃による死者、10人中 9人は『無駄死に』
http://jp.sputniknews.com/life/20151016/1039218.html

アフガニスタンでの米空軍の空爆の犠牲者の内、最高で90%までが米軍の直接的な標的ではなかった。

こんなショッキングなニュースを情報ポータル「インターセプト」が報じた。
「インターセプト」の行なった調査は米政府の機密情報にアクセスしたジャーナリストらの証言に
基づいている。

『ホワイトハウスとペンタゴンは標的殲滅プログラムは正確だとし、民間人の犠牲者の数を最少に
しかカウントしていない。文書には、米空軍が2012年1月から2013年2月の期間、アフガンの北部で
行なった特殊作戦「ハイマーカー」が書かれている。この作戦では 200人以上の人命が失われたが、
そのうち35人は米軍の直撃を受けて死亡している』

In an astonishing act of civil courage, one American just shattered an unspeakable lie.
https://t.co/2H81IMKPha pic.twitter.com/OwIqygfpqJ
— Edward Snowden (@Snowden) 15 октября 2015

『無人機からの空爆される場合、少なくとも1人は死亡者がでている。これに巻き込まれないという
保証はない。これは想像を超えたリスクだ』ポーターへの情報筋が明かしている。

調査を組織した側によれば、諜報調査の半分以上が電子諜報活動、通信傍受によって得られたものの
地元のアフガンからの情報では確認されてはいない。

『軍人ら自身が認めているが、信憑性のある情報はエージェント側からは得られない』

15 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:20:34.16 ID:V6rpMVYn
◆アフガニスタン国内にはIS戦士が3000人いる
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151015/1035426.html
◆IS指導者バグダディ容疑者は爆撃を受けて負傷し、病院にいる
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151012/1023488.html

◆アフガンの首都カブール中心部で自爆テロ
http://jp.sputniknews.com/incidents/20151011/1019909.html
◆米国防総省 アフガンでの病院誤爆による犠牲者の遺族に『慰謝料』支払を提案←(但し金額は言わない)
http://jp.sputniknews.com/incidents/20151011/1019766.html

◆アフガン議会議員:病院を空爆した者は病院を再建すべき
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151009/1010081.html

◆『国境なき医師団』ロシアに対し病院空爆調査委員会創設を要請 ←(この団体は人道詐欺団体)
http://jp.sputniknews.com/politics/20151007/1004678.html
◆『国境なき医師団』会長−『これは私たちに対する攻撃ではなく、ジュネーブ協定に対する攻撃だ』
http://jp.sputniknews.com/world/20151007/1004367.html
◆国境なき医師団、『アフガン病院への米軍の攻撃は戦争犯罪』
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58698
◆国連、アフガン『国境なき医師団』空爆事件の捜査に米国は参加不可、米国は戦争犯罪と見なされる可能性あり
http://jp.sputniknews.com/politics/20151007/1001829.html
◆『国境なき医師団』:クンドゥズの悲劇に関する米国の調査は十分に独立したものではない
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151007/1001578.html
◆米国が『国境なき医師団』病院空爆の罪を認めた ←(ロシアと中国の報復を期待♪)
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151007/1001717.html

16 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:25:50.47 ID:V6rpMVYn
◆America’s Fading Footprint in the Middle East By Yaroslav Trofimov 09 October 2015
『中東でアメリカの足跡が小さくなっている』
http://www.wsj.com/articles/americas-fading-footprint-in-the-middle-east-1444411954

要するに、アメリカの失策とその空白をロシアが上手に埋めている点が冷静に指摘されている内容で
問題は軍事力ではなく、『アメリカはどうしたいのか?』、『いったい誰を支援しているのか?』 

この期に及んでも、未だに不明瞭な立場をとっていることから、中東各国は誰もアメリカを信用して
いない、という実態と状況が、W.S.Journal にしては、珍しくよくまとめられている記事だ。

その上で、今後これは取り戻せるのか? だがしかし、オバマの後に誰が据えられても、新大統領に
出来そうなことは、そう多くはないだろう…で終わってる。

17 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:30:01.76 ID:V6rpMVYn
◆US Dismisses ‘Doomed’ Russian Strikes, Warns Them Not to Attack Non-ISIS Rebels By Jason Ditz 01 October 2015
『ISISではない反乱勢力を攻撃しないようにと警告し、攻撃を開始したロシアを
“絶望的”だと一蹴するアメリカ』
http://russia-insider.com/en/politics/us-dismisses-doomed-russian-strikes-warns-them-not-attack-non-isis-rebels/ri10095

・アメリカが1年経ってもできなかった事を、3日で済ませたロシアの攻撃は
アメリカの攻撃よりも、『絶望的』なんだろうか?

・ちょっと待て、アメリカも同様に、ISISではない反乱勢力に対して攻撃しなかったか?

◆Russian airstrikes in Syria: Pentagon says strategy 'doomed to failure' – as it happened 08 October 2015
『シリアでのロシアの空爆:‐有り体に言えば、その戦略は“失敗する運命にある”と言う米国防総省』
http://www.theguardian.com/world/live/2015/sep/30/russia-syria-air-strikes-us-isis-live-updates

『負け犬の遠吠え』が耳に心地良い(゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \ /  \

18 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:34:20.46 ID:V6rpMVYn
◆Russia will soon pay price for airstrikes in Syria, Pentagon chief warns 08 October 2015
『ロシアは間もなくシリア空爆の代償を支払うことになると米国防長官が警告』
http://www.presstv.jp/Detail/2015/10/08/432599/Russia-US-Syria-airstrikes

ロシア海軍の小艦隊がカスピ海からISIL(シオニスト国)の拠点に26発の長距離巡航ミサイルを
発射し破壊した翌日、ベルギーのブリュッセルで行われたNATOの国防相会議の中で、

『ロシアは間もなくシリアのISISに対する空爆の代償を支払うことになる』と述べ、

『ロシアはISISの攻撃に恐れを抱いている』とした上で、『今後数日中の間に、ISISのロシアに
対する報復行動によって、ロシア人に犠牲者が続出し、苦しみ始めることになる。
ISISに対する攻撃は、ロシア自身にとって真の恐怖をもたらす結果になる』と述べた。

『ロシア海軍は、警告もなしにカスピ海で軍艦から巡航ミサイルを撃ってきた。我々の無人機の
僅か数マイル以内でだ』と発狂火病したそうなwww

害虫テロリストどもに、『これから巡航ミサイル攻撃しますよ〜』などと言ってやるバカは、
イスラエル軍と米軍、『集団的自衛権』の使いどころを完全無視し続けている米軍のパシリ
日本のなんちゃって自衛隊くらいしかいないわ!!

しかも、世界中から猛抗議されている米軍の大量虐殺兵器=無人爆撃機が何だと言うんだ??

『シオニスト偽ユダヤ大企業と、国際的銀行家の侵略部隊=ISISを殲滅しないで下さい。お願いします』
と正直に言え!!

19 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:38:40.17 ID:V6rpMVYn
>>18の米国防長官アシュトン・カーターの発狂火病の原因がこれ↓…(失笑www)

1週間で、視聴回数が380万回増大ってw 世界的に超〜大反響だな。流石はロシア軍♪
空軍や海軍の能力は、まだこの程度のものではない。これは真の実力のほんの一部だ。

◆Russia's Secretive Flotilla : A Look at Who Shot Cruise Missiles at ISIL 08 October 2015
『ロシアの秘密の小艦隊:ISILを標的に巡航ミサイル攻撃』
http://sputniknews.com/russia/20151008/1028211543/russia-caspian-flotilla-cruise-missiles.html
https://www.youtube.com/watch?v=iMasnaAf_H4 ←(再生数581万1200回Over !!)

ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は、プーチン大統領との会談で次のように報告した。

『ロシア海軍のカスピ小艦隊が、テロ集団『IS(シオニスト国)』戦闘員に対する
殲滅作戦に参加し、奴らの11の拠点に26発の巡航ミサイルを浴びせてやった。
奴らは大パニックを引き起こし、逃げまどっている。
彼らは標的を全て破壊した。しかも、民間施設への被害はなかった』

ぃぇ━━ヽ(*゚∀゚)人(゚∀゚*)ノ━━ぃ♪

20 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:45:15.10 ID:DHBfhW4E
人生に行き詰まっているおまいらとしてはどうなのよ?

21 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:45:22.64 ID:V6rpMVYn
◆Putin: I don't get how US can criticize Russian op in Syria if it refuses dialogue 15 October 2015
『プーチン:対話を拒否するアメリカが、なぜシリアでのロシアの作戦を批判できるのか、私には理解し難い』
https://www.rt.com/news/318727-putin-us-russia-dialogue/

プーチン大統領はカザフスタン大統領との会談の中で、『我々のアメリカのパートナーは、
政治的解決に関するあらゆる重要な問題について直接対話を拒否しながら、なぜシリアでの
ロシアの対テロ戦争を批判できるのか、私にはよくわからない。
そうした立場は、明らかに問題の本質の欠如に基づくものであり、建設的ではないと考える。
彼らと協議することは何も無いようだ』と述べた。

ロシアは、モスクワでシリアに関する軍関係者のハイレベルの国際会合を実施し、メドべージェフ
首相を団長とする代表団をアメリカに派遣することを提案したが、ラヴロフ外相は15日、
『アメリカは、ロシアの代表団を受け入れない』との声明を発表した。(以下略)

★『穏健派の反体制派』という隠れ蓑をかぶっているが、西側(欧米、日本)政府は、
基本的に、ISISやアル・カイダと何が違うのかさえ誰も説明できない連中に膨大な資金で
武装させ、サウジアラビアやカタール、ヨルダン政府に資金提供させ育成しておきながら、
主権国家たるシリアとイラク、リビアを破壊した外道どもには損害賠償責任はないのか??

★思うに、シリア国民とイラク国民、リビア国民は、イスラエルとネタニヤフ+国防大臣、
アメリカ合衆国とブッシュ、ウォルフォウィッツ etc.を相手取り、集団訴訟をすべきだ。

国家責任を問うには十分すぎる理由だ。政府とメディア総出のイカサマ操作によって他国を侵害し、
数百万人もの罪の無い人間を殺害し、それ以上の人々の人生を狂わせたんだ。

Let Them Pay The Price !! それなりの代償を支払うのは、お前らの方だ!!

22 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:51:07.33 ID:V6rpMVYn
◆EU Calls for Syria Political Process Sticking to Its Anti-Assad Position 16 October 2015
『反アサドの立場にこだわり、シリアの政治的作業を呼びかけるEU』
http://sputniknews.com/politics/20151016/1028601219/europe-syria-assad.html

プーチンは、イスラエル米英シオニストとオランド、メルケルらが育成支援して来た
侵略の道具=ISIS(シオニスト国)を殲滅作戦で、すこぶる多忙だ。

シオニスト偽ユダヤ企業と銀行家、イスラエルの飼い犬どもの戯言を聞いている暇はない。

イスラエルに指示されたアメリカが空爆した製で、国を追われて難民とならざるを得なくなった
人々をトルコが熱心に大量の難民を集め、一気にEUへと追い出し、難民危機だと大騒ぎしている。

それにもかかわらず、超貧乏なEU諸国の市民の税金=34億ドルもの巨額なお金を使って、
『対EU弱体化難民ミサイル攻撃』を止めてもらうって、何かとてつもなく勘違いしてないか?? ↓

◆EU Throws Money at Turkey to Stem Migrant Crisis 16 October 2015
『移民危機を食い止めるため、トルコと金で解決しようとするEU』
http://sputniknews.com/europe/20151016/1028613815/eu-turkey-refugee-crisis-deal.html

頭が可笑しい…こいつら

23 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 21:56:49.79 ID:V6rpMVYn
◆Russia, Pakistan Sign Agreement on North-South Gas Pipeline Construction 16 October 2015
『ロシアとパキスタンが南北ガス・パイプライン敷設に関する協定合意に署名』
http://sputniknews.com/business/20151016/1028603146/Russia-Pakistan-Gas-Pipeline.html

ロシアのエネルギー大臣アレクサンドル・ノヴァクとパキスタンの石油・天然資源大臣
シャヒード・カーン・アッバシが南北ガス・パイプラインに関する政府間協定を締結した。

アッバシ大臣は、『新たなパイプラインは、パキスタンの経済成長を妨げているパキスタン
中央部と北部地域におけるエネルギー資源不足問題を解決する上で重要な第一歩となる』と述べた。

このプロジェクトは液化天然ガスターミナルの建設だけではなく、パキスタン南部のカラチから
北東部ラホールに至る 683マイルのガス・パイプラインの敷設も含まれている。

イスラエル&アメリカ、ざまあ (゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \ /  \

◆Ukraine demands $1 trillion from Russia over Crimea & Donbass – Yatsenyuk 15 October 2015
『ウクライナはクリミアとドンバスを巡る問題で、ロシアに1兆ドルを要求する‐ヤツェニュク』
https://www.rt.com/business/318730-ukraine-legal-battle-russia/

こいつ↑、税金泥棒の朝鮮糞バエ安倍晋三と同じ悪臭がするナチス野郎なんだぜ。
しかもウクライナは、こいつも大統領も財務大臣も、イスラエル国籍者だし、超ドン引き…

24 :ハイパー(労働者):2015/10/16(金) 21:58:02.81 ID:nvjXP2L4
これはもう考え抜いた安倍ちゃんの脳内での日本への重要影響事態になる事態だ。
イスラム過激派の活動が活発化すれば、湾岸産油国から日本への原油輸入に大きな影響が出る。
自衛隊がアフガニスタンに行って、アメリカ軍の犠牲を肩代わりする番だ。
そのための集団的自衛権限定容認だ。

自衛隊員の家族は死んだら一千万円〜1500万の一時金(および遺族年金)でガキを成人まで育てる準備(か再婚相手を探す)をしておこう。

転ばぬ先の杖だ。

これは安倍ちゃんGJだね!

25 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:04:05.05 ID:V6rpMVYn
◆ISIS retreating in Syria, missile system destroyed, 33 targets hit - Russian military 15 October 2015
『33の標的を攻撃し、ミサイル・システムを破壊されたISISはシリアで後退し始めた ‐ロシア軍』
https://www.rt.com/news/318751-syria-russian-air-force-isis/

以前、ISIS(シオニスト国)テロリストがシリア軍から奪った地対空ミサイル・ランチャーを破壊した。
シリアでの空爆作戦で、ジハード主義テロリストは逃亡せざるを得なくなっているとロシア国防省が
発表した。

『ロシア空軍Su34爆撃機がダマスカス近郊のドーマで短距離防空ミサイル9k33ランチャーを破壊した』
と木曜日、ロシア国防省報道官イーゴリ・コナシェンコフが定例のブリーフィングで記者団に述べた。
https://www.youtube.com/watch?v=ThLkCtqIO78

短距離防空ミサイル9k33は、NATOコードネーム SA-8『Gecho (ゲッコー:ヤモリ)』。

『Su34は対要塞精密爆弾KAB500を投下し、兵器と秘密の避難所の両方を破壊したほか、イドリブと
ハマー、ダマスカス、アレッポ、デリ・エゾールの標的、合計32カ所を空爆し破壊した』と彼は述べた。
https://www.youtube.com/watch?v=8GliDWLZKA8

コナシェンコフ報道官によると、ISIS武装テロリストは後退しながらも、その過程で新たな陣地に
加えた地区で武装し、現行の武器・弾薬、物資の供給ルートの体系を変更しようと試みているという。

◆Russian Navy Can Attack ISIL Positions in Syria at Any Moment 16 October 2015
『ロシア海軍は、何時でもシリアのISIL(シオニスト国)の拠点を攻撃することができる』
http://sputniknews.com/military/20151016/1028612904/russian-navy-missiles-isil-syria.html

16日、ロシア軍参謀本部副部長アンドレイ・カルタポロフ上級大将が、黒海に拠点を置く、
ロシア海軍艦隊は、何時でもシリアでの『ISIS(シオニスト国)』の攻撃に参加できると述べた。

26 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:07:34.44 ID:V6rpMVYn
◆Russia, Pakistan Sign Agreement on North-South Gas Pipeline Construction 16 October 2015
『ロシアとパキスタンが南北ガス・パイプライン敷設に関する協定合意に署名』
http://sputniknews.com/business/20151016/1028603146/Russia-Pakistan-Gas-Pipeline.html

ロシアのエネルギー大臣アレクサンドル・ノヴァクとパキスタンの石油・天然資源大臣
シャヒード・カーン・アッバシが南北ガス・パイプラインに関する政府間協定を締結した。

アッバシ大臣は、『新たなパイプラインは、パキスタンの経済成長を妨げているパキスタン
中央部と北部地域におけるエネルギー資源不足問題を解決する上で重要な第一歩となる』と述べた。

このプロジェクトは液化天然ガスターミナルの建設だけではなく、パキスタン南部のカラチから
北東部ラホールに至る 683マイルのガス・パイプラインの敷設も含まれている。

イスラエル&アメリカ、ざまあ (゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \ /  \

◆Ukraine demands $1 trillion from Russia over Crimea & Donbass – Yatsenyuk 15 October 2015
『ウクライナはクリミアとドンバスを巡る問題で、ロシアに1兆ドルを要求する‐ヤツェニュク』
https://www.rt.com/business/318730-ukraine-legal-battle-russia/

こいつ↑、税金泥棒の朝鮮糞バエ安倍晋三と同じ悪臭がするナチス野郎なんだぜ。
しかもウクライナは、こいつも大統領も財務大臣も、イスラエル国籍者だし、超ドン引き…

>>24…ID:nvjXP2L4 『安倍ちゃん、GJ !!』などと発狂するのは、在日白丁朝鮮糞バエしかいない。
スネ夫の愚劣な『首吊りAAコピペ』と『嘘吐き日記』の妨害工作が全世界で嘲笑されている現実を知れば??
あああ、英語出来ないんだっけ、スネ夫くんにはwww

27 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:15:40.47 ID:V6rpMVYn
9.11以来、アメリカ政府を牛耳り、裏から直接指示を命じているのがイスラエルで、オバマは反発している
ということを念頭に置くことがアメリカの行動を知る上で最も重要なカギとなる。

◆Russia Supplants the U.S. in Global War Against “Jihadists”. Saudi Arabia Favors “A Political Solution in Syria” By Eric Zuesse 12 October 2015
『聖戦主義者に対する世界的な戦争でロシアに追い越されるアメリカ ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/russia-supplants-the-u-s-in-global-war-against-jihadists-saudi-arabia-favors-a-political-solution/5481704

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とサウジアラビアの国防相ムハンマド・ビン・サルマン皇太子
(サルマン国王の息子)の会合は、10月12日(月曜日)に予定されていた時間より早く終わった。

AFP 通信は『ウラジーミル・プーチン、サウジアラビア皇太子とシリアの“政治的解決”について会合』
という見出しを付けて報じた。↓

★Vladimir Putin Meets Saudi Prince on 'Political Solution' in Syria 12 October 2015
『ウラジーミル・プーチン、サウジアラビア皇太子とシリアの“政治的解決”について会談』
http://www.ndtv.com/world-news/vladimir-putin-meets-saudi-prince-on-political-solution-in-syria-1230952

ところが自分の父親は、まだシリアのシーア派世俗主義指導者バッシャール・アル・アサドを権力の座
から追放し、シーア派のイランとシリアとの同盟を終わらせると主張して譲らないのだとスンナ派原理
主義者のサウジアラビア国王の息子は語ったものの、サウジアラビア国王は、『シリアの政治的解決を
支持している』とサルマン皇太子は語った。

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は会談に関する声明の中で、さらなる前進が見られたとし、彼は次の
ように述べた:

『シリアに関しては、サウジアラビアとロシアは同様の目的を有していることを両当事者が確認した。
何よりも、テロリストのカリフに国家を乗っ取らせないことだ』

28 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:19:51.42 ID:V6rpMVYn
◆Russia Supplants the U.S. in Global War Against “Jihadists”. Saudi Arabia Favors “A Political Solution in Syria” By Eric Zuesse 12 October 2015‐A
『聖戦主義者に対する世界的な戦争でロシアに追い越されるアメリカ ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/russia-supplants-the-u-s-in-global-war-against-jihadists-saudi-arabia-favors-a-political-solution/5481704

『テロリストのカリフ制』への反対に関しては、サウジアラビア側からは引き合いに出さなかった。
また一方で、サウジアラビアはイスラム聖戦の主要な財政的後援者だった。↓

★Al Qaeda’s Bookkeeper Spills the Beans By Eric Zuesse 11 February 2015
『アル・カイダの簿記係が、うっかり秘密を漏らす ‐エリック・ズエス』
http://rinf.com/alt-news/editorials/al-qaedas-bookkeeper-spills-beans/

(しかも、シリアでの彼らの信奉者は実際のところ、こんな具合だ)↓

★Syria : “Moderate rebels” in Idlib call for strict “religious modesty in dress” for women 12 October 2015
『シリア:イドリブの“穏健的な反逆者”が、女性の“服装について宗教的謙虚さ”を遵守するようにと要求』
http://off-guardian.org/2015/10/12/syria-moderate-rebels-in-idlib-call-for-strict-religious-modesty-in-dress-for-women/

それにも拘らず、サウジアラビア国王がシリアに関してバラク・オバマではなく、プーチンと交渉する
ため息子をロシアに派遣したという事実は、シリアの内乱を解決することでの重要人物が現在プーチン
であることを示す、もう1つの兆候である。

非常に信頼性の高いドイツの情報源 Deutsche Wirtschafts Nachrichten (DWN)は10月11日、
(ここで、このように翻訳されている)次のような見出しを付けて報じた。↓

★Ohne die USA : Russland und Iran ubernehmen Fuhrungsrolle im Irak 11 Oktober 2015
『アメリカ合衆国抜きで、ロシアとイランがイラクにおける指導的役割を引き受ける』
http://deutsche-wirtschafts-nachrichten.de/2015/10/11/ohne-die-usa-russland-und-iran-uebernehmen-fuehrungsrolle-im-irak/

ロシアはイラク政府の要請に応じて、既にシリアでの対聖戦主義者作戦をさらに進展させ、
『イラク政府から明確な許可を得て、テロとの戦いをイラクにまで拡張中である』と報じた。
DWN はこう続けている。『10月上旬にイラク政府は対ISIS攻撃をイラク領内に拡大することに関して
ロシアに一任した。この条件の1つは、イラク政府空による空爆の事前調整だった』

29 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:25:03.33 ID:V6rpMVYn
◆Russia Supplants the U.S. in Global War Against “Jihadists”. Saudi Arabia Favors “A Political Solution in Syria” By Eric Zuesse 12 October 2015‐B
『聖戦主義者に対する世界的な戦争でロシアに追い越されるアメリカ ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/russia-supplants-the-u-s-in-global-war-against-jihadists-saudi-arabia-favors-a-political-solution/5481704

これは 9月末以来、シリア政府とロシアとの間で合意したものと同じ取り決めだ。
その後、バグダッドにJICC(共同情報調整センター)がロシアによって設立された。
この措置は 9月29日に発表された時のもので、Reuters 通信は、『クレムリンの報道官ドミトリー・
ペスコフはこう述べた。ロシア、イラン、イラクとシリアの間で情報を共有するため、バグダッドに
情報センターを置くことを決定した。ロシアはイスラエルとも個別にそのような取り組みに同意した』
と報じた。↓(下段スプートニクの記事は訳者の補足)

★Putin-Obama discussed information sharing on Syria : Kremlin 29 September 2015
『プーチン‐オバマがシリアに関する情報の共有を検討:クレムリン』
http://mobile.reuters.com/article/worldNews/idUSKCN0RT14T20150929

★メディア報道:ロシア、シリア、イラク、イラン、対『イスラム国』情報センターを創設 2015.9.26
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20150926/957932.html

イスラエルも、だからこそ、アメリカからロシアへと切り替わった凶兆を察して、ISISを倒すために
すべきことをしている。イスラエルは、この取り組みにおいてロシア指導の下に参加している。

とはいえ、JICCのロシア以外の国々(シリア、イラク、イラン)との間には、イスラエルと敵対的な
関係にあるため、ロシアは他の同盟国とイスラエルを隔離するか、完全に別個の物とすることに同意
した。ロシアは自国の人工衛星(グロナス)やその他の世界的な価値ある諜報収集で、シリアに関する
全体的な諜報収集の大物として中心的な立場にあるため、ロシアはこれを行える立場にある。

聖戦主義者を叩き潰す上で、それぞれの参加国の共通の利害を切り離し、ロシアの同盟国内部の他の
全ての問題から区別しておくという点で、他の全ての参加国はウラジーミル・プーチンの諜報活動を
信頼しているのだ。

30 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:30:18.42 ID:V6rpMVYn
◆Russia Supplants the U.S. in Global War Against “Jihadists”. Saudi Arabia Favors “A Political Solution in Syria” By Eric Zuesse 12 October 2015‐C
『聖戦主義者に対する世界的な戦争でロシアに追い越されるアメリカ ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/russia-supplants-the-u-s-in-global-war-against-jihadists-saudi-arabia-favors-a-political-solution/5481704

このように、ロシアとの連携はそれぞれの国の安全保障上の利益に影響を及ぼすことはない。
アメリカと長年に渡る盟友のサウード家が、アメリカのジミー・カーター政権の大統領顧問だった
ズビグネフ・ブレジンスキーによって連結された時に、アフガニスタンでソ連を打ち負かすために
『ムジャヒディン』、あるいは、スンナ派原理主義ワッハーブ主義(つまり、サウジアラビア)の
戦闘員を当該地に行かせて、アフガニスタンの親ソ連政府と他の世俗的、あるいはスンナ派以外の
支持者を殺すための資金を提供することで訓練を施し、武装させたことから始まった作戦である。↓

★Babrak Karmal(バブラク・カールマル)
https://en.wikipedia.org/wiki/Babrak_Karmal
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%AB

ロシアには、サウジアラビアの国際的な聖戦主義者の活動を叩き潰すための、最大限の公的な権限を
与えられているので、これはロシアにとっても利益になるものだ。
国際原油市場におけるサウジアラビアの主要な競合相手は、一流の旧ソ連の国、ロシアとなっている。

アメリカ・サウジアラビア同盟は、アメリカとソ連との冷戦が始まったばかりの1945年に、本格的に
始まった。それは、欧米の石油会社と、スンナ派アラブ人支配階級(ロックフェラーの石油会社に、
サウジアラビアでの採掘権を与えたサウード家が率いる)ソ連の共産主義とソ連崩壊の後も、冷戦を
継続したがっていたので、彼らはソ連崩壊後も継続した。

サウード家の帝国主義的野望はスンナ派カリフ制の復興を世界レベルで狙うための特別な聖戦なので
この対立は、シーア派の大多数の国々に対する欧米の戦争でもあった。

31 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:34:30.00 ID:V6rpMVYn
◆Russia Supplants the U.S. in Global War Against “Jihadists”. Saudi Arabia Favors “A Political Solution in Syria” By Eric Zuesse 12 October 2015‐D
『聖戦主義者に対する世界的な戦争でロシアに追い越されるアメリカ ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/russia-supplants-the-u-s-in-global-war-against-jihadists-saudi-arabia-favors-a-political-solution/5481704

これは、特にサウジアラビアのワッハーブ派サラフィ主義、最も攻撃的な原理主義スンナ派イスラム教
(カルト)の1つの形式だ。例えばアル・カイダ、ISISやタリバンは全てワッハーブ派サラフィ主義の
イスラム教徒で、全ては基本的に、主にサウジアラビアの王族によって資金供給されている。↓

★Al Qaeda’s Bookkeeper Spills the Beans By Eric Zuesse 11 February 2015
『アル・カイダの簿記係が、うっかり秘密を漏らす ‐エリック・ズエス』
http://rinf.com/alt-news/editorials/al-qaedas-bookkeeper-spills-beans/

アメリカは1979年に、ソ連をアフガニスタンの侵略に誘い込むため、ジミー・カーター政権の末期に
親ソ連政権を転覆させるために、アフガニスタン入りしていたサウジアラビアの『ムジャヒディン
(訳注:アル・カイダ、タリバン、イランの社会主義反体制派ムジャヒディン・ハルク)』の戦闘員を
武装させ始めた。↓

★Brzezinski And The Mujahideen 1979 18 May 2012
『ブレジンスキーと聖戦主義者1979年』
https://www.youtube.com/watch?v=d4lf0RT72iw

『私は基本的に、カーター大統領への書簡にこう記した』:
『現在、我々はソ連に連中のベトナム戦争をくれてやる好機だ』とカーターの国家安全保障担当顧問で
デイビッド・ロックフェラーのProtegee(訳注:妹分…おカマか?)で欧米・日本の『三極委員会』の
共同創設者ズビグネフ・ブレジンスキーは、1998年のインタビューでこう述べている。↓

★Brzezinski Interview(ブレジンスキー・インタビュー)
http://dgibbs.faculty.arizona.edu/brzezinski_interview

32 :花の子えんまくん:2015/10/16(金) 22:34:38.50 ID:nvjXP2L4
イスラム過激派の活動が活発化すれば、湾岸産油国から日本への原油輸入に大きな支障をきたす。
まさに、日本にとっての重要影響事態だ。
先日成立した戦争関連法のうちの「重要影響事態法」に基づいて、米軍に対する後方支援(兵站・戦闘中の捜索救助を含む)を行うべき状況だ。
自衛隊がアフガニスタンに行って、アメリカ軍の犠牲を肩代わりする・アメリカ軍の弾除けになる番だ。

自衛隊員の家族は死んだら一千万円〜1500万の一時金(および遺族年金)でガキを成人まで育てる準備(か再婚相手を探す)をしておこう。

これで日米同盟はさらに深まり、日本の安全はさらに確保されるね。

これは安倍ちゃんGJだね!

33 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:38:02.11 ID:V6rpMVYn
◆Russia Supplants the U.S. in Global War Against “Jihadists”. Saudi Arabia Favors “A Political Solution in Syria” By Eric Zuesse 12 October 2015‐E
『聖戦主義者に対する世界的な戦争でロシアに追い越されるアメリカ ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/russia-supplants-the-u-s-in-global-war-against-jihadists-saudi-arabia-favors-a-political-solution/5481704

ブレジンスキーがアフガニスタンからソ連を追い出すことに成功し、ソ連とその共産主義を終了させた
後に、ブレジンスキーは自分が現時点でロシアを転覆させるために必要と思われるものは何かについて
アメリカ大統領に忠告し続け、例えばロシアは、あらゆる国々の中で、最も『攻撃的』だと公式に指定
することによって、バラク・オバマ大統領にその『必要性』を強く支持させた。

★The ‘Democrat’ Brzezinski Says Russia’s Putin Wants to Invade NATO By Eric Zuesse 06 March 2015
『ロシアのプーチンはNATOを妨害したがっていると言う“民主党員”ブレジンスキー ‐エリック・ズエス』
http://www.washingtonsblog.com/2015/03/democrat-brzezinski-says-russias-putin-wants-invade-nato.html

★Obama’s New National Security Strategy Is Rabidly Anti-Russian By Eric Zuesse 12 February 2015
『オバマの新たな国家安全保障戦略は過激な反ロシア ‐エリック・ズエス』
http://rinf.com/alt-news/editorials/obamas-new-national-security-strategy-rabidly-anti-russian/

ドイツのDWN紙は、こう続けている:
『イラク軍指導部の側近の情報筋は、イラク治安部隊の現在の雰囲気を伝えている。
ロシアの対ISIS空爆は、最初の週だけでも、アメリカ主導の連合軍の昨年以来、1年間の成果よりも
遥かに多くの成功を収めている。バグダッドに、(イラク・シリア・イラン・ロシア)共同情報収集
センター(Joint Intelligence Coordination Center:JICC)を創設したということは、つまりは、
アメリカに対するイラクの期待が失望していることの表れだ。

… だからこそ、アメリカはイラクの治安部隊との情報交換を制限すると発表したのだ』

34 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:44:36.13 ID:V6rpMVYn
◆Russia Supplants the U.S. in Global War Against “Jihadists”. Saudi Arabia Favors “A Political Solution in Syria” By Eric Zuesse 12 October 2015‐F
『聖戦主義者に対する世界的な戦争でロシアに追い越されるアメリカ ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/russia-supplants-the-u-s-in-global-war-against-jihadists-saudi-arabia-favors-a-political-solution/5481704

言い換えれば、イラクはある意味、アメリカのソ連に対する冷戦の再開(ただし、今回はロシアに
対してアメリカが単独で仕掛けている)を受け、アメリカ側からロシア側に切り替えたのだ。

10月10日、イランのPress TVは『ロシアの船舶が入港し、アメリカの空母がペルシャ湾から撤退』
と題しこう報じた。

★US pulls aircraft carrier out of Persian Gulf as Russian ships enter 10 October 2015
『ロシアの船舶が入港し、アメリカの空母がペルシャ湾から撤退』
http://www.presstv.com/Detail/2015/10/10/432800/US-warship-Persian-Gulf

(訳者補足↓)
★As Russia Bombs Syria, U.S. Pulls Aircraft Carrier Out of Persian Gulf By Courtney Kube & Erik Ortiz 09 October 2015
『ロシアがシリア(ISIS)を爆撃し、アメリカはペルシャ湾から空母を撤退』
http://www.nbcnews.com/news/world/russia-bombs-syria-u-s-pulls-aircraft-carrier-out-persian-n440731

★アメリカの空母がペルシャ湾から撤退 ←(IRIB:イラン・ラジオより、訳者の補足)
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58746

ロシア軍艦が海域に入ると、アメリカは、アメリカの巨大な原子力空母セオドア・ルーズベルト号を
ペルシャ湾から撤退させた。

>>32>>24…ID:nvjXP2L4 ★>>31の記事の『三極委員会』に反応し、発狂火病妨害工作しても
まったく規制されないスネ夫は嘘吐きコピペマンww 大好きな安倍チョンとイスラエルに出て行けば??

35 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:50:03.22 ID:V6rpMVYn
◆Russia Supplants the U.S. in Global War Against “Jihadists”. Saudi Arabia Favors “A Political Solution in Syria” By Eric Zuesse 12 October 2015‐G
『聖戦主義者に対する世界的な戦争でロシアに追い越されるアメリカ ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/russia-supplants-the-u-s-in-global-war-against-jihadists-saudi-arabia-favors-a-political-solution/5481704

NBC Newsによると、アメリカ海軍がペルシャ湾に航空母艦を入港していないのは2007年以降、初めて
のことだ。

ロシア軍がシリアのテロリストに対して、カスピ海艦隊による26発の長距離巡航ミサイルを発射した
翌日の木曜日に、ペルシャ湾から軍艦を撤退させたと米国防総省当局者が述べた。

米軍当局は、メンテナンスを受ける必要上、約5000人の船員と、65機の戦闘機を収容する空母を撤退
させたと主張した。

私は10月3日に、『崩壊しゆく西側同盟』と題する記事で、↓

★The Western Alliance Is Crumbling By Eric Zuesse 03 October 2015
『崩壊しゆく西側同盟 ‐エリック・ズエス』
http://rinf.com/alt-news/editorials/the-western-alliance-is-crumbling/

2011年の親ロシアのリビア、2013年の親ロシアのシリアに対して実行されたオバマ政権の爆撃作戦が
現在、ヨーロッパに殺到する多くの難民を、どのように生み出したかについて説明し、それがソ連と
その共産主義の解体までイデオロギー上の対立として合理化されてはいたものの、実際に公開されて
いるように、アメリカは、終始一環してそうであり、アメリカ帝国(『西側(欧米、日本)同盟』、
大西洋評議会、NATO、CENTCOM=アメリカ中央軍)をロシアの国境までではなく、あらゆるものの中で
最も旨みのある天然資源の宝庫であるロシアそのものの内部にまで拡張しようと現在も試みており、
これはアメリカの世紀の終わりと、突如として起きるアメリカ帝国終焉の始まりである事を見出して
いた。

36 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:54:58.36 ID:V6rpMVYn
◆Russia Supplants the U.S. in Global War Against “Jihadists”. Saudi Arabia Favors “A Political Solution in Syria” By Eric Zuesse 12 October 2015‐H
『聖戦主義者に対する世界的な戦争でロシアに追い越されるアメリカ ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/russia-supplants-the-u-s-in-global-war-against-jihadists-saudi-arabia-favors-a-political-solution/5481704

したがって、おそらくオバマは、自らが2期目に実現したがっていた、例えばアメリカの支配層が、
ロシアの原油と他の天然資源の民営化を始められるように、それらを自分の財政的スポンサーに引き
渡すことは、もうできそうにない。↓

★Why Ukraine’s Civil War Is of Global Historical Importance By Eric Zuesse 07 June 2014
『ウクライナの内戦が世界的な歴史的重要性を孕んでいるいる理由 ‐エリック・ズエス』
http://www.washingtonsblog.com/2014/06/ukraines-civil-war-global-historical-importance.html

おそらく、バラク・オバマ大統領センターは、彼が期待していたほど豪華なものにはならないだろう。↓

★Barack Obama Presidential Center(バラク・オバマ大統領センター)
https://en.wikipedia.org/wiki/Barack_Obama_Presidential_Center

それを稼働可能にさせておくためには、犠牲者となるべき人々の数は、おそらく遥かに少なくて済む
だろう。おそらく、アメリカとサウジアラビアの上流階級は結局、ロシアとの核戦争にまで発展する
ことはない。

おそらく、1991年にソ連とワルシャワ条約機構が解散した際に消滅して然るべきだったはずのNATOは
間もなく終焉を迎えるだろう。

37 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:59:40.67 ID:XJmmTlEl
久し振りに国際+に来たけど、まだコピペ活動してるのか

38 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 22:59:52.31 ID:V6rpMVYn
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

Sub Title:‐Obama Cannot Defeat Assad without EU’s Help. EU Also Rejects Obama’s TTIP & TISA Demands.
Obama’s Presidential ‘Legacy’ Heads to Failure.

『EUの援助なくしてオバマがアサドを敗北させることは不可能だ。EUはオバマのTTIPとTISAの要求も
拒否しようとしている。大統領の“遺産”がオバマを失敗へと向かわせる』

ヨーロッパには、リビアとシリアでのアメリカ爆撃作戦による難民が溢れ返っている。↓

★U.S. Drops Bombs; EU Gets Refugees & Blame. This is insane. By Eric Zuesse 06 September 2015
『アメリカが爆弾を投下して、EUが難民と非難を引き受ける。これは正気の沙汰ではない ‐エリック・ズエス』
http://www.washingtonsblog.com/2015/09/u-s-drops-bombs-eu-gets-refugees-blame-this-is-insane.html

連中はリビアで破綻した国家を生み出し、シリアでも同じことをすると脅している。↓

★HISTORIC NEWS: Finally, EU and U.S. Are Breaking Apart By Eric Zuesse 03 October 2015
『歴史的な情報:最終的にEUとアメリカは崩壊する ‐エリック・ズエス』
http://rinf.com/alt-news/breaking-news/historic-news-finally-eu-and-u-s-are-breaking-apart/

39 :花の子えんまくん:2015/10/16(金) 23:03:08.88 ID:nvjXP2L4
イスラム過激派の活動が活発化すれば、湾岸産油国から日本への原油輸入に大きな支障をきたす。

アフガン不安定化は日本の安全・アジアの安定に極めて深刻な影響を与える。

まさに、日本にとっての重要影響事態だ。

先日成立した戦争関連法のうちの「重要影響事態法」に基づいて、米軍に対する後方支援(兵站・戦闘中の捜索救助を含む)を行うべき状況だ。

自衛隊がアフガニスタンに行って、アメリカ軍の犠牲を肩代わりする・アメリカ軍の弾除けになる番だ。

自衛隊員の家族は死んだら一千万円〜1500万の一時金(および遺族年金)でガキを成人まで育てる準備(か再婚相手を探す)をしておこう。

これで日米同盟はさらに深まり、日本の安全はさらに確保されるね。

これは安倍ちゃんGJだね!

40 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:04:01.83 ID:V6rpMVYn
>>33… ID:XJmmTlEl、>>32>>24…ID:nvjXP2L4 

で、その聞き飽きて、見飽きた何の根拠もない『コピペが―!』の印象操作を
いくら必死に頑張っても、イスラエルとアメリカ、安倍晋三の正当性などどこにも無く、
凶悪な悪事がますます晒されるに過ぎないという現実を認識し、終わったシオニストを
半狂乱になってIDを変えてまで庇うのはやめるんだね。スネ夫くん

Let Them Pay The Price !! (゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \ /  \

41 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:12:38.19 ID:V6rpMVYn
さてさて、仕切り直ししましょうかねぇwww

◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

Sub Title:‐Obama Cannot Defeat Assad without EU’s Help. EU Also Rejects Obama’s TTIP & TISA Demands.
Obama’s Presidential ‘Legacy’ Heads to Failure.

『EUの援助なくしてオバマがアサドを敗北させることは不可能だ。EUはオバマのTTIPとTISAの要求も
拒否しようとしている。大統領の“遺産”がオバマを失敗へと向かわせる』

ヨーロッパには、リビアとシリアでのアメリカ爆撃作戦による難民が溢れ返っている。↓

★U.S. Drops Bombs; EU Gets Refugees & Blame. This is insane. By Eric Zuesse 06 September 2015
『アメリカが爆弾を投下して、EUが難民と非難を引き受ける。これは正気の沙汰ではない ‐エリック・ズエス』
http://www.washingtonsblog.com/2015/09/u-s-drops-bombs-eu-gets-refugees-blame-this-is-insane.html

連中はリビアで破綻した国家を生み出し、シリアでも同じことをすると脅している。↓

★HISTORIC NEWS: Finally, EU and U.S. Are Breaking Apart By Eric Zuesse 03 October 2015
『歴史的な情報:最終的にEUとアメリカは崩壊する ‐エリック・ズエス』
http://rinf.com/alt-news/breaking-news/historic-news-finally-eu-and-u-s-are-breaking-apart/

42 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:15:59.84 ID:V6rpMVYn
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐A
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

このように、ヨーロッパはイスラム教徒の敵である、例えばスンナ派原理主義者のISISや、シリアの
アル・カイダ(アル・ヌスラ戦線)などの全てがスンナ派の聖戦主義集団と距離を置くのではなく、
その代わりに、シリアの非宗教的なシーア派である、バッシャール・アサド大統領のシリア政府軍に
焦点を当てたアメリカの爆撃作戦そのものを支持する事から距離を置くようにと強いられているのだ。↓

(訳者補足:『スンナ派原理主義』とはイスラム教とはかけ離れたイスラム教の名を語るカルトで、
主にイスラエル米英シオニストの傀儡の独裁王国サウジアラビアが主導する。
地上でも少数の残虐非道なワッハーブ派、タクフィール派が属するカルト集団)

★Obama Prioritizes Weakening Russia, Over Weakening ISIS By Eric Zuesse 02 March 2015
『ISIS(シオニスト国)を弱体化する上で、ロシアの弱体化を優先させるオバマ ‐エリック・ズエス』
http://www.washingtonsblog.com/2015/03/obama-prioritizes-weakening-russia-weakening-isis.html

イラク議会のある議員は次のように述べた。↓

★Iraqi Politician: Obama Is Supporting ISIS in Syria – Will He Support ISIS in Iraq Too ? (Video) By Jim Hoft 14 June 2014
『イラクの政治家:オバマはシリアでISISを支えている。‐彼はイラクでもISISを支えるのか? ‐ジム・ホフト』
http://www.thegatewaypundit.com/2014/06/iraqi-politician-obama-is-supporting-isis-in-syria-will-he-support-isis-in-iraq-too-video/

43 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:20:04.23 ID:V6rpMVYn
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐B
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

ISISと戦っているシリアの政権に対して圧力をかけるのはやめるべきだ。
彼らは貧弱なFSA(自由シリア軍)を強化しようなどということはすべきではない。
FSA なんてものはどこにも存在しない。シリアとイラクにいるのはISISだ。イラクでISISと戦いながら
シリアでISISの手助けをするのは不可能だ。戦争は1つで、敵は1人しかいない。
アメリカは、『偽善』を諦めるべきだ。人々は脳無しではない。

ヨーロッパの市民は、アメリカの無数の爆撃によって、これらの難民たちをヨーロッパに殺到させた
アメリカの爆撃に反対している。ヨーロッパの指導者は、アメリカとの同盟から離れ始めている。(訳者補足↓)

★欧州委員長、『米国は、我々がロシアとどう付き合うか、指図する事などできない』
http://jp.sputniknews.com/politics/20151010/1017861.html

ベトナム戦争の爆撃機パイロットで、常に狂信的にロシアを憎悪し続ける上院議員ジョン・マケインは
バラク・オバマ大統領(彼の憎悪の根源は、他の連中によるもの)以上にオバマをけし掛け、シリアに
おいてロシアとの戦争をさせようとしている。

★Presidential Puppetry: Obama, Romney and Their Masters ‐Andrew Kreig
『大統領の人形劇:オバマ、ロムニーと彼らの雇い主 ‐アンドリュー・クレイグ』
http://www.amazon.com/Presidential-Puppetry-Obama-Romney-Masters/dp/0988672812
http://www.presidentialpuppetry.com/ ←(上記の著書に関する訳者からの補足記事)

44 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:23:48.39 ID:V6rpMVYn
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐C
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

アメリカ政府が依然として、『FSA (自由シリア軍)』と歪曲し、大声で喚き続けている、アメリカが
援助する聖戦主義集団の制圧地域をロシアの戦闘機が爆撃することを禁じるため、『飛行禁止空域を
設定するべきだ』とジョン・マケインは言っている。↓

★Sen. John McCain Calls Russian Airstrikes 'Disgraceful' 30 September 2015
『ロシアの空爆は“恥ずべきこと”だと断じる上院議員ジョン・マケイン』
https://www.youtube.com/watch?v=t8hP_7iCqqQ&feature=youtu.be&t=3m30s

(訳者補足:本当に見苦しいww FSAのリーダーはイスラエル国籍、本名サイモン・エリオット↓)

★John McCain, Conductor of the "Arab Spring" and the Caliph  By Thierry Meyssan 18 August 2014
『“アラブの春”の指揮者ジョン・マケインとカリフ ‐ティエリー・メイサン』
http://www.voltairenet.org/article185085.html

ジョン・マケインがシリアで面会し、『穏健派だ』と太鼓判を押して、記念撮影までしていた
FSA (自由シリア軍)のリーダー、『イブラヒム・アル・バドリ(モサドでの通り名)、あるいは
アブ・ドゥアとも呼ばれる』は、2011年10月04日以来、アメリカがテロ指定し、1000万ドルの
懸賞金がかけられたテロリストである。↓

★Wanted for Terrorism <写真の2段目、左の男Abu Du'a(アブ・ドゥア)>
http://www.rewardsforjustice.net/english/most-wanted/all-regions.html

★ロシア航空隊、シリア内『アフラル・アシュ・シャム』の首領を殲滅
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151016/1037944.html

45 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:29:13.69 ID:V6rpMVYn
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐D
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

(訳者補足↓)
翌日10月05日には、アル・カイダのテロリストとして国連の制裁委員会リストにも加えられた↓

★Individus associés à Al-Qaida
Ibrahim Awwad Ibrahim Ali al-Badri al-Samarrai (QI.A.299.11.)
http://www.un.org/french/sc/committees/1267/NSQIA29911F.shtml

★仏、シリアのIS養成キャンプに空爆 ←(アメリカ主導の対ISIS空爆作戦に参加し、騙し討ち空爆したフランスww)
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151009/1011141.html

(本記事の翻訳に戻る)実際は、Agence France-Presse (AFP) 通信が2014年9月12日に報じたように、
『シリアの反乱勢力や、イスラム国(実際は、シオニスト国)なる聖戦主義戦闘員が、首都ダマスカス
郊外で初めて不可侵協定に同意したと監視団体が金曜日に述べた』

★Syria rebels, IS in 'non-aggression' pact near Damascus - Agence France-Presse - 13 September 2014
『ダマスカス近郊でシリアの反乱勢力が“不可侵”協定に同意』
http://www.globalpost.com/dispatch/news/afp/140912/syria-rebels-non-aggression-pact-near-damascus

ISIS(シオニスト国)とFSA (自由シリア軍)は既に親密だったが、本質的に彼らは現在も完全に同じ
ものなのだ。まさに、アメリカ、日本の報道機関では報じられなかっただけだ。

このように、アメリカ政府の区別は完全に見掛け倒しだ。シリアでのオバマの一番の目標は、ISISや
まだ僅かに残っているFSA (自由シリア軍)を倒す事ではなく、ロシアの盟友アサドを交代させる事だ。
まさに、マケインはオバマにアサドを倒すため、ロシアとの核戦争に向かうまで、徹底にやり抜いて
欲しがっているのは明らかだ。

46 :花の子えんまくん:2015/10/16(金) 23:32:08.36 ID:nvjXP2L4
イスラム過激派の活動が活発化すれば、湾岸産油国から日本への原油輸入に大きな支障をきたす。

アフガン不安定化は日本の安全・アジアの安定に極めて深刻な影響を与える。

まさに、日本にとっての重要影響事態だ。

先日成立した戦争関連法のうちの「重要影響事態法」に基づいて、米軍に対する後方支援(兵站・戦闘中の捜索救助を含む)を行うべき状況だ。

いよいよ自衛隊がアフガニスタンに行って、アメリカ軍の犠牲を肩代わりする・アメリカ軍の弾除けになる番だ。

自衛官の家族は死んだら一千万円〜1500万の一時金(および遺族年金)でガキを成人まで育てる準備(か再婚相手を探す)をしておこう。

これで日米同盟はさらに深まり、日本の安全はさらに確保されるね。

これは安倍ちゃんGJだね!

47 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:34:36.93 ID:V6rpMVYn
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐E
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

(おそらく、彼はオバマが『怖気づく』だろうと考えており、そうなれば、マケインはシリアから、
何百万人ものシリアの人々が逃れるほど、アメリカの爆撃によって大いに恩恵を受けた 『シリアの
人々を見捨てた』とオバマを非難するつもりなのだ。マケインと他の共和党員は、受精卵に対しては
非常に『妊娠中絶合法化の反対派』だ。何れにしても、イラクの国会議員が『人々は脳無しではない』
と述べた際、彼はこのような『人々』について言及したわけではない)

10月1日、NPR (National Public Radio)は『我々は地元の人々と連絡し合っているので、私は奴らの
“ロシア空爆”は CIAが武装させ、訓練を施してきた我々の集団FSA (自由シリア軍)を攻撃している
ことを絶対に確認することができる』と話す内容を報じた。↓

★Moscow Accuses U.S. Of Propaganda War Over Syria 01 October 2015
『シリアを巡るプロパンダでモスクワがアメリカを非難』
http://www.npr.org/2015/10/01/445048680/moscow-accuses-u-s-of-propaganda-war-over-syria

(ああ、マジかよ? 連中の一部は聖戦主義集団に吸収された後でもまだ残っているというのか?
しかも、未だにCIAが連中に資金提供してるって? ワ〜オ!)

48 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:39:13.58 ID:V6rpMVYn
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐F
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

10月02日、ロシアはシリア内にいるアメリカの同盟者‐ISISとアル・ヌスラ(後者はシリアのアル・カイダ)
‐に対する爆撃作戦を強化し、“3、4カ月”続行すると発表した。↓

★Obama Prioritizes Weakening Russia, Over Weakening ISIS By Eric Zuesse 02 March 2015
『ISIS(シオニスト国)を弱体化する上で、ロシアの弱体化を優先させるオバマ ‐エリック・ズエス』
http://www.washingtonsblog.com/2015/03/obama-prioritizes-weakening-russia-weakening-isis.html

★Russian air strikes in Syria to last three-four months: Putin ally 02 October 2015
『シリアでのロシアの空爆は3・4カ月続行する:プーチンの味方』
http://www.reuters.com/article/2015/10/02/us-mideast-crisis-russia-strike-idUSKCN0RW0I020151002

バラク・オバマ大統領は、シリアを巡る和平交渉からロシアを排除するよう主張している。
アメリカは、シリアのアサド大統領が辞任しない限り、和平交渉を進めるつもりはない。
ところが、ロシアはアサドを打倒しようとしている聖戦主義テロリストに対抗する、唯一の本格的な
軍事力であり、しかもロシアは現在レバノンにもアメリカの同盟者の聖戦主義テロリストに対抗する
武器を提供することを約束している。↓

★Russland baut Allianz aus : Waffen fur den Libanon 02 October 2015
『ロシアの拡大:レバノンのための武器』
http://deutsche-wirtschafts-nachrichten.de/2015/10/02/russland-baut-allianz-aus-waffen-fuer-den-libanon/

★How the U.S. Is Allied with ISIS & Al Qaeda By Eric Zuesse 20 March 2015
『ISISとアル・カイダとアメリカはどのような同盟関係にあるか ‐エリック・ズエス』
http://www.washingtonsblog.com/2015/03/u-s-allied-isis-al-qaeda.html

>>46… ID:nvjXP2L4 ネタニヤフを泣き喚きながら応援してやれよ、安倍晋三なんて気持ち悪い!

49 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:42:59.52 ID:V6rpMVYn
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐G
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

アメリカは、アサドの打倒は『民主主義』のためであると偽っている。
ところが2012年、アル・ヌスラ戦線に資金提供しているカタール政権が、シリア人を調査するために
世論調査会社を雇ったところ、判明したのはシリア人の55%がバッシャール・アル・アサドに大統領
として居続けることを望んでいるという事実だった。↓(英国Guardian紙)

★Most Syrians back President Assad, but you'd never know from western media By Jonathan Steele 17 January 2012
『大部分のシリア人がアサド大統領を支持しているが、あなた方が西側のメディアから知らされる
ことは決してないだろう ‐ジョナサン・スティール』
http://www.theguardian.com/commentisfree/2012/jan/17/syrians-support-assad-western-propaganda

さらには、私が 2015年9月18日に報告したように、『世論調査で、圧倒的大多数のシリア人が、ISIS
問題で、アメリカを非難していることが示され』、これらの世論調査会社はギャラップ社と関連する
英国企業によるものだ。↓

★Polls Show Syrians Overwhelmingly Blame U.S. for ISIS By Eric Zuesse 18 September 2015
『世論調査によると、圧倒的大多数のシリア人がISISに関してアメリカを非難していることが示される ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/polls-show-syrians-overwhelmingly-blame-u-s-for-isis/5476717

コピペバカ=スネ夫&日本ダマスゴミ (゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \ /  \ /  \ /  \ /  \

50 :花の子えんまくん:2015/10/16(金) 23:45:03.81 ID:nvjXP2L4
イスラム過激派の活動が活発化すれば、湾岸産油国から日本への原油輸入に大きな支障をきたす。

アフガン不安定化は日本の安全・アジアの安定に極めて深刻な影響を与える。

まさに、日本にとっての重要影響事態だ。

先日成立した戦争関連法のうちの「重要影響事態法」に基づいて、米軍に対する後方支援(兵站・戦闘中の捜索救助を含む)を行うべき状況だ。

いよいよ自衛隊がアフガニスタンに行って、アメリカ軍の犠牲を肩代わりする・アメリカ軍の弾除けになり血を流す番だ。

自衛官の家族は死んだら一千万円〜1500万の一時金(および遺族年金)でガキを成人まで育てる準備(か再婚相手を探す)をしておこう。

これで日米同盟はさらに深まり、日本の安全はさらに確保されるね。

これは安倍ちゃんGJだね!

51 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:47:59.64 ID:V6rpMVYn
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐H
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

当時、アサドが留まるべきかどうかについては問われていなかった。
ところがシリアの人々は、これ迄以上に、アメリカ政府は自分たちにとって友人ではなく、敵である
ことがより一層明確になるようになるにつれ、2012年〜2015年には、彼に対する支持は相当高まって
いった。民主主義を支持していると見せかけるオバマも共和党も、あからさまに詐欺的だ。

これはオバマにとって唯一の『遺産』問題ではない。リビアのムアンマル・カダフィの打倒を経て、
ウクライナのヴィクトル・ヤヌコビッチ打倒によるロシアとの戦いから、未だに彼は、アサドを打倒
しようとしており、しかも、今やその結果として生じた難民危機を巡って西側同盟の崩壊まで強いて
いる。同盟国内でのさらなる大きな確執は、国際企業に対し不服申し立てする事が不可能な世界的な
民間仲裁委員会に、国際的企業が中央政府を訴える権限を与え、その仲裁委員会の決定は、いかなる
加盟国のあらゆる法律の上位に立つ、というオバマがヨーロッパの国々に提案した条約、TTIPに関連
している。

選ばれた政府当局者が、これらを管理することができなくなるということだ。
オバマによる、この超国家的巨大企業の企みは、彼が提案したアジア諸国とのTPP (環太平洋戦略的
経済連携協定)という同様の企みの一環であり、いずれのケースも、アメリカの巨大な国際的企業が
実質的に、全世界を支配したままにしておけるよう、ロシアだけではなく、中国も国際貿易から切り
離すことに目標を定めている。

52 :七つの海の名無しさん:2015/10/16(金) 23:53:33.62 ID:V6rpMVYn
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐I
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

これらの『貿易』協定に関する現状はオバマが自ら要求した一部を削除する必要があるか、あるいは
EC(欧州委員会)はオバマがEU(欧州連合)に提案中のTTIP(環大西洋貿易投資パートナーシップ)協定を
支持するために十分な数の加盟国を集める事ができなくなり、一部の主要なヨーロッパ諸国は金融や
その他のサービスに関する規制を巡って、オバマが提案した協定TISA(新サービス貿易協定)も、拒否
しかねない。アメリカとアジア諸国とのTPP (環太平洋戦略的経済連携協定)など、オバマが提案した
3つの『貿易』協定全てが、オバマの大統領としての事実上の集大成であり、これらは全て、まさに
単なる貿易や経済を遥かに超越するものだ。今やヨーロッパへの主要な協定案は終了同然と思われる。

9月27日、フランスの日刊紙 Sudouest(スッドウェスト)が特集した独占インタビューで外務・国際
開発大臣付貿易・観光振興・在外フランス人担当大臣マティアス・フェクルは、
『フランスはTTIP交渉の完全なる中止を含め、全ての選択肢を検討中だ』と述べている。
彼は、2013年に交渉が始まって以来、『こうした交渉は透明性が完全に欠如した中で行われている』
フランスは、『アメリカからは、未だに真摯な提案』を受けていないと説明した。↓

★フランス語で文字化けするためタイトルは掲示しません
『TTIP協定:マティアス・フェクルが“フランスは交渉の中止を検討中”であることを公開』
http://www.sudouest.fr/2015/09/27/traite-tafta-la-france-envisage-l-arret-des-negociations-revele-matthias-fekl-2136761-705.php

★Matthias Fekl(マティアス・フェクル)←訳者補足
http://www.diplomatie.gouv.fr/en/the-minister-and-the-ministers-of-state/matthias-fekl/

53 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 00:01:37.65 ID:ZHerSh3O
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐J
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

この驚くべき公共の場での拒絶の理由は、既におそらく正確には1年以上前から取り挙げられていた
はずだ。結局、フランスは全ての交渉を通じて、『アメリカから真摯な提案』は受けていないのだ。
現在ではなく、遡ること2013年の交渉開始時以来だ。アメリカは不動だった。
2014年4月10日に 欧州議会の議員で、元フランス経済・財務・計画大臣ジャン・アルテュイ
http://www.europarl.europa.eu/meps/en/124773/JEAN_ARTHUIS_home.html
が、Le Figaro紙の見出し記事になった。↓

★7 bonnes raisons de s'opposer au traite transatlantique
『大西洋条約に反対する7つの正当な理由』
http://www.lefigaro.fr/vox/politique/2014/04/10/31001-20140410ARTFIG00323-jean-arthuis-7-bonnes-raisons-de-s-opposer-au-traite-de-libre-echange-transatlantique.php

オバマ大統領の基本的要求に関しては、それ以来、状況が変化したという兆候はない。
アルテュイは、その当時こう語った:

第1に、私は国家と企業間の紛争の民間による仲裁には反対している。(あらゆる国の法律の上位に
企業仲裁人を置き、貿易条約の加盟国によって、権利侵害を受けたとして申し立てた損害について、
企業が国家を訴える度に、国家は上訴できないと決定することができる)、このような手順は、私が
抱いている国家の主権という考えとは完全に相容れないものだ。 …

第2に、私は原産地名称というヨーロッパのシステムに対するいかなる案件にも反対だ。
アメリカの提案によると、将来、ワインと蒸留酒にしか拘束力を持つ登録を行えないことになる。
このような改革は、その価値が原産地証明に基づく多くのヨーロッパ産品に多大なダメージを与える
だろう。

第3に、私は我々の同胞のヨーロッパ市民やヨーロッパ企業に対する広範かつ組織的なスパイ活動を
合法化するような大国との協定の締結には反対だ。この点においてエドワード・スノーデンの啓示は
教訓的なものだ。協定がヨーロッパとアメリカ市民の個人データを保護しない限り、これに署名する
ことはできない。

54 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 00:05:35.78 ID:ZHerSh3O
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐K
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

第4に、アメリカ合州国は大西洋共通の金融空間を提案しているが、彼らは金融に対する共通の規制を
断固拒否しており、彼らはヨーロッパの金融サービスに対するアメリカの金融市場による組織的差別を
撤廃することを拒否している。彼らは一挙両得にしようと試みているが、そういうわけにはいかない
(“二兎を追う者は一兎をも得ず”でもOK)。私は共通のルールなしで、共通の分野という考え方には
反対であり、商業上の差別は拒否する。

第5に、私はヨーロッパの健康保護といった訝しいものには大反対だ。彼らの主張にも拘わらず、成長
ホルモンやGMO (遺伝子組み換え作物)から派生した製品や料理、あるいは化学薬品で汚染された家畜の
肉、あるいは遺伝子組み替え種子、あるいは治療用ではない抗生物質を投与された家畜の肉等、我々が
まったく望んでいないことをワシントンは一度理解しておく必要がある。

第6に、私はアメリカの通貨ダンピング終了が含まれないのであれば、協定への署名には反対する。
ドルの金兌換の廃止と変動為替レート・システムへの移行以来、ドルはアメリカ合衆国の通貨であると
共に、世界の外貨準備の基軸通貨だ。それで、連邦準備金制度理事会は輸出を促進するため、アメリカ
合州国が、利用可能なドルの量に影響を与えることによって、通貨ダンピングを実践している。
中国は、IMFの『SDR(特別引出権)』で新しい世界の基軸通貨を造ることで、この不当な特権を廃止する
ことを提案した。現在の状況では、アメリカの通貨兵器は他の全ての国に対して関税と同じ効果がある。
(それを廃止しない限り、彼は署名しない)

55 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 00:08:50.61 ID:ZHerSh3O
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐L
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

第7に、私は、他のヨーロッパのあらゆる利益にとって、これらの交渉の臆病さの前貼りにすぎない
現政府の標準となっている視聴覚部門を超えて、あらゆる文化的な例外を禁止することを望む。
特に、ヨーロッパでの新興デジタル部門、例えば GoogleやAmazon、Netflixのようなアメリカの巨大
企業によって一掃されたままでいることは受け入れ難い。

彼らは節税の巨大な達人であり、ヨーロッパを『デジタル植民地化』しようとしている。

★EU19カ国 遺伝子組み換え作物禁止を望む ←(反モンサント)
http://jp.sputniknews.com/life/20151005/997117.html

オバマ大統領の交渉担当者は彼の親しい友人マイケル・フローマンは、ハーバード・ロー・レビューの
編集者として共に働いて以来の親友だ。

★Candidates for Obama's Inner Circle | MICHAEL FROMAN By Jodi Kantor 19 November 2008
『オバマの側近の候補者 | マイケル・フローマン ‐ジョディ・カンター』
http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9500E5D81330F93AA25752C1A96E9C8B63

フローマンは密室での行動がオバマの公的な都合の良い言い回しに反して、ヨーロッパに地球温暖化に
対する燃料基準を引き下げることを強制しようとさえしている。↓

★How the U.S. Exports Global Warming By Tim Dickinson 03 February 2014
『地球温暖化を輸出するアメリカの手口とは ‐ティム・ディキンソン』
http://www.rollingstone.com/politics/news/how-the-u-s-exports-global-warming-20140203?page=2

56 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 00:37:07.06 ID:ZHerSh3O
>>1 イスラエル米英シオニストの最後の断末魔の叫びが聞こえないか?? あははははは!!

◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐M
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

彼はオバマの本当の目標が何かを知っている。また:『フローマンは、クリントン政権にティモシー
・ガイトナーとラリー・サマーズを引き連れて来て、元財務長官ロバート・E. ルービンに紹介』し、
昔の民主党大統領フランクリン・デラノ・ルーズベルトが(彼らと一緒に)制定した銀行規制を終了
させることを支持した。(ビル・クリントン大統領は、退任間際にその法案に署名して、これがMBS
(不動産担保証券)と金融派生商品で発生する長期プロセスを有効にしたことにより、その結果として
2008年の金融崩壊となったのだ。しかも、この同じ法律が、巨大銀行が崩壊したために、アメリカの
『納税者によって、緊急救済』されることを可能にしたのだ。

‐まさにフランクリン・デラノ・ルーズベルトが非合法化した根拠に基づいて)

フローマンは、常にアメリカの巨大企業、巨大銀行の支持者で、市民に利益をもたらすような規制では
なく大富豪が利益を享受する規制のみを支持する。フローマンがウォール街の王ロバート・ルービンを
当時の上院議員オバマに紹介したのは、オバマがアメリカ大統領職の地位を獲得するために、大富豪の
ロバート・ルービンのとのコネが極めて重要で、オバマにとっては必要不可欠なものだったからだ。
それで、オバマは事実上、ヒラリー・クリントンと競い合うことができたのだ。
さもなければ、彼がそうすることなど不可能だった。ロバート・ルービンの支持を獲得できたことが、
彼が大統領になるにあたって、決定的に重要だった。

オバマ大統領が現在ヨーロッパに提案しているTTIP条約に対する支持は、アメリカ議会以外のいかなる
組織からも、支持を得られる可能性は日増しに減少している。結局のところ、ヨーロッパは、アメリカ
合衆国以上には、堕落してはいないようだ。

57 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 00:41:32.96 ID:ZHerSh3O
◆The Western Alliance Is Crumbling : EU Is Abandoning U.S. on Overthrowing Assad By Eric Zuesse 03 October 2015‐N
『崩壊しゆく欧米同盟:アメリカのアサド打倒を見捨てるEU ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/the-western-alliance-is-crumbling-eu-is-abandoning-u-s-on-overthrowing-assad/5479566

(訳者補足:EUでは、署名活動として史上最大の 300万人がTTIP反対の署名した↓)
日本国民も、世界中から蔑まれてばかりいないで、シオニスト偽ユダヤ企業と自民党を相手に
徹底抗戦するべし!! プーチンロシアと中国外務省に『助けて下さい!』とMailを大量に送るんだ)

★TTIP negotiations not even half done 29 September 2015
『交渉が半分も行われていないTTIP』
http://www.politico.eu/article/ttip-negotiations-not-even-half-done/

提案中のTTIPに対して行われてきた唯一の独立した経済分析では、受益者は、特にアメリカ合州国を
拠点とする大規模な国際的シオニスト企業しかいないことが判明している。↓

★The Trans-Atlantic Trade and Investment Partnership : European Disintegration, Unemployment and Instability Jeronim Capaldo October 2014
『環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP):ヨーロッパの崩壊、失業と不安定性』
http://deutsche-wirtschafts-nachrichten.de/wp-content/uploads/2014/11/TTIP-Studie-Tufts.pdf

TTIP法律として成立した場合、労働者や消費者、他のあらゆる人々が損失を被ることになる。
一見したところ、協定を阻止することができるように、十分な数のヨーロッパの当局者が配慮している
ようだ。

さもなければ:オバマが、ヨーロッパが『NO !!』と言っている7つの理由の全てに譲歩することだ。
今になって(or, 遅まきながら)、それは非常に考えにくい。

★7 bonnes raisons de s'opposer au traite transatlantique
『大西洋条約に反対する7つの正当な理由』
http://www.lefigaro.fr/vox/politique/2014/04/10/31001-20140410ARTFIG00323-jean-arthuis-7-bonnes-raisons-de-s-opposer-au-traite-de-libre-echange-transatlantique.php

58 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 00:44:11.81 ID:ZHerSh3O
★大噓つきの在日白丁朝鮮人=自民党ネトサポと情弱バカ・コメント=『2ちゃんねるボット・システム』

★究極の情弱バカと売国奴=『日米同盟強化! アメリカ様についていけば間違いない( ー`дー´)キリッ !!』

★『アメリカとつるむ侵略者=在日白丁朝鮮人の国外強制退去』に向けた諸悪の根源の根本的解決と、
アメリカから完全に独立するのが、外交権すら与えられていない植民地日本の最優先事項なんだが??

正常な日本国民は、安倍晋三と外務省、厚労省と在日の『巨額税金詐欺』には全員気づいている!

★『仮想敵国』として、中国や韓国、北朝鮮を不当に扱い続け、旧日本軍が冒した
ナチスと同レベルの重大犯罪=『第七三一部隊』による人体実験と、『南京大虐殺』、
アジア中に侵略し、あらゆる富の強奪という極悪非道な行為を繰り返しておきながら、
その他のアジアの被害国に対しても、誠意ある謝罪もしなければ、戦後補償も一切していない。

それにもかかわらず、

★日本に居座り、蔓延り続ける寄生虫=在日白丁朝鮮人だけを特別扱いし、
『戦後補償』と称して、厚労省が『生活保護』と『在日特権』を湯水のごとく
受給し続けている異常な事態の理由は何だ??

★矛盾も甚だしく、『国家と官僚、在日白丁朝鮮人ぐるみの巨額詐欺事件』に等しいんだが??

★朝鮮人安倍晋三が監修の日本の歴史の教科書=『全く読む価値の無い世界で最も愚劣極まりない洗脳本』

59 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 00:46:12.64 ID:ZHerSh3O
★『反安倍晋三』が80%を占める賢い日本国民に警告します。書き込んでいるのは在日白丁朝鮮人です!

パチンカス撲滅のために、パチンコを廃止できない安倍晋三自民党が唯一の癌細胞!
朝鮮族ゆえ、消滅させる気が無いわけ。安倍晋三率いるカルト自民党とカルト公明党ゆえ

違法なパチンコは日本全国の一等地である駅前や、国道沿いに腐るほどある。
しかも、パチンコを経営する95%は在日白丁朝鮮人だ。

…戦後以来、日本に逃げ込んで来た朝鮮民族の裏切り者が、なぜ外国の一等地を占領できる??

★安倍晋三は国会で、イスラエルとアメリカ、英国、日本に殺されたイラク大統領
サダム・フセインのことを『大量破壊兵器が無かったことを証明できなかったフセインが悪い』
とのたまった。

それでは言わせてもらうが、イラク戦争の現実を検証し、国民に正確に伝えていない国は、
世界中で唯一、日本だけだ。

★しかも、安倍晋三は、第一次安倍内閣の時、『私がヤクザと関係しているのが真実なら、
私は政治家を辞任する』と言ったものの、『山口組の金庫番』との写真まであるにも拘らず、
未だに何の証明もできずに、朝鮮人の安倍晋三が日本国首相として居座り続けているのは何だ??

★『嘘八百と詭弁を言うだけで、何の自己責任もとらない朝鮮糞バエ安倍晋三』、ここに極まれりだ。

★世界で最も恥ずべき掲示板 2ちゃんねるの異常な反中、反露、反朝鮮の投稿が完全崩壊しているのは
『日本国首相の安倍晋三や多くの自民党政治家と上級官僚、天皇が朝鮮人』だという恐るべき事実を
全く非難しないことだ。 ★ ちなみに平成天皇は、自ら南朝であると認めている。

60 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 00:50:30.59 ID:ZHerSh3O
★朝鮮人安倍晋三の『シオニストの侵略戦争に加担する集団的自衛権』=『戦争法案』は完全破綻している。

あまり知られてはいないが、俺は『国連英検 A級』のライセンスを持っています。
これは、国家間交渉レベルで、一言一句間違いなく同時通訳できる能力を必要とされるもので、
I’m interpreter fluent in three languages.(私は 3か国語を流暢に話す通訳者です)

◆日本国との平和条約:サンフランシスコ講和条約
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/B-S38-P2-795_1.pdf

第1条(b):安倍晋三が、国連事務総長から拒否された理由はこうした事実があるからです。↓

原文:The Allied Powers recognize the full sovereignty of the Japanese people over Japan and its territorial waters.
(外務省の誤訳:連合国は、日本国及びその領水に対する日本国民の完全な主権を承認する)

★日本国民とは、“Japanese People”、小文字のJapanese peopleは、日本の人民、人々

★“full sovereignty”を、外務省は(完全な主権)としているが、そもそも日本には、
『対外主権』は含まれておらず、『自治権』しか認められていないので、外務省の意図的な誤訳。

なぜなら、第2条以降に、『日本の対外主権』つまり、国としての独立性を制限する規定が繰り返し
何度も出てくる。極めつけは、第5条(a)『国際紛争解決の手段として、武力を行使することを禁ずる』
とある。しかも、外務省が誤訳したように、『完全な主権』とするならば、“full sovereignty”ではなく、
『Complete national sovereignty』という文言になる。

よって、正しくは → 『連合国は、“日本の人民”による、日本とその領海の“十分な自治”を承認する』となる。

61 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 00:53:31.77 ID:ZHerSh3O
★侵略者の在日白丁朝鮮人ファシスト安倍晋三が強行可決した『集団的自衛権は憲法 9条以前の問題!』

◆日本国との平和条約:サンフランシスコ講和条約‐A
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/B-S38-P2-795_1.pdf

さらに、『ポツダム宣言:日本が降伏するための13項目の条件を宣言した連合国による条文』
この条文によると、日本は『他国に侵略し、領土を占領するために戦争をしてきた』と指摘。

これは、『日本が全面降伏するための条件を提示し、日本側の意志決定を問う』公文書である。
…『集団的自衛権=戦争法案』を強硬に推進する安倍晋三と自民党の閣僚、外務省、防衛省の
上級官僚は、『ポツダム宣言で無条件降伏した事実』を全く理解できない愚か者か完全に無視している。

戦争犯罪者の皇族を A級戦犯にしたくなかった理由は、日本を占領し続けるためだ。
それが、アメリカの支配層の狙いだった。皇族が集団的自衛権問題で、沈黙している理由を考えて欲しい。

★全ての日本国民は、『ポツダム宣言 全文』と入力して全文和訳を検索し、熟知するべき。

◆The Potsdam Declaration:Proclamation Defining Terms for Japanese Surrender
Issued, at Potsdam, 26 July1945
『ポツダム宣言: 日本が降伏するための確定規約条項の宣言 ポツダムにて 1945年7月26日発布』
http://afe.easia.columbia.edu/ps/japan/potsdam.pdf(米国スタンフォード大学出版)
http://pwencycl.kgbudge.com/P/o/Potsdam_Declaration.htm(オンライン百科事典)
http://www.ndl.go.jp/constitution/e/etc/c06.html(ポツダム宣言の全文のみ掲載)

◆United States Department of State / Foreign relations of the United States : diplomatic papers : the Conference of Berlin (the Potsdam Conference), 1945
『アメリカ合衆国国務省:米国の対外関係:外交文書:ベルリン会議(ポツダム会議)、1945年』
http://digicoll.library.wisc.edu/cgi-bin/FRUS/FRUS-idx?type=article&did=FRUS.FRUS1945Berlinv02.i0002&id=FRUS.FRUS1945Berlinv02&isize=M

http://digicoll.library.wisc.edu/cgi-bin/FRUS/FRUS-idx?type=article&did=FRUS.FRUS1945Berlinv02.i0036&id=FRUS.FRUS1945Berlinv02&isize=M ←(最終文書)

62 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 00:59:51.02 ID:ZHerSh3O
◆日本国との平和条約:サンフランシスコ講和条約
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/B-S38-P2-795_1.pdf

★国際法上、日本は独立国家ではない。独立国の定義である『自治権』と、『外交権』のうち、
『自治権』しか認められていない。憲法を変え、国名も変えたが、国際法上では、未だに
『大日本帝国』である。サンフランシスコ講和条約を結んだのは大日本帝国であり、講和条約は
現在も有効なので、大日本帝国には『外交権』はなく、『武力行使する権限もない』。

国連憲章では現在でも、『JAPAN=敵国』と表記されている。このJAPANは、大日本帝国を指し、
例え、国の名称が『日本』に代わっても、国際法上は今も『大日本帝国』のままなので、安倍晋三が
いくら国連に巨額な税金を注ぎ込んだとしても、国連安保理の常任理事国には絶対になれない。
なぜなら、『国際法は、国内法に勝る』からだ。

つまり大日本帝国は、『自治国』なので、国際的にはパレスチナ自治区や台湾と同じレベルであり、
“国際法上、自治は認められているが、独立国としては認められていない”、ということになる。

また、サンフランシスコ条約に署名した吉田茂(麻生太郎の祖父)は、条約署名後の演説で
こう述べている。

“It will restore the Japanese people to full sovereignty, equality, and freedom,
and reinstate us as a free and equal member in the community of nations.”
『これにより、日本の人民が十分な主権と、平等と自由を取り戻し、我々を自由で平等な民族共同体の
一員として復帰させるものとする』

これは明らかに、日本の人民が、『軍部から主権を取り戻した』という趣旨であり、『国家主権』ではない。
つまり、大日本帝国は今も、占領軍アメリカ合衆国の属国として、国際社会の中で生き続けている、
ということだ。★(アングロシオニスト分断統治戦略『日本国内限定:領土詐欺物語』に騙されないよう注意!)

63 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:03:31.07 ID:ZHerSh3O
そしてさらに、歴代日本政府自民党と売国外務省の上級官僚がひた隠しにするこの協定合意にも注目↓

◆Joint Declaration by the USSR and Japan 19 October 1956
『日本国とソビエト社会主義共和国連邦との共同宣言 1956(昭和31)年10月19日』
http://www.russia-emb.jp/english/embassy/gallery/foreign-policy-archives-of-the-russian-federation-on-the-history-of-sovietrussian---japanese-relatio.html

ロシア連邦外務省外交政策アーカイブに、略して『日ソ共同宣言』の条約署名文書(ロシア語と日本語)が
掲示されている。この条約は1956年10月19日、ソ連のブルガーニン首相、ニキータ・フルシチョフ第一書記、
アナスタス・ミコヤン第一副首相、アンドレイ・グロムイコ外務次官、ニコライ・フェドレンコ副外相のほか
日本の鳩山一郎首相、河野一郎農林相、松本俊一全権大使が共同宣言に署名し、12月12日に発効した。

共同宣言の締結により、日本の国際連合加盟への障害がなくなり、ソ連が日本の国際連合加盟を支持した
ことで、戦前に脱退していた国際連合への加盟が許可された。

同年12月19日、鳩山首相が国連加盟に対するソ連の支持に感謝を表明する公電の写しも掲示されている。

◆Up and Away: MiG-29 Performs Amazing Vertical Takeoff 26 July 2015
http://sputniknews.com/videoclub/20150726/1025069763.html

64 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:08:26.14 ID:ZHerSh3O
★日本国民限定で重要なお知らせです!(戦争を煽る在日白丁朝鮮人自民党ネトサポは出兵しない)

※ 米英イスラエルのアングロ・シオニストの侵略戦争のための『集団的自衛権=戦争法案』が
想定通りの茶番劇で可決しましたが、『そんな害虫シオニストのために戦争をするのは真っ平だ!』
と切実に思う正常な日本国民は、ロシア軍に入隊してね。(※勧誘ではありません、1つの選択肢です)

外国人兵士募集のお知らせ♪ ↓

★外国人のロシア軍兵士希望者に関する情報↓
・Ministry of Defence of the Russian Federation(ロシア連邦国防省:英語版)
http://eng.mil.ru/en/index.htm

◆What You Need to Know About Joining the Russian Army 12 January 2015
『ロシア軍に参加するための必要知識 (モスクワタイム紙)』
http://www.themoscowtimes.com/business/article/what-you-need-to-know-about-joining-the-russian-army/514256.html

国際連合公用語英語検定試験 A級ライセンスを持ち、TOEIC 986点の3か国語ペラペラな俺は、
もし戦争に行くよう迫られそうになった場合、ロシア軍に入隊して外国人制服組トップに上りつめる♪

65 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:14:32.98 ID:ZHerSh3O
・The Russian Government:http://government.ru/en/ (ロシア政府)
・Russian Ministry of Foreign Affairs:http://archive.mid.ru//brp_4.nsf/main_eng(ロシア外務省)
・President of Russia:http://en.kremlin.ru/ (プーチン大統領のサイト)

★そして、プーチン大統領に、『お願い』がある場合のMailは、こちらにどうぞ↓

・President of Russia:Send a Letter to the President
http://eng.letters.kremlin.ru/

積極的にメールを出して、『イスラエル米英アングロ・シオニストから日本を救って下さい!』
と、世界で最も恥ずべきイカサマ掲示板 2ちゃんねるの病的な虚言癖のスネ夫や自民党ネトサポ、
シオニスト偽ユダヤのキムチ臭く、異常な執念深い点の逆さにとり真似をして、何度も繰り返し、
世界No,1の軍事力を誇る大国で、世界No,1指導者のウラジーミル・プーチン大統領に、
真摯な態度で勇猛果敢に、『日本を助けて下さい!』と、お願いしましょう(^^♪

★そして、中国政府にも併せてMailを出すことは、さらに日本人としての誇りを表現できます!

なぜなら、日本政府や外務省、防衛省が領土問題で、戦後以来70年間も国民に大噓をつき続け、
『第七三一部隊による人体実験』や、『南京大虐殺』、『従軍慰安婦』、『あらゆる富の略奪』
を実行した戦争犯罪国にも拘わらず、未だに誠意ある謝罪もなければ、戦後補償も一切せずに、
侵略者の『在日白丁朝鮮人』だけを不当に優遇し、『生活保護+在日特権』を湯水のごとく受給し、
日本国民の巨額な税金を使っているからです。

それゆえ、中国政府に対してメールを出すことは、平和を願う正常な精神を持つ日本人の誇りとして
受け止められるに違いないのです。

★ 完全に気の狂った害虫アングロ・シオニストから日本を取り戻し、
平和で国家主権を有する新しい未来の日本を創るのは、あなたです!!

66 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:21:12.77 ID:ZHerSh3O
また、人類の敵、害虫イスラエルの仕業だよ…ワシントンには直接イスラエルが命じていることを忘れずに!
EUに見捨てられた仕返しも兼ねてやったことだし、トルコも脅されている

◆米主導有志連合がシリア火力発電所を破壊、アレッポは停電
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151017/1043365.html

米国主導の有志連合がシリアでアレッポの火力発電所および変電所を空爆。
16日、ロシア国防省機動総局の責任者アンドレイ・カルタポロフ大将は声明を表し、
米軍らの空爆で、アレッポでの送電が途絶えたことを明らかにした。

諸外国の武官及びジャーナリストを対象にしたブリーフィングでカルタポフ上級大将は、
『誰かが居住区のインフラを計画的に破壊したという印象を受ける』と述べ、こんなことでは、
欧州へ押し寄せる難民の数は増える一方だと指摘した。

『同僚に向かって、どの施設に空爆を行なうべきかを説くのは我々の規則ではない。
だが、10月11日に居住区テル・アラムに有志連合が行なった空爆は、火力発電所と変電所を破壊した』

これにより、アレッポの病院、学校、住居の全てが停電状態となり、給水ステーション、下水施設も
稼動していない。現地の気温は30度で、発電所破壊による影響は深刻なものが予想されている。

『我々のパートナーらは、火力発電所が一昼夜8時間しか稼動していなかった事実を知らなかった
わけはない。それでも空爆は数日間にわたって行なわれ、10月11日、同火力発電所はとうとう完全に
稼動できなくなってしまった』

『誰かが、居住区のインフラを計画的に破壊し、一般市民が住めない状況を作り出そうとしたという
印象を受ける。このために、生存のための条件を奪われた市民は、居住区を捨て、こうして欧州への
難民が膨れ上がっていくのだ』

67 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:23:48.99 ID:ZHerSh3O
◆米主導有志連合がシリア火力発電所を破壊、アレッポは停電‐A
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151017/1043365.html

カルタポロフ大将はさらに、シリアとヨルダンの国境で空爆で破壊され、廃墟となった居住区の
残骸が見つかったことを明らかにした。

ロシア軍の空爆については、カルタポロフ大将は、空爆はこれ以上ないほど、正確に行なわれて
いると語っている。

カルタポロフ大将はブリーフィングに集まった外国の武官、記者団に対し、米軍主導の有志連合が
使用している地図を公開した。地図には、イスラム教寺院、文化施設、エネルギー関連施設、給水
施設など、民間人の生活に欠かせない施設が全て記載されている。

◆トルコ警察、ISの爆弾車を捜索
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151016/1043147.html

◆トルコ空軍、領空内で未確認無人機を撃墜
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151016/1041095.html

68 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:27:16.93 ID:ZHerSh3O
◆『パレスチナ人にも生きる権利がある。私たちも尊厳のある生活がしたい』−パレスチナ人議員
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151016/1037176.html

◆イスラエル軍の攻撃でパレスチナ人33人が殉教
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58932

◆国防省、IS拠点へのピンポイント爆撃の模様を公開(動画)
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151016/1036868.html
https://www.youtube.com/watch?v=ThLkCtqIO78

◆英国民、シリアでのロシアのIS空爆支持は70%以上、世論調査
http://jp.sputniknews.com/europe/20151016/1038619.html

◆外務省:オランダはボーイング機事故に関する報告書発表の当日、ラヴロフ外相との会談を要請した
http://jp.sputniknews.com/politics/20151016/1042796.html

69 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:31:43.24 ID:ZHerSh3O
◆ロシア航空隊、シリア内『アフラル・アシュ・シャム』の首領を殲滅
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151016/1037944.html

ロシア航空宇宙軍がシリアの武装戦闘員に対して行なった空爆でテロ集団
「アフラル・アシュ・シャム」の首領アブ・バクル・アシュ・シシャニが殲滅された。
リアノーボスチ通信がシリア軍内の消息筋の情報を引用して報じた。

殲滅されたアブ・バクル・アシュ・シシャニはチェチェン出身。
消息筋からの情報は、『10月14日、ロシア航空隊がホムス県に対して行った空爆の結果、
テロ集団の首領とその武装戦闘員らが殲滅された』

同日、シリアのSANA通信は、シリア軍が「アフラル・アシュ・シャム」の7人のメンバーを
殲滅したと報じていた。報道では、殲滅された中には集団の首領のオマール・エル・ホドルと
その補佐役でチェチェン出身のテロリストで通称アブ・アナスが含まれている。

◆チェチェンでIS戦闘員が殲滅される
http://jp.sputniknews.com/russia/20151009/1012130.html

70 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:35:10.18 ID:KN8NgO/v
>>ID:ZHerSh3O
くだらないリンク張ってないで 何でアメリカがアフガニスタンにこだわるのか説明しているやつをはれや
とりあえずアメリカでテロを起こした連中はもう始末したんだからそんなにこだわる理由も無いだろ

71 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:36:33.41 ID:ZHerSh3O
◆先日ロシアがイラクに供与したスホイ30 すでに『IS』拠点を空爆
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151016/1042172.html

ロシアはイラクに、戦闘機スホイ-30型機を供与したが、すでに「IS(シオニスト国)」戦闘員の拠点に
空爆を加えた。イラクの複数のマスコミが、イラク軍プレスセンター(MWC).の情報を引用して伝えた。

MWC のデータによれば、スホイ‐30は、イラク北部サラーフッディーン州の「IS」戦闘員の潜伏基地
3ヶ所、モスルに向かっていた車列を殲滅した。

この情報には、イラク軍のマークの入ったスホイ‐30型機の写真がつけられている。

イラク空軍がスホイ-30を入手したという情報は、初めて伝えられたものだ。

それによれば、イラクの国内状況が困難なことと関連して、ロシア政府は、スホイ-25攻撃機、
ヘリコプター「ミル28HЭ」及び「ミル35」,大型火炎放射システムTOC-1A「ソンツェピョーク」、
地対空ミサイル・システム「パンツィリ- C1」、移動型地対空ミサイル・システム「ジギト」、
各種砲撃システム及び付属弾薬、地雷撤去装甲車EPM-3M「ヴェプリ」を緊急供与した。

先に、ロシアのウラジーミル・コージン大統領補佐官は、『ロシアはイラクとの軍事技術協力を
継続するだろう』と述べ、その総額について、数億ドル規模と伝えていた。

ぃぇ━━ヽ(*゚∀゚)人(゚∀゚*)ノ━━ぃ♪ 

72 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:41:03.18 ID:ZHerSh3O
◆カディロフ氏、ロシアのテロリストのために死刑を導入することを提案
http://jp.sputniknews.com/russia/20151016/1041991.html

チェチェン共和国のリーダー、ラムザン・カディロフ氏は、ロシアのテロリストのための死刑の導入を
求めた。テレビ「ロシア24」によるインタビューで述べた。リア・ノーヴォスチが伝えた。

『私は完全に提案に賛成だ。これはロシアのために必要な措置である』と同氏。

同氏によれば、『刑務所でテロリストに食べ物を与え、生きながらえさせることは間違っている』

『彼らは刑務所でも余計物だ。預言者は言った、彼らが現れる場所には血が流れる、と』
とカディロフ氏。

先に同氏は、モスクワでテロ攻撃を準備した容疑で逮捕された容疑者は、IS(シオニスト国)に参加した
ギャングのリーダーの片腕である、と述べている。

大賛成! ネタニヤフの首を吊れ!! ぃぇ━━ヽ(*゚∀゚)人(゚∀゚*)ノ━━ぃ♪ 

73 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:47:07.14 ID:ZHerSh3O
◆プーチン大統領:ロシアはシリアで大いなる戦果を挙げた、数百人のテロリストが殺された
http://jp.sputniknews.com/politics/20151016/1042353.html

ロシア軍は、シリアで大いなる戦果を挙げた。プーチン大統領が CIS諸国首脳会議で述べた。

『シリア側と事前に合意した標的に対する空および海からの攻撃で、わが軍は大いなる戦果を挙げた。
司令部や弾薬庫が数十、破壊され、数百人のテロリストが殺され、大量の戦車が破壊された』と大統領。

大統領によれば、対国際テロリズムの主要な戦線は今、中東に引かれている。ロシアは従来どおり、
過激主義者やテロリストらと戦うために、最大限幅広い連合を形成するべきだ、との立場だ。
そう大統領は強調する。

『ロシアは再三に渡り、中東に過激主義が蔓延ることの危険性を訴え、国際社会はあらゆるレベルで
過激主義組織の取り締まりを協力して行うべきだ、と終始呼びかけてきた。
ロシアは『IS(シオニスト国)』なる団体その他、シリア国内の過激派組織との戦いにおいて具体的に
行動することが、自らの責務であると考えたのだ』と大統領。

また、大統領は、CIS 諸国はテロリストが、アフガニスタンから中央アジア地域に侵入しようとする
試みに、一致して対処するべきだ、と述べた。

『アフガニスタン情勢は、誠に危機的だ。様々なグループのテロリストらが影響力を増し、さらなる
拡張への野心を公言している。彼らの目標の1つが、中央アジア地域への進出である。
我々はこうしたシナリオを阻むべく一致して取り組むべきだ』と大統領。

+(0゚・∀・) + ワクテカ +

74 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:53:12.38 ID:ZHerSh3O
◆ロシア軍機 一週間でISの管理ポイント46、工場 6ヶ所を破壊
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151016/1042898.html

この一週間でロシア軍機は、シリア領内で「IS(シオニスト国)」のコントロールポイント46ヶ所、
工場 6つを破壊した。金曜日、ロシア国防省機動総局の責任者アンドレイ・カルタポロフ大将が
諸外国の武官及びジャーナリストを対象にしたブリーフィングで伝えた。

カルタポロフ大将によれば、この一週間で、ロシア軍機は 394回出撃し、その結果、コントロール
ポイントや通信施設46ヶ所、爆発物製造のための工房や工場 6ヶ所を殲滅、各種倉庫22ヶ所、
戦闘員の集結地、拠点、野戦施設 272ヶ所を破壊した。

カルタポロフ大将は、また次のように強調した。

『9月30日からの空爆期間中に、ロシア軍のデータでは、456の施設が殲滅された。
ロシア連邦軍参謀本部は、空爆の結果、テロ集団の戦闘員らのインフラを本質的に台無しにし、
補給・管理システムを妨害することに成功したとみなしている』

President Putin's comments are like a breath of fresh air, and they give the world hope.

The average American is weary of their government being influenced by the Israeli lobby.
Most Americans are done w/the US carrying Israel's water & fighting their battles at great human & economic cost.
Israel is a very bad subsidized child !!!

75 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 01:59:58.93 ID:ZHerSh3O
>>74 続き。その一方、テロ国家イスラエルの下僕=米、英、仏、アラブの有志連合軍は…

◆量 対 質 ←(愉快な風刺画付きだから、アクセス↓して見てみると良いよww)
http://jp.sputniknews.com/cartoons/20151010/1018417.html

ここで指摘しなければならないのは、米国は丸一年、テロリストがいるシリアの地方を攻撃する
代わりに、『ただ砂漠に爆弾を投下していた』という事実だ。

9日、ロシア議会国際問題委員会のアレクセイ・プシコフ委員長は、自身のツイッターの中で、
こんな風につぶやいている…

『ジョン・マケイン上院議員は、米国が訓練した戦闘員らに対し空爆していると我々ロシアを
非難しているが、そうした輩はもう逃亡してしまったか、『アルカイダ』に加わったかしており、
事実上、彼らを空爆する事など不可能なのだ』

8日、欧米のマスコミは、ロシア軍機が、かつて米国が訓練を施した反乱勢力を空爆したかの
ような報道を一斉にした。

しかし米国は、自分達が訓練した『兵士』のうち、実際『IS(シオニスト国)』と戦っているのは
たった 9人で、残りは全て、『シリアの砂漠のどこかで行方不明になった』事をすっかり忘れて
しまったようだ。 …o(__)ノ彡_☆バンバン!! _(T▽T)ノ彡☆ばんばん!! !! …∠T▽T)ノ彡☆ハライテーヨ

◆米主導有志連合がシリア火力発電所を破壊、アレッポは停電 ←(ネタニヤフ&ブッシュを吊るせ!)
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151017/1043365.html

76 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 02:04:25.86 ID:ZHerSh3O
◆元米国務長官、『シリア問題で米国は自身の手で自分を袋小路に追いやった』
http://jp.sputniknews.com/politics/20151010/1017804.html

ローレンス・ウィルカーソン元米国務省長官は、ロシアのテレビ局RTからのインタビューに答え、
シリアのアサド政権転覆に対するホワイトハウスの執着が、『IS(シオニスト国)』に立ち向かう
ために露米イラン、トルコの力を集結させる障害となっていると語った。

ウィルカーソン氏は、米国はシリア問題で、自分で自分を袋小路に追いやったと指摘している。

ウィルカーソン氏は、パウエル元大統領上級顧問外交問題担当やホワイトハウスの一連の役人が
オバマ大統領に対し、シリア危機の唯一の原因は…、旱魃と水不足でシリア農民らが都市に流入
している状況だと納得させた段階で、米国はシリアの内戦(いや、お前らの侵略なんだが??)に
『加わってしまった』と考えている。こうした状況が完全に出来上がっていたがために、米国は
『人権擁護』メカニズムを使わざるを得なくなったというのだが、実のところは、米エリートの
一部が別の目的を追求したに過ぎなかった。

77 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 02:13:47.12 ID:ZHerSh3O
◆元米国務長官、『シリア問題で米国は自身の手で自分を袋小路に追いやった』‐A
http://jp.sputniknews.com/politics/20151010/1017804.html

『パウエルのような人間が誤って、これはアサド政権転覆のチャンスだと思ってしまったのだ。
彼らはアサドを無慈悲な専制君主扱いしていたからだ。シリア大統領引きずり下ろすにはエジプトの
ムバラク政権転覆に使われた『雛形』どおりに行われるはずだった。だが、この方法は明らかに巧く
いかなかった。ムバラクが、エジプト国民に忌み嫌われていたのであれば、彼の辞任は時間の問題
だったが、アサド政権はその逆に、シリアの様々な社会層に支持されている。
軍人、アラブ人社会、特に首都ダマスカスの実業界がアサド氏を支えている』(>>49翻訳記事参照)

『アサド氏が近い将来どこかへ出て行くという前提は何もなかった。
米国は、アサドは出て行くべきだという愚かな声明を表した。
こういうのを『自分の仕掛けた地雷にひっかかる』と言うのだ』

ウィルカーソン氏は、シリア大統領が米国にとって、『ペルソナ・ノン・グラータ』(好ましからぬ
人物)になった段階で、米国政府は自らのシリア政策の過ちを認め、アサド大統領との関係を、一歩
後退させて、『IS(シオニスト国)』との闘いに全力を投球すべきだったとの見解を示している。

78 :花の子えんまくん:2015/10/17(土) 02:26:11.53 ID:poDynbLx
イスラム過激派の活動が活発化すれば、湾岸産油国から日本への原油輸入に大きな支障をきたす。

アフガン不安定化は日本の安全・アジアの安定に極めて深刻な影響を与える。

まさに、日本にとっての重要影響事態だ。

先日成立した戦争関連法のうちの「重要影響事態法」に基づいて、米軍に対する後方支援(兵站・戦闘中の捜索救助を含む)を行うべき状況だ。

いよいよ自衛隊がアフガニスタンに行って、アメリカ軍の犠牲を肩代わりする・アメリカ軍の弾除けになり血を流す番だ。

自衛官の家族は死んだら一千万円〜1500万の一時金(および遺族年金)でガキを成人まで育てる準備(か再婚相手を探す)をしておこう。

これで日米同盟はさらに深まり、日本の安全はさらに確保されるね。

これは安倍ちゃんGJだね!

すばらしい。

79 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 02:36:54.62 ID:ZHerSh3O
寄生虫乞食の極悪ハゲ鷹が資金を貸し付け、EU国民から主脱仕様と企んでいる構図↓
こいつらと IMFの害虫シオニストも吊るすべきだ! 
日本が、IMF の世界No,1の『税金支出国』だという点を考えれば、安倍晋三自民党議員、
売国官僚どもも、国際法廷に引きずり出し、責任をとらせて全員吊るすべきだ!

◆世界銀行、『シリア難民受入れ国は、多額の負担を支出』
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58947

世界銀行が、シリア難民を受け入れているシリアの近隣諸国は、GDP国内総生産の 1%から1.5%を支出
しているとしました。

IRIBによりますと、世界銀行の関係者は、シリア難民の受入国は大きな支出があると述べ、
『長期間に渡り、シリアの近隣諸国に難民受入を強いる事になるため、世界銀行は加盟国と補助金に
関して協議を行おうとしている』としました。

世界銀行はヨルダン、レバノン、トルコにおける難民受け入れの支出をこれらの国のGDPの 1.1%から
1.4%と見積もっています。

情報筋の発表によりますと、世界銀行はシリア難民受け入れに向けた近隣諸国への資金援助を行おうと
しています。

世界銀行の関係者は、難民が、レバノンやヨルダンに多額の支出を強いることになるため、富裕国や
ペルシャ湾岸諸国からのこれらの国への支援を得ようとしています。

80 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 02:45:58.34 ID:ZHerSh3O
>>78……ID:poDynbLx、>>50>>46>>39>>32>>24…ID:nvjXP2L4
その、在日白丁朝鮮人しか支持しない、気持ちの悪い『安倍チョン、GJ !!』の
コピペは、世界中に流してあげたからね、スネ夫くん(^^♪ …嬉しい??

>>70… ID:KN8NgO/v

くだらないのは、朝鮮糞バエ・スネ夫と朝鮮糞バエ安倍晋三の頭の程度。
スネ夫のような洗脳バカに掲示しているのではないから勘違いすんな、マヌケ!

81 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 02:52:58.53 ID:ZHerSh3O
◆治安確立にむけたシリア軍の作戦が各地で継続
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58952

治安確立にむけたシリア軍の作戦が、同国各地で続けられています。

レバノンのアルマヤーディンTVが16日金曜に伝えたところによりますと、シリア軍は各地での
テロ掃討を続けようとする中で、アレッポの南部と南西部の掃討作戦を始めました。

シリア軍はこれまでに、アレッポ南西部の幾つかの地区と農地を奪還しました。

また、アレッポのテロ組織の作戦司令部とテロリストも、投降の意向を示しました。

一方で、シリアとロシアの戦闘機は、多くのチェチェン人やタジク人テロリストを抱えるアレッポ
南部のテロ組織の拠点を空爆しました。

また、中部ホムス郊外では、テロ組織のミサイル発射装置と拠点が破壊されました。

シリア軍は、ハマー郊外でも、ミサイル攻撃や砲撃により、テロ組織の拠点への攻撃を続けています。

ネタニヤフとブッシュ、安倍晋三の首を吊れ!! ぃぇ━━ヽ(*゚∀゚)人(゚∀゚*)ノ━━ぃ♪

82 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 02:57:03.11 ID:ZHerSh3O
◆Russia Supplants the U.S. in Global War Against “Jihadists”. Saudi Arabia Favors “A Political Solution in Syria” By Eric Zuesse 12 October 2015
『聖戦主義者に対する世界的な戦争でロシアに追い越されるアメリカ ‐エリック・ズエス』
http://www.globalresearch.ca/russia-supplants-the-u-s-in-global-war-against-jihadists-saudi-arabia-favors-a-political-solution/5481704

これは、特にサウジアラビアのワッハーブ派サラフィ主義、最も攻撃的な原理主義スンナ派イスラム教
(カルト)の1つの形式だ。例えばアル・カイダ、ISISやタリバンは全てワッハーブ派サラフィ主義の
イスラム教徒で、全ては基本的に、主にサウジアラビアの王族によって資金供給されている。↓

★Al Qaeda’s Bookkeeper Spills the Beans By Eric Zuesse 11 February 2015
『アル・カイダの簿記係が、うっかり秘密を漏らす ‐エリック・ズエス』
http://rinf.com/alt-news/editorials/al-qaedas-bookkeeper-spills-beans/

アメリカは1979年に、ソ連をアフガニスタンの侵略に誘い込むため、ジミー・カーター政権の末期に
親ソ連政権を転覆させるために、アフガニスタン入りしていたサウジアラビアの『ムジャヒディン
(訳注:アル・カイダ、タリバン、イランの社会主義反体制派ムジャヒディン・ハルク)』の戦闘員を
武装させ始めた。↓

★Brzezinski And The Mujahideen 1979 18 May 2012
『ブレジンスキーと聖戦主義者1979年』
https://www.youtube.com/watch?v=d4lf0RT72iw

『私は基本的に、カーター大統領への書簡にこう記した』:
『現在、我々はソ連に連中のベトナム戦争をくれてやる好機だ』とカーターの国家安全保障担当顧問で
デイビッド・ロックフェラーのProtegee(訳注:妹分…おカマか?)で、欧米・日本の『三極委員会』の
共同創設者ズビグネフ・ブレジンスキーは、1998年のインタビューでこう述べている。↓

★Brzezinski Interview(ブレジンスキー・インタビュー)
http://dgibbs.faculty.arizona.edu/brzezinski_interview

83 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 03:05:06.51 ID:ZHerSh3O
>>82の下の方、ブレジンスキーとロックフェラーが設立した『三極委員会』を参照

◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

これは、Trilateral Commission=日米欧三極委員会のロゴマーク。
(サイト内参照:666の意味を持つ)
(ちなみに、http://www. ←『World Wide Web も、(www=ヘブライ語で666を表す)

このロゴの意味するところは、ニューワールドオーダー(新世界秩序:NWO)の
『シオニスト国家の集合体』です。ロゴマークを形成する『三本の矢』の一つが日本。

ディビッド・ロックフェラーとズビグニュー・ブレジンスキーがこの委員会を設立した
1973年に、日本は新世界秩序に組み込まれたのです。

自民党という政党は、そもそもが、ニューワールドオーダー推進のために CIAの手を借りて
育成されてきた政党。安倍政権は、与えられたミッションを忠実に実行しているのです。

『日本政府の内部に CIAに飼われている連中がいる』

陰謀めいた秘密の機関。
それらは民間の団体、会議、グループで、アメリカ政府、英国政府の周辺に、
『まとわりつく』ようにして影響力を行使しています。(日本の場合は財団法人という形式に
なっています)

・日米欧三極委員会(日本での正式名称は、『三極委員会』)
・外交問題評議会(CFR)
・王立国際問題研究所(RIIA:所在地の名をとってチャタム・ハウスとも呼ばれる)
・三百人委員会(Committee of 300)
・ビルダーバーグ会議

84 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 03:11:29.88 ID:ZHerSh3O
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐A
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

…3.11以降、ジャパンハンドラ―として前面に出てきて、安倍晋三、麻生太郎、石破茂らを
まるで人形のように自由に動かしている戦略国際問題研究所(CSIS:バチカンと関係が深い)の
活動からも、外交問題評議会 (CFR)の世界戦略が透けて見えるようになってきたので、
『世界政府』主義者が、この国の内部で活動していることも隠せなくなっています。

こうしたことは、日本人にはとても理解できないことなのです。
だから、自分の理解の能力を超えたときに『陰謀話』として片づけてきたのです。

しかし、平和ボケからいつまでも脱しきれない国民が惰眠を貪っている間に、それが実在して
作動していることを身をもって体験できるところまで許してしまったのです。

CSISの位置付けは、CFRの手足の1つで、『日本担当』の実働部隊、ジャパン・ハンドラ―です。
日本の政治家の卵が、このシンクタンクに一定期間預けられて、将来のグローバル・エリートとして
『再孵化(洗脳)』されて、政界という『すでに民営化された市場』に送り出されます。
小泉進次郎は、その典型です。

このインタビューの中では『日本政府の内部に CIAに飼われている犬がいる』事が暴露されていますが、
何も今に始まった事ではなく、明治維新の坂本龍馬などは、その典型です。
彼らはフリーメーソンに手なづけられ、育成された若者たちでした。

以後、連綿と、対米従属路線をひた走る事こそが是であると考えている洗脳政治家が増えているのです。

85 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 03:43:10.13 ID:s0lBmdpb
>>1
イラクから撤退した時は、まだはえーだろとは思ってたんだよな( ̄ー ̄)
何でもかんでも公約通りじゃいかんよな、やっぱ(・_・)

86 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 07:22:29.85 ID:63uCv48D
>>4
×ユダヤ
○ロックフェラー

87 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 12:45:03.90 ID:qs3/9YGl
こいつらは日本との戦争の成功体験が忘れられなくて、それ以降の戦争はすべて負け戦なのに全く学習できていない。

勝手に自滅してくださーい。

88 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 20:20:11.71 ID:N37l7yKA
シリア難民、アフガン派兵?

89 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 20:59:12.66 ID:WYZeevvO
さすが、ノーベル平和賞取るだけのことはあるな!

90 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 21:38:18.88 ID:ZHerSh3O
>>84続き

◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐B
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

その他、CSISのような日本の中枢に深く浸透している『日本担当』のワシントンの
民間シンクタンクには、ブルッキングス研究所があります。

日本の経産官僚の何人かは、ブルッキングス研究所に研究員として派遣され、間違った
グローバリズムをインプリントされて日本に帰ってきます。
そうした連中が TPPや秘密保護法を推進したがっているのです。

東大一直線で、一生懸命に勉強して晴れて国家公務員第1種試験に合格し、念願かなって
花の東京の霞が関にお勤め。さらに、国費でアメリカ留学でもしようものなら、もう有頂天で、
完全にグローバリズムの脳内インストールの完了です。

こうした子供官僚が霞が関にたくさんいて、『我こそが日本の支配者』を気取っているのです。

ブルッキングス研究所は、日経とCSISが共同で設立した『バーチャル・シンクタンク』なる
日本人洗脳機関で、官僚だけでなく、御用学者へもグローバリズムのインストールを行っています。

このように、まず日米欧三極委員会や外交問題評議会 (CFR)、王立国際問題研究所などが、
地球全体の大まかな設計図(グランド・デザイン)を描き、それを現実レベルに落とし込む段階で、
ランド研究所やCSIS、ブルッキングス研究所といったワシントンの片割れに詳細なディーテールの
作成を依頼するのです。

91 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 21:41:12.33 ID:ZHerSh3O
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐C
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

そして、アメリカの政治家は、それを有権者が飛びつきそうな言葉に変えて選挙に臨みます。
当選してからも、政治家先生たちは、こうしたシンクタンクのデザインに沿った政策を出します。

というのは、上に挙げられた委員会や評議会、その下部の実働部隊として動くシンクタンクに
資金提供しているのが、どこでも見かける同じ名前の特定の多国籍企業なのです。

ですから、安倍晋三や麻生太郎、甘利明、石破茂などの二世、三世議員が日本を売り渡す政治を
行うことは自然なことなのです。

二世議員、三世議員の特権とはアメリカの支配層(それは、国境という概念を持たないグローバル
エリートたち)とツーカーでつながることです。

さて、トップ画像の説明にもあるように、日本は日米欧三極員会の『3本の矢』のうちの1本の国家です。
『三極委員会』は、ただの民間の委員会に過ぎません。

しかし、この委員会が実質、日本・アメリカ・ヨーロッパの各国、各ブロックの政策を調整し、
『世界統一政府』の創設を目的としたShadow Cabinet(陰の政府)の役割を果たしているのです。

以下は、その証拠になる文書についての記事です。
安倍晋三が民主主義に日本国民に敵対して、民主主義を破壊してまでも、『彼ら』から与えられた
ミッションを忠実にこなそうとしている理由も分かろうというものです。

92 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 21:44:57.68 ID:ZHerSh3O
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐D
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

★Who really runs things in America ? By Jon Rappoport 11 October 2013
『アメリカの物事を本当に動かしているのは、いったい誰?』
https://jonrappoport.wordpress.com/2013/10/11/who-really-runs-things-in-america/

不名誉な日米欧三極委員会はまだ存在しています。

★Trilateral Commission:三極委員会(トライラテラル・コミッション)
http://www.jcie.or.jp/japan/gt_tri/

多くの人々が、ディビッド・ロックフェラーによって1973年に設立された『三極委員会』が、
すでに、過去の遺物であると考えています。

再度、考えてみてください。
『ワシントン上に君臨する三者』の著者、パトリック・ウッドは、アメリカに在住している
日米欧の『三極委員会』のメンバーは87人いると指摘しています。

(※『ワシントンの上に君臨する三者』(Trilaterals Over Washington)は、無料公開されています。
htmlでは、http://www.bibliotecapleyades.net/sociopolitica/esp_sociopol_trilat07.htm
pdfでは、http://www.hollings.net/Content/Sutton-TrilateralsOverAmerica.pdf)

オバマは、その87人のうちの11人を政権の何らかのポストに就けています。

日米欧三極委員会のもともとの目標は、『新しい国際経済秩序』を打ち立てることであった
ということを心に留めておいてください。

93 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 21:46:21.36 ID:ZHerSh3O
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐E
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

さて、たとえ話ですが、オムレツを作るためには、まず卵を割らなければなりません。

オバマ政権の重要ポストに就いている以下の日米欧三極委員会のメンバーが、どのようにして
全国的な混乱を引き起こすのか、あるいは、どのようにして国境を消してしまうのか、また、
世間から隠れている世界的集団の中に、我々の経済とお金を包み隠してしまうために成立させた
国際協定を、どのように導入させるのかを考えてみてください。

そこには、『New World Order (新世界秩序)』という言葉が浮かんできます。

・ティム・ガイトナー(財務長官)、
・ジェームズ・ジョーンズ(国家安全保障問題担当補佐官)、
・ポール・フェルカー(経済回復諮問委員会の委員長)、
・デニス・ブレア(国家情報長官)…

全て、三極委員会のメンバーです。(それぞれの肩書は過去のもの)

2008年の大統領選で勝利したオバマの就任式以来、彼は、日米欧三極委員会の共同設立者である
ズビグニュー・ブレジンスキーによって指導を受けてきました。

ヨーロッパでは、財政的に難問を抱えた国家、ギリシャとイタリアの首相として、それぞれ、
ルーカス・パパデモス、そしてマリオ・モンティが据えられました。

この二人とも、三極委員会のメンバーであり、それだけでなく、モンティは三極委員会の
元ヨーロッパ議長でした。

この本の著者パトリック・ウッドは、1973年以来、10人の米国通商代表のうち8人までが
三極委員会のメンバーであったこと、また、世界銀行の8人の総裁のうちの6人が、やはり
日米欧三極委員会のメンバーであったと数えています。

94 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 21:47:58.16 ID:ZHerSh3O
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐F
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

以下は、ズビグニュー・ブレジンスキーが彼の教父ディビッド・ロックフェラーと日米欧三極委員会を
設立する4年前に書きました:

『人間の組織化された生活の基本単位としての民族国家は、すでに主要な創造力足りえない。
国際銀行と多国籍企業は、民族国家の政治理念より、ずっと先んじて行動しており計画している』。

他の注目すべき三極委員会のメンバーには、
・ジョージ・HW・ブッシュ、
・ビル・クリントン、
・ディック・チェニー、
・アル・ゴア
らがいます。

最初の3人は、アメリカを外国の戦争へと仕向ける事によって国の借金を増やし、経済を沈下させ
ました。また、アル・ゴアの温室効果ガスの排出権取引制度は、産業経済を破壊するでしょう。

この間、現代のエネルギー源にアクセスできない第三世界の人々の数は劇的に増加しているのです。

これらの事実から、なぜ米国経済が2008年から一向に回復しないのか、連邦救済措置の恩恵が、
(貧困層にいきわたらず)富裕層をさらに富ませる結果となったか、そして、なぜ、オバマが経済を
あえて回復させないような政策ばかり取っているのか、手がかりを見つけることができるでしょう。

95 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 21:50:09.31 ID:ZHerSh3O
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐G
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

ティム・ガイトナーの経済アドバイザーたちの取り巻きを詳細に見ていけば、この『三極』が経済を
冷え込ませるように動いている理由が分かります。

・ポール・フェルカー(経済回復諮問委員会の委員長)

・アラン・グリーンスパン(連邦準備制度理事会議長:アイン・ランドの一番弟子。
アインランドのパトロンは、フィリップ・ロスチャイルド)

・イー・ジェラルド・コリガン(ゴールドマン・サックス取締役)

・ピーター・G・ピーターソン(リーマン・ブラザーズの元 CEO、外交問題評議会の前任会長)

これらの人々はすべて日米欧三極委員会のメンバーです。

彼らの政策課題が、どうやら、経済の方向性をコントロールしているらしい、と私たちが
悟る前に、私たちが必要としているうさぎ小屋に、何匹のキツネがいるでしょう。

三極委員会は、米国経済の構築には何ら関心を持っていません。
彼らは、新しい国際通貨の創造の最終段階として、米国をぶち壊したいと考えているのです。
それは、事実上、グローバリストの管理システムが全地球上への到来を告げることになるのです。

96 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 21:52:23.13 ID:ZHerSh3O
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐H
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

三極委員会の謎めいた目的に関するどんな質問にも、ディビッド・ロックフェラー自身が応えています。
(回想録2003年)

人々の中には、私たち一族がアメリカの国益に反して暗躍している秘密の陰謀団の一味であると信じて
いる者もいたし、私の家族と私を指さして、『世界主義者』と呼んだり、他の世界の有力者と結託して
共同謀議をたくらみ、世界を政治的、経済的に統合して『ワン・ワールド政府』を作ろうとしていると
考えている者さえいた。

そのように彼らが批判するのであれば、私は甘んじてその追及に対して『有罪』であると認めよう。
それどころか、私はそのように言われることを誇りに思っている。

97 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 21:57:34.98 ID:oJvbGcyH
>>1 2ちゃんねる規制とやらで、違法な言論弾圧をする権利はお前にはない!

◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐I
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

三極委員会が創設された1970年代が全盛期だったと見誤っていた人たちでさえ、その支配的な権力を
認識していた人はごく少数しかいなかったのです。

ここに、過去の注目すべき瞬間に放たれたクローズアップ・スナップがあります。

それは魔法の国の秘密の会話のようでした。
リポーターのエレミヤ・ノバックと、2人の三極委員会のメンバー、カール・カイザーと
リチャード・クーパーとの間で交わされた秘密の会話です。

このインタビューは1978年のものです。
それは、誰が、カーター政権の間、米国の経済や政治方針を作成していたのか?
という問題に注がれました。

三極委員会のカイザーとクーパーが不注意だったのか、ついうっかり漏らした話は驚くべきものです。
彼らがこういっているのだから、それは事実なのでしょう。

『私たちが明らかにすることは、すでに世間には出てしまっていることだ。
なぜ、あなた方は、そんなに興奮しているのだ。私たちは、すでに勝っているのに…』

98 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 22:01:08.49 ID:oJvbGcyH
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐J
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

ノバック記者:
「アメリカのヘンリー・オーエンによって先導され、米国、英国、西ドイツ、日本、フランス
およびEEC(欧州経済共同体)の各代表によって構成されている民間の三極委員会が、それぞれの国の
経済政策や政治方針を決めているというのは本当でしょうか?」。

リチャード・クーパー:
「ええ、(それについては)三回、会合を開いていますから」。

ノバック記者:
「しかし、最近の論文では、三極委員会は非公式のままにしておくほうがよい、と述べられています。
公式な委員会にしてしまうと、三極委員会に参加していない他の国々を不快にさせてしまうから、だとか。
あなた方は、いったい誰を気にしているのでしょう?」

カール・カイザー:
「ヨーロッパの多くの国は、西ドイツが三極委員会で支配的な役割を果たすことに憤慨するでしょう」。

リチャード・クーパー:
「多くの人々が、それぞれ個別の国に住んでいます。それぞれの国が政策的に同じように統合される
ことには反発するでしょう」。

99 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 22:04:23.04 ID:oJvbGcyH
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐K
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

ノバック記者:
「しかし、この三極委員会は、あなた方にとっては必要です。
どうやれば、秘密にしておくことができるとお考えですか?
それとも、三極委員会の参加国が、それらの政治・経済の政策を行なうという決定を
国民が支持するように持っていくことは難しいとお考えですか?」。

リチャード・クーパー:
「ああ、でも公表するかどうかは報道の仕事だと思いますが」。

ノバック記者:
「そうですね。しかし、なぜカーター大統領は、三極委員会の存在を世間に公表し、アメリカ経済や
政治権利が、ヘンリー・オーエンと他の6名から構成されている三極委員会によって調整されている
ことをアメリカ国民に話しかけなかったのでしょう。

どうであれ、アメリカの政策が多国籍レベルで調整され、作成されているのであれば、アメリカ国民は
それを知るべきだと思いますが」。

リチャード・クーパー:
「カーター大統領と国務長官ヴァンスは、演説する時は常にこう言っています」。

カール・カイザー:
「それは、今、とりたてて問題ではない」。

(出所:『三者相互協力 三極委員会、そしてエリートによる世界運営のための計画』
ホリー・スクラー著 1980年  サウスエンド出版 ボストン 192〜193ページ)

100 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 22:07:58.06 ID:oJvbGcyH
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐L
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

もちろん、カイザーやクーパーは、三極委員会によって操作されている事案については、
すべて公開されている、と言っていましたが、そんなことはありません。

彼らのインタビュー記事は、とりもなおさず、主流メディアの下をスルリと通り抜けて、
結局、無視され埋没していったのです。
それは、言うほどのレベルでスキャンダルになりませんでした。
その本質は、ウォーターゲート事件などより、遥かに大きなものであるにもかかわらず。

米国経済と政策は、ジミー・カーター政権下で国家安全保障問題担当補佐官に任命された
ズビグニュー・ブレジンスキーとディビッド・ロックフェラーとによって、
『非公式の討論グループ』として1973年に創設された三極委員会によって動かされています。

カーターが大統領選挙に勝った時、彼の補佐官、ハミルトン・ジョーダンはこう言いました。
『もし、大統領の承認式の後で、サイラス・ヴァンスとブレジンスキーが、それぞれ国務長官と
国家安全保障担当補佐官として政権に乗り込まれてきた場合、それは我々の敗北を意味する。
私は辞任するつもりだ』。

この二人は、日米欧三極委員会の強力なメンバーだったので、彼らが政権の重要な地位に就くよう
任命されたという意味は、ホワイトハウスが、この三極委員会の手の中に転げ落ちた事を意味するのです。

101 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 22:11:43.66 ID:oJvbGcyH
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐M
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

果たしてハミルトン・ジョーダンが危惧していた通り、サイラス・ヴァンスとブレジンスキーは
国務長官と国家安全保障担当補佐官に任命されてしまったのです。

しかし、ジョーダンは辞任しませんでした。彼はカーターの首席補佐官になったのです。

『世界のすべての国家、すべての人々が、一つの集合体である』という考えを(世界中の大衆に)
植え付けるために、過去40年にわたって、様々な段階で壮大な(新世界秩序を推し進めようとして
いるグローバル・エリートたちによる)プロパガンダが展開されてきた事をよく考えてみましょう。

政治的・経済大国のハイレベルから展開される、こうした様々なプロパガンダが、(国境、人種、
宗教の枠を取り払って)一つに固められ、そして、たった一つの権力によって動かされ管理されて
いる、地球という惑星の住民に対する『啓蒙』という目的を持っているのです。

★その力の中心的な推進力になっているのが、『日米欧三極委員会』なのです。

102 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 22:15:06.55 ID:oJvbGcyH
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐N
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

記事のソース:
パトリック・ウッド、『日米欧三極委員会のエンドゲーム』

この記事を執筆したジョン・ラポポート(Jon Rappoport)は、二つの爆発的にヒットした作品の著者です。
それは、『The Matrix Revealed』と、『EXIT from The Matrix 』。

ジョン・ラポポートは、カリフォルニアの29番目の選挙区の候補だった。

彼は、30年間、調査報道に携わっている記者でピューリツァー賞にもノミネートされたことがある。
政治、医学に関する記事を多数執筆。「CBS Healthwatch」の健康記事やLAウィークリー、スピンマガジン、
スターン、その他の米国とヨーロッパの多くの新聞、雑誌に多数執筆。

彼は、世界中の聴衆に地球政治、健康、論理学に関する講義やレクチャーを行っている。
ジョン・ラポポートのサイトは、こちら。→ http://www.nomorefakenews.com/

103 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 22:20:12.70 ID:oJvbGcyH
◆秘密保護法と NWO(新世界秩序)の日米欧『三極委員会』とのつながり‐O
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

★日米欧三極委員会の日本事務局は(財)日本国際交流センター

日米欧三極委員会の日本事務局は(財)日本国際交流センターが担当しています。
ここが日本側の NWOエンジンです。

論文集「トライアングル・ペーパーズ一覧」にある論文の執筆陣の顔ぶれを見れば、
以前から、グローバリストであると目されていた人物がすべからく出ています。

ズビッグネフ・ブレジンスキー、ヘンリー・キッシンジャー、ジョゼフ・ナイ、
小和田 恒、田中均の各氏は常連のようです。日本の外務官僚の名前も出ています。

つまり、間違いなくグローバリスト(日本政府などより世界政府を待ち望む人々)
であるということです。

上のインタビュー記事に出ているリチャード・クーパーやカール・カイザーも論文を寄せています。

リチャード・クーパー(ハーバード大学モーリッツ・ボアズ講座国際経済学教授)の論文:

『金融の国際的統合−その政策課題』(Triangle Papers:37)
『国際体系の再編成に向かって』(Triangle Papers:14)
『新しい国際金融制度に向かって』(Triangle Papers:1)

カール・カイザー(ドイツ外交政策協会研究所所長)の論文:

『東西関係の展望』(Triangle Papers:31)
『国際体系の再編成に向かって』(Triangle Papers:14)

104 :七つの海の名無しさん:2015/10/17(土) 22:30:28.16 ID:oJvbGcyH
>>103 の続きについては、世界で最も恥ずべきイカサマ掲示板 2ちゃんねるが

半狂乱になって書込み規制しているので掲示できません

★日本国民にとって、非常に重要なことなので、是非、サイトで直接読んで下さい。

105 :七つの海の名無しさん:2015/10/18(日) 10:43:10.41 ID:s5FGuHBP
おばま政権前のゴタゴタなんぞ知らんし興味ないからぁなんだろ
オバマは最新の太平洋南沙事案を解決したくてウズウズしてる感じw
このままチビチビ中独に米国債売られちゃ国債市場が壊れる

106 :七つの海の名無しさん:2015/10/18(日) 11:02:54.17 ID:Z0e38ntl
オバマは

隠れイスラム教だから、ダメなんだよね。

107 :七つの海の名無しさん:2015/10/18(日) 15:15:18.32 ID:vG6kFe7q
中露にはさまれた中央アジアって、かなりの危険地帯になりそう

108 :七つの海の名無しさん:2015/10/18(日) 17:55:43.93 ID:bY3FuFxc
アフガニスタン軍よりタリバンの方が国民の支持を得ているということじゃねーのか?

109 :七つの海の名無しさん:2015/10/19(月) 15:38:39.25 ID:/mWx+i6u
,
ー 巻き添えなど厭わず、取りあえず爆撃しとけ!、が米国のスタンスか? ー

■ アフガニスタンで米軍が「国境なき医師団」の病院を空爆 ■

◆アフガン誤爆、米当局は病院を認識 Yahhoo
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6177783

◆アフガン病院誤爆 国連、「戦争犯罪の可能性も」 CNN
http://www.cnn.co.jp/world/35071433.html

◆APがすっぱ抜き、「国境なき医師団」は誤爆にあらず、米軍はあらかじめ熟知
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20151016/1040492.html


■ 米国の無人機攻撃で殺害 9割が別人 ■

◆米の無人機攻撃で殺害 約9割が別人の時期も NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151017/k10010273461000.html

◆米無人機「殺害した9割が別人」 Yahoo
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151018-00000001-nnn-int
,

110 :七つの海の名無しさん:2015/10/24(土) 06:08:27.76 ID:hbIx3/Bz
金と宗教に狂った馬鹿のおかげで優秀な政治家は大変や

111 :七つの海の名無しさん:2015/10/26(月) 13:22:19.41 ID:4JzyC4e3
キチガイスレ

112 :七つの海の名無しさん:2015/10/27(火) 17:46:27.29 ID:C9QYrPqV
この手があったか本当使えねえなこのクロンボ

113 :七つの海の名無しさん:2015/10/28(水) 01:55:28.63 ID:oLpfoldo
しかしこの微妙な時期に人気取りの為にシナを挑発とかとうとう頭いかれたくさいなこいつ・・・
ひょっとするとオバマってブッシュとか鳩山以上のルーピーなんじゃねーの?
いやマジでw

114 :七つの海の名無しさん:2015/10/29(木) 00:58:10.47 ID:iT7NOfOH
最近低湿な記事が目立つな トルクメニスタンの原油や天然ガスのパイプラインをアフガニスタンに
作る予定があるから アフガニスタン南部の治安維持が重要なんだよ 北部はどうでもいいというのがアメリカの
姿勢だ 阿部さんはトルクメニスタンと経済協力を発表した 集団的自衛権で日本の自衛隊をアフガニスタンに
出す可能性もある

115 :七つの海の名無しさん:2015/10/30(金) 19:18:31.80 ID:HA4uftrk
日本国内にいるアメリカ人全員今すぐ帰国させるべきだと思うな、だーめだ、アメリカはもう

116 :七つの海の名無しさん:2015/11/08(日) 19:42:20.42 ID:aibtSQT5
>>111… ID:4JzyC4e3

そもそも、世界で最も恥ずべき掲示板2ちゃんねる自体が、奇痴害朝鮮人が運営しているという
現実を自覚する必要がある。

世界最低レベルの日本馬鹿チョン・ダマスゴミが絶対に報じない、世界的ジャーナリストによる
優れたスクープ記事で埋められた素晴らしいスレにしてやった俺に感謝すべきであり、
『キチ害』という非難は、完全に気の狂った大量殺戮魔のシオニスト・イスラエルと
その属国の米英、日本政府の奇痴害どもに向けるのが正常な人間のすることだ。

★スネ夫は、真実を掲示されると、『コピペが―!』、『キチ害が―!』と
脊髄反射で発狂火病を引き起こすしか手段のない公害野郎にすぎないんだよ、使えないクズ!!

117 :七つの海の名無しさん:2015/11/17(火) 01:29:09.84 ID:2YgNYqOk
【Pray for Paris】パリの同時多発テロの追悼ライトアップ(東京タワー)1

https://www.youtube.com/watch?v=7qKNdpLz3rk
……………………

118 :七つの海の名無しさん:2015/11/24(火) 23:15:34.05 ID:NGKI1o5U
>>115
あいつら各方面でヘイト集めまくってるし居座られても迷惑だよな
テロに巻き込まれて死にたくないわ

119 :七つの海の名無しさん:2015/11/25(水) 23:54:30.54 ID:Gie8H9zu
アメリカ合衆国に騙され続けた日本

ブレア氏は「フセイン大統領(当時)は化学兵器を自国民らに大規模に使ったと言われたが、そのような計画は存在しなかった」と述べた

120 :七つの海の名無しさん:2015/11/25(水) 23:54:31.35 ID:Gie8H9zu
アメリカ合衆国に騙され続けた日本

ブレア氏は「フセイン大統領(当時)は化学兵器を自国民らに大規模に使ったと言われたが、そのような計画は存在しなかった」と述べた

132 KB
新着レスの表示

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :


read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)