5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ヨルダン】ヨルダン:国王とイスラム教の微妙な関係…イスラム主義勢力を抑え込もうとする国王の試みは裏目に出るか?[01/31] [転載禁止]©2ch.net

1 :Hi everyone! ★ 転載ダメ©2ch.net:2015/01/31(土) 23:34:28.00 ID:???
ソース(JBPress、英エコノミスト誌 2015年1月24日号)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42803

 イスラム主義勢力を抑え込もうとする国王の試みは裏目に出るか?

 ヨルダンのアブドラ国王にとっては常にそうだが、政治はちょっとしたギャンブルだ。国王は過激派イスラム主義との戦いの一環として、
地域の体制に従順なタイプのイスラム教を育みたいと考えている。

 アブドラ国王は、軍人からエジプト大統領に転じたアブデル・ファタハ・アル・シシ氏と組んで、来月カイロのアル・アズハル――
イスラム教スンニ派の最古の学問の中心地の1つ――にイスラム教指導者を集め、イスラム教の近代化に関するサミットを開催する
準備を進めている。

■国民の9割がスンニ派イスラム教徒、「なぜイスラム国と戦うの?」

写真=ヨルダンのアブドラ国王(写真)はイスラム教の開祖・預言者ムハンマドの血筋を引くハーシム家の一員〔AFPBB News〕
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/2/250x/img_f2443e2ed086ed2c18a5fc9c01aae771207806.jpg

 厳格化された反テロ法によってその声は抑え込まれるかもしれないが、臣民の多くは疑いを抱いている。

 人口のおよそ9割がスンニ派イスラム教徒の国にあって、多くの人はなぜ自分たちの君主が「イスラム国(IS)」のジハード主義者に
対する米国主導の有志連合に加わったのか不思議に思っている。

 「国王がなぜ、ISに参加するシリアのスンニ派と戦う連合に参加し、それよりはるかに多くの人を殺してきたバシャル・アル・アサドを
支える手助けをしているのか、私たちには分からない」。あるヨルダン人の作家はこう話す。

 昨年12月にヨルダンの戦闘機がシリア領内に墜落し、ヨルダン人パイロットがISに拘束された後、退役軍人のグループは、ヨルダンは
関与すべきでないと訴える声明を出した。

 フランスの週刊紙シャルリエブドに対する襲撃の後、アブドラ国王が世界の首脳と並んでパリの行進に参加したことは、さらに不満を
招くことになった。国王が帰国して間もなく、シャルリエブドと、予言者ムハンマドを描いた同紙の漫画に抗議するデモは数千人の参加者
を集めた。

■故フセイン国王は政治的イスラム主義勢力と手を組んできたが・・・

 年配層は、アブドラ国王の父で、政治的イスラム主義者と手を組む長い伝統を守ったフセイン国王の比較的穏当なアプローチを
思い起こす。実際、預言者ムハンマドの系譜を引くとするハーシム家の主張は、一族に強力な宗教的信認と永続的な魅力を与えている。

 フセイン国王は1950年代に、アラブ民族主義運動の革命の叫びから王国を守るために、地域の主要イスラム主義運動「ムスリム
同胞団」に頼った。フセイン国王はイスラム主義者を政府に迎え入れ、彼らが1989年の選挙で勝利を収めると、5つの省庁を任せた。

 また、1971年にヤセル・アラファト氏のパレスチナ人武装勢力「ファタハ」をヨルダンから追放した後には、故フセイン国王は、
パレスチナ人イスラム主義者らにその空白を埋めることを促した。

 そして1987年、ヨルダン国内に根強く残るアラファト氏の支持勢力に対抗するため、国王はパレスチナ人イスラム主義者が独自の
武装組織「ハマス」を創設するのを手助けし、ヨルダンの首都アンマンに拠点を置かせた。

 後年には、国王が結んだイスラエルとの和平条約にムスリム同胞団が感情的に反対した後、同胞団を抑え込んだ。また、イスラム主義
勢力の支持基盤が最も強い都市で票を希薄化するために、選挙区の線引きを変えた。

 だが、フセイン国王は昔の盟友との関係を完全に断つことはなかった。

 1997年にイスラエルのスパイがハマスのハレド・メシャルに毒を盛った時には、フセイン国王は、今と同じく当時もイスラエルの首相
だったベンヤミン・ネタニヤフ氏に対し、解毒剤を差し出したうえに、投獄されているハマス指導者のアフマド・ヤシン氏を釈放しない限り、
イスラエルとの関係を断つと脅した。

>>2以降に続く)

2 :Hi everyone! ★ 転載ダメ©2ch.net:2015/01/31(土) 23:34:49.16 ID:???
>>1の続き)

■息子のアブドラ国王はイスラム主義勢力と対立

 対照的に、軍人であるアブドラ国王は頻繁にイスラム主義勢力と争ってきた。1999年に王位を継承すると、すぐにハマスのアンマン支部
を閉鎖し、指導者を追放した。

 2013年にエジプトの軍部がムハンマド・モルシ氏――ムスリム同胞団出身で、選挙で選ばれたエジプト大統領――の政権を転覆させた
後には、アブドラ国王は外国の首脳として初めてエジプトの将軍たちの元を訪れた。

 また、国王は、あらゆる種類のイスラム主義勢力と対抗する地的域作戦の立役者であるアラブ首長国連邦(UAE)との関係も深めた。

 より慎重な指導者であれば、舞台裏で動いたかもしれないが、アブドラ国王は昨年9月、公然とISに対する米国の有志連合に加わった。
また、ここ数カ月間で、ムスリム同胞団のメンバー30人以上を拘束し、ヨルダンのムスリム同胞団の副官、ザキ・バニ・ルシェイド氏を含む
多くを軍事裁判にかけた。

 国王の側近らは、取り締まりがうまくいっていると言う。

 ヨルダンのアラブ近隣諸国がすべて、混乱状態か戦争状態にある中で、ヨルダンで政治改革を求める同胞団の要求はもう共鳴を
呼ばないと、ある側近は言う。国王は権力の最盛期にあり、誰も手を出せないように見える。「『ザキを解放せよ』というデモは起きて
いない」とこの人物は話している。

■苦境に立つムスリム同胞団はどう出るか

 同胞団の一部のメンバーも、自分たちが苦境に陥っているのは、次第に戦闘的になる指導部の責任だと話している。だが、その一方で、
ムスリム同胞団は過去にもそうしてきたように、政治的な道筋を遮られた時には暴力的に対抗できると警告する人もいる。

 「我々は平和的な運動だ」。ムスリム同胞団の幹部で、より急進的な理論家のムハンマド・アブ・ファリス氏はこう言う。「だが、国民と
フセイン国王は調和していたが、今、その息子は孤立している」

(終わり)

3 :七つの海の名無しさん:2015/01/31(土) 23:47:24.56 ID:IGotZfBe
( ̄(工) ̄)y─┛~~~

4 :七つの海の名無しさん:2015/01/31(土) 23:53:03.60 ID:fWS0nudg
国王もイスラム主義じゃん

5 :七つの海の名無しさん:2015/01/31(土) 23:55:40.60 ID:WmltqbnO
ここって、ムハマンドの子孫じゃなかったっけ?

6 :七つの海の名無しさん:2015/02/01(日) 00:01:38.90 ID:BBcWvCM2
男の子のチンチンに対して女の子をお満々と呼ぼう、とか言ってた奴!
ホーンof えーふりか がおまんですよ

7 :七つの海の名無しさん:2015/02/01(日) 00:49:41.04 ID:6fhkZBsd
国王ってムハンマドの子孫なんだなww

ちょっと見なおした

8 :七つの海の名無しさん:2015/02/01(日) 10:57:58.06 ID:h2FuMBUc
第9章5節
神聖月があけたら、多神教徒は見つけ次第、殺してしまうが良い。
引っ捕らえ、追い込み、至る所に伏兵をおいて待ち伏せせよ。
しかし、もし彼らが改悛し、礼拝の務めを果たし喜捨も喜んで出すようなら、
その時は逃がしてやるが良い。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★