5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【米露】「人道支援や平和維持を口実にウクライナに介入すべきではない」…ケリー米国務長官、ロシア外相と会談、ウクライナ介入をけん制

168 :七つの海の名無しさん:2014/08/11(月) 22:36:16.03 ID:wrK22/1/
◆US to Turn Ukraine into Second Chernobyl By Leonid Savin 26 April 2014‐C
『ウクライナを第2のチェルノブイリに変えようとしているアメリカ ‐レオニード・サヴィン』
http://www.strategic-culture.org/news/2014/04/26/us-to-turn-ukraine-into-second-chernobyl.html

ウクライナで1990年代以来、活動しているUSUBC (アメリカ・ウクライナビジネス協議会)理事長・最高
経営責任者 (CEO)のモーガン・ウィリアムズは、2008年のウエスティングハウス社とホルテック・イン
ターナショナルのウクライナとの契約締結式典で、次のように述べた。↓

★U.S. – UKRAINE BUSINESS COUNCIL (USUBC) ACTION UKRAINE REPORT (AUR)
http://usubc.org/AUR/aur893.php

『今日という日は、この世界的に有名な2つの企業による、ウクライナのエネルギー自立を確保する
ための多大なる役割を果たそうとする長い道のりへの取り組みとして、ウクライナの独立以来、最も
重要な日の1つだ。ウクライナにとって、エネルギーと政治的独立は密接に相互依存しているという
事実から、これはより重要なことだ。この2つの偉大なるメンバー企業とウクライナが欧州と大西洋
統合と、強固な民主主義、民間市場主導型の独立国家へ向けて進むことを支援するための取り組みの
成功を祈り、USUBCのメンバー全員で、共に乾杯したい…』

モーガン・ウィリアムズは、ウクライナにおけるシェルやシェブロン、エクソン・モービルの権益を
代表するロビイストとして知られている。彼は、ユーラシアや北アフリカ、及びラテンアメリカでの
『カラー革命』の画策に関与している『フリーダム・ハウス』と直接的なつながりがある。
(Freedom House =ジョージ・ソロスが巨額な資金提供をしている悪徳NGO団体)

ここで言及すべき、もう1つの興味深い事実を挙げておこう。しばらく前、ウクライナの暫定政府と
欧州のパートナーとの間で達した秘密の協定によって、EU加盟国からの放射性廃棄物がウクライナに
貯蔵されることになったと報じられた。

この契約は、法に違反しているため、秘密にされている。

キエフ政府の高い地位にある一部の者が報酬を得た。リウネ出身の有名な国粋主義者、オレクサンドル
・ムージコ(別名サーシャ・ビリー)は、キエフの支配者らにこの共謀を公表すると言い、脅そうとした
と指摘されている。これが、内務大臣アルセン・アバコフの命令によって彼が殺害された理由だ。

240 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)