5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日蓮って ver.32 [転載禁止]©2ch.net

1 :スチールカン:2015/06/20(土) 20:11:38.16 ID:H8rcx0OY
日蓮って ver.31
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1425565739/
「日蓮って」過去ログ
http://hyakkimaru.nukenin.jp/

創価学会の教義と日蓮仏法について、真面目に語るスレッドです。
創価学会擁護の論客もふるってご参加下さい。

コテハン推奨。sage推奨。「荒らし」は無視で。
スレが荒れる原因になりますので、暴言や挑発、嘲笑、語尾のwwwはNGです。
スレ違いの話題はほどほどにして下さい。

初心者の方も教義についての質問があればお気軽に書きこんでください。

2 :スチールカン:2015/06/20(土) 20:14:13.40 ID:H8rcx0OY
前スレ>>884-885さん
論書が重荷になったのでしょうか、頭でっかちでバランスを崩したのでしょうねw

“如来滅後五五百歳始観心本尊抄”の題号も大集経による当て字なのか、法華経重視を称する行者ならば、
「如来滅後後五五百歳始観心本尊抄」としなければならないと思います。

『藥王菩薩本事品 普賢菩薩勸發品
  ―如來滅後後五百歳―    』

また、日蓮の相対理論は法華経寿量品よりも大集経が勝るものとしたのかと理解に苦しむところですね。
寿量品をしっかり理解していれば、日蓮の説法は巧みな方便であって、衆生の仏釈迦に恋慕を抱かせる為だったとも思うのです。
『心に恋慕を懐き、仏を渇仰して便ち善根を種ゆべし』

後の門下達は未だに寿量品の趣旨を日蓮の方便に彷徨っているようだと思います。
釈迦の使者だったものが、「如来滅後後五五百歳には仏は死んだので、私に従え!」ではないでしょw
こんな解釈に固定観念にされた彼等集団心理の伝染病そのもので、「広宣流布」などとは迷惑極まりないものです。
と、病人同士で争っている姿が哀れ。
ここに来られる信者さんは、まだマシの方でしょうかとも。

あっ、それと三千を構成されている十如是なのですが、
本末苦境wにせよ“本末究境等”は九如是を一環にしたものだろうと思うところ、10×10×9×3=2700
だと思っちゃいますw

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/20(土) 23:07:37.37 ID:fczD/IvE
刀伊の入寇(といのにゅうこう)

寛仁3年(1019年)に、女真族(満洲民族)の一派とみられる集団を主体にした海賊が
壱岐・対馬を襲い、更に筑前に侵攻した事件。刀伊の来寇ともいう。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/21(日) 09:42:40.19 ID:2csGFM8o
>>1
南無鋼鉄缶菩薩 新スレご建立、乙でございます。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/21(日) 10:20:22.83 ID:ipA5PwLv
方便品は、これから本当の教えを説くと只管もったいつけてるだけで
教義的な内容は何一つ語られてはいない
寿量品にしても、教義と呼べるものは久遠実成のみで
それは方便にしなければ説けない程大層な秘密だとはとても思えない
いくら、仏は常住で永遠だと医者の例えを以って説かれたとしても
実体をもった釈迦が入滅すれば思慕を抱くのが人情だろう

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/21(日) 11:06:07.03 ID:wLYdsed3
>>5
羅什のホケキョを引き合いにしているが
無有生死=久遠実成・草木成仏・自我偈が自身
これが言えればマァOKだよ。
あとはどうでもいい。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/21(日) 11:20:33.79 ID:fv4LJ7Jn
>>5
方便品の眼目は、そもそもブッダは二乗も三乗も説いていないという原始経典に回
帰しての仕切り直し。
寿量品では生身のブッダが滅度しても滅びることのない仏法そのもの、つまり法身
のブッダの常住が開示される。

8 :スチールカン:2015/06/22(月) 06:22:46.59 ID:mEhpyvmD
「釈迦、再び現れて如是我聞!」・・・
というようなシリーズものの経典などは発見されてないのでしょうかね?
いや、幸福の科学の書籍以外に。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/22(月) 09:00:15.44 ID:aRizqGRX
>>8
ネタに困っているディアゴスティーニに提案するがよろし

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/22(月) 11:26:24.24 ID:ixe2YiX4
前スレが落ちてしまい、正確なレス番号がわからんが、

前スレ>>890
>もし「南無妙法蓮華経」を唱え、どちらか一人とお会いできるとすれば、
我々は、毎日朝晩大聖人と対面している。
前スレ>>889
>それなら三千種類の機根「をも」意味していると解して差し支えないのではないの?
三千種類の機根=一念三千の三千・・・・では勘違いもいいところ。

>>2
>本末究境等”は九如是を一環にしたものだろう
低レベルだな。
九如是が同じ境界でそろっていることも重要なファクターだから、十如是でいいんだよ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/22(月) 19:34:08.78 ID:4Xrz6IwD
>>10
>我々は、毎日朝晩大聖人と対面している。

その症状いいね!

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/22(月) 19:35:10.42 ID:p9B0/6SV
事の一念三千とかほんと恥ずかしいよねー

13 :スチールカン:2015/06/22(月) 21:21:17.90 ID:mEhpyvmD
>>10さん
>我々は、毎日朝晩大聖人と対面している。

そうでしたか、御答えありがとうございます。
そこでもう一つ質問がありますが、、、、その大聖人とは日蓮のことだと思いますれば、
さて、そのご本人の日蓮はどうだったでしょうかと疑問もでてきますね?

『諸の薄徳の人は無量百千万億劫を過ぎて、或は仏を見るあり、或は見ざる者あり。
 此の事を以ての故に我是の言をなす、諸の比丘、如来は見ること得べきこと難しと。』

貴殿が“毎日朝晩”読んでいらっしゃる寿量品の一文です。南無妙法蓮華経です。
貴殿は本当に日蓮の弟子であられるのか?これも疑問ですね。

法華経を謗ることなき、よろしく。
十如是の話はまたそのうちに、、、。

14 :スチールカン:2015/06/22(月) 21:34:31.46 ID:mEhpyvmD
>>11さん
不思議にも寿量品での件でもありますが、その病人の症状のようです。
創価や正宗の信者さんって皆そうなのかとおもっちゃいますよね。

法華経を読んでいますと、釈迦に会っているような気になる私も重症ですがw

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/23(火) 05:40:14.25 ID:EmEERmav
>>10
>三千種類の機根=一念三千の三千・・・・では勘違いもいいところ。

三千種類の機根=一念三千ではなく、三千種類の機根⊂一念三千ではないのかと言ったのだが。
国語も数学も不得手なようだが、「一念三千」は「三千種類の機根」をも含むのか、含まないのか。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/23(火) 07:02:25.66 ID:EmEERmav
>>14
日蓮教は頭の不自由な宗教難民の受け皿みたいな役割を担っているようなところがありますからね。
しかし法華経をそこまで愛読するのはすごいですが、釈迦のイメージが狂ってしまって他の経典が読めなくなりませんか?
渥美清が「男はつらいよ」以外で何を演じてもフーテンの寅にしか見えなくなってしまうみたいに。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/23(火) 09:30:50.54 ID:Fz7o43yy
>>16
智とか日蓮による「スリ込み」を排さないと、法華の面白みはわからないと思う。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/23(火) 15:26:47.44 ID:UrpdfQmc
日蓮のことを「大聖人」どと言うのはアナル派のみ
日蓮本人が、釈迦の弟子であると釈迦本仏の立場を明白にしているのに
釈迦よりも日蓮を高みに据えるなどありえない

題目を只管唱えるというのもいかにも密教的な発想で
口称念仏を模倣したのは明らか

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/23(火) 22:30:56.31 ID:bcK1R38T
つうかそもそも日蓮上行説すら上代にはない(日興を除く)。

「而るに予地涌の一分に非ざるも兼ねて此の事を知り地涌の大士に先つて
粗ぼ五字を示す(金吾抄)」

と本人が明言してるからな。日興門流の上行説を攻められて、
上行なのでなるほど確かに地涌の一分ではない、という屁理屈が
三位日順で漸く出てくる。

現在は日蓮の上行自覚の根拠が万年救護の大本尊の讃文に求められることが多いが、
先入観なく文そのものを読めば上行自覚の証拠にはなんらならんので、とてもアレ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/23(火) 23:06:13.32 ID:UrpdfQmc
その日蓮ですら及ばないと言う末法の上行菩薩が学会員一人一人だ等と
主張しているんだから大謗法だな

21 :スチールカン:2015/06/23(火) 23:07:44.41 ID:2FYI8l71
>>16さん
はい確かにw
法華経説法は寅次郎キャラでしたほうが世間に浸透するかもしれませんよ。
「はぁ、俺が昨日言ったこと?
  ・・・・ありゃ、方便だ!」
辻説法ならぬ、露天商が寅の獅子吼が評価されれば、坊主はつらいですね。

うむぅ〜、釈迦のイメージ?
8年の2920日を経て(たった、あれだけ)の説法でしょうから、随分とゆっくりお話をしたのでしょうね。
69384文字、一日の説法が約24文字として一年で3品のペースでしょうかw
ズバリ!・・・時間を持て余しのんびりとした性格の釈迦だったのではないでしょうかと思っています。
ただ、その時間間隔のない法華経の中の釈迦が、「ぴったし二千年後には云々・・・」などと言うとは思えませんですw

>>18さん
アナル派は掘る場所を間違ったようで、高原鑿水の譬にもなりませんね。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/23(火) 23:11:01.37 ID:bcK1R38T
>>20
しかも、全体が言葉遊びみたいなもんなのだが、そこで示したとされるのは
「妙法蓮華経」の五字であって「南無妙法蓮華経」の七字ではない。
カルト大石寺派日蓮本佛論にとっては実に残念なことだw

23 :スチールカン:2015/06/23(火) 23:19:12.15 ID:2FYI8l71
>>20さん
それって、
猿もおだてれれば木に登る・・・・じゃありませんかねぇ〜。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/24(水) 09:12:34.29 ID:HjBZXkOU
>>19
たいへん常識的な見方と思うが、元々非常識な内容の文を、常識的に理解するところにやや危うさがあるのではないか。
全体として読めば、日蓮が大檀那の曽谷教信に対し、地湧の一分どころか、それ以上の存在に思わせようという作為が露骨に出ている。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/24(水) 11:02:26.60 ID:d8K5XcLT
それで思い出したが、法華経薬王品で広宣流布するよう言われてんのは
上行でも地涌でもなくて宿王華菩薩なんだよな。
日蓮カルトでそこんとこの説明がどうなってるのか未だにわからん。


>>24
上代にはたとえば日像門流も日常門流も日蓮を上行菩薩・地涌の菩薩ではない
(もちろん本佛でもない)、と理解していたので、もしそうした作為が露骨に
出ていたとすれば、彼らがそうした解釈を取ることはなかっただろう。
鎌倉新興佛教によくあるように後代の祖師神格化の過程でそれらの門流での
日蓮上行化が起こり、最初から祖師を神格化していた日興門流では
一部に更なる神格化、つまり日蓮本佛化が行われたにすぎない。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/24(水) 13:16:53.24 ID:NCJCRHRW
>>19
万年救護本尊の讃文にせよ日興門流の何者かによる加筆では?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/24(水) 13:25:54.46 ID:d8K5XcLT
>>26
日興門流以外でも件の讃文は自筆だとされてるんじゃなかったかな。
まあ、加筆なのかもしれんし、上代日興門流にはその動機があったろうが。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/24(水) 13:48:05.72 ID:NCJCRHRW
>>27
万年救護本尊の存在が公表された頃には他門流の日蓮上行化もとっくに完了していた。
だから讃文を自筆と認定しても何の不都合も生じなかった。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/24(水) 14:37:54.56 ID:HjBZXkOU
>>25
なるほど。でも、そういう作為が随所に出ていたから、そして前スレで話題になった捏造疑惑その他を含めて、
遺文には色々問題がありそうなので、これらに焦点を当てることは、かえって後々宗祖を貶めることになりかねないと懸念したから、
御書よりも法華経を根本にし、釈迦本仏で教義を立てることが正しく、日蓮の本意にかなうと判断したとは考えられない?
つまり、どうも宗祖の御文書にはいろいろ問題がありそうだという認識があったからこそ、あえて常識的な範囲で教義を確定したというふうに。

一方、日蓮本仏論派も、まったくの無から教義を捏造したのではなく、実際、そう解釈できるところが多々あるので、
いっそ日蓮本仏のほうが教団としても特徴が出て教線拡大がやりやすいと判断したのではとも想像される。
他の宗派の祖師にくらべ、はっきりいって日蓮の経歴は見劣りする。特に、明確な相承の系譜がないのは致命的な点だ。
道善房といっても、無名だし、比叡山などに諸寺に遊学したといっても、特に具体的に誰からから受戒したというわけでもない。
しかし末法の御本仏ということにしてしまえば、相承は不問に付される。つまり釈尊と同じで独りで悟ったのだとすればいい。
日蓮自身も他宗を誹謗中傷しながら他宗を模倣して唱題や文字曼陀羅などを自力で開発をするなど、そういう志向性があったように見える。

つまり自分が思うのは、どちらか一方だけが日蓮の真意を正しく反映していて、片方が全く間違いだというのではなく、
どちらの要素も日蓮自身に含まれていて、門弟らがそれぞれの都合や立場に合わせて、教義を立ててきたのではないかと。
日蓮は後の事など考える余裕もなく、その場その場で相手に応じて必死に信徒をつなぎとめようと手紙を書いていたのではなかったかと。
だからいろいろと解釈できる余地があるんじゃないかと思う。もちろん、釈迦本仏論派のほうが常識的な分、妥当だったとは思う。

あなたがいうように、宗祖の神格化はどの宗教や宗派にも多かれ少なかれ見られるものだが、他の宗派では宗祖を本仏にしたりはしない。
日蓮本仏論はそういう側面だけでは説明できない。それに至る理由の一端は日蓮の遺文にみられる日蓮自身の妄想性にあるように思える。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/24(水) 15:34:43.60 ID:W8TFaQ5+
妄想が信者級の病的な域に達してるな。
天台本仏論くらい検索すれば出るだろうに。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/24(水) 15:39:05.09 ID:XxBp9b3U
日蓮が糞というのは定説

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/24(水) 15:50:03.94 ID:HjBZXkOU
>>30
いやだから、そういう構成を意図的に借りた(悪意ある言い方をすれば営業的にパクった)のではないのという意味。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/24(水) 18:35:28.40 ID:SEWhijZv
ヤフー知恵袋を、中立を装いながら偏向しまくった回答で埋め尽くし
日蓮を「大聖人」などと尊称している
アナル流を見るたび本当に気持ちが悪くなってくる

34 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/06/25(木) 01:39:37.71 ID:1Y/qvBJw
>>29

>つまり自分が思うのは、どちらか一方だけが日蓮の真意を正しく反映していて、片方が全く間違いだというのではなく、
>どちらの要素も日蓮自身に含まれていて、門弟らがそれぞれの都合や立場に合わせて、教義を立ててきたのではないかと。

私は日興上人ですら、あまり興味が無く>>25の内容には詳しくないです。
それでも時々、正宗でない方の日蓮宗の人から色々話を聞いていると上の2行と同じ印象です。

いずれ、日興と五老僧、それぞれの系譜がまとまって欲しいです。
日向と五老僧、それぞれの系譜。でもいいかも。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/25(木) 08:54:30.46 ID:hppOL9fS
>>33
わかる。相手が素人だと思えば、平気で強引に誘導しようとする。
あれで本人らは慈悲の折伏だと思ってるんだからタチが悪い。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/25(木) 10:58:58.78 ID:LDe4CLCo
>>35
オウムのポアと全く同じ理屈だからな。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/25(木) 11:05:06.56 ID:LDe4CLCo
>>34
日蓮門下の系譜はこちら。
http://www.nichiren.ac/genealogy.html

38 :スチールカン:2015/06/25(木) 19:36:16.31 ID:xDTIF69z
>>25さん
  『是の故に宿王華、此の薬王菩薩本事品を以て汝に嘱累す。我が滅度の後後の五百歳の中、閻浮提に広宣流布して』

のようですから、今の末法では宿王華菩薩を就任切れとして主張しているのではないでしょうか。
もし彼等がこのように言ってたとしても、また別の反論は持ち合わせてはいますがw

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/25(木) 21:28:26.34 ID:9gdKFlGy
>>25
総付嘱と別付嘱(結要付嘱)の違いすら分からんとは。
>>15
無数の機根を含むに決まっているだろうが。
(いちいち説明しないとわからんのか?
元々のレスが、一念三千の三千=三千の機根と思い込んでいるようだったから、違うと指摘しただけなんだがな。)
>>19
「是くの如く国土乱れて後に上行等の聖人出現し本門の三つの法門之を建立し一四天四海一同に妙法蓮華経の広宣流布疑い無からん者か。」法華取要抄(真筆:中山法華経寺蔵)

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/25(木) 22:05:09.91 ID:e608P+4M
カルトにハマるとまったく見当違いの思い込みをするようになるという好例だな。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/25(木) 22:14:27.33 ID:ksdk3e3K
以下が私の>>15の前の、前スレの私のレスだ。「一念三千の三千=三千の機根」などと言っていないではないか。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/19(金) 20:11:41.70 ID:TSAEkmHd
>>878
>一瞬の一切衆生や無情の境界を決定する、基本的なファクター・構造を示している。(それだけじゃないのだがry)

それなら三千種類の機根「をも」意味していると解して差し支えないのではないの?
逆に「一瞬の一切衆生や無情の境界を決定する、基本的なファクター・構造」を示しながら、三千種類の機根だけは含まないという根拠はないはず。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/25(木) 22:48:49.27 ID:NWS4x/Fc
>>40
日蓮病をこじらせてしまった残念な標本ってことだな。

43 :スチールカン:2015/06/25(木) 23:04:01.40 ID:xDTIF69z
>>39さん
千歩譲って日蓮が唯一の上行菩薩だとしても、
その連なる地涌の菩薩達が分裂して争うのはどういう訳ですかな?
・・・というか、その地涌の菩薩とかは貴殿等が特権ではないはず。

>妙法蓮華経の広宣流布

“南無”か付属されていない!
でしょうな、これは能動的なものなのでしょうから、流布違いなわけだ。

44 :スチールカン:2015/06/25(木) 23:16:39.41 ID:xDTIF69z
大集経説ならば、釈迦滅後500年は解脱堅固で、まぁそこそこですが、
日蓮滅後には、すぐさまバラバラときたかw

45 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/06/26(金) 00:47:01.08 ID:41AxWRt0
>>37
ありがとうございます。ローカルとブログにリンク作成しました。

あと一念三千の議論は面白そうなので、双方の方々、コテハンかハンドル名を入れてもらえませんか?

せめて番号だけでも。
私の場合なら初めてコメントしているのが34番なので名前欄に34といれるようにする、という感じで。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/26(金) 06:52:51.07 ID:AuDr7oaa
>>37
なるほど。それでその中のどの寺にとっても他の寺は全部謗法なんでしょうな。
>>43
法華経と南無妙法蓮華経は似て非なるものというのが日蓮教徒の言い分では?
>>45
一年三千はたいして中身のある議論ではないよ。前スレの856から出た話。

47 :寂静寺:2015/06/26(金) 06:57:54.78 ID:e5eqyvpd
ゲーム屋さんの店員さんの風呂の後にドライヤーで髪を乾かしてる最中

48 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/06/26(金) 08:57:40.25 ID:41AxWRt0
>>46
>法華経と南無妙法蓮華経は似て非なるものというのが日蓮教徒の言い分では?

日蓮さんは南無妙法蓮華経、妙法蓮華経の違いをテーマにしていると思います。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/26(金) 11:11:05.22 ID:eM/tDGJ+
>>48
漢訳仏典の字句を訓詁的にアレコレ解釈して威張ってもナンセンスなだけなのだが。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/26(金) 11:27:18.15 ID:1STfAtvm
>>48
>日蓮さんは南無妙法蓮華経、妙法蓮華経の違いをテーマにしていると思います。

日蓮本佛論的な思い込み以外のなにものでもない。

51 :スチールカン:2015/06/26(金) 20:07:09.16 ID:q3PsU1zJ
>>46さん
私見で申し訳ございませんが、
例えば、南無御書、白米一俵御書を引用しての・・・

「帰命と申すは天台の釈に云く命を以て自ら帰す等云々、命を法華経にまいらせて仏になりはならせ給う」
「帰命と申すは我が命を仏に奉ると申す事なり」

この日蓮の概念は捨身供養そのものでしょうと思いますね。
法華経信者達はこれを“不自惜身命”と言っているようですよね。

上記日蓮の云うことは薬王菩薩本事品での、一切衆生喜見菩薩が仏への供養の姿勢を教訓にしたものではないでしょうかとも。
寿量品では釈迦への恋慕を因に良薬を服させるといい、ここ薬王菩薩本事品では釈迦仏の入滅に恋慕を捨身供養まで示唆したような内容ですね。
釈迦の遺骨を供養するよりも捨身供養が勝るといわんばかりです。
この一切衆生喜見菩薩の精神は、「この時の薬王菩薩がこれである!」と宿王華菩薩に釈迦が教えているのですね。
多分ですが、日蓮がスローガンとしての「南無妙法蓮華経」としたのでしょうかと。そんで「我一人が先駈けとしの上を行く、、、お前等達も連なってこい!」と。

私が思うに、、、南無とはそんな大袈裟なことじゃないかとも?
国王がために命を賭けて戦うのであれば後に評価はされようとも、生命の尊重を重視されたとは思われる釈迦が、そこまでいうものかと。
例えば神力品での随喜しべき「妙法蓮華経」の釈迦の説明に、
 
『此の無量無辺百千万億阿僧祇の世界を過ぎて国あり娑婆と名く。是の中に仏います、釈迦牟尼と名けたてまつる。
  今諸の菩薩摩訶薩の為に、大乗経の妙法蓮華・教菩薩法・仏所護念と名くるを説きたもう。汝等当に深心に随喜すべし。
  亦当に釈迦牟尼仏を礼拝し供養すべし。彼の諸の衆生、虚空の中の声を聞き已って合掌して娑婆世界に向って、
  是の如き言を作さく、南無釈迦牟尼仏、南無釈迦牟尼仏と。』

もしも広宣流布が達成され暁には“南無釈迦牟尼仏”と彼等日蓮信徒は唱えられるものでしょうかね。
法華経の中に仏いまする、、でしょ。←(ちっと、違ったかな)

52 :スチールカン:2015/06/26(金) 20:29:14.25 ID:q3PsU1zJ
 「仏教とは誰の教えですか?」
との質問に、
 「釈迦の教えです!」が定説であって、
それを
 「日蓮の教えなのだ!」
というは、邪宗ではありませんか?
この矛盾には堂々と答えられない輩の心境は曇っているかと。

SGIが他国に仏教を教えるにあたって、釈迦仏法を先としている随方毘尼。
日本では用無し無益とは、これ如何に?
他国は末法ではないのかに。w

53 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/06/26(金) 22:17:26.06 ID:41AxWRt0
>>50
どういう展開で議論されるか、しばらく見てみます。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/27(土) 15:08:32.78 ID:WKK61Sq+
日蓮が押し売りする題目ってのは、法華経をほめ殺す呪文なんだろう。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/27(土) 22:09:57.79 ID:DO8dDZAm
>>43
曲解、乙。
「・・・本門の三つの法門之を建立し・・・」(法華取要抄)が目に入らないらしいな。

>>50
「今末法に入りぬりば余経も法華経※もせんなし、但南無妙法蓮華経なるべし、・・・略・・・
此の南無妙法蓮華経に余事をまじへばゆゆしきひが事なり、」上野殿御返事
※註:妙法蓮華経二十八品

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/27(土) 22:36:42.74 ID:UwhUt09v
日蓮ロジックのつじつまが合っているか?を議論しがちだが。
御書のつじつま合っていればOKなんか?
ロジック自体がそもそもどうよ?って話だろ?

57 :スチールカン:2015/06/28(日) 02:40:50.27 ID:YL35dgid
>>55さん
ありがとう。
また後レスします。
酔っぱらいのスチールカンです。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/28(日) 07:55:48.21 ID:6+1YhADe
>>51
その法華経の記述を真に受けて、古来、中国などでも焼身自殺をする修行者が相次いだそうです。
空海は十住心論で法華儀軌経を引用し、法華経を修行するには儀軌にしたがってやらないと逆に重罪を得るといっていますが、
これも、法華経をもとに勝手な教義や修行をたてるのを戒めたものでしょう。処方を間違えると薬も毒物になると。
法華経には狂信的な呪術性があるので、カルトがかった邪師の手にかかると、まっさかさまにカルトに陥りかねません。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/28(日) 08:07:14.51 ID:6+1YhADe
>>56
同意です。
ロジックのようでロジックでない、ベンベン
みたいなもんですねw

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/28(日) 08:28:47.32 ID:mYQU37hO
前すれ>>885

一念三千の日蓮さん解釈は、貼っといた観心本尊抄の冒頭のとこで、
でも魔訶止観第五の該当箇所は、むしろ逆向きの三千一念とも見える記述。

広済寺からDLした魔訶止観の原稿4584-4587行目の辺りには、、

・・・。夫一心具十法界。
一法界又具十法界百法界。一界具三十種世間。
百法界即具三千種世間。此三千在一念心。
若無心而已。介爾有心即具三千。
・・・。

最後の一行は、無心ならほとけがあらわれ、
有心とあなたの間には、三千世間が存在するといってて、、。

じっさいは「一念三千」の四文字熟語の初出は、妙楽大師が書いた
魔訶止観を注釈した止観輔行伝弘決で、これをさらに日本国内で
翻訳、解説された弘決外典抄と呼ばれるものを日蓮さんは
書き写してるんだと自分では言ってますが・・。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/28(日) 08:51:41.21 ID:mYQU37hO
>>60
この三千種世間は、麻縄のように乱れたこころの有り様とか、
俗物世界の混乱と多様性をあらわしてるだけの言葉で

それらのわずらわしいゴチャゴチャから逃げ出したくて
仏の世界である「一念」を求めてるのに、
俗物三千が真理とかん違いしてるんじゃ、なんのための仏教なのか?

根本的に本末転倒としか・・。

そこで一念三千の提唱者の、妙楽大師で探してみると、
円頓章なる短文の末尾二行に、、

當知身土 一念三千 故成道時
稱此本理 一身一念 遍於法界

一つの想いに三千の世間があることを知れば、
成仏したときは、一つのカラダに一つの想いがあり、
それが心と世界に満ちている、とその真理が説明されます。


※天台観法は、意識のベース部分をのぞき見るためのトレーニング手法に
過ぎなくて、日蓮教は天台・妙楽の二人とはまったく無関係の
かん違いで権威ぶった、仏教拝み屋ごっこをやってるだけ。

とにかく、最初に座禅やんないと、止観が始まりませんyo・・。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/28(日) 09:08:15.69 ID:mYQU37hO
五文字題目は、佐渡で思いついたと御書に書いてるけど、
当時、新潟から佐渡にかけて念仏が大流行してたらしく、

やっぱ無学文盲な庶民相手には、経典の長い文章はムリで、
せいぜい数文字覚えるのがやっとなんだな、ということを
痛感したんだろね。

そこで、念仏の題目をパクって、簡易行法に路線変更して、
権威づけのための切り文探しをはじめるわけで・・。


(当体義抄)
但し此等の大師等も南無妙法蓮華経と唱うる事を自行真実の内証と思食されしなり、

南岳大師の法華懺法に云く「南無妙法蓮華経」文、

天台大師の云く「南無平等大慧一乗妙法蓮華経」文、

又云く「稽首妙法蓮華経」云云、又「帰命妙法蓮華経」云云、

伝教大師の最後臨終の十生願の記に云く「南無妙法蓮華経」云云、

問う文証分明なり・・、


※日蓮さん的には、これで宇宙の原理を明らかにして、
完璧に証明オワリました♪ となるんだろうけど、

ハタから見てると、なんでいちいち有名人の名前を
引き合いに出さなアカンの? という素朴なギモン・・。

63 :スチールカン:2015/06/28(日) 11:04:44.73 ID:YL35dgid
>>55さん
目に入ったとして、それがどうかしましたか?

貴殿等教義には「法華経行者には諸天善神が守ってくださる」と仰っておりますよね。
“今末法に入りぬりば余経も妙法蓮華経二十八品もせんなし、”
その諸天善神の誓いは法華経に書かれているのであって、せんなしではないでっしょw

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/28(日) 14:16:57.59 ID:xkELRqsh
>>61
その通りだね。止観というのは瞑想法だからね。
これがなければ仏教とは言えない。
>>62
これもその通り。
55さんの引用する「今末法に入りぬりば余経も法華経もせんなし、但南無妙法蓮華経なるべし」
ってのも、要は法然が専修念仏を説いて流行したのを模倣したものだろう。
日蓮の場合、誹謗中傷は模倣のカムフラージュであることが多い。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/28(日) 16:10:25.30 ID:IiKQGTng
>>64
ドロボウに入った家に火をつける。
それが日蓮の手口。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/28(日) 18:53:30.03 ID:l6ca157A
日蓮系は得意の末法思想によって釈迦の本義からむしろ離れることを
由とするんだから他の法門とは話合いにならないのだよ
仏教教義の本質を語るときに日蓮御書を引いてもそこに意味などない
釈迦が、時系列で教義の深浅をはかりながら教えを説いたなどと言う
自流を特色付けんが為のフィクション、他の説法や経典を否定するかのような
涅槃や、無量義、法華経など大乗経典の成立が
最大の謗法だとも言える

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/29(月) 09:24:05.19 ID:2g2hhWqf
>>66
そういうのは中国的に改変されたものなんでしょうね。たしか無量義経は偽書とされていませんでしたっけ。
大般涅槃経もパーリ文のマハー・パリニッバーナ・スッタンタはそうではない。
法華経も自画自賛は激しいですが、厳密には、他を否定するまでには至っていないように思われます。
でも自画自賛が激しいので、他を否定したい教団にとっては都合のよい経典だと思います。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/29(月) 10:46:37.58 ID:X/7GenAI
>>67
中国産偽経の無量義経は仏教テイストの道教ガイドブック。
漢訳の時代にも加筆が進行中だった大乗涅槃経は、阿含の涅槃経の筋書きをベース
に創作された思想小説。
法華経の見せ場も所詮はお伽話なので真に受けないに越したことはない。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/06/29(月) 20:57:07.62 ID:0bcqsZ4q
創価板には珍しく、勉強になる良スレだな。

70 :      ↑:2015/06/30(火) 07:32:33.30 ID:X5JM2KsA
( ´,_ゝ`)プッ

71 :寂静寺:2015/06/30(火) 07:32:53.60 ID:hlB09eID
ゲームボーイミクロはおしゃれ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/01(水) 07:54:03.55 ID:yf1DSXWx
まあ勉強になるというか、日蓮教のふりまくデマをデマと知ることはできるな。
いかにもデマ臭い話が、やっぱりデマだったという。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/01(水) 13:23:01.81 ID:eflJKjNG
デマをデマとして楽しむ心の余裕がないといけない

74 :スチールカン:2015/07/01(水) 18:12:01.27 ID:T/Iab4+4
>>58さん
返信が遅くなりました。

焼身自殺が日本で流行しないことを祈ります。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 05:37:35.40 ID:ZqiXTbYn
日蓮系は宗祖以来、自責の念に乏しいので自殺の心配無用。
どちらかというと他人を(ry

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 14:12:50.27 ID:wTfqQd8V
>>61
>とにかく、最初に座禅やんないと、止観が始まりませんyo・・。
末法の人間は止観(天台)と縁がないため、やっても無駄。
「天台大師記して云く「後の五百歳沾おわん」」(観心本尊抄)。(引用元の書物は知らん。)
もし天台の止観が後の五百歳および以降に効力を発揮する妙道だというなら、天台は止観そのものを説かなかっただろう。
なぜなら、後の五百歳以前には役に立たない無効な教えを説いたら一切衆生をまどわして不幸のどん底に叩き落とすだけになるからだ。

>>63
「本門の三つの法門」は何を意味するかな。
少なくとも、妙法蓮華経でも天台三大部でもない。
>“今末法に入りぬりば・・・
どれを根本にするかなら、南無妙法蓮華経より他はない。
しかし、南無妙法蓮華経を根本にすれば、世のすべての教えは南無妙法蓮華経の部分的説明書になりうる。
なぜなら、世のすべての教えには「何らかの一部の真理・真実」が含まれているからだ。
後は、南無妙法蓮華経(=大聖人≒御書)を判断基準として取捨選択する。
なお、「諸天善神=環境の働き」であり、正しい教えに則って生活すれば環境が何らかの形で味方になるのは当たり前。
(たとえば、重力の影響。正しく使えばさまざまな利益を得る事が出来るが、間違って使えば意図しない破壊・死亡他をもたらす。)
だから、諸天善神が法華経の行者を守るというのは、末法では根本を法華経→南無妙法蓮華経とすれば正しい。

77 :76:2015/07/02(木) 14:21:05.76 ID:wTfqQd8V
>世のすべての教え
一応断っておくが、「鰯の頭も信心から」レベルの低俗な教えはほぼ範疇外である。

78 :大乗非仏説:2015/07/02(木) 15:48:15.90 ID:StI9V3AA
>>76
末法の根拠は何ですか?
法華経の中には正法、像法と並べて使っている言い方はありますが
正法、像法、末法と習べて使っている場所なんてないですよ。

79 :大乗非仏説:2015/07/02(木) 15:51:01.34 ID:StI9V3AA
「ご供養(最近は財務)をすれば2倍にも三倍にもなって還って来る」
なんて言う方がよほど低俗な教えだと思うのですが。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 16:01:57.35 ID:DxTypdOF
>>77
相手にならない方がいいよ。

ここの連中は、とかく仏教を小難しいアカデミックな宗教に祭り上げたがる癖があって、日蓮のようなリアリズムや行動主義の思想が大嫌いなんだわ。
なぜなら結果を要求されるからでね。
本を読んで観念をこね回しているだけなら、誰に批判されることもないもんな。
ネットの匿名掲示板で、他人の努力の結果にケチつけて草生やしてりゃ、偉くなったように思えるんだから、世話ない。
(日蓮は命を張ったが、コイツらが何かけてんだよ。自分のプライドか?笑)

こんな奴らが仮にも仏教を語って人様に説教しようってんだから、まさに世も末ってもんじゃないかい?
末法には心のねじ曲がった悪人が増えるというが、新聞やニュースを観ていればよく分かる。
悪人よりも悪知識を恐れよで、その意味じゃ、下着ドロボーなんかよりもはるかに罪が重いんだな、こいつら。
当の本人は、まあどーせ2chの戯れ言、子供のイタズラぐらいな感覚でいるんだろうが、どうなのかねぇ・・・。
あんまり他人をナメていると、ロクなことにならんと思うが。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 16:40:34.84 ID:4kQd4Edw
>>77
そのイワシの頭にすら遠く及ばない日蓮教カルト

82 :ギャグ携帯 ◆dQO3LlCLQE :2015/07/02(木) 16:46:14.51 ID:CPUC7q9V
増えるのが分かるのは新聞やニュースじゃなくて
統計値なんじゃないかな。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 16:51:15.82 ID:Bm2y2sgF
>>80
元寇の時に身延の山奥で日本滅亡を祈るのが行動ってやつか(^^)
阿呆は死んでも治らんぞ

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 16:51:35.74 ID:Q3O5vljY
命はりゃいいならイスラム原理主義信じてやりゃいいんだよ(鼻ホジー

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 17:05:53.97 ID:DxTypdOF
>>84
テロと宗教の違いも分からないのか?
鼻クソでも食べてろ。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 17:19:47.56 ID:4kQd4Edw
>>85
凶器準備集合罪の被疑者でもある日蓮

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 18:01:56.49 ID:Q3O5vljY
>>85
>テロと宗教の違いも分からないのか?

バカハケーン

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 19:00:29.68 ID:DxTypdOF
>>86
なら自衛隊もなくすべき?

>>87
2chは便所の落書きだと思ってるもんで、
そんなとこで宗教について議論する気はさらさらねーから。
悪いな。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 19:49:46.97 ID:Q3O5vljY
そりゃこっちもバカと議論なんざせんわあw

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 20:04:02.52 ID:DxTypdOF
2ちゃんねらーの分際で偉そうにw
てかいちいちアゲんなアホが。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 20:28:54.11 ID:Q3O5vljY
(´∀`∩)↑age↑ wwwwwwwww

92 :丹波:2015/07/02(木) 20:35:15.17 ID:n811sbE4
AAA?

93 :スチールカン:2015/07/02(木) 20:53:25.45 ID:LTNB4tMk
>>76さん
以前このスレで、「法華経は無益!」と言ったのは貴殿でありますでっしょ。
要するに“せんなし”の件でありましたね、、、憶えておりますか?

はい、その通りであるならばこそ諸天善神の誓いも、今の末法では“せんなし”なんじゃありませんかw
無益のはずの法華経二十八品を、貴殿等は・・・・・
>とすれば
>とすれば
>とすれば

そうですかw、・・・ですから後々に辻褄が合わせられなくなってゆく、日蓮教なのだと思います。
身延離山に楠木の板曼荼羅を背負った“とすれば”いい話は貴殿等馬鹿信者向けなのでしょうね。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 20:57:30.69 ID:DxTypdOF
>>92
俺、兵庫県の丹波市に住んでるんだよ。
もかしてあんたも?

>>9

95 :スチールカン:2015/07/02(木) 21:01:33.92 ID:LTNB4tMk
→『・・・とすれば』
本音が出て喜ばしい発言です。
と、他にも沢山あることでしょうね?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 21:17:40.99 ID:DxTypdOF
途中送信してもた。

>>91
子供かおまえわ

>>93
またおまえか。
頼むからそのセンスの欠片もねーコテどうにかしろよ。
かなりいい加減な性格だな、おまえも。

「南無妙法蓮華経」と紙に書かれたカビ臭い法華経との違いが分からないか?
経典を読んで成仏できると思うか?思わないだろ?
座禅を組んで成仏できると思うか?思わないだろ?
分かってて白々しい質問するなボケ!

キモいんじゃおまえ
死ねアホ

97 :スチールカン:2015/07/02(木) 21:19:01.18 ID:LTNB4tMk
「グワシの頭も信心から」

「意味不明の教義も信心ですから」

でっしょ。

98 :スチールカン:2015/07/02(木) 21:24:44.16 ID:LTNB4tMk
日蓮仏法者から“死ね!”って言われた。

さて、どうしましょうか・・・・(へこむわぁ〜

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 21:37:20.07 ID:DxTypdOF
>>98
いやマジで死ねって
なに笑ろうとんねんアホが。

どーせ2ちゃんで嫌がらせしてるだけのクズだろがよ。
住所さらせよ?
俺が殺しに行ってやるから。

他人の信仰にケチつけるなら、それぐらいの覚悟もってやれや?
分かったか?ユトリ

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 21:42:04.26 ID:2AcQOmLk
>>99
だったらお前が住所晒せよ
他人に言う癖に自分は安全圏とは何処までも甘ったれた奴だな

101 :スチールカン:2015/07/02(木) 22:29:32.74 ID:LTNB4tMk
>>99さん
そもそも貴殿は、籠の中の修羅界から出てこれるのですかなw

はい、こちらはユ鳥であります。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 22:40:52.45 ID:DxTypdOF
>>100
ああヘタレだよ。
だからこそ、ネットの落書きなんかで他人の信仰の問題に触れるなと何度も何度も説明したろーが。
最終的な責任を放棄した状況で、何を発言したって滑稽なんだってな。

歩いていて肩が触れただけで殴り合いになる世の中だ。
俺がおまえらに殺意を抱いたところで、何の不思議がある?
つまり、おまえらはそれほどのことをやってるんだよ。
そのことに対する反省がまったくねーだろおまえらは。
テメエのことは棚にあげて「日蓮は他宗を批判した!」なんて憤慨するのか?
いや、おまえらは他者を批判する立場にすら上がってないんだって。
姿形を隠して文句ばっか垂れてるだけのクズなんだよ。

松本人志が2ちゃんは嫌いだと言ってたが、つまりそーゆーこった。
分かるか?
アホ

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 23:02:03.03 ID:2AcQOmLk
>>102
2chなんてのは玉石混合なんだよ(大半は石ころだけどな)
悪口の類は言って分かるような連中ではないんだから捨て置け
批判に対してだけ論拠を示して真面目に返せばいい
匿名だろうと何だろうと言論の場である限り言論で返すのが筋というものだろ
それを悪意に呑まれて悪意で返すなど愚の骨頂

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/02(木) 23:23:09.88 ID:6HGQFBKS
追い詰められた日蓮教カルト員が、定期的に涌いて出て来ては発狂してるよな

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 06:41:32.52 ID:jnHOBX7h
日蓮大狂人

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 07:27:39.64 ID:cdDn+mpY
日蓮教徒の言い草は結局のところ、日蓮=本仏という断定から出発し、そこで自己完結しているだけ。
そうではなく、日蓮の良いところを、洗脳されていない人たちにもわかるように説明すればいいのだよ。

>>104
小康状態の間に狂気がマグマ溜りみたいに頭に蓄積して、限界に達すると噴火するというメカニズムだな。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 07:48:29.72 ID:cdDn+mpY
>>94
ほう、兵庫県丹波市か。自分は何となく漠然とあなたが西のほうの山沿いに住んでいるという印象はあった。
が、山陰地方か紀伊半島というイメージだった。丹波市に行ったことはないが、風光明媚そうだ。
そんなところに住んで、地元の寺院仏閣を粗末にして、創価日蓮教にかぶれるとロクなことはないと思うが。

108 :ギャグ携帯 ◆dQO3LlCLQE :2015/07/03(金) 07:51:27.28 ID:IS7L1hhH
>>99
殺しにいく?!

>>102
ソースは松本?!

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 08:44:57.13 ID:UoLdyt+c
>>106
日蓮が仏でなければ誰が仏だというのかな?
無論、釈尊は仏だろうが、如何せん我々末法の衆生には縁遠い存在であり、信仰対象としてのリアリティに欠ける。

個人を例にあげれば、三つ子の魂百までとは言うものの実際に3歳の頃の記憶など跡形もない。
個人の人格やアイデンティティはもっと後の思春期以降に形成され、それを生涯の礎とする。
つまり仏教史における釈尊は、個人における幼児期の自己であり、日蓮は思春期以降の現在進行形の自己であって、
その人格としてどちらを本(もと)とし、どちらを仮とするかは明白と言える。
幼年期(正法・像法)の記憶はいたずらに美化されやすい。
対して思春期以降(末法)のそれは、様々な生の苦悩に彩られ、リアルで生々しいものだとも言えるだろう。

まぁそんなような理由で、何かと釈迦仏法を過大評価するおまえらネラーの言う事はお花畑に思えてしまうんだよ。
実際ここは、2ch中毒の童貞君がほとんどだろ?
なんか文句あるか?

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 09:12:41.11 ID:zPsA6Gx+
>>109
つまり思春期に洗脳された結果、私は日蓮教徒になるに至りましたということだね。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 10:33:15.12 ID:bGpZjDbw
>>109
>日蓮が仏でなければ誰が仏だというのかな?
>無論、釈尊は仏だろうが、

答え出てるじゃん。
日蓮に「信仰対象としてのリアリティ」とか、お気の毒としか。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 13:08:16.45 ID:gPneBfX8
>>111
仏の法身の常住は法華経からも導かれるのだが。

日蓮教に不可欠な末法思想とかはそれに真っ向から逆らう邪説でしかない。

113 :大乗非仏説:2015/07/03(金) 13:17:26.80 ID:+BCeG/L+
>>109
>日蓮が仏でなければ誰が仏だというのかな?

日蓮上人が仏という文証はなにでしょうか?

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 13:52:07.45 ID:gPneBfX8
>>113
日興が日蓮上行菩薩説を主張する
 ↓
他門流がそれをパクって布教する
 ↓
他門流との差別化戦略で日蓮本仏説を主張する

という成り行きでは?

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 14:57:40.53 ID:UoLdyt+c
>>112
>仏の法身の常住は法華経からも導かれるのだが。

記憶や面影はなくとも、三つ子の魂は百まで常住する。
しかしそれは在って無いようなものであり、意識や理性の対象とはならず、すなわち信仰の対象ともなり得ない。
末法の衆生が釈迦仏を拝むことは“幼児がえり”であり、体のよい現実逃避に外ならない。
おまえらが2chで粋がってるようなもんだな。

>>113
>日蓮上人が仏という文証はなにでしょうか?

文証よりも現証でしょう?
人の言葉より自分の目を信じなさいな。
だいぶ以前、竜ノ口の法難の真偽についてもやり合ったが、日蓮大聖人のご生涯を眺めれば、いわゆる仏のご境涯であられることは明白だよ。
おまえらはやれ捏造だの偽書だの妄想だのと散々悪態をついておきながら、今度は仏の文証を出せって?

ほんとド厚かましい野郎だよな、おまえらわ。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 18:02:32.77 ID:gPneBfX8
>>115
キチガイの業火に油を注いでやろう。

久遠の仏の法身は無始無終でなけりゃ法華経がウソになる。
だいたいが日蓮は像法時代の人物だろう。

(おまけ)
日蓮が身をもって示した現証とやらは下の通りだが。

要注意人物日蓮
 ↓
日蓮被疑者
 ↓
日蓮受刑者
 ↓
要監視人物日蓮
 ↓
行旅死亡人日蓮
 ↓
為日蓮幽霊成仏得道

117 :寂静寺:2015/07/03(金) 18:04:34.94 ID:2l2YNYDw
ほいじゃここに書いてーから解らなくしたまんまにしたりおこぼになるようにせんどきゃいいじゃん。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 18:30:14.52 ID:Q29gX1cT
>>78
訳の分からん根拠だなw

後の五百歳が末法である根拠は、たとえば、
「若後世。後五百歳。濁悪世中。」「於後五百歳。濁悪世中。」普賢品。
(少なくとも天台は、これを自らの時代より前である滅後五百年とは考えていない。)

なお、釈尊の仏法の末法という考え自体は法華経にばっちり登場する。
そのものずばりなら、
「又文殊師利。如来滅後。於末法中。欲説是経。・・・」
「又文殊師利。菩薩摩訶薩。於後末世。法欲滅時。」
「若後悪世中 説是第一法 是人得大利 如上諸功徳」安楽行品
そして、これを受けてこの後の涌出品の冒頭で大勢の迹化の菩薩が釈尊滅後の末法(断りはないが、安楽行品からの流れを見れば当然こうなる)に法華経を弘めると誓ったのを「退けて」地涌の菩薩を登場させる。(以下ry

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 18:40:20.39 ID:Q29gX1cT
>>93
論点が違う事をいっしょくたにして難癖をつける・・論外だな。

120 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/03(金) 19:59:13.21 ID:mi7wt51C
>>109
>日蓮が仏でなければ誰が仏だというのかな?
>無論、釈尊は仏だろうが、如何せん我々末法の衆生には縁遠い存在であり、信仰対象としてのリアリティに欠ける。

学会教学でさんざん日蓮本仏論、「釈迦仏法に縁がない(無縁)」とか教えられて信じたけど、
学会カルト宗教は縁する、釈迦仏法は縁しない(無縁)という縁する/縁しない、これもそろそろ消えて欲しい認識。

学会で語られる「信仰対象としてのリアリティ」って同時中継、新聞、書籍の活字などなど。
原始仏教やその他の宗派で、いくらでも活字も動画(YouTubeなど)も有る。
私も活動家として長らく盲信さんをしていたので、いくら言っても受け入れがたいだろうな。

教えが断絶したので縁がない、というのであれば、学会は正宗から断絶されたじゃないか。(笑)

原始仏教経典からお釈迦さんの教えを実行すればいいだけ。
でも、そんな極貧生活誰もやりたがらない。役に立たないとか言ってね。w
その割には、いっちょまえに、先生ガー学会ガー俺様ガー凄いんダー

新興宗教にありがちな狂気じみた信仰体験談は論外だ。
末法解釈もインド仏教にはなく、中国仏教から始まったと言われている。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 20:40:13.67 ID:Q29gX1cT
>>120
> 末法解釈もインド仏教にはなく、中国仏教から始まったと言われている。
>>118にもある通り、法華経他に末法思想はあるんだがな。
それとも何か?
法華経は中国で成立したとでも主張する気かい?

122 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/03(金) 21:16:22.32 ID:mi7wt51C
>>121

末法という言葉は大集教など中国経典から。
サンスクリットを直訳すると 「正しい教えの失われた最後の500年間」 という訳になる。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 21:19:42.17 ID:gPneBfX8
>>120
インド起源は法滅思想で、正像末の三時説で騒ぎが起こるのが中国。
インド仏教では末法が論じられた形跡もない。

>>121
末法がデマだったら困る奴らは三階教にでも改宗すればいいのさ。

124 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/03(金) 21:22:10.50 ID:mi7wt51C
チベット語訳の正法華経などを私は読んだことはないので、いずれ誰かが論文にされると思う。
どう訳されているか興味深い所。
日蓮は像法の僧侶。今後の学説で仮に末法の僧侶だと確定しても、ずいぶん色々と間違えた末法の凡僧でしょ。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 21:37:30.66 ID:gPneBfX8
>>124
チベット語訳の法華経はサンスクリット本との大きな異同はないらしく
したがって十如是もない。
日蓮が信じ込んでいた仏滅年代が450年以上繰り下がっているからには
法華経を説いた釈迦仏は「架空の仏」となってしまう。
したがって日蓮教が貶す阿弥陀や大日と同じ扱いになる。

126 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/03(金) 21:45:09.35 ID:mi7wt51C
学会も末法が1000年、500年どちらなのかをやかましく言わなくなった。
というのも、日蓮が全ての経典群である一切経(大蔵経)を読んだことになっているから。
日蓮さんの数々の間違いの全て、日蓮さんに責任のあることじゃないけど、
現代では創価学会などの正宗系教学は破綻してる。

全ての経典に目を通していない可能性が高いのでは?と勝手に考えている。

>日蓮世間の体を見て、粗一切経を勘ふるに、道理文証之を得了んぬ

粗(ほぼ)一切経を勘ふる

大体の意味。

127 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/03(金) 21:46:38.00 ID:mi7wt51C
>>125
>チベット語訳の法華経はサンスクリット本との大きな異同はないらしくしたがって十如是もない。

有難う御座います。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 22:23:07.75 ID:cdDn+mpY
日蓮よりも、日蓮を本仏と信じる信者のほうが、仏に思える。知らぬが仏という意味で。

129 :スチールカン:2015/07/03(金) 22:27:43.66 ID:HU842ZgD
>>118さん
法華経での末法は如来滅後の後五百歳であって、
大集経を根拠に解釈すれば如来滅後五五歳のようですね。

地涌の菩薩の登場はどっちなのでしょうか?

130 :スチールカン:2015/07/03(金) 22:44:52.23 ID:HU842ZgD
>>128さん
堅物にはなりやすいでしょうが、

『仏の成就したまえる所は、第一希有難解の法なり
    唯仏と仏と乃し能く諸法の実相を究尽したまえり』

の読誦が無意味になってしまいますね。

131 :スチールカン:2015/07/03(金) 23:00:05.09 ID:HU842ZgD
>>129訂正です。
× 如来滅後五五歳
○ 如来滅後五五百歳

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/03(金) 23:12:06.84 ID:gPneBfX8
>>126
教義破綻の八方ふさがりでお手上げ状態の創価教学部に残された道は
池田センセイに対する個人崇拝の絶対化だけだったのだろうな。
ところが頼みのセンセイが脳軟化で再起不能ではどうしようもない。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 03:13:52.54 ID:cdQF47TW
>129
>法華経での末法は如来滅後の後五百歳であって、
薬王品には「若如来滅後。後五百歳中。」とある。
もし、これがタダの滅後五百年を意味するなら、涅槃直後〜五百年間を示すことになる。
また、表記は「若如来滅後。五百歳中。」という風になるだろう。
これでは、涅槃直後から末法が始まる事になる。
第一、これは実際とは合わない。
(付法蔵が続くなど、釈尊滅後直後〜数百年は正に正法時代である。)
後の五百歳とわざわざ指摘しているのだから、いくつか五百歳がありその後ろの方(時代が下った方)を示すと考えるのが妥当。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 08:33:18.75 ID:ovN4K/Ru
>>76の前半
魔訶止観は、座禅をメインに据えた、意識コントロールの行法体系を
解説したマニュアルでしかなく、御書には座禅の具体的な話がなくて
日蓮さんはたぶん座禅がキライなんだろね。
でも否定もしてなくて、、

(法華初心成仏抄)
答えて云く法華経を持つにおいては深く法華経の心を知り
『止観の坐禅をし』、、、一念三千十境十乗の観法をこらさん人は
実に即身成仏し解を開く事もあるべし、

(釈迦一代五時継図) 一、常好坐禅と云う事
安楽行品に云く亦師と同ずることを楽わず常に坐禅を好む文。
普賢経に云く専ら大乗を誦し三昧に入らず文、又云く其の大乗経典を
読誦するもの有らば諸悪永く滅して仏恵より生ずるなり文。

よーするに、安楽行品の常好坐禅は、いちおう気にしてんだけど、
経典の読経は、座禅と同じく効き目ありますyo !
みたいな、言い訳になってない言い訳。

座禅だけは、ゼッタイにいやーーーっ ! ! !
という強い意志が伝わってきますね・・。

>>76の後半
そんな話ではなくて、南岳、天台、伝教の三大師は、像法時代の
坊さんだから、この人たちがナンミョー題目やりなさいと
仮に言ったとしても、末法の今は、効き目ないんじゃないかい?
というギモンね・・。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 08:58:41.14 ID:ovN4K/Ru
日蓮さんの末法計算は、周書異記の紀元前945年を
お釈迦さま没年として計算スタートで、

そこから五百年ではなく、正法千年像法千年の
計二千年を過ぎた、二千一年目からの

末法初めの五百年。

これこそが、広宣流布キャンペーンの期間であって、
計算上は、西暦 1054年 - 1554年、、、らしいですよ。

そしてまさに、大集経にある五つの五百年代の最後、
五番目の五百年代、白法隠没こそが、法華経に書かれた
我滅度後五百歳の意味なのだ、、、、、

と勝手に決めつけてます。

ひとつ致命的なのは、日蓮さんが広宣流布の期間を
「五百年」と指定してしまったことで、後の時代のことを
まったく考えていません。

現代が広宣流布の期間でないのがバレるとマズいので、
正宗なんかは、我滅度後五百歳→末法万年、
とか言葉のすり替えをやって、なんとか集金名目を
維持しようとしてますよね・・。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 09:12:05.29 ID:ovN4K/Ru
オスプレーが日本配備されたとき、離陸シーンを見て、

おっ、多宝塔。と思ったもんだが、、

でもカタチはサンダーバード1号の方がチカいよな。。

・・・

金色に輝く菩薩が、地面から湧き上がるのは、

ピン芸人が金ラメのジャケット着て、
舞台のせり上がりでスポットライト浴びて登場するシーン、、。

さらに金色ブレザーで背中にジェットパックしょって
空中に浮かべば、虚空会の菩薩ぽいかも・・。

・・・
・・・

日蓮教の高僧さまと言えば、この方が最高レベルの一択です。

休日は、「三木大雲」 で検索ポチッ、、。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 09:46:26.95 ID:QjnJ2gFX
>>135
もはや「予言がはずれるとき」みたいな展開。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 10:14:28.18 ID:34Q7eoJk
>>132
脳梗塞だろw

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 11:09:54.46 ID:XXriU9RP
>>136
>オスプレーが日本配備されたとき、離陸シーンを見て、
>おっ、多宝塔。と思ったもんだが、、

普通、思わんだろw 
あんたもスチールカン氏に負けないくらい法華経にドップリ浸かっているなw

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 12:28:06.85 ID:Gr/zb44K
スチールカン氏は論としてまだ分かるんだけど、
この人は妄想と勘違いと知ったかが酷過ぎる。
たま〜に良い事も書くんだけどねえ…

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 13:39:56.51 ID:u0hTPfRV
どちらも独特の視点でけっこう面白いと思うな。
たまに首をかしげるのは誰しもお互い様だろ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 13:41:06.74 ID:wq7pb/Va
>>141
>たまに首をかしげるのは誰しもお互い様だろ。

「たまに」?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 14:58:11.55 ID:QjnJ2gFX
日蓮が受け継いだ自画自賛と誇大宣伝を法華経から抜いてしまうと
取り立てて言うほどでもない内容なんだが。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 16:03:48.45 ID:sp60B+W1
http://ameblo.jp/kitani1/entry-12046418450.html

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 19:21:21.06 ID:QjnJ2gFX
ああそうだ。
福岡東公園にある日蓮の銅像の横に
「日蓮は博多に来るどころか、蒙古調伏の祈祷一つ行なっていません」
と史実を書いた看板を立てなきゃならないな。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 20:02:54.04 ID:+kNicnR0
>>120
>原始仏教経典からお釈迦さんの教えを実行すればいいだけ。
>でも、そんな極貧生活誰もやりたがらない。役に立たないとか言ってね。w

だからそう言ってるだろ。
三つ子の魂は百まで宿るとも、二十歳の魂は三つ子の魂には宿らず、てな。
俺のレス読んでくれてっか?

>新興宗教にありがちな狂気じみた信仰体験談は論外だ。

2chのお説教のがよっぽど論外なんだが。
玉石混淆?
どこに玉がある?
一体どこの阿呆たれがカキ込んだか知れない活字の羅列とエロ広告しか目に入らないんだが?
そんなものより俺には、画面の向こうで高齢童貞のオッサンが夢中でキーボードを叩いてる想像図の方がよっぽど“リアル”なんだよ。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 20:36:12.08 ID:cdQF47TW
>>134
「一念三千十境十乗の観法をこらさん人は実に即身成仏し解を開く事もあるべし、 」(法華初心成仏抄)
この部分は、像法部分の修行法※について述べており、しかも「解を開く事もあるべし」とあるように万人に有効な修行法ではないとしている。
深く法華経の心を知る智慧+止観の坐禅をし一念三千・十境・十乗の観法をこらす・・という勝れた機根の人のみが成仏できる。
つまり、像法時代においてすら救える人間と救えない人間がいるという、限定法なのだ。
※天台は、自らの修行法が末法のためのものであるとは説いてはいない。

>安楽行品の常好坐禅
安楽行の修行法は迹化の菩薩(正法・像法)の修行法であり、末法に登場し広宣流布を担う地涌の菩薩の修行法ではない。

>南岳、天台、伝教の三大師
ればたらを論じても、意味はないな。

>>135
>日蓮さんが広宣流布の期間を「五百年」と指定してしまったことで、
こじつけ、乙。
如来滅後五五百歳始観心本尊抄という重大な御書がある。
表題は5番目の五百歳に始まる(以下略)という意味であり、5番目の五百年の間のみに限定などしていない。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 20:40:24.14 ID:QjnJ2gFX
>>146
悩乱の業火に油をもう一注ぎ

ま、エセ仏教の搾り滓に生えたカビみたいな日蓮本仏カルトが排泄したクソ外道には
原始仏教経典なんぞ難し過ぎてチンプンカンプンだろうからな。

玉石はおろか猫便所の砂しか噛んだことのないチンカス外道はさっさと出て失せな!

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/04(土) 21:38:23.75 ID:+kNicnR0
>>148
俺なんかイケナイこと言っちゃったかな?

ごめんな。

150 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/04(土) 22:32:26.92 ID:QY7EvoUh
>>146
>俺のレス読んでくれてっか?

ttp://blog.goo.ne.jp/soukagakkai_usotuki
私のブログを全記事、コメントに至るまで読んでみてください。
学会批判だけでなく、日蓮批判、日蓮正宗批判も含まれます。
創価など、正宗系教団の等距離批判者です。
私のブログはパソコンの閲覧を推奨します。

読み終えたら1年後2年後でいいので、何処何処スレの何番です、って書いてブログにでもコメントして下さい。
気長にお待ちしております。

151 :大乗非仏説:2015/07/05(日) 02:04:32.72 ID:Oi2VJlu+
>>113
>>日蓮上人が仏という文証はなにでしょうか?

>文証よりも現証でしょう?
>人の言葉より自分の目を信じなさいな。

私の母は熱心な創価学会の信者で200名以上を折伏したというのが自慢でしたが
母の生涯をみていると、創価学会を信じる気にはなりませんね。

152 :大乗非仏説:2015/07/05(日) 02:06:22.71 ID:Oi2VJlu+
失礼しました
上記の分は
>>115 さん宛です。

153 :スチールカン:2015/07/05(日) 08:23:16.03 ID:N8O9xkNe
>>133さん
薬王菩薩本事品での 『我が滅度の後後の五百歳の中、閻浮提に広宣流布して』は、とりあえず釈迦が宿王華に言ったセリフですね。
いえいえ、>>129での私が問いは、宿王菩薩の話ではなく地涌菩薩が登場したのはいつなのか?・・ということです。

貴殿の疑問で考えるのであれば、宿王菩薩も地涌菩薩同じ時期に登場するということになりますよね。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 08:43:29.41 ID:bd1aeEXt
>>137 ご好評につき、広宣流布の延長キャンペーン中・・。

>>147
その末法に座禅が通用しないというのは、どこに書いてあんの?
個人の思い込みなのか、または原文あればそれを示せばいいけど。

・・・

安楽行品の常好坐禅は、日蓮さんは否定してませんよ。
そもそも御書をまじめに読む気はなさそうだな・・。

・・・

南岳、天台、伝教の三大師は、像法時代の坊さんだから、
この人たちが推奨するなんみょー題目は、末法には効き目が
無いはずでわ? と当体義抄のムジュンについて質問してんだよ。

説明できないときは、逃げてもべつにいーけど・・。

・・・

この五百年期限の話をすると、かならず「末法万年」ですから・・、
と答えが返ってくるから、大石寺の公式解釈みたいね。

如来滅後五五百歳始観心本尊抄の、「始」の一字は、
始成正覚のことですよ・・。

(寂日房御書)
上行菩薩『末法の始の五百年』 ←に出現して南無妙法蓮華経の五字の光明を
さしいだして無明煩悩の闇をてらすべしと云う事なり、
日蓮は此の上行菩薩の御使として・・・。

155 :スチールカン:2015/07/05(日) 09:10:43.83 ID:N8O9xkNe
法華経は釈迦が八年間で説いたとされています。
個別に分けて法華経を付属される菩薩等の寿命を考えても、五百年は生きられません。
上行菩薩もしかりです。
享年六十一歳の日蓮を上行菩薩と言うも、存命当時の中での役柄の話でありましょうや。
未だに日蓮が魂が生きて上行菩薩を振舞っておられるのであるならば、それは信者さん本人達なのではありませんか?
これが日蓮不滅論として成り立つ解釈をするのならば、法華経物語寿量品の釈迦不滅もその通りであるものでしょう。

「法華経二十八品は用無し、せんなし」では寿量品の久遠の件や法華経の文証を否定するのと同じことです。
このような教えの宗派は謗法の類と簡単に解るようなものですがね。

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 09:15:53.92 ID:bd1aeEXt
>>135>>154
さらに見てたら、こんなのあった。

(御講聞書)
滅後とは末法の始の五百年なり、

ここまでハッキリ書いてあれば、
現代は広宣流布の期間じゃないじゃん。

大石寺と信濃町が「広宣流布」の名目で集金するのは
明らかにサギ行為なんで、過去の払った財務に関して、

悪いけど、カネ返してくんない?

と電凸してみれば、面白いかも・・。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 09:30:10.59 ID:Ia1Kj6Yy
>>115
>日蓮大聖人のご生涯を眺めれば、いわゆる仏のご境涯であられることは明白だよ。

どこが明白なの?他宗を誹謗中傷したところ?それで法律通り流罪に服役したところ?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 09:33:16.79 ID:Ia1Kj6Yy
ふつーに考えて、鎌倉時代ではこんな受け止め方だったんじゃ。

次のニュースです。

本日午後、鎌倉の鶴岡八幡宮付近の路上で、自称天台沙門日蓮と名乗る男が寺院僧侶を大声で罵倒しているところを
駆けつけた警官により、悪口を禁じた御成敗式目違反の現行犯の疑いで逮捕されました。
取り調べに際し、男は「真言や禅や念仏や律のせいで諸天善神が去った。自分こそ日本の柱だ。」などと意味不明の供述をしており、
警察では今後、男の身元や精神鑑定を含め、動機などの解明をすすめるものと見られます。

次はスポーツです。
京都御所で開催中の全日本蹴鞠選手権2日目の結果ですが、、、

てな感じじゃないかと。

159 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/05(日) 10:25:15.75 ID:1a5UCDT7
>>158

>本日午後、鎌倉の鶴岡八幡宮付近の路上で、自称天台沙門日蓮と名乗る男が寺院僧侶を大声で罵倒しているところを
>駆けつけた警官により、悪口を禁じた御成敗式目違反の現行犯の疑いで逮捕されました。
>取り調べに際し、男は「真言や禅や念仏や律のせいで諸天善神が去った。自分こそ日本の柱だ。」などと意味不明の供述をしており、
>警察では今後、男の身元や精神鑑定を含め、動機などの解明をすすめるものと見られます。
>
>次はスポーツです。
>京都御所で開催中の全日本蹴鞠選手権2日目の結果ですが、、、

朝からワロタ。これは使えるぞ。ww

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 10:38:17.84 ID:2RjQISyv
>>156
じゃあ、末法の初めの五百年が過ぎた後の期間は、釈迦仏法の何に該当するんだ?
・・・・一度末法の状態になれば特別に他の要因がないかぎり状態は悪くなることはあってもよくなる事はないから、末法が続くんだよ。

>>154
> 如来滅後五五百歳始観心本尊抄の、「始」の一字は、始成正覚のことですよ・・。
始は、観心の本尊にかかるんだよ。
始成正覚?・・・誰が始成正覚したというんだ?

大聖人の仏法をよく知らない者は、よく御書を単体で細切れにして解釈する。
それでは、全体を知る事が出来ないので、誤った解釈になりがち。
大聖人は、釈尊でも天台でもない大聖人の教えである「南無妙法蓮華経」を所持し、初めて弘めた。
これは、仏にしかできない行為である。
大聖人の本地が上行菩薩だとすると、その前に南無妙法蓮華経を広く説いた「仏」が存在しなければならない。
しかし、地球上には大聖人を除いてそのような行為を行った者はいないし、釈尊の経典にも存在しない。
したがって、大聖人を認めるならば本仏論肯定だし、本仏論否定なら大聖人の仏法そのものを否定することになるのだ。

>>153
(法華経の会座を除いてなら、)末法だろ。
末法以前に登場しても、地涌の菩薩は役目を果たせないからな。(仏の付嘱がない)
そして、法華経では末法=後五百歳=濁悪世中=法欲滅時=悪世中・・・。
年数が決定しているわけではなく、世が末法の様相を示せば登場時期となる。

>宿王菩薩も地涌菩薩同じ時期に登場するということになりますよね。
迹化の菩薩は、正像末を通して(今現在も)存在するから、何の問題もない。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 10:46:41.56 ID:LgUTUfiP
>>100
ネット上での殺害予告は普通に逮捕されますよ
なんJ民のカラコロとか有名ですよね
通報されることをおすすめします
https://www.internethotline.jp/hotlinecenter/illegal-full.html

162 :スチールカン:2015/07/05(日) 10:54:26.42 ID:N8O9xkNe
>>158さん
2日目の結果が・・・・とても気になるところですw

そのころ鎌倉では、相手の顔面をめがけて蹴鞠のようで、
日目上人にもルールを教えてあげたいものですね。
昔、映画でしたか「温泉卓球」っていうのがありました。
相手が打ち返し安いようにラリーを長く続けるという、思いやりを趣旨にしたものでした。
しょっちゅう、ケンカの絶えない我家では、ビデオを借りてきて見て感動ものでした。
とりあえず私はメンタルに身に沁みたのですが・・・・w

この日蓮ってスレも長く続いているところ、そこそこに良スレなのか、、、、、どうなのか?と。

163 :スチールカン:2015/07/05(日) 11:07:02.74 ID:N8O9xkNe
>>160さん
まず、>>113での貴殿自ら引用されました薬王菩薩本事品にもある通り、
法華経はこの時に初めて説かれたわけではないのは気づかれてますか?

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 11:08:10.15 ID:GdQa3gzC
>>160
>大聖人は、釈尊でも天台でもない大聖人の教えである「南無妙法蓮華経」を所持し、初めて弘めた。
>これは、仏にしかできない行為である。
>大聖人の本地が上行菩薩だとすると、その前に南無妙法蓮華経を広く説いた「仏」が存在しなければならない。
>しかし、地球上には大聖人を除いてそのような行為を行った者はいないし、釈尊の経典にも存在しない。
>したがって、大聖人を認めるならば本仏論肯定だし、本仏論否定なら大聖人の仏法そのものを否定することになるのだ。

全体が無根拠な妄想なので腹を抱えて笑うしかない
あはははははははwwwww

165 :スチールカン:2015/07/05(日) 11:10:00.91 ID:N8O9xkNe
>>159米山士郎さん
同意ですw

確かに使えますね。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 12:15:46.42 ID:oGslCpTS
>>160
釈迦牟尼仏が体現して弘めた法は無始にして無終。

ニチレンブッポウとやらは外道の外法でしかないわけだが。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 12:54:31.93 ID:Ia1Kj6Yy
>>160
日蓮が上行菩薩か本仏かの2択になっていますが、それらのどちらでもないという最大の可能性はなぜ無視するの?

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 15:17:10.97 ID:oGslCpTS
>>167
絶対に本仏でなければ困る←大石寺系
せめて上行でなければ困る←その他

という日蓮教のお家の事情があるから。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 15:26:16.43 ID:j/+ImwLa
法華経自体が釈迦の説いた教えからかけ離れた偽書にも等しい存在だというのに
その経典解釈を巡って仏教の本質を論ずることになど意味がないだろう

経典の成立を時系列で鑑みれば末法だとか上行菩薩のようなものは第二回仏典結集に於いて
分裂し対立を開始した大衆部が上座部に対して自説を優越とせんが為に編み出した論理であることは明らか
それが竜樹、智義などの時代を経て次第にエスカレートし日蓮が主張するように法華経こそが仏陀の最後の教えで
仏教の真髄に違いないと法華経に最高法規性のようなものを認めその他の経典はそれに従属する等と言った
デタラメな教義が完成するに至った

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 15:31:28.19 ID:khFy2wAS
日蓮のシコシコポエムを大前提として正と捉えてることが異常
日蓮は何も証明してない
偶然の域を越えてない

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 15:58:25.27 ID:2RjQISyv
>>166
だが、それを修行する一切衆生側の機根が合わなければ無益、それどころか害となる。

舎利弗は、鍛冶屋に不浄観(肉身の不浄を観じて貪欲を止める修行)、洗濯屋には数息観(呼吸を整えて心の安定を得る修行)を教えた。
しかし、九十日間たっても、彼らは仏教の何たるかを少しも理解できなかった。
それどころか、邪見を起こして一闡提になってしまった。
その後釈尊は、鍛冶屋に数息観、洗濯屋に不浄観を教えた。
彼らは、すぐに覚りを得ることができた。

(鍛冶屋が仕事をする際には精神の集中が必要とされるために、呼吸を整えることが重要。
よって、数息観の修行があっている。
洗濯屋が仕事をする際には、当然不浄を忌み嫌うことが重要。
よって、不浄観の修行があっている。
機根に合った修行法を行わないと薬どころかかえって猛毒になる、というたとえである。)

以上、教機時国抄より(趣意)

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 16:04:40.18 ID:oGslCpTS
>>169
日蓮教の色メガネを外して法華経を読むとなかなか面白いんだがな。

大衆部が末法や上行を創作したとは初耳だ。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 16:21:19.01 ID:2RjQISyv
>>169
・かけ離れているなら、古今東西(中国〜日本)大切にされるわけがない。
・仏典のすべては、釈尊が書いたものではなく、釈尊在世に書かれたものでもなく、死後数百年の間に文字化していったもの。
つまり、偽書といえばすべてが偽書である。
さまざまに発展し、また釈尊とは異質な考え方が入り込み、それを排除するためにいろいろ捜索するなど策を講じたり・・・・。
(中国だと、仏教と道教の確執などは有名。)
仏典を読み解く肝は、どのような思想を顕わしているか、それは役に立つのかどうか・・である。
仮に100%釈尊が説いたものと分かっていても、現代社会で通用しないなら、それは薬ではなく毒である。

>>163
もっとわかりやすく頼む。
妙法蓮華経の定義としての話なら、
・地涌の菩薩は、釈尊が五百塵点劫で仏になった時、最初に教えた弟子。
・地球上(一応)では、従地涌出品〜属類品の八品、および末法。

174 :スチールカン:2015/07/05(日) 17:42:09.14 ID:N8O9xkNe
>>173さん
「もっとわかりやすく頼む。」・・・と言われましても機根(うつわ)というのがありまして説明に困ります。(汗

>仮に100%釈尊が説いたものと分かっていても、現代社会で通用しないなら、それは薬ではなく毒である。

法華経のキァラクターである地涌の菩薩の発言とは、とても思いませんね。
君等こそ、私達をも超えるアンチであることを自覚しなさい。
本来は気が合うはずなのですがね・・・w

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 17:56:54.50 ID:j/+ImwLa
>>173
歴史的に様々な教説が展開されてきた仏教だが
釈迦の直説に最も近いと考えられてる初期仏教の概念は歴然としてある訳で
大乗仏教のそれとは相容れない部分が多いのもまた事実
確かに中世インドまでは、経典に書かれたもの全てが釈迦の直説だなどとは考えられておらず
時を経て紆余曲折、議論百出され哲学的発展を遂げたものを含めたのが仏教だと解釈されていた
しかし、それは初期仏教の概念からの逸脱を意味するものではない

現代社会云々〜というくだりから察するに創価学会か大石寺系の人物の書き込みだろうが
例えば、法華経の五百塵点劫というのは果てしない永遠を遡るという比喩に過ぎないのに
物理的な時間軸上に於いて展開された事実のような解釈をして
久遠元初などと称して根本仏を新たに創りだす様はもはや法華経ですらないので
呆れるばかりだ日蓮教と揶揄されても仕方がない

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 18:23:46.54 ID:j/+ImwLa
>>174
現代で通用しなくなったからとうとう日蓮の三大秘法までも捨て去ることにしたのだろう
創価学会の題目が仏性を涌元させる宇宙のリズムなどと言う解釈も極めて不可解だ

漢字の音韻に意味があるのだと言うなら梵語で唱うべきで
それを日本語で読み上げてどうする
そもそも、サンスクリット原典から羅什に訳された段階で既に発音が違ってしまってるのに
さらに大陸から輸入して日本語読みに変化したナンミョウホウレンゲキョウという
音韻がどうして普遍的な宇宙のリズムとなるのだ

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 18:59:41.98 ID:GdQa3gzC
>>176
>さらに大陸から輸入して日本語読みに変化したナンミョウホウレンゲキョウという
>音韻がどうして普遍的な宇宙のリズムとなるのだ

いやそもそも鎌倉期の発音もナンミョーじゃないから。
「なむめうほうれんくえきよう」をそのまま読めば
日蓮のそれにわりと近くなるだろう。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 21:01:01.08 ID:37KP6/9O
>>175-176
うん、これは他の方の投稿とは思えないくらい、全面的に賛同できる。日蓮教や創価批判の部分は言うまでもなく、
大乗仏教が初期仏教と異なるものでありながらも、仏教の逸脱ではないという部分は特に共感する。
これは学術的には広く認められているところだが、前者に詳しい人ほど、実際は否定的になりがちなところだ。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 21:04:03.34 ID:37KP6/9O
178の訂正
前者というのは初期仏教のつもりだった。178の語順から言えば大乗になるので訂正する。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 21:25:13.31 ID:37KP6/9O
>>171
>だが、それを修行する一切衆生側の機根が合わなければ無益、それどころか害となる。

機根の相性を言うなら、南無妙法蓮華経だけが機根フリーサイズだと言う根拠はなにか?
すくなくとも題目だけを賞揚し、他を否定する日蓮教に精神的に違和感を覚える人々のほうが圧倒的に多い。


>>173
>仮に100%釈尊が説いたものと分かっていても、現代社会で通用しないなら、それは薬ではなく毒である。

それを言うなら、君が説明すべきことは「南無妙法蓮華経」が、どう現代社会で通用し、人々の薬になっているかだろう。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/05(日) 22:08:00.06 ID:HI3Ih2HA
>>173
だから、相手にするなって言ったろ?
遊び半分の相手にいくら真剣になったところで勝てるわけないんだよ。
コイツらへの最大の攻撃は、「相手にならないこと」だ。
2chってのは「言葉の将棋」なんだろう。
負けると悔しいが、勝ったところで何の自慢にもならない。
言いたい奴には言わせておけばいいんだよ。
2chをやる暇があるなら、一冊の本を読む。素敵な音楽を聴く。家族サービスをする。
明日の仕事に備えて早く寝る。
その方がよっぽど「勝利者」だと俺は思うよ。

酒やタバコや女に依存することは悪いことでも、活字を用いた論争ゲームに依存することは何となく合法的な気がするってだけだ。
剰えそれが仏教や経典の話題となると、生来のエリート意識がくすぐられるんだろう。

2chやりすぎて周りから苦情が出てないかい?
だとしたら立派な依存症だよ。
俺はもうやめる。
後はおまえらで勝手にやってろ。

182 :スチールカン:2015/07/06(月) 00:45:38.02 ID:bYP1mlpa
>>176さん
「題目を唱えると宇宙のリズムと合致する!」
と、教えられた時期が私にもあり、それを信じていました。

ならば、そのリズムに合致したらどのようになるのか?
良くも悪くも生きている者達やすべての万物はすでに宇宙の中で合致しているものではないでしょうか。
特別視に題目を唱えることが仏性を涌現するなどとは、いかにも人間クサイ感覚であって、他の生物はお構い無しの解釈ですよね。
なにかしらの宇宙のリズムで生まれた虱もいれば、それを殺して悟る人間もいるみたいですしね。
あのような宗教が現れるのも確かに宇宙のリズムであることは確かでありましょうかw
彼等が“仏性”とは所詮・・・・>>99現証であのようなものなのでしょう。

183 :スチールカン:2015/07/06(月) 00:59:02.77 ID:bYP1mlpa
>>173さん
再びにレスを失礼しますね。

貴殿が思う、現代社会で通用する薬の作用で>>181が貴殿に説教しているようですが、
そんなことないですよ、十分にここ住人とお話くださいませ。
みんなが貴殿の味方?でしょうし、敵はあのような者であることは察しておられるとは思いますが気にせずに思いを述べてくださいね。

184 :スチールカン:2015/07/06(月) 01:04:25.22 ID:bYP1mlpa
>>181
>俺はもうやめる。

これで何度目だ、、、馬鹿タレ!
宇宙にでも行ってチンコ冷やしてきな。w

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 07:15:26.13 ID:1IhaSV4K
>>184
>宇宙にでも行ってチンコ冷やしてきな。w

それって、181には、冷やすべき頭もないという皮肉ですね。

それにしても、この日蓮教徒は毎度のことながら、まったく進歩のない男ですな。
それに必ず、去り際に自演を交えてくるw 前は脳内彼女でしたね。
これをみても日蓮教がいかに精神に有害で、頭破作七分への最短コースかよくわかります。

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 08:04:22.29 ID:CmFtWh/N
日蓮本人からして精神異常者だったからなwww

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 09:03:03.08 ID:DMUoh+Iv
教説という点では日蓮に目新しさはないが、ビジネスモデルとしては時代に先んじたカルト性があった。

・相承資格のない者が説法する
・会員制の通信説法
・他宗のネガキャン
・祈れば願いがかなうという現世利益の約束
・瞑想や慈悲行など金にならない修行は無視する
・折伏という会員拡大そのものを修行とする
・政教一致主義で権力に接近を試みる
・布施のできない困窮層を相手にせず、中間層にターゲットを置く

等々。

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 09:36:19.57 ID:eH9w0dVv
まさに日蓮大商人w

189 :スチールカン:2015/07/06(月) 16:20:38.37 ID:bYP1mlpa
>>185さん
進歩というより、悪化は進んでいるようにも思いますね。
法華講ヒロサトル、創価学会築山と、続かなければいいのですが、、、心配です。

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 19:13:14.38 ID:+8/Oz+gK
>>29
日蓮本仏論の根拠とされる遺文の殆どが偽書です。
日蓮真筆も日興真筆も無い
日蓮本仏論を唱えるには当時としても、偽書をでっち上げなければ成り立たなかったと考えるのが自然だと思います。
学術的にも日蓮、日興、共に、その様な教学思想(日蓮本仏論)は無かったと考えられていますし久遠元初自受用報身如来(仏)と言う語句は偽書にしか認められない語句です。

日蓮が排他的、独善的で有った事は事実でしょうが、創価や正宗の捏造教義はその排他性、攻撃性、独善性を高めている様に思いますね
日蓮を本仏とするか、上行菩薩と位置付けるかは、決定的な差だと私は考えます。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 20:45:43.56 ID:nk1SyC3b
>>182
題目を唱えるとそれを傍で耳にしている者にも仏性が現れる可能性極大
さらに傍らで聞いている動物にまでも仏性が現れ成仏してしまうなどと言われてたなぁ

傍らで聞いてるだけで効果が現れるなら何もしんどい思いして唱えなくても
落語みたいにテープレコーダーで録音したのを流してりゃいいがな

動物というのは動物としてその命を全うし完結している訳なのに
愚かな動物にも仏性が!などと言う話も極めて馬鹿げている
仏教の根本テーマは苦からの脱却であって人間の苦とは主に理性からの煩悩だろう
理性を持たない動物が成仏するなんて発想が一体どこから出てくるんだか??

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 21:07:54.80 ID:1IhaSV4K
>>180
排他的、独善的なのが事実なら、それは菩薩といえないのでは?

>>191
愚かな動物のほうが、倒錯した煩悩まみれの人間よりも仏にちかいのでは?

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 21:42:13.75 ID:+8/Oz+gK
>>192
大乗非仏説を始め、そもそも現在の文献学から見れば、日蓮の教学思想の根拠等、皆無といって差支え有りません
私は日蓮宗派の人間では有りませんが創価学会等の日蓮正宗系カルト団体を危険視しています。

彼らの信仰態度や強引な布教活動等はその独自教義による影響が大きいと考えているので、日蓮本仏論を掲げる団体は危険だと考えています。
また、学術的にも、日蓮本仏論の根拠は皆無と言って差支えない事を申しあげたかっただけです。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 21:52:38.92 ID:+8/Oz+gK
>>192
>>180のアンカーを190と勘違いしてレスしてしまいました。
失礼しました。

195 :スチールカン:2015/07/06(月) 22:07:10.37 ID:bYP1mlpa
>>191さん
>テープレコーダーで録音したのを流して

今の創価学会では語り継がれているかは分かりませんが、昔はそのような事をネズミで実験したようです。
戸田の虱ばなしも、このネズミばなしも、他の生命を軽く考えてた奴等なのですね。

いやいや、私はそれを美化させて教義に取り入れたような者達が仏意仏勅などと言っているのが滑稽であると思っているのです。
題目の音声が宇宙のリズム云々だと解く奴等には、「生命とは・・・」を偉そうに語ってはもらいたくないですね。
犠牲になった虱さんやネズミさんが、奴等のことを良く知っているでしょうか。

「たかが、虱やネズミ!」

と、その彼等が仏意で言わせてみたいですわ。w

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 22:35:19.56 ID:lqNjkODe
>>193
>日蓮本仏論の根拠は皆無
・・・・仏教の三宝について、まるで理解していないな。
一般的に、仏が違えばその説く法も違う。
南無妙法蓮華経と妙法蓮華経は違う法であり、したがって大聖人は少なくとも仏である。
南無妙法蓮華経と妙法蓮華経が同じ法か別な法かは、真筆御書を読み漁れば理解できる。
・・・・・日蓮菩薩論など、まったく論じるに値しない。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 23:04:19.36 ID:lqNjkODe
>>180
>機根の相性を言うなら、南無妙法蓮華経だけが機根フリーサイズだと言う根拠はなにか?
末法のように、自分が愚かであるがために相手の機根が分からない場合や謗法の者に対しては、とにかく強いて法華経(末法では南無妙法蓮華経)を説き聞かせる。
順縁にしろ逆縁※にしろ、下種となるためである。
(下種については、「下種 脱益」あたりでググってくれ。)

※相手が理解できなくても、毒鼓の縁を結ばせる事が出来る。
(代表例は、不軽菩薩)

>「南無妙法蓮華経」が、どう現代社会で通用し、人々の薬になっているかだろう。
ここで説明する必要などない。
各自が、組織としての創価学会や身の周りのたくさんの学会員を様々な観点で長期間観察してみればいいことだ。
断っておくが、学会員だから聖人君子、などという色眼鏡をかけないように。
学会員だって普通の人間だからな。

198 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/06(月) 23:12:46.34 ID:IRFRu95L
日蓮AC -日蓮教団系譜-
http://www.nichiren.ac/genealogy.html

勝劣と一致派でこのリンクをご紹介いただきましたが、いくつか間違いがあるようです。
私のブログからはリンクを外しました。

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 23:13:42.30 ID:3sjwUVEY
>>196-197
徹頭徹尾無根拠だね。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 23:18:19.86 ID:+8/Oz+gK
>>196
日蓮本仏論は文献学から言って根拠は皆無です。
開目抄は根拠にならず、本因妙抄や百六箇抄、は偽書

正宗信徒信徒はこれらを根拠としていたと記憶していますが、真蹟から日蓮本仏論を展開する新説なら創価信徒でしょうか?
正宗信徒の文底解釈以上のご都合解釈でもすれば可能なのでしょうか?

信仰者としてでは無く、学問、学術的な立場でその新説を支持する学者が入るなら教えて頂きたいですね。

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 23:23:31.63 ID:lqNjkODe
>>183
>>181は正しいんだよ。

ここでの議論は、自分の教学を確認するほどの意味しかない。
本当に意義ある議論は、一対一の真摯な議論。

まともに法を求めようとする人間は、このネット時代いくらでも調べる事が出来る。
しかし、ここに出てくるアンチの大半は、そんなことはどうでもよく、ひたすら創価学会を叩きたい…という思想の持ち主。
だから、自分の都合がよいようにしか物事を見ようとしない。
そんな人間と議論しても、実りは少ない。
ただ、こういうBBSのカキコを鵜呑みにするような人間もいるため、たまに反論を試みているだけだ。

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 23:28:11.79 ID:lqNjkODe
>>199
三宝(仏法僧)を知らんのかw
どうにもならんな。

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/06(月) 23:45:45.15 ID:3sjwUVEY
>>202
どうにもならんのは日蓮本仏論でしょw
組織はボロボロ、人はスカスカ。

現実を見ようぜw

204 :スチールカン:2015/07/07(火) 00:44:30.75 ID:Mt5+shdk
>>201さん
お気持ちは一応分かりますよ。
ここ2ch創価板に私が来た時も今の貴殿と同じでしたから。
それがこのざまですw
ミイラがミイラ取りになってしまいました。

あれですね、なんとなく気づきはじめたのですがアンチの大半は元信者さんだったので説得力があったんですね。
私の考えていることが手に取るように分かっていたのでしょう。汗
・・・まぁ、がんばってください。

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/07(火) 01:32:15.24 ID:ZBkOJQi4
>>198
日興門流と日什門流は勝劣派だからね。

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/07(火) 01:39:13.58 ID:ZBkOJQi4
>>196-197
>>201-202
ムダな抵抗だな。
どれだけ騒いでも日蓮教カルトの言い分の前提が全壊してる現実は変わらないのだが。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/07(火) 01:48:46.77 ID:iyTlKZDl
戦時下での「日蓮宗」への統合以降、一致派以外も属するようになってるのに
「日蓮宗」という宗名だけで一括して一致派扱いだから変な感じなんだよな。
そこ以外はほぼ正しい。最初期の富士五山に致劣論争はない。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/07(火) 05:43:13.50 ID:vG+INu1i
>>197
>各自が、組織としての創価学会や身の周りのたくさんの学会員を様々な観点で長期間観察してみればいいことだ。

その結果、世間の大半が創価に嫌悪感を持ち、日蓮に不信感を持つに至ったわけだが。

>断っておくが、学会員だから聖人君子、などという色眼鏡をかけないように。

だから基地外だと言われる。そんな色眼鏡だれがかけてるかってのw 

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/07(火) 07:39:23.14 ID:9gxOtd8g
>>200
偽書真筆以前の問題。(>>196
仏かどうかは、南無妙法蓮華経=妙法蓮華経/南無妙法蓮華経≠妙法蓮華経でわかる事。
そして、どちらの法がより幅広く一切衆生を効率よく長い間救う事が出来るか(優れているか)で、迹仏/本仏の違いが決定される。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/07(火) 08:36:32.75 ID:iyTlKZDl
誤字ではなく穴痔だいや違うっていう発想が既に間違ってることに気がつこうなw

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/07(火) 08:47:24.95 ID:c5V8xkvm
>>209

「南無妙法蓮華経」とは「妙法蓮華経に帰依します」という意味。「妙法蓮華経」に帰依するのではなく、
「南無妙法蓮華経」に帰依するなら「南無南無妙法蓮華経」と唱えなさいという定番のツッコミをどーぞ召し上がれ。

212 :大乗非仏説:2015/07/07(火) 09:03:15.74 ID:Ox5muzEE
>>173
横レスです。
>・かけ離れているなら、古今東西(中国〜日本)大切にされるわけがない。

長く保たれているのだったら浄土三部教もそうですし、パーリー語聖典もそうでしょう。
バラモン教のリグヴェーダなんて何年大切にされてきたんでしょうね。
それと末法では法華経は役にたたないんじゃなかったですか?

>・仏典のすべては、釈尊が書いたものではなく、釈尊在世に書かれたものでもなく、
>死後数百年の間に文字化していったもの。つまり、偽書といえばすべてが偽書である。

そうですよ。でも日蓮上人は法華経を釈尊の金口だと信じていたんでしょう?

>仏典を読み解く肝は、どのような思想を顕わしているか、それは役に立つのかどうか・・である。
>仮に100%釈尊が説いたものと分かっていても、現代社会で通用しないなら、それは薬ではなく毒である。

法華経などよりも四諦とか八正道の方がよほど人間不変の真理だと思いますが?

>・地涌の菩薩は、釈尊が五百塵点劫で仏になった時、最初に教えた弟子。

それはいつの時代のことなのですか?西暦では何年ぐらいのことでしょう? 

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/07(火) 21:59:09.47 ID:n+3oGS8G
>>195
大の大人が本気でそんなことをやっていたなんて
もう笑いを通り越して引くわ・・・やっぱりキチガイなんだな

自身が主体となり念を込めて唱えなくとも効果が現れると言うのだから
やはり題目の発音自体に意味が有り、それがまさに宇宙のリズムだ。と言う解釈なんでしょう
すると寿量品の文底に秘し沈められた南無妙法蓮華経という宇宙のリズム、(発声、発音)が
たまたま日本語読みと一致してしまったと、こう言う訳なのか

214 :スチールカン:2015/07/07(火) 23:55:42.90 ID:Mt5+shdk
>>213さん
こんなことを言うのもなんですが、
「創価の本尊」と「正宗の本尊」を分けて試したらどのようになるのでしょうねw
あっ、そうか・・・・題目の音声の功徳がどうかという実験だったのだから曼荼羅は関係ないってことですね。

まぁ、くだらない実験ですが、彼等がいうに「いつの日か科学が証明してくれる!」って言ってました。

215 :181:2015/07/08(水) 01:22:44.72 ID:LlmJIdFk
>>201
>ただ、こういうBBSのカキコを鵜呑みにするような人間もいるため、たまに反論を試みているだけだ。

それこそが連中の狙いなんだよ。
とにかく他人と論争すること自体が目的であり、身内だけで「そーだよねー」と悪口を言い合っても盛り上がらないから、
大聖人擁護のコメントが投下されるのを舌なめずりして待っているのさ。
どんな意見も主張も、彼らには単なるエサでしかない。
自分は大丈夫だと不用意に近寄れば、アマゾン川の人食い魚みたく、肉を食い破って骨の髄まで食らいついてくる。
2chをやるなら100%お遊びだと割り切る必要がある。
しかし自分の信仰の問題に関しておふざけで発言することなどできないわけで。
その時点で、あなたや俺の行為も矛盾に満ちているわけで。
ささやかな子供の遊びでも金を賭ければ大人のギャンブルに変身するように、
連中の言い分では、「宗教」や「信仰」の名を冠すれば、2chもたちまち「お遊び」から「真摯な議論の場」へと化学変化するらしい。
実際それは誤解であり詭弁であって、2chがまともな言論の場として機能することなどあり得ないのは、周知の事実であって。

>本当に意義ある議論は、一対一の真摯な議論。

つまりそこには言葉以外の様々な身体的・感情的リアリティーが介在するからで、
全くその余地のない2chの「論争ゲーム」では、目先の勝ち負けやゲーム自体を楽しむことが目的であり、
そういう議論の態度がすでに不謹慎だろう。

あたなたの気持ちはよく分かるし、俺もシバキ回してやりたいのは山々だが(笑)
でも、こんなルール無用の言葉のゲームに勝ったところで何になる?
人生こそ最も面白いゲームなのに、どうして他にゲームをやる必要なんかあるのと思う。
偉そうなことを言って申し訳ないですが、あなたにもできればこのスレから離れてほしいな。
餌が投下されなくなれば、共食いでも始めるよ。まったく気性の荒い奴らだからね。

勝手なことばかり、どうも失礼しました。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 01:50:10.68 ID:ATOD2CSX
まーた、日蓮本佛キチガイが長文投稿か。
2chにカキコする暇があったら折伏でもしてくりゃいいのにねえ(嘲

217 :181:2015/07/08(水) 02:00:33.65 ID:LlmJIdFk
そうなんだよな。
おまえらもたまにはいい事を言うじゃないか。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 02:35:14.56 ID:BCAWBacq
>>201
>ただ、こういうBBSのカキコを鵜呑みにするような人間もいるため、たまに反論を試みているだけだ。

大丈夫だよw
2ちゃんねるなんて、所詮「便所の落書き」なんだから
ここでの議論を鵜呑みにする阿呆なんてほとんどいないよ。
ここにいる連中は、知識はあるんだけどリアルにそれを生かす
場所がないから、ここでストレスを発散させてるだけ。
気に障るなら、見なければいいだけの話さ。

羽田さんも言ってたけど、自分がその信仰で救われた
と思うのならば、他人がどう言おうがそれを貫けばいいだけの話。
信仰に限らず、人生ってのは批判されたり否定されることの方が多いもんだよ。
本を書けばそれは違うと言われるし、論文を書けば重箱の隅を
突いたように突っ込まれるし、仕事で提案をすればネチネチ文句を言われる。
いちいち切れてたらきりがない。言いたい奴には言わせておけばいい。

俺は日蓮本仏論者ではないけど、あんた達の思想は、思想として尊重する。
ただし、あんた達が俺に折伏をしてきたら、徹底的に反論し、
完膚なきまでにたたきのめすけどな(笑

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 03:10:58.30 ID:DjoK+e0O
指令をインターネットで公に事前予告、宣伝済、天罰。腕や足に、イナズマの刺青を付けているAV男優も天罰対象。
記録を付け足すのが手間だが、更に多数、逮捕されている。(2014.6.4 - 2013.5 分から抜粋)
2014.06.04 わいせつ行為、ネットで生中継 初の現行犯逮捕 公然わいせつ容疑で 無職 松本隆志 (30)大阪市北区(個人AV撮影者)
2014.04.30 「10人以上とした…」女子中生とわいせつ行為の無職男を逮捕 コスプレ撮影も 東京都世田谷区代沢、無職、池田瞬(24)を逮捕(個人AV撮影者)
2014.04.07 埼玉県青少年健全育成条例違反の疑いで、東京都新宿区河田町、ポルノ俳優 沢井亮(34)逮捕(偽・種馬。偽・偉い人の子。ベトナム人。)

2013.11.30 無修正アダルトビデオを撮影させたとして、横浜市港北区新吉田東7 非常勤講師、菅原瞳(27)をわいせつ電磁的記録記録媒体頒布幇助容疑で逮捕
2013.11.08 AV女優 無修整撮影ほう助容疑=静岡|読売新聞
千葉県佐倉市吉見、映像制作業 上滝浩一(45)を わいせつ電磁的記録記録媒体有償頒布目的所持の疑いで現行犯逮捕
画像を撮影させたとして、「埼玉県三郷市谷中、AV女優 飯田佳那(26)、千葉県船橋市西船、AV男優 橋本和明(30)、
東京都豊島区池袋、田中潤一(38)、東京都目黒区青葉台、芸能プロダクション経営 安藤拓生(47)」を ほう助容疑で逮捕。
2013.10.31 公園でAV撮影容疑、女子大生ら男女3人を逮捕
名古屋市中村区の公園内でアダルトビデオの撮影をしたとして、愛知県警中村署は30日、愛知県稲沢市駅前 アダルトビデオ監督 高月勉(39)、
愛知県清須市桃栄、病院職員、佐合政彦(56)、神戸市北区、大学生 志賀美咲(20)の3容疑者を公然わいせつ容疑で逮捕。
http://news.yahoo.co.jp/related_newslist/sex_offense/

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 05:45:52.26 ID:W4oi21ky
毎回、頓珍漢なレスを返しては、同じようなツッコミを浴び、返答に窮しては、2ちゃんを否定し、自演しながら遁走する。
それがこの日蓮教創価患者の慢性症状。本スレの風物詩のようなものとご理解ください。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 09:30:55.02 ID:qzzIbeQF
見方によっては、破門後も宗門と創価は逆説的な意味で、持ちつ持たれつの関係だと言えなくもない。
宗門は創価に比べれば宗教法人としてまともに見えるし、創価にとっては宗門という外敵をもって結束を図れる。
どちらも法華経や日蓮から目をそらし、ニセ本尊だのニセ法主だのという話題で正当性を偽装できる。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 11:33:16.35 ID:KTbL9RxP
>>220
否定してるんじゃない。
2chは全うな議論の場などではなく、ゲームとしての論争を楽しむ娯楽の場だと説明してるだけだ。
おまえが2chを糞真面目な議論の場だとして肯定するのは勝手だが、概ね>>218のような評価が多数派だということは心に留めておけって話だ。
なんかそれも俺の自演だと決めつけてるみたいだが、>>201が言った通り、「自分の都合の良いようにしか物事を見ないそんな人間」てのはおまえなんだよ。

自演じゃないとご理解くださいましたなら、謝ったらどうですか?
ナニ?証拠を出せって?
いやだから、俺が指摘する2chの伝達ツールとしての欠陥ってのはこれでね、何の証拠も出せないのよ。
世間の誰も2chを確かな情報源として認識しないのも、そういう欠陥を理解してるからこそでね。
ただおまえらだけがそれを理解できないのか理解したくないのか、「匿名による純粋議論の場」などと詭弁を弄して、一端の議論をしてる気になってるだけでさ。
ゲームの中の世界と現実の世界とを混同している小さなガキじゃあるまいに。
もうそんな下らない嘘をつくのはやめろよ。>>218が言ったように、 自分は阿呆しか騙せない阿呆の同類だと認めろよ。
話はそれから、だろ?

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 12:16:44.74 ID:ATOD2CSX
寛公の毒に中てられた末路が日蓮の下痢便宜しくの中身の無い長文か

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 12:55:18.41 ID:n49d2ujL
証拠揃えて完膚無きまでに論破されたからなあ。
黙って遁走し、ほとぼりが冷めた頃に同じ事繰り返すか、
発狂して粘着しながら、必死で全否定しようとするか。

毎度この二択だね。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 14:13:50.58 ID:KTbL9RxP
>>224
>証拠揃えて完膚無きまでに論破されたからなあ。

俺に言ってんの?
おまえらがいつマトモな証拠を揃えて、どんな風に俺が完膚なきまでに論破されたんだ?
マジで記憶にないんだが…。

竜ノ口の法難に関することを言ってるなら、あれはどー見てもおまえらの負けだろ。
なんせ旗頭の山椒くんが、途中で「あなたとはお話できません。私はあなたとは違うんです!(`ヘ´)」って、一方的に話を切り上げたんだぞ?
いやいや(笑)。言い出しっぺはそっちだろと、あの時は唖然となったが。
それ以来、口きいてくれないんだよな…彼。
以降、仏教や大聖人のことについて2chで議論すること自体がナンセンスだとの主張を繰り返して来たが、
それについてのマトモな反論もない。
「大乗非仏説」は、退屈な自分語りや学会への私怨に終始するばかりで、まったく論点がズレていた。

古い話だからって、適当なこと抜かすなよ?
ギャラリーの皆さ〜ん。ネラーってのはこういう汚い戦法を駆使するんです。
2chってのはしょせん「便所の落書き」ですので、決して真に受けないで下さいね。
もしコイツらの言うことが真実なら、なぜ2chなんかに燻って外に出ないんでしょう?
出たところで相手にされないと自覚しているからです。
なぜ相手にされないんでしょうか?
つまり、真実ではないからです。

コイツらは、ネットでググれば簡単に「真実」が手に入ると思っています。
何の対価も支払わず、一滴の汗も血も流さずに、まるで音楽をダウンロードするような感覚でそれを求め、それを元手に他者の信仰を攻撃するんです。
例えばこれが政治の話なら、私も笑って受け流すんですが。…

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 15:16:46.36 ID:qzzIbeQF
>>222>>225
どうでもいいが、長文を投稿するヒマがあるなら、あなたに返された数々のレスに返答してはいかがか?

227 :大乗非仏説:2015/07/08(水) 15:40:49.08 ID:2iY5Q1VS
>>225
では貴方が私の質問にこたえていただけませんか?
日蓮上人が本仏だという文証はなにでしょう?

また法華経ではかって何度も仏が法華経を説いたとされていますが
いつ、誰が説いたのですか?

ついでにお聞きしますが
お肉芽って今でもあるのですか?本物ですか?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 16:11:08.38 ID:n49d2ujL
>>225
偽書も御書で、記述の矛盾も何一つ解消出来ずに
謝ったり泣き落としにかかったりしてたのは

 お ま え だ 馬 鹿 w

ログ残ってるのに嘘八百並べてんじゃねーよw

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 18:14:51.13 ID:KTbL9RxP
偽書?記述の矛盾?
そりゃおまえらの脳内妄想で、断定的なことは何一つ示せなかったろ。
裁判したら100%こちら側の勝利だってな。
泣き落とし?おまえら相手にそんなことするかアホ
調子に乗るなこの糞ネラーがw

はやく死ねやこのブツオタ童貞が!

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 18:20:32.74 ID:KTbL9RxP
>>227

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 18:21:33.64 ID:er79xWGd
こいつ三世スレたててた高校生のやつだろ
語彙の貧しさと頭の程度がまるでおなじレベルだ

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 18:40:47.53 ID:KTbL9RxP
>>227
知恵袋ででも質問しろよ。
なんで俺に聞くんだよw

せっかくストレス発散でやってるところ、お楽しみの邪魔して悪かったな
どうぞ好きなだけゲームに興じてくれ。
2ちゃんねるって楽しいよな(^^)

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 19:04:45.91 ID:n49d2ujL
>>229
嘘の上塗り乙w

お前らの言う「三証」も
お前は何一つ出せなかっただろw

裁判?やってみろよw

矛盾とパクりの似非坊主日蓮の信者w
池田キンマンコ大商人の弟子w

やめるやめる詐欺と殺害予告しか
能が無い馬鹿が偉そうにwww

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 20:49:58.66 ID:W4oi21ky
>>232
あんたのレスに対しての質問をなんで知恵袋で質問する必要があるんだ?
自分で応えるのがスジだろ。自分で説明できないようなことを言うなよ。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/08(水) 21:22:40.26 ID:cH7YXrH0
日蓮本仏論等と云うカルト教義は学問の世界では、統一教会の文鮮明がイエス・キリストの生まれ変わりであると言う妄言と同等に看做されている事実から認識して下さいね。
それらを覆すにはそれなりの事実が必要です。

まずは疑惑の遺文の科学鑑定からなさっては如何でしょうか?
室町時代とか江戸時代とか、書写した人物が他界された後と言う判定結果が出ても落ち込まない事です。
カルト信者にとって信仰と事実は別次元ですから無問題ですよ。

原理的なキリスト教徒(の極一部)は聖書に記述が無い事を理由に南極に生息しているペンギンをビデオ等で直に見せても、その存在を認めません。
同じ事です。
気に病む事は無いのです。
アナタ方は手遅れですから。

236 :大乗非仏説:2015/07/09(木) 14:56:53.98 ID:zBTM2OWi
>>232
で、貴方は答えられないってことですね

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/09(木) 16:39:00.17 ID:yHBdee9N
まともに答えられるような人は
とっくに脱会してるだろうしね

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/09(木) 17:14:04.96 ID:KHQ3xipE
大石寺と創価学会が日蓮本物論最大の根拠とする開目抄のこの一文

「日蓮は日本国の諸人に主師父母なり。」

となってるが同御書によると三徳が認められるのはあくまで「仏」であって
三徳を備えたるものが=「本仏」たる証左ではない
釈尊の三徳を述べるくだりから少なくとも日蓮は釈尊と同等か≒若しくは
衆生を導く為あえて菩薩に留まる程度の用法に於いての「仏」という認識くらいは
持ってたのかもしれない
だが自らを「久遠元初自受用報身如来」とし五百塵点劫を経ること久遠に釈迦を
成道へと導いた仏の中の仏とは日蓮であるなんて解釈はあまりに飛躍しすぎだろう

学会員は、日蓮が尊大と取られぬよう遠慮して自身を本仏や如来だと主張しなかったと言うが
「久遠元始の天上天下唯我独尊は日蓮是なり。」(百六箇抄)
これじゃ、単なる傲慢な輩でしょ。開目抄のような衆生に寄り添おうとする慈悲がまるで感じられない
上記のような謙遜が日蓮にあったと言いながらこれを真書と認める理由も
良くわからない

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/09(木) 18:09:39.07 ID:rfgJPv65
>>236
そうだよ、この糞コテが。
人に仏教の教義について尋ねるんなら、便所の落書きなんかで聞くのはどうなのか?
もうちょっと社会勉強してくれ。

>>238
おまえらは宇宙ー傲慢なんだよ。
2chで信仰批判とか、ただのアホだろ。
もうちょっと社会のマナーを勉強しろ。

240 :大乗非仏説:2015/07/09(木) 18:38:47.33 ID:zBTM2OWi
>>239
では貴方も

聞かれてもまともに答えない、
他の人を誹謗中傷するばかりの
「便所の落書き」をやめればどうでしょうか?

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 05:06:18.94 ID:0AFqifot
>>238
御本仏を示唆する「真筆」御書は他にも存在する。
しかし、あえてここでは上げない。
…無駄だからだ。
どうしてもというなら、2chの過去スレでも漁ればよい。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 06:14:29.94 ID:mr9uCHhL
>>241
>…無駄だからだ。

即、論破されるだけだもんねw

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 08:42:35.55 ID:R0KB3xHg
241←この人って、どうでもいい長文はダラダラ書き込むけど、肝心なことはいつも省略するのな。
知恵袋に聞けとか、過去スレ見ろとか、ググれとか。自信ないなら言わなければいいのに。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 15:57:25.24 ID:4Unv6lWu
大乗非仏説 氏は堂々とコテで書いているんだから創価の肩持つ241もコテで書けよ

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 17:20:27.93 ID:rle8tuw9
>>238
そもそも偽書を捏造してきたのは正宗カルトですから
それを偽書と認める事は当然、自宗の否定、先師を否定する事になるでしょうから
粗、不可能と言えるでしょうね。

また偽書が教義を含め、口伝や相伝にも関わるものですからね。
学術研究と信仰の問題にどこかで折り合いを付けない限りは永遠について回る問題です。

他宗に対し、攻撃的、排他的でなければ、ここまで批判もされないでしょうが
正宗系カルトの教義はそれらを消し去る事は出来ないですからね。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 20:33:52.11 ID:6bnBrBLU
>>245
「偽書を捏造」って馬から落ちて落馬するか?
国語がなっていない。
百六箇抄を偽書とする論者は日尊門流の偽作としているのも知らんのか。
そして寛容な世界宗教など存在しない。

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 20:43:30.75 ID:bEovVukC
御書じゃなくて偽書w

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 21:12:15.93 ID:T5HHGV6B
>>245続き
因みに創価学会の場合は日寛の改竄コピー本尊を拝んでいるので
正宗と同じ問題は永遠について廻る

仮に日蓮真筆本尊を拝みたくても、創価は所持していないし
正宗系の本尊と相貌が違う日蓮真筆の本尊は、その教義上、基本的に使用出来ない

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 21:42:46.19 ID:T5HHGV6B
>>246
現代の日本で、正宗系カルト程、排他的、攻撃的で世間から嫌われる仏教なんて私は知りませんね。
日蓮本仏論を掲げる時点で仏教じゃないでしょうけど

寧ろ一神教の教義に近いですよね

〈日尊門流の偽作〉
最古の写本が京都要法寺の日辰だから仕方ないんじゃないですかね
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1137545211

重言- Wikipedia
一般的には好ましくない語法とされるが、意識的に用いられる場合もある。

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 21:47:16.78 ID:T5HHGV6B
>>247
創価信徒から、御所根本と言う言葉を耳にした事がありますが
日蓮正宗系カルトの信者は偽書根本と言う事ですね。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/10(金) 22:11:00.70 ID:T5HHGV6B
>>250
御所×御書○

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 00:13:48.63 ID:gyID+k6L
そういえば日蓮正宗系は二重敬語が凄いよな
日蓮大聖人様とか御法主上人猊下様とか

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 04:01:41.71 ID:9+drti/E
>>249
正宗や創価はまさに一神教w
創価2世で二十歳を過ぎてやっと自力で脱洗脳した後に、キリスト教のことを多少勉強したんだよね。
その時の感想が「なんだ言ってること一緒じゃんw」

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 07:35:30.44 ID:vB8xtqsf
大石寺の弁護をする気はないけど、真蹟遺文でも日蓮本人が捏造や歪曲をしている以上、偽書だからといって貶すのもおかしい。
宗祖がデマで他宗を誹謗中傷したのだから、門弟らが宗祖に倣って同じことをするのは当然ではないのかな。

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 07:41:12.75 ID:0u/7IDvV
>249
>日蓮本仏論を掲げる時点で仏教じゃないでしょうけど
仏教を知らない戯言だな。
一般的に、仏が違えば説く法も違うとされる。

大聖人を全否定する立場の人ではなく、本仏論だけを否定する人間に問う。
南無妙法蓮華経を説いた仏は、誰だ?

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 08:24:37.41 ID:7QlxOQ2J
>>255
>南無妙法蓮華経を説いた仏

存在しない。
つうか、日蓮が「南無妙法蓮華経」を説いた、という主張自体が
既にして日蓮本佛論の勝手な主張なんだから循環論証でしかない

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 08:27:09.62 ID:69NAcDM2
>>160のアタマ
後五百歳中を過ぎた後は、末法残りの9500年がはじまるだけだよ。

釈迦滅後の後五百歳中の期間が過ぎた後、広宣流布の扱いについては、

法華経も、日蓮さんも、なにも言ってないっしょ・・。


>>160の真ん中
御書ガン無視の、ローカル解釈とか知らんがな・・(´・ω・`)。

観心本尊抄は、本文中に22コの「始」の字があって、
内訳は、始成正覚が6コ、末法の始め、の6コが一番多いから、

タイトルの「始」は、五五百歳と、観心本尊の両方にかかってて、
自分はお釈迦さまの始成正覚レベルに達し、究極の本尊も発見し、

しかも今は、なぜか法華経に予言された広宣流布のための
末法始めの五百年じゃあ、あーりませんか♪ みたいな意味だろ。

自己申告で自作自演の、自画自賛とでも・・・・。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 08:42:38.18 ID:69NAcDM2
>>257>>135>>156
結局、日蓮さんは現代を広宣流布の期間には指定していないから、
創価正宗が根拠ゼロなのに、広宣流布の名目で信者さんから
現金カツ上げすんのは、ただの法華経日蓮オレオレ金クレサギだろ・・。

1. 法華経の滅後は、釈迦没年BC949年から五百年なら、BC949-BC448年で、
紀元前五世紀ごろ広宣流布はすでに終わってます。今から2500年前、、。

2. ところが13世紀鎌倉を、広宣流布の時代にしたい人が約一名いて、
釈迦没年から根拠不明のイカサマだけど、正像二千年をスルーして、
末法始めの二千一年目からが広宣流布のスタートだと主張し始めます。

大集経五番目の五百年代 = 末法始めの五百年 = 釈迦滅後後五百歳中、
= 広宣流布(五百年)、なんだと・・。

3. 御書の日蓮計算によると、広宣流布の期間は(後五百歳中)
西暦1049年--西暦1548年となって、現在の2015年はこれに含まれず、
広宣流布の名目で現金をカツ上げする根拠がないから、そこで正宗創価は、、、

A. 我滅度後、後五百歳中、広宣流布、於閻浮提、無令断絶。

B. 正法千年、像法千年、末法万年(日蓮指定は、始めの五百年が広宣流布)。

↑この二つをてきとーにシャッフルして、、

C. 末法万年、広宣流布・・・とゴマかせば、意外とバレないかも?

これでアト一万年は、お財布信者と、布教のための奴隷が確保できるよね。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 09:00:22.34 ID:69NAcDM2
>>154
なにげに貼ったアト気が付いたけど、

(寂日房御書)
・・日蓮は此の上行菩薩の御使として・・。

お使いってパシリのことじゃん、、。

上行菩薩に弟子入りして、兄貴い〜♪ とでも呼んでんのかな?

上行再誕なのに、上行菩薩本人じゃなかった、ってこと?

(新尼御前御返事)
而るに日蓮上行菩薩にはあらねども・・

・・・

(妙密上人御消息)
上行菩薩の出現して弘めさせ給うべき妙法蓮華経の五字を先立て
ねごとの様に心にもあらず南無妙法蓮華経と申し初て候し程に唱うる者なり、

↑ハッ! と気がついたら、上行菩薩しか知らないはずの、なんみょーを
寝言のように唱えてたんだって、これはひょっとして日蓮さんこそ・・。

末法に聖人が現われる前の露はらい、という別バージョンもあって、
同じく、無意識にナンミョーを口ずさんでいたという御書の記述がある。

いろいろと、ストーリーを工夫して、どんな語り口なら
善男善女がダマされてくれるのか?  世間の反応見ながら試行錯誤して
徐々にパシリから上行菩薩に昇格させてるトコみたいですね。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 09:09:42.19 ID:69NAcDM2
>>255
ほとけじゃないけど、世界初、南無妙法蓮華経を説いた人は日蓮さんでしょ。

↑妙密上人御消息の、「南無妙法蓮華経と申し初て候し程に唱うる者なり・・」

お釈迦さまが、上行菩薩に口決相承した内容がナンミョー題目と
勝手に決めつけるのは、文献の根拠がないみたいだけど・・。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 09:20:51.06 ID:vB8xtqsf
南無妙法蓮華経の初出は天台じゃなかったっけ。
妙法蓮華経の五字は鳩摩羅什の創造であるのははっきりしている。
空海は法華経の梵名のサッダルマ・プンダリーカ・スートラの始めの
サッ(梵字)の一字が法華経の全てを代表しているとしている。

262 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/11(土) 12:41:37.22 ID:mTjjrYc7
>>255
>仏教を知らない戯言だな。
>南無妙法蓮華経を説いた仏は、誰だ?

日蓮が南無妙法蓮華経を説いた、といいたい理由はおそらく、
日蓮が法華経の予言どおり身読したから、なのでしょう。
法華経非仏説なので、この予言自体が間違い。

日蓮が南無妙法蓮華経を書いた(新たに説いた)、という歴史は何処にもない。
修行した、という意味であれば、禅宗や天台宗のお坊さんも法華経、成就妙法蓮華経王瑜伽観智儀軌
で座禅の修行をしている。瑜伽はヨーガのこと。
ここでも経典と儀軌を無視して禅宗批判の不立文字をしているのは日蓮。

インド法華経を説いた人。そしてその伝承を書いた複数の著者がいる。
法華経は複数バージョンあり細かい訳は異なる。翻訳なので。
君はいつも英語で100点だったのか?だれもが一つの英語を同じ日本語訳していたわけではないだろう。
法華経の成立自体も一度に二十八品できたのではなく徐々に後加されたもの。
二十八品完成後、漢訳されるが、その際に意訳して大きく内容を変えたのが鳩摩羅什。

法華経が諸経で最も尊ばれたというのは、中国天台系以後だけでは?

>一般的に、仏が違えば説く法も違うとされる。

四法印、三法印など原始仏教を前提にする、あるいは延長上の思想であればともかく
1.中国仏教経典にバラモンの教えや荘子老子など中国の価値観が流入していることを知るべき。
2.法華経のサンスクリット訳と中国漢文訳を読んで違いを知るべき。

「経典はいかに伝わったか―成立と流伝の歴史 水野 弘元」岩波文庫の「法華経」他多数。

これ以上の話はそれからだ。あとコテハンにしてほしい。どうせすぐ逃げるのでコテハンにはしないだろうが
私が知る限りこの10年近くマトモに根拠の一つも学会員、法華講員が書いたことがない。

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/11(土) 19:40:34.43 ID:iKq8osLo
>>254
確かに日蓮自身、恣意的引用、解釈、原典にない捏造まである様ですが
鎌倉時代と現代の状況を鑑みるに、私は日蓮正宗の教義捏造、偽書捏造の方が悪質であると考えてます。

また、日蓮遺文の真蹟問題に関して注意を払っている日蓮宗と正宗系カルト比較の上でも正宗系カルトは悪質な上、社会にとって害悪であると私は考えてますね。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/12(日) 13:23:13.85 ID:l5raqOlj
風邪にパブロンのコテ使いなよww

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/12(日) 19:01:08.57 ID:zbHA+Fod
>日蓮遺文の真蹟問題に関して注意を払っている日蓮宗

前すれに遺文の真蹟より内容の真偽を問題にしろって指摘なかった?

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/12(日) 20:10:07.12 ID:zLdOD/kk
>>265
>前すれに遺文の真蹟より内容の真偽を問題にしろって指摘なかった?

その内容の真偽が思い込みで決まってりゃ世話ないわw
文底読み、依義判文、ってかww

マトモな人間なら、確実な真蹟と矛盾がない場合に限って、
二次的に参照する、というのがせいぜいというほかない。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/12(日) 20:35:58.38 ID:P8u+KBtR
>>265
正宗系カルトと他の日蓮宗の比較に於いての話ですからね。
日蓮遺文の内容の真偽を問題にするのは構わないと思いますが、それに偽書が含まれると言うの私は賛同出来ないと言うだけの事です。

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/12(日) 20:50:39.17 ID:Ua1d2a/H
>>266
>マトモな人間なら、確実な真蹟と矛盾がない場合に限って、
>二次的に参照する、というのがせいぜいというほかない。

妄想かはたまた思い込みか。
「立正安国論」でさえ完全な真蹟は現存していないんだがな。(国宝の中山本にも欠紙あり)
「開目抄」は焼失しているしな。
真蹟の有無で論じていたら史学が成立せんはな。
マトモな研究者なら史料批判をするんだよ。

>>267
アナタ日蓮正宗と日蓮宗しか知らんでしょ。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/12(日) 20:53:28.73 ID:zLdOD/kk
立正安国論も開目抄も二次的にしか使えない、というそれだけのこった。
曾存をどうみるかはともかく。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 00:30:08.28 ID:yTFdqvqM
『始めて我が心本来の仏なりと知るを即ち大歓喜と名づく所謂(いわゆる)南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり』
:御義口伝

これはこれで素晴らしい思想じゃないか。
大聖人のすごいところは、それを観念論に終らせず、生身の人間として体現したゆえだと思う。
首を斬られようとする時も、「これほどの歓びを笑えぞかし」と言われたのは、本当に歓喜の人生であられたのだと。

理屈じゃなく、俺はこういう人に憧れる。
自分もそうありたいと、心の底から願う。
この思いの前には、いかなる理論も理屈も無益なんだよ。
だから、おまえらの言葉は1oたりと心に響かない。
おまえらは、なんの実証も示さず、なんの行動も起こさないからだ。

なぜそんなに無気力なのか?
つまり、おまえらは何も信じていないからだ。
ニヒリズムには力はない。
自分では何も肯定しないが、他人が何物かを肯定するのは許しがたい。
原始仏教や科学主義を肯定するのは単なるポーズに過ぎず、実際のところ、おまえらは何一つそれを実践していない。

なぜ何もしない?
なぜこんなところで遊び呆けているんだ?
2chはただの論争ゲームだと言ってるだろ。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 00:35:56.50 ID:izIR2zNV
>>270
>『始めて我が心本来の仏なりと知るを即ち大歓喜と名づく所謂(いわゆる)南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり』
>:御義口伝

偽書。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 00:38:48.10 ID:onOMAwau
御義口伝(笑)

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 00:43:05.05 ID:yTFdqvqM
偽書?
その確率は何%か、小数点以下第二位まで示せや?
もし99.99%偽書だというなら、その科学的根拠を示せ。
おまえんとこのPCじゃ追い付かないなら、神戸の「京」でも借りて計算してくれや。

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 02:38:54.59 ID:ZWdcrIs3
>>270>>273って詐欺師の口車に乗せられて騙されるタイプ?
気をつけた方がいいよ。
世の中には悪い人がいっぱいいるからね。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 04:08:03.82 ID:yTFdqvqM
おまえもさ、2ちゃんなんかの受け売りで安易に他人を中傷するタイプ?
気をつけたほうがいいよ。
2chには病人や人格破綻者がいっぱいいるからね。
ゲームだと割り切って、ここでのやり取りは実生活に持ち込まない方がいい。
間違っても趣味は2ちゃんねるです、とか人に言っちゃダメだよ?
そういう人間だと思われるから。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 05:38:39.38 ID:yTFdqvqM
おまえもさ、2ちゃんなんかの受け売りで安易に他人を中傷するタイプ?
気をつけたほうがいいよ。
2chには病人や人格破綻者がいっぱいいるからね。
ゲームだと割り切って、ここでのやり取りは実生活に持ち込まない方がいい。
間違っても趣味は2ちゃんねるです、とか人に言っちゃダメだよ?
そういう人間だと思われるから。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 05:49:39.72 ID:mQ2gWgdF
1時間半も間を開けて同じ内容で連投する馬鹿w

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 07:57:25.08 ID:izIR2zNV
日蓮が下痢便垂れ流して横死してから13年後に成立した著作が
引用されてる御義口伝wが偽書の可能性は100%に決まってるだろうがw
死んだ人間がどうやって允可すんだwww

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 08:12:43.74 ID:yTFdqvqM
スマホで戻るをタップすると、なぜかカキコされる糞仕様でな。
二重投稿よくやるんだわ。
やっぱ2chは何から何まで糞の糞だな。

おまえらに腹が立つというより、2ch自体に吐き気がするんだわな。
これずっとやってたら間違いなく廃人になる。
おまえらもやめろ。
完全に脳がイカれてるから努力が必要だろうが、
いい大人が、いつまでもこんなことやってちゃ絶対ダメだ。
魂が腐る。

280 :大乗非仏説:2015/07/13(月) 08:19:11.96 ID:ZCoFp6/Q
弘安元年に六老僧に請われて説いたとされていますが、六老僧を日蓮上人が指名したのは弘安5年。
日蓮上人没後120〜30年の頃編輯された録内遺文にも全く記載がありませんし、同じく没後180年の頃
に出来た八品日隆の本門弘経抄にも記載がありません。

だいたい御義口伝の写本自体、上人没後150年以上たってから、日隆門流から突然現れるって不思議
ですよ。大石寺には。日興上人が書いたはずの真跡はおろか、写本すら残っていないのですから。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 08:32:42.57 ID:yTFdqvqM
これで最後な
>>278
仏典だって釈尊の真筆ではないわけで、それをもって価値がないわけではない。
御書も沢山の人の手が加わって後世に残ったわけで、
ある程度の間違いなり誤解なりがあってもおかしくはないと思うが。
おまえのように、その一つだけを取り上げて偽書だ偽書だと草生やすのは単細胞としか・・・。
ま、そういう風に結論づけた方が2ch的には面白いってだけだ。

だからもうやめろっておまえらも。
一生独身のままでいる気か?
2chなんかにマジレスしてる男がモテない確率は99.99%だよ。
科学的根拠?
だって図星だろうがw

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 08:45:29.83 ID:TAW+aL3q
>>278
死後13年後に成立して、御義口伝に引用されている著作ってなに?

283 :大乗非仏説:2015/07/13(月) 08:50:22.07 ID:ZCoFp6/Q
>>281
ということは御義口伝は真筆でないことを認められるのですよね?

284 :大乗非仏説:2015/07/13(月) 08:51:53.98 ID:ZCoFp6/Q
>>283
それとこのやりとりは貴方の次の言葉からはじまっているのですよ。

>偽書?
>その確率は何%か、小数点以下第二位まで示せや?
>もし99.99%偽書だというなら、その科学的根拠を示せ。

根拠をしめせば次は開き直りですか?

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 09:10:32.10 ID:TAW+aL3q
>>284
日蓮信者は御書(日蓮遺文)を全て日蓮の真筆であり御金言だとして一字一句信じて来たし、引用して来たんだから、今更

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 09:13:06.41 ID:TAW+aL3q
>>284
日蓮信者は法華経は釈迦の言葉であり御書(日蓮遺文)は全て日蓮の真筆であり御金言だとして一字一句信じて来たし、引用して来たんだから、
今更「ある程度の間違いなり誤解なりがあってもおかしくはない」
なんて開き直りはみっともないよね。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 09:44:18.27 ID:Mel6cVm4
御義口伝にはテンプレートになるような文書があったような気もする。
それを自派に都合よく構成して出来上がったのが現存のものだろう。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 12:10:56.88 ID:i6ziRHcA
>>287
>御義口伝にはテンプレートになるような文書があったような気もする

気もする?
お前の凡勘か?(笑)
憶測ばかりの適当な発言ばかりだな(笑)
もっと証拠をもって発言したらどーだ?
無理な話だろうがな(笑)

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 12:12:53.10 ID:i6ziRHcA
身延あたりの邪教徒には御義口伝は都合が悪過ぎるからの(笑)

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 12:35:28.87 ID:Mel6cVm4
>>288-289
事実が公表されたら一致も勝劣も仲良くご臨終となるんだがな。

291 :大乗非仏説:2015/07/13(月) 13:26:07.17 ID:ZCoFp6/Q
>>286
レスありがとうございます。

そうなんですよね。
宗祖日蓮上人も全ての経典を釈尊の金口だと信じていましたが。
師匠も師匠ならば弟子も弟子といったところでしょうか。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 13:28:05.56 ID:oN3TDfEk
ちょwちょっとww御義口伝とかwwwwww


勘弁してくださいよぉwwwww

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 13:50:53.71 ID:izIR2zNV
>>282
元貞元年成立の徐氏科註

>>289
>身延あたりの邪教徒には御義口伝は都合が悪過ぎるからの(笑)

あほだろ。
御義口伝の真撰・偽作の立場は一致勝劣関係ない。
田中智学も清水梁山も真撰派だった。

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 13:54:20.36 ID:izIR2zNV
無作三身が出てきたらまず眉唾、という常識も持ち合わせない富士カルト

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 14:23:29.20 ID:Mel6cVm4
>>293
>田中智学も清水梁山も真撰派だった。
いやはやもう、よりによって香ばしい面子を担ぎ出すもんだな。

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 19:06:49.14 ID:izIR2zNV
>>295

そりゃ御義口伝が香ばしいんだからそうなるだろw

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/13(月) 21:14:42.58 ID:2sjw3woL
池上でウンコ撒き散らしながら、くたばった末法の御本仏wwwwwww

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/14(火) 07:10:03.49 ID:DC5y5O5o
        _,,,,,,,,
     , - ' ゙    `` ‐ 、_,,,,,
   ,r'          /=ミ
  /           彡ll',''´
. /             彡lll
 !-- .、    ,、、、、,,,   彡lノ
 l,,,,,__ /   ___     'r''゙ヽ
. |`゙'' ./   `'゙'''"    .〉,l |
 |.   ,'           //  >>日蓮、お主ウンコを漏らしたそうじゃのう
. ',. ,'           , r'
.  ゙, ゙'ー ‐`      l  |
   ゙、''゙ ,,、二''‐    ノ  l、
''''''''7'ヽ  '''    /   /`〉`゙T''''''''''
  l  ` 、,,,,、- ' "    / /.|  |
.  |  |  .l i       / ./ |  |
  |  |  | l      / ./ .|  |
. |  |   | l     / /  |  |
 |  |   | ',   / /  l  .l

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/14(火) 20:49:42.18 ID:IiVzleAA
>>262
うん、これは同意。
>>263
あえて両者を比較すればね。でも真偽問題のせいにするのは賛同できない。
>>267
真偽が問題になるのは、思想の原姿を探求するため。日蓮自身の捏造を棚上げして遺文の真偽問題を論じる実益は乏しい。

私見では、両者の違いは遺文の真偽論より、教義の構造の違い、すなわち釈迦本仏か日蓮本仏か、法華経か御書かの違いに由来する。
日蓮宗系では法華経を中心に、御書をその解読の指針として位置づけるだけだが、正宗系では御書を金言とし、諸経典はその裏付けと位置づけられる。
前者では日蓮の欠点は、いわば後景や楽屋裏に隠されるのに対し、後者では日蓮の全体を本仏として正当化することに重点が置かれる。
いわば前者は日蓮の常識的な部分だけにスポットライトを当てることによって、自派に都合のいい、常識的で人畜無害な日蓮像を演出する傾向があり、
後者では、積極的に遺文や伝承を付加することによって、やはり自派に都合のいい、本仏としての超人的な日蓮像を演出する傾向があると言える。
日蓮宗が遺文の真偽論に熱心なのは、それ自体、否定されるべき筋合いのものではなく、学術的意義も「それなりに」あるとは思われるものの、
日蓮本人の捏造癖や妄想癖を、ともすれば「偽書」のせいにしがちなところに、むしろ本仏論を排除する、宗派としての政治的動機を感じさせられる。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/14(火) 21:06:18.50 ID:IiVzleAA
ご覧の通り、私は日蓮その人に対して批判的だが、両極端は相通ずといわれるように、真偽論では件の270氏に違和感はない。
私にいわせれば、そもそも各韻文を偽書だという実証はなくあくまで合理的な推測以上のものではない。
仮に後の門弟らが創作したとしても、「だから誤り」だという根拠には論理的にはならない。
これは逆にいえば、日蓮の場合、仮に真蹟だからといって、その内容の真実性が担保されないのと同様である。
日蓮の真蹟では自身を本仏であるとの記述はないと論難する方は、仮に親戚にそのような記述があれば日蓮が本仏と認めるのだろうか。
また後の創作であるのは原始仏典から大乗経典まで同じである。それは仏典が誤りであるという根拠になるだろうか。
こういう意味で私は遺文の真偽論自体にはさほどの意味を見出さないのである。否定しはしないが、だから何なの、ということだ。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/14(火) 21:48:41.77 ID:zGllT/oO
>>299-300
仏教原理的には日蓮遺文なんか只の紙クズの山でしかないというところまでは読んだ。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/14(火) 23:48:26.53 ID:zGllT/oO
下手なアンチサイトよりも遥かにお役立ち。
http://gachinbow.hatenablog.com/

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/15(水) 05:44:48.28 ID:52eeh6YA
>>301
誇大妄想狂で権力亡者、しかも食い意地の張った下痢便漏らしの坊主が書いた手紙なんか、ケツを拭く紙の役にも立たないってことねw

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/15(水) 15:45:40.63 ID:40/lkuxW
この板はアナーキー実況板の植民地となりました



Anarchy実況
http://maguro.2ch.net/liveanarchy/

305 :綾ーマン:2015/07/15(水) 15:49:55.97 ID:+a7nrL7D
この板はアナーキー実況板の植民地となりました



Anarchy実況
http://maguro.2ch.net/liveanarchy/

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/15(水) 15:50:03.34 ID:L9K5HzrS
この板はアナーキー実況板の植民地となりました



Anarchy実況
http://maguro.2ch.net/liveanarchy/

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/15(水) 16:28:03.54 ID:NpEoQYxf
〈日蓮スパイラル〉

折伏する
 ↓
ウザがられる
 ↓
敵を作る
 ↓
信者はこれを法難と解釈
 ↓
「法難に遭うってのは日蓮教徒にとって当然な事。やってることは正しかったんだ」と思考停止
 ↓
ふりだしに戻る

308 :在日特権:2015/07/15(水) 17:10:49.74 ID:Tbi/VYHv
ロンドンブーツ田村淳 
「嫌なら見なきゃいいじゃん。君らのテレビはチャンネル変えられないの?ネチネチうるさいって言われない? 力つけないと。お前に影響力ないから」

99 岡村隆史
「嫌なら見るなや。何でもツイッターで呟くな!は?ミステリー作家? 知らんわ、お前がミステリーやわ」

ビートたけし
「韓流ばかり放送するたってそれである程度視聴率取るんだからしょうがないよな。いやなら見なきゃいいんじゃねーか」

ダウンタウン 松本
「お前らチャンネル変える能力もないんやな。どんだけ無能やねん(笑)」

やしきたかじん
「(韓流番組が)イヤやったら観んとったらえぇんちゃうの」

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/15(水) 18:08:31.80 ID:MoOKhg9W
>>299

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/16(木) 11:17:40.13 ID:x53h/cqV
〈残念坊主日蓮の後半生〉

悪口坊主日蓮
  ↓
日蓮被疑者
  ↓
日蓮受刑者
  ↓
監察対象者日蓮
  ↓
行旅死亡人日蓮

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/18(土) 07:49:13.62 ID:9PxM6DCv
今日も日蓮大聖人と楽しく遊びましょう \(^o^)/

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/18(土) 13:22:32.74 ID:hnq7YIyr
スカトロ野郎日蓮は、由比ヶ浜で斬首しとくべきだったな。

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/18(土) 13:24:32.94 ID:aTx9otqK
>>270
>首を斬られようとする時も、「これほどの歓びを笑えぞかし」と言われたのは、本当に歓喜の人生であられたのだと。

>理屈じゃなく、俺はこういう人に憧れる。
>自分もそうありたいと、心の底から願う。

ホナラ、2chに書かれたレスくらい笑えぞかしwwwwwwニダ!

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/18(土) 13:46:54.13 ID:TLtcqZHu
>>312
死罪は御成敗式目の罪刑法定主義に抵触するから無理。
流罪にしても懲りないようなら、山奥に押し込めて教団ごと御家人に監視させればいい。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/18(土) 14:21:58.65 ID:fFGaUMAA
>>314
そうだね。実際、身延山にこもったのはそういう意味なのではないかと思う。
310さんも「監察対象者」といっているが、流罪を解かれた後、保護観察みたいな措置だったのではないか。
波木井実長というのは身延の地頭で、れっきとした幕府の御家人だからね。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/18(土) 14:35:07.33 ID:fFGaUMAA
佐渡流罪を解かれ、幕府は日蓮を鎌倉に召喚し、面会する。
会話の内容から、激しい妄想症状は改善したものの、全快したとは言い難い。
このまま鎌倉にとどまったり、故郷の安房に返すと、また念仏衆らと悶着を起こしかねない。
また念仏衆の中には日蓮を憎む、手荒な連中もおり、日蓮に危害を加える可能性もあり、それはそれで治安上、厄介だ。
そこで身延の波木井実長のもとで落ち着かせることになった、という流れではなかったか。

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/18(土) 20:53:36.60 ID:Swa3xLbF
>>315
> 流罪を解かれた後、保護観察みたいな措置だったのではないか。
これはまた、すごい解釈だな。
大聖人は佐渡流罪を解かれた後、幕府に招待されている。
そして、大聖人はそこで幕府から占い(蒙古は攻めてくるかどうか、日本は勝つかどうか)を要請されたとされている。
鎌倉幕府・日本の浮沈を左右する重大な意見を訪ねようとする相手に対し、保護観察処分だと?

318 :大乗非仏説:2015/07/18(土) 22:00:05.38 ID:riPKGMa9
>>317
招待されているとか占いをしたという文証をご教示いただけますか?

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/18(土) 22:35:18.61 ID:LcHq0onY
>>317
>これはまた、すごい解釈だな。

他人の事は分かるんだね。
でも君達はもっとすごいんだぞ。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/18(土) 23:19:28.95 ID:Swa3xLbF
>>318
撰時抄

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/19(日) 00:23:46.41 ID:mxSQGeNT
>>317
精一杯好意的に見ても精神鑑定に呼ばれただけだろう。
結果的にめでたく波木井の領地の山奥に押し込められるわけだが。
>>320
それをまた虚言癖丸出しで吹聴するから始末が悪いと来たもんだ。

322 :大乗非仏説:2015/07/19(日) 05:48:29.10 ID:czzRN7E7
>>320
レスありがとうございます。
撰時抄は、国主諌暁をしたとは書いてありますが、招待されたとか占いを要請されたとか、
書いてありましたっけ? 

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/19(日) 10:42:13.98 ID:mxSQGeNT
>>322
治天の君クラスならともかく、鎌倉殿の陪臣なんぞ国主でもなんでもないのだが。

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/19(日) 12:15:07.69 ID:NsnRXbC8
>>317
妄想を患っている患者のなかでは珍しくない症状だよ。救急車で精神科に入院になっても、本人談では、
送り迎えの車をよこし、大学教授たちが自分の意見を熱心に聞き、接待用の個室でメイドが世話をする、とか。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/19(日) 19:19:48.42 ID:94iNem+d
嘘つき日蓮の遺文以外根拠がないのが日蓮狂徒の痛いところだな。
どこまで本当のことが書かれてあるのかわからんしな。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/20(月) 01:29:14.26 ID:gDqxXKo4
日蓮馬鹿信者は日蓮遺文が全て正しいとの前提で引用するからね。
こっちはぶっ壊れたレコーダーと議論しているようなもんだわなw

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/20(月) 02:58:46.54 ID:3U0vhnPR
仏も菩薩も事実上否定した創価学会。

殺人肯定仏教。
それが創価学会。

キチガイだね。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/20(月) 07:30:58.00 ID:Qe7RRxZi
日蓮に詳しい方に、質問があります。
拳骨和尚という人のブログに、「日蓮は熱原の法難以降は二度と本尊を書くことはなかった」と書いてありました。
これは本当なのでしょうか。あるいは真筆とされる本尊については少なくとも本当なのでしょうか。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/20(月) 11:08:07.62 ID:KdRwR0br
>>328
有供養者福過十号 若悩乱者頭破七分という
バラモンの呪いと根拠不明な自画自賛を本尊に書かなくなっただけ

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/20(月) 14:01:59.88 ID:DJrNkut4
>有供養者福過十号 若悩乱者頭破七分

こんな文句を本尊に書いて信者に拝ませる日蓮のキチガイぶりワロタw

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/20(月) 21:19:21.78 ID:w+N54wCL
>>320
>撰時抄

見当たらんので具体的にその箇所を引いてくれ。

真言師に祈祷させたら亡国、とか、法華でないと滅ぶ、
とか言ってたのに全然そんなことなかったんで見延で拗ねまくる拗ねまくる。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 08:58:20.07 ID:QBQYCbgV
日蓮仏教の研究

http://shukyo-kataru.com/archives/89

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 10:07:39.98 ID:hsMi+inC
>>332
このブログ主さんのお説はたいへんごもっともと思います。
私としては日蓮やその信者がなぜ仏教ぶるのかわかりません。
日蓮教を名乗るなら文句はありません。

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 12:50:49.46 ID:be1dx0OQ
>>331
ここは少々ヒステリックな主張が多いようだね。
日蓮は「(ずっと先の)未来まで」正法が流布されると言ってなかった?
つまりあの時点で、日本が滅びるというのは飽くまでも「理論的には」という話であって、
それが実際となることを望んではいなかったと思う。
もしもあの時神風が吹かずに日本が侵略されていたら、それこそ日蓮は何のために命を捨てたのか分からない。
また予言が的中したと悦に入ったところでどうにもならない状況でしょ。
それともあなたは、日蓮は自分の名誉のためにあのような行動に身を投じたと?
それはそれで不自然な心理描写だと思うがね。

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 16:30:29.05 ID:5h4vjaSa
>>324
侵攻して来た蒙古を折伏(?)して、あわよくば向こうの国師に収まろうという魂胆だったんだろう。
ところが神風(?)が吹いて目算が狂ったから拗ねまくったわけだ。

336 :335:2015/07/21(火) 16:31:43.03 ID:5h4vjaSa
アンカーミス。
>>334
な。

337 :大乗非仏説:2015/07/21(火) 19:37:11.23 ID:+20CfW1v
>>332
ざっと一読しましたが、創価学会が台頭するまでは日蓮本仏論を唱えているのは
日蓮正宗系などごく一部だったはずです。

日蓮上人自身は本仏などという気はさらさらなく、せいぜい上行菩薩という意識しか
なかったのではないでしょうか。日蓮宗の大多数は菩薩ととらえています。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 20:14:17.03 ID:p7uw+F5r
>>337
仮にそうだとして、それであなたは日蓮が上行菩薩だったと思うのか?思うとすれば、それはどういう理由か?
もし思わないとすれば、日蓮がどう自己規定しようが、あなたの判断に関係ないではないか?

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 20:17:53.26 ID:5h4vjaSa
「此の度も用ひずば大蒙古国より打手を向けて日本国ほろぼさるべし」
とか自信満々の大言壮語を吹いてたのに、蒙古が撃退されたという報告が届くと
あわてて「小蒙古」と言い換えて門下に箝口令を出すところに、日蓮の根性の卑
しさがよく伺えるよな。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 20:52:13.18 ID:A+aTUjrY
>>338
>日蓮がどう自己規定しようが、あなたの判断に関係ないではないか?

あほか。
日蓮の妄想強度を示すものなんだから関係あるに決まってるだろうが。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 20:53:30.14 ID:qGikm1w4
こんなつまらんクソ坊主を末法の御本仏だと思い込まされて、毎日毎日紙切れを拝まされて来た俺の子供時代を返してくれおー

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 21:10:28.91 ID:p7uw+F5r
>>340
馬鹿か。日蓮の妄想強度は本仏なら重症だが、菩薩なら軽症だとでもいうのか?
どちらにしても重症だろうが。しかも日蓮のみならず、信者のほうも同じだ。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 21:12:24.97 ID:A+aTUjrY
>>342
>馬鹿か。日蓮の妄想強度は本仏なら重症だが、菩薩なら軽症だとでもいうのか?
>どちらにしても重症だろうが。

どちらも重症だが、本佛自覚なら最重症だ。
程度の区別もつかんのか?

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 21:20:47.53 ID:p7uw+F5r
>>343
どうでもいいが、あんた面白いところで、こだわりがあるな。
百万人に一人の基地外と十万人に一人の基地外との違いを区別することにどんな意味がある?

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/21(火) 23:47:00.44 ID:5h4vjaSa
>>343
>どちらも重症だが、本佛自覚なら最重症だ。
危篤で面会謝絶みたいなもんだが、命に別状ないのが何というかもう。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 12:23:21.51 ID:ze0zaENw
>>329
それでは拳骨和尚のいうように、熱原法難以降、日蓮が本尊を書くのをやめたというのは間違いで、
ただその「有供養者福過十号 若悩乱者頭破七分」と脇書きするのをやめたということでしょうか?
だとすると、「有供養者福過十号 若悩乱者頭破七分」と書いていないほうが改定版でしょうか?

347 :壁打ちしてしまった。:2015/07/22(水) 13:13:42.55 ID:6eQuZVan
>>337
>せいぜい上行菩薩という意識しかなかったのではないでしょうか。
お前も三宝を知らんのか?
ちょっと聞く。
大聖人が弘めた法は何という法※で、何という仏が説いたものだ?

※断っておくが、妙法蓮華経=南無妙法蓮華経・・・などという戯言を出すなよ。
(一部を除き)歴劫修行/即身成仏、煩悩は捨てるもの/煩悩即菩提、脱益/下種益、等々決定的な違いはいくらでもある。

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 14:10:14.07 ID:TJb2+6Pt
>>346
お前さんが拳骨の文を読み間違ってるだけだろう。
もしそんなこと言ってるなら原文示してくれ

>>347
はいはい。「南無『南無妙法蓮華経』」っと。

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 14:11:56.71 ID:TJb2+6Pt
それにしても日寛教学にもない
こんなバカなことを誰が言い出したんだろうな。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 14:40:45.19 ID:35VhYr5p
>>347
>大聖人が弘めた法は何という法※で、何という仏が説いたものだ?
お前さんの大障人とやらが弘めたかったのは、その妄想上の仏が説く世迷い言の数々だろう。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 14:47:15.52 ID:TJb2+6Pt
日蓮罪障人がどうしたとかまるでどうでもいが、一致派にも勝劣派にも
法体の問題ではなく機根の問題だって何遍言われてもわかんないんだよね。

352 :大乗非仏説:2015/07/22(水) 15:10:44.38 ID:zKMqkteo
>>347
三宝というのは仏、法、僧ですよね。
それ以外の解釈は単に宗派の独善的な解釈だけ。

353 :大乗非仏説:2015/07/22(水) 15:14:40.02 ID:zKMqkteo
で、貴方はちょくちょく現れて、こちらの問いかけにもまともに反応せず
最後は「2チャンネルは便所の落書き」といって書き逃げる方でしょうか?
そうでなければ、私の疑問についてお答え頂きたいのですが。

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 15:52:56.19 ID:35VhYr5p
>>352
「大乗とは仏説を意味する」と教えるのは、まだ早過ぎるのだろうな。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 15:59:18.18 ID:ze0zaENw
>>348
>お前さんが拳骨の文を読み間違ってるだけだろう。

ご指摘の通り、私の早とちりでした。拳骨和尚は以下のように書いています。

>【 若脳乱者 頭破七分 】 と 【 有供養者 福過十号 】 等は
>弘安元年から始まり弘安三年四月八日以降は完全に削除されます。
>それ以後死ぬまで書かれることは決してありませんでした。

つまり熱原の法難以降は上記の文字を書くことをやめたという意味でした。
ご指摘ありがとうございました。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 16:35:40.73 ID:hDD3GAGN
日蓮大小便w

357 :大乗非仏説:2015/07/22(水) 17:05:07.74 ID:zKMqkteo
>>354
貴方にお聞きしますが、妙法蓮華経は釈尊が直接説いたとお考えですか?
茶化さないでご教示いただければ幸いです。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 17:12:59.49 ID:TJb2+6Pt
>>357
法華経信者にとっての「釈尊」は古代インドのゴータマさんのことじゃなくて
久遠実成だったりその元初だったりする物語のキャラクターだ。
コナン・ドイルの小説がシャーロキアンにとってはワトソン君が
直接語った物語の記録なのと一緒で、法華経はキャラクターである
「釈尊」の直説だということになる。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 17:35:43.05 ID:35VhYr5p
>>357
一言たりとも触れていないことを持ち出して反論したような気分になるのは、
創価員みたいでみっともないのだが。

360 :大乗非仏説:2015/07/22(水) 21:12:27.67 ID:zKMqkteo
>>358
>法華経信者にとっての「釈尊」は古代インドのゴータマさんのことじゃなくて

日蓮宗でも日蓮上人を菩薩というとらえかた(これが大部分)と
日蓮本仏論を唱える人(創価学会等)、それによってちがいますね。

日蓮上人を菩薩と捉えるならば釈尊は仏ですが日蓮本仏論に
なると釈尊は「昔は通用した」仏でしかなく、今の役にはたたない
との考えです。

>>359
>一言たりとも触れていないことを持ち出して反論したような気分になるのは、

別に反論したような気にはなっていませんよ。認識をお聞きしている
だけです。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 21:38:18.84 ID:TJb2+6Pt
>>360
勝劣派を中心として、そんな単純な感じじゃないのだよ。
まあ、日蓮本佛論みたいな寝言を脇に置くとして
日蓮系各派の教学知ってもいいことないので別にいいけど。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 21:42:09.38 ID:35VhYr5p
>>360
触れてもない妙法蓮華経を持ち出すのは何故かね?

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/22(水) 22:10:11.89 ID:bvC2cU1l
司馬遼太郎「仏教と迷信産業」
http://uminekodo.sblo.jp/article/57785574.html

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 00:17:45.37 ID:LuTsZpyL
>>353
何年2chに出入りしているんだ?(ちなみに、俺は違うぞ。)

>>352
仏法僧というのは、単なるお題目ではなく、その宗派の根本にかかわる重大な教義である。
ある法と、それを説いたとされる仏(の立場)と、その時の弟子の筆頭が、セットになるのだ。
たとえば、
A小乗教なら仏:釈尊(劣応身)、法:小乗の経典、僧:阿難・迦葉等。
B妙法蓮華経迹門なら、仏:(久遠実成に対して)始成正覚の釈尊、法:妙法蓮華経、僧:普賢・文殊等。
などとなる。
これがばらばらな宗派は、仏教とは呼べない。
・・・・まともに教学を組み立てる事が不可能だからな。

これらは、学校の講義に例えるとよくわかる。
法:講義名(講義内容)、仏:講師、僧:受講生(の筆頭)と考える。
心理学の講義なら、講師は心理学の講師であり、受講生はそれを受けるために集まる。
ここに、専門外の電子工学の講師を招いても、まともな講義はできない。
また、受講生が心理学について専門外の物理学の講師に疑問を尋ねても、ろくな答えが返ってこない。

365 :スチールカン:2015/07/23(木) 03:20:29.03 ID:lo1LKNvE
釈迦のふりして、蓮華を譬えに物語を作れるね。

366 :大乗非仏説:2015/07/23(木) 05:30:31.68 ID:nJnTWMbe
レスありがとうございます。

>>361
たしかにそうだと思いますよ。ただ358氏が法華経信者が
釈尊はゴーダマではないとおっしゃったので、そうでない
のじゃないかと疑問を呈しただけです。

>>362
法華経をもちだすのは、#354氏が
>「大乗とは仏説を意味する」と教えるのは、まだ早過ぎるのだろうな。
とおっしゃったので、大乗の重要経典の代表である法華経は仏説な
のかとお聞きしただけですよ。

>>364
「便所の落書き」さんではないのですね。失礼しました。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 06:21:55.68 ID:CD6iftBm
日本の学術界はわりと融和的な傾向があるが、特に仏教学界では、既存宗派に遠慮してか、学問的な批判を避ける風潮があるように思える。
このため、西洋のように共通の知的認識の基礎の上に真理を追求するという姿勢に乏しい。相互の批判や客観的な検証がほとんどない。
だから日蓮にしても、知らない人は、なんだか凄そうで、有名だから、いちおう名僧なんだろうと漠然と思う。自分もかつてはそうだった。
ところが日蓮だけは知れば知るほど、なにか長所というか美点というか、どうみても取り柄がなく、むしろ欠点や誤りが目立つ。しかも信徒数が多い。
こういうのは信仰と言うより、発想や性格に影響を与える。日本人が論理的に物を考える習慣をあまりもたないのは日蓮宗と浄土真宗の影響が大きいと思われる。
集産主義的な、長いものには巻かれろ的な発想は浄土真宗、問題の解明を避け、根性など精神論で乗り切ろうとする体質は日蓮宗の影響ではないか。

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 06:43:12.44 ID:CD6iftBm
367の補足
367の1行と2行で述べたのは仏教界ではなく、あくまでも仏教学会の話である。仏教宗派の話ではない。
仏教自体は異教にすら寛容なものだ。しかし学問の世界ではナアナアでは困るという意味。念のため。

369 :大乗非仏説:2015/07/23(木) 07:30:20.62 ID:nJnTWMbe
訂正です。

>>361
私の早とちりだったようですね。

>法華経信者にとっての「釈尊」は古代インドのゴータマさんのことじゃなくて
>久遠実成だったりその元初だったりする物語のキャラクターだ。

おっしゃるとおりです。#358氏にもお詫びします。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 10:36:50.15 ID:EWeyUs88
>>366
法華は仏教文芸であって経ではない。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 13:54:49.11 ID:cqhh1WAh
法華経の成立の経緯をいろいろ想像すると興味深いところはあるね。

372 :大乗非仏説:2015/07/23(木) 18:52:58.99 ID:nJnTWMbe
>>370
法華経に限らず仏教文芸の面がある大乗経典は多いと思いますよ。

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 19:00:50.33 ID:EWeyUs88
>>372
だから、「経」ではないから。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 20:40:09.33 ID:ZdPRqohc
大乗非仏説さんへ

ならば現代における仏教の存在意義とはなんなのでしょう?
今さら原始仏教に帰れと仰るのですか?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 22:14:28.68 ID:yKHJEK5G
とりあえず日蓮狂は滅亡せよ

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 22:33:41.98 ID:xzOv4KVa
>>374
>今さら原始仏教に帰れと仰るのですか?

なにか問題でも?

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 22:37:54.92 ID:B7DRPpqU
私は大乗非仏説氏では無いので独り言ですが

科学技術の進歩、発展が、宗教が担ってきたきた役割を縮小させて来てる事を考えると
何れ、存在意義なんてなくなる日もくるかもしれませんね

特に医療に関する発展はそれまで宗教が担ってきた役割を大幅に縮小させた様に思います。
心の救いはあったかもしれませんが、感染症や昔は不治とされた病に対して、宗教は無力だったとさえ言えると思います。

また、現代で国家鎮護の為に国費を投じて加持祈祷を宗教団体に依頼でもする様な為政者が出たら、確実にキチガイ扱いされると私等は思いますね

もちろん、心の問題、精神医学や生きる意味、道徳においては、まだその存在意義は十分にあるとは思いますよ

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/23(木) 23:17:19.48 ID:EWeyUs88
>>374
無常・苦・無我の三法印は、仏陀の出世不出世にかかわらず原理として確定していると
原始経典に説かれているが。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/24(金) 00:06:46.34 ID:1M8HdscF
>>378
この世が無常であり、苦に満ちているということも理解できます
しかしそのようなことを言葉で指摘するのみならば、まさに文芸作品の域を出ないでしょう
無常や苦に対する解決法が無我の境地なんですか?
それを現代的に翻訳すれば、一般的にどういう概念なんでしょうか?
具体的に実行することが可能なものなんでしょうか?
無知ですみません

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/24(金) 00:46:45.29 ID:4wcFDNT/
苦に対する解決策が無我だということを理解できていないなら仏教を理解できていない。
それが文芸作品だと思うなら、お前は仏教に向いていないというだけのことだ。
ナンミョーがお似合いなのだからそうしているがいい。

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/24(金) 06:00:43.48 ID:+14Sz4h+
どうも日蓮教関係者(創価や元創価も含めて)は宗教と呪術、仏教と非仏教の区別がついていないようで、議論が混線しがちだな。

382 :大乗非仏説:2015/07/24(金) 06:31:18.77 ID:i3SToxie
>>374
レスありがとうございます。
377氏がおっしゃっているとおり、私は「心の平安」だと思います。
人の悲しみ、苦しみは科学が進歩したとしても癒やされないでしょう。

私は人が死ねば心も無くなると信じています。
しかし、死者は身近にいると信じたい人の気持ちは理解できます。
このような人の心によりそうようなことは今後とも必要でしょう。

もっとも遠い将来では心理療法士などがその役割を負うことになる
かもしれませんが…

ともかく宗教を利用して自らの野望を実現しようとしたり、浄財で
奢侈に流れるなど、宗教者としてはあるまじきだと思いますね。

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/24(金) 09:22:13.23 ID:GslSSCwM
>>382
>私は人が死ねば心も無くなると信じています。
それは断見。創価とかの思い込みは常見。
仏教が説くのはこれらの辺見を棄て去った中道。
一切を縁起・空・無我と明らかに知れば、あらゆる畏れが無くなる。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/24(金) 10:51:56.06 ID:2OWcj6g7
>>377,382
「心の平安」ですか
確かにそうかも知れませんね
この世にあるものはすべて無常であり壊れゆくもので、そのようなものを信じても心の平安は得られないでしょうね
変わらないもの、永遠なるもの、それは科学では作り出せないと思います

確かに、これだけテクノロジーが発達した世の中で、これだけ沢山の不幸な悩める人々がいるのは驚くべきことです

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/24(金) 11:03:52.67 ID:EE4wy+dh
377氏も382氏も384氏もそうだが、漠然とした一般化をはかって、厳密な概念を日常的な通念にすり替えてしまっては仏教はわからんと思う。
383氏のいうところは基本中の基本、根幹中の根幹で、これなくしては部派も大乗もないのだが、意外とこれをわかってない人が多い。

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/24(金) 11:14:24.68 ID:EE4wy+dh
そうはいっても教学なんてのは、頭でっかちの人のためにあるようなもので、悟りを得るための手掛かりにすぎない。
なかには何の知識もな人でも、ステージの高い人は、そういう悟りを身につけていて、ハッとさせられたりする。
そこが単なる学問とちがって、仏教が奥深くて、面白いところだ。

387 :壁打ちの癖が抜けんなw:2015/07/24(金) 21:48:22.43 ID:tX/UrtES
>>386
>ハッとさせられたりする。
それは、声聞・縁覚の範疇でしかない。
>>383の>無常や苦に対する解決法
の「一部」を悟ったことに該当する。)
仏になる道は、菩薩(具体的・能動的な救済行動)より他にない。

二乗(声聞・縁覚)が嫌われるのは、自分の事にしか関心がないから。
ここで、一歩踏み出して菩薩としての行動をとるだけで、境界はガラッと開ける。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/24(金) 22:12:36.64 ID:4wcFDNT/
大乗に汚染されてんなあ。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/24(金) 23:16:20.97 ID:aB+Ew8xf
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1402196923/63
  ↑ ↑ ↑  ↑ ↑ ↑ 

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 01:42:21.81 ID:ABg+2y2S
>>387
具体的・能動的な救済行動の根拠が日蓮さんやお前らの
独り善がりな思い付きだから批判される。

創価なんて医者としての知識や経験はおろか医師免許もないのに
治療や手術をしたくてうずうずしてる
危ない連中の集まりみたいなもの。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 07:00:15.83 ID:sljpiVP7
>>387
なぜ、兄弟の目にあるちりを見ながら、自分の目にある梁を認めないのか。
自分の目には梁があるのに、どうして兄弟に向かって、あなたの目からちりを取らせてください、と言えようか。
偽善者よ、まず自分の目から梁を取りのけるがよい。そうすれば、はっきり見えるようになって、
兄弟の目からちりを取りのけることができるだろう。(マタイ7.3-5)

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 08:28:44.97 ID:rpA5XfE1
>>258 広宣流布の実施時期について、も少し原文引用すると・・、

(1260年、守護国家論)
「我滅度の後・後の五百歳の中に広宣流布し・・」

・・倩文の次第を案ずるに我滅度後の次の後の字は四十余年の
諸経滅尽の後の後の字なり、

※↑ここが最大のポイントで、薬王品に二つ並んだ「後」の字の二番目は、
諸経の賞味期限の過ぎた = 正像すぎた末法始め(の五百年)のことらしいです。

法華経の流通たる涅槃経に・・久住する・・法華涅槃は無量百歳に・・
此の義を知らざる世間の学者・大集権門の五五百歳の文を以て・・

※大集権門(爾前経)と、↑の諸経(爾前経)滅尽は、ムジュンしてないかい?

末法に功徳が滅尽したはずの大集経に、末法が広宣流布の時と
書かれてるんだそーな、いかにも日蓮さん的なそんなリクツ・・。


(1275年、撰時抄)
大集経の白法隠没の時は、第五の五百歳当世なる事は疑ひなし・・

『彼の白法隠没の次には法華経の肝心たる南無妙法蓮華経の大白法の・・』

今日本国に弥陀称名を四衆の口々に唱ふるがごとく、
広宣流布せさせ給ふべきなり・・。

※後五百歳の次の時代は、いま鎌倉で念仏が流行ってるように、みんなが
なんみょー題目を唱えているように、(今の?) 広宣流布がんばりましょー・・。

そろそろ弟子のこと考えて、後の時代の話が混じってくるようですね。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 08:44:46.67 ID:rpA5XfE1
>>259
これ書いてて思ったけど、お釈迦さまは霊鷲山で上行菩薩に
まんだら本尊の書き方、伝授したのかね?

末法の本命の修行としての、なんみょー題目もこっそり耳打ち
したと御書にあるけど、そこらへん法華経の文章にはどちらも
なんにも書いてありません、やっぱ文底読み(妄想)するのか・・?

>>261
当体義抄なら、>>62南岳大師の法華懺法にある南無妙法蓮華経の
文字列が初出てことに、なってるみたい。

でも法華懺法はその文字列の後、安楽行品の菩薩の行法やんなさい、
と書いてるから、日蓮教的にはヒジョーに気まづい空気感が・・、

さらにその直前の、南無釈迦牟尼仏、も唱えなアカンから、
こちらは日興門流にとって、都合が悪いかも・・。

大蔵経データベースに「南無妙法蓮華経」と入れて検索すれば
この南岳大師の法華懺法より以前に9件ヒットするけど、
逆にそれ以降は日蓮御書がずらずらっと並んでいる。

天台大師も最澄さんもそこには名前がなくて、法華懺法も内容的には
関係なさそうだから、なんみょー題目単独の行法は、やっぱ世界初
日蓮さんが編み出したオリジナル、ということで、よいのでは?

でも、なんで日蓮さんオリジナルと、堂々と主張してはいけないのか?

なぜ他人の名声を利用せなアカンのか? そこら辺ですよねー♪

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 09:07:08.03 ID:rpA5XfE1
>>332
これホントそうだよなー、密教はあまりよくわからんけど、

1. 『伝法灌頂』を受けた・・密教(遮那業)と天台(止観業)の
両刀使いかよ? 東京大学の理系と文系を両方卒業しました、みたいな・・?

2. 日蓮が比叡山で12年籠山を行った・・日蓮年表に叡山にこもって
外出してない12年分の空きスペースなんてないしいー♪

3. 伝法灌頂が終われば「阿闍梨位」の許可(コカ=印可)状が交付され、
許可状(密教の血脈証明など数種)が発見されれば、新発見と考えられます。

・・もちろん印可状は無くて、弟子も認めるなんちゃって天台沙門です。

4. 日蓮は天台座主であり台密の大家であった円仁、円珍を
素人レベルの批判していること・・これ叡山と三井寺では修行できないだろ、
というか弟子をふくめて出入り禁止のはず、ふつーの一般常識ならne。

5. 日蓮の著作にみる密教知識や理解度は評価に値しない素人レベル
と考えられることです。

日蓮宗には密教儀軌に基づく密教壇(大壇、密壇、護摩壇)がなく、
密教法具を用いる密教儀礼が全く無いことからも
日蓮の伝法灌頂はありえず・・

・・密教の専門知識は、御書にはないもんね、弟子のアトづけなんじゃま?

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 10:28:03.74 ID:/Y6n5QGC
この手の知ったか馬鹿が一番困る。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 13:48:19.20 ID:yBT8R4px
>>395
その手の知ったか馬鹿の張本が日蓮なのだが。

397 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/25(土) 14:23:19.47 ID:6+GO9Vc8
>>387

>それは、声聞・縁覚の範疇でしかない。
>仏になる道は、菩薩(具体的・能動的な救済行動)より他にない。
>二乗(声聞・縁覚)が嫌われるのは、自分の事にしか関心がないから。
>ここで、一歩踏み出して菩薩としての行動をとるだけで、境界はガラッと開ける。

それでは私に興味を持ち、私を救ってみてください。ttp://blog.goo.ne.jp/soukagakkai_usotuki
小乗仏教が原始仏教からある程度外れたのは事実です。
大乗仏教も原始仏教からある程度外れたのも事実。

原始仏教の前では小乗仏教を批判してわざわざ大乗(菩薩)の道をとらなくてもいいと思います。
原始仏教同様の行為をすればいいだけでは?お釈迦さん同様、悟り(小乗に似たもの)の道と
他者救済の菩薩(大乗)の道を歩めばいいと思うんですけどね。
日蓮主義、学会主義でなければ、少しは良いのかもしれません。

富士門流信徒の掲示板
ttp://jbbs.shitaraba.net/study/364/

犀の角のように独り歩め
ttp://blog.livedoor.jp/saikakudoppo/

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 15:18:15.07 ID:/Y6n5QGC
>>396
日蓮の擁護なんざ一言もしとらんわ阿呆。

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 16:46:21.53 ID:yBT8R4px
>>398
ほれ尻尾を出した。

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 19:04:09.58 ID:/Y6n5QGC
これだもんな。
馬鹿っぷりが信者と同じ。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 19:56:33.65 ID:sljpiVP7
>>395
具体的に392-394のどこが間違いだというのですか?

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 20:47:11.88 ID:0Qzvnby2
395はアホ

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/25(土) 21:02:51.57 ID:yBT8R4px
>>400
日蓮に擁護の余地など絶無でオッケー?

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 08:27:43.98 ID:pCO60vgG
>>392
守護国家論のとこ、さらにもう少し、、。

薬王品の我滅度後と、造語らしい諸経滅尽の二つを
「滅」の一文字を利用して同じものと錯覚させる手法だよね。

箱根駅伝の、たすきの受け渡しみたいなモンとでも思えば、。。

ところがこの二つは同じではありません。

我滅度後 → お釈迦さま死んだ直後から

諸経滅尽 → お釈迦さま死んでから二千年経過したそれ以降

諸経滅尽は正像二千年過ぎた、末法のことなんだよねー。

我滅度後 ≠ 諸経滅尽

守護国家論の、我滅度後と諸経滅尽が同じという主張は
デタラメな嘘八百です・・。

ところがこの「滅」の一文字受け渡しリレーを使うと意外に
さらっと刷り込まれてしまい、広宣流布が釈迦滅後からさらに
二千年後という明らかにヘンな話に誰も異議を唱えなくなり。。。

(撰時抄)
法華経の流布の時二度あるべし所謂在世の八年
滅後には末法の始の五百年なり、←ココからインチキの第二弾が、、

※広宣流布は、日蓮さんちゃんと五百年期限で指定してるじゃんね、
現代は広宣流布の期間じゃないことに大石寺は気づいたはずよ、
だから「末法万年」でゴマかしたんだろーな、と思われますが。。。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 08:40:18.22 ID:pCO60vgG
>>404
結局オカシイとこだらけで、薬王品には

我滅度後、後五百歳中、広宣流布、・・、無令断絶。

教えを断絶させることのないように、と言ってるわけで、

でも日蓮さんの主張のように、お釈迦さま死後二千年の間
なにもしないでスルーしてたら、それ断絶してんじゃね?

ふつーならお釈迦さまの死後から、弟子がすぐに
教えを広め始めないと簡単に断絶しちゃうだろ? と思うが・・。

ところが二千年の時を超えて、真実の法華経の教えが
この日本国の鎌倉に突如復活するのであった・・。

もう完全に伝奇物RPGゲームの世界観ですな・・。。。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 09:03:31.26 ID:pCO60vgG
>>317>>318
占いというか、予言を当てた、と日蓮教が主張するのはこの部分、

(選時抄)
余に三度のかうみゃう(功名)あり。一つには・・、二つには・・、

第三には去年〈文永十一年〉四月八日左衛門尉に語って云はく・・、
(念仏のせいで、禅の天魔のせいで) ことに真言宗がこの国のわざわひにて、
大蒙古を調伏せん事(真言の祈祷のせいで)この国ほろぶべし・・、

頼綱問うて云はく、いつごろ(蒙古が攻め)よせ候べき? 予言はく(日蓮云はく)、
経文にはいつとはみへ候はねども、天の御気色いかりすくなからず、
きうに(急に)見へて候。よも今生(日蓮教は今年と解釈)はすごし候はじと語りたりき。

※1275年に書かれた選時抄で、前年の1274年佐渡帰りの四月に
蒙古襲来が今年と予言して、その年の十月に見事、文永の役が起こったので、
予言が当たりましたぁ〜♪ という完全後出し自画自賛の記述です。

でも今生なら、生きているうちには、蒙古は来るでしょ、となって
予言と言うか、当たったというほどのものでもないよーな気が・・。

>>317(大聖人は佐渡流罪を解かれた後、幕府に招待されている)
この部分は、、

(種々御書)
又越後のこう(国府)より兵者どもあまた日蓮にそひて善光寺を
とをり(通り)しかば力及ばず。

※日蓮さんの周囲を取り囲む兵士を、鎌倉にお招きするための
護衛と解釈してるわけで、これ逆に赦免囚人の護送中とも見えますが・・、

貞永式目に書いてある国府の庁の仕事は、罪人と皇族の護送護衛しかない・・。

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 11:35:00.34 ID:Viasrbx0
>>397
> 原始仏教同様の行為をすればいいだけでは?
原始仏教は、すでに現代には合わなくなっている。
たとえば、乞食行を「まとも」にしようとすれば、現代日本では餓死する可能性が極めて高い。
不浄観は、現代日本においては事実上不可能。
(他の動物を使う手もあるが、これでも場所は限られる。
少なくとも、人口密集地でやったら悪臭等により当局に通報されるだろう。)
特定の修行法を選んで他の使えない修行法を捨てるのは、すでに原始仏教から離れている事になろう。

>>394
>日蓮の著作にみる密教知識や理解度は評価に値しない素人レベルと考えられることです。
評価に値しないと考えているのは、>>332のリンク先。
その理由が、「伝法灌頂を受けていない」「密教儀礼が全く無い」だとw…まったく反論になっていない。
伝法灌頂とはある一定以上の理解度があると証明するものではあるが実際の理解度を示すものではないし、儀礼は必要ないと判断すれば当然行わない。
>>332のリンク先は、研究者としては底が浅いので、あてにしない方が良い。
たとえば、最重要な存在である本尊に対する批判があるが、批判の根拠は「常識」(どこの常識かは知らんが)としており、理論的な反論がほとんどない。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 13:01:59.40 ID:3wyhI4rk
>>407
三時説のようなデマは完全無視するとして、持戒ならば五戒で十分だ。

たとえば原始経典に一乗道として説かれる四念処だが、
身←不浄
心←無常
受←苦
法←無我
と常に観察し続けることで涅槃に到達できるとされている。

それと日蓮の密教理解が街の拝み屋レベルなのは、まともな伝法を受けた密教行者
ならばとっくに判っているが、敢えて批判しないのは、あまりにも下らないのと三
昧耶戒を犯さないため。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 14:06:47.50 ID:BMmWoCP8
>>407
>>332のリンク先は、研究者としては底が浅いので、あてにしない方が良い。

あんたの場合、底そのものが存在しないようなのだがw

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 15:32:57.67 ID:Viasrbx0
>>408
>持戒ならば五戒で十分だ。
その判断基準は?
第一、少なくとも五戒のうちの一つ不殺生戒は現代社会では守れないぞ。
人は通常、動物を食う。(所謂動物・虫・魚等々の生き物)
それを得るためにどこか(加工業者他※)に金を払って間接的に殺させているのだから、殺生をしているの同じ報いを受ける。
動物そのものでなくても、動物由来物質を使う加工食品全般を食ったり、動物由来物質を利用して作られた物品を自分が利用していれば、同じ事である。(毛などは一応除く)
自らは手を汚していないから守っていることになるという考え方は、同時に※の仏道修行(成仏)を認めない・・・・という事であり、釈尊から離れたはなはだ不平等な考え方である。
さらに言えば、原始仏教および小乗では肉食を禁止していない。

>三昧耶戒を犯さないため。
ずいぶん都合がよい解釈だな。
十四根本堕「自他の宗派を誹謗するな」「教えを、その名称によって差別するな」辺りの事を指すのかな。
…空海自体が、これを破っているんだが。(「秘密曼陀羅十住心論」「秘蔵宝鑰」)
空海の弟子覚鑁(かくばん)に至っては、「舎利講式」で他の経典や仏は密教経典(大日如来)の草履取りにも及ばないとしている。
台密では、慈覚や智証他が主張したおなじみの理同事勝がある。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 15:41:23.34 ID:RNsaNX+s
>>410
>釈尊から離れたはなはだ不平等な考え方である。

離れてないぞ。まさにそういう考えだ。

>さらに言えば、原始仏教および小乗では肉食を禁止していない。

殺生は禁止している。
殺生の原因になるのも禁止している(お坊さまに施しをするために鶏を〆よう、とか)。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 16:30:59.65 ID:3wyhI4rk
>>410
「三界は五戒で保つ」も知らんようだな。
250箇条ともいわれる具足戒も五戒に還元される。

ちなみに仏教が説くのは「業の下の平等」だ。

おまけに三聚浄肉すらも知らんようだ。

まあ、捏造と歪曲によって他宗を誹謗し続けた日蓮の追従者の断善根・一闡提
外道に何を教えてやってもムダだろうが。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 17:33:45.05 ID:3wyhI4rk
ど何にせよ、日蓮の思い込みの前提が悉く潰滅している現実を、日蓮教徒は直視するべきだろう

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 17:45:20.47 ID:x6OTv4nH
>>412-413
あまり狼狽えなさんな。
無知は乗り越えれば良いのだ。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 17:50:36.04 ID:3wyhI4rk
>>414
おや、新手の池沼かね?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 19:49:27.77 ID:WUnMOC5N
>>410
>…空海自体が、これを破っているんだが。(「秘密曼陀羅十住心論」「秘蔵宝鑰」)

どこが?大変高く評価しているではないか。法華経開題という著作まである。
戯論といってると日蓮を受け売りしていうのだろうが、この戯論という意味をわかっていないだろう。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 19:54:46.01 ID:WUnMOC5N
>>410
むしろ空海は法華経を修行するなら、ちゃんとした師について法華経の儀軌に基づいて修行しなさいと戒めている。
でなければ三昧耶戒を破ることになり、経王といわれる法華経だけに重罪を得るだろうと。まさに日蓮を指している。

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/26(日) 20:54:40.88 ID:3wyhI4rk
日蓮の密教誹謗を持ち出せば持ち出すほど、日蓮の程度が暴かれる仕組みだろう。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/27(月) 07:42:29.54 ID:MeG6oArG
日蓮は自分が誹謗した他宗について基本的に理解していない。では天台法華に詳しいかと言うとそうでもない。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/27(月) 13:57:01.46 ID:Tcx/5Goq
どうでもいいが、日蓮の擁護をする人はいつも一人だけのようだが、ほかにいないのか?

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/27(月) 14:54:23.52 ID:4fhKgSzQ
>>419
>日蓮は自分が誹謗した他宗について基本的に理解していない。

特に浄土教理解の浅さは大問題だ

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/27(月) 19:27:47.30 ID:TkuCSPWC
>>411
つまり、釈尊は泥棒などとは違って皆の役に立っている屠殺業者の成仏は不可能と宣言すると解釈するわけかry

>>416
「秘密曼陀羅十住心論」
1:異生羝羊心 - 煩悩にまみれた心  (内容から考えても、最も境界が低い。以下上がっていく。)
・・・・略・・・・
8:一道無為心 - 大乗仏教のうち天台宗の境地  (法華経)
9:極無自性心 - 大乗仏教のうち華厳宗の境地  (華厳経)
10:秘密荘厳心 - 真言密教の境地  (大日経)
真言密教が最高の境智であるとしており、大日経>華厳経>法華経と論評しているのが読み取れないとは。

秘蔵宝鑰
<他縁以外は大乗の心なり。
大乗に於いて前の二は菩薩乗、後の二は仏乗なり、此くの如くの乗乗、自乗に仏の名を得れども、後に望むれば戯論と作る>
菩薩乗も仏乗(法華経はこれに該当)も、秘密荘厳住心に比べれば戯論…と結論付けている。

秘蔵宝鑰
第八如実一道無為住心の釈尊(法華経の教主)は顕教では究竟の理智法身だが、秘密荘厳住心の大日如来に対すれば無明の辺域にすぎない・・と。

423 :422:2015/07/27(月) 19:31:29.81 ID:TkuCSPWC
この件に関しては、もう答えない。
同じ事を繰り返しカキコするのは、たくさんだ。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/27(月) 19:36:53.43 ID:pKCflrno
他スレにも書いてあるが、似非坊主ニチレンの出発点は土地問題
千葉の田舎の土地が新しく鎌倉に建立された寺の荘園にされたのが
やつにとって気に入らなかった。

新しく建立された寺のネガティブキャンペーンしているうちに
事後相違が際限なく繰り返されると共に、幕府が気に入らない
勢力等と結び付き一派に膨れあがった低脳集団となった。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/27(月) 20:55:40.42 ID:4fhKgSzQ
>>422
泥棒も成佛は不可。屠殺業者も成佛は不可。
俗世の都合で成佛の可否が変わったりなどするわけもなし。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/27(月) 21:33:38.31 ID:6Ad39Ews
日蓮は糞

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/27(月) 23:24:06.96 ID:9oQ9XvRM
>>422
少なくとも創価の折伏経典だかのように
大日如来なんて架空の仏を持ち出しやがってwみたいな寝言は言ってないわけだ。
弘法大師は。

鳩摩羅什や弘法大師は般若経をちゃんと勉強して
法華経で言う久遠実成をああ、空のきちんとした理解を前提とした
お経なんだなと当然のごとく理解してただろうね。
ところがどっこい創価じゃ久遠実成は何が何だか分からないが
とにかくありがたいものと一生無理して思い込まなければない実態不明の単なるお題目。
法華経のつまみ食い以外のことを許してないから。
そもそも日蓮さんが空が何だか体感的に理解してない。

大日如来ってのは空を擬仏化した仏様なのよ。大日経と般若心経斜め読みすればお分かりであろうが。
浄土真宗の阿弥陀如来もそうだと思う。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/27(月) 23:27:32.86 ID:9oQ9XvRM
鳩摩羅什は法華経の釈尊もそういう空をシンボル化した存在だと好意的に考えて
美しく漢訳してしまったのだろうねえ・・・

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 06:49:44.61 ID:lkHiXlfv
>>422
そのコピペは見飽きた。質問しているのは、それのどこが誹謗中傷なのかということだ。戯論とは悪口ではない。
>>424
念仏宗徒らとのトラブルが絶えなかったようだが、背景には領地の問題があったようだね。
そこで師の道善坊は、日蓮を比叡山など関西方面に行かせて、事態の収拾を図ろうとしたのだろう。
>>427
それは言える。空海は法華経の虚空会についても独特な般若的解釈をしている。普通は多宝塔の記述にばかり注意がいくが、
空海はこの多宝塔が出現するのが虚空であるということを重視し、そこに空の義が示されているとする。

430 :422:2015/07/28(火) 10:26:34.44 ID:h74ca4/A
429
>戯論とは悪口ではない。
戯論(けろん)とは - コトバンク
ttps://kotobank.jp/word/%E6%88%AF%E8%AB%96-60229
>仏語。無益な言論。無意味な論。
法華経は無益(・無意味と断じているのに、悪口ではないとは・・・・w
また、「無明の辺域にすぎない」は、もっとひどい悪口。
無明の意味を知らないとは言わせないぞ。

どうやら、日本語が通じない人のようだ。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 10:33:31.24 ID:2CRpOCPy
>>430
戯論(プラパンチャ)の意味すら知らんとは、いかにも日蓮教徒らしい残念さ全開だな。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 10:59:15.64 ID:4CmuRyOz
あらゆる経典あらゆる論書はプラパンチャなのだから法華経も例外でない、というだけなんだがな

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 11:11:56.89 ID:6/fY4cd2
>>430
だとすると弘法大師は無益な経典を3番目に評価し、無益な経典を講義したり、貴人の死に際して無意味な経典を送ったりしたことになる。
この時点で、何か変だと気づこう。ちなみに弘法大師は梵語と漢語と日本語に精通していた。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 11:24:36.82 ID:h74ca4/A
>>429
>そこで師の道善坊は、日蓮を比叡山など関西方面に行かせて、事態の収拾を図ろうとしたのだろう。
モノを知らないにもほどがあるだろ。
16歳で得度→17歳に鎌倉→21歳で一度清澄寺に戻りすぐに叡山に入りここを拠点として各地で修行→32歳清澄寺に戻る→ry
記録から、遊学であることがはっきりしている。

>>427
スレ違いだから簡潔に。
大日如来は法身のみで正体不明、化導の始終が存在しないため成仏できるかどうかの具体的証明例が存在しない。
一切衆生にとって最重要なのは、理論を得る事ではなく成仏できるかどうかである。
その辺があやふやな経典など、信じるに値しない。
(家に例えれば、設計図/実際に建てた家のどちらが重要か・・という事である。
当然、実際の家がはるかに重要であり、設計図の質は、実際に建てた家でのみ証明される。)

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 11:45:50.12 ID:h74ca4/A
>>433
>この時点で、何か変だと気づこう。
はげどう・・・・弘法大師がおかしいという事だがな。
密教が最重要で、これが登場した後の法華経は無益…と主張しているのだから、密教を最大限表に押し出せばよい。
しかし、実際は人に合わせて?無益である法華経等も利用する。
…矛盾もいい所だ。

>>431-432
ここにも、日本語が読めない人が居るな。
戯論には、元々幅広い意味(展開とか)があるようだ。
しかし、>>422では
>自乗に仏の名を得れども、後に望むれば戯論と作る
密教から見れば法華経は戯論と主張していて、明らかに日本における否定的な意味で使っている。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 11:47:29.06 ID:2CRpOCPy
>>434
>遊学であることがはっきりしている。
行く先々でまともに相手にされなかったのは、その後の大ボラの出来ばえで明らかなんだが。

そのすぐに崩れる土台に建てた屋台骨が揺れる違法建築。
それが日蓮教。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 11:52:55.85 ID:6/fY4cd2
>>434
まあ遊学といえば遊学なんだろうが、どこに行っても頭角を現して修行がものになったという記録がない。
強力なスポンサーでもいれば別だったろうが、下級僧侶として住み込みの寺男みたいな扱いだったんじゃないかな。
元々人間関係の不得手な日蓮にとって、遊学といえるような余裕はなく、失意の年月だったと思うよ。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 12:03:39.76 ID:4CmuRyOz
凄いなあ。
佛教語の常識も知らず、空海もそれを知らないことにして済ませる度胸。
その臆面もなさだけは日蓮並みだなw

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 13:49:36.25 ID:3WhFIZKg
顕教とは地理でありカーナビだ。
カーナビが教えない知る人ぞ知る秘密の道が密教だ。
密教を学ぶには前段階の基本的知識として顕教(地理)は必要。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 14:37:26.44 ID:IsMSR7Uq
日蓮の教えに真言亡国とありますが、別に亡国でもなく、真言宗は日本では
多く栄えていると思うけど。昔からの代々伝わる信者数は多いと思うけどね。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 15:41:44.37 ID:2CRpOCPy
密教を学ぶにも顕教の履修が基礎的な前提となる。

戒にしても声聞の具足戒に大乗の菩薩戒が上乗せされた上に、更に密教の三昧耶戒
を加授されるのが本来のシステム。

日蓮教の「末法無戒」など、誰にも相手にされずに黙殺されたのも道理だ。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 16:49:14.96 ID:6/fY4cd2
みなさんの言うとおり。密教は専門課程で、教養課程としての顕教はいわば必修科目みたいなもの。
積み重ねの理論体系だから、日蓮教みたいに相対させて、他を切り捨てていくのと正反対なんだよね。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 17:30:44.17 ID:2CRpOCPy
密教を修めるには大乗を修めなければならず、大乗を修めるには声聞乗を修めなければならない。
いずれにしても後者は選択科目である前者に対する必修科目となるし、これが仏教の履修カリキュラムなわけだ。

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 20:03:28.54 ID:4CmuRyOz
霊山漫荼羅といい、法華による密教を構想したには違いないんだよな。
せめて弟子が引き継いで完成させてやればよかったのだが、そちらの方向には進み損ねた。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 20:04:27.60 ID:4CmuRyOz
戒云々は伝教が悪い、としか。

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 20:33:24.54 ID:2CRpOCPy
>>444-445
伝教ってのは自分は具足戒を捨てずに門下には菩薩戒だけを押し付けた悪党。
阿闍梨気取りの日蓮は曼荼羅(?)を書いて死んだけど、そのアイデアを弟子が台密に持ち込んで
逆にパクられてしまったのが何とも。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 23:09:03.89 ID:MdquitE6
>>434
>一切衆生にとって最重要なのは、理論を得る事ではなく成仏できるかどうかである。

できるかどうか分からないからあなたはしてるんでしょ?
信心強盛っての(笑)
成仏できるんだ成仏できるんだと一生懸命思い込んで。
法華経にどんな具体例があるの?(笑)
実際に家が建ったんだ実際に家が建ったんだという法華経の主張を信じてるだけで
実際に建った家を見たことなんてないでしょう?
あったら信心強盛なんてもう用済みで必要ないじゃん。
あなたの言に習うと法華経だって信じるに値しないあやふやな経典だよ。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/28(火) 23:30:35.97 ID:MdquitE6
>大日如来は法身のみで正体不明、化導の始終が存在しないため成仏できるかどうかの具体的証明例が存在しない。

始めとか終わりとか具体的証明例というのは五蘊だよ(笑)
会館が建った博士号もらった勲章もらった世界190何か国で認められた
というのは五蘊に目付けして池田先生すごい本物だ生き仏だ永遠の指導者だと判断してるんだよ(笑)

五官や認識の対象として把握できる状態を
過去から今に至るまで持ったことがなく未来永劫持つこともないのが空なんだから
化導の始終が存在しないのは当たり前。
大日如来は空をシンボル化した存在なんだから。
無用な五蘊を徐々に解消していく過程で空というのは少しずつ腑に落ちてくるものなんだよ。
それすっぽかして聖教新聞取って選挙の手伝いして創価活動して、って
一生懸命いくらやっても一生分からない(笑)

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/29(水) 07:02:39.35 ID:dZYNOp6Q
>>435
>戯論には、元々幅広い意味(展開とか)があるようだ。

せっかくいいところまで調べたら、もう少しその先を追求しないと。
その「展開とか」は元々、「意志によって強制されない動作」という意味から派生してきたものだ。
そこから「言葉の多義性」や、(それによる)「意味や概念の拡散」という意味で用いられるようになった。
かいつまんでいうと、空海がここでいう「戯論」とは「曖昧さを残す議論」あるいは「隙のある議論」という意味だ。
つまり空海は十住心論で法華経と天台宗の要旨を述べたうえで、「これらは、それ以前よりこのように見事なものだ、
しかし後の立場から見ればまだ隙がある」といっているので、これは発展段階論として当然だ。誹謗中傷にはならない。
たとえば「中学生はこのように身体や精神が発展しているが、高校生に比べればまだ未完成なところがある」と言ったからといって、
それが中学生に対する誹謗中傷だという議論にならない。しかし日蓮がやった誹謗中傷とはこのレベルの話なんだな。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/29(水) 09:45:29.30 ID:4gjE1YZI
金剛乗←密教
菩薩乗←顕教
声聞乗←顕教

インドやチベット以来の大乗仏教は上のような三層構造になっている。
ところが受戒と履修のカリキュラムを破壊した伝教以来の日本仏教と来たら、
土台も一階も作らずに二階や三階だけを建てようと躍起になって来た。

「末法無戒」を盾に他宗を誹謗する日蓮教なんかはその一番醜悪な症例標本だろう。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/29(水) 11:47:57.35 ID:RpOynMpV
>>450
まさにそう。本来なら最終形では、

金剛乗←密教(具足戒+菩薩戒+三昧耶戒)
菩薩乗←顕教(具足戒+菩薩戒)
声聞乗←顕教(具足戒)

となるべきものなんだが、最澄は比叡山延暦寺の戒壇で受戒する菩薩戒だけで足りるとした。
最澄自身は純粋な人柄だったと思うが、日本で後々破戒が横行するにいたった原因のひとつはここにあったと思われる。

日蓮にいたっては末法無戒と称し、酒は飲むわ、他宗を誹謗するわ、幕府に念仏僧侶を斬首しろと主張するわ、
戒律復興を掲げ、病人や弱者の救済に心血を注いだ忍性の菩薩行を誹謗中傷するわ、という無軌道ぶり。
無茶苦茶なオレオレ阿闍梨集団になり下がってしまった。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/29(水) 12:04:34.86 ID:lX9pp4us
おいおい、空について語るあらゆる言説は戯論なんだがな
龍樹『中論』に於ける戯論の用法以外で使うわけがないだろ

453 :スチールカン:2015/07/29(水) 21:52:40.02 ID:3YVurT1v
>>439さん
目的地の設定は、、、いづこに?

454 :スチールカン:2015/07/29(水) 21:59:16.13 ID:3YVurT1v
>>451さん
大船の舵取り日蓮がが飲酒運転では困りますよね。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/29(水) 22:06:39.21 ID:4gjE1YZI
>>454
大船を詐称する泥船が日蓮教。

456 :スチールカン:2015/07/29(水) 22:17:48.57 ID:3YVurT1v
>>455さん
文の底に沈んでしまっては蓮華を喩えても開花できそうではありませんね。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/30(木) 00:04:10.66 ID:jT3SGi6J
>>456
船頭もろとも浮かばれない。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/30(木) 09:50:52.33 ID:NHZ+cfw6
日蓮は、僧侶としての評価はともかく、キャラとしては現代性を感じさせるところがある。
いろんな意味で。

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/30(木) 09:58:23.31 ID:jT3SGi6J
>>458
文科省がオカルトやスピ系に入れ揚げてる時代だからな。

460 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/30(木) 20:42:21.85 ID:ADZvYy2d
>>407
>> 原始仏教同様の行為をすればいいだけでは?
>原始仏教は、すでに現代には合わなくなっている。
>たとえば、乞食行を「まとも」にしようとすれば、現代日本では餓死する可能性が極めて高い。
>不浄観は、現代日本においては事実上不可能。

あなたがどの教団にいて、信徒か僧侶なのかわかりませんが突っ込みどころ満載ですね。
原始仏教の教えの正当性を認めているのか認めていないのかよくわかりませんが、
あなた個人にとって広まっていない教えは大事ではないのですね。
「このハンバーガーとコーラは世界で一番売れている。だから世界で一番旨いものに決まっているだろ」
と言われている訳ですね。w
ttp://livedoor.blogimg.jp/chaaaahan/imgs/9/2/921772d5.jpg
今の創価学会と同じですね。間違った教え(とは認めませんが)でも広めているから学会は尊いのだ!と。

あなたが綺麗事言いたいのか現実を言いたいのか私にはわかりませんが、「我はこう思う・だから無理」
というのは努力(修行)を放棄していますよね。
創価、正宗系は折伏と称して人を強引に脅迫し人に努力や変革を求めているのに、どういうことなんですかね。

私が時々 努力 という言葉をブログ記事に入れているのはこうした矛盾を
会員信徒、学会本部、大石寺僧侶によく感じるからです。

どの仏教宗派でもお布施システムと日本社会に馴染んでいます。
原始仏教だけ馴染まないと思うのは不思議です。
乞食行は無理としても原始仏教の教えと行動を 「可能な限り」 反映した形は可能でしょう。
ただし、儲かるか儲からないかでお坊さんは選択し行動すると思います。
努力してくれるお坊さんがどこかにいるといいですね。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/30(木) 21:59:00.57 ID:jT3SGi6J
>>460
教説原理としての「根本仏教」ならば解明可能だろうが、実践体系としての「原始仏教」
は現存しないし、それを称する団体のほとんど全部がオウム風味のカルト。

日本に来て騒いでるテーラヴァーダにしても部派仏教のそのまた末端の一つに過ぎない
し、連中が「ブッダの瞑想法」とか宣伝しているメソッドも80年ほど前に考案された
代物というオチ。

462 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/07/30(木) 22:39:41.81 ID:ADZvYy2d
>>461

>実践体系としての「原始仏教」は現存しない
>日本に来て騒いでるテーラヴァーダにしても部派仏教のそのまた末端の一つに過ぎない

今からでも輸入するしか無いかもしれませんね。どこかにあれば、ですが。w

テーラワーダは上座部スリランカ系のようですね。
テーラワーダも一部なのか全体なのかわかりませんが、強引な布教をする人がいるようです。

> それを称する団体のほとんど全部がオウム風味のカルト。

オウム風味でないという意味においてのみ日本仏教の良い?ところかもしれませんね。w

>連中が「ブッダの瞑想法」とか宣伝しているメソッドも80年ほど前に考案された代物というオチ。

そういえば、お釈迦さんの教えで最も古い經典は何か?はテーマになることはあったのですが、
最古の「xxx經瑜伽xxx儀軌」というのはあまり話題になっていないと思います。

ttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AC

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/30(木) 23:09:14.15 ID:jT3SGi6J
>>462
>今からでも輸入するしか無いかもしれませんね。
実践と教理の根本である五戒と三法印のセットなら改めて輸入しなくともよい。

>強引な布教をする人がいるようです。
テーラヴァーダでもスリランカ系は、タミル人と殺し合ってるせいか攻撃的でうざい。

>オウム風味でないという意味においてのみ
三法印に離反しているという時点で、日本仏教にも創価やオウムに説教できる資格はない。

>お釈迦さんの教えで最も古い經典は何か?
言語学的に最も古いといわれる経典が釈尊の真意を伝えているとは限らない。
それにリンク先は外道のヨーガ学派の修行法。

464 : ◆fqHG38ZO67Fu :2015/07/31(金) 01:01:06.44 ID:2Pkk/6XP
原始仏教←古層資料から類推可能な教説と修道の原初形
根本仏教←部派三蔵やその注釈から考証できる根本原理
と考えればいい。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/31(金) 08:54:32.89 ID:PjzyZ20b
初期経典からおおむね釈尊の説法は想像できるだろう。それ以上の詮索はあまり意味がない。
キリスト教についても同じことは言える。釈尊もイエスも著作を残していないからだ。

466 : ◆jtrOlGhw7E :2015/07/31(金) 10:22:45.41 ID:2Pkk/6XP
聖書学の文書仮説を仏典に応用する研究方法もあるみたいだが、阿含経からQ資料
のような情報を回収できるのだろうな。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/31(金) 10:39:06.19 ID:v3zGM3kl
たとえば、パーリで整束された仏典のなかにも、
東部プラクリットに由来する語形や表現が出てくるので
成立の新旧や様々な成立に関わる諸事情を推定することはできる。

468 : ◆jtrOlGhw7E :2015/07/31(金) 11:51:46.07 ID:2Pkk/6XP
現行のパーリ仏典は漢訳阿含経の原典資料よりも新しい、最新の三蔵だけどね。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/07/31(金) 21:00:51.16 ID:D3O0EPOx
ヨーガそのものは仏教以前からあったし、それが禅定として仏教にとりいれられているのだから外道とはいえないのではないか。
外道と言えば、日蓮教などは非仏教的というだけなく、反仏教的だと言う意味で、外道のさらに外にある異教なのではないか。

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/01(土) 00:31:55.01 ID:XMrDeZ5Y
面倒なので、>>452にしぼって答える。

>>422
>>大乗に於いて前の二は菩薩乗、後の二は仏乗なり、此くの如くの乗乗、自乗に仏の名を得れども、後に望むれば戯論と作る>
菩薩乗と仏乗は仏界を得る事が出来るが、真言密教の境界を得た(あるいは知った?)後では、戯論になると述べている。
つまり、真言密教を得る前は、菩薩乗と仏乗は「戯論ではない」という事をも示している。
よって、ここでの戯論は本来の仏教用語の意味で用いられてはいない。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/01(土) 01:02:22.77 ID:XMrDeZ5Y
>>460
>あなた個人にとって広まっていない教えは大事ではないのですね。
現在実現不可能な修行法は「役に立たない・現実に合わない」ので意味がないと言っているんだ。
「絵に描いた餅」は食えないし、その絵の餅がありがたいと言って見つめ続けていればそのうち餓死するぞ。

>>469
外道/内道(仏教)の判断基準は、因果の理法。
外道は、この辺があいまい・不明確・不明。
対して内道は、(三世にわたる)因果を根幹とする。

472 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/01(土) 01:47:36.52 ID:VdHcUtwK
>>471

>>あなた個人にとって広まっていない教えは大事ではないのですね。
>現在実現不可能な修行法は「役に立たない・現実に合わない」ので意味がないと言っているんだ。

学会、正宗のいう修行を含めた教えの浅深高低ですね。
日蓮仏法が究極であり "現実に即しており"「役に立つ」(功徳を得る、メリットを得る)と言いたいのでしょう。
まず法華経の諸法実相、諸法無我など原始経典を日蓮系以外でしっかりと学んでは?

私は法華経や大乗経典の思想を全否定している訳ではなく、
学会教学と一般仏教学の違いを理解して欲しいと思っています。

>「絵に描いた餅」は食えないし、その絵の餅がありがたいと言って見つめ続けていればそのうち餓死するぞ。

文字が多いとはいえ、日蓮曼荼羅を肯定する人が梵字や日蓮花押があるのに、
"絵に描いた餅は食えない"とは。(笑)そのたとえでは全く意味不明です。

一切皆苦だからといって無理して飢え死に(苦)を求めるのがお釈迦さんの教えではありません。
お釈迦さんは苦行は捨てています。
修行が大変だ、というあなたの学会修行の「苦」のイメージは全く違うと思いますよ。

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/01(土) 06:43:00.55 ID:DA49Gnmr
>>470
>つまり、真言密教を得る前は、菩薩乗と仏乗は「戯論ではない」という事をも示している。

そういうことではない。「実相の外は皆戯論と名づく」。
言語道断の境界を得た後で見れば戯論だ、という普通の趣旨なのだが。

それにしても「佛の名を得れども」がなんで「仏界を得ることができる」になるのやら。

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/01(土) 08:36:02.60 ID:BvJUpi7B
>>406 この引用も、何気に貼って、またあとで気がつくけど、、、

(選時抄)
ことに真言宗がこの国のわざわひにて、
大蒙古を調伏せん事この国ほろぶべし・・、

真言が加持祈祷をすると、日本国が滅亡するらしいですが、
日本国って滅んでましたっけ ? ? ?

思いっきり、滅亡の予言がハズレてるよーな?

ところが、もう一方の、平左衛門頼綱の質問に答えたとされる
四月の予言が早くもその年の十月に的中したとされる記述は、
日蓮教では、予言が当たりました〜♪ と大騒ぎの宣伝してるけど、

でも翌年になって、じつは去年の予言が当たったとか言われても
毎度の後出しじゃあねー、年表でも作っとくか・・。

1271年 朝鮮半島で蒙古に抵抗していた三別抄政権が
鎌倉に救援を求めるが、1273年には蒙古に鎮圧される。

1273年 南宋も蒙古に鎮圧され属国となる

1274年四月八日 日蓮さんは蒙古軍が今年来ると予言。

同年十月五日 蒙古軍が対馬を攻め、破竹の勢いで20日には
博多湾に来襲し、九州の御家人勢一万と対峙して・・。

1275年 以上の結果がすべて分った後で、予言が当たりました〜♪ 

※幕府は、朝鮮にスパイを送って、蒙古軍の進行ルートや
上陸地点と日時を探ってたらしく、結果的にズバリ当たったようで・・。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/01(土) 08:47:07.30 ID:BvJUpi7B
>>474
結局、軍事情報というものは、敵の進行ルートと何日何時という
精密な遭遇の場所と時間がわからないことには何の価値もなくて、

鎌倉幕府は辛うじて、蒙古水軍の前面に九州の御家人勢を
集結させることに成功して、水軍は敗退するわけで、
ひるがえって半年前の鎌倉の評定所では・・。

よも今生 (今年 ? ? ?) はすごし候はじと

↑アホですか? 知恵オクレの世間話レベルとしか・・、

しかも「今年」と「今生」と、字を書き間違えてるし、、

結果わかってから翌年に書いてる、完全あと出しなのに・・。

こんな幼稚園児レベルのタワゴトを、
大聖人さまの予言が当たりました〜♪ と大騒ぎしてる
日蓮教の、高僧さま、坊さん、「学術的な」学者せんせーたち、

なんか熱中症のせいか、あたまクラクラしてきたわ・・。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/01(土) 09:00:32.58 ID:BU37UeJW
覚醒の為の助縁たりえるか?
宗教に存在する理由がもしあるのなら、それだけだね。
そーでなければただの伝統芸能。
優劣浅深なんてAKBどの子が一番?程度の仏教オタクの内輪話。ドーデモイイ。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/01(土) 09:44:20.07 ID:dpJo2R3t
設ひ飢へ死に寒へ死すとも、一日一時たりとも仏教に隋ふべし。(中略)
末法なりと謂ふて今生に道心発さずば、何れの生にか得道せん。

道元

478 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/01(土) 09:48:05.67 ID:dGj52CEl
>>471
餅の絵も描けないのが日蓮教。

内外相対で落第なのも日蓮教。

479 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/01(土) 09:59:23.27 ID:dGj52CEl
>>472
「諸法実相」は完全な誤訳とまではいわないまでも、誤解を招きやすい修辞的な訳
語だ。そこいら辺を針小棒大にとらえて過大評価したのが天台系で、贔屓の引き倒
しで只のトンデモにまで貶めたのが日蓮教。

480 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/01(土) 11:37:04.05 ID:VdHcUtwK
>>479
>「諸法実相」は完全な誤訳とまではいわないまでも、誤解を招きやすい修辞的な訳語

同じ四字熟語ですが、意味は異なり実相に固執すると学ぶ目的や到達点が違いますよね。
諸法実相だと諸法をありのままにみて、どうしても存在を確認しがちです。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/01(土) 11:43:11.74 ID:DA49Gnmr
>>479
>諸法実相

基本的にはダルマ・スヴァバーヴァのことだから
現象をありのままにすなわち無我と見る、という意味しか本来はないのだが

482 : ◆dseqgwAlCk :2015/08/01(土) 11:50:07.65 ID:dGj52CEl
>>480
諸法実相の原語を文脈に沿って訳すと「教法の本性」になる。
つまりは「一仏乗」という意味。

483 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/01(土) 11:59:59.40 ID:dGj52CEl
方便品が説かんとするダルマ(教法)とは、要するに一仏乗のことなのだから。

484 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/01(土) 12:23:41.21 ID:VdHcUtwK
ちょっと説明が足りなかったかもしれません。
「諸法実相だと諸法をありのままにみる」くらいなら学会でも教わりました。
でも諸法無我などの三法印を大事だとかは学会として当然ですが、全く教わりません。
学会版、日蓮遺文では次の通り。

釈迦一代五時継図
涅槃経の六に「法に依て人に依らざれ義に依つて語に依らざれ智に依つて識に依らざれ了義経に依つて不了義経に依らざれ」と云云、
又「亦如来随宜の方便所説の法の中に執着を生ぜざる是を了義と名く不了義とは経の中に一切焼然なり一切無常なり一切皆苦なり一切皆空なり一切無我なりと説くが如し
是を不了義と名く何を以ての故に是くの如きの義を了すること能わざるを以ての故に諸の衆生をして阿鼻獄に堕せしむ」

一代聖教大意
別想念処
一に身  外道は身を浄と言い仏は不浄と説き給う
二に受  外道は三界を楽と言い仏は苦と説き給う
三に心  外道は心を常と言い仏は無常と説き給う
四に法  外道は一切衆生に我有りと云い仏は無我と説き給う

485 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/01(土) 12:35:46.24 ID:VdHcUtwK
>>481

>現象をありのままにすなわち無我と見る、という意味しか本来はない

私が若かった頃は、「現象をありのままに見る」としか教わりません。
教学力のない婦人部壮年部だったからかもしれません。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/01(土) 12:48:03.73 ID:DA49Gnmr
諸法実相の「ダルマ」を教法の意味で捉えるのはまさに意味不明

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/01(土) 16:57:34.47 ID:V7Y1BzUX
>亦如来随宜の方便所説の法の中に執着を生ぜざる是を了義と名く

これは馬鹿馬鹿しい(笑)
日蓮さんは了義をありのままに読めなかったようで。
経典に根拠を求めず好き勝手なことを言うのが了義だとでも考えたのでしょう。

488 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/01(土) 23:08:00.50 ID:dGj52CEl
>>484
反仏教の異教である創価が三法印を教えないのは当たり前だろう。

諸法実相←教法の本性=一仏乗
にしても、不了義どころか根本義である三法印の枠内での説法なのだが。

489 :スチールカン:2015/08/01(土) 23:55:24.85 ID:/5H847le
もう、諸法実相とやらは哲学ではなくなっていますもの。
解明されれてないものを教義に、なんとか作りだすのも大変でしょうか?

490 :スチールカン:2015/08/02(日) 00:17:35.01 ID:3YJ1TvzG
諸法実相とやらの巷の解釈どおりであるならば、
方便説法など実相とはいわないと思うのですが。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 08:32:30.76 ID:UTZ4eUhg
>>484
別想念処の一と二はイミフ過ぎるけど、
三と四は完全に逆だろ。

三、 ○仏は無常、●外道 (ブタ坊主のこと) は常住。

四、 ○仏は無我、●自分が自分があ〜♪ と連呼する外道な坊さん。

言葉を並べて書き写しただけで、意味はわからない以前に
まったく考えたこともないんだろうね・・。

了義経って、たぶん法華経のことなんだ、

天台大師は、法華経には仏性の記述がなくて、
シロート向けの入門経典って書いてるけど、、。

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 08:47:45.06 ID:UTZ4eUhg
諸法実相は、この世のすべてのものが
仏の内側にいると、気がつくこと。

だから日蓮まんだらだけが、仏と独占代理店契約を結んでいるとか、
典型的なサギ商法でしかないわ。。

>>488
一仏乗は、仏の世界ではすべてが平等一様である、
という意味と思うけど、これを少し書き換えて、

法華一乗

としても、意味はあまり変わらなくて、今度は法華の意味を

(法華) ほとけ → 法華経

とさりげなくすり替えると、法華経が世界を支配する最強経典、
とストーリー変更できて、逆らうと地獄に堕ちるぞ ! っと、、。

えーっと、日本で一番の法華経行者って、ダレだったっけ ? ? ?

493 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/02(日) 09:27:53.10 ID:zduB23Zz
>>491-492
法華の随所で作仏の授記は説かれるが、仏性は説かれない。
それを仏性思想と解釈したのが世親の法華論だろう。

原始経典には二乗も三乗も説かれていない。
法華方便品の一仏乗は仕切り直しというか原点回帰だ。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 15:39:10.51 ID:V7o9qEgZ
>>472
> "絵に描いた餅は食えない"とは。(笑)そのたとえでは全く意味不明です。
ここまで癡とは。
餅は、食ってこそその価値が発揮される。
乞食行他という修行法が存在するが、その修行は現在日本では実現不可能で当然実証もないから「絵に描いた餅」なのだ。
そのできない修行法をありがたがってこだわり続けても、それを使って成仏することができないから「餓死する」と例えたのだ。
(大聖人を信じない者には理解できないだろうが、大聖人は漫荼羅を根本に修行すれば成仏できると宣言している。
そして、多くの学会員がそれを実証している。
つまり、修行法があって、なおかつ多くの人間がそれを実行して成果を出している。
少なくとも、現在ほぼ修行不可能で無理に実現したら成仏どころかたくさんの死者が出る乞食行とは、雲泥の差だ。)

仏の出現理由は、人々に仏道修行をさせて成仏させること。
これに合致しない、これを邪魔するものは、毒にしかならん。
仮に、釈尊が現代日本に登場したとしても、乞食行を実行せよとは言わないだろう。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 15:55:24.10 ID:Y1rjKSc5
>>493
そいつは誤りを指摘されまくっても御構い無しに
頭の悪い思い込みを連呼し続ける基地害だぞ。

>>494
絵に描いた餅=曼荼羅に描いた題目だろ。
学会員も正宗信者も功徳乞食ばっかだしな。

あんたらは食法餓鬼とも言うよな。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 16:48:39.60 ID:WvUY+vm2
>>494
>(大聖人を信じない者には理解できないだろうが、大聖人は漫荼羅を根本に修行すれば成仏できると宣言している。
>そして、多くの学会員がそれを実証している。
>つまり、修行法があって、なおかつ多くの人間がそれを実行して成果を出している。
>少なくとも、現在ほぼ修行不可能で無理に実現したら成仏どころかたくさんの死者が出る乞食行とは、雲泥の差だ。)

成佛している学会員など見たこともないが。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 18:22:41.12 ID:ijgjA6EQ
他スレからの引用だが

>工作員ねえ...
>世間一般から見たら2chなんて便所の落書き以下だよ。こんなの気にする業界人なんか居るかよ?

>匿名掲示板ごときが世論を動かすと思ってんならもう治療不可だな。

おまえまえらはその1%の望みを抱いてネガキャンしてるんだろうが、
そんなことに消費する1時間があるなら、昼寝でもした方がよほど有意義だと思うんだが。
同じお勉強するなら、英語とか資格の勉強すりゃいいだろうに。
仏教教学なんて永遠に答えのないものだからな。
答えがないからこそ素人が妄想する余地があって楽しいってか?

遊んでばかりいないで、仕事しろやおまえら。

498 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/02(日) 19:14:42.45 ID:zduB23Zz
>>497
>仏教教学なんて永遠に答えのないものだからな。
日蓮本仏教が反仏教の異教であることはハッキリしたがね。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 21:08:44.69 ID:ijgjA6EQ
>>498
ハッキリしてねーだろw

だからおまえらは、世間から「2ちゃんねらー」って馬鹿にされるんだよ。

いい加減に認めろやアホがw

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 21:21:11.06 ID:Ycp3bRPh
>>498
うん。ハッキリしてるのは

身延や池上あたりの邪教は話題にもならんということ。

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 21:34:33.41 ID:V1CnQqb6
質問させて下さい。

創価学会の教義について未だ釈然としない現状なのですが
土手っ腹に響き渡る様な、創価学会の教義はどこで得られるでしょう?

信濃町の本部に問い合わせた所、これは私の完全な主観ですが一抉が得られないという感じでした。

創価学会以外からの(原理主義から生じる確証バイアスを除去する為に)言質文言で
このモヤモヤする迷いの心をスッキリさせる方法はあるでしょうか?
文化会館に行っても、座談会に行っても、教学試験においても、何か一番中心的な物に近づけない
アンビバレンツな感覚が常に存在しています。

中村元教授や松原泰道禅師の書籍の方が、認知のバイアス、原理主義のアンカリングが少ない為
逆に創価学会の教義に近いのでは無いのか?
と最近感じています。

一体どこで、何に出会えば、私の疑団は氷塊するでしょうか?

502 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/02(日) 23:05:28.79 ID:fldNi+tl
>>497など他

2chは「うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい」でしたっけ?
世間一般の人は仏教をバカにしていますが、その原因となった大きくて、悪い力の2つ団体が
創価公明と日蓮正宗系教団だとおもいます。特に、日顕と池田。

正宗系の信徒会員の誹謗中傷や悪口は聞き飽きました。

この10年近く2chを見てきましたが、学会シンパの誰もコテハンにしないし証拠をあげて説明もしてくれません。
慈悲深くしてくれとはいいませんが、日蓮宗や他宗の皆さんのように親切にはしていただきたいものです。仏教徒ならば。
あなた方が日蓮や池田大作の代わりに懇切丁寧に説明すればいいのではないでしょうか?
単なる日蓮遺文や学会指導のコピペではなく、、、です。

私のブログだけでも色々なリンクが有ります。
「創価学会を皆で考えようBBS」チョンガーさん達、Libraさん、はったり特急BBS(過去ログなし)のみなさんや
「富士門流信徒BBS」、他アンチの皆さん、私(そううそ)がこれらの皆さんに説得されて、
私が学んだ学会・正宗の仏教学が 「負けている時」 に
「お前(そううそ)の学んだ教学は間違ってないぞ?俺が今からアンチを折伏してやるからな」
とは誰も言ってくれませんでした。
私のブログ立ち上げ当初、 「おもいやり、努力、説得」 ではなく逆に誹謗中傷される始末です。

アンチ系サイトでは学会の歴史について、調べのつかないこともありますが、誰でも調べのつくこともあります。
日蓮遺文、原始経典など仏教学で不明なところも確かに数多くあります。
しかし、明らかな批判内容もあります。
アンチ側の批判内容で特に 「原点を辿れる仏教学」 等々は大御本尊を含め100%ひっくり返して欲しいです。
それもせず、誹謗中傷ばかりでは世間一般から今まで以上にキチガイ扱いされると思います。

なお私は学会本部、謀略部隊や大石寺、シンパで引きこもって出てこない人たち、コレらの人に比べたら2chの人は
日蓮遺文に愚痴があるように、愚痴が言えるだけマシだと思っています。
学会の「愚痴を言ってはいけない、福運を消す」のMCから少し離れているからです。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 23:32:55.79 ID:S/DEicMN
思考停止が求められるんだよね(笑)
創価の忠実なロボットになりなさいと。

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/02(日) 23:52:05.08 ID:zduB23Zz
>>499
カスに生えたカビ。
それが日蓮本仏カルトだ。

>>500
所詮は日蓮教。

>>501
エセ原理主義者の日蓮ごと廃棄処分してしまえばスッキリするだろう。

505 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/03(月) 08:24:32.91 ID:3nFOxQbb
>>502
>創価公明と日蓮正宗系教団だとおもいます
「あんなもの仏教じゃない」と明快に判断できるリテラシーが世人に欠けていたし、
仏教界にも放置していた責任があるな。

>正宗系の信徒会員の誹謗中傷や悪口は聞き飽きました
他に何もできないのだから仕方がない。

>俺が今からアンチを折伏してやるからな
内外相対で落第するような連中にできることは何もない。

>仏教学で不明なところも確かに数多くあります
少なくとも絶対的に確実なのは、日蓮の思い込みの前提が悉く潰滅している現実。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/03(月) 11:38:36.88 ID:9+g9uMm7
      ☆ チン     マチクタビレタ〜
                        マチクタビレタ〜
       ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ヽ ___\(\・∀・) < 成佛した学会員まだ〜?
            \_/⊂ ⊂_ )   \_____________
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
       |  愛媛みかん |/

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/03(月) 17:02:31.60 ID:suJ/UM9g
心優しい日蓮おじさん

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/03(月) 17:03:33.57 ID:BoyNB+uM
ポルノビデオ監督、男優などが偉くない証明。逮捕〜報道済。
腕や足に、イナズマの刺青を付けているAV男優も天罰対象。
記録を付け足すのが手間だが、更に多数、逮捕されている。(2014.6.4 - 2013.5 分から抜粋)
2014.06.04 わいせつ行為、ネットで生中継 初の現行犯逮捕 公然わいせつ容疑で 無職 松本隆志 (30)大阪市北区(個人AV撮影者)
2014.04.30 「10人以上とした…」女子中生とわいせつ行為の無職男を逮捕 コスプレ撮影も 東京都世田谷区代沢、無職、池田瞬(24)を逮捕(個人AV撮影者)
2014.04.07 埼玉県青少年健全育成条例違反の疑いで、東京都新宿区河田町、ポルノ俳優 沢井亮(34)逮捕(偽・種馬。偽・偉い人の子。ベトナム人。)

2013.11.30 無修正アダルトビデオを撮影させたとして、横浜市港北区新吉田東7 非常勤講師、菅原瞳(27)をわいせつ電磁的記録記録媒体頒布幇助容疑で逮捕
2013.11.08 AV女優 無修整撮影ほう助容疑=静岡|読売新聞
千葉県佐倉市吉見、映像制作業 上滝浩一(45)を わいせつ電磁的記録記録媒体有償頒布目的所持の疑いで現行犯逮捕
画像を撮影させたとして、「埼玉県三郷市谷中、AV女優 飯田佳那(26)、千葉県船橋市西船、AV男優 橋本和明(30)、
東京都豊島区池袋、田中潤一(38)、東京都目黒区青葉台、芸能プロダクション経営 安藤拓生(47)」を ほう助容疑で逮捕。
2013.10.31 公園でAV撮影容疑、女子大生ら男女3人を逮捕
名古屋市中村区の公園内でアダルトビデオの撮影をしたとして、愛知県警中村署は30日、愛知県稲沢市駅前 アダルトビデオ監督 高月勉(39)、
愛知県清須市桃栄、病院職員、佐合政彦(56)、神戸市北区、大学生 志賀美咲(20)の3容疑者を公然わいせつ容疑で逮捕。
http://news.yahoo.co.jp/related_newslist/sex_offense/
2013.6.9 レンタルビデオ店で下半身を露出、埼玉県警東入間署は9日、公然わいせつの現行犯で、
真言宗・東福寺=埼玉県所沢市本郷=の副住職、荒泉崇弘(しゅうこう)(39)=同市東所沢=を逮捕
2013.05 ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で、東京都品川区南品川、会社員、大橋直昭(42)を再逮捕
「100人近くと買春した」と供述。自宅から14〜17歳の22人を含む60人以上との性行為を撮影しビデオテープ62本。

509 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/03(月) 18:35:03.19 ID:e8BxsITY
『妙法華』における「小乗」の語について羅什の法華経改竄
ttps://www.jstage.jst.go.jp/article/ibk1952/39/2/39_2_517/_article/-char/ja/

>(サンスクリットの)法華経にはないところの 「大乗」 の語を附加挿入して、
『妙法華』(←鳩摩羅什訳の妙法華)を読むものをして、小乗対大乗という対立意識をかき立て、
法華経の立場はあたかも二乗方便の一乗説、三車家であるかのように見せかけている。これらは全て、
二乗方便の一乗説たる般若経思想に立脚する羅什の改鼠に他ならない、と言っても過言ではないであろう。


●『「法華経」における「諸法実相」』 矢島忠夫著

Hirosaki University Repository for Academic Resources: 『法華経』における「諸法実相」
ttp://repository.ul.hirosaki-u.ac.jp/dspace/handle/10129/333

犀の角のように独り歩め:矢島忠夫著『「法華経」における「諸法実相」』を読む
ttp://blog.livedoor.jp/saikakudoppo/archives/52008351.html

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/03(月) 23:00:40.95 ID:9+g9uMm7
この矢島論文はダメだろう。
佛の悟りの内容が諸法の本質すなわち無自性だという
点を踏まえるなら、dharmasvabhavaのdharmaを
「教法」と取る理由はない。

とはいえ、現象と教法をともに「諸法(実相)」と訳してしまった
鳩摩羅什の過誤について異論はない。

511 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/04(火) 07:07:01.04 ID:s78J6ibg
法華方便品の主張はもっぱら一仏乗という教法(dharma)の本性(svabhAva)。
敢えて諸法という複数形に訳した羅什の念頭には二乗や三乗という複数の
教法があり、それらの本性として実相という訳語を使用したのだろう。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/04(火) 07:41:55.34 ID:l7yriiYx
ダルマすなわち法を、「教法」とだけ解釈する理由はないが、それも含みうる諸法、一切の法としても問題はないだろう。
また法は本来一つであるが、無数の相貌をもち、衆生はそれらの一部を通して認識するものと考えられる。
こうしてみると羅什の訳には何の違和感もないのだが、それを天台的ドグマに引きずられると、議論がそれこそ「戯論」になる。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/04(火) 08:04:18.93 ID:l7yriiYx
要は羅什はおかしくないので、おかしいのは天台、さらにもっとおかしいのは日蓮。

514 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/04(火) 12:43:17.99 ID:s78J6ibg
>>512
諸法(sarva-dharmA)無我(anAtman)の場合は複数形からの訳だからノープロブレムなのだが、
法華方便品のケースでは単数形の法(dharma)でもあり、文脈からも教法と理解されるべき。

>また法は本来一つであるが、無数の相貌をもち
と来ると例の無量義経や、昔の玉城康四郎説を思い出して何だかなあ。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/04(火) 14:29:57.12 ID:jBSYEoky
法華経にあまり論理的整合性を求めるのはどうかと。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/04(火) 17:19:20.45 ID:c+0c2E07
>>515

確かにそうだけど、例えば臨済宗の「碧巌録」を読むと
言語論理は破綻してるけど、心の中に鋭く突き刺さる物があるじゃない?

そういう物が私は欲しいのです。法華経において。

やはり私は日蓮宗では無く、生まれたときから臨済宗に行く仏縁があったのだろうか?

517 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/04(火) 17:35:41.38 ID:s78J6ibg
>>516
無いものものねだりはよしなさい。

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/04(火) 19:20:38.41 ID:l7yriiYx
>>516
いや、あれは言語論理の破綻というのとは違うと思う。あれはあれで理外の理というべきものだろう。
いわば仏教のシュールレアリスムとでもいうべきものではないかな。理屈で解説すると薄っぺらになってしまう。
詩文にはよくあることだ。

519 :スチールカン:2015/08/04(火) 20:30:44.47 ID:NcEoN3An
>>513さん

『諸法を戯論して諍競する所あるべからず』  安楽行品

と、しっかり羅什法華経に書かれているのですよね。

520 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/04(火) 20:40:24.35 ID:qeZ5q5WZ
>>516

>やはり私は日蓮宗では無く、生まれたときから臨済宗に行く仏縁があったのだろうか?

創価などの大石寺系の大御本尊や板曼荼羅系統、日蓮本仏論の宗派には関わらないほうがいいと思います。

どうしても日蓮系に関わりたいのであれば、よく調べた上で少しでも問題の少ないと思われる日蓮宗に
関わったほうがいいと思います。2chなら「心と宗教」板がいいんじゃないですか?

臨済宗をよく知っているのであれば、それでいいのでは?
日蓮遺文からは法華思想、密教思想、日蓮独自曼荼羅思想しか学べないと思います。
日蓮遺文の法華思想や鎌倉時代の文化はともかく、そんなに魅力的ですか?

創価公明板で語られる日蓮思想は、日蓮正宗教学をベースにしたもので、なおかつ創価学会の精神や歴史に
大きく影響を受けています。
日蓮本仏論、師弟不二、戸田城聖マンセー、池田絶対、正宗の法主絶対。功徳ではなくご利益。罰論功徳論。地獄論。
言ってることとやっていることが違う人達の罵詈雑言、、等々です。

創価などの大石寺系の意見でまともな意見、この10年近く一度もありませんよ。

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/04(火) 21:26:49.80 ID:VD6/BNwj
勤行唱題することです。30分。1時間2時間。

チンチーン
なんみょーうほうれんげきょー
なんみょーうほうれんげきょー
なんみょーうほーーれんげきょーー。

そして終わった直後の頭に何も浮かばない静けさをじっくりと味わう。
日々繰り返す。
・・・すると創価のおかしなところや他宗の真っ当なところが
何故だか知らないが次第次第に理解できてくるのですw

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/04(火) 21:29:20.62 ID:VD6/BNwj
瞋毒という言葉を知ってはいても生涯理解できなかった日蓮さん。

みなさん勤行終了後の静けさをしっかりと味わい
瞋毒と日蓮さんから離れましょう

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/05(水) 07:18:34.67 ID:U+Oqx4QH
>>519
513ですが、レスが短すぎてどういうご主旨かよくわかりませんが、
引用された文脈では、他の教えの悪口をいわない、争わないということですから、
ここでいう諸法は、さまざまな経典や教説という意味以外ではありえませんね。
ここでも羅什訳には何の問題もないと思います。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/05(水) 07:40:39.67 ID:U+Oqx4QH
>>514
512ですが、法華経の教説は私にはよくわかりませんからこだわるつもりはありませんが、
しかし、法というのはまさに普遍的、全体的なものとして意識されますから、それ自体を考えるときは、複数という観念を排除します。
この点、一神教における神の観念と相似形です。それの具体的な顕現という意味で諸法があると思われます。
星雲と、それを構成する無数の天体のようなものではないでしょうか。

525 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/05(水) 09:34:48.13 ID:c4YWE0jM
>>523-524
法華の一仏乗にしても原始経典の立場からみれば「何を今さら」というくらいの主張で、
独創性は特にない。
>法というのはまさに普遍的、全体的なものとして意識され・・・
それはアドヴァイタとかのバラモン哲学の発想だろう。仏教では一貫して普遍や全体
や実体などの観念の実在も否定されている。中観派の離一多論証などがその典型。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/05(水) 12:46:42.17 ID:mJgY47xm
>>523
「諸法を戯論して」の「諸法」は「現象」を指します。
「戯論」は「無自性である諸法・空について言語的に語ること」を指すのが基本です。

『大智度論』

「復次邪見人言諸法皆空無所有。取諸法空相戲論。觀空人知諸法空不取相不戲論」

復た次に邪見の人は諸法は皆空にして所有無しと言う。諸法の空相を取りて戲論す。
觀空の人は諸法の空なるを知りて相を取らず戲論せず。

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/05(水) 13:03:12.67 ID:R/WQVIQ+
【覚醒せよ!!】
https://signifie.wordpress.com/

528 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/05(水) 13:53:38.42 ID:c4YWE0jM
仏陀は無戯論の故に牟尼(寂黙)とも呼ばれる。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/05(水) 20:38:48.20 ID:ZAv5sMcw
2015年2月11日 http://pbs.twimg.com/media/B7BQlquCcAAdZHS.jpg https://twitter.com/4YoGun/ status/565446691403595776
→ 2015年7月26日 調布で飛行機墜落 絶命
http://www.news24.jp/feature/108/images/photo/108_305728.jpg
ANAのイベントで、俺好みのCAと仲が良さそうな怪しい男(日本に居る美女を金持ちに裏金で転売している人に似ていた)が居たので調査依頼を外国の軍部に出した。
ANA社員でソックリな男が絶命した。

まとめ (2chにあった、まとめ の コピペ)
川村泰史機長の華麗な人生
イケメン
http://i.imgur.com/MFwMsUH.jpg
モテモテ
http://i.imgur.com/4f7giBk.jpg
まとめ
川村泰史機長の華麗な人生
略歴:
駒澤大学経営学部経営学科卒業
渡米
機長になる
会社設立(社長になる)
この頃「オレは宇宙に行くからなっ!」という歴史に残る名言を残している。

2014年ごろ
AKB48 恋するフォーチュンクッキー東京都調布市 Ver. PVに出演。華麗に踊っています。
http://i.imgur.com/2sfymRr.gif

そして運命のフライト 2015年7月26日
http://i.imgur.com/eZSKtYm.png

突然焼死体デビューを飾る(享年36歳)
http://upup.bz/j/my37559VqhYtcI1S-0QcN_s.jpg
http://i.imgur.com/ocnKin8.jpg

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/06(木) 07:02:55.28 ID:5X8rxvKY
>>525
>法華の一仏乗にしても原始経典の立場からみれば「何を今さら」というくらいの主張で、独創性は特にない。

これは同意。

>仏教では一貫して普遍や全体や実体などの観念の実在も否定されている。

いや、個々の観念ではなく、「法」というべきものは普遍的であるものと考えられる。これは仏教でも同じだ。
ブッダ以前からブッダの観念はあったし、それはとりもなおさず、普遍的な法を覚知した者とされるはずである。
しかしその覚者すなわちブッダがそれを説こうとするときに、無数の説法という具体的な形をとると考えられる。
個々の観念や事物の実体性・実在性については終始一貫して否定されているのは確かだろう。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/06(木) 07:18:10.32 ID:5X8rxvKY
>>526
>「諸法を戯論して」の「諸法」は「現象」を指します。
なんというか、その文では「諸法」が「現象」を意味しているのは確かだが、諸法=現象ではないよ。
現象としての諸法、すなわち普遍的な法の具体的部分的顕現としての諸法だと自分は解釈する。

>「戯論」は「無自性である諸法・空について言語的に語ること」を指すのが基本です。
これもわかるのだが、あなたの受け取り方と同じかどうかよくわからない。
事物の空性について言語的に語るというのは、いわゆるサルヴァスティヴァ-ディン(説一切有部)のことではないか。
これは文字通り、すべては存在するという立場で、無も存在し、空も存在すると説く。
無も空も存在するというのだから、これは印欧語の特徴に由来する、一種の言語哲学と解釈される。
なにもない状態を、英語のThere is none.のように、印欧語では「(そこに)無が有る」と表現するから。

532 :スチールカン:2015/08/06(木) 08:00:54.91 ID:CUHWSxhi
現象を教える説法者がいたとすれば、その教えが諸法になってゆくのではないでしょうか?
覚りを得たとされる釈迦が、例えば「天動説」を説いたとしても、その教えが諸法の一環であって、
現象という中から諸法(釈迦言語)が作られると思うのですが。
法華経安楽品で語られる 『諸法を戯論して諍競する所あるべからず』 は、
「論法は争いの元」と受け止められるのかとも思います。

【諸】が言偏として部首されているとこからしても、何かしらのニュアンスがつかめるような気もするのです。

533 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/06(木) 10:31:36.69 ID:ZJ4tlIRY
>>530
>「法」というべきものは普遍的であるものと考えられる
それが三法印や四諦、縁起説を意味するのなら同意。

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/06(木) 14:16:01.66 ID:N4R3SKut
>>531
>事物の空性について言語的に語るというのは、いわゆるサルヴァスティヴァ-ディン(説一切有部)のことではないか。

違う。たとえば『中論』もまさに言語化されていることによって戯論だ。

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/06(木) 14:21:46.75 ID:N4R3SKut
>>533
>それが三法印や四諦、縁起説を意味するのなら同意。

「諸法は無我なり」と言語的に説いた瞬間に
「諸法」という語・概念によって差別が行われている、
というのが中観派なのでなあ。真理は決して言語化されない。

もちろん中観派が行き過ぎているという立場もありうるし、
後期唯識の方がまっとうだと個人的には思うな。

536 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/06(木) 15:18:09.06 ID:ZJ4tlIRY
>>535
言語協約(世俗)は必然的に戯論に陥るが、これに依らなければ勝義も説けない。
中観派は説一切有部などの概念実在論を批判するのが主眼だが、勢い余って脱
線するのが欠点。それを軌道修正しようとする唯識派も、「真空妙有」みたい
な戯論に安住しようとする傾向もあり、やはりダルマキールティやプラジュニ
ャーカラグプタの登場が待たれるわけ。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/06(木) 20:02:49.40 ID:N4R3SKut
>>536
>これに依らなければ勝義も説けない。

まあだからこその「有相」唯識なんだけどね。
南都六宗が天台とその派生宗派に駆逐されたのが
日本の正統佛教にとっては致命的だったのだというしかない。

西蔵佛教は中観帰謬論証派の欠陥を拡大してしまったし、
ダルマキールティに至る最後期の唯識が東アジアには伝播しなかったのも…

538 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/06(木) 20:38:05.80 ID:ZJ4tlIRY
>>537
ツォンカパの「断辺中観」ってのはいかが?

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/06(木) 20:50:02.45 ID:N4R3SKut
>>538
「中観」の論理的帰結に危機を感じたところは評価するが、アド・ホックな修正でしかない。
龍樹『中論』の論証構造に既に破綻の種があるのだから。

540 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/06(木) 21:27:15.73 ID:ZJ4tlIRY
>>539
「戯論とともに去りぬ」じゃ、そこで試合終了で化他のしようもなくなる。
龍樹提婆師弟の後のブランクが長くなったのも仕方がなかったのかもしれない。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/06(木) 21:50:04.79 ID:N4R3SKut
>>539
中観の、帰謬論証が(否定的に)真理を導く、という前提が誤っていたのだといまの私は考えている。

「生ぜずまた滅せず」ではなく「生じるとともに滅する」でなければならなかった。
後者から更に帰謬法によって、「生じかつ滅することは矛盾であるから、
生ずるものも滅するものもない」と進んだところで中観は否定神学の罠に嵌ったのだと。
そして『中論』をこの罠から救い出すことは不可能だ。

542 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/06(木) 22:04:27.67 ID:ZJ4tlIRY
>>541
>「生じるとともに滅する」でなければならなかった。
阿含でも読んだようなフレーズ。

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/07(金) 07:09:57.82 ID:mWRo5EqX
>>534-535
あなたは戯論という語を否定的にとらえ過ぎているのではないか。それが言語への不信と中観について誤解を招いている。
戯論という言葉は、往々一般に訳されるように「無益な議論」「役に立たない議論」という意味ではない。
それは「(誤解を招きかねない)隙のある議論」という意味だ。この語釈は一般的ではないが、いささか自信がある。
つまり、「間違いではないが、誤解や誤りを招きかねない隙間がある議論」ということであって、全否定ということではない。
法は普遍的で完全なのものだが、説法されるときに言語化され、法の部分的で具体的な顕現となる。それはもはや普遍的ではない。
光が個々の物体に反射して視覚的に認識されるようなものだ。具体的な説法は、すべて現象であり、不完全なものとなる。しかし無益なわけではない。
それは言語化されるため限定的で、万能ではないというだけで、きわめて有益なものである。なぜならそれこそが仏教との機縁になるからである。

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/07(金) 07:24:29.46 ID:mWRo5EqX
>>532
戯論についての私の語釈は543の通りです。これを基にするなら、その安楽行品の「諸法を戯論して云々」の記述は、
色々な教説を中途半端な理解で論じ争うようなことをしてはならない、くらいの意味になろうかと思います。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/07(金) 08:25:51.83 ID:Te7BHnjH
基本もわきまえん寝言

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/07(金) 13:24:34.21 ID:AGhGkpzx
>>545
この場合、基本って何?

547 :スチールカン:2015/08/07(金) 20:26:06.85 ID:rjihJtA2
>>544さん
>論じ争う

戈を武器として意味を伝える“戯”とはそのような意味があったと思います。
「虚言の論においての争い所あるべからず」とでも訳すると、この安楽品がすんなりと読めてきますね。

なんか、“戯論”という字を今の感覚読みでは、お遊びのようなケンカ・・・夫婦喧嘩ですかw・・・のようにも解釈してしまいそうですね。
「創価と正宗の喧嘩は犬も食わぬ!」
と、こんな解釈もあり、、、かもねw

548 :スチールカン:2015/08/07(金) 20:33:01.12 ID:rjihJtA2
>>545さん
その基本が難しいのですよね。
そんなところから思考力が無の信者さんは結構楽だと思いますよ。

549 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/08(土) 04:17:07.91 ID:ibB15mv+
>>546
本無今有あるいは刹那滅かもね。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/08(土) 08:39:57.71 ID:MoEmYkt3
>>474
これは、日蓮教の人たちは、なんか反論とかないのでしょうか?

元寇の文永、弘安の役ともに、真言は全国でものスゴイ数の
加持祈祷をやってて、でも御書にある、真言のせいで日本国が滅びる
という予言は、思いっ切り、ハズレまくってますよね ? ? ?

しかも日蓮さんとその教団は、実際はなにも加持祈祷やってなくて、
でも長谷川一夫の白黒映画では、日蓮さんが嵐の中なんみょーほーれん♪
と暴風の中で弟子が背中でつっかえ棒しながら題目となえると
博多湾の蒙古船団がバリバリと沈んでゆく、うそ八百なシーンが・・、

元寇の時期を予言して当てた、とか、、

結果わかった後で、予言が当たりました〜♪ とか言われてもな、、

日本国が蒙古に負けるという予言は、御書には何か所も
書かれてて、すべて大はずれで、でもスルーされてなかったことに、、、

その一方、後出しの予言もどきの方は
当たった、当たった〜♪ と全員で大騒ぎする。

高僧さま? 学術的な学者せんせー ?

国宝指定の法華経寺にある立正安国論は、文応元年から九年後の
完全後出しな日付けになってて、これも、

安国論の「後出し」予言、とでも呼んだほーが・・。

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/08(土) 09:02:11.15 ID:MoEmYkt3
>>550
で、夏休みだから、立正安国論の後出し予言について
いちおう書いときますが、、、

1. 現存する最古の安国論は、提出したという話から
九年後、蒙古から属国要求の国書がとどいた翌年にあたる
1269年の日付になってて、予言としては「完全後出し」版である。

2. 提出したという話そのものが、提出の日付から
八年間の沈黙があって、八年後に突然ドバーッ ! と
大量にあらわれて不自然だから、安国論の成立年は、
●1260文応元年、○1268文永五年、としか見えんわ・・。

安国論提出について書かれた記述を、御書から拾い出して
年表にすると、安国論本体を別にすれば、安国論の記述は
八年後からしか始まっていないことに気づく・・。

1260年7月 立正安国論を幕府に提出(という設定) 
1261・・・
62・・・
63・・・
64・・・八年間、安国論についての記述がない←ここ注目 !!!
65・・・
66・・・
67・・・
1268年1月18日 蒙古より国書届く。
・・・
同4月5日 「屋戸野」入道の御書。←これが安国論提出話の初出 !
・・・

※結局、心理的な錯覚を利用したトリックなわけで、
鎌倉時代にもうすでにこんなイカサマの技術があったんでしょうね。。

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/08(土) 09:14:16.21 ID:MoEmYkt3
>>493
仏性は、意識のベース部分に存在する「ある種の感覚」を
定義したものにすぎない。

仏性の言葉は一人歩きするけれど、それが何かを
ズバリ説明しようと試みたのが、九世紀後半の唐代禅思想。

感覚表現を利用して、感受性世界の方向から誘導するという
手法なんだけど、興味があれば、岩波文庫あたりに
訳本がいろいろ出てる・・。

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/08(土) 18:29:18.18 ID:BpbzFoiE
>>550
これのことかな?

『日蓮と蒙古大襲来』
“この映画は・・・歴史の事実から飛躍して自由に創作した物語である”(開始1分頃)

https://www.youtube.com/watch?v=9rUuMQ2ucSU

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/09(日) 08:36:21.12 ID:yRtEWKUL
>>551
この安国論の後出し予言も、技術解説しときますが、、、

セールスマン用語に言う、フットインザドアみたく、
一番最初に、相手の頭の中に、土足で一歩だけ踏み込んどくと、
良いみたいです。

要するに、八年前のできごとなんて、自分のことでも
よく覚えていないのに、他人のことなんて
知ったこっちゃないでしょ? そこでこう言います。

八年前に、蒙古襲来を予言した文書提出したんだけど、
今年になって、蒙古から国書来たろ・・?

ところが他人の八年前の出来事なんて調べようもなくて、
日蓮さんをよく知らない素直な人なら、

へー、そーなんだー、スゴいですねー・・。

と、やや尊敬の念とともに刷り込まれてしまい、
それ以降は、事実として通用してしまう。

だから、子供のときに入信させて、洗脳刷り込みするとか、
日本史教科書で、中高生全員に、日蓮さんが偉大な宗教家と
かん違いさせることが、この安国論の後出し予言を
正当化させるためのトリックとして必要なんでしょうね。

フットインザ・ブレーン(脳みそに土足の一歩)、とでも呼べば・・。

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/09(日) 08:54:58.79 ID:yRtEWKUL
>>554
それで結局は、日本史B教科書の出版社は、
安国論の提出について、明らかに嘘を書いますよ。
特定の宗教団体のために全国民を洗脳してんじゃない?

でね、季武せんせーですよ。

代表的な著作が、吉川弘文館と、山川出版社の二つしかなくて、
どちらも日本史教科書の代表的な二大出版社でズブズブじゃん、
押さえるとこはしっかりおさえてまんな・・。

創価大学出身のひとは、書籍買わされませんでしたか?

学生さんのおサイフの中身を使って、出版社に利益供与するという、
素晴らしいビジネスモデルに見えますが・・。

季武嘉也 (創価大学、文学部教授)
http://www.soka.ac.jp/sp/soka_days/faculty_members/2015/02/8835/

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/09(日) 09:02:00.77 ID:yRtEWKUL
>>553
そうそうw

白黒と思ってたけど、薄ーいカラーだったのねww

うちのおやじが時代劇ちゃんねるで見てたのを
チラ見しただけでほとんど最後の、蒙古船団が嵐の中、
なんみょー題目とともに、沈んでいくハリウッドSFばりの
シーンしか記憶にないけど、

あらためてチラ見したら、平左衛門が日蓮さんの庵を捜索するとことか、
八幡諫暁とか、とどめの龍の口(一時間34分ころ)だとか、
かなり忠実に再現されてて、楽しめますな・・。。。

557 :543-544:2015/08/10(月) 09:28:38.41 ID:OnvF4XMX
>>547
その戯論というのは、431さん、432さんが指摘するように、サンスクリット語のprapanca(=パーリ語のpapanca)の漢訳語です。
ではこれが何を意味する語かというと、日本で往々にして言われるように「無益な議論」「役に立たない議論」(例:430さん)ではありません。
これは欧米の仏教学会では“conceputual proliferation”(≒「概念上の拡散・拡大」)と定義されています。(例:Wikipedia、Oxford Referenceなど)
これは抽象的な定義です。つまり想念が言語化されることによって必然的に生じる概念上の拡散という意味で、価値中立的な概念です。
いわゆる「無益な」や「役に立たない」という意味なら“useless”という日常語で十分ですが、これとはまったく意味が違います。
これは表現が拙いとか不完全であるとかだけでなく、認知心理学的な意味で、読み手や聞き手としての認識者のほうの問題をも含む概念です。
なぜこれに戯論の戯という字があてられたかといえば、これはもともと「遊び」「戯れ」に通じる概念だからです。
ここでいう遊びは、遊戯という意味ではなく、俗にいう「ハンドルの遊び」という意味での「遊び」です。強制や命令によらない動作や所作です。
「戯れ」も「木漏れ日の戯れ」というような意味での「戯れ」のことで、遊戯としての「戯れ」のことではありません。否定的な価値判断を含まない概念です。
戯論の「戯」は英語の“play”に相当すると思いますが、興味深いことにこのplayも語源的には、このprapancaに通じるものがあります。

558 :543-544:2015/08/10(月) 09:29:47.15 ID:OnvF4XMX
557の続き

私が戯論を「隙間のある議論」と表現したのは、この漢字の「戯」から派生するネガティヴな語感を避けるためです。
そもそも言語化された時点ですべてが無益になるなら、いっさいは言語化する必要がないという自縄自縛に陥ります。
そうではなく、戯論というのは、言語化された時点で、必然的に意味上の揺らぎが生じるという意味以外ではありません。
日本では、でたらめな主張を「戯言」とか、馬鹿げた行為を「児戯に等しい」などと、戯の熟語は否定的なものが大半です。
そこで次第にその語感に引きずられ、「戯論」を無益な議論と誤解することが広まったと思われます。
元の議論に戻せば、空海が天台教義を戯論と表現したのは「無益」という意味ではなく、密教の立場からすればいまだに意の尽くされない議論、
つまり隙間のある議論という意味だったと解されます。空海は梵語にも漢語にも精通していたので、後代のような誤解はなかったと思います

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/10(月) 15:22:26.01 ID:j5pI6pQw
空海は龍樹の用法にしたがってるだけだっつうの

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/10(月) 15:55:13.58 ID:X+jETeW3
>>557-558
空海の文脈だと、
戯論=未了義
という意味か。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/10(月) 19:20:12.21 ID:q0RHYKcq
日蓮から学べる事は、大義の為なら人に嫌われる勇気を持て
って事だけだよね。

ソレ以外は嘘というかミラージュなんじゃ無いかな?
ゲッセマネのイエスも、六角堂の親鸞も、バルドトドルやパドマサンババも
全てはメタファーとして大きく捉えるべきでは?
釈尊(原始仏教)でさえバラモンの中で見逃されていたクシャトリアのゴータマ・シッダールタ
という社会学的考察が無ければ、スッタニパータなんか読めないよね。

ところで8月15日に聖イグナチオ教会にて、シスター渡辺和子さんの講演があります。
関東の方で少しでもカトリックに興味をお持ちの方のご参加を心よりお待ちしております。

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/10(月) 22:06:10.85 ID:0BMNiZO6
>>559
だね。
マンセー信者の鬱陶しさは日蓮教に限らんなー。

>>561
最後の二行で台無しだw

563 :スチールカン:2015/08/10(月) 22:45:01.02 ID:Ek7CRgAg
>>557-558さん
>戯論を「隙間のある議論」と表現

確かにその通りかもしれませんね。
法華経物語の内容にもいえることですが、法華経での釈迦が自ら説いた爾前の教えが方便であったという趣旨に、
“「隙間のある議論」をするべからず”とは実に妙な話でありまして、
そこで、その隙間は誰様が作ってきたのか?という疑問も私はもっています。
・・・信者が、釈迦の信者が未了義爾前教に戯れるも道理のようにも思いますね。(オウムやキュウカン鳥じゃないんだからw)
その戯れを否定している喩えが、あの譬喩品の三車火宅の譬えではありましょうけどね。

ところで、貴殿のいう“隙間”は「空」の概念からしてなのでしょうか?
ぶっちゃけいうならば、「無益ではない空論」とでも思っていられるのかと。

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/11(火) 08:37:23.33 ID:xb89bhFX
>>560
観点が違う概念なので、戯論を未了義と読み替えることに思い至りませんでしたが、言われてみればその通りですね。
空海の文脈ではそれで意味が通りますし、私見では他の古文献でも、それで意味は通るのではないかと思います。
少なくとも「無益な議論」「役に立たない議論」のように、文意が破綻することはないはずです。

>>562
私には、561は最後の2行だけが明確な意味を持っており、他は冗長で無内容な序詞に思えます。

>>563
法華経についてはあまりよくわかりません。「隙間のある議論」も「無益な議論」に対置して、どうにか意味が通るはずというだけです。
まさに「隙間だらけの意訳」ですから。むしろprapancaは脇に置いて、560さんが示唆するように未了義と読み替えるほうがしっくりするかもしれません。

565 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/11(火) 09:10:45.15 ID:5r9mn3N8
>>563
空海の教判を法華に適用するのは、智のそれを鵜呑みにするのと同じ。

法華の主張に別段新味はない。原始経典に二乗も三乗も説かれないように。

「仏陀は一仏乗しか説いていない」という原点回帰が法華の主張だ。

566 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/12(水) 07:51:40.37 ID:oWbphkVv
>空海の教判を法華に適用するのは、智のそれを鵜呑みにするのと同じ。
ですね。

一仏乗という思想は『法華経』の専売特許でしょうか?それとも他の大乗経典... - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1251960567

法華経は伝承に基づく創作された非仏説の經典ですが、一仏乗などを学ぶ上では良いかもしれません。
数少ない法華経の良い所かと。
なお現代人が法華信仰、日蓮信仰をする上で原始経典を法華経より重視して学ぶのは当然だと私は考えています。

正統派な修行ではないことを理解した上でなら、修行として題目を唱えてもいいのかもしれません。

567 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/12(水) 09:23:06.90 ID:YfW1zHjS
>>566
スッタニパータの最古層に法華の一仏乗や唯仏与仏の原型がみられる件。

三昧の行法と解釈すれば念仏や唱題も可だろう。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/13(木) 09:17:55.01 ID:RdAK9WPS
>>566
原始経典から入れば法華信仰や日蓮信仰には至らないと思われる。

569 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/13(木) 11:09:26.42 ID:EkIInTIX
>>568
天台とかの教判とも絶縁できる。

570 :スチールカン:2015/08/15(土) 00:18:35.87 ID:9fEhPBHl
謂わば、末法に入ったら一仏乗から下車したのが日蓮?

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/15(土) 06:02:54.17 ID:UBAPKprr
>>570
日蓮の場合、そもそも乗車した形跡がないのだが。

572 :スチールカン:2015/08/15(土) 07:01:11.54 ID:9fEhPBHl
「我れ、日本のタイタニックにならむ!」
でしたかなw

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/15(土) 08:30:37.92 ID:8SzOBNew
>>550>>551
この安国論の後出し予言と、真言亡国の大はずれ予言のまとめ、、、

1. 「文応元年に安国論を幕府に提出した」 という話は、
蒙古からの国書以前には、御書の記述が存在してなく、
外国からの侵略予言は、完全な後出しの日付のものしかない。

あとだし予言なら、ふつーは100パーセント的中するはずよ。

2. 逆に真言の加持祈祷がこの国を亡ぼす、という記述は
いっぱいあって、文永弘安の役よりも前に書いてるから、
こちらは前出しで、ちゃんと予言になっています。

真言の祈祷の記録は無数にあるけど、日本が滅んだかは・・。

・・・
・・・

まーそれで、予言でもなんでもない安国論の後出し予言を
当たりましたあ〜♪ と坊さん学者全員で大騒ぎして、、、

その逆に、真言の祈祷が日本を亡ぼすとは何度も御書に書いてるし、
もうこの国が外国に侵略されるのは仕方ない、とまで言ってるけど、
予言は大ハズレだし、負けを予言するとか「日蓮国賊」じゃん・・。

このハズれた方の予言は完全スルーされてて、坊主学者のみなさんは
全員で気がつかないフリされてるんでしょうか ? ? ?

終戦記念日で、太平洋戦争が陸軍の暴走から始まったこと思えば、
日蓮思想こそ国を亡ぼした実績のある、「日蓮亡国」じゃんね・・。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/15(土) 08:54:21.48 ID:8SzOBNew
>>554>>555
セールスマン用語のフットインザドアもさらにしつこく・・。

ドアのすきまに土足の靴をはさむと、ドアが閉められなくなって
話を聞いてくれる可能性が高くなるそーです・・。。

そこで、日本史教科書に載せて、無理やり歴史上の偉人と思わせる。

↑これがドアにはさんだ土足と同じ効果あって、、

脳みそ真っ白な中高生全員に、教科書使って日蓮さんは偉大な
宗教家である、と刷り込めば、日本人全員が洗脳できちゃう・・。

しかも受験勉強がらみで、自分たちで勝手に刷り込んでくれて、、
手間いらずで二度美味しい・・。

刷り込み完了したら、日蓮仏法がどんなにデタラメな嘘八百でも
「だって、日本史教科書に書いてある偉人でしょ? 」となって、
ダレも疑問をもちません・・。

最初に信頼感を刷り込むことが、重要なポイントなんでしょうね。

後はインチキ商品を売りつけホーダイの、オレオレ詐欺状態。

ところがさ、これ逆向きの土足の一歩も存在してて、
御書に一つだけ、明らかにおかしいとこ見つけると、
他のとこもすべて疑いの目を持って、気になりだすんだよな・・。

たとえば、真言亡国は大ハズレじゃね?
終戦記念日的には、むしろ日蓮亡国・・。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/15(土) 09:09:48.37 ID:8SzOBNew
そもそも、なんみょー題目で、気分が高揚すんのは
確かにそうだろうから、ハイな気分のまま戦争に突入しちゃえー♪
となりそうだよな、、

なんみょー題目が日本を滅ぼす。

70年前に一回日本を滅ぼした実績あるし、、、

なんみょー亡国・・。

日蓮さんは日本が蒙古に負けると、嬉しそうに
御書に何度も書いてるけど、これって国賊じゃ???

逆に律宗の名僧、叡尊(思円上人)は弘安の役のとき
京都の岩清水八幡を皮切りに、関西一円で二十数か所の
蒙古調伏の加持祈祷を成功させて大評判をとったとある。

どうみても律国賊じゃないよな、、ブタ坊主のデタラメ。

むしろ、日蓮国賊じゃんね、。

日蓮一門は文永弘安の両方とも、加持祈祷やってないだろ?
意外と知られていない、関係者がカターく口を閉ざすタブーな真実。

日蓮国賊が余計なちょっかい出さなければ、蒙古は撃退されて
日本国は安泰だったけど、日蓮教が軍部に介入したら
太平洋戦争のように国は焼け野原となり、とどめの原爆二発・・。

ハイ♪な気分なんて、仏教じゃねーよ、としか思わんが、、

日蓮国賊、なんみょー亡国、創価無間地獄、公明天魔・・。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/15(土) 18:36:23.74 ID:r+vYHb/p
  ∧_,,∧     ∧_∧   聖人は未来のことがわかるニダ!
  < `Д´>    (・ω・` )  ウリらの罪障人サマは数々の予言をされたニダ!
  (    つ■ (    )  そのことが書かれてあるのがこの『種々書』ニダ!
  し―-J     し―-J

  ∧_,,∧    ∧_∧
  <*`∀´> -3 (´・ω・`)  どうニカ?グウの音も出ないはずニダ!
  (    )   (⊃{丁}と) ホルホルホル
  し―-J     し―-J
           ?   
  ∧_,,∧    ∧_∧
  <  `Д>   (・ω・;` )  これって、事が起きた後に書かれてますよね
  (    )  ⊂    )   後から書かれた物では予言にはなりませんよ
  し―-J     し―-J  『種々書』の他に『闇黒論』も後から書かれたモノじゃないんですか??

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/15(土) 18:37:02.76 ID:r+vYHb/p
 ∫∬∫∬
  ∧_,,∧     ∧_∧     未来のことなんかホントはわかる訳ないニダ!
  <#`田´ >    (・ω・;` ) 何か起きた後から“実は以前から言ってましたニダ!”
  6   9))   (    )  と言い張るのがウリらの予言ニダ!
  し―-J     し―-J      猿芝居を打っただけニダ!
   !
  ∧_,,∧    ∧_∧
  <*`Д´ >   (・ω・;` )  あの、後から言ったんでは“予言”にはなりませんが…
  6    9  ⊂    )
  し―-J     し―-J
        r⌒ヽ  (⌒⌒)  r⌒ヽ/, ○o  後から言っても予言ニダ!
     、、;(⌒ヾ   ((⌒⌒))  /⌒) ),  , 。要は信者をダマくらかせればイイニダ!そもそもチョッパリは
  、 ヾ (⌒ ファビョ━ l|l l|l ━ン!⌒⌒);;)/. , ウリナラを日帝時代散々苦しめておきなgqあwせdrftgyふじこlp;
 、\(⌒ゝ;(⌒ヾ   ∧_,,∧    ⌒)/)) .,/ ,,        ∧__∧
((⌒-丶(;;;(⌒ゝ;;(⌒∩#`田´>'') ,⌒⌒);;;;;)))⌒)       (    )
 (;;;;(⌒(⌒;;;(⌒   ヽ    ノ / ))⌒));;;;)-⌒))    、_ノ   ,つ
ゞ (⌒⌒=─      (,,フ .ノ    ─=⌒⌒)ノ;;ノ;;;::)  ∠_,,冫 ノ'
((⌒≡=─  人从;;;;  レ' ;;;从人─=≡⌒)丿;;丿ノ    レ''

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/16(日) 10:43:21.17 ID:N4RQc/5D
573-575の人が度々言うように、いわゆる日蓮の蒙古襲来予言というのはかなりテキトー感があるようだ。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/16(日) 13:49:38.85 ID:XpdUOcGQ
>>578
その「予言」も後出しじゃんけんでしかなかった疑いが濃厚。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/16(日) 15:05:55.87 ID:g7m+msmC
この種の話はそこの宗派の信者だけが信じている場合、第三者はあまり客観的に論評しない。
池田大作が中ソ戦争を止めたと創価信者が信じているのと同じ。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/16(日) 15:10:58.32 ID:RtxcnZ7z
元寇以前から伊刀の入寇などの日本侵攻は度々行われていた。
が、阿呆ニチレンはその事実を知らなかったと見え、
自分が現れたから外国勢力の侵攻が行われると書いている。

※日蓮出現以前から侵攻されているので、日蓮の言い分は
そもそも的外れなのある。
また、日蓮は単に他国と表記しており、元と特定出来ておらず
なんの予言にもなって居ないのである。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/16(日) 16:14:05.65 ID:g7m+msmC
>>581
法華経のいう他国侵逼難も、古代インドの都市国家間の紛争を言ったもので、元寇のような事態を意味してないというね。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/16(日) 17:17:40.06 ID:XpdUOcGQ
>>582
他国侵逼難の出典は法華経ではなく薬師経。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/16(日) 20:36:10.81 ID:N4RQc/5D
>>583
それって日蓮的には仮の教えなんじゃ

585 :大乗非仏説:2015/08/16(日) 20:43:36.85 ID:HT66zTAD
>>584
そういうことってよくありますよね。

経典の王である法華経がどうして末法では無効になるのか
それもその預言たるや爾前経の大集経ですからね。

586 :スチールカン:2015/08/16(日) 21:33:06.49 ID:W5PQ5+zG
人を威すためなら経典からの文句は末法でも無効にはならないとでも思ってはいたのでしょうかね。
七難の一つであるとされる“他国侵逼難”の引用でさえ、誰からも相手にされなければ、
それは“難”というものではなく、、、、隣国の聖人の襲来だったと説きだしましたね。
日蓮の調伏の相手は蒙古軍ではなく日本国そのものだったのでしょうね。
法華経を盾に戦う日蓮像は、如何にも仏教の父である釈迦を盾に身を隠して戦うような振る舞いにも思えます。
また、王を晒し出して戦うようなものでしょうか。

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/17(月) 07:11:32.42 ID:mtbYgmx0
日蓮にしてみれば、無資格ながら職業として僧侶をやっていた以上、今さら引っ込みがつかなかったのではないか。
ええいままよ、と思いつくネタは誹謗中傷でも予言でも、片っ端からダメ元精神で説法に使ったのだろう。
そういう意味での汗臭さは感じられる。

588 : ◆dseqgwAlCk :2015/08/17(月) 10:29:05.96 ID:j6duCgxK
そうしたゴリ押し営業のやり口は、正宗や創価にも受け継がれている。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/17(月) 14:32:53.97 ID:RSBHNkZa
日蓮以来、内面の修行を無視して折伏と称する会員勧誘を修行とすること自体がおかしい。
これでは仏教とは全然違う。

590 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/17(月) 14:54:19.91 ID:j6duCgxK
街の拝み屋チックな押し掛け営業の成果は周知の通りの島流し。

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/18(火) 06:45:02.64 ID:UT7ZuHa8
仏教風味の祈祷倶楽部、それが日蓮教。

592 :全日本人:2015/08/18(火) 06:50:36.58 ID:WzT5/i3p
日蓮大聖人は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。
池田大作先生は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。

池田大作先生は蓮祖聖人である。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/19(水) 07:34:13.77 ID:LUtfcgbH
主師親かどうかは別にして、日蓮と池田大作は性格的に似ているところがあるな。
どう解釈するかは別にして、この点では創価信者とも意見が一致しそうだ。

594 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/19(水) 09:45:50.17 ID:UzoxRFUm
>>593
誇大妄想や権力志向についてはそっくりさんだろう。
一知半解で有頂天になって威張り散らす性格もよく似ている。

595 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/19(水) 21:50:19.31 ID:oNfo4/ts
>>594
日蓮さんは間違いの多いクソ坊主ですけど、全くの無慈悲ではなかったでしょう。
鎌倉時代の文化、宗教など学ぶところはあるでしょう。正統派ではなくても。
池田大作と比べるなんて日蓮さんが可哀想でしょう。

596 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/19(水) 22:45:21.63 ID:UzoxRFUm
>>595
見返りを期待できる場合にだけ見せびらかす慈悲のポーズなんか
単なる偽善でしかない。
創価なんかと全く同じだ。

597 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/19(水) 23:30:02.70 ID:oNfo4/ts
>>596
よくご存知で。(笑) 三沢抄あたりを言っていると思いますが、鎌倉時代当時のお坊さんはお布施で
生きていくのは当然でしたし、武士、農民に関わらず布教すること=生活の糧であったことは
推測できるところです。
一番いいのはどこかの領主にお寺を寄進されて迎えられることだったと思います。
これが当時の出世街道だったのでは?

日蓮さんの貧乏生活、極貧生活は数少ない褒めるべき点だと思います。日蓮さんも折伏はしています。
あとは弟子の日目さん、日持さん命がけで布教の旅をしています。
この二人に限っては師匠を見習った行動だったのでは?

創価や正宗でいったい、どの弟子信徒が「自己犠牲や慈悲のある折伏や他者救済」をしたでしょうか?
創価や正宗も末端は真面目な人が多く、教団トップの奴隷になっているにすぎません。

法主としての相伝相承がないとはいえ、日顕は坊主ですので一応は弟子です。
学会員に迷惑をかけたお詫びに、禅宗、念仏、真言、天台を破折して亡くなれば
少しは見直されるでしょう。

池田も日蓮さんの生まれ変わりらしいので、そのうちひきこもりをやめて折伏するんじゃないでしょうか?

598 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/20(木) 00:27:50.77 ID:AnL8+buu
>>597
流罪や極貧は自讃毀多や他宗誹謗の報いなので自業自得。
根も葉もない思い込みによる「慈悲の折伏」なんか只の迷惑行為でしかない。
日蓮教はこうした現実を直視して過去の過ちを総括すべきだな。

599 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/20(木) 01:02:30.01 ID:SAdQcJfR
>>598
おっしゃるとおりですね。
創価など正宗系教団を抜けるとしても、問題のあるその人自身のプライドや依存、
あるいは問題あるとはいいがたい家族など人間関係でやめられない場合、地獄論罰論に
怯えている場合があるので難しいです。
こうした理由からいきなり原始仏教を学べる人と、そうではなく、どうしても天台法華や
日蓮系を学ぶだけに終わってしまう人がいます。
一番いいのは回り道をせず、原始仏教を学ぶことだと思います。

あまり認めたくないですが、深い依存や明らかな病気がある場合、人によっては
学会員のままそっとしておくしかない心の弱い人がいます。

600 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/20(木) 01:13:37.61 ID:SAdQcJfR
2ch などにきて、アンチに愚痴をいう人や攻撃できる人や話せる人はまだマシです。

正宗の人だけに喧嘩や悪口、誹謗中傷などのアプローチしかできない人は
かなり病的な依存や明らかな病気の人かと。
学会本部に病人が多いのはこうした理由からだと思います。
池田大作はかなりおかしいのでは?

日蓮さんも初期症状はあったのかもしれませんが、三沢抄で謝罪と反省(言い訳?)していますから
自分を見つめるくらいのことは出来たでしょう。(笑) たぶん???w

601 :全日本人:2015/08/20(木) 08:59:55.23 ID:NGY6utuC
日蓮大聖人は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。
池田大作先生は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。

池田大作先生は蓮祖聖人である。

602 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/20(木) 12:59:10.68 ID:AnL8+buu
>>599-600
生まれつきの家庭環境が創価だった人はともかく、物心ついてから自発的に信者に
なった人は、その動機や理由を反省しないと日蓮本仏カルトジプシーになりがちだ。

創価では仏教の根本原理なんか絶対に教えないから、それを知るために原始経典に
学ぶのは有意義だが、気を付けないと大乗非仏説厨になったり初期仏教を自称する
カルトに食い物にされる危険もある。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/21(金) 01:32:20.12 ID:He3DPpOS
東大OB専門医の池田の精神分析 カルト創価の終焉より日新報道刊 福本潤一、小多仁伯共著

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/21(金) 06:40:42.94 ID:yG1zAM8u
日蓮も池田大作も熱狂的な信者は本人を直接知らない信者だけで、逆に側近には離反者が多い。
これはやはり両人は人間的に問題があるということではないかな。

>>602
まったく同意ですな。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/21(金) 07:05:50.05 ID:EGyMgooh
三法印を踏み外して非佛説にならずに済んでいる大乗なんて殆ど存在しない
まあ、上座部もいろいろと…

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/21(金) 17:44:03.77 ID:CZ9x1z3M
誰だって非通知の電話には出ないよな。
ある用件を伝えるのに、身元を隠す必要などどこにもないからだ。
つまり、そういう電話は胡散臭いと無視して一向に構わない。

2ちゃんねるの情報は匿名による胡散臭いものであり、それを無視したところで、実生活に何の不都合もない。
しかしここの連中は2ちゃんねるにも価値ある情報があり、それを取捨選択するのは個人の眼力なり自己責任によると言う。

なら、彼らはプライベートでも非通知の電話に出るというのか?(笑)
おそらくそんな馬鹿はいないだろうが、しかしこいつらは他人に対しては「2ちゃんねる」の自分のレスは読めと言う。
非通知だけど真実だから、電話に出ろと言う。
いや、おまえらの存在は胡散臭いんだよ。だから誰も電話に出ないんだ。話を聞いてほしけりゃ番号を通知しろ、と何度言っても、理解できないんだよなぁ(´・ω・`)

そりゃモテねーだろ。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/21(金) 19:41:12.48 ID:EGyMgooh
自分に非通知で電話がかかってきていると思い込んでいる大童貞さまがどうかしたの?

608 :大乗非仏説:2015/08/22(土) 07:24:27.65 ID:U/CZvFu5
また「便所の落書き」さんの登場ですか?

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/22(土) 08:19:35.86 ID:PCYSkQ28
>>607
そう言うおまえは魔法使いか?
2ちゃんで工作してるような野郎に彼女がいるとはどうしても想像できないんだが。
それも仏教マニアとか…ヤバすぎだろ
それとも、モテないから原始仏教なんかを信奉するのか?
恋愛やSEXなんて汚らわしい煩悩である!なんて、本気で思ってそうだもんな…

>>608
2ちゃんねるが便所の落書きだというのは事実だろうがよ。
その事実を観念的に否定して、マジメ腐ってるアホがおまえらだよ。
いい加減、キモすぎるんだわ。
2ちゃんで工作する暇があるなら、安保法案反対のデモ行進でもしてこいや童貞(笑

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/22(土) 08:29:52.50 ID:2hHsSrv1
>>573>>574>>575
日蓮国賊、のつづきね。

【国賊】こくぞく(実用日本語表現辞典)
自国に害をなす者、国に損害を与えたり国家の尊厳を貶めたりする者を
ののしっていう語。同種の表現に「非国民」「売国奴」などがある。

・・・

律宗の叡尊は、80才の高齢にもかかわらず、京都の岩清水八幡宮から
はじめて蒙古調伏のために、弘安の役の時、関西周辺で二十数回の
加持祈祷キャンペーンをこなし、、

弟子の良観も、極楽寺で蒙古退散の祈祷やってたぶん大成功してんだろ、
でも御書には書かれてなくて、都合の悪いことはすべて省略・・。

一方の日蓮さん、文永の役の十一年は、佐渡流罪が赦免されて、
三月には鎌倉に向けて出発、四月には鎌倉の評定所で、
平左衛門頼綱、真言、念仏、禅の関係者らの諮問を受け、

その結果は追放処分らしく、五月十七日には身延の山に入り、
とりあえずの住みかとします。蒙古水軍が対馬に来襲したのは、
それから四か月後の十月五日。

身延到着から二か月後の七月二十六日には、こんな記述があって
まだ掘っ立て小屋レベルで、加持祈祷というにはまだまだ準備不足、、

(上野殿御返事)今年のけかちにはじめたる山中に木のもとに
このはうちしきたるやうなるすみかをもひやらせ給え、

今年は山中も飢饉で、大木の根本に落ち葉を敷いて
ホームレスみたいな生活やってると思ってもらえば・・。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/22(土) 08:42:16.25 ID:2hHsSrv1
>>610
ところが、それから七年後の弘安四年、もう法華堂も新築して、
弟子たちのドブ板営業も順調で、手紙営業もぜっこーちょーのころ、

蒙古軍の再度の来襲の噂とともに、あちこちの寺社仏閣で
加持祈祷がはじまり、律宗に限らず、叡山、東寺、高野山と
日本全国津々浦々・・、。

ところが、なぜかこのとき蒙古調伏の祈祷をやらない団体があるんだよね、、

その結果、祈祷をやっていなかった日蓮一門が批判を浴び、
律宗の叡尊の名声が鎌倉にも広まっているらしく、
富城常忍から一門としての対応を問い合わせる手紙がきて・・。

祈祷やらなかったのは「体調不良」なんだそーな。

その割には、この年はずいぶんと営業の手紙書いてるみたいで、
叡尊の祈祷の成功にも、ねちねちグズグズと反論してる
かなりな長文の手紙を書いてるし・・。

日本国のために祈る体力気力はないけれど、営業用と
他宗のワルクチ言うために手紙を書く体力なら
いくらでもあるぜ・・・、

自分こそ、絵に描いたような国賊やんけー。。

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/22(土) 08:59:10.73 ID:2hHsSrv1
真言亡国については日蓮教の関係者は
根拠を知らない人ばっかみたいで、

弘法大師がどうこう言う話ではなくて、
弘安の役からさかのぼること六十年前に起きた
承久の変のときの話で。

後鳥羽上皇と決定的に手切れになった鎌倉幕府が
東日本の軍勢二十万で京都に攻め上がり、

このとき朝廷の依頼を受けた真言の僧侶が祈祷すると、
突如大雨が降りだして、宇治川が氾濫して鎌倉軍の進撃を
一日だけ足止めすることに成功するけれど・・。

ところが、翌日には東国の軍勢は京都に乱入し、朝廷軍はボロ負け、、
ほーら見なさい、真言の祈祷はいっとき上手くいったように見えても
後鳥羽上皇が島流しになったように、後で必ず国が滅びますよ。。

・・・という真言亡国の主張だけど、これちょっと見ただけでもムジュンが、、

1. 当時、東国にも真言の寺が多数あり、鎌倉のために祈祷を行った。

2. これは内乱の権力争いなので、国は滅んでいません

3. 島流しで亡国なら、二度の流罪の日蓮さんはどーなる ???

突っ込みだすとキリがないけど、これは弘安の役の後になって
持ち出してきた話だから、意図としては、三度目に蒙古が
やってきたら、そのときは日本国は必ず負けるでしょう、という
負け惜しみとも、予言とも言える言い方で、ものすごいバチ当たり、、。

結局、翌年、天罰が当たって、自分が滅びることになります・・。

613 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/22(土) 09:02:09.78 ID:oXwsovO8
>>610ー611
日本の国師になれなければ蒙古の国師を目指そうと妄想を肥大させていたのだろう。
網野善彦に「日蓮は実は元寇が日本を征服することを望んでいた」と指摘されても
仕方のない言動を繰り返していたからな。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/22(土) 09:18:16.64 ID:mWseeTCj
>>610-612
なるほど、そういう顛末だったのか。しかしちゃんと受戒して付法も受けていないのだから、加持祈祷の仕方も知らないのは当然。
そこが法然と違って残念なところだな。医師免許のない素人が、手術の仕方も知らないので手術できないのと同じだ。
そこでもっぱら素人衆相手に、他宗を誹謗中傷しながら、自己流の曼陀羅本尊の営業に専念したというわけか。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/22(土) 09:23:15.95 ID:mWseeTCj
>>613
ハルマゲドンを自演しようとしたオウムの麻原のように、カルトには一種の終末願望のようなものがあるからな。
そういや日蓮教の一派の顕正会の浅井もそういう破局を予言していたように思う。

616 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/22(土) 10:06:34.02 ID:oXwsovO8
>>615
俺様を起用しない小日本国なんか滅んじまえ。そしたら俺が大蒙古の国師になって
教えを月氏にまで広めてやるぜ。

という妄想的な野望を膨張させていたとさえ思われる。
もしかしたら身延の山奥で蒙古圧勝の祈&#31153;を続けていたのかもな。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/22(土) 19:48:23.64 ID:RNBuK5df
:   /)__∧    Λ_Λ    ∧__(\
   | |`∀´> ◯< `∀´ >◯ <`∀´| .|
   |    〈)  \    ./  (〉   ノ
 ‐‐‐‐‐‐‐/´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 ̄ ̄| | ̄| 元軍の   ...| ̄ | | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| |
 ̄ ̄| | ̄| 日本侵略を | ̄ | | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| |
 ̄ ̄| | ̄| お祝います. | ̄ | | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| |
 ̄ ̄| | ̄|         .| ̄ | | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| |
 ̄ ̄| | ̄t______by__曰蓮__レ ̄| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| |
 ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄.| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| |
 ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄.| | ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄| |
           売 国 奴

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/23(日) 13:48:44.72 ID:BDRIQHps
日蓮の場合、どれが妄想でどれが営業トークなのか、区別が難しいところがある。

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/23(日) 15:19:26.85 ID:VCJdajf/
>>612
真言においての一番大きな矛盾は、
●真言では大日如来を第一とし、(釈迦)仏法の範疇内の形を取りながら大日如来を釈迦如来より上位に置く事。
である。

本来帰依すべき師匠を差し置いて、他から来た格下の客に帰依し、それを他の弟子にも勧めようとすることに該当する。
しかも、この客には法身しかなく、正体不明といって差し支えない。
これは、組織においては和を乱し悪い意味で下剋上が進む事を示し、行き着く先は「亡国」である。

亡国の意味は、国が亡びるというだけではない。
政権に訳せば革命・内乱等よる政権崩壊、会社に訳せば倒産、家に訳せは家族離散や死に絶える・・・など。
(だから、御書では例として真言祈祷をした天皇・上皇等の末路が示されている。)

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/23(日) 16:06:02.75 ID:fEKOGZ5t
法華亡国の方が適切だよね。

>★★★“法華広まるところ乱あり!!”★★★
 凶悪狂典法華経の血塗られた歴史 〜これで真言亡国?〜

○鳩摩羅什>亀茲国=他国侵逼
         後涼=滅亡
         後秦=滅亡
○天台智>陳=他国侵逼により滅亡、陳王家一族族滅
         隋=自界叛逆により滅亡、隋王家一族族滅
○聖徳太子>太子の変死、後約20年で上宮王家一族族滅
○最澄>薬子の変(自界叛逆)
○平家一門>平家納経・扇面法華経(厳島神社に現存)の約20年後に壇ノ浦にて一族族滅
○日蓮>元寇、内乱
○満州国>法華経の理念に基づいて建国されるも僅か13年あまりで亡国。
http://blog-imgs-50.fc2.com/o/c/e/ocean24/tumblr_kzuabiUdKL1qb5xupo1_500.jpg(満州国建国会議)
○大日本帝国>日蓮主義に毒された軍部の暴走により世界大戦に突入。主要都市の壊滅的破壊、
       二度の核攻撃を受け未曾有の敗戦、滅亡。
アジア人民数千万人に被害を引き起こし、日本兵300万をはじめ、膨大な人々の命を奪う

*おまけ
釈迦族が同じ釈迦族の血を引く隣国コーサラ国の毘瑠璃王によって殲滅されたのは『増一阿含経』
によれば釈迦が78歳の時のこととされ、五時八経でいう法華涅槃時にあたる。
釈迦が出世の本懐である法華経を説く⇒自界叛逆難かつ他国侵逼難が起こり釈迦族滅亡
このことにつき真言亡国を主張した日蓮がスルーするのは御都合主義。

この項目は書きかけです。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/23(日) 16:11:33.47 ID:fEKOGZ5t
408 :名無しさん@京都板じゃないよ:2012/03/22(木) 18:20:46.93
『依憑天台集』
「大唐終南山豊徳寺律宗沙門道宣造両大師伝」

天台山釈の智、俗姓は陳氏。荊南の人なり。
(略)
陳隋の両帝、師を国宝と為し、人を尊び法を重んじ、
舟航に委託して宝を捨て、身を捨つ。
(略)
陳隋の二帝、三尊を崇信し、師を尊び、
法を重ねて帰敬するの相を述ぶ。

526 :<丶`∀´>さん:2008/02/20(水) 00:10:07 ID:XkISY+hC
「南京虐殺」と言っても学習しないと、こんなに歴史上存在するとかです。
日本人も中国の歴史に少しは関心持ってもらいたい。

548年 東魏の降人侯景、南京(建康)を陥落、徹底的破壊。大虐殺。
589年 隋、陳の南京(建康)を陥落、徹底的破壊。大虐殺。
618年 隋の煬帝、南京(江都)で殺害され、南京大虐殺。
907-960年 十国五代時代 戦乱で南京(金陵)大虐殺続発。
1273年 元軍、南京(建康)攻略略奪、南京大虐殺。
1368年 朱元璋、南京(金陵)攻略、南京大虐殺。
1645年 清軍、南京乱入略奪、南京大虐殺。
1842年 英軍、南京突入、南京大混乱。
1853年 太平軍、南京乱入。腐敗清軍南京略奪。
1862年 ウォードの常勝軍、南京(金陵)乱入。南京大虐殺。
1864年 曾國軍、南京乱入。南京大虐殺。
1911年 辛亥革命、南京略奪。
1927年 国民党の国民軍、南京占領。南京事件。
1937年 現中国共産党政権が主張する、日本軍のいわゆる南京大虐殺
1949年 中共軍、南京乱入、資本家の財産強奪、国民党員金持ちを大虐殺。

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/23(日) 17:10:53.28 ID:nokd02rG
>589年 隋、陳の南京(建康)を陥落、徹底的破壊。大虐殺。
>618年 隋の煬帝、南京(江都)で殺害され、南京大虐殺。

特に天台智によって法華経が広宣流布された後の二度の亡国(こちらは実際に国が滅んでいる)
立て続けの南京大屠殺は痛いよね〜。

623 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/24(月) 00:35:36.51 ID:id3C/Vh4
>>618
経文引用は眉唾モノ。
経文解釈は我流妄想。

これが混ざり合って営業トークの出来上がり。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/24(月) 12:08:39.35 ID:jwqjHvBs
>>619
>真言においての一番大きな矛盾は、
>●真言では大日如来を第一とし、(釈迦)仏法の範疇内の形を取りながら大日如来を釈迦如来より上位に置く事。

日蓮のような嘘吐きペテン師を本佛とし釈迦を迹仏として、嘘吐きペテン師を釈迦より上位に置くのはどうなのよと突っ込みを
入れてみる。

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/24(月) 12:30:27.68 ID:ZTqcf4Fl
真言の矛盾ねえwwwww法身佛を認めないなら日蓮教もエライことになるわけで
今日もカルト信者のブーメランが冴え渡っているなw

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/24(月) 15:52:21.94 ID:Jhwmw07K
>>625
法身・報身・応身がそろって、初めてまともな仏。
仏は人(有情)であるため、人(有情)の在り方を考えればよくわかること。(以下ry

>>624
一般的に、仏が違えば所持の法も違う。
法華経の立場では釈尊の所持の法は妙法蓮華経、一方大聖人所持の法は南無妙法蓮華経であり、この二つは違う法。
南無妙法蓮華経を立てるならば、仏は当然大聖人となる。

>>620-621
理屈に合わない事は起こらない。
たとえば、陳(589年滅亡)も隋(618年滅亡)も、暗君・暴君が出てきて国力が衰えたため、滅亡しただけの話。
(陳の陳叔宝は政治そのものを顧みず、隋の煬帝は道士を重用し奢侈を好み残虐な政治を行った。)
いくら一部の者が法華経を大事に敬っていても、全体として法華の精神を踏みにじるようであれば、それ相応の結果になる。

また、仏教では教・機(機根)・時・国・教法流布の前後が重要なファクターであり、これらが合わないと法華経といえども効力はない。
たとえば、天台の三大部(594年に揃う)は、像法においてのみ有効。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/24(月) 17:29:05.82 ID:RGNI1ORr
などと意味不明の供述をしており、警察では今後、男の身元や精神鑑定を含め、動機などの解明をすすめるものと見られます。

628 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/24(月) 22:29:17.08 ID:Z+s3FCA4
>>626さん
>法身・報身・応身がそろって、初めてまともな仏。

私は天台遺文の三身と日蓮遺文の三身に興味はあるのですが、
他のナントカ身説(二身、三身、四身)はほとんど興味がありません。
なので、記憶が不正確かもしれませんが、
原始仏教の時点では法身・報身・応身という言葉や意義はなかったと思います。
後付けなはずです。大乗仏教成立後でも法身・生身の2つしかなかった。
法身・報身・応身の三身については、法身応身が成立して後に報身が加えられた、と記憶しています。
間違っていたらごめんなさい。
何で読んだかはすっかり忘れました。(笑)
本尊論に三身はどうしても必要ですからね。
私は仏教信仰する上でどちらも必須であるとは感じません。あってもいい、と言う程度。

末法という概念は最初にはなく、後々、中国で末法という概念が付け加えられ、
正法、像法、末法という三時説となったことと似ていますね。

629 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/24(月) 22:38:44.37 ID:Z+s3FCA4
法華経は仏教の生命「仏種」である 第2章 第27話
http://www.hokkeshu.jp/hokke/2-27.html

>自我偈に「慧光照無量・寿命無数劫」とあるのは、
報身仏の活動と寿命の長寿なることを説かれたもので、
報身仏の智恵の光によって無量の衆生を済度し、
然も寿命は無限であることを説かれているのであります。

こういう説明を読むと最近、私が勉強した阿弥陀仏ですが、
アミターバ(無量光)は永遠の光、アミターユス(無量寿)は永遠の寿命
なので概念がそっくりだと思います。

630 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/24(月) 23:14:25.09 ID:id3C/Vh4
>>628-629
原始仏教はもちろん、法華などの初期大乗の時点でも三身説はなかった。

ちなみに阿弥陀仏のアミタとは、無限や永遠ではなく計量不能を意味する形容詞で
法華の久遠仏と同根の発想だろう。

631 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/24(月) 23:23:28.72 ID:Z+s3FCA4
>>630

ありがとうございます。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 02:09:54.95 ID:E4XZh132
>法身・報身・応身がそろって、初めてまともな仏。

色受想行識五官で感覚するもの認識想念思考の対象は
全て大日如来が宿っている。あるいは大日如来でできている。

つまり応身報身を言うなら、
お釈迦様も全ての如来も仏も菩薩も大日如来の応身。
お釈迦様や諸々の如来や仏や菩薩を信じて修行する人はみな大日如来の報身。

日蓮さんや池田大作とその妄言の数々や麻原彰晃とかも大日如来の顕現ですw
色受想行識五官で感覚するもの認識想念思考の対象は全て
法身が持つ色受想行識として把握できない本不生の性質を破り
人間に把握できる形式で顕現した大日如来ですからw

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 02:15:38.72 ID:E4XZh132
ひと昔前の話になるけど
ワールドトレードセンターも突っ込んだ旅客機も大日如来の顕現で、
事件の実行犯や亡くなられた方々も大日如来の顕現です。
ブッシュもビンラディンも大日如来の顕現です。

日蓮さんも浄土宗の人を怒らせた日蓮さんの悪口も
日蓮さんを殺そうとした浄土宗の人やその憤りも大日如来の顕現です。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 02:29:40.64 ID:E4XZh132
ちなみに日蓮曼荼羅の右側の梵字は
大日如来の化身として代表的な尊格・不動明王の種字ですねw

創価学会のみなさんは
亡国の仏である大日如来の化身、がバッチリ記された日蓮曼荼羅を
ご本尊様として日々祈っておられるわけですw

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 02:37:32.86 ID:E4XZh132
五字七字の妙法蓮華経と南無妙法蓮華経も大日如来の顕現ですw
感覚され認識され思考されるものすべてが大日如来なのでw

いや、創価のお前ら大日如来を立派に信仰してるっちゃしてっから!
五字七字も大日如来の顕現だから!
ということですw

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 04:23:54.03 ID:i+k1VXbC
大日如来スゲー!

南無妙法蓮華経ダセーwww

637 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/25(火) 11:44:20.84 ID:q/7rMsgP
日蓮マンダラのタネ明かし?
http://9328.teacup.com/taisekizi/bbs/74

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 12:56:44.06 ID:blMmzNE/
>>632
>お釈迦様も全ての如来も仏も菩薩も大日如来の応身。
>お釈迦様や諸々の如来や仏や菩薩を信じて修行する人はみな大日如来の報身。
根拠は?

>>628
指摘の通り、三身(二身)は後から出てきた考え方。
だが、たとえば、実際の釈尊には三身がちゃんと備わっている。
三身は、一人の仏を特性の種類別に三つの違った見方で見る事であり、三身が別々に存在するわけじゃない。
理由は、どれが欠けても、一切衆生を教化することはできないからだ。

639 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/25(火) 13:13:44.19 ID:q/7rMsgP
>>638
原始経典にせよその解釈学であるアビダルマも、アビダルマへのカウンターとして
勃興した初期大乗にしても法身と生身の二身説が前提。
よって、法華を解釈するのに後世の三身説を持ち出すのは不適切だ。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 14:35:47.42 ID:blMmzNE/
>>639
>>638をちゃんと読んでもらいたいな。
(それに、今は法華経のみを解釈することに用いてはいない。)

繰り返しになるが、仏は人(有情)である。
人の形でなければ、説法・教化などできない。(たとえば大日経は、大日如来の説法をまとめたものとされる。)
人の在り方を考えた場合、三身(二身の定義でも構わんが)がそろっていないと人としての体をなさないのは、容易に理解できる。
仏だからそろっていなくてもよいと考えるのは、「人(有情)≠仏=得体のしれない化け物」と考えるのと等価といってよい。

641 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/25(火) 15:58:31.27 ID:q/7rMsgP
>>640
後世の別文脈で成立した仏身論で法華を解釈するのはナンセンス。

智や空海と同じ誤りを繰り返すだけ。

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 19:32:48.76 ID:blMmzNE/
>>641
法華の事は何も指摘していない。
大日如来について述べているだけだ。

第一、大日経他の密教経典は、大乗でも比較的後期に成立している。
ならば、編者達は前提として三身論の存在は認めているはずだ。
(大日経は7-8世紀頃成立(724年漢訳)、三身論は5世紀には成立していたとされる。
法報応の三身説は、北インドの菩提流支の漢訳である十地経論(天親(世親)著)に登場する。
天親は4世紀ごろの人、菩提流支は?〜527年とされており、おそらくインドでは遅くとも6世紀くらいには三身論は定着していたと思われる。)

643 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/25(火) 20:16:10.70 ID:q/7rMsgP
>>642
智らによる天台義を前提に密教経典を評価するのは尚更ナンセンスなだけだ。

644 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/25(火) 20:23:59.78 ID:q/7rMsgP
そういえば天台宗では

法身←毘盧遮那
報身←阿弥陀
応身←釈迦

と解釈してるな。

645 :642:2015/08/25(火) 20:30:21.90 ID:blMmzNE/
もちろん、当時の三身は、それぞれ独立した形になっている。
しかし、ある一身に対し、他の二身がまるっきり存在しないという考え方ではなく、どの一身を表に立てるか?という考え方だったようだ。
だが、大日如来には、報身・応身がない。
特に、何という仏の元で修行して仏になったかとか、その後どの世界で人々をどのように教化してきたかなど(報身)がほとんど説かれていない。
法の説き方としては、重大な欠点を抱えた方法を取っている。

なぜ重大な欠点と呼べるか?
人(仏も人である)に例えると、いつどこでだれを親として生まれ、今までどんな生活をしてきたか・どんな実績を積み重ねてきたか?が、まったく不明。
正体不明の人と言わざるを得ない。・・・・誰も信用などしない。
家に例えるなら、詳細な設計図は存在するが、設計者の詳細は全く不明、実際の家はまったく建てたことがないので建てた家が快適かどうか全く不明。
こんな建築メーカーに家の建築を依頼する人は、まずいない。

部分論として正しい所があっても、宗教の根本として信じる事は出来ない・・。
(ただし、真言宗にはこれよりも重大な欠陥(釈尊<<大日)があるのは、前述した通り。)

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 20:45:08.42 ID:blMmzNE/
>>643
別に、大乗において天台だけが法報応の三身説を取っているわけじゃなく、大乗の一般的な認識だぞ。
(三身説は他にもあるようだが。)

647 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/25(火) 20:52:47.52 ID:q/7rMsgP
大日が架空の仏なら寿量品の釈尊とやらも架空の仏だ。

法身と生身の二身説で済んでたものを、教義上の必要に迫られて三身説に加上しただけ。

更に言えば、本仏と迹仏とかいう分類もヒンドゥのアヴァターラの焼き直しで仏教的には
まったくナンセンス。

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 21:40:49.27 ID:6C0y73xv
大日如来に手を合わせろと言われても、確かに雲をつかむような話で。
日蓮大聖人は生身の人間であり、存在として絶対的なわけで。

てか、ここに大日如来を拝んでる奴がいるのか?と。
自分が信じられないものを他人に勧められるわけがない。
日蓮を貶すために大日如来を持ち上げても、なんの説得力もないわけで。

2ちゃん脳ってのは、目先の口喧嘩に勝つために、あらゆる言葉を投げつける衝動性であり、
目の前の相手を叩き潰したいという乱暴な感情の「失禁」に他ならない。
テーマは何でもいいわけで、それこそ今晩のおかずからハッキング、仏教にいたるまで、
あらゆるものを言語化して、遊び道具にしてやろうという餓鬼根性の最たるものだ。
そんな奴らが仏教や日蓮について語るのだから、ジョークとしてこれほど楽しいものはない。
しかしそれも限度があって、あまりしつこくやると、憐れみの対象となる。

周りの友人を見ろ。
2ちゃんねらーのおまえらなど歯牙にもかけていないだろうに。

649 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/25(火) 21:47:26.80 ID:DFu2Mrg6
ttp://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/bitstream/2065/4928/1/92190_261.pdf

650 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/25(火) 22:05:08.49 ID:DFu2Mrg6
>>619
>真言の一番大きな矛盾は、大日如来を釈迦如来より上位に置く
--> 日蓮本仏論と釈迦が迹仏でアウト。
>>639のとおり法華経には原始経典への原点回帰がありますが、真言と同じく後の創作。更に鳩摩羅什による意訳です。

>>638
>実際の釈尊には三身が(中略)三身が別々に存在するわけじゃない。
では釈迦仏法の報身って何ですか?具体的にお願いします。

>三身のどれが欠けても一切衆生を教化することはできない

真言密教、天台、その他の宗派にも三身説はあり入信し慈悲深い人はいます。法然念仏宗は三身説を強調しないようです。
原始仏教、小乗仏教(タイやミャンマーの上座部仏教、部派仏教)は三身説がなくても入信し慈悲深い人はいたと思います。

教化とは日蓮大聖人の正しい仏法への入信だ、他は邪宗だ。不幸になる。[[浅深高低だ!!]] というのは
飛躍し過ぎで改めて別に議論する必要があるでしょう。
学会は法主に捨てられ、大御本尊も捨てたので三身は無いな。(笑)

>大日如来には、報身・応身がない。

大日如来に3つの身がそろって無いのは、そりゃ当たり前でんがな。(笑)

議論継続にはトリップ入れてくれると助かります。正宗法華講の方ですか?

タイやミャンマーの現代仏教で三身はあるんですかね?>誰か

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 22:28:16.29 ID:tm70xdxU
>>638
根拠ですかーいわれると難しいですねー

講談社学術文庫「密教経典」P26より
「もしも人びとにして仏によって救うべき者であれば、
そのまま仏身を現わし、または(声聞によって救うべき者であれば)
声聞の身体を現わし、または(縁覚によって救うべき者であれば)
縁覚の身体を現わし、(同様に)また菩薩の身体、または梵天の身体、
または那羅延・毘沙門の身体、もしくは摩&#30586;羅伽・人・非人などの
身体を現わし、それそれそれらのことばの音声と同じ音声で(真理の教えを説き)、
さまざまのふるまいをなしたもうている。
しかもこのすべての智慧の中の智慧の道は(海水が同じ塩味であるように)
一味すなわち無差別である。
いうところの如来のさとりの味が、それである。」

こんなところでどうでしょう?

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 22:41:00.10 ID:tm70xdxU
>繰り返しになるが、仏は人(有情)である。

違います。
人は仏の在り方のひとつですが
仏の在り方はひとつではありません。
悉有仏性。
自然にも仏性は偏在している。
達磨大師はカラリと晴れた秋の空のような心が大事と言った。

653 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/25(火) 23:00:41.64 ID:q/7rMsgP
>>650
部派仏教の流れを汲む南方仏教は、法身と生身の二身説のまま今日に至る。
>>651
ブッダも衆生(有情)の一員ではあるが、内証と外用が凡夫と隔絶している。
ちなみに草木成仏とかは老荘の焼き直しの非仏教だ。

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 23:03:03.15 ID:tm70xdxU
岩波文庫バガヴァッド・ギーターP134より
「人がその知識により万物の中に唯一不変の状態を認め、
区別されたもののなかに区別されないものを認めるとき、
それを純質<サットヴァ>的な知識と知れ。

また、その知識が万物の中に、各種各様の状態を別個のものと
認める時、それを激質<ラジャス>的な知識と知れ。」

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 23:05:13.33 ID:tm70xdxU
「また、あるひとつの対象(仏教とか日蓮大聖人とかじゃないかなw)に対し、
あたかもすべてであるかのように
執着する、根拠のない、真理に暗い小知は、
暗質<タマス>的な知識と言われる。」

656 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/25(火) 23:24:10.47 ID:q/7rMsgP
>>654-655
糞でも味噌でも食らう外道が正体を現したか・・・

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/25(火) 23:37:02.35 ID:tm70xdxU
>>656
自分の視野が狭いとは考えないのですねー
そして答えが出ないことに思い悩むと。
しかし自分がこうと決めた枠の中からは一歩も外へ出ない。
他人と議論することで自分の中の迷いをごまかす。

真理より自分の決めた枠が何より大事なあなたが
ブッダと一生隔絶しているのは当たり前じゃないでしょうか。

658 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/25(火) 23:48:58.69 ID:q/7rMsgP
>>657
日蓮並みの増上慢にはつける薬もない。

羊頭狗肉のイカサマを平気で言い張るところも日蓮風味だ。

659 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/26(水) 00:01:34.07 ID:TcwQu2Wl
>>653
>部派仏教の流れを汲む南方仏教は、法身と生身の二身説のまま今日に至る。

ありがとうございます。

660 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/26(水) 01:09:23.25 ID:TcwQu2Wl
>>657さん
>真理より自分の決めた枠が何より大事
>ブッダと一生隔絶しているのは当たり前

日蓮さんも真言、天台法華(摩訶止観等々や座禅の修行)、神道、それぞれから
取捨選択をして、日蓮さんが自分自身で決めた教えの枠があると思います。
これは遺文や本尊を見れば明らかかと。その結果、隔絶なんて生易しくはないでしょう。

原始經典もバラモンに言及していてバラモンの影響が皆無だったのかどうかは謎です。
お釈迦さんの全ての教えが完全なオリジナルだとは思えません。これについての
具体的内容は私も勉強中でよくわかっていません。

日蓮さんには当時の制約から、原始仏教に辿りつけなかった責任は全くないと思います。
鎌倉時代の天台法華か真言密教のどちらかを極める責任はある程度あったと思います。
真言密教を全て捨てて中国の天台法華を100%に限りなく近く受け継いでいれば
名僧といわれたかも? 私の中では凡僧になりつつあります。w

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/26(水) 01:53:50.08 ID:JudH5KUb
>>626
>理屈に合わない事は起こらない。
>たとえば、陳(589年滅亡)も隋(618年滅亡)も、暗君・暴君が出てきて国力が衰えたため、滅亡しただけの話。

それじゃ承久の乱も後鳥羽上皇が暗君やったってだけで真言のせいにするのはおかしいんとちゃうん?

この陳叔宝は天台智と南三北七の仏教十宗派との公場対決を主催した人物なんだけどね。
その結果天台智が勝って法華経を広宣流布し、陳叔宝が天台智を帝師として崇め王仏冥合を
を実現させたんだけど、その数年後に亡国になったんだよな。

『法華初心成仏抄』に“南三北七を捨てて智法師を用ひ給いし陳主〜は今に賢王の名を留め給へり、 
智法師と云うは後には天台大師と号し奉る”と日蓮は陳叔宝を賢王と称えているけど、やっぱアホやったって
ことですか?

662 :543-544:2015/08/26(水) 07:46:22.04 ID:/zYMo/RW
>>619のもっとも根本的な誤りは、法身(ダルマカーヤ)の意味を理解していないところにある。それで格上とか格下だとか見当外れの差別が出てくる。
ブッダとは目覚めた者、すなわち法を覚知した者という意味で、法を創造した者ではない。ニュートンは重力の法則を発見し、それを方程式で記述した。
ニュートンが重力の法則を創造したわけではない。ニュートン以前から、それはあった。他の物理法則についても同じことが言える。
仏教におけるダルマも、自然科学の法則と同じように普遍的な全体をなすものだ。これを擬人化したのが法身すなわちダルマカーヤだ。
諸々のブッダ、すなわち覚者は物理学の法則の発見者たちと同様、その法の一部をそれぞれ発見し、開示して見せてくれたのである。全体ではない。
したがって歴史的存在としてのブッダはこのようにそれぞれの限界性をもつことになる。しかし法自体はそれらの諸法の総和にとどまるものではない。
このことから仏陀像が歴史的に変化し、たとえば法華経では常住不滅の超自然的な万能の存在、一神教における神のような全能者に改変されている。
大日如来は、それぞれの限界性をもつ歴史的存在としてのブッダと明確に区別された法身そのものとしての尊格であるので、そのような改変を必要としない。

663 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/26(水) 08:37:05.60 ID:GAy2587Y
>>660
日蓮の思想は仏教や神道や修験が習合した土俗信仰の混淆態だろう。

原始経典にバラモン教的な要素が見られるのは事実だが、ブッダの礼賛者として登
場する梵天や帝釈天、「最も清浄な」という形容詞として用いられるブラフマンな
ど、完全に骨抜きにされてしまっている。

664 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/26(水) 08:51:17.68 ID:GAy2587Y
>>662
比丘らよ、縁起とは何か。比丘らよ、生に縁って老死があるという原理は、如来た
ちが出現しても如来たちが出現しなくても確定しており、法の確定性であり、法の
決定性であり、すなわち此縁性である。

と原始経典に見えるし、

諸々の法は因に依って生じる。
如来はそれらの因を説く。
またその滅尽をも。
これが偉大な沙門の教えである。

という偈は「縁起法頌」または「法身偈」として崇拝の対象になった。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/26(水) 15:47:30.40 ID:M/x5AUrO
>>647
> 大日が架空の仏なら寿量品の釈尊とやらも架空の仏だ。
経典や論、特に大乗のそれは、釈尊の教えを各弟子が発展させたものであり、直説という性質を持たない。
重要なのは、それらが論争の末に各々真実として信じられていたという事と、それらと真実との相違がどれだけあるかなのだ。
大日如来は、正体不明のまま深い?教理を説法しようとする形態を持つ。
これがどれだけ不自然で奇妙な事かは、我々が他人とコミュニケーションを取ろうとする時の事を考えればすぐにわかる事。

>法身と生身の二身説で済んでたものを
まだわからんのか?
これらの定義(三身/二身)が全く存在しなくても、仏は三身(二身)に該当する各特性を持つ。
(たとえば、法身しかないとされる大日如来でも、大日経では説法をしたことになっているので、ほんの少しだが応身が示されている。)

>>650
>では釈迦仏法の報身って何ですか?具体的にお願いします。
宗派(依経)や人師によって違うし、俺は釈迦仏法の専門家でもないので、ここでは答えない。
三身については、>>647

>>652
普段どんな形で存在していようが、仏として人々に仏法を弘めんとする場合は、人の形を取る。
もしくは、人とまともにコミュニケーションを取る事を可能とする形態となる。
そうしなければ、人に意思を伝える事はできない。

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/26(水) 15:51:37.10 ID:M/x5AUrO
>>653
>ブッダも衆生(有情)の一員ではあるが、内証と外用が凡夫と隔絶している。
仏陀と衆生に越えがたい壁があると考える事は、仏教を破壊する行為である。
なぜなら、仏陀はいつか(今世とは限らん)皆が自分と同じ境界に成れる(成仏)ようにと説法し修行を勧めたからである。

>ちなみに草木成仏とかは老荘の焼き直しの非仏教だ。
これを否定するなら、世の中の本尊(仏像・漫荼羅など)はすべて否定されるぞ。
草木(無情)にも仏性があるから、それらで作られた本尊に仏(仏性)を表すことが可能になる。

>>661
>陳叔宝
いくら偉業を成し遂げたとしても、その一方で国主として決定的に悪い事をして改めなければ、当然それに応じた報を受ける。
また、当時の国民から見れば愚王であるが、仏教の目で長期的に見るなら賢王となる。

667 :665:2015/08/26(水) 15:53:12.72 ID:M/x5AUrO
>>665訂正。
>三身については、>>647
→三身については、上記を参照。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/26(水) 16:10:50.31 ID:M/x5AUrO
662
>その法の一部をそれぞれ発見し、
それは、仏というものを矮小化する謝った見方だ。
仏というのは、時の流れは三世、方向としては十方、つまり世のすべてを知り尽くしている者である。
(仏の十号は、これを端的に示す。)
そして、出現した当時の衆生の機根等に合わせて最適な法を選んで流布する形を取る。
お主の見方は、仏教の基本である仏の悟を根本とする演繹法を否定し、西洋の帰納法もしくは声聞縁覚の在り方で仏教や仏をを見ようとする愚かな行為である。

669 :大乗非仏説:2015/08/26(水) 21:17:37.04 ID:b5OTNzdY
>>668
貴方のおっしゃる「演繹法」って何ですか?

670 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/26(水) 21:45:32.69 ID:TcwQu2Wl
>>665
>経典や論、特に大乗のそれは、釈尊の教えを各弟子が発展させたものであり、直説という性質を持たない。
-->日蓮さんは法華経をお釈迦さんの直説として扱っています。

>これがどれだけ不自然で奇妙な事
>これらの定義(三身/二身)が全く存在しなくても、仏は三身(二身)に該当する各特性を持つ。
-->真言密教があなたの言うとおりだとすると三身のない大乗仏教も不自然で奇妙です。
方便品に原始仏教の教えがあるとしても、三身のない法華経ですら「不自然で奇妙な事」です。
ところが、あなたが言うには原始仏教には三身があるという断言です。
なら ◆jtrOlGhw7E さんのいうとおり原始仏教を認めれば良いのです。

>法身しかないとされる大日如来でも、大日経では説法をしたことになっているので、ほんの少しだが応身が示されている。)

上で言っていることと矛盾していて、なおかつ訂正、説明してないので全く意味不明です。

>宗派(依経)や人師によって違うし、俺は釈迦仏法の専門家でもないので、ここでは答えない。
-->ということは三身が仏教として現代人に強調してよいものかどうか「あなたには」不明なはずです。

>>>652
>普段どんな形で存在していようが、(中略)そうしなければ、人に意思を伝える事はできない。
-->誰もこの点は否定していません。仏とは三身が必須、日蓮が正統派だというのがあなたの主張です。
なおかつ、非原始仏教的な日蓮仏法がOKで他はだめだという。

671 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/26(水) 21:59:59.95 ID:TcwQu2Wl
何かの宗教にナントカ身説が不要とは私は言いません。あっても無くてもかまわないと思います。
三身を強調するからにはあなたは法華講だと思います。勤行御観念文なつかしい。。。。。。以下コピペ。
南無久還元初の自受用報身・無作の三身・本因妙の教主、末法下種の主師親・大慈大悲、
南無日蓮大聖人、御威光倍増御利益広大御報恩謝徳の御為に

(本門戒壇の大御本尊は自受用身即一念三千で人即法の本尊、日蓮大聖人は一念三千即自受用身で法即人の本尊であられる。
まさしく末法下種の人の本尊を讃嘆し奉るのが、この御観念文であります。)

本尊も三身も他人を大切にする、常不軽菩薩のように慈悲深くしてくれればいいのですが。。。。。
簡単に言ってしまえば、慈悲深い「法」があり、慈悲深い「人」がいて私の求めに「応」じてくれれば良いかと。
正宗法華講なのか、学会員なのか教えてはくれません。トリップもしてくれませんね。
それがあなた(人)の「応」ですか?

>これを否定するなら、世の中の本尊(仏像・漫荼羅など)はすべて否定されるぞ。
>草木(無情)にも仏性があるから、それらで作られた本尊に仏(仏性)を表すことが可能になる。

釈迦はもちろんのこと、議論の最初から誰も原始仏教に本尊がある、三身がある、などと言っていません。(笑)

>>陳叔宝
>一方で国主として決定的に悪い事をして改めなければ、当然それに応じた報を受ける。
>また、当時の国民から見れば愚王であるが、仏教の目で長期的に見るなら賢王となる。

信仰の正邪で政権トップの命運が決まる、というのが日蓮の教えです。661さんも日蓮を理解した上で
あなたと日蓮に反論し、否定しています。私も日蓮の教えには否定的です。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/26(水) 22:37:20.97 ID:uRzhn/ec
>>658
何が羊頭狗肉のイカサマだよ(笑)

自分がお前のお気に召す羊肉をやるなんて言った事実はない。
こいつは俺の気に入る羊肉を差し出すつもりだと思ったなら
それはお前の勝手な思い込み。
狗肉だというのは勝手な思い込みに基づくお前の勝手な被害妄想。
ついでに読みもしないで糞だ狗肉だというのは勝手な決めつけ。レッテル張り。

事実と思い込みに基づく勝手な被害妄想の区別もできない人が
いくら仏教関連の知識を集めたって無駄なんじゃないの。
ただのガリ勉暗記バカでしょ。
知識は自分が無自覚に則っている法則を自覚するための道具で、
法則を見ようとしない奴が知識増やしたって何にもならないよ。

673 :大乗非仏説:2015/08/26(水) 23:53:16.60 ID:b5OTNzdY
演繹法というのは前提となる事柄をもとに、そこから論理的に結論をみちびきだすものです。
たったら、前提となる事柄が絶対的に正しいことが前提でしょう。その前提となる事柄が正しい
ことが証明できないのに、そこから論理をいくら組立てても空理空論です。

それと「西洋式の帰納法」などとおっしゃっていますが、古来、演繹法の理想的なモデルは、
古代ギリシャのユークリッド幾何学ということすらご存じないのですか?

674 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/27(木) 00:15:55.43 ID:Y7gxXR0z
>>673
大乗非仏説さん 668のコメントも説明になっていないですが、前のコメントも同じです。

彼がどういう教団にいるのか不明ですが、正宗と学会、2つの教学があってどちらかを
選んだのでしょうに、何かの理由があってどちらかを選択肢たとは言えていません。
顕正会や正信会の可能性もありますが。

帰納法も演繹法も彼の人の的はずれなので答えが返ってきてもこなくても無駄なような気がします。

675 :大乗非仏説:2015/08/27(木) 00:40:51.62 ID:MLk6b2uk
>>674
レスありがとうございます。
まあ、無駄だとは思ったのですが。

「知ったつもり」で「哲学的」な用語を振り回し上から目線での発言は
やめてほしいですね。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/27(木) 00:48:12.88 ID:Zp8gSSnl
>仏というのは、時の流れは三世、方向としては十方、
つまり世のすべてを知り尽くしている者である。

日蓮にはまるで当てはまらないけどw


そういえば帰納的だの演繹的だのと戸田が言ってたなw

677 :543-544:2015/08/27(木) 07:12:35.37 ID:dayiRi07
>>665-668
例によってツッコミ処が所狭しと敷き詰められているので、いちいちコメントはしないが、
あなたは666で仏と衆生や草木の差をないものとし、668で仏は全知であると規定する。
これでは日蓮以下、あなたを含め日蓮教徒が事実上、全知なる仏と同様であると言っているに等しい。
この馬鹿げた主張が日蓮以来、日蓮教が仏教とみなされず、世の仏教徒から白眼視される所以でもある。

678 :543-544:2015/08/27(木) 07:17:11.68 ID:dayiRi07
>>664
二つ目のはダンマカーヤ・ガーターだね。
サーリプッタの懇請によってアッサジが唱えたという。
じつに味わい深い詩句だ。

679 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/27(木) 12:19:17.30 ID:Wj/ESvdb
>>665
釈迦仏法などという謬説は日蓮本仏カルト内部でしか通用しない虚構に過ぎない。
>>666
>仏陀と衆生に越えがたい壁があると考える事は、仏教を破壊する行為である。
超えられない壁ならば仏教と日蓮教の間に存在するのだが。
たとえ日蓮教が完全破壊されても仏教は痛くも痒くもない。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/27(木) 15:10:59.52 ID:pWqVmXcL
>>679
>超えられない壁ならば仏教と日蓮教の間に存在するのだが。

まさにその通り。日蓮教がなぜ仏教を気取りたがるのか不思議でならない。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/27(木) 18:03:17.56 ID:2faGLQPG
>>679
wikipediaに「釈迦仏教教団」と書いてあるな。提婆達多の仏教とも記してある。
初期仏教の時代から釈迦仏法って考え方はあったんだよ。

682 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/27(木) 18:28:54.49 ID:Wj/ESvdb
>>681
「釈迦仏法」って語を原始経典から引用してみな。
そのwikiの記事は何者による「独自研究」?

683 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/27(木) 18:52:46.47 ID:Wj/ESvdb
>>680
>日蓮教がなぜ仏教を気取りたがるのか不思議でならない。
仏教と真逆の邪義を仏説の権威を借りてゴリ押ししたいだけなのだろう。

684 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/28(金) 00:16:03.37 ID:wbaux8IY
ヴィシュヌ[Visnu]★インド神話なら!天竺奇譚:インド神様図鑑
http://www.k5.dion.ne.jp/~dakini/tenjiku/zukan/visnu.html

魔族に悪い教え「仏教」を伝えて破滅させた。(中略)
魔族と神々はいつも戦ってた。魔族の力をなんとか弱められないか。
ヴィシュヌがブッダとして生まれてきた。彼は、魔族に、バラモン教とは
異端の宗教である仏教を説き、改宗させた。バラモン教とヴェーダの教えを
失った魔族は力を持たなくなり、神々の力が増した。
----------------
昔の正宗は釈迦仏法を教えていかのかは私もよくわかっていません。
創価学会の影響を受けて今の正宗は釈迦に興味が無いのは間違いないかと。

池田大作など学会幹部指導では「釈迦仏法は去年のカレンダーで役に立たない」
「釈迦仏法に縁がない」「高低浅深」釈迦仏法が低い教え、これらも根強いです。

685 :スチールカン:2015/08/28(金) 06:18:57.89 ID:yHmD2f/N
釈迦仏法でいう一闡提の輩とは、創価学会や正宗の事だったのですね。
役に立たないものを彼等は、“助行”というらしいです。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/28(金) 08:08:10.60 ID:Bx34+r3h
釈迦仏法という用語がそもそも笑止千万の日蓮教用語なのだよ。
釈迦仏法vs日蓮仏法と信者に思わせたいがために捏造されたもの。
正しくは仏教vs日蓮教。これが世間の常識。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/28(金) 10:14:05.03 ID:TgGZD655
このスレの趣旨は、釈迦のより純粋な教説はより古い原始経典の中にあり、
それからかけ離れた大乗仏教なり日蓮の説なりは仏教とは言えない異端の教えだってことらしいけど、
そんなことを現代の人達が聞いたら目を丸くするんじゃないの?
小乗教はその名の通り、実践できる人の少ない、ストイックで超人的な教義や戒律をイメージするが、
それは間違いなのかな?
このスレの住人は豊富な知識と学究的興味の持ち主だが、机上の論理というか、いかにも学者的な理屈というか、
そればかりで、実際に初期仏教を信仰・実践している人などいないように思えるがね。
自分は信仰はしないが、他人には原始仏教の信仰を勧めるというなら無責任でしかない。
又、経典を文字通りに理解しても、言葉そのもののニュアンスや意味が現代と違っていれば、理解しようがないだろう。
つまり現代人が経典の内容を吟味したり研究したりする意義はほとんどゼロであり、趣味や自己満足の領域ではないかと。
それにしても、自分の趣味や満足のために日蓮やそれを信仰する人を批判したり罵るといのは最低だね。
まあ2chは最低な娯楽だけども。

688 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/28(金) 11:24:29.67 ID:qA19ajqC
仏教の根本義は三法印で、実践の指針は五戒。
そこには日蓮教が強いるような「信仰」や、仏教語の意味を歪曲した強弁が成立する
余地は全く無い。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/28(金) 11:30:15.68 ID:BClcM1Vm
>>670
> -->日蓮さんは法華経をお釈迦さんの直説として扱っています。
肝心なことは、南無妙法蓮華経を広く流布させることである。
そのためには、一般的に直説と信じられていたことを前提とした方が方が良いと判断した…のだろう。

>>671
> 議論の最初から誰も原始仏教に本尊がある
>>653が小乗を認める立場のようだから、それに合った反論しただけなんだがな。

> 信仰の正邪で政権トップの命運が決まる、
これには、その信仰を根本として政権運営をする・・・・という条件が省略されている。

>>673
> 演繹法というのは前提となる事柄をもとに、そこから論理的に結論をみちびきだすものです。
逆だ、逆。
仏の悟(自解仏乗)をなんだと思っているんだ?
例えば、デカルトの「われ思う。ゆえに我あり。※」が単なる前提だと思っているのか。
(ここに至るまでの過程は知らんが、)彼は、以後これを「根本」としてすべての判断基準とした。
つまり、※がデカルトにとっての結論なのだ。

>>677
仏はもちろん、一切衆生(有情)や無情、つまり世界のすべての存在には等しく仏性がある。
(無情や人以外の有情は省略するとして、)では、仏と人の最大の違いは何か。
自在に仏性を発揮できるのが仏であり、そのための手段を持たないのが人。
仏が人々に修行を勧めるのは、そういう人々に修行をさせ成仏させる(仏性を発揮させる)ためである。

なお、諸事情によりこれ以降しばらくレスしない、さらば。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/28(金) 11:50:46.41 ID:FcdQWNj9
うわあすべてが凄いデタラメでむしろ感心する

691 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/28(金) 11:58:48.48 ID:qA19ajqC
毎度の強弁とおなじみの捨て台詞でヘタレ外道が退散か。

まあ、仏教原理からすれば、

本尊←無用
小乗←誹謗
政略←造悪
自解←僻見
仏性←虚構

となるのだが。

692 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/28(金) 13:32:57.27 ID:qA19ajqC
>>684
「釈迦仏法は去年のカレンダーで役に立たない」
去年のカレンダーと違って資源ゴミにもならないのが日蓮教なのだが。

693 :大乗非仏説:2015/08/28(金) 16:36:16.96 ID:nEMarhez
>>673
>> 演繹法というのは前提となる事柄をもとに、そこから論理的に結論をみちびきだすものです。
>逆だ、逆。
>仏の悟(自解仏乗)をなんだと思っているんだ?
>例えば、デカルトの「われ思う。ゆえに我あり。※」が単なる前提だと思っているのか。
>(ここに至るまでの過程は知らんが、)彼は、以後これを「根本」としてすべての判断基準とした。
>つまり、※がデカルトにとっての結論なのだ。

一度、辞書を検索されればどうですか?
あなたのいっている「演繹法」は普通一般と異なる用語使いですよ。
だったら「演繹法」なんて言い方をやめた方がいいと思いますよ。

それと御書に演繹法という言葉ってあるんですか?

演繹法(コトバンク)
前提となる事柄をもとに、そこから確実に言える結論を導き出す推論法のこと。

演繹(Goo辞書)
1 一つの事柄から他の事柄へ押しひろめて述べること。「身近な事象からすべてを―する」
2 与えられた命題から、論理的形式に頼って推論を重ね、結論を導き出すこと。一般的な
   理論によって、特殊なものを推論し、説明すること。「三角形の定理から―する」

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/28(金) 19:13:54.53 ID:ROZe3KBT
>>666
>陳叔宝
いくら偉業を成し遂げたとしても、その一方で国主として決定的に悪い事をして改めなければ、当然それに応じた報を受ける。

のらりくらりと書いてる割に意味不明なレスでんな。
“偉業を成し遂げた”が法華経の広宣流布と王仏冥合の実現で“報”がその結果の亡国なら、これは『立正安国論』の否定だぞ。

『立正安国論』に“謗法の人を禁めて正道の侶を重んぜば国中安穏にして天下泰平ならん”(謗法の人を禁止して、正法護持の人を重んずるならば、国中は安穏となり、天下は泰平となる)

とあるが、陳隋の世は全く逆であった。

“世皆正に背き人悉く悪に帰す、故に善神は国を捨てて相去り聖人は所を辞して還りたまわず、 
是れを以て魔来り鬼来り災起り難起る言わずんばある可からず恐れずんばある可からず”

のように陳は他国侵逼により隋は自界叛逆によって亡国になったんだから、
そこで広まった教えは『立正安国論』や引用された経典によれば邪法ということになるんじゃないのか?

>仏教の目で長期的に見るなら賢王となる。
法華経が広宣流布され王仏冥合が実現されると自界叛逆難や他国侵逼難が起こって亡国になる実証をした点で賢王なんスか?

つか正法が広宣流布され王仏冥合が実現されると亡国になるという文証があるのか?
あるなら出してくれ。

形勢不利になったんでひとまず遁走して、ほとぼりが冷めて話題が変わった頃に何事もなかったように出てくるつもりなんだろうが
せこいことしまんなぁ。どうせ逃げたと言われるのがオチでっせ。

695 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/28(金) 20:26:11.52 ID:qA19ajqC
>>694
>ほとぼりが冷めて話題が変わった頃に何事もなかったように出てくるつもりなんだろうが
それが日蓮教ゾンビの毎度の醜態だ。

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/29(土) 03:22:45.31 ID:DzGLzgvR
>>561
竹本さん?

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/29(土) 08:30:51.95 ID:cUDD70gM
>>610>>611
国賊の話題はまだつづく・・、

wikiからコピペした律宗の名僧、叡尊の年表で、文永・弘安の役のとき
なにやってたか? といえばこんなん、、

文永10年(1273年)蒙古襲来に際して伊勢神宮に参籠し大般若経を転読する。
文永11年(1274年)蒙古襲来に・・四天王寺で
亀山天皇の行幸を得て百座仁王会を修する。
・・・
弘安4年(1281年)蒙古襲来に・・亀山上皇の御幸を西大寺に迎え、
石清水八幡宮で尊勝陀羅尼を読誦する。

↑72才と80才らしいけど、ちゃんと蒙古退散の戦勝祈願やって、
仕事してて、いったいこれのどこが「律国賊」なんだろうね?


いっぽうの日蓮さんは52才と59才でだいぶ若くて、wiki年表ではこんな感じ、、

1274年(文永11年)春に赦免となり、幕府評定所へ呼び出され、
頼綱から蒙古来襲の予見を聞かれるが、日蓮は「よも今年はすごし候はじ」・・
1274年(文永11年)、蒙古襲来(文永の役)。予言してから5か月後にあたる。
・・・
1281年(弘安4年)蒙古軍再襲来(弘安の役)。

↑↑↑文永・弘安の役ともに祈祷をやったとはひとことも書いてない !!!

書くことないから、仕方なくて、完全後出しの自己申告でしかない
予言もどきで話をゴマかしてて、でも選時抄のもうひとつの予言、
「真言亡国」は完璧に大ハズレなんですけど、そちらのほーは
日蓮教の皆さんは、気がつかないのでしょうか・・? ? ?

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/29(土) 08:56:16.35 ID:cUDD70gM
>>697
なんちゅーこたない、結局、関係者全員、
日蓮さんが蒙古襲来のとき、なんも加持祈祷してないことを
知ってんじゃんね、>>553の日蓮映画のラストで日蓮さんが、
ナンミョーゲキョゲキョ連呼すると、嵐が起こり蒙古船がバリバリと
沈んでゆくシーンは完全に嘘話な、洗脳用の映画だったのか、。

で、自分がなにもしないで遊んでただけじゃないんですよ。
営業の手紙は、文永の掘っ立て小屋のときはムリだったみたいだけど、
弘安四年は、二十五通残ってるから、じっさいは
その何倍かの数を書いてる営業熱心さ、。

それでも蒙古退散のための祈祷は一切ヤル気ありません、、、。

文永の時は、気まずかったのか、後出しで蒙古襲来の時期を当てた、
みたいなネタでゴマ化してるけど、真言亡国の主張が大ハズレだったのを、
日蓮さん気づいてないみたいね・・。

問題は弘安の役のあとの富城常忍あての手紙で、
なんか年寄りだしいー♪ ちょっと病気もあるしいー♪
最近食事ものどをとおらないんですよおー♪ というわけで
手紙もなかなか出せなくて、すいませーん♪ という泣き言から始まり・・。

でも、病気がちとはいえ、あの叡尊の評価が高まってると聞いては
日本国のためにも、ちょっとダマっているわけにはいきません(キリッ !!)・・。

↑↑↑日本国のためなら、蒙古退散の祈祷しなきゃダメでしょ !!!

祈祷もしないで、他人の蒙古退散祈祷の成功をネチネチと嫉妬しながら
ワルクチ言い続けて、長文の手紙書いてる「体調不良」のはずの坊さん・・。

えーっと、律宗が「国賊」で、真言のせいで「亡国」する予定だったんですよね・・。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/29(土) 09:09:09.42 ID:cUDD70gM
>>613
弘安の役は、わざと祈祷やらないで、真言のせいで日本が滅ぶぞおー♪
と一人ネガティブ・キャンペーンやってる、とんでもない国賊なわけで、、

日本が負ける方にギャンブルの目を張ったみたいね。
蒙古水軍が十万以上の兵力なのは、半年前から鎌倉に情報が
伝わってたらしいけど、結局は丁半博打やって負けただけ。。

>>614
祈祷だけなら、べつに真言のスタイルでなくとも、日蓮映画みたく
法華経の読経でもやって見せて、パフォすればいいだけでしょ、、
それすらやってない怠慢さが、意図的にワザとやってるとしか・・。

>>619
辞書はこんだけ↓、言葉の意味を勝手に作りすぎ。

【亡国】ぼうこく (三省堂 大辞林)
@ 国をほろぼすこと。 「 −論」 「 −の徒」
A ほろんだ国。また,ほろびようとしている国。

国内の権力闘いにすぎないし、天皇の血統が途絶えたわけじゃないし・・。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/29(土) 09:24:09.30 ID:cJKkLA6D
末法無戒をもって任ずる破戒僧の日蓮にとって、戒律復興を掲げる叡尊と忍性は特に憎悪の対象だったようだ。
それにしても忍性の極楽寺が火事にあったのを「焼亡の事委く承って候事悦び入って候」(王舎城事)はひどすぎる。
御本仏どころか、人としてどうかと言わざるを得ない。

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/29(土) 15:31:09.50 ID:yMfkIc4c
>>626
>天台の三大部(594年に揃う)は、像法においてのみ有効

像法でも効力なし。
それどころか災厄を撒き散らしていた、に訂正しろよw

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/30(日) 08:29:42.01 ID:2wH/l+vo
>>700
ちょっと思い出したけど、ヤフー知恵袋に、
極楽寺の記録を調べた人がいて、それによると

雨乞い祈祷は、頼基陳情や種々御書の1271文永八年には記録がなく、
その二年前の1269年には記録があるから、日蓮さんの
かん違いではないだろうか? という質問で、

それに答える日蓮信者さんによると、

大聖人が御書に何度も書いてるから、間違いなく
歴史の事実である・・というもの。

じっさいは六年後の頼基陳状にしか雨乞い対決の話はなくて、
それも日蓮さんは祈祷とか一切しないで、良観だけが祈祷をして
雨が降れば良観の勝ち、降らなければ日蓮の勝ち、という
「祈祷対決」のカタチにすらなってない、スゴイ変な話。

ウソですよ嘘、六年後になって思いついた作り話・・。

だからうろ覚えで、年号間違えても気がつかないのだ。

種々御書には、良観の雨乞い失敗のワルクチはあるけど、
対決したとは書いてなく、行敏訴状には、弟子が良観に
数百人も殺されたとあって、でもじっさいは東条景信にやられた二人だけだし、
弟子数百人もいるはずないし、雨乞い対決の話も書いてなくて、
ムジュンだらけで、なんかもうね・・。

ついでに言えば、公場対決とか言ってる日蓮教の学者せんせーたちって、
アタマ大丈夫なんですかね・・。

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/30(日) 08:43:26.49 ID:2wH/l+vo
>>626>>701
これもあらためて言われるとヘンな話だよな・・。
天台三大部は、

像法時代の産物 = 去年のカレンダーだからもう使い物にはならん。

・・by ikeda、となるはずなのに、なんで、五時八経、一念三千、開三顕一・・、
みたいな天台用語や、天台大師がこう言った、妙楽大師がこう言った、
伝教大師が・・、みたいな今じゃ効き目がなくて使えねーはずの話を
いまだに使い回ししてんの?

これちゃんと、信濃町や、大石寺、久遠寺、あたりに電話して、
どうなってんですか? って確認したほうがいいぞ。

もちろん、だれも答えられないとは思うけど・・。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/30(日) 12:23:58.42 ID:fkzPmgvV
日蓮にいろいろ問題があることはわかった。
日蓮のいいところをみんなで知恵を絞って考えてみよう。

705 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/30(日) 12:46:42.56 ID:TTbEBH21
>>702さん
>雨乞い祈祷は、頼基陳情や種々御書の1271文永八年には記録がなく、

一つの真筆遺文として扱われる種種御振舞御書ですね。
これは複数の断簡や遺文を集めたものだそうです。

寛文9年(1669年)法華宗門書堂「刊本録内御書」では
四つの遺文扱いだったそうです。

「種種御振舞御書」「佐渡御勘気御書」
「阿弥陀堂法印祈雨事」「光日房御書」4つの遺文。
注意して扱わないといけないですね。そういえばそれぞれの
真偽未決を私は確かめたことはありません。

遺文の部分部分でこの辺りは疑わしい、というのは
ネットでも時々見かけます。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/30(日) 12:46:48.11 ID:J7NsprQ+
>>703
使えるものは使うということだろ
いちいち揚げ足とるな。子供かw

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/30(日) 12:59:20.41 ID:Ke1EPyr3
>>706
>使えるものは使うということだろ
>いちいち揚げ足とるな。子供かw

去年のカレンダーをいまどうやって使うのwwwww

708 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/30(日) 13:07:32.76 ID:TTbEBH21
>>620-621さん
>>661さん

>★★★“法華広まるところ乱あり!!”★★★
>凶悪狂典法華経の血塗られた歴史 〜これで真言亡国?〜

>○天台智>陳=他国侵逼により滅亡、陳王家一族族滅
>      隋=自界叛逆により滅亡、隋王家一族族滅

中国天台って一度弾圧されて滅んで、他のところから中国天台の教えを輸入したそうです。
輸入した元と言われるのが、某半島らしい。
あの国のあの法則
ttp://www.h3.dion.ne.jp/~duke/politics/hosoku1.html

中国天台が何時弾圧されて何時どんなふうに半島仏教を輸入したのか、ぜひ知りたいです。

709 :スチールカン:2015/08/30(日) 13:41:58.89 ID:FA4csw5T
>>707さん
横レスになりますが、
彼らの代弁として申し上げれば、
カレンダーを丸めて相手の頭を叩く道具としての法華経なのでしょうね。
法華経だけでも八本、他経典をも合わせれば結構な本数になりますねw

では、彼らの今年のカレンダーはというと、、、、日蓮遺文集?
まぁ、教義がコロコロと変わってしまわれる話が世界に役たつとは思いませんですがね。
「外国での布教としては、釈迦仏法から教える。」、、、なんても言っていませんでしたっけw
末法の国が他国に正法を教えてるという矛盾?

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/30(日) 13:59:55.99 ID:fkzPmgvV
>>709
>カレンダーを丸めて相手の頭を叩く道具としての法華経なのでしょうね。

うまいこと言うなあw

711 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/30(日) 14:01:06.14 ID:+IevQ35P
>>708
度重なる廃仏で大陸側の天台が壊滅状態になったので、半島や日本に流伝していた
文献の逆輸入でバックアップを図ったのは周知の事実。
ちなみに日本天台の教学入門書として長く重宝された「天台四教義」は高麗の諦観の著書。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/30(日) 14:02:00.84 ID:fkzPmgvV
思うに佐野研二郎は日蓮の生まれ変わりかもしれないな

713 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/08/30(日) 15:56:09.68 ID:TTbEBH21
>>711

>度重なる廃仏で大陸側の天台が壊滅状態になった
一度ではなく度々か。ありがとうございます。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/30(日) 19:28:23.71 ID:jioAaWXC
呆気経の業者と密教の阿闍梨はやっぱり違うんだね。

天台智
陳末の兵乱を廬山に避け、
開皇11年(591年)隋の晋王であった楊広(のちの煬帝)の懇請で晋王に菩薩戒、「總持」の法名を授け、
晋王から「智者大師」の号を賜わった。wikiより

不空金剛
天宝14年(755年)、安史の乱をきっかけに 精力的に教化活動を行い、
安禄山が洛陽を支配すると、不空は勅命により西京長安に帰り、
大興善寺に住して灌頂の壇を築き、調伏の修法を行なった。
これにより、唐朝の帰依を集めた。wikiより

元寇の折、身延に引き籠った日蓮と護国の祈祷を精力的に行った叡尊上人良観上人とかぶりますね。

日蓮も智に倣って母国を滅ぼした侵略国に取り入ろうとしたのかな?

715 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/30(日) 21:54:39.79 ID:Ocw7xLMO
>>713
>一度ではなく度々か
9世紀には会昌の廃仏が
10世紀にも顕徳の廃仏が起こったし。

716 :スチールカン:2015/08/30(日) 22:20:20.94 ID:Xa473BXj
>>710さん
カレンダー”という例えが適切なものかという疑問もありますが、
日蓮にしろ創価にしろ、未来のカレンダーというものを作ったはずでありまして、
広宣流布達成の日を今一度、予言してみろと言いたいものです。
日めくりカレンダーのように、次の日には捨てるような教義を信じているのも神経がまいってしまいますねw

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/30(日) 22:29:16.93 ID:Xa473BXj
文底秘沈→13月
日蓮本仏→14月
広宣流布達成→15月

なんでも作ってしまえばいいじゃんw

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/31(月) 06:57:14.60 ID:qeHm4qTi
>>712
たしかに顔は似ているようだ。

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/31(月) 07:09:07.61 ID:qeHm4qTi
日蓮と佐野研二郎はどちらもパクリの常習犯だが、パクリ元を誹謗・中傷して一見、パクったと思わせない日蓮のほうが一枚上だろう。

720 : ◆jtrOlGhw7E :2015/08/31(月) 10:01:46.16 ID:VZBByjpU
こそ泥に入った先に火をつけるような根性だな。

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/08/31(月) 23:08:10.43 ID:EwpvUNJx
>>718
池田の若い頃の雰囲気も
http://apr.2chan.net/dec/61/src/1419591488217.jpg

722 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/01(火) 00:21:19.73 ID:Hw6R1AbT
「去年のカレンダー」を盾に法華を曲解する。
それが日蓮教の手口なのだよ。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/01(火) 13:11:58.25 ID:nBi39Via
いちおう公式には漢訳大蔵経に収められている経典は仏教経典ということになっているのだろうか。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/01(火) 23:17:52.72 ID:80skzLHC
山椒島さん最近見かけないな。
元気にされているのかな?

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/01(火) 23:38:03.08 ID:80skzLHC
>>626
>理屈に合わない事は起こらない。
>たとえば、陳(589年滅亡)も隋(618年滅亡)も、暗君・暴君が出てきて国力が衰えたため、滅亡しただけの話。
>(陳の陳叔宝は政治そのものを顧みず、隋の煬帝は道士を重用し奢侈を好み残虐な政治を行った。)

隋の煬帝の場合は事情がチョト違う。

『隋書』煬帝紀には
“於是封府庫,資財無所取,天下稱賢”(府庫を封印して、資財を一切押収しなかったので、天下の人々は賢者であると称賛した)

また、wikiに“楊広の生母の独孤伽羅は一夫一妻意識が強い鮮卑出身であったため、
「自分以外の女とは関係しない」と文帝に誓わせている。
また文帝自身は質素倹約を是としていた。ところが、楊広の兄で皇太子の楊勇は派手好みで愛妾を求め、
正妃を疎かにしたため、特に皇后に嫌われた。
この状況を楊広が利用して自らの質素を宣伝”
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%85%AC%E5%B8%9D

との記述があるように若い頃は割とまともであったようだ。
それが陳平定後、天台智と出会い法華経に接して以降徐々に人格が変わっていったようだな。
親殺し(五逆罪)疑惑、道士を重用し奢侈を好み残虐な政治を行った、その後の
亡国と自身も殺害されて生涯を終えている。

726 : 【末吉】 :2015/09/01(火) 23:59:15.18 ID:I3hkREwE
まさに“法華亡国”。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/03(木) 08:32:48.63 ID:pqITeeo+
インドの仏教が中国に入るといろいろな歪みを生じたところはあるね。
皇帝の顔色をうかがう教学というか、鎮護国家のための思想的道具というか。
純粋な仏道の研鑽に励んだ名僧・高僧も数多いが、政治色を強めた教団がでてきた。

728 :日蓮教徒は天罰にあって全殺されるだろう!:2015/09/03(木) 10:42:27.18 ID:3n1/S0eN
日蓮=高麗蒙古と通じて内憂を作った売国奴


日蓮というクソ坊主に言われる数年前から、鎌倉幕府は、高麗が蒙古に滅ぼされる戦の戦況報告を調べていた。

蒙古が密かに、朝鮮半島南端に屯田兵を置いたことも、鎌倉幕府は知っていた。

だから、国防のために増税が必要だったのである。

そして、日蓮坊主の言葉に反して、鎌倉幕府は勝利した。

729 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/03(木) 14:09:03.92 ID:wxnQY4qt
法華に帰依しようがしまいが国は必ず滅びる。

諸行は滅するに因を待たず。

730 :米山士郎 ◆jI9WHdcIZs :2015/09/03(木) 22:43:32.18 ID:SEg7SS6I
>>729  ◆jtrOlGhw7E さん
今年、神武天皇即位紀元2675年なわけです。これをどう見るかは別。
ただし、それがですね。主に私が若かった頃の壮年婦人部の学会員思考というのは、

「日蓮大聖人がお生まれになった不思議な国。意味のある国」

「日蓮大聖人がお生まれになった因から、果として26xx年も続いている」

「日蓮大聖人がお生まれになることが必然だったから日本という国がある」

ということを切々と教えられました。学会の書籍にはない(と思う)のですが、
当時、こうした考えが壮年婦人部何人かに存在したのは事実です。
これを熱っぽく語ったのは在日韓国人の血筋のある人だと想像しているのですが、
学歴はなくとも、ある程度頭のいい人でした。すごい妄想ですよね。(笑)

731 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/04(金) 03:12:56.57 ID:oMQZGtyn
>>730
>日蓮大聖人がお生まれになった不思議な国。意味のある国
田中智学一派が妄想した「日蓮主義」なんかのパクリだろう。
>在日韓国人の血筋のある人だと想像しているのですが
意味も脈絡も不明な飛躍だが。

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/04(金) 03:22:33.21 ID:DFchYKjw
天皇の祖先なんて韓国人だぞww
だいたい大昔は地続きだったのだから想像できるだろ

733 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/04(金) 11:53:13.72 ID:oMQZGtyn
>>730
>神武天皇即位紀元2675年なわけです
そんなものは「「周書異記」の仏滅年代の信憑性とどっこいどっこいなのだが。

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/04(金) 13:04:23.90 ID:K8FeTmri
天台智の公場対決については日蓮の『報恩抄』に記述がある。
しかし陳隋の世と同様、日本も桓武帝の後薬子の変が起ったように“天下泰平”にはならなかったのに
このブログ主アタマおかしいんとちゃう?

http://blog.livedoor.jp/inae_sokagakkai/archives/1794846.html(赤鬼のブログ)
>天台大師時代の陳主のように、伝教大師時代の桓武天皇のように、
>双方を召し合わせて、国主がみずからこれを裁くことによって、
>正法が広宣流布して、天下太平となったのである。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/04(金) 13:54:58.03 ID:KNZSw9A1
ここはやばいのでわ?
創価はこの御方を利用しているだけでこの御方の功徳を受けていない
創価教育学会の教えをしているから日蓮系の尊い「み仏」とか「み仏の加護」とか言う言葉もない
日蓮系では最上稲荷とか七面山とかあるし一緒に考えるのはやばいのでわ。
夫の実家も霊友会系分派だし(同じお経だが、霊感供養とかある。創価は無し、牧口戸田池田が創価教育学会の教えで、
この御方をあたかもと利用している、創価教育学会=新宗教である)から叩くのは池田宗
池田大作死刑になっても麻原以上だが(罪を認めていないから)
だが、この御方は一緒ではない。創価はこの御方(仏さま)を利用して金儲けしてるから
叩き潰すのはこの仏様のために、この仏様を利用してあたかも自分らがと言って評判下げている池田宗、池田ファンクラブ、牧口主義、創価教育学会でわ?

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/05(土) 08:28:50.06 ID:AkrX/rnG
>>704
ストーリーテラーとしては優秀な人と思うよ。
とにかく話が面白くて、そこが庶民受けするところ、、
たとえば某御書・・。

人の頭には小鬼が住んでいて、さらに頭に七つの
蘭の花のつぼみが咲くそーですが、そのつぼみを小鬼が一つ食べると
頭痛が起こり、三つ食べると、ものごと、何をやってもうまくいかなくなり
七つのすべてを食べ尽くされると、その人は死んでしまいます。

もう、なんの話の元ネタかわかりますね・・。

でも龍の口も同じように平家物語のパクリだから、
受賞歴多数の有名ロゴデザイナーみたく、モラルに問題あるかも。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/05(土) 08:45:20.71 ID:AkrX/rnG
>>705
種々御書は、真筆曾存で、平左衛門との世間話で、
極楽寺の雨乞い失敗の話をもちだして批判すると、
平左衛門と郎党がどっと笑うけど、雨乞い対決の話は
出て来ないところがポイントよ。

極楽寺に文永八年の雨乞いの記録がないのであれば、
日付を改ざんして日蓮さんが話を作りかえてる疑いが強いとしか・・。

光日房御書は真筆だけど、この場合の公場対決は、
佐渡帰りの鎌倉評定所で平左衛門と、真言、念仏、禅の、
関係者から諮問を受けたできごとを示すみたいで、

あれこれ聞いてみると、仏教知識はデタラメのうそ八百、

これから蒙古が攻めてこようという時に、日本が滅びるぞおー♪
と得意げに予言もどきを連呼されても困るから、その結果
救いようのないバカタレと判定されて、身延への追放処分でしょ。

公場対決と雨乞い対決がごっちゃになってる人みかけるけど、
雨乞い対決の話が唯一出てくる、頼基陳状は写本でしかなく、
日蓮教の真筆ゼッタイ主義の人たちは、「写」マークの
意味わかりますか・・・?

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/05(土) 09:02:53.13 ID:AkrX/rnG
>>706
使えないものを使い回ししてよいのだろうか?
という素朴なぎもんよ。

自分たちが使えねー、と一方的に決めつけてんのに、
その舌の根も乾かないうちに、また使えない話をさりげなく
持ち出して来る二枚舌っぷり。

子供かよw と逃げるなら、んじゃ日蓮教の大人の常識だったら
この二枚舌のムジュンが許されるってことか???

安国論では、使えないはずの爾前経を、また持ち出してくるムジュン。

正法像法は、賞味期限が切れてるから、客人にお出ししたら、ダメだろ。

箸を付けていないという言い訳で、客の食べ残しを別の客に
出してしまう某一流料亭。

賞味期限切れなのに、雨乞い対決のように、日付を改ざんして
さりげなく売ってる、有名観光地のあんころ餅屋さん。

使っていいかどうかは、ルールを決めた当事者が厳格に守るべきで、

でもルールを宣言して、自分が真っ先にそれを破っちゃえば、
他人を出し抜くことが出来て、世間的にはオイシイことも多いです。

最後はモラルの問題と思うけど、モラルゼロの人たちに限って
口先だけのキレイごと言いたがって、衆生救済とか菩薩行だとかな・・。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/05(土) 09:12:12.68 ID:AkrX/rnG
>>734
これも報恩抄なら、前すれにあった宋高僧伝の
善無畏、金剛智、善導あたりの話とおなじで、公場対決も
もと原稿を改ざんして作り替えた、100ぱーせんと嘘デタラメの
つくり話でしょ、もう改めて調べる必要もなさそうな・・。

それと桓武天皇は、最澄さんが唐から持ち帰った密教に狂喜するあまり
南都六宗の指導者を呼びつけて、無理やり最澄さんを導師として
南都のおエライさん相手にカンチョー(灌頂)させちゃったのよw

だからこれを対決とするなら、南都に勝ったのは、天台ではなくて、
「密教」なんだよね、日蓮さん巧妙にゴマかしてるけど、意味わかりま?

そしてこの事件が、南都仏教の比叡山に対する根深いうらみとなって・・。

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/05(土) 10:56:44.42 ID:RdDV35gW
>>738
子供か
ごちゃごちゃ喚くな
過去を一切捨てるわけではないだろ

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/05(土) 12:35:38.76 ID:Qk8dG/7h
>>740
>過去を一切捨てるわけではないだろ

あれー、「余経も法華経も詮無し」なのに?

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/05(土) 12:40:57.90 ID:Qk8dG/7h
自説に都合が悪ければ、未了義経・方便である、といって切り捨てるが、
都合が良ければその切って捨てたはずの未了義経・方便をゴミ箱から
いくらでも拾ってきてリサイクル、と。まさにゴミでできた日蓮教義。

日蓮毒が回ってるとこんなことすらもわかんなくなるのだね。
お気の毒様といえばお気の毒様だけど。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/05(土) 16:01:38.49 ID:B1xCAKBy
今日も楽しく日蓮大聖人と遊びましょう

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/05(土) 21:14:49.67 ID:3dOX7g3q
創価と一緒にすんな(涙)池田ファンクラブ、牧口主義、池田宗とこの御方(仏さま)は違います
この御方(仏さま)を利用して、金儲けしいる教育団体創価教育学会と一緒にしたらあまりにも罰当たりです。
私は最上稲荷行って霊友会系教団で七面山身延山に行きますし。止めてください。
この仏さまを悪く言うのわ(涙)創価はこの方の功徳は受けていない、日蓮正宗ではカラーコピーの御本尊だと彼らは言っているようですので
日本の右翼のマフィアと一緒に考えないで(涙)

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/06(日) 02:55:52.38 ID:BB5f7M02
>>743さん

遊びましょうね、、、、同意。

746 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/06(日) 13:25:22.92 ID:YhBxhXzM
>>744
ホトケはホトケでも行旅死亡人という意味だろうな。

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/07(月) 00:36:54.49 ID:2XOF6iqt
「アメリカ女子バレー選手が好みということは、貴方は英国人では?英国人が天皇なのは、変では?」
→俺「英国人が天皇なのは微塵も変ではない。天皇は、地球上人類の神に1番近いのである。
英国人も日本人も人類である。英国〜エイ(東洋西洋逆で、イエ(家))、
英〜二天央(王)〜二天王〜二天皇 同じ
地球上の人類の神に、天皇・皇族の次に、近いのが、英国女王とか、王族と言われている。なので偉いのである。
タイのプミポン国王も、王族で、神ラーマに近い存在と言われている。
でも、俺の方が、さらにラーマに近いのである。なので、俺「林田」の方が偉いのである。

「日本列島の人達は、全員、祖先は天皇なのではないのですか?」→俺「移住してきたり、養子とかで、途中から血が繋がっていない人も存在している。
それに、血筋と言っても、血が薄くて似ていない人も居る。俺みたいに、全部が一致している人は他に居ない。」

俺の妨害をしていて、俺の仲間の振りをしていて、貧乏な格好にさせようとしているのは「#日蓮宗」だという連絡が来た。「#日蓮正宗」ではないの? そこが「偽・創価学会」とか言われている、
創価学会に似ているけど、何か劣っている人々だそうだ。俺はどちらでもない。宗教に属した事がない。
「アベ」が攻撃されていたので、「日蓮正宗 阿部日顕」だと思うのだが。俺を創価学会だと思い込んで、何度も超音波・ビーム攻撃をしてきていたので、
敵対組織で、そこが最初に出てきたんだけど。俺は、天皇陛下より偉い「天皇」なので、「日蓮」よりも品位、身分が上だぞ。

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/07(月) 00:37:38.72 ID:2XOF6iqt
@私は、起訴以前に逮捕されない特権を所持しているが、この人は、起訴も逮捕も報道もされる。
私とは身分が違う。私の方が偉い。
→ 竹田恒昭 被告(35)。麻布署が7月20日、東京・六本木で大麻を所持していたとして大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕 http://www.daily.co.jp/society/national/2015/09/02/0008359838.shtml
日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長のおいで、明治天皇の玄孫に当たる男を、東京地検が8月に大麻取締法違反(所持)の罪で起訴していた

@プーチン大統領「ある国々が歴史を偽ろうとしている」
「現在、第2次世界大戦の歴史を偽り、事実に基づかない、捻じ曲げた解釈を進めようとする試みがある」と指摘しました。
この際、大統領は特定の国名を挙げていませんが、北方領土問題でロシアは日本に対し、第2次世界大戦の結果を直視するよう繰り返し求めています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150903-00000018-jnn-int

@伝統的な家柄で「ハ」の髭の公爵・公家などは、
伝統的に頂点の「尾」「天守閣」の血筋である「ハ王(皇)」の私「https://pbs.twimg.com/media/CNS-fIvUcAAZzQB.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CHehnAFUkAEfcm0.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CH0iVszUwAAnjOe.jpg 」の家柄に従う必要がある。
なんで、私の銀行口座に、預かっている現金の一部分を振り込まないのだ?(毎月40万円を振り込めと命令済)
私は既に、アメリカ政府・大使館、ロシア政府・大使館などなどへ連絡済で応答もある。

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/07(月) 00:38:57.55 ID:2XOF6iqt
8月13日…和歌山県の西山浄土宗・光禅寺の住職・藤原康伸容疑者(44)逮捕【お盆のお供えを盗む。】

8月19日…京都市黒谷町の浄土宗大本山・金戒光明寺塔頭、顕岑院(けんしんいん)副住職 白嵜学成(41)逮捕【市内のコンビニエンスストアで会社員女性(24)のスカート内を盗撮】

8月25日…京都市の浄土宗・佛教大学(旧名・佛教専門学校)2年生の男(20)を逮捕【おさえられない気持ちで女子高生(16)のおパンツを盗撮】

8月27日…新潟県加茂市の曹洞宗・善興寺の僧侶、高野大吾(30)を逮捕【児童売春】

8月28日…岐阜市の浄土真宗本願寺派・円徳寺住職、松田明宗(65)【女子高生を昏睡状態にして襲い準強制猥褻】

8月31日…愛知県稲沢市平和町の真宗大谷派・明喜寺の僧侶、大野賢了(54)【殺人未遂、名古屋市の真宗寺院住職を殺害しようと包丁で切りつける】

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/07(月) 00:39:45.24 ID:2XOF6iqt
指令をインターネットで公に事前予告、宣伝済、天罰。腕や足に、イナズマの刺青を付けているAV男優も天罰対象。
記録を付け足すのが手間だが、更に多数、逮捕されている。(2014.6.4 - 2013.5 分から抜粋)
2014.06.04 わいせつ行為、ネットで生中継 初の現行犯逮捕 公然わいせつ容疑で 無職 松本隆志 (30)大阪市北区(個人AV撮影者)
2014.04.30 「10人以上とした…」女子中生とわいせつ行為の無職男を逮捕 コスプレ撮影も 東京都世田谷区代沢、無職、池田瞬(24)を逮捕(個人AV撮影者)
2014.04.07 埼玉県青少年健全育成条例違反の疑いで、東京都新宿区河田町、ポルノ俳優 沢井亮(34)逮捕(偽・種馬。偽・偉い人の子。ベトナム人。)

2013.11.30 無修正アダルトビデオを撮影させたとして、横浜市港北区新吉田東7 非常勤講師、菅原瞳(27)をわいせつ電磁的記録記録媒体頒布幇助容疑で逮捕
2013.11.08 AV女優 無修整撮影ほう助容疑=静岡|読売新聞
千葉県佐倉市吉見、映像制作業 上滝浩一(45)を わいせつ電磁的記録記録媒体有償頒布目的所持の疑いで現行犯逮捕
画像を撮影させたとして、「埼玉県三郷市谷中、AV女優 飯田佳那(26)、千葉県船橋市西船、AV男優 橋本和明(30)、
東京都豊島区池袋、田中潤一(38)、東京都目黒区青葉台、芸能プロダクション経営 安藤拓生(47)」を ほう助容疑で逮捕。
2013.10.31 公園でAV撮影容疑、女子大生ら男女3人を逮捕
名古屋市中村区の公園内でアダルトビデオの撮影をしたとして、愛知県警中村署は30日、愛知県稲沢市駅前 アダルトビデオ監督 高月勉(39)、
愛知県清須市桃栄、病院職員、佐合政彦(56)、神戸市北区、大学生 志賀美咲(20)の3容疑者を公然わいせつ容疑で逮捕。
http://news.yahoo.co.jp/related_newslist/sex_offense/

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/07(月) 00:42:07.76 ID:2XOF6iqt
「僧侶も既に特権から外されている」2013.6.9 レンタルビデオ店で下半身を露出、埼玉県警東入間署は9日、公然わいせつの現行犯で、
真言宗・東福寺=埼玉県所沢市本郷=の副住職、荒泉崇弘(しゅうこう)(39)=同市東所沢=を逮捕
「利権団体最高幹部の子も余裕で逮捕」2013.05 ポルノ禁止法違反(児童買春)容疑で、東京都品川区南品川、会社員、大橋直昭(42)を再逮捕
「100人近くと買春した」と供述。自宅から14〜17歳の22人を含む60人以上との性行為を撮影しビデオテープ62本。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/07(月) 03:41:04.15 ID:6PVFu6ys
とにかく日蓮だけはダメ
ありゃ変態、キチガイ、イカサマ坊主よ

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/07(月) 08:39:29.03 ID:cAYhpEXE
そうそう、浄土宗の悪口はいいが
御方(仏さま)の悪口はやめて下さい。創価も褒めるならいいが、わたくし霊友会系でも
この御方(仏さま)を悪く言うのはやめてくださいね(涙)
この御方は創価と違うから。軽く言ったら罰当たりですので。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/07(月) 09:13:32.01 ID:+YIVdJRc
>>753
どうして浄土宗の悪口はいいの?
あなたが日蓮を仏様だと思う理由はなに?

755 :日本・天皇G林田+内田 ◆WSZ7beIuXw :2015/09/07(月) 16:41:12.71 ID:2XOF6iqt
連絡では、俺の事を 「アレス」に見せかけようとしている人が居るそうだ。外国が調べたところ、俺は「ゼウス」だそうだ。
俺自身が、自分を色々と見たところ「海のゼウス」と言われる「ポセイドーン(ネプチューン)」ではないか?という結論。
日本の芸能人で「ネプチューン」というのも存在している。
http://www.theoi.com/Olympios/Poseidon.html
http://www.theoi.com/Olympios/Zeus.html
http://www.theoi.com/Olympios/Ares.html
誘導、人生設計?プログラムとしては「アレス」として動かされている事が多いが、これは明らかに間違いである。
娘が居ないのに(それ以前に、子が居ない)、無理やり、娘が居るように見せかけている人達が居たり。怪我をさせようとしたり。無理やりアレスに似せようとしている。

756 :日本・天皇G林田+内田 ◆WSZ7beIuXw :2015/09/07(月) 16:41:52.46 ID:2XOF6iqt
浄土真宗本願寺
2015.1.17 浄土真宗本願寺派 総務 仲尾孝誠師 死去
2015.2.2 浄土真宗本願寺派 元総務 酒生文彦 死去 
2015.2.12 浄土真宗本願寺派 瓜生津隆真(うりゅうづ・りゅうしん=京都女子大元学長・仏教学) 死去

757 :日本・天皇G林田+内田 ◆WSZ7beIuXw :2015/09/07(月) 21:39:55.53 ID:2XOF6iqt
指令を受けて子を増やしている組織の囲っている女性達。指令を受けて「江沢民」の子や孫を量産していると思い込んでいたら、「江沢民 http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6e/6c/f856a256a1b6e3eff19857d4a9797389.jpg 」ではなくて、
「許宗萬 http://www.jiji.com/news/photos/photo_news/images/450/view2602628.jpg 」の子と、子を増やしていたという連絡有。
もちろん、増やす相手を間違えているので、書いている。

増やす、サービスをする相手は、これ。
「天皇・神仙・仏の直系子孫である私は、ちゃんと「白毫(びゃくごう)は、仏(如来)の眉間のやや上に生えているとされる白く長い毛。右巻きに丸まっており、伸ばすと1丈5尺 (本当は1.5cmだろう」も遺伝している。
http://pbs.twimg.com/media/BXLgFoECAAEe8HF.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CI5nAsiVAAArhJ3.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CLYe5hyUMAA8ZXf.jpg 」理由は「祖」「先祖」の血筋。

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/08(火) 07:12:00.17 ID:3hfp5NKJ
↑この人を身ごもっているときに、お母さんは日蓮に帰依して必死に題目を唱えたそうな。

759 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/08(火) 12:56:18.90 ID:2kV0cWiL
釈迦牟尼であろうがそのワナビーの日蓮だろうが、生類である限りは老病死という不可避の事態を免れない。

これが諸行無常という厳然たる現実だ。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/09(水) 08:17:01.72 ID:U8bLRvgu
そういう基本的な認識から仏教思想がうまれたのだが、日蓮教ではなぜかお留守になっている。

761 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/09(水) 10:26:43.93 ID:toBQbrzv
お留守というよりも目を背けて否定しようと躍起なのだが。

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/09(水) 12:08:39.63 ID:AaXr4SRj
日本宗教学会 第74回学術大会2015年9月5日創価大学において、宮田幸一教授の衝撃的発表
(日蓮本仏論を捨てる創価学会?!)
https://www.youtube.com/watch?v=cvi5ADbnRkY

763 :日本・天皇G林田+内田 ◆WSZ7beIuXw :2015/09/09(水) 12:36:15.64 ID:uOF+nSvd
#台風 18号の被害の大雨、洪水が「縦型」なのは。 #日蓮宗?#日蓮正宗?#立正佼成会?#真如苑?「オレンジ、橙」組みが。
海外から預かった「貴重な女」を「日本を守る盾」とか言って、自分らの仲間の「従軍慰安婦」みたいな事をさせていた罪でジャブジャブだそうだ。被害地域も該当地域。

764 :日本・天皇G林田+内田 ◆WSZ7beIuXw :2015/09/09(水) 12:36:57.69 ID:uOF+nSvd
>758
俺は、日蓮は関係がないよ。日本の支配者なので、命令をしているとして、日蓮とか創価に命令を書いてるだけだから。

765 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/09(水) 13:20:59.47 ID:toBQbrzv
>>762
今に日蓮教も放棄して只のニューエイジ系自己啓発カルトになるだろうな。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/09(水) 13:25:39.48 ID:UKapURFh
>>765
それでもそちらの方が日蓮カルトよりマシなのではあるまいか

767 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/09(水) 14:12:57.10 ID:toBQbrzv
>>766
どちらに転んでも仏教とは相容れないわけだが。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/09(水) 14:57:58.47 ID:U8bLRvgu
>>765
創価にとっては現世利益の匂いさえすれば信者を釣るのに不都合はないわけだしな。

769 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/10(木) 12:27:26.96 ID:FwRpndxQ
>>768
日蓮教でいう現世利益ってのは狂信的に題目を唱え続ける多幸感だけなのだが。

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/10(木) 14:29:40.82 ID:DZjxvjWG
>>769

そのほかに、「三障四魔」とか「転重軽受」とか、豊富な言い訳でアフターケアが行き届いている件

771 :スチールカン:2015/09/10(木) 19:20:57.58 ID:+mJvkK26
日蓮が法難を「転重軽受」とは、随分と楽観的に考えているのだろうかね?
熱原の信徒、あれは軽きを受けられるはずが重きを受けちゃたようなものでしょうか?

772 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/10(木) 19:32:59.52 ID:FwRpndxQ
身命と引き換えに題目中毒の多幸感を取った熱原の信徒。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/11(金) 17:54:25.83 ID:YNEUS/KJ
信徒が念仏を唱えろと生命を脅されたのを知れば、ならば念仏を唱えろと普通の仏者なら言うのではないか?

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/11(金) 21:22:08.24 ID:eN80/RdQ
エタ

775 :スチールカン:2015/09/11(金) 22:17:36.51 ID:Y2E5/nav
>>773さん
大岡越前の裁きに“子争い”の話がありましたね。
どこぞやの久遠元初なる「主師親」は未だに裁かれるべきです。

776 :日本・天皇G林田+内田 ◆WSZ7beIuXw :2015/09/12(土) 05:35:50.25 ID:uS3cpBxO
当方は、無宗教で、どこの宗派にも所属した事がない。どうも「総本家」である「天皇」です。

シンガポールに居るのは、俺の偽者である。本物は、シンガポールへ行った事がない。
本物
https://pbs.twimg.com/media/CI5nAsiVAAArhJ3.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CI5ht7EUkAE801A.jpg
琉球王、モーセ・十戒・かみ 神道
http://pbs.twimg.com/media/CIWgFVdUwAQ191Z.jpg
連絡が来た。私、日本に居る、アジア、中国、日本の有力者・権力者である「林田」宛てに、プレゼントとして美女が贈られているのだが、まだ一人も届いていない。これに関しての報告が、また来た。女が盗まれている。
一応、中華街にも連絡、宣伝済だが。
中華人民共和国(中国)によると、この女を使った場合、一人「2億円」を俺に銀行振り込みで支払う必要があるそうだ。

嘘だと思う人は「http://pbs.twimg.com/media/CH0iVszUwAAnjOe.jpg」の画像と、この文章を中国領事館、中国大使館の大使宛で聞いてみろ という連絡。

神農 炎帝 http://pds.exblog.jp/pds/1/201105/15/75/f0138875_18155034.jpg  http://homepage3.nifty.com/silverteru/yuanyuan2/image/yandi1.jpg
天皇 https://pbs.twimg.com/media/CHeZWn2UcAAIvY4.jpg  https://pbs.twimg.com/media/CHehnAFUkAEfcm0.jpg
私宛の女と私以外が性行為をすると「必ず」処罰される。天からの罰である。
女を盗んで金儲けしても、金儲けした人が絶命・資産全部没収されたら意味がない、時間の無駄で、無駄な努力。
女を盗んで子作りしても、作った男性と出来た子が絶命したら意味がない。、時間の無駄で、無駄な努力。悪い努力は無駄にする。

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/12(土) 08:32:37.06 ID:VAqlzKO3
>>740
だから過去の仏教捨ててんのか、捨ててないのか、聞いてるだけよ。

・・ここからは一般の通行人の皆さんむけに・・、

法華経が最強サイコーであると保証される根拠は、
正法の時代にお釈迦さまが自分の真意だと語ったからでしょ?

天台大師や最澄さんも口をそろえて像法の時代に
法華経だけが五時八経に示された最高レベルで、
末法に唯一功徳のある経典だと。

安国論では、多くの爾前経に法華経の功徳を
確かなものとする記述が存在してるそーで。

ところが、末法の今、正法像法の功徳は効き目を失い、
お釈迦さまが自分の本意ではないと言った爾前経は
とりあえずの仮の教えでしかなく、功徳もゼロの、
ごんきょーとかゆーものらしー。。

ここで、最大の疑問よ、 

功徳ゼロのはずの、正法像法の教説アンド爾前経によって
効果が保証された法華経なのに、それに功徳があるってヘンだろ?

保証人の功徳がゼロなら、法華経も功徳ゼロに決まってんじゃん。

さらによくよく考えてみたら、爾前経はたしかに正法だけど、
四十余年未顕真実の法華経だってやっぱ正法じゃんね。
なら正法としての法華経も功徳ないはずと思うが? 

そこで「末法の法華経」なる謎のフレーズが登場するわけで。、

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/12(土) 08:51:24.52 ID:VAqlzKO3
>>777
正法像法、爾前経にはまったくチカラがないと言いながら、
「末法の法華経」が最高レベルであると保証するチカラ
だけはあるらしいんだな・・。

もう、そろそろお気づきでしょうか?

よーするに、末法に唯一通用する「末法の法華経」ってのは、
お釈迦さまが、無量義経で自分の真意だと語った
法華経経典28巻のことではなく、それがいつのまにか
なんみょー題目にすり替わってしまった、手品のトリックらしい。。。

すると、日蓮まんだらにナムナム題目となえると、宇宙サイコーの功徳だよ、
とは、歴代の大師も、どの文献経典も、だれも一言もいってないわけで、

日蓮まんだら + ナンミョー題目、の行法は文献経典の根拠ゼロ。

根拠ゼロで、子供が仏教の真似っこやってるみたいなモンよ。

なんみょー題目については世界中で、ダレ一人功徳を保証してませんよ、、

日蓮さんが一人で言ってるだけの、ただのおっさんの思い付き。

↑ここ意外とバレてない。

「法華経」という言葉だけが共通で、箱根駅伝のたすきリレーで
ランナーが入れ替わるように、意味が何段階かにすり替わってるのに、
「法華経」と名前が同じなのにダマされて、なかなか気づかれないのよねー
 (・∀・)??

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/12(土) 09:01:59.80 ID:VAqlzKO3
>>778
日蓮教の主張を100パーセント信じたとしても、

A. 四十余年未顕真実 → 法華経だけがお釈迦さまの真意である

B. 五時八経 → 五時が最強経典で、とくに法華経がスゴイ

たとえばこのAとBなんかも、法華経経典28巻が最強経典であるとしか
言ってなくて、法華経本門だの、一品二半だの、五文字題目だの、
まんだらだのに、話をすり替えてるけど、まったくの無かんけーだよねー・・・。

すべての過去の仏教が、なんみょー題目アンドまんだらについては
だれもなんもコメントしてないんだよな、。

歴史上、日蓮というおっさんが、たった一人でギャーギャーわめいて
題目スゲーーー ! ! ! と連呼してるだけなんで、
そこダマされないように注意しましょうね。

・・・

アリとキリギリスのたとえ話、とか見つけたけど、なんかもうね・・。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1171603916;_ylt=A2RAqarzBPFVmE4AiDRYAPR7?pos=1&ccode=ofv

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/12(土) 13:10:14.97 ID:G48v4f80
くれぐれも注意が必要なようですな

781 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/12(土) 14:11:00.37 ID:VT2NczuB
>>779
イソップ物語のような教訓的な御伽噺を仏典の枠組に収めるとジャータカになる。
これが大乗経と称する仏教文芸のルーツの一つだ。

そこで語られる喩え話を現実と混同するのは論外だが、それを真に受けてるのが
日蓮教だろう。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/12(土) 23:52:56.13 ID:xWlxDgBq
方便品は奥深いな

783 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/13(日) 10:06:48.95 ID:51zLsLm3
>>782
法華の主張は方便品の「ブッダは二乗も三乗も説かない」に尽きてる。
後の部分はそれを権威づけて正当化するための修辞的な付け足しだ。

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/13(日) 15:02:12.78 ID:9rds8rpM
「こんにちは、日蓮どえす」by大川隆法


日蓮の新霊言

所要時間:105分
種類:霊言
公開期間:2015/9/6〜
場所:布教所, 拠点, 支部, 海外, 精舎

「幸福の科学」の名付け親でもある日蓮聖人の霊言/「救世運動の計画」/未来の展望
http://info.happy-science.jp/lecture/2015/13944/

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/14(月) 14:30:27.98 ID:zu5kULpG
「貴方は、金髪ではないので、鳳凰・金鳥ではないのでは?」→俺「何度も書いているけど、鳳凰は「火の鳥」で、赤・茶・黄・金で、これは、元々、赤茶色の毛髪に、油がついて、油は黄色・金色・黄金色なので、それが光に当たると、黄金色に見えるだけ。金髪ではない。」
金髪のは、子供を増やす対象の「偽者」「別人」である。

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/14(月) 15:57:45.26 ID:Gz27Vofg
日蓮教徒は仏教の知識を根本的に欠いているので、信者に日蓮教が仏教ではないということをわからせるのは至難の業である。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/14(月) 20:32:28.00 ID:JKo94oAC
日蓮大聖人は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。
池田大作先生は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。

池田大作先生は蓮祖聖人である。

788 :全日本人:2015/09/14(月) 20:33:14.29 ID:JKo94oAC
日蓮大聖人は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。
池田大作先生は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。

池田大作先生は蓮祖聖人である。

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/15(火) 08:39:18.64 ID:bZQQHQlf
たしかにこのスレを読んでいると、池田大作が日蓮レベルで、日蓮が池田大作レベルだといわれても違和感がなくなってくる。
ところが日蓮教徒の間では相手を罵るのに「平成の法然」だとか「現代の弘法大師」とか言い、価値観が転倒しているのが滑稽の極み。

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/15(火) 12:55:57.61 ID:0sKLsDgP
その最たるものが「現代の良観」かな。
仏教徒としての格は日蓮なんか問題にもならない。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/16(水) 06:04:04.71 ID:bqRC347e
@私は、起訴以前に逮捕されない特権を所持しているが、この人は、起訴も逮捕も報道もされる。
私とは身分が違う。私の方が偉い。
→ 竹田恒昭 被告(35)。麻布署が7月20日、東京・六本木で大麻を所持していたとして大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕 http://www.daily.co.jp/society/national/2015/09/02/0008359838.shtml
日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長のおいで、明治天皇の玄孫に当たる男を、東京地検が8月に大麻取締法違反(所持)の罪で起訴していた

@プーチン大統領「ある国々が歴史を偽ろうとしている」
「現在、第2次世界大戦の歴史を偽り、事実に基づかない、捻じ曲げた解釈を進めようとする試みがある」と指摘しました。
この際、大統領は特定の国名を挙げていませんが、北方領土問題でロシアは日本に対し、第2次世界大戦の結果を直視するよう繰り返し求めています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20150903-00000018-jnn-int

@伝統的な家柄で「ハ」の髭の公爵・公家などは、
伝統的に頂点の「尾」「天守閣」の血筋である「ハ王(皇)」の私「https://pbs.twimg.com/media/CNS-fIvUcAAZzQB.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CHehnAFUkAEfcm0.jpg
https://pbs.twimg.com/media/CH0iVszUwAAnjOe.jpg 」の家柄に従う必要がある。
なんで、私の銀行口座に、預かっている現金の一部分を振り込まないのだ?(毎月40万円を振り込めと命令済)
私は既に、アメリカ政府・大使館、ロシア政府・大使館などなどへ連絡済で応答もある。

792 : ◆dseqgwAlCk :2015/09/16(水) 14:22:14.77 ID:RRNZGWHO
>>790
「現代の良観=忍性」ならば日蓮教以外では賛辞となるのだが。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/16(水) 21:01:56.31 ID:2Fzlrl/2
>>792
そんな清僧皆無ですけどね

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/17(木) 09:29:01.27 ID:MQ4xNqj3
日蓮より立派な僧侶をあげればきりがなかろう。
ここはひとつ日蓮のほうが勝っている僧侶は誰か考えてみよう。

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/17(木) 16:42:15.15 ID:368plfH0
いいかげんにしんさい!この御方(守護神日蓮大菩薩、日蓮大聖人)は法華経の中で生きておられるのですよ?
この御方(仏さま)に勝てる?とは何てこと言うんですか?
貴方も死んだら霊会に行く、この御方(仏さま)の法華経なしでは極楽には行けません!
法華経の題目なしでは成仏できません。法華経なしでは人間は地獄生きますが・・・貴方は法華経の御本仏を無視する気ですか?
日蓮大聖人さまに勝てる?人などいません!霊友会系教団も創価学会も日蓮正宗も貴方は敵につける気ですか?
あえて近い存在ですが、小谷という人物と西田無学大師がいますが、日蓮大聖人の作られた法華経の流れにこの世の人間はみんな従い、
そこから創価学会、霊友会など現代を生きる教えになるのですが。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/17(木) 22:42:14.51 ID:5xJsAaZP
よく読みました。なるほど、御方(仏さま)より劣っている方ですね。
もちろん、法然、親鸞です。念仏は低い教え、法華経では阿弥陀経は方便時の教えです。
それでは極楽へ行けません。もちろん、法然、親鸞です。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/18(金) 02:34:35.30 ID:0CXVvmYC
日蓮はもうウンコ漏らした時点で最下層だよ

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/18(金) 08:27:05.83 ID:cfd8is4x
>>795>>796
霊友会信者乙

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/18(金) 09:32:34.70 ID:gSBlY9hW
小谷?という人物?

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/18(金) 12:43:26.91 ID:W//cbL8L
>>797
ヽ( ・∀・)ノ ウンコーを漏らしまくると総理大臣になれるんだお

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/19(土) 06:48:50.36 ID:/702YrI9
現代でも忍性のやったことをやる人がいたら、世界中で広く尊敬され、それこそノーベル平和賞ものだろうね。
それに引き換え日蓮ときたら。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/19(土) 08:27:58.98 ID:4WIzOW5X
>>779 ヤフー知恵袋の、アリとキリギリスのたとえ話は、
あんなもんでシロートの善男善女ダマして現金カツ上げできんなら、
こんな楽な鴨葱ショーバイもないよな。と思って、
日蓮仏法を考慮しながら、わたしも話を考えてみましたが、、

たとえば、熱があって体調不良なので、ドラッグストアに行って
風邪薬買ってきたとするでしょ? そこで、、

かぜ薬の箱を開封せずに「未開封」のまま仏壇にお供えして、
朝と晩に、その薬の名前を連呼して唱えるわけよ・・、

南無パブロン熱さまし様、南無パブロン熱さまし様・・・♪

熱は38度ぐらいあって、あたまがクラクラしますが、
40度の高熱なのにご自分の命もかえりみず活動をつづけた宗教家の
某I田せんせーという方の話を思い出してがんばります・・。

もちろん会社にも出社して、上司や同僚にも心配されますが、
かぜ薬の名前をこころの中で念じつづけて、なんとか
仕事もこなして、そんな生活で一週間たったころ・・、

あたまが少しスッキリして、身体もカルくなったような気がするので、
体温計ると、平熱にもどってるじゃあ、あーりませんか♪

やっぱ薬のチカラって、スゲーな。。

そこで思わず仏壇から「未開封の」かぜ薬の箱を取り出して、
よくよくながめて見ると、箱のウラになにやら小さな文字で
「用法・用量」と書いてある・・。そう言えば、
テレビのCMでもそんなこと言ってたよな???

♪用法・用量を正しく守って、お使いください・・。

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/19(土) 08:45:38.71 ID:4WIzOW5X
>>802
用法・用量を守らなくても意外と治ったりしてw

そこであらためて日蓮教の主張を整理すると・・。

1. 法華経だけがお釈迦さまの真意であり、それ以外の
経典教説はテキトーなたとえ話なので、功徳がありません。

2. 天台宗では、法華経をすべての経典の最高位に位置付けていて、
法華経 = 社長、他の経典 = 社員、みたいな上下関係なんだそうです。

3. 1と2から仏教史でも明らかなように、法華経のみに功徳があり、
法華経こそが最高レベルの経典であることがハッキリしました。

・・・

4. 1と2と3から、法華経に帰依すれば最高の功徳がプレゼント
されることは間違いないので、日蓮曼荼羅に向かって南無妙法蓮華経と
毎日唱えつづけたら、もう功徳のてんこ盛りになるはずですよお〜♪


※ これは、1が無量義経、2は五時八経・法華一乗だから、
お釈迦さまも天台大師も法華経のみが唯一功徳を持つ最高経典である
と保証してる文献が、実際にあるようにも見えるわな・・。

ただし 1.2.3.が示すのは、法華経経典28品のことを言ってるだけで、
問題になるのは、1.2.3. → 4. の部分がミッシング・リンクなわけよ・・、

なぜ法華経に帰依することが、イコール日蓮曼荼羅に向かって、
南無妙法蓮華経と連呼することに変換されてしまうのか? 
ダレが言ったかわからん、サラっとダマされちゃう巧妙なテクニックだけど、
根拠ゼロというより、用法・用量を間違えてませんか?

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/19(土) 09:02:24.45 ID:4WIzOW5X
>>803 そこで法華経というお薬の説明書きには
なんて書かれてんの? といえば・・。

1. 於後悪世。・・・護持讀誦書寫供養是經典者
(世の中が乱れたとき、・・法華経を守り伝え、
声に出して読み、書き写し、供養する・・)

そしてさらに具体的な安楽行品の四つの行法も示されて。

2. 於後悪世。欲説是經。當安住四法。
(法華経の意図を説明したければ、四つの生活の指針に安住し・・)

3.・・ 常好坐禪。在於閑處修攝其心。
(いつも座禅を好み、静かな場所で自分の心に耳をかたむけます)

・・・

よく見れば、日蓮曼荼羅と、なんみょー題目について、法華経には
何も書かれてないでしょ? ということはお釈迦さまも天台大師も
題目行法アンド日蓮曼荼羅に功徳があるなんて保証してませんて。

釈迦天台オレオレ金くれ詐欺・・。

名前だけ無許可で不正に流用してるけど、日蓮教の題目行法には、
釈迦天台の保証が付いてないのに、なんで四十余年未顕真実や
五時八経みたいな話が出てくんの? 関係ないでしょ?

法華経に示された用法・用量をまったく守ってなくて、
ぜんぜんかんけーない根拠ゼロな思い付きの行法もどきを
信者さんダマして強要してるだけなのだ・・。

805 : ◆dseqgwAlCk :2015/09/19(土) 13:09:27.28 ID:l2P6wWuO
>>803-804
四十余年未顕真実とか言い張る無量義経は、老荘テイストてんこ盛りな中国産の偽経なのだがね。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/19(土) 13:21:02.85 ID:mqrClEC1
>>805

>>803の1から4までそれぞれ全部デタラメ。
デタラメの積み重ねの上に成り立っているのが日蓮下痢糞坊主の教義。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/19(土) 13:29:03.06 ID:mqrClEC1
ついでに言えば、そのデタラメの日蓮教の中で最も教条的で狂っているのが日蓮正宗で、そこに更にデタラメを追加したのが創価w

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/19(土) 13:46:35.60 ID:Lx/lyS7P
老荘思想も奥深い道理を説いたもので、原始仏教に通じるところがあるのだが、中国で土着の神仙思想と結びついて、呪術的なものになった。
皇帝が呪術に興味をもつ傾向があったせいなのだろう。老子の道徳経などは、そういう迷信的な呪術性は全くない。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/19(土) 15:36:53.41 ID:DSFOvBcO
法華経の誹謗は堕地獄

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/19(土) 15:55:34.66 ID:9S1ipj73
>>809
妄想乙

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/19(土) 16:13:12.62 ID:RVzs7yk2
>>790
普通の日本人( ´∀`) 「現代の良観」のようですね!

曰蓮狂徒   <丶`皿´> 「現代の良観」のようニダ!

812 : ◆dseqgwAlCk :2015/09/19(土) 18:59:37.13 ID:l2P6wWuO
>>808
老荘思想は一なる「道」から万物が生成するという発生論的一元論。
三法印と縁起説が前提の仏教とは全く相容れない。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/20(日) 08:07:21.08 ID:+kY+yYwj
日蓮大洞吹き
日蓮大飯食らい
日蓮大便漏らし

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/20(日) 08:30:48.05 ID:Nt/tWo0c
>>802>>803>>804
これ、あらためて仕分けながら考えると、
法華経28巻から、日蓮曼荼羅と題目行法へ話が飛んでて、
その途中の論理の過程がすっぽり抜け落ちてるわけよ。

でね、お釈迦さまと天台大師が法華経のこと唯一サイコーの
経典だと太鼓判押してます。という日蓮教団の与太話を
ダマされて信じてあげたとしても、やっぱり
法華経28巻 → 日蓮曼荼羅 & 題目行法の間がつながらなくて
論理がワープ航法して宇宙の果てに飛んで行ってる・・。

結局、すり替えてるだけで、お釈迦さまも天台大師も、
曼荼羅 & 題目行法のこと何もコメントしてないのに、
このお二人さんが日蓮題目の効き目を保証してるかのように
錯覚させてる催眠術のようなものだと思うわ。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/20(日) 08:44:33.26 ID:Nt/tWo0c
>>814
でね、このすり替えはスゴイ巧妙で、良く出来てもいるんだけど、
これもたとえ話で説明すれば、クルマ運転してる人がいたとして、

♪交通ルールを、守るぞ、守るぞ、守るぞ、守るぞおー・・

と口で連呼しながら、制限速度40キロの道路を、時速百キロで
ブッとばしていたとします・・。

この場合の運転手さんは、交通ルールを守っているのでしょうか?
または、守っていないのでしょうか? (yes/no)

↑なんみょー題目はこれと同じ矛盾を含んでいると思うね。

法華経に帰依するぞおー♪ と口だけ連呼しながら
法華経に書かれた指針をまったく無視して、それとは
全然無関係なことを、関係あるかのように行法と詐称してる。

1. お釈迦さまと天台大師が、法華経は唯一サイコー経典と保証した。

2. そんなに良いモノなら、法華経に帰依したらええやん。

3. 浄土宗みたく、アタマに「南無」つけて連呼すればいいのか?

こんなプロセスではないかと・・、一般庶民は法華経経典は
読まないけど、念仏の連中がなにやってるかは隣で見てて
よく知ってるわけで・・。

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/20(日) 08:52:02.74 ID:Nt/tWo0c
>>805
ねつ造経典でべつにいいんじゃない? 

>>806
これ仮に日蓮教の説明にダマされてあげても、その中にまた
新たなムジュンが出てきて、キリがないんだな・・、

考えない体質じゃないと、日蓮教の信者はつとまらんわな。

>>812
道徳経には、世界の本質は、動き回ってとどまることがない、
みたいな記述があって、諸行無常の別の表現かなと思う。

孔子も、倫理規範を引き出して来る元に「天」なる
謎の概念があって、みんな見てるところは同じもので、
ただし言葉で表現するときに違った言い方になるだけでしょ。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/20(日) 11:09:32.28 ID:rzoXjCC1
>>812
そりゃ三法印も縁起説も仏教学が立てた仏教のメルクマールだから、それと一致したら、それは仏教以外のものではない。
それに老子の思想では、「道」が始原ではなく、それは名称であって、始原は「玄」であるとされる。
老子の言う「道」は仏教でいう法、ダルマの観念にきわめて近いと思われる。これが道だと示されるような道は普遍的な道ではない。
それは真実の名ではなく、名として表せないところに真実の名があり、そこに道がある、というふうに。

818 :スチールカン:2015/09/20(日) 12:29:34.55 ID:HYyOS0ZT
>>815さん
そもそも日蓮の場合は、飲酒運転をしていたようなものではないでしょうか?
99キロで走る当時の仏説の信仰者を100キロで追いかける日蓮かともw

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/20(日) 13:10:38.75 ID:COoj33Jf
>>818
日蓮の場合、飲酒運転以前に免許そのものが、、

820 : ◆dseqgwAlCk :2015/09/20(日) 13:59:21.70 ID:yT6e6f1/
>>817
三法印にせよ縁起説にせよ、インドでも中国でも仏教の仏教たるメルクマールとして
古来から認知されていた。

無我性を意味する仏教のダルマは、道家の玄などには該当しない。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/20(日) 14:23:21.37 ID:HYyOS0ZT
赤信号、太鼓敲いてみんなで渡ればこわくない!

と、このような人の教え方は仏道を行くべきではないですね。
又はこんな譬えもあるかな。
 
「青は進め!子信号を守らる者は悉く仏敵!・・・・正義は我らにあり」

822 :スチールカン:2015/09/20(日) 14:28:26.26 ID:HYyOS0ZT
>>821訂正
>「青は進め!子信号を守らる者は悉く仏敵!

「青は進め!子信号を守らぬ者は悉く仏敵!」・・・でした。すみません。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/21(月) 08:59:15.65 ID:JO4M4cnz
>>820
それはわかっている。自分がいうのは老子は原始仏教と通じる部分があるということ。
玄をブラフマン、道をダルマと読み替えると、老子の説くところは梵我一如、諸法無我ときわめて近い。
どちらも物象も表象も不確かなものとして、無執着、離欲が法(あるいは道)にかなう態度であると説いた。

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/21(月) 09:10:22.56 ID:JO4M4cnz
元来、単純に「道」を考えるとき、それは何か物がないから道なので、この意味で道は空であるという特徴がある。
実体のある物がないから障害物がないわけで、これをそのように観ずることによって自在の境地が得られる。これは原始仏教に近い。
仏教のほうは理知的、論理的で、老子のほうは直感的、象徴的なのは、個性以上に言語構造や民族性の相違によるのかも知れない。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/21(月) 14:07:42.87 ID:sOU1sZ5Q
>>823
>梵我一如、諸法無我ときわめて近い。

梵我一如と諸法無我はまったく正反対のことなんだが(白目

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/22(火) 02:12:38.74 ID:QLgvWOAr
日蓮は絶対地獄行ってるし
日蓮に従えば絶対地獄に落ちる

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/22(火) 06:48:24.73 ID:8fW3Sw2n
>>825
白目になるようなことか。観点すなわち視角が反対なだけで、相互の矛盾は全くない。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/22(火) 10:46:42.96 ID:taRmI4t7
過去スレでチラッと見たような気がするんだけど、日蓮て臨終の間際に念仏を唱えたって本当?嘘?

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/22(火) 12:00:52.13 ID:fZW6pM/T
>>827
>相互の矛盾は全くない

バカなんじゃないの?
梵我一如を否定するのがゴータマさんの三法印の眼目だったのにねえ

「一如」するところの我がない、というはなしなのに
「相互の矛盾は全くない」とかw ゴータマさん超気の毒wwwwww

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/22(火) 12:05:59.36 ID:fZW6pM/T
既視感あると思ったら、アドヴァイタとアドヴァヤの区別つかない素人のご託宣かw

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/22(火) 21:02:22.20 ID:6BO7Lhe1
アドヴァイタとは、Ad + Vaitaという言葉で構成されています。adはnot、vaitaはtwoという意味ですから、
日本語では非二元論、英語ではnondualityと訳されています。アドヴァイタはインドのヒンドゥー教の中に
伝統的にある考え方です。また、仏教でも禅はアドヴァイタそのものと言ってもいいものです。
その教えを一言で言うと、「世界の全ては一つの存在であり、分離した個体というものは存在しない」
というものです。だから、全ては一つ = 二は存在しない = Advaitaということになります。

不二=アドヴァヤを辞典で調べてみると(1): アドヴァヤ・マーケティングの試み
http://matsunamilab.cocolog-nifty.com/advayamarketing/2012/05/post-f789.html

不二=アドヴァヤを辞典で調べてみると(2)〜梵語辞典から〜: アドヴァヤ・マーケティングの試み
http://matsunamilab.cocolog-nifty.com/advayamarketing/2012/05/post-8b0f.html

832 :正理会:2015/09/23(水) 13:09:05.08 ID:Pr83PXnq
だましの三色旗

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

自虐史観の終わり

http://ameblo.jp/nakasugi-hiroshi

833 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/24(木) 02:42:17.29 ID:Nxjgtvag
>>828
「日蓮臨終起請文」か。
身延と中山に相伝が残っているところを見ると一定の信憑性はあるだろう。

内容は相変わらず他宗への見当外れな非難をくり返しながら、台密系の念仏に本地
垂迹を混交させた行法を勧めるという他愛のないものだが、あっても一文の得にも
ならない相伝が有力門流の拠点に伝わっていたことに意味がある。

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 04:12:09.16 ID:6oi6SMgZ
>>833
ありがとう!
「日蓮臨終起請文」ね。
ググったけどソースを見付けるのは大変そう。
確かに宗祖が最後に念仏を唱えたなんて日蓮宗にとっては非常に都合が悪いよね。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 04:17:07.89 ID:6oi6SMgZ
あ〜でも、もしそれが事実だとしたら、あのキチガイ日蓮も最後は阿弥陀仏に救いを求めたのかなと、ちょっと同情してしまう。

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 04:17:45.65 ID:vdJJxHBc
都合が悪いも何もお題目が既に当時広く庶民に受け入れられていた
念仏のパクリだってことは明らかやん
しかも、日蓮は釈迦を根本仏として終生立像を拝んでたんだから
南無釈迦牟尼仏でもなんら不思議はない

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 04:50:43.66 ID:rMkkOzeM
要法寺や本門寺由来の日興門流の「相伝」みたいなものと違って、
それによってどの門流も有利にならずむしろどの門流でも消し去りたい
ような内容であるにもかかわらず(したがってそれを偽作する理由が
どの門流にもないのに)、複数の門流で伝承されているという点が、
少なくとも上古に由来する、何らかの事実に基づいたものであることを推察させる。

智リが念仏して死んだことを思えば、
日蓮が同様の振る舞いに及んだとしても驚くべきことではない。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 04:55:01.05 ID:6oi6SMgZ
>>836
でも釈迦を拝んでいたことはともかく「念仏無間」と言って誹謗中傷していた本人が唱えたんじゃやっぱり後継者にとっては都合が悪いんじゃないのか?

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 04:59:09.34 ID:6oi6SMgZ
>>837
一番認めたくないのは富士門流だろうねw

840 :日本・天皇G林田+内田 ◆WSZ7beIuXw :2015/09/24(木) 06:10:36.58 ID:jpad2crz
天皇陛下と異なり天皇である俺は、天理教でも立正佼成会でも、どこの宗教団体でもないのだが、仲間だと思い込んで、女・現金を勝手に使っている人が居るそうだが。
それらは「女を盗んだ人」「現金を盗んだ人」として処罰するように依頼済である。 俺へコンピュータを介して妨害・嫌がらせをしている人々も処罰することになっていて多数、逮捕している。

俺に元気を出させようとして、創価学会?エホバの証人?が現金を出して外国から連れてきた女だそうだ。
何度も書いているけど、そんな現金があるのなら、俺に現金を振り込むか、きちんと俺に高性能4K動画&スチルカメラを入手させて、俺「林田」にそれで撮影をさせろよ。
何度も明記しているが、俺は現在所持しているカメラ機材の性能に不服なので、不満足、不満で、不愉快なのだと何度も明記済。
35mmフルサイズのイメージセンサーのカメラで、スチル撮影、4K動画撮影で記録を残したいのである。

これは、俺が撮影した画像である。初対面の女性だが、盗撮ではない。
ポーズの注文も付けていないが、俺の事を知っていたのか?ちゃんとサービスをしてくれた。
https://pbs.twimg.com/media/CMv7u63U8AAxIff.jpg

841 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/24(木) 11:33:14.98 ID:Nxjgtvag
>>834
日蓮宗内では管長クラスにしか閲覧が許されない秘伝らしいけど、実は密かに流布
していて、他宗の寺院にも写本が伝わっている。

公表されないのは内容があまりにも下らないからなのだそうだ。

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 12:17:05.18 ID:U559K7e1
>>841
ワロタww

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 12:19:28.84 ID:eZA2LPSK
>>829
それがおかしいのだよ。アートマンの非実在性のゆえに梵我一如を否定すれば、必然的に二元論に陥り、ブラフマンの実在性だけが残る。
梵我一如と諸法無我を共に定立するのでなければ、三法印が換骨奪胎されてしまう。
ブラフマンそのものは全的で普遍的なものだが、その存在は個々のアートマンによって現出される。
そして個々のアートマンは言語や想念という具体的な姿を取ることで、個別的、部分的なものとして偏在性が否定されるのだ。
あたかも光があっても、個々の具体物の反射によって、それが感知されるようなものである。
アートマンなしでブラフマンもありえない。
あなたの考えでは諸法無我という命題において、無に修飾される諸法の「我」は否定されても、
諸法無我という法そのものの我すなわち実在性はまるで当然のように存在するかのようである。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 12:24:21.78 ID:eZA2LPSK
>>841
日蓮の教説全体が他愛無いツギハギ細工のようなものだから、「くだらない」というのは日蓮教寺院の営業政策上の都合ではあるまいか。
臨終の際に念仏を唱えてたのが真実だとしても、日蓮的にはヘッジをかけるつもりだっただけではないかと思われる。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 12:46:14.62 ID:eZA2LPSK
このスレのどなたかが、三沢抄か何かを引用して、日蓮が、金のない婆さんだと思って粗略にしていたら相手が金持ちだと知って、扱いを急に丁寧にしたという話があった。
これをみても、自我肥大の誇大妄想のような症状を呈する反面、一方ではチャッカリした現実主義者・功利主義者としての二面性を持っていたように見える。
信徒が病気のときは「いかなる病、さわりをなすべきや」などと指南しながら、自分が調子が悪くなると薬を飲んだり湯治に出かけようとしたりしている。
唱題を売りにしてきたが、信者を見る限り格別の効験もなさそうなので、いよいよというときに念仏を唱えてヘッジしておいたと素直に解釈できる。
テキトーといえばテキトーだが、そのテキトー感が、ある意味人間臭いというか、そこはかとないペーソスを感じさせるように思う。

846 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/24(木) 19:20:57.93 ID:Nxjgtvag
>>844
下らないから公表しないってのは他宗の判断らしいのだが。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 19:27:08.09 ID:rMkkOzeM
実際、真宗系の文献集の中で付録的に本文が収載されてるから、
その気になれば見られるし、公表されてるといえば公表されてるんだけどな

848 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/24(木) 19:41:20.27 ID:Nxjgtvag
>>847
お互いの得にもならないものは持ち出さないという、坊さん同士の黙約なのかもね。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/24(木) 20:31:37.43 ID:cD2G3JAh
 >>1

------★----------☆----       -------☆--------       -☆-         -------☆--------    -----☆----------★-------

★★都構想 「反対派」が提案する、

   大阪を元気にする「アイデア」。

http://plus.google.com/+marukuro/posts/LcuBZ2uXxSh  (⊂(・ω・ ) ----★☆★----

http://plus.google.com/+marukuro/posts/Re5TWGQdH6C



 http://twitter.com/osaka1000japan1



  -----☆-------★-------☆-----       ------★-------☆--------      -☆-     -------☆------★--------        -----☆-------★-------☆-----



#大阪を変えて行くためのアイデア

http://twitter.com/hashtag/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%81%A6%E8%A1%8C%E3%81%8F%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%A2?f=tweets&src=hash

               ナカーマ( ・∀・)人(・∀・ )ナカーマ

850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 03:06:08.40 ID:Rwqlay0t
臨終時の断末魔の苦の中では日蓮でさえ念仏を唱えたわけか

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 07:39:14.88 ID:lC0xror2
>>841
なるほど。しかし、そこまで言われると逆にどれほど下らないのか検証したくなるな。

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 08:23:48.04 ID:f6BnO8qu
>>851
したいならしたらいいんじゃない、としか。

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 08:54:47.83 ID:TmUIyhSA
>>852
どこで見れるの?

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 11:37:19.28 ID:TM7xeein
>>850

ソースがかかってないが?

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 11:46:26.32 ID:9q/s8Vwn
まーたキチガイか

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 13:33:37.64 ID:f6BnO8qu
>>853
これだけ出ててそれでも資料を自分で探せない人にはおよそ縁のない話

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 17:28:59.06 ID:TmUIyhSA
>>856
バレバレのハッタリ乙w

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 18:20:23.06 ID:f6BnO8qu
ハッタリも何も普通に大学図書館で閲覧できる真宗関連文献資料に
収録されてるんだが……

私の居住地の近くだと関西大学にある。

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 19:40:49.13 ID:59vY5lib
ハッタリ乙

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/25(金) 22:54:01.80 ID:cVOMJ0Dl
>>458
富士門流の元僧侶(?)が写本を真宗系の宗門大学の教員に流した件。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/26(土) 07:34:21.87 ID:THXI80FW
>>858
それで内容はやはり、あまりにくだらないものでしたか?

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/26(土) 08:27:20.96 ID:BvEOQ7/2
>>814>>815
これ自分で書いてて思うけど、根拠ゼロでテキトーな成り立ちのモノを
神秘かつ神聖なものとして、ダマされて拝んでる人たちが
日本全国で何百万人もいるのねー、という現実の状況は、
なんか不思議な感じもしますな・・。

で、結局、なんみょー題目は仏教アンド法華経の
正当な行法ではないみたいね。

理屈が途中で途切れてて、お釈迦さまと天台大師が
唯一サイコーの経典であると文献記録で保証したのは
法華経経典28品までであって、なんみょー題目は保証外なんだよなー・・。

1. お釈迦さまと天台大師は法華経28品が唯一サイコーと言った。

2. 法華経28品となんみょー題目は、まったくの別物です。

この1と2は、日蓮教公式の主張だろ?ところが、、

3. だから、お釈迦さまと天台大師はなんみょー題目が
  唯一サイコーと保証してます。。。。。

↑3番は、仏教文献には記述がないすり替えのデタラメだから、
ハッキリそうだとは言えずに、なんとなくシロートさんが
かん違いするように誘導してるんだよねー。

こんな見え透いたトリックに引っかかる人が、何百万人ですか・・。

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/26(土) 08:45:49.34 ID:BvEOQ7/2
>>862
とにかく、題目行法と、日蓮曼荼羅については、
伝統仏教にはなんの記述も保証もなくて、日蓮さんと日蓮教の人たちが
身内だけでギャーギャー騒いで、スゴイスゴイ!を連呼してるだけで、

むしろ仏教とは無関係なもので、それを外道って言うんじゃないの?

根拠ゼロの題目行法なのに、現実的な幸せが起こる、
とか信じてるお目出度い何百万人の皆さんに聞いてみたいが、、。

伝統仏教に保証されていないのに、曼荼羅アンド題目行法に
功徳パワーが標準装備されているとすれば、それは
日蓮さん個人が魔法の法力を持ってるってことでしょ?

ところが,、二度の島流しや、他宗のワルクチと、有名文献を
パクッて書き写すことしかできないお粗末な思考力・・。

晩年は、鎌倉から追っ払われて、後継者も決められず、
自分の死期もわからずに、うろうろ旅の途中で野垂れ死に・・。

ホントに法力あるんですかねー?

弘安の役は、日本軍ボロ負けすると言ってますが、予想はずれてね?

まー、人は見かけには依らないとも言いますが・・。

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/26(土) 08:58:18.60 ID:BvEOQ7/2
>>818
飲酒運転しながら、南無交通ルール、南無交通ルール・・、
と口で唱えた場合はどうなるんでしょう?

パトカーのお巡りさんは、ゼッタイ許してくんないと思うけど。

>>825
梵我一如は、仏と自分の境目が消えて一体となること。

諸法無我は、あらゆる状況で自分が感じられない感覚。

どちらも、仏がどんなものかを説明した、二つの切り口だけど、
仏に向かって、自分の願望達成を願っている場合は
ほとけと自分と二つあるから、一如ではないよな。

他宗が全部悪くて、自分だけが正しくて、自分が自分が自分が・・
自分が・・・ギャー! というのも諸法無我ではなさそうだし・・。

>>830>>831
不二法門を、富士山の麓にお寺を作ることと、
かん違いした人がいるのかもしんないね。

想像を超えたスケ―ルの、アホな坊さんが・・。

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/26(土) 11:32:42.80 ID:ug/MKRHq
>>864

南無交通ルール、南無交通ルール・・、
と口で唱えた場合はどうなるんでしょう?

パトカーのお巡りさんは、ゼッタイ許してくんないと思うけど。

ええ? 馬鹿かお前は?

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/26(土) 11:33:28.10 ID:ug/MKRHq
>>862

>2. 法華経28品となんみょー題目は、まったくの別物です。

証拠は?文証は? 興味のもてる回答お願いします。

867 :スチールカン:2015/09/27(日) 02:41:53.58 ID:VWV0No8j
>>864さん
ルール違反の者は大事故を起こす前に早く捕まった方がいいですよね。
念仏という酒に酔う輩に、あの南無妙法連華経もまた度数の効いた飲み物であるようです。
そこで、彼らの交通である道とは・・・・・?
はい、パトカーのお巡りさんの法と、日蓮の法とは違っていたようでしたね。

私は、平左衛門尉頼綱を支持します。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/27(日) 07:24:21.38 ID:RF1I3TwS
>>866
日蓮教徒以外は常識的には誰が考えても別物でしょ。同じというなら証明してみてくださいな。
ただし理証だけでお願いします。
それを同じと主張する日蓮の批判をしているのだから、日蓮の文証は無意味なので不要です。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/27(日) 18:50:13.27 ID:nazfPRJy
>>868
法華経28品となんみょー題目は、まったくの別物です。

人に尋ねる前にまず上記を挙証しろよ

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/27(日) 20:17:55.69 ID:QJJSzU+a
南無阿弥陀仏や南無妙法連華経という表現方法が当時
流行ったのだろうが
現代人にこんなこと説いても見向きもされん
仏法はやはり経文や言葉を追わないと理解できない

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/27(日) 21:19:23.45 ID:J3Y4rSZE
>>870
南無阿弥陀仏はお経に書いてある行法
流行りとかじゃないから

方やナムゲキョなんて書いてあるお経は絶無(笑)

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/28(月) 00:00:23.64 ID:pS4yuvzw
お題目で唱えるリズムが宇宙のリズムとつながっているとか言ってるからな
法華経の文底に秘し沈めたりってのも日蓮が勝手にそう解釈したと言う
以外の根拠は何一つない

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/28(月) 10:56:28.64 ID:1eSEc7ST
>>872

信じる信じないの領域では? 貴様は信じないのならそれは貴様の勝手、あとは日蓮のいう通りならば
貴様には無間地獄が大きく口を開けてまってらw

874 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/28(月) 11:53:21.79 ID:CrmOwbsX
>>873
日蓮の言い分の信憑性については、この一連のスレで明らかになった通り。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/28(月) 12:53:19.45 ID:/P/Fpb/X
>>860
流すも何も、そもそも江戸時代の西本願寺の学林の教学書に収録されてる。

>>858
「くだらない」かどうかは判断基準によるが、わりとよくある秘密念佛の話。
日蓮が行法面で密教を捨てたことがなかったことを考えれば内容に違和感はない。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/28(月) 17:23:59.02 ID:d8I1LS83
>>875
日蓮は真言の行法など身につけたことはない。身につけていないのだから捨てようがない。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/28(月) 18:39:24.33 ID:89Id2pqN
要するに「南無妙法蓮華経」とはさ。
妙法蓮華経(法華経)に南無(帰依)するってことだよな?
妙法蓮華経は法華経の名前だよな?
つまり南無妙法蓮華経と百万遍も唱えるのは、「法華経に帰依します法華経に帰依します」って必死に何回も呼び掛けていれば、法華経おじさんが「よっしゃ!分かった!そんなにワシのことを頼りにしてくれるなら何とかしてやろう!」と言う信仰だろ?
日蓮の言っていることの本質はこうじゃないのか?
ちがうか?

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/28(月) 18:39:52.44 ID:A6RZ9U7d
非人

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/28(月) 20:25:49.91 ID:aXI4RCao
>>877
まあそういうことだな。理法の洞察による覚醒という仏教の本道を、一般受けしやすい現世利益の約束にすり替えた。
これはもう全然、仏教ではない。

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/29(火) 00:06:02.03 ID:lRCjdA9y
「法華経に帰依します法華経に帰依します」と言いながらも、
法華経に背く日蓮は、仏をおちょくっているとも言える。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/29(火) 04:19:09.49 ID:I1rHsebT
禅のほうがまともな仏法に思える
南無妙法蓮華経が唯一の真実だとすると奇異な印象しかない

882 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/29(火) 07:20:36.40 ID:BbScqfYV
>>876
山伏や拝み屋くらいの知識ならあったと思われ。

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/29(火) 09:11:13.42 ID:4/Muml2d
山伏にはそれなりの相承があるんじゃないの?自己流でもなさそうだが。拝み屋ってのはどうなんだろ。
やはり師匠みたいなのがいて、伝授するんじゃないの?勝手に自分でやり方を編み出すのか?
以前、関西の有名な神社で普通の服をきた年配のオバサンが家族連れみたいなのを数人背後にして朗々と何か唱えていた。
掃除をしていた神社の人に「あれは何ですか」と聞いたら、「あれは拝み屋です」と言っていた。
ちょっと異様な雰囲気だったなあ。

884 : ◆jtrOlGhw7E :2015/09/29(火) 09:47:53.52 ID:BbScqfYV
>>883
中世の清澄寺は山岳信仰の霊場で山伏の拠点だったようだし、日蓮はそこで仕入れ
たネタを自己流にアレンジしてあんな変てこな教義を作り上げたとも思える。

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/29(火) 12:03:55.75 ID:4/Muml2d
>>884
たぶんそんなところだろうね。空海が正系の密教を伝える前から部分的に真言や経典は伝わっていたようだし。
雑密というのか、修験道でも梵字の書いた護符などを使うみたいだしね。清澄寺はそういう山岳信仰の場だった。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/29(火) 12:06:11.13 ID:Pk8sI5K2
警察3割創価

887 :日本・天皇G林田+内田 ◆WSZ7beIuXw :2015/09/29(火) 12:29:48.07 ID:dj1Fv1Y1
結局。うえさま・ウエサマ・上様 である、「#今上天皇」である俺宛の「現金」「男女」が、
俺が子供時代に「#堂上家」が用意した、俺に「宛がう女」へ献上されているという間違いから始まっているみたいである。
堂上家に俺「天皇」宛ての女・現金が渡され、今までずっと俺に入ってきてない。

888 :日本・天皇G林田+内田 ◆WSZ7beIuXw :2015/09/29(火) 12:36:38.99 ID:dj1Fv1Y1
既に外国へ連絡済だが、皇族・天皇・王様向けの女・現金を盗んでいる「偽者」が存在している。
「天の王様」(本物)
@私が自分の立場を示した画像。 (スペースの部分を消し、URLを繋げるとアクセスできる)
2014年10月31日 https://pbs.twimg.com/media/B1PP4oQCAAAfVoU.jpg https://twitter.com/4YoGun/ status/527994183496114177
2015年1月17日 https://pbs.twimg.com/media/B7guAqhCQAAO2lT.jpg https://twitter.com/4YoGun/ status/556245145473933312
2015年1月16日 https://pbs.twimg.com/media/B7ZpuAYCQAMbgSd.jpg https://twitter.com/4YoGun/ status/555747844502466561 

2015/3/1 2015/3/2 英国ウイリアム王子殿下 が、私の画像を元に、自分の立場を示している。
https://pbs.twimg.com/media/B_X-p_bUsAAnve3.jpg  
https://twitter.com/4YoGun/ status/573644526339784704

@2015年6月19日 https://pbs.twimg.com/media/CH0iVszUwAAnjOe.jpg https://twitter.com/4YoGun/ status/611682881841205248
↓ アジア地域、東洋地域の首脳陣も、自分たちの立場を示している。
2015年9月3日 https://pbs.twimg.com/media/COp1QV5VAAAs0ZA.jpg

@皇族で天、つまり「天皇」である私は、警察よりも偉い事も示されている。
https://pbs.twimg.com/media/CHehnAFUkAEfcm0.jpg 俺と警察の関係。
https://pbs.twimg.com/media/CM4sjz-WwAAfwuR.jpg 丸の内イベント。女子アナ、環境大臣、千代田区長、俺。
https://pbs.twimg.com/media/CLYe5hyUMAA8ZXf.jpg 有楽町イベント。丸の内警察署・消防署幹部、俺。
https://pbs.twimg.com/media/CHeZWn2UcAAIvY4.jpg 世田谷区長?、女子アナウンサー・一日警察署長、警察幹部

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/29(火) 13:13:47.01 ID:CW/CSDpL
>>874

じゃーなかでも特記すべきものを示してよ

>法華経28品となんみょー題目は、まったくの別物です。

まずお前が別物だということを挙証せんかいや、我意我見はやめてね 文証で証拠でよろしく

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/29(火) 19:30:21.17 ID:36jQ3bLI
しかも、題目を一回読み上げる毎に法華経28品を読んだのと同じ意味をもつ
とか馬鹿の骨頂だな

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/29(火) 21:07:58.67 ID:6GWlWinm
>>889
>まずお前が別物だということを挙証せんかいや、我意我見はやめてね 文証で証拠でよろしく

おいおい。5文字しかない経題と万を越す本文とが「同じもの」だという方に
挙証責任があるに決まってるだろう。経題を諳誦できたら本文が諳誦できるのか?
もしお前さんが創価や法華講なら法華経の方便品・寿量品以外なんか
読んだことすらないだろうに……

892 :スチールカン:2015/09/30(水) 00:12:21.67 ID:6ijS8DnU
>>889さん
横レスでありますが、

“南無”の二字が文証でありまするよ。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/30(水) 11:55:53.94 ID:wpNVWWEB
横からだが、法華経28品の中になんみょー題目を唱えろって文証がないのが証拠じゃね〜の?
そういや古いスレに日蓮狂徒がこんなレス残していたな。


>A日蓮大聖人の佛法は釈尊が説いた「妙法蓮華経」ではない。
我々が帰依している佛法は日蓮大聖人が末法に唱える南無妙法蓮華経の五字・七字だ。
末法の佛法とは日蓮大聖人の南無妙法蓮華経だ。
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1221525784/676

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/09/30(水) 13:12:47.66 ID:79S0cbHK
先日、「仰天ニュース」と言うTV番組をやっていました。アメリカの事件で女の子が誘拐され18年間も半ば監禁状態だったです。しかし、後半には犯人と外出や共同仕事までして何故に逃げなかったか?
立正大学の西田教授はマインドコントロールだったと解説しています。
情報遮断、情報コントロール、服従心、依頼心など、それと「自分で考える思考を無くし他人に頼らせる」「一部の情報のみ正義と思わせる」などこの事件をあげ、犯人があるキリスト教系宗教信者だったので、そこから手法を得たのでは?と解説しています。

その手法で有名なのは信者に共同生活をさせたオウムですが、一般の宗教でも「親兄弟は悪魔」「教祖様と違う教えは悪魔」「信仰をやめさせようとする者は悪魔の化身だ」と一般生活させながらも情報遮断、情報統制する宗教も多々有ります。
確か日蓮正宗系でも他宗寺院やクリスマス行事などを穿った目で見てると聞きます。

もし宜しければこちらでも語り合いませんか?

日蓮と日蓮正宗系掲示板

http://jbbs.shitaraba.net/study/12366/

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/01(木) 07:03:24.52 ID:kFaqu882
>>894
このスレのほうが面白いしレベルが高いと思うよ。日蓮と日蓮教を客観的に論じている人が多い。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/01(木) 11:12:08.60 ID:XJSkY+xv
吉展ちゃん誘拐殺人事件が創価の信心と無関係とは思えないんだよな…
ああいう狂人を生む偏狭さがあると思わんか?

897 : ◆jtrOlGhw7E :2015/10/01(木) 11:42:39.22 ID:oKcQh6ak
>>894
日蓮教患者のレポートかと見紛った。

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/01(木) 13:28:48.35 ID:urN+I1nP
>>869>>889
不動明王の慈救呪という真言がある。「ノウマク・サンマンダ云々」という、よく知られた真言だ。
昔、比叡山で初心の修行僧たちは、これを一度に千回唱える習わしとなっていた。慈救呪千返という修行だ。
普通は何十分もかかるが、ある僧だけが毎回早く唱え終わるので指導僧がわけをたずねてみた。
するとその修行僧は真言ではなく、「ジクシュ、ジクシュ」と千回唱えていたというのである。
これは笑い話として伝わっているものだが、実際にあった話とすると、この粗忽者こそ日蓮ではなかったろうか。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/01(木) 16:27:10.69 ID:a7blgX8V
>>898

意味が分からん。。。。 なんで真言が引き合いにでる?

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/01(木) 17:39:30.17 ID:UVlIi4I2
ひたすら呪文のようなもの(題目、念仏)を唱え続けるのは明らかに密教だろう
バラモン教からの脱却が仏教の出発だったハズなのに
1000年経ってまたそこへ逆戻りしているというマヌケさがある

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/01(木) 20:09:16.82 ID:lWLQFfmR
>>899
マジでわかんないの?
日蓮信者ってみんなこういう低知能なわけ?

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 06:50:44.18 ID:H7UsUjl5
>>899
名称と内容は別物ってことだろ。題名だけ唱えてもダメってこと。

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 14:39:51.67 ID:Z6YzH8gd
なんでもいいから誰でも納得できる日蓮の立派なところ教えてくれや

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 15:04:53.37 ID:w1pG040O
>>903日蓮生存時に彼は全くの無名な私度僧であった。
其の証拠に京の公家の日記に日蓮と言う名前のひとかけらも無い。
焦って北条氏の政庁に強訴し島流しに成った咎人である。
蒙古襲来の噂は日本人なら当時周知のことだろう、
それを日蓮の予言と箔付けしたい人達が居るだけ。
では日蓮の何処が良いか?文章が良いので斯くも盛大なる一宗派として成った。
祖師と呼ばれて尊がられる坊さん達は皆さん文才がある。
親鸞、蓮如、空海、彼らのように名文が残っていたら後継ぎが出る。

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 15:31:30.72 ID:DdTQ+AVi
文豪日蓮

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 16:30:40.92 ID:Z6YzH8gd
>>904
ありがとう。昔の人は名文家が多いからね。
読んでみたいので、日蓮の名文の例を教えてください。
いくつか題名だけでもいいです。

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 17:07:48.32 ID:BIF+nORd
>>904
現代の人物で言うとメロQみたいなもんか?(´・ω・`)

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 17:31:42.43 ID:XJ8e73QX
>>877
南無妙法蓮華経の南無とは、ナマステー(ナマス 尊ぶ テー あなた)の、ナマスが由来なんだそうだ。
題目を唱える人は、日本語に訳すと、法華経を尊重します 法華経を尊重しますと何百万回も繰り返し唱えているのと同じ。
ま、いまの基準からすれば、ただのキチガイだな。

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 17:55:35.12 ID:XJ8e73QX
>>884
清澄寺が山岳信仰の霊場だったとは初めて知った。
山伏や修験道のルーツはユダヤ教なんだそうだな。ユダヤの聖職者の衣装に、頭に箱を乗せ、法螺貝を吹く山伏そっくりの格好がある。
日蓮が、八幡大菩薩や天照大神のようなユダヤ教にルーツを持つ神道の神々を曼荼羅に加えたのも、清澄寺の修験道と何らかの関係があったのかもしれない。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 18:45:53.45 ID:/OCVzyn6
>>908

>>877だけど、ナマスが南無になったのも単なる当て字だよね。
南無と言う漢字には全く意味が無い。
イギリスを英吉利、アメリカを亜米利加と表記するのと変わらない。
妙法蓮華経は一応意味が伝わるが。
こんなデタラメなものを百万遍も唱えるなんてまさにキチガイそのものだよなあw

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 19:41:59.48 ID:b3F4KP7e
確かに、蒙古襲来はあったが国は滅んじゃいない
鎌倉幕府は正法を立てなかったのにね

戦乱など人間の行為によって端を発する人災なれば
人の行動理念や道徳規範である宗教に原因を求めることも
理解できなくはないが
自然災害などの天変地異を宗教が間違ってるからなどと
断ずるのは明らかなペテン師だろう

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/02(金) 19:44:09.25 ID:XJ8e73QX
>>910
まったく意味がないですね。ただの当て字ですよ。
「南」が「無い」、まったく意味が通りません。もとの言葉はナマス(テ)です。

それはそれとして、日蓮としては、法華経をプロモーションして幕府に採用させたかったわけですが、法華経を大切にしましょうということを言うだけではインパクトに欠けると
思ったのだと思います。
そこで当時流行していた南無阿弥陀仏からヒントを得て、南無妙法蓮華経とし、密教からヒントを得て(パクって)曼荼羅を書きて墨にそめながしたのだと推測します。
そのプロモーションや立正安国論の幕府への提出などのパフォーマンスが成功し、当時の元寇や疫病、飢饉、などの世情と相まって広まったのだと思います。

913 :スチールカン:2015/10/02(金) 23:45:09.53 ID:euEfgGy5
>>912さん
>もとの言葉はナマス(テ)

例えば、こんな解釈もできちゃうんですね。

この簡体字の【無】を象形文字まで遡りますと、
岩波新漢和辞典では・・・・「人が両手に飾りを持って舞う姿」・・・・と解説されています。
この解釈に【南】という方角の意味する字が何故に関係があるのだろうかという疑問に、
【北】の解字が・・・・二人の人がたがいに背を向けあう・・・とのことのようです。
この【北】の対が【南】であるならば、正面として向き合う姿勢としての挨拶ならば、ナマス(テ)の意味にたどりつきませんか?
法華経宝塔品での半座多宝如来と釈迦の光景が浮かんできます。
数ある日蓮が曼荼羅の中に、南の字が【半】に変体されているのにも、何かしらの意図があったのだろうかとも思っちゃいます。

914 :スチールカン:2015/10/03(土) 00:08:50.29 ID:lulA+1zU
思い出したのですが、、、あの経王殿御返事の一文の一節の中に、
 「仏の御意は法華経なり」
 「日蓮の魂は南無妙法蓮華経」
とのことのようで、仏の御意に日蓮の受動的な感動詞としての、いわゆるあの題目だったのかとも思ってしまいます。
「題目」という意味合いは、本来このようなものかとも、、、?
法華経への信心が日蓮の魂なだけであって、日蓮遺文への信心として魂をかけている輩は本来筋が違うのではとも思うのですね。
まぁ当たり前ですね、日蓮が自分の手紙を集め戻したわけじゃないのだからw

915 :スチールカン:2015/10/03(土) 00:18:55.51 ID:lulA+1zU
>>909さん
日蓮もホラを吹いていたかもしれませんね。
まぁ、それからの日号さんたちのホラのほうが凄まじい様子みたいですね。w
このスレで勉強させてもらいました。

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 00:25:56.41 ID:GZDoFa9N
>>906
是偏に日蓮を失わんと為て無かろう事を造り出さん事兼て知る−「富城入道殿御返事」

おなじみの誇大妄想に統失じみた被害妄想も併発している迷文句。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 04:15:15.42 ID:1syCmpdg
日蓮て頭の病気だったんだね。
しかもウンコ垂れ流し野郎だしw

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 07:56:26.93 ID:bhin8i/I
>>904
日蓮の文章がいいという印象はないなあ。有名な文章があったら俺も知りたい。
むしろ理屈に飛躍があったり、比喩が適切でなかったり、表現がくどかったりという印象。
警句のような名言と名文とは違うからね。

>>909
それについては過去に自分も興味を持った。似ているところは色々あるが、やはり直接の交渉はなさそうだ。
ユダヤのは法螺貝ではなく羊かなにかの角笛じゃなかったかな。

>>915
法華経にも太鼓やシンバルといっしょに法螺貝がたびたび出てくるね。

>>916
結局はそういう世界だよね。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 08:26:59.71 ID:rmtpe4yr
日蓮は今でいうロックスターみたいな印象。
理屈はともかく言葉にインパクトがある。

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 08:27:17.20 ID:g5E6UigA
>>865
「馬鹿かお前は?」と罵倒するなら、
このたとえ話とおなじく、経典の名前だけ連呼しつづける習慣の
ヘンな大人の人たちが周囲にいるはずだから、注意したらいいじゃん。

で、そのヘンな習慣がさらに重症化してくると、
百万遍とか、一日十時間とか、効き目がほとんどゼロのせいか、
段々使用量が増えて、依存症の傾向も出てくるみたいだから、
早めに使用を中止して、病院行ったほーがいいかもな、、。

>>866
証拠だの文証だの以前に、なんみょー題目の七文字と、
法華経28品の七万字は、同じものには見えないんですが?

見た目、全然ちがうものを、同じだと言い張ってるのが
日蓮教の主張だから、外部のわたしとしては、

なんで、同じなんですか?

と聞きたくなるわけで、でも調査した範囲では、
法華経28品と題目に同じ効果があると書かれた文献記述は
御書もふくめてないみたいだから、あるというなら自分で示せば?

>>867
交通警察はいるけど、法華経警察は存在してないから、
口先だけで、法華経に従います、と連呼しながら、
じっさいは法華経に書かれたルールを無視しまくって、

あげくの果ては、法華経はもう過去の経典だから使えねー、
と葬り去って、そのネームバリューだけをちゃっかりパクる。
そんなサギ師の無法者集団を、取り締まることはできないのだ。。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 08:51:06.55 ID:g5E6UigA
やっぱ法華経経典となんみょー題目が、同じなのか違うのかは
両方をTPOに合わせて、二枚舌で使い分けてるだけだと思う。

A. 法華経経典28品七万字と、なんみょー題目は同じものである

B. 法華経経典28品七万字と、なんみょー題目は別のものである

A の場合なら、お釈迦さまの四十余年未顕真実と天台大師の五時八経が
ともになんみょー題目の効き目を保証してます、
と話をすり替えて、誘導することができるし・・。

B の場合なら、題目は末法に唯一通用する行法という触れ込みで、
前半の迹門編十四品を功徳の無い過去の仏教と決めつけて、
やりたくない安楽行品と、ついでに邪魔なお釈迦さまと天台大師も
すべてバッサリ切り捨ててしまうことができる。

すると日蓮 & 題目は、仏教史上で唯一サイコーレベルの仏法となって、

ところが、題目の文証を聞かれると、根拠ゼロで権威づけできないから

そこでまたさりげなくA にもどって仏教権威をもちだして、
以下A→B→A→B→・・、とその場限りの都合のいい方を選んで
信者さんダマしつつ、無限にこれをくり返す。

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 09:04:23.35 ID:g5E6UigA
>>921
これ簡単なトリックなんだけど、なぜバレないのかといえば、

1. 法華経経典 → 妙法蓮華経

2. 日蓮題目 → (南無)妙法蓮華経

3. 日蓮曼荼羅の真ん中に大書してる → (南無)妙法蓮華経

・・・

「妙法蓮華経」の五文字が共通だから、
見た人がついうっかり、同じものと勝手に思い込んでしまうのだ。

巧妙でうまく出来てんだけど、仕組みはシンプルな刷り込みでしかなく。

現代なら商標登録の法律に違反してる、ニセブランド商法でしょ。

1の経典と、2の題目3の曼荼羅は、まったく無関係の別物で、とにかく、
題目と曼荼羅は、1の法華経経典には記述がない、出所不明の怪しい概念。

でも確信犯のサギ師さんたちに強く主張されると、
ちょっと混乱してしまうよね・・。

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 09:05:56.23 ID:PYDBCAAU
まあ、今と比べたら情報なんてないに等しい時代なんだから、お坊さんの格好した変な人が、自信満々にナンミョウホウレンゲキョウこそ最高って繰り返しいってれば、それまでの信仰じゃどうも幸せになれていないなという人なら、いっちょ試してみるかってなるわな。

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 09:34:05.27 ID:bhin8i/I
>>919
断定的にいうからね。日蓮教もSEALDsみたいにラップ調で題目をコールすれば受けるかも。

>>923
そういう形で庶民に徐々に広まったんだろうね。しかも庶民受けする現世利益の教義だし。

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 12:53:29.54 ID:8pOb4/H6
古典的名言は御釈迦さんが言い尽くしてるだろうし
それらを捨てるのはありえないだろうな
なむげきょだけでいいというわけはない

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 13:38:32.04 ID:9PtcibLb
文章がうまいというか、情弱気味の信者を煙に巻くのはうまくね?

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 17:19:55.92 ID:GZDoFa9N
>>926
あの檄文というかアジビラ調は、現代の日蓮教カルトにも受け継がれてるからな。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 18:11:52.29 ID:rmtpe4yr
女に人気があるとかまさにロック歌手

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 18:36:04.06 ID:AYWZrfWM
>>920

証拠 文証もあげrこともできない ワーワーと喚くだけの俗衆増上慢 無知蒙昧

930 :名無しさん@お腹いっぱい:2015/10/03(土) 18:58:27.19 ID:qf5WZiGz
創価学会がよく正当性を述べる三証
《理証 文証 現証》
理屈や文献で証明するのは学問ですよ
理屈や文献で正当性を証明できないから宗教でしょ
病気が治癒した 借金生活から抜け出せた 家庭不和が解決した
商売が軌道に乗れた 子供の学業成績が上がった
宗教の利益とは当の本人だけにしかわからない体験だけですよ
宗教の現実と思います
宗教を支えるバックボーンは古今東西すべて 無知と貧困
じゃないですかね

931 :スチールカン:2015/10/03(土) 19:22:19.90 ID:lulA+1zU
>>928さん
佐渡に送られてからの以降、日蓮は演歌調になっていってるような気がしませんか?w

>>918さん
すべては釈迦仏の拡声につかわれて譬えですね。日蓮信者さんがよく使われてます「師子口」というのも似たようなものでしょうね。
毒を発するという太鼓(毒鼓の縁)が最も日蓮の得意とする物だったと思います。まぁ、これも相手側の受け取り方によって変わるのですけれどもねw

>>920さん
日蓮等が突っ走る道は、もはや公道ではありまえんね、、、、静岡大石サーキット場!のレーサー達のようでw

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 19:27:29.02 ID:bhin8i/I
真理を証明するのに必要なのは理証だけだろう。
それは初期経典にみられるように釈尊自らが証明済み。
文証も現証も好きなようにこじつけ可能だ。
このことからして現証>文証>理証と主張する日蓮教は誤っている。

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 21:05:54.06 ID:AYWZrfWM
>>932

文理を基調とした現証であること。

魔の通力と見境がつかなくなる。

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 21:17:08.27 ID:GZDoFa9N
>>930-933
文証←コジツケ
理証←屁理屈
現証←バイアス思考

日蓮教はとっくにオワコン

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 21:28:28.00 ID:PYDBCAAU
文章がうまいかどうかはともかく、日蓮にはコピーライターのセンスはあったと思う。

念仏無間
禅天魔
真言亡国
律国賊

って、なんとなく語呂いいじゃんw
覚えやすくて耳に残るんだよ。

南無妙法蓮華経も南無阿弥陀仏と比べると元気が出る感じがするしさ。

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 21:38:39.59 ID:GZDoFa9N
>>935
+法華阿鼻大城

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 21:52:35.25 ID:AYWZrfWM
>>934

親疎と無く 法門と申すは心に入れぬ人にはいはぬ事にて候ぞ御心得候へ。

来世行くとこ行ってこい 無間地獄いってらっしゃーい 可哀想に

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 22:58:11.86 ID:GZDoFa9N
>>937
無間地獄ってのは残念で可哀想な日蓮教徒の境涯なわけだが

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 22:58:29.14 ID:PYDBCAAU
もう語り尽くされているのかもしれないが、日蓮の布教対象は国の権力者であって、釈迦仏法とは違い、民衆一人ひとりの悩み苦しみを救おうとしたわけじゃなかったんだな。
釈迦仏教にもどってそれをやろうとしたのが法然や親鸞だったわけで。

どうりで立正安国論や守護国家論、真言亡国や律国賊、御所に出てくる著名な弟子たちも武士階級ばかりになるわけだ。
日蓮は奈良・平安時代の民衆への仏教の布教禁止、国家の支配のための仏教であり僧侶という枠を出ていなかったわけだ。
日蓮の本音は権力者に迎えられてウハウハになることを夢見ていたのかもしれない。

こんなことは真面目に学会員やってたら絶対に気づかなかった視点だ。

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 23:03:14.87 ID:PYDBCAAU
いまの公明党の自民党と一緒に消費税増税や安保法で庶民が戦争に行かされる庶民イジメのポジションなんか、実は日蓮が手に入れたくても手に入れることができなかった
憧れのポジションなのかもしれんな。

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 23:17:38.18 ID:H8a3Lnxo
日蓮は己が信仰と宗教を認められる形にしたかった。
つまり体制側に組み入れられて寺領を持ち、公式の得度僧を弟子に持つ。
真言、天台と同各にせよとて、日蓮は死に物狂いになった。
それでも室町時代には信徒は増え、坊さんも増して一派を為した。
処がですな、江戸時代に至って大師号を望むのだが「私度僧同然の者ゆえ
大師号は付与せず」と冷たい徳川幕府。
明治時代になってから天皇陛下より貰った経緯がある。
他宗も結構貰っているので明治時代は大師号の大安売り時代でもあった。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 23:31:19.87 ID:pXzENPro
結局、自分の自己愛を満たすための道具に仏教を選び、法華経をその欲求を満たすために利用しただけなんだよな

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 23:32:18.41 ID:PYDBCAAU
自信の立身出世を夢見て流罪になった日蓮と、民衆救済を理想として権力者から睨まれ、その結果流罪となった法然や親鸞。
そんな絵が見えてきた。
>>941
明治時代は国家神道が最上位、その下に仏教各宗派という位置づけだろうし、日蓮宗格上げで、明治政府が宗教政策をどうにでもできることを示し、
その権威を誇示したのかもしれないな。

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/03(土) 23:48:23.55 ID:GZDoFa9N
>>941
日蓮が大師号をやっと貰えたのは大正時代
その背景には明治維新の際の廃仏毀釈で他宗の発言力が弱まった事情がある
それでも鎌倉新仏教の祖師では大師号下賜がかなり後回しにされたほうで
他宗の中興祖師のほうが早かったりもする

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 00:13:36.84 ID:yjvMb0WZ
>>941
>真言、天台と同各にせよとて、

それは違うだろう。

日蓮は「俺以外を認めるな」と言ったわけだが。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 07:42:38.51 ID:v60a/LQc
>>935
それはあるね。捨閉閣抛とかね。つか誹謗中傷のキャッチコピーばっかりなんだが。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 10:51:26.91 ID:GTxGH0Og
日蓮仏法が本来の釈迦仏教の民衆救済ではなく、国家権力者の安泰のための仏教であったという事実にやっと気づいたよ。
国家諌暁に失敗した後、国家諌暁をあきらめて南部実長の庇護のもと、身延に引きこもりになってしまったわけだしな。
親鸞が精力的に東国布教を民衆に行っていたのとは対照的だ。
日蓮宗のその後の拡大はキリスト教のパウロのように、日蓮の弟子たちの功績によるところが大きいのではないか。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 10:59:13.21 ID:GTxGH0Og
本来の釈迦仏教の民衆救済のために僧籍剥奪の弾圧を受けも立ち上がった法然や親鸞を無間地獄行きよばわりとは。
騙されたよ。
よくも騙した。騙してくれたな!!AA略

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 11:30:59.77 ID:6KjOxh68
>>947-948
日蓮は俺様教義で八宗に取って代わりたかっただけで、売り物は同じく鎮護国家。
だから法然浄土教とか禅宗の個人救済主義に過剰に反発した。

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 11:32:20.33 ID:GTxGH0Og
>>918
>>909
>それについては過去に自分も興味を持った。似ているところは色々あるが、やはり直接の交渉はなさそうだ。
>ユダヤのは法螺貝ではなく羊かなにかの角笛じゃなかったかな。

角笛、これだよな。
http://healingprayertips.com/wp-content/uploads/2012/01/shofar-blowing.jpg

日蓮の左手に法華経を握りしめた像を見ると、山伏の格好をした左手にトラーの巻物(ユダヤ教の聖典)を握りしめた天狗のようにも見える。
日蓮の法華経を握りしめる姿には、清澄寺で虎の巻を握りしめたたくさんの山伏たちの姿の影響を見て取れる。
ま、ここまでくると妄想だがね。

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 11:36:08.14 ID:GTxGH0Og
>>949
なるほどな。
弟子が武士階級ばかりなのもそういうことか。
はなっから庶民は相手にしてなかったわけか。民衆救済に尽くした法然親鸞を攻撃して。なんなんだこいつは。

しかし、学会含め、日蓮系宗派の話しかしらないと馬鹿になるな。二世三世、いや、一世でも一旦やめて外に出ないと何もわからん。

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 11:38:44.52 ID:GTxGH0Og
そんな日蓮宗でも庶民にそこそこ信者がいたってのは、江戸時代の寺請制度で強制的に庶民が近所の寺の檀家になり、
それで一気に檀家が増えたという理解でいいのか?

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 13:37:34.66 ID:6KjOxh68
平田篤胤によると「天子真言公家天台、公方浄土で武家は禅、乞食日蓮門徒それ以下」
だそうな

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 14:58:56.62 ID:SwH+n/sT
戦前は軍部と国粋主義の台頭に伴い、外来思想を排撃する動きが強まって、正統的な仏教に対する圧力が強まった。
最澄も空海も道元も中国に留学したし、その他も渡来僧によって大陸経由の本格仏教を招来した。
そこで他宗を誹謗中傷し、相承系譜がなく、本尊に天照大神まである、純然たる国産宗教の日蓮が有利になった。

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 15:05:26.92 ID:SwH+n/sT
そういうわけで絶対的天皇制下で日蓮に大師号を賜ったのは、仏教の視点からの再評価というより、多分に政治的背景によるものと思われる。

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 15:16:35.27 ID:6KjOxh68
日蓮門下の一部では「大日本国衛護の大漫荼羅」とかいう、日蓮が蒙古調伏の祈祷をしたかのように
見せかけるアリバイまでも捏造し、写し(?)を皇室に献納して媚を売りまくったわけだが。

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 16:12:54.46 ID:TlDzah9S
.           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          | 捏造ばかりで何が悪い!東スポだって嘘ばかりじゃないか!
          \
             ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
          ___                    |  \ \
    /    / ))))                    |
   /    /_ ⊂ノ               | ヽヽ .|\
  /   / /             i 、、. | ヽヽ .|\   |  \
 / / \ \  Λ_Λ  ド ド |ヽ   |\  |    |
/ /    \ \(-@∀@)
/ /     ヽ      ⌒\
/       ノ 曰蓮 /> >
        /     / 6三ノ
       /  / \ \ ` ̄
―    /  ん、  \ \
――  (__ (   >  )
⌒ヽ   ’ ・`し' / /
  人, ’ ’, ( ̄ /
Y⌒ヽ)⌒ヽ、 )  |
         \_つ

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 19:02:52.57 ID:v60a/LQc
>>956
それは知らなかった。事実とすれば宗祖以来
、まさに何でもありが日蓮教の伝統だな。
>>857
東スポは噂や憶測を、さも事実のように報道するだけだが、日蓮教の捏造は創意工夫に満ちた純粋な捏造だから次元が違うよ。
あえて例えるなら、東スポは佐野研二郎っぽいが、日蓮教は小保方さんやドクター中松っぽい感じがするな。

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 19:53:50.80 ID:lXMdQJsY
関東軍南無妙法蓮華経司令部w
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/tuzimoto12.htm

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 20:26:21.75 ID:IFUbf+95
>>959
記事クリックしただけで強制アフィ
拉致に加担した国賊社民の擁護
クソサヨクは死ね

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 20:52:35.75 ID:3PJeitzS
穢多

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 21:12:03.32 ID:IoFwFw/0
>>951
良観房忍性を敵視したのもその一貫だもんな。
日蓮は民衆救済してる僧侶を激しく憎悪するんだよ。

日蓮には親鸞に対する言及はなかったはずだけど(親鸞は無名だったしな)。

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 21:18:35.49 ID:tGkZq3IV
>>961
エッタといって差別したのは江戸幕府と教えられたものだが、これも違うらしいな。
もともとは、死体を忌むべきものと考えるユダヤの考えに由来しており、エッタは京の町の死体処理担当として、平安時代の昔からいたらしい。いわゆる部落が関西に多いのはそのせい。
葬式で塩を配布し清めるのはユダヤの風習からきている。

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 21:24:58.62 ID:6KjOxh68
>>962
自分ができないことを実践する僧侶は、すべて怨嫉と憎悪の対象にして攻撃する
法然門下しかり、叡尊や忍性も同じだ
それが日蓮クオリティ

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/04(日) 22:20:05.02 ID:lXMdQJsY
>>956
写しというか偽作を献納という記事は見つかった

http://www.genshu.gr.jp/Local/Tokyo_W/kikanshi/No12/kj12_9.htm

一九一五年(大正四)の大正天皇の即位大典に際して、日蓮宗宗務院は、偽作である
「奉献本尊(蒙古調伏護国の本尊)」を宮内庁に献納

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/05(月) 01:28:34.33 ID:CG2XDMFC
>>965
献納されたのは紺地に金泥で書かれた「偽作の写し」だったらしい

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/05(月) 02:24:54.24 ID:7gn2Wvlr
大石寺の板本尊も偽物と断じた稲田海素に鑑定させたら後世野心家の偽造だって言われちゃったんで
真偽未決のまま献納
http://otowatid.u.cnet-ta.ne.jp/houkensiryouhen.pdf
『日蓮宗事典』(昭和56年・日蓮宗宗務院刊)の関連記述

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/05(月) 06:44:21.26 ID:EiE9a/pX
>>964
ふつうは嫉妬の対象というと、遠すぎもせず近すぎもしない適当な距離感があるものだろう。
一橋大や早慶あたりが東大に嫉妬するとか。日蓮のは創価大が東大に嫉妬するようなチグハグ感があるな。
>>965-967
宮内庁相手に偽作の写しを奉納とか、偽造と言われたんで真偽未決のまま奉納とか、なんか発想が日本人ぽくないな。

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/05(月) 16:35:17.20 ID:iLwq67/q
結局、今のところ、日蓮の取りえは悪口のコピーがうまいということだけかよ。

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/05(月) 19:35:21.19 ID:uuM4dPxy
>>935

           ★★★ニダレン罪障人★★★
               . ! l ! r
                i l l i
                ! 从 l i i  <ウマシカ格言“ 粘着無限 全戦敗 妄言暴国 支那国属 ”
                l /∧,,∧ 从/         で全宗派に声闘を挑むニダ!
          ハ,,ハ   ; !<`д´> r     ハ,,ハ
        <ヽ`∀´>  丿 ヾ/;;/ ヽ   <`皿´>
   ハ,,ハ   /つ_ _O (二;;;;二二;二;;二)  O _ とヽ   ハ,,ハ
 <  `田   ゝノu.u   ((;;;;;;/;;/;;;;@)   u'u'、ソ <ε´ >
 /  つ         (二二;;二;;;二二)        と  ヽ
 ゝ_人)   ハ,,ハ    (@);;;;;;;;;;(@)  ハ,,ハ   (人_ノ
        < `3´>             <`〜´>
        /   )            (   ヽ
        ゝ_ )            ( _ノ

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/05(月) 22:46:06.75 ID:nhzGiuD5
969 「日蓮は泣かねど涙ひま無し」こういうコピーが旨い。
 文の功徳が日蓮一人に極まりた日蓮宗で御座る。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 08:38:12.25 ID:B9904Ysc
>>971
コピーだから信者に受ければいいのだろうが、文章としては感心できない。
泣いてはいないが、涙の絶えることはない、という意味がおかしい。
涙を流すというのは泣くということなのだから。
号泣こそしないが、涙がとまらないといいたいのなら、
日蓮、黙すれども涙ひまなし、とか、
あるいは、涙こそ絶えたが悲しみはやまないといいたいなら、
泣かねども嘆き絶えず、とかいうべきだろう。
泣かねども涙ひまなし、は技巧的だが、真に迫ってくるものがない。

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 08:55:45.22 ID:B9904Ysc
たとえば、以下は空海が弟子の智泉を亡くしたときに書いた文章

哀しい哉(かな) 哀しい哉(かな)
哀れがの中の哀れなり
悲しい哉 悲しい哉
悲しみの中の悲しみなり
哀しい哉 哀しい哉 復(また)哀しい哉
悲しい哉 悲しい哉 重ねて悲しい哉

無常と空の理法の奥義に達した空海が、亡き弟子を悼み、ひたすら哀しいと繰り返している。
詩文をよくした空海のことだから、勘ぐればこれも計算された技巧と取れなくもない。
しかしそういう穿鑿を斥けてしまうような、無限の哀調が迫ってくる。

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 08:56:22.56 ID:m+OZwxWY
日蓮は便出さねど糞ひま無し

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 09:41:45.20 ID:cHQRcLou
“日蓮が下痢・・・日々に度をまし月々に倍増す。”
『中務左衛問尉殿御返事』

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 09:42:25.09 ID:kSQ/w4cb
日蓮は、糞ひらねど屁ひまなし。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 10:20:36.65 ID:NAorL6WJ
>>973
釈迦の死を嘆いて、悟りに到達していないと叱責された阿難尊者の立場は……

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 10:28:54.82 ID:QfIfVrDd
自分では排便したという意識がないのにウンコまみれだ的な表現か

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 12:31:37.40 ID:MnG9gcWU
>>977
アーナンダが叱責されたってことは日蓮はもちろん空海も悟りには遠かったってことだろうな。

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 14:06:42.96 ID:kSQ/w4cb
979
アナン尊者は釈迦の死後に成道されました。
空海上人はとっくに20代で成仏されていたと思います。

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 20:08:21.00 ID:KEnU1TgT
【ゲンダイ】「他人の悪口ばかり言う人」の頭の中はどうなっているのか?★2
http://n2ch.net/r/-/newsplus/1444102220

※他人の悪口ばかり言う人=ニチレン 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:39828eafcc6c2073b074103bd7eecdc9)


982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/06(火) 21:07:57.46 ID:NAorL6WJ
>>980

あなたは>>977>>979の意味を理解できてないと思います。

983 : ◆jtrOlGhw7E :2015/10/07(水) 00:13:15.31 ID:jSzcGiM6
>>980
アーナンダ長老についてはガンジスの中洲で火界定に入って滅度したという伝承がある。

空海入定説は大師号追諡以降に成立した伝説で、同時代の資料には普通に病死して荼毘
に付されたと記されている。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/07(水) 00:29:24.09 ID:sqQuLBK+
SGIでは日蓮ではなく釈迦が本仏だって話を聞いて、茶を吹き出したよ。
末法の世では釈迦仏法は効力をなくすって話はどうなったんだ。
仏教徒は言い難い日蓮カルトでは海外で都合が悪いので、本仏は釈迦にしたのだろうが、
にしても二枚舌すぎないか。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/07(水) 03:12:10.19 ID:f2MHyvSP
982阿難尊者は佛滅後に成道されました。
 人間は変化し進歩します。
 空海師は仏陀に成った人であると認識しております。

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/07(水) 10:50:56.57 ID:sqQuLBK+
>>985
その割には、弟子の死に対して悲しい悲しいと繰り返し取り乱しているのは矛盾のように思うのだが。

987 :972:2015/10/07(水) 11:27:15.73 ID:mUxyX/bK
972で971さんの引用した日蓮の「泣かねど涙ひまなし」という文について、自分は以下のように書いた。

>泣いてはいないが、涙の絶えることはない、という意味がおかしい。
>涙を流すというのは泣くということなのだから。

しかし気になって調べてみると、古語では「なく」は鳥や虫が「鳴く」と重複して用いられ、「泣く」は「声をあげて泣く」意味しかないとわかった。
つまり日蓮の上の文は「日蓮は声をあげて泣きはしないが、涙の絶えることがない」という意味であって、意味はおかしくない。
この点で自分の上のコメントは誤りとして撤回する。

同時に、これでは意味は通るものの、文章としてはごく平凡で、かえって趣きを欠いていると思われる。
現代のように「泣く」が、声を伴わずにさめざめと涙を流す、ような意味を含むと、掛け言葉のような凝った表現に響く。

988 : ◆jtrOlGhw7E :2015/10/07(水) 11:31:36.43 ID:jSzcGiM6
>>984
今更吐いた唾は飲めんし、既に手遅れなわけだが。
>>985
そう信じるのは個人の勝手だが、日蓮教みたく吹聴しないほうがいい。

989 :972:2015/10/07(水) 11:44:45.19 ID:mUxyX/bK
日蓮の「涙ひまなし」の評価では意見を異にするが、アーナンダと空海の成道については985さんの見解を自分も支持する。
空海が弟子の智泉の死をいたく悲しんだからといって、悟りに入っていなかったという意見はおかしい。
悟りとは理法を理解することで、それに沿って生きることではないだろうか。無感動・無感覚になることではなかろう。
空海が亡き弟子を嘆くあまり、自暴自棄になって自害したとか、仏道を捨てたとかなら、そういう評価も可能だろうが、そうではない。
生身の人間として、悲しみも喜びも感じ、しかし無常という理法の目でそれを観じ、情念を調伏し、運命に負けないということではないか。
まして空海の奉じた密教の「即身成仏」という教義からして、死後に初めて成仏するという解釈では成り立たない。
いつ成仏したかといえば、難しいが、やはり恵果和尚から伝法潅頂を受けた30歳前後が節目なのではないかと思われる。
アーナンダはたしか釈尊の滅後に成道したということではなかったか。

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/07(水) 12:19:22.14 ID:NWhFN+3Q
>>989
>空海が弟子の智泉の死をいたく悲しんだからといって、悟りに入っていなかったという意見はおかしい。
>悟りとは理法を理解することで、それに沿って生きることではないだろうか。無感動・無感覚になることではなかろう。

親しい人間の死を悲しむのは三法印を理解してそれにそって生きていないからだ、
というのはアーガマで何度も繰り返される基本教説。

アーナンダ長老は悟っていないので釈尊の死に際して
色々と不適切な反応をした、と説かれている。

おかしいとか言う前に佛教の基本を勉強しような。

991 :大乗非仏説:2015/10/07(水) 16:18:42.55 ID:2ksGNSkG
>>990
>アーナンダ長老は悟っていないので釈尊の死に際して
>色々と不適切な反応をした、と説かれている。

このあたりを記載している経典がありましたらご教示ください。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/07(水) 18:55:02.41 ID:NWhFN+3Q
>>991
阿含の涅槃経を読めばいいよ。

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/07(水) 19:45:09.07 ID:B813jqgB
法華経って空の思想ですよね。
日蓮の過去世の罪業とか仮観ではないの?

994 : ◆jtrOlGhw7E :2015/10/07(水) 22:16:19.98 ID:jSzcGiM6
>>993
空観は法華だけでなく大乗仏教の基礎だが、日蓮教とは無縁の教説のようだ。

995 :スチールカン:2015/10/07(水) 22:54:03.96 ID:KwCGqN+x
次スレを立てました。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1444225606/

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/10/08(木) 05:53:10.92 ID:Q8q7uABX
>>993
>法華経って空の思想ですよね。
違います。
空想と妄想の思想ですw

997 :972:2015/10/08(木) 08:39:22.82 ID:5VcZtmHf
>>990
>親しい人間の死を悲しむのは三法印を理解してそれにそって生きていないからだ、
>というのはアーガマで何度も繰り返される基本教説。

全然違う。釈尊はそういう悲しみや怒りが人間にあるからこそ、それに打ちひしがれ道を誤らないように三法印と後に称される理法を説いたのだ。
悲しみや喜びもない石像のような存在になることが悟りなのではない。理法を理解し、感情を乗り越えることが悟りなのである。

>アーナンダ長老は悟っていないので釈尊の死に際して
>色々と不適切な反応をした、と説かれている。

これも一概にそうはいえない。釈尊は嘆き悲しむアーナンダを憐れみ、彼に改めて無常を説いて慰めた。
また他の修行僧らにむけてアーナンダの美点や徳を大いに讃え、彼がこのことで誤解されないように心遣いをした。
それぞれ弟子を引き連れて説法をしていたマハーカーシャパなど他の比丘と違い、アーナンダは常に釈尊に供奉していた。
教団内における、この特異な立場のゆえに、毀誉褒貶とまで言うと大袈裟だが、彼は色々な目で見られたということだ。

998 :972:2015/10/08(木) 08:55:48.21 ID:5VcZtmHf
ちなみに空海は973であげた「亡弟子智泉為達&#22187;文」の文中でこうも述べている。

悟りを開けばこの世の悲しみ驚きは、すべて迷いの生み出す幻にすぎないとわかる
それでも あなたとの別れには涙を流さずにはいられない

私が飢えれば、あなたも飢え、自分が喜ぶときはあなたも喜んだ
いわゆる孔子に付き添った回、釈尊に付き添ったアーナンダ
あなたも私にとってそれと同じだった

このように人間的感情を持つ生身の人間として、喜びも悲しみも感じつつ、運命を乗り越えるための指針が仏教なのである。

999 : ◆jtrOlGhw7E :2015/10/08(木) 09:42:51.34 ID:jCzNO6Pc
>>998
「身は不浄、受は苦、心は無常、法は無我」と常に観じ続けていれば、「人間的感情」
に絆される余地はない。アーナンダはその未熟さをブッダに指摘されたわけだ。

1000 :972:2015/10/08(木) 09:48:46.88 ID:5VcZtmHf
>>999
未熟さを指摘したというより、慟哭するアーナンダを見て、釈尊は改めて理法を説き、彼を慰め、励ましたということではないか?
自分はそう解釈している。でなければ、その場でアーナンダを讃えることが不自然になってくる。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

1002 :1002:Over 1000 Thread
2ちゃんねるの運営はプレミアム会員の皆さまに支えられています。
運営にご協力お願いいたします。


───────────────────
《プレミアム会員の主な特典》
★ 2ちゃんねる専用ブラウザからの広告除去
★ 2ちゃんねるの過去ログを取得
★ 書き込み規制の緩和
───────────────────

会員登録には個人情報は一切必要ありません。
月300円から匿名でご購入いただけます。

▼ プレミアム会員登録はこちら ▼
http://premium.2ch.net/


453 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)