5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日蓮って ver.31 [転載禁止]©2ch.net

1 :山椒島 ◆AUtVVr2znk :2015/03/05(木) 23:28:59.53 ID:RzVvwurC
日蓮って ver.30
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1411919480/

「日蓮って」過去ログ
http://hyakkimaru.nukenin.jp/

創価学会の教義と日蓮仏法について、真面目に語るスレッドです。
創価学会擁護の論客もふるってご参加下さい。

コテハン推奨。sage推奨。「荒らし」は無視で。
スレが荒れる原因になりますので、暴言や挑発、嘲笑、語尾のwwwはNGです。
スレ違いの話題はほどほどにして下さい。

初心者の方も教義についての質問があればお気軽に書きこんでください。

378 :eco ◆Smw69BiSBo :2015/04/18(土) 22:21:43.52 ID:S2HSUFJc
>>
>>376
>>当の宗門当局が一蹴し、当時の創価学会も黙って追随しましたからね。
>>偉い人達は、皆さんとっくに分かっているんですよ。
>>河辺メモも教義変更もその一端です。

その昨日まで「はっても黒豆」みたいな強弁を振舞っていた 
教義改正をした途端 手のひらを返して アンチの教義を盗み取り 
また強弁を繰り広げて我田引水を強いる インテリジェンスと申しましょうか
「骨抜きにされた視野性が非常に狭い創価の人達」が多数なので
その人たち向けに 説明するのは非常に厄介ですね

【一例】
(1)http://miraihisyo.exblog.jp/24359145/
(2)http://sokadamedasi.blog27.fc2.com/blog-entry-95.html
(3)http://plaza.rakuten.co.jp/namassaddharma/diary/201504160000/
(4)http://miraihisyo.exblog.jp/24369108/

特に(1)と(4)大河氏の「希望の哲学」のコメント陣を含めた香ばしい発言には注目
(4)においては テンパっていて ヒステリーを起こしています。

ちなみに 彼ら彼女等は 昨日までというか
日蓮正宗と別れるまで、黙って追随していた一貫性のない カルトサーファーたちで
なんと言うか 情報の上書きに必死な事が 多分理解できるかと思われます。

379 :eco ◆Smw69BiSBo :2015/04/18(土) 22:34:37.21 ID:S2HSUFJc
ところで 村内ホームの回し者じゃないけれど、日本文化村・・じゃなくて
にほんブログ村は 創価のカテゴリー内におけるランキングもあり
アンチサイドのログもランキング上位になることがあるので

この板で もしブログをやっている方々がいましたら
是非 ブログ村の創価カテゴリーへ 何らかの形で登録して活用すれば 
一気に上位へあがる可能性もあるので おすすめいたします

特に、このスレッドをブログなどにまとめたものだと 
あくまでも創価学会がテーマですから反論もOKなわけで趣旨に沿っており
問題はないし 一位をとる可能性もある

http://philosophy.blogmura.com/sokagakkai/ 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:b4843ab37c6e27fe69eda701efee8d5e)


380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/18(土) 22:41:32.17 ID:7FhTXqr2
小臭も喪家もどちらもウンコだというだけのことなんだがecoはなぜそんなに必死なのかw

381 :eco ◆Smw69BiSBo :2015/04/18(土) 22:55:57.89 ID:S2HSUFJc
>>380

だってウンコ自体は天然ガスの要素が強いけれど 
たくさん溜まると何故か有毒ガスが発生して ほら・・下水溝に潜った人なんか そのまま倒れるし
また天然ガスなので 都市ガスよりも爆発力がすごく ちょっと火をつけただけで・・・
そういった意味を考慮すれば 
放置ぷれいの危機管理だけでは限界があるんじゃないかと

特に今は情報戦の時代ですからね そういった危機意識が ありますよ

382 :山椒島 ◆AUtVVr2znk :2015/04/18(土) 23:05:18.84 ID:ck/W7mLP
>>377-379 eco さん
当時の干支は、現在でいう西暦のようなものでしょうから、結構重要なのではとも思えますが。

少なくとも元号よりは計算も把握もしやすいわけで、そんなに重要でない(?)干支を省いたという割には
もっと重要でないはずの「弘安2年」がしっかり書かれているのですから、考えても仕方無いと思います。

創価学会は、どんなに遅くとも池田氏の「ただの物です!」発言から"仕掛け"は始まっており、その源流は、
戸田氏の「創価学会仏」発言辺りまで容易に遡ることができます。いつぞやの「金原本」などもそうですし、
破門後の会則表記変更もそう。今回の教義変更も、一連の流れの中のひとつに過ぎないと思います。

ですから、まだまだ変わりますよ、多分。そしてそこには、日蓮本仏論も含まれるでしょうね。
信じたい人達は、どんな理屈でも解釈でもコネて信じます。もともと根拠などありませんから楽なものですよ。

383 :eco ◆Smw69BiSBo :2015/04/18(土) 23:05:18.86 ID:S2HSUFJc
>>380
ついでに言ってしまうと 自民党単独政権で公明党が与党から外れ 
安倍内閣が強固なものであれば ここまでは必死にならないかと思われます

何せ、日本国民の脚を見事に引っ張っているのは そのウンコたちですから

384 ::2015/04/18(土) 23:05:59.93 ID:sczQnClF
>>377ecoさん
>>7ことスチールカンです。
このスレではJane Styleブラウザで書き込みしてまして、
7レスアンカーにアイコンを置きますと私の一連の書き込みが見え易くしていますことをご配慮してくださいね。
「自分が何を言ってきたか?」ってことがすぐに分かるので、便利でありますところに、コテ欄が数字になっております。
以後宜しくお願いします。

ecoさんのレス内容で、ちょっと気になることがあるのすが、
「一閻浮提に授与した本尊だから、世界の暦を配慮して干支が書かれていない」・・・との見解があるのですね?
このように説明された初出を知っておきたいのですが、ご教授を受け賜ってもよろしいでしょうか。

と、言いますのは、
それならば、“弘安”の字も不要だったのでは?とも思うのです。
このことをどのように説明しているのかということを調べてみたいものでして。

385 ::2015/04/18(土) 23:10:06.23 ID:sczQnClF
>>382山椒島さん
「弘安2年」の字の疑問?

わずかな時間差で重複になってしまいましたw

386 :eco ◆Smw69BiSBo :2015/04/18(土) 23:50:57.48 ID:xj+oy1el
>>382

(弘安2年の大御本尊 及び その印による記録の信ぴょう性)
あくまでも「当時の感覚」で書写しているわけですよね 
今は元号の決め方も含めて全然違うわけだし たとえば 今は平成ですが 
昭和の時代はたまたま 西暦が「5」「0」で一致する部分があったので暦が把握しやすかったけれど
平成の元号でいわれても把握しきれない側面があるので 
そういった経験則も含めれば、特に重要視する事もないかなぁ・・・ということです

後付けバイアスの要素が強い名称ですが あくまでも
“久遠元初 事の一念三千 人法一箇 一閻浮大総与の大御本尊”なので

但し、「弘安2年に関する記述の問題」は日蓮の責任があるものの
西洋暦を把握しきれないが故の例外・・・・と 
かなり苦しい言い訳ですが 一往 それなりの説明で納得はできます。


(創価学会)
そうなってくると 創価学会の本来の目的から逸脱してしまい
単なる詐欺集団なのですが 問題は創価学会の場合 日蓮正宗とは違い 
現段階ではISILと同様に政治的影響も含めて他方にも忍び込んでは マインドコントロールをしかけ 
知らないあいだに侵略されていたりして 牛耳られている一面も否めないので 
民間防衛と言う観点でみれば そっちのほうが もっと怖い一面も隠しきれず
脱会や信仰を捨てるだけの済まない領域に達しているので 
そっちのほうが遥かに大問題で それ等のプログラムを覆せばいいんですけれどね

アメリカで問題になった孔子大学による教育戦略方法を考えてみると
わかるかと思われます

387 :eco ◆Smw69BiSBo :2015/04/19(日) 00:29:27.72 ID:UgyHlLuQ
>>384
「日付の記述なし」だと余計に偽物の要素が強くなってしまうんじゃないでしょうか?
また 性同一保持権を侵害される脆弱な一面も否めません。

日本がその被害を諸に受けているじゃないですか
どこかの国みたいに 時系列に対し曖昧な点を悪用して
 「その商品は うちが最初だ よってウチの国の教えは優れているニダー」等と
おかしなプロパガンダを仕掛けて 法そのものを盗む「ウリジナル」が

たしかに 60干支の暦を しっかり入れていけば 安全性が高い事も よく分かっておりますが
それでも 精度は高けれど 閉鎖的要素が強い暦の故に
その脆弱点をついて別のこじつけを仕掛け
性同一保持権の侵害を犯す 智慧を持つ輩がいてもおかしくないわけで 
特に中華の場合は そういった盗みが非常に優れており 
ましてや 60干支のオリジナルを把握しているわけですから 
何らかの形で燻製にしんの虚偽を仕掛けて 暦の計算基準をすり替えていくような

だから、そういった 複合的な要素も考慮してか 一往 日付だけは残した・・と 
拙き説明ですが そういった形で考えることもできます。

388 :eco ◆Smw69BiSBo :2015/04/19(日) 00:45:50.54 ID:UgyHlLuQ
(>>387の追記と補足と余談)

特に 弘安の年号は 日本だけの オリジナルですから 
西洋暦と一致しと曼荼羅に書かれている内容の正当性が合えば
それで証明することもできますし 
中国や韓国がウチの教えが優れている等と盗む事もできない一面もあるわけで

例えたら、スパム防止の為に いたずらに不正防止策のプログラムを仕掛けて
ハッカーと対峙して悪戯に鼬ごっこを続けていくよりも 
画像認証というシンプルかつ原始的な一面で完全に防ぐ掲示板のような仕掛けが
あの大御本尊にはあるようにも考えられます

そういえば 北朝鮮は 一部はコンピューター化して電算に頼るけれど
不正侵入を防止するために 肝心要の軍事データーに関しては人海戦術に頼って
あえてコンピューターには頼っていないらしく たしかに そのほうが安全な一面もあります。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/19(日) 01:15:05.14 ID:GlnaeSAP
ソースを出せって言われても出せないのはecoのくだらん思いつきだからだろ。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/19(日) 01:16:54.50 ID:GlnaeSAP
要するに未だにあの贋作板切れを信じてるわけだ。
じつにくだらん。ソッカーもホケコッコも等しく滅すべし。

391 :264:2015/04/19(日) 07:54:10.61 ID:Hk1/LxeS
>>363 >>368

私もecoさんに同意ですね。360-362さんの投稿はいつも興味深いものがあります。
この人は捉え方が直観的、感覚的で、理屈のうえでのハズレも散見されますが、目の付けどころが新鮮です。

392 :264:2015/04/19(日) 08:04:27.50 ID:Hk1/LxeS
>>360
>玉を含みは、含み玉が文章通りで、骨董屋さんが正解でしょ、
>わたしは玉串しか知らんかったけど、赤鬼さんも誤訳だな。

これは明らかに間違いで既に上で述べたように、「上聞に達せず」だったことの象徴的表現以外ではありえません。
私が上でふれた「赤鬼のブログ」の訳文以外にも「日蓮大聖人御書講義」というやはり創価系の大きなサイトがあります。
そこの訳文も赤鬼訳とほぼ同文で、むしろ後者がオリジナルかとも思われます。奏上したが採用されなかったでは例えにならない。
創価信者ですら系統的に口語訳する方々はそう訳している。これは信仰レベルでなく国語レベルの問題です。

393 :264:2015/04/19(日) 08:19:01.56 ID:Hk1/LxeS
あと、面倒なのでいちいちアンカーはつけませんが、元号表記の問題については、昔は改元が周知されるのに時間がかかったとか、
身延が田舎だったとかいう話が問題なのではなく、改元から数年たった同時期の文書で元号の不統一が見られるということでしょう。
誤記の可能性を持ち出している人がいますが、別に悪意でない過失としての誤記ならば別に日蓮教に限った話ではないはずです。
写真でないと信用できないならその方が写真を出して正誤を明らかにすればいい。できないなら他人に言うべきではない。
むしろ日蓮教の場合、誤記などという一般的な話ではなく、真偽の問題があり、さらに言えば日蓮自身に捏造癖・妄想癖があることが問題でしょう。

394 :264:2015/04/19(日) 08:30:40.76 ID:Hk1/LxeS
もっとも元号不統一の話はいまのところ個人的にはさほど重要とも興味深いとも思っていません。
ちょっと議論の方向性が違うように思ったので一言した次第です。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/19(日) 08:31:11.68 ID:QZ8BdtrL
>>233 「電波級の誤訳」は口汚いな・・。>>238>>242>>253

>>288 御書の時系列持ち出されただけで、身延ガーディアンズが
全員「・・・」と沈黙するのは、けっこー笑えるな。

>>298 八年間ない。1260文応元年の八年後、1268文永五年に
突然記述がはじまって、その年には十五通ほど書かれている。

ポイントは、安国論本体には提出した記述と日付がないので、
安国論の名前がこの世にあらわれたのは、 
安国論御勘由来が初出で、1268年四月五日の日付からですよ。
御書検索に「安国論」で確認してみそ。

>>317 「宿屋入道に付けて 故最明寺入道殿に之を進覧・・・」

1. 宿屋入道みたいな要人に敬称がなくて呼び捨てとか、バカじゃねーの?

2. 文応元年の最明寺殿は俗称で、覚了房道崇が正式な法名でしょ。
最明寺殿に奉り、は安国論を俗称のあて名に送ったみたい。。

3. 最明寺殿は没後は戒名になったから「故」の字つけるのはおかしいよな。
二度死んでんのか? 故人に提出すんのは無理だよ、よーく考えたらわかる。

4. 勘文は朝廷の諮問に、学者がお答えするんで、これは朝廷用語。
幕府の権力者相手なら、頼基陳情みたいに、陳情とかそんな言葉でしょ。
これバレたら、また問題になって、島流しだろーに。

5. 進覧は対等の関係でしょ、「上」の意味がないとな、

6. 付けて、も使用人相手じゃないんだから、もっと丁寧語あるでしょ、
ホント礼儀知らずだよなー・・。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/19(日) 08:46:38.67 ID:QZ8BdtrL
>>318 御書=吉田証言 ⇔ 日蓮教の坊主学者=朝日新聞。

>>326>>344
正元の記述は、安国論提出について書かれた二番目の御書だよ。

一番目の初出で、○宿屋→●屋戸野、と担当者の名前を当て字で書き間違え、

二番目で、○文応→●正元、と元号の変わり目をかん違い、

一ヵ月後の三通目以降からは、宿屋も文応も間違いなくて、
ちゃんと書けるようになったから、調査が完了したみたい・・。

真筆の選時抄にも「宿谷」とかあって、ネタには事欠かんけど。

>>327>>336>>338・・、
正元二年と書き間違えてる宿屋入道許御状は、
正元→文応、の改元から八年後の日付。
改元から八年経ってもまだ元号間違えてるところがな・・。

個人的意見では、正元二年の災難対治抄が頭にあって、ついうっかり。

>>368 山椒島さんのお友達 ? というか真贋判定みたいな、
薄汚い洗脳ツールを持ち出さない限りは、格別文句もないけど・・。

>>392 日朗に直接聞いたの? 私は自分で訳すから、受け売りは必要ない。
日蓮教最大の欠陥は、受け売りを繰り返して、自分の脳味噌の
使い方を忘れちゃってるとこなのだが・・。

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/19(日) 09:27:48.25 ID:P16sq1LC
>>392
日蓮教では立正安国論の要旨は奏上前にも
時頼に対面して告げたことになってるから
含み玉をどう訳そうと君と同じにはならない。
日蓮や日興の遺文を読んでいない君が間違い。

398 :264:2015/04/19(日) 09:41:58.94 ID:Hk1/LxeS
>>397
面白い主張ですね。「時頼に対面して要旨を告げた」のなら、それこそ奏上でしょう。奏上後にまた文書で再奏上したのですか?

399 ::2015/04/19(日) 10:38:11.14 ID:8zFeciju
>>387ecoさん
>「日付の記述なし」だと余計に偽物の要素が強くなってしまうんじゃないでしょうか?

そうでしょうね。
しかし、日蓮の内心に何かしらの意図があったとして、あのような解釈が全世界にwなおさら矛盾を与えてしまうとも思うのです。
この「仏滅後二千二百三十余年」の一閻浮提に与えたという板曼荼羅に、干支を書かないことに特別視をしたのでは、愚像崇拝信仰そのままかと思ってしまうのが普通かと。
これじゃ、絶対に日蓮教流布は無理であって、余計に矛盾を生み出すはめになっていくようなものかと思うのです。

「日蓮が出世の本懐はこの板曼荼羅崇拝!」

といかのもこのように言ってしまっていますね、以前は学会も。
果たしてこれが日蓮の本意だったでしょうかと?

造作者はいつもの通り干支も書いておけば、その偽物の要素も少しは減らせたかと。

400 ::2015/04/19(日) 10:45:27.46 ID:8zFeciju
日蓮正宗は教義を立て直し、基礎から変えなければ無理と思います。
今あそこで学ぶ小僧達が可哀想です。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/19(日) 10:49:28.90 ID:P16sq1LC
>>398
主張してるのは俺じゃないし
別に面白いとも思わない。

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/19(日) 11:30:45.96 ID:GlnaeSAP
>>400
>日蓮正宗は教義を立て直し、基礎から変えなければ無理と思います。
>今あそこで学ぶ小僧達が可哀想です。

とはいえ、結局のところ日蓮系は全体がどうにもならんよ。

403 :山椒島 ◆AUtVVr2znk :2015/04/19(日) 21:07:54.08 ID:h6SLe4/D
>>385 7 さん
当時は方角も干支、時間も干支で、しかも中華圏を中心として実にインターナショナルだったようですから、
日蓮としてはむしろ普段以上に欠かさないように思えます。あくまで板曼荼羅が日蓮直造なら、ですけど。

>>386 eco さん
ええ、ですから当時としては干支の方が、現在の西暦同様に正確性や汎用性に優れていますよね。
日本の独自性という点では、勧請された諸尊あり、花押ありですから、弘安表記には特に意味は無いかと。
漢字も梵字も使っているわけですから(笑  日蓮の書式でも筆跡でも無い、という事実があるだけですよ。

>>397 さん
よく御存知ですね。私的にはその方が疑義があると言いますか、保留案件ですので触れていませんが。

404 :大乗非仏説:2015/04/19(日) 23:06:45.52 ID:qsE+vqg3
>>374
便所の落書きと言っておきながらなぜ粘着するのですか?
私の嫌いな創価学会幹部のタイプと同じですね。
何度もいいましたが貴方の相手をする気はありません。
それではさようなら。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/20(月) 06:48:20.90 ID:vnE9T6hl
下痢便を撒き散らしながら野垂れ死にした日蓮坊主。
あんなクソ坊主の論評は便所の書き込みでこそ相応しい。

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/20(月) 10:14:18.13 ID:x+YCtsmj
仏教への関心が高まるほど日蓮系は不利になりそう

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/20(月) 16:49:57.18 ID:qRHnnQOM
高まってるようには思えないけどね

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/20(月) 23:53:58.26 ID:MUYZAqrl
一般教養レベルでも日蓮教はオワコンだがな。

409 ::2015/04/21(火) 00:36:58.20 ID:xSjicTnF
>>403山椒島さん
板曼荼羅の翌年には「弘安三年“太才庚辰”三月」 と書かれた臨滅度時本尊があったわけですものね。
出世の本懐とやらの本尊の後に差別するような日蓮の真意はありえないとも思えますし、
正宗のあの見解では、日蓮像を余計に下げているようにも思ってしまいす。

>保留案件

って、故最明寺入道見参御書のことでしょうか。
これって、“故”はいらないのではと思うのですが、どうでしょう?
それと読み方にしても難しいですよね、意味として二通りにも読めちゃのですけど。

410 ::2015/04/21(火) 00:51:37.07 ID:xSjicTnF
>>402さん
商売の心得として教義を学んでいれば良いのですがw

411 :山椒島 ◆AUtVVr2znk :2015/04/21(火) 09:12:01.59 ID:OJnyK+8r
>>409 7 さん
そうですね。そして富士系では、相伝書を含めて「仏滅度後二千二百三十余年」の曼荼羅が最重要とされ、
具体的には万年救護曼荼羅が宗史において主役級の頻度で登場します。あと、御影信仰も広がりますね。

> 故最明寺入道見参御書

はタイトルそのままですね。「法門可被申様之事」にも同様の記述があったと思います。
日蓮は時頼への安国論提出は頻繁に記しますが、事の重大さではそれと同等以上であるはずの事前の対面に
ついてはほとんど書いていません。その内容にも(日寛が色々と言い訳はしていますが)引っかかる点があるのです。
合理的疑いがあるとすればこちらで、事実だとしても、かなり芳しくない内容と結果だったのではないかと思います。

それ以上に疑わしいと思われるのが、存知事に言う宝光寺殿、つまり時宗への安国論再提出です。
これが安国論副状に対する疑義につながるのですけど、種種書同様、既に失われているので処置無しですね。

"故"については、またいずれ居酒屋跡地かどこかで。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/21(火) 19:41:24.56 ID:P91kUVrG
>>397
>日蓮教では立正安国論の要旨は奏上前にも
>時頼に対面して告げたことになってる

これって確たる記録があるんですか?

413 ::2015/04/21(火) 22:29:53.89 ID:xSjicTnF
>>411山椒島さん
いつもご馳走になってすみません。
また、楽しみにしていますので、、、ハイッ。w

それまで、少し休憩しときますね。(スチールカン)

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/22(水) 05:57:04.91 ID:uha2egq6
>>412
あれば397も御書を読めと言わずにそちらを見ろと言うよ。
ないから御書ばかり出てくるのであって。

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/22(水) 10:03:29.07 ID:EozGrhh0
>>126
色んな説ありますが、結核説、大腸炎悪化説、最近は大腸系の癌説もありますね。
尚、弟子の日興、孫弟子の日目、日代、日助らがそれぞれ師日蓮よりも長寿なのは皮肉ですね。

あ、そんな事書くと、大乗非仏説破折?や善光寺への営業妨害?パンフ配布の
長野のM寺信徒T田クンが怒るか?

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/24(金) 09:26:27.83 ID:3fdBJlhr
樋田氏は宗門の立場からの創価批判では歯切れがいいが、他宗批判ではとたんに怪しくなるのはやはり日蓮教の限界だろうね。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/24(金) 10:59:34.35 ID:xoJbaS5/
>>416
日蓮が貶してるからってんで、調子に乗って善光寺まで誹謗してるもんな。

418 :全日本人:2015/04/24(金) 11:49:48.42 ID:yDSh6wdL
日蓮大聖人は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。
池田大作先生は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。

池田大作先生は蓮祖聖人である。

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/24(金) 12:17:54.15 ID:3fdBJlhr
>>417
そうそう。おどおどと善光寺如来とかにケチつけに行ってみっともないよな。
自分のところの贋造板本尊とか偽書だらけの御書とか「お肉牙」とか棚にあげてよく言うよ。
でも大抵は他宗に真面目に相手にされてないところは宗祖以来の伝統そのものだね。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/24(金) 13:32:07.35 ID:dd+atRGt
法華講なんて日蓮の真似していきがってるだけの幼稚な連中

ただの日蓮戦隊法華マンごっこ

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/24(金) 19:28:42.84 ID:ivb1ur6L
>>419
あの動画見てると他宗の住職さん、人がいいね。
あんないきなり、道場破り?みたいな事されても、「本山の宗務院で質問してくれ」
と言わず、ちゃんと話聞いたり、返答してるものね?
T田クンも流石に?恐縮?しちゃって?

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/24(金) 21:11:22.28 ID:I4hfoLQ/
>>419
贋作板切れショーの客入りが思わしくないからって善光寺如来の開帳にケチをつけるという
薄汚い性根丸出しだからな。

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/24(金) 22:12:21.17 ID:j/Dmee24
>>409
>これって、“故”はいらないのではと思うのですが、どうでしょう?

最明寺入道は法名じゃないから故をつけてもおかしくない。むしろこの場合は自然と思われる。

424 ::2015/04/25(土) 02:06:01.88 ID:Ecpqyenb
【法門申さるべき様の事文永六年 四八歳】
 日本国には日蓮一人計りこそ世間出世正直の者にては候へ、其の故は故最明寺入道
 に向つて禅宗は天魔のそいなるべし、のちに勘文もつてこれをつげしらしむ

【故最明寺入道見参御書文永六年四八歳】
 天魔の所為たるの由、故最明寺入道殿に見参の時之を申す。又立正安国論之を挙ぐ

浅はかな私見ではありますが、
立正安国論(文応1260年元年7月16日)を幕府に提出されたということになっているようなのですが、
既にこの時の政治権力があったとしての北条時頼(康元元年(1256年)3月11日)は出家していたわけですから、果してこれは国家諫暁とは言えるものなのでしょうか?
またそれが仮にも入道個人宛だったとしても「安国論」とは如何なるものなのか、はたまたそれが幕府に提出したとしても、時頼からすれば御成敗式目第6条と第40条
に沿う最明寺入道の振舞いを考えれれば、日蓮の主張を無視せざるをえないのではなかろうかとも思うのですが?

>>423さん
“故”に関しては、それでいいのかもしれませんね。
私の考え過ぎだったようです。

425 :山椒島 ◆AUtVVr2znk :2015/04/25(土) 07:42:53.39 ID:btUYBmV/
>>424 7 さん
日蓮の国家諌暁は「その時々の最高実力者」に向けられていますから、たとえ出家後でも時頼で正しいです。
逆に形式論で言えば、諌暁は執権でも将軍でもなく天皇に行うべきですから、出家の前後はどのみち無関係かと。

御成敗式目はどうでしょう・・・多くの場合は単純に第2条絡みではないかと思います。
日蓮や弟子達が寺院を追放されたのも、それを受けて多くの申状などが書かれたのも、まさにこの関連でしょうね。
そういう意味では、今も喧伝される念仏衆の陰謀だとか迫害だとかが、単なる後付けのでっち上げだと分かります。

本来なら、いわゆる「悪口」から最も遠くにいるべき僧侶が全方位名誉毀損状態なのですから、流罪も当然ですね。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/25(土) 08:30:59.42 ID:jv9PC0oN
>>361>>362
この十一通御書は、さりげなく日本史年表にも採用されてて、
知らないうちに、ジワジワとわたしたちの日常生活の中にも・・。

1268(文永5)年:蒙古の使者が国書を持ち大宰府を訪れる。
幕府が西国の御家人に蒙古襲来への備えをさせる。
1268(文永5)年:北条時宗が執権になる。
1268(文永5)年:日蓮が時宗に書を送り、外寇を警告。

日蓮が時宗に書を送り・・は「北条時宗への御状」のこと。

十一通御書(時宗への御状) → すべて写本
種種御振舞御書 → 真跡曾存

写本の十一通御書は、そのまま年表に採用されて、
すべて門前払いされたと記述がある種々御書の方は「曾存」だから
写本より格上なのかと思ったけど、なぜか完全スルーで不採用・・。

種々御書の門前払いの記述は、北条時宗に提出できなかった
ことを意味してるんだけど、

宣伝に都合よければ、写本でも平然と利用して歴史の事実となり、
逆に都合が悪ければ、真跡でも曾存でも、なかったことにすればいい。
筆跡鑑定とか権威ぶってるわりには、この程度のインチキぷりぷりよ。

・・・

たとえばシロート信者さんや日蓮教義に詳しくない外部の人が
御書の記述にギモンを持って質問したとき 「それは写本ですから(笑) 」
とやれば相手は黙ってくれて、口封じにはものすご効果的で、
これが真贋判定の正しい使い方みたいですね・・。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/25(土) 08:47:45.63 ID:jv9PC0oN
「故最明寺殿」という表記は、北条時頼の年表をまず頭に
入れとかないと、わかりづらい経歴の人だから・・、

1256年 時頼は執権職を北条長時に譲り、
最明寺で出家し、覚了房道崇と号した(最明寺入道ともいわれる)。

1260年 文応元年、立正安国論を、最明寺殿に奉り・・。

1263年 最明寺北亭で死去。享年37。戒名は、最明寺道崇・・。

戒名のところはwikiだからホントかどうかは知らんけど、
この年表でsgiサイトの御書検索すると・・。

"時頼"で1件ヒットしました。与北条時頼書 於鎌倉(立正安国論)・・

文応元年は時頼と名乗ってないでしょ。というか幕府の実質的な
最高権力者(得宗)に対して「与」は上から目線で失礼すぎる。さらに、

"覚了房"で0件ヒットしました。
"道崇"で0件ヒットしました。

正式な入道名は知らないみたいで・・。なら、

"最明寺"で27件ヒットしました。

通称、俗称のたぐいらしく、正式な名前でもなさそうな宛名に、
公文書を届けられるのかな? 最明寺だけしか名前知らないみたいね。

鎌倉あじさい寺にある時頼の墓の案内板には、覚了房道崇とある。
戒師の蘭渓道隆は南宋禅、建長寺は日本初の禅道場のふれこみだから、
故最明寺入道見参・・にある禅天魔じゃ、入口の門番あたりで・・。
http://kama-kenbun.seesaa.net/article/400132913.html

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/25(土) 09:16:23.42 ID:jv9PC0oN
安国論を「勘文」とすると朝廷の形式だから、幕府に提出できんの?
たとえば幕府の公文書の名前ってどんなのがあるんだろか?

で、探したら奉書というのがあって、雑掌は幕府の書記官だそーな。

北条時頼雑掌奉書
http://kijima.lib.kumamoto-u.ac.jp/asoke/monjo/03-026-01.html

解状というものもあるらしい・・、

幕府成立時の文書を確認すると、義経・頼朝・北条時政が解状に対して
「外題安堵」を行っていることが注目される。
<史料1>源義経外題安堵(高野山文書四一三)
如解状者、尤不便也、早停止無道狼藉、可令致沙汰也、
若又有由緒、可言上子細之状如件
(トラブルあれば命令を出しますよ。なんかあれば又細かく言ってください。)

※外題安堵は、上申書の余白に「見ましたよ」という確認の意味で
署名や文章を書くことみたい・・。
水走文書「118 源義経外題安堵源康忠解」
http://blog.goo.ne.jp/yositune1189/e/87f29a5f6b029ca269b0a7101f13133f

建武二年(1335)十二月廿七日 上島惟頼軍忠状 
http://kijima.lib.kumamoto-u.ac.jp/asoke/monjo/06-067-01.html
上島惟頼が十二月十一日の筥根<はこね>山城での足利直義軍との
戦いに際し、防御柵を攻撃した時に左肩上と腰骨を負傷したので、
この軍忠に対して後々のために一見状<いっけんじょう>を
もらおうと提出した軍忠状である。

「承訖(花押)」とあるように証判(菊池武重か)を得て返付された。

担当者がハンコ? 押して原本を返すんだね・・。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/25(土) 10:15:59.64 ID:+8LOuIM7
戒名で頭の悪い妄想を垂れ流したと思ったら
今度は注釈文を日蓮自筆だと思ってるのかw
相変わらず馬鹿の知ったかが酷いね、色々と

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/25(土) 10:28:50.04 ID:uOXaEt9z
>>425
>日蓮の国家諌暁は「その時々の最高実力者」に向けられていますから、たとえ出家後でも時頼で正しいです。
>逆に形式論で言えば、諌暁は執権でも将軍でもなく天皇に行うべきですから、出家の前後はどのみち無関係かと。

日像への天奏の委嘱をどう考えるかが問題になりそうですね。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/25(土) 12:23:54.57 ID:kSAtEwLi
日蓮の場合、真蹟といっても事実とは限らんよ。そこが問題だ。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/25(土) 13:01:45.49 ID:2tHQQewx
あああ

433 :全日本人:2015/04/25(土) 13:51:57.56 ID:GQmUEto1
日蓮大聖人は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。
池田大作先生は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。

池田大作先生は蓮祖聖人である。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/25(土) 15:00:51.73 ID:PiXrsa9d
>>431
>日蓮の場合、真蹟といっても事実とは限らんよ。そこが問題だ。
それって例えばこういう事?


S価の言論妨害事件(史実)⇒世間の無理解、池○先生への嫉妬?から起きた弾圧事件(後世)

KS会のS価本部襲撃事件(史実)⇒Y友氏らのS価謀略部隊が起こした謀略事件(後世)

435 :山椒島 ◆AUtVVr2znk :2015/04/25(土) 20:41:17.43 ID:btUYBmV/
>>430 さん
「玄旨伝法」という名称などは、いかにも叡山風といった印象を受けますが、私は朗門には疎いので・・・。
「京にて弘通すべき者」と感得したという経一丸の故事は、現在も事実として考えられているのでしょうか。

そういえば、上の方で四条門流の方が来られていましたね。

436 ::2015/04/25(土) 23:10:19.85 ID:Ecpqyenb
>>425山椒島さん
「普通に考えれば」・・・・?
と、これがとっても難しいのですが、
“最高実力者”とはいっても引退した者に国家諌暁の話をするのは、個人的な付き合い話の中でのことにもなってしまいませんでしょうか。

私が信者だった頃によく聞いたのですが、「一対一の仏法対話!」という教え方が重要とのことでしたが、
巷の立正安国論解釈でいきますと、「その時々の最高実力者」を折伏したほうが、はるかに手っ取り早く流布できると言っているようなものかと?
法華経は民衆の心に浸透こそ実現ができるものだったと聞いておりますが、武力によって得た権力者を相手に日蓮の布教活動は間違っていたのではと思っちやいます。
「日蓮が最明寺入道に見参」ではなく、時頼自身が日蓮に見参してくるような布教を行うべきとも思いますが、どうでしょうか。
これぐらいの事は、日蓮も知っていたのではないでしょうか?
折伏精神、常不軽菩薩精神、と言ってはみても、無理をして急いで布教せよとは、法華経の趣旨ではないと思いますね。
政治に携わる者には近づく事なき様にとの振舞いも、法華経行者の姿勢であることが経文に書かれていたと思います。

日蓮や一般人の“普通”とはなんなのでしょうね?・・・・これが一番の難解かもしれませんがw
朝廷でさえも、「長い者にはまかれろ!」・・・・・と、やっぱこれでしょうか、世の常は。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 01:10:20.05 ID:FV0/suOW
>>436
>私が信者だった頃によく聞いたのですが、「一対一の仏法対話!」という教え方が重要とのことでしたが、

その種の考え方は日蓮本人とは関係ないですね。
日蓮は源空(法然)以降の浄土系の人々と違って
民衆ではなく武家を相手にしています。

>巷の立正安国論解釈でいきますと、「その時々の最高実力者」を折伏したほうが、はるかに手っ取り早く流布できると言っているようなものかと?

1.一國の有り様はまずは為政者の信仰が問題だ、というのは当時の天人相関説的な通念だったので。
2.自分が帰依させた為政者が実力で邪宗を排除する、というのが日蓮の折伏観だったので(今成説)

>法華経は民衆の心に浸透こそ実現ができるものだったと聞いておりますが、武力によって得た権力者を相手に日蓮の布教活動は間違っていたのではと思っちやいます。

前半は意味不明です。
というか、創価や正宗がそういっていたのを
「聞いた」のがどうしたというんでしょうか。
大乗佛教の布教のあり方としておかしい、という点はわかります
(真宗が政治勢力化するまでの当時の浄土教の方がまっとうではあるでしょうね)。

>「日蓮が最明寺入道に見参」ではなく、時頼自身が日蓮に見参してくるような布教を行うべきとも思いますが、どうでしょうか。

理想的にはそうでしょうね。『ミリンダ王の問い』を初めとして、為政者が
高僧に自ら会いに来て帰依する、というのは佛教的教化のひとつの理想です。
歴史的にも、その辺にたとえば源空と日蓮との間にある格の違いを感じますね。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 06:41:25.25 ID:+DwR7pfs
>>434
日蓮大聖人の場合はそれらとは全く異なる。創価や顕正会のは、自分たちに都合の悪い事実を隠すための卑怯なデマ宣伝だろう。
大聖人の場合は、自分が絶対的に正しいという御本仏としての悟りそのものから出るもので、創価のような卑しい意識はまったくないと思われる。
故最明寺入道見参御書にある時頼との面会は、対告の機根を仏眼で洞察され、臨機応変にハッタリをおかましあそばされたものであろう。
「実は亡くなられた最明寺入道殿とも面識がありましてね、お会いした時にも縷々申し上げたところ、もっと詳しく御説を承りたいと仰られて、
 そういうわけで最明寺殿のために書きあげたのがこの立正安国論なのです。良かったらあなたにも進呈しましょう。」ということだ。
そうすれば相手は真面目に読もうとするだろう。色々送ったが相手にされませんでしたと事実を言っては相手を救済する機会を失ってしまう。
すなわち大聖人は本御書で、死身弘法の大精神で「死人に口なし」「ウソも方便」という二つの深秘の法門を文底秘沈あそばされたのである。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 06:56:31.81 ID:KBvjKZX2
どうしようもないウンコ野郎だな

440 :全日本人:2015/04/26(日) 07:18:23.96 ID:09+Bk23C
日蓮大聖人は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。
池田大作先生は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。

池田大作先生は蓮祖聖人である。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 08:31:21.38 ID:O0HBz0oM
故最明寺どのの「故」の字はこれ。意味わからないかも・・、、

○ 文応元年に、最明寺殿へ安国論を提出しました

● 文応元年に、故最明寺殿へ安国論を提出しました

・・・

ついでに日興のこれも、脳味噌トレーニングで考えてみたらよい、

(富士一跡・・)
文応元年の御作是れ最明寺殿宝光寺殿へ奏上の・・

※宝光寺殿は北条時宗の戒名

・・・

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 08:39:06.68 ID:O0HBz0oM
>>428
こういう細々とした承認の形式が実際はいろいろあって、
でも安国論を受け取りました、の証文類はどこにもないでしょ?
ただひたすら、安国論提出したおー♪、と全員で連呼するのみ。

「学術的」とかの自称肩書きも、なんかうすら寒いだけだな。

>>429
時頼は、ただの検索結果よ。へんなインネンつけないで。

信濃町が北条時頼の年表を分かってない
トーシロで、アホ丸出しな注釈してるだけでしょ。

じっさいは、時頼の名前は御書に一回も書かれてないのに
みょーな注釈で補完して話をゴマかそうとしてまた墓穴を・・。。

戒名は時頼の墓の画像では確認できなくて調査中、
最明寺が戒名だったら、日蓮さまアウトだけどな・・。

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 08:55:16.59 ID:O0HBz0oM
>>427
この時頼年表は、北条重時も同じことで、安国論提出の文応元年には
連署を辞した入道姿の法名とはいえ、時頼と二人で鎌倉幕府の
ツートップ体制をいまだ維持していたのよ。

1. 重時(極楽寺殿)は文応元年には、まだ幕府ナンバーツーの地位にいた。

2. 重時は法名のとおり、極楽寺と念仏宗の幕府最大の支援者であった。

この1と2を見てもわかるけど、当時念仏宗は鎌倉政権の中枢に入りこんで、
すでにしっかりと根を張ってる状態というのが推測できるんで、

その念仏宗に対して、宗祖である法然批判を繰り広げて、
「一凶を禁ぜん」だっけ? と主張する素性の知れない安房の田舎坊主。

念仏宗をすべて鎌倉から追い出して、かわりにわたくし日蓮の
法華経信仰を採用しなさい、と。

これって、ふつーに通用する?

鎌倉と現代では常識がちがう、とかなんとか説明してるけど・・。

たとえれば、ゼネコン入札の、鹿島清水大林竹中大成をすべて排除して、
社員二十人の日蓮工務店に落札させろ、みたい感じ?

・・(ヾノ・∀・`)ナイナイ

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 10:00:51.42 ID:+dEmspQa
ここの所つまらん議論ばかりしているな。
出したとか出さないとか提出した日付とかばかりに終始して、肝心の中身に対する考察がほとんどない。

>>437
>1.一國の有り様はまずは為政者の信仰が問題だ
安国論の中身を考えると、これが正解だろうな。

445 :全日本人:2015/04/26(日) 10:14:59.17 ID:09+Bk23C
日蓮大聖人は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。
池田大作先生は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。

池田大作先生は蓮祖聖人である。

446 ::2015/04/26(日) 11:14:20.44 ID:B//LEPrc
もし、権力者最明寺入道が法華経に帰依したとこで、その後の展開はどうなっちゃのだろう。
事が大きくなって、徒事でないのは予想つきませんか?

>>437さん
>大乗佛教の布教のあり方としておかしい

そうなんです。
涅槃経ですか、「刀剣や弓矢を持って弘法せよ!」との煽りと折伏感が日蓮にあったのではないかと思ってしまいますが。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 11:34:40.72 ID:FV0/suOW
>>446
>涅槃経ですか、「刀剣や弓矢を持って弘法せよ!」との煽りと折伏感が日蓮にあったのではないかと思ってしまいますが。

今成説だとそうですね。そして、それが当時の普通の折伏理解だと思います。
今成氏は、日蓮本人が刀杖を執らなかったことからしてあくまでも法華経に
帰依した為政者が折伏するのだ、という折伏観を日蓮に読み取っています。

448 ::2015/04/26(日) 11:38:29.48 ID:B//LEPrc
>>447さん
早々のレスをありがとうございます。
その今成説を調べさせてもらいますね。

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 11:54:02.99 ID:FV0/suOW
>>448
まずは現宗研教化情報第10号の「日蓮聖人の摂折観をめぐって」です。
インターネットなら今成説の概要は次のもので知ることができます。
http://www.geocities.jp/saikakudoppo/imanari_gishoseisei.html

什門流を中心に反論が出たのですが(日什が最重要視した
如説修行抄が偽書とされるのでは反論せざるを得ないでしょう)、
私には感情的ないし党派的な非論理的反応の類に見えます。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 12:13:10.26 ID:+dEmspQa
>>447
大聖人の立場は、一貫している。
「夫れ釈迦の以前仏教は其の罪を斬ると雖も能忍の以後経説は則ち其の施を止む、」立正安国論

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 12:17:37.89 ID:FV0/suOW
日蓮が摂折についてマジメに考えるようになったのが
そもそも佐後のことに過ぎないので立正安國論は論拠になりません。

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 12:47:20.14 ID:1oB+ZB0E
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11950427493.html
原発を再稼働しない事によってどれだけ日本が損をしてるかが良くわかる解説

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 13:04:18.54 ID:pugggL7D
>>442
その、ただの検索結果もまともに読めなかったんだろ。
墓見て確認とか言ってるのも恥の上塗り。馬鹿おかわり。

信濃町がどーとか言えた口かよw

454 ::2015/04/26(日) 17:25:34.49 ID:B//LEPrc
>>447さん

法華経物語での
『正法滅して後像法の中に於て増上慢の比丘大勢力あり。
 爾の時に一りの菩薩比丘あり、常不軽と名く。』

との、不軽菩薩の姿勢は経文によって、なんとなく分かるのですが、
そこで、この不軽菩薩の振舞いが折伏行に該当するのか、どうなのかが問題の点だと思います。

たとえば日蓮の言ったとされる、「邪智諸法ノ者多キ時ハ、折伏ヲ前キトス、常不軽品ノ如シ」の一文。
これは法華経常不軽菩薩品第二十に該当する趣旨なるものが困難であります。
正法滅して後像法にこの常不軽の行いがあるわけでして、末法時に“常不軽品ノ如シ”とはどのような見解であるかを述べておりませんね。
また、不軽菩薩が常に説いたとされる『汝当に作仏すべし!』の文句なのですが、問題は“汝”たちの行き末なのでして、日蓮の行動云々は、
後の“汝”と対告衆、対告者が法華経を聞いてこそ皆信伏随従して評価するものなのですね。

『爾の時に常不軽菩薩は豈に異人ならんや、則ち我が身是れなり。』

と、正法滅して後像法も滅したゆえに、この霊山会があったはずであって、そこで「常不軽品ノ如シ」とは末法で説いても堂々巡りになってしまうと思うのです。
国家諌暁などは常不軽菩薩でもなんでもないのではないでしょうか。
ただの、避難されていた菩薩だったから、コジツケ解釈によって、自分を正当化しようとしたのが見えるようにも思いますが。

455 ::2015/04/26(日) 17:26:54.87 ID:B//LEPrc
>>449さん
参考になりました。有難うございます。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 17:48:26.64 ID:FV0/suOW
>>454
>たとえば日蓮の言ったとされる、「邪智諸法ノ者多キ時ハ、折伏ヲ前キトス、常不軽品ノ如シ」の一文。
>これは法華経常不軽菩薩品第二十に該当する趣旨なるものが困難であります。
>正法滅して後像法にこの常不軽の行いがあるわけでして、末法時に“常不軽品ノ如シ”とはどのような見解であるかを述べておりませんね。
>また、不軽菩薩が常に説いたとされる『汝当に作仏すべし!』の文句なのですが、問題は“汝”たちの行き末なのでして、日蓮の行動云々は、
>後の“汝”と対告衆、対告者が法華経を聞いてこそ皆信伏随従して評価するものなのですね。

まさにこの「常不軽品」云々の文を日蓮真筆でない、とするのが今成説なので。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/26(日) 18:01:32.78 ID:ozN+Q7LK
>>442
>最明寺が戒名だったら、日蓮さまアウトだけどな・・。

ここのところがちょっとよくわからないんですけど、どうアウトになるんですか?

458 ::2015/04/26(日) 20:13:37.63 ID:B//LEPrc
折伏、摂受のこの行いは、誰の為のものなのか?
国家諌暁によって相手にされなかった事に、後日蓮及び系宗派の言い分は民衆ことなど後回しに日蓮の行動だけを正当化しようと、見解を満たそうとしていませんか。
法華経の趣旨は折伏摂受の二義ではないはずでして、時によりてこの法を説けというものかと思われます。
ましてや、不軽菩薩が罰論などを振りかざして歩き廻ったような記載などあるわけなく、何が「常不軽品ノ如シ」なのでしょうかね。(故事付けは、いくつか知ってはいますがw)

某法華信奉者という者達は、その折伏行によって功徳を得るものだと信じ込まされているようですが、それって結局は自分だけのことしか考えていないような気がするのです。
自己中は誰でも持ってはいるでしょうが、日蓮よりも時頼の方が大衆的に物事を深く考えていたのではないかとも思ってしまいます。

>>456さん
日蓮真筆でないほうがいいのではないでしょうかね。

>>442さん>>457さん
当時からの墓ってあるのですか?
千葉は両親閣という寺には日蓮の父母の墓があるのですが、
大きめの石ころでしたね。字が書いてあったかは定かではありませんが、
見えませんでしたよ。
拝見させてくれました僧侶の方がいうには、当時の墓はこういうもので、獣に掘られることなく石を置いただけとの事を聞きました。
日蓮の父母と最明寺入道とでは身分の違いがあるかもしれませんが、当時の墓事情を知るのもいいかもしれませんね。

459 :山椒島 ◆AUtVVr2znk :2015/04/26(日) 20:58:50.44 ID:mpJ26Z5y
>>436 7 さん
いえいえ、ここでの引退・出家は形だけのことで、権勢はこの後むしろ強化されていきます。
で、王権との関係について、日蓮が頻繁に言及しているのは阿闍世王や阿育王の故事です。

その余は他の方と話が展開しているようですので、私はこれくらいで。

460 ::2015/04/27(月) 01:24:39.51 ID:chHHracE
>>459山椒島さん
うむ〜?・・・・考えちゃいますね。
時頼の話から筋としての例えが違うかもしれませんが、私が思うに、
悪は悪!・・・後に善人になったとしても許されない事柄はあると思うのです。
通称ISILの首謀者が罪を改め法華経に帰依したからといって、仏教界で賛美されるような話を作るというのはおかしいのではと思うのですね。
所謂、悪人成仏のことなのですが、これも提婆達多や竜女の説と類似で、経由、善人経由での話しだと思うのです。
また、その途上には法華経が欠かせないというものですね。(うまく出来上がっています)

そんじゃ、私もボロが出る前にこれくらいにしときます。汗
こんどこそ休憩。

>>443さん
まず、足場がしっかりと作られているのかが心配にもなりますね。
安全第一ですから。

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/27(月) 01:39:39.53 ID:7IUeqysM
池田大作 先生が遂に総理に!?

http://politicaleconomy.gokujou.biz/

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/27(月) 06:24:35.47 ID:o+/Tm0ut
>>444
その立証安国論が「災難はすべて他宗のせい」という、中身のまるでないものなので、内容自体は考察に値しないのだよ。
そこで著者の日蓮の精神性や人格に考察の対象が移らざるを得ない。その絡みで提出の有無や日付その他が問題になる。

463 :全日本人:2015/04/27(月) 09:19:59.75 ID:smqqYfWM
日蓮大聖人は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。
池田大作先生は、主師親の三徳の、全世界の主・全世界の師・全世界の親である。

池田大作先生は蓮祖聖人である。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/28(火) 13:40:42.26 ID:amaW5EpZ
>>458
どっちにしろ大石寺には日蓮、日興、日目はおろか、神四郎達の墓も無い。

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/28(火) 15:54:49.86 ID:kKTfJEON
何も無い寺大石寺、張りぼての寺

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/29(水) 01:54:34.38 ID:Y/tt++t0
>>465
じゃ、奉安堂内の日蓮遺骨は?本当は誰の?

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/29(水) 03:11:36.58 ID:OtYwjPIF
池田大作がキリスト教に改宗したとかびびった

http://2ch-sokuho.com/

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/29(水) 03:19:31.94 ID:P3rYLAfI
>>466
>じゃ、奉安堂内の日蓮遺骨は?本当は誰の?

まさに大石寺のみぞ知る。

砕身舎利なぞどうでもいい、と言ってのけた(そしてそれは正しいと思うが)
日興の気概など、大石寺にはなんの関係もないのだよな。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/29(水) 13:31:38.38 ID:L87YPbPB
>>463
馬鹿か

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/29(水) 21:02:08.26 ID:UzEjQtry
誰でもいいから日蓮のいいところを教えてほしい。
ここだけは疑いなく立派だというようなところがあったら教えてほしい。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/29(水) 21:14:30.86 ID:Ec1/gnpQ
>>470
浪花節が上手い!

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/29(水) 22:28:46.69 ID:+MasxfRe
>>466
それこそお肉牙と一緒にDNA鑑定でもすりゃかなり多くの事が解るだろうにな
まぁ、絶対に科学鑑定なんかしないと思うけどね

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/30(木) 02:41:55.04 ID:Ynwrd6wF
>>470
六尺の大男だったそうだから、チンコはデカイはず!
チンコだけは疑いなく立派!

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/30(木) 03:52:28.96 ID:gyniKwsh
>>470
>誰でもいいから日蓮のいいところを教えてほしい。
>ここだけは疑いなく立派だというようなところがあったら教えてほしい。

カルトの色濃い日蓮正宗より日蓮宗。日蓮を最上として意識して学ぶより
法華経にかぎらず多くの経典や多くの高僧から仏教思想を学んだほうがいい。

日蓮に重きを置き過ぎるのが正宗、創価のカルト仏教学。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/30(木) 05:41:41.61 ID:lZNbiXeS
大石寺には、宗祖から三世までの正墓が無い。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/30(木) 07:31:28.87 ID:OX/TwNac
>>475
日興は身延から「師匠の墓を参拝しないのはおかしいではないか?」と揶揄され、「では聞くが、君たちはお骨を信仰してるのかね?」と反論した。
明らかに大石寺に日蓮遺骨が無いのがわかる。
日興は大石寺より移住後、北山で滅しているので北山に正墓が存在する。
日目は京に天奏(移住?説あり)を目指し、無念にも垂井にて滅した。
直弟子日郷は、無念に滅した師匠日目に報いるには、せめて京に遺骨を埋め墓所を築くのが最良ではないか?
神四郎達の正墓は、富士市厚原の本照寺(神四郎の館跡、日蓮宗)に存在する。大石寺とは何ら無関係。

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2015/04/30(木) 08:49:50.17 ID:66YzCFSJ
大石寺や信濃町がいい加減なのはわかった。日蓮のどこがどう偉いのかを知りたい。

514 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)