5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

学会の本尊はカラーコピーだった    20

1 :】極【:2012/10/21(日) 00:52:48.74 ID:2mAnrViK
最終回です

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 04:55:57.45 ID:RGLdtUk2
2get

これはどう見てもおかしいだろ。 まず、主語が2。で動詞がget。
2が単数形だとしたら、getsにしないとおかしい上に、目的語がない。
直訳すると「2が得る」 何を得るんだよ!!!いいかげんにしろ。
それを言うなら I get 2. だろ。しかも現在形だし。 過去形、いや現在完了形ぐらいまともに使ってくれよ。

I've got 2. 少しはましになって来たが、まだ気に入らない。その2だ。
いったいお前は何を手に入れたんだ?2という数字か? 違うだろ、手に入れたのは2番目のレスだろ。
どうも日本人は数詞と序数詞の区別がよく分かっていない節がある。

これらを踏まえて、正しくは I've got the second responce of this thread.
ここでtheにも注目してもらいたい。このスレの2ってのは 特定の、このレスだけなんだから。
だからaでも無冠詞でも なく、the second responceなんだ。 わかったか。わかったならよし。
それじゃ気を取り直して、

2get

3 :前スレ(part19)のおさらい:2012/10/21(日) 07:17:01.45 ID:2mAnrViK
975:10/20(土) 23:23 ATVCaYIq
結果的に7年間で80万世帯になったという爆破的な布教と、
書写は法主のみの権能であり、とてもじゃないが一人で合計80万体もの曼荼羅を書写できないことがあいまって、
しかし曼荼羅を授与しなければならない。残る道は絞られてくる。
976:10/20(土) 23:24 qo6E9Kum
そういえば 創価学会の本部には「池田先生」書写の御本尊も一体あったよなそれと日達猊下だって第一次の事を考えれば回収の対象だったのに
未だにそれを実施しない矛盾もあったっけね〜

980:10/20(土) 23:41 m2hSFZ8a
>975-976 沖浦さんも広布最前線の掲示板で同じ話をしていたよな 
手書きは大変だからカラーコピーが必要だ・・と 一理ある話だけれど
逆に聞きますが その理屈は 正宗と一緒の頃から疑問に思った事がないのでしょうか?
それを強く主張出来なかった 創価サイドの意思の弱さは置き去りかよ

984:10/21(日) 00:05 yJ2Z6lwz
>980
うまいぐあいに当時は印刷技術も確立しており曼荼羅の印刷は時代に即した合理的な判断である。
985:10/21(日) 00:08 yJ2Z6lwz
うまいぐあいに当時は写真技術も確立しており、写真製版ならば所蔵書写曼荼羅を傷つけることもない

993:10/21(日) 00:48 i1/+fzgE
>984-985 論点を印刷技術にそらさないでください 印刷がいけない・・とは言っていないし 
それはどの御本尊でも出来るわけですから 
問題は日蓮直結なのに 創価の御本尊の対告を削って印刷二次配布がNGで
浄円寺のなら対告を削って印刷・二次配布がOKと言う考え方自体がおかしいでしょ?



4 :おさらいのつづき:2012/10/21(日) 07:21:56.92 ID:2mAnrViK
995:10/21(日) 00:58 eW/hneM7
>993
何がおかしい

996:10/21(日) 01:58 PaUHFkea
>995
事実は改編しないが、強調点を転移させて事実の意味を変えてしまう。
直接嘘を用いなくても効果は出せる。 (この場合の強調点は印刷技術)
報道監視まとめwikiより
http://www15.atwiki.jp/houdou/pages/55.html#id_4860a26e

997:10/21(日) 02:24 eW/hneM7
>996
最初に言ったが?形木曼荼羅には授与書きが無いと

998:10/21(日) 02:32 eW/hneM7
だれも印刷を主題にしていないが?形木曼荼羅には授与書きを入れない説明をしたのだ

999:10/21(日) 02:37 Zf6KguaA
>997 今度は強調点を「授与書きが元からない」に転移させて
論点をぼかしていますよ

1000:10/21(日) 02:41 Zf6KguaA
>998
印刷がいけないとは言っていないのにも関わらず
>975では やたら印刷を持ち出して正当性を強調していたじゃないかよ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 08:18:18.85 ID:KDeckYvW
『但し仏の御開眼の御事はいそぎいそぎ伊よ房をもてはたしまいらせさせ給い候へ、法華経一部御仏 の御六根によみ入れまいらせて生身の教主釈尊になしまいらせてかへりて迎い入れまいらせさせ給 へ』(『真間釈迦仏御供養逐状』全集950頁)


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 09:29:01.25 ID:lxJ7A3M+
>>5
死ぬほど繰り返し指摘されてきたことだけど、それは釈尊の「仏像」の話な。
文字曼荼羅の開眼の話じゃないから。
仏像に開眼供養が必要な理由は、『木絵二像開眼之事』を拝すること。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 10:03:56.16 ID:eW/hneM7
聖人は既存通念を利用する。
釈迦「生まれによってバラモンになるのではなく、行いによってバラモンとなる」
釈迦はその当時尊さの象徴であった“バラモン”を逆手に取り、
行いによって人の貴賎が決まると説いた。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 10:06:27.80 ID:eW/hneM7
>>7の続き
真言宗によって流布していた開眼の儀式を日蓮大聖人は逆手に取って法華最勝を説き、
血脈という真言宗の思想を逆手に取って、血脈とは異体同心の信心のことであると説いた。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 10:18:21.79 ID:ffsrCQmM
>>6
曼陀羅に開眼が不必要な御文をだしてから言えや!
否定だけなら猿並の馬鹿でもできる。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 10:58:52.81 ID:lxJ7A3M+
>>9
君は新参者か?
文字曼荼羅に開眼が不要であることの道理についても、『木絵二像開眼之事』から御文を引用して、死ぬほど繰り返して説明した。
ただ、色心不二の法理を信じられない者には理解は無理だ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 11:09:19.40 ID:tGC4N3FY
「此等の仏をば正像に造り画けども未だ寿量の 仏有(ましま)さず。末法に来入して始めて此 の仏像出現せしむべきか」(全集248頁)


12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 11:23:24.11 ID:lxJ7A3M+
>>11
その「仏像」を、その言葉通り「仏像」と解釈するのであれば、君は今日から仏像を本尊として祈りなさい。
また、その御文をもって、「文字曼荼羅を仏像と表現しているから、文字曼荼羅も開眼供養が必要だ」と言うのであれば、開眼前の文字曼荼羅には、梵音声と心法が欠けていることになる。
そして開眼供養することによって、三十二相が全てそろうことになる。
果たして、文字曼荼羅に三十二相があるだろうか?
これも今まで死ぬほど繰り返された話であり道理だ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 11:32:14.09 ID:Mdqk+3sB
>>11
それを文証として富士門流は広布時に於ける釈迦多宝、四菩薩を脇士にした仏像(本門の釈尊)の造立を目標としたな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 11:59:16.49 ID:0feNAojT
梵音なんつうのは、どこから出てきたのか知ってて議論をしとる。?

それはそれは、あまりにも古いくて大乗仏教のでる幕でもない。・・・宗派違いの話でないか。
梵天信仰によって、日蓮教義が成り立つなら話はべつだが。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 12:06:39.95 ID:Mdqk+3sB
>>12
なんでそんな長文を書き込めるの?w

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 12:16:17.83 ID:SvjcuZKg
>>5 初心者スレでも書いたけれど 本当に開眼不要なんて創価が公式に言っているのか?
つか 開眼不要論と言うのは日蓮宗でも言われているし 
開眼不要となると 天目のような問題も出てくるんだけれどね

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 12:57:09.26 ID:lxJ7A3M+
>>16
> 初心者スレでも書いたけれど 本当に開眼不要なんて創価が公式に言っているのか?

1993年9月20日付けの聖教新聞に、「創価学会の御本尊授与に関する法門上の見解」という記事が掲載された。
この記事の中で、『御本尊に本来、特別な「魂入れ」のようなものは一切必要ない』と、開眼供養は不要との見解を明確に示した。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 13:29:23.92 ID:2mAnrViK
>>17
魂入れ≠開眼供養
池田先生が会長になる前の時代から、本尊安置の魂入れは行われていた。

“開眼供養”に触れた文言はありますか?

そして件の1993年9月20日付けの聖教新聞には、旧来の化儀次第を覆す文証として、御書から御文が引用されてますか?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 13:32:11.97 ID:2mAnrViK
あ〜らら

本尊“授与”は創価の化儀だね〜

創価学会は『本尊“下付”に関する法門上の見解』を公言しないまま、
論点をすり替えられちゃって騙されたのが学会員♪

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 13:44:48.04 ID:Mdqk+3sB
>>18>>19 言語を扱うならばもう少し論理学を勉強しなさい。文章が感覚的で意味不明である。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 14:15:47.55 ID:0feNAojT
だいたいね、昔から落慶法要とかってね、正宗の寺院があちこちにできた時、
開眼ごとの遊びを共にやってこられたのが、創価さんではありませんのんか?

入仏式って言葉、、、だれか聞いた事ありませんか?

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 14:48:33.74 ID:wTUPB+t6
>>21
すみません、意味が分かりません

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 15:26:23.53 ID:lxJ7A3M+
>>20>>22
彼らは単なる“かまってちゃん”。
真面目に法の正邪を議論・探求しようとしているのではありません。
ですから放置しておくべきなのですよ。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 15:34:51.97 ID:0feNAojT
>>22
開眼供養は不要との見解を明確に示した、
1993年9月20日付けの聖教新聞の記事、『御本尊に本来、特別な「魂入れ」のようなものは一切必要ない』との事らしいので、(>>17参照)
その記事に物申したのですが、ダメでしたかね?
あとね、前スレのね、>>835のね創価さんがね
「御本尊を開眼してたとあなたが信じているだけで、そんな儀式も話も誰も知らない。」
との事でしたので、
開眼供養なる儀式は昔からあったのは、古い創価信者さん達は知っているのに、トボケテているのかボケてしまっているのかわかりませんが、
若い人達に、都合の悪い事は伝えてはいないので、わたしが言ってあげたつもりだったのですがね。

>>23
かまってくれなくても結構です。w

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 16:54:54.68 ID:2mAnrViK
「創価学会が会員に“授与”する曼陀羅には開眼供養は不要。」
という主張は理解できますが、
御本尊に開眼供養が不要という論理が文証を以て成立しておりません。

26 :おさらい:2012/10/21(日) 16:59:07.45 ID:2mAnrViK
>>25
1993年9月20日付けの聖教新聞には、
「創価学会の御本尊授与に関する法門上の見解」という記事が掲載された必要ない』との見解を明確に示されたが、
旧来の化儀次第を覆す文証として、御書から御文が引用されていたかは不明である。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 17:08:53.59 ID:zNJOiO0o
>>17 それはどういうニュアンスで述べているんだろうね〜 
創価学会が日蓮の魂を受け継いでいるのだから開眼が不要と言っているのか
誰でも御本尊が作ってもいいと言う意味での開眼が不要と言っているのか 曖昧だよね
前者はともかく後者は非常にまずい

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 17:15:33.18 ID:zNJOiO0o
>>25 厳密には必要ですよ じゃないと立正佼成会と同じ事をやってしまう
前スレでも書いたけれど あの曼陀羅の内容や本門之弥四郎国重の意味を考えたら
本当に諸刃の剣みたいな意味を持っている御本尊だからね 作る人や扱う人によって
結果が大きく左右される そういうものを拝まされているんだよな



29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 17:19:35.86 ID:zNJOiO0o
余談だけれど 大石寺にある戒壇本尊の対告に書かれている
「本門之弥四郎国重」の意味を 正宗の中で回答が出来る人がいる?
実は小樽問答の際 これが明かされたんだけれど 身延系の人が機転を利かして
「それはどういう意味だ?誰に宛てたんだ?」・・・と突っ込まれたら
創価の人でも殆ど答えられない筈 これは戸田氏が出てきたかもしれない。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 17:23:04.93 ID:zNJOiO0o
・・・と言うのも実は口外していないんですよね この対告だけは
因みに戸田氏曰く 熱原の人間でもなければ 弥四郎でもないと
質問会できっぱり言っています。 私もそう思います。
創価学会でもこの対告を勘違いしている人が結構いるようにも

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 18:19:54.77 ID:kreronDr
>>17
離脱僧の見解を創価公式見解にしても大丈夫かw

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 18:22:47.77 ID:lxJ7A3M+
>>31
問題ないから学会の機関紙である聖教新聞に掲載したのだ。
つまりその記事の内容は、学会の見解と一致するという意味である。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 18:38:34.12 ID:OrBIOCoX
>>32 その考え方はあまりにも安逸すぎませんか? 
離脱して戻ったのもいるでしょ? しかも>>17の記事と言うのは1993年だよね
意外だけれど離脱僧の言い分には注意が必要なんだけれど 
 

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 18:49:29.80 ID:lxJ7A3M+
>>33
考え方が根本からおかしい。
離脱僧が言ったから正しいと言っているのではない。
「何を」言ったかを問題にしている。その見解が学会の見解と一致していると言っているのだ。
離脱して戻った人間がいるとか、そんなことは、法門上の見解に何の関係もない。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 19:06:39.86 ID:2mAnrViK
>>30
戸田会長は日享上人に講義を受けた唯一人の学会員ということ。
もちろん池田には教えなかったのだろう…
本門の対告衆ではないからか…

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 19:08:48.18 ID:2mAnrViK
>>29 司書ウラヤマシス

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 19:35:56.95 ID:wTUPB+t6
>>30
正宗は在家指導者の見解を盗んだのか

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 19:46:08.11 ID:wTUPB+t6
弥四郎国重は波木井家の者であるとの見解を日精法主は示してるが、
日精法主の見解を破棄して在家指導者の見解を取るわけか。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 19:52:29.99 ID:wTUPB+t6
法主の見解を破棄して在家指導者による己心願主説を採用した証拠
http://www.nichirenshoshu.or.jp/page/jpn/link/kyogaku/gosho/030.htm

あの宗派のアイデンティティーは何なのだ?(笑)

40 :よっ!揚げ足とり名人♪:2012/10/21(日) 20:22:29.90 ID:2mAnrViK
 この大法難の最中の十月十二日、大聖人様は、身軽法重・死身弘法の信仰を貫く熱原の法華講衆を、
“大聖人己心の願主・弥四郎国重と表され”、
末法万年に亘る衆生救済の根本法体、下種仏法の究竟(くきょう)中の究竟である本門戒壇の大御本尊様を御建立なされたのであります。

「本門の対告衆」
「本門弘通の大導師」

曼陀羅にしたためあそばれないのは文上…?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 20:27:08.36 ID:2mAnrViK
この法門は随自意という…

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 20:50:10.07 ID:KDeckYvW
学会員もいいことをして人に褒められたいんなら、もうちょっとわかりやすいことしなきゃねえ。

今のままじゃ坊さんに難癖つけてる変態集団としか世の中見ないよ。


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 21:29:37.70 ID:+R9EPitM
>>21
> だいたいね、昔から落慶法要とかってね、正宗の寺院があちこちにできた時、
> 開眼ごとの遊びを共にやってこられたのが、創価さんではありませんのんか?

落慶法要が開眼ごとの遊び?一般建築でも何らかの儀式はしてますけど、それは開眼なんですか?
あなたが思う開眼ってどういうものなのですか?

>>24
> 開眼供養なる儀式は昔からあったのは、古い創価信者さん達は知っているのに、トボケテているのか
>ボケてしまっているのかわかりませんが、 若い人達に、都合の悪い事は伝えてはいないので、わたしが
>言ってあげたつもりだったのですがね。

学会がかつて御本尊開眼について教えていたという資料を提示してもらえないので、
とりあえず日蓮正宗が創価破門以前から御本尊開眼の必要を論じていたという文献をお願いします。



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 23:20:19.40 ID:0feNAojT
>>43
ブラジル一乗寺つ〜のは、学会の言い分では、「SGIならびにメンバーの真心の寄付によって1981年に建立された」といっておるな。
その寺院の新築落慶入仏法要に日顕が行かれて入仏式をやっておりませぬか?

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/21(日) 23:51:49.67 ID:0feNAojT
>>43
破門前からね、ニュアンス的に開眼の法要事はあったのよ。
前スレでも言ったのですがね、「同志の先輩方に、そこんとこ聞いてみてね」とね。
こんな話に長くする話でもないので、

>開眼の必要を論じていたという文献をお願いします。

こんなものでもいいのか?
昭和五八年の一月二九日 葛飾区記念幹部会
「御存知のとおり、現在、御法主日顕上人げい下は、ブラジルの地に御親修あそばされている。
 一乗寺の移転新築落慶入仏式法要をはじめブラジルでの諸行事もつつがなく終えられたとの知らせをお受けした」

これ、池田さんの御言葉ね。
入仏と開眼・・・同じようなもんでしょ。普通ならそう思うのですがね。

おれ、寝る。
あとは誰かとお話してくだされ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 00:54:49.28 ID:Hvbpg5c+
>>44-45
入仏式と開眼は同じですか。
だとすると、当時の個々の家庭への御本尊御安置には僧侶は立ち会ってなく、学会の地区幹部主導で
行われてたと思いますが、それだともともと御形木に開眼はされてなかったことになりますね。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 01:02:37.65 ID:3kmwsdT+
「血脈並びに本尊の大事は日蓮嫡々座主伝法の書、塔中相承の稟承唯授一人の血脈なり」(本因妙抄 1684頁)


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 05:13:28.75 ID:2o0si72s
本因妙抄は日尊に相伝されたので、“日蓮嫡々座主”は要法寺の座主だな

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 05:16:26.09 ID:2o0si72s
石山には関係の無い書だ、本因妙抄は

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 07:05:46.36 ID:l2tpZrHC
>>46
>入仏式と開眼は同じですか。

入仏式で開眼するんだよ。

>それだともともと御形木に開眼はされてなかったことになりますね。

ばかか?それ開眼してからの話だろ!開眼しなきゃ本尊にはならんだろ?
お前の頭、ど〜なってんだ?
文字だけ揃ってれば本尊なら自分で書いて拝めばいいだけだ。
習字の上手い小学生にでも書いてもらえ!

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 07:13:50.07 ID:3Dzm0Obl
>>50
> 入仏式で開眼するんだよ。

宗門の公式見解と異なる。

「すべての御本尊下附は血脈付法の御法主上人によって御開眼され、総本山より下附されてきた」(平成五年九月七日「宗門文書」)
「御形木御本尊については、一体ごとの表具が行われる前に、すべて、総本山で御法主上人猊下が開眼の御祈念をしておられる」(同年十月一日付「慧妙」)

これが事実とすれば、「入仏式で開眼する」必要などない。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 07:25:45.49 ID:3Dzm0Obl
>>50
> 文字だけ揃ってれば本尊なら自分で書いて拝めばいいだけだ。

本尊の何を尊ぶのかについて、歴代法主の見解も知らないのではないか。

「其の墨質を尊んで本尊となすにあらず其の字體を崇めて本尊となすにあらず
尊む所は只だ其の正意のみ崇むる所は只だ其眞理のみ」(日応『弁惑観心抄』)

つまり本尊には、御本仏の「正意」と法界の「真理」が図顕されており、それを尊ぶのである。
これを否定するのであれば、日応の指南を否定することになるが、そういうことでいいのだな?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 07:29:58.15 ID:3Dzm0Obl
>>47
後加文を偉そうに出すのは、いい加減にやめなさい。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 09:09:05.23 ID:QVI79LYC
>>50
> 入仏式で開眼するんだよ。
>
> >それだともともと御形木に開眼はされてなかったことになりますね。
>
> ばかか?それ開眼してからの話だろ!開眼しなきゃ本尊にはならんだろ?

思いっきり矛盾しとるなw
入仏式で開眼するのなら、やっぱり当時の各家庭では開眼されてないことになるじゃない。
開眼してから授与されるのか、入仏式で開眼されるのかくらいはっきりしろよ。適当なこと言ってないで。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 10:16:03.45 ID:lBPORug3
>>50 ID:l2tpZrHC

このレスも、他スレの『「極理を師伝して」が、まさに相伝以外の何ものでもない』というレスも、裏づけをとらず、思いつきで書いている。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 14:29:26.10 ID:13foPMWT
>>34 じゃぁ〜 創価学会の考え方は浅はかだし 
戸田城聖氏の意にも反している・・と言う結論でOKですか?
>>27でも書いたけれど どういう解釈で開眼不要と言う結論が出たの?
それはものすごい慢心の顕れなんですけれどね

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 14:35:37.63 ID:13foPMWT
>>37 戸田本人が獄中で悟っていなければ そういう見解も出来ますが
悟っていた・・とすれば 日淳上人から受けた・・という話も納得が出来ますね
それを行わないと 確認を怠ってしまうので インチキ宗教と判断されてしまうから
一つの論を講じる場合 やっぱり裏付けや確認がないと証拠不十分にもなるでしょ?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 14:37:45.59 ID:13foPMWT
>>38 なるほど日精上人ね やっぱり中興の僧から転落するだけの要素があるね〜 
つか 小樽問答の際 日精上人の言い分を信用して反論していたようだけれど
当時 戸田氏の見解の違いに対し他の信者は不信に思わなかったのかね〜


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 14:45:37.39 ID:13foPMWT
因みに 弘安2年10月12日に顕された大御本尊の対告は人は人ですが
戸田氏曰く個人に宛てた対告じゃない・・・と質問会で述べている。
また明かしたら明かしたで別の問題が出る この辺の論理は天皇論を研究していた
小林よしのり先生に三種の神器を譬えに出して説明すれば あの人でも勘が働く話

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 15:05:11.72 ID:DHCjLGVh
>>53
学会員てよく声ふるわせて
「偉そうに」て言ってるけど、クズ丸出しだね。


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 15:15:27.04 ID:l2tpZrHC
>>54
>入仏式で開眼するのなら、やっぱり当時の各家庭では開眼されてないことになるじゃない。


やはり新興宗教創価学会あたりには理解が出来ないらしいな。
入仏式とは寺院等に於ける板本尊の入仏開眼を指す。
誰が曼陀羅本尊だと言った?
やはり相伝の無いインチキ宗教のなんちゃって信仰創価学会か?W
恥ずい奴。W

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 16:12:06.26 ID:3Dzm0Obl
>>61
> 入仏式とは寺院等に於ける板本尊の入仏開眼を指す。
> 誰が曼陀羅本尊だと言った?

お前は究極の莫迦か!?
板本尊も「曼荼羅本尊」の範疇に入るんだぞ。

しかも宗門は公式に。
『あらゆる御本尊は、下附のために総本山から離れる前に、丑寅勤行において法主が祈念をしている』
(「松岡雄茂の邪智極まる十項目の誑言を破す」より)
と明言している。

『あらゆる御本尊』な?
『丑寅勤行において』な?

自分で書いていることが、宗門の公式見解に、いかに違背しているのか分かるだろう。
宗門を擁護しようと思えば思うほど、宗門と真逆のことを主張する。
もうやめとけ。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 16:18:17.60 ID:3Dzm0Obl
>>56
> どういう解釈で開眼不要と言う結論が出たの?

それは『木絵二像開眼之事』を引用して、何度繰り返して説明したかわからない。
知らないというのであれば、『木絵二像開眼之事』を精読しなさい。
それでも開眼不要の道理が分からないというのであれば、改めて質問しなさい。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 16:30:49.51 ID:3Dzm0Obl
他宗の信者のことを言っても仕方がないかもしれないが、>>61のような宗門の見解に真っ向から反することを得意げに書く人間が出てきても、法華講の人間は見過ごすんだな。
間違いを指摘し、たしなめるような人間は一人もいないんだな。
法華講の人間や、宗門の坊主も、結構このスレ見ていると思うぞ。
それでこの有り様だからな。
こんな人間の集まりに血脈がある? お笑いだね。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 19:33:39.27 ID:DHCjLGVh
開眼しようがしまいが
学会員が生理的に嫌われているという事実は何も変わらないから
いいんじゃないか?

異性にも嫌われるだろ?


66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 19:48:05.30 ID:NNEfk/Qd
>>51
>これが事実とすれば、「入仏式で開眼する」必要などない。

そうでしょ。
だからね、そのような事を昔の創価が公認してね、創価学会の寄付によって造った各寺院をね、創価学会も共に行動してきたのよね。
今はまともなこと言ってるようだけど、まず過去の自分の過ちを認めた上で正宗をたたいたらいかが。
カラーコピーといわれても、振る舞いが正しければ堂々としてられるはずw

余談だが、あの池田願主の板曼荼羅があちこちの寺院にあったのだろうが、そんなものいちいち本山に持っていき開眼事をするとは思えんね。
直送したうえでの落慶法要およびの入仏式でしょうな。
昔、俺もその式に行って、日達氏を合掌して出迎えたもんだ。
正直いって、学会入りたてだった俺は、”池田大作”が一番尊いと思っていたもんで、寺の教義前に創価教義が先と思っていたよ。
(雨も降ってないのに傘かけて、なんじゃろか?)と思っていた自分であったよ。

話が変わるが、あの四条金吾だったか別の信者だったか、釈迦仏像をもっていたような気がしたが?
その仏像に開眼供養をしに弟子を行かせた日蓮の書があったと思ったのだが御存知でおられるか?教えてちょ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 19:54:03.38 ID:HKQ5JZof
>>63 木像二絵は文脈を辿っても 印や証【あかし】等の事を述べていた御書で 
開眼不要と言う意味ではないよ どういう解釈をしているんだ??
開眼がなかったら 大川隆法が文字曼陀羅と同じ配列で書いて拝んでも効果がある
・・・と言う事にもなるんだぞ そんな理屈をこねる・・という事は おまえ沖浦か??

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 20:24:41.19 ID:3Dzm0Obl
>>67
> 木像二絵は文脈を辿っても 印や証【あかし】等の事を述べていた御書で 
> 開眼不要と言う意味ではないよ

そんなことはない。お題目を唱えてから、もう一度拝してみな。
さっきは書き方が悪かったかな。
御書は「読む」ものではない。「拝する」もの。
君は御書を「読んでいる」からダメ。「拝し」なければ真意は掴めない。

> 開眼がなかったら 大川隆法が文字曼陀羅と同じ配列で書いて拝んでも効果がある
> ・・・と言う事にもなるんだぞ

そんな心配はしなくてもよい。大川は本尊を書写しないから。
君に一つ質問する。君の言う「開眼」の定義って何?
裏づけのある「開眼」の定義を説明してくれ。
そこまで「開眼」「開眼」と言うのだから、定義くらい言えるだろ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 20:53:06.34 ID:QhZz7jPd
学会員はペテン師池田の弟子だからバカだと思って油断したら駄目だ。
真面目に議論してはいけない。
あいつらには真実などどうでもよくて、ただ相手を言い負かしてペテンにかけることしか考えてない。
議論する気などはじめから全くない。

相手にせずバカにだけしておけばいい。



70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 21:00:46.35 ID:vtJrFyJl
>>62
「御本尊送り」も知らんのか。
現在の学会でも使用しているようだが自演氏は活動していないようだ。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 21:18:00.18 ID:2o0si72s
>>57
戸田理事長は逮捕直後に宗門から信徒除名され、その後に極中悟達したので、宗門の歴史と極中悟達は全く無関係。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 21:21:56.47 ID:2o0si72s
>>57
当然のことながら弥四郎国重が誰なのかとの問題と獄中悟達も全く無関係

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 21:26:45.12 ID:HKQ5JZof
>>68 まるで悟りました・・・と言わんばかりの態度だな
・・・で題目を上げて 拝した結果が その程度??
それであなたの述べていた『拝した』『読んだ』の違いは誰が判定するんだ?
結局は自己申告だろ? 

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 22:49:09.07 ID:HKQ5JZof
>>68 開眼と言うのは 今日で言えば 確実な担保・保険・ブランドの信用性・・
数え上げればきりがないけれど 総じて言えば保障証や領収書などに該当するでしょ
いわば証明書なんですよ

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 22:53:51.24 ID:3Dzm0Obl
>>74
阿保かw

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 23:11:31.88 ID:QhZz7jPd
>>74
君、そらあかんわ。

おれはアンチ創価だけど君の説明は零点。
もう出てくるなや。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 23:25:12.38 ID:2o0si72s
開眼
http://www.youtube.com/watch?v=syPVXZdfwVU

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 23:37:29.84 ID:QhZz7jPd
開眼てのは日蓮は代々の法主がやるべしと言い、
学会はそんなもんいるか、題目が最強なんやから題目あげたらええんや、て言ってる。

てことだな。

しかしぶっちゃけた話、どっちも自分の組織に有利にしたいだけで
どっちが本当てことはない、
いい加減なもんなんだろうね。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 23:42:13.52 ID:2o0si72s
仏像を作成する際、残すは目を点じるだけという所で作業を止めて人々を集め、
公衆の面前で仏像に目を点じて「これで仏像に魂が入りましたよ、生身の仏様ですよ」と印象付ける。
生身の仏様ならば三十二相が揃っているはずだが、仏像には梵音声という相が無いではないか。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 23:46:08.28 ID:HKQ5JZof
>>71 法主自ら観察者バイアスを行ったことぐらい理解が出来ない?
もっとも 遺戒だって原本がないほど管理が杜撰で
教義そのものが 何処まで真だったのか?収拾がつかず 
創価に限らず各方面からも 散々 指摘されていたわけだし 
堀上人ですら その事を嘆いていたので 果たして正解なのか?如何か?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/22(月) 23:48:14.08 ID:QhZz7jPd
学会みたいなのに自分らの利益本位に勝手に布教されないようにしてるんだろうね。

「衆生の心けがるれば土もけがれ、 心清ければ土も清しとて、浄土と云 ひ穢土と云ふも土に二つの隔てなし 。只我等が心の善悪によると見えた り。」 (一生成仏抄)


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 00:15:35.21 ID:p0WiP0Gb
>>72
まず、相貌が『三世』ということだよね。
アジャセオウが過去世では釈迦の師匠だったとかあるし。

開眼とか入仏式とかも『三世』
現当二世ではあるけれど『三世』

創価には、もう常住ご本尊の授与(?)はないのだから、関係ないのでしょうけど…

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 00:18:27.25 ID:9JsLayPj
>>75 なら、こちらが メチルを混ぜたアルコール類を
最高級のお酒を偽って あなたに差し上げても
あなたが それを疑問に思わず飲んだら如何なるんでしょうね〜 

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 00:25:08.57 ID:9JsLayPj
>>76 一番 解り易いのは ブランド品の価値でしょうか
信用に対する価値と言う意味でも>>74は書いたつもりですが 
それでも 舌足らずだったようです 

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 00:31:15.64 ID:p0WiP0Gb
ご本尊の何を信じるの?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 00:46:35.54 ID:FnXBAeS4
因みに>>77の話は化儀上の話だけなので 
フラセボを悪用して>>83と同じ詐欺が働けます 
何のためにあんな鉄の塊を作っているんですか? バカみたい


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 00:51:31.28 ID:FnXBAeS4
>>85 自分の保険 他人の保険でも構いませんが 他人と言っても
結局は 自分の知っている範囲だけでしょ?
中には保険が切れてほしい人もいるわけだし・・・・

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 01:37:37.22 ID:5tfJMJRh
>>76 ああ>>77の映像を見て もっと良い譬えがあった
早い話 開眼=プログラミングされたソフト  
そういった意味でもプログラムの扱いが悪いとウィルスを作ってコンピューターを破壊してしまう 

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 01:39:48.53 ID:W5AT9kKY
>>80>>82
ええと、どういう意味?

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 02:00:18.20 ID:JyNaRdRh
>>66
あー、あなたの開眼に対する解釈が何となくわかりました。

開眼に弟子を遣わされたというのは「真間釈迦仏御供養逐状」ですね。
これは仏像を立てた富木常忍に息子の日頂師に取り急ぎ開眼させなさい、という御書です。
他に仏像建立に関しては、四条金吾に開眼は法華経に限ると言われ、日眼女には
後生成仏は疑いないと讃えられる御書があります。

それらはあくまで釈迦仏像建立に対する御書です。「木絵二像開眼之事」にしても。
どれも「法華経こそ肝心」という御書でしょう。御本尊の開眼儀式の必要を説いたものなどありませんよ。
だから大聖人御図顕の曼荼羅御本尊にいかなる開眼が必要なのか、と聞くのです。
入仏式のような法要儀式は現学会でも行われているがそれ以外に何が必要なのか、という疑問です。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 02:21:59.37 ID:W5AT9kKY
にゅうぶつ-しき 【入仏式】
新しく仏像を寺院へ迎え入れ安置する際の法会(ほうえ)。入仏供養。(大辞林)

学会の場合は文字曼荼羅御本尊を会館(昔は寺院も含む)に安置するという意味なのだろう。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 03:30:12.42 ID:JyNaRdRh
>>91
66氏はどうやら入仏式=開眼と考えられてるようなので、学会の入仏式が違うというのであれば
開眼とはいつどこで誰がどのような形式で行われるものなのかと前スレでも伺ったのです。
66氏が勘違いしているのならば、それらを明確にしない日蓮正宗が悪いのです。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 04:56:46.75 ID:VX0NEYi/
>>90 木像二絵にしても同時に肝心の法華経を示す証の必要性も説かれていて
開眼の必要性をも訴えている内容じゃないでしょうか?
・・・でないと慈覚のように紛らわしいものに惑わされて・・・
法華経に似て法華経にあらず 
天台が真言に陥ったことなどが別の御書でも説かれているでしょ?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 05:32:29.87 ID:W5AT9kKY
必要性というか、日蓮大聖人は他宗の化儀までは排除しなかった。
真言宗の曼荼羅の化儀を借りて、心を観じたところにある本尊を文字曼荼羅として顕したし。
禅宗の化儀である塔婆も排除しておられない。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 07:09:52.46 ID:lvqLzz1D
>>93
> 木像二絵にしても同時に肝心の法華経を示す証の必要性も説かれていて
> 開眼の必要性をも訴えている内容じゃないでしょうか?

確かに開眼の必要性は説かれていますね。ただし「木画の二像」について。
そして「木画の二像」には、何故開眼が必要なのか、その道理も明確に述べられています。
さらに言うなら、その道理は、文字曼荼羅には全く当てはまらないということ。
君は何をどう解釈しているか知らないけど、古文読解の基礎知識も持ち合わせていないかな。
だったら初心者スレに行きなさいよ。議論の対象外だから。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 08:00:02.37 ID:EEvX8/Lr
>>95
>さらに言うなら、その道理は、文字曼荼羅には全く当てはまらないということ。


何ぃ?当てはまらないのは君の論理だ。
開眼の無い物が本尊にはならないのが道理であり、例え木像画像でも文字曼陀羅にせよだ。
何故、画像木像と文字曼陀羅を分ける必要がある?
論理の破綻もいいところだ。
君の論理だと文字曼陀羅なら何でも良いことになり、顕正会の本尊も身延の官頭が書いた本尊も何でも良いことになる。
君は敢えて開眼供養から自己解釈で逃げているとしか言えない。
そらそうだろうな。
邪にとって一番都合の悪いのが唯授一人と開眼供養だからなW

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 09:00:32.83 ID:lvqLzz1D
>>96
> 何ぃ?当てはまらないのは君の論理だ。

僕が勝手に述べた論理ではなくて、日蓮大聖人が色心不二の法理の上から説かれた道理ですよ。

> 開眼の無い物が本尊にはならないのが道理であり、例え木像画像でも文字曼陀羅にせよだ。
> 何故、画像木像と文字曼陀羅を分ける必要がある?
> 論理の破綻もいいところだ。

木画の二像と文字曼荼羅を分ける道理については、これまで再三にわたって述べてきたとおり、『木絵二像開眼之事』にきっちりと記されています。
その道理が分からないのは、貴方が『木絵二像開眼之事』を拝していないか、拝そうとしても読めないかのどちらかです。
そもそも貴方は、人のことを論理破綻と中傷しながら、貴方の書いていることにはどこにも「論理」など存在しません。
ただ「開眼は必要」という思い込みを、わめきたてているだけです。

> 君の論理だと文字曼陀羅なら何でも良いことになり、顕正会の本尊も身延の官頭が書いた本尊も何でも良いことになる。

妙法蓮華経という己心を貫く法に、創価学会も日蓮正宗も顕正会もありません。
妙法蓮華経は永遠普遍の法であります。「これが学会の妙法蓮華経」「あれは正宗の妙法蓮華経」「あっちは顕正会の妙法蓮華経」など、いく種類もの妙法蓮華経があっらた、それこそおかしな話です。
ただし妙法蓮華経を実践する側の人間に、その法の解釈や実践に違いがあるのです。ですから、同じ妙法蓮華経を信じ実践しているようでも、功徳が出る人もいれば、罰を受ける人もいるのです。
その意味において、妙法蓮華経を正しく信じ実践する和合僧団のみが、御本尊を授与する資格と責任があるのです。
さらに言うなら、本尊の相貌を守り、本尊への御不敬を無くする為に、本尊授与に関する一定の規則や権限が必要になるのです。
何か特別な人間による特別な儀式を行わなければ功徳が出ないからではないのです。
そのへんを、文字曼荼羅開眼必要説を唱える人たちは分かっていません。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 09:01:13.52 ID:p0WiP0Gb
“本来そのようなものは必要ない”との学会公言がありながらも、
結局、本尊授与の時には幹部の導師で勤行してるよね〜
…そういう慣習には意味がないよと本部が指導しているにもかかわらず。だ

本部と末端の二枚舌指導はもうウンザリ

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 09:08:51.38 ID:lvqLzz1D
>>98
>“本来そのようなものは必要ない”との学会公言がありながらも、
> 結局、本尊授与の時には幹部の導師で勤行してるよね〜

本尊授与の際に幹部が導師をするのは、本尊を開眼供養するためではありません。
学会は指導主義であるが故に、御本尊をお受けする人に、信心の心得を説き、皆で心を合わせて御本尊に向かう姿勢を、身をもって示すためです。

貴方は根本的な勘違いと邪推に染まっていますね。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 09:09:46.78 ID:pBeomZ0z
木絵二像開眼之事は文永元年作で、佐渡以前であるから文字御本尊の話の訳がない…と言っていたら、
日蓮正宗は都合悪いもんで平成新編でちゃっかり文永九年作に変更したというw

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 11:46:32.54 ID:1kDRdW1o
>>91
あれでしょうな、
「ここにアリガタイ物にする物体があるので、皆さんの頭の中に安置してくださいよ」
って事なんだろうと思うよ。
思い込ませることが開眼だろうから、だれでも開眼ができるというものなのでしょうね。

>>92
日蓮正宗が明確しなかったからではなくてね、当時の創価学会の認識がなんであったのか?と言うことなんですがね。
教義の殆んどは創価経由でしたのでwハイ。

結局はね、仏教といえども縦社会だと思いませぬか?
当時(破門前)は創価の言っている事を信じ、創価上層部も正宗を信じて(フリ?)きて統制しなければならなかったのが本音でしょ。
開眼儀式だってそうよ、歴代の会長が黙認してきたんでしょうからね。
明確にしなければいけないのは正宗ではなく、数多くの会員がおられた創価学会だったはずですがね。

団体競技ならぬ団体教義ですよ。
例えば、いくら野球が好きといえども、この類に徹してくればくるほど個人プレイはできなくなるのですね。
今の創価もおなじはずで、池田氏が認めた形木本尊ということで、君等があるのではないでしょうかね。
そんで、開眼はされているもんだと思っていられるというのが信者さんの正直な思いと察しますが。

信じこませてから本尊流布なのか、魂を後から入れるのであれば速に本尊を相手に与えて開眼をさせるべきなのか・・・よく分かりませぬが。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 11:51:45.59 ID:1kDRdW1o
>>92さん
あっ、それとね、>>90のレス有難う御座います。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 12:22:48.78 ID:3z7rSyWu
>>100
真偽未決問題を解決しないまま述作年だけ改変か

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 12:44:25.80 ID:WnhG/Rqs
入仏式はセットアップで、開眼はアクティベーションのようなもの?
御本尊も工場出荷状態では動作しません的な?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 13:03:57.98 ID:3HbqfcXD
>>103
「木絵二像開眼之事」(真蹟曽存)真偽論なし。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 14:35:34.81 ID:3z7rSyWu
真蹟が発見されてその述作年月日を確認するまでは予想述作年月日に過ぎない

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 16:22:36.97 ID:DzQdZ8iH
>>95 だから佐前佐後の振る舞いや文献内容・・というか
対告を含めてニュアンスが違っている事をわすれているよね〜
それと文字曼陀羅に記されているのは 木絵に説かれていた内容を 諸天の扱いと文字化した上で羅列し 
ど真ん中に南無妙法蓮華経と書いて発展させたもの・・・と言う考え方がないのでしょうか?

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 16:30:26.67 ID:DzQdZ8iH
更に最終的な形になった弘安2年の御本尊内容は 時系列の事も顕しているようにも思えるけれどね
それを考えると確かに佐渡始見よりは価値が高いんですよ 何せ佐渡に流された時は
資料も殆どなく 経験だけで書いた利根の御本尊だから
そこが弘安の御本尊とはやっぱり違う

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 16:30:46.61 ID:dvJlcWep
>>107
大聖人御本尊に真言師に印させたり阿含経を供えるやつは、御書で言われなくてもいないだろw

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 16:35:18.57 ID:DzQdZ8iH
>>100 平成新編の御書は碌でもない御書だな ますます嘘の上塗りをして
汚すだけ汚しているだけじゃん それこそ焚書坑儒ものですよ 
第一 堀上人にも失礼だよ


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 16:37:47.52 ID:DzQdZ8iH
>>109 おまえさん報恩抄や立正観抄など拝した事ないだろ
拝していたら そんなおバカな推測はしない

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 16:42:45.91 ID:DzQdZ8iH
>>109 あと お前さんの教学 山椒島さんと比べても月とすっぽんだし
富士宮ボーイに書いている連中等にも 垢をせんじて飲んでもらいたいほど
今やアンチ側の方が遥かに教学力があり よく研究していて 
こちらの方が歓心するし 励みにもなります。


113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 16:56:40.73 ID:p0WiP0Gb
>>99
>98の指摘は所謂「入仏式」のことですが…
創価でもそのような次第を踏んで安置してるでしょ。という指摘。

『開眼供養』には創価本部も言及してないし…

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 17:04:58.41 ID:lvqLzz1D
>>113
> 創価でもそのような次第を踏んで安置してるでしょ。という指摘。

「そのような次第」の意味が違うだろ、という指摘をした。
いわば宗門は本尊のための儀式。学会は信心のための儀式。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 17:05:38.78 ID:N1k/LzTX
>>111
109は木絵二像開眼之事に書いてある話だ、わかってるかecoくん?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 17:12:47.09 ID:52YCRqkv
池田先生の指導(1992年12月23日)

「日蓮大聖人がお認めの御本尊は『仏の眼目』(P841)そのものであられる。
ゆえに、あとからあらためて『眼を開く』必要も、『魂を入れる』必要もない。
『日蓮が魂を墨に染めながして、書き認めたのである』(P1124)『一念三千の法門を振りすすいで立てたのが、大曼荼羅である』(P1339)
このように仰せの御本尊であられ、御本仏日蓮大聖人の御生命の当体であられる。
無限の『仏力』『法力』を具えておられる。
ゆえに、残る大切なことは、形式ではなく、拝する者の『信力』『行力』である。
強く、正しき『信』『行』の力によって、御本尊の仏力、法力が発揮されるのである。
『信力』も『行力』もない、謗法の僧侶が、どんなに荘厳めかした儀式をしたとしても、何の意味もない。そうした儀式は、まったく必要ないのである。
むしろ、正法広宣流布に生きる私どもが朝晩、端座して、御本尊を拝することが、大聖人が教えられた『開眼』の本義にかなう実践となっている。」

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 17:18:13.51 ID:p0WiP0Gb
いいこと言うね。
ライターさんの腕がいいんだね。

118 :創価ルネサンス〜栄光の世紀へ〜 …のはずが(汗:2012/10/23(火) 17:38:16.46 ID:p0WiP0Gb
『信力』も『行力』もない、謗法の指導者が、どんなに荘厳めかした儀式(総金メッキの仏壇、実用的なサイズを逸脱した数珠を用いた導師)をしたとしても、何の意味もない。そうした儀式は、まったく必要ないのである。
なぜなら、奥底の一念が狂っているから。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 17:40:54.79 ID:p0WiP0Gb
ゆえに、残る大切なことは、本部職員の年金ではなく、拝する者の『信力』『行力』である。
強く、正しき『信』『行』の力によって、御本尊の仏力、法力が発揮されるのである。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 21:57:51.11 ID:BQ8tLfzN
>>謗法の僧侶が、どんなに荘厳めかした儀式をしたとしても、何の意味もない。

そうですね では その謗法か否かの判決は誰が決める事なのでしょうか?
本義に叶った 叶わないは誰が決める事なのでしょうか?
何時から創価学会が判決を出せるだけの権利を有しているのでしょうか?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 22:00:35.66 ID:BQ8tLfzN
>>116 その判断基準だって 結局は相対的な主観にしかなっていないのに
自分たちが偉そうにマニュアルに書いてあった教相だけを受動にして
裁判官気分で相手を決めつけている事に自体 日蓮正宗と同様 
そんな輩の開眼だって信用が出来ない・・・と思いますよ 


122 :kagyu ◆ycrSqYyQ.w :2012/10/23(火) 22:01:13.07 ID:GTaEPKK+
非常に初歩的なことをお尋ねするのですが、開眼とは、どういう行為なのでしょうか?

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 22:06:56.51 ID:BQ8tLfzN
昨日まで日興上人を盾に唯一絶対と言って日蓮正宗を信用していたものが
今日になって揺らいでしまっている訳ですから 
>>116の指導だって 戸田先生の悟達を権威にして自慢しているだけの
儒教レベルの陳腐な指導で権利を要求する餓鬼と一緒

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 23:37:41.26 ID:p0WiP0Gb
一切衆生の眼を開かしめんとされたのが日蓮大聖人なのである。
人法一箇たる大御本尊によって開眼されるのは我等凡夫の眼

信ずれば開くのである。この仏法は随自意ですからね。
しかも自力の観心に非ず。ただしく御本尊の功力によるのである。

開目されたし


125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 23:42:53.41 ID:p0WiP0Gb
>>122
我常知衆生 行道不行道

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 23:45:53.92 ID:p0WiP0Gb
蓮如会の開祖も同じことを言ってただろうねw>>116

127 :kagyu ◆ycrSqYyQ.w :2012/10/23(火) 23:52:03.44 ID:GTaEPKK+
122です。
>>124
> 一切衆生の眼を開かしめんとされたのが日蓮大聖人なのである。
> 人法一箇たる大御本尊によって開眼されるのは我等凡夫の眼
いえ、そのように深い意味での開眼ではなく、木絵二像開眼之事とあるような、仏像などの開眼とは何なのかをお伺いしたいんです。


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 23:53:42.62 ID:JyNaRdRh
>>101
信徒団体が宗門の化儀を黙って受け入れることに不思議はなく、離別後にそれを用いるかどうかは各々の
教義上の是非の問題でしょう。もちろん信徒個人がどちらを取るかは自由ですけど、「過去に取り入れていた
から今は間違い」だけでは議論にはなりませんよ。だから開眼とは何かを問うのです。
御本尊に開眼が必要というのはほぼ離別後に起きた宗門の主張ですから、宗門が説明するのが当然です。

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/23(火) 23:54:42.38 ID:KBe2duZ6
まあ何にせよ御本尊が何でもいいなんちゅうたら
それ自体謗法でしょ?
謗法の御本尊広めるのは日蓮の遺志に反してるでしょ?


130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 00:13:48.41 ID:EPv7EYty
>>122 さすがにwikiに頼った http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%8B%E7%9C%BC
供養と言う意味が主ですが 智慧の眼を開いて仏法の真理に目覚め悟ることも
「開眼」と書いてあるので そういった意味では>>88の意味が近い・・かと思われます

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 01:36:59.84 ID:IoErPFIQ
>>129
いろんな御本尊があるな。ビルシャナ仏、阿弥陀仏、大日如来、釈迦仏、薬師如来などなど。
どの御本尊だ?

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 05:17:03.48 ID:sWhMQE2t
創価のほうでコロコロ教義と指導を変えているんだから、創価が跡付けに何を言ってもこじつけの弁明にしかならない。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 07:29:11.41 ID:cOxsEwFJ
>>132
そう思うのは、君が大石寺の教義の変遷ぶりを知らないからだよ。
ネット情報に依存して、自分で学ばないのが原因。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 07:35:55.12 ID:cOxsEwFJ
>>129
> まあ何にせよ御本尊が何でもいいなんちゅうたら
> それ自体謗法でしょ?

誰がそんなことを言いいました?
君が勝手に言ってるのでは?
現実に学会は日寛の形木本尊のみを授与していますよ。
何より私に言わせれば、導師本尊などというものを勝手に作り出す宗門こそ、何でもありなんですけどね。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 07:43:35.17 ID:cOxsEwFJ
>>121
読書感想文レベルの主観をわめきたて、自分が裁判官になっているのは、学会ではなくeco自身ではないか。
自分は裁判官になっていないというのであれば、君の考えの正邪を判定してくれる人は誰なんだ?
誰かに判定してもらわなければ主観、というのが君の持論だろ。
だったら君の裁判官は誰だ?
具体的な名前を出しなさい。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 08:02:23.17 ID:cOxsEwFJ
>>120
> そうですね では その謗法か否かの判決は誰が決める事なのでしょうか?
> 本義に叶った 叶わないは誰が決める事なのでしょうか?

『依法不依人』との言葉が説かれているように、根本は「誰が」ではなく「何で」です。

> 何時から創価学会が判決を出せるだけの権利を有しているのでしょうか?

創価学会が創設された時からです。
創価学会は独立した宗教団体ですので、さまざまな法義解釈について、学会としての解釈を示す必要があります。
そして、その法義解釈が適切であるために、学会では「御書根本」を鉄則としました。
これは日興上人の御遺誡にも説かれており、信仰者としての正しい姿勢です。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 11:37:14.81 ID:U+4vathK
>>79
梵音声として仏像の前に経典を供える(+脇士)のが、仏像の正式な敬い方。
また、供える経典の種類により、仏像の肩書が決まる。
同じ釈迦像でも、小乗経典なら丈六の釈尊、妙法蓮華経なら久遠実成の釈尊・・となる。

>>100
著作年の変更をしても、どうにもならんのにな。
あの御書は、真言による開眼を切る趣旨。
もし、御本尊の開眼が必要というなら、それは教学の中でも最重要の位置づけがされる事項の一つであろう。
ならば、大聖人はこれについて「のみ」詳しく書き残されるはずであるし、今頃その御書は相伝・信条部に収まっていただろう。
正宗側が「木絵二像開眼之事」をことさら持ち出す必要もなかったはずである。
ちなみに、この御書は録内(大聖人の1周忌に収録された148通とされるが・・・)であり、著作年等の信頼性はかなりある。
しかし、正宗側が著作年を変更した理由は、明らかになっていない。

木画:三十一相(三十二相)
御本尊:三十一相(三十二相)を持たない。(凡夫)
これだけ頭に入れて「木絵二像開眼之事」を読めば、趣旨は十分わかる。
しかし、正宗側はこれをすることができず、切り文にして曲解するのだ。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 21:16:19.75 ID:XM6SabcP
>>134
>現実に学会は日寛の形木本尊のみを授与していますよ

何の根拠もないことをよく無条件に信じれるな。


139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 23:13:22.03 ID:X5bbXQOI
>>135
>その法義解釈が適切であるために、学会では「御書根本」を鉄則としました。

で、なんでその適切であるはずの法義解釈がコロコロ変わるの?
創価さん

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/24(水) 23:40:06.04 ID:X5bbXQOI
舎利さんは創価ルネサンス前の法義解釈だって、「適切である」と信じてきたのでしょ?

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 01:19:25.36 ID:R0IHiQyt
>>139
同じことを何度も何度もw頭悪いんか日蓮正宗の者は。
別宗教団体として日蓮正宗の間違いは間違いインチキはインチキと言ってるだけだ。
正しいというなら具体例を上げて論じてみろ。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 21:12:23.29 ID:Quzp6Tfu
絶対のはずの御本尊が
コピーで誰でも作れるてww



143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 21:22:32.90 ID:0WJpm2bv
>>142
ソーカガカイは本尊は何でも良いそうです。
頭の悪い彼らが言うには「こちら側の問題ですから」と自分の胸を叩きながら言います。プップッ!
何でも?池田センセが成仏にお導いて下さると本気の顔で言ってますたよ。プップッ
池田センセって仏だったんでつね。プップッ!

144 :長文規制は日替わりルーレット:2012/10/25(木) 21:46:29.74 ID:xraaObOS
>>141
ウソを百遍くりかえすとホントウに…

ならねえよw
宗門から独立して別団体になるんでもなんでもいいけどさ、それを会員がニュース速報で知るハメになるなんてねぇ…


145 :長文規制は日替わりルーレット:2012/10/25(木) 21:49:30.63 ID:xraaObOS
池田大作が日蓮正宗の間違いは間違いインチキはインチキと言わなかったから、今日まで繰り返される『適切であるべき法義解釈』のドロナワ変遷があるわけだが。

「ご本尊はただのモノです」
まぁ、「法力」「仏力」の話をはしょったおつもりなのでしょうけど…
愚鈍な会員は慢心を起こして鵜呑みにしますわな

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 21:54:44.92 ID:0WJpm2bv
>>141
金比羅に供養したソカ学会員が言うことか!アポ。
ところで犯罪者築山は刑務所から出所して来たんか?
お前、犯罪者仲間のガカイ員やろ?プップッ

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/25(木) 23:47:37.51 ID:NMwmKuSl
> 「ご本尊はただのモノです」

正しいと思うぞ。犬猫が御本尊に粗相をしたら仏罰が落ちるのかどうか、考えよ。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 05:25:47.77 ID:jEpj5OAx
学会員は犬猫かw

確かに


149 :右や左の名無し様:2012/10/26(金) 05:58:16.34 ID:GtZjD/PQ
隣がガッカイダーなんだが最近御題目もチャカポコも聞こえないんだけれど
まあ、静でいいことなんだけど、やっぱり大作はしんじゃったのかい
朝鮮人の服喪期間は儒教社会だから長いと聞いているのでそのせいなの。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 06:01:32.60 ID:PNUegLAN
年末ジャンボで6億円断じて当てる!

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 11:06:26.46 ID:j3PV8DMH
>>146
奴は池田ブッタ作のファンクラブだったが見事に殺人未遂事件で逮捕されちまったなW
まさにあの無様な姿が学会員の成れの果てW
現証にしかずだW
あなたのすぐ傍にも哀れな学会員がいるでしょう?


152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 11:12:32.44 ID:LxfKFq2j
>>151
と、キチンと先生の指導を守らず我見信心に堕ちた外れ学会員を
叩くカキコ1円バイトのお仕事日嫌終工作員乙w

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 11:45:36.73 ID:4wMl3M3U
>>147
犬猫が粗相をしたら、頭からストッキングを被せて餌も抜きの人為的ブツバチがくだりますよね。わかります。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 12:12:38.88 ID:j3PV8DMH
>>152
>と、キチンと先生の指導を守らず我見信心に堕ちた外れ学会員


えっ?
池田ブッタ作大センセの指導通りにしただけよ。
だってほら!

■「ご存知のとおり、私どもは日蓮大聖人の仏法を奉ずる信徒である。
その大聖人の仏法は、第二祖日興上人、第三祖日目上人、第四祖日道上人、および御歴代上人、そして現在は第六十七世御法主であられる日顕上人猊下まで、法灯連綿と血脈相承されている。
ゆえに日顕上人猊下の御指南を仰ぐべきなのである。この一貫した仏法の正しき流れを、いささかなりともたがえてはならない。」
(池田大作『広布と人生を語る』第3巻249頁)

ね?WWW

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 12:36:19.99 ID:j3PV8DMH

池田ブッタ作大センセの指導集

■「血脈相承の御法主上人に随順(ずいじゅん)しゆくことこそ、僧俗の正しいあり方である。この一点を誤れば、すべてが狂ってくる。」
(池田大作『広布と人生を語る』第3巻32頁)

で、戸田くんは?

■「なんといっても、御本山に登り、親しく大御本尊様を拝まなくては、本物の信心にはなれない。こんなありがたい御本尊様を、わずかな御開扉御供養で拝むことのできるのは、当本山であればこそであり、まことにもったいないことである。」
(『戸田城聖全集』第3巻490頁)

学会員…守ってねぇじゃんW
いつから変わったの?
変わったほうが正しいの?昔が正しいの?
どっちっち?WWW

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 12:47:17.35 ID:BJSSu8nM
147程度の問いにもまともに答えられないのか・・・情けないな日蓮正宗の者は。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 16:05:20.27 ID:4VfhsihE
>>154-155
当時と今の状況の違いを完全無視して、何が面白いんだ?

学会の最終目的は、昔も今も広宣流布。
そして、昔も今もこれから外れた活動はしないし、これからもしないだろう。
昔は、「正宗を守る=信心を守る」が成立していたから、正宗を守り盛り立ててきた。
必要がない限り、正宗の傷に触れることもほとんど無かった。
今は、「正宗を責める=信心を守る」が成立しているから、対応は逆になる。
ただ、それだけの話。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 18:01:15.74 ID:AcTxxp5b
>>137
本尊には開眼が必要だと佐前・佐後を通じて教示されている。
録内・録外は真偽の目安にはなっても系年とは関係ない。
多人数で編纂した「昭和定本」も宗門が僧侶用に編纂した「昭和新定」も系年は文永十年。
研究の進歩で系年が見直されるのは当然。
開眼の必然も木画二像が曼荼羅に通じることも歴代法主が相伝に基づき指南され学会も主張してきたことだ。

破門後の変質した教学は疑ってかかるべきだ。

>>157
状況の違いは創価の希望が齎し教義を変えていった。
本山外護団体から在家新興宗教になれば全てが倒錯していく。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 18:36:07.68 ID:j3PV8DMH
>>157
>学会の最終目的は、昔も今も広宣流布。


あんっ?何、言っちゃってるわけ
ニセ本尊のバラ撒きが広宣流布?お前正気か?
昔と今の指導が全く逆の大センセを何で信じ込む?
洗脳とは恐ろしいのぉW



160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 19:24:34.71 ID:D0cOYAUb
>>157
日蓮正宗を乗っ取ろうとするのは止めろ

もうお前達には『日蓮正宗の檀家』と
しての実体がない。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 22:30:24.12 ID:jEpj5OAx
>>157
今後二度と正宗を守ることはなくて
永遠に攻めるしか選択肢がないわけだから
状況が違うと言うより
状況が終わったというほうが正しいような気が。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/26(金) 23:50:35.64 ID:4wMl3M3U
捨離散は攻めてるつもりなのだから、憐れ。
池田大作の指導する「信心を守る」とは、選挙で戦いきることだよ?
“ご本尊はただのモノ”なのだから、「信力」と「行力」が必要なんでしょ?
機関誌も幹部も御書を挙げて選挙活動こそが法戦であると、“適切な法義解釈”を指導しているではないか。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 02:05:34.93 ID:SDdbvCAd
百六箇抄と本因妙抄って石山の相伝書だと思ってた?
残念。尊門の相伝書でした。
石山信徒が自山の正統性を証明する為に同両抄を出すたびに笑いをこらえたもんだ。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 03:58:19.74 ID:SDdbvCAd
堀師と戸田会長が仕掛けた罠に思えてくるな、百六箇抄と本因妙抄を御書全集に掲載したのは

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 04:34:19.88 ID:XILsBtBG
>>160
勘違いしてないか?正宗が独自にやってくだけなら本来別に構わない。
すでに正宗を知らない世代が青年部の時代なんだ。正宗創価時代はあくまで過去の話。

しかしこのスレ自体そうであるように、再折伏と称して相も変わらず攻撃を仕掛けてきてるのは正宗の方。
世間を折伏できないから今も学会員切り崩しに躍起なんだろうけど、いい迷惑だわな。

まあ正宗の者が折伏できないのは仕方ない。坊主自身が折伏を知らないからね。
坊主は正宗のカンペキナ教義によって800万世帯が成し得た、程度にしか思ってないんだろうな。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 08:22:06.79 ID:VqjyXjmC
>>158
> 本尊には開眼が必要だと佐前・佐後を通じて教示されている。

仏・菩薩像を本尊とすることが多い日本仏教では、各宗派(大聖人御在世中は、とりわけ真言宗)が開眼の儀式を設けていた。
そのような風潮に対して、大聖人御自身は「木像画像の開眼供養は唯法華経にかぎるべし」等と述べ、法華経の力による開眼を強調している。
木像・絵像の仏界を顕現させるには、国土世間の成仏が説かれた法華経の一念三千による以外にはない。
大聖人の真意はそこにあった。文字曼荼羅も開眼が必要だと述べられたのではない。

> 研究の進歩で系年が見直されるのは当然。

「木絵二像開眼之事」に説かれている道理は普遍的なものであり、系年の見直しがあろうとなかろうと、教義解釈に何の影響もない。

> 開眼の必然も木画二像が曼荼羅に通じることも歴代法主が相伝に基づき指南され学会も主張してきたことだ。

これまでの本尊や諸文献の研究により、模刻本尊や形木本尊には、原則として法主の開眼がなされたかったことが明らかになっている。
模刻本尊や形木本尊とは対照的なのが、宗開両祖の御影や画像である。
御影や画像に対しては、必ずと言ってよいほど歴代法主が開眼供養し、「奉開眼」等と認めているからである(模刻本尊で法主の「開眼」が言明されているのは、讃岐本門寺の「上之坊常住」び板本尊一例のみ)。
そして、戦後に制定された日蓮正宗の『教師必携』にあるように、宗門では数珠の開眼も行っている(これは一般僧侶も行える)。
結局、宗門における「木絵二像の開眼」とは曼荼羅本尊の開眼を指すのではなく、御影や画像、数珠の類の開眼供養を意味するものと考えられる。
宗門がよく引用する、日因の「木絵の二像は本と草木にて有り、然るを生身の妙覚の仏と開眼したもふ事は大事至極の秘曲あり、日蓮聖人乃至日因に至る迄、三十一代累も乱れず相伝是れ也」
との消息文があるが、ここで日因が言う「木絵の二像」とは曼荼羅本尊ではなく、宗開両祖の御影や画像のことを指すと考えられる。
大聖人の開眼観や宗門史料の調査結果からいって、そう解釈する以外にない。



167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 13:05:57.14 ID:Ax4SFh4K
>>158
> 宗門史料の調査結果

学会の調査結果?!
洗脳されてない?


168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 13:33:58.97 ID:FmJXf2cZ
>>158
> 開眼の必然も木画二像が曼荼羅に通じることも歴代法主が相伝に基づき指南され学会も主張してきたことだ。

誰がどう言おうと大聖人の曼荼羅御本尊を指してるとは ま っ た く 思えない。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 15:41:12.25 ID:SUdjoJF4
>>168
>誰がどう言おうと大聖人の曼荼羅御本尊を指してるとは ま っ た く 思えない。


いいんだよ、ニセ本尊を平気で拝めるお前ごときの馬鹿が思おうと思わなかろうとそんなことは。
過去に肯定してたものを都合によって否定する邪悪に洗脳されてる馬鹿なんだからよ。
木像や絵像には開眼が必要で曼陀羅にはいらないんだろ?
で、相伝も唯授一人も必要無しで、曼陀羅本尊なら何でもよくて、こちら側の信心が(胸叩きながら)大事なんだろ?
なら、自分で本尊書け!

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 16:31:16.08 ID:VqjyXjmC
>>169
> 木像や絵像には開眼が必要で曼陀羅にはいらないんだろ?

その道理が『木絵二像開眼之事』に記されているから、この御書を読みなさいと、何度も言っているではないか。
どうして御書を拝することなく、相手を中傷してくるのか。
これでは信心が狂っていると言われても仕方がない。

> 相伝も唯授一人も必要無しで

三大秘法以外に秘密の法が相伝されているのか?
では大聖人の仏法は四大秘法になるな。
これはまさに、新興宗教・日顕宗の出現と言わざるを得ない。

> 曼陀羅本尊なら何でもよくて

意味不明。そんな指導は聞いたこともない。

> こちら側の信心が(胸叩きながら)大事なんだろ?

「一念三千の法門をふりすすぎたてたるは大曼荼羅なり」なのだから、あとは祈る側の信心で決まる。
当たり前の話だろ。
「法主が開眼供養して功徳が出るようにしたのは大曼荼羅なり」じゃあるまいし。

171 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/27(土) 17:13:26.16 ID:72HWePSF
>>130の補足 ただ>>88でも述べたように 無免許のドライバーが車を操縦すれば
想定外の出来事で大きな事故に繋がる
また 免許を持ったものが 無謀な運転や過信した運転をしても事故になる 
そして責任も問われる。

>>133 それは創価学会にも言える事でしょ? 
本山のおかしさを1991年まで疑問に感じず放置していたわけだから
ここでも 普段言っている事と違って 他人に責任をなすりつけて自己正当化しているじゃん 
ダブルスタンダード発動 マルメコミドメスティック OK

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 17:14:34.07 ID:Ax4SFh4K
>>170
先生の御影は開眼供養しなくていいのか?!



173 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/27(土) 17:16:13.15 ID:72HWePSF
>>135-136 あれ?裁判官の権威や責任は置き去りでしょうか?
また 因果や主師親の三徳を否定するつもりでしょうか? 
誰が・・がなければ「何で?」にはなりません すべては原因と結果ですから
また 人間は マインドコントロールが無ければ正常性バイアスが働かなくなるので
おかしくなるのは 心理実験や症例等で証明はされているし 
その点は法華経の知恵等などでも その点を強調してマインドコントロールが何が悪いと 
害毒の問題は置き去りにして開き直った文献などもありましたよね

174 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/27(土) 17:17:39.87 ID:72HWePSF
>>173のつづき)・・・にも関わらず「何で?」だけで物事を片付けて納得ができると思いますか?
それこそ解仁不信ばかりが拡大する一方で良くなる事はありませんよね
従って あなたの言っている事がさっぱりわかりませんね 
なんだか専門用語を羅列して悦に入って披露しているけれど そんなあなた自身 
どこまで意味が解ってて そんな事を述べていますか?

しかも 大聖人の御書にもマインドコントロールの結果を害毒として表現していた事が
御書の文脈を読んでいても明らかなのに それが あなたには解らなかったわけだ
結局は 誰かが原因で「何で」になるわけですよね その図式が解りませんか?
従って 因をたどれば すべては指導者側の過失による責任も問われますよね
一切の業障は妄想より出でる という普賢品の言葉は何処へやら・・・

175 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/27(土) 17:19:26.90 ID:72HWePSF
>>171 >>173-174のつづき
確か あなたたちの主張は 宗教が原因で世の中が悪い・・と言う主張でしたよね
諸々の宗教に対する批判をしていますよね ここでも「誰が?」・・・になっているじゃないかよ  
また 当時の指導者たちは悪意があって 意図的に衆生を貶めていたのが 
現場にも いないのにどうやって判ったんですか? それこそ利根や通力の部類でしょ?
結果論だけで甲乙を判断しているだけでしょ? それを考えれば 創価だって保証は出来ませんね
また 情報操作の悪しき一例に『連想性の創出』というのがありますね  その点もスル―なのでしょうか?
あなたたちは害毒を撒き散らしていない・・と言うのなら それは油断であり過信でしょ

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 17:31:07.29 ID:SUdjoJF4
>>170
>「一念三千の法門をふりすすぎたてたるは大曼荼羅なり」なのだから、あとは祈る側の信心で決まる。


ほぉ〜
同じ御書にこうある。
「我等衆生死する時塔婆を立て開眼供養するは死の成仏にして草木成仏なり」と。
当然、我等衆生が死んだ時、塔婆を立て開眼供養するんだよな?
つまり、それが死の成仏にして草木成仏なり、とこう仰せなんだからよ。
その意味の上に於いて「一念三千の法門をふりすすぎたてたるは大曼荼羅なり」と読むのが筋だ。
お前は、ただの切り文で都合の良いところだけ用いる邪義だ。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 17:51:15.10 ID:VqjyXjmC
>>176
> 同じ御書にこうある。
>「我等衆生死する時塔婆を立て開眼供養するは死の成仏にして草木成仏なり」と。

ちゃんと書いてあるではないか。「塔婆を立て開眼供養するは…」と。
君とって曼荼羅本尊も塔婆も同じか。
だったらこれからは、毎朝毎晩、塔婆に向かって勤行・唱題し給え。同じなんだろ?

> つまり、それが死の成仏にして草木成仏なり、とこう仰せなんだからよ。
> その意味の上に於いて「一念三千の法門をふりすすぎたてたるは大曼荼羅なり」と読むのが筋だ。

そんな意味で読めるわけがなかろう。
『草木成仏口決』の冒頭部分に、明確に説かれているではないか。

「問うて云く草木成仏とは有情非情の中何れぞや、答えて云く草木成仏とは非情の成仏なり、
問うて云く情非情共に今経に於て成仏するや、答えて云く爾なり、
問うて云く証文如何、答えて云く妙法蓮華経是なり
妙法とは有情の成仏なり蓮華とは非情の成仏なり、有情は生の成仏非情は死の成仏生死の成仏と云うが有情非情の成仏の事なり」

つまり「妙法蓮華経」によって、有情・非情を問わず成仏するのであると。
よって、その後に
「我等衆生死する時塔婆を立て開眼供養するは死の成仏にして草木成仏なり」とあるが、
その「開眼供養する」のは、妙法蓮華経の御本尊によって開眼供養する、という意味である。
妙法蓮華経の御本尊を開眼供養しなさい、という意味ではない。

君は本末転倒したとんでもない解釈をしている。

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 18:04:16.21 ID:VqjyXjmC
>>174
> 従って 因をたどれば すべては指導者側の過失による責任も問われますよね

それを言うのであれば、大聖人御入滅後、本弟子六人の内、五人が邪義に染まったのは、指導者(師匠)である大聖人の過失ということになるではないか。
七百年以上経過した現在においても、五老僧の末流は、少なくとも大石寺の僧俗より、はるかに大きな勢力を維持している。
これも大聖人の指導力不足の故か?

君は以前のスレで、弟子たちを正しく導けなかった指導者は地獄に堕ちろと、感情を露にして書き殴っていたな。
同じことを、大聖人に向かって言えるものなら言ってみなさい。
地獄に堕ちるのは、他ならぬ君自身であることを、そう遠くない将来に身を持って体験するから。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 18:58:32.29 ID:Ax4SFh4K
大聖人よ、地獄に落ちろ!!!!!

地獄で首をはねられろ!!!!

気色の悪いキチガイ日蓮大聖人が!!!!


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 19:33:11.69 ID:SUdjoJF4
>>177
お前の能書き&オリジナルは結構。
では創価学会では、当然、死する時塔婆を立て開眼供養するんだよな?

で誰が開眼供養するん?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 19:41:37.33 ID:FmJXf2cZ
>>180
開眼!wwwww 相伝!!wwwww 唯授一人!!!wwwwwwwwwwwwwwwwwwww




正宗のアホなたわごともう飽き飽きだわ

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 19:54:05.48 ID:z5Mbh3Gz
>>180
創価学会はトーバも開眼もしませんしダイチできませんよ。
トーバ否定の開眼否定だからソーモク成仏もありません。
だから>>181←こんな感じwなんですw

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 20:11:06.04 ID:V8RQBTEp
>>180
曼荼羅の開眼の話をしているのに、塔婆の話にすり替えようとしている。

それは俺が見ても分かる。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 21:00:06.58 ID:SUdjoJF4
>>183
>曼荼羅の開眼の話をしているのに、塔婆の話にすり替えようとしている。


アホかお前。そもそもお前は>>181と同一じゃねぇか!バレバレだぞ。

曼陀羅も塔婆も開眼が必要だろ!
草木成仏せなならんからな。
それを、「すり替えて」馬鹿を通り越してるな。
さすがニセ本尊の元祖だわ。

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 21:03:34.07 ID:z5Mbh3Gz
>>183
てかお前も舎利じゃんw
まだ自演クセが治らないか?w
その歪んだ性格を早く治してから意見しろ

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 21:11:14.10 ID:z5Mbh3Gz
>>181
てかさ、相伝も唯授一人も開眼もなくてどこが仏法なのさ???w
ダイチ相伝のない仏法仏教て単なるなんちゃってってやつじゃんかw
自演の舎利くん頭悪すぎw

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 21:47:02.83 ID:FmJXf2cZ
わ、わしが相伝受けましたああっっっっ!!!(プ

188 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/27(土) 22:35:40.74 ID:gjRkdBVm
しかも>>136みたいな人たちが釈尊の仏法を過信して汚していった事を考えた事がありませんか?
自分たちが そいつらと同類なんだと思った事はないのでしょうか 
三世諸仏にもそういった事が書かれていますよね
だから その判断に対し異論を言う反論権はこちらにあるわけでしょ?
これも一種の破釈じゃないでしょうか? 

>>141 それじゃぁ〜 子供の回答ですよ 行き詰っているから 
ソレしか言えなくなっている訳でしょ?違いますか?

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 22:36:55.68 ID:ssOYsCOl
逃避だな。

この世についていけないやつの逃避だよ。

曼荼羅も塔婆も必要ない。

日蓮をバカにしても罰は当たらない。

御書は便所の落書きと同じだ。

さ、わかったらもう不毛な議論をやめようか。


190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 22:46:12.01 ID:N8JXQk7y
>>189 日蓮をバカにしているか如何かの判断は日蓮自身の主観なのに
死人に口なしでよくそんな事が言えるなぁ・・・
あなたは日蓮と一致していると過信でもしているの? 面授口決でも受けたの?
更に もっと言ってしまえば同門同士で罵りあってバカにしあっているのに
罰が当らないとは お笑いですね

191 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/27(土) 22:50:19.98 ID:N8JXQk7y
ところで 愚痴だの呵責だのと決めつけているのは 結局はあなたの判断ですよね
愚痴と呵責 どこが違うのか?その判断基準を伺いたいところですけれど
結局は自分たちの都合なんですよね
何せ 他宗の誹謗も 第三者からみたら愚痴や嫉妬と一緒なんだけれど
創価フィルターで見ると それが何故か正義の呵責に見えて酔いしれてしまう

192 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/27(土) 22:53:49.86 ID:N8JXQk7y
あ!そうそう>>189 この世についていけないやつの逃避だよ。と決めつけるのは
爾前釈門や念仏の思想じゃないでしょうか 人を公平にみていませんよね
どこが人間主義なんですか? しかも戸田氏曰く 仏とは生命なり
アンチといえども日顕といえども 同じ生命 あなただけが特別の勝ち組じゃない


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 22:55:16.19 ID:ssOYsCOl
>>190
いや、日蓮が屈辱を感じても罰は当たらんよ。

そうやって脅迫して信者に金を払わせるビジネスなだけだよ。

この世についていけないクズが同じようなクズを騙すビジネスなんだよ。


194 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/27(土) 22:55:55.85 ID:N8JXQk7y
あと もしかしてついていけないのは>>189 あなたの方じゃないの?
ついていけなくなったから ねを上げて吐き捨て現実逃避をしているんじゃないの?
魚を釣る為に 体面だけは保ちたいものね〜 大した人間じゃないくせにね

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:15:08.78 ID:Cje+q5Dx
>>193 その通りですね  ただ 罰が本当に出るのは>>189みたいな人達だと思いますよ 
脅迫ばかり熱中して 肝心な義務を怠っている上 
法華経の信者でも当たった先例があるので 罰が出る確率は高い。(あくまでも御文に基づいた推測)

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:23:37.55 ID:EQN9963h
>>193 もっとも これだけ罰ばかり出まくっているので  街の中の下水管や水道管やガス管と電線と同様と同様 
水道局や電力会社やガス会社ですら配線が把握できないほど 複雑な世の中にもなっていて
日蓮もどいつに罰を当てりゃいいんだと思うくらい混乱しているんじゃないでしょうか? 


197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:23:53.36 ID:ssOYsCOl
>>194
学会の職員さん?

現実は「罰は当たらない」が現実。

推測だけど戸田は生まれ変わってウジ虫になったと思う。
ウンコを食って生きるウジ虫でも命は平等だああ、と宣うておられることだろう。

なんみょーーー



198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:25:38.26 ID:EQN9963h
余りの複雑さに工事をしたら下水管と上水菅を繋げてしまう
配線にもなっていたりして・・・ あんなのどの管が下水でどの管がガス管なのか
また その水路が何処に繋がっているのか 解るわけないよなぁ〜

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:29:05.74 ID:ssOYsCOl
>>196
それ日蓮でなくて貞子じゃないか?


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:29:37.96 ID:EQN9963h
>>197 戸田に恨みを持っている人なら 復讐を果たした満足感で
そうなって欲しいところだけれど 山口百恵やマドンナ辺りになっていたら
恨みを持っている人は更に恨みを抱いて 成仏の格差が出来るでしょうね〜

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:46:55.13 ID:ssOYsCOl
>>200
もう君らの成仏観のしょうもなさがよくわかったよ。

日蓮でも貞子でも好きなもん信じればいい。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:50:57.15 ID:QTGp5AJk
>>199 気に食わない相手が罰に当たったら ザマ―ミロとなるでしょ?
自分は正しかったんだと 安心する心理が働きますよね〜 
だから科学的根拠がないし脅迫的な行為にも繋がりますが 
実際の処 他人の罰論は捨てられない本音があるわけです

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:53:01.45 ID:QTGp5AJk
>>199 従って こういった正常性バイアスが働く心理性も鑑みて
>>196>>198では皮肉を混じりで書いています。

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/27(土) 23:56:48.87 ID:QTGp5AJk
>>202-203の心理性は創価だって言えないよな 
正宗の坊さんの家族が変死したとか 法華講の熱心な信者が無様な死に方をしたなどと言って比較し
自分たちの優越感を誇示しようとしていたじゃんかよ あれ何なの? 

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 00:07:01.05 ID:zaE4Vb1n
>>204のつづき 国会図書館でも行って91年頃の創価新報や聖教の記事をupしてご覧
樋田氏の言っている事と大して変わらない内容の記事が結構あるから
その辺は人の事がいえないのに さも自分たちはやってないと言わんばかりに
その手の問題を平然と批判する姑息さと 厚顔無恥なすり替え体質 

206 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/28(日) 03:19:26.79 ID:yFeWJ/qN
>>146 へぇ・・・ >>141は金毘羅に供養した人なんだ  
その問題で 確か過去に戸田氏の文献を出して庇った事もありましたね
ただし 金毘羅側が名目を偽って供養の要求をすることも考えられるのですが
いずれにしても あの論争は結局 創価の過去の教えによる害毒の結果であって
何で…というのなら 責任は随方毘尼と接授をまともに理解しなかった創価だし
過去に先例があると 文証をつきつけられても それを浸透させなかった
創価の過失が原因で自己責任なのに ここでも自分たちの「何で?」が 
何時の間にか「誰が?」にすり替わっているじゃんかよ >>136さん

207 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/28(日) 03:21:20.12 ID:yFeWJ/qN
>>157 時に一貫性は思考停止にもなり 
そして閉鎖的にもなって慢心を起こす温床にもなるんじゃないでしょうか?
その辺は時間の流れに対し対応していかないと 返って害毒の火に油を注ぐと 
大聖人ですら教機時国抄等で説かれていますよね あなた自身や指導者自身の判断ミスで持論が正しくても
結局は一闡提を作ってしまった例が舎利佛の一例を引いて説いていましたっけ

208 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/28(日) 03:22:28.42 ID:yFeWJ/qN
>>163 あれ? そうなってくると あなた方 創価は はじめっから石山を信じていなかった・・・と言う事にもなるじゃん
結局は身延でも正しいと言う事にもなって 話の辻褄が合わなくなってしまう上
その割には日蓮正宗と一緒だったころから石山教学を信者に推しつけたあげく
解仁不信のまま 正宗に媚を売っていた・・・と言う事にもなるんじゃないでしょうか
小樽法論はなんだったんですか? 恩の売りつけですか? 畜生の命丸出しじゃないかよ
それでは ますます信用性が低下する上 両舌と言う謗法を犯していた・・と言う事にもなりますよね 
これでは信仰もつづけたくても続けられないので 本当に見捨てられても文句が言えない
創価の人たちは 腐っても鯛ということわざを知らないのか? 

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 03:51:34.56 ID:BkwmoN47
どれが誰のレスか、あいかわらず判別できてないねecoくん。

じゃせっかくだから聞くけど、キミはどういう御本尊を拝んでいて、それはどこの誰の
いかなる開眼が為されているものなのか、教えてくれるかな?

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 04:11:22.48 ID:86Wsb6xI
>>209 質問返しですか ならこちらも質問しましょうか
何故 義務的に御本尊に縋らなければいけないでしょうか
何時まで大聖人の奴隷になっていなければいけないのでしょうか?

211 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/28(日) 04:37:45.56 ID:yqir93hB
>>209
>>210の回答が不誠実というのなら 参考に遺戒を書いておきます。

一、下劣の者為りと雖も我より智勝れたる者をば仰いで師匠とす可き事。
堀日亨編さん 新編御書 P.1618

212 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/10/28(日) 04:41:25.99 ID:yqir93hB
>>209 因みに今の段階では 双方とも 下劣の者為りと雖も我より智勝れたる者と判定する事ができません
そんな人たちの御本尊など拝む気にもまれません。
更に周書異記の精度に関する証明や人間の心が気象に関わる
悪魔の証明に頼らない因果関係等々 課題はたくさんありますよ。 

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 05:17:57.42 ID:zmFzP8p6
>>212
ふうん? わかりにくいけど、基本的に曼荼羅御本尊に拘りは無いということなのかな?
誰かが言ってたけど、ecoくんは大聖人書写をプリントアウトして御本尊にしてるってのは本当の話?
まあ正宗御本尊であっても、学会に籍置いてれば無効っていうのがあちらの御意見だしね。

とすれば開眼自体にも否定派と考えていいのかな。
創価批判ばかりじゃなく、意見するならそこら辺のスタンスははっきりしといて欲しいな。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 05:22:41.13 ID:zmFzP8p6
あ209は俺です。(WIMAX使用中なので

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 07:17:34.88 ID:4GDZp9A6
>>213
> 創価批判ばかりじゃなく、意見するならそこら辺のスタンスははっきりしといて欲しいな。

ワシもそう思う。
ecoに限った話じゃないけど、自分のスタンスを明らかにしてもらわなければ、議論にならない。
今のような態度では、子供がよくやる“批判のための批判”と同じ。
釣りだったら、他所でやってほしいものだ。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 09:11:03.06 ID:XvIJLU4Y
eco氏の投稿はわかりにくいが、借り物でない本人の思考の跡なので時々は興味深く思う。
スタンスとは本来、ことさらに宣言しなくても自ずと投稿に現れるものではないか。



217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 09:13:21.05 ID:XvIJLU4Y
現に舎利などは創価信者と告白したことはないし、それどころか浄土真宗信者と偽ったことさえあるが、
誰からみても金箔つきの創価洗脳患者というスタンスは明白ではないか。

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 09:32:26.83 ID:4GDZp9A6
>>216-217
> eco氏の投稿はわかりにくいが、借り物でない本人の思考の跡なので時々は興味深く思う。

これには二点、反論しておく。
ecoの主張は、論理学的見地からは完全に崩壊しているということ。
彼の言っていることには、「推論」の跡はなく、全て「推測」。(「推論」と「推測」の論理学上の定義の違いを知らないなら、自分で調べること)。
「理論」ではなく「理屈」と言い換えてもいいだろう。

さらに信仰上の議論とは、独自のオリジナルな発想や解釈を競うものではないということ。
とりわけ己義を戒めている大聖人の仏法においては尚更である。
その点は、読書感想文の評価とは全く違うのである。

> 現に舎利などは創価信者と告白したことはないし、それどころか浄土真宗信者と偽ったことさえあるが、
> 誰からみても金箔つきの創価洗脳患者というスタンスは明白ではないか。

私に言っているのか?
私は自分が学会員だと何度となく表明しているし、死んでも「浄土真宗信者」などと名乗ることはしない。
変な憶測や勘違いから、失礼な物言いをするのは慎みたまえ。

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 09:39:21.74 ID:li7PXe9J
まあまあ

御本尊はモノだし、日蓮はただのヒト、題目はただの言葉、折伏はただの勧誘だ。

創価も正宗も金儲けのために人を騙してるだけだとはっきりしてるわけで
もういいんじゃないか?


220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 10:34:17.12 ID:OXY2E0on
>>216
>eco氏の投稿はわかりにくいが、借り物でない本人の思考の跡なので時々は興味深く思う。

同意します。
私も、時々ですが興味深く読ませてもらう時もあります。
eco氏の文章が分かりにくいのは、「A→B→C→D→E」と言いたいのを、
途中省略して「A→Eなんだよね〜」と書くところw

本人が意識してのことなのか、最近は少し読みやすくなって良いことだと思います。

221 :209:2012/10/28(日) 10:42:03.05 ID:xu3xZMkT
俺は基本的にecoくんは嫌いではないけどね。彼は唱題頑張ってるから、そこは感心する。
創価批判だけが立論のベースなのが困ったもんだが。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 11:22:01.19 ID:4GDZp9A6
>>221
> 彼は唱題頑張ってるから、そこは感心する。

例えば、これなんか見てみるといい。
http://plaza.rakuten.co.jp/namassaddharma/diary/201111220000/

一日に4時間近くやっている日もあれば、ゼロという日もある。
普通の人が見たら、不自然なものを感じないだろうか?
少なくとも極端だと感じると思う。

ここへの投稿だって、一日中、連投を続けたかと思うと、しばらくの間、ピタリと投稿が止まる。

なぜ彼はこうも極端なのか、勘のいい人は気づくだろう。
敢えて、何故かは書かないけどね。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 12:11:48.09 ID:xu3xZMkT
彼もまた、いつかは仏となる人ですよ。ケンカはしても軽んじずであるべきでしょう。

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 12:19:08.03 ID:4GDZp9A6
>>223
それは言う相手を間違えていますよ。
ケンカを吹っかけ、相手を軽んじているのは、宗門関係者であり、内部アンチでしょう。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 14:38:29.38 ID:xu3xZMkT
ケンカはいいんじゃないですか?存分にやりましょう。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 15:00:31.53 ID:VMji8C4i
富士大石寺日蓮正宗信徒逮捕!

http://youtu.be/6SAdqPI0Fkc

http://userimg.teacup.com/userimg/8004.teacup.com/cyeokunoken/img/bbs/0001185.jpg

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 15:22:20.41 ID:D+A4wMX6
>>223 
まだ言ってるの?
破門されたら成仏はできないんだよ。



228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 17:38:32.57 ID:UbucxhD7
>>227
「毒鼓の縁」も知らないのか?

日顕宗の信者は、本当に教学がない。

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 18:10:06.90 ID:XvIJLU4Y
>>218
ほほう、論理学上、「推論」の定義と「推測」の定義がどう違うの???
「論理学上」といったのはそちらなので、あくまで「論理学上」の定義に基づいて説明よろw



230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 18:20:45.62 ID:XvIJLU4Y
>>218
それとeco氏の主張がどう「論理学的見地からは完全に崩壊している」のか説明よろw

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 20:12:03.60 ID:xu3xZMkT
>>227
>226が日蓮正宗信仰の果ての成仏の姿か?

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 21:12:33.56 ID:zbUGYOxt
>>226
はは!池田のブ男ファンの畜山を整理してから言えやw
シャブ中の人殺しの殺人鬼の畜山はどーなったん?w

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 21:20:51.07 ID:36i3vvbO
あっ、そうそう。
舎利コーヒーゼリー付きパブロン上人くんさぁ〜そういや、築山どうなった?
死刑か?
ニセ本尊の根源の師である池豚ちゃんをこよなく愛した結果が殺人で逮捕だもんな?
やっぱ同志として残念か?それともザマーか?

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 21:32:43.68 ID:zbUGYOxt
畜山逮捕時には舎利は自演に次ぐ自演でこまってはったからなw
舎利、面会ぐらい言ってやりや。
同じ豚信仰の無間仲間やからなw


235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 23:05:15.40 ID:xu3xZMkT
>>232
ははじゃねえよw 227の「破門されたら成仏できない」を受けて言ってんだよw
国語力ない上にアンカーもまともに出来ないんかお前。頭のわるい関西人だな。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/28(日) 23:11:31.61 ID:UbucxhD7
日顕宗の信者は、教学がないだけでなく、人格も破談している奴が多いね。

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 01:51:12.75 ID:4ZrUMXQy
全宗教を敵に回した挙げ句日蓮正宗まで
名前を日顕宗にスリ替えて教義や本尊を
奪略しようとしたのだから神仏の敵だな


238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 02:42:24.08 ID:/wsLdVka
>>236
破談wwwww

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 03:15:29.99 ID:jmEeUyPE
>>236
教学がないのは学会員ではないか。
教学が無い故に簡単な創価の洗脳も見抜けない間抜けが学会員だろ。


240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 05:43:46.04 ID:9DLV8f8X
創価信者は教学より常識をまず身につけるよう精進しなさい

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 07:16:10.31 ID:m2YcvPbV
>>239
戒壇本尊が宗祖直造ではないことが判明し、血脈の貫主が絶対でも何でもなく、貫主のみに伝わるとされる相伝の内容が公開された現在、君は何をトチ狂った話をしているのか。
日蓮正宗の「神話」に洗脳されている間抜けな盲信者は、どちらかということだ。
君が信じ込んでいる正宗の教義、とりわけ「根本」とされるものには何の根拠もない。その何の根拠もないことを「絶対」だと信じ込んでいる自分に気づき給え。
文献がそろっておらず、本尊をはじめとした研究が進んでいなかった当時ならともかく、日蓮正宗の神話が嘘であることが、これほど明らかになった現在、正宗教義を根本から見直す勇気も、君にはないのか。
情けないというか何というか…。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 09:22:28.85 ID:jmEeUyPE
>>241
>戒壇本尊が宗祖直造ではないことが判明し、血脈の貫主が絶対でも何でもなく、貫主のみに伝わるとされる相伝の内容が公開された現在、君は何をトチ狂った話をしているのか。
↑↑↑
このように学会員は創価の洗脳情報を丸鵜呑みをして洗脳完了状態となっとります。
相伝も血脈も何も無い、ただの豚信仰であります。
皆さん、くれぐれも創価の勧誘やホラ吹き新聞の啓蒙に充分注意して下さい。

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 09:30:47.51 ID:jmEeUyPE
>>236
>日顕宗の信者は、教学がないだけでなく、人格も破談している奴が多いね。

そう思っているのは、お前だけ。
世間の全ての人は「学会員は洗脳された哀れな馬鹿」と思い込んでいるから心配するな。
人格破談?しているのは仕事もせずに昼夜自演を繰り返す馬鹿だろ。(核爆)!

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 09:54:48.14 ID:m2YcvPbV
>>242
全く反論になっていないではないか(笑)
ただただ「洗脳」「ホラ吹き」と喚き立てているだけ。

三大秘法以外に、どんな相伝があるのかね?
正しき信心の継承以外に、どんな血脈があるというのかね?

「久遠実成の釈尊と皆成仏道の法華経と我等衆生との三つ全く差別無しと解りて妙法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり、
此の事但日蓮が弟子檀那等の肝要なり法華経を持つとは是なり」
「相構え相構えて強盛の大信力を致して南無妙法蓮華経・臨終正念と祈念し給え、
生死一大事の血脈此れより外に全く求むることなかれ」
(生死一大事血脈抄)

245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 10:03:11.23 ID:QT6z3xpv
>>243
そんな物言いでは学会員は愚か、近所の婆ちゃんだって折伏できてないだろ。

もう少し自分の身を振り返ったほうがいい。日蓮正宗自体を貶めているぞ。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 11:25:00.86 ID:eTiQD4VA
>>240
○坊デリヘル火消し屋に言ってあげなさい

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 11:47:25.80 ID:NRNKidKr
>>245
ほう、選挙前だけ作り笑いを浮かべ、早朝や夜半にアポなし訪問、
会館の周囲では選挙前になると違法駐車、夜遅くまで大声で立ち話し、吸殻が散らばる
迷惑千万な自分らの行いを反省したほうがいい。老齢会員ですら嫌気して離れているぞ。

もっとも害悪と不幸をもたらすカルト教団儲に言って通じるか疑問だがな。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 12:30:51.59 ID:vC+kaPYk
ここには教学に詳しい人がいるようなので、一つ質問させてください。

日蓮大聖人の仏法は三大秘法で、本門の本尊と本門の題目と本門の戒壇がありますね。
でも、大聖人が立宗宣言をした当時は、本門の本尊はありませんでした。
さらに、本門の本尊を顕された後でも、本当に信心強盛な者にしか授与されませんでした。
となると、本門の本尊を顕される前や、本尊を授与されなかった信徒は、本門の題目のみだったことになり、三大秘法がそろっていません。
本門の題目だけでも成仏できるのですか?
また、本門の題目だけで成仏できるとすれば、なぜ大聖人は本門の本尊を顕されたのでしょうか?

なお、真面目に質問しているので、ちゃかすようなレスは絶対にやめてください。
どなたでも構いませんので、ぜひこの疑問にお答えください。文証があれば、非常にありがたいです。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 15:18:33.59 ID:HG8uGXmZ
宗門も創価もよく成仏成仏というが、いったいどういう意味で成仏という語を使っているのだね?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 18:54:29.96 ID:WHH0dxrn
>>249
草木成仏


251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 19:02:58.68 ID:b5mk3luM
不快な気分にさせて悪いがw

◎2012年10月28日の選挙結果◎
山口県周防大島町議選 (高位当選)
愛媛県東温市議選 (全員高位当選)
山口県光市議選 (高位当選)
茨城県つくば市議選 (全員高位当選)
鹿児島県薩摩川内市議選 (全員高位当選)


252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 19:17:01.90 ID:4ZrUMXQy
>>249どんなに真っ黒になって死んでも
言い逃れ出来ない犯罪を犯してでも
金銭を供養する事が成仏なんだろう


でもそんなのは成仏じゃない
洗脳と呼ぶ方がピッタリ来る





253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 19:48:28.07 ID:jmEeUyPE
>>248
その迷い、学会の人だね?

>本尊を授与されなかった信徒は、本門の題目のみだったことになり、三大秘法がそろっていません。
本門の題目だけでも成仏できるのですか?

※三大秘法?そろってるさ。
「戒定慧の三学は寿量品の事の三大秘法是れなり、日蓮慥に霊山に於て面授口決せしなり、本尊とは法華経の行者の一身の当体なり」云云。
【御義口伝】

大聖人様御自身が三大秘法だと仰せだ。

>大聖人が立宗宣言をした当時は、本門の本尊はありませんでした。

※又法門の事はさどの国へながされ候いし已前の法門は・ただ仏の爾前の経とをぼしめせ
【三沢抄】

※「教主釈尊の一大事の秘法を霊鷲山にして相伝し・日蓮が肉団の胸中に秘して隠し持てり、されば日蓮が胸の間は諸仏入定の処なり、舌の上は転法輪の所・喉は誕生の処・口中は正覚の砌なるべし」
【南条殿御返事】

つまり、大聖人様御自身が三大秘法であり、大聖人様御一代では広宣流布は出来ない。
よって法華経の行者(大聖人様)の御当体である本門の本尊を顕すことで出世の本懐を遂げられたわけだ。

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 19:56:56.80 ID:yxql6n7x
つうか>>248←これ舎利だからw

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 20:34:00.35 ID:9DLV8f8X
>>254
おいおい、もう少し知らないふりをしてなくちゃw
せっかく冷酒やりながら傑作な自演を見物しようと思ってたのにw

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 20:44:39.83 ID:yxql6n7x
>>255
あっ!ごみんな、ごみんな。w
漏れもセッカチなもので!すまそm(__)m

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 21:39:20.72 ID:vC+kaPYk
>>253
>大聖人様御自身が三大秘法だと仰せだ。

しかし、大聖人は御自身に祈りなさいとは言われませんでしたよね?
大聖人だって法華経によって仏になった所生であって、能生ではないはずですが。

>※又法門の事はさどの国へながされ候いし已前の法門は・ただ仏の爾前の経とをぼしめせ

ならば、立宗宣言では「爾前の経」を説かれたわけで、成仏できない法を説かれたというわけですね?

>法華経の行者(大聖人様)の御当体である本門の本尊を顕すことで出世の本懐を遂げられたわけだ。

大聖人御入滅後も、例えば日興上人は、
「日興の弟子分に於ては在家出家の中に或は身命を捨て或は疵を被り若は又在所を追放せられ一分信心の有る輩に忝くも書写し奉り之を授与する者なり」
と仰せになり、信心強盛な者のみに本尊を授与されました。
では、大聖人もおられず、本門の本尊も授与されなかった信徒は、どうなるのですか?

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/29(月) 22:11:47.50 ID:q+EZdgcm
>>251
学会に一生頭があがらない候補者
カワイソス


259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 06:24:56.44 ID:pzW4hzo4
>>257
>大聖人だって法華経によって仏になった所生であって、能生ではないはずですが。

※外用の辺に於いては所生であって御内証は能生だ。
君、本当に大丈夫か?

>ならば、立宗宣言では「爾前の経」を説かれたわけで、成仏できない法を説かれたというわけですね?

※お釈迦様の在世当時にはお弟子や衆生は「爾前の経」で成仏した。

>では、大聖人もおられず、本門の本尊も授与されなかった信徒は、どうなるのですか?

※どうなるか自分で考えてみな。


260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 07:08:17.27 ID:C959U7XF
>>259
>※外用の辺に於いては所生であって御内証は能生だ。

大聖人が所生ではないということは、大聖人が法華経という能生によって仏になったことの否定ですね。
であるならば、大聖人は御自身に向かって祈れと御指南されたのですね?
そのように御指南された文証を出してください。

>君、本当に大丈夫か?

その言葉をそっくりそのままお返しします。
「仏は所生・法華経は能生」(本尊問答抄)
大聖人は仏なんですけどね。

>※お釈迦様の在世当時にはお弟子や衆生は「爾前の経」で成仏した。

誰が釈尊在世当時の話をしましたか?
大聖人の立宗宣言当時のことを聞いているのですよ。

>※どうなるか自分で考えてみな。

答えるだけの教学がないのであれば、わざわざ書かなくても結構です。
知らないのを知ったかぶりするのは、逆に自分をミジメにするだけですので。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 13:03:02.00 ID:pzW4hzo4
>>260
>大聖人が所生ではないということは、大聖人が法華経という能生によって仏になったことの否定ですね。

※御内証は御本仏、久遠元初自受用身だからな。
ただ、何度も言うが外用の辺に於いては所生だ。

>大聖人は御自身に向かって祈れと御指南されたのですね?

※そんな御指南あるか!

>大聖人は仏なんですけどね。

その通り。
君は難癖のキッカケが欲しいだけか?

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 13:24:10.96 ID:FRWhtcMG
まだチョン舎利がいてるのか
病気だな

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 13:56:36.95 ID:C959U7XF
>>261
>※御内証は御本仏、久遠元初自受用身だからな。

「久遠元初」とは、単なる時間的な太古とか、宇宙の始まりを指すのではなく、生命の無始無終をいう。
つまり本源的な永遠の生命のこと。
「自受用身」とは、その永遠の生命を我が魂として自覚することにより、我が生命の上に仏界の無限の力を開いた仏のこと。
そしてその「久遠元初自受用身」の力が、われわれ凡夫にも備わっている。
信心は、その秘宝をを引き出す力です。
日寛上人は仰せです。
「人の本尊を証得して、我が身全く蓮祖大聖人と顕るるなり」(日寛上人文段集)
「法の本尊を証得して、我が身全く本門戒壇の本尊と顕るるなり」(同上)
どこまでも凡人のうえに、自受用身の生命が顕現していくのです。
ここを見誤ると、成仏とは、人間を離れた超越的な存在になることだという誤解が生ずる。
日蓮大聖人も凡夫の身を捨てられわけではない。凡夫の身そのものに久遠の仏の生命を赫々と顕れている。
末法の全人類にとって成仏の指標を示し、その方途を示されたからこそ、日蓮大聖人は御本仏なのです。

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 14:01:48.74 ID:C959U7XF
>>261
>>大聖人は御自身に向かって祈れと御指南されたのですね?

>※そんな御指南あるか!

それは不思議ですね。
では、なぜ無いのかを答えたらいいでしょう。大聖人が三大秘法なのでしょ? >>253

それはともかく、「本尊問答抄」に、このように仰せです。
「法華経は釈尊の父母・諸仏の眼目なり釈迦・大日総じて十方の諸仏は法華経より出生し給へり故に今能生を以て本尊とするなり」
一切の諸仏が「出生」した根源の法が法華経であると仰せです。もちろん厳密には、南無妙法蓮華経のことです。

早い話が、「一番偉い」のが仏だと思い込みやすいですが、「仏が偉い」のも、根源の法が素晴らしいからなのです。
もちろん、迷いの凡夫にとってみれば、「仏」がいるからこそ、真理の世界を知ることができる。それ自体が仏の偉大な功績です。
要するに、仏とは、自身が悟り、師とした法即仏へと民衆を導く人です。
そこに、大聖人が御自身を祈れとは御指南されなかった理由があります。南無妙法蓮華経の御本尊に祈るように言われた真意があります。

そして、こんなことすら説明できないあなたの言葉が、「そんな御指南あるか!」なのです。
教学だけでなく境涯も低いですね。

265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 14:16:20.68 ID:syJ5O11c
「自受用身」の文字は最澄も使用していた。彼も永遠の生命を悟ったのだろう

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 14:51:56.00 ID:4I6clm6T
>>265
そうでしょう。

「安州の日蓮は恐くは三師に相承し法華宗を助けて末法に流通す三に一を加えて三国四師と号(なず)く」(顕仏未来記)

三師=釈尊、天台、伝教(最澄)

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 18:59:27.96 ID:pzW4hzo4
>>264
>「法華経は釈尊の父母・諸仏の眼目なり釈迦・大日総じて十方の諸仏は法華経より出生し給へり故に今能生を以て本尊とするなり」
一切の諸仏が「出生」した根源の法が法華経であると仰せです。もちろん厳密には、南無妙法蓮華経のことです。


全くその通りだな。
その「南無妙法蓮華経」を悟っのが久遠元初の自受用身、つまり、大聖人様だ。
法は初めからあるわけじゃない。
悟った仏がいて法がある。
わかるか?

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 19:18:15.03 ID:4I6clm6T
>>267
> 法は初めからあるわけじゃない。
> 悟った仏がいて法がある。

真正の莫迦かお前は!?
法は無始無終。大聖人が法を創造したのではない。
悟った法を大聖人が御図顕し流布してくださったから、一切衆生の成仏の道も開かれた。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 19:22:40.39 ID:4I6clm6T
>>267
大聖人が悟ろうと悟るまいと法は存在する。つまり「法は初めからある」のだ。
元々法が存在するから、その法を悟ることもできる。無い法を悟ることができるわけがないだろ。

お前、マジで頭がおかしいのではないか?

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 19:34:20.92 ID:jQi2euMU
法はありません。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 21:00:31.83 ID:1Dwzg3KA
>>264>>267
釈迦仏法と、大聖人の仏法を混同している。

釈迦仏法では、仏(釈尊をはじめとする十方の諸仏)<法。
一方、大聖人の仏法は、仏(大聖人)=法(南無妙法蓮華経)

この違いを分からずにいくら論じても、無駄。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 21:10:03.30 ID:pzW4hzo4
>>269
>大聖人が悟ろうと悟るまいと法は存在する。つまり「法は初めからある」のだ。
元々法が存在するから、その法を悟ることもできる。無い法を悟ることができるわけがないだろ。


※いや、違う。
元々、人(大聖人様)も法も一箇だ。
つまり、人法一箇ということで、自受用身如来(大聖人様)と妙法蓮華経は一箇であり、別々のものではない。

釈尊も自受用身如来に教化されて仏となったわけだ。
しかし、釈尊在世には自受用身如来は上行菩薩として寿量品文底秘沈の妙法蓮華経の末法への付属を受けて末法の初め鎌倉時代に出現なされた。
これが大聖人様だ。

学会員には、この人法一箇が理解出来ない。
故に、戒壇の大御本尊と大聖人様が一箇であると理解出来ない理由がここにある。
だ、か、ら、池田に騙され洗脳され、三宝誹謗を平気でやれるのさ。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 21:43:13.90 ID:ayizXtm5
>>272
法先仏後(当体義抄)法を修行し仏になる→因果倶時

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 21:46:17.24 ID:ayizXtm5
又まちがえちまった。
法先仏後×
法前仏後○

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 23:07:24.29 ID:ayizXtm5
>>273-274は誤解を招く恐れがあるから無視してくれ。

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/30(火) 23:36:55.22 ID:aBQWIBUO
日蓮は頭のおかしい坊さん。
叩き上げでコンプレックスが強い。

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 04:45:53.11 ID:9+G4mRBr
>>272
> 学会員には、この人法一箇が理解出来ない。
> 故に、戒壇の大御本尊と大聖人様が一箇であると理解出来ない理由がここにある。
> だ、か、ら、池田に騙され洗脳され、三宝誹謗を平気でやれるのさ。

それは違うなあ。人法一箇が正しいからと言って戒壇板曼荼羅が本物ということにはならない。
法主の血脈も同じ。それらを日蓮正宗が証明できないことを三宝誹謗と言い変えてるだけ。
そんな話これまで散々出てるでしょ。

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 06:48:56.31 ID:kcA3KcEX
この二人のコンビは偽者なので気をつけよう。仮にこの二人に性風俗・Hをしながらの撮影とかに誘われても仕事をしてはいけない。
http://blog-imgs-38.fc2.com/g/e/d/gedou453/20111015141407e60.png
天使の方は、俺のソックリさんだけど、目が細い。本物は白い服を着たがらない。



279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 06:55:26.56 ID:XOQvezTh
>>277
>それは違うなあ。人法一箇が正しいからと言って戒壇板曼荼羅が本物ということにはならない。

※それは君が勝手にそう思っているだけ。
なら本物はどこにある?
学会員もかつて本門戒壇の大御本尊へ足しげく参詣してたのを今になって誹謗し偽物扱いか?
まさに不敬の極み、節操もない話だ。

>法主の血脈も同じ。それらを日蓮正宗が証明できないことを三宝誹謗と言い変えてるだけ。

※日蓮正宗に血脈相伝の証明責任はない。
信じる者は成仏を遂げ、不信の者は無間に堕ちるだけだ。
まあ三宝誹謗の重罪を思う存分、死後に味わうが良いだろう。

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 07:00:54.21 ID:Zs1i6Ueo
>>271
>釈迦仏法と、大聖人の仏法を混同している。

混同していない。
むしろ何が問題になっているかを理解しているのは、貴方のほうですよ。
ここで問題になっているのは、大聖人は妙法によって仏となったか、そうでないのかということ。
「仏」と「法」のどっちが上か下かという話ではない。

補足しておきますが、もし貴方が学会員だとしたら、『御書の世界 第2巻』を読むことをお勧めします。
なぜなら、>>264はそれに書かれている文章だからです。
もし法華講の人なら、読むわけがないので無視して結構です。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 07:01:44.48 ID:JG4v5GN1
>>279
正宗さんが学会が大御本尊をニセモノだと主張してると言っているがニセモノ扱いする学会員はわたしの回りにはひとりもおらん。

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 07:09:53.99 ID:Zs1i6Ueo
>>272
>元々、人(大聖人様)も法も一箇だ。
>つまり、人法一箇ということで、自受用身如来(大聖人様)と妙法蓮華経は一箇であり、別々のものではない。

とりあえず悩乱しすぎ。
>>267では「法→仏」の文証を『全くその通りだな』と肯定しておきながら、その直後に『悟った仏がいて法がある』を書き、『仏→法』という真逆のことを言い出し発狂。
そうかと思えば今度は、人法一箇を持ち出して『仏=法』と言い出した。
もう自分が何を言っているのか、自分でも分からなくなっているのでしょう。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 08:24:02.42 ID:Zs1i6Ueo
>>279
>※日蓮正宗に血脈相伝の証明責任はない。

日淳上人によると、血脈相承した「師」には、証明責任があります。

相承とは相ひ承けるということで師の道をその通り承け継ぐことであります。
それで此れを師資相承と申します。既に師の道を承け継ぐのでありますから
必らず師の証明がなければなりません。弟子が勝手に承継したといつてもそれは
相承ではないのであります。
(日淳上人全集上巻 605頁 1992年)

日淳上人は、このように言われていたのに、なぜ日達上人は先師の言葉に従わず、「師の証明」をしなかったのでしょうね?
例えば、機関紙である「大日蓮」で発表すれば、立派な「師の証明」になります。
「弟子(阿部日顕)が勝手に承継した」と言ったら、それは経巻相承と何ら変わらないということになり、日蓮正宗が言うところの正統性は根幹から崩壊してしまいます。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 11:40:46.49 ID:9+G4mRBr
>>279
> 学会員もかつて本門戒壇の大御本尊へ足しげく参詣してたのを今になって誹謗し偽物扱いか?
> まさに不敬の極み、節操もない話だ。

俺は大石寺など言ったこともないし戒壇板曼荼羅を信じたこともないわ。

> ※日蓮正宗に血脈相伝の証明責任はない。
> 信じる者は成仏を遂げ、不信の者は無間に堕ちるだけだ。
> まあ三宝誹謗の重罪を思う存分、死後に味わうが良いだろう。

笑える。信じさせる努力もせず呪いの言葉だけ吐くとは、まさにオカルト邪宗教。


285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 12:14:24.70 ID:cvuR78J2
当時の池田名誉会長のご指導を
やや呆れながら読んでいたが
今の学会員の反応を読むと
ニゼン経どころの価値もない事が分かる

池田大作創価学会を脱会して良かったが
それ以前に
最初から関わらなければ良かった


286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 12:20:19.64 ID:XOQvezTh
>>283
>「弟子(阿部日顕)が勝手に承継した」と言ったら、それは経巻相承と何ら変わらないということになり、日蓮正宗が言うところの正統性は根幹から崩壊してしまいます。

※日目上人から日道上人は経巻相承だったわけか?

>>284
>信じさせる努力もせず呪いの言葉だけ吐くとは、まさにオカルト邪宗教。

信じさせる努力?下種だけで良いんだがな。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 12:51:46.34 ID:9+G4mRBr
>>286
> 信じさせる努力?下種だけで良いんだがな。

所詮その程度か。いわゆるlevel:syosyuってとこだな。

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 12:56:43.32 ID:XOQvezTh
>>287
その程度?
勿論、下種仏法だからな。
君ら学会員みたい追いかけ回したり、脅したり、脅迫したりせんわ。

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 13:12:29.87 ID:Zs1i6Ueo
>>286
>※日目上人から日道上人は経巻相承だったわけか?

自分の教団の正統性を、破門した教団の人間に質問して恥ずかしくありませんか?
文句があるなら、日淳上人に言いなさい。
日淳上人が、『必らず』という言葉まで付けて、『師の証明がなければなりません。弟子が勝手に承継したといつてもそれは相承ではないのであります。』と言われていますね?
先師の言葉を守るのが弟子の使命なのですから、少なくとも日達上人以降の相承に関わる者は、それを守らなければいけない。
違いますか?
ところが、日達上人による『師の証明』が出てこないということは・・・・・。


※証明=ある物事や判断の真偽を、証拠を挙げて明らかにすること。

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 13:23:57.96 ID:Zs1i6Ueo
>>288
>勿論、下種仏法だからな。

「言と云うは心の思いを響かして声を顕すを云うなり」(三世諸仏総勘文教相廃立)
仏法への絶対の確信を込めて発するからこそ、言葉は力を持つ。
心から相手の幸せを願って語るから、その思いは伝わる。
単に言葉を並べるだけでは、下種と呼ぶに値しない。

>君ら学会員みたい追いかけ回したり、脅したり、脅迫したりせんわ。

それは立派な犯罪ですね。
2chに書き込む暇があったら、すぐにでも警察に通報してください。
結果報告をお待ちしています。

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 16:59:23.74 ID:LtT+V7jJ
>>280
他の仏は、法華経を修業して仏になった。
しかし、大聖人は「そうではない」。

292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 20:08:52.14 ID:Zs1i6Ueo
>>291
言いたいことがあるなら、文証を引用するくらいしなさいよ。横着な人だね。

「釈迦如来・五百塵点劫の当初・凡夫にて御坐せし時我が身は地水火風空なりと知しめして即座に悟を開き給いき」(三世諸仏総勘文経相廃立)

これでしょ?

要は、無いものは悟れないんだって。 無いものを顕現させることはできないんだって。
意味分からないかなー。ずれている人を相手にするのは疲れるね。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 21:55:30.82 ID:n5rPvO1W
>>280
その「永遠の法」を、日蓮大聖人は「南無妙法蓮華経」と名付けられた。もっとも、南無妙法蓮華経は法の名であるとともに、
その法と一体になった仏の生命、つまり大聖人の名でもあられる。

「永遠の法」即「永遠の仏」

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/31(水) 22:19:34.92 ID:LtT+V7jJ
>>292
>五百塵点劫の当初
これの意味をちゃんと分かっているのかな。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 01:19:50.18 ID:B5GkhWLl
>>293
「即」を単純に「=」の意味に解釈しているだろ?


296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 04:45:03.40 ID:QXWblnNf
>>293
ハズレ
久遠から一切衆生が南無妙法蓮華経である。誰か独りが所有しているわけではない。

三平方の定理は時間の隔たりに関わり無く(無限の過去から無限の未来まで)ミクロ(無限小)からマクロ(無限大)まで適用される。誰か独りが所有しているわけではない。

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 05:28:31.41 ID:M3J/S4aJ
>>296
>久遠から一切衆生が南無妙法蓮華経である。誰か独りが所有しているわけではない。

そうだね。
大聖人は妙法を覚知したからこそ
仏の境涯を衆生に教え、成仏して欲しいと願った。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 05:41:12.53 ID:M3J/S4aJ
だけど、
293は誰か独りが所有しているとは言ってないみたいだよ。





299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 05:52:19.98 ID:4MJkYx0H
日蓮と南無妙法蓮華経をここまで原形をとどめないほど、いじくりまわさないと信用できんのかwww

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 07:01:11.28 ID:kTNXuaPj
>>296-297
同意。
大聖人は同じ『三世諸仏総勘文経相廃立』の中で、「一人を手本として一切衆生平等」と説かれているね。
現宗門は、それを否定したから、新興宗教・日顕宗と呼ばれる。

>>299
お前みたいな真摯な求道心を欠如した輩が、腹黒い坊主に、いいように騙され続けるんだよ。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 07:12:39.63 ID:kTNXuaPj
>>293
「今阿仏上人の一身は地水火風空の五大なり、此の五大は題目の五字なり」(阿仏房御書)
「妙法と唱え蓮華と読まん時は我が一念を指して妙法蓮華経と名(なづ)くるぞと深く信心を発すべきなり」(一生成仏抄)

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 15:10:31.74 ID:3dNYLjgz
>>301
わかっているでしょうが>>293は全て「御書の世界 第2巻」のコピペですから>>272は正しい主張をしています。
「彼は応仏昇進の自受用報身の一念三千一心三観、此れは久遠元初の自受用報身・無作本有の妙法を直に唱ふ」(本因妙抄)
応仏昇進の自受用報身は釈尊で久遠元初の自受用報身は大聖人です。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 18:10:48.82 ID:B5GkhWLl
>>302
>>293は全て「御書の世界 第2巻」のコピペですから>>272は正しい主張をしています。

>>272が、どれだけ自分の言い分を変えまくってきたのかは、>>282で書いたとおり。こんないい加減な奴は論外。

また、
>南無妙法蓮華経は法の名であるとともに、その法と一体になった仏の生命、つまり大聖人の名でもあられる。
は正しいが、これを「南無妙法蓮華経は大聖人の名前であって、それ以外の人間の名前ではない」と解釈したら、他の御文との整合性がとれなくなる。
>>301で引用された御文にあるとおり、妙法を正しく信じ行ずる人間の生命もまた南無妙法蓮華経なのだ。
事実、そのコピペ文の直後に、
>そこには、“「永遠の法」はすべての人の生命の中にある”という深い洞察があります。
と書かれているではないか。
御書にも
「八万四千の法蔵は我身一人の日記文書なり、此の八万法蔵を我が心中に孕み持ち懐き持ちたり
我が身中の心を以て仏と法と浄土とを我が身より外に思い願い求むるを迷いとは云うなり」(三世諸仏総勘文経相廃立)
と記されている。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 19:49:40.15 ID:ggvb0lUt
>>303
こいつ自演で自画自賛しとるよ!アホ丸出しやん。


305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 19:53:04.08 ID:ggvb0lUt
>>300

これも自演自賛!創価てこんなアホばかりか?
ここまでバレバレでようできるわ。
恥ずかしないか創価くん?

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 20:07:55.72 ID:hl+pVmi3
はい。
私たちは久遠元初です。

以上

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 20:14:06.77 ID:hl+pVmi3
それでさ、話を主題にもどすけど、
信者は大聖人たる御本尊をコピペとして拝んでいるわけだが、
分身散体の解釈なしで、創価さんは、その印刷物に「ブツリキ」「ホウリキ」が具わるだなんて、どのように説明してるの?

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 20:24:26.49 ID:a83waJkL
ウチもコピペ本尊だけど・・・。
こんなもん拝んで何が嬉しいのかわからん。

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 20:33:30.50 ID:hl+pVmi3
>>308
え〜?
大聖人と不二になれるんだぜ?
嬉しくないわけねぇだろ?

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 20:35:06.03 ID:kTNXuaPj
>>293
> 「永遠の法」即「永遠の仏」

「即の一字は南無妙法蓮華経なり」(御義口伝)

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 20:41:13.02 ID:a83waJkL
読むスレによって日蓮仏法が間抜けに見えたり尊い教えに見えたり・・・。
要するに信心がないんだな俺には。

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 21:00:41.43 ID:ZHBVTB3+
>>
三国並びに一閻浮提の人懺悔滅罪の戒法のみならず、大梵天王・帝釈等も来下して踏み給ふべき戒壇なり
『三大秘法禀承事』

と仰せられているように、全世界のすべての人々、さらには一切の諸天も来下したもう、一切衆生皆成仏道の根本霊場、それが総本山大石寺なのです。ゆえに日蓮正宗を離れての成仏はありえない。

富士大石寺の大御本尊を拝まないものはすべて謗法である
創価学会発行『折伏教典』戸田城聖(書)339頁

では創価は?
教義は日蓮正宗からパクり、本尊も日蓮正宗からの盗っ人物。
戸田城聖会長曰く「創価学会なんか君らに教えるものなんか何もねぇよ」

今の創価は教義も本尊も日蓮正からのパクり信仰ということだ。

313 :308、311:2012/11/01(木) 21:02:57.54 ID:a83waJkL
キリスト教会にも足を運んだけど、嬉しいのは最初だけ。
日蓮の教えにしろ、聖書の教えにしろ、自分の思惟は
決まった箱には納まらないだな。こんなこと書いてると、
ウチの近所にあるカトリック教会が馬鹿馬鹿しく思えて
きた(聖書を読んでいる時は「キリスト教っていいなあ」
と思えたけど、カネ払って神父のつまらない説教を聴きに
行くのはもったいない)。

314 :308、311:2012/11/01(木) 21:06:14.84 ID:a83waJkL
ま、宗教なんてどれもこれも皆同じなんだな、と思います。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 21:21:36.83 ID:FtgzCX4i
>>314
君が思うほど仏教は解りやすいものではないと思うぞw おそらくキリスト教も。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 21:30:22.46 ID:hl+pVmi3
理屈はもういいから

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 21:38:12.47 ID:kTNXuaPj
>>312
「戒壇とは【王法仏法に冥じ仏法王法に合して王臣一同に本門の三秘密の法を持ちて有徳王覚徳比丘の其の乃往を末法濁悪の未来に移さん時】
勅宣並に御教書を申し下して霊山浄土に似たらん最勝の地を尋ねて戒壇を建立す可き者か時を待つ可きのみ事の戒法と申すは是なり、」(三大秘法禀承事)

現在の宗門においては、【 】内を達成する見込みすらないから、具体的な事の戒壇建立を論じてもどうにもならない。
「時を待つ可きのみ」の意味を、よくよく考えるべきだ。
・・・・正宗はその時を自らぶち壊したから、さらに時を待つことになる…永遠に待つことになるかもしれない。

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 21:41:45.19 ID:ggvb0lUt
>>312
それこれやろhttp://www.youtube.com/watch?v=Js9FWuSbKhQ
創価も変わったもんやの

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 21:50:01.12 ID:ZHBVTB3+
>>317
時と場合で信仰が変わることのほうがおかしいのさ。
創価は見事に昔と今の信仰が真逆になっている。
戸田城聖会長の「富士大石寺の大御本尊を拝まないものはすべて謗法である」

如何なる理由があるにせよ大御本尊に参詣しない信仰は偽物ということだ。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 22:06:22.00 ID:qhlWxRT+
学会の言うことは要するに、御本尊は何でもいい、何も特別なものではない、
日蓮も特別な人間ではない、
大事なのは法であって、日蓮でも御本尊でもない。

で、御本尊を広める活動をしている創価学会に入らないといけない。

てことだな。

それはそれで筋が通っているような気はするね。
あまりに都合よくてあれだけど。


321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 22:38:11.84 ID:hl+pVmi3
反論をどうぞ

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/01(木) 22:39:09.94 ID:VxmJwPWn
>>319
ちっとも変っていない。
…前提条件が変わったから、違ったことを言っているように見えるだけだ。

この信心でもっとも忌み嫌うべきことは、一にも二にも謗法。
現状で大御本尊を直接に拝する=大謗法をやらかしてそれを改める気が全くない正宗に供養する=与同罪。
「何に法華経を信じ給うとも謗法あらば必ず地獄にをつべし、
うるし千ばいに蟹の足一つ入れたらんが如し、」曾谷殿御返事
地獄行きは御免・・・・というわけだ。

それにだ、我々は毎日大御本尊にお会いしている。(義の戒壇。)

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 00:00:04.44 ID:epxw7IV4
>>321=>>1
調子に乗って仕切ってんじゃない。
学会にも宗門にも軽蔑されている退転者が

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 00:04:01.80 ID:epxw7IV4
>>319
> 如何なる理由があるにせよ大御本尊に参詣しない信仰は偽物ということだ。

では宗門の数百年に渡る歴史において、そこの信徒の大多数の信仰は偽物だったということだな。
そういう偽物の信心を放置しておいた出家も同罪。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 02:26:51.79 ID:epxw7IV4
『御義口伝』
「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者の住処は山谷曠野(せんごくこうや)皆寂光土なり此れを道場と云うなり」
「法華経を持ち奉る処を当詣道場と云うなり此を去つて彼(かしこ)に行くには非ざるなり、道場とは十界の衆生の住処を云うなり」

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 05:25:32.79 ID:9fQYdsK0
日蓮正宗は層化に攻撃され、層化を攻撃しているときは正しく見えるが、単体で見るとインチキくさい。
層化という典型的悪役(ヒール)に対する勧善懲悪的なベビーフェイスとして興行していくよう助言したい。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 05:31:03.32 ID:d4Bfm333
インチキくさいんじゃなくてインチキなわけだが

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 08:25:19.17 ID:epxw7IV4
>>326-327
あんな邪教団は、インチキの権化だよ。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 08:39:21.27 ID:nGWo11h8
日蓮宗から見てさえ日蓮正宗は異常だろ
彼らにも日蓮正宗の血脈の話は通じない

このスレでもあえてしないでも良いのだ

その上でなおそんな日蓮正宗の本尊を
カラーコピーしようとする創価学会は
『信心の血脈』とやらを持ち出して
部外者の在家でありながら怪しい血脈を
引き継ごうとしている。でも
どうやったって正統には成らないのに

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 09:08:31.73 ID:AxZNGLCY
>>329
>日蓮宗から見てさえ日蓮正宗は異常だろ

結構な話じゃないか。
邪に異常と言われるのが「正」というものだ。
それより世間の全てから異常と思われる創価学会は最悪の邪悪団体ということだ。
恥を知れ。

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 09:23:54.72 ID:JQZakVIM
>>329
>『信心の血脈』とやらを持ち出して

「『信心の血脈』とやら…」などと書くということは、御書を読んだことがないな。
信心の血脈については、御書でしっかりと説明されている。
御書も読まない人に、「怪しい血脈」などと言われる筋合いはない。
「怪しい」のは、お前の教学であり思考である。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 09:50:08.73 ID:JQZakVIM
>>330
>邪に異常と言われるのが「正」というものだ。

その「邪」である日蓮宗に頭があがらず、小樽問答からも逃げたのが日蓮正宗。

>それより世間の全てから異常と思われる創価学会は最悪の邪悪団体ということだ。

学会が「世間の全てから異常と思われる」かどうかは知らないし、お前がそれをどうやって調べたのかも知らないが、お前は世間の判断で正邪を判断するのか。
お前の考えが正しいなら、日蓮大聖人も「最悪」ということになるぞ。

「日蓮をば日本国の上一人より下万民に至るまで一人もなくあやまたんと・せしかども」(乙御前御消息)
(通解:この日蓮を日本国の上一人より下万民に至るまで、一切の人々が害しようとしたが)

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 10:32:56.53 ID:AxZNGLCY
>>332
血脈も相伝も何も無い創価学会が仏教?だと思える頭脳が素晴らし過ぎる。
余程の馬鹿か、余程に洗脳された証拠だ。
信心があれば正しいなら、何も創価に入らなくても桶だわな。
何だその中途半端さ。


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 10:35:23.77 ID:nGWo11h8
>>331
「法体の血脈」に対して「信心の血脈」を
言ってるんだろ。怪しい。

しかも「御書」など学会の編纂だから
偽書の疑いも多いから読む価値がない。

どうせちゃんとなんか載ってないしな。

それを何が怪しいだカルト野郎め


お前達のカラーコピーなんか誰にも
望まれちゃいないんだよ

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 10:52:37.37 ID:d4Bfm333
>>333
日蓮正宗の血脈はインチキだから、仏教じゃないんだね

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 11:19:19.39 ID:AxZNGLCY
>>335
>日蓮正宗の血脈はインチキだから、仏教じゃないんだね


そう、そう、そのように創価学会はお前ら馬鹿な会員を洗脳してるのだ。
正宗に血脈が無かったら、どこにあるの?
血脈なんかいらないの?
また切り文逃げる?

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 13:23:56.45 ID:JQZakVIM
>>334
>「法体の血脈」に対して「信心の血脈」を
>言ってるんだろ。怪しい。

言葉の使い方を間違えている。
「法体の血脈」などという言葉は御書に存在しない。
法体の血脈が「法体相承」という言葉で最初に現れたのは、日応の『弁惑観心抄』。
この『弁惑観心抄』は、宗祖御入滅後、五百年以上経過した後に書かれたもの。
よって、お前が言っていることは、

「信心の血脈」に対して「法体の血脈」を
言ってるんだろ。怪しい。

と言い換えなければ、筋が通らない。

>しかも「御書」など学会の編纂だから
>偽書の疑いも多いから読む価値がない。

>どうせちゃんとなんか載ってないしな。

学会の編纂といっても、実際の御書収集や真偽未決の判断をされたのは、堀日亨上人。

堀日亨上人の編纂だから
偽書の疑いも多いから読む価値がない。
どうせちゃんとなんか載ってないしな。

と言えば?
日蓮正宗の人たちが喜ぶから。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 13:46:58.37 ID:d4Bfm333
>>336
> 正宗に血脈が無かったら、どこにあるの?

だから正宗にあるってかw どんな思考回路してんだww

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 13:51:33.44 ID:JQZakVIM
>>333
>血脈も相伝も何も無い創価学会が仏教?

三大秘法以外に、どんな秘密の法があるというのか? 四大秘法の日顕宗信者よ。

>>336
>正宗に血脈が無かったら、どこにあるの?

大聖人の血脈は、創価学会のみに流れる。
謗法まみれで、謗法に染まって邪宗門に、血脈などあるわけがないだろ。

>血脈なんかいらないの?

学会は信心の血脈。大聖人の仏法はこれに尽きる。
そして信心の血脈より外に全く求めてはいけない、というのが御聖訓。
この御聖訓のまま信心に励む学会に血脈がなく、信心の血脈より外に血脈を求めている邪宗門に血脈がある?
あまり悪い冗談は言わないほうがよい。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 14:39:10.67 ID:AxZNGLCY
>>339
>三大秘法以外に、どんな秘密の法があるというのか?

その三大秘法がお前ら新興宗教には無い。
無いどころの騒ぎではなく、何も無い。
ただの豚ファンクラブだ。

>大聖人の血脈は、創価学会のみに流れる。

恥ずかしくねぇの?お前。

>学会は信心の血脈。大聖人の仏法はこれに尽きる。

文証をもって言えや。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 15:14:43.53 ID:JQZakVIM
>>340
>その三大秘法がお前ら新興宗教には無い。

ありますが何か?
それより私の質問にお前は答えていない。だからもう一度質問する。
三大秘法以外に、どんな秘密の法があるというのか?

>恥ずかしくねぇの?お前。

恥ずかしかったら、とっくに脱会している。
誇りと確信をもっているから学会にいる。
それより、嘘と謗法にまみれた邪宗門にいて、恥ずかしくねぇの?お前

>文証をもって言えや。

はいよ。
『生死一大事血脈抄』
「相構え相構えて強盛の大信力を致して南無妙法蓮華経臨終正念と祈念し給へ、
生死一大事の血脈此れより外に全く求むることなかれ、
煩悩即菩提生死即涅槃とは是なり、
信心の血脈無くんば法華経を持つとも無益なり」

ということで、次はお前。
正宗に血脈があるというなら、文証をもって言えや。

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 15:30:06.41 ID:JnSTRQ4W
血脈【けちみゃく】
仏教用語。〈けつみゃく〉ともいう。
教法が師から弟子に伝えられること(師資相承)を,身体の血管に血が流れるのにたとえて,
その持続性と同一性をあらわすもの。
その事実を文書に図示するのが特色で,系譜は朱線で示されることが多い。
宗派の教理を伝えた系譜を宗脈または法脈といい,戒を伝えた系譜を戒脈という。
http://kotobank.jp/word/%E8%A1%80%E8%84%88

創価には血脈はないようですね。
創価の論理が正しいとすれば、別の、又は今後発生する日蓮系の新興宗教にも(自己申告さえすれば)血脈があることになる。

「信心の血脈は当会にこそ流れている」
「コーヒーカップ遺骨事件、盗聴事件、金庫ゴミ捨て事件etc.等の現証をみれば、創価が邪教なのは明らか」
by新・日蓮系カルト

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 15:43:06.54 ID:d4Bfm333
>>342
> 別の、又は今後発生する日蓮系の新興宗教にも(自己申告さえすれば)血脈があることになる。

正宗が自己申告じゃんw わ、わしが相承受けましたぁあああっっっ!!!www

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 15:58:22.37 ID:JnSTRQ4W
>>343
宗教なんてそんなものだよw
創価・正宗・今後生まれるであろう日蓮系カルトetc.
いい加減で、カネを要求するカルトは辞めておけ。


345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 16:14:08.89 ID:AxZNGLCY
>>341
>>その三大秘法がお前ら新興宗教には無い。

>ありますが何か?

ほぉ〜じゃそのお前らの三大秘法とやらを教えもらおうか?何だ?

それから、お前の引文した【生死一大事血脈抄】からの切り文。
いいか!御書は部分読みではいかん。
あくまでも全体通読して解釈せなな。
同じ生死一大事血脈抄にこうある

「殊に生死一大事の血脈相承の御尋ね先代未聞の事なり貴貴、此の文に委悉なり能く能く心得させ給へ、只南無妙法蓮華経釈迦多宝上行菩薩血脈相承と修行し給へ」
【生死一大事血脈抄】

この部分はシカトか?都合の良い部分の切り文で逃げか?
さぁ答えろ?

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 16:29:01.85 ID:XrHtZhVR
>>341
>誇りと確信をもっているから学会にいる。
舎利、かなり逝っちゃってるねw
もう洗脳ちゅか病気のレベルw
新聞ケーモーやってるかっ?www

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 16:42:40.35 ID:UqbPu0sE
どんな教義を認識しているかで成仏するわけではないからな
教義解釈の違いで南無妙法蓮華経の行者を誹謗する者に成仏は無い

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 16:45:04.73 ID:XrHtZhVR
創価:三大秘法は
・新聞ケーモー
・F鳥
・ザイム
これシンコウか???wwwサークルじゃんw

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 16:54:09.02 ID:JQZakVIM
>>342
>教法が師から弟子に伝えられること(師資相承)を,身体の血管に血が流れるのにたとえて,
>その持続性と同一性をあらわすもの。

「血脈」という言葉の一般的な定義は、その通りだよ。
でも日蓮大聖人の説かれた「血脈」は、一般的な定義とは違う。
何が違うかというと、法の付属よりも信心の継承を強調したということ。
それは『生死一大事血脈抄』に説かれているとおりだし、初期大石寺の法主の遺文を読んでも、「信心」の継承こそ「血脈」であるとの認識がはっきりと見て取れる。
「信と云い血脈と云い法水と云う事は同じ事なり、信が動ぜざれば其の筋目違うべからざるなり、違わずんば血脈法水は違うべからず、
夫れとは世間には親の心を違えず、出世には師匠の心中を違えざるが血脈法水の直しきなり」(化儀抄)

こんなことを書くと、「じゃあ法の付属はどうでもいいのか?」という馬鹿が出てくるだろう。
しかし、大聖人の仏法については、御書や富士宗学を読めば、きちんと書かれている。
三大秘法義についても、法主のみが独占するものではなくなったのである。

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 16:57:36.13 ID:VvH/NiGI
選挙など都合のいい時だけ「仏法対話」。これが宗教団体の
することか?内部の俺から見ても創価はおかしいぞ!
仏法対話がしたければいつでもできる!

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 17:05:08.73 ID:UqbPu0sE
>>350
内部である事を証明したまえ

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 17:25:38.25 ID:JQZakVIM
>>345
>ほぉ〜じゃそのお前らの三大秘法とやらを教えもらおうか?何だ?

本門の本尊・本門の題目・本門の戒壇。
周知のとおり、三大秘法については『六巻抄』に詳しく説かれているが、現宗門では、それが全てではないという。
では答えないからもう一度聞くが、三大秘法以外の秘密の法とは何だ? やはり現宗門は四大秘法か?

>「只南無妙法蓮華経釈迦多宝上行菩薩血脈相承と修行し給へ」

お前はこの一節をどう解釈しているのか。
釈迦・多宝の二仏から上行菩薩に血脈相承された南無妙法蓮華経であると信じて修行していきないさい、ということである。
【修行し給へ】なのだから、ここは上行菩薩(=大聖人)が説かれるままの如説修行を勧められている一節なのだ。
実践は仏法の生命線である。実践なき宗教は、観念の遊戯となる。
血脈相承といっても、栓ずるところ、上行付属である南無妙法蓮華経を如説修行することが不可欠であることを教えられている。
如説修行なき血脈相承など絶対にない。
この一点でも、神秘的な血脈相承を説き、信徒をそのもとに隷従させていくような邪宗門が、いかに日蓮大聖人の仏法に背いているかは明白である。

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 17:31:39.37 ID:AxZNGLCY
>>352
>血脈相承といっても、栓ずるところ、上行付属である南無妙法蓮華経を如説修行することが不可欠であることを教えられている。


随分と学会流の己義を並べたもんだな。
お前の勝手な解釈や学会の邪推などいらぬ。

「日興謹んで之を記し奉る。
聖人の言く此の相承は日蓮嫡嫡一人の口決・唯授一人の秘伝なり神妙神妙とのたまいて留め畢んぬ」
【産湯相承事】


お前は、これも正宗のデマと読むんか?
解説してみい?

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 17:36:31.59 ID:epxw7IV4
>>345
九世・日有は、宗祖以来の「信心」が血脈法水の中身であると断じた。
日有以前の大石寺の歴代貫主も、信用できる史料の中では、自門の仏法付属を宣揚するがごとき言説を残していない(あったら具体的に出して欲しい)。
中には『御伝土代』のように釈尊から上行日蓮への本門付属を述べた文書もあるが、大石寺貫主間の仏法付属には言及していない。
末法の衆生は全て凡夫であり、貫主とて例外ではない、という考え方に立てば、大石寺の歴代貫主に完全無欠な仏法付属を標榜することは難しくなる。

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 17:45:54.93 ID:epxw7IV4
>>353
産湯は偽書が常識だろ。
仮にそれが実在の遺文としてもだ、「日蓮嫡嫡一人の口決・唯授一人の秘伝」と、
日寛が「宗門の奥義此に過ぎたるは莫し」や「これ内証深秘の相承なり」とまで書いて公開した大石寺における秘密法門とは、どう違うのだ。
日寛が「宗門の奥義」「内証深秘の相承」と書いたのは嘘だとでも言うのか。
答えてみなさい。

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 17:53:07.56 ID:epxw7IV4
>>353
> 随分と学会流の己義を並べたもんだな。
> お前の勝手な解釈や学会の邪推などいらぬ。

それが間違いだというのであれば、どこがどんな理由で間違いで、正しい解釈はどうであるのか書くべきではないか。
前のレスからずっと聞き逃げばかり続けているが、君は大石寺教学の正統性を説得力をもって主張しようという意志も持ち合わせていないのか。
何と情けない信者であろうか。

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 17:58:21.22 ID:AxZNGLCY
>>352
>三大秘法以外の秘密の法とは何だ? やはり現宗門は四大秘法か?

四大秘法?なんじゃそれ?
三大秘法にプラスしてどないすんねん?

「秘す可し秘す可し唯受一人の相承なり、口外す可からず然らば此の去の字は不去而去の去と相伝するを以て至極と為すなり云云」
【御義口伝】

大聖人様が秘すべし、とな。
まあ、お前には意味がわかるまいな。

>>355
>産湯は偽書が常識だろ。

お前の常識はいらぬ。
偽書である証明をしてから言いなはれ。
証明できなければ、認めることや。
さあどうぞ!

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 18:05:46.52 ID:XrHtZhVR
>>356
>それが間違いだというのであれば、どこがどんな理由で間違いで、正しい解釈はどうであるのか書くべきではないか
こいこら、、、オマエが文証にそってないから兄ぃに邪推っていわれてるの分からないの?
オマエ相当逝ってるなwww

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 18:11:02.48 ID:nGWo11h8
>>356
その理論だと池田大作さんの受賞した
ガンジー何トカ賞も法体じゃなく血脈の
ガンジー何トカ賞だったんだろ

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 18:16:16.46 ID:d4Bfm333
>>357
> 偽書である証明をしてから言いなはれ。
> 証明できなければ、認めることや。

「真筆が無くても偽書とは言い切れない」ならわかるが、「偽書と証明できなければ真筆無くともホンモノ」
と言って憚らないこいつらの思考はやっぱり異常としか思えんなあ・・・

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 18:21:31.11 ID:AxZNGLCY
>>354
お前は正気か?
ええか!お釈迦は迦葉に、天台は章安に、伝教は義真にと相伝されている。
当然、大聖人様もお弟子の中から優れた日興上人に相伝されている。
これを常識というのだよ。
で!池田の爺さんは?いったい誰から相伝を承けたと?
相伝の無いものは仏法ではない。
「此の経は相伝に有らざれば知り難し」
【一代聖教大意】

これをどう読むん?お前。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 18:36:58.52 ID:JQZakVIM
>>537
>四大秘法?なんじゃそれ?
>三大秘法にプラスしてどないすんねん?

その言葉をそっくりそのまま返す。三大秘法にプラスしようとしているのは、学会ではなく宗門であるからだ。
日寛は『六巻抄』の中で、三大秘法を開示した。にも関わらず、現宗門では「それが全てではない。他にも秘密の法がある」と言う。
だから宗門は四大秘法なのですか?と聞いている。
お前、とりあえず人の質問から逃げるなよ。

>「秘す可し秘す可し唯受一人の相承なり、口外す可からず

切り文馬鹿よ。その上を読んでみろ。
これは上行菩薩への妙法首題の付属のことだ。

>偽書である証明をしてから言いなはれ。
>証明できなければ、認めることや。

認めてやってあげても全然構わない。認めてあげた上で
>日寛が「宗門の奥義此に過ぎたるは莫し」や「これ内証深秘の相承なり」とまで書いて公開した大石寺における秘密法門とは、どう違うのだ。
と聞いているのではないか。
はいどうぞ。

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 18:51:06.38 ID:UqbPu0sE
二箇相承は真偽未決であり、北山が所持していた。
北山、西山、讃岐が自称本門寺争いをした際に自寺の正統性を示す為に捏造された文書と推察できる。
ちなみに二箇相承問題に関して石山は全く無関係である。


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 18:53:08.02 ID:JQZakVIM
>>361
>ええか!お釈迦は迦葉に、天台は章安に、伝教は義真にと相伝されている。

いずれも「断絶」と「邪教化」の歴史をたどっている。

>当然、大聖人様もお弟子の中から優れた日興上人に相伝されている。

釈迦、天台、伝教の歴史を見れば、断絶か邪教化の道をたどってもおかしくないな。
さらに天台は相承の権威によって悟ったのではない。釈尊に直結しようという信心によって悟った。
歴史は繰り返すとよく言うよな。

>「此の経は相伝に有らざれば知り難し」

まずそれは、大聖人の仏法について語ったものではない。
大聖人の仏法の相伝というのであれば、御書以上に信用できるものがどこにある?
御本仏の言葉を信じずに、誰の言葉を信じる?
われわれ学会員は、日興上人が「御書を心肝に染め」と仰せ通りの信心を貫いている。
それを笑うお前ら宗門僧俗に、大聖人や日興上人の精神などわかるわけがない。

365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 19:03:47.62 ID:epxw7IV4
>>358
> >それが間違いだというのであれば、どこがどんな理由で間違いで、正しい解釈はどうであるのか書くべきではないか
> こいこら、、、オマエが文証にそってないから兄ぃに邪推っていわれてるの分からないの?

だから、どこがどういう理由で文証にそっていないのか、と聞いているのだ。
さらに、君のいう「文証にそった解釈って何だ」と聞いているのだ。
それに答えないのは、答えられる知識も理解もないと思われても仕方がない。自業自得だよ、邪教信者よ。

それと「兄ぃに」って何だよ。

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 19:36:25.37 ID:AxZNGLCY
>>362
>切り文馬鹿よ。その上を読んでみろ。
これは上行菩薩への妙法首題の付属のことだ。


その通りだ。
しかし、それがお前には、どういう意味か理解できていないようだの。
つまり、
「上行菩薩に付属し給う其の付属とは妙法の首題なり惣別の付属塔中塔外之を思う可し」
【御義口伝巻下】

ここに惣別(総別)の付属とある。

この総別とは
「又是には総別の二義あり総別の二義少しも相そむけば成仏思もよらず輪廻生死のもといたらん」
【曾谷殿御返事】

つまり、この三大秘法は総別のニ義があり、大聖人様が上行菩薩の御時にお釈迦から付属された法門ということや。

ではこれは
「是全く日蓮が自作きあらず、多宝塔中の大牟尼世尊・分身の諸仏のすりかたぎたる本尊なり」
【日女御前御返事】

要約すれば、三大秘法とは大聖人様が上行菩薩の御時に、お釈迦から相伝された本尊ということや。
つまり、本門戒壇の大御本尊の御事だ。
お前とは全く「無縁」の御本尊様だ。

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 19:46:45.58 ID:XrHtZhVR
舎利さぁオマエ相伝とか血脈って相当都合悪いんだなwww
避けてるのが痛いほどよくわかるぜwww
都合のいい文切ってw理屈で逃げ逃げw
負けるのが怖いから誤魔化しねwww
あ、兄ぃって兄ぃっぽい人に感じたからよw
負け犬舎利くんw今日も負けwww

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 20:14:51.01 ID:0XO3kJCI
創価も「断絶」と「邪教化」の歴史をたどっている。

不にだねぇ

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 20:22:36.60 ID:UqbPu0sE
>>366
本門戒壇の大御本尊”

小野寺直氏によると、彼の自家(新田家・小野寺家)秘伝の家系図に「弥四郎国重」の名が有り、
大昔に戒壇堂が建立されてそこに安置されたのが通称・本門戒壇の大御本尊だそうな。

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 20:26:38.92 ID:UqbPu0sE
小野寺直氏の話しからすると、石山の弥四郎国重己心願主説は破綻している

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 21:22:53.78 ID:SMA5tJXQ
今日の昼ごろNHKで歌舞伎っぽいのやってたんだけど、
ステージ後ろにナムゲキョ書いた大きな紙がぶら下がって
て、その前ででかい木振り回す男と刀持った男が戦ってた
が、そのステージの大道具かなにかっぽいナムゲキョでも
創価の理論だと本尊として有効になるの?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 22:15:13.98 ID:UqbPu0sE
>>371
ナムゲキョとは何か

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 22:17:31.16 ID:xtAx1gnu
>>371
どんなものでも御本尊になる。
子供の落書きであろうと
麻原尊師の書いた曼荼羅であろうと金になるなら御本尊になる。

生死一大事血脈とは、南無妙法蓮華経 金なり。
【生死一大事金がなにより大事抄】

金になればそれが御本尊。


374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/02(金) 23:55:29.38 ID:UqbPu0sE
>>373
>>371の意味不明な文章に対してよく返事できるな。
もしや、自演か?

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 04:42:29.47 ID:bTD/e3l5
>>366
> つまり、この三大秘法は総別のニ義があり

三大秘法に総別の二義などあるわけがないだろ。
日顕に負けじと、日如も新説を唱え始めたのか?w

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 05:55:29.62 ID:2AcM1ELU
>>375
>三大秘法に総別の二義などあるわけがないだろ。


お前らにとって都合が悪いからだろ?
素直に>>366に提示した御書の御文を読め。
自分の都合で読むなや。
総別のニ義があるとは大聖人様が仰せなんやからな。
だからお前は、いつも誤魔化し逃げって言われるんよ。
自分の都合で御書解釈してどないするん?

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 06:08:11.82 ID:2AcM1ELU
>>375
>三大秘法に総別の二義などあるわけがないだろ。

「既に上行菩薩・釈迦如来より妙法の智水を受けて末代悪世の枯槁の衆生に流れかよはし給う
是れ智慧の義なり、釈尊より上行菩薩へ譲り与へ給う
然るに日蓮又日本国にして此の法門を弘む、
又是には総別の二義あり総別の二義少しも相そむけば成仏思もよらず輪廻生死のもといたらん」
【曾谷殿御返事】

この御文をお前にはどう読めるん?
総別のニ義など無いと読めるんか??
御文より自己都合が大事らしいのぉ。

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 07:07:33.60 ID:bTD/e3l5
>>377
三大秘法に総別の二義があるというのは、宗門の公式見解にも反する。
「大白法」くらい読め。
http://homepage3.nifty.com/y-maki/yougo/4/474a.html

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 07:55:26.82 ID:jixd3zvM
>>378
あるだろ。別でいえば血脈付法の御法主上人所有の法。
総じては日蓮弟子檀那等ってんだから。
伝授伝承の法の根源は三大秘法じゃん。
オマエらもよく言うじゃん我々も僧の一分だってよwそれは総じてのことだろw
だがオマエらは僧じゃない。
あくまでも謗法の在家だwww

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 08:13:12.63 ID:dLYeYKV4
>>379
誰が三宝の話してんの?頭悪すぎね?

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 08:25:42.04 ID:ObBf7c0A
よく読み返してから書き込めよ〜

三大秘宝だから間違えるな。



382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 08:52:14.80 ID:2AcM1ELU
>>380
>誰が三宝の話してんの?頭悪すぎね

お前の頭が悪いんやろが!
ええか、三宝も三大秘法も別々のものではない。
「凡そ謗法とは謗仏・謗僧なり三宝一体なる故なり」
【真言見聞】

三宝、つまり、仏・法・僧は一体だと仰せやんか!

だから>>379この人が言うことは正しいやん。
お前少しアホが過ぎるで

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 09:05:46.44 ID:2AcM1ELU

ええか!

「既に上行菩薩・釈迦如来より妙法の智水を受けて末代悪世の枯槁の衆生に流れかよはし給う
是れ智慧の義なり、釈尊より上行菩薩へ譲り与へ給う
然るに日蓮又日本国にして此の法門を弘む、又是には総別の二義あり総別の二義少しも相そむけば成仏思もよらず輪廻生死のもといたらん」

このな「釈尊より上行菩薩へ譲り与へ給う」
何を譲ったん?

でその後に
「又是には総別の二義あり総別の二義少しも相そむけば成仏思もよらず輪廻生死のもといたらん」
と続くわけや。

三宝一体がわからんか?

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 09:41:20.40 ID:19wZJ3TW
お前ら頭湧いてんのかw 切り文挟んでむちゃくちゃ言ってるな。
戒壇大御本尊は一大秘法で三大秘法本門の本尊でさらに総別があるのか?

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 10:06:18.48 ID:u+QRtZlp
どうでもいいけど創価は舎利しかおらんのか?
舎利もそろそろ自演・コピペ・切り文の三大秘法の御内証を後継に相承すべきじゃね?



386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 10:35:39.16 ID:9XCHZ+aW
>>366
> 「又是には総別の二義あり総別の二義少しも相そむけば成仏思もよらず輪廻生死のもといたらん」
> 【曾谷殿御返事】
切り文乙。
後ろを加えると、
「・・・又是には総別の二義あり総別の二義少しも相そむけば成仏思もよらず輪廻生死のもといたらん、
例せば大通仏の第十六の釈迦如来に下種せし今日の声聞は全く弥陀薬師に遇て成仏せず
譬えば大海の水を家内へくみ来らんには家内の者皆縁をふるべきなり、
然れども汲み来るところの大海の一滴を閣きて又他方の大海の水を求めん事は大僻案なり大愚癡なり、
法華経の大海の智慧の水を受けたる根源の師を忘れて余へ心をうつさば必ず輪廻生死のわざはいなるべし、・・・」
後ろの例を見ても分かる通り、総を捨てて別を取るという文意になっている。

この【曾谷殿御返事】を文証として三大秘法の南無妙法蓮華経に総別があるというなら、どれを捨ててどれを取るんだ?という話になるぞ。

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 11:06:27.03 ID:mYrewlzq
総じて阿弥陀如来、薬師如来等、三世十方の諸仏も南無妙法蓮華経で成仏した。
別して此の娑婆世界は釈迦如来にのみ縁があり、釈迦如来を本師とすべきである。
他仏を師としても成仏しない。

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 12:13:22.65 ID:mYrewlzq
曾谷殿御返事に見られる総別の二義は>>387で示した。
ところが釈迦如来の一切の四事(所有之法、自在神力、秘要之蔵、甚深之事)は上行等等菩薩大衆(地涌の菩薩)に付属された。
“一切”であるから、釈迦如来は四事を手放して地涌の菩薩に差し出したのである。
釈迦如来滅後の弘通は地涌の菩薩に託された。地涌の菩薩とは誰なのか。
釈迦如来滅後に於ける法華弘通者は刀杖の難を受ける。釈迦如来滅後に法華弘通ゆえに刀の難を誰よりもさきがけて受けたのは日蓮大聖人であり、
日蓮大聖人御自身もそう仰せられている。

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 13:08:55.15 ID:19wZJ3TW
>>383
関西弁の兄ぃ早く答えろよ。三宝の総別聞いてんじゃない、お前が言った三大秘法の総別をそれぞれ説明しろ。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 15:14:36.68 ID:bTD/e3l5
三大秘法に総別の二義があるというのは、学会だけでなく宗門も認めない邪説・珍説。

このスレ最大のハイライトだw

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 17:51:12.18 ID:bTD/e3l5
日蓮大聖人から、少なくとも九世・日有までは、信心の継承を血脈の核とした。
今の宗門が提唱する仏法付属を核とする血脈観は、左京日教によって日尊門流から持ち込まれた思想。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 18:40:18.35 ID:jixd3zvM
>>391
>今の宗門が提唱する仏法付属を核とする血脈観は、左京日教によって日尊門流から持ち込まれた思想。
また舎利くん変なこと言い出してまぁw
唯授一人って定めたのは大聖人だぞw
また創価流の洗脳か?www

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 18:46:45.11 ID:bTD/e3l5
>>392
> 唯授一人って定めたのは大聖人だぞw

それは釈迦-上行という意味での唯授一人。初期大石寺では、大石寺の貫主一人の仏法付属は、日興上人ですら言われていない。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 21:13:52.02 ID:KHCMwnMR
>>393
学会員の立場での書き込みか松岡や東洋哲学研究所他の所論信仰なのかを明らかするように。
学説信仰なら大乗非仏説論者がこのスレで法華経は後世の創作経典と書き連ねても文句は言えんぞ。
御書根本なら信仰に基づく真偽論(御書全集の立場)を捨て確実な御書だけを用いなければ筋が通らん。
このスレに頻出する御書は大抵が偽撰扱いだとわかってんのかね。
もちろん創価教学は崩壊するが破壊した教学体系を新たに構築できる段階にはまだ達しておらんぞ。


395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 22:04:50.24 ID:19wZJ3TW
>>394
関係ない。わざわざここへ創価を論難しに来ている側が正しいと立証できなければアウトなだけだ。

何かを基に他者を否定するなら、その何かを正しいと立証する責任が生じることを理解しろ。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 22:27:00.65 ID:ObBf7c0A
>>395
まあまあ、コピー本尊の正当性でそんな真剣にならなくても
要は君や学会が信心がんばって実証を示せればそれでいいんじゃないの?
まあいくら頑張っても示せないから必死なんだろうけどw



397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 22:44:30.09 ID:19wZJ3TW
>>396
一理あるけどじゃ君はここへ何しに来てるわけ?君もよほど目的のない暇人に思えるよ。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 22:52:24.62 ID:TMBvBSc/
不ニだねぇ

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 23:22:01.49 ID:UeeUG6DQ
総じての三大秘法、別しての三大秘法はよ

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/03(土) 23:23:19.00 ID:UeeUG6DQ
総別を何にでも適用してどつぼにはまってるあなた、はよ説明して

401 :珍説ご苦労様:2012/11/03(土) 23:58:28.50 ID:TMBvBSc/
総じて→ご本尊
別して→ご本尊


402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 05:11:05.79 ID:yZqfegOM
総じての三大秘法とは南無妙法蓮華経此なり(キリ

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 06:21:11.76 ID:jj/PYJlb
それはそうと創価には三大秘法も三宝も無いし第一、在家の集まりが広宣流布しろとか誰が言ったの?
仏の予言も無いし……?
ただのサークルだよな。
池田好き好きクラブ。
それか池田を嘘で賛美して馬鹿な会員を騙そうクラブとか。
あっ!これがいい。
洗脳されていることに気がつかない鵜呑み集団。
御書のネジ曲げ拝読クラブがいいねぇ〜はは。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 06:35:13.08 ID:dMyr2hHO
>>403
話をすり替えようとしても無駄。
関西弁の兄ぃから、三大秘法における総別の二義を説明してもらう。
他の話は、その説明が済んでから付き合ってやる。

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 07:53:17.16 ID:jj/PYJlb
>>404
それは関西弁の兄?ていう人に聞けばいいでしょ
そっちでやってくれ
こっちはこっちだし。
仏の予言はないのね?
血脈は?三大秘法が無くてあんた達は何を流布してるの?
三宝の無い仏教て何?
サークル活動?

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 07:55:10.49 ID:D8IFN5f8
総じては池田先生は詐欺師だが
別してはただの豚である。


407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 08:39:59.13 ID:sB38EZqQ
>>405-406
そっちでやってくれ
こっちはこっちだし。

兄ぃ、早く出て来いや。

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 08:41:50.74 ID:zI3hibg6
>>405
はいじゃあキミ、日蓮正宗の法主の血脈と戒壇板曼荼羅がホンモノであることを誰もが納得できるように証明してくれ。

でなけりゃ日蓮正宗は証明もできないのに他宗の悪口を言いまくる妄想オカルト宗派とみなす。

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 09:07:55.16 ID:qbPJWTGz
>>406
コーヒー吹いたww

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 11:50:02.56 ID:+aYGGNaO
総じて坊主はドスケベだが、
別してアベは供養金で売春婦を買うほど超ドスケベである

411 :そうか そうか:2012/11/04(日) 11:53:05.40 ID:b4lex/gc

>>410
じゃあ、池田○○はどうだったのかな

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 11:56:26.65 ID:+aYGGNaO
御淫損芸者さま〜しんぷくずいじゅうしております〜
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum02/images/f02_05_1.jpg

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 12:00:02.70 ID:+aYGGNaO
御淫損芸者さま〜 あなたのように女接修行いたしました〜
http://www.nichiren.com/jp/forum/forum02/images/f02_05_2.jpg

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 12:07:25.09 ID:+aYGGNaO
わたくしも女接修行いたしました〜
http://www.nichiren.com/jp/news/images/news_20040928_1.jpg

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 13:44:23.29 ID:9R4GjkwJ
カラーコピーって・・・さすがキヤノンの技術はすごいよな

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 16:25:35.03 ID:jj/PYJlb
>>408
それって質問返し??あらら〜
また創価くんの負けでしゅね。
さっすが、逃げの創価学会。(ウキッ

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 16:31:30.90 ID:jj/PYJlb
>>412-414
それどこの人?学会員?


418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 16:37:49.13 ID:gDzxPOZ4
>>415
いやぁただのコピーですよw

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 21:02:41.57 ID:gDzxPOZ4
>>406
チュウハイ・・・吐いたw

ウケた〜w

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 21:14:44.67 ID:jj/PYJlb
>>419
コォラ−ッ!!!(-_-)
君ら!あまりにも失敬過ぎるぞぉ!
あの池田ブタ大センセがおられたから私共は洗脳創価をスッパリ脱会出来たんですぞ!!!
言わば、池田ブタ大センセのお陰なんですぞっ!
感謝感謝。m(__)m

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 22:36:56.27 ID:gwkYNDhC
>>420
いやほんとそう思うね。
相手が馬鹿でよかったよ。


422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/04(日) 23:26:13.75 ID:+8+O1POl
ノーベル反面教師賞ってのがあったらとれたかもねぇw
だいちゃんw

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 07:19:29.93 ID:Upc3M+Sc
その後、レスがないところから推測すると、関西弁の兄ぃも、さすがに自分の誤りに気づいたようだな。
それにしても、ここに来る法華講員には、自分の同志が明らかに間違った思い込みをしていても、それを教えてあげようと思う人はいないのか。
所詮、その程度の信心なんだな。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 08:12:10.72 ID:HJa3zkZs
>>423
お前からかわれたんだろ。
遊ばれたんだろう。
かわうそW

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 08:59:33.72 ID:Upc3M+Sc
>>424
うん。関西弁の兄ぃが今度出てくる時は、そうやって言い訳するしかないわな。

そもそも邪義を強弁して人をからかうって、どういう信心してんだよ。

426 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 09:06:37.08 ID:FrNXzVi+
「霊山で大聖人からお褒めいただく」 とか、
「霊山で大聖人からお叱りを受ける」等と本気で思ってる信者・学会員は基地外。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 09:24:11.15 ID://1WPvF0
学会員て、ここでアンチ学会の人は皆法華講と思ってるけど
どうしても組織と絡めてしか考えられないんだね。
組織に言われたことはひたすらちゃんとこなすけど
自分で考えるという訓練ができてないから組織がおかしくてもそれを見破る力がないのだと思うよ。


428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 09:29:20.32 ID:Upc3M+Sc
>>427
必ずしもそうとは思っているわけではないよ。
ただ、関西弁の兄ぃの場合、法主の血脈をやたらと強調していたから、宗門の人間なんだろうなと思ったわけ。
「自分で考える訓練」とか言うけど、あなたこそ十分、勝手に決め付ける傾向を持っているよ。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 10:40:07.67 ID:ph4KX7yR
>>427
428氏の言う通り、一般アンチは正宗教義を基準にはしない。正宗もカルトだと思ってるからね。
例えば>426は正宗者じゃないし、お前は正宗者ってのはわかる。そういうこと。


430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 10:58:05.03 ID:HJa3zkZs
創価学会って信仰なのか?
サークルだろ?
でも学会員は信仰してると思い込んでるけど、どーなの?
血脈も相伝も何も無しで、あるのは二言目には「池田せんせー」って変だろ。
信仰の全てが、池田せんせーになってる、なんちゃって信仰だよな。

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 10:59:17.44 ID://1WPvF0
>>429
おれは日蓮正宗関係ないけどねえ。

学会は日蓮正宗の付属組織で言うこときかないから破門された
で、なにかと日蓮正宗が悪いことにしている
ていう週刊誌程度の知識と
昔学会員に嫌な思いをした、ていう大抵の日本人がもっている経験があるだけだよ。


432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 11:11:33.18 ID:ph4KX7yR
>>431
では聞くけど、正宗のほうが正しいと思う理由は?昔嫌な思いをした責任が正宗には無いと思う理由はなぜ?

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 11:12:57.23 ID:Tixc2pFd
>>429
自分も創価はカルトだと思っているが日蓮正宗も日蓮宗もカルトとは思っていない。法華経も日蓮もまったく評価しないけど。
自分が信じない宗派だからと言ってカルト呼ばわりはしない。それを平気でやるのは創価のようなカルトだけだよ。


434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 11:28:46.47 ID:6AY9iyVH
>>433
君の中のカルト基準を提示してみてくれたまえ

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 11:30:08.78 ID://1WPvF0
>>432
正宗が正しいとか誰も言ってないけど。
みんなそれぞれの立場があるんだから正しいとかないと思うよ。
そういうわけのわからんひつこいところが学会の嫌われる原因じゃないの?

もう出かけるのでこれ最後ね。


436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 11:30:48.92 ID:ph4KX7yR
>>433
君のカルトの定義って何だろう。例えば下は日蓮正宗側のVS顕正会の動画だけどカルト的ではない?
http://www.youtube.com/watch?v=gTcVuNNjBUk&feature=relmfu (1〜5まで有り)

まあそう思うんなら仕方ないけど。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 11:32:23.17 ID:ph4KX7yR
>>434
被った、ごめん。

>>435
批判してて理由聞くと「しつこい」は無いと思うけど。

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 12:22:09.24 ID:Tixc2pFd
>>434
創価の場合、度外れた個人崇拝、言論妨害・盗聴など謀略体質、政教一致、露骨な商業主義とかかな。
あと破門後の宗門攻撃は見ていて嫌悪感を持つ人も多いと思うよ。日本人は神社やお寺に反感持ってないから。


439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 12:22:18.38 ID:60xP2JXz
カルトかどうかは別にして
日蓮の視点から見ると創価学会の本尊は
ニセモノ本尊ですよね

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 12:28:44.92 ID:Tixc2pFd
>>436
おれも>>435の人と同じで正宗や顕正会がどうだと言われても知らないから感想はないよ。
創価はマスコミでも取り上げられるし、信者が多いから直接のイメージがあるよ。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 12:39:46.70 ID:6AY9iyVH
>>438
○○の場合ではなく、カルトの基準とは何かを尋ねている。
カルトと判定する為の基準だ。

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 12:44:57.17 ID:Tixc2pFd
>>434>>436
最後にもう一言いうと、創価も顕正会も日蓮正宗からでてきたんだし、日蓮正宗にも問題があるんじゃないのかなという気はする。


443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 12:45:46.14 ID:6AY9iyVH
>>440
マスコミといっても幅広いが、どのような場面で創価を見たのか

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 13:02:25.74 ID:ph4KX7yR
>>438
ひとつひとつには反論したいけど、そこらへんが一般的アンチの考え方だとは思うよ。
ただ正宗者はコテハン「懐疑主義者」みたいに一般アンチに紛れ込む卑劣な輩が多いんだよな。

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 13:30:29.64 ID:HJa3zkZs
>>224
>創価も顕正会も日蓮正宗からでてきたんだし、日蓮正宗にも問題があるんじゃないのかなという気はする。
何が問題がある?
正宗の言うことをきかないからクビになっただけだろ。
諌めてもきかないならクビ。
普通のことだろ!お前知ったか馬鹿か?

446 :偽物ブランド:2012/11/05(月) 14:33:31.82 ID:Lf0mZgRM
超人気専門質屋www.2chbb.com

偽物ブランド
ブランドコピー
ヴィトンコピー
ブランドバッグ
財布激安/偽者
ルイヴィトン偽物
激安かばん
時計偽物
人気ブランド
バッグコピー
財布コピー
サングラス偽物
ベルトコピー
新作_スーパーコピー送料無料專門店
↓↓↓【超人気質屋】
http://www.2chbb.com
http://www.2chbb.com
http://www.2chbb.com

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 17:24:44.95 ID:Upc3M+Sc
関西弁の兄ぃよ。
散々、邪義を強弁しことを、せめて御本尊にだけは謝るようにしろよ。
あと、三大秘法を間違えるということは、君の教学はゼロ以下のマイナスだ。
反省して、初歩の初歩から学びなおせ。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 19:15:27.84 ID://1WPvF0
>>447
いい加減にしろよ。
>>383で答えてるじゃないか。
もう終わりにしろ。

創価のひつこいのには他人のことでも頭くるね。


449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 19:21:26.71 ID:ph4KX7yR
>>448
へー。383は三大秘法の話じゃないと思うが。
なんで「外部の」キミがそうだと思うのか理由を聞かせてくれないかな。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 19:23:34.86 ID:Upc3M+Sc
>>448
答えればいいのではない。その答えが間違っているから否定される。
「三大秘法に総別の二義あり」は、宗門の教学をも真っ向から否定している。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 19:36:36.98 ID:5MPWJ6Es
>>366
>三大秘法は総別のニ義があり

日顕も「三大秘法=別付属」と言っている。
http://w01.tp1.jp/~a151497261/nikennsyouninngeikagosinann.htm
大石寺に行って、破門されてこい!

452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 20:24:37.62 ID://1WPvF0
>>449
じゃあ間違ってるなら間違ってるでいいじゃないか。

「相手が間違ったら徹底的に攻めろ」と学会では教えているのか?
それは国を戦争に導く思想だろ。

キリストは赦すことを教え、釈迦は慈悲を教えた。

学会の教学は知らないが、やはり危険なカルトなものじゃないかと思う。


453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 21:03:25.87 ID:ph4KX7yR
>>452
難癖付けてきて教義間違えてるのは正宗者なわけだが。何を頓珍漢なこと言ってんのキミは。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 21:12:30.24 ID:Upc3M+Sc
>>452
> 釈迦は慈悲を教えた。

「涅槃経」より(通解)
もし、仏弟子がいて、仏法を破壊するものを見て置いて、責め立て、追い出し、その罪をあげつらわなければ、まさにこの人は「仏法の中の仇(あだ)」である≠ニ知るべきである。
もし、よく追い出し、責め立て、その罪をあげつらうならば、この者こそ私の弟子、真の仏の弟子である。


455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 21:14:56.73 ID:Upc3M+Sc
>>452
間違っているのを放置したら、不幸になると分かっていて放置するわけだから、そこに「慈悲」は存在しないのだよ。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 21:15:23.32 ID:0p/8jJNg
>>450
創価教学を完全否定し己義を構える御仁が何を言っておるのだw
これまで無数の間違いをやらかし責められた意趣返しか。

>>444
反論すればいいじゃないか。
正宗シンパの懐疑主義者の立ち位置を間違えて微笑ましいよ。

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 21:18:14.96 ID:G8XhdvNe
>>451
如来とは釈尊、総じては十方三世の諸仏なり、別しては本地無作の三身

  なり。今日蓮等の類の意は、総じては如来とは一切衆生なり、別しては

  日蓮の弟子檀那なり。されば無作の三身とは末法の法華経の行者なり。

  無作三身の宝号を南無妙法蓮華経と云ふなり。寿量品の事の三大事とは

  是なり」

これって三大秘法に総別有りじゃん。

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 21:21:13.82 ID:Upc3M+Sc
>>457
おいおい。それは三大秘法の総別の二義を説明している部分じゃないぞwww

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 21:28:03.16 ID://1WPvF0
>>454
学会は涅槃経を釈迦の経典と思ってるのか???

そりゃ、僕たち洗脳宗教です、て言ってるようなもんだろ。
馬鹿???


460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 21:30:52.79 ID:5MPWJ6Es
>>457
そのすぐ後に何と書かれているか読みなさい。
>三大秘法を御所持あそばされておるところに、いわゆる「総別の二義」の内の
>別して≠フ御法門が存する
別付属=大聖人の仏法=三大秘法

さらに冒頭には、こう書かれている。
>総付嘱≠フ法門も、大聖人は上行菩薩としてお受けになっておられます。
>しかしながら、総付嘱の法門は、釈尊御一代の化導の法華経を内容とするのです。
総付属=釈迦仏法

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 21:39:05.11 ID:Upc3M+Sc
>>457
それにしても、ある意味、驚きだな。
関西弁の兄ぃが、法華講の中でも異色の存在だと思っていたら、それを擁護する人間も出てきたか。
法主へ信伏随従しないと成仏できないと言いながら、法主の言葉を思いっきり否定するとは。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/05(月) 23:51:42.36 ID://1WPvF0
>>461
学会の人間はどうなんだ?
>>457と同じに思っている人が学会にいないと断言できるのか?
なぜ「法華講は」と言えるのだ?

いや、日蓮正宗が正しいとか言ってるのではなくて、単純な疑問だ。

それとも学会員は皆コピー人間みたいに同じことを言うのか?


463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 05:47:42.05 ID:YBdcowRW
何にでも総別はあるよ。ないほうがおかしい。

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 06:15:12.49 ID:fAmWRl6Z
三大秘法の総別は所持の場合、総じては我々信徒にもあるが、別しては御当代御法主上人だろ。
それから、釈尊からは諸菩薩へは総じてで、上行菩薩には別してだろ。
話の流れが分からんけど、なんか違う総別があんのか?

465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 07:13:43.34 ID:J2ZWgmr5
>>463-464
だからそれを言うのであれば、三大秘法の「総」と「別」を、それぞれ具体的に説明すること。
「三大秘法に総別の二義あり」を繰り返すだけの莫迦の一つ覚えは、いい加減に卒業しろ。

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 07:17:49.34 ID:J2ZWgmr5
>>463
『曾谷殿御返事』に「是には総別の二義あり」とあるだろ。
“何にでも総別はある”のであれば、【是には…】とは言わない。

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 07:22:39.78 ID:TTYka9Fp
「日顕宗を斬る」

解釈は「又是には総別の二義・・・」の「是」をどう読むか、という点にある。宗門は「是=大
聖人の仏法」と読む。しかし、これは後ろの譬えで崩壊する。この「是」は正しくは次のような用法による。
例:「Aは・・・・・・である。又是には・・・・・・がある」
即ち、「末法の法華経の付属は釈迦如来から上行菩薩に与えられた。又是には総別の二義があって、この総
付属と別付属を間違ってはならない」との意味である。
**このように「総別の二義」の「総」とは、正法像法時代に「総付属」として託された正像の法華経であり、
「別」とは日蓮大聖人の南無妙法蓮華経である。末法の衆生は本未有善であるため、法華経といっても「別
付属の法華経に依らなくてはならないとの文である。
***この文脈では、「総」を捨て、「別」を取るということは自明の理である。大聖人の仏法に総別がある
というなら、何を取って何を捨てるのかを相手に問いただすこと!総じての信心の血脈を捨てろとでも言う
のか?

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 07:30:50.81 ID:J2ZWgmr5
>>467
> 宗門は「是=大聖人の仏法」と読む。

それは間違い。詳しくは以下のサイトを参照のこと。
http://homepage3.nifty.com/y-maki/yougo/4/474a.html
http://w01.tp1.jp/~a151497261/nikennsyouninngeikagosinann.htm

今の宗門は二段階の総別を唱える。
最初に総付属の釈迦仏法と別付属の日蓮仏法に分け、その後さらに、別付属を総別に立て分けている。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 07:50:27.42 ID:jJNe6UG4
オマイラ、
学会員婦人部芸能人、田中美奈子の喘ぎ顔見て少しは和め。

http://brow2ing.doorblog.jp/lite/archives/1737384.html

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 10:52:47.58 ID:frwBMoL7
総=一般的、別=特別・肝要との解釈を念頭に置いて以下の御文を読んでみよう

四条金吾殿御返事
此の法華経の一字の功徳は釈迦・多宝・十方の諸仏の御功徳を一字におさめ給う、
たとへば如意宝珠の如し一珠も百珠も同じき事なり一珠も無量の宝を雨す百珠も又無尽の宝あり
(中略)
妙法蓮華経と申すは総名なり二十八品と申すは別名なり(中略)
日本と申すは総名なり別しては六十六州これあり
========================================
「妙法蓮華経は一般的な名である。序品から普賢菩薩品まで二十八品は特別名・肝要名である」
「日本は一般的な名である。北海道から沖縄県まで47都道府県は特別名・肝要名である」
となる。

471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 11:11:16.71 ID:frwBMoL7
そうするとどうなるのか。
法華取要抄
日蓮は広略を捨てて肝要を好む 所謂上行菩薩所伝の妙法蓮華経の五字なり。
====================================================
石山の解釈通りに二十八品それぞれが特別・肝要となってしまえば、
妙法蓮華経という題号を肝要とした日蓮大聖人とは180度違ってしまう。

ちなみに御講聞書には、
一切経の惣(総)要とは謂く妙法蓮華経の五字なり
と有り、妙法蓮華経は四条金吾殿御返事の通り総名であり、法華取要抄の通り肝要なのである。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 18:55:51.29 ID:hz2bjIBE
総じてはインチキ本尊

別しては不幸を呼ぶ学会のカラーコピー

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 22:37:31.37 ID:fAmWRl6Z

ニセ本尊=総じては創価学会

別しては池田大作豚

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/06(火) 22:49:18.30 ID:Z+Ikcqjv
学会員とか低俗で教学なんかない。
総別とか言われてもチンプンカンプン。


475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 02:02:08.38 ID:RERl9s+r
破折班の文や大白方ばかり読んでないで自力で御書を研鑽したほうがいいぞ

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 07:30:31.43 ID:PleYn1a9
>>474
何をトンチンカンなことを言ってるのやら。
「総別の二義」の解釈を間違えていたのは、明らかにそちら側ではないか。


477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 13:35:33.12 ID:Oy335DPc
>>476
お前ら総別のニ義もないもんな?
相伝も。三宝も。三大秘法も。
あれ?なんにも無いね(^O^)/
お前ら何の集まり?

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 14:18:15.38 ID:RERl9s+r
>>477
総=一般的、別=特別・肝要といったデタラメ解釈は無いが、
二十八品総じて法華経、法華経は別して二十八品、
47都道府県総じて日本、日本は別して47都道府県というように日蓮大聖人と同じ総別の使い方はする。

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 14:52:05.37 ID:RLeXfUY2
>>477
無いものを有ると盲信して喜んでいるのだから、坊主にしてみれば、これほど良い金づるは無いよな。

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 14:58:48.19 ID:tLbv02eE
>>479
>無いものを有ると盲信して喜んでいる

創価・正宗に限らず、宗教全般に言えることですね。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 16:55:00.35 ID:RLeXfUY2
>>480
そういう漠然とした話をしたのではない。
今の宗門が「根本の二つ」と言っていることに対してだ。

ここでは無学な人は、下手に横から口を挟まないほうがよい。
初心者スレがあるだろ。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 17:34:25.49 ID:S143OkPd
>>481

このように洗脳されてしまっていることが哀れで哀れで・・・
真実も見ないで見れないで洗脳を信じるこの莫迦さ加減。
これが創価の実態だ。

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 18:03:46.27 ID:RLeXfUY2
>>482
私が洗脳されているというのであれば、それを証明するのは簡単なのですよ。

・血脈相承を受けた法主に、大聖人の御内証が継承されているという証拠を出す。
・日顕が血脈相承を受けたという証拠を出す。
・戒壇の大御本尊は日蓮大聖人が造立されたという証拠を出す。

以上の証明を誰にでも明らかなようにすれば、貴方の言うとおり私は洗脳されているのでしょう。
であれば、今すぐ学会を脱会しましょう。
ただし、それを証明できないのであれば、証拠もない話を信じているということであり、逆に貴方が洗脳されているのではないかという疑いをかけられますよ。

はい、証明をどうぞ。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 18:44:45.92 ID:S143OkPd
>>483
君にとって一番有力な証拠はこれ

「日顕上人は、54年7月22日の日達上人の御遷化にともない、第六十七世法主・管長に就任。
以来一年半にわたって、彼らも日顕上人を法主と仰いでいたのである。また、彼ら自身、かっては法主の地位や血脈相承についてうんぬんすることは甚だしい謗法である、と明言していた。
こうした経過からも明らかなように、彼らの訴えは要するに、自分達の思い通りにならない日顕上人を法主の座から追い落とそうとした、タメにするものに他ならない。
いかにタメにするものとはいえ、御法主上人の血脈を否定し、あまつさえ裁判に訴えるなど、日蓮正宗の仏飯をはんだ者には、およそ考えられない所業であり、狂気の沙汰としか言いようがない。」
(池田大作『創価新報』昭和60年12月4日付)

>貴方の言うとおり私は洗脳されているのでしょう。
であれば、今すぐ学会を脱会しましょう。
いやいや、あなたはそのまま創価にいて下さい。







485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 18:46:15.75 ID:PleYn1a9
>>482
結局のところ、石山の教学で成り立っているんでしょ?

※神話=根拠もないのに、絶対的なものと信じられている事柄

「神話ではない」というのでしたら、>>483の問いから逃げる理由はありませんよね。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 18:52:03.27 ID:RLeXfUY2
>>484
>君にとって一番有力な証拠はこれ

「君にとって」って何? 私は「以上の証明を誰にでも明らかなように」と書きました。
『証明』や『証拠に』に、「君」も「私」も「それ以外の誰か」も関係ありません。

>(池田大作『創価新報』昭和60年12月4日付)

宗門の正当性は、在家教団の創価学会がするのだと? そうなのですね?
では、「池田会長は、血脈相承をはじめとした、宗門の根幹に関わる全てを知っています」と断言してください。
そして、そう断言できる証拠も出してください。

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 18:53:59.46 ID:S143OkPd
>>485
なんでこの人バレバレの自作自演してんの?
なんかこっちが恥ずいんですが〜

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 18:57:08.72 ID:PleYn1a9
>>48
素朴な質問を一つ。
君は池田(名誉)会長の言葉を信じているのですか?

※証拠=事実・真実を明らかにする根拠となるもの。

「君にとっては証拠になる」けれども、「私にとっては証拠にならない」という類のものは、『証拠』でも何でもありません。

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:00:29.52 ID:31Do2eOr
そもそも日蓮信者じゃないし血脈相承とか興味ないので、
阿部日顕さんが「相承」とやらをしてるかどうかはどうでもいいのだが

> ・戒壇の大御本尊は日蓮大聖人が造立されたという証拠を出す。

これは興味があるな。

「正宗は正しいので(法主の教義指南は不可謬なので)
 正宗(法主)がホンモノだって言ってる以上は、ホンモノに決まってるのだ!」

という幼稚園児ですらしないような循環論法以上のものを見たことがない。


490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:02:47.57 ID:S143OkPd
>>488
>「君にとっては証拠になる」けれども、「私にとっては証拠にならない」という類のものは、『証拠』でも何でもありません
都合が悪いからじゃん笑笑。
面白いこと言うね。お前の負けだ。負け犬学会淫。

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:04:43.00 ID:31Do2eOr

あ、でも

「相承を受けた法主である猊下が相承を受けたっていってるんだから
 相承を受けたことに間違いはありえない!」

っていう循環論法と根は同じなのか。
まあでも、そこは別にどうでもいいので、
板曼荼羅の真正性についてのまっとうな歴史的証拠が知りたいものですねえ。


492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:05:12.36 ID:RLeXfUY2
>>487>>490
池田会長の言葉は、貴方にとって「証拠」になるのですか? どうなのですか?
貴方は池田会長が言ったから、「血脈相承があったのは絶対に間違いない」と信じているのですか?
その点をはっきりさせてください。
もし信じていないのであれば、万人が信じうる本当の「証拠」を出してください。
「私(をはじめ、真面目な学会員)が洗脳されている」ことを証明する、絶好のチャンスではありませんか。

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:07:22.53 ID:31Do2eOr

俺はいま学会員の方が相手よりまっとうな主張をしているという

貴重な現場に立ち会っているのかwwwwww

流石に>>490は頭が悪いのか、カルト信者過ぎるのか、どっちかだと言わざるをえん。


494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:08:37.16 ID:m1WrrCkw
>>492
その質問には絶対に答えられないよ彼は。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:10:38.02 ID:Oy335DPc
こんなのもあったぞぉ!
「法水写瓶の血脈がない。
法水写瓶の血脈相承にのっとった信心でなければ、いかなる御本尊を持つとも無益であり、功徳はないのである。」
(池田大作『広布と人生を語る』第8巻228頁)

あっらぁ〜豚くん今の創価のニセ本尊を思っ切り否定してるね。
昔の指導と今の指導が逆さまでよくこんな奴を指導者と仰ぐね?
頭悪過ぎだよ舎利。W

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:15:10.58 ID:S143OkPd
>>492
>池田会長の言葉は、貴方にとって「証拠」になるのですか? どうなのですか?
貴方は池田会長が言ったから、「血脈相承があったのは絶対に間違いない」と信じているのですか?

はい昔に限ってですが笑笑。何か?
それから困ったかなんだか知らないけどつまらない自演をやめろ!最低だぞ!

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:16:07.55 ID:31Do2eOr

池田大作さんの自語相違に創価学会や本人がどう説明をつけるかはともかく、
そのこととと板曼荼羅の歴史的真正性如何には何の関係もないんだが。

なんなんだろうな。正宗の信者さんはみんなこんななの?


498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:30:04.15 ID:PleYn1a9
>>497
> 正宗の信者さんはみんなこんななの?

熱心な信者は例外なくそうです。断言してもいいです。
何故かって?
神話的伝承を信じなければ、宗門の正統性を支えているものが、完全崩壊してしまうからです。
「戒壇本尊」と「(神秘的)血脈相承」という神話に支えられた教団なのです。

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 19:40:53.55 ID:PleYn1a9
>>496
> はい昔に限ってですが笑笑。何か?

では「今」は何を「証拠」として、>>483の三つを「真実」だと言うのですか?
逃げてばかりいないで、質問に答えなさいよ。 みっともない。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 20:24:09.82 ID:Oy335DPc
舎利くん…お前さ。。。
自演、凄くね?
こんなんじゃ誰からも相手にされないぞ!
と言っても無理だよね。
創価学会員は、こーゆー卑怯者ばっか(冷笑

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 20:38:05.97 ID:E7raxmFm
>>478
大聖人は「総別の二義」を説いている、「総別の同義」ではないぞ。
大丈夫かね。

502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 21:00:47.01 ID:E7raxmFm
>>498
血脈相承を否定しながら血脈相承を主張する貫首書写の(コピー)曼荼羅を授与し
「戒壇本尊」を本尊にする教団があるんだけど名前わかる?
まさか会員じゃないよね。()

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 21:06:42.01 ID:RERl9s+r
>>501
意味不明な文章を書いておいて何が「大丈夫かね」だ

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 21:08:31.24 ID:Oy335DPc
舎利くん…君の負けん気は認める。
だけど…何で自演すんの?しかも誰から見てもバレてーら的なの。
そんなに遊んでほちぃの?ボク?
おそらく、そんなんじゃ学会にも相手にされないよね?
精々、人生頑張って。

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 21:11:23.03 ID:PleYn1a9
>>501-502
意味不明な文章の連投。
日本人にものを言う場合は、日本語を正しく使いな。

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 21:14:49.53 ID:RLeXfUY2
>>504
泣き言ばかり言ってないで、早く質問に答えなさい!

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 21:21:15.00 ID:Oy335DPc
>>506
泣き言はお前の自演。
少しはマトモになれよ、創価学会員の舎利くん。
泣き言の卑怯者は自演する人間のほうだろ。
早くその歪んだ性格を治せ。

508 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 21:38:44.94 ID:S143OkPd
自作自演て創価の特徴なんすか?

509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 21:58:05.25 ID:NNYYEAji
>>476
そちら側?
ここにいるのは学会員とそれ以外だ。
そちら側もあちら側もあるか。


510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/07(水) 23:28:22.04 ID:RERl9s+r
>>509
総別の別を「肝要」などと解釈して宗祖の仰せに真っ向から対立する現代石山教学を批判しているのは学会員だけではないぞ。
他の富士門流宗派を含めた日蓮宗しかり、S信会しかり、無宗派の日蓮研究者(独歩氏等)しかり。

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/08(木) 05:29:26.51 ID:4YdCU9zP
>>510
よくわからんが学会が批判してるんなら
石山てのが正しいんだろうな。

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/08(木) 05:42:02.02 ID:5tPZPaby
>>511
俺学会員。1+1=2 間違ってる?

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/08(木) 11:16:01.57 ID:SDekvQ/A
で、結局 ID:Oy335DPcは問いに答えてくれなかったわけかあ。

一連の流れを見る限り、創価信者より日蓮正宗信者の方が心証が悪いな。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/08(木) 11:17:58.30 ID:SDekvQ/A
いや、違うか。問いに答えてくれなかったのはID:S143OkPdだな。

しかしなんというかID:Oy335DPcとレスのスタイルがそっくり過ぎて区別がつかん。

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/08(木) 16:16:53.25 ID:TryQql9f
>>510
何だか相手にするのもバカバカしいのだが、
総別の別を「肝要」とするのは学会を含む全ての日蓮教団。
「別」とは結要付嘱。法華経の肝要「南無妙法蓮華経」を上行に附す。
ここまではどの日蓮系でも同じなんだけど自力で御書を研鑽してこの程度のこともわかんないとはね。

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/08(木) 18:08:25.23 ID:3nRzDTBB
まあ何はともあれ、問題の出発点は、>>366の『三大秘法は総別のニ義があり』という珍説だ。

こんな珍説は出てくるし、戒壇本尊や法主のみの血脈の証拠は出せないしで、困ったものというか何とか言うか。。。

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/08(木) 22:24:45.84 ID:TIoR4UHg
公明党が奨めている 子宮剄癌ワクチンは危険すぎる
これは日本人を減らす明らかな目的があると言わざるえない
墜ちるとこまで墜ちたな 裏切られた 騙された 日本人信者は
お前らの首を直接取りにいく
それでしか 邪教を布教した責任を取れないからだ
悪はどっか ハッキリさせようじゃないか?
日本人に寄生する害虫ども

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/08(木) 23:02:49.21 ID:WKzk4MWd
>>517
ほんとうに危険ならやめればいいだけじゃんw
あんた医者なのかね?
知ったかはやめようよ。
みっともないからw

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 00:08:44.73 ID:2rOoG0vM
御まいら 権威争いやっとるなあですね。
池田のオッサンが、【法主は権威じゃないのですわけのわからん難解な事云々】って発言してから
法華講頭破門にいたるまでの経緯からすれば、信者が毎日拝む対象を
附与する段階に至るのが当然のことだわな。
外目からは信者獲得争いにしか見えないわけ。

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 00:33:14.53 ID:j2VGFpz0
>>512
意図がわからないんだけど、
1000に3つ本当のことを言えば人を騙せる
かなんかてやつ?

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 00:48:50.22 ID:vU0CaJol
>>515
十八円満抄
問うて云く末法に於て流布の法の名目如何。
答えて云く日蓮の己心相承の秘法此の答に顕すべきなり所謂南無妙法蓮華経是なり。
問うて云く証文如何。
答えて云く神力品に云く「爾の時・仏・上行等の菩薩に告げたまわく要を以て之を言わば乃至宣示顕説す」云云、
天台大師云く「爾時仏告上行の下は第三結要付属なり」
又云く「経中の要説・要は四事に在り総じて一経を結するに唯四ならくのみ其の枢柄を撮つて之を授与す」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
総じて一経(法華経)を結する四事の要法・南無妙法蓮華経が上行に付属された。四条金吾殿御返事、法華取要抄、御講聞書での仰せと同じである。
別付属が肝要という意味ではない。総要の南無妙法蓮華経が上行に別付属されたのである。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 01:27:54.08 ID:vU0CaJol
三世十方諸仏も南無妙法蓮華経の一法を師として成仏したわけであるが、
諸仏にはそれぞれ有縁の国土があり、娑婆世界は釈尊有縁の国土である故に
釈尊と久遠より有縁の地涌の菩薩に別付属された。

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 01:49:29.51 ID:vU0CaJol
在在諸仏土常与師倶生である。
弥勒菩薩によるとインド応誕釈迦は子供に見えて、地涌の菩薩は齢を重ねた翁に見えると。
これによって師弟の時系列が破られている。
或る時は地涌の菩薩が釈迦の師であったこともあるのだろう。

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 10:07:11.77 ID:j2VGFpz0
もう学会員につける薬はないよなー。

関わらなければ基本的に人畜無害な連中だからほっとけばいいんだけど
身内に学会員がいると極めてうっとしい。

破門でだめなら、どうすりゃいいんだろう?

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 10:44:26.70 ID:33JrYqBR
コピー本尊ありがたがってる学会員って脳みそ無いの?w

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 12:05:40.11 ID:aFaFCX1N
そろそろ、また自演の馬鹿が出てきて反論するぞW

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 13:19:57.21 ID:c3EvOuN9
>>525
俺のことかよ!?俺の家の本尊はカラーコピー本尊だが、それを
ありがたがっている俺は有名私大を卒業して、それなりの会社に
採用されたがな。

528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 15:34:16.54 ID:aFaFCX1N
>>527
有名大学って創価大か?プッ
確かに有名だ、洗脳大学ってな。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 16:05:27.17 ID:GYvYQu8Y
>>528
東大・京大、私立なら早慶にも、学会員はたくさんいるんだよ。
必ずしも「学会員の子供は創価大学へ」という訳ではないんだ。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 16:23:26.21 ID:YPbbRS+b
>>529
創価大卒では潰しが利かないですからね。
次期会長の呼び声も高い谷川副会長は東大卒。

是非とも彼には、創価大出の出来の悪い職員や末端会員を指導し、
世界広布の指揮を執って戴きたいものです。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 16:24:35.73 ID:aFaFCX1N
>>529
どーでもいいんだよ、そんなことわ
とりま、学会員やってて恥ずかしくね?
今は恥ずかし過ぎて学会員て言えない奴ばかりだよな?
私は洗脳されて生きてますって言ってるのと同等だからなMAX.WWW

532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 16:35:55.43 ID:GYvYQu8Y
>>531
それがどーでもいいのなら、>>528こそ、どーでもいいレスになる。

自分から突っ込み入れておいて、反撃されたら「どーでもいい」って、これだからアンチはw

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 16:42:31.53 ID:GYvYQu8Y
>>530
では立正大学はどうですか?(※日顕が立正大卒)
ちなみに、今の日蓮正宗では、出家者が一般の大学に入学することを許されていません。
いずれ大卒者がゼロになります。
これはいかがでしょうか?

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 16:53:08.17 ID:YPbbRS+b
>>533
>今の日蓮正宗では、出家者が一般の大学に入学することを許されていません。

創価板では初めて聞くネタですね。
ソースよろ(もしかしてフェイク?)

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 17:09:00.93 ID:+3GptKjS
>>529>>532>>533
>>526

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 17:30:11.78 ID:aFaFCX1N
>>532-532
これ、とりま、舎利な。
これだから嫌われ者なんだよ。
言ってるそばからバレバレ自演かよ。
あ〜あ(-.-;)

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 17:42:49.86 ID:55wFT+LD
ほんとだID変えてもバレテ−ラw相変わらず恥ずい奴w
創価の卑怯体質ここにありw

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 18:14:00.78 ID:GYvYQu8Y
>>534
この部分に関心を示すということは、法華講の人間だね。
なのに「大白法」も読んでいないとは、心がけのよくない信徒だw

> 宗門の富士学林大学科は、他宗の大学と異なり、未来の竜象が、邪宗教学の影響を受ける恐れなく、安心して正統教学が学べるところに最大の利点がある。これこそ宗門長年の夢であり、それを御法主上人が実現あそばされたのである。
http://www.fsinet.or.jp/~shibuken/SHIRYO2/B05.htm

要するに「邪宗教学の影響を受ける恐れがあるから、富士学林大学科(という日顕が創った私塾)以外はダメ」が、現宗門の見解。

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 18:41:33.01 ID:j2VGFpz0
>>529
大学に行っても乞食みたいなおっさんに洗脳されていたオウム真理教の例もあるし
逆に東大出てコピー本尊拝んでるんでは、情けなくねえ?

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 18:45:41.29 ID:GYvYQu8Y
>>539
アンタがどう思うかなんて関係ありません。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 18:45:55.62 ID:Ao0BbCot
>>538
日顕さんに自覚があったということかw

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 18:49:25.32 ID:4HtGM6Oe
>>541
そういうことでしょうね。
自分が立正大時代に、邪宗教学の影響を受けた経験が、「宗門長年の夢」につながったとw

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 18:59:03.80 ID:55wFT+LD
>>542
自演する卑怯者の学会淫をどう思いますか?w

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 19:19:40.71 ID:Ao0BbCot
>>542
立正大行ってみて「こりゃやべー!」と思わなければそんな計画考えないでしょうからねえ。

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 19:25:35.21 ID:YPbbRS+b
>>538
「現宗門の見解」じゃなく、「お前の見解」だと言うことは良く分かったw

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 19:36:45.53 ID:4HtGM6Oe
>>545
君は日蓮正宗の信徒?
もしそうなら、師匠である僧侶に電話一本入れてみ?
そして「日蓮正宗の僧侶になろうとする人たちが、富士学林大学科以外の大学に行ってもいいのですか」と聞けばいい。
それへの返答をここで公表して、>>538がデマであることを証明したらいいではないか。
何より、>>538の大白法に掲載された見解を知りながら、他の大学に行く弟子って、どういう弟子なんだよw

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 20:02:49.14 ID:YPbbRS+b
>>546
ソースが無いのなら、いい加減なことを書くなよw

>君は日蓮正宗の信徒?

違います。

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 20:13:50.81 ID:j2VGFpz0
>>546
「名誉欲の亡者池田大作」てとこ?
どこに「他の大学に行ってはいけない」、て書いてるの?

読み方がむちゃくちゃだね。

549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 20:42:48.03 ID:HOZEo1Yd
>>548
実質、他大学で学べる教養レベルにならないから花野充道が批判したんだろ。

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/09(金) 22:07:33.11 ID:aFaFCX1N
@
仏法上における在家団体池田創価に血脈があるって文証を出してくれ?

A
あと日蓮直結の文証

B
創価学会の三宝と三大秘法な。

以上を答えろ!自演野郎????
また、都合悪過ぎて得意のスルーか?

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 05:48:39.80 ID:fcZObVKt
>>550
公式見解が知りたいなら学会本部に電話しよう

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 05:51:19.38 ID:n8qhnwRc
>>550
@ありません。
Aありません。
Bありません。
あるのは池田賛美の洗脳三昧っす。
あっ僕 自演野郎じゃないけど代わりに答えますた。
m(__)m

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 05:59:03.14 ID:fcZObVKt
>>550
あなたがどの団体も代表していないにも関わらず三項目の回答を求めているのならば、それはアンフェアである。
私的な質問ならば、@は「仏法上に於ける血脈とは何か」とすべきであり、Aのような創価学会の指針を持ち出すべきではないし、Bは「三宝と三大秘法とは何か」とすべきである。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 06:28:29.40 ID:n8qhnwRc
>>553
はは、都合が悪いからだろ?プッ
>>550←普通の質問じゃん。
創価がまともなら普通に答えられるだろよ。はは
それを本部に聞けとかよ〜はは
馬鹿じゃん。
ニセ本尊の創価学会員っはは

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 06:48:52.08 ID:DVy2EruI
>>553
創価が自分らで主張していることについて根拠を出せといわれて「アンフェアだ」って、、、
既に頭破作七分の仏罰が創価信者に炸裂しているじゃん。もういいよ、現証みせてくれたからw

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 06:57:01.12 ID:kHJ6BGtv
>>550
現宗門の「根本の二つ」についての質問(>>483)に、宗門側の人間は未だにスルーを決め込んでいる。
だから
> 都合悪過ぎて得意のスルーか?
という言葉を、そっくりのまま君にお返しする。

ちなみに、>>483について証明してくれたら、君の質問には、いつでも答えてあげてよう。


>>554
> 創価がまともなら普通に答えられるだろよ。はは

>>483について証明してくれたら、いつでも「普通に答え」てあげるよ。
君の理屈からいけば、>>483に答えられなければ、学会を批判している現宗門こそが、実は「まともではない」ということになる。

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 07:10:15.53 ID:fcZObVKt
>>554->>555
だから学会本部に聞けばいい

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 08:01:06.73 ID:fcZObVKt
ちなみに真蹟御書には「血脈」の文字は無い。日蓮大聖人が「血脈」に拘っておられなかった証左である。
成仏の一法・南無妙法蓮華経を弘通なされた故であろう。

「大聖人直結」と「御書根本」との二指針はセットであり、御書を通して大聖人の御心に迫ることと推察されるが、詳細は学会本部に問い合わせされたし。

日蓮大聖人は仏宝・法宝・僧宝それぞれの内容を定義しておられない。何らかの形で定義してしまうとそれは即ち教団の限界となってしまうだろう。
仮に僧宝をどこかの歴代座主と定義してしまうと、座主が途絶えた場合は三宝が破綻してしまう。
三大秘法については真蹟・法華取要抄を参考にされたし。
問うて云く如来滅後二千余年・竜樹・天親・天台・伝教の残したまえる所の秘法は何物ぞや、
答えて云く本門の本尊と戒壇と題目の五字となり

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 08:18:19.79 ID:D/gb7g8G
>>557
知らないんだろ?
末端の会員は何も知らずやらされてるだけだからな。
奴隷に主人のことをきいてもわからないよな。

答えられるわけがない。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 08:19:13.36 ID:D/gb7g8G
>>557
知らないんだろ?
末端の会員は何も知らずやらされてるだけだからな。
奴隷に主人のことをきいてもわからないよな。

答えられるわけがない。

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 08:35:53.43 ID:ztbDCUxK
20年前のあの時、ブロック座談会で子供たちを中座させた後、
成人会員たちに何を洗脳していたんだよ?クソ組織は

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 08:45:32.98 ID:ztbDCUxK
集団心理のバイアス洗脳が創価学会の手口

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 08:50:07.55 ID:n8qhnwRc
また創価得意の誤魔化し逃げっはは!
またです…また。
誤魔化して逃げるほうが楽ですからはい。
聞かれて困る信仰?なんですね創価は
それは、信仰の根本が全て【豚】だから、ははっ

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 08:54:59.64 ID:xE1hAXE/
>>561
平成2年の段階でC作戦計画は学会に伝わっていて、宗門はその後、情報通りに動いてきた。
だから学会は前もって対処できたというだけのこと。まあ学会が護られてる証拠だね。

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 09:04:46.41 ID:6YNQn1ox
>>550は大変興味深い質問です。
創価諸氏に答えて頂きたいですね。

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 09:06:50.20 ID:kHJ6BGtv
>>558
> 日蓮大聖人は仏宝・法宝・僧宝それぞれの内容を定義しておられない。
> 何らかの形で定義してしまうとそれは即ち教団の限界となってしまうだろう。

それは少し違うんじゃないかな?
「然るに末代の凡夫・三宝の恩を蒙りて三宝の恩を報ぜず、いかにしてか仏道を成ぜん」(四恩抄)
三宝が定義されていないと、三宝の恩を報じようといても、報じようがない。

> 仮に僧宝をどこかの歴代座主と定義してしまうと、座主が途絶えた場合は三宝が破綻してしまう。

創価学会では、日興上人お一人を久遠元初の僧宝と定めている。(※久遠元初とは「根本として信じる」の意)。
これは信じる側の信心が崩れない限り、三宝(今の場合は僧宝だが)が破綻することはない。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 09:09:47.00 ID:kHJ6BGtv
>>565
だから答えてあげるって。答えてあげるから、早く>>483の話に決着をつけましょうと言っているのだ。
そっちの一方的な要求ばかり聞いていたら、話にまとまりがつかないから駄目だ。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 09:25:37.26 ID:xE1hAXE/
今まで散々やったじゃん、何回同じこと質問してるんだこいつら。別に答えなくていいよ。
自分で調べるか、妙相寺の當山Sくんに聞いたらいいじゃない。彼が退転して無ければだけど。

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 09:47:18.06 ID:kHJ6BGtv
>>568
それを言うなら、>>550も今まで散々やった。
自分で調べてみな。
君の理屈に従えば、私も別に答えなくていいことになる。

皆さん、解散しましょうか?

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 09:51:26.60 ID:kHJ6BGtv
>>568
ああ。日顕宗の人間に言ってたのか。これは失礼しました。

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 09:52:06.57 ID:ztbDCUxK
>>564
会員が城壁になって学会が護られたわけですね。わかります。

強固な組織ですね

572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 09:56:37.40 ID:xE1hAXE/
>>570
そうです。わかりにくくてすみません。

573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 10:16:29.65 ID:Ebg5w37w
>>568
>妙相寺の當山Sくん

まさか長野県長野市に所在する妙相寺の當山伸一じゃないよな!
https://www.facebook.com/shinichi.touyama
まさか「近江治療院」を経営している當山伸一じゃないよな!
http://www.oomicure.com/index.html
まさか、その治療院にクリスマスツリーを設置した當山伸一じゃないよな!
http://plaza.rakuten.co.jp/oomicure/diary/200812180001/

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 13:18:08.98 ID:jJn4cuZd
おれも日蓮正宗とちがうし教学とか知らんけど
700年以上続いた日蓮正宗と、戦後でてきた池田創価学会とどちらが正しいかと言われたら
そりゃ、長く続いたほうだと思うね。

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 13:40:05.10 ID:fcZObVKt
>>566
>三宝が定義されていないと、三宝の恩を報じようといても、報じようがない。
四恩抄は真偽未決である。原理化しない方がいいだろう。
偽書であることが立証されればおしまいである。

>創価学会では、日興上人お一人を久遠元初の僧宝と定めている。
会則では定められていない。
三宝それぞれに帰依するわけであるが、釈迦が仏(仏宝)に帰依するということは有り得ない。
つまり三宝は仏法そのものというよりも後世の仏教徒達が、自分達は何に帰依すべきなのかと考えた果ての議決案とも言える。
更には、僧宝を出家仏教徒とした場合、出家仏教徒が出家仏教徒に帰依ということになり、意味不明である。
本来の意味であるサンガ(集まり・仏教徒組織)への帰依とした方が筋が通る。

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 13:42:07.45 ID:fcZObVKt
>>574
それを言い出すと日蓮大聖人以前から存在する真言宗の方が正しいということになるので、
その論法はやめておいた方が良い。

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 14:09:19.50 ID:fcZObVKt
出家仏教徒が出家仏教徒に帰依するという意味不明な事態を避ける為に、
三宝は在家仏教徒が帰依するべきものであるとする。
これによって出家仏教徒に在家仏教徒が帰依することになり、循環を回避できる。
ところがそうすると、出家仏教徒には帰依すべき三宝が無くなってしまう。

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 14:35:24.69 ID:ZObAl0ko
>>576
数百年も続いた宗派は、それなりに正しいという意味だろ。
実質、終戦の混乱期に乗じて発展した新興宗教と比べるのは失礼。

700年続いた宗派が、今後700年存在し続けるのは容易に想像できるが、
今ある新興宗教が、700年後にも存在してると考えるのは難しい。

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 14:40:36.89 ID:kHJ6BGtv
>>574
その700年の間に大きく変質してしまったのが宗門なんだよ。
例えば、釈尊滅後の法華経の編纂について、思い出してみるとよい。
いわゆる“伝統教団”を自認する出家集団は、小乗の教えを修行していた。
一方、法華経を編纂したのは在家信徒と中心とした教団だが、当時の伝統教団からは、怪しげな新興教団と見られたであろう。
天台大師だってそうだ。座主の権威によらず、釈尊に直結しようという信心で、一念三千を悟るに至った。
長く存続している教団だから正しいだろうというのは、史実を振り返ってみても、根拠になり得ない。

580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 14:45:10.96 ID:kHJ6BGtv
>>575
「会則=教義」ではない。
貴方の発想からいけば、学会員が「日興上人に南無し奉り」(御観念文)と日々祈っているのは、おかしなことなのだろうか。

581 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 14:51:28.71 ID:ZObAl0ko
>>579
教義的に正しいから700年続くとか、間違ってるから潰れるという訳ではないんでしょ?
もしそうなら、一つの宗派だけが残っていなければおかしい。

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 16:20:00.39 ID:/Ex6XYtS
>>581
宗派同士は教義上は反目しあってるのだから、どれもが正しいとは宗教的に言えない。
ただし、歴史のある宗教組織はその分社会性について信用がある、とは言えるかも知れない。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 17:20:56.08 ID:/Ex6XYtS
↑しかしながら世界の、例えばイスラム諸派の歴史と抗争などを知るわけではないので、
そうと断定するのはやはり軽率か。

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 17:38:39.26 ID:kHJ6BGtv
教義すら知らず、個人的な想像や印象を語っただけのレスに、いちいち相手になる必要なし。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 17:46:12.31 ID:jJn4cuZd
学会と比べるならPLや天理じゃないの?

正しいというより、「自分にとって利益になる」、て意味でしょ?

教義とかも、元々いい加減なもので
どこも利益になるように変えて、さももとからそうなように言ってるだけだよね?
知らないけど。

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 18:03:58.22 ID:ztbDCUxK
その点で学会は時代が遅すぎたね。
あたかも『歴史』として語り継がれる前に、ネット上で秘匿改竄デタラメインチキの洗脳史が先に暴かれてしまったわけで…

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 18:05:07.51 ID:ztbDCUxK
>>584
そんな中、あなたも懲りずによく続いていらっしゃる。

継続は力なり

588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 18:09:12.04 ID:/Ex6XYtS
>>586
どっちかと言うとネットで日蓮正宗の怪しいオカルト臭を知ってしまったな。

589 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 19:48:16.29 ID:kHJ6BGtv
>>575
> 四恩抄は真偽未決である。原理化しない方がいいだろう。
> 偽書であることが立証されればおしまいである。

「真偽未決の問題となるものも信行に資するものは之を取る」(日蓮大聖人御書全集)が、創価学会が原則とする姿勢のはずだが。
真偽未決は偽書である可能性を否定できないものの、その一方で、真蹟が存在した可能性も否定できない。
今の三宝の問題に即して考えると、「真偽未決のうちは教義として認めない」という姿勢を取るなら、真蹟が存在した場合、三宝軽視のリスクを背負うことになる。
仮に「四恩抄」が偽書だったとしても、僧宝を日興上人と定義することは、その御生涯の生き様や功績から、「信行に資する」と言えるのではないか。少なくとも、謗法の誹りを受けることはないであろう。

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 19:54:17.79 ID:6YNQn1ox
都合が悪くなると決まって真偽未決という学会員。
まぁこれも逃げの常套句www

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 20:03:54.68 ID:n8qhnwRc
真偽未決?

で、誰がどーやって真偽を決するの?

どっかの学者による筆跡鑑定か?
それとも学会員が真偽を決するのか?
自分達に都合が良ければ桶で、都合が悪るけりゃ偽書ってんだろ?
学会ってホント馬鹿の集まりだな。ははっ!

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 20:04:39.66 ID:kHJ6BGtv
>>590
真偽未決のどこが都合が悪いのか。
むしろ学術的には全く通用しないどころか、ほぼ偽書と確定したものを真偽未決だと強弁し、法主信仰のために後加文を悪用する現宗門こそ、知性と理性を欠いた薄汚い根性を露呈させているではないか。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 20:09:47.37 ID:kHJ6BGtv
>>591
> で、誰がどーやって真偽を決するの?

純粋に学術的なものだよ。
例えば、真蹟が存在せず写本しかない文献について、仮に「いいや。御法主上人が認めたのだから写本でも真蹟だ」などと言ったら、単なる阿保だろ。

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 20:15:12.84 ID:ZObAl0ko
「池田先生撮影の満月の写真が聖教に掲載されたから、先生は寝たきりではない!」
みたいなものですね。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 20:22:01.06 ID:ztbDCUxK
“昔の池田大作の指導は正しかったから良い。
今の指導は受け入れない。”
みたいな言い訳ですよ。

昔は日蓮正宗の創価学会の会長としての立場の指導だったんだから、当たり前の話。かな?

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 20:56:58.15 ID:+yQoW90n
※総別の二義について関西弁氏が遁走しましたので余談を御送りしております

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 21:25:02.03 ID:n8qhnwRc
>>593
>純粋に学術的なものだよ。

お前な、質問の答えになってないんだよ!
俺は、誰がどーやって真偽を決するの?て聞いてるのに、、、

お前は「純粋に学術的なものだよ。」
お前、馬鹿?つか馬鹿じゃん。
俺は、だ・れ・が?って聞いてんの?
答えろ!自演のオナニー野郎?ははっ

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 21:36:45.10 ID:6YNQn1ox
>>594
てゆうか、全く生気の無い池田の合成写真を聖教に掲載すれば「ああ〜やっぱり池田せんせはお元気なんだわ」
ちゅう莫迦な婦人部w
でまた「池田せんせは執筆活動で・・・」と聖教に掲載されると鵜呑み状態の莫迦学会員とか
でその割には本が出版されねってwwwせんせは何を執筆されてるの???www

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 21:44:28.23 ID:n8qhnwRc
>>598
>せんせは何を執筆されてるの???

多分、官能小説なんじゃね?ははっははっ!てな。
そっちが専門らしいからな、そのせんせって、ははっと。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 22:12:35.86 ID:n8qhnwRc
あれっ?オナニー野郎逃げちった?ははっ

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 22:16:03.34 ID:pSakD5Jo
>>597
誰がじゃねえよw 経歴の解らない、他山にも伝わってない後世の写本は
全部、真偽未決扱いになるに決まってるだろジョーシキ的に考えれば。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 22:44:50.47 ID:ztbDCUxK
破門ルネサンス以降、石山教学から解放されてジョーシキ的になれたはずの創価なのに、
その最高指導者の言葉を信用できないのが、舎利さんの今の信心ということです。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 22:46:15.06 ID:D/gb7g8G
そもそも一般人は日蓮の御本尊など神社のお守りの千分の一も信じていない。

そんな程度のもんのために人生をかけて不毛な闘いをしているて
ま、日蓮正宗はそれが仕事だからしゃあないとしても
創価はもうあきらめて他の道をさがしたほうがいいんじゃない?
親鸞とか、最澄とか、寄生できそうな組織が他にあるだろ。

604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 22:52:50.36 ID:n8qhnwRc
>>601
お前な、正真の馬鹿だな。
いいか!誰が真偽を決めるんだって聞いてんだよ?誰がって?
答えろ!自演オナニー馬鹿?
何度も同じこと言わすなオナニー馬鹿が!ははっ

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/10(土) 22:58:36.41 ID:pSakD5Jo
>>604
誰も決められないから 真 偽 未 決 なんだろうが。アホなのおまえ?

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 00:32:40.82 ID:zWdKxT13
真偽は「誰かが決める」ものではなくて既に決まってることだ。
真跡は真跡だし、偽書は偽書だ。

その真偽をそれをどうやって知ることができるか、
といえば文献学や考古学の学術的検討によって、ということになる。

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 01:17:56.54 ID:ywZqpyY2
翻訳するとつまり、学会員が決める。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 06:07:53.65 ID:dth1T062
>>607
そゆこと 学会にとって都合が悪い御書は偽書。
戸田時代に真偽なんか言わなかった学会が今になって言い出した。
自分達の都合によって言うことがコロコロと変わる。
これが新興宗教の定番。
池田の発言も昔と今とでは真逆だしな。
そんな豚によく従えるよな。
学会員てドMの集まりか?

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 06:40:31.27 ID:7ptPAGw0
大石寺にはたいして御書無いしな。重要御書はほぼ他山所有だし。
重須などもしかりで、外部に判断を任せるしか無いという情けなさに日興上人も泣かれているだろう。

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 08:18:15.40 ID:wqkZSj8L
そんなことは御書全集編纂の時から判っていることですね。

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 08:20:11.52 ID:oGqDv8qO
※関西弁氏が三大秘法総別説から遁走敗北しましたので雑談中です

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 08:58:01.55 ID:2oPMTvlp
>>609
> 日興上人も泣かれているだろう。

同意。「御書を心肝に染め」(日興遺誡置文)との条目が死んでいる。

613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 09:14:08.93 ID:2oPMTvlp
>>611
その「三大秘法総別説」を擁護する人間が数人出没したことも、不思議でならない。

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 10:43:57.23 ID:oGqDv8qO
>>613
自山座主絶対との信念のあまりに飛び出した珍説である。
日蓮宗祖は最澄を徹底的に擁護したが、後の座主については徹底的に批判した。
日蓮宗祖は地位を重視したのではなく、個々人の言動を重視したことが伺える。
「行いによってバラモンとなる」との釈迦世尊の言葉とも合致する。

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 11:01:43.71 ID:ZE4uFgMm
舎利の自演をライブでご覧ください

616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 11:48:11.31 ID:oGqDv8qO
>>615 ←自己暗示かけ中

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 12:19:55.88 ID:KxJBQDf8
「行いによってバラモンにもなるし、バカモンとなる」

政治に関与した司祭者は、法華経行者にとって法度破りじゃてな。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 12:31:50.30 ID:KxJBQDf8
日蓮は大層に頭がよかったみたいだが、ありゃ〜バカボンで?
額に衝撃をうけたときからかねww

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 12:48:10.00 ID:BdE+3SF7
法華経の行者と言いながら、大聖人の立正安国論による国家諌暁の意味がわからないとはどこの愚か者か。
実れば日蓮仏法を奉ずる者が為政者となることも考えつかないのか。

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 12:58:02.89 ID:GZuG+O1e
実らなくて良かったわ。
宗教と天変地異は関係なし。
法華経を奉じようと奉じまいと自界叛逆も他国侵逼も起きる。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 13:18:31.57 ID:KxJBQDf8
法華経での天変地異の地震なんてつうのは、吉兆ではなかっただろうか?
菩薩が涌き出すに、もうすこし静かに「ぬぅぼ〜」と、出で来いとな。

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 16:01:29.02 ID:8GAA18fA
学会にしたら選挙だけやらせればなんでもいいんで
日蓮は利用しているだけだろ。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 16:02:56.54 ID:BFio++YS
>>622
じゃ政教一致とか気にするまでもないよな。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 16:25:12.32 ID:SnNi9H+o
http://www.uproda.net/down/uproda515099.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515100.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515101.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515102.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515103.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515104.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515105.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515106.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515107.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515108.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515109.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515110.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515111.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515112.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515113.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515114.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515115.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515116.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515117.jpg
http://www.uproda.net/down/uproda515118.jpg

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 18:14:17.81 ID:8GAA18fA
>>623
創価学会が宗教だとか一般人は誰も思ってないから
まったく気にすることない。

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 19:57:02.82 ID:+/VNiqJX
>>589
> 「真偽未決の問題となるものも信行に資するものは之を取る」(日蓮大聖人御書全集)が、創価学会が原則とする姿勢のはずだが。
正しい考えだが創価が真撰とする「二箇相承」に異議を唱え大御本尊を否定するものが創価学会の原則を持ち出す理由がない。
>>592-593
純粋に学術的だと?
「四恩抄」に真偽論などないのも知らず「写本でも真蹟だ」と云う阿呆はいないから例え話にもなっていない。
>>589の創価の姿勢と学術は両立しない。
学術的には全く通用しない創価教学にも劣る己義を構えても滅裂になり自演と遁走の繰り返しになる。

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 20:41:17.18 ID:GOZkmo7p
>>626
> 創価が真撰とする「二箇相承」

学会の誰が「二箇相承」を「真撰」などと言った? 得意の妄談なら他でやれ。

> 大御本尊を否定するものが創価学会の原則を持ち出す理由がない。

私は戒壇本尊を本尊として否定していない。ただ、大聖人直造ではないと言っているのだ。
それは専門家の研究の裏づけのある見解。盲信を強要する宗門とは違い、学会では真摯な研究の成果なら、学会の見解と違っていても尊重する。
故に宗祖直造か否かの見解の相違で、「反学会」の烙印を押されることなどない。

> 純粋に学術的だと?

その通り。学会は原則として堀日亨上人の説に基づいている。
堀説が学術的ではないというのであれば、その理由を聞かせてもらおうではないか。

> 「四恩抄」に真偽論などないのも知らず「写本でも真蹟だ」と云う阿呆はいないから例え話にもなっていない。

意味不明。日本人に理解できる文章を書くこと。

> 学術的には全く通用しない創価教学

おいおい! 神話で成り立っている宗派に属するお前が、それを言っていいのかよw
神秘的な血脈観や、宗祖が戒壇本尊を直造したなど、それこそ学術的には全く通用しないものを、「根本の二つ」とホザク弱小教団の信者が何を言うか。
他人のことを、とやかく言う前に、自分の足元を見直せ。学術とは無縁の教団ではないか。

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 20:47:06.91 ID:2oPMTvlp
>>626
> 創価の姿勢と学術は両立しない。

そういうことを述べるということは、日蓮正宗の姿勢は、学術と両立するということですね?
では、>>483の問いに対して、学術的な証明をお願いします。

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 20:50:36.69 ID:2oPMTvlp
>>626
> 学術的には全く通用しない創価教学

学会教学の何が学術的に全く通用しないのですか? 具体的に指摘してください。

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 20:53:16.43 ID:2oPMTvlp
>>626
> 己義を構えても滅裂になり自演と遁走の繰り返しになる。

それは「三大秘法総別説」を唱えている、貴方の同志の方々です。

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 21:05:13.48 ID:ApP0cZL1
>>625
誰が統計を取ったわけでもないのに適当なことを言わないようになw

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 21:39:45.09 ID:+/VNiqJX
>>627
日蓮大聖人のご生涯 御入滅と日興上人への継承|創価学会公式サイト
> なお、大聖人は身延を発たれる前、及び御入滅の日に日興上人に付嘱されました。
「二箇相承」を指している。

> ただ、大聖人直造ではないと言っているのだ。
後世の贋作とする説を信じ教団を否定してきたのが貴方の立場。

> 堀説が学術的ではない
御書全集の真偽基準は信仰に基づく。日亨上人も参加された「昭和定本」は学術に基づく。

> 意味不明
ハァ
「四恩抄」に真偽論はないんだよ。自称日本人くん。
「写本でも真蹟だ」と云う阿呆はいないから例え話にもなっていない。
一文を二行に分けてやったぞ。

> 神話で成り立っている宗派
松岡に弟子入りせよ。学術根本の伝統宗教は存在しない。

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 22:24:48.16 ID:ywZqpyY2
>>631
創価学会は若い人は知らない人も多いし、
知っていても宗教より選挙活動の団体だと思われてるんじゃないか?

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 22:39:43.46 ID:GOZkmo7p
>>632
どうせ返信などせずに、例の如く姿をくらますかと思っていたら、珍しく一回はレスしてきたかw

> 「二箇相承」を指している。

そりゃそうだが、だからといって、「二箇相承=真蹟」というわけではない。
真偽未決とされる御書を引用して、当時のことを「○○ということがあった」という講義は他にもいくらでもある。

> 後世の贋作とする説を信じ教団を否定してきたのが貴方の立場。

戒壇本尊偽作説を支持することが、どうして学会の否定になるのか。学会授与の本尊を信じて祈っているのだから問題はない。

> 御書全集の真偽基準は信仰に基づく。

は? 「真偽未決の問題となるものも信行に資するものは之を取る」(日蓮大聖人御書全集)
真偽未決を信仰で決めているのではなく、真偽未決でも信心に役立つものは、それを採用するということ。
信心に資するものでも、真偽未決はあくまでも真偽未決。信心に資するから真蹟ではない。

> 「四恩抄」に真偽論はないんだよ。

「真偽論がない=真蹟」ではない。そもそも真筆が存在しない文献を、どうやって真蹟と証明するのか。

> 学術根本の伝統宗教は存在しない。

それを言うのであれば、「学術的には全く通用しない創価教学」という批判をする資格などない。
また、伝統教学とさえ言えば、学術的批判を避けられると思うな。
戒壇本尊と神秘的血脈観への批判から逃げるための、幼稚な言い訳でしかない。

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 22:53:46.95 ID:ApP0cZL1
>>632
> > 神話で成り立っている宗派
> 松岡に弟子入りせよ。学術根本の伝統宗教は存在しない。

横レスだけど意味合いが違うんじゃないか。
日蓮正宗は立証できないものをレゾンデートルとして、それを根本に教義を立て他宗派を否定し正統を謳っている。
それって他の伝統宗派も同じかなあ。もっと教義本位な気がするけど。

636 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/11(日) 23:53:41.75 ID:ywZqpyY2
まあ、創価学会なんか無くても世の中誰も困らないよ。
困るのはそこの職員くらい。

日蓮正宗がなくなると、困る人は大勢いる。
社会貢献的にも創価学会は何もしないけど他宗はいろいろしているね。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 00:13:33.30 ID:Q/odWmIw
>>636
中身の無いレスはしなくていいよ。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 03:08:39.88 ID:sq96P5NZ
>>636
大丈夫だ。他の花見スポットを探す

639 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 07:26:29.99 ID:9NgMMy5O
>>632
> 学術根本の伝統宗教は存在しない。

学術と信仰は違う。
しかし、学術の成果を論外とばかりに否定し、謗法呼ばわりするのは、道理を重んじる仏法の精神に違背する。

640 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 07:39:32.23 ID:uDbWDwP5
> まあ、創価学会なんか無くても世の中誰も困らないよ。
> 困るのはそこの職員くらい。

これは正しい。
まあ、でも信濃町の民音にはお世話になったか。
自己宣伝ぶりとは程遠いにせよ結構地味に
社会貢献してる気もしないでもない。

> 日蓮正宗がなくなると、困る人は大勢いる。

しかしこれは、すまんが、本気でわからん。寺族以外に誰が困るの?

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 08:33:22.52 ID:Q/odWmIw
>>640
相手にしなくていいよ。おそらく法華講の中学生くらいの子どもだろう。

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 11:29:23.37 ID:fKeh+NGl
>>636
>まあ、創価学会なんか無くても世の中誰も困らないよ。

困るよ!夜逃げやガンなどの罰の現証が見れなくなるじゃないか!
ウチの近所結構いるからね、凄いの ぷぷ

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 12:32:58.66 ID:SgL/5xlu
>>639
>学術の成果を論外とばかりに否定し、謗法呼ばわりするのは、道理を重んじる仏法の精神に違背する。

良いところに気がついたね。これで病人に医療を提供した良観房忍性のほうが仏法の本筋であって、
それを謗法と誹謗中傷して代わりに題目を唱えさせようとした日蓮が仏法と対極にあったことがわかるだろう。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 18:52:26.53 ID:9NgMMy5O
>>626
> 学術的には全く通用しない創価教学

返答がないので、再度質問させてもらいます。
学会教学の何が学術的に全く通用しないのですか? 具体的に指摘してください。
このまま書き逃げしたら、その他大勢の法華講員と同類ですよ。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 19:19:50.08 ID:uDbWDwP5
ていうか、カルト信者以外には忍性の方が
日蓮より遥かに高徳の清僧であることは明晰判明な事実。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 20:31:09.43 ID:9cFtmmW8
名誉博士号を買い漁ってる自称『永遠の指導者』よりも、
実質的な活動を評価されたノーベル平和賞の受賞者の方が、
世界平和に貢献しているという道理と一緒ですね…

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 20:31:10.63 ID:sq96P5NZ
極楽寺は忍性入寺の10年後に焼失

648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 20:32:46.37 ID:sq96P5NZ
>>646
はて、何の話しだろう

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 20:36:37.46 ID:sq96P5NZ
極楽寺は何度も焼失したがその度に幕府の資金、つまり血税で再建された

650 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 20:39:52.09 ID:cltTZ6+m
>>644
貴方にレスを付けた覚えはないが?
創価学会の教義は付属施設の東洋哲学研究所の所論と合致していない。
東洋哲学研究所の刊行誌は学術雑誌の扱いを受けている。
日蓮正宗の教義を借用しても裏付けになる諸文献を否定すれば創価教学には何の根拠もなくなる。
日蓮本仏論を後世の成立とする研究所の論理に従えば自ずと創価教義は成立しない。

651 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 20:41:37.69 ID:sq96P5NZ
うってかわって日蓮宗祖は終生幕府の庇護を受けなかった。
幕府の庇護を受けた日蓮宗祖系宗派は名ばかりの反日蓮宗祖と言える。

652 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 20:51:28.48 ID:9NgMMy5O
>>650
> 創価学会の教義は付属施設の東洋哲学研究所の所論と合致していない。

貴方はとんでもない勘違いをしていますよ。
創価学会は宗教団体。東哲研は学術機関です。
学会が創設した機関といえども、組織としての役割は違います。

> 日蓮正宗の教義を借用しても

借用などしていません。学会は御書根本の立場から、独自の教学を打ち立てています。

> 裏付けになる諸文献を否定すれば創価教学には何の根拠もなくなる。

学会がどの文献を否定したというのですか。

> 日蓮本仏論を後世の成立とする研究所の論理に従えば自ずと創価教義は成立しない。

最初に書いたとおり、学会と東哲研は別組織。
東哲研が学会教学を創り出しているのではありません。

653 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 21:19:37.79 ID:Q/odWmIw
650氏だけ他のあ法華講とは印象が違うね。正宗の坊さんかなあ?

654 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 21:22:33.90 ID:gI/Co/Oc
>>640
>しかしこれは、すまんが、本気でわからん。寺族以外に誰が困るの?

他宗なんでよく知らないんだけど、学会員は先祖供養とかしないの??

お墓とか、無宗派?

現世利益につられて宗派捨てたてこと?

自分の死んだあとはどうするの?

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/12(月) 21:52:43.84 ID:gHYbhjwJ
>>653
> 正宗の坊さんかなあ?

違う。一法華講員。
仏法の正邪などには無関心で、どっちがより多くの知識を持っているのかを競うために出没している(だから坊さんと言われて、喜んでいるはずw)。
だから、知識比べにならない問題になると、さっさと姿を消す。
特徴としては、松岡博士に強い敵愾心を持っている。

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 01:15:37.18 ID:7IhiZ0SC
>>647
で、それが忍性について何かを示すとでも思っているのかね。
もうその辺りの思考がカルト丸出しなんだがなあ。

657 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 01:19:11.34 ID:7IhiZ0SC
>>654

>>640は私だが、私は創価学会の信者ではないのでそのように尋ねられても困るな。

だが、先祖供養とか別に仏教と何の関係もないし、どうでもいいんじゃないの?
骨は散骨でもすれば? 釈尊じゃあるまいし遺骨なんか保存する用もあるまい。

で、日蓮正宗を含む仏教諸宗派がなくなって寺族以外に誰が困るの?

658 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 01:24:27.93 ID:7IhiZ0SC
自派に何かあれば法難で他派になにかあれば現罰だもんなw

覚鑁も忍性もビチグソ日蓮なんぞと違って有徳の清僧だしなあw

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 02:38:18.84 ID:F4mYs80V
らい病を引き起こすらい菌が発見されたのが1873年アルマウェル・ハンセンによる。
忍性が治療できるわけがない。このことからすると、忍性はらい病患者隔離に加担していたと考えられる。

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 06:47:37.86 ID:lvwmo9hK
651、日蓮の活動の目的の一つに、自分の宗旨を
 国家認定にさせようとした事は間違いなくある。
 僧侶とは当時の上流階級と支配層である。
 寺を持ち寺領を維持してやっと一人前の寺だ。
 そうならなければ、流しのフーテン坊主でしかない。

661 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 07:18:39.15 ID:7IhiZ0SC
>>659
感染症だということすら認識されてなかったのにかwwwwwwww
なにがなんでも忍性を悪者にしたいカルト脳乙w
癩を仏罰だ!などと叫ぶビチグソとは忍性は格が違うのだよ、格がw

662 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 07:38:04.40 ID:S6fqb5vS
>>659
丹波哲郎と森田健作の映画「砂の器」見たらわかるけど、
昔はらい病患者は社会から完全隔離のつまはじきで、
流しの乞食やりながら、道端で野垂れ死にするしかなかったのよ。

だから、だれかが手をさしのべて面倒見てやらなければ
いけなかったんだけど、それを公共の立場で
初めてやったのが忍性という人。

その一方で、自分は寺に来る貧乏人をすべて追っ払って
デブデブ太り、金に執着して溜め込む銭亡者で、
弱いものを助ける人たちを口汚くののしりつづけた、
浅ましい地獄の亡者みたいな坊さんが
日蓮という人よ。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 08:39:32.20 ID:LSA0TWEB
>>659
創価信者らしい出鱈目な誹謗中傷だ。隔離したのではなく療養施設をつくって医薬品も与えて治療したのだよ。
それどころか乞食に出かけることのできない弱った病人を毎日背負って鎌倉の町まで何年も送り迎えしたのだよ。

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 08:49:11.67 ID:LSA0TWEB
カネ目当ての日蓮は底辺の民衆はそっちのけで実際には財務できる余裕のある武士など中流層の顧客信者に口先説法の手紙を送っただけ。
忍性は利他に献身した真の菩薩で、それゆえ世人に「医王如来」とよばれるほど敬愛された。日蓮とは月とスッポンの違いだよ。

665 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 09:07:15.94 ID:F4mYs80V
>>663
私が創価信者であることを証明せよ

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 09:11:45.52 ID:F4mYs80V
>>662
「面倒見て」とは具体的にどういうことなのかね

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 09:30:58.39 ID:jVqjH3Rl
創価信者にも似たやつが、ここにも居るってことだったみたいだね。
>>665、君の事ね。

つうか、君が誰であろうとも興味のないしねw

>>666
偉そうに質問するまえに、君が>>659での
>病患者隔離に加担していたと考えられる。

との事を具体的にどういうことなのか説明したらどうでしょうか?・・・
・・どういうことなのかね。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 09:31:26.59 ID:7IhiZ0SC
日蓮カルト信者らしい、って言ってもらえれば満足なんだろw

669 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 10:20:42.27 ID:OMzJPAH+
>>667
横入り失礼。

ここがもともと日蓮正宗の者が立てたスレであることはタイトル見ればわかると思うが。
そうでなくても少し遡って読めば、ここにいるのはほぼ学会員と正宗信徒であることは明白だろう。
にも関わらず、安易に「学会員」と断定するあなたの判断力はかなり杜撰だと言われても仕方ない。
延いてはあなたの論説の信用性も怪しまれるのでよくご注意を。

では引き続き、良観擁護をどうぞ。

670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 10:29:16.58 ID:4MXGCc9r
スレチな投稿はやめろ。 そういう主張をしたいのであれば、それに合ったスレッドを選べ。

671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 13:05:38.36 ID:4MXGCc9r
>>632
> 学術根本の伝統宗教は存在しない。

おそらく、日蓮正宗の根本は、唯授一人の相伝であると言いたいのですよね。
もしそうだとすれば、その相伝が絶対に間違いがないという根拠を、どこに求めますか。
有名なところでは、「時の貫首為りと雖も仏法に相違して己義を構えば之を用う可からざる事」(日興遺誡置文)とあるように、日興上人は、法主といえども間違う可能性を示唆されています。
では、時の貫主が己義を構えた場合、何をもって己義と判断するのですか。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 13:12:44.52 ID:vYvSFbJF
>>669
>ここにいるのはほぼ学会員と正宗信徒であることは明白だろう。

いや違うから。
アンチと正宗信徒と舎利しかいない。
学会側は舎利だけな。
奴は複数に見せる為、自演してるから。

673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 13:22:19.44 ID:4MXGCc9r
>>672
もしかして貴方は、「三大秘法総別説」を提唱された方でしょうか。

そうでしたら、話の続きを始めませんか?

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 15:17:18.71 ID:vYvSFbJF
>>673
>「三大秘法総別説」?

それなんでしょうか?自演舎利くん。

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 16:24:07.19 ID:4Wvcr6A2
舎利は遊びたくてしょうがないらしいwww
池田センセーは世界一素晴らしい朝鮮人参なんだろ?舎利www
あのチビ爺さんまだ生きてんのか?

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 17:55:10.23 ID:4MXGCc9r
>>674
> >「三大秘法総別説」?

>>366に書かれた「この三大秘法は総別のニ義があり」のこと。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 18:42:31.64 ID:F4mYs80V
惣別の付属塔中塔外之を思う可し

惣付属=嘱累品二十二、無量の諸菩薩への付属。十方での広宣流布を託す。
別付属=神力品二十一、上行等菩薩大衆への付属。釈尊有縁深厚の娑婆世界での広宣流布を託す。「過此無量無辺百千万億阿僧祇世界 有国名娑婆」
塔中=虚空会
塔外=霊山会

惣別付属ともに塔中=虚空会で行われた。虚空会での付属に惣別が有るわけである。

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 20:38:36.48 ID:o8b+lFW2
日蓮大聖人の所持される三大秘法の『総別の二義』については?

679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 21:12:43.99 ID:YuvKy8kc
学会員は細かいことをいつまでもぐぢぐぢ気にする神経質な人多いね。

よく生きてるね。

680 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 21:13:10.22 ID:F4mYs80V
>>678
なにそれ

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/13(火) 21:23:03.08 ID:F4mYs80V
三大秘法禀承事には、如来一切所有法、如来一切自在神力、如来一切秘要蔵、如来一切甚深事の四事を要として、
釈尊久遠称揚の本眷属上行等四菩薩に付属(結要付属・別付属)したとあり、その四事とは寿量品の本尊・題目・戒壇(三大秘法)であると。
三大秘法を上行等四菩薩に別付属したのだと書かれているだけである。

682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 00:43:45.60 ID:dYBKhG3t
>>679
>>366が細かい事だと思うのか?
法華講の教学の程度が知れるな。

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 05:30:53.59 ID:ANgiRXDa
>>682
おれホケコウじゃないしw

684 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 08:07:58.58 ID:2mFOqArx
>>632
> 学術根本の伝統宗教は存在しない。

他教団には学術的根拠を求め、自分の教団は学術的な根拠は不要・・・・これでは自分の教団内でしか通用しない論理だ。
本気で広宣流布する気があるのか。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 11:16:25.47 ID:AA13JQyY
>>683
外部のほとんどの人はホケコウと読まないと思うな

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 12:03:47.52 ID:VvSsVqEW
尼崎連続変死事件のスレより

806 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2012/11/13(火) 15:05:18.18 ID:PTEA49tS0 [1/3]
先週のSPAの各誌、新聞貴社の覆面座談会でさんざん非難されている
記事にできないどころか書かないようプレッシャーかけてる団体って
草加のことでしょ。

823 名前:可愛い奥様[] 投稿日:2012/11/13(火) 15:50:29.88 ID:PTEA49tS0 [3/3]
> 816
ソースじゃないけどSPAの記事では地元住民の多くがはぃっている「ある団体」という
表現で、その団体が地元住民たちに取材協力しないよう指示しているせいで
取材ができないとか、こういう事件でいつも積極的に動く大手紙が今回は不思議なほどに
動かないとか、そういう内容だった。

687 :栗林正明:2012/11/14(水) 12:14:59.30 ID:Q1W4RF60
創価諸君よ
高橋裕之が2週間以内に生活保護の決定通知がくるよう祈っていこうではありませんか!

688 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 17:59:05.24 ID:iGqBTBQI
>>684
> 他教団には学術的根拠を求め、自分の教団は学術的な根拠は不要

などと誰も主張していない。余り範囲を広げないで欲しいものだ。(自演氏との遣り取りでは「御書・血脈・本尊」の三点。)
>>592
> 学術的には全く通用しないどころか、ほぼ偽書と確定したものを真偽未決だと強弁し

ここには「二箇相承」から「御義口伝」を含む相伝書が挙げられるだろうが未決ではなく御書そのものと考えている。
大石寺教学は偽書に基づく教学との批判があるが学会がそれを踏襲すれば当然現在の創価教学も否定される。
既に指摘したように自演氏は学会の公式教義から離れた主張を展開しているが、
個人的著作物や東洋哲学研究所通りの主張と学会教学が全く異なるなら何のための学術研究なのだろうか。


宗門編纂の「平成校定」は最新の研究成果を取り入れている。
学者が偽書と断じても真偽は多数決で決まるものではなく真撰の根拠は公開されている。
「神秘的な血脈観」は池田氏が主張し撤回した表現。
「戒壇本尊」云々は定番のような問答になっているから幾らでも肯定論・否定論は見つかる。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 18:08:54.68 ID:aB04PdaU
>>632
> 学術根本の伝統宗教は存在しない。

この発言は、貴方自身の以前の発言と矛盾している。
貴方は以前、以下のように書き込みしている。

> 宗門刊行の平成新編は学術研究の成果を踏まえ偽書を収録していない。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1323556482/331

「学術研究の成果を踏まえ偽書(=「出家功徳御書」のこと)を収録していない」と言いながら、>>627
> 学術とは無縁の教団
と批判されると、突如として態度を180度変えて
> 学術根本の伝統宗教は存在しない。
と言い出す。
一体、どこまで姑息な人間なのか。

宗門が学術根本ではないと断言するのであれば、学術成果の如何に関わらず、「出家功徳御書」を真撰として、宗門刊行の平成新編に収録するべきではないか。

690 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 18:29:21.27 ID:aB04PdaU
>>688
> 大石寺教学は偽書に基づく教学との批判があるが学会がそれを踏襲すれば当然現在の創価教学も否定される。

同じ日蓮大聖人の教えを信じているのだから、教学上の解釈で重なる部分は多々あるのは、別段、何の不思議もない話。
それを「踏襲」というのは自意識過剰。

> 個人的著作物や東洋哲学研究所通りの主張と学会教学が全く異なるなら何のための学術研究なのだろうか。

第一に、純粋に歴史の真実を探求することではないか。
学会であれ東哲研であれ、現宗門のように、まず結論が先にあって、それに都合のいいものだけ掻き集めるような教団とは違う。

> 宗門編纂の「平成校定」は最新の研究成果を取り入れている。

しかし、それ以前は、「出家功徳御書」を真撰の御書として収録していたはずである。
それは堀上人のみならず、それ以上の大石寺法主も、「信行に資する」との見解があったからであろう。
その「出家功徳御書」を収録から外したのは、この御書に対する宗門の見解が変わったと見ていいのか。

> 「神秘的な血脈観」は池田氏が主張し撤回した表現。

今でも使っています。
何より、「神秘的な血脈観」を弁解するのに、破門した人間の言葉を利用しようとする発想が腐っている。

> 「戒壇本尊」云々は定番のような問答になっているから幾らでも肯定論・否定論は見つかる。

学術的に通用する肯定論などありません。あるなら出して見せなさい。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 18:30:58.65 ID:iGqBTBQI
>>689
学術根本と学術無視は違うだろ。
学術の正邪は研究と共に変化するが教義は変らんだろ。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 18:40:32.46 ID:aB04PdaU
>>691
それを言うのであれば、創価学会だって学術根本ではありませんよ。
確かに学術の変化によって、教義そのものは影響されません。
また、そういう意見を持っているのであれば、
> 学術的には全く通用しない創価教学
との蔑んだ書き込みをした>>626にこそ言うべきではありませんか?
学術の成果によって教義の是非は判断されるべきではないと、貴方は考えているのでしょ?

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 19:58:47.37 ID:EuJCLgh1
 ↓ ↓ ↓
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1284336671/208

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 20:09:50.41 ID:aB04PdaU
>>632
> 松岡に弟子入りせよ。

ついさっき、松岡幹夫著『現代思想としての日蓮』(長崎出版)が届きましたよー。
http://www.amazon.co.jp/%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%80%9D%E6%83%B3%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%E6%97%A5%E8%93%AE-%E6%9D%BE%E5%B2%A1-%E5%B9%B9%E5%A4%AB/dp/4860952510

在庫が残り一点になっているから、君も急いで注文しなさい!w

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 20:23:57.43 ID:UjLpmkH1
>>692
創価は学術も仏教の根本も何も無いよ。
血脈も何も無いよ。
あるのは、ただ「池田先生ぇ〜」てな。
なんでこんなもんに騙されるかね〜学会員て

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 20:29:32.69 ID:jEawOunl
>>684
舎利さんは創価学会に所属しているだけであって、池田大作の弟子ではありませんから組織の大義には関わりのない人でいらっしゃいます。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 21:10:10.18 ID:iGqBTBQI
>>690
> 今でも使っています。
52年路線で宗門を欺き正信会を暴走させた責任は重いぞ。
また「弁解」など誰もしていない。唯授一人血脈は「神秘的な血脈観」ではないからだ。

> 学術的に通用する肯定論などありません。あるなら出して見せなさい。
自爆レスだね。
創価の本尊を否定し会員に授与する本尊の意義を否定する貴方は学会を去るのが道理だ。

自説を本部に諫言し教義を根底から直させますか?

> 同じ日蓮大聖人の教えを信じているのだから、教学上の解釈で重なる部分は多々あるのは、別段、何の不思議もない話。
同じ大聖人の教えが日興上人と五老僧では解釈に天地の違いがある。
日蓮正宗と重なる解釈は正宗から盗み取ったんだよ。
学会が新興宗教だと忘れちゃダメだ。

宗教とは信仰の対象(←重要)で学問研究で教義が覆るものではない。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 21:27:49.70 ID:UjLpmkH1
とどのつまり、創価の信仰っていうのは、日蓮正宗の揚げ足をとって誹謗して自己正当化して会員を洗脳することにあるのですね?

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 21:35:38.10 ID:l7M9XP/q
>>697
横レスです。

> 日蓮正宗と重なる解釈は正宗から盗み取ったんだよ。

勝手に独立したわけではなく異流義と称して破門してきたのだからそれは仕方ないことだろう。
感情的で観念的な言葉だ。

> 学会が新興宗教だと忘れちゃダメだ。

始まりはいつも新興宗教。案外つまらないことを言う人なんだな。ちょっとがっかり。

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 21:39:35.54 ID:6i0q4ss9
信仰が新聞勧誘と選挙のFと財務っておいおいw
困った人達だなw

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 22:31:57.89 ID:aB04PdaU
>>697
> 52年路線で宗門を欺き正信会を暴走させた責任は重いぞ。

責任転嫁もいい加減にしろ。

> 唯授一人血脈は「神秘的な血脈観」ではないからだ。

「唯授一人の血脈の当処は、戒壇の大御本尊と不二の尊体にましますからであります」
これを「神秘的な血脈観」と言わずに何と言おうか。
御本尊と不二の尊体は、日蓮大聖人お一人。

> 創価の本尊を否定し会員に授与する本尊の意義を否定する貴方は学会を去るのが道理だ。

戒壇本尊に関する学術的に通用する肯定論を出しなさいとの要求に、この返答は何なのか。的外れにも程がある。
返答に困る突込みをされたら、学会の話にすり替えろとでも教えられているのか。
見苦しい。

> 日蓮正宗と重なる解釈は正宗から盗み取ったんだよ。

学会は御書根本。
法主絶対主義・僧俗差別の現宗門の教義は、大聖人の教えに真っ向から違背。
お前等の根本教義なんてイラネ。

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 22:38:35.36 ID:6i0q4ss9
>>701
三宝一体知らない???w

ダメだぁ〜

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 22:40:59.05 ID:UjLpmkH1
>>702
知らないも何も
都合が悪い御書はみんな偽書だそうです。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 22:52:18.42 ID:UjLpmkH1
>>701
あったよん。
凡そ謗法とは謗仏・謗僧なり三宝一体なる故なり


>御本尊と不二の尊体は、日蓮大聖人お一人。

えへっ?お前の発言と御書の御文との整合性がとれないじゃん。
また、ご都合解釈か?

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/14(水) 23:17:53.55 ID:ANgiRXDa
教義がどうというより、
創価学会員て、なんか絶えずびくびくして、怪しいだろ。

教義より振る舞いだろ。
振る舞いが気持ち悪いから早くなくなってほしい。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 06:00:52.98 ID:4FFE8Obi
※三大秘法に総別があることを証明できず遁走敗北で決着しましたので雑談を御送りしております

707 :高橋裕之:2012/11/15(木) 06:07:15.37 ID:rTFg9WKa
創価学会の皆様
私高橋裕之は生活保護を受けたいです
11月28日決定通知が来るように御祈念のほどをよろしくお願いします

また年末ジャンボで6億円が当たりますように御祈念よろしくお願いします

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 06:52:07.82 ID:MfJNLh9h
>>704
> あったよん。
> 凡そ謗法とは謗仏・謗僧なり三宝一体なる故なり

それが私の要求した「戒壇本尊に関する学術的に通用する肯定論」なのかw
笑わせるのもいい加減にしろ。

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 06:59:13.75 ID:MfJNLh9h
>>704
> >御本尊と不二の尊体は、日蓮大聖人お一人。
>
> えへっ?お前の発言と御書の御文との整合性がとれないじゃん。

ではお話を聞かせて頂きましょう。
整合性が取れないとする具体的な御書の御文を出してください。

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 07:17:32.12 ID:MfJNLh9h
>>688
> 宗門編纂の「平成校定」は最新の研究成果を取り入れている。
> 学者が偽書と断じても真偽は多数決で決まるものではなく真撰の根拠は公開されている。

この部分は矛盾しているの。
学者が偽書としたから、 宗門編纂の「平成校定」から『出家功徳御書』を外したのだろ。
しかしそれまでは、“真撰の根拠あり”としたから、収録されていたのだろ。
“矛盾していない”というのであれば、なぜその見解を変更したのか、その根拠を明らかにするべき。

>>697
> 宗教とは信仰の対象(←重要)で学問研究で教義が覆るものではない。

史実として変わってきているではないか。
日興上人をはじめとして、初期大石寺門流には、今のような貫主絶対化としての唯授一人説など存在しなかった。
戒壇本尊については、その気配すら存在しない。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 10:16:03.43 ID:ug/yLihB
法主が真撰と断じても真偽は法主の独断で決まるものではなく偽書の学術的根拠は公開されている。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 10:45:57.29 ID:FZn2ekDM
>>711
> 法主が真撰と断じても真偽は法主の独断で決まるものではなく

つまり宗門は民主主義ってことか?
法主が断定した見解を否定するのは、宗門の言い分に照らせば、驕慢謗法になるのではないか。
「大白法」には、こう書かれているね。
> 御指南を信じて随う、御指南に従う、信伏随従することが信心なのであり、日蓮正宗の真の門人なのであります。
> もし、この御法主上人猊下の御意に正直な心になれないならば、それは惑障に妨げられた人であり、其の信仰者ではありません。
http://homepage3.nifty.com/y-maki/sinngyou/51-100/66.html

> 偽書の学術的根拠は公開されている。
>>688
> 学者が偽書と断じても真偽は多数決で決まるものではなく
と書いているじゃないか。
どっちが正しいんだよ。

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 10:48:47.77 ID:ug/yLihB
>>712

>>688の改変にムキになられてもなw
そもそも日蓮信者じゃないのでなw

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 11:15:33.96 ID:FZn2ekDM
>>713
信者でない人が、どうして法主の独断で決まるものではないと知ってるんだ?
とりあえず、ソース出して。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 12:08:56.36 ID:R+H81UuM
>>712
御書の真偽は誰が判断するのだ?
まさか、どっかの学者か?

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 12:42:37.05 ID:ug/yLihB
>>714
あのさあ、日蓮正宗への嫌味で書き込んでるのが読み取れないの?
創価学会か顕正会かしらないけど、これだからカルト信者ってのはいやだねえ

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 12:44:22.39 ID:ug/yLihB
>>715
物理学的事実の判断は物理学がするのとどうように、
文献学的事実の判断は文献学者がするというそれだけだ

文献学が信用出来ないなら文献学的素養を欠いた法主の教義的独断なんざ尚更さねw

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 16:24:19.34 ID:23uq03yt
>>699
破門を偽装した独立です。
他の破門団体は自分達が正宗正統の自覚を持ち処分には訴訟まで起こしている。
学会は破門されて喜んでいるでしょ。

>>701
やはり逃げたな。
本尊はどの教団でも信仰の根本。
本尊を否定しながら学会員として宗門誹謗を続けるのは悩乱の窮みだ。
本尊を否定しながら名誉会長を尊敬する貴方は何を信じているのだ?

>>710
明らかに宗門編纂の御書に無知。
購入するなりネット検索してから書いたら如何。

宗史と宗学を混同して尚且つ間違えている貴方は初心者スレにいくか親切な人に教えを乞うべき。(例えば>>711のような人)

719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 17:29:02.61 ID:FZn2ekDM
>>718
> やはり逃げたな。

印象操作しようとしても無駄。逃げまくっているのは君。
>>690に記載した問いを再度書こう。
戒壇本尊について、学術的に通用する肯定論とは何ですか?
それを出せば一発で決まりなんですけどね。それを出さないのは、やっぱり何かあるんでしょうね。

> 宗史と宗学を混同して尚且つ間違えている

言葉の遊びはそこまで!
宗学は宗史に表れる。宗史に著しい変化が表れたということは、宗学の変更を意味する。
一貫した宗史でなければ、何のための宗学かということになる。

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 17:36:15.60 ID:FZn2ekDM
>>718
やはり>>710には返答不能ですか?
いや、最初から返答不能と分かってはいたのですけどね。
宗門の根本とする部分に「答えられず遁走」という事実を残しておきたかったので。
尚、言い訳はしないほうがいいとアドバイスしておこう。
自分だけでなく宗門の醜態を晒すだけだから。

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 19:30:51.21 ID:76NwwBwu
池田が
「何があっても正宗から離れたら悪」と
ロクでもない指導をしてたがありゃ
自分の悪を強調するためだったんだなw

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 21:05:57.19 ID:R+H81UuM
>>282
またいつもの舎利自演ですよ。
別人に見せて学会員を複数に思わす為とD回カキコミ。

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/15(木) 22:09:00.16 ID:7ZzTKslp
創価学会はインチキ
と百万篇唱えると功徳がある。

釈尊も日蓮大聖人もそれで仏となったのである。

すべて人類の不幸の原因は創価学会である。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/16(金) 01:45:53.66 ID:ygI/DoO2
>>723
何でも創価学会のせいにするスレ的でかわいらしい

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/16(金) 07:09:53.43 ID:fBepxCaS
>>718
> 本尊を否定しながら学会員として宗門誹謗を続けるのは悩乱の窮みだ。

戒壇本尊を本尊ではないなんて言ってないが?
大聖人直造ではないと言っているのだよ。

で、戒壇本尊について、学術的に通用する肯定論とは何ですか?
宗門側の人間は、自分で言い出したことにすら、責任を持たない人しかいないのですかね?

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/16(金) 11:47:19.66 ID:ZbBrysqw
学者って、業界からウラ金もらってる人ともらってない人では
意見が正反対だったりするよなw

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/16(金) 13:46:52.80 ID:7byfb7IL
自分の主張に合致する業界とタッグ組んでカネもらう、ってのはしばしばあるけど
裏金もらって曲学阿世するなんて学者は現実には殆どおらん。モノ知らずにもほどがある。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/16(金) 17:47:55.02 ID:I0zqwHkJ
これまじめんどいなやめたいんだが選挙とか公明党絶対推したくねえわ

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/16(金) 20:29:34.55 ID:n0IDT0IW
>>727
ねえあなた、世の中を知らなすぎでしょ。
『御用学者』という言葉も知らないの?
宗教法人の機関紙や機関誌ばかり読んでないで、ちゃんとした新聞や雑誌を読みなよ?外に出て人と話しなよ?

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/16(金) 22:46:41.91 ID:n0IDT0IW
世の中を知らない解離性がモノシリガオで法を語るスレ

731 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/16(金) 23:09:36.49 ID:syWrxmuY
学術的とか言ったら、法華経は学術的に釈尊の著作ではないから、
法華経に帰依するて意味の南無妙法蓮華経は学術的に間違いで、
地涌の菩薩とか、学術的に言ったら適当に作られたお伽話で
そもそも日蓮とか、学術的に言ってただ頭おかしかっただけてことになるんじゃないか?

732 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 04:57:06.94 ID:BGqjtRz0
虚空会を学術的に考証した学者サマはいらっしゃいますかー?

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 05:03:10.18 ID:BGqjtRz0
池田大作名誉博士は、三大秘法の南無妙法蓮華経についての学術的な著作を発表されておいでではないのですか?

学術的に論証された創価信仰のソース希望

734 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 07:36:20.46 ID:BGqjtRz0
日蓮仏法の心髄を知らずして日蓮正宗の信仰を誹謗する世の学者たちを「現代の僭聖増上慢」と喝破したのは、かの二代会長。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 08:35:45.23 ID:Su+mJ5Fc
御書の真偽にすいて議論している。脱線しないように

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 08:36:18.53 ID:Su+mJ5Fc
御書の真偽について議論している。脱線しないように

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 09:36:23.22 ID:zydQT709
>>729

アホだろwwwwwwww大学院くらい行って研究者というものを理解してから来なさいねww

もともとの主張内容が役所や企業に都合がいいような学者が重宝されるのと、
企業や役所が裏金やらを渡して都合のいい主張をさせる、というのは違う
「御用学者」てのは殆ど前者だ。後者は「曲学阿世」でこれは実際には殆どいない。

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 09:49:26.21 ID:DZ3tBvOG
「御用学者」wiki
御用学者とは、もと幕府に雇われて歴史の編纂など学術研究をおこなっていた者のこと。
転じて今日の日本では「権力者におもねる学者」といった意味で使われる。

おもねる:迎合する ・ 擦り寄る ・ 取り入るetc.

>>737
>企業や役所が裏金やらを渡して都合のいい主張をさせる

これも御用学者ですね。

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 09:54:23.49 ID:BGqjtRz0
>>737
ちょっとさ、外(世間)の風に当たってきなよ?

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 12:07:44.12 ID:nWETAUO/
>>732
大谷大学の調査団が、霊鷲山の場所を特定したんじゃねーの?

有名な大谷大学の学術調査だから、きっと法華経の話は
ホントの歴史的事実だったんでしょーね。

2010文化研修【ブッダを歩く(インドフィールドワーク)】
http://www.otani.ac.jp/kouryu/nab3mq0000012y24.html

ついでに大谷大学仏教科の偏差値は45だってさ・・
http://passnavi.evidus.com/search_univ/3890/difficulty.html

日顕さんの立正大学・日蓮学科はたぶん偏差値43・・
http://passnavi.evidus.com/search_univ/3170/difficulty.html

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 15:19:36.45 ID:BGqjtRz0
>>740
虚空会について聞いているのだが?

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 17:34:11.68 ID:Su+mJ5Fc
>>741
学術的見解を知りたければここに入学してみたらどうだ
http://www.ris.ac.jp/faculty_graduate_school/social_welfare_course/paper_list.html
博士後期課程で虚空会を学べる

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 20:32:50.36 ID:gYrOxF/2
宗教に学術的とか言い出したら、ノアの方舟とかバベルの塔とか、本当にあったのか?ていうミステリーネタになるね。

創価学会て、やっぱりそういうのが発見されないとキリスト教はうそっぱちだ!
とか言ってるの?

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 20:43:25.46 ID:a483UQ25
>>740
よその大学の偏差値をどうこう言っているが、創価も
宗教だけの単一の学部にしたら偏差値低くなると思うよ。

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 20:46:46.78 ID:a483UQ25
もっぱら創価大は経済学部に力入れてるってとこが、教団資産を
どう守るかってことに力入れてるように見えておもしろい。
あと教員養成に力入れてるとこあたりは日教組と同じで子供の
うちから刷り込みしよう感があるように思えておもしろい。

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/17(土) 21:36:04.82 ID:Aoye8/Ls
日蓮=パウロ=ソクラテス

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 05:44:48.66 ID:3+lZtvF6
現在、Eテレ「心と宗教」テーマ法華経

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 15:22:56.86 ID:tdYBTkB6
カラーコピー拝む奴って脳の病気なんでしょw

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 16:11:49.68 ID:sEJZwQ1/
というか、紙に書かれた墨を拝むやつはみんな脳の病気。

750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 16:38:11.65 ID:SAs8bclu
いや信者のはみんな印刷物ですが。

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 16:39:56.62 ID:sEJZwQ1/
紙に書かれた墨の写真印刷拝むのももちろん脳の病気。

いうまでもないが、漆塗りの楠木に彫刻した金泥拝むのも脳の病気。

752 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 17:18:40.44 ID:Lt2pCIoz
洗脳って怖いね
公明がサポートしてる橋下が、石原と抱き合わせになって選挙するにあたって、維新の会は脱原発を完全撤回したのに、
公明は「“原則的に”期限付きで廃炉」

維新を咎めることなく自分の党だけは体裁を繕って、それを創禍信者が鵜呑みにして、
「公明は原発推進に反対してるよ。応援してね」と飛言しながらF取りに日夜駆け回る…

末法だね
いつまで騙され続けるの?

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 17:32:08.98 ID:LyJARyjn
>>752日蓮のニセ本尊拝んでるから
原発反対の政策もニセでしょ(笑)

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 18:13:57.69 ID:U7Qghc2t
>>749>>751
例えば、貴方が書店で何か本を買ったとしましょう。
その時、貴方は紙やインクで印刷された文字が欲しくて買ったのでしょうか?

また、お金も見方によっては印刷された紙に過ぎません。
でも貴方は、「単なる印刷された紙だから要らない」とは言いませんよね?

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 19:42:13.40 ID:sEJZwQ1/
>>754
そうね。それがわかってるなら、カラーコピーで構わんけれど、
それならば、中身を本で読まずに知ってるなら本も要らないね。
文字曼荼羅無用論かカラーコピー贋物論か好きな方を選びなされや。

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 19:45:46.32 ID:3+lZtvF6
“文字曼荼羅”に文字が書かれていることは避けるんだな(笑)

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 19:49:31.65 ID:3+lZtvF6
文字曼荼羅の文字を重要視してしまうと開眼論が弱くなってしまうもんな(笑)

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 22:11:03.12 ID:q07B0hoL
>>754
その喩えでいくと、書店で売ってる本を勝手にカラーコピーして販売しました。

勝手に販売した側は、元々本は全部印刷だ、と言いました。

さて、この勝手に販売した組織は何学会でしょうか??

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 22:15:30.29 ID:sEJZwQ1/
>>757
実際、文字とかまったく重要じゃないもんねえ。そもそも
法主の相承の儀式では「南無妙法蓮華経」じゃなくて
「ナム サツリダルマ フンダリキャ ソタラン」だし、それがきちんとした
梵語の"Namo Saddharmapundariika-Suutra"だっていいわけだからな。

それらを漢語でしかも漢字で表記したその字形自体に意味なんかありゃせんよ。

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 22:17:39.08 ID:sEJZwQ1/
>>758

仏法そのものには著作権ないし構わないと思うけどね。
勝手に販売して法が弘められるほうが明らかに望ましいだろう。

創価学会を支持する気にはならんが正宗のこの曼荼羅「物象化」には我慢がならん

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 22:21:11.89 ID:sEJZwQ1/
ていうかさ、曼荼羅を書店で「売ってる」本に喩えちゃう辺りが
もうどうしようもなく正宗信者の臭いところなんだよな

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 22:26:33.54 ID:sEJZwQ1/
だいたいそもそもの日興の爺さんの本尊理解が一尊四仕の造立だったんだからなw
紙幅の曼荼羅は一尊四仕の造立までのつなぎに過ぎない(「原殿御返事」)

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/18(日) 22:41:33.07 ID:q07B0hoL
>>760
サークル活動ならいいけど、日蓮正宗も創価学会も、それをビジネスにしてるんだから、
コピーはまずいだろ。

法律では規制できないけど、暗黙の了解で普通はしないよ。

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 00:09:37.35 ID:ZLW3q72k
>>763
いやいや、コピーされても建前上文句を言うことのできないものを商材にしてるんだから
それを競合相手にコピーされて商材にされてもまさに文句が言えない、というだけのこと

暗黙の了解、なんてのが敵対的関係の下で成り立たないのは当たり前だろう

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 06:44:19.92 ID:203DjOhg
きのうの友はきょうの敵
か。

さすが戦争推進宗教。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 09:16:14.70 ID:jTZHUuav
>>755
> それならば、中身を本で読まずに知ってるなら本も要らないね。

何か止むを得ない事情があって、御本尊に向かうことができず、心の中で真剣に題目を唱えるのであれば、功徳はありますよ。
ただ、御本尊を拝することができる状況において、御本尊に向かって祈らず、移動中などに心の中で題目を唱えて済まそうとするのでは、功徳は出ない。
なぜなら、そこには真剣に御本尊を求めよういう心が欠如しているからです。
「仏・大慈悲を起し五字の内に此の珠を裹(つつ)み末代幼稚の頸に懸けさしめ給う」御本尊である。
その御本尊を拝さずに済ませようとする心に、本当の信心などない。
「叶ひ叶はぬは御信心により候べし」である。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 09:30:54.99 ID:jTZHUuav
>>759
> 実際、文字とかまったく重要じゃないもんねえ。

仏像や絵像と比較した場合、文字曼荼羅であるということは、大きな意味があるのです。
絵や彫刻などでは、それを拝した時に受け止め方が違ってきてしまう。
どうしても目に見える「表現」のほうにとらわれがちで、表現が象徴している「真理」に思いを致す妨げになることもありがちです。
対して、文字を見ると、「誰が書いたのか」とか「どういう意味があるのか」と考えます。
「書いた人」や「書いた人の心」へと思いを至らせる働きが強いのです。
つまり、文字は「心」へ「因」へと導きます。これに対して、絵・像は「果」に執着させる傾向がある、といえます。
木像・絵像は、因果の功徳のうち「果」の方の表現であり、色心二法のうちの色法に過ぎない、ということです。
それゆえに、決して、南無妙法蓮華経という因行果徳をすべて具足した根本法を表し尽くすことはできません。

768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 10:40:07.82 ID:ZLW3q72k
> どうしても目に見える「表現」のほうにとらわれがちで、表現が象徴している「真理」に思いを致す妨げになることもありがちです。
> 対して、文字を見ると、「誰が書いたのか」とか「どういう意味があるのか」と考えます。
> 「書いた人」や「書いた人の心」へと思いを至らせる働きが強いのです。

なんの根拠もないな。
つうか、絵や像であれ、最初に誰かが注意を与えておけばいい話だし、
文字曼荼羅も、そうした注意がなければ同じ罠にはまるだけだ

苦しいのうwwwwww苦しいのうwwwwwwww

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 11:00:38.76 ID:P5zVe2FK
>>768
> つうか、絵や像であれ、最初に誰かが注意を与えておけばいい話だし、

「注意を与えておけばいい話」ではない。なぜなら木像・絵像には肝心要の「心法」が欠けているから。
『滅後は木画の二像あり是れ三十一相にして梵音声かけたり故に仏に非ず又心法かけたり』(木絵二像開眼之事)

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 11:02:19.20 ID:ZLW3q72k
そんな偽書を得々と引用されてもなあwwwww
そもそも日興の爺さんが一尊四士を本来の本尊としてたのはどうすんのwwwwwwww

771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 11:32:34.50 ID:P5zVe2FK
>>770
> そんな偽書を得々と引用されてもなあ

貴方が「木絵二像開眼之事」を偽書と見なそうがどうしようが、そんなことは関係ありません。
なぜなら、木絵二像には梵音声がない、そして心法もない。これは否定しようのないことだからです。
違うというなら、木像や絵像の梵音声を示してみなさい。どんな心法があるのか示してみなさい。 できませんから。無いものを示すことはできませんから。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 11:34:41.63 ID:203DjOhg
功徳がなくてもいろいろ言い逃れができるようにしているところが
霊感商法の基本だね。

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 11:49:23.19 ID:ZLW3q72k
> なぜなら、木絵二像には梵音声がない、そして心法もない。
> これは否定しようのないことだからです。

そんなん、そもそも文字曼荼羅にもないじゃんwwwwwwwww
で、その主張の典拠が偽書wwwwwwww?

774 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 11:57:04.14 ID:ZLW3q72k
> 木像や絵像の梵音声を示してみなさい。どんな心法があるのか示してみなさい。 
> できませんから。無いものを示すことはできませんから。

いやあ、文字曼荼羅の梵音声と心法を示してもらいたいもんだねwwwwwwwww

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 12:04:29.99 ID:P5zVe2FK
>>773
> そんなん、そもそも文字曼荼羅にもないじゃん

ありますよ。

「所詮末法に入つて此珠とは南無妙法蓮華経なり、…… 所詮此珠と云うは我等衆生の心法なり」(御講聞書)
☆南無妙法蓮華経=心法

「滅せる梵音声かへつて形をあらはして文字と成つて衆生を利益するなり」(木絵二像開眼之事)
☆梵音声は文字で顕すことができる

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 12:28:36.87 ID:ZLW3q72k
>>775

だから、偽書を典拠にしてどうすんだよwwwwwww

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 14:20:33.81 ID:KIpwITeF
>>776
いや、アルファベットに何にしろ文字は音を表している(表音文字)
アルファベットの場合は並べて意味を表すが、漢字の場合は一文字で意味も表せる(表意)
漢字は表音と表意を両立させた究極文字と言える。

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 15:21:04.23 ID:jXPZQ3c8
>>775
質問です。嫌味でなく素朴な疑問ですが、盲目の人は大聖人の御図顕された曼荼羅御本尊を
拝することができませんが、一生成仏は叶わないことになるでしょうか?

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 15:38:11.49 ID:G4Ar3v9c
>>762
「御力契い給わずば、御子孫の御中に作らせ給う人出来し給うまでは、聖人の文字にあそばして候いしを安置候べし。」原殿御返事
これは、随身仏にこだわっている者に対しての一種の方便だよ。
「問うて云く末代悪世の凡夫は何物を以て本尊と定むべきや、答えて云く法華経の題目を以て本尊とすべし」本尊問答抄

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 15:58:49.58 ID:ZLW3q72k
>>779

前者が方便で、後者が真意だという証拠がどこにあるのだwwww
後者が方便で前者が真意でも構わんだろうがwww


一尊四士造像はそもそも方便じゃなくて、前期日興の真意。
後期日興は文字曼荼羅正意に移行するが、前期は造像。
そして、後期日興が前期日興より正しいと考える理由なんかないwwww

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 18:17:46.57 ID:203DjOhg
何でもいいのだったら自分とこの本尊作ればいいのにね。

他宗の本尊をコピーするて、やってることが最低だね。

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 19:34:24.09 ID:jTZHUuav
>>775
『如来滅後五五百歳始観心本尊抄』
・此の本門の肝心の南無妙法蓮華経の五字に於ては仏猶文殊薬王等にも之を付属し給はず
 何に況んや其の已下をや但地涌千界を召して八品を説いて之を付属し給う。
本門の肝心=南無妙法蓮華経の五字
つまり、万人成仏の根源の法(心法)は南無妙法蓮華経である。

尚、梵音声は仏の身体に備わっている特徴を示す三十二相の中の一相。
故に仏像等を建立する際は必要になるが、文字曼荼羅は仏の姿を表現したものではなく、仏の成仏の法そのものを御図顕されたものだから、三十二相も梵音声も不要。

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 20:21:24.88 ID:P5zVe2FK
>>780
非学匠が、いい加減なことを書くものではない。

『五人所破抄』より
> 図する所の本尊は亦正像二千の問・一閻浮提内未曾有の大漫荼羅なり、今に当つては迹化の教主・既に益無し況や□□婆和の拙仏をや、
> 次に随身所持の俗難は只是れ継子一旦の寵愛・月を待つ片時の螢光か、
> 執する者尚強いて帰依を致さんと欲せば須らく四菩薩を加うべし敢て一仏を 用ゆること勿れ云云。
(通解)御図顕された御本尊は、また、正法・像法二千の間・世界中にいまだかって現れたことのない大漫荼羅である。
末法今時においては、法華経迹門の教主である釈尊はすでに利益はないのであるから、まして小乗教の応身仏に利益があるはずがない。
次に、大聖人が一体仏を随身所持しておられたではないかという言い分についていえば、これはちょうど、まま子を一時的に愛するようなものであり、
また、月が出るまでの片時の間の、蛍の光のようなものであろう。
それでもなお釈尊に執着し、どうしても仏像に帰依したいと願うならば、当然四菩薩を加えて脇士とすべきであろう。あえて一体仏を用いてはならない。

日興上人は、大聖人自身が仰せられて御図顕された大曼荼羅こそ末法一切衆生が信仰の根本とすべき本尊であるとされている。
しかしながら、そのように末法に益のない一体仏をなぜ大聖人が所持されていたのか、との疑問に対して、
継子に対する一時的な愛情、月が出るまでのわずかな間に価値のある蛍の光のようなものとして所持されたのであって、大聖人の本意は一体仏ではないことを明言されている。
それでもなお、仏像への執着が強い当時の状況下で、大聖人御自身が御在世中に富木常忍、四条金吾、日眼女の仏像を容認されたように、
法華経本門の教主の脇士である上行・無辺行・浄行・安立行の四菩薩を配置することで、衆生誘因の方便として、かろうじて認められている。
しかし、日興上人の本意はどこまでも前述のように、曼荼羅御本尊にあることはいうまでもない。

784 :782:2012/11/19(月) 20:29:55.86 ID:P5zVe2FK
アンカー訂正 >>775>>773

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 20:52:48.70 ID:ZLW3q72k
>>783
まったく的をはずしてるよ。

って、そもそもまた偽書『五人所破抄』が典拠かよwwwwwww

ほんと、もうちょっとまともな文書持ってこられないわけwwww?

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 22:05:39.11 ID:FNYLzu5j
>>785
「木絵二像開眼之事」(真蹟曽存)真偽論なし
「五人所破抄」 三位日順筆記(日代写本現存)日興上人印可で問題なし

造仏思想を指摘したいなら的をはずしているのはそちらだから責め方が下手だなあ。
>>780
> そして、後期日興が前期日興より正しいと考える理由なんかないwwww
先判・後判というのが有ってな、遺言状と同じように後判を真意と取る決まりがあるんだわ。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 22:31:45.29 ID:203DjOhg
まあまあ、なんだかんだ理屈こねても、
日蓮とか死んで700年以上なる人間の書いたもん利用してるだけだから。

題目が本尊?
じゃ、三大秘法は一個減るわけだね??

まあいい加減というか、
おれみたいな日蓮正宗知らない人間が見抜けるうそっぱちだよ。
くだらねーー

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 23:14:08.65 ID:ZLW3q72k
>>786

五人所破抄wwwwwwwww日興の印可wwwwwwwwwwwwwwwww

はともかく、後期日興の思想を日代が構成したものだとしても、
後期日興から前期日興の本意を「方便」と位置づけただけだろwwwwww
この点は仮に後期日興本人がが前期日興を「方便」と位置づけたとしても同じで
前期日興の方が正しくないことにはならんwwwwwwwwwwwwwww

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/19(月) 23:17:11.44 ID:ZLW3q72k
> 先判・後判というのが有ってな、遺言状と同じように後判を真意と取る決まりがあるんだわ。

そんな決まりないから。
それは文献学的ルールではなくて、天台の狂想反釈のルールに過ぎない。
そもそも、それなら涅槃経が釈尊の真意だなwwwwwwww

790 :舎利さんが語ってくれないので私が代理:2012/11/20(火) 20:07:34.89 ID:1/dbHfrd
>>778
叶います。
目が見えない人は心眼で観るのです。観心です。何を観る?仏の誓願です。
呼び呼ばれて開眼です。仏性を開く。まことに開けたり。

逆に信心がない人がその色眼で見たところで功徳はないのです。だから内拝にしているわけです。創価だって、本尊の相貌は外部にはみだりに公開していません。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/20(火) 22:31:03.86 ID:a1vYHBZ6
>>790
「生死一大事血脈抄」
総じて日蓮が弟子檀那等・自他彼此の心なく水魚の思を成して異体同心にして南無妙法蓮華経と唱え奉る処を生死一大事の血脈とは云うなり

君の場合、【自他彼此の心なく水魚の思を成して異体同心にして南無妙法蓮華経と唱え奉る】…これが欠如しているから血脈がない。
一匹狼では大聖人の信心にそぐわないということ。何より一匹狼では広宣流布など出来るわけもあるまい。

結論として、「信心の血脈なくんば法華経を持つとも無益なり」となる。

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/21(水) 18:25:30.71 ID:TgMKjyLf
>>791
論点がずれてますよ。
盲目で曼陀羅本尊が見えない人でも、本尊に向かって勤行することで功徳があるのか否かの話をしているのです。

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/21(水) 19:46:14.96 ID:j5+CUVgZ
>>792
>>791は盲目であろうとなかろうとひとりで勤行唱題しても、功徳はない、創価に入らないと功徳はない、
と言っている。

ひとりでは選挙もできない。
新聞啓蒙も、集団で家庭訪問することもできない。

なにより池田先生と共に闘わずに功徳などないのである。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/21(水) 20:07:34.98 ID:TgMKjyLf
カルトの集団って怖いね

人って、集団心理に陥ると、先生の写真や追憶記事ばかりの機関紙の押し売りでも、権力の犬の議員への執拗な投票依頼でも、なんでもそれが正義だと信じ込んでしまうのだもの。
そんな組織のキチガイ沙汰をよく理解していらっしゃるのが、我らが舎利さんです。

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/21(水) 23:16:14.10 ID:j5+CUVgZ
>>794
洗脳されているという根拠は?

君たちは洗脳されていないと言い切れるのかね?

池田先生と共に闘うことこそが功徳である。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 00:35:10.65 ID:jT2vEvPN
>>794 ←そんなに嫉妬しなくても(笑)
破門してみたらほとんどの会員が学会に残ってしまった不人気貫首
売り上げが雀の涙の自宗機関紙
大糞を当選させるほどの票も無い

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 01:35:01.95 ID:xgXLO3c4
普通の仏壇屋で購入するとどうよ?
ヒゲ曼荼羅は何ぼでも売ってるわな。
市販品の功徳と正宗発行の功徳と創価ビニル本尊の
相違点を教えて欲しいな。

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 02:57:25.59 ID:Rl25trAz
>>797
自分で書いているではないか。発行元が違う。

799 :栗林正明:2012/11/22(木) 03:04:28.10 ID:l+0y623X
2ちゃんを見ている創価同志諸君よ

高橋裕之を生活保護まで追い詰めて
11月28日までに決定通知を送りつけられろように祈ってやろうではありませんか!

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 04:27:17.01 ID:l8J40QPM
>>797
意味不明な文章だな

普通の仏壇屋で購入するとどうよ?
ヒゲ曼荼羅は何ぼでも売ってるわな。
市販品ヒゲ曼荼羅の功徳と正宗発行ヒゲ曼荼羅の功徳と創価発行ヒゲ曼荼羅の功徳の
相違点を教えて欲しいな。

ということか?

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 07:57:21.58 ID:45vFPU8U
創価学会の信心が真に正しいとする立場に於いて、他宗の大聖人曼荼羅に功徳ありと言うわけがない。
当然、創価学会員が創価公式御本尊以外を受持する意味はまったく無い。
もうひとつ言うなら、誰でも金を出せば手に入るような形で大聖人曼荼羅を売買することは御書に
照らし合わせても不敬。

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 15:00:31.83 ID:l8J40QPM
>>689
出家功徳御書には、還俗は悪道に堕ちる、無間地獄の因である五逆罪よりも重い罪等々と書かれているので都合が悪いのでしょう。

803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 19:11:55.27 ID:dOO1xC4m
>>795
私も洗脳されていたからよく分かるんですよ。

池田が敵と見なした相手を貶めるために、根拠のないデマ風評が会合の場で、創価家庭内で、刷り込みされていく様を体験してますからwww

創価の子供が世間や世論を知らずに社会に出てカルチャーショックを受けるのは罪だよねwww

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 19:46:59.30 ID:xgXLO3c4
>>801でもですね全く見分けが付かないのだよ。
元に戻って検討すると曼荼羅なる印刷物を
在家信者に手渡してからに【以後のお布施はこちらに頂戴します】
と言い合っているだけなのだな。
だから以前に寺から受けたお曼荼羅を創価版お曼荼羅に変更したわけでしょ。
分派争いの典型になっているのが現状だな。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 20:09:27.00 ID:l8J40QPM
分派争いではなく、曼荼羅作成班(宗門)が無関係宣言をしてきたので自分とこで授与する。
至極自然な話しである。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 20:15:32.95 ID:l8J40QPM
もう学会の資金援助はいりませんと。自分たちだけでやっていけます、自立しますと。

ということで宗門は学会から巣立っていった。曼荼羅作成班がいなくなったのでその部門も学会内で設けることにした。

807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 20:28:33.15 ID:dOO1xC4m
>>806
巣立っていった子の身の上に何かある事に、機関紙や会合で話題のネタにする。
子煩悩だねぇ

巣立ってから20余年。大作が正宗のことを思わなかった日は一日となかっただろうね。

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 20:29:56.88 ID:l8J40QPM
戦中の大火で消失した寺跡地を学会が買い取り、火事に強いコンクリ住宅を建設して坊さん風管理人を住み込ませ、
どうにかこうにか新寺創設が成った。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 20:36:30.52 ID:l8J40QPM
ちなみに坊さん風管理人は学会員の中から募集した。
後に管理人達の中で思い上がったグループが雇い主に仇を返したが解雇される。
その数は全管理人の3分の1にのぼった。

810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 21:04:55.93 ID:AOIMStGe
>>807
いやいや、乳離れできないからそうしてキミら法華講は未だに創価板にへばりついてるわけじゃんww

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 21:47:34.58 ID:dOO1xC4m
このスレに投稿した法華講の方、いらっしゃいますか?

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 22:07:04.41 ID:dOO1xC4m
>>808
石山教学だの、稚児法主だの、非信徒の幕府からの財供養だの、戦時中の神札だの、そんないわくだらけの寺院を、そこまで庇護するだなんて…
『信心の血脈』なら寺や坊さん風管理人がいなくても通うのでしょうに、学会はなにかの公共事業のつもりだったのでしょうか…

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/22(木) 22:10:39.51 ID:qVRq3bOu
今度はコッチで自演てか?
舎利くんo(^-^)o

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 08:28:59.22 ID:5aF13+7A
>>808-809の一連の学会の事業は、信仰なのでしょうか?
それはどのような意義の化儀で、いかなるご指導によるものなのでしょうか?

水魚の思いをなすため?
でも寺の管理人も学会の人なのでしょう?
おかしいな、「立派な建物を誇る宗教はインチキだ」と二代会長は指導してましたよね?
コンクリ建築だとゼネコンが喜びますよね。
箱モノ事業はゼネコンとコネを作るのにウッテツケですものね。

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 08:40:09.36 ID:Yrveze1s
>>814
戸田先生が大石寺の大講堂を建てたのわかってる?

816 :創価諸君よ!:2012/11/23(金) 08:52:24.88 ID:blQS4VC4
創価諸君よ!!
高橋裕之が11月28日までに生活保護決定通知を送られるように祈って行こうではありませんか!

また高橋裕之が年末ジャンボで6億円当たるように祈り護って行こうではありませんか!

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 09:45:22.68 ID:5aF13+7A
>>815
それは立派だねぇ
で、学会側の管理人がいて。

立派な宗教だねぇ

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 09:58:37.52 ID:Yrveze1s
>>817
立派だねえじゃなくてさ、
>「立派な建物を誇る宗教はインチキだ」と二代会長は指導してましたよね?
に対してツッコミかた変じゃね?と言ってるわけだが。

寺の管理人が学会員かは知らないが、嫌なら大石寺が変えればいいんじゃないの?

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 10:06:03.26 ID:5aF13+7A
>>818
「建物を立派に荘厳してそれを誇る宗教はインチキだ」と指導者が喝破しておった宗教法人サマが、
建物を立派に荘厳してそれを誇る。

このパラドックスに気がつかないの?
創価被洗脳会員サマお得意の気づいて気づかないフリなのでしょうか?

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 10:31:09.51 ID:RjFLEx57
日蓮直筆の御本尊以外はすべて模造品。

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 13:30:49.47 ID:LXJ86KGD
>>803
洗脳されていたと洗脳されているだけじゃないのか?

創価の子供は皆、親が選挙や新聞啓蒙をしている自湧の菩薩だ。
世間はそれができないから嫉妬しているだけと考えられないのかい?

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 15:36:36.51 ID:zAxGESwC
>>819
808-809のどこが立派な建物を誇ってるんだ?話の脈絡がチンプンカンプンだね。

823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 17:34:32.31 ID:5aF13+7A
>>822
学会が大石寺を立派に復興させたのでしょ?
その中でも>>815さんは、立派な建物として「大講堂」を挙げられた。
学会の戸田先生が立派な「大講堂」を建てて大石寺に寄進した。

その立派な大講堂にはたくさんの学会員が結集しました。
でもそのような立派なお寺に詣るのと、今日学会が云う『信心の血脈』にはどんな関連性があるのでしょうか?

>>818さんは、「それが嫌なら寺側が変えればいいのでは」との主張ですが、
その立派な建物を取り壊した途端に、学会は反応をしたか忘れましたか?
「戸田先生が建ててくださった」だの「立派な鳳凰のレリーフが」だのと書き立てて、あたかも解体することが忘恩であるかのように誘導する機関誌の記事を。
建物の解体なのだから全部破壊されて当たり前なのに、 ね?
不思議な論理ですよね。

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 17:39:22.63 ID:5aF13+7A
>>821
選挙投票の依頼活動や聖教新聞の購読営業をすることが、なぜ『自湧の菩薩』にあたるのでしょうか?
経典や御書に書いてあるのですか?

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 17:44:51.09 ID:vT7u6H8b
>>824
『自湧の菩薩』ではなくて『地涌の菩薩』。
古参なのだから、いい加減に基本用語くらい間違えずに書きなさいよ。
いくら何でも間違えすぎ。

826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 19:30:32.87 ID:5aF13+7A
>>825
あなたが>>821さんを教育しなよ。同志だろ?

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 19:38:05.09 ID:zAxGESwC
>>823
君は話の道筋が全然通ってないよ。前のレスから読み直してわからないかね。

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 20:55:39.25 ID:OhuZNa4X
>>825
これまでさんざん言われてきたことだけど、日蓮仏法は爾前経じゃないからね。
法を弘めない日蓮仏法はありえないんだよ。
だから、日蓮正宗がいくら理屈をこねて、仮に御書の通りに実践したとしてもそれは正しい日蓮仏法ではないし、
御本尊に何億篇題目をあげても、何の功徳もない。

じゃ、創価学会のしている新聞啓蒙や選挙は弘法か?
それは「化儀の広宣流布」という弘法なんだよ。

日々広宣流布をしている創価学会に唯一正統な血脈があるというのは、御書をひくまでもなく当然のことだね。

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 20:58:25.39 ID:5aF13+7A
今度は『道筋』だって。
話の筋道は『論理』で大事だものね。

同志とおぼしき人には、基本用語の誤字を指導しないのにね。無慈悲だね。
不思議な論理だね。

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 21:01:38.34 ID:5aF13+7A
>>828
だからといって、御書を引かなくてもよいということにはならないんだよ。
『御書根本』の論理が崩れてしまうからね。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 21:21:42.22 ID:OhuZNa4X
>>830
じゃあいろいろあるけど、ひとつあげると、

「今末法は南無妙法蓮華経の七字を弘めて利生得益有るべき時なり」
(御講聞書)

これは大聖人の講義を六老僧のひとりである民部日向が筆録したもので、
簡単に言うと、「弘法をしないと功徳はないですよ」ということだ。

選挙については、ここで説明していると大変なので、立正安国論を自分で読んでもらえるかな?

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 21:56:42.42 ID:QHQAwEH2
ここも舎利の自演があちこちに……

卑怯な馬鹿学会員は、どこでも自演か(核爆)

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/23(金) 22:09:43.81 ID:XeYgizow
>>828南無妙法蓮華経を唱えて広めても
犯罪者が多いし不幸な死に方が多いのは
やはり元のニセ本尊が要因ではないか?

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/24(土) 01:33:56.00 ID:7kH03kN4
>>833
御本尊というのは、神ではないからな。

ニセ本尊だとしても、それだけの力があるなら、たいしたものじゃないか?

何も起こらない屁のような日蓮正宗の紙切れとは違うということだよ。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/24(土) 01:53:40.77 ID:aQ9bYqd9
>>813さんは、舍人さんの知り合いなのか?
なんか色々と詳しそうなんだがw

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/24(土) 05:54:35.84 ID:zKFz856a
>>829
ほら、貶められればいいって底意地の悪い根性が丸見え。何を説得したいでも訴えたいでもないんだよな、君は。
単に貶めたいだけなんだから、悪口合戦になるだけでまともな対話は無意味。

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/24(土) 22:36:01.03 ID:oEC++bQV
>>805分派争いの法論が苦しく展開されている場面がここだって事だね。
否定できないでしょうが。806から836までの争論はその典型だよ。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 09:31:48.86 ID:AoghwgpV
創価学会員による投票依頼活動が、立正安国論と関連つけるのは論理として破綻しているとして、
在家による弘法団体として、日本国中に“南無妙法蓮華経の七字を弘め”たはずの蓮如会が衰亡した前例もありますから、
いくら自らの組織が正義であるとシシクしたところで、なんの確証にもならないわけです。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 12:44:43.58 ID:lLHgSUs3
>>838
蓮如会とやらが衰亡したから、創価学会の活動を否定するというのは、いくら何でも論理が飛躍しすぎ。
それを言うなら、未だに身延に遠く及ばず、さらには衰亡の一途をたどっている宗門はどうなるのか、ということになる。

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 13:11:26.58 ID:QahU/LxD
カラーコピーって
キヤノン?エプソン?

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 18:33:28.15 ID:AoghwgpV
>>839
現在の創価学会の活動を肯定できる根拠も無いわけですよ。
論理が飛躍しすぎているのは、投票依頼活動が立正安国論の実践である。法戦である。という主張の方であって、狂信会員以外は誰も論理的に理解できませんし、
破門されて宗門とは無関係になったといいながら、ニセ法主だの立派な建物を解体しただのと喚いているのは、それは池田大作の怨であって、舎利さんが一番よく分かっていらっしゃること。

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 18:45:58.63 ID:lLHgSUs3
>>841
自分から学会を否定しておいて、自分の論理の甘さを指摘されたら、「学会だって…」という話のすり替えは、人間としていかがなものか?
これでは発言責任も糞もなく、そんな人間が他人の発言をとやかく言う資格はない。
「すり替えではない」と言うのであれば、蓮如会とかいう団体と学会の関係を、誰にでも分かるように説明するべき。

(そもそも蓮如会って何やねん。浄土真宗の会か?そんな団体を知っているということは、相当高齢の人?・・・・これは独り言w)

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 18:53:58.75 ID:YzfZUAbo
>>841
しかし日蓮正宗は何の法戦もしてないではないかな?
何かやっているものがあって批判されるならわかるが、
何もやってないのだろ?
いったいどうやって日蓮仏法を世に広めてるわけ?
結果も出さず批判だけされても、説得力ないよね?

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 19:04:05.05 ID:lLHgSUs3
>>843
ID:AoghwgpVについては、>>836が書いているとおり、学会を貶めたいだけ。
学会から除名され、日蓮正宗にも入信せず、もちろん御本尊もなく、年に何回か大石寺に行っているらしいよ。
その大石寺への登山だって、入信していないから、大御本尊に参拝できずに帰ってきているとか。
人格に障害があるとしか思えないから、あまり真面目に関わらないほうがいいよ。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 20:18:57.75 ID:YzfZUAbo
>>844
そういう決めつけは良くない。

私は池田先生の弟子だから、常に先生ならどうするか?を考えて生きている。
人生の9割以上は先生のことを考えているよ。
もう脳が先生でてきている、といって過言ではない。
他のことには全く興味がない。
先生のことならなんでも知っているよ。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 21:54:30.39 ID:AoghwgpV
>>842
ですから、
かつて、創価教育学会創設以前にも、正宗寺院に帰属しない在家団体が、南無妙法蓮華経が全国的に広く流布せしめていた時代があったということ。

847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 22:11:14.22 ID:YzfZUAbo
>>846
それは先生が如何に偉大かという説明かい?

848 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/11/25(日) 23:00:50.96 ID:H6umBrFn
>>846 顕本法華や仏りゅう講は それに該当しますね 
>>845の事を考えれば 同じ狢なのに 経卷相称を批判していましたから
本人じゃないんだから そんなの判るわけないし 結局は妄想にひとり歩きしてしまう
危なっかしさすら感じますけれどね

849 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/11/25(日) 23:10:33.29 ID:H6umBrFn
>>844 あら それを言うのなら 
日蓮正宗だって戸田氏を二度ほど除名していますよね
・・・にも関わらず 戸田城聖の対告の御本尊を作成している矛盾は
ちなみに獄中の悟りと呼ばれた時期は大石寺の御本尊すら拝めなかった

850 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/11/25(日) 23:18:57.55 ID:H6umBrFn
それと本家から除名=信心がおかしい・・と判断するのであれば
(他にも もっと細かい部分があるのですが) 
その日蓮正宗の開祖 日興上人は本家の意見と食い違った為 除名され
或いは退転をし その後 自ら新興宗教を開いている矛盾がありますよね
結果的には それが正しかった訳でしょ? 

しかし当時の視点で振り返ってみると 規格が外れているから 
あいつの(日興上人)の信心はおかしいとみてしまう事も 考えられますよね
だから「退転者=すべて信心がおかしい」と考えるのは 短絡的な思考だし
それも抽象化の罠になるんじゃないでしょうか?

851 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/11/25(日) 23:29:26.51 ID:H6umBrFn
そういえば 日興上人も 天台から異端視されていましたっけね
いわば天台信者からみたら日興上人は退転者です 
それが自教団の教義解説に、天台時代に購入した法華経を使っているわけですが
しかし 岩本の人たちからみたら 
「今でも読むのは結構だが、どうだろうそんな使い方、笑。」
…と言ってバカにしていたわけですよね 

それを考えたら 自分の書いている事が 岩本さんになっていたりして




何故か犯罪者日蓮の御文を崇拝する 天台の信者からみたら

852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/25(日) 23:31:58.27 ID:yAUyJujO
>>850
まあ、身延にまつわる六老僧の動向はよくわからんとこあるけどね。その分興味深いけど。

853 :eco ◆Smw69BiSBo :2012/11/25(日) 23:41:46.35 ID:H6umBrFn
あ いけね!! >>851の最後の一文は消し忘れ
ついでに補足していくと 日興上人は 当時は犯罪者と見られていた
日蓮の御文を崇拝していたわけですから
尚更 日興上人は頭がおかしい 笑い者にもなっていますよね

内外問わず 既存の狭い範囲でしか 物事をとらえる事が出来ない人と言うのは
ちょっとでも教科書と違う事を言うと 途端に異端児と判断し 
相手を炭とみたり灰とみたりするわけですね さすがにこの部分は注意しているのですが
 

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 08:11:35.53 ID:Rei1ErJl
「日興上人」と「日蓮」か…( ゚д゚)ポカーン

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 11:22:15.02 ID:MGv51KR7
>>854
ecoは基本的な態度が師敵対だからこうした所でボロが顕れます
日顕、顕正、立正・・・己義邪法教団の特徴ですね
ageレスをするほどに大聖人直結の創価学会の正しさが証明されるばかりです

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 13:17:40.07 ID:ROLa3uQX
>>854
ecoくんを擁護するつもりでもないが、客観的スタンスで語る為に「大聖人様」「日蓮上人」「蓮祖」「お祖師さま」
みたいな宗派閥的な用語を使いたくないんだろうな、と。まあそこらへんは、創価系の山中講一郎氏等の
著作でも同じ。それでも日興「上人」としているのは、統一性を欠くもののむしろ少なからず彼に信心があると
見るべきでしょう。

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 20:31:17.36 ID:JOjhbOI2
>>855
「相手が間違ってる」から「自分が正しい」の?

そんな『論理』でごまかしても、正統性を立証できないことは舎利さんもご存じですよ。

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 21:21:31.51 ID:Rei1ErJl
>>857
創価学会の正当性については、何度も論じました。
一方、自分の信仰の正当性について、何度問われても何も言わないのは、他ならぬ君自身。
何者かを貶めて楽しむことが人生無上の喜びになったら、人間終わりってもんだよ。

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 22:19:28.19 ID:tvhspFuw
ECOさんの掲示板(創価板予備)が一時停止状態になってるんですが・・・。

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 22:44:36.29 ID:Rei1ErJl
>>859
躁状態から鬱状態に移行したんだろ。
しばらく待ってりゃ、また躁転して復活するよ。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 23:44:47.58 ID:JOjhbOI2
>>858
日蓮が最も敵と見たのは権力にとろかされた人間の醜い心。
池田大作のような境涯のこと。

それを止めるのが立正安国

ちがうの?

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 23:51:13.07 ID:qlj4zo6z
>>861
日蓮を美化しすぎ。
日蓮はただエリートに対してコンプレックスの塊だっただけ。

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 23:51:26.73 ID:JOjhbOI2
選挙が法戦?
権力に媚びへつらい、権力に操られている公明党の支持拡大を図る事が、世界平和となんの関係があるのか。
そんな根拠の無いオカルト宗教はやめろ

ちがいますか?

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/26(月) 23:58:52.32 ID:JOjhbOI2
>>862
日蓮は鎌倉時代のエリート坊主だろうが。
エリート学者がエリート官僚に媚びへつらって食い扶持をせしめるのが世の常。『御用学者』の所以だよ。
その掟を破って日蓮は権力者の腐敗の根源を叩き直すつもりだったのだ。またそれが国のため民のための立正安国。

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 00:02:22.58 ID:BpqaK9Eq
創価諸君よ!

高橋裕之氏が年末ジャンボで6億円当たるように5分でよいので高橋裕之氏に題目を送って行こうではありませんか!

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 00:59:59.80 ID:eaVg1y+O
>>863
幕府に邪宗を駆逐してもらおうとした日蓮は権力に媚びへつらっているのかね

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 01:04:58.61 ID:eaVg1y+O
>>863
君は根本的に勘違いしているな。
なぜ政権が民主に変わったのか。投票があるからだよ。つまり有権者が最高権力をもっているのだよ。
それが主権在民国家だ。

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 01:53:37.51 ID:KxsIE6ct
日蓮の鎌倉幕府への働きかけの根本動機とは、【自分の
立てている宗派を国家認定せよ】である。
そうすれば寺領や年分度者が獲得できる。
先日、某文部科学大臣が大学認定をひっくり返して撤回した騒ぎがあった。
大学設置でもアレだけの騒ぎになることであるが、一宗を開山させる
為の運動を命がけでやったのが日蓮である。
立派?なのかわからないが、坊主は当時の上層階級になることは間違いない。
天台や真言の僧籍が無ければただの哀れな禿げ坊主、私度僧でしかないのだ。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 08:03:28.47 ID:HExXL45R
立正安国論はただの飛び込み営業だよ、

自分を売り込みたかっただけ。

しかも鎌倉中に送りつけた安国論の宣伝文書は
すべて門前払いされたって、自分で御書に書いてるし、

安国論を届けたとされる、宿屋入道には、
「そのあとどうなってるんでしょうか? なんか夜も眠れず不安です 」
って書いてて、届けたあとが行方不明らしいし・・。

870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 09:07:34.97 ID:hi03nkvn
>>857>>861
前レスでは、悪を破折するだけでは駄目。
後レスでは、悪を破折する事こそ立正安国。

一体コイツは、自分の言っていることに、一貫性がないことに気づいているのかねー。
それから、ecoとコイツに共通して言えることだが、日蓮大聖人の教えを信じているのであれば、大聖人のことを「日蓮」などと軽々しく呼び捨てにするものではない。
学術書を書いているのでもあるまいし、一人の信仰者として書き込みをしているのなら、御本仏の御名前の書き方くらい、わきまえなさい。

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 20:26:38.90 ID:KxsIE6ct
>>870日蓮を本佛に仕立て上げた論者の手順と歴史は、小生には全く不明である。
何時の時代から、日蓮=御本佛 になった者なのやら?である。
学術および学問の世界では釈迦直説で無いと結論が出ている法華経を 
日蓮氏は釈迦説法の真説と信じて決起的行動を鎌倉時代に行った人である。
資料が無い時代の師の欠陥を言い立てるのは,非情ゆえ控えるべきだろう。
その辺りの理論的矛盾と虚偽を隠蔽しながら信者の布施を受けるとは如何でしょうか?
結局のところ 宗も会も同じ穴の住人と見える。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 20:53:07.10 ID:jbH6pR3U
日蓮は御本仏
主権在民国家はまやかし

入道といえば大河ドラマの平清盛入道殿がなにかと話題ですが、
国家権力に取り入って名誉英達を誇る「永遠の指導者」の境涯と重ね合わせて見えますね。

朝廷と高僧・幕府と高僧
・政府と学者
いわゆる僣聖増上慢たる“権力者ども”のことです。

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 21:24:49.61 ID:u9hB9143
お前らスレチだろ!

ココは豚が作った創価ニセ本尊の話だぞ!

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 22:55:47.20 ID:KxsIE6ct
>>873 カラーコピーを偽物と非難する又擁護する仏法上の
根拠を双方が持つのか?ヒゲ曼荼羅の出所は日蓮と言うがそれも
<<生き仏様となった日蓮所伝云々と説教する手合が湧いている>>
さてさて弁証法理論をご存知だろうが掻い摘んでみると。
正反合の三場面仕立てになるものだ。
正と言う場面自体、怪しい代物と小生は指摘したのである。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/27(火) 22:59:20.40 ID:W91sadf3
日寛のカラーコピーなぞニセ本尊で充分

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/28(水) 18:13:18.39 ID:JQgWy9/N
俺も学会員だが・・・。
選挙の日程が決まると「決起会合」などとぬかして会合を開く。
Fがいくつ取れただの、がんばりますだの、ぬかして最後には
「期日前投票」に必ず行け。期日前投票の意味分かってんの?
当然のことながら、期日前投票と言うのは、当日選挙に行けない
人のためにある。それを逆手にとって、他党のマニフェストを
聞いて、気が変わらないうちに投票に行かせようって魂胆だ。
さらに、「期日前投票に行ったらメールよこせ!」って・・・。
なんて連中だ、まったく。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/28(水) 18:19:52.31 ID:JQgWy9/N
(876続き)
適当に嘘メールを流して、投票整理券も破って捨ててしまおうかとも考えてる。

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/28(水) 18:51:06.43 ID:J04Z7ijG
やっと草加の掛け軸?返したぜ
スッキリした もう南無聴かないで良いと思うと嬉しい

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/28(水) 19:10:24.16 ID:FM2id8AC
>>877
選挙権を放棄するのは違うだろ。

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/28(水) 19:39:07.52 ID:MiRMf3yc
投票に行かない有権者が増えるごとに、公明公認候補が当選する確率が上がる。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/28(水) 22:18:50.01 ID:OuZkSVGg
沈黙をして投票をしない有権者が
政治を悪くするのであります。
一部の狂信者の思いのままに国を運営させない様に
投票すべきです。

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/29(木) 01:59:29.76 ID:CKHiPUwn
>>876
どこか、選挙の無い独裁国家にでも移住したらどうだ

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/29(木) 10:29:30.14 ID:ESk8k+YQ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑
こんな暴言を吐いているような奴らが政治を握って 
自分たちの生活を管理されたらたまったもんじゃないね
選挙には行きますよ もちろん公明党には入れませんが 
そうやって内部票をじゃんじゃん壊していきましょう 

もう一度書きましょう こんな暴言を吐く連中が 
権力握って自分の生活を飼育されているんだぜ

884 :自公で過半数を阻止しよう:2012/11/29(木) 10:41:47.74 ID:sAOJLFYc
今度の総選挙で 自公で過半数にしないためには、

比例区で 維新(いしん) と投票するのが一番だな

石原氏も言っていた。 自公の与党を復活させない為の選挙だ
自公の与党で失われた10年。日本経済は破綻し、自殺者毎年3万人超が続いた
その再来の危険を阻止しよう!

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/29(木) 13:53:18.16 ID:9zzNOSXQ
政治ネタは他でやってくれ。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/29(木) 14:24:18.46 ID:QP1TqybW
神と仏についての質問大歓迎です!

http://blog.livedoor.jp/nakasugi_h/

887 :スレチですが…:2012/11/29(木) 18:51:28.72 ID:HVzg+bef
>>885
ここの創価公明板って、政治経済カテゴリーなのよ。
知ってた?

「選挙こそ法戦」という、創価学会の血脈論の根幹『信行具足』の話になると、途端に舎利さんは黙り込んでしまうのよ。
なぜかならば、立正安国論のどこをどう拝しても、創価学会の組織的な選挙活動の根拠となる文証が見つからないから。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/29(木) 23:45:33.90 ID:7CykA8U3
自民党に投票してもいいけどさ
池田氏の所在を確認して貰いたいね。
ビニル曼荼羅発行元が行方不明ではクレーム付いてしまうよ。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/29(木) 23:59:26.74 ID:tHw6xwkM
公明党て、いつも他党の票取りに利用されてるんだな。

熱心な信心も所詮政治家の金づるってことか?

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/11/30(金) 18:05:51.51 ID:MfB2+GvQ
鶯谷にセットしてある結界は、周波数が異なるので、周波数を、PL教団・創価学会男子部・慶応義塾の男子に多い韓国人向けに変更するように。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/07(金) 22:32:54.93 ID:sdomXYom
もう難しいこと考えるのやめて、幸福実現党あたりに入れて神様になんとかしてもらうわ。

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/08(土) 23:32:29.07 ID:pXq+UbLZ
要は創価はコピペ本尊てことなのね。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/08(土) 23:45:18.52 ID:fkf/+xnl
>>892
いやいや、ただのコピペにあらず。
破門された他宗の本尊を勝手にコピペして商売してる非人道的団体なのよ。
宗派の根幹である本尊が盗っ人物ってこと。

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/09(日) 10:36:07.31 ID:ZNzwJYos
しかし、盗んだ本尊だから元手ゼロだろ?
こりゃ儲かるわな。
で信者を騙して金儲け。
あちこちに快感が建つわけだ。
いい商売だのぉ。

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/09(日) 15:42:21.72 ID:WKmq0Pmy
横書き本尊摸刻騒動の顛末。
ニッタツゲイカが元気な時代の実話だよ
各地に文化会館が建築されたものの講堂にかける
板本尊の数が間に合わない。
商売人のイケダセンセイは、工務店に自己判断で発注して板本尊を謹製させた。
それを信濃町の某会館の一室で御覧遊ばれました、ニッケンゲイカは
顔面蒼白、数珠を握る御手はわなわな、口からは白い泡、お一つ放屁までもした。
と言う噂である。
曰く「池田げろさく!お前はナンチュウことさらすの!この世に題目の横書きがあるか?
バカ間抜け朝鮮人三国人」と酷いご立腹だったと言うじゃありませんか。
勝手に作った板曼荼羅はそのまま某会館の地下室に埋蔵されて今もそのままと聞く。

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/09(日) 23:15:46.35 ID:w130y/TF
鰯の頭も信心というけど、あれだけ大勝利大勝利と自己暗示かけて
毎日祈っている学会員が選挙以外でまったく勝利していないというのは、
やっぱり思い込むだけじゃ何にもならないてえことが証明されたね。

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/09(日) 23:17:43.03 ID:Ij8ocsXp
創価諸君よ!

田浦本部横須賀桜山支部の高橋裕之氏が年末ジャンボで6億円当たるように5分でよいので高橋裕之氏に題目を送って行こうではありませんか!

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 00:07:01.63 ID:csQ/Z3HI
>>897
わかりますた(^O^)/
早速、ニセ本尊にご祈念申し上げまする。

899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 00:21:02.72 ID:VMMKXF+7
栗林正明先生の幸福!
田浦本部横須賀桜山支部の高橋裕之氏の結婚成就と健康とご長寿
宝くじで高額当選革命!

長岡章の幸福と成長神田達行の幸福と成長
福井一家の幸福と成長
鈴木佳代子の幸福と成長
柏崎一家の幸福と成長
畑井孝一の幸福と成長
宗像一家の発展とご長寿
橋本ゆきのりの幸福と成長
小嶋滝久の幸福と成長
岡地達也の幸福と成長!
前田一家の幸福と成長

創価学会員の幸福と成長!
横須賀市役所生活福祉課の幸福と成長

を祈っていこうではありませんか!

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 00:47:58.07 ID:Hj741Mhr
嫌です、
て言えない気の弱い学会員。

901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 10:56:57.13 ID:HOG1iekJ
>>900だからビニールにコピーしたものを
「ご本尊」なんて呼ばされてるんだな

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 13:46:42.94 ID:8taPoe71
ぽまいら、メシ食ったか

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 14:23:17.78 ID:VMMKXF+7
創価諸君よ

鈴木佳代子の幸福と成長
柏崎まさかつの幸福と成長
土井一家の幸福と成長
高橋裕之の幸福と経済革命!

を祈っていこうではありませんか!

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/10(月) 18:16:26.59 ID:wRqKBJK2
会員の高齢化が会員流出および減少を阻止している。
つまりビニル本尊に苦情を申し立てて脱会する気力そのものが
失せている人達がたくさんいる。
老人クラブ、仲良し同窓会みたいなもの。
もうお役目終了なのだ。
衆院選後には自民党の一派閥と化す公明党の姿を見るだろう。

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/12(水) 19:11:17.24 ID:hYg61O7I
自民も維新も未来もみんな創価公明党と取引済

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/14(金) 20:35:31.64 ID:W5qg4fXq
ついに、ポルノAVアダルトビデオ関係者の粛清がはじまった。真如苑、立正佼成会、PL教団、創価学会、天理教関係者が死んでいる。
死んだのは、しん罰〜神罰。 ぶつ(殴る) ばつ 仏罰 。 合わせて神仏の罰。約束の相手と付き合わせない罰など。
原宿超高級マンション・馬主で飲食チェーン経営の勝ち組セレブ・家族殺害後・長野富士で自殺(子供、金で勝手に買った美人妻がいて大金持ちだが、一家心中)
http://logsoku.com/thread/anago.2ch.net/bizplus/1348130802/
新宿の高級マンションでアダルトビデオ男性死亡(預かった美女と乱交しようとしたら死亡)
http://logsoku.com/thread/engawa.2ch.net/poverty/1349708683/
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/detail/=/cid=118abs153/
新たに男女3人逮捕 青森・性風俗女性ペット監禁死亡事件(預かった美女を無許可で性奴隷にしていたが、連帯で人生終わり)
http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/newsplus/1350114083/
http://www.dmm.co.jp/mono/dvd/-/list/=/article=series/id=79984/
86歳元警視(預かった女を勝手に切り分け選考してAVに流したり他の男に渡して結婚させた)、隣人(某宗教団体でハーフ美女を預かっていた女)を日本刀で殺害後、切腹。
http://logsoku.com/thread/uni.2ch.net/newsplus/1349972973/
ワゴン車の男女。柏で預かった女に男が家で突っ込んだら、かしわ手(芭蕉扇)で飛ばされたように、ありえない飛び方で塀を越えて家へ突っ込んで行って絶命。
http://blog.livedoor.jp/nyussoku/archives/52061758.html

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 01:45:29.76 ID:lU9vJB8V
戸田先生の指導
「いくら日蓮正宗の御本尊をマネて作ったところで、それは馬の骨であります、」
http://www.youtube.com/watch?v=Cy9JsY_uH_I

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 06:12:37.21 ID:Qq3fVRIo
創価学会の初心者質問スレに引っ越して暴れているクズ共。
選挙期間中の質疑応答を邪魔しに来るな。

衆議院選挙という日本の行く末を決める大切なときにさえ、本尊や血脈という社会からかけ離れたことにしか関心が持てない井の中の蛙連中。

お前らが勝手に宗門創価村の閉ざされた中で争うのは構わないが、質疑応答スレという公共の場所まで巻き込むな。
仏法を語っておいて、迷惑行為の自覚がありながら続ける。
そういった、自分のことしか考えられない独りよがりの信仰がお前らの本質。

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 10:26:01.41 ID:3ZO5wpvJ
そうそう、維新の会や自民公明民主には投票しないように気を付けなくてはね。

910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 10:42:53.14 ID:e8e4NgUq
「庶民にいる王者」の進行妨害をしている、するように人を動かしている人が居るだろ?
それは早急に、今日中に止めないと、コントロールしている人の家族と、コントロールしている人が自殺、もしくは事故死する。
既に庶民にいる王者に世界の権限は移行しているので、庶民に居る王者の妨害をすると、それは地球世界を敵にする。

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 10:49:01.22 ID:pV8pzAME
2005年日顕退座おめでとうございます。これで日顕撲滅運動は完了いたしました。

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 11:40:40.85 ID:ticLYKEH
>>907
ほぉほ〜。
成る程、創価作成ニセ本尊が大謗法だとよくわかるねぇ〜
やっぱ恐ろしいねぇ創価学会。
師匠も本尊も情報も全てニセ物。
あ〜〜〜怖っ!!!

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 12:38:12.33 ID:pV8pzAME
>>912
学会が教義を決めていたわけか。
ならば、学会が寛師書写本尊の形木で良いと決めればそれでいいのである。

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 12:43:24.79 ID:ticLYKEH
>>913
何をわけの分からんことを抜かしとる?
そーやって誤魔化すしか手立てがないか?
よく>>907←見てみろ!
学会なんざ、このザマよ。
この負け犬学会員がっ!

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 12:50:09.57 ID:pV8pzAME
>>907の如く、どの本尊を選択するのかの決定権は学会にあったのである

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 13:07:36.12 ID:l7WjCkEL
>>915
>>907の如く、どの本尊を選択するのかの決定権は学会にあったのである
あっそう。
では文証を出して言ってくれや???
文証なきは外道なんだよな???
こいつ言い逃れしてるだけやんwww
>>907学会の本部長でこのレベルなんだ?wwwwwww
まさに莫迦の集まり創価学会だなwwwwwww

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 13:12:30.97 ID:ticLYKEH
>>915
ははっ!完全に論に詰まるといつもこれだ(-.-;)
本尊の決定権が学会に…?
そんなこと俺、初めて聞いたぞ?!
在家団体に本尊の決定権があるって証拠を出せ!
お前、顕正会の馬鹿か?創価の馬鹿か?どっちの馬鹿だ?

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 13:13:11.83 ID:lU9vJB8V
>>915
おーおー、苦しいのう、苦しいのうw
では、そんなおバカな君にまた戸田先生のご指導を紹介しようか?

「創価学会に君らに信心してもらうものなんか何もないよ」
「創価学会の信者なんてならなくていい」
↑これ見ても創価に「本尊の決定権」なんてないのは明白
はい論破

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 13:58:08.22 ID:l7WjCkEL
>>915
>>907の如く、どの本尊を選択するのかの決定権は学会にあったのである

文証まだ?舎利くん?何?またまた逃げ?wwwぷふふw

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 14:05:15.18 ID:pV8pzAME
日亨隠尊は本尊書写をしていたが、それをやめさせる権限までも学会には有った。
学会が日蓮正宗の本尊でなければ駄目だと決めればそれも可であり、
学会が日蓮正宗の本尊でなくても良いと決めればそれもまた可なのである。

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 14:50:30.35 ID:lU9vJB8V
>>920
>日亨隠尊は本尊書写をしていたが、それをやめさせる権限までも学会には有った。

はい、証拠出せよ
一応言っとくが、破門前のな
破門後なんかいくらでも嘘書けるから

あと>>918の反論がまだだね
負け認めたら?w

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 14:51:48.36 ID:l7WjCkEL
>>920
だから文証出せっての!!!
お前ごときの莫迦の感覚的発言なんかいらねぇんだよ!!!
文証だ、文証!ほれっ?

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 15:02:27.44 ID:ticLYKEH
>>920
>学会が日蓮正宗の本尊でなくても良いと決めればそれもまた可なのである。


は?なんだこれ?
これのどこが文証なんだよ?
確か学会は御書根本だろ?
その根本の御書から在家が本尊を決めて良しとする御文を出しなさい。
出せないなら、またお前の負けだ。
早くしろ!負け犬学会員!。

924 :反創価:2012/12/15(土) 15:08:06.62 ID:lQ6OeQzl
そうか〜がっかぁ〜い(大爆笑)

925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 15:10:48.75 ID:HeA6rn1t
>>907
>戸田先生の指導
>「いくら日蓮正宗の御本尊をマネて作ったところで、それは馬の骨であります、」

>>915
>907の如く、どの本尊を選択するのかの決定権は学会にあったのである
        ↑
馬の骨を創価本尊に選択し、決定したのかよwww          

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 15:21:13.06 ID:ticLYKEH
創価作成ニセ本尊は、馬の骨って戸田会長が見事に破折してるじゃん。
馬の骨本尊に祈ってるから学会員はガン死や夜逃げや自殺が多いんだな(超爆笑)〜〜〜
創価よ!馬の骨本尊で商売はマズいだろ?(激爆)〜〜〜

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 15:32:28.32 ID:1xsYLNnp
>>923
何度同じことを言わせれば気が済むものやら…。

大聖人は本尊の化儀など定められていない。
日興・日目上人の時代にも、嫡弟にあらざる僧達が本尊書写をしているが、それを問題視し、非難した記録はない。
その後、各派の僧が次々に本尊を書写し始めるが、日道や日行が、諸僧の本尊書写を越権行為であると指弾した事実もない。
日興上人は、五老僧の謗法行為を厳しく糾弾して止まなかった人物である。
その日興上人の謗法呵責を堅持すべき日道や日行、さらには日時が、大石寺と対立・分裂した僧等の本尊書写について、何一つ破折の言を残していないのである。
このような歴史的事実から見えてくるのは、宗門上代には、大石寺貫主以外の僧による本尊書写が謗法行為であるという認識などなかったということである。

後につくられた化儀を盾にして学会を批判しても全く意味をなさないということを、そろそろ知りなさい。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 15:58:38.20 ID:oyTeX1fr
摂津水都信金の元支店長が顧客預金着服=213万円、懲戒解雇―大阪
8月26日(金)19時04分配信時事通信
 摂津水都信用金庫は26日、元本部副部長(58)が、島本支店(大阪府三島郡)の支店長当時、1人の顧客の預金と支店内会費、合わせて213万5000円を着服していたことがわかったと発表した。

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 16:02:40.63 ID:lU9vJB8V
>>927
>大聖人は本尊の化儀など定められていない。

お前は御書も拝せないバカか?
本因妙抄を拝しなさい
(あ、「御加文だから」で逃げるなよ。「御書根本」なら創価版御書から御加文を削除し、
「義として正しい」として載せた日亨上人は謗法法主だと創価の公式見解として出してからいいなさい)

>日興・日目上人の時代にも、嫡弟にあらざる僧達が本尊書写をしているが、

ハイハイ、証拠出しなさいよ

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 16:04:12.51 ID:ticLYKEH
>>927
いやいや、お前の能書きはいいの。
在家が本尊を決めて良しの御文?
何度も同じこと言わすな負け犬学会員。
早くしろ豚の弟子の負け犬!

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 16:26:22.82 ID:zTQv9FXQ
>>929
> 本因妙抄を拝しなさい

後加文です。ましてや宗門が日顕の出現により完全に邪教化した現在、「義として正しい」という主張も一切当てはまらない。

> ハイハイ、証拠出しなさいよ

宗門信徒を自負するのであれば、『富士宗学要集』くらい読みなさいよ(失笑)
要求されている事項については、その八巻に記載されている。
読んでなくても、富士宗学くらい持っているだろ? すぐに確認してみなさい。書かれてあるから。
>>930
> 在家が本尊を決めて良しの御文?

だから、大聖人は本尊の権限などについては、何も説かれていないって。
説かれていないから、>>929が泣く泣く後加文を出してきたんじゃないか(笑)
要するに、本尊に関する権限は、時の和合僧団が話し合って最も適切と考えられる化儀を制定する。
化儀とはそういうものなんだよ。
化法と化儀の区別がつかないから、馬鹿げた質問ばかり繰り返す。
勉強不足もたいがいにしろって。学会員に意見するなど一万年早いよ。

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 16:44:15.66 ID:lU9vJB8V
>>930
>後加文です。

だからそれで逃げるなと釘を差しておいただろ?
創価は御書根本じゃないのか?お前の御書にあるだろが!?


>ましてや宗門が日顕の出現により完全に邪教化した現在、「義として正しい」という主張も一切当てはまらない。

おいおい、いつ「現在」の話したんだよ?
やっぱニセ本尊拝んでると、読解能力も無くなるんだなw
創価版御書の編者は日亨上人だろ?
その日亨上人が「義として正しい」として載せたんだよ
その時から謗法化してたのか?なら創価も与同罪だなw
で、削除と認定はどうした?

933 :932:2012/12/15(土) 16:45:21.42 ID:lU9vJB8V
アンカーミス失礼
×>>930
>>931

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 16:59:39.58 ID:+uG5s3z1
権威争いは辛いものですね。
欧州大陸の新旧キリスト教徒の聖書解釈紛争を想起します。
印刷技術の発展に伴い聖書が聖職者の独占から一般人の手に
普及したことが根本原因でしょう。然るにこのスレッドでの
問題提起は礼拝対象の真偽です。
生身の仏でなければ、全部が作り物で贋物と言い切ることも可能です。
坊さんに言わせりゃ在家の人間がお経の解釈を講義するなんてのは
ハラワタが煮えくり返りそうになろうかよ?とも思うわけである。

935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 17:04:43.10 ID:l7WjCkEL
あっらぁ〜〜〜創価ニセ本尊の証明だやまぁ〜〜
怖いねぇ〜創価本尊は正真の偽物なのねんw
http://www.youtube.com/watch?v=UJIKVLceGmc&feature=youtu.be
学会員は凄い本尊を拝んでるのねんwww怖っ・・・ブルブル

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 17:13:42.56 ID:ticLYKEH
>>935
学会まずいだろ、これ!
いじくりまくりの創価作成ニセ本尊じゃん。
これ!大聖人直結の本尊?ははっははっ
この団体は目茶苦茶じゃん。
やりたい放題もいいとこだな。
で、誤魔化しはいいから在家が本尊決めて良しの文証早くしろ!舎利。
いつまで待たせるんだ?

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 17:21:10.56 ID:zTQv9FXQ
>>932
> だからそれで逃げるなと釘を差しておいただろ?

君の一方的な決めつけなど問題にもならない。所詮、後加文は後加文。大聖人ではない何者かが、大聖人になりすまして書き加えたもの。
学会出版の御書でも、後加文は小文字で書かれ、大聖人の御言葉と、はっきり区別できるように編集されている。
そもそも「逃げ」と言うのであれば、大聖人の御言葉を文証として出さずに、誰とも分からない者が書き加えた文を文証として認めろというほうが、「逃げ」というものだ。

> 創価版御書の編者は日亨上人だろ?
> その日亨上人が「義として正しい」として載せたんだよ
> その時から謗法化してたのか?なら創価も与同罪だなw

後加文の掲載が謗法なんて一言も言っていない。
ただ、後加文に記されている唯授一人の血脈とやらが、宗門が邪教化した現在、「義として正しい」とは到底言えなくなったということだ。

> で、削除と認定はどうした?

御書全集の改訂版を出す際に、削除するんじゃないの。
もっとも今でも後加文は小文字で書かれていて、大聖人の御言葉と区別できるから、今のままでも実害はないけどね。

ところで『富士宗学要集』の八巻は読んだか?
読んでみたら何と記載されていたか、書き出してみろ。
この部分は大事なところだから、逃げないで答えろよ。

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 17:24:15.21 ID:1xsYLNnp
>>936
> いじくりまくりの創価作成ニセ本尊じゃん。

人聞きの悪いことを。
導師本尊こそ、いじくりまくりの日蓮正宗作成ニセ本尊だろ。

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 17:44:53.34 ID:lU9vJB8V
>>937
>君の一方的な決めつけなど問題にもならない。所詮、後加文は後加文。大聖人ではない何者かが、大聖人になりすまして書き加えたもの。

それこそ、お前の「一方的な決めつけ」だw

>学会出版の御書でも、後加文は小文字で書かれ、大聖人の御言葉と、はっきり区別できるように編集されている。

小文字だから区別できる?それこそお前の「決めつけ」だ
ふつうに拝して、「これは大聖人の御文じゃない!」なんてわかるわけがない。
>そもそも「逃げ」と言うのであれば、大聖人の御言葉を文証として出さずに、誰とも分からない者が書き加えた文を文証として認めろというほうが、「逃げ」というものだ。

ハァ?お前らが「御書根本」というから引用してるんだろうが!!
後加文は御書じゃないの?屁理屈で論点ずらすのはやめなさい。

>後加文の掲載が謗法なんて一言も言っていない。

あのなぁ、大事に本尊義が間違っていれば謗法になるだろ?

>御書全集の改訂版を出す際に、削除するんじゃないの。

で、いつ出すんだよ?公式見解で「削除します」と言えよ

>もっとも今でも後加文は小文字で書かれていて、大聖人の御言葉と区別できるから、今のままでも実害はないけどね。

これはさっき述べた通り

>ところで『富士宗学要集』の八巻は読んだか?
読んでみたら何と記載されていたか、書き出してみろ。
日郷師本尊だろ?あれは日道上人が亡くなってから書かれたものだ
以上

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 18:28:08.92 ID:zTQv9FXQ
>>939
> それこそ、お前の「一方的な決めつけ」だw

私の決めつけではありません。後加文とはそのようなものです。
私の文が間違いであるというのであれば、君が考える「後加文」の定義を述べなさい。

> 小文字だから区別できる?それこそお前の「決めつけ」だ
> ふつうに拝して、「これは大聖人の御文じゃない!」なんてわかるわけがない。

そう思うのは、君が学会員ではないからだよ。御書を研鑽する学会員においては、「小文字=後加文」は常識。
後加文まで大聖人の言葉と教え込まれる宗門信徒と一緒にされては迷惑だ。

> 後加文は御書じゃないの?

>>937に書いた理由により、後加文は御書ではありません。

> あのなぁ、大事に本尊義が間違っていれば謗法になるだろ?

君が指摘した『本因妙抄』の後加文では、「本尊義」など述べられていません。
「血脈並びに本尊の大事は日蓮嫡々座主伝法の書、塔中相承の稟承唯授一人の血脈なり」についても、「本尊義」について指南されているのではなく、「本尊の大事は、伝法の書(つまり相伝書)に書かれている」という意味です。
いい加減に、もっとしっかり読んでからレスしなさい。

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 18:30:14.41 ID:zTQv9FXQ
>>939
> で、いつ出すんだよ?公式見解で「削除します」と言えよ

何で御書編纂に携わっていない私が、公式見解を発表しなければいけないんだよ(笑)

> 日郷師本尊だろ?あれは日道上人が亡くなってから書かれたものだ

これで読んでいないのが明らかになりました。
『富士宗学要集』の八巻には、日興・日目上人の時代に、日華・日仙の二人が八体の本尊を書写したことが書かれています。
貴方は読んでいないものを、あたかも読んだふりをする大嘘つきです!
「妄語とてそらごとせる者・此の地獄に堕つべし」(顕謗法抄)
(通解:妄語といって嘘をつく者は、この地獄(大叫喚地獄)に堕ちるであろう。)

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 18:37:15.31 ID:ticLYKEH
>>938
>導師本尊こそ、いじくりまくりの日蓮正宗作成ニセ本尊だろ

お前は正真の馬鹿だな。
池田のセガレが野垂れ死んだ時も導師本尊で送ったろ?
牧口も戸田も戸田の家族も過去の学会員もだ。
お前の論法だと、それら皆、地獄に堕ちてんだな?
過去に散々論破されていることを今、持ち出して誤魔化すな!この卑怯者の負け犬野郎!

いいから早く証明しろ!
在家が本尊を決めて良しとする御文をよっ!
いつまでも誤魔化してんじゃねぇ!
次のレスで証明出来ないなら、またまたお前の負けだ。
負け犬学会員の自演舎利がっ!

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 18:47:09.53 ID:1xsYLNnp
>>942
真面目に信仰に励む学会員は、死んでから坊主に拝んでもらって成仏するのではありません。生きている間の仏道修行で成仏するのです。
「いきてをはしき時は生の仏・今は死の仏・生死ともに仏なり、即身成仏と申す大事の法門これなり」(上野殿後家尼御返事)の御聖訓とおりです。

> 在家が本尊を決めて良しとする御文をよっ!

勘違いの莫迦の一つ覚えもいい加減にしなさい!
文証を要するのは化法の問題です。本尊授与の問題は化儀の問題であるので、文証は必須の要件ではありません。
しかも現在においては、唯一の和合僧団たる教団は創価学会です。
その創価学会が、本尊授与の最適な規則を定め、それに則って授与すればいいのです。

化儀で化法を斬ろうとする幼稚な論法は、いい加減に卒業しなさい!

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 18:51:42.85 ID:ticLYKEH
>>943
はい!完全論破。
舎利、お前の負け決定。
まぁ精々、自演でもして誤魔化せや。
ははっ、負け犬学会員。

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 18:56:17.74 ID:1xsYLNnp
>>944
どちらが論破されたかは、ここをロムしている人は明確に理解しています。
ましてや、文証の一つも出せない人間が「完全論破」とは大爆笑ものです。

ではお疲れ様でした。せいぜい自分で自分を慰めてあげてくださいね。

946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 18:57:54.77 ID:378lw4Nh
仏教でしょ。お釈迦様の教えでしょ。日蓮とか池田の言葉じゃなくて
お釈迦様の教えに従うんじゃないの。

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 19:04:28.23 ID:lU9vJB8V
>>940-941
>そう思うのは、君が学会員ではないからだよ。御書を研鑽する学会員においては、「小文字=後加文」は常識。
後加文まで大聖人の言葉と教え込まれる宗門信徒と一緒にされては迷惑だ。

少なくとも、破門前の創価では「大聖人の金口」として拝していましたよ
あなたが破門前の創価を知らないからです

>何で御書編纂に携わっていない私が、公式見解を発表しなければいけないんだよ(笑)

文の流れもわかんないのか(苦笑)
本部の公式見解で出せって言ってるの

>これで読んでいないのが明らかになりました。
>『富士宗学要集』の八巻には、日興・日目上人の時代に、日華・日仙の二人が八体の本尊を書写したことが書かれています。

あーあ、馬脚現わしましたね(笑)
きみが大体誰かわかりましたが、まさか日仙師本尊を「日興上人・日目上人の時代」を言っちゃうとは(笑)
きみこそ読んでないでしょ?
「建武4&#12316;5年」って、両上人とも亡くなったあとですよ(藁)

ちなみに御書は「読む」だけではわかりません。「拝する」ものです。

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 19:06:56.64 ID:l7WjCkEL
みなさん!
暫く舎利の誤魔化しの言い訳が続きますがお許し下さいませ。
素直に負けを認められない卑怯者ですので、はい。
創価学会の本尊は正真のニセ本尊ということが、またまた証明されました。
皆さん、創価学会の勧誘や選挙のお願いにはくれぐれもご注意下さいませ。

「以上」。

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 19:25:51.78 ID:zTQv9FXQ
>>947
> 少なくとも、破門前の創価では「大聖人の金口」として拝していましたよ
> あなたが破門前の創価を知らないからです

なぜ現在の学会では、後加文を御書と認めないかという理由は、既に>>937で説明済み。 無用な繰言はしません。

> 本部の公式見解で出せって言ってるの

だから私は本部の人間じゃないって(笑)
そこまで強い希望を持っているなら、自分で本部に電話して、要望を話してみたらいいではないですか。

> きみが大体誰かわかりましたが、まさか日仙師本尊を「日興上人・日目上人の時代」を言っちゃうとは(笑)
> きみこそ読んでないでしょ?
>「建武4&#12316;5年」って、両上人とも亡くなったあとですよ(藁)

は? 日仙書写の本尊は1332年で、日興上人が亡くなられたのは1333年です。
日顕も説法の中で、それを認める発言をしていますよ。

> ちなみに御書は「読む」だけではわかりません。「拝する」ものです。

その通りです。でも私が言っているのは『御書』ではなく『富士宗学要集』です。

950 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 19:39:31.44 ID:lU9vJB8V
>>947
>なぜ現在の学会では、後加文を御書と認めないかという理由は、既に>>937で説明済み。 無用な繰言はしません。

なぜ破門前は「大聖人の金口」として拝してたのに、破門後は認めないなんて180度変わるわけ?
組織の維持に都合悪くなったからでしょ?

>だから私は本部の人間じゃないって(笑)
>そこまで強い希望を持っているなら、自分で本部に電話して、要望を話してみたらいいではないですか。
創価信者じゃない私が言ったってきかないでしょ?
どうぞ、信者のあなたから本部に連絡してくださいよ

>は? 日仙書写の本尊は1332年で、日興上人が亡くなられたのは1333年です。

は?はこっちのセリフ。建武4年は1337年、5年は1338年
あなた元号もわからない悩乱者?(笑)

951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 19:40:52.48 ID:zTQv9FXQ
>>947
『富士宗学要集 八巻』より
「日仙上人御筆大曼荼羅の分 元徳四年二月彼岸、□□成に之を授与す」

※元徳四年=1332年
日興上人が亡くなる前だよ。

気の毒なことに、馬脚現わしましたのは、君のほうだったねw

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 19:42:55.72 ID:lU9vJB8V
×>>947
>>949

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 19:45:25.76 ID:lU9vJB8V
>>951
その一体だけでしょ?
あなたは「日興上人・日目上人時代に八体」と書いたよね?
あとの七体は?

954 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 21:31:07.05 ID:PKPdSMw7
>>949
無用な繰言はしません。
しているからここにいるんだろうがw
> 後加文に記されている唯授一人の血脈とやらが、宗門が邪教化した現在、「義として正しい」とは到底言えなくなったということだ。

後加文の扱いは要集にあり御書掲載は総和27年だからそれ以前の宗門は完璧に正しいと認めた文証とする。
(現在の学会が後加文の扱いを変えたのは都合が悪いからだろ)

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 22:13:01.94 ID:1xsYLNnp
>>954
> 後加文の扱いは要集にあり御書掲載は総和27年だからそれ以前の宗門は完璧に正しいと認めた文証とする。

それは知っているから、わざわざ書かなくてもいいよ。

> (現在の学会が後加文の扱いを変えたのは都合が悪いからだろ)

一学会員として、その実感を言わせてもらうが、都合云々という思いは、これっぽっちもない。
単に「不要」だからカットする。それだけ。

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 22:14:50.22 ID:zTQv9FXQ
>>950
> なぜ破門前は「大聖人の金口」として拝してたのに、破門後は認めないなんて180度変わるわけ?

邪教化した教団の血脈を認めたら逆に異常だろって(笑)

> は?はこっちのセリフ。建武4年は1337年、5年は1338年
> あなた元号もわからない悩乱者?(笑)

>>951で『富士宗学要集 八巻』の文章を引用して破折済み。

>>953
> その一体だけでしょ?

一体だけなら何だというのか。
さー!これからの苦しい言い訳が見ものですよ〜(爆

> あなたは「日興上人・日目上人時代に八体」と書いたよね?
> あとの七体は?

それは『富士宗学要集 八巻』に書いています。
まさか『富士宗学要集』を読まずに、「あーあ、馬脚現わしましたね(笑)」なんてヨタ話を書き込んでいないよね? まさかそんなことはないよね?

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 22:37:29.23 ID:FVCeQFOa
ん?
きょうはやたらにスレが進んでるけど何かあった?

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 22:39:24.76 ID:lU9vJB8V
>>956
おいおい、2時間半待ってこのザマかよ(大笑)

> 邪教化した教団の血脈を認めたら逆に異常だろって(笑)

話をそらすな!御書の拝し方の変節についての釈明を求めてるんだよ!

>さー!これからの苦しい言い訳が見ものですよ〜(爆

おやおやおやおや&#12316;、苦しいのはあなたじゃないですか?(激藁)
7体の文証は出せないということでいいんですね?
富士宗学要集に無 い ん で す よ !
それどころか、>>951が何ページにあるかも出せない(爆笑)

キミねぇ、本当に読んだんなら、他7体が書かれたページ数を教えなさい!

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 22:44:05.93 ID:l7WjCkEL
>>957
はい、舎利がまたいつものように論破されました。
在家が本尊を決めていいという御文を出せないので負け犬状態です。
本人はいつもの誤魔化し最中です。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 22:54:38.15 ID:lU9vJB8V
あ、バカが噛み付く前に釘さしとかないと(^^;
「日興上人・日目上人の時代に書かれた」他7体の本尊な

ちなみに日仙師の他3体が両上人亡き後に書写されたのことは
>>947で破折済み

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 22:54:58.95 ID:ticLYKEH
そうです。
そもそも洗脳負け犬自演魔舎利がこんな発言をしますた。
↓↓↓
915:12/15(土) 12:50 pV8pzAME
>>907の如く、どの本尊を選択するのかの決定権は学会にあったのである
↑↑↑
この慢心極まりない発言にもうビックリ!
なら、文証出せ!ということになりまして、はい。
当然、負け犬自演魔舎利が誤魔化して逃げ回ってる最中です。

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 23:37:12.83 ID:zTQv9FXQ
>>958
> 話をそらすな!御書の拝し方の変節についての釈明を求めてるんだよ!

だから、宗門が邪教化した現在、後加文は「義として正しい」とは、ならないということ。
例えば、邪教化した教団のについて、「血脈並びに本尊の大事は日蓮嫡々座主伝法の書、塔中相承の稟承唯授一人の血脈なり」といった後加文が何の意味を持つ?
「そんなのどうでもいい」の一言で終わりだ。

> 富士宗学要集に無 い ん で す よ !

いいえ。きちんと書かれています。
事実として私は、日仙の件で具体的な文を出しました。一方の君は、富士宗学要集に書かれているのとは違うことを言い張り、大恥をかきました。
いくら自分の嘘を取り繕おうと必死になっても、ここでロムしている人は、全ての状況を知ってしまいました。
残念でしたね。

> キミねぇ、本当に読んだんなら、他7体が書かれたページ数を教えなさい!

それはこれまでの非礼を詫びてからですね。そして真摯に教えを請いなさい。
その上でなら、教えてあげてもいいですよ。

>>960
> ちなみに日仙師の他3体が両上人亡き後に書写されたのことは
> >>947で破折済み

破折も何も、事の発端は、>>929
> >日興・日目上人の時代にも、嫡弟にあらざる僧達が本尊書写をしているが、
>
> ハイハイ、証拠出しなさいよ
です。
つまり、「日興・日目上人の時代」の議論であり、両上人亡き後は、議論の対象になっていないのです。
議論の対象になっていないものを、君が勝手につつき始め、勝手に「破折済み」宣言をしているだけ。
これほど愚かな勝利宣言が他にあろうか?(爆

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 23:52:31.40 ID:lU9vJB8V
>>962
>だから、宗門が邪教化した現在、後加文は「義として正しい」とは、ならないということ。

ハイ、文証出してね

>いいえ。きちんと書かれています。
>事実として私は、日仙の件で具体的な文を出しました。

だから、そのページ数を示しなさいって言ってるの!!
読んでないから、出せないんでしょ?(笑)

ハイ、君は富士宗学要集の何ページに書かれているのかを言えず、また他7体の文証も出せずに大恥をかきました。いくら自分の嘘を取り繕おうと必死になっても、ここでロムしている人は、全ての状況を知ってしまいました。残念でしたね。

>つまり、「日興・日目上人の時代」の議論であり、両上人亡き後は、議論の対象になっていないのです。

そうそう、お前が「8体ある」と言い張るから「他7体」を出せと言ってるんです。
出せないんでしょ?だって無 い ん だ か ら(爆笑)

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/15(土) 23:56:38.51 ID:lU9vJB8V
以下、ID:zTQv9FXQの
「知ってるけど教えてやらない」と虚勢を張りだしますw

965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 00:07:03.56 ID:WaPR2Gg2
寝る前にトドメを差しとくかw

その項目の最初に何て書いてあるか、当然知ってるよな?
「掲載した中にも疑問点はある」てあるんだよ!
それがどの本尊かは書かれていない
つまり、お前の持ち出した文献は100%正しいとはいえず、よって証 拠 に な り え な い ん だ よ
大体、日華師本尊はないし、日仙師本尊4体のうち、3体は両上人御入滅後だ

はい論破

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 01:16:08.38 ID:xvZIb//f
>>963
>ハイ、文証出してね

文証が無ければ間違いって論法なら、本尊を印刷していいって文証も無いから
日蓮正宗が江戸時代から作ってる形木本尊自体が間違いってこと?

文証がどうのと言っても、要は日蓮正宗が文証も無く、
好き勝手に本尊作ってるだけじゃん

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 01:34:26.01 ID:15QI2voK
ではなぜ、
「いくら日蓮正宗の御本尊をマネて作ったところで、それは馬の骨であります、」
と戸田会長は断言できたのかな?
この指導は御書の文証もない空言だったのかな?

これも本尊の決定権が学会にある故なのかな?
いかなる教義によってその可否を判断してきたのだろうか?
誰がどのように決定してきたのかな?
学会の教学では教えないことだよね?こんな大事なことなのに、どれが本尊でどれが本尊ではないかの判断基準を知ることなく本尊を語るの?
一閻浮堤の大御本尊は学会が定めてきたということなのかな?文証はあるのかな?

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 01:54:12.83 ID:xvZIb//f
>>967
>この指導は御書の文証もない空言だったのかな?

大石寺の化儀に則った指導ってだけでしょ

本尊を印刷していいって文証が無いのに何故、日蓮正宗は印刷の本尊をばら撒いているの?

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 02:27:54.45 ID:ZKvWhFOg
僕は創価学会横須賀総県平和県横須賀圏横須賀桜山支部男子部の高橋裕之です!

目標は女子部と結婚すると年末ジャンボで6億円当てる!ことです!
あと家を持つことです!
全国の同志の皆様方題目を送って下さいよろしくお願いします

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 04:33:46.01 ID:LdQyxy8X
で、本物はどれだ?

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 05:19:20.95 ID:Zh2SVtJA
>>965
> つまり、お前の持ち出した文献は100%正しいとはいえず、よって証 拠 に な り え な い ん だ よ

散々『富士宗学要集』に書かれてある内容について問答を続けてきて、最後になって、この言い草はなんだ?
こんな結論であれば、最初から『富士宗学要集』など問題にせず、「100%正しいとは言えるものはない」と書けばよかったではないか。
さらに言うなら、>>951で持ち出した文献に書かれている日仙本尊は真偽未決ではない。

> 大体、日華師本尊はないし、

「お前の持ち出した文献は100%正しいとはいえず、よって証 拠 に な り え な い ん だ よ」と書いた直後に、この断定は一体何?

> 日仙師本尊4体のうち、3体は両上人御入滅後だ

だから何?
要するに、「日興上人が生きている間に、日仙が書写した本尊あり」という主張が、正しかったということではないか。
一方、君はその主張を
> まさか日仙師本尊を「日興上人・日目上人の時代」を言っちゃうとは(笑)>>947
と、あざ笑った。
それを隠すために、「日仙師本尊4体のうち、3体は両上人御入滅後だ」と、取り繕いに必死だ。
まあ、恥の上塗りにしかなっていないけどな。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 06:14:27.63 ID:yAfkf7SN
【創価洗脳負け犬自演魔舎利】………見苦しいから辞めなさい。

また、また、また、論破されちゃったね(激爆)
で、また、また、また、認めないで誤魔化し逃げなのね(超爆)

舎利…お前、一日何回論破されてんの?(核爆)
恥の上塗りは見っともないよぉ〜

舎利は「富士宗学要集」を持っていないことが判明致しました。

つまり、舎利の持っている文献は、学会の作った洗脳書やサイトの切り出しでした。

皆さん、今後の舎利の見苦しい誤魔化し逃げをご堪能下さいませ。m(__)m ははっ!

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 06:59:53.86 ID:xphJk0pP
外野から見ていると面白いですね。
宗教権威が我が方にあると主張しあう二派と言う構図です。
池田氏が破門される時代以前のパンフレットの宣伝文書。
創価学会いわく「創価学会は新興宗教団体では有りません
800年の伝統を保つ日蓮正宗の檀家です。」と宣言してました。
 此れって今となっては如何ですかね?簡単に変えられるもの? 
創価学会本来の設立目的は、信者講ですよね。
講を必要な人達は、登山の道案内をするガイド役、いわゆる山道の先達です。
その先達が信者講を全く方角違いの場所に導いた、それでお役御免。
寺の坊主が先達を勝手に解任するのがけしからんと未だ紛争中ですわな。
30年後にどちらが継続しているか?野次馬小生も長生きしたいものです。
ところで今の日蓮正宗法華講総講頭って誰ですかね、お役目は果たしているわけ?

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 07:15:09.90 ID:Zh2SVtJA
>>963
> お前が「8体ある」と言い張るから「他7体」を出せと言ってるんです。

・日華(1307年 2体書写)
・同上(1308年 1対書写)
・同上(1310年 1対書写)
・同上(1311年 1体書写)
・同上(1323年 1対書写)
・同上(1325年 1体書写)

さて、ここで問題です。
上の中で一箇所だけ間違いがあります。それはどこで、正しくは何でしょうか?
君が『富士宗学要集』を本当に持っているのであれば、即座に答えられることです。
どうぞ、「俺は嘘をついていない」ということを証明してみせてください。

それから、>>941
> 『富士宗学要集』の八巻には、日興・日目上人の時代に、日華・日仙の二人が八体の本尊を書写したことが書かれています。
に対して、>>947
> あーあ、馬脚現わしましたね(笑)
> きみが大体誰かわかりましたが、まさか日仙師本尊を「日興上人・日目上人の時代」を言っちゃうとは(笑)
> きみこそ読んでないでしょ?
>「建武4&#12316;5年」って、両上人とも亡くなったあとですよ(藁)
と書いたのは、実は>>951で引用した
> 「日仙上人御筆大曼荼羅の分 元徳四年二月彼岸、□□成に之を授与す」
を知らなかったからですね?
その点をはっきり答えてください。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 07:25:10.67 ID:8z/X0z2s
>>974
間違いは「体」「対」の漢字ですな。
「幅」が正解。

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 08:16:38.90 ID:Zh2SVtJA
>>975
確かに「対」は誤字でした。しかし「体」は間違いではありません。「対」を「体」に訂正します。
「体」が間違いであるとすれば、次の『慧妙』の記事も間違いということでしょうか?
「御形木御本尊については、一体ごとの表具が行われる前に、すべて、総本山で御法主上人猊下が開眼の御祈念をしておられる」(平成5年10月1日付)

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 08:41:21.09 ID:yAfkf7SN
>>974
>>さて、ここで問題です。


はぁ?何でお前が問題出せるん?
これが朝鮮人舎利の誤魔化し逃げってやつだ。

つまり、>>963←この方が>>だから、そのページ数を示しなさいって言ってるの!!

との質問を全く無視して>>さて、ここで問題です。
と、、、これで完全論破が成立したわけだ。

創価のやり方は、いつもそうだが、このような誤魔化し逃げで終わる。
質問には答えず、逆に質問して誤魔化す。
よって朝鮮人舎利の負けだ。

誰の目からも明らかだ。
負け犬朝鮮人自演魔舎利の完敗。

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 08:54:57.29 ID:lyWu/Skm
つか>>920
>学会が日蓮正宗の本尊でなくても良いと決めればそれもまた可なのである。

これの文証を出せてないじゃんw
その時点で負けだろ!
以降、舎利は逃げの一手だが、これが創価の卑怯なところw
こいつ連日論破されてんじゃんwww

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 09:06:56.45 ID:Zh2SVtJA
>>977
> はぁ?何でお前が問題出せるん?

答えを知っているからに決まっているだろ(笑)
その上で、>>963に対しても、「君も知っているか?」と聞いているわけ。
物凄くフェアな方法で、どっちが嘘つきかを皆さんに見てもらっているんだぜ。

>>978
それ、俺じゃねーしw
誰がどのレスしているかくらい、見分けられるようになれよ。

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 09:13:40.59 ID:yAfkf7SN
>>979
>それ、俺じゃねーしw

引っ掛かったな舎利。
やはり、お前は舎利(激爆)
その確認がとれれば桶!

さぁ〜そろそろ、在家が本尊を決めて良しとする御文証を出してもらおう?
これ以上、逃げ回るなよ?
朝鮮人自演魔舎利よ!(超爆)

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 09:19:32.52 ID:lyWu/Skm
舎利はお得意の逃げ逃げモードwww
ホント学会員て汚いわなw
その汚さが自覚できない洗脳マシーン

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 09:24:12.98 ID:xvZIb//f
>>980
>在家が本尊を決めて良しとする御文証を出してもらおう?

だから、>>966>>968の質問の回答は?

日蓮正宗って文証無しで勝手にやってるよね

983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 09:47:13.17 ID:lyWu/Skm
>>982
>日蓮正宗って文証無しで勝手にやってるよね
お前だよ!
先に質問したのはどっちだ?
いいから早く在家が本尊を決めていいとの御文を出せよ???
逃げるなよ、「俺じゃねぇ」ってか?このオカマ野朗

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 10:01:40.26 ID:bWtDz3HY
>>980
日蓮大聖人は、本尊に関する権限を定めてはいません。
宗門の人たちは在家云々と言いますが、血脈相承を受けた者のみに本尊の権限ありとも述べられていません。
ただし、九世・日有は、在家と本尊の権限に関係すると思われる興味深い言葉を残しています。

「俗人なれども信心無二の人を供養する意は、御抄にいわく能持の人の外に全く所持の妙法を置かずと、
能持の人は道俗男女に依らず法華経なり、末代悪世の法華経とは色体巻軸なし、
能持の人を指して当時の法華経とは高祖も祖師もかって遊ばして候なり」(有師談諸聞書)

つまり、在家であっても能持の人は出家と同様に供養を受けることができ、出家と同様の宗教的儀式を行うことができると。
ここから、能持の在家がおり、さらには出家が堕落腐敗した状況下では、能持の在家が本尊の権限を有することも十分に可能と考えられます。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 10:14:07.12 ID:xvZIb//f
>>983
>逃げるなよ

逃げてないから聞いているんだよ
>>966>>968のお前の回答は、「文証は無い」と言うことでいいか?

「文証」がどうのと言いながら、日蓮正宗は本尊に関して文証無しで勝手にやっていたのが事実。
在家がどうのと言い掛かりを付けても、結局、坊主の既得権を守りたいだけだろ

986 :創価学会の皆様:2012/12/16(日) 10:53:26.82 ID:TUa6In7J
創価学会の人、ここに書き込んでいる人、論争している
人は、客観的に創価の真実が書かれている次のHPを
熟読されるといいよ。質問スレで、創価学会員推奨です

http://www.soka-news.jp/shinjitu/kaichohonbutu.html
は、創価の真実の歴史を書いてある。

選挙当日は、創価は、運動できない日だから、声聞界の
命で、人生を振り返るのもいいのでは

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 11:40:10.36 ID:WaPR2Gg2
>>974
まーだ知ったかぶりをするか!!
正解は「全て間違い」

なぜなら無 い か ら

お前は全くページ数を示せないではないか(笑)

それが全ての証拠

988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 11:48:14.78 ID:WaPR2Gg2
>>971
>散々『富士宗学要集』に書かれてある内容について問答を続けてきて、最後になって、この言い草はなんだ?こんな結論であれば、最初から『富士宗学要集』など問題にせず、「100%正しいとは言えるものはない」と書けばよかったではないか。

おーおー、怒ってる怒ってる(爆笑)
お前が知ったかするから、からかってやったんだよ!!
そんなに怒るとは思わなかったよ
すまんすまん

>さらに言うなら、>>951で持ち出した文献に書かれている日仙本尊は真偽未決ではない。

ハイ、証拠を出しなさい
あと、そこのページ数ね
8巻は全部で421ページあるから、あてずっぽうでも
1/421の確率であたるかもよ!?(ケラケラ

989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 12:36:35.29 ID:Zh2SVtJA
>>987
> 正解は「全て間違い」
>
> なぜなら無 い か ら

『富士宗学要集』が「全て間違い」ということになるけど、それでOK?


>>988
> >さらに言うなら、>>951で持ち出した文献に書かれている日仙本尊は真偽未決ではない。
>
> ハイ、証拠を出しなさい
> あと、そこのページ数ね

だから証拠は「日仙上人御筆大曼荼羅の分 元徳四年二月彼岸、□□成に之を授与す」
ページ数は214ページ。
さあ、確認してみ?w

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 12:43:03.62 ID:Vn6AW5oP
元々印刷じゃない。カラーコピーだろうとレタッチしていようと関係ないでしょ。
そもそも何のご利益も無いんだから、どっちでもいいよ。

991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 12:46:07.44 ID:bWtDz3HY
>>987
ものの見事に日顕の指南の否定。破門されてこい。

「日仙師などは讃岐に行かれているのですから、これは当時の遠隔地の弘通において、交通等の事情によって、
原則的には唯授一人の付嘱の書写ということに限っておるのですけれども、日興上人が弘通者として相当すると見極められ、
法門相承の真義を受けたと認められる者に対して、特に許可されたということがあったのであります。」
(『創価学会の偽造本尊義を破す』より)

明らかに日仙の本尊書写を認めている。

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 12:59:34.62 ID:Zh2SVtJA
そろそろこのスレも終わりますが、やはり最大のハイライトは>>947

> >これで読んでいないのが明らかになりました。
> >『富士宗学要集』の八巻には、日興・日目上人の時代に、日華・日仙の二人が八体の本尊を書写したことが書かれています。
>
> あーあ、馬脚現わしましたね(笑)
> きみが大体誰かわかりましたが、まさか日仙師本尊を「日興上人・日目上人の時代」を言っちゃうとは(笑)
> きみこそ読んでないでしょ?
>「建武4&#12316;5年」って、両上人とも亡くなったあとですよ(藁)


これもう「やっちゃいました」の典型ですね。
>>947に「やっちゃいました大賞」を授与しよう。

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 12:59:35.58 ID:WaPR2Gg2
>>989
>だから証拠は「日仙上人御筆大曼荼羅の分 元徳四年二月彼岸、□□成に之を授与す」
ページ数は214ページ。

やっとページ数出したか(苦笑)
証拠って「真偽未決でない」証拠だよ!
やり直し!
あ、あと日華師のページ数もだぞ!!

ちなみに俺が出した「疑点あるものあらん」は177ページの3行目な
行数まで言ってやったぜぇ〜、ワイルドだろぉ〜(笑)

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 13:25:11.19 ID:Zh2SVtJA
>>993
> 証拠って「真偽未決でない」証拠だよ!

真偽未決でない証拠とは何か?
日仙本尊について真偽未決論は無い。

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 13:29:53.57 ID:Zh2SVtJA
>>987
> 正解は「全て間違い」
>
> なぜなら無 い か ら

実に不思議な話だ。
「無い」本尊について「疑点あるものあらん」という莫迦があるだろうか?
無い本尊について「疑点あるものあらん」とはどういうことか説明してみなさい。

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 13:42:39.60 ID:pF1piS3k
小宗坊主・信徒、小信会坊主・信徒、顕小員の洗脳を解く為に書いておくが、
百六箇抄、本因妙抄は日尊に相伝されたものであり、石山の正統性の文証にはならない。

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 13:45:28.56 ID:WaPR2Gg2
>>994
「疑点あるものあらん」と書いてあるんだから、日仙師本尊が当てはまらないなんて論理は通らない

>>995
本当にニセ本尊拝んでると、読解能力無くなるなw
日華師が無いことと疑点あるものあらんは関係ないだろが!

998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 14:07:06.04 ID:xvZIb//f
文証が無ければ間違いって論法なら、本尊を印刷していいって文証も無いから
日蓮正宗が印刷している形木本尊自体が間違いってことだよね

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 14:18:22.61 ID:pF1piS3k
興門流は「かたじけなくも“書写”し」だから印刷した時点で石山は興門流から外れた。
富士一跡門徒存知事は真偽未決だと言ってもいいんだぞ、石山よ。

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/12/16(日) 14:21:05.30 ID:bWtDz3HY
>>996
> 「疑点あるものあらん」と書いてあるんだから、日仙師本尊が当てはまらないなんて論理は通らない

「疑点あるものあらん」は日華本尊についてだ。日仙本尊についてではない。
本当に読んでいるのやら、あるいは読んでも読解できないのか…。
読んでいたらそんな反論は出てこない。

> 日華師が無いことと疑点あるものあらんは関係ないだろが!

関係ある。
日華本尊と言われている曼荼羅も、上野の妙蓮寺が所蔵している。
真偽未決である以上、「無い」と断定することはできない。
また「無い」ものについて、「疑点あるものあらん」など不可能。(「ある」からこそ「疑点」を見つけることができる)

とにかく君の読解も、主張の論理も滅茶苦茶だ。これでは話にならない。
>>991の指摘にも、ダンマリを決め込んでいるではないか。
議論するのであれば、自分と相手の意見と根拠を、それぞれ明確に対比させること。
子供の喧嘩でもあるまし、もっと中身のある投稿をしなさい!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

390 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)