5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【熊本】名刀「同田貫」後世に 市立歴史博物館に寄贈 玉名市[09/19]©2ch.net

1 :のっぺらー ★ 転載ダメ©2ch.net:2015/09/19(土) 12:41:59.19 ID:???
玉名などで活動した刀工集団「同田貫[どうだぬき]」が手掛けた刀剣2本と脇差し1本が17日、
玉名市立歴史博物館こころピアに贈られた。

刀剣は、初代の正国の作(長さ68・7センチ)と兄の清国の作(同69・5センチ)で、脇差しは11代の宗春の作(同31・7センチ)。
同市の生森[いきもり]基哉さん(86)、みち子さん(85)夫妻が牧野吉秀館長に手渡した。
同博物館は今後、企画展などで展示する予定。

基哉さんが、同田貫をモデルとした刀で活躍する劇画「子連れ狼」の主人公・拝一刀[おがみいっとう]のファンで、
みち子さんと県内外の骨董[こっとう]店などを巡り、20年以上前に手に入れた。

同田貫は、菊池から玉名に移り住み、一派が作り上げた刀剣などの総称でもある。
正国は同市亀甲、清国は同市伊倉に鍛冶場を構え、室町末期から活躍。
清国は1代で廃業した一方、正国の家系は刀を作り続け、江戸期に宗春ら名工も生んだ。

生森さん夫妻は、こころピア開館の1994年から3本を預けてきたが、「玉名のために活用してほしい」と寄付を決めた。

同田貫は、コンピューターゲームをきっかけに人気が高まっており、
生森さん夫妻「若い人が郷土の宝に注目してくれるのはうれしい。2人で集めた品々を見てほしい」と喜んだ。

写真:同田貫の刀剣を寄贈した生森基哉さん(中央)とみち子さん(右)
http://kumanichi.com/news/local/main/photo/20150919003_DAT_20150919103023001.jpg

以下ソース:熊本日日新聞 2015年09月19日 10:27
http://kumanichi.com/news/local/main/20150919003.xhtml

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)