5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【三重】浄土宗経本を点訳 玉城町西光寺の副住職・西央成さん [転載禁止]©2ch.net

1 :坊主 ★:2015/09/11(金) 23:32:02.87 ID:???
引用元:中日新聞 2015年9月11日
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20150911/CK2015091102000028.html

 玉城町田丸の西光寺の副住職西央成さん(37)=京都市=が、浄土宗の経本を点字に翻訳した。
点訳したのは檀(だん)信徒が日々のお勤めでとなえる「日常勤行式(にちじょうごんぎょうしき)」。
西さんは「仏教への入り口をどんな人にも優しくしたかった」と話す。

 西さんは西正則住職の長男で、京都市の浄土宗宗務庁に勤務。
今年三月、福島県内の全盲の男性から「自宅で念仏をとなえたい」と電話で相談を受けた。
浄土宗に点訳した経本はなかったため、別の宗派で点訳経験がある視覚障害者支援の「京都ライトハウス」に協力を依頼した。

 日常勤行式は平仮名で三千八百字ほど。
西さんは点字をほとんど知らず、助詞の「は」を「わ」に、「へ」を「え」にする点字の決まりごとから学んだ。
「南無阿弥陀仏(あみだぶつ)」を十回繰り返す「十念」は、そのまま「南無阿弥陀仏を十回となえる」と表現した。

 独自の音や節回しは何度も口に出して確認し、浄土宗総合研究所(東京)にも相談。
東日本と西日本では経の一部が違うため、二通りの点訳を用意し、該当する部分だけ差し替えられるよう工夫したという。

 作業は三カ月ほど。点訳した経本を男性に送ると、電話越しに日常勤行式をとなえ、喜びを語ってくれたという。
西さんは「自分が当たり前と思っていた読み方を、見つめ直すことで自分も勉強になった」と振り返る。

 点訳作業をきっかけに、今では点字で別の檀信徒らと文通も始めた。
「今度は浄土宗開祖の法然上人の法話を点字にしたい」と話している。

 点訳した経文は一部千円(送料込み)。(問)西さん=(ソース元参照)

 (関俊彦)

西央成さんと作成した点字の「日常勤行式」=玉城町田丸の西光寺で
http://www.chunichi.co.jp/article/mie/20150911/images/PK2015091002100215_size0.jpg

2 :やまとななしこ:2015/09/12(土) 02:25:39.27 ID:j0tnOBgo
目が見えない人のほうが悟り開きやすいんじゃない?

3 :やまとななしこ:2015/09/12(土) 02:28:08.57 ID:GlVmdh0A
いや視覚障害者から今度は金を巻き上げるんだろ、今までと何も変わってない破戒僧だ

そいつが良くても上が腐ってる。2600年以上経って仏陀の教え?書き換えたんだよ。

ブッダの基本的な教えだけで十分だ、余計な時間の無駄じゃ可哀想だね

4 :やまとななしこ:2015/09/12(土) 02:53:33.21 ID:GlVmdh0A
大乗仏教だろ、日本にはそれしか無いと聞いている、そっちでは特別な
不思議な力が普通に使えて悟りだ、俺には使えるが悟りだなんて思わない
此処から先が始まり、使えて入り口、信者に逃げられはじめて苦肉の策?

自分の修行さえ失敗してるのに?そのやり方をブッダが?嘘つきめ、現実で俺がサバ効果?

5 :やまとななしこ:2015/09/12(土) 20:37:07.50 ID:353G8XjE
いいんじゃない。さらに頑張ってほしいね。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)