5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【エネルギー】トヨタ自動車グループ、風力発電で水素製造、本年度中…豊田通商は北海道で、トヨタ自動車は横浜で実証事業[05/24] [転載禁止]©2ch.net

1 :Hi everyone! ★ 転載ダメ©2ch.net:2015/05/24(日) 00:55:49.02 ID:???
 トヨタ自動車グループは二〇一五年度中に、風力発電を使って、二酸化炭素(CO2)を出さない水素作りに乗り出す。豊田通商は
北海道の北部で、新たにトヨタも神奈川県の京浜臨海部で、それぞれ地元自治体などと連携し、実証事業として取り組む。

 トヨタが世界で初めて一般発売した燃料電池車(FCV)「ミライ」は、走行中にCO2を排出しないが、燃料の水素を作る際にはCO2が
発生する。実証事業は再生可能エネルギーから作る水素の供給システムを確立する狙いがある。FCV以外の利用を含め水素社会の
実現を先導する構え。

 トヨタは、横浜市風力発電所「ハマウイング」(年間発電量二百二十万キロワット時)を活用し、発電した電気で水を分解して水素を作る。
水素はトレーラーなどで周辺の工場や倉庫に運び、燃料電池フォークリフトの燃料として使う。

 環境省の委託を受け、神奈川県、横浜市、川崎市と共同で実施。京浜臨海部には製油所や製鉄所などが集積しており、石油や石炭を
燃やす際の副産物として発生する水素も活用。製造から運搬、利用までのCO2削減効果などを四年間かけて調べる。

 一方、豊田通商は北海道苫前(とままえ)町所有の風力発電三基(年間発電量三百七十五万キロワット時)の施設内に、水の電気分解
による水素製造装置や水素を液状に変える装置を設ける。三時間でミライを一台満タン(五キログラム)にできる製造規模を見込むが、
ミライは東京や名古屋など四大都市圏で限定販売されているため、当面は町内の温浴施設のボイラー熱源や非常用電源に使う。

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業で川崎重工業、室蘭工業大など五企業・団体も参加。約三年間で採算性
を検証し将来はFCVが先行普及する東京など大都市への供給を検討する。

ソース(東京新聞) http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2015052302000139.html

2 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 00:58:06.46 ID:5KqBxpjR
水素発電所作って電気自動車を走らせればいい
これから全国に水素ステーション作るの無理だろ
ガソスタでさえ潰れまくってやばいのに

3 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 01:19:42.18 ID:G+zzHxdg
なんで日本海側のメタハイを使わないのかなぁ?

4 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 01:26:33.65 ID:AHPJ8Tlg
2H2+O2=2H2O
って化学式だと簡単だけど実際は難しいんだね。

エネルギー不変の法則なら
水を分解するのに必要なエネルギーは
水を合成するときに回収できそうなもんだが。

あれ!水を合成するエネルギーが車動かすんだっけ。

水の温度だってエネルギーなんだけどな。

5 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 01:29:11.96 ID:PoTthLNw
>2
コンビニで水素販売する気だぞwww

6 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 01:36:05.02 ID:OgcSUEgW
水素吸うとハイになれますか?

7 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 01:36:52.35 ID:dpn9kiK2
>>2
水素エンジンで二酸化炭素排出削減
メタンハイドレード燃やすと二酸化炭素排出増える
の二律背反

8 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 01:39:32.65 ID:w0AsQs5P
>>2
装置はかなり小型化できちゃったそうだから、
あとはガスボンベ屋さんがやってくれるんじゃね
送電線分離自由化とか古い話になっちゃったね

9 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 01:46:41.60 ID:PEQN/7BU
後部バンパーの下側に小さいスクリューかプロペラみたいな物が付いている車が駐車してたんだが
あれは何だろう?
走行中に回って発電でもするのだろうか?

10 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 01:48:44.37 ID:l9AMs1m8
熱を利用しなければ燃料電池なんて効率悪すぎるやろ。

11 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 01:53:19.75 ID:AOsxNOgs
>>9
それは伝説のシュビムワーゲンでわ??

12 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 02:01:46.59 ID:yafjEPds
太陽光パネルでも出来るらしい
家で水素自動車に水素充填なんてできたらね

13 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 02:04:05.20 ID:dhPAZ5P+
核廃棄物でも水素できるらしいよ
トヨタは金あるんだからそういう方面に金使ってよ

14 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 02:19:47.29 ID:DB2Q1NAc
福一の汚染水から水素が発生しているらしい!この技術を応用できないか

15 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 02:28:33.13 ID:0q5jBpmm
地熱を利用して水素は取り出せないのだろうか

16 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 02:47:02.05 ID:0djJrY8H
トヨタの水素自動車自体は中東で戦争が起こってガソリンが爆高になったときのための保険投資だろ
水素は天然ガスから簡単に作ることができるから、水を電気分解なんて方法は最初から念頭にない

17 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 03:16:49.47 ID:Fiq6uPN5
風力で電気作ってから電気分解で水素発生させて車に注入して水素エンジン動かす位なら
風力で作った電気を直接に車に充電してモーターを動かせよ。
トヨタ自動車はバカ者しかいないのか。燃料電池車は絶対に失敗して世界の笑い者だろう。

18 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 03:20:33.72 ID:SwBGP0EC
自然再生エネルギーは、安定して無いために
なんだかの蓄電装置がいる


風力に適した場所は市街地から離れていて
送電ロスもバカになら無い

19 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 03:22:05.75 ID:WWlyMSqM
発電システムの欠点は蓄電出来ないこと。これを水素に変換すれば「蓄電」出来る。
電池で蓄電など問題外だし、効率を考慮しても「エネルギー貯蔵」出来ることは大きなメリットだ。
久々に最近「超電導送電」の話しは聞いたが、昔やっていた「超電導蓄電」などどうなったのかね。

20 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 03:29:48.99 ID:wjIkzVIB
>>19
燃料電池は数十年前からあるが、一般的な用途としては
どれも実現していない。
海上自衛隊の通常動力型潜水艦の動力として期待されていたが
水素の吸着合金の性能が未熟すぎて計画中止。

燃料電池の有望な用途としては、宇宙船に搭載することぐらい。
(副産物として水が排出されるが水が貴重な宇宙船では
この水を飲料水として使うから。)

21 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 03:46:39.06 ID:XFM0io0H
トヨタのアグレッシブさすごいな全方向攻めまくり

22 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 04:34:03.28 ID:JyRJkz00
風力だと秒未満でも発電能力安定しないだろうから一度水素として違う形にして、貯めるのと、使いやすいように整えるってことか。

水素も瞬間のパワーはあるけど化石燃料みたいに持続したエネルギーを出せるようじゃないみたいだし量がいるのかもね。

23 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 04:50:25.50 ID:bZO8DLUi
ぶっちゃけ、燃料電池や電気自動車って、原発が発電した電気つかって、
と言うストーリーが崩れ始めたから必死なんだろ。
原発が発電した安い電気使って充電や水素精製しようと思っていたんだろ。

24 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 04:52:33.07 ID:WeU41KPI
そこは風力で自動車を動かせよと
ヨットの原理で風上にもジグザグで進めるぞ

25 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 05:04:40.89 ID:eP10bweZ
>>21

意地になってるだけ
いかにもトヨタ

26 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 05:21:00.31 ID:JBZrhbOJ
ハマウィングの発電状況は
http://cgi.city.yokohama.jp/kankyou/mamoru/furyoku/live/
で見る事が出来るけど天気のいい日は発電量は0kw
梅雨明けの風のほとんどない真夏ほど発電量は少ない
やめてくれ

27 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 05:27:47.56 ID:ruTy9PSD
ホント開発だけには、惜しみなく金使うよな〜

28 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 06:02:14.27 ID:xjrK58Ff
産官複合体

29 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 06:19:30.91 ID:3/iyNWbt
豊田通商が豊田商会にみえた

30 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 06:30:39.51 ID:0zPhrJio
僻地や離島で燃料電池車使うなら、割と現実的な選択肢だよ。

31 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 06:35:24.91 ID:BvRDEIpG
>>27
いや、日本の大学研究者が海外の学会へ行く費用とか、1人1回あたり100万円
以上の渡航費用と報酬が、依頼旅行という名目で、独立行政法人経由で税金
負担で支払われていますよ。

依頼旅行の場合、出張報告書の提出はなく、それが妥当だったのかの検証も
なし。

32 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 06:42:43.86 ID:HmPpIVsE
これ、ちょっとポジティブすぎというか大げさに書かれてるけど
(トヨタの提灯記事はいつものことだが)
実際のところは、せいぜい風力でもわずかな足しにってところだろう

水素がいかに扱いにくくて高くつくか、いちばん分かりやすいのはこれ↓

【エネルギー】日本初の移動式水素ステーション完成 - 豊田通商/岩谷産業/大陽日酸
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1427094531/

全長12メートルの大トラ荷台いっぱいの大きさ、2億5千万円、それでもたった 5台分しか充填できないって w

33 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 06:51:34.79 ID:97AXNCoe
貯められるというわけで理屈としては再生可能エネルギーと相性良さそうに見えてコストがアホみたいなままなんだろうな

34 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 07:11:49.27 ID:DWXxt1zo
石油に頼らなくなれば日本人の暮らしも楽になるのから応援しろよ

35 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 07:12:16.54 ID:BvRDEIpG
絶対零度近くまで(沸点は-252.6℃なので)冷却した液体水素にしても、水と
比べて比重は1/14なので、液体水素1kgの体積は、約14リットルと嵩張る。

ミライの場合、低温による液化ではなく、700気圧(水深7000mの深海水圧に
相当)の超高圧に圧縮して液化状態にしているけど、比重はほぼ同じと思わ
れる。

36 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 07:12:23.05 ID:vcu4FA1X
トヨタもこういうことするとおちぶれんだわw
やっぱ年で60以上はくずなんだわなwwww

37 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 07:21:51.84 ID:Qgh60XDf
>>6
つまらんボケかますな
大量に吸ってフーセンみたいに飛んで行っちまいな

38 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 07:23:29.87 ID:ObObCl5t
原発+EVと風力(太陽光)+水素の二択なら後者かな
NAS電池が期待外れだったから蓄電より水素に変換する方が現実的

39 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 07:37:39.55 ID:o8WNZK1o
>>25
ヒュンダイは、意地を張りたくてもカネがないニダ

40 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 07:54:32.59 ID:5dOl2iUN
風力→テスラ

41 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:01:18.73 ID:YfA7jtuE
>>3
バカ発見

42 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:06:05.18 ID:8dql+4tc
次の燃料電池車では、車の上部に風車をつけて発電し、それで水素を発生させ、これを燃料として
走ることが出来るようになるでしょう。

実質、燃料費がタダになるのです。

43 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:20:44.15 ID:uAq1CWmo
>>25
まあ、技術屋を最も燃えさせる原動力の一つが意地なんだけどな

44 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:23:35.04 ID:Jv0ukwi5
風力発電の設備は借り物
本気度が足りないな

45 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:27:35.88 ID:7XlkdOZm
水素を作るのに電気を使うのなら
電気自動車でいいだろ

46 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:36:51.72 ID:8Nz0vIKP
交通事故で水素漏れで大爆発する水素自動車が早くみたい。
いくら衝撃に強くてもガソリン車と衝突してガソリン車の方が燃えて巻き込まれたら終わりだろ。

47 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:37:59.97 ID:0xusy+NZ
>>43

基本トヨタは技術を愛していない

成功して驕りたい
売り上げて金持ち自慢したい

そっちの欲のほうが強そうだw
社風からいって

48 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:42:10.54 ID:GqoyG/Yk
水素として貯蔵するのはコスト高だぞ
水素を補完しとくと金属容器が脆弱化していくから。

一番良いのは風力発電などでアルミニウムを精錬してしまうこと。
アルミニウム車は水だけを燃料として何万キロも走る。
そして酸化アルミニウムになったら、また電気を使って精錬しなおすだけ。

49 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:44:36.39 ID:hZiY/4TN
風力はやめてほしい、鳥が可哀想。

50 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:46:54.86 ID:GqoyG/Yk
新幹線や飛行機の方がずっと多くの鳥を巻き込んでるでしょ

51 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:47:49.99 ID:AHPJ8Tlg
>>48
これで一件落着じゃん。
ノーベル賞級の技術だな。
早く実現しろ、トヨタ。

52 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:50:41.83 ID:GqoyG/Yk
>>51
いや。とっくの昔に実現してるよ。
「水で走る車」で検索

53 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:51:16.49 ID:cvQoU8eV
>>48

なんか聞いただけならすごそうな技術だけど
実用化されないのはなんか問題あるんだろうな

54 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:54:43.21 ID:GqoyG/Yk
>>53
普通に高い。
アルミニウムはアタッチメントタイプで交換できるんだけど
駐車してる間にアルミニウム電池を盗難されたりしたら痛い。
車自体よりずっと高かったりするし。

55 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:56:10.00 ID:m29ltveT
>>2
セブンイレブンが参入決めた
他のコンビニチェーンも参入予定だよ

水素はプロパンガスより維持管理が簡単

56 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:56:18.00 ID:8Nz0vIKP
>>54
1台おいくら万円?

57 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:56:40.19 ID:GqoyG/Yk
とりあえず2017年に日産から「アルミニウム車」が市販されるから、それからのお楽しみ。
http://gigazine.net/news/20140614-phinergy-alcoa-electric-car/

58 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 08:59:18.59 ID:GqoyG/Yk
アルミニウム電池の最大の利点はエネルギー密度の濃さ。
だからもしかしたら長距離を運行する船や潜水艦の方が
自動車よりさらに実用的かもしれない。

59 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:00:50.22 ID:TP10eybp
企業だからカネを儲けるのが目標だが、この燃料電池からの攻勢は凄
まじいものがあるな。
会社が大きくなっても攻めの姿勢が無くなってはダメと言わんばかり。
某国企業よ少しは見習ったらどうだ。

60 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:03:03.66 ID:bbzDHcuW
詳しい人、水素のメリットを教えてください。

61 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:03:45.33 ID:DbeVCER6
永久機関で水素作って、それで自動車走らせたらいい

62 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:05:01.85 ID:GqoyG/Yk
>>60
いわゆる「地球温暖化」を防ぐのに少しだけ貢献するのでは?
現在も製鉄所や都市ガス屋さんでは莫大な水素を大気中に「捨てて」るから。

63 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:12:02.55 ID:AHPJ8Tlg
>>62
え〜なんてもったいないことしているの。
水素かえして〜。

64 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:14:23.72 ID:mLwaVvZW
>>60
環境メリットゼロ
コスト「デ」メリット大あり

補助金詐欺メリットあり

65 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:16:10.80 ID:yEzXCvbh
蓄電としての水素貯蔵は有力であると思うが、水素タンクの燃料電池車も将来の有力な選択肢でありと思う。

でも自動車に載せる水素タンクは危険なような気がする。

水素タンクの燃料電池車は、都市中心部にドミナント的水素ステーションを置き、その周辺だけで使うようになるのかなと思う。

その他の地域ではプラグインハイブリット車や電気自動車が一般的になるのかなと思う。


蓄電の水素タンク貯蔵施設をビルごとに設ける方が有力なような気がする。ビル内で燃料電池を最効率で使うようにするとか。

蓄電は揚水ダムが有力でもあるような気がするが、揚水ダムは造れる場所が限られて来るので、将来的に蓄電は、揚水ダムと水素タンク貯蔵施設と技術革新の末の蓄電池の三本柱の可能性もある。

他に炭化水素系の人口液体燃料を太陽光から効率的に製造できる技術が実現できれば有力な蓄電方法になるのかなと思う。

発電や蓄電に色々な選択肢を持つ事はいろいろな可能性・夢があって良いこと。

66 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:17:31.47 ID:GqoyG/Yk
今はメインの燃料となった「天然ガス」もたった50年前は使い道が分からなくて
全部、大気中に捨ててたんだぜ。
よく中近東の動画を見ると油田に大きな火を噴いてるのを見かけるでしょ?
あれが「天然ガス」なんだよね。使い方が分からないから燃やしてた。
日本があれを液化窒素を使って液化天然ガス(LNG)にしてタンカーで輸入し始めて
始めて「燃料」なんだと認識された。

67 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:20:37.99 ID:GqoyG/Yk
まだまだ無駄に捨ててるエネルギーは無限にあるぜ。
「地熱」なんてまさにそうだし、「風」や「太陽光」や「潮」や「波」だってそうだ。

68 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:20:39.00 ID:ObObCl5t
>>60
水素は燃料としても使えるので将来は航空機にも使える

69 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:23:09.27 ID:GqoyG/Yk
現在の水素は半世紀前の天然ガスだよ。
産油国では原油を採掘する際、莫大な水素が出るけど
全部捨ててる。
軽いから勝手に空気中に放出されて天に昇ってくんだよね。
それを発電に使えば莫大な電力を産みだせる。もったいない。

70 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:24:41.45 ID:AHPJ8Tlg
>>66
そうかい!!
今日は目からうろこの情報が満載でなんだか得した気分。

ちなみに液化窒素で液化天然水素は無理?

71 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:26:31.02 ID:GqoyG/Yk
>>70
水素の沸点は-252.6℃だから難しい。
でも簡単にベンゼンに溶けるから
現在はベンゼンに溶かして保管するのが良いと
日本の会社は言ってるし既に実用化してる。

72 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:28:16.57 ID:VZYrul4B
EVはこんごどうなるの?
個人的には構造が簡単で親しみが持てそうだが、バッテリーが全然ダメかな?

73 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:30:15.90 ID:GqoyG/Yk
プラグインハイブリッドカーが凄い勢いで普及してるしEVは有望じゃね?
でもプリウス自体は全然売れなくなって在庫の山になってる。
理由は今年にもモデルチェンジされて新車が出ると噂になってるので買い控え。
おそらくモデルチェンジされた新プリウスは定価もずっと安くなってるはず。

74 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:38:11.91 ID:W2HjuMI+
風力発電もそれだけで採算ベースに乗せるのは難しい
一つの案として、浮体を漁礁として活かすことも考えて設計せよ
洋上風力+外海に手頃な漁礁を確保し水産資源の保護に役立てる

海洋国家として申し分のないメリット見込めると思うがどうか

75 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:40:57.34 ID:GqoyG/Yk
偏西風(恒常風)の吹く北ヨーロッパでは海上風力が有望だけど
日本では数多くの実験をした結果、海上風力は採算が全く合わないみたいよ。
台風も来るわ風向きも一定で無いわ、たまに津波も来るわで条件が悪すぎるらし。

76 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:43:42.78 ID:nLKaJWxw
漁業組合もうるさい

77 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:48:32.36 ID:GqoyG/Yk
日本の場合は送電線網が問題なんだよね。
北海道中部は(札幌と函館の間)送電線が発達してるので
ソフトバンクなどがメガソーラー発電を敷いて大儲けしてるけど
最も風力が強い北海道東部は風力発電をすれば大儲けできる事は既に分かってるが
送電線が無いから発電をできないんだよね。
同じ問題をアルゼンチンのパタゴニア地方も抱えてる。
パタゴニアにびっしり風車を並べたら南米の電力を全てまかなった上に北米にも電力を売れる。
でも送電線を敷くのに莫大なコストがかかるし、距離がありすぎて送電ロスというのも生まれる。

78 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:52:29.90 ID:sObmjvte
水素ステーションが普及するのが先か、
高性能な二次電池が開発されて、燃料電池車が廃れるのが先か。
見ものだな。

79 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 09:52:43.84 ID:mLwaVvZW
水素1kg=1万円ぐらいのコストか

不安定な風力発電で電気分解装置を運転するのは効率悪い
簡単にオンオフできるようなもんじゃない
大容量バッテリにいったん貯めて間欠運転とかしても
オンオフであっという間に劣化する

80 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:10:48.73 ID:RTpXOEVI
結構さあ、風力発電所は山の尾根沿いに作ることが多いし、近くの山中に揚水発電ダムを造り風力発電ファームでできた電力で揚水して電力貯蔵したらいいんじゃね。

81 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:13:57.15 ID:eP10bweZ
>>75

そうだった日本は台風があったわ… もともと海からの災害が多い国

それでなくても発電量は全然一定してなくてゼロの日もあるんだね

>>26



それじゃあ、もういくら議論しても無駄なことだよ、風力で水素生成なんて。
こんなエコやってますっていう広報のためだけのごく小規模な施設じゃないか。

82 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:15:24.99 ID:GqoyG/Yk
>>80
それは割合、アリかもね。
ため池が盛んな四国・中部地方ならそれはいけるかもしれない。
電力のためというより、より高い場所に水を貯めとく事自体に意味があるから。

83 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:16:01.20 ID:/FImKHCQ
北海道なら土地はあるのか
風車糞うるせーからな

84 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:16:25.00 ID:RTpXOEVI
それもいいけど、トヨタなんだから、鉄腕ダッシュのようなソーラー電気自動車を本気で開発してほしい。
あの当時よりソーラーパネルの性能も相当上がってるだろうから、いい車作れると思うんだが。

85 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:22:26.62 ID:GqoyG/Yk
http://www.geocities.jp/kk810558/sagami1img/IMG_2406.JPG

↑こういう使い方もあるよ。
相模川ほとりの馬入公園の手作り風車で直径1m程度で
コストもおそらく数万円だけど
この風車がぐんぐん地下水を組みだしてて
その水が小川と池を形成していい感じの自然公園になってる。
いわゆるビオトープを電力を一切使わず風力だけで完成させてる。

86 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:27:49.27 ID:GqoyG/Yk
というか上の写真だけじゃ分かりづらかった。
写真31〜33あたり参照。
大体年中、秒辺り数百㎖の水を汲みだして小川に注ぎいれてるけど
結構な広さのため池を生成してる。

http://www.geocities.jp/kk810558/sagami1.htm

87 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:36:15.56 ID:AHPJ8Tlg
>>71
ってことは
数年先には産油国では煙突の先にベンゼン充填の容器が取り付けられ
次々に交換されてそれを満載したタンカーが日本に向けて出港する
という風景が見られるようになるのか。

しかし日本がエネルギーとして開発しなければ捨てていたものを
日本が自前で研究して価値あるものにしたのに
それを金を出して買ってくるって
産油国丸儲け。

長期契約権を安くするとか有利に扱ってくれても良さそうなものなのに。

しかし日本のエネルギー取得に対する執念。
やっぱりあの戦争もヤムにやまれず突っ込んでしまったものなんだな。

88 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:38:35.36 ID:GqoyG/Yk
津久井湖のそばに城山湖という揚水発電所があってアマチュア無線の聖地なんだが
そこに太陽光パネルか風車があれば揚水するのに都合がいいかもしれない。
実感としては日あたりはいいけど風の少ない場所だから太陽光パネルの方が実践的かもしれないけど。

89 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:40:14.13 ID:TjI7HW/0
いいね。

日本が産出、貯蓄できるエネルギーは水素しかない。

藻なんかより現実的だし。

90 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:42:26.18 ID:GqoyG/Yk
ちなみに千葉県ではこういう風景を目にすることができるよ。
自宅の畑でガスを取って、それで暖房や煮炊きや湯沸しに使う。
http://portal.nifty.com/kiji/131126162477_1.htm

でも多くはそのまま大気中へ逃げて使われずに無駄になってるんだよね。

91 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:45:32.12 ID:yafjEPds
安定しない再生エネルギーの電力より、
再生エネルギーを使った水素の方が移動が容易で送電線もいらん

92 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:46:23.11 ID:HmPpIVsE
以下、オールトヨタネットワーク分科会による水素ゴリ推し工作が延々と続くスレです

この頃は強硬姿勢より夢語り風をトレンドにするんだって

93 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:46:43.02 ID:GqoyG/Yk
しかし将来の事を考えたら送電線を作っちゃった方が早いんだよね。
老朽化したり要らなくなったら送電線は回収して再利用できるわけだし。

94 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:47:48.21 ID:yEzXCvbh
http://jp.sputniknews.com/middle_east/20150523/367739.html
サウジアラビアのヌアイミ石油相は「2040年までに我が国は、石油を放棄する用意がある」と述べた。新聞The Financial Timesが伝えた。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/middle_east/20150523/367739.html#ixzz3b150dbBN

サウジアラビアのヌアイミ石油相は「2040年までに我が国は、石油を放棄する用意がある」と述べた。新聞The Financial Timesが伝えた。

続きを読む http://jp.sputniknews.com/middle_east/20150523/367739.html#ixzz3b150dbBN
─────────────────────── 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:0be15ced7fbdb9fdb4d0ce1929c1b82f)


95 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:48:21.25 ID:AHPJ8Tlg
北海道東部に送電線引くのが先だな。
札幌や千歳が近くにあるのになんで送電線引かないんだ?

電気が余ったら安くして暖房や雪溶かす装置に回すとかすれば
みんなたすかるじゃん。

北海道電力ってなまけもの?

96 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:50:55.55 ID:GqoyG/Yk
>>95
北炭とか北海道JRとか色々見ると
北海道気質というものは確実にあるよね。
実に怠け者で横着だ。
税金にたかる精神が明治時代から脈々とDNAに組み込まれてる
川淵三郎も真っ青だ。

97 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:55:02.33 ID:HmPpIVsE
>>96
税金にたかる精神

じゃあトヨタといいコンビになるねw

98 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 10:59:20.89 ID:yEzXCvbh
サウジが自然エネルギーに将来的シフトする可能性が出てきた。

サウジが広大な砂漠地帯で太陽パネルや太陽熱発電で発電すればトルコ・東欧とかに住友電工が開発中の高温超伝導ケーブルで運ぶようになる。

世界中で太陽パネルや太陽熱発電で発電すれば夕方や夜間の為の蓄電が必要になる。

揚水ダムと水素タンク貯蔵施設と技術革新の末の蓄電池の可能性が広がる。

他に炭化水素系の人口液体燃料を太陽光から効率的に製造できる技術が実現できればと思う。

発電や蓄電の様々な技術革新を進めるフロンティアは広がっている。

99 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 11:14:31.92 ID:eP10bweZ
サウジのような中東なら太陽パネル発電を大規模にやったら
供給は安定しているだろうなあ
大成功するかもね

日本では気候を考えればムリ、ごく小規模でしか実現不可能

日本は外国から石油を買っていたのと同じく
新たな代替エネルギーも外国から買うことになるのか
今までと何も変わらないね

100 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 11:20:45.71 ID:c2dUcbcZ
住友電工?あのバカ社員だらけの?

101 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 11:25:31.58 ID:KFtjy6TD
>>87
千代田化工とかがそんな計画推進してるんじゃないかな。
日本で水素と分離した後のベンゼンは再利用できるみたい。

102 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 11:30:36.53 ID:IojK8bUr
>>0002
電池だけでは駄目だ!
水素を一歩進め、【炭化水素=化学合成石油】を風力や原子力の電気で造るべき。

電池が効率的だが、当面はPHV じゃないと、中国人や、インド人の買える価格まで下がらないだろう。

北海道の、農業廃棄物を炭素源に、風力の電気で造った水素を【炭化水素=化学合成石油】にして、液化しつつ増熱するべき。

103 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 12:13:46.25 ID:evs2PVI8
大政ガスにして、プロパンガスに混ぜると燃費が2倍向上すると言うデータがあるらしい。

104 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 12:15:50.87 ID:J+6C07Ca
>>71
水素の溶剤はベンゼンじゃなくトルエンな(w

残念ながら、その技術は「化学用水素運搬」以外
つまり「自動車用」としては

●炭化水素=化学合成石油より劣っていると思われ

水素を液化する方法1 トルエンと水素を化合させる

 アルゼンチンとかで水素をトルエンと化合させ メチルシクロへキサン(液体)にする
 日本でメチルシクロヘキサンを【白金触媒で】トルエンと水素に分離
 電気自動車に満充電できるほどの電気を浪費して900気圧水素にして 水素FCVに充填
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK05014_W3A800C1000000/

 長所 二酸化炭素がクルマから出ない
 短所1 高価でレアな白金触媒を使うから コスト高なうえに 地球上の白金では足りない
  ●2 おまえらのガソリン車も 自衛隊の戦闘機・戦車・軍艦も動かせない
   3 ぶっちゃけ 塩(燃料)だけ運べば軽くて運賃安価なのに 塩水(燃料+溶剤)にして運ぶようなもんだから
     溶剤の往復運賃だけ 輸送コストが嵩む
   4 同じ水素量で 炭化水素より 少ない燃料しかできない
     (おかず(水素)だけ食べて ごはん(炭素)を食べないようなものだから)
   5 研究室段階で 大規模工業化してない

      
水素を液化する方法2 水素をバイオ系炭素と化合させる

 石油の正体は 炭化水素である
 
 アルゼンチンとかで 農業廃棄物を炭素源にして 風力+電気分解で作った水素と
 炭素を化合させれば アルゼンチン現地で水素は 化学合成人造石油になるから
 あとは 日本に運んで 天然石油と混ぜて使う

 長所 1 鉄系やニッケル系触媒でもできる (白金系を使っても高温で反応速度を速めて白金節約可能)
   ●2 石油だから おまえらの ガソリン車も 自衛隊の兵器も動かせる
    3 燃料だけ片道で運ぶから輸送費が安い
    4 同じ量の水素で バイオ炭素を化合する分だけ 燃料が多く取れて
      沢山のクルマが動かせる
    5 化学合成石油は ナチスドイツが石炭液化ガソリンで戦闘機を飛ばした時代から
      技術的には確立しており、天然石油が安い時代はコスト的に日の目を見なかったが
      最近の石油枯渇高騰で 採算に乗って シェル・シェブロンが大規模に工業化してる
 
  http://www.showa-shell.co.jp/businesssolution/gtl/about_gtl.html
   

105 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 12:18:28.00 ID:zpAWcXss
パタゴニア計画の実証実験か・・・

106 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 12:23:47.44 ID:s0nH8C5k
ハマウイング 12時21分時点の発電量 0.0/1980(Kw)
これは期待大だ
http://cgi.city.yokohama.jp/kankyou/mamoru/furyoku/live/

ライブカメラもあるよ

107 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 12:25:11.82 ID:J+6C07Ca
炭化水素の欠点を書くのを忘れた(w

 欠点は アルコール自動車と同じように 自動車からCO2が出ることだ

 しかしアルコール自動車同様に 
 バイオ系の炭素 例えば麦わらとか とうもろこしの茎とか 農業廃棄物を炭化したり
 自治体が始末に困って燃やしてる産廃の余剰汚泥とかを核熱で炭化したり
 木炭でもいいんだけど バイオ系炭素と 電気分解水素を化合させれば

 炭素生産のときにCO2が 麦やとうもろこしに吸収されて 麦わらになったり
 麦・とうもろこし→おまえらや家畜のうんこ→浄化槽の余剰汚泥になって
 CO2が 作物に再度吸収されるから

 バイオ系の炭素なら CO2は増えない(カーボンニュートラルといいます)
 

108 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 12:33:19.34 ID:HmPpIVsE
けど農業廃棄物って日本はそんなに出ないのでは
アルゼンチンのような農業大国はくさるほど出るんだろうけど

109 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 12:34:33.43 ID:J+6C07Ca
だから、エタノールや バイオ系の化学合成石油を

ZEV燃料と認めない カリフォルニア州の役人の
自動車規制が間違っており

カリフォルニアでは 石油系ガソリンや
石炭系・天然ガス系の 化学合成石油の販売に 重税をかけるほうが
合理的である

技術的に 炭化水素=化学合成石油 や エタノールのほうが 
水素より 体積エネルギー密度が数百倍優れているのだから

ZEV規制というのが 技術を理解していない 役人や政治家の錯誤だろ

まあ タクシーEV化のために ZEV規制は政治的に利用はできそうだけどさ

110 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 12:47:53.38 ID:J+6C07Ca
>>108
日本は 大量の農産物を 食料・飼料として輸入してるし
大量の製紙用のチップを輸入しているからさ

うんこと 製紙汚水は 大量に出るから

それを浄化槽できれいにして排水しているんだけど

浄化槽の 活性汚泥=バクテリアやプランクトンが大増殖しちゃって

年間5-7億トンの産廃の40%は 
余剰汚泥=浄化槽のバクテリアやプランクトンの死骸なんだよ

余剰汚泥を資源化すれば 稲わらや 間伐材や
セルロースエタノールの糖化残渣 などとあわせて 年間2-3億トン
バイオ系の炭素を 国内資源で賄えそうだぜ?


それに 日本は電力が足りない国で

アルゼンチンは パタゴニアの風力資源を開発したら電力余剰国
カナダや ロシアは シベリアや 北部の水力資源を開発したら 電力余剰国だけど

電力余剰国で 余った電気の捨て場 として 水の電気分解が行われるわけだから

アルゼンチンや ロシアや カナダ現地の バイオ系炭素と 電気分解水素を化合して
現地で 炭化水素=化学合成石油にして もってくるわけだから

電力余剰国に バイオ系炭素が沢山あれば問題ない

111 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 12:49:10.27 ID:HmPpIVsE
>>106

なんだか常時0.0kwだね
風まかせなんだw
風力発電で水素生成やってますよ〜っていうポーズだけ

実のところ、13軒しかない水素ステーションも常時開店休業状態
建設費5億と高額なのに
1週間に2、3度お客が来るかこないかだって

112 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 12:54:07.96 ID:eP10bweZ
>>110

それにしたって日本がお金出して買って、日本がお金出して日本へ運ぶんだよね
エネルギーが何に変わろうが輸入するのは同じだ

113 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 13:28:07.85 ID:J+6C07Ca
>>112
それは半分同意するが

団塊世代の負の遺産2号の 山盛りの使用済み燃料を 再処理したら
半減期数万年のプルトニウムが出てくるし、そこら辺に捨てるわけにもいかんから

日本で 高温ガス炉を搭載した 14万t原潜を建造して
核ミサイルの代わりに 清掃工場を 内蔵した 原子力工船にして

再エネ好調なら 余剰汚泥を 高温ガス炉の核熱ヘリウムで炭焼きして
 炭焼きガスから PHV/HVトロリートラック用の人造石油を化学合成して
 残渣のバイオ炭を 製鉄・セメント焼成にまわし

再エネ不調なら 高温ガス炉の核熱ヘリウムをガスタービン発電機に
ぶちこめば

・石炭・石油の輸入を70%くらい削減できそうに思うし

・石炭・天然ガスを使わずに、核熱でガスタービンを回して再エネ補完できそうだし

・プルトニウムを大間で焼却するかわりに 沖合い300kmの高温ガス炉で比較的 
 安全に焼却できそうに思うし

・中国と戦争になって 中国の潜水艦にタンカーを沈められても
 バイオ炭液化石油で 自衛隊のステルス戦闘機や 戦車や 潜水艦を
 動かせそうに思うけどね

生の水素なんか 軍用燃料に使えないから
 戦争になったら 俺たち兵隊は 水素推進した 霞ヶ関の馬鹿大将にまた
 「ステルス戦闘機を飛ばす燃料がないから 松根油をほれ」って命令されちゃうぜ?(w
 

114 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 13:39:47.87 ID:E5WQ+KsH
炭化水素厨が暴れてる

115 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 13:43:10.59 ID:J+6C07Ca
高温ガス炉で 水素を作る 簡易法

 現在は 技術的に難度の高い IS法で 水を熱化学分解する研究をしているが

 もっと早く 高温ガス炉を実用化して 水素を造り、 日本の化学産業も
 復活する方法があるよ

現在は ナフサを水蒸気で希釈して 瞬間湯沸かし器のようなパイプ炉を通して
900度に加熱して エチレン+プロピレン+二酸化炭素+水素の混合ガスを得ている

ところが化学産業は 折角発生した水素を、エチレン炉の加熱用に浪費しちゃってるんだよ(w

だから、エチレン炉だけ 原潜に搭載して 高温ガス炉の核熱ヘリウムで加熱してやれば
エチレンと一緒に出てくる水素をエチレン炉の加熱に浪費しないですみ
水素が得られるわけ

この工程は IS法に比べ 技術的に実用化されてる 在来法の熱源を変えるだけで
「600度ー700度で 腐食性の高い硫酸を扱う セラミック反応器」などの
コスト採算的にも 難しい 先端技術を使わないですみ

エチレンを安く作ったうえに 水素まで得られるから
IS法 実用化までは ナフサの原子力熱分解で 水素とエチレンを併産すべきじゃない?  

116 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 13:48:25.20 ID:ObObCl5t
なんだネトウヨか
ここは風力+水素の究極クリーンエネルギーのスレだっての

117 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 14:08:10.82 ID:J+6C07Ca
>>114
連投すると うざいから これで一回落ちるけど

おまえらは「石油の正体は炭化水素で 水素に炭素を添加すると
      体積数百分の1に液化され しかも増熱する」ということを
良く認識する必要があるよ

水素そのままじゃかさばって 貯蔵も運搬も大変だから 炭化水素=化学合成石油に
しちまったほうが運びやすいし おまえらのガソリン車や 自衛隊でも使える 

水素時代は来ない 
 天然炭化水素(石油・天然ガス)の乱獲採取時代から 
 人造炭化水素(エタノール・化学合成石油)の農耕化学工業時代に切り替わるだけだ
-----------

ただ 電気は 水素や炭化水素にするより 電気のまま充電したほうが効率がいい

だから、乗用車はPHV  タクシーは電池山盛りEV 
トラックは HVトロリーにすべきだけど

PHVの電池が切れちゃったときや 
年間に 数回しか発生しない高速道路長距離ドライブの時

HVトロリートラックが 架線された東京ー大阪高速道路を下りて
末端の下道をHVエンジンを起動して有人走行するときなど

そんなレアケースのために電池を大量にクルマに搭載するのはもったいない
年間数回しか発生しないレアケース長距離運転とか

交通量が少ないから架線電化するのがもったいない支線の道路・鉄道は

燃料とエンジンにカバーさせたほうが経済的なんだよ

電力余剰国で 電気の捨て場として 水の電気分解をやって水素を造り
その水素とバイオ系炭素を化合させれば 
架線や電池の不得意なところを補完する 比較的少量の人造石油が得られる
------------

アルミ電池とか リチウム空気電池など
大量の電気を溜められるけど 充電できずに使い捨ての電池
は 研究費を充分与えて 研究を継続すべきだろうけど

アルミ電池や リチウム空気電池では
プラスチックの原料ナフサ 航空ジェット燃料・軍用燃料が
まかなえない ってこともあり

今現在 石油・炭化水素文明で ガソリン車を継承する必要もあるから

目先は、水素計画を 炭化水素計画=化学合成人造石油計画に
変更すべきだと思われ  

118 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 14:17:03.02 ID:cEOIviJj
水素を変動エネの安定に使う問題点はさ

ただでさえクソ高い水素関連設備の利用率が
変動エネの利用率と同じになっちゃうこと

風力発電なんかモータと羽に補機がついてるだけ
だから利用率低くてもコストが安いわけ

クソ高い水素設備を利用率下げてやってたら
3日で禿げる値段の水素になるぞ

水素はクソ高いただのボンベ(蓄圧機)さえ寿命がある
貯めるのも至難の技

119 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 14:21:45.99 ID:E5WQ+KsH
落ちると宣言してID変えて連投する癖はそのまま

120 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 14:40:53.32 ID:cEOIviJj
>>80
あれ日本だけなんだよね>山の上風車
大陸では農地に作るんだけど
最近まで禁止されてた事情にせよ
日本の業者は平均風速しか見てないようだ

>>95
ソフバンその他が合弁で送電線引いてますよ

121 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 15:01:02.15 ID:wjIkzVIB
燃料電池は数十年前からあるが、一般的な用途としては
どれも実現していない。
海上自衛隊の通常動力型潜水艦の動力として期待されていたが
水素の吸着合金の性能が未熟すぎて計画中止。

燃料電池の有望な用途としては、宇宙船に搭載することらい。
(副産物として水が排出されるが水が貴重な宇宙船では この水を飲料水として使うから。)

122 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 15:01:04.71 ID:cEOIviJj
>>72
日本が怠けてるうちにどんどんケツ突つかれてますよ
Spark EVや韓国も矢継ぎ早に新車発表
リーフより安くて航続距離長く20分で急速充電どこも力入れてる
リーフは2017年に300km化する予定
これをどう思うか判断は自由

>>75
偏西風は日本を年2回横切る
恒常風とは同じ場所にとどまる意味は持たない
日本付近は世界で最も偏西風が強くなるところ

>日本では数多くの実験をした結果、海上風力は採算が全く合わないみたいよ。

デマもほどぼとにな

>台風も来るわ風向きも一定で無いわ、たまに津波も来るわで条件が悪すぎるらし。

台風に耐えないものを大人が設置すると思ったか?
風向きが変わらない第三地球を早く紹介しろよw
風の息も知らんのか
津波の周期は風車の寿命より長いだろ
壊れる時はなんでも壊れますわ

123 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 15:04:30.32 ID:wjIkzVIB
>>122
>台風に耐えないものを大人が設置すると思ったか?
台風どころかちょっとした強風で倒れる風車が続出しているよ。
なぜなら、海外から輸入製造した時に、ヤード・ポンドなどの
設計単位をメートル法に換算するのを忘れたから。

124 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 15:13:23.80 ID:cEOIviJj
>>123
IEC規格も理解してない日本のアホが初期に建てたものと
学習能力のないところが建てた場合な

日本だけだよ
乱流が強烈な海岸や稜線に立てるのは
あれは平均風速しか考えてない証拠

あとヤードポンド?
採用してる可能性があるのはGEだけで
販売考えたら過半がメートル法なのにあり得んなあ
アメリカ人でさえSI単位使う宗教あるのに理系がヤードホンドとか

125 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 15:23:47.43 ID:wjIkzVIB
>>124
建てた場合じゃなくて、強度不足で風車が折れ曲がったり
倒れたりしているんですけど

それに、風車は台風が来た時は羽根をたたむか発電は止めるのが基本。
電流が大きすぎて電線が耐えられないから。

126 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 15:29:32.52 ID:AHPJ8Tlg
無駄に捨ててる水素の活用と
炭化水素の活用と
高温ガス炉を搭載した14万t原潜の建造

いずれも実現可能なエネルギー利用であることがわかった。

日本に足りないのはエネルギー
頑張れ 日本の技術者
頼んだよ 日本の技術者

127 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 15:37:49.95 ID:GqoyG/Yk
>>122
いやおまえの方こそデタラメ八丁なデマしか話してないな
デマ人間は去れ

128 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 15:52:20.18 ID:PeFSQzzx
>>47
それでいいだろ、ボランティアじゃないんだし

129 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 16:25:49.88 ID:J+6C07Ca
>>124
日銀官僚が 銀行屋の天下り賄賂を欲しがったり
銀行屋のノーパンしゃぶしゃぶ接待を欲しがって 円高にしたのが大原因だよ

欧州・米国は 世界の風車の大メーカーがあるけど
欧州の風車が建ってるところは 
 山岳落雷もないし 春一番の突風もなく 台風もなく 地震もない

だから欧州の風車は 日本の風土に合わず
 落雷対策がお粗末で 強度も弱いから 故障が多い

しかし円高だと 国産の三菱重工の風車じゃなく 欧州の風車のほうが安いから
どうしても 日本の風土に合わない欧州産が多くなってしまった


そして「日本は 風力に向かない」というなら
「日本は 石炭火力にも向かない(wwwww」

米国は露天掘り炭鉱の脇に 石炭火力があるから
石炭の輸送コストがかからない

日本は オーストラリアから運んでこなくてはならず
発電所に大水深で大きな船がつける石炭埠頭を 併設せねばならない

日本は石炭火力に向かない国だよ(ww

石炭火力のコストは 米国8円 日本11円
風力発電のコストも 米国8円 日本12円だよ

日本は 風車を頑丈にして落雷対策しなくちゃならんから
風力に向かない国で 風力コストは米国の1.5倍かかるのは事実だが

日本は露天掘り石炭資源にも あまり恵まれてないから
石炭火力に向かない国で 石炭火力コストも米国の1.4倍近い

それが 全体像なんだけど

日本の電力工作員は 
日本が風力に不利な国であることを見せる一方で
日本が石炭火力にも不利な国であることは見せず

おまえらをだまして 石炭火力に誘導するわけさ
 

欧米の風力発電コストは 

130 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 16:39:34.81 ID:cEOIviJj
>>125
例えば初期に起こった事故が宮古島の例な
誰が考えても日本で最も極値風速の高いところの一つ

ここにIEC分類で最も耐風速の高い
TAを建てなかった馬鹿がいる
その名も沖縄電力

最近も山の稜線に建てて
乱流に耐えられず金属疲労で壊したアホがいる

>それに、風車は台風が来た時は羽根をたたむか発電は止めるのが基本。
電流が大きすぎて電線が耐えられないから。

もうちょっと勉強してからレスして

>>127
馬鹿レスお断り

131 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 16:39:46.26 ID:NEmCepmm
>>3
マジレスするとトヨタもその開発に関わってる

132 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 16:40:16.54 ID:t3uqwyOw
トヨタ関連の組織犯罪や集団ストーカーなどの嫌がらせ

情報提供とトヨタへの追及ご協力お願いします。

トヨタへこの様な書き込みがあると通報していただいてもありがたいです。

133 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:01:28.59 ID:J+6C07Ca
>>118
日本については 部分的に正しいが、 海外については誤解してる

アルゼンチンのパタゴニアに風力を立てて水の電気分解をやる理由は

「アルゼンチンのパタゴニアから アメリカや 日本に送電したら
 送電コストがかかりすぎて 不経済だから」

つまり、2070年頃に実用化を目指す
超長距離 地球横断の 超伝導送電の 技術の未熟のために

アルゼンチンで電気を水の電気分解に突っ込んで
 水素なり炭化水素にして 日本まで海上エネルギー輸送するという

 過渡期技術を2035年頃とかで 想定している話であって

 「再エネエネルギーの長距離輸送」が目的で
 「エネルギー貯蔵と再エネ安定化」が目的ではない

設備的にも 現在想定されているのは 
理科の実験そのものの古臭い アルカリ水電気分解で 水の電気抵抗が大きく 
電気エネルギーの30-40%が 水の加熱に浪費され 
水素エネルギーになるのは、電気エネルギーの60-70%にすぎない
※だから 「電力余剰国で 余剰電気の捨て場として 水の電気分解をやる」と表現した

ただ 腐食に強い白金電極とかじゃなく ニッケル電極を腐食したら
どんどん交換する話だから 

●原始的な 水の電気分解だから 効率は悪いけど 白金も使わず 
 初期投資の設備費は安い 
  だから 気まぐれな風力の電力で 設備利用率が 多少落ちても それほど
  コストには効かないと思われ
--------------

日本で 石炭ガス化ガスタービンや 高温ガス炉ガスタービンを
再エネ補完の 随意可変電力として使い 発電待機中は 油や水素を作る場合

半分は同意するんだが

上流部分の 石炭ガス化炉 とか 高温ガス炉は 概略フル操業状態で

下流二股部分の 石炭ガスタービン    & 石炭ガス液化塔
        核熱ヘリウムガスタービン& 余剰汚泥炭焼き釜

のみが 再エネ不調ではガスタービン発電機稼働
再エネ好調では 水素/炭化水素=化学合成石油生産で稼働で
稼働がやや落ちるな

ただ市場環境によって 
  石炭高騰や 円安局面では 石炭火力が 再エネより高コストになる
 「火力発電の技術的な老衰死」のXデーが早まる場合もあるから

 今後は 発電単能設備に設計すべきではなく
 発電も 水素/化学合成石油などの 自動車燃料生産もできる 多能ラインに
 設計すべきだろう

134 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:08:10.66 ID:GqoyG/Yk
>>130
デマ人間は去れ

「日本付近は世界で最も偏西風が強くなるところ」

↑こういう妄想はどうやったら思いつくんだ?

135 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:13:30.50 ID:PFcrTz3b
偏西風が日本上空が強いのは確かだが、そもそも風力発電が使う風と高度が違いすぎるだろ。

日本は国土の真ん中に山脈が走っているので、とこに作ろうが風は乱流になりやすい。平野に作ればいいと言ってるが、どこにそんな土地があると

136 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:14:51.82 ID:J+6C07Ca
>>133
補足

ただし、ものすごい電気を溜められるけど 充電できなくて 使いすて
の アルミ電池や リチウム空気電池が 実用化した場合

アルゼンチンからの再エネの海上輸送は 水素や 人造石油(炭化水素)ではなく
電気精錬済みアルミや リチウムを 日本に海上輸送する形になろうから

各技術 毎の経済的な競争力を詳細・定量的に検討せねばならんだろうね

137 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:16:49.94 ID:GqoyG/Yk
>>136
現在もアルミニウムの製錬って世界中の電気代が安い地域でなされてるよね。
ある意味、電気を運んでるとも言える。大昔から電気の缶詰とも呼ばれてきたしね。

138 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:19:47.23 ID:J+6C07Ca
>>135
だから 「条件の悪いところに造るな」と言ってる官僚は
電力から賄賂をもらっている可能性が高い(w

日本は風力にせよ 石炭火力にせよ 資源条件はレツアークなのだから

日本の厳しい風土・地震に負けないように 頑丈で雷対策した風車を立て

日本の乏しい露天掘り埋蔵量を鑑みて 金をかけて 大水深石炭埠頭を
発電所に併設せねばならん

だから米国より 風力も 石炭火力も 高くなるのは仕方ない

139 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:23:31.26 ID:J+6C07Ca
>>137
君なら 
1ヶ月ごとに EVのアルミ電池を交換するのと
PHVにして27kmごとに3-5分かけて充電するのと

どっちも面倒くさいけど どっちがマシだと思う?(w

こればっかりは2方式 併売して どっちが売れるか
社会実験してみなくちゃわからん

140 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:25:23.24 ID:PFcrTz3b
>>138
逆に、条件がいい場所はどこなのよ?
土地が確保できて、採算がとれる平均風速があって、乱流ではなく層流に近い風が吹いてて、住民トラブルが起きにくい場所という意味で

141 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:27:45.71 ID:GqoyG/Yk
>>139
正直どっちもやだなw
EVのアルミ電池交換が自宅から一時間圏内の工場で
やってもらえるなら前者かな。
現在は週に1〜2度ガソリンスタンドに行ってセルフでガソリンを入れてるけど
それを月一に減らしてくれるなら少々遠くてもずっといい。
金も3万円までだったら払えるよ。

142 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:28:14.90 ID:PFcrTz3b
結局、日本で風力発電してるとこは採算というよりイメージ戦略でやってるとこが今の所大半なのかな?
専業の日本風力開発は赤字続きだし

143 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:29:01.90 ID:7pTEEWMH
折角水素を作るんだから、ボイラーじゃなく、燃料電池や高効率水素ガスタービンの開発・研究施設を併設したほうがいいだろ。
研究用にCO2を排出して作った水素使わないってのはアピールにならないのかな。

144 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:31:19.87 ID:GqoyG/Yk
風力発電所を多く知ってるわけではないけど
静岡県御前崎の風力発電所は見てきたよ。
市内では電気を使いきれなくて近隣の市町村の電力までまかなってる大きな発電所だけど
地元住民は風車の騒音に悩まされて「これ以上の風車を建てる事は許さん」と決定した。
なのでこれ以上の風車が建てられず、なんと海に風車を建てる事にした。
でも海に突き出して風車を作るとコストが一気に高くなるから馬鹿だなぁと思ってる。

145 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:34:34.92 ID:GqoyG/Yk
ちなみにアルミニウムの新地金というのは猛烈に高いので
現在の日本はほとんどが缶ジュースのリサイクルからアルミ板を作ってる。
それで電力が97%も節約できるんだってさ。
http://www.alumi-can.or.jp/html/alumi_0102.html

もし日本のへき地で風力発電などをして電気を使いきれない事があるなら
酸化アルミニウムを溶かしてアルミの新地金を作るのに使うのがいい。
輸入するアルミが減ってさらに好都合。

146 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:35:30.43 ID:PFcrTz3b
電気を自給自足というが、電力系統が繋がってるいる限りどこで作ろうが関係ないのに何を言ってるんだと思うわ。

147 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:35:41.27 ID:wjIkzVIB
>>144
そうそう。
風力発電だと、低周波騒音という新しいタイプの騒音問題が起きているんだよね。
その解決策として洋上風力発電だけど洋上だと漁業に影響が出る。

148 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:38:29.77 ID:GqoyG/Yk
あとこのスレでは話されてないけど
早く55Hz200ボルトに統一した方がいい。
現在の家庭用電気の低電圧はガラパゴスすぎて色々不都合が出てる。
また50Hzと60Hzに分かれてるのは論外だ。アホすぎる。
60Hzに統一するか55Hzで統一した方がいい。
あと電力会社は10も要らない。 東日本電力と西日本電力の2つか
中部日本電力を足した3つくらいで十分。

149 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:40:42.86 ID:PFcrTz3b
なぜに55Hzなのか?

150 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:41:04.17 ID:7pTEEWMH
>>147
逆に考えてもよいんじゃないかな。
高級魚の産卵場所を囲うように風車を建て、基礎を漁礁として設計し、漁業資源を守るんだ。
元々、日本海や太平洋沿岸には、沖合に消波ブロックを多く設置している。
その場所に建てれば漁業上の問題は軽いだろ。

151 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:42:54.82 ID:GqoyG/Yk
>>149
50Hzや60Hzで現在使ってる家電も
特殊家電を除いて55Hzなら何の支障もなく使えるから。
洗濯機だろうがドライヤーだろうがわざわざ買い替えなくとも済むから。
でも将来の事を考えたらアメリカ、イギリスを除いた世界で60Hzが世界基準みたいなので
60Hzにしてしまった方が良いかもしれない。

152 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:45:13.15 ID:GqoyG/Yk
御前崎の洋上風力発電計画のソースを出そうとしてググったら
今年の3月に防衛庁と航空自衛隊の命令によって計画を中止する事が決定したんだってさ。
知らなかった。

http://www.sankei.com/region/news/150305/rgn1503050087-n1.html

153 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:45:53.33 ID:wjIkzVIB
>>151
家電自体は、50Hzと60Hz両方が使えるヘルツフリーが主流だから問題ないよ。

周波数が違う事での一番の問題点は、家電じゃなくて工場の機械。
これは周波数が固定されていて、さらに数十年使うの当たり前だから
周波数を切り替えようとしても簡単には出来ない。

154 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:47:21.46 ID:wjIkzVIB
>>150
その手の発想、一歩間違えばただの環境破壊だよ

155 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:50:53.56 ID:GqoyG/Yk
一つの案だけど何の産業もない北海道東部にアルミニウム精錬工場と
大型風力発電所、ハイパーメガソーラー発電所を作ったらどうかね。
風力も太陽光も日本で最強に適地とされてるけど送電線を函館まで引っ張る金をケチってる
それなら送電網を作るかわりに豊富な電力を生かして
日本中から使い古した酸化アルミニウムを集めてアルミニウム地金を作り売れば
無駄なく電力が使える。そのアルミニウム地金でアルミ電池を作り自動車やら船を動かせば
効率が良い気がする。

156 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:51:43.30 ID:J+6C07Ca
>>140
物理的条件で言えば 風力は パタゴニア最高!らしい(w
あとサハラとか ゴビ砂漠とか ダコタ州のあたり
http://en.openei.org/wiki/Gateway:U.S._OpenLabs/Exploring_Resources

しかし パタゴニアは アメリカからも 日本からも遠い

テスラが ナイアガラ滝の水力電力を ニューヨークに運ぶために
交流高圧送電を開発したように

天然電力資源 と 電力需要地は いつも 遠く離れていて
人類は長距離送電や水素/炭化水素/アルミ運搬など エネルギー運搬技術開発に
悩まされてきた
-----
欧州も 比較的恵まれてる

それと洋上にも風力資源があるんだが
残念ながら 浮体発電は エネルギー密度の薄い大面積に向かず
浮体風力は 浮体原発の60倍の浮体を必要として 
実態コストでは 40円/kwhくらいしてしまうから あまり手を出したくない

浮体風力なんかやるなら 頑丈で落雷対策した陸上風力を稜線に建てたり 
溶融塩太陽熱をやったほうがはるかにマシ
------------
だから 条件のいい場所でやる というのは

日本の風力開発に関しては当てはまらず 
日本では技術と若干のコストアップで悪条件を克服して 風力開発せねばならん

浮体風力は 技術の筋が悪すぎて 若干のコストアップではすまない
日本国民が 造船利権の食い物にされるだけに終わる

157 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:56:24.27 ID:87+r9A8T
トヨタ、必死杉。
最近、ハイブリッド車のアンケートのバナーもよく見かける。

ガソリン価格が落ち着きつつある今、低燃費ガソリン車か
ディーゼル車で当分いいのではないか?
よほどの走行距離でないと、燃料代で車両価格差を埋め合わせられないし、
3年前位の夏にやたらプリウスが道端で、動けなくなって止まっていたのを思い出し、
枯れた技術の信頼性の方がいいと思う。

158 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:56:55.41 ID:PFcrTz3b
>>155
さっきから力説してるが、アルミニウムは単体だと表面に酸化被膜作るので、エネルギー運搬に使うには使いづらいのだが。
粉塵にして表面積増やしたら粉塵爆発するような代物使いづらくて仕方がない。

159 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:57:15.67 ID:zHYcHIbn
長距離の自動車は水素自動車でいいよ
軽自動車は全部EVにするべきだろ 
下駄車は自宅で発電して充電すればいい
個人的には水素ロータリーがいいな

160 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 17:59:24.91 ID:Acltq/ak
テスラから 30-50万で家庭用リチウム電池発売
もち電気自動車も充電可能・・・・

水素自動車の未来はくらいんじゃね?

161 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 18:01:14.24 ID:PFcrTz3b
>>156
なるほど、わかりやすいかいせつありがとう。

洋上風力ってまだ技術的に歴史が浅いんだが、対腐食性を考慮するとキツイと自分は思ってるんだがどうだろうね?
一般の人が思ってるより遥かにその点が問題になると思う

162 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 18:01:47.25 ID:GqoyG/Yk
>>160
俺もその記事を読んだ。10年保証がついてて
さらに金を積めば20年保証してくれるんだってね。
普通に電線の引けない山荘のロッジとかに置いたら便利そう。

163 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 18:03:56.18 ID:7pTEEWMH
>>154
既に消波のために環境破壊している場所に建てるのは問題ないだろ。

164 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 18:05:31.63 ID:Acltq/ak
最近、のハイブリッド車

仏自動車メーカーが空気圧縮―ガソリンハイブリット車をだすそうな
燃費はリッター当たり 50km。。。
ヨタも、考えればいいのに・・

165 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 18:05:53.26 ID:GqoyG/Yk
日本には無料同然の小さい無人島が無数にあるけど
テスラの畜電池と家庭用ソーラーパネル、家庭用風車
それに雨水などを濾過するタンクを置けば結構快適に過ごせそう。

166 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 18:16:14.07 ID:J+6C07Ca
>>161
確かに潮風に当たる場所では鉄はすぐ錆びるからな

ただ、それ以前の 採算計算段階で もう 浮体風力は 数字が悪すぎるから
造船利権は 浮体風力から 浮体原発に転換するよう誘導すべきだと思う

いわきの浮体風力は かなり詐欺的というか ショーウィンドー的で

本当は もっと遥か沖合いでないと 巨大風力資源はないけど
それをやったら 海底送電線建設費が嵩むから アリバイ的に 海岸近くに建てているし

金利とか、色々の経費を考えたら 買い取り価格35円/kwhでは 造船会社や事業主体の利益は
ほとんど発生しないだろう

それに、メンテナンスも いかだのような巨大浮体に多数の風車を立てたタイプでは
ドックに入らないから

最近は 風車1個に浮体1個の「つりの浮き状」がテストされているが
やっぱりそういう形状では 嵐にあおられるとすぐ転覆沈没してしまう

水素FCV同様に 最初の土台となる企画が技術的筋が悪いから
浮体風力も デスマーチ化してるように見えるなあ 

167 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 18:24:01.33 ID:7pTEEWMH
>>164
技術的には、水素圧力+FCEVで更に改善は可能と思う。
HEVではない内燃機関は、燃料の潜在エネルギーの20%も使えない。
だから発電効率の高いFCEVに分がある。
内燃機関のほうは、マツダから技術を吸収するつもりのようだし、EVもHVやコミュータで基幹システムは開発中。
すげー全方位戦略だね。

168 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 18:24:07.28 ID:Acltq/ak
こぴ
「風力発電機」と聞くと、多くの人は直径数十メートルにも及ぶ巨大な羽根が回転する風車翼タイプのものを連想するハズで、
現に多くの風車が世界各地で発電に用いられています。
そんな中、スペインに拠点を置く企業「Vortex Bladless」が開発を進めている「Vortex」は
回転する羽根を持たず、長い1本の棒がユラユラすることで電力を得るという新しい風力発電機になっています

従来の回転翼タイプの風力発電機と比較した際のVortexの性能はこんな感じ。理論上の製造コストは53%の削減が可能で、運用コストも51%削減できるとのこと。
さらに、回転部分を持たないことでベアリングやギヤの摩耗が発生しないことなどから、メンテナンスにかかる費用は80%の削減が可能というから驚きです

169 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 18:45:15.88 ID:d+wUnIoH
>>56
2000万位かな?

170 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 19:43:19.52 ID:caA2MWMA
>>160
マグネシウム電池が出来るまでの繋ぎでしかないけどな
EV技術自体はトヨタもテスラの研究に噛んでるから
トヨタが本気でEVを作ろうと思えば作れる

171 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 20:29:13.24 ID:YSkydEJp
電気分解または天然ガスから取り出した水素とトルエンを反応させた「 MCH(メチル・シクロ・ヘキサン=常温で液体 )」を常温常圧のMCHタンクで貯蔵し運搬・輸送する。
千代田化工が開発した触媒でMCHから、水素を取り出し、燃料電池のスタック内の触媒で空気中の酸素と接触させ電気を取り出す(=発電)。
そのあと発生したトルエンを回収してトルエン・タンクに戻す。このトルエンは、再び水素と反応させMCHを生成することに再利用される。
日立がこの方式で南極基地の風力発電の電力を貯蔵・電源安定化している。
FCV(電気自動車)も、この方式を使えば、低温高圧タンクは不要となる。

燃料電池の最大のネックはコストがまだ極めて高いことであり、そのコスト高の主因は触媒の白金だ。
この白金に代替する新触媒として、群馬大大学院工学研究科の尾崎純一教授がカーボンアロイ材料を開発、日清紡ホールディングスとの共同研究で実用化を急いでいる。

172 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 20:38:14.44 ID:r+Wf5TmW
>>104

SPERA水素

http://www.chiyoda-corp.com/technology/spera-hydrogen/spera02.html

173 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 20:45:08.26 ID:r+Wf5TmW
水素を常温の液体に加工、大量輸送問題の解決へ

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/spv/1412/24/news025.html

174 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 21:00:04.17 ID:LlwBrgh8
チョンダイとどんどん差が広がるなw

175 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 21:23:53.99 ID:yEzXCvbh
>>171>>172 >>173
これ有望な技術なようですが、大きなビル内で燃料電池として利用できるんですかね?
ビル内にプラントを造るがある?ビルを燃料電池車の水素ステーションとして使う?

原発の爆発でいろいろな技術が湧き出している。

176 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 23:27:12.37 ID:BvRDEIpG
トルエンは常温で揮発性があり、引火性を有するため、消防法による危険物
(第4類第1石油類)に指定されており、一定量以上の貯蔵には消防署への
届出が必要。 また、毒性が強く、日本では毒物及び劇物取締法により劇物に
指定(管理濃度は20ppm)されている。

比重は0.87で、水より若干軽いが、水素を取り込んでも体積がほぼ変わらない
としたら比重は増えるはず。 仮に水素ガスの体積を理論上の1/500で貯蔵でき
たとしても、MIRAIの700気圧タンク(1/700)や、液体水素(1/800)よりも貯蔵
効率は悪く、その分同じ量の水素を貯蔵する燃料タンクは大きくなる。(余計な
溶媒が必要)

液体水素(1/800)の比重が水の1/14らしいので、5kg(MIRAIの満タン相当)は、
液体水素換算のタンク容量は70リットル、同量の水素をMCHで供給するには
112リットルの燃料タンク容量および同量の溶媒(トルエン)が必要なはず。

∴ 燃料タンク自重と水素の重量(5kg)を除いた、トルエンの重量は約97kg。

MCHのまま車載した場合、MCHから水素を取り出す際の反応速度が遅く、走行
に必要な水素燃料をリアルタイムに取り出せないから、別途水素タンクが
必要な上に、事故って燃料タンクが損傷すると、引火性劇物のトルエンが
ぶちまけられる。

補助金目当ての、ペテン師の戯言ですな。

177 :名刺は切らしておりまして:2015/05/24(日) 23:51:54.56 ID:ejiF1KJW
ふくいちの水素も使ってやれよ

178 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 00:26:23.32 ID:xAL0OWsp
>>112
水素は燃焼してもCO2が出ないから、CO2排出権として毎年2兆円支払わされているのが無くなるのは大きい。

179 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 00:29:46.32 ID:hTHfGqeE
『FCVは、水素1kgで100km走行できます』なんて報道すれば、すごいと思う
かもしれないが、水素1kgの体積は ...

液体水素(常温の水素ガスを1/800に圧縮)なら約14リットル。 ただし二重
真空断熱のタンクが必要。

MIRAI搭載の超高圧タンク(同、1/700に圧縮)なら約16リットル。 ただし、
高価で量産性が悪く、再資源化が困難な複合素材のタンクが必要。

MCH(同、1/500に圧縮)なら約22.4リットル。 ただし、タンク以外に水素
1kgに対して、溶媒として使うトルエン(危険物・劇物指定)が約19.5kg必要。

わざわざスパコンでシミュレートしたり実証実験するまでもない。

180 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 00:45:59.30 ID:PWTMDHCO
日本のエネルギー

日本の石油保有をゼロにする
この石油の代替を全て水素にする

21世紀最大の産業革命だな。

181 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 01:09:59.76 ID:hTHfGqeE
一番体積効率が良い液体水素の状態でも、1kg≒14リットルなので、1kgで100km走行を
リッターあたり走行距離に換算すると、液体水素の状態で7.14km/リットルになる。

大型タンクローリー(タンク容量約20000リットル)1台で、ガソリンならエコカー
(30km/リットル)換算で60万km相当の走行可能な燃料が運搬できるが、同じ大型
タンクローリーで液体水素を運ぶと、ミライ換算で14万km相当の水素しか運搬
できない。 ガソリンに比べて、運搬効率は1/4以下。 ただし、20キロリットル
の液体水素の重量は約1.4トンだから、積載重量は2トン車以下。

さらに、同じ大型タンクローリーでMCHを運ぶと、ミライ換算でたった8.9万km相当の
水素しか運搬できない。 運搬効率はさらに下がって、ガソリンに比べて1/6以下。
約17.4トンのトルエンに溶かして運べる水素の重量はたった875kg。

何を言いたいかと言うと、

例えば、1日あたりガソリン10キロリットル相当の需要がある、ガソリンスタンドが
あったとして、大型タンクローリーなら2日に1回の輸送で済むわけだが、同等の需要
を水素ステーションとFCVで置き換える場合、液体水素で運搬した場合でも、毎日2回
の補充が必要になる。 MCHなら、1日3回以上。

輸送効率が悪ければ、それだけ道路上に大型タンクローリーが増える。 ローリー
の運転手の需要が増える可能性もあるが、賃金の低下と長時間労働で、ブラック化が
進む可能性も高い。 渋滞や事故の確立も増えるだろう。

182 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 05:35:54.00 ID:pw2Q3K2+
国内の副生水素で賄えるのは200万台くらいだって

http://www.neomag.jp/newtopics/index_201309272.php

183 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 06:18:45.97 ID:llhytLij
>>181
まあ、水素はMCHを使ってさえ 炭化水素より運賃がかかり コスト高だから
水素FCVはやめたほうがよく

体積エネルギー密度の低い水素は、輸送燃料じゃなく
「炭を液化したり、重油やタールをガソリンにしたり、脱硫したり
 アンモニアを作るための 化学材料」として利用したほうが合理的で
高く売れる

しかし、トルエンと化合させて水素を運搬する方法は、満更捨てたものではなく

たとえば 電源開発と中国電力の合弁会社、大崎クールジェンが
最新鋭技術の 酸素吹き石炭ガス化ガスタービン発電所を建設しているが
これに 石炭ガスから水素や化学合成石油を製造する装置を併設した場合

再エネ好調で、電気がいらない時は、余剰石炭ガスから
石油を作ったり、化学用の水素を作れるわけだ

瀬戸内海の発電所で化学用水素を作ったら
トルエンと化合させて貯蔵して、瀬戸内海の石油業界の製油所に
MCHをタンカー輸送して、
石油業界の製油所ではナフサから脱硫用水素を作るのをやめて
発電所や製鉄所から出てきた 水素を使えば ナフサの節約になって
日本の石油輸入をカットでき 貿易赤字を減らせるんじゃないかな?

まあ宇部のアンモニア工場が必要とする水素を供給してもいいんだけどさ

またカナダで余剰電力を使って水素を作ってそれをトルエンと化合して
アメリカの製油所に輸送して 脱硫や重油を水素化分解して軽油やガソリンにするのに
使ってもいいし、カナダ国内のタールサンドタールを水素化分解してもいい

MCHの技術は「パイプラインを引かなくても、タンカーや鉄道輸送で
化学用の水素を運搬できるようになった」という意味では画期的な
スピンオフ研究・技術だとは思うよ

水素が余剰する化学工場や製鉄所も 水素が不足する化学工場や製油所も結構
沢山あるからね

184 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 06:23:33.39 ID:K7CdZUrN
>>1
そこまでやるんだったら更に進めてGAS作って車走らせた方が良いだろう。
GASガソリン両方使える車なんて簡単な技術だし。

185 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 06:30:39.74 ID:llhytLij
>>112
CO2を排出しても カーボンニュートラルなら CO2排出権を買う必要はないだろ?

エタノールとか 化学合成石油のほうが 価格が安く 体積エネルギー密度が高く
運搬・貯蔵・給油充填・燃料タンク・エンジン いずれも安上がりで高性能になるので

水素よりカーボンニュートラルな炭化水素のほうが合理的じゃないか

カリフォルニアの非合理な規制は 技術的合理性を訴えつつロビー活動して
変えてゆくべきで あんなのに振り回される必要はないんじゃないの? 

186 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 11:09:35.46 ID:iajTrkwh
ハマウイングの稼働率は 12.7%と低く、発電コストは \30/kWh以上だろう
さらに問題なのは電気分解装置の稼働率も 12.7%以下になること

これだけで水素単価は 1kg= 1万円を越えてしまう

187 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 12:07:13.22 ID:llhytLij
>>186
風力は設備利用率は20-25%が標準的
宣伝用・実験用と割り切って 
風が吹かないが人目につくところに設置したのだろう

電気分解装置は稼動が低ければ、電極の腐食の進行も遅い
白金電極じゃなく、ニッケル電極ならそんなに設備費も高くはない
(エネルギー効率は悪いが)

実機では 多くの風車で相互補完して、平均化して
電気分解装置の稼働率を上げればいいんじゃね?

そんなことより、水素+炭素で炭化水素を化学合成する実証実験でもして
技術的に可能なのを実証すれば 将来の布石 かつ 目先の株価対策になるだろ

188 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 13:42:55.59 ID:iajTrkwh
再生可能エネルギーの出力変動を水素で解決、貯蔵した水素で「MIRAI」も走る
http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1505/21/news049.html

ここでも似たようなことやってるが、
12kWから 1Nm^3/hしか作れない(エネルギー変換効率25%)

水素 1kg作るには 134kWhの電力を消費し、電気コストだけで 4千円以上
さらに稼働率10%程度だから、水素 1kg= 2万円をはるかに超えるだろう

189 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 21:27:18.73 ID:llhytLij
>>188
どれ 検証してみるか

1kwh=3.6MJ
12kwh=12kwhx3.6=43.2MJ

水素1立米の低位発熱量 10.78MJ/立米

エネルギー変換効率 25%

水素1kg=11.97立米x12kwh=143.7kwhx12円/kwhとして=電気コスト1724円

※4000円÷134kwh=30円/kwhで計算しているのか?
>>188 そりゃあ発電コスト単価を過大にみつもり杉だろ(w

ガソリン1L=34.5MJ
水素1kg=129MJ=ガソリン3.74L分=コスト2500円と見る

ガソリン1Lと熱量等価34.5MJの水素製造コスト668円

まあ、こりゃあ酷い数字で、水素の工業化プラントの場合は
 電気分解エネルギー効率60% 程度で 
 風車の設備利用率   20% 程度で 200円/34.5MJくらいだよ

君は 理科の実験みたいな 実験用小規模装置に 大規模装置のような
効率と採算性を求めすぎだとおもうが

水の電気分解で水素を作るというのは効率がわるく
パタゴニアみたいに アメリカに送電しようにも遠すぎて
余剰電力を 水の電気分解に捨てるしかない 場所でのみ

電気分解水素製造が経済性を持ちうるというのは 同意する
 
  

190 :名刺は切らしておりまして:2015/05/25(月) 21:51:38.91 ID:iajTrkwh
>>189
間違ってるぞ
× 水素1kg=11.97立米
○ 水素1kg=11.2 Nm^3

それから >>188の記事は太陽光発電だから、30円/kwhでも甘め

191 :名刺は切らしておりまして:2015/05/26(火) 00:27:54.82 ID:phXQKUVh
アルコールはアルデヒドが出るし、油もNOxやPF等の排ガス問題がある。
白金など触媒材料が結構いるんだよ。またトンネルなどで換気が必須。
EVやFCEVだけになれば、換気代も壁面クリーニング代もかなり節約できるよ。

192 :名刺は切らしておりまして:2015/05/26(火) 02:11:10.21 ID:aE2V6IJh
まぁ その内 ドカンと水素が爆発して一気に水素社会は終焉となるよ
水素は常に漏れているし 配管を脆くしている

193 :名刺は切らしておりまして:2015/05/26(火) 02:27:54.39 ID:lo4cb6EX
>>191
「アルコールはアルデヒドが出るから ZEVにすべきだ」とかいう
技術を理解せぬ 頑迷なカリフォルニアの役人に言いたいことは

そんなにアルデヒドを問題視するなら
カリフォルニアで「禁酒法」を復活してから言うべきだろ(w

無論 アルデヒドを理由にエタノール自動車に反対する輩は
これより 死ぬまで 飲酒は禁止だ(w 

194 :名刺は切らしておりまして:2015/05/26(火) 07:19:12.13 ID:YQr2v0k+
ここの会話のレベル高いわ〜
ここから近々何か新しい技術が生まれる予感。

195 :名刺は切らしておりまして:2015/05/26(火) 10:39:54.66 ID:HmLxmu0S
実証事業って何が目的なんだろう?
電気分解で水素ができるのは当たり前で実験するまでもない

たぶん・・・
・自然エネルギーからの水素製造がいかに高くつくかをデモしようとしてるのだろう
・間欠運転ばかりの電気分解装置があっという間に壊れるのを観察したいのだろう

ちなみに、ハマウィング 現在の発電量:ゼロ

196 :名刺は切らしておりまして:2015/05/26(火) 13:52:57.14 ID:HmLxmu0S
爽やかな南東の風なのに、ハマウィングの発電量は依然として ゼロ
調べると

> 風速 4m/s以上で発電し始め、15m/sで定格出力に・・・

現在の風速は 3.5m/s

197 :名刺は切らしておりまして:2015/05/26(火) 15:24:20.16 ID:lo4cb6EX
>>195
ショーウィンドーだろ   

「風力で 水素を作って 水素FCVを動かせます」 という

ただ、たしかに
「実証すべき原理があまりにも わかりきっているから 実験設備がもったいない」
というのはわかるから

ガスタンクと、フィッシャートロプシュ反応塔を 
北海道の風車&水電気分解プラントに併設して

風力の電気分解水素と 製鉄の石炭ガスで 石油も作れちゃいます
だから 水素FCVは 要りません

水素計画を 炭化水素計画に変更すれば 
風車と麦わらで ガソリン車を動かせます

というのも 実証してほしい(w



コークス炉ガス+電気分解

198 :名刺は切らしておりまして:2015/05/26(火) 19:04:12.25 ID:aE2V6IJh
オレ絶対 直電で電気分解はしないと思うぞ オルタネータからバッテリーのようなものへ直流で蓄電してから
 電気分解装置へ直流を供給すると思うが 

199 :名刺は切らしておりまして:2015/05/26(火) 20:11:54.06 ID:a95DQWWz
ここいらでトヨタが隠してる燃料電池の効率を暴くとするか

MIRAIがV2Hで電力供給した場合
650km走るのと同じ条件=水素量4.3kg
で60kWh発電、供給するらしい

水素1kgの発熱量はHHV基準で39.699kWh

あとは簡単
60÷(39.699×4.3)×100=35.1%
!!!

っとこれではまだ正確でない
給電器(チャデモ端子から交流変換)の効率を割り戻さなきゃいけない
給電器はEV急速充電器と同じ効率としてメーカ問わないと90%(日産製は95%)


この条件で
35.1%÷0.9=39.0%


なんと40%クリアさえ怪しい数字です
トヨタが車両システム効率60%とか吹聴してるのは嘘でした
そもそもシステムで60%出すには
FC単体で70%は必要です
もし70%もあったら世界中が大騒ぎ
欧米はそんなあり得ないことを
発表すらしないトヨタを相手しないわけです


次期プリウスのエンジン効率はトヨタ曰く40%以上
発熱量基準がどうかの観点を入れてもほとんど同じですねえ


なんで燃料電池なんでしょう
プリウスに水素タンクつければ?


電解効率よくて0.8にFC発電効率0.4×したら0.32
エネルギーが1/3にダイエットして
エネルギー原料だけで元の3倍の原価になってしまいます


なんで水素なん?再生エネ分はEVでいいのでは?

200 :名刺は切らしておりまして:2015/05/26(火) 20:48:18.31 ID:a95DQWWz
>>196
あの場所に合ってない風車がついてるのと
可能性は低いがそこ局所の風況がよくない可能性

あの場所は日本で建てられてるclass-I風車だと利用率20%は不可能
アメリカでは年間に設置されたうちclass-III風車が過半になった
クラス数が増えるほど低風速地向きで
2MWならハブ高さとロータ直径がそれぞれ100〜120mがよくあるやつ
ハマウイングは両方とも80mほど
これでは上手くいかない

さらにカットイン風速が4m/sなのが致命的
風速分布考えたら普通3m/sの機種を設置するだろう

これと地形が突起だらけなので
風況予測システムにそれ用のが必要
これはたぶん大丈夫

まあ設備利用率10%台でも発電コストは20円以下
工夫してればあんなところでも15円/kWhは出せるんだよね

201 :名刺は切らしておりまして:2015/05/27(水) 03:52:12.05 ID:aWAVE9le
>>17
ヒント、充電時間

202 :名刺は切らしておりまして:2015/05/27(水) 11:44:13.38 ID:JXVASy+8
そう言えば黒潮発電はどうなった?

203 :名刺は切らしておりまして:2015/05/27(水) 12:18:12.63 ID:AL4t2zIy
>>201
50kw充電器の4倍パワフルな、200kw充電器なら、4倍速で充電できるよ。

充電スタンド運営者が払う、電気基本料金も4倍だから、当面は、高速や都心、副都心など交通の多いところに優先的設置だろうけど。

レドックスフローなら、充電済の電解液と交換すれば、充電完了だし。

燃料電池のあり得る用法は、PHV のレンジエクステンダーや、トロリーHV トラックが末端の非電化道路を走る時だけじゃないかな。

204 :名刺は切らしておりまして:2015/05/27(水) 14:02:36.52 ID:xqe24IWn
たしか環境省が長崎県五島の洋上風力発電で水素に変換備蓄していたような

205 :名刺は切らしておりまして:2015/05/27(水) 17:57:35.86 ID:SJ2Laqyn
電気式CVTなら?もうEV車でイイ!のでは?

206 :名刺は切らしておりまして:2015/05/27(水) 18:08:27.37 ID:2IezXYC2
>>201
急速充電はEV利用の一部でしかない
1日の平均移動距離からは普通充電がメイン

普通充電なら風力発電群の余剰に合わせて調整できる

207 :名刺は切らしておりまして:2015/05/27(水) 19:46:38.84 ID:QIeVEM/h
苫前っておまえらが好きな熊嵐の場所だぞ。

知ってた?

208 :名刺は切らしておりまして:2015/05/27(水) 20:39:35.70 ID:AL4t2zIy
>>206
いや、急速充電こそ基本なんだよ。

EV の航続を伸ばすなら、米国のEV 設計のように、電池山盛り設計になるから、44倍強力な200kw 充電器で、4倍速で充電せねばならない。

PHV なら、頻繁に充電せねばならないから、ユーザーの充電ストレスを緩和するため、1ー5分で充電せねばならないから、やはり強力な次世代充電器で、4倍速で充電する必要がある。

電気はガソリンに比べたら、昼電力でも充分安いが、電池が高いのだから、PHV にして電池をケチり、電池リース料金を抑えねばならん。

しかし、頻繁な充電をユーザーがストレスなくできるように、バイクへのガソリン給油なみの短時間まで、PHV の充電時間を短縮せねば、ガソリン車と競争できない。


それに、持ち家のブルジョワユーザーなんて少数派で、多数派は貸駐車場にクルマを駐車するのだから、急速充電が基本。
それに、火力をソーラーで代替すると、今と逆に、夜間電力が不足するから、EV を揚水発電所がわりに使いたい技師の勝手な夢を自動車ユーザーの財布に押し付けるべきではない。

1日たった一回充放電なんて、そんな手ぬるい電池の使い方はありえず、少ない電池を頻繁に急速充放電して、ブラックに酷使して稼働率を上げないと、長寿命電池の寿命性能を引き出せない。

209 :名刺は切らしておりまして:2015/05/27(水) 21:40:17.57 ID:bfSH9Plu
>>208
電気自動車のキモはバッテリー。
バッテリーの性能が低すぎるから、登場としては
ガソリン車よりも早かったのに主流になっていない。

バッテリーの性能は化学変化を利用して電気を蓄電
している限りは、バッテリーの性能は五十歩百歩だよ。

バッテリーの性能というか仕組みが革命的に変わらないと
電気自動車はいつまでも日陰の存在。

210 :名刺は切らしておりまして:2015/05/28(木) 17:19:56.23 ID:R9SqV/Cg
浜頓別あたりでやってくれんかな

211 :名刺は切らしておりまして:2015/05/28(木) 21:37:08.79 ID:Hlhz7gUv
>>209

ああ、君もデマの信者か

EVデマその1「電池技術の未熟で航続が短い」

真相 テスラロードスターなど 米国のEVは電池山盛りで航続320-400km

   日本のEVは安くするために 電池をケチった 設計方針のせいで
   航続が短いだけ

   電池技術が発展しなくても 電池を山盛りにすれば 今すぐ航続は伸びる

------------
EVデマその2「電池技術の未熟のせいで 充電に時間がかかる」

真相 電池(ボンベ)技術の未熟じゃなく 充電器(充填器)の非力が原因で
   充電に時間がかかるだけ

   そして充電器が非力なのは 電力会社が 需要が激しく動く需要家を
   不安定電源同様に 忌み嫌っていて 200kw充電器の基本料金は
   50kw充電器の4倍だから

   電池技術がSCIBから進歩しなかろうが
   充電器をパワーアップすれば 充電時間は短縮される
-----------
   
EV デマの信者が 高卒ならわかるが

大卒の文系でも おかしいと気がつく話で

理系や 自動車会社の経営者が EVデマを真に受けているなら
もう 技術職や 経営者をやめたほうがいい そういうレベル
 

212 :名刺は切らしておりまして:2015/05/28(木) 21:41:19.74 ID:VTxPd/NB
>>2
俺もそれでいいと思うわ

インフラいらない

213 :名刺は切らしておりまして:2015/05/28(木) 21:43:34.98 ID:Hlhz7gUv
ビニールの風船状の 子供プールを 肺の呼吸力で膨らませるのは
大変時間がかかるが

それはビニール風船プール(電池)を改良する必要があるわけじゃなく

ポンプである肺(充電器)が非力だからで

大型コンプレッサーで、空気を圧入すれば みるみる膨らむ

充電に時間がかかるなら 充電器をパワフルにすればいいので
電池技術なんか (発火しにくいSCIBを使うということのほかは)
関係ないよ 

214 :名刺は切らしておりまして:2015/05/28(木) 21:46:59.84 ID:DgPTysxZ
>>211
あのさあ、今ある電池技術で最高峰はリチウムイオン電池。
リチウムイオン電池も結局は化学変化を利用して蓄電
しているだけなんだから、原理は同じ。

それに、リチウム電池って安い物じゃないんだよ。
無限に出てくると勘違いしていない?

215 :名刺は切らしておりまして:2015/05/29(金) 05:57:00.85 ID:Twwr3Ynr
採算の合うリチウム資源は有名なウユニ塩湖とか有限やね。
量的な話だけだと海水中に膨大にあるけど…

216 :名刺は切らしておりまして:2015/05/29(金) 07:01:48.25 ID:Y61woDq5
>>215
有限資源という点では、FCVが燃料電池の電極に大量使用する白金の方が、
圧倒的に埋蔵量が少ない。

>>213
電池の充電速度を速めるために、単位時間当たりの充電電力(電流)を増やすと、
コネクタの電極などの接触抵抗や配線抵抗による電圧低下と損失、それに伴う
発熱、また充電時の化学反応による電池内の温度上昇や、発生する可燃性ガス
による膨張などが引き起こす問題が無視できなくなる。

217 :名刺は切らしておりまして:2015/05/29(金) 07:02:22.83 ID:VER/8q7J
>>215
ていうか>>213の人の話を要約すると、充電器(おそらく
充電させる装置)側を改良させたら充電時間が大幅に減る。
それだけを言いたいみたい。
電池の寿命や電池の容量などには全く触れていないのを見ると。

充電時間もそうなんだけど、電池の容量や電池の寿命も
電気自動車の発展を阻害している要因なのに。
それ以外には冷暖房を走行中に使用すると極端に電池の
消耗が激しくなるのもある。

218 :名刺は切らしておりまして:2015/05/29(金) 09:49:51.39 ID:K91MEpG/
風力発電した電気をそのままEVに充電した方がロスがなくてよくね?

219 :名刺は切らしておりまして:2015/05/29(金) 10:14:47.59 ID:sd49q2WQ
>>218
EV、燃料電池と同じで化学変化で電気を蓄えているんだよ
変換効率の差はあるけど基本同じなの
そこんとこ分かる?
しかも、その化学変化させる媒体を全て抱えていないといけないの
反応前も、反応後も

220 :名刺は切らしておりまして:2015/05/29(金) 11:40:43.22 ID:UtcmknkR
つまらんこと聞くようだけど(門外漢)
こういう技術って
先進国が進んでいるのかい
それとも中位国でも競争に参加している?

そして日本の今の位置は?

ってどうでもいいことだったね。

221 :名刺は切らしておりまして:2015/05/29(金) 12:40:36.35 ID:Vta0t2dF
× 技術
○ 偽術

ただ水素を作るだけなら無意味、たんなる宣伝
高効率で安く作る目標がなければ無意味

222 :名刺は切らしておりまして:2015/05/30(土) 02:25:49.67 ID:2ko7PxCU
これも公的な補助や助成まみれだし程度低い

223 :名刺は切らしておりまして:2015/05/30(土) 15:31:30.52 ID:/5Dmzvzr
>>217
前レスも、見てくれ。
【航続が足りないのは、日本のEV だけで、米国のは航続充分。
日本のEV の航続の短さは、価格を下げるために電池をケチった設計方針のせい】とも書いてある。

まあ、リーフの炭素負極電池は、フィットEV のSCIB チタン酸リチウム負極電池の1/4しか寿命がないし、超急速充電できないけど、

リーフの設計士やゴーンが古くさいノートパソコン用電池が好きなだけで、

【電池技術が未発達なわけではなく】、リーフの4倍寿命で、4倍速で充電できる電池は東芝が売ってる。二倍重いがな。

224 :名刺は切らしておりまして:2015/05/30(土) 16:41:11.58 ID:Z+pf1OTx
>>223
前のレスである>>216もちゃんと見ようよ。
急速充電による弊害や発火の危険性が>>217より詳しく書かれている。
あんた、乗っているEVが燃えたりしても良いと思っているの?

自分の都合の悪いことがかかれていることは
無視するのって良くないよ。

225 :名刺は切らしておりまして:2015/05/30(土) 20:46:07.09 ID:/5Dmzvzr
>>224
無論、見ている。
むしろ、君に、東芝SCIB の解説HP を読むのを勧める。

あれを読めば、【画期的に燃えにくく、長寿命】というのが、SCIB の特徴で、

燃えにくいからこそ、現行の50kw 充電器の4倍パワフルな200kw 充電器で、4倍速で大電力超急速充電して、なおかつ安全性を保てる・・・という事が理解できよう。

じゃあ、何で、寿命4倍で、4倍速で充電でき、燃えにくいSCIB が、普及してないか?と言えば

2倍重くて、高い事が、軽量化が自己目的化している、日本の自動車設計技師には受け入れがたいのと、

重いSCIB を山盛り積むなら、新設計の頑丈な車台が必要になって、ガソリン車と共通の車台が使いにくいから。

226 :名刺は切らしておりまして:2015/05/30(土) 21:09:07.14 ID:/5Dmzvzr
ノートパソコン用の炭素負極電池をEV に使いたいなら、電池の冷却システムが不可欠で

火災防止だけじゃなくって、超急速充電に於ける電池の昇温劣化防止上も必要

227 :名刺は切らしておりまして:2015/05/30(土) 21:40:30.20 ID:E1ZFRu0G
カイゼンとやらで、どこまでコストダウンできるか見物だな。
ただ、カイゼンの極意は、改善の極限を求める作業を何年も継続することにある。
10年後もコストは厳しいだろうが、数十年後に化けるかもしれん。

228 :名刺は切らしておりまして:2015/05/30(土) 21:50:40.69 ID:Z+pf1OTx
>>225
だから、普通の充電で燃えにくいんだろ。
なんでそこで、リスクを冒してまで急速充電に拘るの?
急速充電は電池じゃない充電器側にも負担がかかるって
かいてあるじゃん。

229 :名刺は切らしておりまして:2015/05/30(土) 21:56:34.98 ID:E1ZFRu0G
>>228
短距離で計画的、規則的な運転をするならそれでいいだろ。
だが、緊急、長距離(エアコンON)に弱いのは、万一を考えるユーザーや長距離ヘビーユーザーが逃げ腰になる。
商品は買ってもらえてなんぼ。

230 :名刺は切らしておりまして:2015/05/30(土) 22:57:56.35 ID:Z+pf1OTx
>>228
>短距離で計画的、規則的な運転
結局その用途は、今までの電気自動車の用途通り
大規模工場のような会社の敷地の移動ぐらいしか
使い道がない。ってこと。
工場の中での移動や工場間の移動では排ガスを
出す自動車は嫌われるからEVが使われている。

231 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 00:05:20.50 ID:Bmcj5p7Z
>>208
欧州では再エネ発電量の増加で
待機用発電所の容量不足が起きて
電力量ではなくて容量を取引する
容量市場の創設が議論され出してる

そうした中で保有されてる内の
95%の時間を遊休状態で過ごしてる
自動車を活用しようという議論が当然出てくる

遊休EVの参加で保有者は
事前に予約した容量分のサービス料を貰え
それも安くていいので電力コストの削減にもなる

急速充電はそれはそれでいるだろうけど
利用距離の大半が60kmな利用実態だと
普通充電でカバーできるからね

急速充電は出力向上でレンジエクステンダーに取って代わるだろう
欧米のコンボ方式は240kWまでの規格を用意してるし
4倍出力なら2倍距離×15~12分充電がターゲット
ここまで来たら爆発的に普及するでしょ

232 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 00:38:37.54 ID:24Nx3zyR
>>228
はあ? 充電時間を短くする必要がないだと? 
何を血迷ったことを 言っている?

利便性でガソリン車やLPG車や水素FCVとの競争に勝たねば
EVの普及はありえないわけで

ガソリンを給油する時間、LPG や水素を充填する時間と
大差ない時間で EVの充電か 電池/液の交換をせねばならん

君がEVタクシーの運転手だとしてみたまえ
充電/充填に数時間かかったら 商売にならんだろうが!
---------------
更に、EVに十分な航続を与えるつもりなら
電池山盛りEVに設計せざるを得ず

そうすれば充電時間がながくなるから
ブレークスルーで充電速度を速めねばならない

233 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 00:42:08.75 ID:24Nx3zyR
>>228
はあ? 充電時間を短くする必要がないだと? 
何を血迷ったことを 言っている?

利便性でガソリン車やLPG車や水素FCVとの競争に勝たねば
EVの普及はありえないわけで

ガソリンを給油する時間、LPG や水素を充填する時間と
大差ない時間で EVの充電か 電池/液の交換をせねばならん

君がEVタクシーの運転手だとしてみたまえ
充電/充填に数時間かかったら 商売にならんだろうが!
---------------
更に、EVに十分な航続を与えるつもりなら
電池山盛りEVに設計せざるを得ず

電池山盛りで航続2倍なら充電時間も2倍になるから
充電器のパワーアップで充電速度を速めねばならない

234 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 00:43:20.79 ID:24Nx3zyR
わり 失敗して 連投になってしまった

235 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 01:10:17.81 ID:2kxN6ouk
>>231
> 欧米のコンボ方式は240kWまでの規格を用意してる

それ、ソースは?

一般家庭向けの単相100Vで、50A契約のブレーカーが落ちるまで電気を使って
5kW相当で、240kWというとその約50倍、48世帯分の電力量に相当するわけだが、
経験上あんな小さなコネクタと端子で240kWもの電力を給電できるとは、考え
られないんだけど?

それと、送電線並みに6000Vとかで給電するならともかく、仮に200Vとかでは、
電流量が1200Aにもなり、もしコネクタ部の接触抵抗がたった10mΩあっただけ
で12Vの電圧降下を生じ、14400Wの損失が生じる。

1W(ワット)・秒 = 1J(ジュール) = 0.24カロリー
1cal(カロリー)は、1グラム(約1cc)の水の温度を1℃上げる熱量

∴ 14400Wの損失は、3,456cal で、約1リットルの水を毎秒3.5℃づつ暖めら
れる計算で常温(25℃)の水を、たった21.5秒で沸騰させられる計算。

現実には、大型のコネクタは、接触抵抗が50mΩくらいある。

また、市販の耐電圧600Vのビニール被覆電線(仕上がり外径約30mm)の許容
電流(周囲温度30℃)が650Aで、その導体断面積は325mm^2。1200Aの電流を
流すには、その約2倍の導体断面積(600mm^2程度)の電線が必要になる。

供給電圧を上げれば相対的に電流は減るが、6000Vには、端子間の沿面距離が
近すぎで、絶縁が確保できず空中放電してしまうし、そんな高電圧では給電
中にもし感電したら確実に死ぬ。

236 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 02:27:53.16 ID:3JpuEKhh
>>233
>充電/充填に数時間かかったら 商売にならんだろうが!

商売以前に、急速充電で自動車が燃えてしまったら命が危ない。

237 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 04:57:40.19 ID:24Nx3zyR
>>235
なんで自分勝手に200Vで計算してるんだよ!(w
チャデモでも500Vじゃないかよ(w
200kwなら400Aだよ!

まあ、600Vか750Vに規格変更したほうが
良いとは思うけどな

そして、現在の急速充電器だって

最初に電気を切って接続して、手を離し
次に低圧で小電流を流して漏電をしらべ
最後に500Vとかで流す というスキームなんで

君が何を考えて 電気をながしたまま 接続する
スキームを考えているのか 意味不明だ(w

238 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 05:17:14.54 ID:24Nx3zyR
>>236
だからーSCIBの解説を読んでから書けよ!

SCIBは 釘で刺して内部短絡を試みても 燃えない

以下引用
電池の内部でショートが発生すると、その部分に一気に電気が流れる。
そのときの電流・電圧は普段の使用で想定する以上のもの。
するとその部分の温度が上昇し、その温度上昇によって内部の素材が破壊され、
さらに熱が上昇するという負のスパイラルが始まる。いわゆる熱暴走だ。
そして最終的に酸素に触れて発火! これが、リチウムイオン電池の破損の最悪のシナリオとなる。

では、「SCiB」の内部でショートが起きたらどうなるのか? 
当然、短絡した部分には一気に電気が流れる。
しかし、接する表面のチタン酸リチウムが、持っているリチウムイオンを
すべて放出してしまうと、一転して電気をシャットダウン。
つまり短絡部に接するチタン酸リチウムがショートの拡大を防ぐ役割を果たして
くれるのだ。また、チタン酸リチウムはそれ自体が熱に強く、ほぼ燃えない
という特性がある
http://car.watch.impress.co.jp/docs/series/tech/20120516_532748.html

だから、ノートパソコン用の「自動車用としては古臭い、軽いけど燃えやすい電池」
を前提に「電池技術が未熟だから 航続が短く 充電に時間がかかる」というのは
「私は 何もわかってません」という告白にほかならない

ノートパソコン用の炭素負極電池は1−2C充電しかできないが
SCIBは 炭素負極電池の4倍の寿命で「8-10C充電」が可能だから

【結局 航続400kmのために電池山盛りにした25-50kwhEVに、
 200kw充電器なら8分-15分で充電完了】

SCIBが 出現した時点で 
「水素FCVはクイックに充填でき、航続が長いです」
っていう優位は消滅したし


FCVは
電気を水の電気分解で水素にするときエネルギーの30%をロスし
燃料電池で水素を電気に戻すとき60%ロスして 結局効率28%
エネルギーの72%をロスする大欠点があって

電池の場合、充放電ロスは5%-10%程度だから

「化学反応でエネルギーを蓄えるのは共通」と強弁したところで
FCVは EV/PHVに対して効率が大きく劣るのは 明白なんだよ

239 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 05:27:35.99 ID:24Nx3zyR
燃料電池の役どころとしては 非常用発電機/APUとして

「価格がエンジンなみに下がり、水素や炭化水素を燃料にできれば}
PHV/レンジエクステンダーのエンジンの代替としてなら
意味があるかも程度

むしろSOFCを船や家庭用給湯自家発電機に使うべきで

そもそも 燃料電池を 自動車に使うのは 
 PEFCの効率の低さ&水素の体積エネルギー密度の低さ
 SOFCが ON/OFFの繰り返しに弱く 炊きっぱなし用途に向く
という特性からみて

PEFCの効率60%とか、改質器小型化に成功するまでは
またはSOFCの熱サイクル寿命7500回を達成するまでは 
燃料電池は 技術的未熟もあって クルマに使うのは 技術的筋が悪すぎる

240 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 05:40:29.09 ID:24Nx3zyR
ただ、電池は「値段が高すぎ 寿命が長すぎる」のが問題で

航続400km 35-50kwh 電池山盛りEVのSCIB電池は
400万km(400kmx1万回充放電)走行して やっと寿命が尽きるから

一般乗用車で10万km乗って 車体が損耗して 廃車になるときに
電池寿命はたった10/400しか使っておらず 電池寿命の97.5%を使い残している

という大問題があるから

カーリースにして 中古電池を 新車に組み付けて
電池寿命が尽きたら 無償交換 という 方式で EVにするか

PHVにして頻繁に充放電して 車体廃車までに
電池の寿命を高頻度充放電で伸ばすか
どっちかだろう? 

241 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 06:15:19.62 ID:24Nx3zyR
>>231
欧州では再エネ発電量の増加で
>待機用発電所の容量不足が起きて
>電力量ではなくて容量を取引する
>容量市場の創設が議論され出してる

電力市場とか 容量市場とか 「市場原理主義の大失敗」に他ならない

そもそも、問題は
「GTCCも 蒸気機関石炭火力も 
カローラだけしか生産できず カムリが生産できない脳なし単能ラインみたいに
電気だけしか生産できず 液体石油代替燃料が生産できない 脳なし単能ライン
だから【待機電力は 待機中に休業損失が発生する】という問題が発生していて

ドイツ式の電力市場っていう 間抜けなアイデアは
「再エネが 落ちたとき ガスタービン業者は エンロンみたいに
 超ボッタクリで電気が売れるから 待機が多くて 休業損失発生しててもいいじゃん」
という発想なんだけど

結局 利用者は 再エネが落ちたとき 待機電力の休業損失が上乗せされた
ボッタクリ価格で電気を買う羽目になり 
ガスタービン業者は 収入が不安定になって 誰も待機電源をやりたがらず
容量が不足して 「市場原理主義による 電力市場構想は 失敗してる」

逆に 「火力電力が要らなくて待機しているときは 石炭ガス液化油の生産で儲けられる
電気(カローラ)も 燃料(カムリ)も 両方生産できる 多能ラインに
酸素吹きIGCC発電所/石炭液化工場を設計する 電燃併産」のほうが 優れたアイデアだと思う

ドイツ式の電力市場やGTCCは真似する必要はない
------------

そうした中で保有されてる内の
95%の時間を遊休状態で過ごしてる
自動車を活用しようという議論

Uberのカープールは タクシー業界と鋭く対立しているが
実際は Uber+カープール乃至 短時間カーレンタル+SCIB電池 のほうが

個人が 個別に自家用車を持つより 下記で優れてる
1)自動車の稼働率が上がって 個別保有よりコストが安くなる
2)「共有車」は年間100万km走るから SCIBの超長寿命の経済性が
  十分に発揮される
3)自動車保有台数の必要量が減って 自動車生産の消費資源も激減する 

242 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 06:39:32.84 ID:24Nx3zyR
東京や NYや ロンドンや 北京や モスクワ のような大都市では

公共でカープールを提供して

スマホで予約/呼ぶと 公共カープール会社が
「折り畳みリヤカーも牽引できる キャノピーつき 電動マイクロカー」を
ユニックトラックで配送してくれて

都市内の地下鉄駅近くの 回収ステーションで乗り捨て
できるようにしたほうが

個別に自家用車を保有するより クルマの稼働率が上がるし
タクシーに比べて 運転手人件費と LPガス代が省けて 激安になる

金かけて道路を広げるより バイク幅のマイクロカーに誘導して
クルマの幅を縮小して 車線を増やしたほうが 安上がりで 手っ取り早い

今のクルマは 大きすぎ 重過ぎ 不稼動で遊びすぎていて
非効率に 資源を食いすぎている

荷運びするとき 多人数が乗るときだけ リヤカーを牽引すればいいのに
必要ないときまでデカくて 重いしね

そして 個人宅の低速充電なんかは「趣味の産物」で
自動車電化を支えるのは、あくまで 超急速充電だろう

 

243 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 08:44:03.87 ID:kGHExPtF
電気料金自体は安価すぎるから充電ビジネスの付加価値は「充電時間」しか無いわな。

244 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 09:16:28.91 ID:Agqz5Smp
>>243
充電や水素充填どころか、石油販売すら儲からない時代だ。

コンビニエンスやショッピングセンターの集客用スタンドとか

郵便局や宅配拠点の自家用兼用

デーラーのユーザーサービスで

充電スタンドを【兼営】してもらうしかなさそう。

私は、途上国のPHV 導入インフラの雛型として、郵便局や宅配拠点やコンビニエンスの充電スタンド設置を推進すべきと思う。200kw とはゆくまいが

245 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 09:25:25.90 ID:lXvgfyNb
大気圧縮で二酸化炭素を取り出し、水の電気分解で取り出した水素と反応させて
メタンやエタノールをつくる技術を開発した方がいい

246 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 11:38:34.70 ID:63IAyJiL
>>244
電気自動車が増えると今はガラガラで駐車場の隅っこにある充電スペースが混むようになるしな
使う順番で揉めることがあればさっさと撤去されそう

247 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 15:11:18.48 ID:o/v4hiYx
>>246
普通に充電器増やしゃ良いだけ

248 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 15:28:09.00 ID:EY4hiVeW
もし、急速充電が普及して台数増えたら夏場の昼間とか瞬間電力供給がハンパなくな
るんじゃない。大停電とか、供給制限とか考えられるよね。
スタンドの一次電池に充電しておくことも考えられるけど効率悪いし。

249 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 19:17:00.42 ID:63IAyJiL
>>247
タダじゃないだろ…

250 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 20:24:08.44 ID:o/v4hiYx
>>249
当たり前だろ...
心配しなくても水素ステーションに比べたら全然安いからw

251 :名刺は切らしておりまして:2015/05/31(日) 21:08:22.56 ID:Agqz5Smp
>>248
電力会社の都合より、ユーザーさん=お客さんの要求、長い航続=電池山盛り、短い充電時間=強力な充電器が優先さ。w

そして、日本のEV の電力需要をかき集めても、工業電力需要に比べて屁。
マクロでは、問題ない。

ミクロでは、200kw 充電スタンドのぶら下がっている、6kv配電送電線は不安定化しかねない。

だから君の言うように200kw 充電器に中古電池を併設して、20〜50kw で中古電池に電気をチョロチョロ流し入れて溜めておき、充電したいクルマがきたら、中古電池から一気に放電して200kw 4倍速で充電すればいい。

電池の充放電損失は、二回充放電を繰り返す場合でも、揚水や、水の電気分解プラス燃料電池より、遥かに優秀だし、そもそも電気は安いから、効率損失金額は君が懸念しているほどは酷くない。

むしろ、充電器の電池が、頻繁な充放電で、劣化するほうが、損失金額がでかいが

容量が新品時の80%-90%に劣化した中古のEV 電池は、最早自動車用には使えないとはいえ、重力を気にしない定置用途ではまだまだ使えるから、中古のEV電池 を充電器に併設する電池にリサイクル利用すれば、コストはあまりかからない。

252 :名刺は切らしておりまして:2015/06/01(月) 11:22:22.05 ID:peOSzD1W
>>60
ガソリンが使われなくなったあともガソリン税の代わりに水素税を徴収して税源を確保できる

253 :名刺は切らしておりまして:2015/06/02(火) 21:10:17.65 ID:kDCSwTim
>>235
http://en.m.wikipedia.org/wiki/SAE_J1772
これのpropertiesのとこにDC level3の記述がある

>>241
>ドイツ式の電力市場っていう 間抜けなアイデアは
「再エネが 落ちたとき ガスタービン業者は エンロンみたいに
 超ボッタクリで電気が売れるから 待機が多くて 休業損失発生しててもいいじゃん」
という発想なんだけど

その休業損失とやらを発生させないために容量市場を創設する
系統に容量が確保されている&設備費用回収済みなので
極値的高値は発生しないし設備不足で停電することもない

系統運営会社が調達する容量を決定して
調達する これ
日本の電力会社で入札電源を募り
見込みの利用率などの条件付きで調達するようになったのと大して変わりない

系統運営と発送電が今は一体であるというのと
利用率見込みが容量市場では0%を仮定して募集する
つまり費用が一体か取引上分離されてるかの違いでしかない

254 :名刺は切らしておりまして:2015/06/02(火) 21:26:25.57 ID:kDCSwTim
>>248
夜間充電が基本だから
なんで昼間のピークに集中するんだよ

>>249
タダで設置して維持費も持ってくれる仕組みがあるんだなww
ただし収入はなしで自分の持ち物にもならんが

おかげで増えすぎてどこで充電していいか困るほどになった

255 :名刺は切らしておりまして:2015/06/02(火) 22:03:56.50 ID:pDlitssQ
男の存在は女性を楽にするために作られた“派生”に過ぎない生き物です。

よく考えてください。
なぜ災害時は女性や子供を優先して避難させるのか?
なぜ危険な仕事は男ばかりなのか?

そう、男というのは女性がやりたくない雑用をするための生物なんです(≧×≦;)
女の子に生まれてよかったあw

256 :名刺は切らしておりまして:2015/06/02(火) 23:06:37.59 ID:o7w8ugl9
>>253
容量市場を調べたが そんなに良い物じゃなさそうに思うが・・

容量市場
「電力自由化が進む海外では、容量市場が既に存在するところがある。
 かつて欧米では、kWhのみを取引する電力スポット市場や電力先渡市場があれば
、発電所の建設コストも十分回収できると考えられてきた。供給が不足すれば
 kWh価格が高騰するので、それで建設コストも回収できるはずだった。

●翻訳 つまり風力がとまったら ガスタービン発電業者は 
    カリフォルニア電力危機でのエンロンのように
    「超ボッタクリ価格で 電力を買え! さもなくば停電だ」
    と公共配電会社を脅迫して 超高値ボッタクリで電力を売るから

    公共配電会社が 普段は再エネを優先して買電して
    ガスタービン発電会社は社員を無駄に出勤させていながら
    電気を買ってもらえず 休業損失で赤字の日々が続いても

    再エネがとまったときに ボッタクリできるから 経営が成り立つはずだ
    という話じゃないかよ これは
------------

しかし、実際にはこれらのkWhオンリーの市場収入だけでは、需要ピークに対応する
予備力用発電所などの建設コストや維持コストをまかなうには不十分で、これらを運営する事業者が
いなくなってしまう懸念が出てきた。

○つまり たまに風力がとまって 太陽も曇ったときだけしか 
 ガスタービン業者が電気を買ってもらえないから たまにボッタクリしても
 経営が成り立たず 火力発電会社は大赤字で 誰も引き受け手がおらず
 予備電力が 足りなくなりそうな事態になってる ってことだろ?
-------------------
発電所の建設には時間がかかり、いくらkWh価格が高騰しても、
そのあとで建設したのでは間に合わなかったのである。

そこで、市場参加者に対し、将来にわたって一定の予備力を
確保する義務を課したうえで、その予備力を市場メカニズムによって
調達する「容量市場」が考案された。(中略)

容量市場では、仮に1年間まったく発電しなくても、供給能力(容量)
さえあれば対価が支払われるという点に特徴がある。

○駄目だこりゃ 要するに 再エネ好調なら ガスタービン発電所は遊ばせて
 休業損失を発生させるけど それは 容量市場の形で公共配電会社が賠償して
 そのつけを 電気利用者に回すよ ということだろう?
----------------------
いやいやいや 電力市場も 容量市場も

バス同士を衝突させて 損害を発生させた上で 乗客に損害賠償を払わせるような
間抜けな話であって 

休業損失を発生させないために
再エネ好調のときは 酸素吹き石炭ガス化発電所に クズ炭から作った石炭ガスを
液化して人造石油を作る商売を与えて 

鉄鋼や電力の生産した石炭液化油を 石油会社にバレル8000円から1万円で
固定価格買取りさせれば

ガスタービン業者は 再エネ落ち待ちの 待機中に
石油代替燃料を作って儲けられ 「休業損失が発生しない」と思うが

257 :名刺は切らしておりまして:2015/06/09(火) 12:57:20.73 ID:5nXCcyl7
ゴム ゴム ゴム ゴム の 品質管理

258 :名刺は切らしておりまして:2015/06/09(火) 16:11:28.48 ID:IkmS4Wr9
豊田通商どうなんですかね?トーメンのときの方が生粋の商社って感じだったよな?

259 :名刺は切らしておりまして:2015/06/13(土) 11:22:44.80 ID:vEnOrZBb
>>55
水素がどういうものかすら知らないだろお前

112 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)