5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【投資】日本の地方公務員年金基金(運用資産17兆円)、資産運用で新興市場への投資開始 [09/12]

1 :ライトスタッフ◎φ ★:2013/09/12(木) 09:30:47.77 ID:???
日本では以前、公務員の年金基金が資産運用で海外株式投資を行う場合、投資先は先進国に
限られていた。しかし現在では、ブラジルやコロンビア、韓国といった国の株式への投資が
拡大している。

地方公務員の長期給付積立金の管理などを行う地方公務員共済組合連合会は、今年度から
始まった会計年度に新興市場株への投資を開始した。

地共連は新興市場投資に充てられた資金規模について、公表を差し控えた。その基本運用
方針(基本ポートフォリオ)では、運用資産の中で外国株式が占める比率は11%と決められ
ているが、これを維持するための株式売買が行われる前に、比率が最高16%あるいは最低6%
になることもある。

地共連が投資の分散化を決めたのは、世界全体の国内総生産(GDP)の中で新興国の占める
割合が拡大しており、また新興国の高成長を考えると好調な投資益が期待できると判断した
ためだ。地共連の資金運用部長、川島司氏は、新興国への投資をしないために利益を得る
機会を逃している可能性があるかどうかも検討したと語った。

地共連は運用資産の時価総額が約17兆円と、カナダの公的年金基金である年金計画投資員会
(CPPIB)や米年金基金第2位のカリフォルニア州教職員退職年金基金(CalSTRS)と同規模
だが、分散投資という点では後れを取っている。海外の年金基金は金から高級百貨店まで
幅広い分野で資産運用を行っているが、地共連など日本の公的年金制度は投資資産を株式と
債券に限定している。

日本の公的年金の資産運用に関しては、白熱した議論が長年展開されてきたが、政府は
残高で世界第2位の年金基金を保護するために、保守的なアプローチの維持する方針を
堅持している。現在の法律の下では、公的年金は資産区分の幅を広げて投資の切り替えを
行う余地があまりなく、投資に関する一定の義務もある。例えば、地共連の場合、長期
給付積立金のうち一定の額は地方債で運用することが求められており、3月末時点の
ポートフォリオのうち地方債の占める比率は20%となっている。

川島氏によると、地共連は債券および株式の他にも多くの市場を引き続き研究している
ものの、他の資産クラスへの投資を増やすかどうかの決定を下す段階には至っていない
という。

そして、まだ多くの難問が残っていると指摘した。例えば、不動産投資を検討した場合、
価格下落のリスクがあり、市場評価も難しい上、地共連にはそのような投資を評価する
ノウハウがないということだ。ただ、利点もあるため、今後も引き続き検討していくと
付け加えた。

また同氏は、安倍晋三首相の成長戦略政策のおかげで、このところ加入団体の間では
楽観的なムードが広がっていると語った。衆議院が解散し、安倍氏が政権奪回に向けて
経済政策を表明した昨年11月中旬以降、日経平均株価は60%を超える上昇をしており、
年金基金の投資益が増加した。

◎地方公務員共済組合連合会 http://www.chikyoren.or.jp/

http://jp.wsj.com/article/SB10001424127887323410304579069722715238480.html

39 :名刺は切らしておりまして:2013/09/14(土) 00:59:13.33 ID:2/yUQYjY
>>32
アメリカさんからお願いされたのかなぁ

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)