5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【雇用】任期付き若手研究者、契約が更新されない「雇い止め」の不安広がる [12/04/22]

1 :本多工務店φ ★:2012/04/22(日) 14:46:43.28 ID:???
先端研究に任期付きで従事している若手研究者の間で、契約が更新されない「雇い止め」の不安が広がっている。
5年を超えて同じ職場で働いた有期雇用の社員に無期雇用の道を開く「労働契約法改正案」が成立した場合、
雇用主が先回りして5年以内に契約更新を拒む動きが出るとの観測があるためだ。
科学技術政策の司令塔を担う政府の総合科学技術会議は不安に応えるため、
同法を所管する厚生労働省に意見書を提出するなど、改善に向けた検討を始めた。

 生命科学や先端技術など、研究費を集中投下して世界級の成果を狙う「プロジェクト型」と呼ばれる研究は多くの人手が必要だが、
国立大や研究機関では人件費に充てる国の交付金が毎年削減され、正規雇用できる人数は限られるため、有期雇用が一般的だ。
 多くは30代で、3?5年の任期で契約したり、1年ごとに契約を更新したりしている。
東京大では教員の約2割に当たる901人、大阪大は約15%の493人(いずれも11年5月1日現在)が有期雇用。
研究を支える人材でありながら、無期雇用より低賃金で身分も不安定だ。

 同会議が19日に実施した若手研究者からの聞き取りでは、
東北大の住井英二郎准教授が「大学は無期雇用を増やすのが難しく、現状では雇い止めになる恐れが大きい」と訴えた。
博士号を取得しても正規雇用で就職できず任期付きで働く「ポストドクター」の問題に詳しい近畿大の榎木英介講師は
「若者はリスクを取らない傾向があり、5年で首を切られる研究職は避けるだろう。
 本来、正規と非正規の格差をなくすべきで、法改正で問題は解決しない」と指摘した。

 改正案は非正規労働者の雇用安定を目的に今国会に提出されたが、審議入りは未定。
研究者を多く雇用する京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長が3月、古川元久科学技術担当相に
「若い研究者は将来に不安がある。既婚者は家族の希望で条件のいいところへ転職してしまい、優秀な人が先端研究の現場から逃げてしまう」と申し入れている。

ソース:毎日jp
http://mainichi.jp/select/news/20120422k0000e040113000c.html

2 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 14:50:49.53 ID:S+Lp/JmM
ピペド

3 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 14:51:41.84 ID:d3STjg5V
なにをいまさらw
ポス毒一万人計画からわかっていたこと。
こんなご時世にD行こうというのが情弱の証拠だお。
そんな情弱、研究にも向かないだろw

4 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 14:52:39.85 ID:37q5hBcZ
と任期切れしたピペドが申しております

5 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 14:56:27.91 ID:CkPMpdS+
そもそも研究者の世界がそういう世界だからなぁ。
有期雇用とか非常勤で食いつないで成果を出し続けて、実績を認められればどっかの大学なり研究所がテニュアとして雇ってくれる。

昔から研究者は、専門的労働者として一般の労働者とは異なる扱いを受けてきたはずだけど、
今回の改正では例外に入らないのかな。


6 : [―{}@{}@{}-] 名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 14:57:23.94 ID:3aAQFNBF
http://ip1.dmm.co.jp/detail.html?cid=migd00337

7 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 14:58:13.11 ID:xQ9iYHmx
一方中国や韓国では優秀な人材を大量にアメリカの大学に送り込んでいる
日本オワタな

8 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 14:58:29.31 ID:bp0yfjbn
たしかに特任〜とか特命〜って
肩書きの人が多いよな

まだ上が詰まってるし、枠そのものが減ってるから
当然と言えば当然だが

9 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 14:58:52.80 ID:Te3Dmpdd
ちゃんと成果を出せば契約更新してもらえるよ。
成果なくても定年まで居れた昔のほうがむしろ異常だった。

10 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:00:46.39 ID:W1Uny3Ic
優秀な人間は金になるところに行く、レベルが低いと実績を上げる事からがんばる必要がある。

むしろ良いことじゃね?

大体青色LEDでわめいてた中村なんてリーマンとして2000万も貰いながら一発当てたらその取り分も寄越せだぞ。
研究員も減らすよ。

11 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:02:14.16 ID:GVEAitUC
>>7
アメリカこそいつ首切られてもおかしくない状況で研究してるんじゃ?
アメリカがよいなら、この記事みたいな研究者の扱いで日本オワタとか意味不明なんだけど、馬鹿に言っても仕方ないか。

12 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:09:38.20 ID:37q5hBcZ
>>11
アメリカの研究者はいつクビになるかわからないってのはイメージだけ。実際には比較的安定している。
それに、アメリカのような流動性の高い社会で40でクビになるのと、日本のような過剰な雇用規制で
流動性が全くない社会で40でクビになるのとでは意味合いが全く違う。


13 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:11:49.61 ID:UZhyiQzG
上は終身雇用だからね
にもかかわらず大学は少子化でポスト減っている
だから若い奴にはチャンスは無いよ

今は研究者目指すのは馬鹿がやること

14 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:11:54.10 ID:BkZochg1
そもそも その何年間か雇って貰ったことに感謝すべきでは?


15 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:12:05.58 ID:ItD9/wnX
優秀な人はちゃんと常任のポジションを得てるよ
雇い止めになってる人は能力的にも相当微妙な人ばかり

16 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:13:14.55 ID:UVHYF1AY
>>11
>アメリカこそいつ首切られてもおかしくない状況

そこだけアメリカの真似してもしょうがないんだが。
言ってる意味わかる?
わかんないか、バカだから。

17 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:19:21.07 ID:rh99eHzq

  理系w

   by 文系支配者



18 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:25:28.62 ID:dnpEUcZA
日本のきついところは、訳の分からんのが教授になって、完全に自分たちのことしか考えてないこと

19 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:27:13.83 ID:BTfYqz5T
日本のネットで労働問題を騒いでいるやつは
100%キチガイ

20 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:32:16.14 ID:C1Ix3+HH
首なんかにビビるなよ
働かないのは気楽でいいぞ

21 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:34:10.37 ID:mQTSWApl
同意

22 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:35:14.31 ID:h22tGGQk
働かなきゃいけない教の衰退である

23 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:35:49.22 ID:Se+91/Cc
職がないのに高学歴化ばっかし推し進めてきた弊害だな
全ては天下り官僚と教育関係者の生活のためだけ

24 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:36:21.11 ID:Pm9l9mg1
自己責任だとおもうな。専門家志望なんだからそれぐらい自分で判断できないと。弁護士会計士もだけど。

25 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:38:14.87 ID:+1GvjK99
雇い止め→韓国へ行く


これが目的だろ

26 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:44:11.74 ID:ULRklmTP
>>23
その通り
だが、理系修士なら需要はある
メーカーも分野間違えると安泰じゃないからその道が正解かどうかは誰も分からないが

27 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:45:02.33 ID:YvwHwTfu
どこでも優秀な人間1人の裏に役に立たないのが4人いる。
優秀な人間1人雇うためにとりあえず5人雇うのが民間企業。
はじめから優秀なのを1人だけ雇おうとするのが大学。
そんな都合のいい状態が長続きするわけが無い。

28 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:46:33.11 ID:Ce1wh9IX
最先端(笑)
2番の国に用はない。恥になるだけだ。世界に聞いてみな。

29 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:48:01.06 ID:uGk7qf9a
>雇い止めになってる人は能力的にも相当微妙な人ばかり
研究職にとどまれないけど、それ以外の分野で生かせる職があれば
吸収できるんだろうけど、ないんかな

30 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:52:33.16 ID:EVEqXSG4
今の日本で医学部卒以外でそのまま博士課程に進んで研究者目指すのは、
ほとんど自殺行為に近い。就職できなくても食っていけるアテがあればいいが。

31 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 15:54:37.77 ID:48J1r63u
日本は国の研究機関の予算が少な過ぎる
民間に任せ過ぎなんだよ

32 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:01:41.13 ID:08C9G9ok
>>31
文系にあらずんば人にあらず

33 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:05:02.70 ID:NvBk+nSl
>30
就職したらしたで金儲けのこと考えられないから使えないったらありゃしない。
屑ですわ。

34 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:08:25.43 ID:YvwHwTfu
>>31
人件費は研究費に含まれないとかわけのわからない計算してるから。
1年で1千万円の研究計画立てろといって物買うもの+外注費だけリストアップして、
自分の人件費いれない計画立てて許されるのは大学とか国研だけ。

35 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:08:54.98 ID:48J1r63u
>>32
理系でも普通に就職する分にはいいけど、博士が悲惨なんだよなぁ・・・
悲惨なのがわかってて博士になる人をバカって言うのは簡単だけど、本当に癌でバカなのは国だと思う

36 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:15:38.38 ID:pIS/YD5/
>>1
>既婚者は家族の希望で条件のいいところへ転職してしまい

研究したいなら結婚するなと言っておけ。

37 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:16:44.62 ID:YvwHwTfu
>>33
任期制のオーバードクターが牢名主のように研究室に陣取って「研究者が最高」とか洗脳してるから
最近は修士卒でも研究志向が変に強すぎて非常に使いにくい。

38 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:16:46.96 ID:bsDubcQg
大学院分の奨学金返済を免除した方がいい。
職がなくて借金だと自殺者が余計増える。

39 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:17:23.59 ID:DZiCingU
コストばかりで利益の見込めない基礎研究なんてものに
税金を使うことがそもそも間違ってる


40 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:21:18.93 ID:J8FxTNFH
つか、研究者で終身雇用って方がおかしいだろ。
だいたい何だよ『雇い止め』って。

雇用契約の解除が嫌なら自営業になりゃ良いじゃん。

41 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:26:13.49 ID:Pm9l9mg1
欧州との共同兵器開発は研究に新しい位置づけをもたらすはず。国家→自由→資本→国防という環流はウヨサヨや基礎研究のあいまいな意味定義をある程度正してくれる。喜べおまいら。

42 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:27:58.57 ID:axED2WQJ
雇用規制を緩和して非正規雇用規制すれば良いだけなのにな!

ゴミ屑労組を守りたいだけの民主党

43 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:30:33.36 ID:6AYSir+0
小泉改革のときから日本破壊が始まったんすよ。ミンスになっても同じこと。

44 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:44:03.32 ID:56v24UfI
政府が率先して若者の非正規労働者化を
薦めているようなもの
若者の間での格差はひどいものがある

45 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:44:56.84 ID:xLIzvTlh
>>38
逆。高利にして借りないようにするか、入学前から就職先決まっている奴にしか貸さないようにしたらいい

46 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:46:43.64 ID:J8FxTNFH
>>38
ただの就職浪人に金を貸す方が悪いと思う。
何が『大学院生』だよw

47 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:47:33.20 ID:W1Uny3Ic
小泉を叩いているバカがよりいっそう日本を危機に陥れる。
小泉改革を推し進め雇用の流動化で生まれる能力による格差こそ真の正義。

48 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:48:12.23 ID:M6hJf6Bi
>>46
理系の修士課程はむしろ「進まないほうが落ちこぼれ」だがな。

49 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:48:41.45 ID:bsDubcQg
>>45
>>46
そんなことしたら海外に研究者の卵が逃げて行くぞ。
ほとんど無駄なことでも、お金を出すべきところは出さなきゃどうしようもない。

50 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:49:15.43 ID:UXsvFEGQ
>>1
> 博士号を取得しても正規雇用で就職できず任期付きで働く「ポストドクター」の
> 問題に詳しい近畿大の榎木英介講師は「若者はリスクを取らない傾向があり、
> 5年で首を切られる研究職は避けるだろう。本来、正規と非正規の格差をなくすべきで、
> 法改正で問題は解決しない」と指摘した。

コイツは馬鹿か?

アメリカ、カナダの大学にも終身雇用資格tenure(テニュア)ってのがあるだろうがwwwww

51 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:52:47.94 ID:J8FxTNFH
>>49
むしろ、今の日本は無駄なことに金を使いすぎている。
その結果が1000兆円という天文学的な借金だろ。

不良債権を切り捨てるべき。

52 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:53:31.36 ID:pTrGkInK
>>39
逆逆。すぐ儲かるような研究は民間でやってるから放置してていいの。
いつ何の役に立つのかわからないような基礎研究こそ国が金出さないとダメなんだよ。

53 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:53:38.61 ID:AqxiIeLm
今さら何を言ってるんだ

54 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:55:40.54 ID:xLIzvTlh
>>49
じゃあ、最悪でも食える資格をカリキュラムにいれとけばいい。

例えば、教員免許とか看護師とか

55 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 16:58:39.86 ID:A2t5zIFv
>>39
>コストばかりで利益の見込めない基礎研究

だからこそ税金使ってやるんだけどね
君にはわからないだろうね

56 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:01:20.49 ID:J8FxTNFH
>>55
血税を何だと思ってる。老害と何ら違わないじゃないか。
一度、この手の連中が本当に社会貢献しているのか調べた方が良いと思う。

もしかすると、社会主義テロリスト予備軍かも知れん。

57 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:01:25.73 ID:JuLgH3E8
どうでもいいニュースだな。
研究職は結果がでなければゴミだろ
結果を出せばどこかで必ず雇ってくれるはずだ。



58 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:03:35.62 ID:CRTxoHTH
教員をやりながら研究やればいいじゃん。
研究に没頭したいなら貧乏なのは仕方が無い。

59 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:15:22.25 ID:MHqZ43EV
そのうち大学院生すら世界であまり気味になる

60 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:18:49.14 ID:pczsp1bk
いつまでもビーカー遊びして高給を貰える時代は終わってるだよ。
高給に見合うとはそういうことだよ。
商品でも給料でも高給に見合わないと存在価値なんて無いだろ。

61 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:19:32.27 ID:0lA+KdAI
アメリカも研究者は悲惨
だから白人は避ける
理系学部卒→MBA取得→金融機関就職
このアメリカ白人理系はこのパターンが非常に多い

62 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:24:42.75 ID:nMQ6yMRl
( ^▽^)y━・~~

63 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:25:05.41 ID:nuFnJuTP
>>56
君は実に馬鹿だな

64 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:25:51.42 ID:/tTHor8e
貴重な血税つかってるんだから採算度外視はありえないな

65 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:28:42.41 ID:j6aUqakE

>>若者はリスクを取らない傾向があり、5年で首を切られる研究職は避けるだろう。

リスクに見合うリターンが期待できないからでしょ。

66 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:30:01.61 ID:CVbrZEZN
なんか、よく分かっていない人の議論が多いな。
分野によって、状況は違う。
特に人も割合からいっても状況が厳しいのは、natureやscienceにファーストオーサーの論文があっても
テニュアをゲットできるとは限らないバイオ関係なんだろうな。
俺の分野(医学とかではないよ)なら、普通にまともならアカポスげっとできる。

67 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:34:44.49 ID:s/2cW8Zf
企業が数年先の研究しかできないから、国として研究するなら、数十、百年先の事を研究するのは当たり前だと思うが。国が基礎研究しなくなったら、先細りになるのは明らかだろ

68 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:34:56.63 ID:QHTcS2a2
>>66
つうか、最近学生も博士行きたがらなくなったからな。
はっきりいって就職できない人間の吹き溜まり。
機電系なら、逆にまともな対人能力持ってる人間が行けば(まわりがあまりにも
レベル低いので)楽勝的になってきてる。

69 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:38:46.82 ID:WNUwwXuD
俺の分野でも人は減り気味で人探しで苦労している
アカポスはタイミングがあるのでなれるとは限らん
いい大学のいいポジションをいきなりほしいという奴は多いが・・
研究できれば大学教員できると思うのは間違いだしな
日本は採用とか異動が手間がかかりすぎだよ

70 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:42:03.55 ID:QHTcS2a2
まぁ、いくら優秀でも、鬱になったり大病した場合、セーフティーネットが一切ないので
ある程度人生まともに考えてる奴は行かないけどな。
博士後期以降は学歴ロンダの山師と、内進なら引き篭もり気質の人間ばかりのかなり異様な空間。

71 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:46:41.68 ID://wbSwJa
博士行かなくても
企業で研究出来るし、その方が待遇いいのにね。

リスクを取るならそれに見合うリターン(金)があってしかるべきだか、
そうは見えないんだよなあ。



72 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:53:03.48 ID:ussNwkCZ
組織に永久寄生しよう、みたいな昭和的な考えは未だに根強いのな
分野関係なしに

73 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:55:49.04 ID:QHTcS2a2
>>71
企業に研究職入社なんてやめたほうがいいよ。
まじめに研究しだすと、製品化で事業部に異動になるし、
まじめに研究してないとリストラでど田舎の子会社にとばされるから。
自分の専門にあった事業部に技術職で入って研究職使い倒す方が正道。

74 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 17:56:52.74 ID:WNUwwXuD
研究者としてほしいのは対人能力があって研究能力がそこそこあるやつ
博士に残ろうとするのの8割は対人能力がほぼゼロで言われたことしかできないやつ
このミスマッチの解消がなぁ・・
博士研究員がいないので修士あるいは学卒の研究員にしてみたら普通に使えるんだよ
キャリアアップを考えてやらねばならんが・・・

75 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:03:03.72 ID:2UrS6hfV
日本は何を基幹産業にしてるのかな
やはり自動車 電化製品なのか
そこらへんがぼやけてきてるように思うんだけどな
国が基幹産業を具体的に示して研究・開発のバックアップするといいのにね


76 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:04:55.73 ID:RC2NyTXQ
研究したいんなら修士修了で大企業に入ればいい
やりたい放題だから
博士にこだわってると悲惨なことになるよ

文系か知らんけど


77 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:07:28.95 ID:BJb98NX3
若手研究者と業務委託契約を結ぶ研究機関が増えそうだな
「○○に関する研究を委嘱する」なら、成果が出なければ報酬を払う必要もないわけで、名ばかり研究員が激増しそうな悪寒


78 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:10:10.49 ID:QHTcS2a2
>>74
2割、8割の法則で企業はその8割を抱えながら組織回してる。かつて大学も万年助手を抱えてた。
いいとこ2割だけ吸ってあとはポイみたいなことは一時的に効果あってもいずれは破綻。
2000年前後にうまい汁吸った団塊教授連中の後始末が今になって回ってきてるだけ。

79 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:10:23.78 ID:WNUwwXuD
金はあるけど消耗品にしかつかっちゃだめ
人件費は当初申請から変えられません
こういうの何とかしてくれよ
旧帝大のポスト以外嫌だとかいうの多いしな
出てったら二度と戻れない能力ってことでもあるが・・・

80 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:14:33.43 ID:UAgInviY
ベンチャーがあまり育たない環境の日本じゃいたしかた無いのかも知れない。

81 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:15:42.27 ID:QHTcS2a2
>>76
修士で入社:博士号持ってないことが引け目になって鬱屈
「俺は博士号持ってないからこんな研究しかやらせてもらえない」とか僻み発言多数。
博士で入社:博士号持ってない上司からいじめらてると感じる
「俺は博士号持ってるから妬まれてこんな研究しかやらせてもらえない」とか被害妄想発言多数。

82 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:16:06.89 ID:ijZeAil3
馬鹿みたいに大学増やしたのにポスト不足かw
いや、増やしたからか?

83 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:16:59.00 ID:hYGKK8we
>>80
知的財産権の関連でアメリカだと博士がベンチャーを立ち上げて
倒産させてもトントン以上になると2カ月ほど前の月刊化学か現
代化学の記事で読んだ

84 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:18:19.15 ID:UXsvFEGQ
>>80
トヨタもソニーも創業当時はベンチャーだ。

革新官僚や共産主義者による統制経済、護送船団方式、
ぶっちゃけ社会主義国となった1940年体制がすべての元凶だ。

戦前の日本の法制度は、現在よりもはるかに自由主義的だった。

85 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:19:15.76 ID:b5QQSTXQ
優秀な人は海外で博士取るしかないのか

86 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:21:50.27 ID:ijZeAil3
今は研究自体にそんなに魅力あるのかねえ。渡部昇一ではないが。。。

87 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:23:30.90 ID:K1dYCgoX
【話題】 修士、博士になっても就職できません! やがて哀しき大学院生 「高学歴ワーキングプア?」
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1333320150/

88 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:28:32.30 ID:QHTcS2a2
>>86
今の時代、金になる事業はシステム領域中心。システム領域の研究は研究者の能力だけでなく、
それに関連する多くの人間のマネージメントが必要。苦労して専門馬鹿集団マネージメントして
年収900万位なら、同じマネージメントするんでも文系企業行って年収3000万円稼げる。

89 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:28:32.53 ID:7CPW6O8Z
特任とか特命とか派遣以下の待遇なのに、いつまでしがみついてるんだ?

90 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:32:27.41 ID:ijZeAil3
>>88
以前よりも企業社会のほうがより自己実現的知的になり
研究者はむしろ疎外の問題が出てきてるようにも思える。


91 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:33:07.31 ID:UAgInviY
>>84
高度経済成長の際はそれで良かったんだと思うが、変化に対応出来ないからぐだってるんだろう。
まあ、ぶっゃけ官僚が腐っちゃったからって事だと思うが。

92 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:33:47.96 ID:tLmxFaGK
亡国政策そのもの

93 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:36:57.12 ID:QHTcS2a2
>>89
30代だと、大企業は20代で研究職採用した人間を事業部に放出してる時期でまず研究職中途で採らないし、
あとは、いきなりITブラック企業にSEとか技術営業で行くしかないので、なかなか行く気にならないでしょう。
実は待遇自体そんなに変わらないので、プライドさえ邪魔しなければ順応できるんですけどね。

94 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:39:46.64 ID:QHTcS2a2
>>92
自分も政策が悪いのかなぁと思った時期あったけど、そもそも自分は専門家だから食わせろ的な考えがいつまでも
抜けない連中ばかり、アカデミックな世界に残ってしまってるの見ると、一度上から下まで殲滅してからじゃない
と、だれがどんな研究者支援やっても効果ないんじゃないかとも思ってる。

95 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:41:40.54 ID:VoQA41P7
そもそもいったん正規採用職員になれば、レフェリー付の論文誌に何年も研究発表しなくても
安泰でいられる仕組みに問題がある。

大学や官立研究機関職員の6割以上は無能。
民間企業研究者でも4割以上はただ飯食い連中だが、それ以上増えすぎるとソニーやシャープのように倒産しかかるし
あるいは三洋のようにきちんと倒産する。

営業職と同様その成果が最も捕捉しやすく、真に能力給が相応しい職種にも関わらず、その実態は事務職以下の平等制。
こんな職制では一度ぶち壊してポイしなきゃ何ともならん。

96 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:42:29.41 ID:ZprIcBuo
博士は取っとけ

97 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:42:36.00 ID:xPX0Z8Zr
学者の世界でもそろそろ終身雇用をなくすべきだな

98 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:43:25.05 ID:QHTcS2a2
>>91
官僚支配という意味では高度成長期のほうがよっぽど。
昔ながらの「研究」という概念自体がとっくに成立しなくなってるのにそれをいつまでも
研究者自身が守ろうとしてるからおかしくなってる。
海外ではMOTとかの観点含め大規模な研究リーダーはMBA取るくらいの勢いなのに。

99 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:44:37.41 ID:ijZeAil3
MBAってまだ流行ってるのかね。

100 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:44:48.30 ID:xPX0Z8Zr
モリタクみたいな学士しかないお笑い学者が、一度教授になれば
終身雇用なんておかしいわ。

101 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:46:13.40 ID:OjeZqiNu
団塊Jrはムダに人数多すぎるんだよ。海外行け

102 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:49:22.20 ID:UAgInviY
>>98
高度の時は腐っても鯛感が少しはあったが、今は腐ったゴミだから。

103 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:50:56.76 ID:wPaIL26g
誰も若い奴に研究者になってくれなどと頼んでも強制してもいないのだから、すべて自己責任でいいでしょ。
今がどれくらい厳しいかは知らんが、優秀な人なら大抵はなんとかなるものだし、優秀な奴以外は生き残る必要もない。
こいつらの自尊心を満足させるポストを作るために、税金使うとか絶対にやめてくれ。
そんな余裕はないし、税金はもっと困っている人たちのために使うべき。

104 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:51:37.97 ID:xPX0Z8Zr
大学の雇用は、日本的雇用の縮図みたいなところがあるな。
雇用が硬直的。上が詰まっていて、新しい者がなかなかポジション
を得られない。労働市場の二重構造がある。

一番非効率な所だけど、世界的に改革していかないと駄目だろう。



105 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:52:23.23 ID:Tha+k8iB
>>84
日本は失敗が許されないからベンチャが育たないって意味だろ
ところが トヨタも本田もスズキもヤマハも”やらまいか”という
失敗上等文化がある浜松周辺が発祥だったりする


106 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:52:49.95 ID:JwGCE2Xf

研究してれば 飯が食える

甘い連中が多い世の中になったもんだ



107 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:53:53.65 ID:UAgInviY
>>106
パチンコだけしていれば飯が食える世の中なんだししょうがないんじゃないか?

108 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:54:21.55 ID:ijZeAil3
まあそうだねえ。行き場のない進路もあるってだけのハナシ。

109 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:58:39.58 ID:UXsvFEGQ
>>1の近畿大の講師も、自分はちゃっかり医学部へ逃げて、NPO法人立ち上げて、
政治ごっこ、労働運動ごっことかマジウケルwwwww

110 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 18:58:45.39 ID:9wRgd+HW
年寄りの保護を目的にした制度なのに、
若い奴らにあれこれ言うのはお門違い。
まず役に立たない年寄りは身を引け。
話はそれからだ。

111 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:02:03.32 ID:KOKph2bu
>>106
現状を知らずに書き込む情弱発見

若手研究者の待遇は以前に比べて、ぐっと悪くなってる
15年前は博士号を取れば助手になるのは簡単だったけど、
今は博士号を取れても助手になるのは倍率が高くて非常に難しい
ものすごく優秀なトップの人だけが助手として残れる現状なんだけど
これだと10年後に日本の技術を大学で指導できる人が減りすぎると思う

112 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:05:12.84 ID:hP9hzNuJ
>>9
それができないようにするのが今回の改正だろ

>>109
こいつが講師か・・・近畿大\(^o^)/


113 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:05:52.33 ID:ijZeAil3
10年後には海外でも院卒人材が余ってるんじゃないのかw
人材不足にはならんだろう。

114 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:07:08.59 ID:J8FxTNFH
>>111
博士号のハードルが低くなり過ぎたんだろ。
日本の大学は完全に形骸化しているよな。称号を金で売っている。

これじゃ博士市場が飽和して当然だよ。質も下がるだろう。

115 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:08:57.12 ID:VE+GYgNv
これからの時代、無能な若者は速やかに自殺するべきだ
生きていても社会のお荷物であり、同時に生きている時間はどん底で喘ぐ苦痛の時間でしかない


116 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:10:01.46 ID:QFkG5fIL
本当のことを書きすぎて東大A島研にいられなくなった伝説の
榎木日記の筆者が生き残って講師になっていたのかw


117 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:10:13.60 ID:ULRklmTP
1000兆も国の借金あるのに
補助金が絡むところはろくな事にならん

118 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:15:54.63 ID:QFkG5fIL
>>114
そういう面もあってとんでもなく能力の低い博士がいることは確かだが、
一昔前ならとっくに教授になっているような業績の持ち主でも先の見えない
任期付きポジションのままになっている。
それと今の50ー60代くらいが若手だった頃は、もっと上の世代が
寛大だったおかげで講座制の中でも自由に自分のアイデアで研究してた
人間も多い。
今は>>1にある時限付きプロジェクト研究ばかりになったせいで若手が
自分のアイデアで研究するというより、若手が年寄りの手足になってる
場合が多い。

119 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:20:09.03 ID:fgMlDCSX
もともと任期つきってのは、今の60代あたりまでの、勢いで教授になれちゃった世代を
教授にふさわしいか、そこもちゃんと審査しようってことだったんだが
会議をしきる教授陣の大反対で、新規の若手だけに厳しくなっちまった
ほんと老害は手に負えない

120 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:22:30.74 ID:QFkG5fIL
>>103
>誰も若い奴に研究者になってくれなどと頼んでも強制してもいないのだから、すべて自己責任でいいでしょ。
>今がどれくらい厳しいかは知らんが、優秀な人なら大抵はなんとかなるものだし、優秀な奴以外は生き残る必要もない。
>こいつらの自尊心を満足させるポストを作るために、税金使うとか絶対にやめてくれ。
>そんな余裕はないし、税金はもっと困っている人たちのために使うべき。
定年して収入のない老人(たしかにもっと困っているわw)の福祉のために税金を
取られるようになったから、金がなくなってるんだぜ。社会保障費は毎年1兆円ずつ
増えている。国公立大学への投資は毎年1%ずつ削られている。
少子高齢化を考慮しても、日本国としてそれでいいのか?

まあ、そういうおれは帰る気がしないからアメリカで雇われているわけだが・・・。


121 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:22:55.43 ID:y+vcGivW
この10年で明らかに大学の研究レベルが落ちてるよな・・・。
竹中慶応大学教授とか、重大な責任があるんだが、
慶応大学は何でこいつに教授として年間で莫大な金を渡してるんだろう。

慶応大学の学生て、その存在が恥じゃねーか?


122 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:25:31.33 ID:KOKph2bu
>>114
いいや、増えた分が職にあぶれてるのではなくて、
昔なら当たり前のように助手になれるレベルの人が食いっぱぐれてる

国立大学の予算を減らす弊害をちゃんと理解して欲しいと思う

123 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:26:40.09 ID:CVbrZEZN
首都大学は教授も(形式的には)任期制だが、コアとなるレベルの研究者で、よい人をとれていない。
公募で人を取ろうとするときは、「任期制も実際にはちょっと違うんですよ」みたいな苦しい説明をしている。
競争力のあるよい研究者が、それにふさわしい待遇も与えない機関に行かないのは自然の成り行き。


124 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:30:08.79 ID:KOKph2bu
欧米だと世界中から優秀な教授をスカウトするためにそれなりに高い給料を提示する。
でも日本だと(外国や私立に比べて)安い年俸しか出せないので、本当に優秀な人を
雇えないという現状がある。

今の日本の国立大学は「給料は安くても好きな研究をさせてくれればいいや」という
ある意味でボランティアで支えられる感じ。

125 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:30:13.24 ID:ijZeAil3
>>122
海外は私立はいやですかw

126 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:33:14.01 ID:KOKph2bu
>>125
嫌でない研究者がたくさんいるのでがんがん流出してますが何か?

127 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:37:28.77 ID:BjwsGEsa
爆破弁のような教授になるなら海外に行ったほうがええやん
どんどん流出させよう

128 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:41:21.28 ID:Br6FeuQ4
海外に流出するのでは?というのは任期付きが普通になり始めた1990年代後半
から言われてるが、15年くらいみてみても、結局ヤマっ気の多い奴が海外行っ
て大半は大した業績もあげずに帰ってくるというのは全然変わらない。
海外の方が給料高いとか言っても、それは上まで言った場合の話で、日本の
有名研究室から来たというプレミアムが通用しているうちはいいが、メッキが
はがれたあたりで居づらくなって逃げ出してくるのも相変わらず。
むしろ、海外に言っていたというのが普通になったことから海外帰りがなんの
宣伝にもならない。

129 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:44:24.51 ID:Br6FeuQ4
>>122
今のキャリアパス的には助手(というか、助教)になるのが幸せでは無く、
ものによってはポスドクやってたほうが良かったりするのでその辺は何とも
言えない。

つうか、昔から助手の上がつまってて何ともならないなんてのも普通に
良くあるはなしでしょう。

130 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:46:24.44 ID:fep4TwZd
『資本論』 カール・マルクス

資本主義のもとでは、一方で資本家の側には富が蓄積され、他方で賃金労働者の側には貧困が蓄積されていく。
資本主義の発展に伴って、生産は次第に大きくなり
自由競争は独占へと転化する。依然として富の取得は資本家が独占し私的なままであり
資本家と賃労働の間の格差、矛盾はますます大きくなる。
この矛盾が資本主義の「終焉の鐘」となる


131 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:47:32.04 ID:K6LfqZ0C
>>109
ちゃっかり逃げたじゃないよ
理学部でPhDを目指したけどいろいろあってやめただけ
それでも諦めずに学士入学したからまだマシだよ

132 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:50:30.90 ID:QFkG5fIL
>>128
>むしろ、海外に言っていたというのが普通になったことから海外帰りがなんの
>宣伝にもならない。
だから、帰ってこないでそのまま向こうで研究室主催するのが増えてると思う・・・
今の5,60代は2−30代で留学して、ほぼ全員帰ってきて日本に貢献したと思うが。
(彼らが年を食ってからの振る舞いには批判もあるだろうけどw)

133 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:51:39.74 ID:QFkG5fIL
>>131
>理学部でPhDを目指したけどいろいろあってやめただけ
榎木日記のことだな!


134 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:54:08.47 ID:CVbrZEZN
>>131
「いろいろあってやめただけ」?
本人ですか?

135 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:54:27.94 ID:K6LfqZ0C
>>133
過去レスみるとキミ知り合いかも・・・

136 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:54:38.96 ID:yYT2nMXc
>>1
元々そういうものだろ


137 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:56:06.10 ID:Br6FeuQ4
>>132
まだ、ポスドク1万人世代以降が教授になる年代じゃないでしょ。
あの辺の海外行き組はひっそりと帰国して関係ない分野のポスドク
やってたり、民間企業に就職してたりと散々な感じだが。

138 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:56:42.99 ID:K6LfqZ0C
>>134
本人じゃないが本人の知り合いかな、とでも言おう
言い過ぎると特定されるかも

139 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:57:38.09 ID:xPX0Z8Zr
大きく3点ほど申し上げたいんですけれども、まず第1に、
小中高大、そして新卒一括採用、雇用、そして、高齢者向けの
社会保障といった、単線型といいますか、一方通行型と
いいますか、教育と雇用と社会保障が一列縦隊型で進行してきた
社会が、もう壊れているんです。にもかかわらず、そうした一方
通行型社会の、いわば残像とでもいうべきものが、子どもや若者
を苦しめているということは否めないのではないかと思います。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chukyo/chukyo2/siryou/1319227.htm

140 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:58:22.75 ID:CVbrZEZN
本来、廃止ないし定員減にすべきだった農学系が、バイオとか調子のよい
言葉でドレスアップして居座っちゃたからこういうことになったと思うのだが。


141 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 19:59:25.74 ID:LKn3y2YC
>>114
社会学系は依然としてハードルが高いよ。
たしか、3割ちょいでしょ

142 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:03:11.86 ID:Br6FeuQ4
>>111
> 15年前は博士号を取れば助手になるのは簡単だったけど、
15年前(よりもう少し前)はそもそも博士にほとんどいかせなかった。
博士の学生いるとむしろ研究室的には負担だったので本当に後継者にしたい人間
しか教授が進学認めなかった。ポスドク1万人化以降、研究費配分が学生の頭数に
強く依存するようになり、博士課程は希望すればほぼ進学できる状態に。

> 今は博士号を取れても助手になるのは倍率が高くて非常に難しい
博士行く人間が増えすぎたので当たり前。

本当は産業界に博士を送り出して科学技術レベルをあげるはずだったのに、
博士課程で旧来の後継育成のやり方でしか研究活動させてないから産業界
に出せないようなのしかいない。

143 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:03:42.86 ID:UXsvFEGQ
>>131
本人の言い訳乙wwwww

144 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:05:38.41 ID:CVbrZEZN
>>138
本人のようだ

145 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:07:42.65 ID:PHf8gveo
え?
10年以上前から同じ状況だったと思うが?
知り合いが東工大出て産総研に入ってたけど
1年だか2年更新って言ってたぞ?

146 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:09:46.88 ID:K6LfqZ0C
>>143
本人じゃなく、一部始終を知ってるだけ
つーか、おれも任期付きの身分だから、榎木が羨ましい
D論などやめても学士入学に行けば良かったorz

147 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:11:14.05 ID:AKM9EGbO
地方国立や私大の
博士課程はいらんだろ
廃止しろ
税金の無駄

148 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:13:33.77 ID:KOKph2bu
>>129
分野によるとは思うけど、昔と状況は異なり、
若手には厳しい状況だと認識している

149 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:13:35.93 ID:CVbrZEZN
>>146
そういうことにしたいなら、そいうことにしようか
別に対して興味はないから

150 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:15:43.97 ID:KOKph2bu
>>142
もう一度書くけど、(少なくても私の分野では)増えた分があぶれてるのではなく、
昔なら当たり前のように助手になれるレベルの人があぶれてる
だから博士に行く人が増えたのが原因ではない


151 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:18:57.24 ID:k4KR7btB
>「若い研究者は将来に不安がある。既婚者は家族の希望で条件のいいところへ転職してしまい、優秀な人が先端研究の現場から逃げてしまう」

優秀な人がいないなら更新は無理だろ

152 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:20:51.88 ID:Br6FeuQ4
>>150
昔なら当たり前の様に助手になれるって、同じ人間を同じ環境で
比較してる訳じゃないし。
論文本数やI/Fで比較してるのかも知れないけど、そういう目に見えた
成果増やすこと中心に活動してる今の世代と、そういう外部成果よりは
中長期的な研究室やら狭い関係分野への内部的な貢献問われた昔の世代
とは違うわけで、逆に言えば今の世代基準で15年くらい前の世代と同じ
くらいの成果しかあげてないんじゃ平凡なだけでしょ。


153 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:24:08.08 ID:KOKph2bu
>>152
現場で研究を指導している立場なら(私はそうなんだけど)
業績やI/Fだけではなく、主観的に感じる「優秀さ」が分かると思うだけど、
そのレベルで「優秀な人があぶれてる」と言っている
決して平凡ではないよ

154 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:26:16.72 ID:95DK4Nig
トライアル雇用制度で企業は国から100万の補助金貰って本人には月10万だけ渡して3ヶ月目に雇い止め
企業は差額分1人あたり70万の儲けが出ましたとさ

おしまい。

155 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:26:24.34 ID:1yrHjBwu
業績は並み程度ですんなり入れた私はタイミングが良かったとしか言いようがない。
後輩で私より優秀な人があぶれてしまっている。

156 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:27:42.61 ID:HZ2WepHz
>>153
お前自分が何言ってるかわかってるのか
15年前の人間と今の人間を客観的に比較できるなんてすさまじい能力だぞ
妄想じゃないならそれは超能力だからしかるべき研究機関に申し出て
調べてもらってください。


157 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:29:15.14 ID:sm38X/0A
優秀な人材なら任期中にアカデミックポストを確保するだろう
よって、切られる人は優秀ではないと論理的に証明されます。

158 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:29:28.87 ID:Br6FeuQ4
>>153
15年間たって、社会の変化や、科学技術の動静、自分の所属する研究者集団の
専門性の変化も、そして自分自身の変化もあるのにね。

そうした変化が感じられないような時間の流れが止まった分野なら、見捨てられ
始めてるから定員の割り振りが減ってるだけでしょう。

159 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:30:03.29 ID:ijZeAil3
大学でしか使えねえのに優秀とか言われても困っちゃうな。

160 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:30:32.57 ID:KOKph2bu
>>156
>>153 で「主観的」と書いたのが目に入りませんか?
見えませんかそうですかw

161 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:31:33.29 ID:HZ2WepHz
>>160
あ、ごめん見てなかったわ。
じゃあアンタの主観的評価に何の意味があるの?

162 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:32:39.10 ID:KOKph2bu
>>157
それは「ポストの数が同じ」という前提で成り立つ話

163 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:32:44.78 ID:CVbrZEZN
俺の分野は、本人がそれなりに優秀でまともならまず大丈夫だな。
コンスタントに社会的需要があり経年劣化しない分野という長所と、
修行に時間がかかり本人の才能もそれなりの必要という点が強みだな。
いったんあるレベルに達した人材は数が限られるので価値がある。

164 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:32:58.77 ID:Br6FeuQ4
>>159
それこそ、「主観」で自分から見て優秀な人間が15年前に比べてポストが
無いって思いはじめるのは、人の事心配するよりも、自分の研究分野の重
要性が落ちてきてる事を心配したほうがいい。

165 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:34:10.66 ID:Mb/TbgmM
無期雇用の研究者になるための3つの道
---------
@熾烈な競争を勝ち抜いて教授にのぼりつめる
A国1、国2等の公務員試験にパスして独法、官立の研究所に入る
B研究施設を有する民間企業へ正社員として入社し、研究所への配属を希望する
---------
それができる人が勝ち組で、できない人は皆負け組。
学位や研究能力も大事だけど無期雇用を勝ち取るには自分の足場を固める努力(@〜Bのどれか)が何より大事。
足場を固める努力をせず、ただあちこちの研究機関を浮遊するだけの人は悪いけど世の中を甘く見ているとしか思えない。
今になって「正規と非正規の格差をなくすべき」って…、後出しじゃんけんと同じくらいたちの悪い発言には笑ってしまう。
無期雇用と勝ち取る競争は公平なものでなければならない。
競争に負けたヤツは一生、雇い止めの不安と隣り合わせで生きていくしかない。

166 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:35:17.12 ID:KOKph2bu
>>161
現場の主観的判断以上の材料があるなら、教えて下さいw

現場を知ってれば分かると思うけど、大学の人事は複数(5ー6人)の教授が
客観的なデータと主観的な判断で人事選考するんだよね
で、意外に主観的判断がずれることは少ない(私の職場では)

167 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:36:28.20 ID:KOKph2bu
>>164
確保してる予算規模は増えてるので、それは無いな

168 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:37:54.26 ID:hcWDkXnI
教授が退任しないから若手にチャンスが回ってこないんじゃないの?

169 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:39:33.90 ID:Br6FeuQ4
>>165
@はともかく、他は微妙。
Aはポスドク上がりに牛耳られて事務スタッフに転身
Bは30歳過ぎたら事業部に異動させられて技術営業として客先まわり。
まぁ、@もこの調子でいけば今の連中が教授になる頃には教授も任期制ばかり
になりそうだが。

170 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:40:37.15 ID:HZ2WepHz
>>166
現場の声が実際の人事に届いてるのはいいことだね。よかったね。
でもそれは単にズレが出過ぎないように政治的決着してるだけだろ。
どんだけ世間知らずなんだよ。

171 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:41:24.35 ID:KOKph2bu
>>168
それは(原因のほんの一部だけど)確かにある
定年が60歳から65歳にあがったからね

でも、博士課程を修了してからだと就職が遅いから65歳定年でも良いと思うし、
学会への影響力が大きい60歳の教授を学外に出すのがもったいないのも確か。

172 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:41:45.98 ID:Br6FeuQ4
>>167
そこまでの環境で優秀な人間雇えてないってことは、結局、
あなたをはじめとしたその分野の指導層が無能なだけにしか見えませんが。

173 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:43:36.65 ID:KOKph2bu
>>170
「どんだけ世間知らずだよ」の根拠は何ですか?
後付けでズレをなくしてるのではなく、無記名投票しても差があまりでないんですけど

174 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:44:44.17 ID:u22QDMTz
大学や研究機関の研究者における「研究力」ってのが、どうにも信じられない。
なんつーか、本末転倒な研究や論文体裁整えるだけの研究みたいなのが多すぎるし、
研究もチンタラやってて進みが遅い。研究の価値だったり、効果性なんか全然考えて
ないよね?工数の概念も無く、簡単な実験・検証にバカかと思うくらい時間かけたり。
大学との共同研究の経験もあるが、こういうプロジェクト推進の要領だけじゃなく、単純に
自分の分野についても知識が足りてないセンセイや研究者が多すぎ。
大学の研究者は、民間で5年くらい揉まれてからなれるようにした方がいいと思うわ。

175 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:46:46.46 ID:Br6FeuQ4
>>170
・自分たちの分野には予算は十分にある
・自分たちの主観で15年前の助手と比べても優秀な人間にポストが無い
・自分は現場で研究を指導してる立場である

・・・どう考えても>>153が当分野の諸悪の根源。

176 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:48:06.28 ID:KOKph2bu
>>172
ポストの絶対数が減ってるので、無能か優秀かに関係なく雇える若手は減ります

177 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:49:00.93 ID:HZ2WepHz
>>173
別に世間を知らないのが悪いわけじゃないさ
俺の主観では君にはその手の優秀さを感じない。
そういう評価には案外ブレがないものさ。無記名投票するかい?

という煽りはともかく、その投票とやらの具体的な仕組みは知らんけど、
投票なんていうアクションが行われる時点で大抵の話は決着がついている。
そこで「投票しても」なんて言いだすのは少しズレてるじゃん。

いやしかし、実際現場が優秀だと思う人間と上に行く人間が大体一致してるんだったら
もうそれでいいじゃん。それ以上何が不満なのよ。
枠自体を増やして欲しいんだったらそれこそ政治的問題だよ

178 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:50:20.78 ID:g/BW3cm+
高校球児が全員プロ野球選手になれるわけないし
できるだけ早いうちにあきらめたほうが本人のため

179 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:51:24.25 ID:Br6FeuQ4
>>176
予算が増額されてるのにポストの絶対数が減ってるってのはそろそろ
まとめの時期に入っていてそろそろ精算する分野だと思われてるんだろ。

つうか、自分の分野の小さな話じゃん。はやくその優秀な人間囲ってないで
リリースして潰しが効くうちに他の分野にでもまわしてやれよ。

180 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:52:19.69 ID:KOKph2bu
>>177
> それ以上何が不満なのよ。枠自体を増やして欲しいんだったらそれこそ政治的問題だよ

なんだかなあ
枠自体が減らされてるから、「それでいいんですか?日本の将来を担う研究者が
減ってもいいですか?」と言ってるんだけど

> 投票なんていうアクションが行われる時点で大抵の話は決着がついている。

そうとは限りません

181 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:52:40.70 ID:Lb9EWJOh
>>154
月10万の補助が三ヶ月出て、その後雇用するなら50万
切るならそこで終わり
そこまで甘いなら幸せだわ
現実は使えない人間を教育するのは
無茶苦茶大変

182 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:54:06.40 ID:KOKph2bu
>>179
国立大学の人件費が一律に減らされてるのをご存じないんですか?
減らされた人件費を若手ポスト凍結で消化する割合は大学によって微妙に差があるけど

183 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:54:19.74 ID:ijZeAil3
使えない人間かw

単純な問題をややこしくするのが学問だろw

184 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:55:01.51 ID:idLrZt2J
確かに実力があるのに職にあぶれた研究者が多くなってるのは事実だよね。
一般論として社会のIT化が進むと研究開発分野以外にホワイトカラーの雇用
受け皿というのはなくなっていくんじゃないかな。
日本は研究者の雇用を増やして知財立国を目指せばいいと思う。
公的な研究機関を増やすだけではなく法人税減税で民間の研究開発も
促進されるようにしたら良い。

185 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:55:09.27 ID:Br6FeuQ4
>>180
予算が増えてるのに、アカポス用意してないってのは、自分たちが好き放題
やりたいから、研究費削ってまでそいつのポスト用意してやってないだけだろ。

お前ら自身がポスドク問題の原因だよ。

186 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:57:56.76 ID:KOKph2bu
>>185
予算には色がついていて、特任ではない教員を雇うのには使えないんですがね
事情を知らずに決めつけるのはやめて下さい

187 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:58:47.21 ID:HZ2WepHz
>>180
日本自体が沈没中であり、その中でどこも枠が減っていく、
その配分が正しいかどうかを決めるのは現場ではない。

誰が公平さ、妥当性を判断する?極々限られた分野の現場で物事主観で判定する人間か?
明らかに違うだろ。

188 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 20:59:21.43 ID:Br6FeuQ4
>>182
人件費増やすよりも、俺らの使い放題の研究費削るなと騒ぐからだろ。
競争的研究資金に対して、大学側が一律何割とか召し上げると大騒ぎしてるのは
それと同じことだよ。

本当は自分自身の人件費も含め研究費として獲得してくるのが当たり前になって
いいはずなんだがな。

189 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:01:49.31 ID:KOKph2bu
>>187
全体の公平さや妥当性を判断するのは政府と官僚でしょ。そこに口をだしたつもりはない

で、現場の人間としては将来の日本のために若手の研究者の
枠をなるべく減らさないで欲しい、という当たり前の要求をしているだけ

190 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:02:18.65 ID:Br6FeuQ4
>>186
事情知ってるからこそ、あまりに大学の指導層(を気取る連中)が無能さを
ここでまで晒け出してるのにあきれてるだけ。

その程度のセンスで研究「指導」してるからどんどん優秀な若手の
ポスト無くなってるんだよ。

191 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:03:06.06 ID:KOKph2bu
>>188
> 人件費増やすよりも、俺らの使い放題の研究費削るなと騒ぐからだろ。

全く逆ですね。
研究費は全く使い放題ではないし、研究費より人件費を増やして欲しいのが本音

192 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:04:57.13 ID:Br6FeuQ4
>>189
自分の結構当てになる主観だけど、大学の指導的な研究者が重点化から15年位
たっても未だにこんな他人任せの意識だからポスドク問題はなくならないんだと
思うよ。

結局、官僚の問題よりは大学の教授・准教授あたりの常勤職得た連中の既得権益
取り上げないと解決しない。

193 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:05:18.52 ID:CVbrZEZN
既得権に関して一番大きな問題は、分野間の調整機能が全く不十分ということだよ。
人件費だって、一律削減だからね。
とりあえず、バイオ系が過渡に不必要な数の研究者を生産して悪循環におちいっているのは、
明らかに失政だから、どうにかしてほしい。
あと、仏文とか独文なんかも、少なくとも地方大学にはいらんだろ。

194 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:05:33.83 ID:KOKph2bu
>>190
大学の指導層が無能だというなら、文科省に具体的に示して、どうぞ粛正して下さい
それで私のレスのどこが無能でしたか?

でもその話と、若手枠の話は関係ないですね。若手枠の絶対数が減ってるんだから

195 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:07:19.43 ID:Br6FeuQ4
>>191
自分の人件費がどこからでてるかも認識できてない人がそういっても
だれもわかってくれないとおもいますよ。
つうか、現場がこんなこと言ってるからだれも言うこと聞いてくれない
と早く気づいた方がいいが、多分それを認めないんでしょうね。
あなたの分野の若手研究者にはとても気の毒だけど。

196 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:07:40.09 ID:KOKph2bu
>>192
他人任せねえ
大学法人化で建前上は大学の最良で自由に決められることになったのに
実情では文科省の支配下にあって自由に出来ないのだから、どうしようもない


197 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:08:51.79 ID:KOKph2bu
>>195
自分の人件費は税金から出ていると重々承知してますが何か?
「こんなこと」って何ですか?どこが悪いのか具体的に指摘して下さい

198 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:09:01.61 ID:Br6FeuQ4
>>194
若手枠確保できてないのは純粋にあなたがたの分野の指導層が様々な
面で無能なだけ。

つうか、ここで書き込んでる間にあなた方のせいで苦労してる若手に
飯でもおごってあげなさい。
気の毒過ぎるから。

199 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:15:03.77 ID:Id1Q+6Tc
横レスだけど、おれは >>196 のいう事に概ね同意する。
ただ、>>193 の言うようにバイオなどのポスドク問題を抱えてる分野は、
予算規模が増えるからといってやみくもに博士学生やポスドク増やしすぎてないか?

200 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:15:03.03 ID:nlZq7EdA
いま43歳ぐらいまでの人たちは博士課程を修了する前に
終身雇用の助手としてどこかに押し込んでもらえた。
だいたい1996年ぐらいまでの話。

それから任期制導入の議論が進められて、
結局下っ端だけ任期制導入ということになった。
最初は教授から助手まで全部任期制導入という案だった。

法律は1997年から施行されたが、東大などの都心の大学限定で、
地方大や私立大では実際の導入は遅れた。
そのために43歳未満の人たちは非正規雇用が導入された東大などの
有力大から逃げて、公立大や私立大の正規教員ポストへ散っていった。
研究にこだわって東大に居座った人たちは悉く非正規のポスドクとなった。

研究にこだわって東大に居座ったはずの人たちの多くは、
プロジェクトの終了とともに追い出され、さらに地方大のポスドクとなった。
地方大ではポスドクを指導できるほどの教員はほとんど居ないため、
単なるコマとしてこき使われ、たいした業績も出ないまま使い捨てられた。

一つのプロジェクトが終了したら、他の大学のプロジェクトへ移ってまた
非正規の仕事を続ける。彼らは公共事業における日雇い労働者(いわゆる土方)と
同じ階層に居ることを認識し、ピペット土方などと自嘲するようになる。

運良く研究能力のあるボスのプロジェクトに参加できたとしても、
そこには非正規のポスドクが何人も、いや何十人も集められ、
誰も非正規のポジションから抜け出ることができなかった。
労働力が十分な研究室では、雇用する側の教員に、
特定の人物を正規職員に引き上げる動機がないからだ。

それでもトップジャーナルに論文を揃えたポスドクたちは、
各地方大の公募で勝ち残り、終身雇用の助教や専任講師、
あるいはテニュアトラック制度の教員として採用された。
これはアメリカ型の大学人事制度を再現する理想的なキャリアパスの一つだ。

問題は、研究能力のあるボスのプロジェクトに参加できなかったポスドクたちだ。
アメリカとちがうのは、研究能力のない地方大の教員などにも予算をばら撒いてしまったために、
英文の論文を一度も書いたことがないような教員が、ポスドクを雇用するようになってしまったことだ。

研究能力のない教員でも、ポスドクの任期を更新するかどうか判断する権利を握っているため、
絶対に成果が出ないような思いつきのプロジェクトを強制することができる。
そして成果が出なかったときには、ポスドク本人の責任にして雇い止めをすることも可能だ。

ポスドクは反論するかも知れないが、そのような内部事情に世論や官僚たちは興味を示さない。
そして研究成果が出ないまま各地を転々として、現在42歳ぐらいになる非正規第一世代は
年齢制限による行き止まりの前で呆然としている。

201 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:17:04.11 ID:UXsvFEGQ
先端科学技術分野はまだともかく、
二流・三流大学の人文系のポスドクとかお話にもならん。

これ、ポスドクに何らかの救済措置が施されたら、
横並び、護送船団で社会科学系や人文科学系にも適用されるからな。

むしろ、最初からそっちが狙いとすら言えるが。

202 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:17:33.04 ID:Id1Q+6Tc
>>199のつづきだけど、
ポスドクを雇うお金をくれるお上が悪いというのはそのとおりかもしれないが、
何も考えずにその計画に乗っかって、出口のない博士の学生を増やし続けた
指導教員らにも責任があるように思うんだが。

203 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:18:36.74 ID:idLrZt2J
結局若手研究者の雇用問題は、小泉・竹中の新自由主義改革で非正規化が進んだ
日本の雇用環境の縮図なんだよな。
小泉改革で日本は豊かになるどころか若い人が安心して子供も作れないような社会
になってしまったじゃないか。
こんなこと続けていては日本は滅びるよ。

204 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:19:48.82 ID:KAk/vzn/
小泉でよしとした女が居る・・・そいつに責任とらせないと日本は続かん

205 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:22:23.98 ID:Lb9EWJOh
小泉改革は本人が途中で逃げたからな
でもあのままで良かったとは思えない
小泉を選んだことは間違いではない
小泉を選んでなければ誰だっけw

206 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:22:56.36 ID:UXsvFEGQ
>>203
小泉は何も関係がない。ポスドクは単なる団塊・老害のエゴの犠牲者だ。

207 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:24:31.48 ID:C1Ix3+HH
小泉は結果はどうあれマニフェストちゃんと守っただけ偉いよ

208 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:28:57.45 ID:KOKph2bu
>>198
>>186

>>202
確かに自分の業績アップのために出口のない博士を取る教授は存在する。
でも多くの教授はむしろ若手枠が少ないリスクを学生に説明して納得してもらって
博士コースに来てもらってる。そして現実も博士が定員割れしてるところが多い。

209 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:31:22.54 ID:CVbrZEZN
文科省の役人は数ある役所でも無能のくせに天下り先が少なくて
何とか増やそうという下心があるから、見通しを誤ったということだ。
そのせいで、何万人の才能のある若者たちが、人生を狂わせられたことか

210 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:31:36.70 ID:Br6FeuQ4
>>208
色のついてる研究費獲得し、消化するためにその実行部隊であるポスドク
増やしてその挙句使い捨ててるだけでしょ。

何、自分のやってること正当化しようとしてるんだか。

211 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:33:40.70 ID:KOKph2bu
>>210
現実を知らずに決めつけるのはやめましょう
少なくても私は使い捨てになるような若手をポスドクに雇うことはしていません

212 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:34:21.53 ID:EVEqXSG4
学生にサイエンスにサティスファイすることを熱く語って、
一般企業より博士課程に進んで清貧に邁進しろと勧める教授

ご自身の息子はちゃっかり医学部へ

213 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:35:32.98 ID:y+vcGivW
>>207

どうでも良いマニフェストだったからな・・。
郵政民営化て何の意味があったんだが。

214 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:36:05.00 ID:KOKph2bu
>>209
その意見には賛成します

国立大学法人化は結局、文科省の役人の天下り先を増やすだけでした
大学院重点化が間違った政策だったのもその通りです

215 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:37:31.08 ID:Br6FeuQ4
よく、研究者が日本は研究費が少ないといってるが、常勤の人件費
まで含めた総額ではすでにGDP比世界一。
http://www.stat.go.jp/data/kagaku/topics/topics38.htm

結局、官僚が、政府がとか言う以前に常勤の研究者が今の位置に
しがみつくために若手の非常勤を食い物にしてるだけ。

そもそも、研究費に関しては、人件費は固定的に国から、その他の
研究資金は別というのがいびつなだけで、本来的には常勤の人件費
まで含めて競争的研究資金から出すのが筋。


216 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:40:10.82 ID:Br6FeuQ4
>>211
結果的にあなたのやってることも含めて今の常勤の教官は
若手研究者のポスト不足を政府とか官僚のせいにしてるだけで、
自分たち自身の責任が重大だという認識が徹底的にかけている
のが諸悪の根源。

まぁ、絶対に認めないんだけどね。それくらい図々しく無いと
生きていけない世界だから。

217 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:41:08.59 ID:cLb2Qjuc
小泉改革の実際を知ったら、ミンナそんなことはいえなくなる・・・
彼は最初から団塊ジュニアを破壊し、意図的に助けることで票田にする戦略の汚いやつ
くわえて、都合が悪いやつを気狂いに仕立てる味を覚えた最も危険なモンスターだ

218 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:41:57.45 ID:KOKph2bu
>>215
だからさあ、「食い物」とかの抽象論ではなく具体的に根拠を書いて下さいよ
いったいどう食い物にしてるんですか?
若手を雇っても雇わなくても、給料は変わらないんですがね

> 常勤の人件費まで含めて競争的研究資金から出すのが筋。

全然筋ではないね
論文さえ書ければ中身が無くてもよい、という業績偏重主義を進めるだけ
基礎研究は死んでいいとでも?

219 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:43:35.22 ID:KOKph2bu
>>216
自分の責任は重大だと思ってるから、若手の育成には命を賭けてます
でも自分に出来ることに限界があるという説明をしているわけで
「徹底的に欠けている」という指摘は的外れもいいところです

若手研究者のポスト不足は政府と官僚のせいです(そして間接的には国民の不理解も)

220 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:44:07.41 ID:Id1Q+6Tc
>>211
雇う側の個々の研究者はみなそう言いそうだけど、分野全体としては
出口のない非正規雇用を生み出すシステムになってしまってない?

221 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:44:17.05 ID:Br6FeuQ4
>>218
若手は競争煽る状況に追い込むくせに自分は競争から逃げるのは素敵ですね。
大事な研究ならちゃんと継続的に資金獲得できるでしょ?

222 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:45:41.72 ID:KOKph2bu
>>220
システムとしてはその通りです
そして現場ではその不幸を防ごうとできるだけの抵抗をしています

223 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:45:50.56 ID:CVbrZEZN
>>215
アメリカは、夏の2か月くらいは無給で(研究費があればそこから出す)、10カ月は大学からくる常勤の人件費だね。
世界的には(ヨーロッパとかのように)常勤の人件費は、競争的資金ではないと思うが。

224 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:47:41.96 ID:KOKph2bu
>>221
煽ってるのは大学の教員ではありませんし、私自身にも任期はあるので逃げてませんが何か
そして、大事な研究でも切られることがあるのはレンホウ仕分けで明らか

225 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:50:33.04 ID:bWLetQYz
コンビニでバイトでもしながら次の愚にもつかない非正規研究の口を探すのだ

226 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:51:32.83 ID:xyyvEf6l
研究者ってアタマ悪いのな。まず企業しろよ。設立費用は30万弱。
親にでもだしてもらえや。話はそれからや。

227 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:52:28.18 ID:fYTompAS
研究費っていうか、そんなことよりも教育と事務仕事の比率が高くて…

228 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:52:30.91 ID:CVbrZEZN
若いときは任期のある職で生きながらえながら、テニュアをとることを目標に
ひたすら業績をあげるよう努力する、というのが主流だと思うよ。
一生、テニュアが得られないんじゃ、あほらしくて、優秀な人は大学に残らないだろうよ。

229 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:56:38.54 ID:KOKph2bu
>>226
日本での起業のリスクはアメリカに比べて悪すぎます
日本の銀行は良い技術やアイデアではなく、良い担保にだけ金を貸すので

230 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 21:59:04.56 ID:FVHj1a8h
バイオに関しては国や大学の責任としか言いようがないと思う。
人を増やしすぎた。

人文社会学系博士に関しては、昔からある意味でやくざ物の道だ。
進学した本人たちの責任。

工学系や数物系に関しては、産業的にも有用な分野なんだから、
国や大学のサポートがあってしかるべきだと思う。

231 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:00:48.95 ID:CVbrZEZN
>>227
まさにその通り。アメリカでは、入試業務でさえadministration officeのような
ところの仕事だからね。秘書とかがしっかり仕事してくれるので、
本来の教育と、本来の研究に専念できる。
それが、日本ではすべて教員にやらせようとする。
日本の大学がもっと競争原理をいれるのはいいけど、そのかわりそういうシステムも
同時に見習ってほしい。

232 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:00:59.98 ID:xyyvEf6l
>>229
銀行に金を借りたら担保を取られる。焦げ付いたら家土地差し押さえ、
そういう事を考えてるんやろ。もう参加する前から負けてるな。
銀行なんか相手にしたらダメ。金は一般投資家に出させる。それがムリなら
最初から不相応な夢は見ん事やな。

233 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:07:03.95 ID:S6WGGIV7
研究者=大学の教授
で全く100パーセント研究してないので
終身雇用でだらけてるのが大勢いるんだけど
たとえば社会学者で社会学の研究学術論文生産を20年以上やらないで遊んでるのとか

234 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:07:35.96 ID:KOKph2bu
>>232
アメリカに比べて一般投資家も少ないんだが
日本のVCの現状知ってて書いてる?

235 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:09:10.08 ID:kAt+Gw7L
音大の教授なんて楽器のレッスンだけで研究とは生涯無縁だけどな

236 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:10:04.03 ID:KOKph2bu
>>233
いるらしいねえ
俺ら工学系から見ると信じられないけど

237 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:10:10.97 ID:CVbrZEZN
>>231
会社でいったら、開発部長とかに、人事や総務や庶務や広報や、その他ありとあらゆる
仕事をさせるようなもんだ。もっと、人的リソースのコストパフォーマンス最大化と
いうことを考えてほしい。

238 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:10:22.30 ID:9q8ido3X
小泉改革を推し進め雇用の流動化で生まれる能力による格差こそ真の正義。

バカの極み

239 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:15:46.76 ID:xyyvEf6l
>>234
ホンモノのVCってのは「自分のツテ」で金を引っ張るんだよ。そこが
「上場企業」との違い。分かるよねぇ。上場企業は「市場」で金を集める。
つまり「顔の無い金」だ。そうでない金はヤバいでしょう。当たり前だ。
でもそれしか無いんでしょ?そこで勝負できないヤツが頑張っても無駄。
だって「頑張って」ないんだもん。

240 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:15:47.19 ID:KOKph2bu
>>231 >>237
本当にその通りだと思う
アメリカだと教授が掃除したら「掃除婦の仕事を取るな」と怒られるしね
雑用が多すぎる

241 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:18:23.04 ID:KOKph2bu
>>239
> ホンモノのVCってのは「自分のツテ」で金を引っ張るんだよ。

安っぽい精神論だよ、それは

どんなVCでも食いつく良い起業提案ってのはもちろん存在するけど、
ダメなVCのせいで日の目を見ない良い起業の方が日本では圧倒的に多い

242 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:19:12.76 ID:Br6FeuQ4
>>237
みんなそう言うこと言うくせに、その金捻出しようと受託研究とかの一般管理費率上げようとすると抵抗するんだから。
結局分かってないんだよ。

243 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:21:23.88 ID:CVbrZEZN
>>240
俺は自分の研究室は毎日自分で掃除して、ゴミも自分で捨てているよ。
だれもやってくれないからね。
たまに、目の前の学生研究室も掃除してやるよ。誰も掃除しないから。

244 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:23:02.13 ID:KOKph2bu
>>243
もちろん私も自分で捨ててます
アメリカと日本の違いを言いたかったわけで

245 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:24:55.19 ID:Id1Q+6Tc
>>242
入試業務がなくなるなら、喜んで引き上げを受け入れると思うんだが。
何に使うのか明確にしてないから反対されるんでないの?

246 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:25:03.31 ID:y+X+ydqC
この問題は本当になんとかしたほうがいい。
国益になる人が、安く非正規で買い叩かれてるんだぞ

247 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:25:30.02 ID:KOKph2bu
>>242
間接経費は十分に取ってるでしょ

そうじゃなくて、基本的な大学運営の雑用が多いという話

248 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:26:08.70 ID:pIS/YD5/
教育大の教員は女子学生を喰うのが仕事ですが。

「1部屋しか確保できなかったから一緒に寝よう」女子学生に同じ布団での宿泊を強要した宮城教育大准教授に懲戒処分!
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120419-OYT1T00210.htm


249 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:27:24.52 ID:CVbrZEZN
>>242
事務の人を短期資金で雇うのは難しいよ。
すぐにやめさせるのも気の毒だし、また、そういう人は、仕事になれていないから、
結局大して役に立たないし。
こちらが欲しいのは、黙っていても勝手にやってくれるような、優秀な
ベテラン秘書なんだがね。


250 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:30:06.66 ID:Br6FeuQ4
>>249
そのために個別の受託研究費枠から出すのではなく、共通費として一括してまとめることで
個別の研究費に凸凹があっても継続的に雇おうという風に使える費用にしようとしてるんでしょ。
いざ、自分が出す側になると、自分の研究に直接関係ない他のに使われるのは嫌だと抵抗しだすわけで。


251 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:30:34.25 ID:xyyvEf6l
>>241
日の目を見るだって? もう着眼点からして甘いんだよ。
日の目を見た時点で「勝ち」なんだから。何なんだろうな、キミ達って、
センス無いよね。マジで。だから学者やってんだろうけどw

252 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:33:43.34 ID:rM2Wpya/
の割に日本の大学の研究費に比べて論文引用数など成果が
ヨーロッパに比べて今一なのはどうしてなぜ

253 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:36:15.52 ID:CVbrZEZN
>>250
うん、そういう共通費では人は雇っていて必要最低限の仕事はしてもらっているけど、
それはソースは短期資金ではなく、安定して収入のある運営費だね。
もっと特化した仕事をしてもらいたいけど、そうなるとその資金は競争的研究費だが、
そこで>>249になるという話。

254 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:36:40.68 ID:Br6FeuQ4
>>237
そのたとえで行くと、今の企業ってIT化進んで、人事、総務、庶務の
リストラ進めたせいで、開発部長とか、部下持ってるから、以前の
人事や総務や庶務のやってたような仕事を電子帳票とおしてガンガン
やらされてるから。

255 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:39:23.27 ID:KOKph2bu
>>251
それ論理的に反論になってません

結果的に成功した企業だけが良い起業だ、は明らかに間違いなわけで
だからこそ精神論だと批判してます


256 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:39:41.78 ID:4eYKH0s2
一時期、政治家が介入して、

ドクターとるのを簡単にしたせいで、ドクターが大量生産されすぎちゃったんじゃないんですかね。

そう言っては何ですが、政治家が介入するとろくなことにならないことが多すぎる気がします・・・。正直な話

257 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:42:55.89 ID:4eYKH0s2
だいたいねぇ、ドクターコース自体、多すぎでしょ。最近は

だれが責任とるんですかね。そんなことになるのは、最初から見えた話なのでしょうに・・・。

ろくすっぽ、ガッコーも出てない人が政治家になって、そんなことに・・・。

258 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:42:56.46 ID:Br6FeuQ4
>>253
受託研究費から一般管理費として5%とか10%とか取られてるけど、あの辺も
結局事務経費とか施設の維持改善費用に使われてるわけでしょ。

そうやって事務経費の予算増やして秘書を正規職員で雇用すれば良いだけ。

259 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:45:00.14 ID:zmhtkVZv
>>235
>音大の教授なんて楽器のレッスンだけで研究とは生涯無縁

演奏活動がいわゆる「研究発表」に相当するんだよ、もの知らずが。

260 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:45:51.47 ID:CVbrZEZN
>>254
そうなんだ。民間も大学も同じ方向に収束していっているのね。
とにかく、人は少なくなっているけど、もちこまれる企画(高校関係とか)なんかは
増える一方で、また、そういうのを自分の成果と考える上の人がいたりして、
教員は研究時間が減る一方というのが、この15年くらいの大学の状況ですよ。

261 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:48:47.60 ID:CVbrZEZN
>>258
正規職員っていったら、40年くらい務める人ですよ。
短期のお金では無理でしょ。

262 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:49:25.13 ID:xyyvEf6l
>>255
悩ましい問題だな。キミの言いたい事は分かる。だがね、我々は「何も選べない」
んだよ。「自分の人生以外」は。人はそれぞれの人の生を生きる。
他人の時間など知らないし、知る事は出来ない。少なくとも、今までは
そうだったな。結果的に、とキミは言うが、結果が全てじゃないのかね?
「結果が全て」と分かってる領分に踏み込もうとしたのじゃないのかね?
違ってたのなら私の間違いだ。

263 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:53:27.80 ID:KOKph2bu
>>262
大学の研究開発は企業に比べると無駄の山って分かってる?
企業が手を出さないような所まで手を広げるから、そうなるんだけど
その結果、企業が出せない革新的な成果がごく一部から出てくるわけ
そこが大学の使命だから、その目を摘むような話は絶対認められない

誰がイチローになるか事前に分かってればその人だけを育てればいいけど
事前に分からないから幅広いイチロー候補に投資しなければならないってこと

264 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:56:51.62 ID:Br6FeuQ4
>>261
だから、短期的資金含め受託研究費全部に一律に一般管理費率かけて天引きして共通費としてプールして事務経費で使うんでしょ?
一個一個の受託研究費は流動的でも、毎年の受託研究費総額はそんなに大きく変動しないから。

265 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:58:30.86 ID:zmhtkVZv
>>263
それは、実際に「革新的な成果」を出してから。もしくは、
「革新的な成果」出すことが出来る人間だけが言う資格のある台詞だよ。

266 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 22:59:11.41 ID:xyyvEf6l
>>263
大学はそれでいいでしょう。誰も大学批判などしてないがね。
むしろ話は真逆じゃないのかな。大学はエグイ場所に成り果ててしまった。
いや、エグイだけならまだしも、企業の使い走りのような事までやってる。
これでは学生が哀れでね。

267 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:00:33.89 ID:Br6FeuQ4
>>263
全部が成功しないと言うことと、闇雲にやっていいということはイコールじゃないし。
その辺も含めた説明責任は基礎研究分野でも残り続ける。

268 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:00:50.80 ID:CVbrZEZN
>>264
いやいや、40年は無理でしょ。多分、労働法関係のなんかに違反すると
思いますよ。賃金や保険の原資の確実は裏付けがないんですから。

269 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:02:13.34 ID:NEJ5C9hS
官僚か社畜以外は死ねということだろうね

270 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:04:25.18 ID:Br6FeuQ4
>>268
企業だって40年間毎年同じ売り上げがあるという「確実な裏づけ」がなくても新卒雇用してるでしょ?
それこそ、企業の毎年の売上高よりは、ある大学の毎年の受託研究費総額の方がよほど安定してる。

271 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:05:20.16 ID:KOKph2bu
>>265
国立大学全体では「革新的な成果」を出してますし、
>>263 のようなことをイチローしか言えないというのは単なる言論封鎖です

>>266
どこがえぐいのか企業の使い走りなのか具体的にお願いします
少なくても私の所ではそんなことはしていないと自負しています

>>267
闇雲にはやってません。大学入試や人事選考などでフィルタリングしてますし、
競争的資金の獲得でもフィルタリングされてます
極論はやめて下さい

272 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:05:40.29 ID:u/GWU0I6
5年じゃ無く5ヶ月にしろ

273 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:07:25.66 ID:+U94P4nm
>>263
無駄の山だからと言って、好き勝手やっていいわけじゃないけどな。
マクロでは、日本全体で見たときの費用と便益のバランスで選別するし、
ミクロでは、一発当てられる能力を測るために、論文の本数やIFで選別する。
個々の研究者には最低限、その選別から漏れないアウトプットを出す努力が求められる。

274 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:08:59.68 ID:KOKph2bu
>>273
>>271
好き勝手やっていいとは言ってません

275 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:11:05.78 ID:cHzhIAAB
こんなの初めからさんざん言われてた話じゃん。
そういうの全部承知の上でやったんだろ?
何を今さら。

276 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:11:15.76 ID:CVbrZEZN
>>270
大体、数年ごとの受託研究費から、どうやって事務の人の退職基金を積み立てるの?

277 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:13:15.96 ID:idLrZt2J
デフレ脱却して財政が改善しないとなかなかポストを増やすという話にはならないかもしれない。
本当は研究者の雇用対策をデフレ脱却のためのパッケージに含めてくれると話が早いんだけどね。

278 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:14:34.56 ID:Br6FeuQ4
最終的には、今は固定費として大学に配分されている人件費を完全に競争的研究資金に回して、
大学は競争的研究資金から一般管理費を引いてそれで常勤教官を雇用するようにすべきだと思う。
その上で、一般管理費率を上げて常勤教官を増やすのか、逆に一般管理費率を下げて競争的研究
資金の続く間だけの特任を増やすのかは各大学の特徴ということにすればいい。

279 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:16:02.11 ID:xyyvEf6l
>>271
国の税収が減ったからと言う理由だけで振り回されるのが国立大学の運命。
それには同情するけどね。実際にはフィードバックなくしては成り立たない
のも事実。でもね、大学は「真理」を探究する場であって、俗世間は関係
無いのよ。モチロンフィードバックは必要よ、検証の為に。

280 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:18:27.63 ID:KOKph2bu
>>279
フィードバックって何ですか?
論文書いたり研究成果は世に公表してますが

281 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:18:56.91 ID:Br6FeuQ4
>>271
やってないとだけいっても、それを皆納得してる訳じゃないし。
そういうコンセンサスが取れてないから仕分けみたいな話になるわけで。
政治家の無理解とか言うのではなく、自分達の努力不足と思い、それを
ちゃんと解消する方向に動けるのであれば、全部競争的資金になっても何も怖くないはず。

282 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:19:15.16 ID:cSBQFVIz
教育大でみてると、家庭科とか修士ももってないようなとんでもないバカ女が
あっさりと無任期の職を得ている。世の不条理とはこのことか、と思うよ。
せめて美人を雇ってくれよ、と思うが、そんなとこにくる厚かましい女は
ブスばっかりなので、余計にやってられないよ。

283 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:21:08.16 ID:wS2UrWT8
契約の常識とか 労働者の権利、労働基準法は 高校で教えるべき


社会なめすぎ

284 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:22:09.49 ID:Br6FeuQ4
まぁ、官僚のやり方が不透明だとか、税金が本当に正しく使われてるのか
というのが散々(研究者自身からも)取り上げられてる世の中に、論文かい
てるから後は俺らの研究の意義はそれ読んで理解して金出せなんてのが通
じるわけないわな。

285 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:22:47.90 ID:CVbrZEZN
>>278
平均だけの人ね。分散という言葉は聞いたことある?

286 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:23:16.20 ID:KOKph2bu
>>281
だから、えぐいとか使いっ走りとは何かを具体的に示して下さいと書いたのですが
それを言わず「自分たちの努力不足」とか言われても分かるはず無いでしょ

> ちゃんと解消する方向に動けるのであれば、全部競争的資金になっても何も怖くないはず。

それは予算の分配がまっとうだという前提が成り立たなければダメで、しばしば予算の分配は理不尽なもの

287 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:25:28.32 ID:zmhtkVZv
>>271
>国立大学全体では「革新的な成果」を出してますし、
>>263 のようなことをイチローしか言えないというのは単なる言論封鎖

いや、個別に研究成果を精査しろ、というごく当たり前の事言ってるだけだよ。
それに対して「国立大学『全体』では・・・」なんて持ち出したところで意味が無い。
それに、成果の出ない研究者が「俺をクビにするな」とか「研究費減らすな」とか言っても、
他人は聴く耳持たないよ。それは大学に限らず、一般社会でも同じ事だと思うけどな(´・ω・`)。

288 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:25:36.30 ID:xyyvEf6l
>>280
山岳共同とかやってるじゃないッスか。それがオカシイと言ってるの。
山は山、岳は岳、違うんだから。急所握られてるのに限ってヘイコラする
わけじゃないッスか。

289 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:25:38.17 ID:if0f9SJr
競争原理の導入は、上から下まで一斉に導入しないと、
下だけ競争させて使い捨てる仕組みが出来上がってしまう。
ポスドクは教授会で投票する権利がないから、必然的に上に都合の良い仕組みができる。
上から下まで一斉に任期制が導入できたのは、知事の権限が強い一部の公立大とかだけ。
首都大の仕組みが嫌だと言うなら、ポスドク制度じたい止めないといけない。

小泉氏が総理大臣に就任したのは2001年。
大学任期制法案が通ったのが1997年だから、厳密には小泉氏が直接関与した訳ではない。
不景気による失業対策として、非正規雇用が一定の役割を果たしたのは事実だろう。
しかし、国立大学の予算が不景気によって劇的に減少したわけではなかったのだから、
世の中の非正規化の流れに乗じる必要はなかったはずだ。

実際には、文科省を初めとする官僚たちや一部の政治家教授たちのプロジェクト志向によって、
打ち上げ花火的に博士増加策やポスドク対策が次々と細切れに出され、
プロジェクトの問題点が次々に出てきたところで逃げた。
官僚たちは博士でもない訳だから、他人事だ。
むしろ東大で進学を諦めて、学卒で事務系就職した官僚たちの怨念すら感じる。

290 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:25:58.44 ID:KOKph2bu
>>284
では大学の先生は世間一般の人が理解できるように研究を説明する責任があるという主張ですか?

本当にそれを望むならやりますけど、そこに必要なコストをちゃんと理解して要求して下さい
説明責任にはコストがかかり、決してタダではありません
現状ではそのためのお金も時間も人もありません

291 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:26:55.39 ID:Br6FeuQ4
>>285
数が少ないからばらつくわけで、大学単位くらいで固まってれば
そんなに大きな変動はないでしょ。つうか、無いように(出来れば
増える方向に)戦略立てて研究テーマを選んでいくのが大学の経営になるわけで。

292 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:27:27.31 ID:KOKph2bu
>>287
> いや、個別に研究成果を精査しろ、というごく当たり前の事言ってるだけだよ。

やってますが何か?
例えば科研費の審査は提案の良さだけではなく直近の成果も審査されるわけで

293 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:29:09.83 ID:xxPoP21E
雇い止めとか変なイメージを付けるな
契約満期で終了ってだけだろ

294 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:29:11.54 ID:KOKph2bu
>>288
産学協同の全てを是とするわけではありませんが、必要な産学協同は当然あります
応用に近い分野では産業が必要とする学術を研究しなければならないからです

で、なぜ産学協同のどこがおかしいという主張ですか?

295 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:30:43.43 ID:Br6FeuQ4
>>290
そこで説明あきらめる程度の話なら辞めれば?というのが研究に限らず今の社会の
動きなので、あきらめた方がいいと思う。
つうか、これは日本に限らず米国や中国あたりでも同じ話で。
(欧州は若干違うが)

296 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:31:54.81 ID:KOKph2bu
>>295
研究の内容と、説明に必要なコストは関係ありません

まさか、良い研究なら安く簡単に説明できるとでも思ってます?あほらし

297 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:32:46.46 ID:xyyvEf6l
>>294
これは微妙な話ですが、(元々微妙か・・)産というのはビジネスです。
お金が絡む話は色々面倒事が付き者です。そういう事に学生が参画すべきでは
ないとは思いませんか?

298 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:33:43.29 ID:4eYKH0s2
ざっくばらんに言っちゃうと、ドクター多すぎ

299 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:35:05.14 ID:Br6FeuQ4
>>287
自分はむしろ逆で、個別に成果でなかったくらいでいきなり研究者をクビにしてもしょうがないと思う。
そう言う場合にはその大学全体の人件費総額を減らして、失敗した人間を首にするのか、それとも皆で痛みを
分かち合うのかはその大学の戦略に沿って決めればいい。

300 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:35:15.88 ID:KOKph2bu
>>297
すみませんが、もっと具体的にお願いします

産学協同研究で、産が研究費を出して、学が(学生が)研究成果を出すというのが
わりと良くあるパターンなのですが、産のお金で学生が研究して何が悪いのでしょうか。

企業のパワー(資金や研究施設)を利用しないと成果を出せない研究はたくさんあるのですが

301 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:35:51.32 ID:EVEqXSG4
不要なドクターはガス室に送る時代とかが来そうだな。

302 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:36:13.66 ID:kAt+Gw7L
>>259
> 演奏活動がいわゆる「研究発表」に相当するんだよ、もの知らずが。
本気で言ってんの?

303 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:36:46.44 ID:HBp9BIgd
>>289
確かに。
若手層は競争原理が働いて、上は保守的ってな仕組みはまずいね。
有能・有望な若手もいれば、どちらかというと寄生的な大先輩もいると思うが。


304 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:37:59.87 ID:GimbzHdE
リスクてwwww  アリ地獄はリスクか?www

305 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:38:28.87 ID:zmhtkVZv
>>302
勿論、ホンキだよ。何言ってんのID:kAt+Gw7Lは?

306 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:38:31.34 ID:xyyvEf6l
>>300
>企業のパワー・・
そこですよ。企業がなんで私費で学んでいる学生の領分に入ってくるんですか?
モチロン、力関係は分かりますよ。しかし、筋が通らないですよね?大学は
企業の為にあるんじゃないでしょう。

307 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:39:23.12 ID:Br6FeuQ4
>>296
使ってる税金に見合った成果が出てることを専門家で無い納税者に納得させられないなら切られて当然
ってのがどんどん進行してるからあきらめたほうがいい。
基礎科学ですらやたらとPR資料作ったりしてるのもその一環。

308 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:39:46.69 ID:KOKph2bu
>>306
別に産学共同研究は大学が企業のために奉仕するものではなくて、
大学にも利益があるからやってるんですけど

どこが筋が通りませんか?

309 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:39:58.87 ID:87ZRxG8T
総務省は弁護士同様に博士の供給を減らすよう通達を出すべき

310 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:40:01.74 ID:zmhtkVZv
>>302
ID:kAt+Gw7Lは、音大の評価基準とか知ってて書き込んでるのか(´・ω・`)?

311 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:41:17.94 ID:KOKph2bu
>>307
> 使ってる税金に見合った成果が出てることを専門家で無い納税者に納得させられないなら切られて当然

いいえ、そんなことはありません
説明が必要ならしますが、そのために必要なお金は出して下さいねと当たり前のことを言ってます

312 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:41:43.29 ID:xyyvEf6l
>>308
大学の利益とは?


313 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:41:55.89 ID:CVbrZEZN
>>291
「ないでしょ」ではだめでしょ。
今年は人件費が10%足りないから、人員削減します。講義の数も10%減らします、
では大学の運営はできないんだよ

314 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:42:05.87 ID:idLrZt2J
日本は高度な教育・研究開発・知的財産というようなものを重視する社会に変わっていくべきだし
そこで大学が果たす役割は大きい。


315 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:43:19.86 ID:PHf8gveo
問題はレスでも出ているように、自由化自由化と言いながら
不安定な職についてるのは若手ばっかりで、上は既得権益でぬるま湯ってとこだな。
教授職も任期制にして実績出せなきゃ更新しないってことにすりゃ
大分風通しは良くなるだろうよ。

316 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:43:40.08 ID:KOKph2bu
>>312
研究成果と人材育成(と予算獲得)

317 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:45:11.51 ID:Br6FeuQ4
>>311
説明は必要でしょ?
だってどんなものでも申請書書いて研究資金獲得してるわけで。それに対する追加説明が必要になれば
せざるを得ないだけ。

318 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:46:08.38 ID:KOKph2bu
>>317
だから説明はしますと言ってます
そのために必要なお金が必要なだけで
何でも無料だと思ってるバカ?

319 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:46:55.60 ID:tND4sC6j
低賃金というけど同世代のサラリーマンより年俸は高いんだぜ( ・ω・)y─┛〜〜

320 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:49:04.68 ID:Br6FeuQ4
>>313
私大はそうしてるし、独法化の最終的な到達点もその辺だよ。
各年の予算変動のバッファーとして内部留保もつのか、金融機関からの融資引き出したりするのか、
政府として多少の融資の枠を設けて吸収するかとか方法論はあるだろうけど。

321 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:50:42.58 ID:zmhtkVZv
>>318
何でも無料だと思ってる訳無いじゃん。
その金が「ムダ」な可能性があるって言ってるだけだよ。

バカ言う奴↓がバカなんだぜ。
ID:KOKph2bu

322 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:51:07.77 ID:KOKph2bu
>>320
つ 単年度会計

目的積み立てしてたら、埋蔵金とかいってめしあげられたし

323 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:51:15.87 ID:Br6FeuQ4
>>318
お金を貰うために説明するのに金かかるからさらに金よこせとか通じるわけ無いでしょ。
まぁ、こんなんだから仕分けられるわけで。

324 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:51:22.76 ID:CVbrZEZN
>>315
国全体で教授を任期制にしている所なんて、聞いたことないですよ。
若いときにテニュア(修身雇用)を目標に競争するというのが、普通ですよ。

325 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:53:28.54 ID:KOKph2bu
>>321
では必要なコストを払って下さい
現状では学会に論文書いて、報告書を書くのでいっぱいいっぱいです

どこが無駄なのか、具体的に書いて下さい

326 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:54:34.06 ID:CVbrZEZN
>>320
そりゃあ、私大みたいに学生から高い学費やら寄付金やらを徴収していいなら、
可能でしょうけどね。
本当にそれで、いいんでしょうかね?

327 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:56:10.74 ID:KOKph2bu
>>323
> お金を貰うために説明するのに金かかるからさらに金よこせとか通じるわけ無いでしょ。

通じますw
論文書いたことがある人なら誰でも分かると思うけど、専門家に通じる話を
一般人に分かるように(分かった気にさせるのではなく分からせる)するには
どれだけ大変か、あなたは分かってない

例えば一般相対性理論をわかってない素人にその先の研究をどう説明しろと?

328 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:56:21.12 ID:Br6FeuQ4
>>326
すでに国立大と私大とで昔ほど学費に差ないし、実際問題国立大だって企業から寄付受け取ってるし。

329 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:58:54.78 ID:Br6FeuQ4
>>327
通じませんよ。予算請求する立場だから。
かろうじてあるとしたら巨大予算申請する前段階でその周囲埋める調査研究費出してもらえるかどうか。その申請にも
必要性の説明要るけど。官僚とかに厳しいわりに自分にはずいぶんとお甘いことで。

330 :名刺は切らしておりまして:2012/04/22(日) 23:58:54.63 ID:3w939MSi
他の分野でも若年層にしわ寄せが行ってるし、しょうがないかもね。けど、一旦、教授も全員任期制にしてから、改めて精査して優秀な人だけテニュア(終身雇用)にすべきだったんだよね。

研究者はやっぱりプロの世界なんだから、まずはプロの世界から実力制を採用して欲しいというのが、一般の国民の心情だと思うが。

ただ、スポーツ分野のプロと違って、「改めて精査」を誰が出来るかという問題があるから難しいのだけど。

331 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:01:26.37 ID:neE1Xgq7
Natureホルダーの任期有りですが何か?
Bossは俺が逃げないようにするため給料はテニュアの人より高いですが。
さて、どこに逃げようか。一応、お誘いは沢山あります。


332 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:01:31.88 ID:URFC+mSn
>>328
理系では、すごい差ですよ。例えば早稲田の理工学部の初年度は
180万円くらいかかりますが、そんな金を払える親が、
今、どれだけいますか?
優秀でも、親が金持ちでなければ、大学へは行くなということですよ。

333 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:01:52.86 ID:1nFFiUNY
>>329
だから、一般相対性理論を分かってない素人にその先の研究はどう説明するんですか?
素人に説明するコストは割に合わないの

バカも休み休みに言え

334 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:02:44.79 ID:Mqd8ylRr
>>325
そもそも説明に必要なコスト払うかどうかは雇用主である大学が決めること。そんなことに時間と金かけるなと与えられず、
結果理解が得られずに研究費とまったら大学のせい。その結果研究資金途絶えて首になったら説明する時間を取れるように大学を説得できなかった自分の不徳。

335 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:05:11.88 ID:1nFFiUNY
>>334
大学も研究者も素人への説明は不要だと納得してますが何か?
それで研究費を止めるならどうぞどうぞ
自分で自分のクビをしめるだけ

336 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:05:29.42 ID:Br6FeuQ4
>>333
素人には理解できないけど重要な研究なんですなんて木で鼻くくった説明で済むわけ無いでしょーが。
そこをいかにわかった風にさせるかで皆苦労してるのに。
苦労知らずのおばかさんですね。

337 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:06:04.24 ID:IIAX+5lW
こんなの医者や弁護士みたいに供給減らせば解決する問題じゃないですか?

338 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:07:47.47 ID:1nFFiUNY
>>336
分かった風にさせるだけなら簡単でしょ
何度も書いてるけど、一般相対性理論を分かってない素人にその先の研究はどう説明するんですか?

339 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:08:06.87 ID:Mqd8ylRr
>>332
最近は国立大も初年度80万越す。確かにまだ私大よりは安いけど昔のように圧倒的に安いわけじゃない。
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/kokuritu/005/gijiroku/06052921/005/002.htm

340 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:09:14.24 ID:hWDXpekW
>>337
程度の差こそあれ、タクシー業界と縮図は同じ。
運転手(研究者)を雇う側としては、運転手(研究者)は多いほうが都合がいいし、
医者や弁護士みたいな国が一元管理できる国家試験なんてものがないからね。

341 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:10:50.55 ID:Mqd8ylRr
>>338
その先の研究も「分かった風にさせる」のは簡単なのでは?
結局、その「分かった風にさせる」にいかに説得力があるかが問われてるわけで。
それすら出来ない、あるいは他の研究の「分かった風にさせた」に負けたのものにはお金がつかないだけ。

342 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:11:06.23 ID:G+tqTq7O
研究者なんかプロサッカー選手と一緒なんだよ。
サッカーやっててプロになるのは1000人に1人。
小学生でみんな勉強するけど、研究者になるのは1000人に1人だ。
競争の激しい世界だから安定とは対極に位置する。

343 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:11:41.14 ID:URFC+mSn
>>337
バイオ系は今の数分の一に定員を減らすべきだけど、それで問題解決には
ならないんだよね。
すでのその分野でポスドクになっている人がものすごくたくさんいるから。

344 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:11:58.05 ID:1nFFiUNY
>>341
分かった風にさせる程度であれば、とっくにすでにやってます
現状で十分ですねw

345 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:13:45.54 ID:eq/+ccI0
日本がダメになった理由が良く解るな


大学院いって学ぶほど損するなら誰も専門知識を磨かなくなる

346 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:14:05.85 ID:Mqd8ylRr
>>342
科学技術立国のためには博士の数増やして裾野を広げることが大事と言って、ポスドクを1万人にしなきゃいけないと
いう政策的な動きがあったのに、増やした博士は企業に行くどころか、修士で就職できないようなのの吹き溜まりに
なったというオチ。

347 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:14:13.54 ID:rfZ8+D1y
俺らはシロウトには理解できない高尚な研究してるんだから黙って金を出せと。
はいはい学者様はえらいですねー

348 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:14:39.31 ID:/OXssFmN
>若者はリスクを取らない傾向があり
ジジイの方が取らないだろ

349 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:14:52.50 ID:IIAX+5lW
>>340
一元管理するための学位授与機構ではないでしょうか?

350 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:17:13.98 ID:URFC+mSn
>>339
君はお金に困っていないようだね。80万も180万も、そう
変わりはないですか?
年間50万円くらいの学費でさえ、払うのに途方にくれている親はいるんだよ。

351 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:17:37.82 ID:Mqd8ylRr
>>344
同様に官僚と政府も納得させ続けられるんだろうから、今常勤の人件費も、全部競争的研究資金に依存することになっても大丈夫でしょ?
・・・って話。

352 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:17:41.57 ID:1nFFiUNY
>>347
ピアレビューって知ってます?
専門家でお互いに研究成果はチェックし合ってるのですがね

お金を出したくないならどうぞどうぞ。日本の将来の技術はお先真っ暗です。
どうしても説明しろと言うなら、そのために必要なコストを払って下さい。

えらいとかじゃなくて、無理難題を言ってることを理解して下さい

353 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:18:31.08 ID:rfZ8+D1y
>>352
はいはい専門家にしか理解できないですねー
バカは口を出さずに金だけ出せってことですねー

354 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:19:57.24 ID:Mqd8ylRr
>>352
いや、ピアレビューとかプロセス面も整ってて、政策の意思決定者にも必要性納得させられるのに、基礎研究は他人に
理解されないかもしれないから競争的資金ではやっていけないんだーってのはなんだかむちゃくちゃ筋が通ってないんですが。

355 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:20:39.53 ID:1nFFiUNY
>>351
> 同様に官僚と政府も納得させ続けられるんだろうから、

現状で官僚と政府を納得させて予算もらってますよ
(最初とだいぶ話が変わってきましたねw)

> 今常勤の人件費も、全部競争的研究資金に依存することになっても大丈夫でしょ?

いいえ
全部競争的資金になったら、近視眼的に成果が出る研究だけが生き残ります
それでいいんですか?という話
バランスの問題なんだけど、全部競争的資金にするのは明らかにやりすぎ

356 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:20:51.48 ID:hWDXpekW
>>349
タクシーにも二種免許という機構はあって、
そこをガッチリ締めれば職にあぶれない仕組みは作れるが、そうはしていない。

357 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:22:02.04 ID:Mqd8ylRr
>>350
昔のように圧倒的に差があるのならともかく、これだけ学費上がってるのに私大のように経営できないってのは無いだろうってこと。

358 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:22:24.84 ID:rfZ8+D1y
そもそも日本の研究なんてもともとたいした事無いから。
優れてるのは大学の研究とか全然関係ない方面だから。

大学が今死滅しても大して変わらんよ。

359 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:22:55.32 ID:nuRH9c+W
日本の先端研究って、将来、ン兆円の利益になりそうで、理想は素晴らしいけど、
俺たちに今必要なのは、ン億円の利益だと、商社の人がゆうてはった

360 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:22:57.32 ID:L2/U7dRq
とりあえず、色々タイミングがひどすぎたのと
団塊世代の自己保身が凄かった

上で何人か指摘してるけど
若手だけが競争原理を導入したのは周知のとおり
それと同じくして、大学の独法化が進み
団塊教授達がやったことは
自分たちの定年の延長
しかも60から65へ複数回w

一番多い世代が自己保身で定年延長すれば
そりゃポストが足りなくなる
昔と比べてる人がいるけど、今は職間バランスがぜんぜん違う
教授・准教授・助教の3職で
一番多いのが教授、少ないのが助教w

これで制度的に何も問題無いと考えるなら
まあ何も言わんw


361 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:22:59.20 ID:1nFFiUNY
>>353
そうです

ちゃんと勉強してから口を出して下さい

>>354
どこが筋通ってないんでしょうか?
競争的資金はしばしば業績偏重になるわけで基礎研究が不利になるのはよくあることです
論文でてないけどこれは重要な研究だ、とちゃんと審査してくれれば問題無いですけどね
現状ではそうではない

362 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:24:04.24 ID:rfZ8+D1y
>>361
じゃあお前さんも政治の勉強してから金の話すれば?
シロウトだったらおとなしく出されたエサ取り合ってろよ

363 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:24:30.20 ID:OkE//HBw
自らのリソースでは足りない高度な知識に経験を
外部から調達するという意味での使い方なら、別にとやかく言うような話では無いのだろうけど


364 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:28:12.30 ID:z31Cnizr
地方国立大学から京大にいって30になってからドイツで研究者続けている
知人がいるんだけど目はあるのか?
生物やっていて3年くらいドイツにいるらしい 

365 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:28:37.42 ID:Mqd8ylRr
>>355
わかんないですね。基本的に今の研究費はほとんど競争原理が入ってるわけで、現時点で近視眼的な研究テーマ抑えて
ちゃんと長期的なものも研究費貰ってこれてるんでしょ?固定的な費用での研究活動なんてすでに微々たる物だし。

366 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:28:39.78 ID:T0tadx53
研究者もそうだけど、病院の派遣の医療事務とか、大学の特に医学部門の教授秘書も
雇用安定法のせいで3年で雇止めになる。せっかく3年で使える人材に育ったところで
首切らなきゃいかんのだから、へんな話だ。国立大学の教授秘書については、もし
正規雇用転換となると、大学正職員ということになってしまい、難しい就職試験を通って
働いてる連中にとって不公平になってしまうからだと思う。

367 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:29:21.13 ID:1nFFiUNY
>>362
政治の話とは何のことでしょう?

若手研究者のポスト減少を放置すれば、日本の技術の未来が危ぶまれる
という至極当然の主張をしていて、そうはできない政治的理由は何ですか?
勉強する気マンマンなのでポインタを教えて下さいなw

368 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:29:26.57 ID:IIAX+5lW
>>356
ギルドの財力を反映しているわけですね
納得です

369 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:30:44.99 ID:1nFFiUNY
>>365
> 基本的に今の研究費はほとんど競争原理が入ってるわけで

いいえ、違います。運営費交付金には競争原理がほとんど入ってません

370 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:31:34.21 ID:nfS8nz+1
>論文でてないけどこれは重要な研究だ、とちゃんと審査してくれれば問題無いですけどね
>現状ではそうではないやってる内容は高度&噛み砕いて説明するのにコストかかる
って言うなら、せめて論文書いて同じ研究者の間での評価を見せてみてよ、とは思うけどね。

「重要な研究」ってのをどうやって証明するんでしょうか? 目標が高尚だったら重要なの?
 たとえ国が行うべき基礎研究であっても50年後とか100年後に成果が出そうな研究
(核融合とか?)分野は、今の日本の財政状況なら一旦、大幅に見直す必要はある
んじゃないかと思いますが。

371 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:33:41.98 ID:MD64Qz9L
企業は優秀な人材ならいくらでも欲しいのではなかったのか
ただの雇用しない言い訳なんだろうか

企業 < 優秀な人材だったら欲しい

372 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:33:48.03 ID:rfZ8+D1y
>>367
これは割と真面目なレスだが・・・

君が政治や金の問題や、それに携わる人間をバカにして掛かってるのが
透けて見えてるんだよ。だから言うことに説得力がない。もっと物事謙虚に考えろ。

いやまあここは2chだし俺も半分適当に煽ってるだけだけど、
そうしないとリアルでも上手く行かないよ?

373 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:34:01.06 ID:1nFFiUNY
>>370
もちろん論文は書いてますよ

だけど、論文の内容で評価するのではなく、論文の本数だけをみるような評価をするから
「内容よりも論文の数を稼げばいい」という話になるわけで

374 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:35:17.54 ID:T0tadx53
>>355 いいとは思わないけど、今めっちゃ政府、研究成果の現金化にあせってますよね。
ただ、企業ニーズ(期待利益)と大学側の知財実施料ないし共同研究費の認識にズレがありすぎて
あんましうまく行ってないけど。たぶん、研究者にとっても論文や発表が成果なのに
原則、特許出願までおあずけだから、不満も多いでしょうね。

375 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:35:57.79 ID:Mqd8ylRr
競争的資金獲得→30%を一般管理費として大学で共通費に→大学の研究者の独自研究費として成果の多いところには多少傾斜で配分
とかやれば全部共通的研究資金になっても良いと思うんだよね。
基本的に国に予算認められた研究中心にやるんだけど、なかなか認められない研究の芽もつまないみたいな。
こうすれば官僚がーとか言わずに大学の経営の中で学問の自由も維持できる。

376 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:36:13.54 ID:1nFFiUNY
>>372
どこがバカにしてるんでしょうか
どこが謙虚ではないんでしょうか

上っ面の印象だけで根拠無くレスされても困るのですが

377 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:38:14.92 ID:Mqd8ylRr
>>369
一応、運営交付金も大学の出す成果に対して決められてるわけで、競争原理が入ってないわけじゃない。
むしろ競争的資金の獲得と絡めて連動させる動きは加速してる。

378 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:38:25.93 ID:URFC+mSn
21世紀はバイオの時代、とか言って文科省が見通しを誤って、
社会的需要の少ないこの分野の研究者を増やしちゃったのが、根本の原因だよ。
2000年代にはやたら(100近く?)バイオ系の学部を増やしちゃったから。
バイオ系でない俺の分野は、ポスドク問題は大きな問題になっていない。


379 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:38:35.71 ID:nfS8nz+1
>>373
ならそれは単に評価の基準を変えるべきでしょう。たとえば野球なら単にヒットの数じゃなくて、得点圏打率を評価するとか、そういうレベルと同じ話。

論文の引用数でも、ある数以下はカウントに入れないようにして、内容が薄くて引用数が少ない論文の数を増やす事で、総数を上げるような真似をやめさせるべき。

ここら辺は成果をする官僚の怠慢なのかな

380 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:41:16.31 ID:nuRH9c+W
官僚がーとか役人がー政治がーとか言ってるが、お前らも税金泥棒だからな。
補助金に頼らず、利益なりスポンサーなり金になる研究しろよ

381 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:42:18.95 ID:1nFFiUNY
>>379
> ここら辺は成果をする官僚の怠慢なのかな

でしょうね

ですが、結局評価するのは官僚に集められた大学の研究者なわけで
限られた時間での評価にはおのずと限界があります
現状でも科研費とかの審査は大学教員の大きな負担になってるわけで

382 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:44:15.78 ID:Mqd8ylRr
つうか、若手のポストが無いのは官僚とか国の問題もあるけど、一方で研究の指導的立場にある人間が出来ることをやってないんだよね。
競争的資金獲得したら特任ポスト作ることまではするけど、一歩進んでポストを常勤化する動きをまじめにしてない。
常勤ポストにいるということは大学経営に参画するということで、雑務やりたくないで逃げちゃダメなんだよね、本当は。


383 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:45:29.79 ID:1nFFiUNY
>>380
本当に税金泥棒と思っているなら、予算を削減すればいいだけ

大学全体では現状で金になる、国の利益になる研究成果を出してます
国益になる人材も輩出しています

384 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:45:48.34 ID:URFC+mSn
分野を選んだのは、本人だから、大学に入るとき、あるいは大学院に
入るとき、致命的な判断ミスをしちゃったってことに、気の毒だが、
結局はなるのかなあ。

385 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:47:53.48 ID:1nFFiUNY
>>382
> 一歩進んでポストを常勤化する動きをまじめにしてない。

大学経営に参画しても、現状では常勤ポストを増やすのはかなり難しいです
最近は人件費削減で単調減少してます

386 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:50:08.61 ID:URFC+mSn
>>382
個別にはいろいろあるだろうけど、文科省が、どの分野の研究者はどれくらい
が妥当という見通しをミスしたのが、大きいと思うよ。
数人の単位なら、個別の問題ともいえるが、数千人の人間のポストを
それだけのために作るのは無理だから。

387 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:50:24.93 ID:nuRH9c+W
>>383
実質的に予算削減されてるつー記事だろ、これww

388 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:50:37.24 ID:nfS8nz+1
>>381
>ですが、結局評価するのは官僚に集められた大学の研究者なわけで
>限られた時間での評価にはおのずと限界があります
そうなんだよねぇ。ぶっちゃけ昔、親(大学の研究者だった)が科研費の
審査やってたのをその当時、高校生だった自分が横で見てた。

科研費の審査は、家で夕食後にコタツに入りながらやってるワケでさ。
「科研費の審査なんて、やる方もいいもんじゃない」
って言ってたなぁ。94年ぐらいの話だけど。

全く畑違いの分野だから結局、申請者のネームバリューに流されるんだよねぇ。
と本人が言ってた記憶が。





389 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:52:12.37 ID:hWDXpekW
>>383
>大学全体では現状で金になる、国の利益になる研究成果を出してます
>国益になる人材も輩出
これを判断する絶対的な指標がある訳ではないから
そう信じている、今の判断基準ではそうなっている、というに過ぎないんだけどね。

390 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:52:22.11 ID:Mqd8ylRr
>>381
会社の課長級なりたての研究者がかならず言う「最近、雑務ばかりで自分の専門性を生かせない」と同じ類。
企業の管理職だと技術経営を徹底的にこの職階で教育して乗り越えるけど、大学の教官はそういうのが無い残念な状態。

391 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:55:13.29 ID:URFC+mSn
>>390
若い研究者に、雑務をしっかりしこめと?

392 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:55:17.75 ID:1nFFiUNY
>>387
あのー「税金泥棒だと思うなら予算削減OK」が仮に真だとしても
必ずしもその逆「予算削減されたらその予算は税金泥棒だった」は成り立たないのですが

393 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:57:06.90 ID:1nFFiUNY
>>389
それは当たり前の話
絶対的指標がないから苦労をしているわけで

394 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 00:59:55.82 ID:Mqd8ylRr
ちなみに、「雑務ばかり」云々は企業だと製品開発部門だと主任級で、技術企画部門だと入社3年くらいで悩む話。
なので、共同研究で大学の人と打ち合わせると技術的な話は尊敬できても、研究の進め方とかのプロジェクト進行になると
教授クラスでも言ってることが非常に幼く見えてしまう。ましてや助教やポスドクなんかと話すとこの年でこんな認識
でうちに来ても困るとすら思う。

395 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:01:31.39 ID:1nFFiUNY
>>394
耳が痛いと思う反面、企業には見えない雑務もあるのにとも思う

具体的にどこが幼く見えるのか教えて下さい(適当にフェイクを入れて)

396 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:02:13.43 ID:Mqd8ylRr
>>391
将来研究室を担う人間だと思うなら、経営的な視点は30台半ばまでには身に付けさせておいたほうがいいと思う。

397 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:04:23.55 ID:hWDXpekW
>>393
全ての話はそこに行き着く。

誰も正確に費用対効果を見積もれないから、
最終的にはどこかに主観(仮定)が入らざるを得ないし、
誰もどのやり方が正しいか正確には分からない。

398 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:05:03.73 ID:1nFFiUNY
>>396
経営的な視点と雑務は(一部は重なるけど)ほとんど別の話だと思ふ

399 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:07:13.51 ID:URFC+mSn
>>394
俺から見ると、企業の人間は、自身満々な話し方をするが、
実は本人ひとりでは何もできなくて、部下とかのサポートがあってはじめて
機能する。
それからすると、いざとなったら自分ひとりでも機能するだけのすべての基礎を
俺らはちゃんと身に着けている。

400 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:19:46.01 ID:Mqd8ylRr
>>398
将来にわたって人をどう確保し、配置して最適に事業を進めるかにかかわることは全部単なる雑務じゃないから、
そういう点で学生の成績付けも含め経営的視点と関係の無い雑務ってほとんど無いと思う。
まぁ、学生が万引きしてつかまったのでその対応どうするかとかはちょっと違うかもしれないけど。

401 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:24:47.99 ID:hWDXpekW
>>399
いかにリソース(人、物、金、時間)を確保し、有効活用して成果を出すかのほうがはるかに重要。
そのための手段としての基礎は重要だし、
成果のために1人でやるほうが効率がいいなら別だが、
必ずしも自分1人で全てをこなす能力は必要はない。

402 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:28:24.38 ID:URFC+mSn
>>400
量が増えれば、質も変わるんだよ。
企業だったら部下に回せばよいことも、俺らはすべて自分でやらないといけないんだよ。

403 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:29:20.32 ID:OBYwIGZe
わかってて研究者の道をえらんだんだよね?
就職先延ばしにするために博士課程いくやつもいるけどw

日本は技術立国止めたんだからしかたない。

404 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:33:14.55 ID:2E3MsRQ2
日本は先進国止めたんだからしかたない

405 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:33:58.08 ID:OBYwIGZe
>>399
企業にいる良くできる一線の研究者・技術者は、共同研究もしないし、
大学や研究所に顔を出す暇もないほどこき使われているのが現実。
国の委託研究などをやっているのは、本業で使えないリストラ一歩手前の人間。


406 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:36:32.60 ID:URFC+mSn
>>401
大学の研究者は何十年も研究者としてやっていかねばならないから、
理想的な状況でなければ研究できないのであれば、やっていけない。
弟子に教えるなら、まず研究者として生き延びるすべだろうな。
企業だったら、研究者でやっていけなくなったら、会社のほうで
管理する人かなんかに回してくれるんだろうが。


407 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:39:23.07 ID:SZx7t8WH
研究者百人と非正規百人ではやはり価値がちがいすぎるよな。国策として研究環境整えろよな。

408 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:41:14.30 ID:tmhIEc24
>>405
それは、研究者目線で、企業的にはヒキこもってるほうがお荷物。特に30後半にもなって共同研究とかに出てこないのはかなりおわってる。

409 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:42:06.16 ID:1nFFiUNY
>>400
いえいえ、(教員がすべきではない)経営的視点と関係ない雑務はたくさんあります
例えば鬱の学生のケアのために休日に呼び出されて心の専門家でもないのにどうしろと

410 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:44:13.33 ID:tmhIEc24
>>402
あれだけポスドク集めてるのに?
自分だけにノウハウ抱え込むために権限委譲ちゃんとやってないだけでは?

411 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:51:55.59 ID:tmhIEc24
>>409
企業の研究者でも管理職ならおなじように鬱の部下対応ある。部下管理もチーミングの一環だと。

412 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:52:20.62 ID:URFC+mSn
>>410
うちはバイオなんかみたいじゃないから、ポスドクには最低限の仕事だけ課して、
あとは自分の研究に専念してもらっている。教授が一番、雑用で忙しくて、ポスドク
が一番、研究環境の面では優雅だな。
君の分野では、ポスドクは雑用の下請けもやるの?

413 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 01:58:41.76 ID:hWDXpekW
>>406
分野によるが、大学でも教授の仕事は基本的にリソース獲得と研究のマネジメントだろ。
むしろ、研究で食っていけるほうが珍しいと思う。

部下がいない、食い扶持は部下の自己責任で面倒見させるなら話は別だが・・・

414 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:00:37.67 ID:URFC+mSn
>>412
私の分野では、ちゃんとした論文を書いていれば、ポスドクもやがてなにかしらの
ポストについている。
やはり、分野を間違えたのが、ここで不満を述べている人たちの、気の毒だが、
致命的なミスだと思うよ。

415 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:02:56.13 ID:URFC+mSn
>>413
部下はいないし、食い扶持は基本は自己責任だな。
多少は助け合うけど。
ま、分野がちがうと、いろいろあるということだよ。

416 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:03:58.72 ID:URFC+mSn
>>415
弟子と共同研究することはあるけど、あくまで共同研究で、
部下ではないな

417 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:09:42.52 ID:URFC+mSn
企業の研究者がいやなのは、研究者でいたくても、会社が違う風にきめたら、
研究者をやめなければいけないことだな。
大学の研究者は、人から研究者をやめろとは言われないからいいよ。


418 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:11:42.28 ID:hWDXpekW
>>415
教授になっても、自分で研究してるの?

うちの分野ではほとんどいないな。
自分で論文かいてるだけじゃ本数が足りないから、
必然的に部下を動かして研究させるようになってくる。

419 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:13:42.88 ID:3Df54+a3
売れるだけの成果を出すか、平凡な成果をうるか、
どちらかの能力もないのに研究者を目指す方が間違い。
それらの能力があっても研究の成果がでるまで冷や飯なのに。

420 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:19:39.31 ID:URFC+mSn
教授になっても研究するよ、自分で。
それが、生きがいで、楽しみだから。
もっとも若い強力な共同研究者(弟子)には、最近だいぶ助けてもらっている。
雑用はいやでしょうがないが、
若い人に雑用させるわけにはいかないし、誰かやらないといけないから、
仕方なくやっている。

421 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:24:34.35 ID:iaKB4yFq
ドクター卒は勘違いのキチガイが多いから、どうなろうと知ったこっちゃないわ。

422 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:29:13.87 ID:MCQiN2X0
自称を含めたら研究者が大杉

423 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:39:44.89 ID:URFC+mSn
参入障壁の少ない(つまり誰でも一応研究者になれる)分野は危険だね。
修行に何年もかかり、本人の才能も必要で、参入するのに勇気を必要とする
分野を選ぶべきだね。

424 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 02:55:37.27 ID:oj2YUX4S
ぬるい分野と修羅の国なとこで温度差違うよね
文系は修羅の国ですらないが

425 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 03:21:26.00 ID:URFC+mSn
狭き門より入れ。滅にいたる門は大きく、そのみちは広く、之より入る者多し。
いのちにいたる門は狭く、みちは細く、之を見出すもの少し。 「マタイ伝」

という聖書の言葉がありましたね。
みんなが向いていて安全と思われる道が、実は一番、危ないという教えですね。

426 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 03:30:57.29 ID:URFC+mSn
投資の世界でも、みんなが弱気になっているときが一番投資には安全な時で、
逆にみんなが強気になっているときが、一番危険なんだそうですね。

427 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 04:09:04.31 ID:URFC+mSn
分野は大学に入るときに、ほぼ決まってしまうのだから、特に研究者志望の高校生に対してはちゃんと
情報をオープンに伝えるべきですね。
バイオ系は定員が不必要に多すぎで、社会の需要から言えば、今の数分の一の定員でよいくらいだということをね。
そうしないのは、ある意味、犯罪的ですよ

428 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 04:39:38.65 ID:Ld1WOwTZ
結果が出せない研究者と派遣法のコラボ

429 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 05:08:44.33 ID:K5qb+ImJ
ネトウヨざまーなんじゃね


430 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 05:37:40.86 ID:/Gy5+BTT
任期付きの契約したならしょうがないよな。任期付きとはそういうもんだ。

431 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 05:51:56.24 ID:K5qb+ImJ
全員こじきにでもなればいいんじゃね?
ごくろーさまっすw


432 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 06:02:18.56 ID:H9d+PcTe
東電とか何ももしない顧問十数人に一人年間1000万円の金を出していた事を考えたらこうした研究者に継続して国が金を出せないわけが無い。
東電役員の報酬削ってでも国はは金を出すべきだ

433 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 06:04:34.63 ID:H9d+PcTe
>>13
全く未来がないな。
やっぱ日本は終わりなんだな。

434 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 06:05:59.36 ID:H9d+PcTe
>>20
確かに塾とか開いて勝手気ままにって考えもあっていいかもな。

435 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 06:41:31.88 ID:alELXwHG
縁故リアンでないと、生き残れない業界みたいだね
こういう閉鎖的なとこがダメな気がするけど。。。


436 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 06:44:03.32 ID:r6RnRfZd
縮小社会ではあらゆる分野で安定などなくなる。

まあ、安定しか望まないから縮小するというのもあって
皮肉なものだねw


437 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 07:14:48.87 ID:Q4tq/ZKj
アジアの優秀な若手をつれてくればいいだろう。日本人はオワコン

438 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 07:14:48.99 ID:ZcSE7t45
一般投資家が金を出せるようなジャンク市場がないからね。
銀行に担保だすしかない。投資が出来ない仕組みにkされているんだろう。
ま、東大の文系を恨むんだな。

439 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 07:25:01.00 ID:15bppAXJ
アメリカの大学にassistant profとして残るか、日本に帰って貢献しようか
考えていたが、このスレを見ていたらやはり日本では研究者は歓迎されて
いないようだとよくわかった。
上の方で「企業でも課長級の研究者が雑務を通して経営手法をうんたらかんたら・・・。
雑務を避ける大学の若手研究者の意識はケシカラン(キリッ」とか熱く語ってるおっさんとかw
日本の企業ってそんなことしてるから国際競争で負けてるんじゃないの?


440 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 07:35:28.72 ID:eE2MznNl
>>439
その通り、だから日本には帰ってこないで、アメリカに行きたい日本人の受け口になってください

441 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 07:42:51.71 ID:tmhIEc24
>>439
アメリカこそ、研究リーダーにMBA持ちがうようよしてる世界なのに。

442 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 07:43:26.06 ID:w/PSTJdH
いや大学に10年もいてろくな業績を挙げられん奴は早く就職しろよ

443 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 07:59:20.01 ID:/fboEAM7
>>133
ほかにもあるよ
ユニシタソとか

>>375
アメリカの大学はがばっと半分くらいピンハネする
それで大学が裁量でいろんなことに使う
科研費みたいに直接間接は決まってない(ことが多い)


444 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 08:10:57.43 ID:s4EtPg2n
PDだけでなく助教も「任期3年、更新無し」が増えるな

445 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 08:19:24.34 ID:F/WaDCjv
期間契約は更新されることの方が稀なのに更新しないことを
『雇い止め』と表現するのはおかしいと思うのだが。

日本は社会主義思想に毒されてしまったのかな・・・

446 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 08:28:52.23 ID:stFxC1QW
研究員や技術員の雇用維持のために研究費申請書類を書きまくる日々
一段落したが常に人件費を稼ぐ努力をせねば・・・

447 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 08:56:51.89 ID:H9d+PcTe
>>439
僻みとかやっかみがそうさせるんだろうね。
出る杭は目障りだから叩くし、異質なモンは面倒だから避ける。
日本なんか戻らないほうがいい。

448 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 12:12:50.71 ID:n9GOIky3
>>439
最近、アメリカの大学に行っても、中国人やインド人ばっかりで、
日本人はほとんどいない。
アメリカの大学に残って、何らからの機会に橋渡しをしてくれたりする方が、よっぽど日本に対する
貢献にもなると思うよ。


449 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 12:16:54.96 ID:nZuKFNGJ
>>446
お前、いい奴だな
俺の同期ひたすら教授の為に書類書きやらされた挙句
邪魔になったからって捨てられたぞ

450 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 12:47:21.83 ID:an+1+3kL
それはセーフティネットがないから問題なんだろ
企業や団体に丸投げせず国がまとめてやれよ
国民総背番号でもいいから早くやれ
騒ぐのは左翼だけだし

451 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 14:18:30.04 ID:tNAdnBn8
>>248
処分が緩いな。どうなってんだ。

452 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 17:59:25.09 ID:KAi6pbm/
>>43
橋下小渕の時から壊れてる
小泉がーというのは間違い

453 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 20:38:41.86 ID:8G3pjNCF
ポスドクの現状と今後
のスレッド

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/life/1335048811/1-100




454 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 20:53:37.06 ID:uLvTwuqX
>>1
>科学技術政策の司令塔を担う政府の総合科学技術会議は不安に応えるため、 
>同法を所管する厚生労働省に意見書を提出するなど、改善に向けた検討を始めた。 

えーと、、、改善ってなんだ?

法の趣旨は、5年雇いたいほどのやつは終身雇用しろ、なんだが、まさか5年以上雇いたいにもかかわ
らず終身雇用が嫌だからと4年11ヶ月で雇い止めする脱法行為を企んでるのか?

>研究者を多く雇用する京都大iPS細胞研究所の山中伸弥所長が3月、古川元久科学技術担当相に 
>「若い研究者は将来に不安がある。既婚者は家族の希望で条件のいいところへ転職してしまい、優
>秀な人が先端研究の現場から逃げてしまう」と申し入れている。

ボスが頑張って弟子の雇用を5年維持したら、あとは文科省の責任で終身雇用してもらえる、とするし
かないだろ

民間では本来は身分保障のないアメリカですら大学では終身雇用されるというのに、民間ですら終身
雇用が当然の日本では大学では定年廃止するぐらいじゃないと、釣り合いがとれない

455 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 20:57:16.76 ID:faV4xlps
現実とはかけ離れた専門26業種でさえ改める気が無い日本では研究者と言えど派遣工と扱いは一緒。
本来、問題となっていたのは日雇い派遣工や期間工の宿無し化だったのに体よく派遣拡大に利用されたんだよ。
まあ未だにこれが正しかったと言うおバカさん方は日本と心中してください。

456 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:00:59.73 ID:n9GOIky3
>>454
「アメリカですら大学では終身雇用されるというのに」?
何の話ですか?アメリカで、ポスドクが終身雇用なわけないじゃないですか。
それどころか、駄目ポスドクは、すぐに首を切られますよ。
そうでないと、ボス自身が窮地に陥りますからね。
アメリカこそ、テニュア(終身雇用)を目指して死に物狂いで研究するポスドクの
おかげで、サイエンスが成り立っているんですよ。


457 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:04:09.13 ID:LbrPjoPc
傭兵として、生きることもできない研究者なんて、社会のゴミだろ。
力技が必要な理系もそうだが、文系分野は特にな。
2番でいい政府の国に、先端研究とか世界的な笑い物だろwwww

有益でない社会の寄生虫は雇い止めでなく、虫下しで糞と一緒に排出するしかない。

458 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:05:17.01 ID:eawEvZJ/
1番じゃなきゃだめなんですか?










民主党の成果です




ありがとうございました






459 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:06:44.21 ID:uLvTwuqX
>>456
>何の話ですか?アメリカで、ポスドクが終身雇用なわけないじゃないですか。 

テニュアの話だが?

>それどころか、駄目ポスドクは、すぐに首を切られますよ。 

日本では、マスターでもドクターでもいいから出てまともな企業に就職したら、終身雇用だぞ

>アメリカこそ、テニュア(終身雇用)を目指して死に物狂いで研究するポスドクの 

>>1もそのへん混同してるようだが、そもそも「雇い止め」が問題なのは、ポスドクなんて
低いレベルの話じゃなくて、

>>1
>東京大では教員の約2割に当たる901人、大阪大は約15%の493人(いずれも11年5月1日現在)が有期雇用。 

と、教員レベルの話な

460 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:13:40.15 ID:jEE3Dd8j
フランスでは比較的簡単にテニュアの研究者になれるようだね。
PIだけじゃなくてポスドクやテクニシャンにあたる人も3年位仮雇用された後
終身雇用になっていろんな研究プロジェクトに配属される感じだったと思う。
日本はアメリカ式とフランス式の中間くらいがいいんじゃないか。
終身雇用のポジションが殆ど無いというのは全く異常だよ。

461 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:16:32.08 ID:hWDXpekW
>>460
そのかわり民間にはテニュアの職がいっぱいある

462 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:19:55.44 ID:n9GOIky3
>>459
教員レベルの「教員」とは、助教と特任の話しをしたいの?
いずれも、ポスドクに比べたら、違う種類の話だと思うが。
助教は(更新して)10年くらいで成果を出して、他所へうつるなり昇任するなり
して頂戴だよね。
10年で成果を出せないなら、この先も期待できないし、万年助手
みたいになったら、それこそ後進の迷惑になるからね。
特任は、まあ、いろいろなパターンだろうが、大きな問題とはいえんだろ。
やっぱり、一番の問題は、将来に希望を持てない、大量に存在するバイオ系のポスドク
なんじゃないか

463 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:22:42.52 ID:uLvTwuqX
>>460
>日本はアメリカ式とフランス式の中間くらいがいいんじゃないか。

つい最近まで、日本は、そうだったぞ

というか、そもそも一部の分野以外ではポスドクなんて制度はなく、教員になれなければ
民間に就職が当然、みんな終身雇用だったんだよ

>終身雇用のポジションが殆ど無いというのは全く異常だよ。 

世界的にはその程度かもしれんが、民間研究者は終身雇用が当然の日本では、大学に
終身雇用以外のポジションがかなりあることだけで異常極まりない

464 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:26:59.78 ID:uLvTwuqX
>>462
>教員レベルの「教員」とは、助教と特任の話しをしたいの? 

え?

>いずれも、ポスドクに比べたら、違う種類の話だと思うが。 

そもそも、

>>1
>東京大では教員の約2割に当たる901人、大阪大は約15%の493人(いずれも11年5月1日現在)が有期雇用。
  
と、教員レベルの話で、ポスドクはおよびじゃない

>助教は(更新して)10年くらいで成果を出して、他所へうつるなり昇任するなり

えーと、、、

>>1
>5年を超えて同じ職場で働いた有期雇用の社員に無期雇用の道を開く「労働契約法改正案」が成立した場合、
>雇用主が先回りして5年以内に契約更新を拒む動きが出るとの観測があるためだ。

と、更新できないって話な

もちろん、更新できないのは、脱法

465 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:28:04.82 ID:jEE3Dd8j
生命が科学に残された最後のフロンティアであることは間違いないし
創薬や医学の進歩の基礎となる学問だからここに投資する事自体は間違いでない。
問題はここで雇われている若い人たちが将来の生活を見通せないことだ。

466 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:30:22.12 ID:n9GOIky3
>>464
ポスドクの任期が更新できなくなって、最長5年未満の任期になりそう、
という話なの?
それだと、確かに大いに支障があると思うが

467 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:32:12.74 ID:mYWYEXTK
>>429
ネトウヨ連呼厨の正体は在日民団
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1331285594/21


468 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:37:12.67 ID:n9GOIky3
>>465
そういう甘い言葉に文科省のアホが血迷って、需要を無視した定員増を
やったのが、今の悲惨な状況を生み出した元凶でしょ。
それにまた、日本の産業構造からいって不必要になった農学部が、
ライフサイエンスとかバイオとか名前を変えて生きのこっちゃたし。
失政だよ、要するに


469 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:40:28.76 ID:z5y6xD74
農業は今後の地球寒冷化を考えると必要だよ。

470 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:40:57.75 ID:uLvTwuqX
>>466
>ポスドクの任期

もーね、、、

>>462
>助教は(更新して)10年くらいで成果を出して

お前の念頭にはポスドクしかないようだが、もともと日本では、研究者は卒業したら助手になる
か企業に就職して終身雇用されるのが当たり前

でも、その頃も、例外的に、助手になりそこねても、その後大学で終身雇用される可能性を夢
見て期限付きでポスドクで大学に残ることはできたが、あくまで例外的な自己責任の世界

今の制度だと、事情のわかってる研究者は民間の終身雇用を選ぶから、大学に残るのは情弱
だけな

もちろん情弱の研究レベルは、それなりだ

471 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:44:11.12 ID:n9GOIky3
>>470
アメリカでもassistant professorは任期ありだが、
お前さんは、日本は欧米とは違うのだから、
以前のように助手も終身雇用にもどせといいたいのか?

472 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:44:51.94 ID:mmhgHV/m
研究なんて割に合わないんだし、
海外の成果をパクった方が効率的。

成果の上がってる研究を買った方が安いでしょ

473 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:45:37.17 ID:jEE3Dd8j
>>468
どっちにしても長期的にはバイオ増員で正しい。
民間の需要がまだまだ少ないからこそ公的資金で基礎研究をやって
応用できるところまでもっていく必要がある。

474 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:48:45.76 ID:uLvTwuqX
>>471
>アメリカでもassistant professorは任期ありだが、 

>>454
>民間では本来は身分保障のないアメリカですら大学では終身雇用されるというのに、

なので、アメリカでは民間にいっても損はないが?

>お前さんは、日本は欧米とは違うのだから、 
>以前のように助手も終身雇用にもどせといいたいのか? 

いいたいもなにも、既にこう言ってるがな

>>454
>民間ですら終身 
>雇用が当然の日本では大学では定年廃止するぐらいじゃないと、釣り合いがとれない

475 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:50:23.04 ID:LbrPjoPc
>>465
政府の方針が糞なのに、先端という分野はもう日本にはない。
政治家の発言は命と引き換えそのもの。失言を行えば、国民から抹殺されて当然。

蓮舫さまの方針として、先端であるものは必要ないと言っている。

政治家が発言を撤回するときは、野田が言うように自らの命と引き換えが日本のおきて。
息子にマジコンで人をだまして利を得る行為が正義という信念の政治家が生きている以上、
日本はそういう国なわけだ。現にまだのうのうと生きているわけだ。

ウソつきが正義を貫くものより正しい日本。
まともに働いている警官より、上の言いなりに慰安旅行へ行く警官の方が正しいとされる日本。

先端を目指すなら、日本を捨てるのが当然。

476 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:51:17.26 ID:1clrVCtA
ちゃんと成果だせば契約更新でしょ、好条件で。引き抜きもくるよね。

なにも成果をだせないのにいつまでも雇っているほうがおかしいんだよ。

477 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:52:55.14 ID:n9GOIky3
>>473
↓こういう状況を把握して書いているのか?
http://agora-web.jp/archives/1309215.html



478 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:58:12.54 ID:eq/+ccI0
年功序列で終身雇用の正社員の教授
と非正規雇用の教授の
待遇を埋め
雇用を流動化してくしかない

どの業界でもそうだが

じゃないと若い人があぶれるだけ

479 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:58:31.23 ID:LbrPjoPc
>>476
成果に至らなくても、成果を出すための技術を持ち合わせる人材もいるが、
2番の国ではイキイキと働いてもらうことは不可能。日本が君たちの居場所ではないのだよ。
日本には、研究者は不要。老害と、奴隷と文系のゼロサムゲームに参加する必要はない。

480 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:59:05.08 ID:p+6m+3Nd
2000年の初頭くらいまでは博士持ちでなくても国家公務員試験に通れば
研究職になれたんだよね。自分はそれで研究員になった。

今は任期付きで雇って任期が切れた後のことはわからない。
正職員になれることもあるけど。

481 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:59:32.59 ID:n9GOIky3
>>474
民間が終身雇用というのは、いつの話だよ。
最近でも、ソニーとかNEC、では大量人員整理している。
金融も50歳くらいで、やめるよ。
終身雇用なんて過去の話だよ。

482 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:59:54.02 ID:B8+tPqz3
>>476
正論だな
世代間の不公平があるから変に保守的になるわけであと数十年経てばこういうのが普通になる

483 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 21:59:59.81 ID:eE2MznNl
>>472
サムスン方式だなw

484 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:00:49.55 ID:uLvTwuqX
>>465
そんなに将来有望な分野なら、雇う側の責任で大量に終身雇用してやればいいだけ

485 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:01:07.90 ID:jEE3Dd8j
>>477
これはただバイオ系の研究者が多すぎるという筆者の主観を述べたに過ぎない。
一方で生命科学が現代科学のフロンティアであるという考えは世界的に多くの支持を得ている。
Scienceの論文数をみても生命科学の割合はこんなもんだろう。
これでいいのです。

486 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:06:32.21 ID:uLvTwuqX
>>481
>民間が終身雇用というのは、いつの話だよ。

今だが?

>最近でも、ソニーとかNEC、では大量人員整理している。

要領のいい連中は、民間から大学に戻って終身雇用されてるし、当面はそれが王道かな

そうでない連中に対しても、できるのは子会社出向くらいだけどな

>金融も50歳くらいで、やめるよ。 

それも、基本的には子会社出向な、官僚の天下りと同じ

起業したり選挙に出馬するのは勝手だけど

487 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:09:26.84 ID:n9GOIky3
>>485
>>474に以下のように書いてある通りのことをこの人は言っているわけだ:

大学側は、80年代に言われた「これからはバイオの世紀」「夢の技術」などの煽り文句を飽きもせずに繰り返しているのだが、
博士就職問題においては、とっくにボロが出ている。
バイオ系博士就職難は、バブル崩壊の一側面だ。農学部卒の就職の厳しさは、理系では周知の事実だ。
他の理工系、機械や電機や化学と較べて、教育内容が、仕事にほとんど何の役にも立たないからだ。

488 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:11:15.15 ID:EpPuCem/
国公立は定員十万で、そのなかで一番定員の多いのは工学部だけど、
二番目はなんと教員養成系で一万五千人、
教員数は6500人で全体の11パーセントに達する。
ここにはいわゆるゼロ免なんかも含まれる。ゼロ免の定員は五千人もある。
国立教員養成系が穀潰しであることは間違いない。

489 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:12:14.41 ID:p+6m+3Nd
>>488
このスレと関係ないね。

490 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:15:35.46 ID:9EujExvT
働かない奴が、高給をえるような社会じゃだめ。
研究したり、とにかく生産したり、開発する人が、かせげるようにしないと。
小学生でも、わかること。

先輩が課長になって、残業ゼロで部下より給料安い、なんて、先進国じゃーありえない。
はやく、ぶっこわせ。


491 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:15:45.78 ID:eOXALVxX
たしかにバイオ多すぎ、農学部が全部バイオになったような感じ。
もともとは農学の中の農芸化学だけが遺伝子組み換えとかをやってたと思う。

492 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:17:06.98 ID:tNAdnBn8
大学院重点化でおいしい思いをした教授連中をクビにして、
若い奴を雇ってやりゃあいいんだよ。

493 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:17:19.58 ID:EpPuCem/
>>489
理科教育は関係ないんだ?まあ、教育大学とか教育学村作ってるから、普通のポスドクには縁はないけど。

494 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:19:11.54 ID:jEE3Dd8j
>>487
生命科学の成果の実用化がようやく本格化し始めているというのが現状。
今までの努力がようやく実を結ぼうとしている時に投資を止めるべきではない。

495 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:19:33.89 ID:EMhm0zp5
バイオ系って、医・歯・薬・獣医はもちろん、
農・理・工にもあるし、全学部でやってるんだよ。

そのうち儲けになるところは医療系に取られて、
儲からない部分を担うのが無資格バイオ系。

彼らは pipedo(ピペットドカタ)と呼ばれ蔑まれている。

Wikipedia: Pipedo
http://en.wikipedia.org/wiki/Pipedo

496 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:19:43.94 ID:uLvTwuqX
>>487
なんで、ポスドク限定じゃなくて教員も、バイオ限定じゃなくて全分野の話を、そこまで矮小化できるんだ?

>他の理工系、機械や電機や化学と較べて、教育内容が、仕事にほとんど何の役にも立たないからだ。 

今時の研究者が任期付きなのは、他の理工系でも文系でも同じ

497 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:21:18.05 ID:n9GOIky3
10数年前、バイオがもてはやされていたころに、農学部の
教養のクラスを受け持ったことがある。
よくできるクラスだったよ。
可哀想に、彼・彼女らは、
>>485のような無責任なやつに
だまされたくちだったわけだ

498 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:31:30.54 ID:v1HtpnxT
流行の分野では大量にピピドが必要になって、
流行が終われば、ほとんど全員不要になる。

違う方面が流行になれば、新しく育てた方が安く済む。
流行が変われば、どんどん人を切り捨てればよい。

そうやって、ここ十数年、生命科学は進歩してきたんだ、
人類の科学の発達のために貴重な犠牲と割切ってくれい

499 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:40:16.15 ID:nZuKFNGJ
>>495
なんでこれこんな日本ローカルな用語に日本語のページが無いんだwww

500 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:42:59.42 ID:p+6m+3Nd
>>499
http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%83%94%E3%83%9A%E3%83%89&action=edit&redlink=1
削除されたんだそうな。

501 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:46:08.38 ID:p+6m+3Nd
ウィキペディアよりもこちらが正確というのもなんとも…
http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E3%83%94%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E5%9C%9F%E6%96%B9

502 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 22:50:43.65 ID:BKhDfxx+
>>488
しかも、学位も持っていないバカどもが
家庭科とか教科教育とかで大量に就職してんだぜ?


503 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 23:07:13.54 ID:eOXALVxX
日本はバイオで完全に出遅れ。気づいたときは基本的な特許を全部押さえられていた。
技術革新が落ち着いたところから研究者を大量生産したって、余るのはあたりまえ。
でもこれから有望な分野であることは確かなので、あきらめない方がいいと思う。

504 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 23:08:28.17 ID:p+6m+3Nd
>>503
きつい冗談ですなあ。

505 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 23:19:03.25 ID:z5y6xD74
賃金の決定権を文科省にして、有期雇用者の給料を無期雇用者のそれより上げる他あるまい。

506 :ベテルギウス:2012/04/23(月) 23:36:34.49 ID:aGGSZDbp
無期のアカデミックポストを得られなかったのだから能力が劣るんだろ?
そのぐらいの待遇で我慢しろよ

507 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 23:38:54.24 ID:oj2YUX4S
基本的に博士の中でもピぺドだけがピックアップされるのは
バイオ系はまだ理論や統計がどうというよりとにかく実験を繰り返す博物学の
(もっとはっきり言ってしまえば錬金術レベルの)研究をするしかない状況にあり、
博士レベルでも大して何がしかスキルがつくことはない
本当にただ幸運を求めてピペット動かすしかないからだ
まして秘密主義が強いためコネもできない

理学系数学系はなんだかんだ選ばなければ少しは食い扶持になる技能がついてる(事が多い)が
ピぺ度はガチでなにもない

508 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 23:41:55.24 ID:z5y6xD74
>>507
そうだとすれば、余計に有期雇用者は給料引き上げておくべきだと思うよ。
使い捨てするから恨まれる。

509 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 23:43:39.76 ID:p+6m+3Nd
>>508
近所で雇った非常勤職員さんで十分仕事が出来ます。

510 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 23:46:56.48 ID:d5Bo6uWc
結局のところ
研究リソースを流用して金を稼ぎ、その金を研究にフィードバックした方が
より多くの研究成果が出るような気がするじゃなかろうか

研究資金も産業化が見込める分野に集中すべきであって
NatureやScienceに振り回されて、咲いては散るような研究はもうやめにせんか?

511 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 23:47:30.64 ID:oj2YUX4S
バイオはこれから必要だから一握りの成功者が欲しい
(はっきり言って一握りの天才が、ではなく成功者≒幸運者という研究レベルにある)
でもそのためには死屍累々にせざるを得ない、という歪みを負わされてるんだよね
下手な鉄砲かずうちゃ〜でしかないから

512 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 23:48:33.26 ID:lOHmb4P0
ピペドなんて流行の過ぎた言葉、まだ得意気に使ってるやついるんだなw

513 :名刺は切らしておりまして:2012/04/23(月) 23:52:17.77 ID:URFC+mSn
ライフサイエンスとかバイオ関係の学部・大学院は、日本の科学分野のいわば不良債権であり、
一刻も早く、処理(学廃止等)してしまわないといけない。
さもないと、人的被害(学生、院生、ポスドク)は拡大し、さらに悪いことには
他の健全な医学、理学、工学などの分野にも、予算のしわ寄せ等を通じて
悪影響が及んでしまう(もうすでに、及んでいます)。
文科省、政治家の方々には、すばやい決断をお願いしたい。

514 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 00:12:41.47 ID:/wjDtFbD
生命系は特に、アカデミックと実社会の温度差が大きいそうです。
つまり、たくさん博士課程へ進むけれど、実社会(民間企業)への就職が無い。
だから、みんなアカデミックに残る。それで、自然とアカポス争いが熾烈に…という結果だそうです。
だから日本では、バイオ卒のポスドクが余っているんだなぁと納得しました。
自分の研究室にもそういう人達がいて、考え方や人生含めて人それぞれなので敢えて何も言いませんが、
生物系・農学系のドクターやポスドクには哀愁が漂います。

http://joy.poosan.net/cpavh202/syuusyoku.html

515 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 00:24:18.06 ID:5rCP0c0T
そうはいうけど、数物系のポスドクも大変そうだぜー

516 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 00:24:49.55 ID:/wjDtFbD
自分の経験から思ったことなんですけど、生物系・農学系は医歯薬と違って資格という資格も無いので、
修士へ進学することも結構危険で、博士へ進学することはもっと危険なのだと実感しました。
なぜって社会のニーズが本当に無いんですもの。

http://joy.poosan.net/cpavh202/syuusyoku.html

517 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 00:39:20.20 ID:1FUgNbwT
みんな大変だね。分野と成果で勝ち組だから余裕かませるけど。
一歩間違えてたら、、、怖いねw

518 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 00:46:33.57 ID:FKD4cBp0
>>516
だから、生物系の博士後期の学生は女ばっかりになるんだよな。
こんなこと言ったらマズいのかもしれないが、
日本の女は結婚という逃げ道がある。


519 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 00:53:48.02 ID:/wjDtFbD
(抜粋訳)
その問題(オーバードクター問題)は、特に分子生物学において深刻であった。
過去2,3十年の分子生物学の発展により、多くの高校生がその分野に引かれたいった。
しかしながら、日本においては、生物学を専攻した学生に対するニーズは極めて低いのが実情である。
それは、日本は、主に、自動車やその他のエレクトリック産業に依存する国だからである。



http://en.wikipedia.org/wiki/Pipedo

520 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 03:18:14.97 ID:E+m1dVM7
もう海外で就職先を見つけるしかないだろ

521 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 06:41:45.96 ID:/wjDtFbD
私達バイオ出身者の技術や知識においてまずビジネスとしての価値は、今現在は0に近いと考えて良いと思います。
というのも、日本ではバイオが産業としてあまり成り立っておらず、無いことは無いですが、
かなり狭き門でなかなか入れないのが現状です。
これは、旧帝国大学バイオ卒でも、MRやSEが発生しているという現実からも伺えます。
つまり、私達という商品があるとして、その知識や技術を売りつける市場が無いということです。
値段が付かないから、0円(営業とかMRやSEの学歴不問業)で買い叩かれてしまいます。

http://joy.poosan.net/cpavh202/syuusyoku.html

522 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 09:15:32.43 ID:cCidOTzZ
【学術】大学や研究機関の「研究力」を示す論文引用ランキング、中国科学院が東大超え[04/23]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1335210088/

523 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 09:27:18.00 ID:MZHOfA6y
日本にしがみつかなければ、いくらでもいい就職先あるよ
もちろん能力が必要だけど


524 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 10:27:21.79 ID:vhfQq6DE
現在のバイオ系の学生、院生、ポスドクは、それらの学部・大学院・教員
存続のための、人柱にされている。
死屍累々で、見ておれん

525 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 11:38:19.19 ID:PcjO80Fw
>>216
文系だけどまったく同感

私大によくわからない芸能人の客員とか元官僚客員とかやたら増えて非常勤コマがへりまくりです
ワークシェアリングがどうたらとか意味不明な説明を聞かされて突然雇い止め
授業の内容をどうかしろとかいわれたことは一度もないし
授業アンケートで平均切った事はあるけど非常に悪いこともない

526 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 13:41:00.95 ID:gYLDpTrO
>>525
有名芸能人なら学生を呼べて、官僚の天下りを受け入れれば補助金が入るとかなのかな。


527 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 18:52:41.05 ID:5k6cA9nI
http://www.systemicsarchive.com/ja/a/doctor.html

528 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 19:00:15.79 ID:greZjiCF
研究って博打ですよ。成果でないとしょうがないやん。


529 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 20:45:13.57 ID:nvqW7b48
>>524
バイオ技術の究極の成果って不老不死でしょ。
どんなに満たされた社会でもこれに対するニーズは無くならないよね。
iPS細胞なんてのはこの方向だと思うけど、とにかく膨大な基礎研究が必要な
分野だし、30年前の技術黎明期のころの失敗を繰り返さないように、みんな
がんばりなよ。

530 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 21:07:35.07 ID:/wjDtFbD
それは医学の研究ね。
農学の連中(主に植物の研究)は、それに便乗してバイオと称して、まんまと生き残ったわけだ。


531 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 21:14:32.46 ID:/wjDtFbD
しかし、自分たちは生き残っても、社会的ニーズのない卒業生を
排出し続ける、ネズミ講のごときイカサマ集団に変わりはない。

532 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 21:19:03.64 ID:sb7b36+o
情報系の院生もたいしたコトしてないから
学部で出といたほうが良かったってのはあるよね

533 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 22:00:04.04 ID:/wjDtFbD
農学の皆さんは、「遺伝子組み換え大豆不使用」の納豆は、好きですか?

534 :名刺は切らしておりまして:2012/04/24(火) 23:17:46.32 ID:5v1ZCN+e
若者が新聞を読まない理由はこれだわな。
経済的な将来が不安なのに、毎月定額を払わされる新聞なんてイラナイ。

読んでも、さらに不安になるだけで自分のタメにならないし。

535 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 00:16:59.15 ID:0Y/svdPB
農学だろうが医学だろうが、実社会で役立ってる分野もあれば
研究のための研究になってる分野の両方があるだろ。

536 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 00:28:44.16 ID:6FNHvTOd
問題は今の40代以上が、無能でも終身雇用だからなんだよ。
不公平感がすごい。無能教授に評価されて落とされるのが屈辱だし。


537 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 06:30:24.46 ID:+3e5KUjA
九大、京大、名古屋大、東大、東北大、北大、
こういう旧帝大で、農学部が大人数かかえて居座っているが、
今の日本の産業構造を考えたら、こんなのいるわけないだろ。
こういうことをやっているから、日本の主力産業も競争力を失っているんだよ。

538 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 06:33:53.57 ID:ET+ej9b8
工学部の方がはるかに多いだろ(w

539 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 06:45:56.42 ID:+3e5KUjA
>>538
君は「遺伝子組み換え大豆不使用」の納豆とそうでないのとでは、どちらを選ぶ?

540 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 06:48:04.45 ID:47WdI5vU
>>536
そんなの、これから少子化になるのに、最終的に大学の教官にばかりなりたがるポスドク1万人に増やすとかわけわからん事はじめた10年以上前からわかってた話だろう。

大学自身が民間の、さらに、非研究職の方が上とでも立ち位置かえて、積極的に外に優秀な人間出すならともかく、まずはアカポス一番、大学に職なければ国研へ、そこもだめなら民間へなんつう序列崩す気ないんだもん。

そういう意識あるから決して研究者、技術者として環境のよくない非正規雇用にしがみつくし、受皿に一時期なった企業には落ちこぼれしか流れてこないから企業はポスドクとらなくなるし。



541 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 07:08:01.33 ID:5rKC1Z3q
>>536
堀江みたいに起業すればいいじゃん。
自営は終身雇用だよ。

542 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 07:35:47.08 ID:47WdI5vU
>>541
非研究職なんていう職業に知性の塊であるボクチンがつくのは、日本にとって大損失。
とか思うんだよ。多かれ少なかれ。
大学という、研究やってるのが一番の世界で、しかも上は社会からドロップアウトしかけてるオーバードクターがえらい顔して占拠してて、そいつらが研究指導している環境にいればそうなる。

東大あたりは、さすがに頭のいい内部進学組がしっかり修士で逃げるからいい(逆にロンダ組がしがみついて博士はからは別物)、MARCHクラスの大学は逆に俺ら馬鹿だからと変な勘違いしない(勘違いしてる連中は修士からロンダする)

が、早慶、地帝クラスがMARCH勘違い組で逃げ場のないロンダに牛耳られひどい事になってる。内部進学の修士でも変に研究者至上主義に洗脳されてて、企業で採るのをためらう事も多い。


543 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 12:02:59.01 ID:wPFVsjDy
>>536
そういう約束で雇用されたのだから仕方ない。
労働条件の不利益変更は本人の同意がなければ出来ないし、
だれだって自分の身が一番可愛いわけで、それを責めても仕方ない。

544 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 12:53:48.03 ID:m9ofFZRu
【電気機器】シャープ、主に生産・研究開発部門の900人を営業などへ配置転換[12/04/24]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1335244040/

545 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 13:35:20.45 ID:Q0/HT5xM
海外に逃げ出すための近道だと思えば、博士号とるのはそんなに悪いことじゃないよ
悪く言う奴もいるが、日本の有名大学でとった博士号なら世界で通用する。
死ぬまで国内にいるつもりだとか、日本の大学で教授になりたいなら絶対やめといた方がいい


546 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 13:58:05.02 ID:OO9hULh4
>>545
最近は民間企業も研究職は博士採用が多いから博士課程に行くこと自体はいいんだよ
ルサンチマン君たちが粗暴なネガキャンやったから嫌われてるだけ


547 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 17:31:15.02 ID:9RuK8yeM
>>546
民間の博士採用が多い?
どの分野の話ですか?

548 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 21:34:50.78 ID:BuDsmMBJ
仕事のないオタク博士をたくさん集めれば、すごい悪の組織を作れそう。

549 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 21:48:46.12 ID:CM3q124y
技術屋受難の時代

550 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 21:49:52.70 ID:CNrMJrDf
>>547
民間の博士採用は多くなったよ。
大学の博士の数の方がはるかに多いだけでw

551 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 22:03:46.04 ID:ao59rjQ7
結局は人間的に問題のある奴の集まりってことだろ
いくら優秀でも会話が成り立たなきゃ意味ないよ

552 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 22:32:19.12 ID:CNrMJrDf
単に必要以上に大学院定員を増やしただけだろ

553 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 22:45:43.16 ID:+3e5KUjA
>>550
やっぱり、分野の例もあげられないんだ

554 :名刺は切らしておりまして:2012/04/25(水) 22:48:02.22 ID:+3e5KUjA
>>550
知ったかぶりの、ただのお兄ちゃんのようだ

555 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 00:29:17.21 ID:LHsPLfAi
>>553
先端電子系と超マイナーだけど深いIT部門

556 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 00:53:47.88 ID:ooWYaI7O
>>550じゃないけど、民間の博士卒採用は多くなったよ。全般的に。
だけど、だからといって無能なやつ低学歴なやつが雇われるわけじゃない。
己の才能を信じられないやつは博士なんか行かずにさっさとどこかの会社に飼われるが吉。

557 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 01:21:09.45 ID:9LzpLoDf
今日の日給はバナナだった

558 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 06:38:23.55 ID:/08xT5/i
大体、最近は学部・修士卒でも超就職難だったのに、「博士採用が増えた」
なんてたわごとが、「全般的に」正しいわけないだろ。

559 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 07:25:18.23 ID:1gbWKqsa
>>542
内部進学が頭がいいってw頭のいい奴もいるというだけの話。東大でさえ
平均IQは120ぐらい。城北などの三流高出身の東大卒なら平均IQはもっと低い。

560 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 07:28:43.52 ID:fFMgOZNm
>>559
ロンダ乙w

561 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 07:36:02.97 ID:1gbWKqsa
東大って一学年に3000人もいるのにみんながみんな優秀なわけない。
ざる入試だよ。どういう面でざる入試かというと、入試に特化した能力を
磨けば入れるという点で。それが地頭に関係あるかというと、あまりない。

562 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 07:49:06.41 ID:Sd6inN8X
院卒くらい優秀なら仕事探すくらい簡単だろ

563 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 08:24:50.24 ID:boQgLfTR
>>561
と、学歴コンプレックスさんが、語っております。

564 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 08:32:43.28 ID:1gbWKqsa
三流校出身の東大出身者が自分を優秀と思いたいだけ。例えば東大生に
旧司法試験を受けさせる。旧司法試験もその試験に特化した能力が
必要なので、多くの東大生は落ちる。日本では長年、出身大学(学部)
だけが地頭の指標として用いられてきたが、他国では違うし、日本でも
出身高校を地頭評価に加えるなど、評価方法の多様化が進んでいるぞ。

565 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 09:22:07.37 ID:fFMgOZNm
>>561
MARCH、理科大あたりからロンダした奴だろう。

内部進学者にコンプ持ちすぎ。

566 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 11:40:14.19 ID:yvIfVk6W
独法とかの研究機関の場合みんすとーが人減らせっていうから減らしてる

567 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 14:28:59.82 ID:4OFt2ShK
>>563
いや東大合格に特化した試験勉強があるのは事実だしそれで多数の合格者が出てるのも事実なんだから強ちウソとは言えない。

568 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 14:56:24.43 ID:icV+Mwee
アメリカの大学に勤務してる、とある日本人大学教授が経緯を呟いてたんだが

教授会で全会一致で終身大学教授に推薦

理事会でひっくり返される

辞職

他大で終身教授のポストゲット

アメリカもポストなくて大変みたいだぜ。

569 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 15:37:14.15 ID:avNIlR+m
>>561
さすがに地頭が悪くては東大には入れない

570 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 17:46:30.86 ID:/dzhr6HB
学振か理研で終身雇用職員を増員してくれないものか。
このままだと元研究者のホームレスが溢れるぞ。

571 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 18:07:14.43 ID:/dzhr6HB
じっくり研究に取り組めるポジションと、小さなラボスペースさえあればいい。
設備が共有できるように分野ごとの研究所を作って、個人かせいぜい2−3人の少人数単位で
それぞれのテーマを追求できるようにしたらいい。そうすることで研究の多様性を確保できる。
大きな研究費が当ったらどっか他へ移ってより大きな研究グループを作るようにすればよい。

572 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 18:54:13.19 ID:o839Ov9y
90年頃、冷戦が終了した直後、アメリカでも大量の研究者たちが失業して町にあふれた。
タクシードライバーなんかをやりながら、次の仕事を求めたが、以前の産業に戻れたのはわずかで、
ある人たちは、金融業界に行き、ある人たちはシリコンバレーに行った。
これが、アメリカの先端産業の輝かしい復権に繋がった。

日本の職にあぶれた研究者たちも新しい分野で、新しい道を見つけるべきだ。


573 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 20:22:23.94 ID:/kLqSGto
何気に自殺率高いよね。

574 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 20:31:15.47 ID:pQi4wVCL
なんかもったいないな。仕事にあぶれた研究者の中に本物の天才が混じってるかも
しれんな。そんなのを拾い上げる方法はないものかな。

575 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 21:16:53.90 ID:/08xT5/i
農学部は、さっさと、大幅に縮小か廃止しろ!
こんな不良債権をいつまでも切り捨てないでいると、
他の健全な科学・技術分野も衰退していまうぞ!

576 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 22:07:02.75 ID:b3YqUvoD
一人必死な奴がいるな

577 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 22:25:55.25 ID:f7KCxVJs
頭いいのに低収入で身分も不安定だなんて、頭の使い方間違ってないですか?

578 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 22:31:53.58 ID:/08xT5/i
ポスドクの数は今の半分以下で充分だと思っています。文系についてはあえて触れませんが、
理工系の中で減らすべきはライフサイエンス、つまりバイオ系の学部です。
科学技術政策研究所がまとめた2008年度の資料によると、
全体で約18,000人いるポスドクのうち、38.1%に当たる6,844人がライフサイエンス分野です。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1350

579 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 22:34:50.06 ID:/08xT5/i
内閣府が2007年に作成した資料によると、2005年度の競争的資金の総額は4,672億円で、
そのうちライフサイエンス分野に分配された競争的資金は48%を占めています。
しかし、これだけ多額の補助金が付けられているにも関わらず、
バイオ系の学部は社会に出てから活躍できる場が極端に少ないのが実態です。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1350

580 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 22:39:17.02 ID:TfHKsRho
>そのうちライフサイエンス分野に分配された競争的資金は48%を占めています。

ここを少し減らせば、崩れも減るだろ。
ソフトランディングを目指せ

581 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 22:39:35.29 ID:oe73cJMg
中島らもは灘中7位合格なのに、大阪芸術大学だしな。たまに秀才もアホ大に
いくし、あほも東大にたまに受かってるよ。

582 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 22:44:29.17 ID:/08xT5/i
Q. 大学側がバイオ系の学部を縮小しつつ、工学部系のポスドクを増やすように判断して変えていけばよいのではないでしょうか。

A. バイオ系の学部を減らす判断を、わざわざ大学側はしないでしょう。これまで自分たちがやってきたことを否定することになります。
政府主導で、バサッとやってしまうしかないと思います。

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/1350?page=2

583 :名刺は切らしておりまして:2012/04/26(木) 23:06:58.38 ID:9UTZTNrl
キャリー・マリスの特許はまだ有効なのか。

584 :名刺は切らしておりまして:2012/04/27(金) 00:19:33.68 ID:tePuE3MI
>>583
少なくとも最初のはもう切れてるはず。
この人やDNA二重らせん構造を発見したクリックがLSDでノーベル賞研究のアイデアを得たというのは有名な話だね。
LSDを解禁して常勤ポジションを増やせば日本は世界一の科学技術大国になるよ。

585 :名刺は切らしておりまして:2012/04/27(金) 13:54:50.29 ID:K2OwTvCH
農学部・農水省 = 既得権益を守るのが仕事

586 :名刺は切らしておりまして:2012/04/27(金) 15:59:14.62 ID:CWWfePgT
教育学部・文科省 = 既得権益を守るのが仕事

587 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 09:30:03.33 ID:puMKBbjj
中学の同級生で、金が続かなく院で研究続けられなくて、教授に事実上強制されて性転換手術をして女性になり
教授の愛人になったボスドクがいるけど、そうやって体で生活費を得ないといけないのは哀れ(手術費用は教授持ちだとさ)

彼の母親が「何も女にならなくても良いのに」と嘆いていたのが可哀相

588 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 09:35:00.04 ID:puMKBbjj
>>587
自己レス
ポスね、ボスになっちゃった

589 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 18:20:48.92 ID:Pk6e0JWs
農学部は第二理学部だね。農学やってる人少ない。

590 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 18:24:51.24 ID:MSfSwJtr
>>1

後ろ手でドアロック

先輩「俺について来ーい!!」
後輩「ワーワー先輩ワーワー!!」
先輩「…」ガチャリ
後輩「あれ?先輩?せんぱーい?せん…ぱ…い?」
先輩「ニヤリ」

気付けよ

591 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 21:51:50.88 ID:ye8MZGzt
公共事業もいいがこちらの雇用対策もよろしくお願いしたい。
人材の育成が途切れると大損失だから。

592 :名刺は切らしておりまして:2012/04/28(土) 22:42:05.40 ID:WNyCJvZD
>博士号を取得しても正規雇用で就職できず任期付きで働く「ポストドクター」の問題に詳しい近畿大の榎木英介講師は
>「若者はリスクを取らない傾向があり、5年で首を切られる研究職は避けるだろう。

避けないよ、今は、研究職を狙うまともな学生は企業の研究所の終身雇用ポストについて、
大学の終身雇用ポストに移ることを狙うだけ

次善が、任期付きだけど予算潤沢な国研

任期付きアカポスは底辺だけど、いまどきは3年任期で更新は1回とかなので、今回の法
改正はほぼ無関係

その底辺未満のポスドクはもっと無関係なんだけど、何故かこのスレにはびこってるな

>本来、正規と非正規の格差をなくすべきで、法改正で問題は解決しない」と指摘した。

本来、非正規をなくすべきなのに、「正規と非正規の格差をなくすべき」とか、どんだけひよっ
てるんだ?

今回の法改正とともに助教の任期を最低6年にすれば、事実上の任期制廃止として解決す
る問題

593 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 00:02:02.38 ID:nzbX1xjb
博士号もちを ふやすのだったら 幹部公務員も 博士号もちを あたりまえにするとか
博士号もちを 優遇する 社会システムに つくりかえなければならなかった。

594 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 00:12:10.93 ID:gk8ySOqN
>>592
研究者に限らず、非正規雇用は原則無くすべき。
日本人は特に将来への不安が強くて、貯金ばっかりしてるから
雇用面で安心感がないとデフレも少子化も止まらないよ。
それが結局企業の勝者なき消耗戦にも繋がってるわけでさ。

595 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 01:02:29.27 ID:WEXxog3D
数年前まで、院生も含めて「業績のない万年助手はクビにしろ、
任期をつけろ」って言ってた若手が多かったんだよな・・・

おまえら、自分のことを考えてないのか、と当時思ったw

596 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 01:09:08.50 ID:GSP+iaTf
>>595
論理的な思考ができないのにアカデミアを志望するって
どういうネジの外れ方してるんだろうね〜

597 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 01:12:56.43 ID:WEXxog3D
まあ、小泉時代のの派遣の拡大とか、今でも、正社員の解雇緩和とか、
社会の底辺にいる人+経営者が支持しているわけで、構図は同じか。

598 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 02:48:08.91 ID:LDB+7J3v
せっかく努力したのに
かわいそうだね
頑張ったからって報われるわけではないのがキツイね

599 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 02:55:24.17 ID:wvu1jaUn
重要なのは切られたあと一気に路上に行かずに済むようにすること
景気低迷すれば競争激化するのは当たり前だしそれ全部飼っとけとなったらさらに競争力が下がる

600 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 03:02:44.52 ID:LDB+7J3v
>>599
ベーシックインカム、
ワークシェアとかかなぁ
生活保護とワーキングプアの中間がないと酷いことになるよね
無色になったら保護まっしぐらとか
ぶっちゃけ正社員で働いてた時も生活保護以下の暮らししてたし

601 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 08:07:47.27 ID:dtggU0VH
頑張ったからって報われるわけではないが
頑張らない奴が報われることはない
だからどっちみち頑張らざるを得ない

602 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 09:37:53.04 ID:q30IAq/1
>>595
自分だけは特別、中2のガキと同じレベルのアホww

603 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 09:41:27.46 ID:5rJs87Js
現実問題、32歳くらいまでなら企業(研究職以外を含む)への
転職を検討できるぎりぎりの年齢だと思うぞ。

35歳限界説というが、実質的な上限はもっと下がっている。
仕事しながら畑違いに移るためには情報収集等の各種作業期間が2年間程度必要であるから
上記の年齢がタイムリミットとなる。

30代後半になったらあきらめるしかないわなー
ハゲ散らかして奇行に走っている高齢PostDocの話なんてどこにでもありましょう。

604 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 09:42:14.70 ID:7A+8QrC6
>>587
愛人は知らないけれど、性同一性障害で
女になったポスドクはいるね
性転換手術後にバッチリメークでスカート履いてきて研究室内が微妙な空気になった

605 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 11:43:26.26 ID:4rjDtew7
>>603
そりゃあ、介護とか外食チェーンとかならあるだろうけど、ここ(博士の話)で
それを「ある」というのは、違うだろ。
そんな仕事なら、誰にでもあるわけだから。

606 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 12:16:23.40 ID:K0kSAVg/
修士で民間や地方公務員になって社会人博士を目指すのが現実的。

607 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 12:19:35.23 ID:5rJs87Js
>>605
民間でも雇用は限られているから全員に対しては「ない」。早い者勝ちなんだなあ。

で、あぶれそうな人は
大学の同級生が勤めているような超大手企業の研究開発職は現実無理だろうから
(そういうところから声がかかるくらいの人はそもそも不安感もなかろう)、
中小メーカー等の企業を探して片っ端から当たってみてはいかがかと思うよ。
まず、転職エージェントに連絡して面談してみるとかな。長期戦だけどな。

ラボにいたら、アカデミア以外の職種は
「優良企業のR&D」「公務員」「弁理士・翻訳屋」「介護等のブラック」
くらいしか見えてこなかろう。いろいろあるからね

608 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 13:42:25.89 ID:yFEGD/xP
多額の税金使って産業廃棄物を生み出して
日本って何がやりたかったの?


609 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 14:06:43.62 ID:lt6XGOaY
>>608
アナウンサーだって研究者と同じで任期制度で、でなかったらそれまでじゃん
狂気なニュースよみあげてゴミばっか作って汚ね

610 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 14:07:46.22 ID:X0nQ0tdu
>>608
>多額の税金使って産業廃棄物を生み出して
大学助教や独法(国研)の若手定員を減らして、より低コストの
消耗品にしただけ。消耗品は、任期オーバーでオーバー。

611 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 14:50:49.51 ID:MbUuJTyP
>>345
真面目に働くよりも公務員になったほうが良い
ってみんなが気がついたからな。


612 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 14:56:31.39 ID:MbUuJTyP
>>595
>>数年前まで、院生も含めて「業績のない万年助手はクビにしろ、
任期をつけろ」って言ってた若手が多かったんだよな・・・

業績のない教授は辞めろという意見だったと思うが。


613 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 15:20:43.06 ID:WEXxog3D
>>612
そして、15年後に教授も任期付きになって、2000年以降の
博士組は、定年まで生存競争戦うことになりました、めでたしめでたし。

614 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 15:44:17.90 ID:lt6XGOaY

博士課程後期の修了証書が、自分の死亡通知書になりそうな件について



615 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 16:38:29.87 ID:ZIZ3t+tl
高校の教師にでもなればいいだろ。
そっち方面に誘導しろよ。

616 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 16:48:30.43 ID:lt6XGOaY
勘弁してクリ、ロリコンいやなの

617 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 16:52:48.25 ID:hPNsG/lo
>>616
ならITドカタでもやれよ
学者なんて競争の激しい仕事だしな
誰でもなれるわけじゃない
下働きは多いほうがいいからバイトで雇われてただけなんだし
勘違いしたら人生それで終わるぞ?

618 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 16:54:00.05 ID:Ee8wn6o/
>>613
実力主義という面では良いことだな。
緊張感を持って研究に励める。

619 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 16:55:24.55 ID:lt6XGOaY
>>617
泡てるな・・・

620 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 17:04:11.11 ID:+1bA1o5z
中国、韓国への頭脳流出を止める気が無いのですね。

621 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 17:08:59.00 ID:WEXxog3D
>>618
で、40代50代でクビになる教授が出てきて、今の任期付き若手と
同様に、怨嗟の声がわきおこるわけですよ。

外部の人が「大学教員は一生任期付き!」って言うのはわかるが
院生や若手が「教授も任期付きにしろ、教授のサラリー下げて
若手のポスト増やせ」というのは、俺には理解できないww

622 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:23:01.99 ID:gk8ySOqN
>>621
似たようなことが日本中で起こってるんじゃない?
例えば今本当に求められているのは公務員の待遇を悪くすることじゃなくて
民間で勤めてる人の待遇を公務員以上にすることだろ。
新自由主義かぶれはいい加減にやめるべき。

623 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:24:27.32 ID:z9qFuPFe
ブッシュ大統領は、共和党以外の脳みそをred purgeとして全部破壊しただけです
地球を維持する脳も破壊したのでフクイチ

624 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:24:39.17 ID:4rjDtew7
>>617
情報系ならそういう仕事もあるだろうが、(特に植物)バイオ系だと
そういう仕事もない。民間に、そいつらの専門に関係のある職はほとんどない。

625 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:26:03.22 ID:z9qFuPFe
>>624
製材所は警察につぶされたからね・・・

626 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:32:25.21 ID:XgPIeYMd
博士号なんて価値はない。
査読付き論文を100本、特許を100個以上書いて、
ある時期にもてはやされたとしても、
その後、その博士が持つ専門分野が必要なくなれば捨てられる。
派遣社員みたいなもの。

627 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:34:09.51 ID:MbUuJTyP
>>622
公務員の待遇を維持するために増税しまくって、
民間企業の待遇がよくなるわけないよね。
年金も公務員のほうが掛け金が少なくて、
平均で公務員のほうが400万円も高いのに。



628 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:34:12.57 ID:z9qFuPFe
蛍光灯から有機物を拡散させて
ほくろ作る悪戯で携帯電話売り上げを全て横取りできるんですよ?
こんなこと数式に書くだけで丸儲け
なんでみんなやらなかったの

629 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:40:44.73 ID:gk8ySOqN
>>627
だからデフレ脱却して成長路線に復帰すること以外に道はない。

630 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:52:41.55 ID:XgPIeYMd
生存競争に破れたら、博士が100人いる村の行方無名者16人になる。
今ならば、契約更新に失敗しただけで高確率で行方不明者になるから、
もっと増えているはず。
行方不明者は、ホームレスか自殺。

教授になって成功したとしても、せいぜい公務員並の給料。
契約更新に破れたらホームレスか自殺。
ハイリスク、ローリターンの糞仕事、それが研究者。

631 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:55:40.55 ID:z9qFuPFe
>>626
>>630
オリエント計測リースおよび横河リースで云われましたけど
年金システム自分で作ってから好きな研究とか業務成績纏めて
本にしとけって云われたんですよ
日立製作所ではいいや文書起案システムごと設計してくれれば
つくっておくから書きなさいと云われたまでです


632 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 21:56:36.09 ID:rcuLj9rC
>624
まともに社会を見ていれば、4年もかからず見切りをつけて学校推薦なんか
当てにせず学部卒で農業系の専門職公務員か事務系に転んで就職する。
3年次まで情勢分析ができず、さらに4年次に研究至上に洗脳された状態か、
ありもしない教授推薦就職を当てにしたり、就職試験に通らない残念な人が
行くのが修士。
論博優位の日本で評価の低いコースドクターになろうってのは貴族。
哲学なんかと同じ貴族か世捨て人の学問。
貴族様なんだから就職なんていう俗世間とはかけ離れてて当然だな。

633 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 22:13:04.32 ID:9Zzb9fVQ
まぁ生産性のない経済学部でゼミとか言いながら女の子とお茶会している
実質文系が切られる時代が来たわけだ。
教育学部とか、小学校の繰り返しだからなwwww
研究活動どころか、必要なのはお昼休みに遊べる能力だけwww
まぁ年が上だから、彼女とバコバコやってるか、自己研鑽につながらないバイト代を
社会からボッタくっているだけだけどなwww

634 :名刺は切らしておりまして:2012/04/29(日) 22:27:06.55 ID:z9qFuPFe
理系でも文系でも
基本的に若年での成果が出るか出ないかのギャンブルであって
成果が無い場合は子会社で奴隷になれなんでしょ?


635 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 00:15:49.54 ID:KABgEGU+
>>627
デフレだから公務員が長期的に得してるだけで、経済成長して
インフレになれば、その辺の公務員メリットが消える。

高度経済成長期のように、公務員が馬鹿にされる社会を
目指すべきで、結局は回り回って自分たちの首を絞める
政策を選んでる。

636 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 00:53:24.04 ID:HOVHND6u
国家とか専門職は除いて
公務員はセーフティネットの役割を果たしたほうがいいと思うんだけどな
今は国立大卒が田舎の公務員になったりするよ
若い公務員ならともかく、高度経済成長期、バブル期のおじさん公務員に限って
横柄な態度をとるし

637 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 01:01:54.97 ID:DpxeyTyL
iPS細胞の山中氏は、医師免許という命綱をちゃんと用意してから、
研究者の道にチャレンジしたわけだよね。
研究者を目指すにしても、うまくいかなかった場合のことも、ちゃんと考えておけよと言いたい。
うまくいかない確率の方がずっと高いんだから。


638 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 07:38:06.17 ID:rsfNS3dn
>>624
専門に関係のある職種じゃないとだめなのか。もうね

というか、これまで受けた教育、行ってきた研究で身についたものは
丸暗記的知識と分注・遠心と忍耐だけなんか。

何も考えず言われたとおりに黙々と手だけ動かしてればいいという、
ライフサイエンス系にはそういうカルチャーも一部あるだろうけれどもなー
それを受け入れて、リースの機械設備(型落ち)同様に成り下がったとすれば
自分の意思だわな

639 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 09:55:33.16 ID:BKlJcy/L
バイオはB層

640 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 11:12:25.02 ID:DpxeyTyL
>>638
皿洗いなんかの仕事だと、ある程度類似性はあるね

641 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 11:25:26.32 ID:o65WKRQy
円高で製造業の海外移転が進んだから、これからも理系の研究者はかなり余るな。
製造業の場合、まず研究員で採用してダメなら品管か現場っていうコースが
あったから、過剰の研究者を抱える余地もあったんだよね。
これからの日本は、研究職の減少、技術力の低下、さらに製造業の減少、そして
薄給のサービス業ばっかりって状態になるよ。

642 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 11:27:26.58 ID:HjDuiQfG
結果が求められる研究者なのに、安易に安定を与えたら何もしなくなるんじゃないか?

ソフトバンクの松中を見ろよ。

643 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 11:44:31.98 ID:DpxeyTyL
今のバイオ系では、NatureやScienceのような一流誌に論文があっても常勤職をゲット
できないのが、ゴロゴロいる。
日本でバイオを選んだのが、本人の致命的な判断ミス。

644 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 11:56:10.96 ID:rsfNS3dn
つーか理工系ライフサイエンス専攻の前途のアレゲさは言うまでもなく、
また、医学部生命科学科出身の人からも愚痴を聞いたことがあるわけだが

さらに新制度で薬科学科はじめました、って何を考えてるんだかなあ。

645 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 12:03:51.10 ID:HjDuiQfG
まあ、切られたら別で働けばいいじゃん。

646 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 12:09:19.46 ID:DpxeyTyL
そうしているうちに、本人は40歳代なかば、ですよ

647 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 12:13:29.58 ID:bIgRmNvV
>>643
ごろごろいる?
俺の分野では見た事も聞いた事もないなあ。結果出してる人はちゃんとどっかポストゲットしてるよ。
まあ理研辺りではなんかあるのかもしれんけど。

648 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 12:16:10.49 ID:yy/mGFyr
>>642
じゃあ結果を出したら高給が得られるかと
いえばそうじゃないだろ
運良く国立大学に採用されて普通に昇進しても
高校教員と同じくらいの給料

649 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 12:18:12.73 ID:KABgEGU+
ハイリスク・ローリターンとは、昔からずっと言われてる

650 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 12:18:19.23 ID:HjDuiQfG
>>648
つまり、結果っていっても、社会の評価としてはその程度ってことだろ?
内々で評価高くても、金取れるかどうかで社会は評価するわけで。

651 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 12:20:29.66 ID:KABgEGU+
>>647
一流雑誌に1stで論文が何本かあれば、即座にポストに
つけなくても、たいがいはポストにつけるね。

ただ、「即座にポストにつけない」間にドロップアウトする
ケースは、時折見る。

652 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 12:24:22.13 ID:bIgRmNvV
>>651
本人の性格が最悪すぎて誰からも相手にされない、とかもあるわね。
高齢ポスドクとか。

653 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 12:38:12.49 ID:KABgEGU+
>>652
実際には、人格に問題がありすぎる場合、なかなか良い1stは
書けないけどね。一般的には、周囲と良い人間関係を保てる人が
良い仕事をしてることが多いと思う。

理系=変人で良かったのは、もう昭和の話なのに、未だに昔の
テレビ・映画のイメージ持ってる一般人は多いね。高齢になると
難しいのは、年齢が上がると将来のポテンシャルより過去の実績が
問われてくるからだろうね。

多少の意地悪とか自己中程度だと普通だが、それは研究に限らない。

654 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 13:02:24.91 ID:TUJsSwFR
文系だと、貴重な教員枠はマスコミ崩れに与えられているからなあ。

655 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 13:12:19.41 ID:o65WKRQy
国の研究機関にいたことがあるけど、一般社会ではどうかと思うような変わった人が
多かったね。あと会社でも社長との会議にでるために、ガムテープで制服を補修していった
た人がいたな。その人は社長に対してもタメ口だった。けっこうでかい会社だったけどね。
バランスのとれた常識人は、興味の対象を徹底的に追求する研究者になりにくいってのは
あると思う。

656 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 13:14:12.01 ID:KABgEGU+
>>654
所詮は、元記者や元官僚でつとまるお仕事ってことでしょ。
理系だって、今は企業の研究職から大学教授になる人も多い。

ずっと大学にいなきゃ研究者として成長しないなんてことはないよ。

657 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 13:14:49.47 ID:yy/mGFyr
>>650
ノーベル賞もらったり、成果が大々的に実用化されてる
研究者だって、高給もらってる訳じゃないぞ。

伊藤清は普通の大学教員程度の所得しかもらってなかったと思うけど
それが「社会の評価」なの?

社会=会社 という発想もどうかと。

658 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 14:58:13.98 ID:lO66ioW3
ノーベル賞を受賞した時の田中耕一さんの給料が安いってそれはマスコミと比べたら。

659 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 15:13:00.34 ID:1kMgjVgb
理系が給料安いなんて、俺が大学入った平成2年には既に常識だった。
だから、理系科目も得意だったけど法学部行ったわ。
大手都銀(今のメガバン)就職して、30代の終わりには年収1千万到達。
理系行った同級生は、いまだに貧乏ポスドクだよ。高校時代の成績は同じぐらいだったのに。

660 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 15:18:04.02 ID:KABgEGU+
>>658
つまり、社会の評価は「新聞記者>>>ノーベル賞」という
ことなんだよ! 金で判断すればね。

661 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 15:25:21.77 ID:rsfNS3dn
>>659
白木屋コピペ(ポスドク篇)を思い出すなあ

662 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 15:55:53.51 ID:eI0fndAm
教育委員会の 教育長や 事務局職員に ポストドクターを 採用する うごきってあるのかね。

663 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 16:11:49.98 ID:5Y3z+2Px
>>659
理系が安い、ってのは昭和の頃にはもう「常識」だった
メガバンいいね
願わくは、40代で片道出向なんて憂き目に遭われませんように。(いい会社に引き取ってもらえればいいけど)

664 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 17:03:16.76 ID:DpxeyTyL
求む男子。至難の旅。
僅かな報酬。極寒。暗黒の長い日々。絶えざる危険。生還の保証無し。
成功の暁には名誉と賞賛を得る。アーネスト・シャクルトン

665 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 17:06:31.91 ID:AYN2DGnS
文系研究者なんぞ、50になっても非常勤講師の掛け持ちで糊口をしのぐ毎日。
フリーターとして一生を過ごすのも、また楽しからずや・・・

666 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 19:52:32.13 ID:BKlJcy/L
なあ、お前と飲むときはいつも白○屋だな。
一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。
俺もお前も理学部の学生だったとき、
一緒に飲みに行ったのも白○屋だったな。

「俺はいつか生命科学者になってCNSで一報取ってアカポスに付くんだ」
お前はそういって笑ってたっけな。
俺が文系就職して入社して初任給22万だったとき、
お前は博士号取るんだって胸を張っていたよな。

「もうすぐ結果が出そうなんだ。これでウチの研究室からCNSが出せるぞ」
「研究室の後輩に研究の仕方を教えてやってるんだ」
「お前も院に進めばよかったのに。専門知識を使わずに就職なんてもったいないぜ」

そういうことを目を輝かせて語っていたのも、白○屋だったな。
あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときもやっぱり白○屋だ。
ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。
別に安い店が悪いというわけじゃないが、ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。
油の悪い、不衛生な料理は、毒を食っているような気がしてならない。

なあ、別に女が居る店でなくたっていい。
もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、本物の酒と食べ物を出す店を
いくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは?

でも、今のお前を見ると、
お前がポケットから取り出すくしゃくしゃの千円札三枚を見ると、
俺はどうしても「もっといい店行こうぜ」って言えなくなるんだ。
お前が前の研究室のポスドク任期切れになったの聞いたよ。
奨学金の返済も国民年金も払えないのも聞いたよ。

新しく入った技術者派遣で、一回りも歳の違う、
20代の若い専門卒や主婦の中に混じって、
使えない粗大ゴミ扱いされて、それでも必死に卑屈になってテクニシャン
続ているのもわかってる。

だけど、もういいだろ。
十年前と同じ白○屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。
そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ。


667 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 19:59:34.22 ID:fyRxrr/d
こういうコピペを一番初めに考えた奴って天才だよな

668 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 20:11:02.39 ID:ye8fmP8f
結局ここでも問題先送りしただけだった。

急に被害者ぶられても、5年いい思いしてきたんだから同情できん。

669 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 20:13:42.93 ID:ye8fmP8f
>>25
>雇い止め→韓国へ行く

え?
韓国じゃ日本の上行く少子高齢化で、そもそも人口が日本の半分以下。
状況は更に深刻だと思うぞ。


670 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 20:18:49.18 ID:rsfNS3dn
ネタ振っといてなんだけど、
当該高齢ポスドクも全盛期はそれなりの態度を取ってたってこったろうな。
塞翁が馬だなあ。

671 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 20:26:04.84 ID:rsfNS3dn
>>669
韓国に逝ったポスドクいるぜえ
奥さんもそっちの人だって。

コメントは控えさせてくれ

672 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 20:38:39.00 ID:0BfVQcz1
「雇い止めに不安広がる」?
そんなもん昔からある。
プロなんだから雇い止めに不安なんて日常茶飯事。
その辺のサラリーマンじゃねえんだから。個人事業主として磨いていかないと。

673 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 20:40:26.16 ID:wMQTMh4o
>>648
結果出している人が給料低いのがこの国のおかしいところ。
教員とか大学卒業して大学生気分でやっている奴の多い事。


674 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 20:43:35.86 ID:wMQTMh4o
↓大抵こういう事を書くのが自民工作員のネットウヨ。
日本のエンジニアの待遇が悪くなって喜ぶのは朝鮮。
ネットウヨは朝鮮人だからなうれしいよねw

>>668>>669


675 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 21:13:04.47 ID:ARiA85wL
鳩山や菅のような反日理系に給料あげてどうするんだよ。

676 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 22:45:45.50 ID:3n6DG4mf
>>666
このコピペ何度か見たことがあるが、白○屋への中傷にはならないんですか?

677 :名刺は切らしておりまして:2012/04/30(月) 22:55:39.71 ID:PUGF4RDJ
CNSに一方だしてるなら努力してないには程遠いだろ

678 :名刺は切らしておりまして:2012/05/01(火) 00:02:03.31 ID:DpxeyTyL
>>677
「出せそう」と言っていただけで、「出した」とは言っていないよ

679 :名刺は切らしておりまして:2012/05/01(火) 00:13:05.42 ID:B7MF+/uA
「冒険」とか「挑戦」してみたい、ということから始まるのが研究者への道なので、
その夢を理解できない、給料でしか判断できないサラリーマンとは、話が咬み合わない。
その素朴な夢を前提に、でも、それでも命綱はあったほうがいいよ、みたいな議論じゃなくちゃね。


680 :名刺は切らしておりまして:2012/05/01(火) 00:23:39.35 ID:VfQT3l0y
まあ、頭良いのなら、とりあえず今からでも医学部行けばとしか言いようがないな。
医学部に行けない程度の頭の奴が適当な作文で学位取ってオレは研究者だ金出せとか
言ってもお笑いだわな。

681 :名刺は切らしておりまして:2012/05/01(火) 00:55:38.84 ID:n4vvri0n
>「これでウチの研究室からCNSが出せるぞ」

その研究室自体がずっと前からダメなんじゃね?w


682 :名刺は切らしておりまして:2012/05/01(火) 04:35:56.69 ID:mmFdZl1T
「俺こそは必ず任期の定めのない研究者になれる」と信じてやまない
とてつもない数の博士様予備軍がブロイラーのように養殖されている風景は
現代日本において、疑いなく最もシュールな風景のうちの1つだ

683 :名刺は切らしておりまして:2012/05/01(火) 06:39:40.33 ID:8Gdu8BO2
俺の分野なら、CNSというようなレベルでなくても、まともなら
ちゃんとアカポスについている。
また、だめでも、博士をとって別の道がないこともない(少ないけど)。
>>682
みたいなのは、バイオ系と文系の話じゃないのかな。
やっぱり、分野の選択は大事かと

684 :名刺は切らしておりまして:2012/05/01(火) 11:29:15.94 ID:mBUGkhNW
>>693
上の方に書かれてるけど
ニューハーフとか性同一性障害で女装してる博士っているの?

685 :名刺は切らしておりまして:2012/05/01(火) 12:54:11.32 ID:0T0B4RJz
>>684
エノラ・ゲイ?そいつは物騒だな、ここに居るけど

686 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 01:55:52.69 ID:0k3U7AK3
某省で働いてる5年目の任期付き職員だけど俺の場合どうなるの?

687 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 12:21:45.75 ID:blUUQJWW
そういうことを人に聞いている時点で、ダメダメだね

688 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 13:34:49.08 ID:hrCqI5E1
研究室のエースで神レベルのプログラマでもあった先輩が
国I受けてD1で中退して行政職の公務員になったときには
「えー!?なんでもったいない」
と思ったものだが、今考えるとうまい選択をしたのかも

689 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 13:52:06.10 ID:MFiQ6yzv
>>688
行政の仕事なんてテンプレ通り文書作成するだけだからプログラミングできたら、マクロでボタン押すだけだな。


690 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 16:57:35.06 ID:53A8Sb58
>>689
そんなふうに甘く考えて政権について何も出来ない民主党というのがいてだなww


691 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 17:01:08.55 ID:2HI5+P2/
>>690
>>688の兄貴が公務員だったって落ちだろ、あんなの

692 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 17:09:11.39 ID:QSTW/Ii3
高速道路10キロ分の金でもいいからこっちにも回して欲しいね
将来のイノベーションに繋がる良い投資だと思う

693 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 17:19:19.84 ID:2HI5+P2/
イライラでクリのトゲが生えてきますた

694 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 17:40:52.97 ID:wwCtvWH1
バイオ以外の工学系なら博士後の就職は全く問題ない分野も多い
何でもかんでも博士研究者が職がないという報道は間違っているね
おかげで職がいくらでもある分野でも博士に行きづらくなってしまってる

695 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 17:50:28.73 ID:gZkKPDj/
高学歴で就労に不安を覚えるって、どんだけだよ。
勝ち組と言えない。

696 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 18:00:09.41 ID:9zMHO1vz
>>694
これまでバイオ系いこうと思ってた椰子らが大挙してそっちにいったら、
そっちの方もサチるんじゃないか?w

697 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 18:14:06.13 ID:yf289+F4
4年半で半年の休みをもらえる制度になるんだろ?いいじゃないか

698 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 18:43:46.45 ID:kf7P6Mrn
>>688
自分も同じ事を思ったw
やっぱり優秀な人は公務員行くわなw


699 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 19:18:13.24 ID:jJJZj72d
研究するしか取り柄がない人が研究職を目指している悲哀。
「今なら国一でも間に合うよ」と言っても受からない。

700 :名刺は切らしておりまして:2012/05/02(水) 22:59:32.70 ID:ifhZKvET
>>653
そう思う
うちの大学でもコミュ力が出世を左右する


701 :名刺は切らしておりまして:2012/05/03(木) 04:25:46.76 ID:dN02dopR
それでもやっぱり他よりはコミュ力の比重低いと思うよ

702 :名刺は切らしておりまして:2012/05/03(木) 07:40:29.73 ID:mssEY4wm
まあ、他業種に比べれば、対人スキルが低くてもまだ許容してもらえる雰囲気はあるね。
ただ、一見して性格に難がありそうな、同僚や学生から敬遠される昔気質のタイプってのは、
とくに若い世代の研究者には、本当に見なくなった気がする。


703 :名刺は切らしておりまして:2012/05/03(木) 10:08:10.65 ID:EMBlq/d3
>>702
>ただ、一見して性格に難がありそうな、同僚や学生から敬遠される昔気質のタイプ

気難しいだけで大した業績もないジジイは反面教師にしかならない。


704 :名刺は切らしておりまして:2012/05/03(木) 11:46:13.36 ID:R0HQ7pKN
一人でできる研究なら職人でもいいんだろうがな。

>>1にある「プロジェクト型」の、いわゆるビッグサイエンスについては
専門領域の異なる人が集まるわけだ。

また、巨額予算のため実用化目標を看板に掲げている場合には
外部との接触も比較的多くなる。

協調しないタイプは規格外で不適合でしょうな

705 :名刺は切らしておりまして:2012/05/03(木) 12:06:03.50 ID:1f+kfdEV
アメリカの学者のように国から研究資金分捕って、いい学生(奴隷)集めて成果
出すにはリア充でないとな

706 :名刺は切らしておりまして:2012/05/07(月) 22:13:23.35 ID:DeD2hirE
俺の分野は、一人でできる分野、というか、個人の能力が最も重要。
シンプルでいいよ。よい結果を出すやつが偉い。ただそれだけだから。


707 :名刺は切らしておりまして:2012/05/07(月) 22:36:25.16 ID:PlKtiOOw
こんなこと分かりきってたことだろ
任期満了までに論文出してかつどこの大学でも研究所でもいいから助手に雇われなければ
借金だけ残る

708 :名刺は切らしておりまして:2012/05/08(火) 00:03:17.32 ID:42cZItq6
そもそも任期終わってから民間に転ずることが出来ない分野で、
どうしてあんなにたくさん大学院を作ったのか理解不能。

709 :名刺は切らしておりまして:2012/05/08(火) 06:41:14.47 ID:qt1NdrnN
>>708
2. なぜ大学院重点化が行われるのか

ゆとり教育批判で有名な西村和雄は「大学院の重点化は、小・中・高校のゆとり教育と並ぶ
文部科学省の失政だ」[日本経済新聞:大学院肥大化のツケ, 2005/02/25] と言うが、
私は、大学院重点化とゆとり教育の目的は同じであると考えている。
両者は、少子化で減りつつある公教育の需要を増やすための政策であると考えられる。
すなわち、就学者の絶対数が減っても、教育の質を落とせば、それだけ長く学校に
いなければならないから、公教育は収入を減らさなくてすむという計算があったと思われる。
http://www.systemicsarchive.com/ja/a/doctor.html

710 :名刺は切らしておりまして:2012/05/08(火) 07:33:40.00 ID:LeR81kbJ
ほんとのポテンシャルが分かるのは大学入学後の成績。

711 :名刺は切らしておりまして:2012/05/08(火) 07:37:17.73 ID:LeR81kbJ
How to Get Into Graduate School With Less Than a 3.0 Undergrad GPA

How to Get Into Graduate School With Less Than a 3.0 Undergrad GPA | eHow.com http://www.ehow.com/how_8513397_graduate-less-30-undergrad-gpa.html#ixzz1uE5OVSEy


712 :名刺は切らしておりまして:2012/05/08(火) 08:38:10.60 ID:09vNh25v
60代の教授の定年が延びていつまでも居座っている

713 :名刺は切らしておりまして:2012/05/08(火) 23:28:01.55 ID:u22XbWWi
中高年がオイシイ思いをしすぎなんだよ!
若手より働かないクセに報酬が高いことを「年功序列だから、当然」と主張する。

ふざけんな!!

714 :名刺は切らしておりまして:2012/05/12(土) 10:37:17.01 ID:qxi2EVlg
>>708
エリートドクター様のポスト作るためだろww


715 :名刺は切らしておりまして:2012/05/12(土) 11:37:26.72 ID:ymt3dWTD
>>713
ポスドクの中高年化が問題なんだが…

俺は博士号とってから奇跡的に常勤職につけたんだけど、
同期でさっさと博物館に就職したやつが、この春に博士号とった。
副査は俺…
生涯収入は、間違いなくあっちが上だろうが、あっちも相当な苦労をしたはず。
特に独立行政法人になってからは数字に見える成果が求められるようになったと言ってた。

若手若手というけれど、ここまで粘り強く研究者やり続けるとは思えないな。
でも大器晩成型に今の状況は厳しすぎる。
あっという間に戦前に戻るかもしれないね。優秀なやつは関係ないかもしれないけれども裾野は確実に狭まる。

716 :名刺は切らしておりまして:2012/05/12(土) 11:55:37.99 ID:mpVRNcGT
でもって電探も原爆も開発に遅れをとって皇国は焼け野原w

717 :名刺は切らしておりまして:2012/05/13(日) 06:47:56.66 ID:hQf0NvNi
研究職をやりたい奴は外国行けばいい。
外から日本の迷走を鼻で笑ってやれ。

718 :名刺は切らしておりまして:2012/05/13(日) 18:06:47.46 ID:ySTYJ1/8
えり好みしなけりゃあかぽすあるんじゃね?
辺境とか。

719 :名刺は切らしておりまして:2012/05/13(日) 19:08:20.58 ID:eiJ08shI
辺境私学にも東大博士が応募して落ちてますがが

720 :名刺は切らしておりまして:2012/05/21(月) 17:31:35.20 ID:ieUbIwHI
任期付きって、雇い止めをするためにあるんやでw

721 :名刺は切らしておりまして:2012/05/21(月) 18:33:21.65 ID:1T5gW4yB
>>720
そのとおりやで。

722 :名刺は切らしておりまして:2012/05/21(月) 18:41:12.53 ID:2ix0ELhd
大学院は就職してから行くもんだろ
夜間で

723 :名刺は切らしておりまして:2012/05/21(月) 19:51:12.61 ID:nMIYoInt
40代までに一生分の資産構築を終えてから大学院に入る。
若いときに入るのは、自らの人生をチップにした大ギャンブル。
それが博士課程。

724 :名刺は切らしておりまして:2012/05/22(火) 14:26:39.03 ID:GISdsjCv
>>723
趣味の博士取得ならいつ取得してもいいけど、
助教の任期制には、もともと若手に機会を与えるためという目的があるから、
採用条件に年齢制限があるよ、ほとんどのケースで。
研究職目的ならその方法はあり得ない。

725 :名刺は切らしておりまして:2012/05/23(水) 08:17:55.85 ID:xyqK93Bl
東大の理科三類に入った人が40代までにお金ためて数学の大学院に入るためまずは医師になるって
記事があったけどそうしないといけないくらい研究者になるのはギャンブルなんだね

726 :名刺は切らしておりまして:2012/05/23(水) 10:43:36.73 ID:2uo2Cv8w
Fランク大だからって先生はFランクとは限らないってこと?


218 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)