5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

田中眞紀子リターン

1 :日出づる処の名無し:2012/09/30(日) 21:41:51.76 ID:4WTAXZQc
野田総理大臣は、1日に内閣改造を行うのを前に、30日、総理大臣公邸で輿石幹事長らと会談するなど、
改造人事の最終的な調整を行っており、新たに田中眞紀子元外務大臣と長浜官房副長官を入閣させるととも
に、枝野経済産業大臣、平野復興大臣を留任させる意向を固めました。

野田総理大臣は、今後の国会対応をはじめ、1年以内に行われる衆議院選挙や参議院選挙に向けて内閣
機能を強化したいとして、1日、内閣改造に踏み切る方針です。
これを前に、野田総理大臣は、30日午前10時すぎから総理大臣公邸で輿石幹事長と会談したのに続き、
午後1時からは、藤村官房長官をはじめ安住幹事長代行や細野政策調査会長、山井国会対策委員長を
交えて会談するなど、改造人事や残る党役員の人事などの最終的な調整を行っています。
そして、野田総理大臣は、新たに田中眞紀子元外務大臣と長浜官房副長官を入閣させるとともに、枝野経済
産業大臣、平野復興大臣を留任させる意向を固めました。
野田総理大臣は民主党の参議院議員からこれまでより1人多い4人を入閣させる意向です。
内閣改造で、野田総理大臣は、これまでに、岡田副総理、玄葉外務大臣、郡司農林水産大臣、羽田国土交
通大臣、森本防衛大臣、藤村官房長官を、それぞれ留任させる意向を固めたほか、連立政権を組む国民新党
から閣僚を起用する考えです。
さらに、民主党の樽床前幹事長代行と、城島前国会対策委員長を入閣させる意向を固めたほか、前原前政策
調査会長を入閣させることを検討しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120930/k10015406441000.html

2 :日出づる処の名無し:2012/09/30(日) 22:01:33.01 ID:0YqdlJB4
真紀子の問題発言

安倍首相に対して「お父さんの靴を履いて飛び出していったら右に右に歩いていった」
安倍晋三首相の学歴(成蹊大学卒)を引き合いに出して低学歴と揶揄
「安倍晋三さんは種無し南瓜じゃないですか。種無し西瓜に何がわかるというのですか!」と、
子供がいないことを理由に安倍晋三を批判した。
この発言は不妊に悩んでいる女性への侮蔑だと批判された。
安倍晋三を指して「かんぞうだか、しんぞうだか」と発言し、また最近は「51歳のコピー人間」や
「頭が悪い」と形容した。

麻生太郎外相のいわゆる「アルツハイマー発言」に対して「口の曲がったわけのわからないおっちょこちょいの外相が
『中国のお米と日本のお米の(価格の)計算が分からない人なんてアルツハイマーだ』だって、
自分がアルツハイマーだからそんなこと言ってるんでしょう」と発言
麻生太郎を「ひょっとこ総理」と命名
死去した小渕恵三について「小渕の恵ちゃんなんか、『僕は一年間で借金百兆円作った、ガハハ』なんてカブ上げて
喜んで頭がパチッと切れて、オブチさんがオダブツさんになっちゃったんですからね。これも自業自得なんですよ」
http://blog.livedoor.jp/wildhorse38/archives/51441348.html

3 :日出づる処の名無し:2012/09/30(日) 22:39:56.80 ID:npMptRMp
民主党政権になってマスコミから消えた言葉

「世襲議員」「二世議員」
「二大政党制」「政権交代」「解散総選挙」
「説明責任」「任命責任」「直近の民意」 「政権公約」
「国民の審判」「庶民感覚」「国民目線」「国民不在」 「高級料亭」
「情報公開」「党利党略」「閣内不一致」「派閥」
「密室政治」「強行採決」「お友達内閣」
「派遣労働者」「派遣切り」「格差社会」
「地方切り捨て」「バラマキ」「セーフティーネット」

4 :日出づる処の名無し:2012/09/30(日) 22:52:15.09 ID:AnzphiGl
「釣魚島問題は棚上げ」 田中真紀子氏が北京で会見

田中真紀子元外相(衆議院外務委員長)は28日、北京で記者会見し、釣魚島(日本名・尖閣諸島)問題について
「棚上げは日中両国の重要な合意だ」と指摘した。

1972年に国交正常化を実現した田中角栄元首相の娘である真紀子氏は、40年前の国交正常化の苦難に満ちた道のり
と国交20周年に一家で訪中した際の様子を振り返った。

釣魚島問題については、解決を先送りする「棚上げ論」に触れ、「中日両国の一世代上の指導者らが結んだ覚書と合意だ。
当時はこれが日本のメディアや政府の公式的立場だった」と指摘。現在の両国関係は「厳しく、ひいては危険な状況にある」
としつつ、「40年前、父は決死の覚悟で中国に来た。今回中国に来ることに恐怖心はなかったが、私も父の事業を引き継ぐ
覚悟がある」と語り、関係改善に向けた決意を示した。

今回の訪中については、「日中関係の改善には、双方が勇気を振り絞り、知恵を出し合って、武力を拒否することが
必要だと痛感した。問題関係の鍵は日本側にあり、中国は日本の正しい決定を待ち望んでいる」と語った。

「人民網日本語版」2012年9月29日
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2012-09/29/content_26674653.htm

28 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★