5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【漫画】我が青春の週刊少年ジャンプ 修羅場皆無の鳥山明 極限状態の江口寿史

1 :yomiφ ★:2013/08/16(金) NY:AN:NY.AN ID:???
 年間1万点を超える単行本が刊行される漫画業界において、消え去る作品は多い。
だが、我々の青春の1ページには「週刊少年ジャンプ」を彩ったキャラクター、ストーリーがしっかりと
刻み込まれている。その“名作誕生”の裏側には作り手側の青春群像があった!

 68年に創刊した「週刊少年ジャンプ」は、先行していた他社の少年漫画誌を破竹の勢いで凌駕していく。
そして、94年12月には発行部数653万部を記録。世界一としてギネスブックにも登録された。

 そのジャンプ躍進の牽引役となった漫画家の一人としてあげられるのが鳥山明だろう。
今年7月、創刊45周年を記念して13年ぶりに新連載「銀河パトロール ジャコ」をスタートさせたことも、
同誌にとって鳥山が特別な存在であることがうかがえる。
「Dr.スランプ」(80〜84年連載)の則巻アラレたちのハチャメチャなペンギン村の日常に笑い、
「ドラゴンボール」(84〜95年連載)の孫悟空とともに成長した我々にとっても鳥山は特別な漫画家である。

 物語と登場するキャラたちが深く記憶に刻まれるのに比して、鳥山の実像はベールに包まれている。
 当時、「Dr.スランプ」の単行本が初版発行部数記録を塗り替え、「ドラゴンボール」も全世界で約2億3000万部が読まれている。
そうした記録的数字が鳥山を神話の中の人物たらしめた。
 今回、鳥山の人柄を探るため、初代アシスタントを務めた人物に話を聞いた。漫画家、田中久志(ひすゎし)である。

「端的に言えば、鳥山さんはいい人‥‥。そのひと言で終わってしまうぐらい。アシスタントをしていても、
親戚のお兄ちゃんのところで手伝っているみたいな感じでした。『Dr.スランプ』が始まって半年もしたら
大人気になっていましたけど、本人はちっとも変わらない。2万円くらいのモデルガンを買おうか、
真剣に悩んだり、原稿が仕上がると一緒に打ち上げでボウリングに行ったり‥‥。そういえば、
そのボウリング場で、僕が運転していた車を他の車にブツけてしまったことがありました。相手は
“怖いお兄さん”なのに、鳥山さんも喫茶店で一緒に謝ってくれて、相手が話の途中で『鳥山明』だと知り、
箸袋の紙にサインを書いたら、許してくれたことがあったな(笑)」

 田中が鳥山のアシスタントになったのは「Dr.スランプ」の連載開始直後だった。
愛知で執筆活動をしていた鳥山のアシスタント募集の広告を見て、同じ愛知在住の田中が応募したのがきっかけである。

「鳥山さんもアシスタントを使うのが初めてなら、僕もアシスタントするのが初めて。お互いどこまでが
アシスタントの仕事なのかわからなくて、最初の頃は鳥山さんが背景から何からほとんど
全部描かれていて、僕は横でベタ(髪や影などを黒く塗る作業)をやっているだけでした」

 作中、鳥山はこの逸話を「ひすゎしは絵がうまいから、描かせない」というギャグにしている。

 実際には、その後は背景を田中が描いていたという。しかも、「いい人」という鳥山の人柄が
示すように穏やかな仕事場だった。アシスタントは1人だけなのに、田中が拘束された時間は
1週間のうちたったの24時間。食事や風呂の時間まで約束されていたという。
週刊連載の修羅場などは皆無だった。そんな仕事場以上に異色だったのは、鳥山の制作方法だった。

「通常、ネームというコマ割りや構成、セリフを入れたラフを描いて、編集者がOKを出してから原稿用紙に
描いていくんですが、鳥山さんは『何度も描くのが面倒だから』と、いきなり原稿用紙に描き始める。
もちろん編集者にボツを食らうこともあるんですが、そうすると全部描き直すんですよ。
そのほうが面倒だと思うんですけど(笑)」

 のちにジャンプでデビューした田中は、鳥山の制作方法を踏襲した。ところが、担当編集者に
「ネームを描け!」と一喝されたという。
 鳥山がいかに非凡であったかがわかる。

 鳥山の異色さは、その制作方法だけではない。描き上げた当時の作品を見てもわかる。
当時の漫画家なら常識的に使用していたスクリーントーン(切り貼りして使う点描などの画材)を
ほとんど使っていないのだ。田中が続ける。

「トーンを使わない理由も『面倒だから』というものでした。切り貼りするのがというのではなくて、
鳥山さんは『買いに行くのが面倒』と言っていましたね」

>>2につづく)
http://www.asagei.com/14983
http://www.asagei.com/14984
http://www.asagei.com/15006

42 :なまえないよぉ〜:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:kxMUegHq
>>38
 背景とかは、つげ義春が描いてただろ

43 :なまえないよぉ〜:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:ttBKsMWj
ひすわしの「can can えぶりでぃ」も好きだったな〜





ダイナマイトキッドって亡くなられたんだっけ?

44 :なまえないよぉ〜:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:ttBKsMWj
マジ名作すぎる「青春少年マガジン」

http://ikesanfromfrneore.blog64.fc2.com/blog-entry-1567.html
http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20100330
http://d.hatena.ne.jp/mamiamamiya/20090428

45 :なまえないよぉ〜:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:C/e0n0Ty
>>41
普通キン肉マンとウイングマンはゴッチャにならないだろ

46 :なまえないよぉ〜:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:Pns0UstM
>>41
鳥山先生かわいいw

47 :なまえないよぉ〜:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:mRFc81j8
>>29
それ、手塚治虫もできた<フリーハンドできれいな円

48 :なまえないよぉ〜:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:R9owXGPz
>>2
>絵の“ルーツ”が見えてこないんです。


ハッハッハ。神格化は良くない
鳥山は江口寿のフォロワー。一部のキャラは丸パクリ。描き方もね。
こんな事よく知られてるのにいい加減な事書くモンダワー

49 :なまえないよぉ〜:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:ZrUAmzU+
>>45
「ブラックエンジェルズ」で、車(バイクだったかも?)にはねられた
子供の持ってたプラモに『ウイング肉マン』って描いてあったの思い出したw

50 :なまえないよぉ〜:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:ZAWFVhS3
車であってる。というかパトカーだったけど。

51 :なまえないよぉ〜:2013/08/17(土) NY:AN:NY.AN ID:rz68LsYt
桂先生と鳥山先生は親交が深いのは有名な話だからねw
ギニュ―特戦隊のポ―ズも桂先生に真剣に相談しに行ったんだってよ

52 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:DI6SZ0u2
ドラゴンボールの巻末コーナーで1ページ30分で描いてるって言ってんだよな鳥山
精神と時の部屋でもないと辻褄が合わないだろこのスピードは

53 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:cBgoH/Nt
>>52
すげえ
岸辺露伴かよw

54 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:8l1D1+Z8
昔、鳥山明展でDB描いてる映像見たわ。
線を引く速さは普通で、早いというか何も無駄も迷いもない。

55 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:Xok3zJFJ
>>47
BJのあたりだともう線ヘロヘロだけどな

56 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:LRYmAV6s
>>54
絵を早く描ける人というのは手を動かすのが早いというタイプと、描く時にすでに頭の中に絵が完成して、それを手で描き写すというタイプがあるらしい。
映画「アマデウス」で、モーツァルトが書く楽譜は修正が全く無く、原譜がまるで清書した様だというくだりがあった。頭の中にすでに曲が出来てて、それを書き写すだけだという。それと似た様なもんなのかな。
天才というのはそういう物なのかも。

57 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:L/ptPaF2
>>55
ブラックジャック創作秘話読んでこいよ。
ブラックジャックがどんな環境で作られたか。
手塚が異常な完璧主義だったうえにマンガにつきっきりじゃなかったから、鳥山
とは逆に常に異常な修羅場だった。

58 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:BnT3IzEP
>>56
早く書けるようにするために
場面が荒野で、相手が禿の戦いを増やしているんだよね

59 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:gw4bUu9f
何度も書くのがめんどくせぇ
買いに行くのもめんどくせぇ

60 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:hyJbGEbd
鳥山先生の住んでる所、清須はもう田舎じゃなくて
地方都市っぽく開発が進んじゃってるんだよな
本人は湖が近くにあるような田舎に引っ越ししたかったらしいが
家族に不便だと反対されてダメになったらしい

61 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:Xok3zJFJ
>>58
相手がハゲって言うか
ナッパとベジータ来た時なんか

・地球側
悟飯
クリリン←ハゲ
ピッコロ←ハゲ
ヤムチャ
天津飯←ハゲ
餃子←ハゲ

・サイヤ人
ナッパ←ハゲ
ベジータ

とキャラの過半数ハゲだからな
もうここまで来るとハゲが個性にもならないレベル
それでいてちゃんと描き分け出来てるんだからやっぱり鳥山すげえ

62 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:y4ARyP/7
>>61
髪のあるキャラもハゲが進行してる奴が多いなw
どんだけハゲだらけなんだよドラゴンボール

63 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:UGp1GdE5
手塚は漫画以外にも手を出しすぎてたからな

64 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:JpA/fHKs
Dr.スランプでは自分をネタにして書いてたから人柄はわかるな。
ボケキャラだよね。なんかかわいい

65 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:JmlSgEC+
>>58>>61-62
フリーザの最終形態がハゲなだけではなく、
シンプルなデザインなのはそういう事だったのか!?

66 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:mdtTcxGD
ミスターサタンもハゲ散らかしてたなぁ

67 :なまえないよぉ〜:2013/08/18(日) NY:AN:NY.AN ID:Xok3zJFJ
>>65
スーパーサイヤ人が金髪なのも「ベタ塗りが面倒」だからだし

68 :なまえないよぉ〜:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:tym6qrjn
Drスランプが大ヒットした翌年に、何も税金対策せずにそのまま確定申告しちゃってたなw
いきなり愛知県の高額納税者にランキングされちゃって、漫画家が実は儲かってることが世間にばれてしまったw

69 :なまえないよぉ〜:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:hFq4NpFr
鳥山明はまごうこと無き天然な上に天才

70 :なまえないよぉ〜:2013/08/19(月) NY:AN:NY.AN ID:iC3kj0tb
>>68
けも先生みたいなナチュラルリッチと違ってサラリーマン経験があったのにドジったね。
ただ言われるままに払っても遊んで暮らせるくらいの収入だったろうけど…。

71 :なまえないよぉ〜:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:WqK2fKVK
江口って男の娘とか流行る前から居たホモが騒いでただけで実は全然面白くない

72 :なまえないよぉ〜:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:GBx6cI2F
ひすわしはスピリッツでアニマルボクサーケンっての、連載してなかったっけ?
3回落としたら終了、って約束でスタートして、3回落としてひっそり終了…

73 :なまえないよぉ〜:2013/08/20(火) NY:AN:NY.AN ID:jrkkAVWk
確かに絵のルーツがない人だよなあ。しいて言えばアメコミか?

74 :なまえないよぉ〜:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:jCj9rgCO
最初は擬音が英語だったよな

75 :なまえないよぉ〜:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:7CfwuIVU
長文読むのめんどくさ

バクマン見ればわかるべ

76 :なまえないよぉ〜:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:hAB0g3sT
>>68
「漫画家が実は儲かってる」って、ドクタースランプクラスのヒット飛ばせるのは
漫画家全人口の1%もいないだろ

77 :なまえないよぉ〜:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:ycQaXJ6c
ひすゎしの漫画は確かにつまらなかった
ネーム描いてあれでは…

78 :なまえないよぉ〜:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:GLsD1QWG
>>76
当時はまだまだ漫画の単行本なんて、
子供がお小遣いを貯めて買うレベルだから、そんな事は無い
今はドクタースランプ級の部数を刷る漫画はゴロゴロあるよ

今は北斗の拳よりも、蒼天の拳の方が売れて
シティーハンターよりも、エンジェルハートが売れて
キン肉マンよりも、キン肉マン2世の方が売れている時代

ジャンプ黄金期に子供だった今の大人が
文字通り大人買いしてくれる恵まれた現代と比べてはいけない

79 :なまえないよぉ〜:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:YikmiH1Z
つーか漫画含めて本が売れない時代だからなあ
電子書籍?ごじょうだんをw

80 :なまえないよぉ〜:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:9febt/gc
>>65
でもパワーアップごとにごてごてと装飾パーツが増えていった敵が
最終形態で途端に全部装飾を捨ててシンプルな姿になるっていうのは
当時新鮮な驚きだったし、実際凶悪なまでに強くてぞくぞくしたもんだ。

81 :なまえないよぉ〜:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:zALqgivM
あの辺になるともう強いとか言っても、まったく分からなかったんだが。ピッコロとやってたころと比べ、
単に前よりは強いらしい、という意味以上に感じられなかったけどな。

82 :なまえないよぉ〜:2013/08/23(金) NY:AN:NY.AN ID:aBP82QiB
むしろ強くなってから敬語使いだすのが余計威圧感を与えてたな。

83 :なまえないよぉ〜:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:S3KK+a+j
江口も才能あったかもしれんけど、責任感の欠片もない、いい加減な人生送った結果、
鳥山とは大差が付いてしまったな。手にした財産という点で。
元アイドル()の嫁と可愛い娘に、どれほどゆとりのある人生を保障してあげられるのかね。

84 :なまえないよぉ〜:2013/08/24(土) NY:AN:NY.AN ID:je+Y/eP8
江口はイラストレーターだな
一枚絵、それもカラーならものすごく美しい

白いワニっていうのは、麻薬でもやってるのかと思ったけど

85 :なまえないよぉ〜:2013/08/27(火) NY:AN:NY.AN ID:RAoQ7V3P
>>83
江口は漫画から逃げ出してイラストレーターになったという印象ですね

86 :なまえないよぉ〜:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:1j+q193x
絵が上達するにしたがって、”向上心”に飲まれていったという印象が強いな

87 :なまえないよぉ〜:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:e21muokI
絵の上手さばかりを追求するのも考えものなんだけどね
バガボンドみたいな勘違い方向になりかねないし

マンガにおいて絵は手段であって目的じゃない
芸術絵画とは違うのだ

88 :なまえないよぉ〜:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:hQGj76qw
>>1
江口の話いらなくね?

89 :なまえないよぉ〜:2013/08/28(水) NY:AN:NY.AN ID:zjgLXvN7
少し話はズレるが、
桂正和が年とるごとに絵が上手くなっていくのには驚いた。
ゼットマンとか、漫画史上を見渡しても並べる人間は一桁だし。

90 :なまえないよぉ〜:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:6K+yBxg0
まあ俺とか昔の絵の方が好きなんですけどね

91 :なまえないよぉ〜:2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:JuGBJycS
知ってるつもり「藤子・F・不二雄」

『人気漫画「ドラえもん」の作者には知られざる裏の顔があった。明るい
少年向け漫画を描く陰で、密かに出し続けた「SF短篇」なる謎の作品集。
彼が人生をかけて追い続けたテーマとは何か』

関口某「『SF短篇集』か・・・こんなものも出していたんですね」
出演者A(アイドル)「こんな作品全然知らなかったあ。ちょっとショック〜」
出演者B(評論家)「我々のような一部の人間しか知らないわけですよ。こういうのは。
でも本当はこういう暗い話をこそ描きたかったんじゃないかな。彼は本質的に子供嫌い
だったと思うな。」
ゲスト安孫子先生「いや、そういうのとはちょっと違うかと・・・」
出演者C(俳優)「暗いよね。こんなの出たらイメージダウンだよね(笑)」
出演者A(アイドル)「わたし、ドラえもん好きだったのに〜。最悪〜」
関口某「彼自身、児童漫画に辟易していたんでしょうね。きっと。で、こういう
暗い作品をこっそり描いて憂さ晴らしをしていたんではないかと」
一同「あ〜〜」
ゲスト安孫子先生「いや、だから違うんですって・・・」
関口某「では彼のメッセージで終わりたいと思います」
ゲスト安孫子先生「あの、ちょっと・・・・」

ナレーション
「その最期の時まで机に向かい、明るい児童漫画を描きつづけた藤子・F・不二雄。しかし、
この短篇集こそが彼の本当の顔ではなかったのでしょうか。暗い人生、嫌な選択、そして破滅
世界を憎み、児童漫画を忌々しく思い、一番嫌悪していたのはむしろ彼自身だったのかもしれません。
彼は作品の中でこんな言葉を残しています。
『わしらの席はもうどこにもないのさ』by藤子・F・不二雄」

32 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>2につづく)
/test/read.cgi/moeplus/1376638821/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)